TOP

【鈍感Pさんと、臆病しゅーこちゃん】

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:29:08.64 ID:WeynZiL80

お天道様がやる気を出し過ぎている中でのイベントを終えてから、美味しーご飯を食べて、ちょっと観光させてもらって

さて、後はゆっくり眠るだけってことになって、宿泊予定のホテルに向かった

プロデューサーさんがフロントに行ってるので、あたしは暢気にスマホで時間つぶし

最近はまっているスマホのゲームをしていると、大きな声が聞こえた

「はぁ!?」

わ、びっくりした

スマホをしまってプロデューサーさんを見てみると、なにやら焦ったような表情



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:32:30.14 ID:WeynZiL80

「他に空いている部屋はありませんか?」

きっと、大丈夫。そんな表情に戻ってからフロントの人に話しかけたけど

「申し訳ございません。只今満室となっておりまして、予約を頂いた一室だけとなっております」

「……そうですか、ちょっと待っててください」

あらら、何かわかんないけど駄目だったみたい

フロントの人の「かしこまりました」って言葉を聞き終わる前に、あたしの方へと向かってくる

肩を落として、とぼとぼってこういうの言うんだろうな。それにしても落ち込み過ぎな気はするけど

「どしたの? プロデューサーさん」

あたしの前で立ち止まったかと思うと、はぁっと盛大なため息を一つして、反応なし



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:33:39.06 ID:WeynZiL80

「おーい、しゅーこちゃんにも説明して?」

袖をくいくいと引っ張りながら聞いてみると、プロデューサーさんが申し訳なさそうな顔をしながら、ようやく口を開いた

「部屋が一室しか取れてなかった、すまない……」

おー、きちっとした角度のお辞儀だねぇ。って

んん? 今なんか聞き逃しちゃいけない言葉が聞こえた気がした

「ごめん、もう一回言ってもらっても良い?」

あたしの言葉に、さらに申し訳なさそうにしてから

「すまん! 最終確認を怠った俺の責任だ、本当に申し訳ない」

プロデューサーさんがゆっくりと膝をついて、手を床に……あ、これまずいやつだ



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:34:27.12 ID:WeynZiL80

「プロデューサーさん落ち着いて? こんなところで土下座とか目立っちゃうからっ」

必死で止めようとするけど、男の人の力は凄くて現状維持で精いっぱい

しゅーこちゃん、まいっちゃうわぁ……こんなシュールなんも勘弁よ

「離してくれ周子、俺はこれくらいしないといけないんだ」

……強情な人だなぁ、もういーや、力業だけどごめんね?

心の中で謝ってから、プロデューサーさんのほっぺたをつまんで、ぎゅうっとつねった

「いてぇっ!」

びっくりしたような声を上げてから、プロデューサーさんが立ち上がる



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:39:12.93 ID:WeynZiL80

「なにすんだ周子!?」

「ほっぺたつねった、それはごめんなさい。でもね、あたしの言うことも聞いて?」

ちょっとやりすぎたかなーとか思ったけど、仕方ないよね

「変に目立つのはよくないでしょ? ほら、こういう所だから特にさ」

ホテルのロビーにはお客さんの姿がちらほら。いくら変装してるからって目立つのはまずいよねぇ

プロデューサーとアイドルだもん。こういうのはかっこーのえじきってやつだもんね

「あ……そうだな、すまん」

あたしの言葉を聞いて、プロデューサーさんがしゅんとした顔になる



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:40:30.30 ID:WeynZiL80

さっきから表情をころころ変えて、相変わらず面白いなー

でも、そうは言ってられない……かな?

「それで、これからどうするの?」

そう、このままここに泊まるかどうか。それとも、違うお宿を探すのか

「ちょっと待っててくれないか」

スラックスからスマホを取り出して、何やら真剣な面持ち

「近くに泊まれる所がないか調べてみる」

スマホの画面に視線を向けたままそう言ったプロデューサーさんに見習って

あたしもスマホを取り出して、調べてみようと思ったけど



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:43:38.75 ID:WeynZiL80

「ここら辺、泊まれるところって少ないんだね」

「そう……みたいだな」

シーズンって言うのかな。それも土曜日だし、どこのホテルも満室ばっかり

やたら煌びやかなホテルは空室があるみたいだけど、流石にねぇ……

ちらりとプロデューサーさんを見てみると、困ったような、怒ってるような変な顔

ここはあたしが助け舟を出すしかないかな?

「プロデューサーさん、部屋行こうよ。探してても埒が明かないし、あたし疲れちゃったからさ」

あたしの言葉に、今度は申し訳ないような表情と、ちょっとだけ助かったみたいな顔をした



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:46:27.34 ID:WeynZiL80

「……わかった。フロント行って部屋の鍵を貰ってくるよ」

「ん。いってらっしゃーい」

手をふりふりと振って見送ってから、荷物を運ぶ準備をする

さてさて、これからどうしたものやら。ようやくゆっくりできると思ったけど、まさかの展開だよね

この人と一緒にいると飽きないけど、流石にこれは予想外だったなぁ

しばらくして、フロントから鍵を貰ってきたプロデューサーさんと部屋へと向かうことにした

「お待たせ。じゃあ行こうか」

「全然待ってないから平気。ところで何階なの?」

「7階の7号室みたいだな」

「おっけー」

もうひとつ7がついたらラッキーそうな部屋の番号だね。年下かわからない先輩の顔が浮かんだけど、忘れることにした



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:48:47.35 ID:WeynZiL80

二人で長くも短くもない通路を歩いて、目の前にはエレベーター

「あ、エレベーターのボタン押していい?」

こういうボタンってついつい押したくなる

「お好きにどうぞ」

あたしが三角形が描かれたボタンを押してからしばらくすると

聞きなれたエレベーターのぽおんって音が聞こえて、それに乗ってから、7と書かれているボタンを押した

エレベーターの中ではお互い無言で、ただただエレベーターの動いている音だけが耳に入る

またまたぽおんって音が聞こえて、7の文字が点灯して、目的の階に到着したことを教えてくれた

二人とも下ろしていた荷物を持ち上げて、今度は部屋を探すことにする



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:51:55.57 ID:WeynZiL80

707号室、707号室……お、見つけた

壁に記されている矢印を頼りに、今日の寝床をみつけることができた

「プロデューサーさん、鍵貸して」

「はいよ」

「カードキーなんだねぇ。それじゃあ、開けなんとやら」

声と同時にカードキーを差し込むと、かちりとした音。それを確認してからドアノブをゆっくりと回した

「おー、結構広いじゃん」

これといった特徴がない、いわゆるホテルって感じの部屋

二人で泊まる部屋だからかな、これなら窮屈な感じはしないかも

そして、これまた大きなベッドが1つ



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:53:56.69 ID:WeynZiL80

1つ……?

「プロデューサーさん、ベッドが1つしかないよ?」

「そう……だな」

これ、実は2つになるんですーなんてことは……ないよね

かけ布団をめくったり、ベッドの真ん中を割ってみようとしたけど、重くて動かなかった

しゅーこちゃんわかっちゃった、これは

「ダブルベッドってやつだね」

「うん、ダブルベッドだね」

1つのベッドに2人で眠ることができるベッドです。以上、説明終わり

そっかー、ツインじゃなくてダブルかー。しゅーこちゃん二度目の驚きだ



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:55:28.65 ID:WeynZiL80

寝床は1つ、寝る人は2人。そこから弾き出される答えは簡単だけど……ううん、これは難しい状況じゃないのかな

「2人で寝ちゃうの?」

「い、いや……俺はあっちで寝るから」

あたしの質問に、プロデューサーさんが少し時間を置いてから答えた。ベッドとは違う場所を指差しながら

指差した場所は、2人で座っても全然余裕がありそうなソファ

確かに寝る分には十分なスペースが取れるとは思うけど……

「ふーん、あんなとこで寝たら寝違えちゃうかもよ」

「そうは言ってもなぁ……さすがに周子と同じベッドってのはまずいだろ?」

うん、確かにそうかもしれない。けど、あたしは何てことない感じに、さらりと返事をしちゃった



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 21:57:20.33 ID:WeynZiL80

「あたしは別に構わないけどねー」

言った後にしまったって思った

これじゃまるで軽い女の子みたいじゃん? そりゃしゅーこちゃんはお堅いかって聞かれたらそうじゃないけど、これはちょっとミスったかなぁ……

「気持ちだけもらっておくよ。やっぱり、俺はソファで眠るから」

「そっか、わかった」

ふつーな感じに返事をしたけど、あたしはちょっとほっとしていた気がする

ここで、わかった! 一緒に寝よう。なんて言われちゃったら、きっと……うん、ね? 

「寝床も決まったし、俺は風呂入ってくるから」

言うや否や、タオルやらなんやらを用意して、プロデューサーさんがバスルームへと向かう



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:00:09.95 ID:WeynZiL80

どこで着替えるんだろーなんて思ったけど、ジャケットとネクタイはここで脱いで、後はバスルームで着替えるみたいだ

しゅるるって片手でネクタイを緩めるところが、大人っぽいなぁって感じ

「周子はどうする? 先に浴びるか」

不意な質問に体がびくんって跳ねそうになる

「あたしは大丈夫、さっきシャワー浴びれたし」

「そうか、じゃあ俺は入らせてもらおうかな」

「うん、ごゆっくりー」

平静を装って、プロデューサーさんがバスルームへ入るのを見てから

「ふぅ……」

聞こえるはずがないのに、遠慮したようなため息を一つ



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:03:01.02 ID:WeynZiL80

体が強張っていたのか、何度か呼吸をすると少し楽になった

……強張る? なんで? 理由は?

心の中で質問しても、帰ってくるのは「わかんなーい」て心の声だけ

もしかしてだけど、プロデューサーさんを意識しちゃって……るの? あたしが?

確かにホテルで二人きりになったことなんてないけど、まさかプロデューサーさんにかー

ちょっとだけ、ちょっとだけ確かめてみちゃう?

そんなことない、なんて思いながら、胸にゆっくりと手を当ててみる

とくとくんとくん。あたしの心臓は早いリズムで鼓動してた。それも、何で気づかないの? と言わんばかりの速さで

体は正直ってやつ? よくわかんないけど。とにかく、あれだね

あたしはプロデューサーさんを意識しちゃってるってわけだ



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:04:54.12 ID:WeynZiL80

「お風呂頂きましたっと」

あたしが自問自答していると、いつの間にかプロデューサーさんがバスルームから出てきてた

濡髪で、どこかかさっぱりした感じ。髪の毛をタオルで拭きながら「ふー、いい湯だった」なんて言ってる

「おかえりー」

いかにも、テレビ見てましたって雰囲気を出してみたけど、初歩的なミスでテレビの電源が入ってなかった

「どうした、ぼーっとして。疲れてるなら早く寝たほうが良いぞ?」

疲れてる、ね……どっちかと言うと悩ませられてるのが近い気もするけど

まったく、他人事みたいな事を言ってくれるなー。あ、心配してくれてるから違うか



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:06:18.79 ID:WeynZiL80

あたしを悩ませている当人からの言葉に、深呼吸を一つしてから、いつもの感じで

「そうだね、もう寝ちゃおうかな。ちょっと着替えてくるから」

そう、プロデューサーさんに返事をしてから、バスローブを片手にバスルームへとって、なんかダジャレみたい

洋服を脱いで、たたんで、バスローブを羽織る

それからあたしは鏡の前に立って、文字通り自分と対面してみた

うーん……見た感じはいつもと変わらないや。いつも通りのあたし

これはいつも通りで助かったかもしれない。変に赤くなってたり、こう……なんだろう、恋する乙女みたいな顔してたら絶対ばれる

あれ? あの人は鈍感だからもしかしたらばれないかも?



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:08:41.62 ID:WeynZiL80

……まぁそれはそれとして、ばれたりするのも恥ずかしいし、ちょっと癪だから

よし、演技しよう。あたしの今の状況がばれないように

いつもみたいに飄々と、するりとすり抜けるみたいに

そうと決まれば後は気合を入れるだけ

あたしはぴしゃりとほっぺを両手で叩いて気合を入れた

バスルームから出て、たたんだ洋服をバッグへとしまう

プロデューサーさんは手帳とにらめっこしてる。手ごわそうな相手っぽい

「おまたせー、何してんの?」

気合を入れたおかげなのか、気持ちも少し落ち着いて普段通りの感じを出せてる……ような気がする



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:11:13.47 ID:WeynZiL80

「主にスケジュールの確認だな。これからイベントも多いし、忙しくなりそうだ」

「ふぅん、プロデューサーさんも大変だ」

「他人事みたいに言ってるけど、お前も大変になるんだからな?」

そりゃあね、そこらへんはわかってるつもりだけど

遠くへ行く仕事だと、今みたいなことももしかしたら起っちゃうかもしれないのかな

「その大変さを軽減するのが俺の仕事なわけだし、相棒みたいなもんだな、俺たちは」

珍しくどや顔して、そう言うプロデューサーさんはどこか嬉しそう

「頼りにしてるよ、相棒さん」

裏方で表に出ることはないけど、皆が頼っているこの人はもちろんあたしも頼っているわけで。でなけりゃこんな気持ちにはならないんだよねー



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:16:08.21 ID:WeynZiL80

「時間も時間だし、そろそろ寝るか。周子も眠いだろうし」

「おやおや? 夜はしゅーこちゃんの時間だよ、平気だから」

「嘘つけ、あくび噛み殺してんのわかってんだぞ」

こういう時だけは鋭いんだよね、普段はぼへっとしてるのに

「じゃあ、あたしはベッドを占領しちゃうよ? 後でやっぱりって言っても入れてあげないからね」

「へいへい、ゆっくり休んでくれ」

変な顔しながらプロデューサーさんがあたしに返事して、のそのそとソファに寝転んだ

今のあたしはどんな顔してるんだろう。安心した顔? それとも残念そうな顔?

ううん、きっといつも通りのあたしの顔のはず



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:17:51.37 ID:WeynZiL80

「じゃあ電気消しておくね。おやすみー」

「ああ、おやすみ」

とっとと寝ちゃおう。そう思って、ちっちゃな明かりにしてベッドに潜り込んだ

程よい硬さのベッドで、これならゆっくりと眠れそう……だけど

「プロデューサーさん、もう寝たー?」

「いいや、まだ。周子は寝たかー?」

「寝てまーす、ぐうぐう」

「起きてんじゃねえか」

なんだろうね、離れて寝てるはずなのに、この気持ちはなんなんだろ

もやもやして、ちくちくして、ものすごく寝づらい



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:19:30.15 ID:WeynZiL80

そっと体を起こして、プロデューサーさんを盗み見る。なんか変な恰好で寝てる、やっぱり寝づらそうだな、あたしとは違う意味で

やっぱりソファで寝るより、ベッドで寝たほうが良いんじゃないかなって思うんだよね

ベッドも大きいし、端っこ同士で寝れば体が触れたりすることもないと思う。それに、あたしだけベッドってのも何だか嫌な感じがした

別に一緒に寝たいってわけじゃないんだけど、あ……これ考えれば考えるほどダメなやつだ

「あのさ……こっちで寝れば?」

こういう時は、考える前に言葉にしちゃおう

プロデューサーさんからは無効だけど、あたしからなら有効だ

にしても、結構大胆な事言っちゃった。しゅーこちゃん大人っぽー

「は? ええと、こっちってベッドでか?」

「うん、そんなとこで寝ても疲れとれないかなーって思って」

そうそう、プロデューサーさんも疲れてるだろうし、これはあたしなりの優しさだと思うよ? うん



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:20:48.81 ID:WeynZiL80

「でもな……やっぱり良いよ」

ゆっくりと体を起こしたプロデューサーさんは、遠慮したような顔をしてて、何故だかそれがものすごくじれったく感じた

せっかくあたしから誘ったのに、このプロデューサーさんはとんちんかんだ。もやもやした気持ちが大きくなっていって、気づけばベッドから飛び出して、ソファの前に立っていた

「お、おい……どうした?」

「どうしたもこーしたもないよ。ほら、こっち」

感情よりも体が動いちゃうってことがあるってことを実感した

「そんなに引っ張るな、脱げるだろ」

プロデューサーさんのバスローブをぐいぐいと引っ張って、あたしはこっちで寝ろとアピールをしてみた

「あー……わかったよ。ベッドで寝させてもらうから」

あたしのぐいぐいが効いたのか、向こうが折れた



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:21:55.34 ID:WeynZiL80

そんなら最初から折れちゃえば良かったのに……なんて思っちゃうのは野暮なのかな?

「そ。ではではベッドへご案内ってね」

引っ張る力を弱めて、ベッドへと誘導する。プロデューサーさんはバスローブを抑えながら、ゆっくりとあたしに着いてきた

「それじゃ、あたしはこっちがあたし。そっちがプロデューサーさんね」

「わかった。それじゃ改めておやすみ」

ベッドのスプリングがぎしっと軋む、あたしとプロデューサーさんの重みを受け止めて

お互いに背を向けあう形で眠ることにして、さぁ後は眠るだけってことになったけど

あたしは自分がした行動と、同じベッドの中に招き入れてしまったプロデューサーさんが気になって、余計に眠れなくなっちゃった

ドキドキしたり、怒ってみたり、あたしもプロデューサーさんと変わんないじゃん




28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:24:57.89 ID:WeynZiL80

部屋はとても静か。クーラーの音がちょっとだけ聞こえて、後はあたしの呼吸とプロデューサーさんの呼吸だけ

静かすぎて、心臓の音が聞こえちゃうんじゃないかって思えてきた

沈まれあたしの心臓。いつまでも早い鼓動しちゃうと疲れちゃうから止めといたほうがいいと思うよ

と、そういえばつねったとこはもう痛くないのかな? なんて今更ながら思っちゃって

今のこの状況で気にすることじゃないと思うんだけど、やっぱりそれはそれってことで、まだ痛かったならやっぱり謝んなきゃって思った

ゆっくりと、音をたてないようにプロデューサーさんの方を向いて、少しづつ近づいていく

「あのさ、ちょっとこっち向いてくれる?」

体1つ分くらい開けた距離で、あたしは声をかける

「ど、どうした?」

「さっきはごめんね。ほっぺたもう痛くない?」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:27:22.18 ID:WeynZiL80

自然に、さっきつねっちゃった方のほっぺたに手が伸びる

ほっぺたに触れると、そこだけ不思議と熱い気がした。あたしの手と、プロデューサーさんの肌が触れている、その部分だけが

「もう大丈夫だ。取り乱しちゃって悪かった」

「びっくりしたよ。部屋の事もそうだけど、まさか土下座しようとするなんてさ」

「やっぱりそこは俺の落ち度だしさ。ついつい、な」

この人はついついで土下座しちゃうの? そう思うと、急におかしくなってきて、笑っちゃった

「あはは、やっぱりプロデューサーさんは鈍感で変な人だねー」

「うるせ、鈍感も変も余計だよ。俺は俺だからこれで良いの」

締まらない言葉でまたおかしくなって、つられてプロデューサーさんも笑い出して、二人で笑いあった

一人でドキドキしてたのが馬鹿みたいに笑いあって、ちょっとだけ、ちょっとだけだけど、気持ちが楽になった気がした



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:28:59.83 ID:WeynZiL80

それから今日のイベントの事とか、これからのスケジュールの話になったんだけど、あたしが相槌を何回か打った時に、プロデューサーさんの声が聞こえなくなった

どうしたんだろう? そう思ってもう少しだけ近づいてみると、答えは簡単。眠っちゃったみたいだ

それも気持ちよさそうに寝息をたててる

あたしも頑張ったと思うけど、今日も暑い中一緒に頑張ってくれたんだもんね。お疲れ様

寝てるのをいいことにちょっとだけ悪戯したくなって、あたしはプロデューサーさんの顔に触れてみる

さっきはほっぺただけだったけど、こんどは顔全体に手を這わせる

わ、ひげがじょりじょりしてる。お風呂入った時に剃らなかったのかな? それとも明日の朝剃るのかな

ぺたぺたと触ってみて、あんまり触り心地が良くないなーなんて思って、くすりと一人で笑った

けど、嫌な感じはしないのはなんでだろうね。もっと触れてみたいなんて思っちゃう自分もいたり



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:30:19.50 ID:WeynZiL80

それにしても、気持ちよさそうに寝てるなー。あたしの添い寝はリラックス効果があるのかな? なんてね

いつのまにか、不思議と体の熱さは和らいで、ほんのりとした温かさになってた

暑いとかは全然無くて。そう、温かい。夏なのにぽっかぽかとは変だねー

まいったなぁ……あたし、身持ちは固いと思ってたんだけどな

「ほんま、堪忍よ?」

つんつんと、プロデューサーさんのほっぺたを突きながら呟く

まったく……現役アイドルしゅーこちゃんと一緒に寝てて、こうも普通に寝ちゃうとか、やっぱりこの人は鈍感なんだ

はぁ、こっちが意識しちゃって眠れないなんて、ちょっと癪だし、そろそろ寝ないと

よし、平常心平常心。そう自分に言い聞かせて、目をつぶってみる




32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:31:21.09 ID:WeynZiL80

ま、こんなんで眠れたらこんな気持ちになんないよねー

はぁ、まいったまいった。これじゃ本当に……

自分の気持ちに嘘をつくわけじゃないけれど、今はこんな感じで良いと思う

あたしも臆病だし、この人もきっと答えをくれないだろうし

今はこのくらいの距離感で、このくらい楽な関係が心地いいのかもしれない

なんて思っていたら、徐々に眠気が襲ってきてくれた

うん、このまま答えが出ない気持ちのままより、眠っちゃったほうがきっと楽だ

「おやすみ、プロデューサーさん」

そういや、このことをうちのアイドルたちに話したら面白いことになりそうだなーなんて思いながら、あたしの意識は深い眠りの中へと沈んでいった




おしまい




33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:32:43.27 ID:WeynZiL80

以上です
読んでくれた方に感謝を
また読んで頂く機会があれば、よろしくお願いします



元スレ
【鈍感Pさんと、臆病しゅーこちゃん】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532867348/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (8)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 01:45
          • 人目がある場所での土下座は、謝罪ではなく相手に対する攻撃手段の一種
            ゲスな人間はそれをわかっててやってくる
            わかってなくても無闇にやっちゃダメよ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 08:06
          • 俺も冒頭の土下座は「なんだこいつ」って思ったよ。フィクションとはいえねぇ……
          • 3. CoP
          • 2018年07月30日 08:15
          • 土下座以外は良かった

            周子みたいな娘が内心照れてると非常にそそる
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 08:19
          • 土下座状態から垂直に浮かび上がり相手目掛けて頭突きする「土下座ミサイル」と言う技を格闘ツクールで作った思い出
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 08:32
          • 2 これ絶対翌日「アイドルが男を講習の面前で土下座させてた」ってTwitter炎上するよな
            特になにも考えず書いたんだろうけどプロデューサーとして思慮の浅さと社会性の無さが酷すぎて土下座の印象しか無いわ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 15:17
          • 子どもおじさん
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 18:46
          • プロデューサーがラブホに泊まったら解決じゃん、アホかな?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年08月04日 10:33
          • つい土下座する→Pは土下座し慣れてるのかな?
            って思っちゃうし、謝罪の声がでかくて注目されちゃうとか
            そのくらいにしておくべきだったな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 女「はじめてレンタル彼氏利用しちゃった…」どきどき
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ