TOP

ハッシュヴァルト「未来が視えるとは思い悩む事ばかりだ。そうだろう、黒木智子」

1: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:24:23.92 ID:8bDthKfUO




もこっち「ぐーっ、ぐーっ……」スヤスヤ

ハッシュ「起きろ、人間」ユサユサ

もこっち「……んーー? お母さん、もう朝なの……」ムニャムニャ

ハッシュ「…………私はお前の母親ではない。いいから起きろ」ペチペチ

もこっち「……ん、ん~~?」パチリッ

ハッシュ「ようやく目覚めたようだな」

もこっち「………」



もこっち「………えっ、?」



2: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:28:16.10 ID:ZK48FfaMO




ハッシュ「今からお前には私の質問に答えてもらう」

もこっち「あっ、えっ、?」

ハッシュ「反論は一切受け付けん。それを肝に銘じておくことだ」

もこっち「………?!?」

ハッシュ「まず、今の私の状況についてだがーーー」

もこっち「………だ、だだだだだだだだーーー」



もこっち「誰だよお前!?」






3: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:29:57.96 ID:ZK48FfaMO




ハッシュ「……反論は一切受け付けんと言ったはずだ」ギロッ

もこっち「」ビクッ

もこっち「えっ、いや、その」アタフタ


もこっち(何だよ、こいつ!? どうやって私の部屋に入ってきた!?)


もこっち(と、とりあえず警察にーーー)


ハッシュ「……私の質問に答えろ。次はない」

もこっち「あっ、えっ、うっ」

ハッシュ「わかったな?」

もこっち「……は、はい!!」ビクビクッ

ハッシュ「ならば、まず第一にーーーーーー」






4: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:31:28.84 ID:ZK48FfaMO




ハッシュ「ーーー質問は以上だ。お前はそこでそのまま待機していろ」

もこっち「えっ、あっ、」

ハッシュ「………」ギロッ

もこっち「ひっ!? ひ、ひゃい、待機です、はい!」



ハッシュ「………」






5: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:47:40.44 ID:ZK48FfaMO




ハッシュ(……情報を得ることはできたがーーー、どういうことなのだ、これは?)


もこっち(ううっ……)


ハッシュ(……この人間の話によると、いま私がいるこの世界は『現世』と限りなく類似した環境にあるようだ)


ハッシュ(だが、決定的に異なる点がある)


ハッシュ(それは、この世界だけで完結した閉じた世界ということだ)


ハッシュ(この世界は、死後の世界を必要としていない。いや、死後の世界自体が存在していないというべきか)


ハッシュ(……少なくとも、私の知る『尸魂界』『虚圏』『地獄』の三界はない)


ハッシュ(この人間を起こす前、実際に『尸魂界』『虚圏』『地獄』に繋がる門を幾度となく生成してみたが、どの門も繋がることはなかった)


ハッシュ(正しい座標を指定したにも関わらず、だ)






6: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:50:29.13 ID:ZK48FfaMO




ハッシュ(また、霊圧知覚で、死神及び虚の霊圧の残滓を感知することも試みたが、その一切を感知できなかった)


ハッシュ(時間をかけ、空座町の位置まで霊圧知覚を広げたにも関わらず、だ)


ハッシュ(空座町の死神派遣率及び虚の出現率を考慮すれば、霊圧が全く残されていないことなどあり得ない)


ハッシュ(あり得るとすれば、死亡寸前の私が夢か幻を見ているか、この世界では元々死神も虚も、奴らの住まう世界も存在しないかのどちらかだ)


ハッシュ(仮に後者だとすれば、この世界は、私の知る死後の世界を必要としていない別世界ということになる)






7: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:52:44.50 ID:ZK48FfaMO




ハッシュ(……仮に別世界だとして、なぜ、このような世界が存在するのか、なぜ、私がそこにいるのか)


ハッシュ(そもそも、なぜ、私が生きているのか?)


ハッシュ(なぜ、 “ 聖別 ” を受けたはずの私が、それよりも前の万全な状態を保持しているのか?)


ハッシュ(なぜ、この世界の、この家の、この部屋の中で目覚めたのか?)


ハッシュ(やはり、全ては夢か幻なのか?)



ハッシュ(……それらを即座に断定することはできない。情報が少なすぎる)


ハッシュ(ならば、いま私がすべきことは、ただ一つ)


ハッシュ(情報収集を継続し、この世界を徹底的に調べ上げ、結論を出す。それだけだ)






8: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:54:25.87 ID:ZK48FfaMO




ハッシュ「……人間よ」

もこっち「」ビクッ

ハッシュ「………」

もこっち「……えっ、あっ、はい!? わ、私のことでしゅか?!」アタフタ

ハッシュ「お前以外に誰がいる?」

もこっち「あっ、うん、そ、そうですよね、あはは……」

ハッシュ「……今から命ずる。この部屋から出てみろ」






9: ◆02/1zAmSVg 2018/07/24(火) 21:57:04.76 ID:ZK48FfaMO




もこっち「……えっ?」

ハッシュ「聞こえなかったか? 部屋から出ろと言ったのだ」

もこっち「……あっ、はい、わかりました! 今すぐにーーー」ササッ



ガチャッ



もこっち「ーーーで、出ました! これで、良いんですよね!?」アタフタ

ハッシュ「………」スタスタ

もこっち「えっと、その、これでーーー」

ハッシュ「……もう良い。部屋に戻れ」

もこっち「……あっ、はい!」ガチャッ






23: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:16:22.89 ID:5lznkVvaO




智貴「おい、さっきから、なに大声出してんだ」ガチャッ

ハッシュ「!」

もこっち「あっ、と、ともくーーー」

智貴「……まさか、また鏡と話をしてるんじゃないよな?」

もこっち「ち、違う! 私が話をしているのは、こいつーーー」

智貴「は? 何言ってんだ?」

もこっち「いや、だから、見ての通り、ここにいるこいつーーー」

智貴「……だから、何言ってんだよ?」

もこっち「……へっ、?」



智貴「ここは、俺たち以外誰もいねーだろうが」






24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 22:17:46.75 ID:5lznkVvaO




ハッシュ「………」

もこっち「な、なに言ってんだよ!? この金髪外人が見えないのか!?」

智貴「……お前、やっぱりーーー」

もこっち「えっ、えっ、?」


もこっち(何この状況? まさか、私がおかしいのか?)


ハッシュ「……寝惚けていたと言え」

もこっち「!?」

ハッシュ「……寝惚けていたというんだ。わかったな?」チャキッ


もこっち(……こ、こいつよく見たら剣持ってる!? もしかして、モノホンか!?)


ハッシュ「……さっさと言え」スッ

もこっち「ひっ、」ビクッ






25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 22:18:56.96 ID:5lznkVvaO




智貴「……今から母さん呼んでくる。大人しく待ってーーー」


もこっち「ち、ちがうんだ!」


智貴「……違うだと? だったら、さっきのはーーー」


もこっち「ね、寝ぼけてたんだ、あはは……」


智貴「………」


もこっち「あ、あはは……」






26: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:20:26.50 ID:5lznkVvaO




智貴「……寝ぼけてたんなら、顔洗っとけ。少しはマシになんだろ」ガチャッ

もこっち「あ、うん、そうするわ、あはは……」


もこっち(……なんとか誤魔化せた)ハアッー


もこっち(……って、これで本当に良かったのか?)


もこっち(この金髪外人……弟に見えないってことは、何かの病気ってことだよな?)


ハッシュ「………」


もこっち(それに、よく見りゃこいつスゲー、イケメンで背もたけーし……喪女を拗らせた結果としか思えねえ)


もこっち(最近は、すっかりリア充だから、大丈夫って思ったんだけどな……)ハアッー


もこっち(……いや、イケメン転校生と親しくなる妄想なら、つい最近までやってたか。それの影響か、これは?)


もこっち「……なんにしろ仕方がないな、今日は学校休んで病院にーーーーーー」






27: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:22:52.25 ID:5lznkVvaO




ハッシュ「いや、お前は今まで通りの生活を送れ」

もこっち「……まだ、しゃべってるよ。いつまで続くんだ、この幻覚はーーー」

ハッシュ「私は幻などではない」

もこっち「幻に決まってんだろ、こんな日本語ペッラペラの長身イケメンが私の家にいるわけがーーー」

ハッシュ「聞け」グッ

もこっち「ぐえっ、!?」






28: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:24:09.12 ID:5lznkVvaO




もこっち(えっ、このイケメン、幻覚だよね?)


もこっち(なんで、幻覚が私の首根っこ掴んでんの? えっ?)


ハッシュ「もう一度言う、お前は今まで通りの生活を送れ。病院になど行くな」

もこっち「い、意味がわからなーーー」

ハッシュ「理解する必要は無い」

ハッシュ「ただ、私の命令を聞けないのであれば、こちらも相応の考えがあるというだけのことだ」ググッ

もこっち「!?」パクパク

ハッシュ「……わかったら、さっさと準備をしろ。いいな?」パッ

もこっち「は、はい……っ、!?!」






29: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:25:40.32 ID:5lznkVvaO




ハッシュ(……これまでのやりとりで確信した)


ハッシュ(……やはり、現在の私はこの人間から離れることができない)


ハッシュ(その証拠に、この人間が移動したことで、私の移動できる範囲が変わり、部屋から出ることも可能となった)


ハッシュ(それらの事象から推測するに、現在の私の状況には、この人間も少なからず関与している可能性がある)


ハッシュ(だが、これまでにおけるこの人間の反応を見る限り、この人間はこの状況について何一つ把握していない)


ハッシュ(……ならば、私はこの人間及びその周囲を徹底的に観察するまでのこと)


ハッシュ(この人間及びそれに関わる事象を観察することで、この状況に陥った原因に気づくことができるかもしれない)






30: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:26:56.96 ID:5lznkVvaO




もこっち「あ、あのーー……」

ハッシュ「……なんだ」

もこっち「き、着替えたいんですけど……?」

ハッシュ「……そうか」ズズズッ

もこっち「えっ、?」


「これで良いだろう?」


もこっち「えっ、ちょっと、お前、どこに消えてーーー」


「何でも良いだろう。さっさと着替えろ」


もこっち「いや、でもーーー」


「……着替えるんだ、いいな?」


もこっち「」ゾワッ

もこっち「ひゃ、ひゃい!」






31: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:29:22.59 ID:5lznkVvaO




もこっち「………」ビクビクッ


「終わったな?」


もこっち「あ、はい、終わりました!」


「そうか……」



ズズッ……



ハッシュ「では朝食を摂り、学校に向かうが良い」ズズズッ

もこっち「うわっ、!?」


もこっち(こ、こいつ影からーーー!?)


もこっち(……マジで、なんなんだよ、こいつは?!)






32: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:31:25.66 ID:5lznkVvaO




もこっち(はっーーー)


もこっち(ーーーま、まさか、幽霊なんてことはーーー)


ハッシュ「早く行け」

もこっち「ひゃ、ひゃい!」






33: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 22:35:00.69 ID:5lznkVvaO




もこっち「……い、いただきます……」

智貴「いただきます」


黒木母「よく噛んで食べるのよーー」


もこっち「あ、うん……」


もこっち「………」モグモグ

ハッシュ「………」


もこっち(見られてるし……)タラリ






37: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:01:31.54 ID:5lznkVvaO




もこっち(ーーーそんで、朝食が終わって、いま学校に向かって行っているわけだがーーー)スタスタ


ハッシュ「………」スタスタ

もこっち「いや、何でついてくるんだよ!?」

ハッシュ「……お前には何の関係も無いことだ」

もこっち「ぐっ、」


もこっち(何だよ、この幽霊もどきは?! 顔がイケメンなだけで、中身はコミュ障の隠キャじゃねえか!)スタスタ


もこっち(なんで、わたしの背後にいるの? 背後霊なの? メ◯ーさんなの? ひ◯ひろしなの?)


もこっち(……ひょっとして、なぜか私から離れられないとか? そうでもなきゃ、このイケメンが私なんかの背後霊になる理由もねえしな)


もこっち(いや、ちょっと待て。そうなると、わたしはこれから、このイケメンと一緒に生活することになるのか?)タラリ


もこっち(ありえねえ……どこの漫画の世界だよ、そんなん)


もこっち(頼む、ドッキリならドッキリと、早く言ってくれ……!)






38: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:06:57.93 ID:5lznkVvaO




ワイワイ…………

ガヤガヤガヤ………………



ハッシュ(……やはりそうか)


ハッシュ(……先ほどの親族もそうだが、やはり、この人間以外の人間は、基本的に私を認識することはできないらしい)


ハッシュ(現世と同様の価値観を持つ世界において、真白の軍服を着用した成人男性が女学生の背後を歩くことがあれば、不審に思われるだろう)


ハッシュ(だが、不審に思われるどころか、周囲は誰一人として私を気にかけていない。いや、認識すらしていない)


ハッシュ(すなわち、他の人間に私を認識することは、基本的に不可能ということだ)


ハッシュ(これならば、先ほどのように影の内部に潜伏する必要は無い)






39: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:11:06.23 ID:5lznkVvaO




ハッシュ(影の内部に潜伏したままでは、 “ この身 ” における影の領域圏外の活動限界時間の有無を知ることが遅れてしまうからな。可能な限り、避けるべきだろう)



ハッシュ(…….影の領域圏外には、活動限界時間というものが存在する)


ハッシュ(霊子変換された滅却師とそこから生まれた血族が、影の内部から影の外部へと出た場合、限界時間に到達後、徐々に霊体から、短命な生身の身体へと戻り始めるのだ)


ハッシュ(無論、活動限界時間には個人差がある)


ハッシュ(だが、一度限界を迎え生身に戻りはじめたが最後、止める術は無い。霊子変換された滅却師も、霊体として生まれた滅却師も、いずれは完全な生身へと変化してしまうことだろう)


ハッシュ(尸魂界は、霊子以外の存在が許されない世界。少しであっても生身の身体に戻るわけにはいかない。その部分と繋がる霊体全て、存在そのものが消滅しかねないからだ)


ハッシュ(故に、“ 活動限界時間 ” )


ハッシュ(もっとも、限界時間に到達するより前に再び影の内部に潜伏すれば、その分だけ限界の到達を遅らせることができてしまうのだが)


ハッシュ(だからこそ、 “ この身 ” における活動限界時間の有無を早急に知るためには、可能な限り影の外にいる必要がある)






40: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:14:55.44 ID:5lznkVvaO




ハッシュ(……無論、完全に生身の身体へと戻れば、霊力の無い者にも私が見えてしまうだろう)


ハッシュ(だが、それならば、活動限界時間に到達した瞬間に影の内部に潜伏するだけの話だ)


ハッシュ(……活動限界時間に到達した場合、影の内部に潜伏しようと、身体の生身化が止まることは無いがーーー)


ハッシュ(ーーーそれで完全に生身の身体に戻ったとしても、影の内部に潜伏すれば、なんら問題は無い。影の外部から内部の光景を見ることはできないのだからな)


ハッシュ(再度の霊子変換には時間がかかるだろうが、それは仕方あるまい)


ハッシュ(まずは、活動限界時間について知ることが先決だ。でなければ、今後の計画を立てることすら困難となる)






41: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:17:06.26 ID:5lznkVvaO




ハッシュ(ーーーしかし、なぜこの人間は私が見えるのだ?)


もこっち(ううっ……)


ハッシュ(霊体である私が見える以上、この人間は霊力を有していることになる。実際、微弱ではあるものの、この人間の霊圧は感知できる)


ハッシュ(だが、この人間は私の質問の一つに対して、今まで霊体を見たこと自体が無いと答えていた)


ハッシュ(霊力のある人間が、十数年もの間、霊体を見ないことなど確率的にあり得る話ではない)


ハッシュ(つまり、この人間はごく最近、霊力に目覚めたことになる)


ハッシュ(私が先ほどからこの人間と離れられないことと何か関係しているのだろうか)


ハッシュ(また、目覚めた時より感じる……この違和感はいったいーーー)


ハッシュ「………」


ハッシュ(ーーー情報収集を続行し、判断材料を増やすしかあるまい)






42: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:18:41.46 ID:5lznkVvaO




ゆり「……黒木さん、おはよう」

もこっち「……あ、お、おはよ」

ハッシュ「………」


ゆり「………」スタスタ

もこっち「………」スタスタ

ハッシュ「………」スタスタ


もこっち(なんか、いつも以上に、沈黙した感じがする……いや、どう考えても背後霊のせいではあるんだが)


ゆり(……?)


もこっち(はあ……)


ゆり(黒木さん、どうかしたのかな……?)


ゆり(……もしかしてーーー)


ハッシュ「………」






44: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:20:19.72 ID:5lznkVvaO




真子「ーーーあっ、おはよう! ゆり! 黒木さん!」

ゆり「……おはよう、真子」

もこっち「……お、おはよう、ガ…田中さん」

ハッシュ「………」

真子「? どうかしたの、黒木さん?」

もこっち「へ!?」ドキッ

ゆり「」ビクッ

もこっち「えっ? えっ? 何? 何か変?」オドオド

真子「えっ、いや、特に何も無いなら良いのだけれどーーーーーー」






45: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:22:24.54 ID:5lznkVvaO




真子「……じゃあ、ちょっと進路のことで用事あるから、先に教室行ってて」

ゆり「……うん、二人で先に行ってるね」

もこっち「あ、そ、それじゃ……」


もこっち(ーーーはあ、ようやく、学校に着いた。長かったーーー)


もこっち(ーーーいや、いつも通り登校しただけなわけだが。それでも、背後霊一つで、こんなに長く感じるのかーーー)


ハッシュ「………」






46: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:24:59.80 ID:5lznkVvaO




もこっち(ほんと、どうすればーーー)


岡田「ーーーあっ、黒木と田村じゃん、おはよう」

ネモ「おはよー、クロ! 田村さん!」

もこっち「あっ、お、おはよう、デ…岡田さん、ネモ」

ゆり「……おはよう」

ハッシュ「………………」

ネモ「………?」



加藤「私からも、おはよう、黒木さん、田村さん」






47: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:26:46.07 ID:5lznkVvaO




もこっち「……か、加藤さん!」

もこっち「こ、こちらこそ、お、おはよう!?」

加藤「もう、そんなに緊張しなくて大丈夫よ、うふふ」

もこっち「そ、そうかな、あはは……」


ゆり「……………………」


ネモ「……………………」



ハッシュ「………………」






48: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:29:15.53 ID:5lznkVvaO




キーンコーンカーンコーン………



もこっち(ようやく、昼休みか。本当に長かった……)


ハッシュ「………」


もこっち(授業参観の時も長くは感じたが、ここまでじゃなかった。まあ、来るのは親だし、背後にいるわけでも無いから当然だがーーー)


ネモ「……昼休みだねー、クロ!」

もこっち「……あ、ああ、うん、そうだな、ネモ」

ハッシュ「………………」






49: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:30:33.45 ID:5lznkVvaO




ネモ「……今日の予定覚えてる?」

もこっち「えっ、えーと、確か……」アタフタ

ネモ「私とあーちゃんと、クロたちで学食行こうって話だよ、まさか忘れてないよねーー?」ジトーッ

もこっち「あ、ああ、大丈夫、覚えてる……」

ネモ「……よかったーー、じゃあ、さっそく行こーー!」

もこっち「お、おう……」

もこっち「………」チラッ

ゆり「真子、吉田さん、学食行こう」

真子「あっ、うん……私は大丈夫だけどーーー」

吉田「悪い、今日も、ちょっとやることがあるんだ。だから、また今度な」

ゆり「……そう、」

もこっち「………」シュンッ

ネモ「………」






50: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:32:13.53 ID:5lznkVvaO




もこっち「………」モグモグ

ネモ「……ねえ、ほんとうに、今日どうしたの?」

もこっち「えっ、?」

ネモ「今日のクロ、どこかおかしいよ?」

もこっち「そ、そうかな?」

ハッシュ「………」

真子「……確かに、いつもと少し違う感じがしたかも」

ゆり「………」

岡田「そうか? 私はあまり変に感じなかったがーーー」

ネモ「まあ、クロは基本的におかしなことばかりしているからね。そう見えちゃうのも無理ないね」アハハ


もこっち「あ、あはは……」(ネモのやつ……!)






51: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:33:31.32 ID:5lznkVvaO




ネモ「ーーーでも、それを踏まえても、今日のクロはどこかおかしい」

もこっち「!」

ネモ「例えるならーーー、常に誰かに見張られていることを気にしてる感じかな?」

もこっち「っ、!?」


ハッシュ(……確かに、朝から奇妙な視線を感じてはいたがーーー)


岡田「おいおい、待てよ。まさか、それってストーカーって奴か?」



「!」






52: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:35:05.94 ID:5lznkVvaO




もこっち「えっ、あー、いや、そういうのとは少し違うかな……」チラッ



「!?」



ハッシュ「………」


もこっち(ストーカーじゃなくて、背後霊だし……)



うっちー(い、いま、こっち見られた!? く、黒木のやつ、まさか気づいて……!?)タラリ


うっちー(いや、でも、それなら、なんで庇うようなことを言ってーーー)


うっちー(ま、まさか、黒木のやつ、やっぱり私のことがーーー)ドキドキ






53: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:36:58.07 ID:5lznkVvaO





岡田「ーーーそうなのか? だったら、何で陽菜が言ってるみたいな感じになってんだ?」

もこっち「……あー、なんていうか、私も将来のことが不安でさ」

ハッシュ「………」

もこっち「それで、プレッシャー感じて、どこかおかしくなってるんだと思う、あはは……」

真子「確かに、私たちもう3年だし、不安にもなるよね……」

ゆり「………」

ネモ「……そーかなー? なーんか、別の理由がある気がするけどなーー」

もこっち「!」

ネモ「……それに、今日ほどおかしくはなかったけど、最近のクロ、全体的に元気無い感じするんだよね」

もこっち「………!」



ネモ「……理由があるとすれば、そう……よしーーー」






54: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:39:04.89 ID:5lznkVvaO




ゆり「……誰にだって踏み込まれたくないことはあるでしょ」


ネモ(いきなり入ってきた!?)


ゆり「……黒木さんも、私も真子も…… “ 吉田さん ” もそうだから……」

ネモ「………」

ゆり「……あえて踏み込むにしても、時間が無い時にするのは違うと思う」

ネモ「!」

ゆり「昼休み中になんとかなる話とは限らないし……」

ゆり「放課後にするにしても、根元さん、今日は進路のことで用事あるって真子から聞いたけど?」

ゆり「黒木さんのために、きちんと時間取れる?」


真子(ゆ、ゆり……)


ネモ「………………………」


岡田(まあ、確かに今日は陽菜も私も時間取るのは難しいな……)



うっちー(ううっ、私も進路のことで用事あるし……いや、それ以前に心の準備が……!)



もこっち(ヤンキー、か………)シュンッ


ハッシュ「………………」






55: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:40:36.05 ID:5lznkVvaO




キーンコーンカーンコーン………



もこっち(ーーー昼飯が終わって、授業も終わった……)


もこっち(ほ、ほんとうに長かった……)ハアッー


もこっち(なんかスゲー疲れた感じがする。それもこれも全部ーーー)チラッ


ハッシュ「………」


もこっち(……くそっ、こんな調子じゃーーー)


ゆり「……黒木さん」

もこっち「あっ、」

ゆり「帰ろう?」

もこっち「あ、うん……」

ゆり「……吉田さんは今日も用事だって」

もこっち「あっ、そ、そうなんだ……」






56: ◆02/1zAmSVg 2018/07/25(水) 23:42:00.31 ID:5lznkVvaO




ゆり「……真子も今日は、進路のことで用事があるんだって」


もこっち(……まあ、ガチレズさんはそうだよな。優等生だし、将来も真面目に考えてるわな)


もこっち「………」

ゆり「帰ろ、黒木さん」

もこっち「……そうだな」



ハッシュ「………」






60: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 21:40:50.15 ID:K83Zn/rKO




もこっち(……そんで、家帰って、風呂入って、晩飯も食い終わったわけだがーーー)


ハッシュ「………」


もこっち(……まだ、背後霊やってやがる)


もこっち(いくらか慣れたが、それでも異物感が半端無い……)


もこっち(いったい、いつまで続くんだ、この生活は……)


ハッシュ「………」


もこっち(……イケメンとの生活なんて、漫画とか小説とか、妄想の世界の話だと思ってた)


もこっち(今も昔も、そんな妄想はしていたが、まさか実現するなんてな……)


もこっち(……だが全然嬉しくない)


もこっち(……そりゃそうか、今の私には他にーーー)



もこっち「ーーーはあ、」






61: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 21:43:05.90 ID:K83Zn/rKO




ハッシュ「……こちらに意識を向けろ、人間」

もこっち「……なんだよ、ずっと黙ってたと思ったら、急に話しかけてきやがって」

ハッシュ「これより私は質問を行う」


もこっち(無視か……)


ハッシュ「……あの吉田茉咲という娘が気になるか?」

もこっち「!?」

ハッシュ「やはり、そうか」

もこっち「な、なんでーーー」

ハッシュ「誰でもわかる」

ハッシュ「お前は今日、あの娘と話せないことを憂いていた、そうだろう?」






62: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 21:46:21.67 ID:K83Zn/rKO




もこっち「っ、」

ハッシュ「話せ」

もこっち「!?」

ハッシュ「お前とあの娘の間に何があった?」

ハッシュ「それを一切偽ることなく、私に話すのだ」

もこっち「……な、なんで、そんなこと知りたいんだよ?」

ハッシュ「お前には関係の無いことだ」






63: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 21:47:32.20 ID:K83Zn/rKO




もこっち「……なに言ってやがんだ。私とヤンキーの関係こそ、お前には関係ないだろ!」


ハッシュ「……いいから話せ」


もこっち「……なんで、そんなに、知りたがるんだよ」ジリッ


ハッシュ「………」


もこっち「お前、あのヤンキーに何するつもりだよ?」キッ






64: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 21:49:28.48 ID:K83Zn/rKO




ハッシュ「………」ズズズッ


もこっち「うおっ、!?」ズブッ


もこっち(な、なんだ、身体が沈んでーーー!?)ズズズッ


ハッシュ「………」ズズズッ


もこっち「う、うわっーー?!」



ズブンッ……






65: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 21:55:08.89 ID:K83Zn/rKO




ドテッ……



もこっち「ぐえっ、?!」ベタンッ

もこっち「い、つつ……くそ、何がどうなってーーー」ムクッ

ハッシュ「………」

もこっち「……え、」



もこっち「え、え、?」



…………。



もこっち(な、なんだ、ここ!?)


もこっち(暗いし、狭いし…………何より、真上からーーー)



もこっち(ーーーなんで、私の部屋が見えるんだ……?!)






66: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 21:57:03.25 ID:K83Zn/rKO




ハッシュ「……ここは、影の中だ」


もこっち「………」


もこっち「……はっ、?」


ハッシュ「聞こえなかったか? ならば、今一度言おう」



ハッシュ「影の中に、我らはいる」






67: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:00:03.44 ID:K83Zn/rKO




もこっち「……か、影の中だあ?」

ハッシュ「そう、ここは私がお前の部屋の影を利用して作り出した異空間だ」

もこっち「?!」

ハッシュ「この程度の空間であれば、少量の霊子で構築できる」

ハッシュ「故に、影を通して、影の領域圏外にある、お前の部屋を見上げることができるということだ」

もこっち「な、なにをバカなこと言ってーーー」


ハッシュ「信じるも信じないもお前の自由だ」

ハッシュ「だが、これは紛れも無い現実だ。厳然たる事実だ」

ハッシュ「それは覆しようが無い」






68: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:02:17.89 ID:K83Zn/rKO




もこっち「あ、あああ……」ガクガク


もこっち(ヤバイ!? これ本当にヤバイ!!)


もこっち(た、助けをーーー)


もこっち「お母さんーー! ともくんーー! 助けてくれ! 変な奴が私に変なことするんだ!?」



…………シーン……



もこっち「お、おい! いるはずだろ、二人とも!? まだ起きてるはずだろ!?」


もこっち「頼むから、返事してくれーー!!」






69: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:04:14.06 ID:K83Zn/rKO




…………シーン……



もこっち「どう…して」

ハッシュ「無駄だ」

もこっち「!」

ハッシュ「どれだけ叫ぼうとも、私の認可なしに、お前の声が外部に届くことは無い」

もこっち「?!」

ハッシュ「影の領域は、内部から外部に向けた声を遮断する」

ハッシュ「どれほど叫ぼうとも、どれほど騒ごうとも、どれほど喚こうとも、その声が外に届くことは無い」

ハッシュ「たとえ、どれほどの猛者が影の外にいようとも、だ」

ハッシュ「だからこそ、我々は千年もの間、耐えることができたのだ」






70: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:05:57.24 ID:K83Zn/rKO




もこっち「せ、千年……?」


ハッシュ「………」


もこっち「……い、意味わかんねえよ」


ハッシュ「………」


もこっち「……なんだよ、なんだってんだよ」



もこっち「なんなんだよ、お前!?」






71: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:11:22.86 ID:K83Zn/rKO




ハッシュ「………」スッ

もこっち「」ビクッ


もこっち(えっ、えっ?)


ハッシュ「………」


もこっち(なんだよ、こいつ!? いきなり私の首になんか触れてーーー!?)ゾクゾクッ


ハッシュ「私はこうして、お前に触れることができる。それがどういうことかわかるか?」

もこっち「ま、まさか、お前ーーー」サアッー

ハッシュ「……そうだ、お前が思い描いている通りだ」






72: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:13:20.22 ID:K83Zn/rKO




もこっち(こ、こいつ……!)フルフル


ハッシュ「………」


もこっち(間違いない、こいつはーーー)ゴクリッ



もこっち(……わ、わわわ、私を、レ◯プするつもりーーー)


ハッシュ「私はいつでも、お前を拷問にかけることが可能だということだ」






73: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:14:39.95 ID:K83Zn/rKO




もこっち「なっーーー?!」

ハッシュ「私は拷問の技術を持っている」

ハッシュ「故に、お前を拷問にかけ、情報を吐かせるなど容易いことだ」

もこっち「……!??」

ハッシュ「正直に話せば、拷問を受けることは無い」

ハッシュ「だが、黙秘するというのなら、お前はこれまでの人生で味わったことの無い恐怖と苦痛を味わうことになるだろう」






74: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:16:14.03 ID:K83Zn/rKO




もこっち(……な、なんだよ、こいつ……!?)



ハッシュ「………」



もこっち(拷問だと!? そんなこと、正気で言ってやがんのか……!?)






75: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:18:09.05 ID:K83Zn/rKO




ハッシュ「……人は、己が未来に喜びがあると、信じることのできる生き物だ」


もこっち「……えっ、?」


ハッシュ「故に、人は、ものごとを正誤の秤にかけ、痛みに耐え、進んでいく」


ハッシュ「そうして、選択を繰り返した結果、現在があり、未来がある」


ハッシュ「お前も人であるならば、少なからず、そうしてきたはずだ」






76: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:20:58.01 ID:K83Zn/rKO




もこっち(な、なんか語り出したぞ、こいつ……!?)


ハッシュ「話すことのメリットと黙秘することのデメリットを秤にかければ、どちらを選ぶべきかは一目瞭然」

ハッシュ「……そして、お前はいま、幸福と呼べるものを手にしている」

もこっち「?!」

ハッシュ「恐怖と苦痛で、それを塗り潰されたくは無いだろう?」

もこっち「ーーーっ、!?」

ハッシュ「それに加えて、お前には、あの娘以外にも、繋がりがある」

ハッシュ「つまり、あの娘一人に拘る必要も無いというわけだ」

もこっち「………っ、!!」

ハッシュ「ならば、お前は一人の人間に固執するのはやめ、私に服従するべきだ」






77: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:22:23.74 ID:K83Zn/rKO




もこっち「………」


ハッシュ「さあ、選択の時だ、人間」


ハッシュ「私に服従し、全てを明かし、幸福の中で生き続けるか」


ハッシュ「私に逆らい、黙秘し、恐怖と苦痛を抱えたまま生き続けるか」


ハッシュ「選択の時は、今しか無い」



ハッシュ「選ぶが良い、人間よ」






78: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:23:49.59 ID:K83Zn/rKO




もこっち「……い、」



ハッシュ「………」













もこっち「嫌…だ……」






79: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:25:07.35 ID:K83Zn/rKO




ハッシュ「……なん…だと……?」


もこっち「………」


ハッシュ「貴様、いま何と言ってーーー」


もこっち「嫌だ……って言ったんだよ」


もこっち「……この、白ネギ野郎が!」


ハッシュ「…………?!」






80: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:27:47.53 ID:K83Zn/rKO




ハッシュ「……その選択が何を意味するのか、わかっているのか?」

ハッシュ「お前はこれから恐怖と苦痛を味わうことにーーー」

もこっち「うるせえよ」

ハッシュ「………」

もこっち「さっきから、中二臭い言い回しばかりしやがって。もっと普通に言ったらどうなんだ?」

ハッシュ「…………」

もこっち「……つーか、それ以前に、私からヤンキーのことを聞いて、いったいどうしようってんだよ」

ハッシュ「…………」

もこっち「ヤンキーに何するつもりなんだよ」






81: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:29:16.94 ID:K83Zn/rKO




もこっち「……私はあのヤンキーのこと、その、嫌いじゃ……ない」

ハッシュ「………」

もこっち「なのに、ヤンキーのことを話せだって?」

もこっち「お前みたいな得体の知れない奴に? それも、拷問なんて平気で言えるような危ない奴に? ペラペラ話せってのか?」

もこっち「なんで、そんなことしてやらなきゃいけないんだよ?」

もこっち「お前は、そんなに偉いってのか!?」


ハッシュ「?!」


もこっち「いくら、イケメンで高身長だからって、調子に乗ってんじゃねえぞ!」






82: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:31:51.21 ID:K83Zn/rKO




もこっち「……仮に本当に偉かったとしても、話せるわけない」

ハッシュ「………」

もこっち「そんなこと、できるわけないんだよ!」

もこっち「メリットデメリット? 関係ねえよ、そんなもん」

もこっち「お前に尻尾振るために、見捨てられるほど、あのヤンキーは安くないんだ!」


ハッシュ「…………………」


もこっち「……私たちは、誰が欠けてもダメなんだ……」


もこっち「だから、お前なんかに、話すことなんて何も無い」


もこっち「……そうだ。私は、あいつらとーーー」












もこっち「ーーー友達でいたいから」






83: ◆02/1zAmSVg 2018/07/26(木) 22:33:20.32 ID:K83Zn/rKO













ハッシュ「ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」














86: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 22:35:59.68 ID:GCMRYD0iO




もこっち「」ゾゾオッ



ハッシュ「ーーーーーーーーーーーーーー」



もこっち「うっ、あっ……」ヘタッ


もこっち「うあっ、ううっ、ああああ……」ジワッ






87: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 22:38:23.93 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「ーーーそうか」

もこっち「」ビクッ

ハッシュ「よく解った」

ハッシュ「お前は、力の奔流に逆らうというわけか」

もこっち「………っ、っ、」ガタガタ

ハッシュ「運命に、逆らうということだな」



ハッシュ「ならばーーーーーーー」






88: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 22:40:40.16 ID:GCMRYD0iO




もこっち(あ、ああ、そうか……)


もこっち(わたし、ここで死ぬんだ)


もこっち(……ごめん、お父さんお母さん智くん、みんな……!)


もこっち(もっと、一緒にいたかった……!!)









ハッシュ「ーーー教えてやろう、私のことをな!」






89: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 22:42:16.22 ID:GCMRYD0iO











もこっち「………………」






もこっち「……………………へっ?」











90: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 22:48:04.34 ID:GCMRYD0iO







ハッシュ「私は、元 “ 見えざる帝国 皇帝補佐 ” にして、“ 星十字騎士団 最高位 ” ユーグラム・ハッシュヴァルトだ!」



もこっち「……えっ、えっ、?」



ハッシュ「意味がわからないか? ならば、教えてやろう、我々滅却師はーーーー」






91: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 22:49:42.23 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「ーーー故に、現在私の置かれた状況を把握するため、お前及びその周囲の情報は徹底的に収集したかったのだ」


ハッシュ「ーーーー以上が私の話せること全てだ」


もこっち「………」 ポカーン


ハッシュ「理解したか? 人間」


もこっち「……えっ、」


もこっち「えっ、えっ、えっ?」



もこっち「ええっ?!」






94: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 22:59:09.70 ID:GCMRYD0iO




もこっち(くいんしー? 死神? そうるそさえてぃ? ばんでんらいひ?)


もこっち(しゅてるんりったー?ぐらんどますたー?)


もこっち(そして、生き返っただってーーー?)


ハッシュ「………」


もこっち(………中二臭い野郎だとは思っていたがーーー)


もこっち(ーーー患ってるにも程がある)


もこっち(この幽霊もどき……完全な中ニ病患者じゃねえか)






95: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:00:16.87 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「ーーーまだ、信じられないか?」


もこっち「!」


ハッシュ「無理もない。人は己が理の外にあるものを、そう易々とは己がものとすることはできない生き物なのだからな」


もこっち「……… 」


ハッシュ「だが、今話したことは紛れも無い現実だ。厳然たる事実だ」


ハッシュ「それは覆しようが無い」






96: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:02:22.77 ID:GCMRYD0iO




もこっち「……なんで、」

ハッシュ「………」

もこっち「……なんで、そんな話した?」

ハッシュ「………」

もこっち「そんな中二臭い話を、それもいきなりーーー」

ハッシュ「お前が望んだことだ」

もこっち「!」

ハッシュ「得体の知れない相手に話せることなど何も無い、そうだろう?」

もこっち「……!」

ハッシュ「だから、私はお前に対し、私の存在について可能な限り、話したというだけのことだ」

もこっち「………………」






97: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:04:01.21 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「……だが、お前はもう一つ言ったな。危険な輩に話せることなど何も無いと」

もこっち「………」

ハッシュ「まったく持って、その通りだ」

もこっち「……なに?」

ハッシュ「………」スッ

もこっち「!?」









ハッシュ「……こわがらせて、すまなかった」






98: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:05:04.29 ID:GCMRYD0iO




もこっち「!?!?」


もこっち(……こ、こいつ!)


ハッシュ「………」


もこっち(いま、私に頭を下げやがったのか!?)


もこっち(なんで、そんなーーーーーー)






99: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:06:36.67 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「ーーーもし私が、今も星十字騎士団であるのならば、帝国で得た技術をもって問答無用で拷問を開始しただろう」

もこっち「!」

ハッシュ「拷問の果てに、お前の自我を粉砕し、私の意のままに動く人形に仕立て上げたことだろう」

もこっち「っ、お前ーーー!」

ハッシュ「だが、もはや私にその資格は無い」

もこっち「!」

ハッシュ「私が、他者に力を振るう資格は無い」

ハッシュ「……そう、激情に駆られ、天秤としての役割を忘れた者に、力を振るう資格など残されているはずがなかったのだ」

もこっち「……?!」






100: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:08:33.78 ID:GCMRYD0iO




もこっち(何の話だ……?)


ハッシュ「……なぜか、変わらず力を持っていたことの戸惑いと迷いが、己が眼を曇らせていたのだ」

ハッシュ「そのことに、お前の言葉で、ようやく気づくことができた」

ハッシュ「……私は、皇帝補佐の器にあらず、故に偉くなどあるはずが無い」

もこっち「………」

ハッシュ「……ならば、私は、ここでは帝国の理ではなく、己の理を通そう」

ハッシュ「その上で、改めて言わせてもらう」



ハッシュ「こわがらせて、本当に、すまなかった……」






101: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:10:26.86 ID:GCMRYD0iO




もこっち「………」

ハッシュ「……そして、改めて、お前に願う」

もこっち「……?」

ハッシュ「お前と吉田茉咲の間に何があったかを教えて欲しい」

もこっち「!」

ハッシュ「……非礼を働いた私に言いたくないか」

もこっち「………」

ハッシュ「当然だな」

ハッシュ「そして、それに加えて、私はただここにいるだけで、お前に恐怖を与えている」

もこっち「……っ、」

ハッシュ「そんな者の願いを聞くなど、お前にとっては理不尽の極みだろう」






102: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:12:02.72 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「……だが、お前は迷いを抱いている」


もこっち「!」


ハッシュ「それを取り除きたくはないか?」


もこっち「……!」


ハッシュ「迷いとは、それだけで容易く破滅を招く」


ハッシュ「どれほど外側を取り繕うと、内側に迷いという名の歪みがあることで、形あるものは容易く崩れ去るものなのだ」




ハッシュ「私はそれを、幾度となく見てきた……」






103: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:13:50.43 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「……お前と吉田茉咲の間になにがあったのか、」

ハッシュ「それを知ることができれば、私も何かの役に立てるかもしれない」

ハッシュ「力を振るうことはできないが、力になることはできるかもしれない」

ハッシュ「お前の迷いを、断つことができるかもしれない」

ハッシュ「……そのために、どうか私に教えてはもらえないだろうか?」


ハッシュ「人間、いやーーー」



ハッシュ「ーーー黒木、智子……!」






104: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:15:01.20 ID:GCMRYD0iO




もこっち「………」



もこっち「………………」






もこっち「………………………」






105: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:16:39.91 ID:GCMRYD0iO




もこっち「……私の友達に何かしたら許さないからな」


ハッシュ「!」


もこっち「………」


ハッシュ「……ああ、過去と未来、そして現在の己にかけて誓おう」

ハッシュ「決して、お前の友を、大切な者を傷つける真似はしないと」






106: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:17:38.41 ID:GCMRYD0iO




もこっち「……そうか」

もこっち「……なら、話してやる」

ハッシュ「!」

もこっち「だが、それはお前を認めたからじゃない」

もこっち「私のために、お前を利用するってだけの話だ。だから話すんだ」

もこっち「そこは、わかれよ」

ハッシュ「……無論だ」






107: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:18:56.24 ID:GCMRYD0iO




もこっち「……確かに、私はあのヤンキーとの関係に、少し悩んでる」

ハッシュ「………」

もこっち「……だけど、別に、ヤンキーと私がケンカしたってわけじゃない。まあ、やっても勝てないだろうけどさ」

ハッシュ「………」

もこっち「……ただ、ときどき不安になるんだ」



もこっち「私はヤンキーに本当に必要とされているのか、って」






108: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:20:21.15 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「………」


もこっち「いや、なんとなく、一緒にいるくらいの関係ではあるんだけどさ」


もこっち「だけど、私って、つい最近まで、ぼっちで、周囲からあまり必要にされてない奴だったんだ」


ハッシュ「………….……」


もこっち「成績もそんなに良いわけじゃないから、そこまで深く何かを教えられるわけでも無いし、何かを教えたことも無いし」

もこっち「だから、私がヤンキーにとって、本当に必要な人間なのかどうか、不安なんだ」






109: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:22:10.25 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「………」

もこっち「そのせいか……ヤンキーに気に入られてる弟と張り合ったりもした」

もこっち「……もちろん、必要があるとか無いとかで切れるような関係じゃないとは思ってる」

もこっち「ヤンキーはそんなこと御構いなしに私と絡んで来そうだし、私もそのつもりでいる」

もこっち「だから、なんとなしに安心もしてたんだけどーーー」


もこっち「ーーーGW明けを契機に、少しずつヤンキーと一緒にいる時間が減った」






110: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:23:19.21 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「………」


もこっち「……ヤンキーって、たぶん、大学の面接受け悪いから、それで色々と大変なんだと思う」


もこっち「以前のままじゃ、進路は本当にヤクザか出し子になるかもしれねーし」


もこっち「ヤンキーが大学行くなら、やらなきゃいけないことが多くなる」


もこっち「……だから、最近はもう、ヤンキーと一緒にいる時間がめっきり減った」






111: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:25:26.22 ID:GCMRYD0iO




もこっち「でも、あのヤンキーは私と一緒にいられないことを、あまり気にしていないみたいなんだ」

ハッシュ「………」

もこっち「少なくとも、この間ヤンキーが、ヤンキー仲間と一緒にいるのを見た時、私のことを気にしてる感じはなかった」

もこっち「もちろん、別の友達といる時は、そいつらの方に集中するってのは、当然のことなんだけどーーー」


もこっち「ーーーそれでも、不安になる」


もこっち「ヤンキーにとって、私との関係はあっても無くても変わらないようなものなんじゃないか、って」

もこっち「ただ、なんとなく一緒にいるけど、別に一緒にいなくても平気なのかな、って」

もこっち「……あいつは、本当に私のことを必要としているのかな、って」

ハッシュ「………」



もこっち「ほんと、どうしたらーーーーーー」






112: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:26:41.86 ID:GCMRYD0iO




ハッシュ「ーーーそういうことか」

もこっち「!」

ハッシュ「発言の意図は理解した」

ハッシュ「まったくをもって、人間らしい悩みだ」

もこっち「!?」


もこっち(なんだよ、こいつ! 話して欲しいって言うから話したってのに!)


もこっち(くそっ、やっぱり話すんじゃなかったーーー)


ハッシュ「ーーーならば、向き合うしかあるまい」






113: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:28:11.14 ID:GCMRYD0iO




もこっち「ーーーーーーーーーーーーーー」


もこっち「ーーーへっ、?」


ハッシュ「聞こえなかったか? ならば、もう一度言おう」

ハッシュ「お前は友と向き合うべきだ」


もこっち「………」


ハッシュ「その想いを内に秘め続けたところで、何も変わりはしない」

ハッシュ「ならば、その想いを友に伝え、向き合うべきだ。違うか?」






114: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:30:10.35 ID:GCMRYD0iO




もこっち「っ、」


もこっち「だ、だけど、私はーーー」


ハッシュ「己を信じられないか?」


もこっち「!」


ハッシュ「己の弱さに、未来を塗り潰されることが怖いか?」

ハッシュ「弱き己を信じることが怖いか?」


もこっち「……っ、!?」


ハッシュ「……ならば、まずは信じられるように、己を磨き上げる手もある」

もこっち「………」

ハッシュ「……だが、磨き上げたからといって、必ずしも納得できるような成果を得られるとは限らない」

ハッシュ「成し得たものが無くば、己を信じることなどできない」

ハッシュ「自信が無くば、友と向き合うこともできない」

ハッシュ「そうして、向き合うことを先延ばしにすれば、隔たりはより根深いものとなっていく」

ハッシュ「それは肝に銘じておくことだ」






115: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:33:10.92 ID:GCMRYD0iO




もこっち「………」

ハッシュ「……秤にかけろ、黒木智子」

ハッシュ「今の己を信じ、秤とすることで、いま己がどうしたいか、どうすべきかを決めるのだ」

もこっち「っ、だけどーーー」

ハッシュ「……己とは、脆弱で、未熟なものなのかもしれない」

ハッシュ「そのような己を信じることは、確かに困難なのかもしれない」

ハッシュ「だが、先ほど、お前は言ったな。あの娘と友達でいたい、と」

もこっち「!」

ハッシュ「その想いは、恐怖を退けて、言葉となり、私を怯ませた」

ハッシュ「お前から見て、大の大人であり、理解の超えた存在である私を、だ」


ハッシュ「ならば、それは紛れも無い強さだ。お前はその強さを誇るべきだ」

ハッシュ「誇れる強さがあれば、己を信じることなど造作もない」

ハッシュ「お前は、信じるに値する己を、秤を既に持っているのだ」






116: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:35:51.54 ID:GCMRYD0iO




もこっち「………」

ハッシュ「秤にかければ迷いは無い」

ハッシュ「だが、無知と恐怖に呑まれ、秤にかけることが叶わなければ、迷いという名の濁流へと沈んでいく」

ハッシュ「……そして、迷いに追われて決めたことは、必ず後悔となる」

もこっち「………!!」



ハッシュ「……何度でも言おう、黒木智子」













ハッシュ「……お前は友と向き合うべきだ」






117: ◆02/1zAmSVg 2018/07/27(金) 23:37:25.29 ID:GCMRYD0iO











もこっち「ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」














121: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:04:42.06 ID:L31gtIdCO




キーンコーンカーンコーン……



ハッシュ「黒木智子、授業が終了した。今ならーーー」


もこっち(……ああ、今なら話しかけられる!)


吉田「………」スタスタ

もこっち「……ま、待って!」

吉田「……ん、お前か? どうしたよ、いきなり?」

もこっち「あの、その、」

吉田「なんだよ、いったい何の用ーーー」

もこっち「う、ううっ、」

ハッシュ「………」






122: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:06:07.12 ID:L31gtIdCO




もこっち(なにビビってんだ、私は! 今からヤンキーと向き合うんだろ!)


もこっち(怖がるな、恐れるな、今やらなきゃ、後で必ずーーー)


吉田「……用がねーなら、別んとこ行くがーーー」

もこっち「…っ…、……よ…?」

吉田「……ああ? いま何てーーー」



もこっち「私って、必要?」






123: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:08:28.58 ID:L31gtIdCO




吉田「ーーーーーーーーーーーーーーーー」


もこっち(い、言えた……!)


ハッシュ(……だが、ここからが本番だ)


吉田「ーーーいや、急に何言ってんだ?」

もこっち「あっ、だから、その、」

もこっち「私って、吉田さんにとって必要なのかな、って」



もこっち「気になってさ……」






124: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:09:35.90 ID:L31gtIdCO




吉田「……意味わかんねえ」

もこっち「っ、」

ハッシュ「………」

吉田「急にそんなこと聞かれてもよ……」

もこっち「………っ、!!」

吉田「つーか、必要も何も……腐れ縁だろ、私たち?」

吉田「お前が、必要かなんて、その、考えたことも無かったつーか……」






125: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:11:20.56 ID:L31gtIdCO




ハッシュ「………」


もこっち(~~~~落ち着け、私!)

もこっち(まだ、必要じゃないって断定されたわけじゃない!)

もこっち(だったら、これからーーー)


吉田「いや、必要じゃねーとか言うつもりはねーけどよ、なんでいきなりそんなーーー」

もこっち「……一緒に、」

吉田「?」

もこっち「一緒に、勉強しよう、吉田さん!」






126: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:14:31.06 ID:L31gtIdCO




吉田「ーーーいや、急にまた何言ってんだ?」

もこっち「あ、いや、その、私たち3年で受験だよね?」

吉田「……ああ、そのつもりでいるがーーー」

もこっち「だったら、一緒に勉強することも必要なんじゃないかなって」


吉田「………」


もこっち「それに、そういうことなら、きっと役に立てると思う」

もこっち「私、そんなに頭良いわけじゃないけどさ」

もこっち「二人なら、面接の練習とかもできるしーーー」


もこっち「ーーーそれに、ヤンキーって、短気でバカだから、気の長さも頭も普通の私がいた方がーーー」


吉田「んだと、おらーーーー!!」バッ

もこっち「ひいいーーっ!?」






127: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:16:56.47 ID:L31gtIdCO




ハッシュ「…………!??」


もこっち(や、やっちまった! またいらんこと言ってヤンキーを怒らせてーーー)


吉田「バカはお前だろ! 修学旅行の時も、ゲーセンの時も、バレンタインの時も、階段の時も、いつもいつもバカなことばかりしやがって!」

もこっち「ご、ごめんなさい?!」

吉田「……ったく、」パッ

もこっち「」ヨロッ

ハッシュ「………」


もこっち(う、ううっ、)ジワッ


もこっち(私のバカ、ほんとにバカ! こんな時まで、いらんこと言ってーーー)


吉田「ーーーそんで、いつやんだ?」






128: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:19:48.42 ID:L31gtIdCO




もこっち「………」


もこっち「………………えっ、?」


吉田「……いつ勉強すんだって言ってんだよ」

もこっち「えっ、あっ、その」


吉田「いや、だからいつーーー」


もこっち「ーーー良いの?」


吉田「……何がだよ?」

もこっち「いや、私なんかと一緒に勉強なんてーーー」

吉田「何言ってやがる。何の問題もねーだろ」


もこっち「?!」


吉田「お前が意味わかんねーことを言うのなんて当たり前のことだし、それで私が怒るのも当たり前のことだ」


もこっち「………!」


吉田「……怒ったくらいで、いちいち距離取っていたらキリがねーしな」

吉田「それに、勉強ってのは、誰かと一緒にやることで、自分じゃ気づけねーところにも気づけるもんなんだ」


もこっち「!」


吉田「それを思えば、お前と勉強することに、何の異議もねーしーーー」


吉田「ーーーむしろそっちの方が良いくらいだ」






129: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:22:51.14 ID:L31gtIdCO




ハッシュ「………」


もこっち(……そうか、そうか、私といた方が良いのかーーー)


もこっち(ーーーよかった、これで私は必要とされてーーー)


吉田「だけどよ、一つ気になるんだがーーー」


もこっち「………?」


吉田「なんでお前と二人きりなんだ?」

もこっち「っ、?!」

ハッシュ「………」


吉田「田村や田中は誘わねーのか?」


もこっち「ーーーーーーーーーーーーーー」


もこっち(ーーーああ、そうか。そうだよな)


もこっち(やっぱり、私なんかよりも、あいつらの方が必要ーーー)



吉田「……まあ、別に二人きりでも悪くないと思うけどな」






130: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:26:05.99 ID:L31gtIdCO




もこっち「……えっ?」

吉田「いや、勉強ってのは、一人よりも誰かとやった方がやる気が出るもんだろ?」

もこっち「…………」

吉田「少なくとも、麗奈たちと一緒に勉強してた時は、一人でやるよりはよっぽど、やる気が出た」


吉田「……楽しかったし、嬉しかった」


もこっち「!」


吉田「だから、お前と二人きりでも、きっと悪くない」

吉田「ただ、全員いっしょにいれば、もっと悪くないってだけの話だ。だから田村や田中が来ても良いんじゃねーかって思ってる」



吉田「……誰も欠けないその時が、きっと一番なんだろうからな」



もこっち「ーーーーーーーーーーーーーー」






131: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:29:32.55 ID:L31gtIdCO




吉田「ーーーお、おい、なに泣いてんだよ!」

もこっち「……えっ、」ポロポロ

吉田「あーもう、このハンカチで拭け!」

もこっち「……あ、うん! あり…がとう…っ、!」フキフキチーン

吉田「てめっ、なに鼻かんでやがる!」

もこっち「あっ、ご、ごめん!」

吉田「まったく、ほんとわけわかんねえ奴だな、お前はよ……」ハアッー


もこっち「……ねえ、」


吉田「あ?」


もこっち「少し、良いかな……?」


吉田「……ったく、今度は何だってんだ」


もこっち「さっき、二人で勉強しようって言ったけどーーー」

吉田「………」









もこっち「ーーーやっぱり、みんなで、勉強しよう! 吉田さん!」




吉田「ーーーおう!」






132: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:31:47.50 ID:L31gtIdCO




ネモ(……クロの様子がおかしかったのは、やっぱり吉田さんが理由かーーー)


ネモ(ーーー昨日は何もできなくて、本当にごめんね)


ネモ(でも、勉強会には参加させて欲しいかな……)


ネモ(面接も実技も、きっと、役に立ってみせるから……!)




ゆり(……今度は四人で勉強……そう、吉田さんも一緒にーーー)


ゆり(ーーーありがとう、黒木さん、吉田さん。また私たち四人を繋げてくれて)


ゆり(そして、ごめんなさい、ふたりとも。踏み込むのが怖くて、何もできなかった)


ゆり(……せめて勉強会の時は役にーーー)






133: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:34:05.30 ID:L31gtIdCO




真子(黒木さん、泣いちゃうくらい吉田さんのことで悩んでたんだね……)


真子(……私は吉田さんに余裕ができるまで我慢するつもりだったけど、それは私の独りよがりな考えでしかなかったーーー)


真子(ごめんね、黒木さん……また私、黒木さんのこと傷つけた……っ、)


真子(……ううん、黒木さんだけじゃない。きっと、ゆりも……!)


真子(……せめて、勉強会、絶対みんなの助けになるから!)



うっちー(……ふーん、なんだ、私が何かするまでもなく仲直りできるんじゃない)


うっちー(……ほんと、よかった)


うっちー(……だけど、黒木の奴、ちょっと吉田とイチャつき過ぎじゃ……)


うっちー(これは私も勉強会に参加して、みんなの役に立って、黒木のハートをーーー)


うっちー(ーーーああもう、なんでこんな時まで、そういうこと考えちゃうの私! ほんと、キモイキモイキモイキモイキモイキモイキモイキモイキモイ)






134: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:35:33.24 ID:L31gtIdCO




もこっち「……じゃあ、後で友達誘ってみるね」

吉田「おう、こっちも麗奈たちを誘ってーーー」



キュイーンッ……!



ハッシュ「!?」

吉田「……ん?」


ハッシュ(なんだ、急に霊圧が……!?)


吉田「……?」

ハッシュ「?」

吉田「……?!?!」

ハッシュ「……!?」

吉田「な、なななななななななーーー!?」



吉田「なんだ、お前!?」






135: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:37:14.03 ID:L31gtIdCO




ハッシュ「!?」


ハッシュ(まさか、この娘ーーー)


吉田「てめえに言ってんだよ、この野郎! このガキから離れろ!」

もこっち「……えっ、吉田さん、ひょっとして、こいつが見えるの!?」

吉田「ああ? 見えるに決まってんだろ? つーか、お前も早く、この野郎から離れろ!」

ハッシュ「……私は、この野郎ではない。ユーグラム・ハッシュヴァルトだ」

吉田「ハッシュポ◯ト?」

ハッシュ「ハッシュヴァルトだ」

吉田「何でも良い! どこから入ってーーーー、あー、もー、とにかく、このガキから離れろ!」

もこっち「ち、ちょっとストップストップ! まずはあっち行こう! いろいろ落ち着こう!」

吉田「ああ!? 何言ってやがる、これが落ち着いてーーー」

もこっち「ーーー周りみろよ!」

吉田「!」






136: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:39:29.84 ID:L31gtIdCO




あいつ、どうしたんだ……?


なんで、何もないところに怒鳴ってるの……?


ヤバくないか、あれ……



吉田「?!?!」

真子「ち、ちょっと、吉田さん! どうしたの急に!?」タッタッタッ

ゆり「……何かあったの?」タッタッタッ

ネモ「……よくわからないけど、ここはクロの言う通りにした方が良いかな?」タッタッタッ

うっちー「どうしたの、吉田!? まさか、蠱惑され過ぎて、禁断症状がーーー」タッタッタッ

吉田「な、なに言ってんだ、お前ら? この野郎が見えないってのかーーー」


もこっち「こ、これ以上はやめようよ、吉田さん!」


吉田「!?」

もこっち「吉田さん、ただでさえ高3ヤンキーで色々痛いのに、中二病キャラ認定されたら更に痛いことにーーー」



吉田「だれが痛いだと、おらーーーー!!」

もこっち「ひいーーっ、!?」



ハッシュ「………」






137: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:41:36.30 ID:L31gtIdCO




もこっち「……ようやく、学校終わって、家だーーー」グデーッ

ハッシュ「……そうか」

もこっち「そうか、じゃねえよ! 何でいきなりヤンキーにもお前の姿が見えるんだよ!」

ハッシュ「……それは私にもわからないことだ」

もこっち「……なんとか、お前の存在をヤンキーは受け入れて、内緒にもしてくれたけどさあ」

もこっち「もし、もっと大勢に見えてたら、どうなっていたことか……」

もこっち「今回は、ヤンキーが蚊に啖呵切ってたってことにして誤魔化してくれたけど、ヤンキー以外にも見えてたら通用しなかったぞ? ええ?」



ハッシュ「……ならば、これからはお前の影に潜伏し、身を隠すとしよう」






138: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:42:38.98 ID:L31gtIdCO




ハッシュ(……そうだ、これほどの時間が経過して何ら異常も無いところを見るに、 “ この身 ” に、影の領域圏外の活動限界時間が無いことは疑い無い)


ハッシュ(ならば、これ以上、影の外部にいる必要は無い)


もこっち「影って……ああ、そういや、そんなこともできてたな、お前……」


もこっち(まったく、影の中に入れるなんて羨ましい限りだ。それができれば、下からパンツ覗き放題……)


もこっち「……えっ、?」






139: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:45:38.79 ID:L31gtIdCO




ハッシュ「……なんだ、どうした?」


もこっち「……なあ、」


もこっち「影の中って、やっぱり、影の外の光景が見えるんだよな……?」ギュッ


ハッシュ「無論だ。昨日入った時、お前の部屋が見えただろう?」


もこっち「………!!??」ギュウッ


ハッシュ「なぜ、そのようなことを今更ーーー」

もこっち「ふざけんなよ! このエ口ネギ野郎!」ベチーンッ


ハッシュ「……なぜ殴る」

もこっち「な、殴るに決まってんだろ!」カアアッ


もこっち「……お、お前、下から……っ、わ、私のパンツ、見やがったな……!」キッ


ハッシュ「……安心しろ、私はお前の下着に興味など無い」


もこっち「なんだそうか……って、そういう問題じゃねーよ!」






140: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:47:33.37 ID:L31gtIdCO




もこっち(それに、下から色々見放題ってことは、昨日、風呂やトイレ入ってる時ーーー)


もこっち「」プルプル


ハッシュ「どうした? 念のために言っておくが、私はお前の裸体にも何ら興味はーーー」


もこっち「」ブチッ


もこっち「この変態が!」ベチーンッ

ハッシュ「何故だ」






141: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:51:59.18 ID:L31gtIdCO





………………………………………………………………



もこっち(ーーーさて、飯も風呂も着替えも終わったし、寝るか……)


もこっち「……いま、着替え終わった。もう影から出て良いぞ」

もこっち「……目隠しも取って良い」


ハッシュ「……了解した」ズズズッ



シュルシュル……パサアッ……



ハッシュ「………」


もこっち「……何度も言うが、お前が影の中に隠れて良いのは、私やヤンキー以外にお前を見ることのできる奴が出た時か、着替えの時とか私が許可した時だけだからな?」


ハッシュ「……わかった」


もこっち「……その時は、すぐに隠れろよ?」


ハッシュ「……わかった」


もこっち「目隠しも忘れんなよ?」


ハッシュ「…………わかった」


もこっち「……面倒くせーとか思ってねえよな?」


ハッシュ「……そのようなことは………………ない…………」


もこっち「ぜってー思ってるだろ! その間は何だ!」






142: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:54:40.87 ID:L31gtIdCO




「うるせえぞ!」ドンッ



もこっち「」ビクッ

ハッシュ「………」



もこっち「……はあ、怒るのはやめだ。疲れるし、弟にキレられても困るしな」

ハッシュ「……苦労をかける」

もこっち「まったくだ。これで、猫みたいに飯が必要なら追い出してたかもしれねえ、いや、できねえだろうけどさ」

ハッシュ「………」


もこっち「でも、まあ、そのーーー」


もこっち「ーーーありがとな…………ハッシュ…ヴァルト……」ボソッ


ハッシュ「!」


もこっち「昨日はその、相談に乗ってくれて……」



もこっち「背中を押してくれて……」






143: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:56:07.81 ID:L31gtIdCO







ハッシュ「……礼を言われるようなことではない」



ハッシュ「ただ、秤にかけた結果、私があのように行動をすることを選択しただけの話に過ぎない」



ハッシュ「……そう、それだけのことだ」









144: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:57:08.85 ID:L31gtIdCO







もこっち(……ほんと、隠キャだな、こいつは)



ハッシュ「………」



もこっち(まあ、私も人のこと言えたわけじゃねーけどな……)











145: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 20:59:11.10 ID:L31gtIdCO




もこっち「……今から寝る」

ハッシュ「そうか……」

もこっち「明日はさっそく勉強会だ、昨日よりも早めに寝る必要があるからな」

ハッシュ「……ならば、寝ると良い。邪魔はしない」

もこっち「……寝てるからって、私に変なことすんなよ」

ハッシュ「……お前の身体に興味など無いと何度言えばーーー」



もこっち「……はあ、おやすみ」

ハッシュ「……ああ、おやすみ、だ」



パチンッ






146: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 21:00:16.29 ID:L31gtIdCO




もこっち「……ぐーっ、ぐーっ、」


ハッシュ(……眠ったか)


ハッシュ(……この睡眠状況を見れば、即座に目を覚ますことはあるまい)


ハッシュ(目が覚めること無くば、聞かれることも無い)


ハッシュ(ならばーーーーーー)






147: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 21:01:35.70 ID:L31gtIdCO




ハッシュ「……さて、」

ハッシュ「そろそろ良いだろう?」

もこっち「ぐがーっ、」

ハッシュ「……お前が黒木智子の身体に潜伏していることは、既に気がついている」

もこっち「………」

ハッシュ「出てこい、黒木智子の中にある、もう一つの魂魄よ」

ハッシュ「……いや、こう言った方が良いか?」



ハッシュ「星十字騎士団 “ V ” グレミィ・トゥミュー?」






148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/28(土) 21:03:22.98 ID:L31gtIdCO




グレミィ「……あ、ばれちゃった?」ヌゥッ

ハッシュ「……気づかれないとでも思ったのか?」

グレミィ「……おっかしいなー、この服は完全に霊圧を遮断するように造られているはずなんだけど……」

ハッシュ「……霊圧の問題ではない」

グレミィ「……?」

ハッシュ「お前は私に視線を向け過ぎた」


グレミィ「!」


ハッシュ「この世界に来た瞬間から今に至るまで、視線を感じた」

ハッシュ「退屈しのぎに小説を読むかのような視線を、な」

ハッシュ「そして、そのような視線を私にも向ける存在には心当たりがあった」

ハッシュ「それがグレミィ、お前だったということだ」


グレミィ「………」


ハッシュ「黒木智子によって眼の曇りが払われた現在、視線の正体に気づかないはずがないだろう」






149: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 21:06:16.82 ID:L31gtIdCO




グレミィ「……驚かないんだね、ハッシュヴァルト」


グレミィ「ぼくがここにいることに」


ハッシュ「当然だ」

ハッシュ「お前のことだ。更木剣八との戦いで死亡する前に、自分をもう一人残しておいたとしても不思議はあるまい」


グレミィ「………」


ハッシュ「お前の聖文字 “ V ” 、 “ 夢想家 ” は、想像を実現する力を持つのだからな」


ハッシュ「無論、骨を茶菓子に変えるような『状態を変化させる』想像であれば、想像が途切れた時に消えるがーーー」


ハッシュ「ーーーもう一人の自分を出現させるといった『物を生み出す』想像は、想像が途切れようとも変わらず持続する」


ハッシュ「お前自らが、意図的に消そうとしない限りは、な」


ハッシュ「それらの事実を考慮すれば、お前が変わらず存在していることなど、驚くに値しない」



グレミィ「……なるほどね」






150: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 21:08:08.38 ID:L31gtIdCO




ハッシュ「……お前には聞きたいことがある」


グレミィ「……なにかな?」


ハッシュ「……決まっている、この世界についてだ」


グレミィ「………」


ハッシュ「この世界は、お前が想像した幻か? グレミィ」






151: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 21:09:15.56 ID:L31gtIdCO




グレミィ「……あはは、それは違うよ、ハッシュヴァルト」


ハッシュ「………」


グレミィ「幻なんて、寂しいこと言わないでよ」


グレミィ「この世界は、紛れもなく現実で、厳然たる事実」


グレミィ「そう、間違いなく本物なんだから」


グレミィ「もっとも、『ぼく』らのいた世界の魂の流れに何一つ関わらない、遠い遠い異世界ではあるけどね」


ハッシュ「……」






152: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 21:10:24.97 ID:L31gtIdCO




グレミィ「いま、 “ ならば、何故その異世界に私たちはいる? ” ーーー」


グレミィ「ーーーって思ったでしょ?」


ハッシュ「………」


グレミィ「その答えは、とても簡単」

グレミィ「『ぼく』が、この世界と向こうの世界を繋げたからだ」


ハッシュ「……!?」






153: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 21:11:22.78 ID:L31gtIdCO










グレミィ「……教えてあげるよ、ハッシュヴァルト」






グレミィ「この世界の “ 全て ” を」












156: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:17:12.31 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「……さっきも言った通り、この世界は間違いなく本物だ」

グレミィ「『ぼく』らのいた世界の魂の流れに何一つ関わらない、遠い遠い異世界なんだ。覆しようの無いくらいにね」

ハッシュ「………」

グレミィ「もちろん、そんな異世界は、普通なら発見できないけどーーー」


グレミィ「ーーー『ぼく』の聖文字 “ V ” の能力は、普通じゃない。異世界だって発見できる」


グレミィ「なんたって、 “ 夢想家 ” 、想像を実現させる力なんだから」


ハッシュ「……まさかーーー」


グレミィ「そう、そのまさか」


グレミィ「『ぼく』は、異世界に行くゲートを想像し、それを実現したんだ」

ハッシュ「!?」






157: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:21:24.68 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……………… “ なぜ、そんなことを ” などと、問うつもりはない」

グレミィ「………」

ハッシュ「お前のことだ。どうせ、 “ できるから想像した ” に過ぎないのだろう?」

グレミィ「うん、そうだね」

ハッシュ「………」

グレミィ「面白そうなことができるのなら、なんだって想像してみせる」

グレミィ「それが『ぼく』だからね」

グレミィ「だから、漫画の世界を繋げることにも、迷いはなかった」






158: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:22:53.27 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……漫画だと?」

グレミィ「そう、漫画」

グレミィ「現世の創作物さ」

ハッシュ「………」

グレミィ「『ぼく』は、閉じ込められている間、現世のとある漫画にハマっていてね」

ハッシュ「………なに?」

グレミィ「それは、黒木智子…通称 “ もこっち ” が主人公をしている漫画だった」

ハッシュ「!?」

グレミィ「グエなんとかさんに頼んで、こっそり現世から取り寄せた創作物の一つさ、退屈しのぎにね」

ハッシュ「………!」

グレミィ「もこっちの行動は、『ぼく』から見ても想像を超えたことばかりだった。『ぼく』もすっかり蠱惑されてしまったよ」






159: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:27:11.60 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「……そこで思ったんだ。もこっちに会いたい、って」

ハッシュ「………」

グレミィ「だけど、結局は漫画だ。そこのキャラクターと会うことはできないし、『ぼく』がもこっちを想像したとしても、それは『ぼく』の想像の域を出ない別人でしかない」


グレミィ「『ぼく』は、『ぼく』の想像に収まらない、本物のもこっちに会いたかった」


グレミィ「だから、『ぼく』は、本物のもこっちに会うための方法を想像することにした」

グレミィ「ほら、『ぼく』や君のいる世界では漫画の出来事でも、本当のこととして起きている世界もあるかもしれないでしょ?」

ハッシュ「………!」

グレミィ「その世界に繋がるゲートを想像したのさ」

グレミィ「全ては、もこっちに会うためにね」






162: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:34:48.95 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……ふざけるな」

グレミィ「ん? 別にふざけてはいないけど?」

ハッシュ「……行く世界を自由に選べるというのならば、陛下がその力を利用しないはずが無い」

グレミィ「確かに、そこまでのことができるなら、陛下が利用しないはずは無いね」

ハッシュ「………」

グレミィ「実際、 “ 夢想家 ” の聖文字だけじゃ、異世界に繋ぐゲートなんて、造れなかっただろう」

グレミィ「だけど、『ぼく』も星十字騎士団だよ? 完聖体というものがある」

ハッシュ「!!」

グレミィ「幻とか使って隠してはいたけど、本当はできたんだ」

ハッシュ「……?!」

グレミィ「完聖体になれば、状態を変化させる想像だって想像せずに維持できるし、想像力も上がる」

グレミィ「その上がった想像力で、ゲートを造ったんだ、向こうの『ぼく』の中にね」






163: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:37:30.68 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……いや、だが、それならば、なぜ陛下はお前のーーー」

グレミィ「ああ、陛下が『ぼく』の完聖体を使わなかったのは、向こうの『ぼく』が完聖体を失っているからだと思うよ?」

ハッシュ「!」

グレミィ「少なくとも、ぼくは、完聖体を失っているからね」

ハッシュ「………?」

グレミィ「なんたって、向こうの『ぼく』は、自分の中にゲートを造ってーーー」

グレミィ「ーーーぼくは、君の中にゲートを造ったからね」

ハッシュ「………!」

グレミィ「異世界を繋げるって結構大変でね。負荷とか凄いんだ」

グレミィ「実際問題、ぼくは、君の中にゲートを造ったことによる負荷が要因となって、完聖体を失ってしまった」

グレミィ「だったら、同じくゲートを造った向こうの『ぼく』が完聖体を失っていても不思議じゃない」

グレミィ「まあ、君の反応から想像するに、向こうの『ぼく』も間違いなく完聖体を失っているだろうけどね」






164: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:40:17.85 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「………」

グレミィ「だって、向こうの『ぼく』に完聖体が使えるなら、 “ 更木剣八 ” に殺された時点で完聖体は陛下のものになるわけでしょ?」

グレミィ「陛下は、聖文字を持った奴が死んだ時、そいつが聖文字を得てから開花させた力の全てを我が物にできるんだから」

グレミィ「そして、陛下に、『ぼく』の完聖体が使えたのなら利用しない手は無い」

グレミィ「だけど、君の話によれば、陛下は『ぼく』の完聖体を使わなかったらしい」

グレミィ「それは、向こうの『ぼく』も完聖体を失ったということに他ならない」

グレミィ「いくら陛下でも、既に失われた力を、自分の力にすることはできないだろうからね」

グレミィ「まったく、ぼくも『ぼく』も、我ながら本当に無茶したもんだと思うよ……」

ハッシュ「………」






165: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:41:24.46 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「とまあ、陛下が、『ぼく』の完聖体を使わなかった理由については、このくらいで良いよね?」


ハッシュ「………」


グレミィ「それで、『ぼく』がゲートを想像した後、何をしたか? 続きを説明しても良いかな?」


ハッシュ「………続けろ」


グレミィ「ありがと、じゃあ、続けるねーーー!」






166: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:42:59.39 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「さて、『ぼく』がゲートを想像してからしたことは単純明快」

グレミィ「当初の目的通り、もこっちに会うことだ」

グレミィ「そのために、聖文字の力で、もう一人の自分を造って、ゲートをくぐらせた」

グレミィ「ぼくが、その、もう一人の自分なんだ」

ハッシュ「………」

グレミィ「そして、この世界に来た後は、もこっち達と思う存分遊んで楽しんだ」

グレミィ「まあ、今のもこっち達に、その記憶は無いけどね。その記憶は、ぼくが想像した記換神機で封印しちゃった」






167: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:44:37.78 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……なぜだ」

グレミィ「ん? なにが?」

ハッシュ「なぜ、黒木智子たちの記憶を封印した?」

ハッシュ「飽きただけならば、わざわざ記憶を封印する必要は無いはずだ」

グレミィ「別に飽きちゃいないけど……」

ハッシュ「……それに加えて、なぜ、お前は私をこの世界に招き入れ、黒木智子の側に置いた?」

ハッシュ「答えろ、グレミィ」






168: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:45:57.67 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「んー、じゃあ、まずは最初の質問から答えさせてもらうね」

ハッシュ「………」

グレミィ「記憶を封印した理由は簡単、ぼくがいた形跡を残したままだと、後から来る君がいらないこと考えそうだったから」

ハッシュ「………」

グレミィ「そして、次の質問の答えだけどーーー」









グレミィ「ーーーきみが可哀想だったからかな?」






169: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:48:21.83 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「………」

グレミィ「ああ、別に君が特別可哀想だなんて思ってないよ。可哀想なのは陛下以外の星十字騎士団全員のことさ」

ハッシュ「…………」

グレミィ「星十字騎士団は、騎士とは名ばかりの殺伐とした人殺しの集団だ」

グレミィ「まさに、地獄に堕ちるに値する、生きた咎人」

グレミィ「しかも、役に立たないと判断された者は、処刑だの聖別だので殺処分される」

グレミィ「他ならぬ陛下の御意思によってね」

ハッシュ「………………」

グレミィ「ぼくには簡単に想像できた、星十字騎士団のみんなが、ロクな死に方をしないだろうことは」

グレミィ「それを想像すればするほど、みんなが可哀想で仕方がなかったんだ」






170: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:49:43.03 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……それで、せめて死後は、平和なこの世界に送ろうとでも思ったか」

グレミィ「うん、そうだね」

ハッシュ「………」

グレミィ「誰から救済するか迷ったけど、無難にアルファベット順に、救済してあげることにした

グレミィ「そう、聖文字 “ B ” を持つ君からね

ハッシュ「………」






214: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 00:40:52.60 ID:JGbiaTdGO




グレミィ「だから、ぼくは完聖体の力で君の中にゲートを作った」


グレミィ「まあ、その時の負荷が要因で完聖体を失って、他の星十字騎士団を救済することができなくなってしまったんだけど、そこは置いとくね」


グレミィ「とりあえず、ぼくは、聖文字 “ V ” の力を使って、君が死ぬ直前、その精神が自動的にこの世界に運び込まれるようにした」


グレミィ「ゲートの持ち主が死んだら、ゲートも消えちゃうからね。君が死ぬ前に精神を送ってあげる必要があった」


グレミィ「もちろん、精神だけじゃ活動できないから、ゲートの出口には君の霊骸を想像しておいた」


グレミィ「そうすれば、君の精神は、ゲートをくぐり抜ける寸前で自動的に霊骸の中に入り、活動可能となる」


グレミィ「実際、ゲートをくぐり抜けた瞬間、君の意識は目覚めた」


グレミィ「……とまあ、そんな感じで、君を救済してあげることにしたのさ」






172: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:53:00.49 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……私が、黒木智子の側から離れられず、黒木智子に霊力があったことも、救済とやらの一環か?」


グレミィ「その通りだよ、ハッシュヴァルト」


ハッシュ「………」


グレミィ「実際、もこっちの側にいて、彼女を支えてあげることは、君にとって本懐だったはずだ」


ハッシュ「………」






173: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:54:58.81 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「違うとは言わせないよ」

グレミィ「なんたって、君は皇帝補佐として、調和を重んじてきたからね」

グレミィ「そのために、どこかのモヒカンの暴走を制し続けてきた。根気よく、平和的に、ね」

ハッシュ「………………」

グレミィ「それらの事実から想像するに、誰かが道を誤らないよう支えてあげることは、君の本懐だとすら思えた」

グレミィ「だから、君には、もこっちを支える役目を与えてあげた」

グレミィ「その役目を成立させるために、君のその霊骸は、もこっちから離れられないよう造られているんだ」

グレミィ「また、もこっち個人限定で、彼女の霊力を自動的に覚醒させる機能もついている」

グレミィ「全ては、ハッシュヴァルト、君を救済するためなんだよ」

ハッシュ「………………」






174: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:57:03.11 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「……ああ、余談だけど、ヤンキーにも君が見えるようになったのは、ぼくからのささやかなプレゼントさ」

グレミィ「ぼくは元々、もこっち及びその関係者には霊体を視認できる程度の霊力を分け与えていた。ぼくがこの世界に来た瞬間からね」

グレミィ「もちろん、その霊力は混乱を防ぐために記憶と共に封印したけど、それをしたのがぼくである以上、霊力だけ覚醒させるのも可能なのさ」


ハッシュ「………」


グレミィ「もこっち以外には見えないままっていうのも可哀想だったし」

グレミィ「それに、ヤンキーなら、君の存在を明かしても、なんだかんだで受け入れてくれるだろうからね」


ハッシュ「………………」






175: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 22:59:28.13 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「……さて、これで、君がこの世界に送られて、もこっちの側に置かれた理由はわかったよね?

ハッシュ「………」

グレミィ「だったら、お次は、いよいよこの世界の秘密について明かしちゃうねーー」

ハッシュ「……秘密だと?」

グレミィ「うん、言い忘れてたけど、この世界ーーー」












グレミィ「ーーー実はループしているんだよ」





176: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:02:14.11 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「?!」


グレミィ「まあ、厳密には時間の巻き戻しなんだけど、ここではイメージしやすさ重視で敢えてループと表現するよ」

グレミィ「そう、この世界は、条件を満たすことで世界全体の時が巻き戻り、ループする仕組みになっている」


ハッシュ「……?!?」


グレミィ「ループする条件は2つ」


グレミィ「卒業式の日が終わる前にもこっちが死ぬか、もこっちが生存したまま卒業式の日が終わるかのどちらかだ」

グレミィ「そのどちらかを満たした時、君がこの世界で目覚めたその瞬間まで、世界全体が巻き戻るのさ」






177: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:04:39.84 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「ーーーーーー?!」


グレミィ「ははっ、ビックリしてるね、ハッシュヴァルト」

グレミィ「無理もない。人は己が理の外にあるものを、易々と己のものになんて、できっこないんだから」


ハッシュ「………!」


グレミィ「でも、これは現実で事実で本当のことなんだよね」

グレミィ「それは覆しようが無い」



ハッシュ「………」






178: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:06:52.80 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「……おかしいとは思わなかった?」


ハッシュ「………?」


グレミィ「どうして、君がもこっちを脅迫した時ーーー」


グレミィ「ーーー君はもこっちの反論に耐えることができたのか?」


ハッシュ「!?」


グレミィ「何周回も君を見続けてきたぼくだから言えるけど、君は本来なら、ああいった言葉に耐えられず、感情的になってしまう人なんだ」


グレミィ「違う?」






179: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:08:15.88 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「ーーっ、!?」

グレミィ「だけど、もこっちのあの台詞を、君は耐えることができた」

グレミィ「感情のままに、もこっちを殺さずにいられた」

グレミィ「おかしいね? いったい何が違うんだろうね?」

ハッシュ「………」

グレミィ「答えは、とっても簡単」

グレミィ「君が何度も同じことを繰り返しているからだ」

グレミィ「最初の周回から前の周回の経験が深層意識に刻まれているからなのさ」






180: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:10:07.55 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「………」

グレミィ「本来なら、ぼく以外は問答無用で全部巻き戻るよう設定してあるんだけどね」

グレミィ「君の霊圧があまりに大きいせいで、巻き戻しに不十分なところがあったみたいだ」

グレミィ「まあ、そのおかげで今の君があるわけなんだけどさ」

グレミィ「そう、今の君が、ね」

ハッシュ「………………」






181: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:11:40.20 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「……君は、もこっちの言葉に耐えようとした」

グレミィ「だけど、我慢できず、殺して、ループした」

グレミィ「そして、改めて耐えようとした」

グレミィ「だけど、やっぱり我慢できず、殺して、ループした」

グレミィ「それを積み重ねた結果、君は今ここに立っている」

グレミィ「君がもこっちの言葉に耐えようとしたことは、努力として経験として、君の深層意識に刻まれたからだ」

グレミィ「そして、その努力は実った。だから、君はこうしてぼくと話ができている」






182: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:13:11.42 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「さて、今の君は、いったい何百周目なんだろうね?」


ハッシュ「………」


グレミィ「何百回、もこっちを殺しているんだろうね?」


ハッシュ「………」


グレミィ「あまりに退屈で、数えるのやめちゃったよ。殺した回数なんてもはや想像することしかできない」






183: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:14:26.54 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……なぜだ?」

グレミィ「?」

ハッシュ「なぜ、時間を巻き戻すシステムなど造った?」

グレミィ「………」

ハッシュ「……卒業式の日が終わる前に黒木智子が死亡することを条件に、時間を巻き戻すというのはまだ理解できる」

ハッシュ「お前のいう幸福には、黒木智子の存在が必須となる。ならば、死んだ事実を消失させることは道理」

ハッシュ「だが、なぜ黒木智子が生存したまま卒業式の日が終わることを条件に、時間の巻き戻しを発生させる?」

ハッシュ「そんなことをすればーーー」



グレミィ「もこっち達との高校生活を何度でも楽しめるようにしたかったからだよ」






184: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:16:15.82 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「………」

グレミィ「ぼくは、君やもこっちが、いまの高校生活を何度も楽しめるようにしたかったんだ」

グレミィ「……どんな素敵な物語も、いつかは必ず終わってしまう」

グレミィ「いくつもの漫画が、いつかは終わりを迎えるように」

グレミィ「もこっち達の高校生活も、いつかは必ず終わってしまう」

ハッシュ「………」

グレミィ「それでも楽しみたかったら、頭をカラッポにして読み返すしか無い」

グレミィ「だから、もこっち達が卒業した後、ループするシステムを造ることにした」

グレミィ「終わりの無い幸福なんて、想像の果てにしか無いのだから」






185: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:17:48.68 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「……もちろん、そんなことをすれば、この世界に未来は無くなる」


グレミィ「今日、生まれた、もこっちとヤンキーの信頼関係も」


グレミィ「これから、もこっちが、ヤンキーや他のキャラクター達と、どれほど親交を深めようとも」


グレミィ「彼女たちが、先生だの、声優だの、どれほど素晴らしい夢や目標を想い描き、そのために努力を重ねようとも」


グレミィ「ハッシュヴァルト、君がもこっちをどれほど支えてあげようとも」


グレミィ「全てが、おじゃんになる」


ハッシュ「………」






186: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:19:07.54 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「だけど、幸福だ」



グレミィ「この高校生活が終わらない限り、もこっち達も君も、幸福の中で生き続けられることが約束される」



グレミィ「いまがどれだけ満たされていようと、未来も同じように満たされるとは限らないからね」



グレミィ「これが、時間を巻き戻した理由だよ」



グレミィ「納得した?」






189: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:29:22.10 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……どうやって、時間を巻き戻すシステムなど造った?」

グレミィ「………」

ハッシュ「世界全体の時間を巻き戻す、それは状態を変化させる想像だ」

ハッシュ「しかし、巻き戻った状態を想像し続けなければ、巻き戻しは解除されることになる」

ハッシュ「ならば、ゲートとやらを造って完聖体を失ったお前に、何百回という周期、巻き戻した状態を維持し続けられるはずがない」

ハッシュ「お前の性格上、途中で飽きが来て、想像をやめるだろうからな」

ハッシュ「それを考慮すれば、時間を巻き戻すシステムなど成立するはずがない」

グレミィ「………」

ハッシュ「……どうやって、時間を巻き戻すシステムなど造ったのだ?」



ハッシュ「それとも、三人目以降のお前がいたとでも言うのか?」






190: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:32:07.77 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「間違いが二つある」

ハッシュ「………」

グレミィ「一つ目、それは、三人目以降なんていないということ」

ハッシュ「………」

グレミィ「そして、二つ目」

グレミィ「ぼくらが時間を巻き戻すシステムを造った当時、完聖体はまだあったということだ」

ハッシュ「!?」

グレミィ「当時、まだ、ぼくらは完聖体を失っていなかったんだ」

グレミィ「ただ、それぞれゲートを想像したことの反動で、完聖体の制御が不可能になっていただけに過ぎない」

ハッシュ「………」

グレミィ「言ったでしょ? 完聖体を失ったのは、無茶したからだって」

グレミィ「その無茶が時間の巻き戻しだった」






191: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:33:57.75 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「そう、本当に無茶苦茶だった」

グレミィ「時間の巻き戻しは状態変化の想像である以上、完全に維持するためには完聖体の力が必要になる」

グレミィ「たったそれだけの理由で、制御できもしない力を使うことに決めた」

ハッシュ「………」

グレミィ「深く考えず、自分たち二人がかりなら制御できるとテキトーに思い込んで、強引に使用したんだ」

グレミィ「その結果、どちらも制御に失敗して、ぼくらから完聖体が切り離されてしまった」

グレミィ「それで完全に制御を失った二つの完聖体は、暴走し、この世界全体を包み込んでーーー」


グレミィ「ーーーぼくらが下した命令通りに、勝手にこの世界の時を巻き戻すシステムと化した」

グレミィ「この世界の中にある、ぼくとゲートを除いた全てを、ね」

グレミィ「こうして、時間を巻き戻すシステムは造られたんだ」






192: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:39:07.02 ID:8pi9iqKTO





ハッシュ「………」

グレミィ「ちなみに、システムが造られた後は、卒業式の日に到達して終わり次第、時間が巻き戻された」

グレミィ「ただ、その時はまだループの基準点となる君が来ていなかったから、君が目覚めた直後に時間を巻き戻すことはできない」

グレミィ「だから、その代わりとして、君の霊骸がゲート内に想像された瞬間まで世界が巻き戻った」

グレミィ「そして、君の霊骸に精神が宿り、ゲート内から出て来るまで、この世界の時間はストップした」



グレミィ「……時間が動き始めたのは向こうで君が死んだ時」

グレミィ「君の精神がこちらに来てゲートが消えた時、ようやく時間が動き始めたんだ」



グレミィ「もっとも、その動き始めた時間も、君がもこっちを殺し続けたことで、君が目覚めた瞬間まで何度も巻き戻される羽目になったわけだけどね」






193: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:40:36.48 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「………」

グレミィ「ちなみにゲートは、向こうの『ぼく』とハッシュヴァルトが死んだことで、完全に消滅した」

グレミィ「ゲートは、ぼくと同じで巻き戻しの対象外だから、復活することは無い。もうあちらに戻ることは不可能だ」

ハッシュ「………」

グレミィ「それと、これも一応言っておくけど、ここでぼくを殺したところで、ループは終わらない」

グレミィ「完聖体がぼくのコントロール下に無い以上、ぼくが死んでも変わらず残り続けるんだ」

グレミィ「奪われた卍解が、元の持ち主の生死に関わらず、生き続けるようにね」

グレミィ「なんなら、試しにぼくを殺してくれて構わないよ」

グレミィ「ぼくの想像通りの結末になるだろうけどね」






194: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:42:44.96 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……時間を巻き戻すシステムが造られた経緯は理解した。その後どうなったかもな」

グレミィ「わかってくれたようで、何よりだよ」


ハッシュ「……だが、完聖体を失った後、お前たちは何をしていた?」


グレミィ「………」


ハッシュ「完聖体を失って、それで終わりか?」


ハッシュ「そのまま、己の想像力不足による不始末から、逃げ出したのか?」






195: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:44:15.16 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「………そうだね。否定はしないよ」

グレミィ「なにせ、ぼくは、霊力までも失ったのだから」

ハッシュ「!」

グレミィ「全ての霊力を、完聖体に奪われた」

グレミィ「それによって、ぼくは聖文字の力の発動すら不可能になった」

グレミィ「それさえできれば、ゲートがまだ残っていた当初、向こうの『ぼく』と認識を共有くらいはできただろう」

グレミィ「でも、霊力がなくて、できなかった」

ハッシュ「………」

グレミィ「ホームレス滅却師、爆誕さ」






196: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:47:07.96 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「そして、向こうの『ぼく』は、霊力の代わりに、完聖体を含むこの世界に関する全ての知識を奪われたようだ」

ハッシュ「………」

グレミィ「完聖体が切り離された後も、向こうの『ぼく』のゲートはしばらく残っていた。時の止まった世界でね」

グレミィ「にも関わらず、そのゲートが消滅……向こうの『ぼく』が死亡するまでの間、一切利用されることはなかった」

グレミィ「これはもう、この世界に関する知識を完全に奪われたとしか思えない」

グレミィ「この世界に関する知識が残っているのなら、ゲートを利用して、自分の完聖体に挑みに行っただろうからね」

グレミィ「そう、力ある『ぼく』が、何かに負けっぱなしでいることを、許すはず無いだろうから……」


ハッシュ「………」


グレミィ「でも、そうはならなかった」

グレミィ「ぼくの想像通りなら、向こうの『ぼく』は、この世界の何もかもを忘れて、別のことに夢中になっているだろうね」







197: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:48:03.29 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……お前たちが何をしていたかは理解した」


グレミィ「それはどうも」


ハッシュ「……この世界及びその出来事について、他に話すことはあるか?」


グレミィ「んー、特にはないかな? 他は、そこまで大事な話じゃないし」


ハッシュ「……ならば、最後に一つ、こちらから確認することがある」


グレミィ「なにかな?」






198: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:49:10.07 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「……お前が黒木智子の中にいたのは、私に気づかれないよう、霊力を取り戻すためか?」

グレミィ「………」

ハッシュ「………」


グレミィ「……その通りだよ」


ハッシュ「………」


グレミィ「霊力を持たない者が霊力を得る方法は、このくらいしか無いと思った」

グレミィ「そう、もこっちの中に入って、君と四六時中一緒にいれば良い」

ハッシュ「………」






199: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:51:20.26 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「君は魂を分け与える能力を持った滅却師だからね」

グレミィ「もこっちの中に入って、君の近くに四六時中いれば、新たな霊力を手に入れることも可能と考えた」

グレミィ「もっとも、混乱を防ぐために、君の魂を分け与える能力は人間には通用しないように造っておいたけどーーー」


グレミィ「ーーーぼくは人間じゃない。滅却師だ。問題なく君の力に寄生できる」


ハッシュ「………」


グレミィ「実際に周回を重ねることで、聖兵程度の霊力は取り戻している」

グレミィ「もっとも、その時点で気づかれちゃったわけだけどさ」

グレミィ「君がもっと馬鹿なら、完全に霊力を取り戻せただろうね」

ハッシュ「………」






200: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:53:05.35 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ(……そういうことか)


ハッシュ(……この世界の正体ーーー)


ハッシュ(ーーーそれは、人の想像によって発見され、人の想像によって改造された世界ーーー)


ハッシュ(ーーーいわば、牢獄だ)


ハッシュ(その牢獄は、そこに住まう囚人から大切なものを奪う)


ハッシュ(黒木智子たちは未来を奪われ、グレミィは力を奪われ、私はーーーー)






201: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:54:13.39 ID:8pi9iqKTO







ハッシュ(ーーーふざけた話だ)










ハッシュ(我々を除いて、全てが冤罪だというのに)








202: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:55:51.26 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「んー、いろいろ想像してみたけど、大事な話はもう無いかな、やっぱ」

ハッシュ「………」

グレミィ「それじゃあ、以上がこの世界の “ 全て ” ってことで。聞いてくれて、ありがとー、ハッシュヴァルト」

ハッシュ「………」

グレミィ「……あれー? 拍手はー?」

ハッシュ「………」

グレミィ「……まっ、いいか。別に受け狙いで話したわけじゃないからね」

グレミィ「ああ、そうそう、最後にーーーーーー」









グレミィ「ーーーこれあげるよ、ハッシュヴァルト」ヒュウンッ






203: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:57:04.71 ID:8pi9iqKTO




ハッシュ「!?」ババッ


グレミィ「『身代わりの盾』か……だけど、そんなの使っても無駄だよ」


ハッシュ「!?」 スウンッ


グレミィ「だって、それはーーー」


ハッシュ「な、なぜーーー」シュウウッ


グレミィ「ーーー “ 不運 ” じゃないから」









ハッシュ「なぜ、私の魂に、お前の聖文字が……?」






204: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:58:13.76 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「そう、ぼくは、君に聖文字 “ V ” を与えた」

グレミィ「ぼくの “ 夢想家 ” の聖文字を、ね」

ハッシュ「………」

グレミィ「これは、紛れも無い “ 幸運 ” だ」

グレミィ「だから、『身代わりの盾』じゃ防げない。あれは君個人に降りかかった “ 不運 ” を移し取り、それを相手に押し付けるものだからね」

ハッシュ「………」

グレミィ「なにはともあれ、これで、ぼくは聖文字の力を持たない頃に逆戻りしたってわけだ」

グレミィ「いや、あの時よりは今の方がマシかな……この身体があるわけだしね」

ハッシュ「……なぜだ?」

グレミィ「ん?」

ハッシュ「なぜ、私に聖文字を渡した?」

ハッシュ「そんなことをしたところで、お前には何らメリットは無いはずだ」






205: ◆02/1zAmSVg 2018/07/28(土) 23:59:41.49 ID:8pi9iqKTO




グレミィ「簡単だよ、ハッシュヴァルト」


グレミィ「どうせ、ぼくは君に殺されるからだ」


ハッシュ「………」


グレミィ「慎重な君のことだ。どれだけ弱体化していようと、ぼくのような危険因子を生かしておくはずがない」

グレミィ「対抗しようにも、今のぼくの霊圧じゃ勝てっこない。なんたって、今のぼくの霊圧は聖兵並みだからね」

グレミィ「その程度の霊圧じゃ、ロクな想像を実現できない。仮にやったら実現する前に自身が消滅するだろうことは想像に難くない」

グレミィ「そして、今のぼくに実現できる程度の想像じゃ、君を即死させることは不可能」

グレミィ「それじゃ、『身代わりの盾』と “ 世界調和 ” の聖文字を持つ君には勝てない」

グレミィ「もこっちを人質にすれば何とかなるかもしれないけど、そういうのは好きじゃないからね」



グレミィ「そうなると、ぼくは、このまま君に殺されるしかない」






206: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 00:05:01.96 ID:JGbiaTdGO




グレミィ「……だったら、せめて、霊力を少しでも回復させてくれた借りを返そうと思ってね」



ハッシュ「………」




グレミィ「その聖文字も、今のぼくなんかより、君が持っていた方がずっと有意義だろう」



グレミィ「それはもう君の力だ、好きに使いなよ、ハッシュヴァルト」






207: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 00:07:19.41 ID:JGbiaTdGO




グレミィ「……さて、これでぼくは完全に用済みとなった」

グレミィ「殺しなよ、ハッシュヴァルト」

グレミィ「そして、『身代わりの盾』を使うんだ」

ハッシュ「!」

グレミィ「そうすれば、ぼくに “ 真実を教えられた ” という “ 不運 ” を、『身代わりの盾』に移し取らせることができる」

グレミィ「 “ 真実を教えられた ” 不運は、君個人が受けた “ 不運 ” だからね。当然、『身代わりの盾』に移し取らせることは可能なはずだ」

グレミィ「そうして、移し取らせた “ 不運 ” をぼくに降り注がせ、ぼくと話した事実を完全になかったことにできる」

グレミィ「つまり、君はぼくから聞いたことを全て忘れることができるんだ。燃やす直前のゴミに、 “ 不運 ” という切れ目を入れるだけでね」



グレミィ「たったそれだけの犠牲で、全てを忘れられる」






208: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 00:09:27.51 ID:JGbiaTdGO




グレミィ「この世界に未来が無いということも」


グレミィ「もこっちとヤンキーの信頼関係がまた元に戻ることも」


グレミィ「それ以前に、もこっち達のしていることに何の意味もないということも」


グレミィ「ハッシュヴァルト、君がもこっちと築いた絆が消えるということも」



グレミィ「全てを忘れられるんだ」






209: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 00:11:06.60 ID:JGbiaTdGO




グレミィ「ぼくは、夢想家ではあるけど、忘却を悪だとは思わない」


ハッシュ「………」


グレミィ「忘却するからこそ、創造できる幸福もある」


グレミィ「人が、己の死から目を逸らして、幸福を生き続けるように」

グレミィ「君もまた、この世界の未来から目を逸らしたって良いんだ」


ハッシュ「………」






215: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 00:41:50.92 ID:JGbiaTdGO




グレミィ「目を逸らせば、未来永劫、幸福の中にいられる」



グレミィ「もこっち達のように、自分たちのこれからに夢や希望を想い描いて、幸福に生き続けることができるんだ」



グレミィ「ただ、想い通りの未来にならないというだけに過ぎない」



グレミィ「だけど、それは普通のこと」



グレミィ「夢や希望は、それを想像している間がもっとも幸福なのだから」



ハッシュ「………」






211: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 00:14:31.75 ID:JGbiaTdGO




グレミィ「選択の時だ、ハッシュヴァルト」



グレミィ「未来から目を逸らさず、絶望のままに飛び移り、幸福を恐怖で塗り潰すか」



グレミィ「全てを忘れ、目を閉じて飛び移り、もこっち達と共に幸福を想い描くか」



グレミィ「きちんと、秤にかけて決めることだ」









グレミィ「後悔は、したくないだろう?」






212: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 00:16:11.37 ID:JGbiaTdGO




ハッシュ「………」






ハッシュ「………………」









ハッシュ「…………………………」






219: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:04:32.46 ID:x4CjbjdcO




チュンチュン……



もこっち「……ふわあ~~」ムクッ

もこっち「……あー、もう、朝か」

もこっち「まったく、学生っては面倒ったらーーー」


ハッシュ「………」


もこっち「うおっ、!?」






220: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:06:01.11 ID:x4CjbjdcO




もこっち「あ、ああ、ハッシュヴァルトか……」


もこっち(くそっ、中二病の幽霊もどきとはいえ、イケメンだからな。そんな奴と同棲なんて、心臓に悪過ぎる……!)ドキドキ


ハッシュ「………」

もこっち「……なんだよ、何か用か?」


ハッシュ「……用があるわけではない」

ハッシュ「ただ、思うことがあっただけだ」


もこっち「思うこと? 何だよそれ?」


ハッシュ「………………」






221: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:07:29.01 ID:x4CjbjdcO







ハッシュ「……未来が視えるとは思い悩む事ばかりだ」









ハッシュ「そうだろう、黒木智子?」








222: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:10:57.58 ID:x4CjbjdcO




もこっち「……ああ? 未来が見えるだあ?」


もこっち(なんだ、また患ってんのかーーー)


ハッシュ「ーーー行くぞ、黒木智子」


もこっち「!」


ハッシュ「今日も登校日のはずだ」

ハッシュ「そして、放課後は友と勉強会を行う予定のはず」

ハッシュ「ならば、休む理由は無い」






223: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:12:05.76 ID:x4CjbjdcO




もこっち「ーーーそうだな」


もこっち「行くか、あいつらが待ってるんだからな」


ハッシュ「………」



もこっち「それに、あいつらと一緒なら、きっとーーーーーー」






224: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:14:24.68 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ(……そうだ)


ハッシュ(世界を形づくるものが如何なる存在であれ、その世界の生命と歩みに、無意味なものなどありはしない)


ハッシュ(世界の先に、どのような結末が待ち受けていようとも、思うままに選択し、思うままに進むことに意味があるからだ)


ハッシュ(意味があるからこそ、人はその歩みに特別な名を付け、現在の一瞬一瞬に挑み続ける)


ハッシュ(そうして、未来を創り上げていく)


ハッシュ(決して、閉ざされて良いものでは無い)



ハッシュ(無意味にしては、ならないのだ)






225: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:17:55.40 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ(……ならば挑もう、『神の創想』に)



ハッシュ(世界と一つになろうとも、その支配がある限り、必ずや打ち砕いてみせる)



ハッシュ(……秤にかけた上での結論だ。迷いはない)









ハッシュ(未来を、変えてみせる)






226: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:21:24.59 ID:x4CjbjdcO




もこっち「ーーーおい」

ハッシュ「………」

もこっち「ーーーおい、ハッシュヴァルト!」

ハッシュ「!」

もこっち「いつまで、そこで立ってるんだよ。着替えらんないだろ」

ハッシュ「……すまないな。いますぐ影に入ろう」ズズズッ

もこっち「目隠しも忘れんなよ」

ハッシュ「………」シュルシュル

もこっち「目隠し、取るんじゃねーぞ」

ハッシュ「……ああ」

もこっち「絶対だぞ! 絶対の絶対だからな! 前フリとかじゃなくて!」

ハッシュ「……わかっている」ズズズッ






229: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:28:15.55 ID:x4CjbjdcO




ズズズッ………



ハッシュ「………」パサアッ

グレミィ「あー、あー、目隠し取っちゃったー」

ハッシュ「………」

グレミィ「いーけないんだ、いけないんだー」

グレミィ「もーこっちーに、言っちゃうぞーー?」

ハッシュ「………上を見なければ問題の無い話だ」

グレミィ「なるほどねー、だから、ぼくを牢屋に入れて、ぼくが物理的に上が見れないようにしているわけだ」


グレミィ「ハッシュヴァルトって紳士だね」









グレミィ「ズレてるけど」






230: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:29:59.83 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ「……今日の朝食だ」



ポンッ



グレミィ「あはは、さっそく、聖文字使いこなしてるねーー!」スッ


グレミィ「そういうわけで、いっただきまーす!」パクパク


グレミィ「うん、美味しい!」


ハッシュ「………」


グレミィ「流石はハッシュヴァルト、毎日特別良いもの食べてただけはあるね」モグモグ

グレミィ「想像の範囲内ではあるけど、素晴らしい料理だよ」モグモグ


ハッシュ「………」


グレミィ「まあ、この身体は食事の必要が無いように造られているんだけどね、あはは!」


ハッシュ「………」



シュンッ……






231: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:32:04.84 ID:x4CjbjdcO




グレミィ「あー、ちょっと、なんで想像料理消しちゃうの? まだ食べてるじゃん」

ハッシュ「お前が食事の必要は無いと言ったからな」

グレミィ「いや、それは身体のことで、心は必要なんだよ」

ハッシュ「………」

グレミィ「想像力豊かな人は身体のためだけじゃなくて、心のためにも食べるものなんだよ」

グレミィ「毎日の食事を心をこめて美味しくいただくことこそ、豊かな想像力を維持する秘訣でーーー」


ハッシュ「そうか」


グレミィ「バッサリだねー、ホント。もこっちが言うところの陰キャの対応だよ、それ」アハハ






232: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:35:10.63 ID:x4CjbjdcO




グレミィ「ーーーで、ぼくはいつまで、もこっちの影の中にいれば良いのかな?」

ハッシュ「借りを返すまでだ」

グレミィ「いや、借りは返したじゃん。その聖文字 “ V ” は何?」


ハッシュ「私にではない、黒木智子たちへの借りだ」


グレミィ「………」






233: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:37:30.91 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ「私たちは、黒木智子たちの世界を蹂躙し、その未来を奪い続けた」

ハッシュ「ならば、私たちには、その借りを返す義務がある。果たし終えるまで、逝けると思うな」


グレミィ「………」


ハッシュ「せめて、私の役に立つくらいはしてみせることだ」


グレミィ「……なるほどね、流石は調和を重んじてきた男だ」

グレミィ「想像通りの正論だよ」


ハッシュ「………」


グレミィ「だけど、役立とうにも、ぼくは聖文字の力を失ってるんだよ?」

グレミィ「君に寄生してパワーアップしようにも、この牢屋が君から放出される魂を防いでしまう。これじゃ、パワーアップも夢のまた夢」

グレミィ「そのぼくに何ができるってのさ?」






234: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:42:31.82 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ「……お前の想像力は飾りか?」

グレミィ「!」

ハッシュ「お前は今まで、陛下から授かった聖文字をもって、ありとあらゆることを実現してきた」

ハッシュ「だが、それはその強大な想像力あってこそのものではないのか?」

グレミィ「………」

ハッシュ「少なくとも、私には魂と聖文字を分離させるなどという真似はできなかった」

ハッシュ「 “ 夢想家 ” の聖文字を持つ今であってもだ」


グレミィ「!」


ハッシュ「お前の想像力は紛れもなく強さであり、誇るに値するものだ」

ハッシュ「ならば、己が想像力を秤として、選択することだ」


ハッシュ「その想像の果てに、『神の創想』をも打ち砕き、借りを返すか」

ハッシュ「それとも、己が想像力の敗北を認め、今ここで全ての想像をやめるか」

ハッシュ「秤にかけて、選ぶが良い」


ハッシュ「後悔したくないのならな」






235: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:44:30.99 ID:x4CjbjdcO




グレミィ「……まさか、やり返されるなんてね、想像もしてなかったよ」


ハッシュ「………」


グレミィ「ずるい奴だよ、君は」


グレミィ「そんなこと言われたら、やるしかないじゃん」


ハッシュ「………」


グレミィ(……完聖体に負けたぼくが、あれから本当は何を思っているか、君なら想像できているだろうに)


グレミィ(その上で言っているんだ)


グレミィ「まったく、本当にずるいーーー」



「おい、ハッシュヴァルト、着替え終わったから、もう出てきて良いぞーー」






236: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:45:55.29 ID:x4CjbjdcO




グレミィ「……このタイミング……ほんとう、想像つかないなあ、もこっちは」


ハッシュ「……外に戻る」


グレミィ「あっ、ちょっと、外行く前に一つ教えてよ!」


ハッシュ「……なんだ?」


グレミィ「いや、今更だけど、君は今まで食事や風呂やトイレとかどうしてたの?」






239: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:54:06.23 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ「………」


グレミィ「ぼくら、その辺のことまでは、想像し忘れてたから、何の用意もしてなかったんだよね」


グレミィ「だから、どうしていたのかなってーーー」


ハッシュ「影の中で済ませていた」


グレミィ「ーーーいや、だから、どうやって?」


ハッシュ「…………この身の栄養不足、排泄物の全てを “ 不運 ” として、『身代わりの盾』に移し取らせていた」


グレミィ「……えっ、なにそれ、」


ハッシュ「………」


グレミィ「普通にドン引きなんだけど」


ハッシュ「………」


グレミィ「あれ、ひょっとして、ぼくは一歩間違えれば腹ペコとエンガチョ押し付けられるところだったわけ?」


ハッシュ「………」


グレミィ「わー、ないわー、こんなの想像できないっていうか、想像したくすらーーーーーー」






240: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:56:15.61 ID:x4CjbjdcO




ヒューッ……ガラーンッ!


バコンッ!



グレミィ「ぶべっ!?」ドテッ


ハッシュ「………」


グレミィ「か、金ダライ……?」ピクピク

グレミィ「き、君がこんなの想像するなんて、想像もーーー」


ハッシュ「……想像力を上げたいのならば、さっさと食事を摂って頭を働かせることだ」



ポンッ



グレミィ「!」


ハッシュ「食事とは、心で摂るものなのだろう?」


グレミィ「……そうだね」パクパク


ハッシュ「………」シュルシュル






241: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:57:54.17 ID:x4CjbjdcO




グレミィ(ああ、そうだ)



グレミィ(この舌の平にあるものが)









グレミィ(心か)








ハッシュ「………」ズズズッ






242: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 20:59:13.94 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ「……戻ったぞ、黒木智子」 ズズズッ


もこっち「遅い! 人の影ん中で何やってた!」


ハッシュ「………」パサアッ


もこっち「っ、お前まさか、やっぱり私のパンツーーー」


ハッシュ「それはない」






243: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:00:47.51 ID:x4CjbjdcO




もこっち「……だったら何でーーー」


ハッシュ「……それは勉強会が終わり次第説明する」


もこっち「ーーーああ? なんで、勉強会の終わりになんだよ?」

ハッシュ「……今話したところで、混乱するだけだ」

もこっち「?」

ハッシュ「その気持ちは、勉強会に持ち込むべきではない」

もこっち「………」

ハッシュ「故に、今は話すことができない」


もこっち「なんだよ、そりゃ……」



ハッシュ「その上で、知ることを望むのであれば、今すぐ教えるがーーーーどうする?」






244: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:01:54.60 ID:x4CjbjdcO




もこっち「………」


ハッシュ「………」


もこっち「……わかったよ、今は引いてやる。今日は勉強会に集中しないといけないからな」


ハッシュ「……そうか」


もこっち「だが、終わったら絶対に教えろよ、いいな!」


ハッシュ「……無論だ」






245: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:03:58.45 ID:x4CjbjdcO




もこっち「ーーーよし、そうと決まれば、まず朝飯食っとかないとな」


ハッシュ「……そうだな、食事は大切だ」


もこっち(……なんだよ、普通に相槌も打てるんじゃねえか)


ハッシュ「……食事を摂る時は、心で食べると良いそうだ」


もこっち「ああ? なんだ、また、中二病か?」


ハッシュ「………」






246: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:05:46.37 ID:x4CjbjdcO




もこっち「ーーーごちそうさま!」

もこっち「弟、先行ってるぞ!」


智貴「お、おう……」

黒木母「ふふっ、智子ったら、すっかり良い顔になったわね」

智貴「……まあ、それなりにダチもできたみてーだし、自然とああなるのかもな」

黒木母「あら、そうなの?」

智貴「ああ、特に学食の時なんて、ダチのことで俺と張り合おうとしてることもあったし、そんだけ大事なーーー」

黒木母「あら、張り合うって何? どんなこと」

智貴「えっ、」

黒木母「教えて、登校まで、まだ時間はあるわ」

智貴「いや、その」

黒木母「お願い」

智貴「」






247: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:07:22.51 ID:x4CjbjdcO




ゆり「……黒木さん、おはよう」






真子「おはよう、黒木さん!」






ネモ「クロ、おはよー!」



岡田「おはよう、黒木」



加藤「おはよう、黒木さん」






うっちー「く、黒木、おはよう」










もこっち「……おはよう!」






248: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:08:48.82 ID:x4CjbjdcO




吉田「ーーーおおっ、お前か」

もこっち「あっ、吉田さん……!」

吉田「それとーーー」


ハッシュ「………」


吉田「………」ギロッ


ハッシュ「……おはよう、だな」


吉田「!」

もこっち「!?」



ハッシュ「……私とて、挨拶くらいはできる」






249: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:10:02.54 ID:x4CjbjdcO




吉田「……」


吉田「……なら、こっちも、おはようだ」


ハッシュ「……」


吉田「もちろん、お前にもだ」チラッ


もこっち「!」


吉田「…………おはようだ、黒木」






250: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:11:09.41 ID:x4CjbjdcO




もこっち「えっーーー」


吉田「なんだよ、私が挨拶しちゃ悪いかよ」カアアッ


もこっち「あっ、そのーーー」


吉田「誰にでも挨拶くらいできねえと、この先、いろいろ面倒なことになるみてーだしな。今のうちから慣れてこうって話だ」


もこっち「そ、そうじゃなくてーーー」


もこっち「いま私の名前ーーー」






251: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:13:19.59 ID:x4CjbjdcO




吉田「ああ? お前だって、私の名前呼んでんじゃねえか」

吉田「だったら、私がお前の名前呼んでも良いだろ」


もこっち「………!」



もこっち「………うん!」






ゆり「………」

真子「……ゆり?」

ゆり「……大丈夫。吉田さんなら大丈夫」グッ

真子「………」ホッ


ゆり(それに、私はもう既にーーーーーー)






252: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:15:04.45 ID:x4CjbjdcO




もこっち(おおっ、なんか、良い感じじゃねーか!)


もこっち(この流れなら……いける!)


ハッシュ「………」


もこっち「……えっと、その、吉田さん……」

もこっち「それなら、そのーーー」


吉田「……あ? どうかしたか?」


もこっち「いや、そのーーー」


吉田「?」


もこっち「ーーー今度、一緒にランジェリーショップ行かない?」


吉田「?!?!」



ハッシュ「………………………」






253: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:17:17.96 ID:x4CjbjdcO




もこっち「だ、だめ?」

吉田「き、急に何言ってやがんだ、てめー!? 意味わかんねーぞ?!」

もこっち「い、いや、だって、勝負下着ってあるじゃん」

吉田「!?」

もこっち「ああいうのって、色仕掛けだけじゃなくて、受験にも効果あるって聞いてさ」

吉田「……?!!」

もこっち「だから、ゲン担ぎのために、ランジェリーショップで勝負下着買うのはどうかなーって」



ハッシュ「……………………………………………」



もこっち「もちろん、下着とかはコソコソ一人で買うのが普通だと思うけど、吉田さんの場合、誰かと一緒の方が良いと思うんだ」

もこっち「でないと、勝負下着とは程遠い、ガキっぽいキャラもの選んでーーー」


吉田「おらーーーーーーー!!」


もこっち(ひぃーーーっ、なんでーーー!?)






254: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:19:03.08 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ(……まったく、騒がしい子供だ)


ハッシュ(礼儀を知らず、己が器を知らず、傲り高ぶり、品が無い)



ハッシュ(ーーー故に、幼く、眩しく、星のように輝く)



ハッシュ(その光は、暗黒に沈む星さえも照らし、その星の在り方すらも変えていく)


ハッシュ(いま、どれほどの星たちが、この夜空に浮かんでいるのだろうか)



ハッシュ(ーーーーーーーーーーーーーーー)






255: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:21:23.62 ID:x4CjbjdcO




ゆり(また黒木さんがバカなこと言ってる……)


真子(……黒木さんと吉田さん、また二人で楽しそうにしてる。いいなあ……)


ネモ(……ほんと、バカだよねー、クロは)


岡田(また、黒木が変なこと言ってんのか……)


加藤(……やっぱり、止めた方がーーーー、でも、黒木さんと吉田さんはあれをするから、仲が良いって話だしーーー)


うっちー(なによ、また吉田とイチャついて、しかもまた他の女に下着をーーー、ああキモイキモイキモイキモイキモイキモイキモイ)






吉田「また、バカなこと言いやがって、てめーーー!」


もこっち(な、なんでえ!? 一緒に勉強する仲なら、このくらいの冗談は普通だろ?!)


もこっち(なんで、なんで、なんでえーーーー!?)






256: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:22:58.61 ID:x4CjbjdcO




ハッシュ(……輝こう、私もまた)



ハッシュ(そして、十字架を背負い、目を逸らすことなく、秤を揺らすのだ)



ハッシュ(全ては、護るために)



ハッシュ(だから、私は今一度、力を振るう)



ハッシュ(そう、誇り高き騎士のように)



ハッシュ(勇気の剣を握る、あの星のように)






257: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:24:10.00 ID:x4CjbjdcO







ハッシュ(後悔は無い、何一つ)









もこっち(た、助けてーーーー!?)


吉田「おらーーーーーーーーーー!!!」






258: ◆02/1zAmSVg 2018/07/29(日) 21:25:16.09 ID:x4CjbjdcO

以上で完結です。



元スレ
ハッシュヴァルト「未来が視えるとは思い悩む事ばかりだ。そうだろう、黒木智子」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532435063/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (6)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 00:14
          • なんだこの組み合わせ!?って思ったけど、ちゃんと話になってて割と面白かったわ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 00:32
          • 問題解決してない!?
            俺達(二人)の戦いはこれからだエンドですやん!

            どうなるかは分からんが続き見たいです。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 01:05
          • なんだかんだ面白いキャラ生み出しまくってたしやっぱ鰤って名作だわ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 01:42
          • なんだこの異質良作クロス!?
            続き書いてくれ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 02:21
          • 俺も想像力が足りなかったのか……。
            しかしこれ、グレミィ交えた日常編も見てみたいな。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月30日 19:54
          • 5 作者の想像力に敬意を

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【モバマス】ありす「総選挙のお祝いにいちごパスタを作りました!」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【一人ぼっちの〇〇生活】アル「つけ忘れた・・・」
        • 【シャニマス】P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」
        • 【モバマス】佐藤心「ついにソロ曲だぞ☆」千川ちひろ「おめでとうございます」
        • 女「君はロックなんか聴かない」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • GAYS GONE[DAYS GONE SS]
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【アイマス】やよい「ピコピコプラネッツのガチャガチャ?」
        • (´・ω・`)「ぼくがADHD………?」
        • 【るろうに剣心】志々雄「この包帯には全財力の五分の三をつぎ込んだ」方治「何やってんですか!?」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ