TOP

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はい、あーん……」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:21:56.006 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……どうしました? ほら、あーん……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○は甘い卵焼きの方が好きですよね? いつもお菓子持ち歩いているくらいですし」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……周り? 教室の誰も私たちのことなんて見てませんよ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「むしろ妙に静かにしてます。昼休みなのに変ですね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「まあどうでもいいです。そんなことより……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……はい、あーん」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……おいしい?」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:22:24.018 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「でしょう? もうあなたの好みなんて知り尽くしてますから」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ほら、あーん」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ふふふ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あーん」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「たくさん食べてくださいね。この間のお礼も兼ねているんですから」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「いつも家のことを手伝ってくれてありがとう」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「大好きです。大好き。ふふふ。大好き」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はい、あーん」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:25:43.321 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「お返しですか? ありがとう。じゃあ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あー……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ん。んむんむ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あー……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「んむんむ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あー……あ?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あ、席ですか? 勝手に使ってしまってすみません、今どきます」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「じゃあ○○、席半分貰いますね……ありがとう」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ふふふ、ちょっと窮屈ですね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「い、いえ……なんでも。ただ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ただ、あなたの体温と香りが伝わってきて……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あなたを近くに感じるなって、思っただけです……」



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:26:39.643 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……み、密着してしまいますけど、構わないでしょう?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「だって、大きな声で言うことではありませんけど……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私たち、こ、恋人同士、ですから……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:27:26.370 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はい、あーん……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あー……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ん。んむ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……はい、あーん」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あー……ん」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「んむ。んむんむ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「んふふ……」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:28:36.373 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……はい、お粗末様でした」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「お腹いっぱいですか? そうですか、それはよかった」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ふふふ……あ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○。○○」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ちょっと顔を下に向けてください……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ん」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ケチャップ。口の端に付いてましたよ?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……すっぱい」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……い、今のは、は、はしたなかったですかね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「す、すみません、今のは忘れてください……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「も、もう……忘れてって言ってるのに……○○の馬鹿……」



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:29:40.803 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「でも、大好きです……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○の好きなところを10個言ってもいいですか? 駄目? なんで」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「じゃあ5個。なんで駄目なんですか」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「意地悪でしょう? ○○の意地悪」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……じゃ、じゃあ……あなたが私の好きなところを言ってください……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「も、もう……なんで即答するんですか。もう。馬鹿。多すぎ。馬鹿」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「恥ずかしいじゃないですか。こうなったら私も言っちゃいますからね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「偏見を持たない優しいところ、ここぞという時に見せるカッコいいところ、全体的に可愛いところ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ああ、口塞ごうとしても駄目です。あと20個は言うんですから」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:31:16.950 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ん?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……さっきの人が席を外しましたね……なんでしょうかね……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「え? なんですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……席、移らないのって?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私の口から言わせたいんですか? わかっているんでしょう……?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○と、離れたくないんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……わ、わざわざ言わせないでください……恥ずかしいんですから……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「からかわないでください……こういうの、慣れてないんですから……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○の馬鹿……」



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:33:17.663 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「手、握っていいでしょう?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私のより大きい……ごつごつしてます」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……石鹸の匂い……手を洗ってきたんですね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○。いつまでもこうしていたいです……」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:34:52.895 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私はもう、こうやって好きにあなたの体を触っていいんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ちょっと前の私が聞いたら、顔を赤くするでしょうね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……去年の今頃の私なら、こうしていることなんて、想像もしてない」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あの頃の私は……あなたの目にどう映っていましたか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「陰気な女……性格の悪い女? それとも、そんなことも、考えてなかった?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私のあなたへの態度は酷かったですから」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……本当に、余裕が無かった」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:36:19.303 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あの日、あなたに醜態をさらした日、あなたに膝枕をしてもらったあの日は」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あの頃の私はうまくいかないことばかりで……いっぱいいっぱいで」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「夜に眠ることもできず、不安ばかりを抱えていた。疲れ切っていた」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……でも、あの時は、とても安心して、眠ることができた」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「今みたいに、とても温かかった」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:37:30.138 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あなたがいなかったら、私は壊れていたと思います」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あなたがいたから、私はこうしていられる……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私は……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私は……あなたと……」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:39:04.608 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……もうすぐ、昼休みが終わってしまう」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「席につく人が増えてきました」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……授業の時間が近づいている。その所為でしょうか……とても静か」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……まだ、離れたくないです」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:40:13.433 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……でも、駄目」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「授業の時間になったら、私は席に戻らないといけないから」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「こうして繋いだ手も、離さなくてはならない」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……そうしないと、いけない」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:42:55.269 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……逃げちゃおっか」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「そうですよ。授業も何もかもをすべて放り投げて、学校を出るんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「こんな真昼間に、学生服に身を包んだまま、私たちは二人で外を歩いて……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「馬鹿な話をしながら、いつまでも手をつなぎ合って、いつまでも一緒に笑うんです……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「お店を回って、意味もなく迷子になって、公園でくだらない遊びをして、それで、それで……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「わかってます。駄目なんですよね」



19:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:45:02.798 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「いつの間にか……私以外のクラスの全員が、もう席に座っています」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私も、もう席に戻らないと。先生に怒られてしまいますね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「名残惜しいですが、○○。もう手を放さないと……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「どうして、私を引っ張るんです?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……そのセリフ。やだ、かっこいい……かっこよすぎる……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……しょ、しょうがないですね、全く、もう」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……悪い人です……○○は」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「そういうところも、好きなんですけど。大好き。愛してます」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……それでは行きましょうか、○○。学校を出て、私たちは自由になるんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……大丈夫」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「きっと二人なら……大丈夫なんですから!」



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:46:26.850 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「滅茶苦茶怒られましたね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「いやあ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……引くほど怒られました。これでもかってほどキレてました」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「まあ私たちが悪いんですけど、それにしても何が彼をあそこまでキレさせたのでしょうか……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……最後の方はただ疲れた顔をしてましたね、あの先生」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ところで罰掃除、○○はどこですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「図書室? 私は校門付近だから、随分と離れてますね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はあ……しょうがない。さっさと終わらせて帰りましょうか」



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:49:18.158 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はー……○○がいないとシャキっとしない」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あの人は、いつの間にか私の生活にここまで食い込んでいたんですね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「それを嬉しく思うのは、きっと幸せなことなんでしょう」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「募る思いは私を……え? なんですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私ですか? いえ、掃除をしているだけです。生活指導の一環です」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はあ、旦那とは、○○のことでしょうか? 別に旦那ではないんですが」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「彼は図書室で私と同じように掃除しています。何か用でも?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……はあ、話しかけただけ。そうですか」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ええ、さようなら」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……嫌がらせには慣れてますが、最近馴れ馴れしい人が多いのは、なんなのでしょうか」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:49:53.446 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……掃除が終わりました。○○にメッセージでも送りますか」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『掃除終わった(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『そっちはまだ?ヽ(´Д`)ノ』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『エー(´・ω・`)』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『テツダウー⊂(‘ω’⊂ )))Σ≡=─༄༅༄༅༄༅༄༅༄༅』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:53:02.305 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『ジャアマッテル(・∀・)/』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『ソンナコトイワナイデー(´・ω・`)』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『わかった。先帰ってる』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:54:03.383 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『掃除頑張って』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『夜電話するね(*´ω`*)』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……これでよし……っと」



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:55:33.674 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あはは、そんなこといって、魚の方がおいしいんですからね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あ。もうそろそろいい時間ですね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はい、はい。また明日。ええ……あ、ちょっと待ってください」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「今おやすみのキスをしました」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○のもください。はやくはやく」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「お揃い機種の、お揃いカラーで、同じところにキスするんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「しました? しました?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「えへへ……今日も安らかに眠れそうです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「じゃあ、○○。おやすみなさい。だーいすき。大好き」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:57:32.844 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……すー……すー……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「むにゃむにゃ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○ー。それは、ナイスですね……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「かっこよすぎる……最高過ぎる……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○ー……むにゃむにゃ……」



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:59:35.269 ID:cXKgvr+K0

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「え? 席替え?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『席替えだって!ヽ(´Д`)ノ(Д`ノ)ヽ( )ノ(ヽ´Д)ヽ(´Д`)ノ』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『隣同士だといいな!v( ̄Д ̄)v』」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ふふふ……」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:01:53.397 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……え? 私と○○は指定席?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「は?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「しかも、左一番前と右一番後ろって、はあ? どうしてですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「どうしてわざわざ離すんです。こんな風に指定される理由なんて無いはずです!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「うぜえからって何ですか? うぜえ……え? うぜえ?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……今のは問題発言では?」



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:04:04.853 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「言ってもきかないからってどういうことです? 言いたいことがあるのなら言えばいいでしょう!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○と離れろ? お断りです!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「断固お断りです!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「というか先生方にとやかく言われる筋合いはありません!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……いえ、まあこの間の件はそうですが」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……確かにそうですけど」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……でも、反省していますし、罰は受けたでしょう? それで落着した話だったはずです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「え? 他にも?」



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:05:37.364 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……いや、あの……意味が分かりません」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「教室内でくっついたら駄目って、ん? ……いや、考え直してもやっぱり意味が分かりません」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「行き過ぎた会話を控える? 公共をわきまえた行動?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……意味が」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……わかりません。ちゃんと日本語ですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……これ以上話しても無駄なようですね。失礼します」



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:08:29.862 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「何なんですか、あれは! 理不尽です! 横暴です!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ねえ○○! ○○もそう思うでしょう!?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「え? 先生の言ってることはわかる? 何がわかるって言うんですか!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「イチャイチャし過ぎな自覚はある? や、やだ、イチャイチャって、何を言うんですか、もう……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私たちちゃんと節度は守ってるでしょう? こ、恋人なら、普通のことしかしてませんよ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ねえ、○○?」



33:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:12:13.615 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「そうでもない? そうでもないってどういうことです?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「冷静に今までの行動を振り返ってほしい?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ふむ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ペアルックのことですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「確かに下着の色まで合わせるのは変態チックでしたが……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「他にも? 他にもかあ……」



34:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:14:05.492 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……寂しかったよのハグとか、嬉しいなのハグだったり」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「歩くときはいつも手をつなごうねとか、寝る前の○○への写真へのキスとか」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「愛情を積極的に発信していこう運動も寂しさをお互いぶちまけて慰め合おうの会も」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「全部いきすぎだというんですか!?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○! ちょっと待ってください……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「じゃ、じゃあ……この携帯待ち受けの嬉し恥ずかしツーショットを眺めることも……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ええ……?」



35:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:15:20.268 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「いや、ええ……? 待ち受けにするのも駄目なんですか……?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……だって、これ……ええ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……このままだと二人とも駄目になる?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……それに、周囲の、居たたまれない空気が……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ほんのちょっと辛くなることもある、ですか……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……そう……ですか」



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:17:05.132 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○が……そう……望むのであれば」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「自重……しましょう……か?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……しま……す?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あ……ええ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……おお」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「『(´・ω・`)』」



37:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:19:27.038 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……はしゃぎすぎたのかなあ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……でも、人生初めての恋人なんですし」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「浮かれても、しょうがないでしょう……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「でも……一番の問題は……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○の負担を、顧みてなかったことですね……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はあ……」



38:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:21:33.614 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ちょっと辛い……辛い、かあ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「心に刺さるものがあります……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私だけ、はしゃいで、○○に迷惑をかけて……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私はとんだ大馬鹿者ですね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「明日からは、落ち着かなくては……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はあああ……」



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:23:36.287 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……おはようございます」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……昨日の話ですけど」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私、自重します。精一杯自重します……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私、○○に迷惑をかけたくありませんから……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……で、でも」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「でも、でも、お弁当は、作ってきたのですが、いいですよね……?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「せめて、お弁当だけは、私、頑張って……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○の好きなものを一杯、作りましたから……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「おいしく、食べてください……うう……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「そ、それでは、○○! 私は、先に行ってますので! また教室で!」



41:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:27:37.135 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……はあ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……はー」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……何ですか」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「静かにしてください……今は話ができる精神状態じゃないんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……だから……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……旦那じゃ、ないんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はー……」



43:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:29:53.026 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……つかぬことを」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「つかぬことをお伺いしてもよろしいでしょうか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……珍しくてもいいでしょう。一般女子の目線で聞かせてください」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私と○○ってうざいですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……そうですか」



44:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:31:04.880 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「気にするなんてらしくない?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ただのクラスメイトのあなたに私の何がわかるんですか」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「正直私はあなたの名前すら知りません。顔くらいなら知ってますが」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私は○○以外に興味がありませんし、〇〇だけが私を理解してくれる」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「それでいいんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「というか私をハブってたのはあなた方でしょう。もう今となってはどうでもいいですが」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「この際はっきり言っておきますが」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あなた方は精神的に未熟なんですよ」



46:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:32:35.467 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……これは少なくない女子に、顕著に現れる特徴なのですが」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「つまらないことを気にして、何でもかんでも人にくっついて、人目をはばからずはしゃぐ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……時には恥ずかしげもなく、騒ぎ倒す」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「道で手をつないで横並びに歩くのはなんなのでしょうか? 鶴翼の陣ですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「世界に当然存在する他人を受け入れていない。自己と仲間内だけで完結している行動です」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「学生などそういうものでしょうがね。でも私はそういうのについていけないんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「全く、馬鹿馬鹿しい」



47:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:34:13.449 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ん? なんです? お前が言うな?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「何が言いたいんですか……お前がって、おま……ん?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……んん?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……考えてみると」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「さっきの女子の特徴が、私たちに当てはまってますね……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ん?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……え? 私と○○クソ馬鹿なんですか?」



48:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:35:58.785 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ど、動揺して震えが止まりません……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「わ、私は今までにいったい何を……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「い、いえ。そんなことよりも、わ、私は……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○に、何という恥ずかしい馬鹿の真似をさせて、あ、あ、あああ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「何という……何という……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……面白いからいい? あなた、それは馬鹿にして面白いということでしょう!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「も、もう、話は、終わりです……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あ、ありがとう、ございました……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……何という」



49:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:37:28.519 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……う、浮かれすぎた」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○に何ということをさせてしまったのか……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「わ、私は、どうしようもない馬鹿だ……○○になんと詫びれば……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「き、きら、きらわ、」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……嫌われる」



50:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:39:00.213 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あれ? でも、もう嫌われてる……?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「だ、だって、今日、今朝から、一言も、一言も喋ってない……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「うざがられて、私、き、嫌われたんじゃ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「こ、このままじゃ、私、私たち、わ、わか……わかか……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「うわあああ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……うるさい! 話しかけてこないでください!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ちゃんと掃除してるんだから、放っておいてください!」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「うう……手が震える……どうしよう……」



51:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:40:24.794 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……どうすれば、どうすれば」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「別れたくない……別れたくないよお……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……は! ここはどこですか……?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……いつの間にか、よその街にまで歩いてましたか」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あそこの公園で休みましょう」



52:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:41:45.204 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……公園も寂れたものですね。人っ子一人いやしません」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「当然でしょう。世の子供たちは暇じゃないんですから、公園になんぞ行かないのでしょう」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「公園に流れ着く人なんて、行き場のない寂しい人だけです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……そう、私のような、どうしようもないお馬鹿さんだけ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」



53:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:43:12.803 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○ですか。よくここがわかりましたね……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「目撃情報を辿ってきた? ○○は優秀な刑事になれますね……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「あ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……こ、こっちに来ないでください……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「どうして、って、どうしてって……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……こ、これ以上、嫌われたくない……」



54:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:44:03.024 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……じ、自覚しました」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私は馬鹿です」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私は、あなたにとんでもなく恥ずかしいことを強いていました……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「いえ、あなたなら、無理にやってないと言ってくれるのでしょうが」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「それなら、私が、唆してしまったんです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「クラスの人間の前で、教師の目の前で」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「わ、私は、あなたを道化にしてしまった」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「皆から、あなたを、ば、ば、馬鹿にさせてしまったんです……! う、うう……」



55:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:45:50.965 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「私、浮かれすぎていました……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あの時から、私が、」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……わ、私が、あなたに告白したとき」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「す、すごく緊張していました、胸が、どうかなりそうで、言葉もうまく出てこなくて」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「でも、伝えないともう無理だったから……それで、あなたは受け入れてくれて……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私、嬉しくて、嬉しくて、もう……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……それで、そ、それで、私は……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ぅ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私が、馬鹿でした」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」



57:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:47:10.824 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……気にしなくていい? こっちも言い過ぎた?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……そんなこと」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……気を遣っているのでしょう? お願いですから、正直なことを言ってください……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……結構楽しくもあった?」



58:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:48:13.015 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「まあ、私も……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「とても楽しかったですけど……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「ええ。ものすごく、楽しかったです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「メッチャ楽しかったです」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「超楽しかった」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……幸せだった」



59:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:49:55.176 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……? なんです?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「どうしてズボンに手をかけるんですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「え、な、なに? なんですか? 何でずらすんです? あ……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……それは」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「前のデートで、私が選んだパンツ……」



60:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:51:06.301 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……っく、ふ、ふふふ」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……は、履いてきてくれたんですね……嬉しい……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……誰にも見られない場所なら、いいだろうって?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……そう、かもしれないですね」



61:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:52:10.394 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……そ、それなら、ここも」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……だ、誰にも見られない場所、ですよね?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……ここなら、あの……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……あなたを抱きしめてもいいですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「誰もいないここなら、見つからないからいいですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○ー……」



62:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:53:13.625 ID:cubbpmr50

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……皆の前では自重しますが……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「二人きりの時はこうして甘えてもいいですか?」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「うん。うん……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「○○ー……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……〇〇ー」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……○○」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……私ね……あなたのことが、好き」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……何回でも言いたいから、言うね」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……」

クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「……だーいすき」



64:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:55:21.383 ID:cubbpmr50

終わりです
人前でいちゃつくカップル止めて欲しい
ケツ触ってる人とかマジで止めて欲しい
居心地悪すぎる






65:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:56:31.673 ID:gEbF3BI10

>>64
わかるー



恋人ちゃん「はい、あーん……」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:21:56.006 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……どうしました? ほら、あーん……」

恋人ちゃん「……○○は甘い卵焼きの方が好きですよね? いつもお菓子持ち歩いているくらいですし」

恋人ちゃん「……周り? 教室の誰も私たちのことなんて見てませんよ」

恋人ちゃん「むしろ妙に静かにしてます。昼休みなのに変ですね」

恋人ちゃん「まあどうでもいいです。そんなことより……」

恋人ちゃん「……はい、あーん」

恋人ちゃん「……おいしい?」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:22:24.018 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「でしょう? もうあなたの好みなんて知り尽くしてますから」

恋人ちゃん「ほら、あーん」

恋人ちゃん「ふふふ」

恋人ちゃん「あーん」

恋人ちゃん「たくさん食べてくださいね。この間のお礼も兼ねているんですから」

恋人ちゃん「いつも家のことを手伝ってくれてありがとう」

恋人ちゃん「大好きです。大好き。ふふふ。大好き」

恋人ちゃん「はい、あーん」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:25:43.321 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「お返しですか? ありがとう。じゃあ……」

恋人ちゃん「あー……」

恋人ちゃん「ん。んむんむ」

恋人ちゃん「あー……」

恋人ちゃん「んむんむ」

恋人ちゃん「あー……あ?」

恋人ちゃん「……あ、席ですか? 勝手に使ってしまってすみません、今どきます」

恋人ちゃん「じゃあ○○、席半分貰いますね……ありがとう」

恋人ちゃん「……ふふふ、ちょっと窮屈ですね」

恋人ちゃん「あ……」

恋人ちゃん「い、いえ……なんでも。ただ……」

恋人ちゃん「……ただ、あなたの体温と香りが伝わってきて……」

恋人ちゃん「あなたを近くに感じるなって、思っただけです……」



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:26:39.643 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……み、密着してしまいますけど、構わないでしょう?」

恋人ちゃん「だって、大きな声で言うことではありませんけど……」

恋人ちゃん「私たち、こ、恋人同士、ですから……」

恋人ちゃん「……」



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:27:26.370 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「はい、あーん……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「あー……」

恋人ちゃん「ん。んむ」

恋人ちゃん「……はい、あーん」

恋人ちゃん「あー……ん」

恋人ちゃん「んむ。んむんむ」

恋人ちゃん「んふふ……」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:28:36.373 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……はい、お粗末様でした」

恋人ちゃん「お腹いっぱいですか? そうですか、それはよかった」

恋人ちゃん「ふふふ……あ」

恋人ちゃん「○○。○○」

恋人ちゃん「ちょっと顔を下に向けてください……」

恋人ちゃん「……ん」

恋人ちゃん「……ケチャップ。口の端に付いてましたよ?」

恋人ちゃん「……すっぱい」

恋人ちゃん「あ……」

恋人ちゃん「……い、今のは、は、はしたなかったですかね」

恋人ちゃん「す、すみません、今のは忘れてください……」

恋人ちゃん「も、もう……忘れてって言ってるのに……○○の馬鹿……」



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:29:40.803 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「でも、大好きです……」

恋人ちゃん「……○○の好きなところを10個言ってもいいですか? 駄目? なんで」

恋人ちゃん「じゃあ5個。なんで駄目なんですか」

恋人ちゃん「意地悪でしょう? ○○の意地悪」

恋人ちゃん「……じゃ、じゃあ……あなたが私の好きなところを言ってください……」

恋人ちゃん「も、もう……なんで即答するんですか。もう。馬鹿。多すぎ。馬鹿」

恋人ちゃん「恥ずかしいじゃないですか。こうなったら私も言っちゃいますからね」

恋人ちゃん「偏見を持たない優しいところ、ここぞという時に見せるカッコいいところ、全体的に可愛いところ」

恋人ちゃん「ああ、口塞ごうとしても駄目です。あと20個は言うんですから」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:31:16.950 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……ん?」

恋人ちゃん「……さっきの人が席を外しましたね……なんでしょうかね……」

恋人ちゃん「え? なんですか?」

恋人ちゃん「……席、移らないのって?」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……私の口から言わせたいんですか? わかっているんでしょう……?」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……○○と、離れたくないんです」

恋人ちゃん「……わ、わざわざ言わせないでください……恥ずかしいんですから……」

恋人ちゃん「からかわないでください……こういうの、慣れてないんですから……」

恋人ちゃん「○○の馬鹿……」



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:33:17.663 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……○○」

恋人ちゃん「手、握っていいでしょう?」

恋人ちゃん「……私のより大きい……ごつごつしてます」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……石鹸の匂い……手を洗ってきたんですね」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……○○。いつまでもこうしていたいです……」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:34:52.895 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……私はもう、こうやって好きにあなたの体を触っていいんです」

恋人ちゃん「ちょっと前の私が聞いたら、顔を赤くするでしょうね」

恋人ちゃん「……去年の今頃の私なら、こうしていることなんて、想像もしてない」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……あの頃の私は……あなたの目にどう映っていましたか?」

恋人ちゃん「陰気な女……性格の悪い女? それとも、そんなことも、考えてなかった?」

恋人ちゃん「……私のあなたへの態度は酷かったですから」

恋人ちゃん「……本当に、余裕が無かった」

恋人ちゃん「……」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:36:19.303 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「あの日、あなたに醜態をさらした日、あなたに膝枕をしてもらったあの日は」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……あの頃の私はうまくいかないことばかりで……いっぱいいっぱいで」

恋人ちゃん「夜に眠ることもできず、不安ばかりを抱えていた。疲れ切っていた」

恋人ちゃん「……でも、あの時は、とても安心して、眠ることができた」

恋人ちゃん「今みたいに、とても温かかった」

恋人ちゃん「……○○」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:37:30.138 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「あなたがいなかったら、私は壊れていたと思います」

恋人ちゃん「あなたがいたから、私はこうしていられる……」

恋人ちゃん「私は……」

恋人ちゃん「私は……あなたと……」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:39:04.608 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……もうすぐ、昼休みが終わってしまう」

恋人ちゃん「席につく人が増えてきました」

恋人ちゃん「……授業の時間が近づいている。その所為でしょうか……とても静か」

恋人ちゃん「……○○」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……まだ、離れたくないです」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:40:13.433 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……でも、駄目」

恋人ちゃん「授業の時間になったら、私は席に戻らないといけないから」

恋人ちゃん「こうして繋いだ手も、離さなくてはならない」

恋人ちゃん「……そうしないと、いけない」

恋人ちゃん「……」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:42:55.269 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……逃げちゃおっか」

恋人ちゃん「そうですよ。授業も何もかもをすべて放り投げて、学校を出るんです」

恋人ちゃん「こんな真昼間に、学生服に身を包んだまま、私たちは二人で外を歩いて……」

恋人ちゃん「馬鹿な話をしながら、いつまでも手をつなぎ合って、いつまでも一緒に笑うんです……」

恋人ちゃん「お店を回って、意味もなく迷子になって、公園でくだらない遊びをして、それで、それで……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「わかってます。駄目なんですよね」



19:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:45:02.798 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「いつの間にか……私以外のクラスの全員が、もう席に座っています」

恋人ちゃん「……私も、もう席に戻らないと。先生に怒られてしまいますね」

恋人ちゃん「名残惜しいですが、○○。もう手を放さないと……」

恋人ちゃん「……○○?」

恋人ちゃん「どうして、私を引っ張るんです?」

恋人ちゃん「……あ」

恋人ちゃん「……そのセリフ。やだ、かっこいい……かっこよすぎる……」

恋人ちゃん「……しょ、しょうがないですね、全く、もう」

恋人ちゃん「……悪い人です……○○は」

恋人ちゃん「そういうところも、好きなんですけど。大好き。愛してます」

恋人ちゃん「……それでは行きましょうか、○○。学校を出て、私たちは自由になるんです」

恋人ちゃん「……大丈夫」

恋人ちゃん「きっと二人なら……大丈夫なんですから!」



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:46:26.850 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「滅茶苦茶怒られましたね」

恋人ちゃん「いやあ……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……引くほど怒られました。これでもかってほどキレてました」

恋人ちゃん「まあ私たちが悪いんですけど、それにしても何が彼をあそこまでキレさせたのでしょうか……」

恋人ちゃん「……最後の方はただ疲れた顔をしてましたね、あの先生」

恋人ちゃん「……ところで罰掃除、○○はどこですか?」

恋人ちゃん「図書室? 私は校門付近だから、随分と離れてますね」

恋人ちゃん「はあ……しょうがない。さっさと終わらせて帰りましょうか」



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:49:18.158 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「はー……○○がいないとシャキっとしない」

恋人ちゃん「あの人は、いつの間にか私の生活にここまで食い込んでいたんですね」

恋人ちゃん「それを嬉しく思うのは、きっと幸せなことなんでしょう」

恋人ちゃん「募る思いは私を……え? なんですか?」

恋人ちゃん「私ですか? いえ、掃除をしているだけです。生活指導の一環です」

恋人ちゃん「はあ、旦那とは、○○のことでしょうか? 別に旦那ではないんですが」

恋人ちゃん「彼は図書室で私と同じように掃除しています。何か用でも?」

恋人ちゃん「……はあ、話しかけただけ。そうですか」

恋人ちゃん「ええ、さようなら」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……嫌がらせには慣れてますが、最近馴れ馴れしい人が多いのは、なんなのでしょうか」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:49:53.446 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……掃除が終わりました。○○にメッセージでも送りますか」

恋人ちゃん「『掃除終わった(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)』」

恋人ちゃん「『そっちはまだ?ヽ(´Д`)ノ』」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「『エー(´・ω・`)』」

恋人ちゃん「『テツダウー⊂(‘ω’⊂ )))Σ≡=─༄༅༄༅༄༅༄༅༄༅』」

恋人ちゃん「……」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:53:02.305 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「『ジャアマッテル(・∀・)/』」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「『ソンナコトイワナイデー(´・ω・`)』」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「『わかった。先帰ってる』」

恋人ちゃん「……」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:54:03.383 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「『掃除頑張って』」

恋人ちゃん「『夜電話するね(*´ω`*)』」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……これでよし……っと」



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:55:33.674 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……あはは、そんなこといって、魚の方がおいしいんですからね」

恋人ちゃん「……あ。もうそろそろいい時間ですね」

恋人ちゃん「はい、はい。また明日。ええ……あ、ちょっと待ってください」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「今おやすみのキスをしました」

恋人ちゃん「○○のもください。はやくはやく」

恋人ちゃん「お揃い機種の、お揃いカラーで、同じところにキスするんです」

恋人ちゃん「しました? しました?」

恋人ちゃん「えへへ……今日も安らかに眠れそうです」

恋人ちゃん「じゃあ、○○。おやすみなさい。だーいすき。大好き」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:57:32.844 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……すー……すー……」

恋人ちゃん「むにゃむにゃ……」

恋人ちゃん「……○○ー。それは、ナイスですね……」

恋人ちゃん「かっこよすぎる……最高過ぎる……」

恋人ちゃん「○○ー……むにゃむにゃ……」



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 23:59:35.269 ID:cXKgvr+K0

恋人ちゃん「え? 席替え?」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「『席替えだって!ヽ(´Д`)ノ(Д`ノ)ヽ( )ノ(ヽ´Д)ヽ(´Д`)ノ』」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「『隣同士だといいな!v( ̄Д ̄)v』」

恋人ちゃん「ふふふ……」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:01:53.397 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……え? 私と○○は指定席?」

恋人ちゃん「は?」

恋人ちゃん「しかも、左一番前と右一番後ろって、はあ? どうしてですか?」

恋人ちゃん「どうしてわざわざ離すんです。こんな風に指定される理由なんて無いはずです!」

恋人ちゃん「うぜえからって何ですか? うぜえ……え? うぜえ?」

恋人ちゃん「……今のは問題発言では?」



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:04:04.853 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「言ってもきかないからってどういうことです? 言いたいことがあるのなら言えばいいでしょう!」

恋人ちゃん「○○と離れろ? お断りです!」

恋人ちゃん「断固お断りです!」

恋人ちゃん「というか先生方にとやかく言われる筋合いはありません!」

恋人ちゃん「……いえ、まあこの間の件はそうですが」

恋人ちゃん「……確かにそうですけど」

恋人ちゃん「……でも、反省していますし、罰は受けたでしょう? それで落着した話だったはずです」

恋人ちゃん「え? 他にも?」



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:05:37.364 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……いや、あの……意味が分かりません」

恋人ちゃん「教室内でくっついたら駄目って、ん? ……いや、考え直してもやっぱり意味が分かりません」

恋人ちゃん「行き過ぎた会話を控える? 公共をわきまえた行動?」

恋人ちゃん「……意味が」

恋人ちゃん「……わかりません。ちゃんと日本語ですか?」

恋人ちゃん「……これ以上話しても無駄なようですね。失礼します」



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:08:29.862 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「何なんですか、あれは! 理不尽です! 横暴です!」

恋人ちゃん「ねえ○○! ○○もそう思うでしょう!?」

恋人ちゃん「え? 先生の言ってることはわかる? 何がわかるって言うんですか!」

恋人ちゃん「イチャイチャし過ぎな自覚はある? や、やだ、イチャイチャって、何を言うんですか、もう……」

恋人ちゃん「私たちちゃんと節度は守ってるでしょう? こ、恋人なら、普通のことしかしてませんよ……」

恋人ちゃん「ねえ、○○?」



33:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:12:13.615 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「そうでもない? そうでもないってどういうことです?」

恋人ちゃん「冷静に今までの行動を振り返ってほしい?」

恋人ちゃん「……ふむ」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「ペアルックのことですか?」

恋人ちゃん「確かに下着の色まで合わせるのは変態チックでしたが……」

恋人ちゃん「他にも? 他にもかあ……」



34:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:14:05.492 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……寂しかったよのハグとか、嬉しいなのハグだったり」

恋人ちゃん「歩くときはいつも手をつなごうねとか、寝る前の○○への写真へのキスとか」

恋人ちゃん「愛情を積極的に発信していこう運動も寂しさをお互いぶちまけて慰め合おうの会も」

恋人ちゃん「全部いきすぎだというんですか!?」

恋人ちゃん「○○! ちょっと待ってください……」

恋人ちゃん「じゃ、じゃあ……この携帯待ち受けの嬉し恥ずかしツーショットを眺めることも……」

恋人ちゃん「ええ……?」



35:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:15:20.268 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「いや、ええ……? 待ち受けにするのも駄目なんですか……?」

恋人ちゃん「……だって、これ……ええ……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……このままだと二人とも駄目になる?」

恋人ちゃん「……それに、周囲の、居たたまれない空気が……」

恋人ちゃん「……ほんのちょっと辛くなることもある、ですか……」

恋人ちゃん「……そう……ですか」



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:17:05.132 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……○○が……そう……望むのであれば」

恋人ちゃん「自重……しましょう……か?」

恋人ちゃん「……しま……す?」

恋人ちゃん「あ……ええ……」

恋人ちゃん「……おお」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「『(´・ω・`)』」



37:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:19:27.038 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……はしゃぎすぎたのかなあ」

恋人ちゃん「……でも、人生初めての恋人なんですし」

恋人ちゃん「浮かれても、しょうがないでしょう……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「でも……一番の問題は……」

恋人ちゃん「……○○の負担を、顧みてなかったことですね……」

恋人ちゃん「はあ……」



38:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:21:33.614 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「ちょっと辛い……辛い、かあ……」

恋人ちゃん「心に刺さるものがあります……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……私だけ、はしゃいで、○○に迷惑をかけて……」

恋人ちゃん「……私はとんだ大馬鹿者ですね」

恋人ちゃん「明日からは、落ち着かなくては……」

恋人ちゃん「はあああ……」



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:23:36.287 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……○○」

恋人ちゃん「……おはようございます」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……昨日の話ですけど」

恋人ちゃん「……私、自重します。精一杯自重します……」

恋人ちゃん「私、○○に迷惑をかけたくありませんから……」

恋人ちゃん「……で、でも」

恋人ちゃん「でも、でも、お弁当は、作ってきたのですが、いいですよね……?」

恋人ちゃん「せめて、お弁当だけは、私、頑張って……」

恋人ちゃん「○○の好きなものを一杯、作りましたから……」

恋人ちゃん「おいしく、食べてください……うう……」

恋人ちゃん「そ、それでは、○○! 私は、先に行ってますので! また教室で!」



41:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:27:37.135 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……はあ……」

恋人ちゃん「……はー」

恋人ちゃん「……何ですか」

恋人ちゃん「静かにしてください……今は話ができる精神状態じゃないんです」

恋人ちゃん「……だから……」

恋人ちゃん「……旦那じゃ、ないんです」

恋人ちゃん「はー……」



43:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:29:53.026 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……つかぬことを」

恋人ちゃん「つかぬことをお伺いしてもよろしいでしょうか?」

恋人ちゃん「……珍しくてもいいでしょう。一般女子の目線で聞かせてください」

恋人ちゃん「……私と○○ってうざいですか?」

恋人ちゃん「……そうですか」



44:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:31:04.880 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「気にするなんてらしくない?」

恋人ちゃん「ただのクラスメイトのあなたに私の何がわかるんですか」

恋人ちゃん「正直私はあなたの名前すら知りません。顔くらいなら知ってますが」

恋人ちゃん「私は○○以外に興味がありませんし、〇〇だけが私を理解してくれる」

恋人ちゃん「それでいいんです」

恋人ちゃん「というか私をハブってたのはあなた方でしょう。もう今となってはどうでもいいですが」

恋人ちゃん「この際はっきり言っておきますが」

恋人ちゃん「あなた方は精神的に未熟なんですよ」



46:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:32:35.467 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……これは少なくない女子に、顕著に現れる特徴なのですが」

恋人ちゃん「つまらないことを気にして、何でもかんでも人にくっついて、人目をはばからずはしゃぐ」

恋人ちゃん「……時には恥ずかしげもなく、騒ぎ倒す」

恋人ちゃん「道で手をつないで横並びに歩くのはなんなのでしょうか? 鶴翼の陣ですか?」

恋人ちゃん「世界に当然存在する他人を受け入れていない。自己と仲間内だけで完結している行動です」

恋人ちゃん「学生などそういうものでしょうがね。でも私はそういうのについていけないんです」

恋人ちゃん「全く、馬鹿馬鹿しい」



47:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:34:13.449 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「ん? なんです? お前が言うな?」

恋人ちゃん「何が言いたいんですか……お前がって、おま……ん?」

恋人ちゃん「……んん?」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……考えてみると」

恋人ちゃん「さっきの女子の特徴が、私たちに当てはまってますね……」

恋人ちゃん「……ん?」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……え? 私と○○クソ馬鹿なんですか?」



48:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:35:58.785 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……ど、動揺して震えが止まりません……」

恋人ちゃん「わ、私は今までにいったい何を……」

恋人ちゃん「い、いえ。そんなことよりも、わ、私は……」

恋人ちゃん「○○に、何という恥ずかしい馬鹿の真似をさせて、あ、あ、あああ」

恋人ちゃん「何という……何という……」

恋人ちゃん「……面白いからいい? あなた、それは馬鹿にして面白いということでしょう!」

恋人ちゃん「も、もう、話は、終わりです……」

恋人ちゃん「あ、ありがとう、ございました……」

恋人ちゃん「……何という」



49:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:37:28.519 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……う、浮かれすぎた」

恋人ちゃん「○○に何ということをさせてしまったのか……」

恋人ちゃん「わ、私は、どうしようもない馬鹿だ……○○になんと詫びれば……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「き、きら、きらわ、」

恋人ちゃん「……嫌われる」



50:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:39:00.213 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……あれ? でも、もう嫌われてる……?」

恋人ちゃん「だ、だって、今日、今朝から、一言も、一言も喋ってない……」

恋人ちゃん「うざがられて、私、き、嫌われたんじゃ……」

恋人ちゃん「こ、このままじゃ、私、私たち、わ、わか……わかか……」

恋人ちゃん「うわあああ」

恋人ちゃん「……うるさい! 話しかけてこないでください!」

恋人ちゃん「ちゃんと掃除してるんだから、放っておいてください!」

恋人ちゃん「うう……手が震える……どうしよう……」



51:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:40:24.794 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……どうすれば、どうすれば」

恋人ちゃん「別れたくない……別れたくないよお……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……は! ここはどこですか……?」

恋人ちゃん「……いつの間にか、よその街にまで歩いてましたか」

恋人ちゃん「……あそこの公園で休みましょう」



52:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:41:45.204 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……公園も寂れたものですね。人っ子一人いやしません」

恋人ちゃん「当然でしょう。世の子供たちは暇じゃないんですから、公園になんぞ行かないのでしょう」

恋人ちゃん「公園に流れ着く人なんて、行き場のない寂しい人だけです」

恋人ちゃん「……そう、私のような、どうしようもないお馬鹿さんだけ」

恋人ちゃん「……」



53:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:43:12.803 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……○○ですか。よくここがわかりましたね……」

恋人ちゃん「目撃情報を辿ってきた? ○○は優秀な刑事になれますね……」

恋人ちゃん「あ……」

恋人ちゃん「……こ、こっちに来ないでください……」

恋人ちゃん「どうして、って、どうしてって……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……こ、これ以上、嫌われたくない……」



54:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:44:03.024 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……じ、自覚しました」

恋人ちゃん「私は馬鹿です」

恋人ちゃん「私は、あなたにとんでもなく恥ずかしいことを強いていました……」

恋人ちゃん「いえ、あなたなら、無理にやってないと言ってくれるのでしょうが」

恋人ちゃん「それなら、私が、唆してしまったんです」

恋人ちゃん「クラスの人間の前で、教師の目の前で」

恋人ちゃん「わ、私は、あなたを道化にしてしまった」

恋人ちゃん「皆から、あなたを、ば、ば、馬鹿にさせてしまったんです……! う、うう……」



55:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:45:50.965 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「私、浮かれすぎていました……」

恋人ちゃん「……あの時から、私が、」

恋人ちゃん「……わ、私が、あなたに告白したとき」

恋人ちゃん「す、すごく緊張していました、胸が、どうかなりそうで、言葉もうまく出てこなくて」

恋人ちゃん「でも、伝えないともう無理だったから……それで、あなたは受け入れてくれて……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……私、嬉しくて、嬉しくて、もう……」

恋人ちゃん「……それで、そ、それで、私は……」

恋人ちゃん「ぅ……」

恋人ちゃん「……私が、馬鹿でした」

恋人ちゃん「……」



57:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:47:10.824 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……気にしなくていい? こっちも言い過ぎた?」

恋人ちゃん「……そんなこと」

恋人ちゃん「……気を遣っているのでしょう? お願いですから、正直なことを言ってください……」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……結構楽しくもあった?」



58:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:48:13.015 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「まあ、私も……」

恋人ちゃん「とても楽しかったですけど……」

恋人ちゃん「ええ。ものすごく、楽しかったです」

恋人ちゃん「メッチャ楽しかったです」

恋人ちゃん「超楽しかった」

恋人ちゃん「……幸せだった」



59:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:49:55.176 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……? なんです?」

恋人ちゃん「どうしてズボンに手をかけるんですか?」

恋人ちゃん「え、な、なに? なんですか? 何でずらすんです? あ……」

恋人ちゃん「……それは」

恋人ちゃん「前のデートで、私が選んだパンツ……」



60:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:51:06.301 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……っく、ふ、ふふふ」

恋人ちゃん「……は、履いてきてくれたんですね……嬉しい……」

恋人ちゃん「……誰にも見られない場所なら、いいだろうって?」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……そう、かもしれないですね」



61:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:52:10.394 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……そ、それなら、ここも」

恋人ちゃん「……だ、誰にも見られない場所、ですよね?」

恋人ちゃん「……ここなら、あの……」

恋人ちゃん「……あなたを抱きしめてもいいですか?」

恋人ちゃん「誰もいないここなら、見つからないからいいですか?」

恋人ちゃん「……○○」

恋人ちゃん「○○ー……」



62:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/16(日) 00:53:13.625 ID:cubbpmr50

恋人ちゃん「……皆の前では自重しますが……」

恋人ちゃん「二人きりの時はこうして甘えてもいいですか?」

恋人ちゃん「うん。うん……」

恋人ちゃん「○○ー……」

恋人ちゃん「……〇〇ー」

恋人ちゃん「……○○」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……私ね……あなたのことが、好き」

恋人ちゃん「……何回でも言いたいから、言うね」

恋人ちゃん「……」

恋人ちゃん「……だーいすき」



元スレ
クソうぜえバカップルと評判な恋人ちゃん「はい、あーん……」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1537021316/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 03:04
          • 読みづらい上につまらない
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 03:42
          • チンカス掃除しろやオラァ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 04:41
          • SS復活した?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 10:29
          • シチュエーションものもここまで書ききるともうなんだかすがすがしいものさえある
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 11:11
          • これ学生当主ちゃんの続きか?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 13:45
          • よう続くな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 14:10
          • はーすき
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 15:32
          • すき
            当主のやつの続きやね
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月16日 20:38
          • ここにまとめられてるのしか知らんのやが学生当主のあのオチからこれって間に何があったんだよ…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月17日 08:10
          • 名前が長いシリーズ俺は好きやで

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 楓「初めましてお義母様」武内P「」
        • 俺「くそっ死のう」 少女「待って」 俺「君は・・・?」
        • ユミラウネ「アイバユミダヨッ!」夕美「ユミラウネだよっ」/ぷちかれ「「「「「ナマイモアニバーサリー!」」」」」
        • ぷちきょこ「タニタニー♪」ぷちかれ「ポテポテー!」/ぷちなかの「おす。」モバP「引き戸だぞー」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ