TOP

ガール「あたしの大嫌いな怪獣へ」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:33:39 ID:vFLiViwA

あたしの町には怪獣がいるらしい

大きさは学校の体育館くらいだって

怪獣ってだけでも不思議なんだけど、この怪獣は

「うーん…あたしには見えないなあ」

「おいら見える」

見える人と見えない人がいる



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:34:32 ID:vFLiViwA

「なーんで見えないんだろう」

「不思議だよな、大人はほとんどの奴が見えるらしいぜ、逆に子供はほとんどの奴が見えないんだってな」

「あなたはあたしよりちっちゃいのに大人なのかもね」

「もぉ褒めるのか、けなすのかどっちかにしろよぉ、反応に困るじゃねえか」

彼女はあいまいに笑いながら頬をポリポリと掻いた

「あーあ…近くまでくれば見えるかもって思ったのになあ」

「まあ元気出せよ、お子ちゃま」

「あっ!早速仕返しされた、本当に怪獣なんているのかなあ?」



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:35:25 ID:vFLiViwA

「見えない奴はみーんなそう言うなあ、でもおいらにははっきり見えてるし、
大学の偉い先生もあいつがいるって認めたんだぜ」

「誰も触れないのにどうしているって言えるんだろう?」

「うーん難しい事は分かんねえけどさ、心だってさ見たことないし触れねえけどお前にも
おいらにもあるじゃん、だから触れねえ怪獣がいてもいいんじゃねえの?」

「なんかかっこいい事言った?もう一回いって!」

「もぉ…やだよぉ…恥ずかしい」



4:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:36:20 ID:vFLiViwA

怪獣はいつの間にか街に住み始めたらしいんだ

カメラにも映らないからこの日には居たって証拠もないし

いつの間にか居たから誰もやってきた正確な日付が分からないんだって

「あいつ大体はこの灯台の丘でボーっと海を眺めてるんだぜ」

「え!大体ってことは動くの?」

「そりゃ動くよ、あっ今当たり前だろって顔でお前のこと見てるぜ」



5:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:37:05 ID:vFLiViwA

「言葉も分かるんだ、ここ以外にはどこにいたりするの?」

「そうだな、海で水浴びしてたり、父ちゃん達の草野球みてたり、時計塔に登ってたりしてんなあ」

「ああ、暇なんだね」

「あと子供が好きなのか知らねえけどおいらの学校にも時々来たりしてたぜ」

「ふーん、あたしの転校する学校に…ん?来てた?」

「そ、ヒステリーで有名な音楽のおばちゃん先生がさ、授業の邪魔だって怒鳴ったら来なくなっちゃった」

「怪獣かわいそう」

「うん、怪獣好きの教頭は残念がってたぜ」

「教頭かわいそう」



6:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:37:44 ID:vFLiViwA

怪獣は無口らしい

しゃべるどころか声もほとんど出さないんらしいけど

表情は豊かなんだって

「おいらの隣の夫婦が庭で喧嘩してるとき偶然怪獣が通りかかったらしいんだけど
ずーっと悲しそうな顔で見てたんだぜ」

「優しい子なのかな?」

「どうだろう?あいつのせいで町中の人に夫婦喧嘩してるの知られたからなあ」

「うーん…びみょうな所だね」



7:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:38:36 ID:vFLiViwA

怪獣は物も食べられるらしい

触れないのに…食べれるってどういうことなんだろう

「どうだ?一カ月くらい経ったけど学校とか町とか怪獣とか慣れた?」

「うん、学校はなれたよ、あなた以外にも友達もできたし」

「でもおいらが一番だろ?おいらかわいいし」

「うん、あなたが一番かな、かわいいし」

「もぉ…ツッコめよぉ」



8:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:39:20 ID:vFLiViwA

「怪獣は見えないから何ともだけど、町も分かって来たかな、学校への近道とかジャスコとかここの駄菓子屋さんとか」

「そりゃよかったな、あ、アイス当たりじゃね?」

「本当だ!ラッキーだけど二つも食べたらお腹壊すなあ」

「じゃあおいらにくれよ。おいらアイス大好き」

「どれくらい?」

「お前くらい、あ、噂をすれば」

「おねだり上手だなあ、って怪獣来てるの?」

「うん、駄菓子屋にもちょいちょい来るんだ。お菓子くれる奴多いからさ」



9:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:40:06 ID:vFLiViwA

「そう、それなんだよ。この前怪獣がご飯食べるっていったよね?」

「言ったぜ」

「触れないのにどうやって食べるの?前説明してくれなかったでしょ」

「うーん口でいうのが難しんだよなあ…そうだ見せてやるから待ってて」

彼女は当り棒を持って、テテテと走って行った。

「バニラにしたんだ。おいしいよね」

「うん、おいしいよな、一口かじって」

「?うん、おいしいよ」

「よし、おいらかじって、んまい、んじゃ見てな」



10:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:40:47 ID:vFLiViwA

そういうと今度はテテテと走って空中にかじりかけのアイスを掲げた

怪獣に食べさせてるのかな?すぐに戻ってきた

「ほらもう一口かじってみな」

「うん…うん?うーん?うう」

「味しねえだろう?」

「うん、水より味しない」

「理屈は知らんけど味だけ食うらしいんだ
あいつの口元に食べ物持っていくと味を持ってかれるんだぜ」

「すごい!のかなあ?」

「知らん、つめてえっ」

「味が無いのによく食べられるね」

「冷たいしいいじゃん」



11:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:41:32 ID:vFLiViwA

怪獣は泳ぐのが結構好きらしい

毎日じゃないけどよく海に降りてきて遊んでるんだって

「やーっと明日から夏休みだな、勉強しなくてすむぜ」

「?宿題いっぱいでてたでしょ」

「せっかく自由になったのに嫌な事いうなよ、今日は嫌なこと忘れて泳ごうぜ」

「そうだね、せっかく海に来たんだし楽しく泳ごうか」

「じゃあ準備体操終わったら怪獣のいるあのプイまで競争しようぜ」

「あの辺りに人が多いと思ったら、また怪獣いるんだ」

「おいらも最近気づいたけどあいつ結構アグレッシブだな」



12:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:42:05 ID:vFLiViwA

「水浴びかな?」

「そんなとこじゃね?海で見る時はいっつも背泳ぎしてるか仰向けに浮いてるな」

「背泳ぎ…ますます見たいな」

「そんないいもんじゃねえぜ、腹が出てるからそれ以外の泳ぎ方できな…あ睨んでる」

「耳もいいんだね」



13:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:42:47 ID:vFLiViwA

怪獣は野球が好きらしい

お父さん達が草野球をやってると三試合に一試合くらい見に来るんだって

「はあ…この前夏休み始まるって話してたのに、もう終わりかよ」

「あっという間だったね、楽しかったなあ、花火大会とかキャンプとか、あっホームラン」

「まーた父ちゃん打たれてる、あ怪獣に当たった」

「……出かけるたびにあの子いる気がするんだけど」

「そうか?まああいつ野球見るの好きだしな」



14:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:43:44 ID:vFLiViwA

「そういうば言ってたね、あたしたちが出会った日だよね」

「怪獣を見せてやった日だよな、もう半年ぐらいになるんだな」

「これからもこんな風にあっという間に時間が過ぎるのかな」

「やだなあ、おいらいじわるな婆さんになりそうだな」



15:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:44:43 ID:vFLiViwA

「あたしはあなたと一緒におばあちゃんになれるなら嬉しいな」

「なんか臭えセリフいった?もっかいいえよ」

「あなたと一緒におばあちゃんになれたら嬉しい」

「あれ?」

「あなたと一緒におばあちゃんになれたら嬉しい」

「もぉ…やめろよ…こっちが恥ずかしいよぉ」

「あ、また打った」

「はあ…学校ダリいせいで体までだるいぜ」



16:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:45:29 ID:vFLiViwA

怪獣は物にも人にも触れないらしい

勿論あたしは見えないし触れないけど

息だけは感じることができる

臭いはしなかったけどちょっと生温かく気持ち悪かったな

「ふーん触れないけど鼻息とか吐息で動くようなものは動かせるんだ」

「ゴホゴっ…そうだぜ。」

「風邪?外で遊んでちゃだめだよ」

「大丈夫だって、ちょっと喉がイガってなっただけだから、それより早く選ぼうぜ」



17:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:46:07 ID:vFLiViwA

「そう?大丈夫ならいいけど、ここら辺にできてる落ち葉の山って」

「うん、あいつが掃除したんだぜ」

「へーいい子なんだね、落ち葉を掃除するなんて」

「褒められて喜んでるぜ、まあ打算的ではあるけどな」

「ねえ、やっぱりあの子いつもいない?気のせいじゃない気がする」

「おいらは気のせいじゃない気がしないぜ。ほらイモ焼こうぜ」

「それに子供だけで火を使うのも危ないしやめようよ」



18:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:46:55 ID:vFLiViwA

「しゃーねえな。見てろよ」

そういうと彼女は近くの落ち葉の山にライターで火をつけた。小さいが火だし早く消さなきゃ

「ほら、おい!消してくれよ」

言ったとたんに上の方から凄い冷たい風が吹いて火が消えた。いや消されたのかな

「な、こいつが消してくれるから火事にはなんねえよ」

「うん…でも落ち葉すっごい待ってる」

「ううーん、ま、まあ他の落ち葉の山使えばいいじゃん」



19:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:47:31 ID:vFLiViwA

・・・・・・


「はい!これ学校のプリントね」

「今日も来てくれたんだな、サンキュー」

「もう一週間になるね、大丈夫?」

「うん、熱もだいぶ下がったし、喉も痛く無くなってきたし明日くらいにはいけると思う」

「よかった、みんな心配してるよ」

「ごめんなぁ、おいら遊べもしないのに毎日マスク付けて家に来させて」

「あたしが好きで来てるだけだよ、それに謝る気持ちがあるなら早く元気になってね」

「うん…」



20:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:48:11 ID:vFLiViwA

・・・・・・・・・・・


「入院って…大丈夫なの?」

「うん、検査入院つってどういう病気か調べるだけなんだぜ、騒がしてごめんな」

「本当に?本当に大丈夫なの?」

「心配すんなって?熱が下がらないからって父ちゃんがちょっと過敏になってるだけなんだ、まあ母ちゃんのことあったからしょうがねえんだけどさ」

「うん、ちゃんとご飯食べてね」

「分かってるって、それより病院ってなんで生臭えんだろうな、おいしくない給食の煮ものみたいな臭いしね?」



21:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:48:54 ID:vFLiViwA

・・・


「こんにちは」

「おう、また来てくれたんだ?メロン食う?」

「食う」



22:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:49:38 ID:vFLiViwA

・・・・・・・


「こんにちは」

「おう、ありがとうな、千羽鶴って結構かさばるのな」

「引き出しに入れないでちゃんと吊るしてよ」



23:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:50:13 ID:vFLiViwA

・・・・・・・・・・・


「こんにちは」

「おう」

「今日はね、今日は給食にハゲーンダックが出たから持ってきたよ」

「ありがとな」



24:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:50:58 ID:vFLiViwA

・・・・・・・・・・・・・・・・

「こんにちは」

「おう」



25:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:51:28 ID:vFLiViwA

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「こんにちは」

「おう」



26:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:52:16 ID:vFLiViwA



「こんにちは」

「おう…」
「ちゃんとご飯食べた?今日はね、久しぶりに学校に怪獣がきたらしくて体育の」

「もう…いいんだぜ」

「ど、どうしたの?」

「もう…おいらなんかにかまわなくてもさ…」

「ご、ごめん、詰まんない話だったよね」

「詰まんないのはおいらだよ…あ、謝らなきゃいけないのも…おいらだよ」



27:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:54:02 ID:vFLiViwA

「なあ…もう三カ月だぜ、お前毎日ここにきてくれてるよな?」

「ベッドに寝てるだけのやつなんかと話してもつまんねえのに…父ちゃんだろ?父ちゃんがおいらの事…見捨てないでって頼んでるから…だろ?」

「違うよ!ちが…ちが…」

涙が止まらなかった。何故だかとてもとてもとても悲しく。悲しくて言葉が涙に押し戻されるように喉がうまく動かない。

「友達…友達だから」

彼女が前よりずっと細くなった腕であたしを抱きよせた

あたしは痩せてしまった彼女を抱えるようにして泣いていたと思う。

その日は多分ずーっと二人で泣いてた



28:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:54:49 ID:vFLiViwA

「…こんにちは」

「…おう」

「…」

「…」

「…」

「あの…」

「昨日はごめんな」

「あ、あたしのほうこそごめんね、なんか変な感じだったから」

「転院が決まったんだ。遠くの街の大病院」



29:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:55:29 ID:vFLiViwA

「え?」

「母ちゃんが死んだのとおんなじ病気だったんだって」

「…ええ」

「そ、そんな顔するなよ!今はさ、昔と違ってちゃんと治るんだって。ほら!おいら若いから治る確率も高いんだって」

「……」

「だからもう会えない…と思う」



30:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:56:05 ID:vFLiViwA

「…治る…までだよね?治ったらまた…」

「う…うん…うん…うううごめ…また泣きそ…」

「うん…うん…」

「恥ずかしいとこばっかみせてごめんな…」

「うん……うん」

「こわいよ…おいら…死にたくない」

「うん…う…ん」



31:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:56:47 ID:vFLiViwA

怪獣は時々歌う。

どうして歌うか知っている人はあんまりいない。



32:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:57:30 ID:vFLiViwA

学校の帰り、何故だか彼女に会える気がした

あたしは灯台のある丘まで来ていた

そこにはずんぐりとした白くて巨大なぼた餅みたいな怪獣が

優しい瞳で海の向こうにあるどこかを眺めていた

怪獣はあたしに気が付くと、こちらに顔を向けて

彼女は嬉しそうに目を細めた

「なんで…なんで見えちゃうんだよ…なんで…」



33:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:58:11 ID:vFLiViwA

慰めるように彼女はあたしに頭をよせた

触れられないの。触れられないのに泣きたくなるほどにあったかかった

その日は夜なが怪獣が歌を歌い続けていた。優しくて悲しい歌だった。



34:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:58:57 ID:vFLiViwA

あたしの大好きで大嫌いな怪獣へ

不思議だったあなたの事がちょっとだけ分かったよ

触れられないし、見えなくてもそこにあるもの

君はそんな生き物だったんだね。

さようなら

おわり



元スレ
ガール「あたしの大嫌いな怪獣へ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1537274019/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (8)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月19日 00:38
          • すまん 読解力マクギリスだから良くわからんかった
            最後の怪獣は友達だよね?
            じゃあ元からいた怪獣は?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月19日 00:41
          • いかに自分が理解力に乏しい人間なのかを実感させられますね、で結局怪獣って何だったの?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月19日 00:50
          • 友達or大切な人が死んだ、って経験がある人にしか見えない、ってことかな?
            ちょっと違うけど、ハリー・ポッターに出てくるセストラルみたい
            ただ友達の一人称の感じから友達も怪獣って捉えられなくはないし、何とも難しい話だった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月19日 00:51
          • 雰囲気でなんとなく面白かった気がするけどわからないことが多すぎる。
            大切な人が死んだ人にしか見えない怪獣ってことかな?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月19日 00:55
          • 5 失ってしまった大切な人の影が残された人達には怪獣として見えてるんだろうね
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月19日 01:02
          • 何度読んでも分からない
            確かな正解は作らずに読者に丸なげっていうエヴァ方式かな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月19日 02:05
          • 5 正解がどうとか野暮な話するなよ
            この話の言いたいこと何にも読み取れてないんだな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月19日 03:45
          • ※1
            多分友人のカーチャンだと思われ 最後らへんで死んでる言うてたやろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【ファンキル】レーヴァテイン「マスターの子供を産みたい」【ファントムオブキル】
        • 【ファンキル】レーヴァテイン「マスターの子供を産みたい」【ファントムオブキル】
        • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
        • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
        • ワイ「ここがおんJか……」ドアヒラキー
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ