TOP

喪黒福造「何なら、中国で本格的な料理修業をしてみませんか?」 中国人料理人「えっ、私が中国に行くんですか!?」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:24:24.226 ID:Ksf8+LbyD

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    劉永漢(45) 料理人

    【料理修業】

    ホーッホッホッホ……。」



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:26:19.493 ID:Ksf8+LbyD

テロップ「神奈川県、横浜中華街――」

数々の牌楼と、立ち並ぶ中国風建築物。街のシンボル・関帝廟。

街中をひしめく人の群れ。甘栗売りの男が、通行人に呼び込みをしている。

甘栗売り「甘栗、おいしいですよー。試食してみてくださいねー」

興味ありそうな表情で、甘栗売りの前に立つ若いカップル。カップルの側を通り過ぎる例の男――喪黒福造。

歩道にいる怪しい占い師の女が、喪黒に呼び込みを行う。

占い師「手相占いいかがですか?よく当たりますよー」

占い師の姿に目もくれず、そのまま立ち去る喪黒。


とある料理店では、観光客たちが食べ放題のサービスを堪能している。また、別の料理店も客でにぎわっている。

一方、場末の中華料理店『陽光軒』。通行人たちは、店に入ろうとせず素通りしていく。『陽光軒』の店内は客が全くいない。

客席のテーブルにいるのは、どうやらこの店の店主のようだ。昼間であるにも関わらず、店主は店で酒を飲んでいる。



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:28:13.694 ID:Ksf8+LbyD

テロップ「劉永漢(45) 料理人・『陽光軒』店主」

劉(この店も、俺の代で終わりか……)

酒で酔い潰れ、赤ら顔をしている劉。彼は虚しそうな表情をしている。

『陽光軒』の玄関の戸が開き、店の中に喪黒が入る。喪黒の姿に気付く劉。

劉「ああ、いらっしゃいませ……」

慌てて喪黒に水とおしぼりを渡す劉。メニューを見る喪黒。

喪黒「ホイコーロー定食で……」

劉「かしこまりました……」

厨房に立つ劉。酔っ払ってはいるものの、料理を作る様子は手なれている。

喪黒のいる席にホイコーロー定食を運ぶ劉。劉が作った定食を一人で食べる喪黒。


食事が終わり、レジの前に立つ喪黒。

劉「お会計ですか?」



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:30:16.173 ID:Ksf8+LbyD

喪黒「あの……。ちょっと気になったことがあるんですが……」

劉「は、はあ……」

喪黒「あなた、昼間から店内で酒を飲んでいましたよねぇ……」

劉「す、すみません……」

喪黒「おそらく、酒を飲まずにはいられない何かの事情があるのでしょう」

劉「ええ、その通りです……。何と言っても、店のやりくりに苦労していて……」

喪黒「そうですか……。あなたの心にもスキマがおありのようですなぁ」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。

劉「……ココロのスキマ、お埋めします?」

喪黒「私はセールスマンです。お客様の心にポッカリ空いたスキマをお埋めするのがお仕事です」

劉「人生相談とか、そういったお仕事ですか?」

喪黒「どちらかというと、ボランティアみたいなものですよ。何なら、私があなたの相談に乗りましょうか?」



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:32:17.231 ID:Ksf8+LbyD

『陽光軒』。店のテーブルで会話をする喪黒と劉。

喪黒「ほう……。劉さんは先祖代々、料理人の一族なのですか」

劉「はい。『陽光軒』は祖父がこの地で開業した店であり、私で三代目になります」

喪黒「さすが……。一族を通じて料理人であるおかげか、あなたも料理の腕は割といいようですなぁ」

劉「ありがとうございます……」

喪黒「それにも関わらず、この店が繁盛しているようにはとても見えませんし……」
   「何しろ、あなたは店のやりくりに苦労して酒に溺れていますよねぇ……」

劉「ええ、そうですよ。今日、この店に入ったお客様はあなたたった1人だけですから……」

喪黒「劉さんの料理店は、老舗の食堂屋として中華街で細々とやってきました」
   「しかしながら、食べ放題の店が増えたことにより、客が次第に減っていった……というわけですよねぇ?」

劉「おっしゃる通りです。格安の食べ放題の店が増えたおかげで、中華街から老舗の料理店は前よりも減りました」

喪黒「格安で食べ放題の店は、大衆受けがいいですからねぇ……。ただ、一方で言えるのは……」
   「劉さんのお店は、値は張るものの質の高い料理を作ってきた……ということでもあります」



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:34:19.000 ID:Ksf8+LbyD

劉「はい。とはいえ……、この中華街に多くの観光客が訪れている現在は……」
  「大衆受けするものに、商売のやり方を変えるべきなのかもしれません」

喪黒「でも、料理の質を落としたくないという気持ちも一方でおありでしょう」

劉「そうですよ。結局……。私は時流に乗れず、敗北者になったということでしょうね……」

喪黒「劉さん、諦めるのはまだ早いですよ。あなたが料理人として立ち直る余地はまだありますから……」

劉「お気持ちはありがたいんですが……、私にはどうすることもできませんよ」

喪黒「大丈夫です。私が何とかしてあげましょう」

劉「なっ……!?」

喪黒「劉さん。何なら、中国で本格的な料理修業をしてみませんか?」

劉「えっ、私が中国に行くんですか!?」

喪黒「そうです。何しろ、中国は中国料理の本場の地でもありますから……」
   「この国で修行すれば、あなたは今以上に料理の腕前を身につけることができます」
   「しかも……。経済発展が目覚ましく、競争が盛んな中国で店のやりくりを学ぶことにより……」
   「あなたは店を経営するためのコツも掴むことができます」

劉「うーーーん……」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:36:15.701 ID:Ksf8+LbyD

喪黒「今以上に料理の腕前が身につき、その上、店を繁盛させるためのコツも身につけることもできますから……」
   「中国大陸での料理修行は……。劉さんにとっては、まさに一石二鳥というわけです」

劉「言われてみれば、そうかもしれませんね……」

喪黒「じゃあ、決まりです!劉さん、中国へ行ってみましょう!」

劉「そうなると、この店は……」

喪黒「残念ながら、畳むしかないでしょう」

劉「やはり、そうせざるを得ませんか……。先祖代々続いた店を閉めるのは惜しいですね……」

喪黒「ですが、修行がうまくいけば……。あなたは今の店よりも、しっかりした店を持つことができます」
   「料理人としても経営者としても一流になることこそ、あなたの先祖への供養になると私は思いますよ」

劉「分かりました……」


上空を飛ぶ旅客機。飛行機の客席の中には劉がいる。

劉(この修行で、料理人として立ち直ることができるのなら……。自分としてはまさに本望……)



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:38:17.675 ID:Ksf8+LbyD

テロップ「中華人民共和国――」

空港で、案内役の人物と会う劉。いつの間にか劉は、案内役が運転する車の助手席に乗っている。

劉(ずいぶん遠くへと向かっているな……)


とある地方都市。広めの公園を歩く案内役と劉。

劉「ここに、私の料理修業の師匠がいるのですか……?」

案内役「そうです」

公園の広場には、太極拳を行う年配の市民たちの姿が見える。太極拳グループを見つめる劉。

グループから離れた一人の初老男性が、樹木の側で太極拳をしている。

テロップ「呉源宝(60) 料理人」

案内役「こんにちは。呉老師」

太極拳の動きを止めて、案内役と劉に向き合う呉。

呉「これはこれは……」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:40:16.032 ID:Ksf8+LbyD

案内役が運転する車に乗る呉と劉。

案内役「呉老師は伝説的な料理人であり……。何よりも、多くの弟子たちを育てた人物としても知られています」

劉「さすがですね……」

呉「まあ、何と言うか……。今の私は、料理人を育てる仕事が中心ですから……」


とあるホテルの料理店。多くの客でにぎわう店内。テーブルで料理を食べる呉、案内役、劉。

劉「ここの料理、なかなかおいしいですね……。料理人の私が思わず感心するほどのでき栄え……」

案内役「この店のシェフは、呉老師の弟子の一人なんですよ」

劉「そ、そうなんですか……」

呉「彼がここまで一人前になってくれて、本当によかったよ」

案内役「ただし、呉老師による料理修業は非常に厳しいですよ」

劉「それは覚悟していますよ。でも……。修行を成し遂げて、料理人として一流になりたいんです!」

呉「あなた、気にいったよ。明日から、私のもとで修業しなさい」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:42:14.910 ID:Ksf8+LbyD

ある店の厨房で、呉から指導を受ける劉。劉が作った料理を試食する呉と料理人たち。

呉「劉、あなたは荒削りながら、なかなか見込みがあるね」

劉「あ、ありがとうございます……」


とある部屋で、呉と一緒に腕立て伏せをする劉。また、劉は公園で呉とともに太極拳を行う。

呉「料理は肉体労働でもあるから、料理人には体力が必要だよ。劉……」

劉「は、はあ……」


ある山。森の中を行く呉と劉。ひょうひょうとした呉と、へたばった表情の劉。

呉「味のいい料理を作るためには、質のいい食材を選ぶことが大事だ」
  「こういった大自然の中は、質のいい食材の宝庫でもあるからな……」


ある大都市。ビル街の中のある料理店。店の中には、呉と劉がいる。

呉「劉。しばらくの間、この店を営んでみてはどうかね?」

劉「えっ!?私がですか?」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:44:20.811 ID:Ksf8+LbyD

呉「そうだ。どうやって客を集め、どんな風に店を栄えさせるかを……」
  「自分の頭で考えながらやってみなさい」

劉「は、はい……」


テロップ「1年後、横浜中華街――」

エキゾチックな街並みの中、ところどころ日本語の看板も見える。街は、今日も多くの観光客でにぎわっている。

再びこの街を訪れる喪黒。喪黒の片手には、赤い表紙のミシュランガイドが握られている。

中華料理レストラン『新生陽光』の中に入る喪黒。

喪黒「私は、ここの店主の劉さんと顔見知りなんです」

ウェイトレス「えっ、そうなんですか?」

喪黒「私の連絡先を書いたメモを、店主に渡しておこうと思います」

ウェイトレスにメモを渡す喪黒。メモには、BAR「魔の巣」の住所がボールペンで書かれている。

しばらくした後、喪黒のテーブルに中華料理のフルコースが運ばれてくる。食事を行う喪黒。



19:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:46:31.765 ID:Ksf8+LbyD

BAR「魔の巣」。喪黒と劉が席に腰掛けている。

喪黒「劉さん。『新生陽光』での料理、おいしかったですよ。さすが、ミシュランに載るだけのことはありますなぁ」

劉「お褒めいただき、誠に恐縮です……」

喪黒「中国での料理修業は、見事な形で成果を上げたようですねぇ。劉さん」

劉「ええ。私の料理の腕は見違えるように上がりましたし、店を経営するためのコツも掴むことができました……」

喪黒「それはよかったですなぁ」

劉「何もかも喪黒さんのおかげです。喪黒さんには本当に感謝しています」

喪黒「どういたしまして。ですがねぇ……。私はあなたに、どうしても言っておきたいことがあるのですよ」

劉「は、はあ……」

喪黒「劉さん。あなたは料理人として、すでに完成されていますから……。何も心配することはありません」
   「今以上に完璧な境地を求めようとすると、きりがないですから……」

劉「はい……」

喪黒「劉さん、私と約束してください。中国での料理修業は、昨年行った1回のみにしておいてください」
   「料理人としては、あくまでも今のままの生活で満足しておくべきです。いいですね!?」



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:48:17.755 ID:Ksf8+LbyD

劉「わ、分かりました……。喪黒さん」


横浜中華街、『新生陽光』。弟子の料理人たちとともに厨房に立つ劉。

料理を作りながら、若い料理人に何かを教える劉。

劉(自分が、若者にものを教える立場になるとはな……。俺も年を取ったものだ……)


テロップ「中華人民共和国、上海――」

とある大型の料理店。テーブルに向かう劉と弟子の料理人たち。

弟子の料理人A「ここは、ミシュランに載っている有名な店ですよね」

劉「ああ。それだけでなく、この店の店主は呉老師の弟子でもあるんだ」

劉と弟子たちの元へ、料理のフルコースが運ばれてくる。料理を食べる一同。

弟子の料理人B「おいしい!!」

劉(こ、これは……。私が作った料理よりも質が上回っている……)



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:50:18.407 ID:Ksf8+LbyD

テロップ「横浜中華街――」

帰国し、街の中を歩く劉と弟子たち。

劉「呉老師は、私よりも腕のいい料理人を育てていたのか……。やられた……」

弟子の料理人A「気にすることはありませんよ。劉さんは、横浜中華街ではトップクラスの料理の腕前ですから……」

劉「私も料理人なら、あのような上級の品質の料理を作ってみたい。それどころか、あれを追い越した極上のものを……」

弟子の料理人B「大丈夫です。劉さんなら作れますよ」

劉「いや。あそこまでのレベルの料理を作るには、もう少し修行が必要かもしれない……」

劉の頭の中に、喪黒の忠告が思い浮かぶ。

(喪黒「中国での料理修業は、昨年行った1回のみにしておいてください」)

劉「ううむ……」


『新生陽光』。大勢の客たちでにぎわう店内。

客たち「この店の料理、最高だね!」「ああ。さすがはミシュランに載った店だよな」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:53:42.718 ID:Ksf8+LbyD

弟子の料理人たちと厨房に立つ劉。

劉(俺の腕前はまだまだ、上海のあの店の水準には達していない……)


数か月後。BAR「魔の巣」。喪黒と劉が席に腰掛けている。

劉「あの、喪黒さん……。もう1度、中国で料理修業をしたいのですが……」

喪黒「いいえ、なりません。あの料理修業は1度のみにしておくのが、私との約束でしたよねぇ」

劉「で、ですが、喪黒さん……。私よりも優秀な料理人の存在を、上海で知りました!」
  「何より、彼もまた呉老師の弟子だったのです……!私は、あの時のショックを今も忘れていません!」

喪黒「まあまあ、劉さん……。あなたは今のままでも、料理人としては超一流ですから……」
   「今以上に完璧な境地を追い求めなくても、社会で十分通用しますよ」

劉「いえ、喪黒さん……!私はどうしても……。上海のあの店の水準に追いつき、追い越したいんですよ!」
  「だから、もう1度だけ中国で料理修業をしたいんです!!せめて、もう1度だけ……」

喪黒「仕方ないですねぇ……。では、今回は特別にあと1度だけ料理修業を認めましょう」
   「ただし……、あなたに何が起きても私は知りませんよ!!」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:56:10.212 ID:Ksf8+LbyD

喪黒は劉に右手の人差し指を向ける。

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

劉「ギャアアアアアアアアア!!!」


テロップ「中華人民共和国――」

案内役と劉が乗る車が、高速道路を走る。例の公園で、呉源宝と再会する劉。

呉「2度目の料理修業は、1度目よりもはるかに厳しいものです。それでも耐えられますか?」

劉「もちろんです。どんなに厳しい修行であっても、私はやり抜いてみようと思います」


1週間後。山の中を行く呉と劉。劉は獣の唸り声を耳にし、違和感を感じる。

劉「こ、ここは……。ああっ!!」

呉と劉の周りには、虎が2匹いる。2人の前に迫りくる2匹の虎。脅えた表情の劉と、落ち着いた表情の呉。

襲いかかる虎に対し、呉による拳と蹴りが次々と命中する。呉に虎が倒されたのを見て、残り1匹の虎はひるんだ様子になる。



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 21:59:39.956 ID:Ksf8+LbyD

呉「さあ、劉……。あなたも生身で虎と戦ってください」
  「自分の力で虎を倒し、これを料理して食べるのが今日の修業ですよ」

劉「ええっ!?さ、さすがの私も、そんなことは無理ですよ……」

呉「劉……。あなたは『どんなに厳しい修行であっても、やり抜く』と私に言いましたね?」
  「その言葉通り、ここにいる虎と戦いなさい。修行を成し遂げ、今以上の料理人になりたいでしょう?」

劉「……分かりました。こうなった以上、やるしかありません……。ウオオオオオオッ!!!」

叫び声を上げ、生身のまま虎に立ち向かう劉。劉の声を聞き、彼に襲いかかろうとする虎。


横浜中華街。善隣門の前にいる喪黒。

喪黒「そもそも、人間にはものを食べる機能が備わっていますが……。人間と動物は、食べることに対して決定的な違いがあります」
   「動物の食事は、本能のまま、ただ腹を満たすだけですが……。人間の食事は、作る方も食べる方も何かしらの形で頭を使います」
   「だから……。料理文化は、人間が長い歴史をかけて築いた知恵の蓄積であり、身近でありつつも貴重な宝と言えるかもしれません」
   「とはいえ、料理の修業は非常に厳しいものですから……。プロの料理人になるには、並大抵でない苦労を味わうのも確かです」
   「果たして、劉さんは2度目の料理修業を成し遂げて、日本へ帰って来れるでしょうか?彼が、無事に帰国できればいいですけどねぇ……」
   「オーホッホッホッホッホッホッホ……」

                   ―完―



元スレ
喪黒福造「何なら、中国で本格的な料理修業をしてみませんか?」 中国人料理人「えっ、私が中国に行くんですか!?」
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1538569464/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (2)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月05日 18:03
          • 1 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月17日 20:03
          • 桐生一馬&冴島大河「つまり俺らは超一流の料理人だと

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 妹「働けよクソニート」俺「>>4(お前が働くんなら働くよ)」
        • 幼女幽霊「呪いが勝つのか、幽霊が勝つのか実験だよ実験!!」DQN幽霊「!?」
        • 荒木比奈のジュブナイル
        • 【艦これ】艦娘で学ぶ例のあの現象
        • 【バンドリ安価】戸山香澄「たられば」
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ