TOP

武内P「待ってください、今の音は?」

98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 22:45:28.13 ID:B+U7VTfFo

専務「音? キミは、何を言っている」キョドキョド

武内P「……いえ、何でもありません」

専務「よろしい。先程の音の事は、忘れ給え」

武内P「は――」


ブブリュッ!


武内P「!?」

専務「……」



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 22:47:07.86 ID:B+U7VTfFo

武内P「……今」

専務「何がだね」

武内P「……あの、今」

専務「何がだね」

武内P「今、響いてはならないおt」

専務「シンデレラプロジェクトを解散する」

武内P「何も聞こえませんでした」

専務「よろしい」



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 22:49:04.33 ID:B+U7VTfFo

武内P「……あの」

専務「これ以上キミと話す事は無い」

武内P「……これをお使いください」

スッ…

専務「上着を差し出して、どう使えと?」

武内P「安物ですので、お気になさらず」

専務「ありがたく使わせてもらう」



101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 22:50:41.21 ID:B+U7VTfFo

武内P「……では、私はこれで」

専務「待ちたまえ」

武内P「……この事は、誰にも言いません」

専務「キミは優秀だな」

武内P「いえ……では」


コンコン!


武内P・専務「!?」



102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 22:54:02.75 ID:B+U7VTfFo

奏『速水です。クローネの今後の事で、お話があると聞いて』


武内P「……!?」

専務「……!」

くいっ

武内P「私が相手を、ですか……!?」

専務「……!」コクコク

武内P「……!」コクリ



103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 22:58:07.22 ID:B+U7VTfFo

ガチャ…バタンッ

武内P「おはようございます、速水さん」

奏「おはようございます、って……CPの、プロデューサーさんじゃない」

武内P「はい。少し、専務に用事があったものですから」

奏「そうなの。入れ違いになるなんて、タイミングが悪かったわね」

武内P「……」

奏「それじゃあ、またね。私は専務に用事が――」

武内P「居ません。中には、誰も居ません」

奏「……は?」



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:00:33.81 ID:B+U7VTfFo

奏「けれど、さっき中で話し声が……」

武内P「私の独り言です」

奏「私が相手をとか、どうとか……」

武内P「困った癖だとは思うのですが……」

奏「それに、いつもの上着はどうしたの?」

武内P「追い剥ぎに、やられました」

奏「追い剥ぎ? こんな所で?」

武内P「はい」

奏「……」



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:04:33.47 ID:B+U7VTfFo

奏「……なんだか、とっても怪しいんだけど」

武内P「そうですね。よく、警察の方に捕まってしまいます」

奏「……何か、隠そうとしてない?」

武内P「いえ、そんな事はありません」

奏「ふふっ、それじゃあ……嘘じゃないって、誓いのキスは出来る?」

武内P「わかりました」

奏「そうよね、貴方はそういう所、とってもチャーミングだと思うわ」

奏「……」

奏「わかりました!?」



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:08:48.23 ID:B+U7VTfFo

武内P「では、目をつぶって頂けますか」

奏「えっ、ちょっと……本気!?」

武内P「信じて頂ける方法が、それしかないようなので」

奏「……!?」

武内P「目をつぶって頂けますか」

奏「わ、わかった! わかったわ! 信じる、信じるから!」

武内P「出直された方が、よろしいかと」

奏「……そうするわ」



107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:12:30.14 ID:B+U7VTfFo

ガチャ…バタンッ

武内P「……」

武内P「……――ぶはーっ! はーっ!」

武内P「速水さんに不審に思われてしまったが……何とか……!」

武内P「……嫌な、汗をかいてしまった」

シュルッ

武内P「……まさか、この部屋でネクタイを外す事になろうとは」

武内P「――専務、首尾はいかがでしょうか!?」


プリュリュッ!


武内P「せめて! せめて、声で返事してください!」



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:16:28.08 ID:B+U7VTfFo

武内P「専務……デスクの裏で、一体何を……!?」


専務「聞かないで貰おうか。私にも、恥ずかしいという感情はある」

プリュッ!


武内P「……ご自愛ください」

武内P「そっ、それでは、私はこれで――」


コンコン!


武内P・専務「!?」



109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:22:33.46 ID:B+U7VTfFo

フレデリカ『はいはーい、フレちゃんがー、会いに来たよー♪』


武内P「……!?」

専務「……!」

くいっ

武内P「もう、限界です……専務……!」

専務「……!」

プッ!

武内P「……!」



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:26:08.69 ID:B+U7VTfFo

ガチャ…バタンッ

武内P「おはようございます宮本さん」

フレ「うわお、本当にCPのプロデューサーが出てきた!」

武内P「専務はいませんよ今日はとてもいい天気ですね」

フレ「あれー? どうして、シャツ一枚で、そんなに汗かいてるのかなー?」

武内P「企画検討中です」

フレ「けんとーちゅうなら、仕方ないね! いえーい!」

武内P「……」



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:30:08.52 ID:B+U7VTfFo

フレ「そっかー、中には誰も居ないんだー」

武内P「はい。ですので、出直されたほうが宜しいかと」

フレ「うんうん。フレちゃんも、それが良いと思うな―」

武内P「わかっていただけて、何よりです」


フレ「それじゃあ、お邪魔しまーす♪」


武内P「にょわー!?」


ドンッ!


武内P「……宮本さん、中には、誰も居ないですよ」

フレ「……わーお、壁ドンなんて……やーん、大胆♪」



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:35:37.17 ID:B+U7VTfFo

武内P「宮本さん、中には、誰も居ないので」

フレ「……ちゅー」

武内P「あの……何を?」

フレ「シチュエーション的に、アタシ、ちゅーされちゃうのかなー、って」

武内P「いえ、私はプロデューサーで、貴女はアイドルですので……」

フレ「それじゃあ、相手がアイドルじゃなかったら?」

武内P「……それは、どうでしょうか」

フレ「おっけー♪ それじゃあ、アタシは行くねー、ばいばーい♪」

武内P「……」



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:42:18.85 ID:B+U7VTfFo

ガチャ…バタンッ

武内P「……」

武内P「……――ぶはーっ! はーっ!」

武内P「何故、立て続けに人が……!?」


専務「よく、やってくれました」


武内P「専務……終わったの、ですか?」

専務「不測の事態にキミが居て良かったと、そう思いましたよ」

武内P「……いえ、お気になさらず」

武内P「……」

武内P「……いえ、気になさってください」



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:46:31.30 ID:B+U7VTfFo

  ・  ・  ・

武内P「部長、私にお話とは?」

部長「……まあ、座り給え」

武内P「はい。失礼します」

部長「……」

武内P「それで、あの……お話とは、一体?」

部長「……キミは、彼女の事をどう思う?」

武内P「彼女……専務の事、でしょうか?」

部長「そうだ」

武内P「……」



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:50:46.94 ID:B+U7VTfFo

武内P「以前と、私の思いは変わりません」

部長「そうか……憎からず思っている、か」

武内P「? あの、少し、ニュアンスが……」

部長「しかしだね、もう少し、時と場所を考えなさい」

武内P「はぁ……?」

部長「キミ達のオフィス・ラブ、噂になっているよ」

武内P「……」

武内P「はい!?」



116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:55:55.84 ID:B+U7VTfFo

部長「私が相手を……それに、もう限界です、か」

武内P「あの、何故、そんな話に……!?」

部長「キミにしては珍しい、ラフな上に乱れた服装に汗……」

武内P「待ってください!」

部長「アイドルの唇を奪ってても、決して執務室に入れようとしない……」

武内P「誤解です! それには、訳が!」

部長「ほう? 一体、どんな訳が?」

武内P「そ、それは……!?」



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 23:59:31.12 ID:B+U7VTfFo

部長「聞かせて貰おうか。その、訳とやらを」

武内P「それは、専務が――」


専務「――待ちたまえ」


武内P「!?」

部長「……おや、噂のもう一人のおでましかい?」

専務「キミは、私の顔に泥を塗るつもりか?」

武内P「ですが、現状ではあまりにも……!?」



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/07(日) 00:08:34.03 ID:KN1u4Jrjo

専務「キミと私は平行線だ。だが、ちょちょいと交わる時もある」

部長「……やはり、そうなのかね?」

武内P「違います!」

専務「彼は、とても頼もしいと思います」

部長「やはり……!?」

武内P「……」


武内P「――専務。真実とは、決して嘘の中には無い、輝いているものです」

専務「――ほう? ならば、キミは私が脱糞した真実が輝いているとでも?」

武内P「――たとえそれが汚い物に塗れていたとしても……私は、そう考えます」

専務「――理解出来ないな。やはり、私達は平行線のようだ」


部長「……」



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/07(日) 00:16:01.35 ID:KN1u4Jrjo

武内P「――いえ、私は、そうは思いません」

専務「――何?」

武内P「――少なくとも、あの時の私と貴女は、同じ思いだった筈です」

専務「――決して、この事を知られてはならないと……か」


武内P「……と、言う訳なのです、部長!」

部長「これはまた……驚きの真実だ」


専務「――フッ、キミはやはり変わっているな」


武内P「信じて、頂けましたか!?」

部長「……信じざるを得ない、だろうねぇ」


専務「――だが、やはり脱糞というのは美城のイメージに相応しくない」


武内P・部長「……」


専務「――私は、私のやり方でやらせて貰う」キリッ



おわり



86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/05(金) 23:49:13.11 ID:06sF2cFuo

手のスタミナが余ってしょうがないので書きます



87:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 00:05:43.48 ID:B+U7VTfFo


「……」


 もう、明日はオフだって言うのに、どうして誰も捕まらないのかしら。
 今日は、お猪口でちょこっとだけで良いから、飲みたい日なのに。
 お酒は一人で飲んでも美味しいけれど、誰かと飲むともっと美味しい。
 せっかくなら、美味しくいただきたいじゃありませんか。


「あら……?」


 と、事務所の中をうろついていたら、思いもよらない光景。


「キミは優秀だが、少し頭がかたいところがあるようだな」
「それこそが、彼女達を笑顔にするために必要な事だと、私は考えます」


 最近、346プロダクションの名物になりつつある、えーと、何て言ったかしら?
 ああ、そうそう! ポエムバトル!
 うふふっ、詩的に戦うだなんて、素敵、ですね!


「それは傲慢と言うものだ。キミは、魔法使いにでもなったつもりか?」
「魔法を使うのは、彼女達自身です。私は、あくまでもそのサポートにすぎません」
「まあ! それじゃあ、素敵なステッキ、という事ですね!」


 とっても自然に話に入り込めたわ。
 あとは、この二人を居酒屋に誘導すれば……完璧ね!


「……高垣くん?」
「……高垣さん?」
「はい、高垣楓でーす♪」


 二人共、私に注目してる今がチャンスよね。


「続きは、居酒屋で……というのが良いと、私は思います♪」



88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 00:22:40.83 ID:B+U7VTfFo

  ・  ・  ・

「……まさか、キミが私を酒の席に誘うとは思ってもみなかった」


 常務――今は専務でしたね――が、何度目かわからない言葉を口にした。
 とっても強そうに見えるのに、意外とお酒に弱かったなんて。
 だけど、見た目に変化は無いから、体質的には平気なのかも知れないわね。


「あら、どうしてそう思ったんですか?」
「キミと私の意見は対立している。同じ卓を囲まない理由が、他に必要か?」


 専務は、どうやらあの日のやり取りがひっかかっているらしい。
 けれど、それは私の中では一緒にお酒を飲まない理由にはならない。


「ですが……それは、お仕事の話でしょう?」
「何?」
「仕事とプライベートは分けて考えるべきだと思うんです」
「……」
「もう、専務ったら、アメリカに研修に行ったんでしょう?」


 と、笑いかけたら、とっても呆れた顔をされちゃった。
 私、何か間違ったことを言ったかしら?
 とても、当たり前の話をしただけだと思うのだけれど……。


「……高垣さんは、こういう人ですから」


 そんな、呆れとも諦めともつかない言葉を口にすると、
彼はビールをグイと煽り、箸の背で串焼きから丁寧に串を外している。
 大柄だから、こういう所も大雑把かと思いきや、意外に細かな作業も似合うのね。


「……成る程。少し、理解した」


 専務は、彼の用意した砂肝を一つ箸でつまみ上げ、ひょいと口に放り込んだ。
 少し塩が強かったのかしら、複雑そうな表情をしてるけど。



89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 00:35:48.65 ID:B+U7VTfFo


「もう、二人して馬鹿にしてます?」


 二人に、そんな意図が無いのはわかっている。
 けれど、お酒の席なんだもの、ちょっとふざけても良いじゃありませんか。
 そう、思いません?


「いっ、いえ! そんなつもりは……!?」


 そんな私のおふざけに、真面目に反応するのが彼だ。
 とっても不器用で真っすぐな人。
 だからこそ、からかうととっても楽しいし、可愛らしい反応が見られる。


「あら、じゃあ私はどんな人なんですか?」
「高垣さんは、その……とても素晴らしい方です」


 少し、すねた風を装っただけでこの慌てよう。
 うふふっ、これなら、女優としてもやっていけるかも?


「……どんな所が、ですか?」
「どっ、どんな……!?」
「……」
「え、笑顔がとても素敵で、神秘的な雰囲気があり……」
「……それから?」
「それから!? その、美しい容姿や歌声なども魅力的で……!」
「……それから?」
「!?」


 思わずクスクスと笑ってしまいそうになる。


「上司の前でアイドルを口説くとは、関心しないな」


「せっ、専務!?」


 ああ、駄目、おかしい!
 私達は、右手を首筋にやって困る彼を見て、笑い合った。



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 00:49:05.23 ID:B+U7VTfFo


「……勘弁してください」


 自分がからかわれたとわかったのか、彼の声は弱々しい。
 それがまた可愛らしくて、我慢しようとしても笑みが零れてしまう。
 専務も私と同じ気持ちらしく、口の端を釣り上げている。


「まさか、キミにこんな愉快な一面があったとはな」
「……私も、貴女にからかわれるとは思ってもみませんでした」


 まだ笑いの余韻が残る中、二人は言った。


「ふむ……まだ、からかわれ足りないのかな?」
「……お気持ちだけ、いただいておきます」


 彼がそう言うと、また専務がクックッと声を上げる。


「――これはもう、乾杯するしかありませんね♪」


 やっぱり、お酒はこうでなくてはいけない。
 私の言葉を聞いた二人は、無言でジョッキとグラスを手に持ち、掲げた。


「新たな発見に――」


 そして、新しい飲み友達に――


「「「乾杯っ」」」



91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 01:12:15.38 ID:B+U7VTfFo

  ・  ・  ・

「美城さ~ん♪ はい、かんぱ~い♪」
「か……乾杯……!」


 お猪口とグラスをカチリと合わせ、読んで字のごとく杯を乾す。
 ああ、今日のお酒はとっても美味しいわ。
 こんなに美味しかったら、いくらでも飲めてしまいそう。


「そう、思いません?」
「はい、笑顔です」
「うふふっ! 笑顔に、かんぱ~い♪」
「かんぱーい」


 日本酒がスルリと喉を通り抜けていく。
 口当たりがとっても優しくて、鼻に抜ける香りもとても良い。
 だけど、お銚子を振ってみると残りがもう少なくなってるの。
 調子よく、お銚子の追加を頼まないといけないわ。


「すみませーん、お銚子2本追加、お願いしま~す♪」


 丁度、通りがかった店員さんに声をかける。
 でもどうしてかしら、こっちを見て一瞬ビックリした顔をしてたけど。


「まだ……飲むのか……!?」


 まあ、どうして美城さんもビックリしてるのかしら。
 ……あっ、そうよね!
 すみません、私ったらうっかりしてました。


「お猪口も、二つ持ってきてくださ~い♪」


 三人で、笑顔で、乾杯しましょう♪



おわり



元スレ
武内P「起きたらひどい事になっていました」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510316855/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (15)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 16:16
          • えむJ民
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 16:34
          • (´;ω;`)
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 16:34
          • 速報落ちてからスレにアクセスもできないんだけど
            どっかにサルベージできるサイトあるの?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 16:51
          • 何故ゆえ、このネタはこうまでスリリングなのか
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 16:56
          • 後ろはすでに開発済みでガバガバかよ。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 17:30
          • 絶叫しながら脱藩しないだけまだマシ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 17:42
          • 専務はお尻でしかしないからね。
            (海外帰り感)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 17:56
          • これがぶりゅんひるでですか
          • 9. 以下、VIPにかわりまして蒼のパッケージヒロインがお送りします
          • 2018年10月05日 18:12
          • ふ、ふーん・・・。
            もしかしてPって老け専?ババ専?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 18:41
          • ババ専(意味深)
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 18:55
          • ???「中に誰もいませんよ」
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 19:14
          • ※11
            すでに出し切ってしまったからな
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 19:46
          • ※12
            出し切ったならまた入れればいいじゃない。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 21:10
          • >>武内P「にょわー!?」
            疲れからか笑いのツボに追突してしまった
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月06日 22:28
          • ※6
            専務絶叫ダップンマニア

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • J( ’ー`)し「この子を屑人間にしてやるわ…」彡(>)(<)「オギャー!オギャ―!」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 美少女委員長「俺さん、実は私>>4」俺「えっ」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ