TOP

喪黒福造「心の底から分かりあえる友達が欲しいでしょう?」 元自衛官「そうかもしれませんね……」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 20:56:15.223 ID:jSwuBCZND

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    森本良治(33) 元自衛官

    【友情の絆】

    ホーッホッホッホ……。」



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 20:58:22.952 ID:jSwuBCZND

夏のある日。都会の街の中を行く多くの通行人たち。

サラリーマン、女性、若者、親子連れ……、通行人たちは皆、半袖姿だ。

工事現場。炎天下の中、汗だくとなりながら道路工事を行う男たち。

土木作業員たちは、ヘルメットをかぶり、長袖の作業服を着ている。

テロップ「森本良治(33) 元自衛官・土木作業アルバイト」

荷車に積まれたコンクリの欠片を運ぶ森本。

歩道を歩く通行人たちは、土木作業員たちの姿には全く目もくれようとしない。


昼。休憩しながら昼食をとる土木作業員たち。

コンビニ弁当を食べながら、会話をする土木作業員たち。

一方、土木作業員たちのグループから浮いた森本は一人で昼食をとっている。

森本(昨日も、今日も、明日も、将来も……。俺は孤独な人生を送り続けるのか……)

森本の顔には哀愁の表情が浮かんでいる。



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:00:31.783 ID:jSwuBCZND

休日。アパート。部屋の中で筋トレをする森本。森本は、腕立て・腹筋運動・スクワットをしている。

森本「ハッ……。ハッ……。ハッ……」


バッティングセンター。バットを持ち、打席に立つ森本。機械から発射されるボールに、森本が振ったバットが当たる。

彼が打ったボールは、綺麗な弧を描きながら飛んでいく。

バッティングセンターの中には喪黒福造もいる。遠くの方から森本の打席を眺める喪黒。

喪黒は、ゆっくりと森本の方へと近づく。

機械から発射されるボール。例の如く、森本はボールをジャストミートさせる。

喪黒「ナイスバッティング!!」

森本「うおっ!!び……、びっくりしたあっ!!」

喪黒「いやぁ……。それにしても上手なバッティングですねぇ」
   「機械から発射される剛速球を、何度何度も見事にヒットさせるとは……」

森本「まぁ、その……。俺は中学と高校のころ、野球部に所属していましたからね……」

喪黒「それでですか……」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:02:29.052 ID:jSwuBCZND

森本「でも、俺は変化球を打つのは苦手なんですよ……」
   「さっき、俺が打っていたボールの球種はどれもストレートですから……」

喪黒「じゃあ、今度は変化球のバッティングにも挑戦してみてください」

森本「えっ!?」

喪黒「苦手なものにチャレンジしてみるのも、たまには悪くないでしょう」

森本「そ、そうですか……。じゃあ、今度は変化球で……」


打席に立つ森本。機械からは変化球が発射される。

森本が勢い振ったバットに、ボールは見事命中する。拍手する喪黒と驚く森本。

喪黒「お見事!!」

森本「あ、当たった……。こんなことが……」

喪黒「どんなに苦手なものであっても、苦手意識を克服すると得意分野になります」

森本「そ、そうですか……」

喪黒「何事も積極性が必要ですよ。チャレンジ精神、一歩を踏み越える勇気……」

森本「は、はあ……」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:04:34.098 ID:jSwuBCZND

喪黒「あなたは直球が打てるけど、変化球を打つのは苦手……」
   「これを世渡りに置き換えるなら……。くそ真面目で誠実だけど、そのせいで対人関係が苦手……」
   「そうでしょう!?」

森本「そ、そうですよ!!よくそこまで、人のことを見抜けますね……!!」

喪黒「いやぁ……。仕事柄、長年、人間の観察を行ってきたおかげでしてねぇ……」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。

森本「……ココロのスキマ、お埋めします?」

喪黒「私はセールスマンです。お客様の心にポッカリ空いたスキマをお埋めするのがお仕事です」

森本「変わったお仕事ですね……」

喪黒「あなたの心にもスキマがおありのようですねぇ。何なら、相談に乗りましょうか?」


BAR「魔の巣」。喪黒と森本が席に腰掛けている。

喪黒「ところで森本さん、お盆休みに帰省とかはしないのですか?」

森本「俺には帰るべき実家がないのですよ。なぜなら、俺は両親がいないですし……」
   「親戚の家に泊まるってのは何かと気を使いますからね……」

喪黒「これは、悪いことを聞きましたなぁ……。すみません」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:06:35.284 ID:jSwuBCZND

森本「俺は、生まれてからある時期まで神戸市で育ちました。あの1995年までは……」

喪黒「1995年……。阪神大震災ですか?」

森本「はい。俺は震災で両親を亡くしたんです」

喪黒「それは、誠にお気の毒ですなぁ……」

森本「倒壊した自宅に埋もれ、意識を失っていた俺は……。自衛隊員によって救出されました」
   「だから、俺は……。今こうやって生きているわけです」

喪黒「この体験がきっかけで、あなたは自衛隊員になろうと決心したのでしょう!?」

森本「はい、そうですよ。両親を亡くした俺は、親戚のもとで少年時代を送り……」
   「高校卒業とともに自衛隊に入隊しました」

喪黒「自衛隊での生活はどうでしたか……?」

森本「訓練の厳しさには何とか耐え抜きました。とはいえ、集団生活はきつかったですね……」

喪黒「辛かったでしょう?」

森本「ええ……。ですが……、国を守るために頑張っているんだというやりがいはありましたね」

喪黒「あなたは真面目ですねぇ」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:09:22.382 ID:jSwuBCZND

森本「自衛隊は若い自衛官が多いですから、30歳を前に辞める人たちが多いんですよ」
   「だから、自衛隊を辞めた後のことを考え、俺は20代のころにいろいろ資格を取りました」
   「三流大学とはいえ、通信教育を受けて大卒の学歴も取得しましたよ」

喪黒「実に感心なお方ですなぁ……」

森本「だが、自衛隊を除隊した後……。いざとなると就職活動で困難が続きました」
   「正社員になろうとしたものの、会社の面接では何度も不採用が続き……」
   「今に至るまでアルバイトで食いつないできました」

喪黒「いやぁ、大変ですねぇ……」

森本「生活面よりも、むしろ……。俺が苦しんでいるのは他人となじめないということです」

喪黒「長い間、自衛隊に所属していた影響で……、社会に溶け込むのに苦労しているのですか?」

森本「それだけじゃ、ありません。俺はもともと、性格的に集団になじめないんです」
   「だから……。無理をして集団に溶け込むことで、協調性を身につけようと努力はしたんですけどね……」

喪黒「あなたが中学や高校のころ、野球部に所属していたのもそういうことでしょう?」

森本「はい」

喪黒「じゃあ、あなたは友達を持ったことは……」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:11:28.168 ID:jSwuBCZND

森本「……ないですね。一応、話し相手を作ることはできるんですけど……」
   「心の底から分かりあえる友達というものに巡り合ったことは、一度もないんですよ……」

喪黒「それじゃあ……、世渡りで苦労しますよねぇ」

森本「ええ……。アルバイトも、結局、集団になじめないまま職種を転々とし続けました……」

喪黒「ストレスもたまる一方でしょう?」

森本「もちろんですよ」

喪黒「寂しいですねぇ、森本さん……。そんなあなたも、内心では……」
   「心の底から分かりあえる友達が欲しいでしょう?」

森本「そうかもしれませんね……」
   「孤独な生活に耐えていても……。心のどこかでは、分かりあえる仲間を欲しているのでしょうね」

喪黒「自分と生い立ちやタイプが近い相手が見つかれば、お互い分かりあえるものですよ」
   「社会は広いですから……。職場によっては、元自衛官の人たちもたくさんいるはずです」
   「あなた以外にも……」

森本「今のところ……。バイト先でそういう人たちに巡り合ったことは、一度もありませんね……」

喪黒「警備会社とかは、元自衛官や元警察官が退職後に就職することが多いですよ」
   「森本さんは、警備会社で働いたことは……」

森本「今まで、一度もありませんでした……。喪黒さんに指摘されて、ハッとしましたよ」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:14:13.763 ID:jSwuBCZND

喪黒「じゃあ、決まりです。今度、警備会社の仕事の面接を受けてみたらどうです?」

森本「バイトの面接で……、ですか?」

喪黒「正社員採用の面接に決まっていますよ。警備会社なら、あなたも正社員になるチャンスはあります」

森本「果たして、うまくいきますかね……」

喪黒「大丈夫です!必ずうまくいきます!」
   「ほら、バッティングセンターで変化球のボールを打った時のことを思い出してください」

森本「どういうことです!?」

喪黒「どんなに苦手なものであっても、苦手意識を克服するのが成功につながるんですよ」
   「それと……。積極性、チャレンジ精神、一歩を踏み越える勇気……!!」

森本「じゃあ、喪黒さんのアドバイス通り、警備会社の面接を受けてみますか……」

喪黒「そうです、その意気です!!そんな森本さんに、私が気合を入れてあげましょう……」

喪黒は森本に右手の人差し指を向ける。

喪黒「さぁ、私の手をよーく見ててください……」
   「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

森本「うわああああああああ!!!」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:16:16.028 ID:jSwuBCZND

数日後、ある警備会社。スーツを着た森本良治がパイプ椅子に座り、就職面接に臨んでいる。

森本が書いた履歴書を眺める面接官。

面接官「森友さんは、元自衛官で……。現在は土木作業のアルバイトをしているのですね?」

森本「はい……」

面接官「森本さんは集団行動に慣れていそうだし……、体力にも自信がありそうですよね」
    「あなたのような人材を、うちの会社は求めていたんですよ……」

森本「えっ、それでは……」

面接官「森本さん。あなたを採用します」


美術館。館内では、有名な画家の作品の展覧会が行われている。

美術館を訪れ、絵画を鑑賞する一般市民たち。その陰では、警備員たちが仕事をしている。

建物の中にいる警備員たちの中には、もちろん森本の姿もいる。


ある日の夜。とある企業のビル。懐中電灯を持ち、ビルの中を仲間たちと巡回する森本。

社員たちが帰った建物の廊下のタイルに、警備員たちの靴の足音が響く。

休憩時間。仕事仲間たちと缶コーヒーを飲み、話をする森本。



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:18:18.273 ID:jSwuBCZND

テロップ「福井健彦(36) 元自衛官・警備員」「川口泰造(33) 元自衛官・警備員」

福井「それにしても……。元自衛官が3人もここに揃うとはなぁ……」

森本「ええ……。俺と似たような境遇の人間がここにいたとは意外でした」

川口「それだけじゃあ、ありません……。俺たちは年齢も比較的近いですから」

福井「森本……。お前は俺たちと案外気が合いそうだよなぁ……」

森本「俺もそう思いますね……」

休憩時間を終え、仕事を再開する森本。彼の側には福井や川口もいる。


BAR「魔の巣」。喪黒と森本が席に腰掛けている。

喪黒「森本さん、最近どうです?」

森本「面接は成功し……、俺は正社員になれました。警備員の仕事は、意外と俺に向いていたようです」

喪黒「よかったですなぁ、森本さん。その調子ならおそらく……、友達も見つかったと思いますよ」

森本「ええ、見つかりましたよ……。心から気の合う人間が何人かできました」

喪黒「警備会社で知り合った友人には、あなたと同じ元自衛官の人もいますよねぇ?」



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:20:24.699 ID:jSwuBCZND

森本「もちろんです。喪黒さんに警備会社への面接を紹介されたおかげで……、俺の人生は変わりました」
   「喪黒さんには本当に感謝しています」

喪黒「こうやって感謝されて、実に身に余る思いです……」
   「ですがね……。森本さんには、私の方からアドバイスしておきたいことがあります」

森本「は、はあ……」

喪黒「友達のためならば、相手の耳触りのいいことばかりではなく、時には苦い忠告も必要なのです」
   「ほら……。昔から、良薬は口に苦しと言いますからねぇ……」

森本「は、はい……」

森本「約束してください。友達が間違ったことをやろうとしたなら、はっきりノーを言うべきです」
   「間違ったことには、優しくも厳しくいさめる……。それが本当の友情関係なのですよ」

森本「わ、分かりました……。喪黒さん」


数日後の夜。居酒屋チェーン店。店内には、森本・福井・川口に、もう一人仲間がいる。

一同「カンパーイ!!!」

テロップ「大沢誠司(35) 元警察官・警備員」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:22:25.571 ID:jSwuBCZND

福井「また、大企業の不祥事か……」

大沢「こんなあくどいことをやってる奴が、一流上場企業の社長だなんて……」

森本たち4人は、店内にあるテレビのニュースを見ながら何かを話している。


福井「こういう連中の会社を警備するなんて、俺たちはたまったもんじゃねぇなぁ」

森本・福井・川口「そうだ!そうだ!」

森本「こういう悪人が不正な金を儲け、好き放題やってる……。実に胸糞が悪い話ですね」

川口「全く、時代劇や小説の世界なら仕置き人が出てきてもおかしくないのに……」

福井「でも、現実の世界では……。こういう金と権力を持った悪党がのうのうとのさばっている」

川口「俺たちに力があれば、こいつらに一泡吹かせられるんだが……」

大沢「やりようによっては、奴らの鼻を明かすことは可能かもしれんぞ……」

福井「もしも、そんなことができるのなら……。面白そうだな。一体、どんなやり方なんだ!?」

話が白熱する4人。彼らの会話の内容は、雲行きが徐々に怪しくなっていく。



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:24:30.184 ID:jSwuBCZND

ある日の夜、ビジネス街。とある大企業。駐車場には、大型のワンボックスカーが停車している。

建物の中には、警備会社の制服を着た4人――福井・大沢・川口・森本がいる。

懐中電灯を持ち、仲間を先導する福井。廊下をゆっくりと歩く4人。

4人はなぜか、背中にリュックサックを背負っている。

彼らの表情は真剣そのものだが、警備をしている時とはどこか違っている。

建物の奥へ奥へと向かう4人。そして――。彼らはある部屋へと辿りつき、息をのむ。

部屋の左側の壁には、銀色の金属でできた大型の扉がある。

一同「着いたぞ……」「ここが……、金庫室か……」

扉の前にいる大沢。彼が何やら操作をした時、「ガチャッ」と音を立てて扉が開く。


会社を後にする4人。夜の道路を、福井が運転するワンボックスカーが走っている。

福井「俺たちも、とうとう犯罪に手を染めてしまったな……」

大沢「でも……、俺たちよりもこの会社の方が何百倍も悪いんだよな」

川口「ああ。だって、この会社は悪徳企業として有名だから――」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:27:54.249 ID:jSwuBCZND

車内にいる3人の会話を聞き、後ろめたい表情になる森本。

森本(俺は酒に酔ったはずみで、金庫破りの計画に賛成してしまった……)

森本の頭の中に喪黒の忠告が思い浮かぶ。

(喪黒「友達が間違ったことをやろうとしたなら、はっきりノーを言うべきです」)

さらに森本の頭には、福井・大沢・川口の3人の顔が浮かぶ。仕事場や居酒屋で笑顔で談笑する光景とともに――。

福井「もう、後戻りはできんな……。俺たちは、この後どうすればいい?」

森本「こうなったら、徹底的にやり抜こう!!積極性、チャレンジ精神、一歩を踏み越える勇気!!」

福井・大沢・川口「おおっ、いいこと言うな!!何だか吹っ切れてきたぞ!!」


早朝。空に太陽が昇りかけている。住宅街を歩き、帰り道を行く森本。

森本(アパートの契約は解除しよう……。4人でとことん逃げ延びてやろう……。今の俺にはそれしかない……)

考え事をしながら歩く森本。彼が角を曲がったその時――。目の前には喪黒福造がいる。

喪黒「森本良治さん……。あなた約束を破りましたね」

森本「も……、喪黒さん……!!」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:31:01.731 ID:jSwuBCZND

喪黒「私はあなたに忠告しました。友達が間違ったことをやろうとしたなら、はっきりノーを言うべきだ……と」
   「それなのに、あなたは……。金庫破りに参加した上に、彼らの犯罪行為を止めるどころか……」
   「むしろ、積極的に加担しようとしているではないですか!」

森本「で、でも……、喪黒さん……!!俺は……、俺は……!!」
   「心から分かりあえる友人に……、かけがえのない仲間に……、やっと巡り合えたんです!!」

喪黒「森本さん……。間違ったことには、優しくも厳しくいさめてこそ……、真の友情ですよ」

森本「お、俺は友達を失いたくありません……!!せっかく出会えたのに……!!」

喪黒「分かりました……。あくまでも今の仲間を選ぶというのなら……、そうすればいいでしょう!!」
   「ですが……、どのようなことになっても私は知りませんよ!!」

喪黒は森本に右手の人差し指を向ける。

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

森本「ギャアアアアアアアアア!!!」


1年後。東京都内のある駅。駅の壁に貼られたポスターの側を、大勢の通行人たちが通り過ぎていく。

そのポスターとは、そう――。警察が作った全国指名手配のポスターだ。

指名手配のポスターには、福井・大沢・川口・森本の4人の顔写真と名前が記載されている。



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:34:16.941 ID:jSwuBCZND

ある街の家電量販店。店にあるテレビがニュースショーを映す。番組は、連続窃盗事件の特集をしている。

テレビ「例の窃盗団は、企業の金庫破りを全国で繰り返しており……。現在、被害額は数億円を超えています……」
    「グループのメンバーは、福井健彦容疑者、大沢誠司容疑者、川口泰造容疑者、森本良治容疑者の4人です……」

文化人「警察の威信にかけてでも、この窃盗団は逮捕すべきです。彼らの一連の犯罪は悪質ですよ」

タレント「企業を狙い、義賊気どりのつもりなのでしょうけど……。やっていることは犯罪に他ならないですからね」


高速道路を行くワンボックスカー。車の中には、窃盗団と化した福井・大沢・川口・森本の4人が乗っている。

一同「俺たちは仲間だ!!死ぬも生きるも一緒、どこまでもやり抜いていやる!!」

車内にいる4人の顔つきは、生き生きした表情だ。


パーキングエリアで、高速道路を走る例の4人の車を見つめる喪黒。

喪黒「人間が人生を歩む上で、心の支えとなるかけがえのないもの……。それが友人の存在です」
   「古来より今に至るまで……、友人の大切さや友情の美しさは様々な物語のテーマとなってきました」
   「まさかの時こそ真の友とはよくぞ言ったものですが……、友人を助けるやり方は時と場合によります」
   「友人が間違ったことをしようとしている時、彼を思って心から忠告ができるかどうかは……」
   「普通の人には難しいものです。本当の友情の意味とは一体何なのでしょうか……、ねぇ、森本良治さん」
   「オーホッホッホッホッホッホッホ……」

                   ―完―



元スレ
喪黒福造「心の底から分かりあえる友達が欲しいでしょう?」 元自衛官「そうかもしれませんね……」
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1534161375/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (7)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年08月14日 00:00
          • なんからしくないオチだな
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年08月14日 00:08
          • こやつが書くSSでは珍しい展開だな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年08月14日 00:22
          • 高卒で陸士で入ったとして何任期居るんだよ
            陸曹になれないなら早く辞めろって周りからも言われないか?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年08月14日 00:33
          • 最後は仲間の一人に裏切られて警察に捕まってダークシグナーに堕ちるんですねわかります
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年08月14日 22:17
          • 仮面ライダー剣のムッコロかと思った
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年08月15日 17:22
          • 本人幸せそうだしある意味ハッピーエンド?
            喪黒の一番怖いところは金庫室開けたら中にいそうなところだよな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年08月15日 17:27
          • 俺のTwitterのフォロワーゴミしかいないわ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 飛鳥「ドン・キホーテは旅に出る」
        • モバP「楓さんも敬語を崩したりするんですか?」
        • モバP「楓さんも敬語を崩したりするんですか?」
        • 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがこの国を変えたるわ」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 女神官(マッチョ)「ゴブリンスレイヤーさん、トゥットゥルー♪」
        • テッラ「ほう…私が禁書キャラと戦うスッドレですか」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ