TOP

【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その3【安価】

1: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 19:54:44.83 ID:Mm7UuUQm0

注意
欠損表現、安価有り


前スレ
【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その2【安価】


登場人物等は前スレを参考にして下さい




2: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 20:01:43.03 ID:Mm7UuUQm0

ーー

龍驤「司令官、今日は急ぎのやつも無いからゆっくりできそうやね」


提督「…そうだな」


龍驤「艦隊運用も、しばらくは遠征も帰ってこやんしね」


提督「…こうやって静かなのもたまにはいいだろう」


龍驤「そうやね、ウチは司令官と二人ってだけで嬉しいしな」


提督「…たまにはゆっくり話しでもしようか」


龍驤「うん、そないしよ!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:03:43.50 ID:gB9fSQld0

立て乙
旅行の(旅行に行く)話になる



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:03:46.86 ID:JXq2yAyiO

朝霜来襲



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:04:50.87 ID:LMD88g1bo

立ておつ
>>3してたら>>4



11: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 20:14:04.13 ID:Mm7UuUQm0

龍驤「なぁ司令官、旅行って行ってみたくない?」


提督「旅行か…」


龍驤「司令官の出張に付き合ったことも少ないし、二人だけでどこかへ行ってみたいわ~」


提督「それは俺もそうだが、鎮守府がな…」


龍驤「やっぱりそこやんなぁ…」


提督「出張とは訳が違うからな。休みといっても一日しかないだろう」


龍驤「ほな行くんやったら日帰りかなぁ」


提督「必然的にな…」



12: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 20:19:39.18 ID:Mm7UuUQm0

龍驤「ここの皆んなが邪魔ってわけやないんやけど、やっぱり司令官と二人きりになぁ…」


提督「…それは俺も同感だが、俺が提督である以上な」


龍驤「…うん、それはもう仕方ないから日帰りで予定立てようや!」


提督「そうだな……」


朝霜「お、楽しそうな話ししてんじゃん」ガチャ


龍驤「朝霜…お前はまた……」


提督「…朝霜、何の用だ?」


朝霜「安価」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞、行動他



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:21:37.53 ID:C03iMYDD0

幹部に掛け合って幹部に臨時提督を頼むことができるかもしれないぜ?



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:22:46.30 ID:4Kd68Nsp0

夕張さんとか提督の業務やっていたんじゃないのか?



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:23:00.07 ID:JXq2yAyiO

暇で何も用がないのが問題なんだよなぁ~



19: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 20:32:53.33 ID:Mm7UuUQm0

朝霜「幹部に掛け合って幹部に臨時提督を頼むことができるかもしれないぜ?」


龍驤「…全部聞いとったんかいな」


朝霜「言っとくけど盗み聞きじゃねぇからな?」


提督「…幹部さんに頼むなんて迷惑だ。あの人は幹部なんだぞ?」


龍驤「緊急の用ならまだしも、思いっきり私用やもんな…」


朝霜「あたいが何も考え無しにこんなことを言うと思ってんのか?」



20: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 20:35:00.68 ID:Mm7UuUQm0

龍驤「何か考えがあるんか?」


提督「…朝霜の地位を使うのか?」


龍驤「そうか、こんなんでも朝霜は特務艦やもんね」


提督「朝霜、どうやろうとしていたか教えてくれないか?」


朝霜「安価」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞、行動他



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:37:31.62 ID:wS/RmLtm0

つうか幹部が提督代行をやりたいって言ってんだよ

忙しすぎて最近クキとイチャイチャできてねぇんだってよ



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:38:26.48 ID:JXq2yAyiO

休養も仕事だぜ
落ち着いてる時に休みを取るのは悪いことじゃない



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:39:06.32 ID:HqeIMhpn0

無知な娘に変態行為を強要してるって報告すると脅す



26: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 20:44:25.86 ID:Mm7UuUQm0

朝霜「つうか幹部が提督代行をやりたいって言ってんだよ。忙しすぎて最近クキとイチャイチャできてねぇんだってさ」


龍驤「イチャイチャって…」


提督「…それは間違いないのか?」


朝霜「オッサンがぶつぶつ言ってたから間違いねぇよ。だからよ、日帰りどころか二泊三日でも大丈夫かもしんねぇぜ?」


提督「ふむ……」


朝霜「オッサンには貸しを作れるし、司令は龍驤さんと旅行に行ける。いいことづくめじゃねぇか」



27: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 20:47:58.46 ID:Mm7UuUQm0

龍驤「確かにそうかもしれんけどなぁ…」


朝霜「なら電話でもしてみたらどうだ?」


龍驤「いきなり電話って…なんて説明するんよ?」


朝霜「そこは司令がうまくやってくれんだろ、な?」


提督「…電話するくらいなら失礼でもないだろう」ガチャ


提督「……安価」


下1~3高コンマ 幹部への誘い文句等



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:49:10.85 ID:/5lytgti0

たまには君に役目を譲ろう



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:50:41.94 ID:oydWWhBhO

幹部さん、朝潮からお話は聞かせて貰いました。
実は駆逐棲姫も最近幹部さんと会えてないせいか、元気が無くて困っていたんでさ…



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 20:52:17.60 ID:+t+toE1zo

非常に心苦しいのですがこんなこと頼めるのは幹部さんしかいなくてですね…



34: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 21:00:09.26 ID:Mm7UuUQm0

提督「幹部さん、朝霜から聞いた話なんですが…実は駆逐棲姫も最近幹部さんと会えてないせいか、元気が無くて困っていたんです」


提督「ええ、はい……」


龍驤「どうやら話は聞いてくれてるみたいやね」


朝霜「駆逐棲姫の話なら嫌でも聞くよあのオッサンは」


龍驤「でもええんかな?クキをダシに使うやなんて…」


朝霜「バレても別に怒られはしねぇだろ」


龍驤「そうかもしれんけど……」


提督「…はい、それでは失礼します」


朝霜「お、オッサンとの電話終わったみてぇだな」


龍驤「幹部さんとの電話はどうやった?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:03:00.80 ID:LMD88g1bo

今すぐ準備するってさ



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:03:43.16 ID:+t+toE1zo

仕方ないから受けてあげようと言われた
なおめっちゃ声弾んでた模様



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:04:17.01 ID:/5lytgti0

↑+裏の畑で待ち合わせだ



39: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 21:16:48.75 ID:Mm7UuUQm0

提督「…今すぐ準備をするらしい」


龍驤「今すぐって……」


朝霜「やっぱりな、オッサンが拒否するはずねぇもん」


提督「…早ければ明日明後日にでも来れるらしい」


龍驤「早すぎるやろ!?こっちはまだ準備も何も下内のに!?」


朝霜「それは仕方ねぇよ。だってオッサンは司令達が旅行に行きてぇなんて事情知らねぇもん」


龍驤「そうか、そうやんな…」


提督「とりあえずお互いに準備をしながら、どこに行きたいか考えよう」


龍驤「そうやね、そうしよか!」



40: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 21:19:47.32 ID:Mm7UuUQm0

ーー

龍驤「いるもん言うたら着替えと、あとは…」


龍驤「うーん…まさかこんな急やなんて思ってなかっから、どないしたらええんやろ…」


龍驤「司令官は司令官で準備もあるし…こんな時は誰に相談したらええんや?」


龍驤「うーーん…どないしよ…」


下1~3高コンマ 龍驤の相談した相手やその他起こったこと等



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:21:10.68 ID:+t+toE1zo

工廠組
義肢の事もあるし



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:21:55.98 ID:AzGvSsGbo

なんだかんだでお洒落度は高い叢雲



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:22:09.05 ID:JXq2yAyiO

朝霜が特務艦になってから立ち寄った所でいろいろ所を教えてくれる



44: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 21:37:39.65 ID:i3kSfojZO

ーー叢雲の部屋


叢雲「それで私の部屋に来たってわけね」


龍驤「叢雲がお洒落レベル高いのは知ってんねん!流行りの服とか食べ物とかも全部知ってるやん!」


叢雲「そうかしら?」


龍驤「そやから頼む、協力してくれ!」


叢雲「龍驤さんの頼みなら断らないわよ。その代わりお土産は奮発してよ?」


龍驤「もちろんや!ありがとうやで叢雲!」


叢雲「それで、私は何を協力すればいいのよ?」



45: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 21:39:55.62 ID:i3kSfojZO

龍驤「とりあえず行き先を決めたいねん!ウチには旅行なんて無縁やったからなんにもわからんねん!」


叢雲「行き先ねぇ…」


龍驤「カップルが行くようなところでもええし、まさしく旅行って感じのとこでもええで!」


叢雲「日程はどうなってるの?」


龍驤「最大で二泊三日やと思っとる!」


叢雲「そうね、ならあそこはどうかしら……」


下1~3高コンマ 叢雲の挙げた場所等



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:42:06.08 ID:wS/RmLtm0

足りないもの鎮守府のある場所が分からん…

無難に沖縄とか?



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:42:31.72 ID:+t+toE1zo

源泉をおっきな湯畑で冷ましてる温泉街(草○)



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 21:43:36.58 ID:oydWWhBhO

川内が休暇の時に行ってた温泉



49: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 21:57:53.77 ID:i3kSfojZO

叢雲「源泉を大きな湯畑で冷ましてる温泉街なんてどうかしら?」


龍驤「それってこっから近いん?」


叢雲「電車で半日ってところかしら。乗り物は何で行くか決めてないの?」


龍驤「あ…忘れてた…」


叢雲「龍驤さんの場合はまずどうやって行くかが重要じゃない?」


龍驤「そうか、そうやんな…」


叢雲「とりあえずその温泉街の特集した本を渡しておくから、工廠で相談してきたらどう?」


龍驤「そうするわ。慌ただしくてごめんやで叢雲」


叢雲「これくらい気にしてないわ」



50: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 22:00:26.03 ID:i3kSfojZO

ーー工廠


北上「叢雲に言われてねぇ…最初にここに来て欲しかったな~」


龍驤「ごめんやって…こんなこと初めてなんやからテンパってしまってん…」


夕張「まぁまぁ、こうやって工廠に来てくれたんだからいいじゃないですか」


秋津洲「そうかも!」


明石「ははははい…」


龍驤「それで早速なんやけど、ウチが旅行に行く場合どの乗り物が一番ええんかな?ウチとしては電車でもなんでも乗るつもりやで」


下1~3高コンマ 工廠組の台詞や答え等



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:02:32.31 ID:AzGvSsGbo

夕張「提督にドライブしてもらうとかどう?」



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:02:38.42 ID:4Kd68Nsp0

一番良いのは横になれるくらいの大きめの車



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:02:56.83 ID:oydWWhBhO

いっその事ハイヤーで



54: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 22:14:07.67 ID:i3kSfojZO

夕張「そうは言いますけど、電車での移動はおススメできません」


秋津洲「義足でホームの登り降りは辛いかも」


明石「そそそそうです…ね」


北上「いっその事ハイヤーで行ったら?」


龍驤「ハイヤーなんて、そんな……」


夕張「ハイヤーで無くとも、移動は車で行くのがベストですね」



55: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 22:19:24.79 ID:i3kSfojZO

秋津洲「龍驤さんは何処に行こうとしてるかも?」


龍驤「さっき叢雲に渡された本が…これやね」スッ


明石「こここは…そそそそこまで…ととと遠く…ああありません…」


北上「これなら提督に頑張ってもらえばいいんじゃない?確か提督の車の助手席って龍驤さんが座りやすいようにしてあったよね?」


夕張「リクライニングみたいにゆったり座れる仕様ですよ!」


陽炎「金色だったらもっと素敵なのに」


北上「それだと目立って仕方ないよね~」


夕張「私達から言えることはこれくらいです。ここが目的地だというなら提督に運転してもらって下さいね」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞やその他起こったこと等



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:20:11.99 ID:wS/RmLtm0

漣が羨ましそうにこっちを見ている



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:23:56.94 ID:C03iMYDD0

せやね
後は旅先で何かあったらいけないから義肢を点検しておいてもらおうかな



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:27:45.71 ID:38YLfNcDO

>>56で

むしろ漣はこの期に及んでも2人の邪魔をしないように気を使いそうだけどね…



59: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 22:48:10.17 ID:i3kSfojZO

ーー

漣「ご主人様と旅行…楽しそうですな…」


漣「漣には…その権利が無いのはわかってます…私は所詮…お情けですから…」


漣「邪魔をしちゃいけないのも…当然です…」


漣「でも…やっぱり羨ましいものは…羨ましいですな…」


漣「ご主人様と…旅行…」


漣「漣には…その権利はありません…それは…わかってます…」


漣「でも…いいなぁ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:55:01.44 ID:38YLfNcDO

自室に戻り自分の赤く輝く瞳を鏡で見ながら嘆息する漣
普段はコンタクトで隠してる
提督とまだ2人だけの頃に寄生されていた
鉄の自制心で押さえ込んでいる



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:55:04.20 ID:4Kd68Nsp0

遠征から帰投中の部隊が頭と脊髄が無い、足首にアンクレットを着けている早霜の死体を発見



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 22:55:52.61 ID:XAxq7sCGO

なぜか朝霜も準備してる



63: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 23:13:34.43 ID:i3kSfojZO

ーー

朝霜「ふんふ~んっと」


漣「なんで…アンタも準備してんですかね…」


朝霜「コッソリ後をつける為に決まってんだろ?」


漣「趣味…悪いですぞ…」


朝霜「盗み聞きしてヘコんでる奴に言われたくねぇ」


漣「…………」


朝霜「もっと気楽にしねぇと体がもたねぇぜ?」


漣「漣のことは…気にしないで下さい…」



64: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 23:20:00.75 ID:i3kSfojZO

朝霜「司令達が車で行くってんなら電車で先回りすりゃあいいんだよ」


漣「そうですか……」


朝霜「漣は来ねぇのか?」


漣「龍驤さんが居なくなるので…漣が居なくては…」


朝霜「そんなの他の奴が居ればいいじゃねえか」


漣「……」


朝霜「たまには自分に正直になったらどうだ?お前も司令と旅行行きたいんだろ?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:22:05.26 ID:38YLfNcDO

言っておきますが貴方も行かせませんよ?



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:22:59.83 ID:LMD88g1bo

行きたいですよ…



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:23:54.54 ID:oydWWhBhO

>>66



71: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 23:34:03.52 ID:OAsK3qrW0

漣「行きたいですよ…」


朝霜「なら決まりだな。お前も準備しとけ」


漣「だから…行けないって…言ってるじゃないですか…」


朝霜「そんな弱気でどうするんだよ。そんなんじゃいつまでたっても司令を奪えないぜ?」


漣「……」

ズリ…ズリ…

朝霜「ん、なんだ?」


漣「この……!」ペチッ


朝霜「……」



72: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 23:37:33.74 ID:OAsK3qrW0

漣「私はご主人様に…幸せになってほしいんです…!」


漣「それなのに…なんで漣が邪魔しなくちゃ…いけないんですか…!」


漣「私は…!邪魔者だって…わかってます…!」


漣「でも……!どうしようもなく…!ご主人様が…好きなんです…!」


漣「これ以上…私の気持ちを弄ぶなら…もう…関わらないで…!」


漣「私は所詮…選ばれなかった女なのは…わかってるから…!!」


朝霜「安価」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞、行動他



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:38:42.83 ID:XAxq7sCGO

諦めてるだけじゃねえか



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:40:14.77 ID:diMncCZN0

通りがかった龍驤「ん?もう準備終わったんか漣?」

漣も連れていくつもりだったのを提督が伝え忘れていた模様



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:41:10.22 ID:4Kd68Nsp0

そうかよ
だったらやめちまえそんな恋



77: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 23:47:33.77 ID:i3kSfojZO

朝霜「なんだよそれ、お前が勝手に諦めてるだけじゃねえか」


漣「諦めるしか…ないでしょう…!」


朝霜「あ?なんだお前?」グイッ


漣「うぐ……!」


朝霜「あたいが何回振られてんのか知ってんのか?」


漣「それと…これとは…」


朝霜「何が違うんだよ、言ってみろよ」


漣「……」


朝霜「あたいはそうやって口だけの奴は大嫌いなんだよ」



78: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/13(金) 23:52:56.52 ID:i3kSfojZO

朝霜「何をもって諦めたんだ?何があってダメだったんだ?」


漣「私は…裏切り者で…」


朝霜「それは司令が許したって言ってんだろ?ならなにも問題ねぇよな」


漣「……」


朝霜「裏切った罰でこんな風になったのを受け入れてます~か。お前本当最低だよな」


漣「……」


朝霜「お前は可哀想な自分を演じてるだけなんだよ。治せるってんなら治せばいいだろ?」


朝霜「お前は瑞鶴や長門とは違う。あいつらは足りないものを受け入れてるけど、お前は同情を引く武器にしようとしてる」


朝霜「お前の足りないもんは頭だ。その腐った頭でよく考えるんだな」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:54:54.76 ID:38YLfNcDO

うるさい…うるさい!!!
漣の瞳が真紅に輝く
衝撃波で吹き飛ばされる朝霜



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:55:06.93 ID:4Kd68Nsp0

もう何も考えたくないと言ってずっとうずくまったまま



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/13(金) 23:56:01.77 ID:+t+toE1zo

部外者が、知ったような口を聞くなっっ!

(漣は自分が吹っ切れりゃ好転しそう)



82: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 00:03:25.62 ID:pXG9ob4CO

漣「やめて…もうやめて…!」


朝霜「そうだよな、本当のことを言われるのは心地よくねぇもんな」


漣「やめて……!!」


朝霜「ここの連中も気付いてるぜ?お前が同情を引こうとしてるってのがな」


漣「うぁぁぁああぁあ…!!」


漣「嫌だ…もう何も考えたくない…」


朝霜「自分の都合悪いことを続けて言われたら、うずくまって現実逃避か。お前本当にめでたいな」


漣「うぅぅぅぅ……嫌だ…嫌だ……」


ーー



110: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 19:40:00.45 ID:ZyxxVXsSO

ーー


あああああああああああああああ!!


全員……全部……殺す……!


ギィィィィィィ!!


…失恋した私に待ち受けていたのは、地獄ともとれる阿鼻叫喚の毎日でした。

私がご主人様と関係を断ち、龍驤さんとお付き合いを始めてすぐ、龍驤さんは事故に遭いました。

龍驤さんは命に別状は無かったものの、左腕と左脚を欠損したという事実に狂い、その事実は鎖となって鎮守府に絡みつきました。

その鎖は皆さんの心を抉り、次々と連鎖していきます。元々心が弱い艦娘が多いというのもあり、たった数日で鎮守府は崩壊しました。

何も足りないものが無かった潜水艦の皆さんがなんとか鎮守府を運営しようと奮闘している中、私はこの鎮守府を去りました。

立つ鳥跡を濁さずという言葉とは正反対に、私は龍驤さんに更なる爆弾を投げ付け、発狂する様を見ながら去っていったのです。



111: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 19:48:24.93 ID:ZyxxVXsSO

言い訳ができるなら、その時の私の心は酷く濁っていたんです。ご主人様を奪われたという嫉妬が、私を黒く濁らせたんです。

ですがそれは言い訳にすらなりません。私は発狂した皆さんを助ける所か見殺しにし、ザマァ見ろとまで思ったんです。

本当に……全員死んだらいいと思ったんです。

私はご主人様が足りないもの鎮守府を作ると言った時に、力になるとは言いました。しかし賛成するつもりは全くなかったんです。

障害のある艦娘に囲まれての生活なんて、嫌で嫌で仕方なかったんです。

意味も無く黒い肌や黄色い肌が嫌われるように、私は障害がある艦娘が嫌いでした。

だからこの鎮守府を去った時、私は……嬉しいと思ってしまったんです。あぁ、これで障害者の世話しなくて済む……と

私は………なんて愚かだったのでしょうか…



112: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 19:50:37.38 ID:ZyxxVXsSO

ーー

漣「う…ぇ……」グスッ


漣「朝霜…もう…居なくなってる…」


漣「うぇ……う……」


漣「誰……誰か…漣……の…」ヨロヨロ


漣「あぁ……うわぁ……」


漣「うぅぅ……」


下1~3高コンマ 漣が遭遇した人物名を



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 19:51:06.11 ID:+kswnFwJ0

雲龍



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 19:51:27.51 ID:VNTjUe87O

川内、雲龍



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 19:51:53.66 ID:mzB1d8NDO

提督



116: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 19:56:54.06 ID:8PN/snq20

提督「…漣か?」


漣「うぅ……おぇ……」グスグス


提督「どうしたんだ漣!?何処か痛むのか?」


漣「ち…が……」


提督「とにかく医務室へ行こう。あそこにならベッドもある」


漣「ご主人…さ……話を…聞い……」


提督「…漣?」


漣「ひっ……ひぃ……」



117: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 20:02:05.01 ID:8PN/snq20

提督「わかった話を聞く。だから落ち着いてくれ漣」


漣「ぐす……私は……酷い…艦娘…です…」


漣「障害者を…嫌っていた…漣が…いざ…こうなったら…」


漣「それを…武器にして…ご主人様の…皆さんの…同情を…引こうと…しました…」


漣「例の人に…治せると…聞いた時も…罰だとか…言って…このままの…姿でい続けようと…しました…」


漣「皆さんは…薄々それに…気付いていたにも…関わらず…私を…拒みません…でした…」


漣「ご主人様も…気付いて…ましたよね……」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:03:25.50 ID:+kswnFwJ0

今となってはそんな事はどうでもいい



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:03:40.46 ID:eT89Mtat0

何となくな、だが誰もが清廉潔白じゃない、人には言えない闇もあるさ



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:04:59.08 ID:FLVwpQCY0

あぁ……



122: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 20:09:48.59 ID:8PN/snq20

提督「…今となってはそんな事はどうでもいい」


漣「嫌だ…!よくありません…!」


漣「私は…皆さんを…差別していた…なのに…自分がその立場になったら…それを…利用する…」


漣「私は…自分自身を…許せないんです…!」


漣「今となっては…ということは…ご主人様も…以前…何か思っていたんですよね…」


提督「いや、それは…」


漣「誤魔化さないで…ください…」



123: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 20:13:55.84 ID:8PN/snq20

漣「お前みたいなのは…最低だ…関係も…解消する…そう言って…もらった方が…助かります…」


漣「私みたいな…艦娘は…ここに居ちゃ…いけないんですよ…」


漣「龍驤さんの…恋敵ですし…出撃も…満足にできません…」


漣「しかもそれは…私のせい…自分で選んだ結果…なんです…」


漣「はっきりと…拒絶してくれたら…私は…救われるんですよ…」


漣「今の…生温い関係は…終わりに…しましょう…」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:15:21.94 ID:mzB1d8NDO

お断りだ…!



125:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:15:56.44 ID:stNNoNxR0

少し考える時間が欲しい



126:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:16:19.04 ID:VNTjUe87O

>>124
+もうお前を失いたくない



128: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 20:23:58.88 ID:8PN/snq20

提督「…お断りだ」


漣「なんでですかぁ…!」


提督「漣を拒絶することはしない。これはどう言われても変わらない」


漣「嫌だ…嫌だぁ……!」


漣「こんな私は…最低だって…嫌ってください…」


漣「もう…顔も見たく無いって…拒絶してください…」


漣「罵りながら…私を…引っ叩いて下さい…」


提督「……」



129: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 20:26:10.21 ID:8PN/snq20

漣「なんでぇ……!!」


提督「……」


漣「……」


漣「ご主人様……」


漣「私は……」


漣「漣は…本当に…許されても…いいんですか…?」


漣「貴方の…側に居ても…いいんですか…?」


漣「私を…龍驤さんの次に…愛して…くれるんですか…?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:26:56.72 ID:VNTjUe87O

無言で口づけ



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:28:40.17 ID:7UqfehVM0

彼女より深く愛したい



132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:29:45.43 ID:FLVwpQCY0

なんならここで証明しようか?



133: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 20:39:18.57 ID:8PN/snq20

提督「……」クイッ


漣「あ……」


提督「……」チュッ


漣「んむ……」


提督「……」


漣「ん……んんっ……」


提督「…これが俺の答えだ」


漣「ご主人…様……」



136: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 20:44:20.60 ID:8PN/snq20

提督「これは龍驤とも決めていたことなんだ。もし漣が戻ってくれば、漣も愛してやろうってな」


漣「なん…で…」


提督「龍驤は漣から俺を奪ったとずっと後悔していた。漣が居たからこの鎮守府に来れたのに、恩を仇で返すようで申し訳ないとよく言っていた」


提督「…漣、お前は幸せになっていいんだ。誰も漣を恨んで無い。誰も漣を拒絶することは無いんだ」


提督「一人で幸せになれないと言うなら、俺…俺と龍驤が幸せにしてやる。だからもう許されない、なんて二度と言わないでくれよ?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:46:37.44 ID:7UqfehVM0

もうここに定着する
しかないようですね



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:46:53.83 ID:mzB1d8NDO

漣の瞳が真紅に染まっていく
深海化しかけている
まだ提督と2人だけの頃に寄生されていた
精神の均衡が不安定になった事で活発化している



139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 20:47:15.15 ID:FLVwpQCY0

提督の胸に顔を埋めて嬉し男泣き



141: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 20:56:04.00 ID:8PN/snq20

漣「あぁ……あぁぁぁぁぁぁ…」


提督「漣……?」


漣「う……アァぁあァぁあァァ…」


提督「なんだ……その目は…」


提督「まるで深い深海のような…紅い目……」


漣「アぁぁァ……?」


提督「自我はあるのか…?漣、しっかりしろ!」


漣「う…ァ……」


提督「…とにかく医務室運ぶしかない!」



142: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 21:00:11.43 ID:8PN/snq20

ーー医務室


千歳「突然目が紅くなる…症状としては深海棲艦に寄生されているものと似てるわね」


提督「だが漣は寄生された艦娘特有のオーラは確認できなかった」


千歳「普通ならおかしいけど、漣ちゃんならあり得るのよね」


提督「漣が例の組織に好き勝手された時に、何か細工をされた可能性がある」


千歳「幹部さんの所に居たってことは検査もしてるはずよね。それに引っかからないような何かなのか、それとも……」


提督「…先生の診察結果を待とう」


下1~3高コンマ 医者の診断結果等



143:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:01:34.94 ID:eT89Mtat0

艦娘と深海棲艦の間に生まれた変異種



144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:01:41.61 ID:+kswnFwJ0

漣もチューナーになる様に実験されていた跡があった



145:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:01:47.57 ID:stNNoNxR0

部屋が泥で溢れてきた



146: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 21:14:53.88 ID:8PN/snq20

ーー

提督「先生、漣はどうなんですか!?」


医者「今は鎮痛剤が効いていて、目の色も元に戻りました」


千歳「鎮痛剤が効いたということは、漣ちゃんは艦娘ということなのね?」


医者「いえ……」


提督「じゃあ漣は深海棲艦に寄生されて……」


医者「いえ、その事実は確認できませんでした」


千歳「じゃあどうして漣ちゃんはあんなことになってしまったの?」


医者「結論から言えば、漣さんは変異種と言えます」


提督「変異種…」



147: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 21:19:22.43 ID:8PN/snq20

医者「漣さんは目に近い部分。恐らく脳の一部に深海棲艦が寄生したんだと思います」


千歳「寄生されたのなら深海棲艦になるんじゃないの?」


医者「いえ、その寄生した深海棲艦は、漣さんの一部と結合したんです」


提督「結合ということは…」


医者「はい、漣さんは深海棲艦と共生していることになります」


千歳「漣ちゃんの体は深海棲艦を受け入れたっていうの!?」


医者「…そうとしか考えられないんです」



148: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 21:28:43.41 ID:8PN/snq20

医者「そうだとするなら、漣さんが今こうやって生活していると説明できるんです」


提督「…どういうことですか?」


医者「漣さんは四肢を一度切られた後、無理矢理くっ付けられているんです。普通の艦娘なら歩くことなんてできません」


医者「同じ症状の艦娘が百人居たとして、足を引きずって歩ける艦娘なんているはずが無いんです」


千歳「じゃあ漣ちゃんが歩けてるのは、深海棲艦のおかげだっていうの?」


医者「そうです、変異種になったおかげで漣さんは生きていられるんです」


提督「そんなことがあるとは…」


千歳「私も…初めて聞いたかもしれないわ」


医者「聞いたことはありましたが、実物を見るのは初めてです…」


漣「う……」


提督「漣、大丈夫か!?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



149:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:30:30.60 ID:zuRLKynDO

深海からの呼び声に必死に抗っている



150:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:31:02.26 ID:+kswnFwJ0

ごめんなさい…ご主人様……



151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:31:19.93 ID:E2kD/BYUo

ワ、わたシは、どうなって…



154: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 21:36:57.34 ID:ZyxxVXsSO

漣「ワ、わたシは、どうナって…」


提督「…先生、本当のことを言った方が良いですか?」


医者「それはやめた方がいいですね。精神的なものが大きく左右するはずです、負の感情を抱かせることはよくありません」


提督「…わかりました」


漣「わた…シ…は…」


提督「漣、俺がわかるか?」


漣「ゴしゅじ…サま…」


提督「よし……ならよく聞いてくれ」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:38:24.21 ID:mzB1d8NDO

深海棲艦は共食いして強くなるって設定あったよね確か



156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:38:50.84 ID:+kswnFwJ0

おれがそばにいるから大丈夫だ

今はゆっくり休むんだ



157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:38:51.09 ID:FLVwpQCY0

大丈夫だ、漣。ああ、何も心配することはない。大丈夫、大丈夫だ。



160: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 21:47:04.66 ID:8PN/snq20

提督「俺が側にいるから大丈夫だ。今はゆっくり休むんだ」


漣「ごしゅじ…サ…て…」


提督「て…?」


漣「手…二ぎっテ……」


提督「…手ならいくらでも握ってやる」ギュッ


漣「アぁ……あタたかい…」


提督「…漣の手は冷たいな。まるで…海の中にいるみたいだ」



161: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 21:50:57.02 ID:ZyxxVXsSO

漣「ごしゅじン…さま…」


提督「…なんだ?」


漣「さざなミを…ゆルしてくレて…ありガとう…」


漣「愛するっテ…言ってくレて…嬉しかっタ…」


提督「…俺も漣がそれを受け入れてくれて嬉しいよ」


漣「ご主人サま…ダい好き…です…」


医者「少しずつ戻ってるみたいだね」


千歳「目は完全に戻ってるから、あと少しね」


医者「うん、やはり提督さんなら漣さんを救えそうだ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:51:17.53 ID:4OqVUv1vO

漣が倒れたと聞いて龍驤が駆け付けてくる



153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:35:01.11 ID:mzB1d8NDO

行かなクちゃ…!呼ンでる!助けてっテ言ってる!食べられたクないって!



163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:51:26.95 ID:mzB1d8NDO

>>153



164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:52:35.33 ID:lv6Fkswc0

この子のことはそれなりに気に入っているの、あまり悲しませないであげてね?と漣の口から漣でない声が漏れる



167: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 22:02:44.40 ID:ZyxxVXsSO

漣「行かなクちゃ…!呼ンでる!助けてっテ言ってる!食べられたクないって!」


提督「どうした…漣…?」


漣「私ハ、海に……!」ムクッ


提督「ダメだ漣!ここで寝てるんだ!」


漣「呼ンでる…助けテって…!」グググッ


提督「…!なんて力だ!」


千歳「危険だから提督は漣ちゃんから離れて!」


提督「離れるわけがないだろう!」


千歳「でも…!」


医者「ダメ元でもう一度鎮痛剤を注射するしかない!」



168: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 22:05:18.75 ID:ZyxxVXsSO

レ級「おい!ここにナニがいるんだ!?」ガチャ


提督「レ級…!」


漣「助けルから…待ってテ…!」


レ級「これは…」


千歳「レ級ちゃんわかるの!?」


レ級「…半分あたし達ってとこだな。でもそれが深海に傾こうとしてるな」


医者「どうすればいいかわかるかい!?精神的に安心させても効果は無かったんだ!」


レ級「安価」


下1~3高コンマ レ級の台詞、行動他



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:06:10.23 ID:+kswnFwJ0

そいつに呼びかけ続けるんだ!
戻って来いって!



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:08:05.39 ID:4OqVUv1vO

そいつはお前の大切なヤツなんだろ!?
大切なヤツが離れようとしてるのなら、やる事は1つだけだろ!



171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:09:26.33 ID:lv6Fkswc0

>>169+>>170



174: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 22:16:08.61 ID:ZyxxVXsSO

レ級「提督、そいつはお前の大切なヤツなんだろ?」


提督「あぁそうだ!」


レ級「大切なヤツが離れようとしてるのなら、やる事は1つだけだろ!」


提督「…わかった」


千歳「先生、私達は出て行った方がいいみたいね」


医者「しかし二人っきりにさせるのは…」


千歳「大丈夫ですって。提督が信用できないんですか?」


医者「…わかりました。でも何かあればすぐ知らせて下さい」


千歳「大声が出せないなら、ガラスを割ったりとかすればいいわよ」


提督「…わかりました」



175: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 22:19:07.06 ID:ZyxxVXsSO

レ級「提督、一つだけ警告しておく。今の漣は深海に引っ張られてる」


レ級「そんな漣を抱くんだ。ある程度の覚悟はしておけよ」


提督「…覚悟ならできている」


レ級「……やはり心配だな。提督、あたしだけは側に居ていいか?」


提督「…何か考えがあってのことだな」


レ級「提督まで引っ張られた時にあたしが引っ張り返してやる。あたしならそれができる」


提督「…ならお願いする」


漣「アぁ……」


提督「…いくぞ漣」



176: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 22:21:18.65 ID:ZyxxVXsSO

ーーーー


提督「……なんだここは?」


提督「俺は漣と一つになったはず……」


提督「ここは……海底か?」


提督「これは……漣の精神世界なのか…?」


提督「俺は自由に動けるようだが…」


下1~3高コンマ 提督が見つけたものやその他起こったこと等



177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:21:51.73 ID:mzB1d8NDO

違ウんです!ご主人さマ!そんナ事してル場合じゃなくテ!
あと幻聴トかじゃなくテ!今!こノままじゃ間ニ合わナくなる!
また目が赤くなる漣
そして警報



178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:22:49.53 ID:biE3+fbMo

精神世界に体育座りで漂ってる漣(の精神)



179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:23:19.66 ID:9aU2pl7+o

普通の漣と白と赤ベースの深海漣が取っ組み合いの大喧嘩してる



188: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 22:47:37.51 ID:ZyxxVXsSO

漣「違ウんです!ご主人さマ!そんナ事してル場合じゃなくテ!あと幻聴トかじゃなくテ!今!こノままじゃ間ニ合わナくなる! 」


ウゥーーーー!


提督「警報音…ここは…精神世界では無かったのか…」


提督「なら俺は……」


レ級「……おい、引っ張られるなと言っただろう」


提督「レ級!?その姿は…!!」


レ級「ここは精神世界だからな。あたしも元の姿でいられる」


提督「じゃあこの漣は…」


レ級「ニセモノだ。提督にも寄生しようとしてんだろうな」


提督「これが偽物…」


レ級「漣や提督に不利になるように働きかけるのが、ここではニセモノだと思えばいい。ほら、先にいくぞ」


提督「先って、どうやって……」


レ級「あたしに言わせんのか?頭じゃなくて体で考えろっての」


提督「…そういうことか」



190: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 22:51:00.14 ID:ZyxxVXsSO

ーー

レ級「ここが漣の一番奥みたいだな」


提督「ここが…」


レ級「漣の精神がここに閉じこもっちまったから、今まで大人しかった深海が暴れてんだ」


レ級「引っ張り出すのはお前の仕事だ。おら、行ってこい!」ドンッ


提督「おっとと……漣、聞こえるか?」


漣「……」


提督「漣、迎えに来たぞ」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:52:34.96 ID:+kswnFwJ0

……もう、漣の事は放っておいて下さい……



192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:52:38.18 ID:9aU2pl7+o

カエレ!



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:52:58.48 ID:stNNoNxR0

反応なし



198: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 23:03:38.19 ID:ZyxxVXsSO

漣「……もう、漣の事は放っておいて下さい……」


提督「放っておけるはず無いだろう。さぁ、俺と帰ろう」


漣「嫌です……」


提督「漣……」


漣「……」


レ級「提督、この漣は心そのものだ。説得するには骨が折れるぞ」


レ級「言葉で通じないなら、行動しか無いだろう。この漣が聞いてくれる言葉があるならそれでいいが…」


提督「漣の心か……」



199: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 23:06:33.12 ID:ZyxxVXsSO

レ級「提督と漣は古い付き合いなんだろう?なら二人にしかわからないことでもあるんじゃないか?」


提督「…そうだ、漣は俺が初めて指揮した艦娘なんだ」


レ級「漣に思いをぶつけろ。今の提督、お前自身も心なんだ」


提督「……そういうことだよな」


提督「よし……漣!」


漣「……」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



200:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 23:07:44.16 ID:9aU2pl7+o

初めて会った時の話をする



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 23:09:00.19 ID:aso9quxaO

どれだけ漣に助けられて支えられてきたかを話す



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 23:09:00.29 ID:eT89Mtat0

お前と初めて出会ったとき



205: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 23:17:58.96 ID:ZyxxVXsSO

提督「漣は俺と初めて出会ったときのことを覚えてるか?」


漣「……」


提督「緊張してた俺に向かって、漣はご主人様って笑顔で言ってくれたんだ」


提督「巷ではこんなのが流行ってるんですよね?なら漣もその流行に乗るのです!……てな」


提督「和ませようとあんな事を言ってくれたんだろうが、それが俺にとってかなり大きかったんだ」


提督「こうやって提督を続けられてるのは、漣と出会えたからだ。改めてお礼を言わせてくれ」


提督「こんな俺の元に来てくれてありがとうな漣。今でもお前のことは好きだぞ」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



206:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 23:18:35.11 ID:Ob1DA8kNO

漣の姿をした何か「マタソウヤッテゴ主人様達ノ好意ニツケ込ンデ、ゴ主人様達ニ迷惑ヲカケ続ケルンデスカ?」



207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 23:20:02.30 ID:5Au2EHrk0

泥が襲い掛かってくる



208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 23:20:22.40 ID:aso9quxaO

私も…私も好きです…



210: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 23:38:31.13 ID:4AaPGzWA0

漣「私も…私も好きです…」


提督「漣……帰ろう」


漣「……ご主人様っ!!」ダキッ


提督「俺はもう漣は離さない。だから漣も俺から離れないでくれ」


漣「はい…はい……」


レ級「なんとかなったみたいだな。やれやれ…」



211: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 23:42:10.60 ID:4AaPGzWA0

提督「漣、もう大丈夫か?」


漣「はい…ご迷惑をかけてしまいました。もう抑え込めます!」


提督「そうか、良かった……」


レ級「…む、そろそろ時間だ。おい二人共、帰るぞ」


提督「もう帰って大丈夫なのか?」


レ級「大丈夫も何も、もう限界なんだよ」


提督「漣の中の深海棲艦はもう抑えられたんだろう?」


レ級「そっちじゃねぇ。提督が今ナニをしてるか考えたらわかるだろ?」


提督「……!」



212: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 23:46:15.80 ID:4AaPGzWA0

ーーーー

提督「う、く…………」ビクッ


漣「あ………ナカ…あったかい…」


提督「はぁ、はぁっ……漣…」


漣「ご主人様…私…帰って…きました…」


提督「漣…すまん……」


漣「大丈夫です…よ…安全な…日…です…」


レ級「危なかったな提督、あのままだと取り残される所だったぞ」


提督「レ級!?なんで裸なんだ!?」


レ級「あたしは二人に繋がるには直接肌に触れるしかなかったからな」



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 23:46:47.57 ID:9aU2pl7+o

あっ



217: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/14(土) 23:52:31.88 ID:4AaPGzWA0

レ級「それとあたしだけじゃないぜ。床にへばってるのがいるだろ」


漣「潮…ちゃん…?」


潮「へぇ…へぇ……」


提督「なんで潮まで裸なんだ!?」


レ級「あたしは完全な深海棲艦じゃないからな。繋がるために架け橋が必要だったんだ」


漣「潮ちゃんは…深海棲艦の要素もある…」


レ級「精神世界に潮が入ってこなかったのは、あたしを送り込むので精一杯だったからだ」


潮「はぁ…はぁ…漣ちゃん…お帰り…!」


漣「恥ずかしながら…帰ってきました…」


潮「うん……!」


レ級「さて提督、これからどうする?」


提督「…とりあえず例の男に協力してもらおう」


ーー



229: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 19:34:29.18 ID:qO1v0n9RO

ーー

阿武隈「今日の出撃は大変でしたねぇ~」


多摩「これくらいどうってことないにゃ」


ガングート「私が活躍することは必然だったということだ」


阿武隈「流石はお二人ですねぇ…」


多摩「阿武隈の魚雷もよかったにゃ。ウロチョロするのを先に仕留めてくれたから、多摩達が活躍できたんだにゃ」


ガングート「MVPは私だったが、それは阿武隈の援護があったからだ」


阿武隈「そう言ってくれるのは嬉しいですけどぉ、やっぱりあたしも活躍したいですぅ~!」


多摩「なら魚雷の命中精度を上げるしかないにゃ」


阿武隈「やっぱりそうですよねぇ…」



230: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 19:38:49.29 ID:qO1v0n9RO

多摩「…ところで阿武隈、今の出撃の報告を行ってきて欲しいんだにゃ」


阿武隈「なんであたしなんですかぁ?普通は旗艦かMVPとった人が行くんですよぉ?」


ガングート「我々二人は今執務室に入ることは難しいんだ」


阿武隈「…ガングートさん、またお酒で何かしたんですかぁ?」ジトー


ガングート「そうではない!貴様も聞いてるだろう?」


阿武隈「……?」


多摩「ガングートさん、阿武隈はあの時遠征だったんだにゃ」


ガングート「…そういうことか。とにかく阿武隈、報告は頼んだ。行けば理由がわかるはずだ」


阿武隈「なんですかそれぇ…もう、わかりました、代わりに報告行ってきますぅ~!」


多摩「本当にごめんにゃ阿武隈…」


下1~3高コンマ 執務室の様子や状況等



231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 19:41:16.27 ID:6CfspY7w0

提督が腹を押さえて苦しんでいる



232:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 19:43:08.09 ID:Gb4EwtvKO

恋人いる組関連かな?

安価は提督と漣が二人だけでヤってたのを怒っている龍驤と小さくなってる提督で



233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 19:44:06.70 ID:rGg8Xk88O

暁と龍驤の前で提督漣レ級潮が正座してる



236: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 19:51:26.12 ID:yW/sA1HO0

ーー執務室


阿武隈「提督、報告に来ました……」ガチャ


暁、龍驤「……」ギロッ


提督、レ級、潮「……」正座


阿武隈「し、失礼しますぅ…」そろ~


龍驤「あかん阿武隈、入ってこい」


阿武隈「ひぃ……」


暁「ちょうどいいから第三者の意見も聞いてみましょう」


阿武隈(なんで暁ちゃんと龍驤さんが怒ってるの…こんな二人見たことないよぉ…)



238: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 19:54:44.29 ID:yW/sA1HO0

阿武隈「な、なにがあっ…」


暁「簡単に言えば浮気ね」


阿武隈「……」


龍驤「ウチは浮気とは言えへんけど、司令官にブチギレてるのは変わりないで」


阿武隈「……提督が、レ級と潮ちゃん…を?」


提督「いや、それは違…」


龍驤「司令官は黙っといて」


提督「……」


レ級「あたしはアレしか無かったから…」


暁「レ級、黙りなさい」


レ級「……」


阿武隈(なんでこんなに修羅場ってるんですかぁ~~!)



239: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 19:59:11.84 ID:yW/sA1HO0

阿武隈「ま……まずは暁ちゃんから聞いていい?」


暁「私に全部説明させるの?」ギロッ


阿武隈「うぅ…」


暁「阿武隈さんも敵なの?何があったか知っててそんなこと言うのよね?ねぇ?」


阿武隈「あたし…何も知らないんですぅ…」


暁「は…!?あれだけ騒いでたのに知らない!?」


阿武隈「だって!遠征に行ってたからそんなこと知らないんですよぉ~!」


暁「……そうだったのね、ごめんなさい」


阿武隈「だから…改めて何があったのか聞いて…大丈夫ですか?」


暁「安価」


下1~3高コンマ 暁の台詞、行動他



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:02:05.38 ID:Gb4EwtvKO

何もかにも、提督が漣だけだったらまだしも…レ級と潮にまで手を出したのよ!



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:02:47.91 ID:QSoz+PG4o

裸でくっついてたのよ!みんなで!



242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:03:41.83 ID:vmzVDNgo0

レ級が提督に手を出したのも怒ってるけど
龍驤さんと漣がいるのにレ級に手を出した提督にも凄く怒ってるの!



243: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 20:09:56.43 ID:yW/sA1HO0

暁「裸でくっついてたのよ!ここに居るみんなで!」


阿武隈「それって本当なんですかぁ?レ級と潮ちゃんならわかりますけど、提督もだなんて…」


龍驤「ちなみにその場には漣もおったで」


阿武隈「まさか漣ちゃんも裸でくっついてたんですか!?」


龍驤「裸でくっついてる方がマシやったね。漣は司令官とヤっとったよ」


阿武隈「ヤる……って…」


龍驤「司令官のモノを漣のナカに挿入するヤツや。しかも避妊具も無しにな」


阿武隈「……最低…」


提督「……」



244: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 20:19:14.56 ID:yW/sA1HO0

龍驤「でもな、事情を聞いてそれは仕方ないとウチも飲み込んだんや。だからウチが怒ってるのは別の所やね」


阿武隈「あの…じゃあまさか提督は潮ちゃん達と…4P…」


暁「…ふざけるんじゃないわよ」


阿武隈「……」ゾクッ


暁「レ級が……そんな最低なことするなんて…」


レ級「だから暁、提督を引っ張るにはあれしかなかったんだ!」


潮「私が居ないとレ級さんが提督と漣ちゃんに会い行けないって言うから…」


レ級「裸なのも仕方ないんだ!肌が直接触れる面積が多くないといけない!」


レ級「本当なら提督とヤらないといけない所だったんだ!それは嫌だったからあの方法を取ったんだ!」


暁「安価」


下1~3高コンマ 暁の台詞、行動他



245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:21:13.77 ID:IhTFU3/K0

レ級のあすなろ抱きは暁だけのものにするって言ったじゃない!



246:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:23:03.49 ID:Jvn3Zrzko

で、レ級と潮で提督の両腕に擦り付けるようにするのが最善っだったって?



247:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:23:04.49 ID:vmzVDNgo0

貴女の肌は!存在は!私だけのものなのよ!



248: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 20:31:48.78 ID:yW/sA1HO0

暁「レ級のあすなろ抱きは暁だけのものにするって言ったじゃない!」


レ級「じゃあどうすればよかったんだ!?後は提督とキスしながら抱き着くしかないぞ!?」


暁「レ級の裏切りもの~~!!」


レ級「だからぁ~!」


阿武隈「あの…話が全然見えてこないんですけどぉ…」


潮「なら私が説明しますね…」



249: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 20:36:28.87 ID:yW/sA1HO0

ーー


阿武隈「そんなことがあったんですかぁ…」


潮「漣ちゃんはあの男の人の所に向かってます。もう着いてる頃かもしれません」


阿武隈「そんなことがあたしが居ない間にあったなんて…」


暁「私はレ級を裏切ったことなんて無いのに!」


レ級「じゃあどうすればよかったんだ!」


暁「開き直るなんてサイテーよ!」


レ級「だから~!」


暁「ねぇ阿武隈さん!貴女もレ級が悪いと思うわよね!?」


阿武隈「安価」


下1~3高コンマ 阿武隈の台詞、行動他



250:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:37:43.77 ID:QticREn00

めんどくさいから逃げる



251:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:38:21.82 ID:Gb4EwtvKO

事情を知ってもなお怒りをぶつけてくる暁に、レ級が愛想を尽かしかけてしまう



252:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:38:25.61 ID:QSoz+PG4o

理由があったならしょうがないんじゃ…



254: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 20:50:27.60 ID:yW/sA1HO0

レ級「なんだよ…あたしはちゃんと説明してんのに…」


暁「レ級……?」


レ級「説明してもわかってもらえないってんなら…もう…」


阿武隈「……!暁ちゃん、このままだとレ級ちゃんに愛想尽かされちゃうよ!」ヒソヒソ


暁「え……?」


阿武隈「北上さんに聞いたことがあるんです!話しを聞いてあげなくて、別れるカップルって多いらしいですよぉ」


暁「私が…レ級と…別れる…?」


阿武隈「仕方ないって言ってるんなら仕方ないんですよぉ。このままじゃ手遅れになっちゃうかもしれませんよぉ!」


暁「……」


レ級「暁がこんなに話を聞いてくれない奴だなんて…」ブツブツ


暁「レ級…」


レ級「……なんだ?」


暁「安価」


下1~3高コンマ 暁の台詞、行動他



255:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:51:30.03 ID:OxXpyCUN0

嫌!嫌よ!別れたくない!



256:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:53:11.16 ID:6CfspY7w0

うちに深海棲姫は要らない



257:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 20:56:36.63 ID:Jvn3Zrzko

あすなろ抱きっ



258: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 21:03:33.47 ID:yW/sA1HO0

暁「レ級…!」ダキッ


レ級「……」


阿武隈「暁ちゃんのあすなろ抱き…」


暁「ごめんねレ級…貴女を信じるべきだったのよね…」


暁「貴女が違うっていうなら…違うのよね…あれは仕方なかったのよね…」


暁「それなのにずっと怒ってばっかりで……ごめんなさいレ級」


暁「お詫びになんでもしてあげるから、私を許してくれないかしら?」


レ級「安価」


下1~3高コンマ レ級の台詞、行動他



259:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:07:40.54 ID:M+vmrR24o

ん?今何でもするって言ったよね?(いい笑顔)



260:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:07:41.72 ID:IhTFU3/K0

暁にたくさんの可愛い服を着せて見たい



261:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:08:41.22 ID:6CfspY7w0

>>259



262: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 21:23:19.20 ID:yW/sA1HO0

レ級「なら暁にたくさんの可愛い服を着せて見たい」


暁「それならいくらでもやっていいわよ!」


レ級「本当か!?」


暁「レ級のためならどんな服だって着てあげるんだから!」


レ級「ならちょうど着て欲しい服があったんだ!オッサンがツウハンでクキの服買ってるって言ってて、あたしも暁用に何着か買ってあるんだよ!」


暁「…いいわよ!どんときなさい!」


レ級「なら早速あたしの部屋に行こうぜ!」


暁「ええ、それじゃあ龍驤さん失礼するわね~」ガチャ



263: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 21:27:56.03 ID:yW/sA1HO0

阿武隈「暁ちゃん…行っちゃいましたねぇ…」


潮「はい…」


龍驤「ほな司令官、ウチの番やな」


提督「……」


阿武隈「あの…そもそも龍驤さんは何に怒ってるんですか?」


潮「漣ちゃんと最後までしちゃったのは…怒ってないんですよね…?」


龍驤「そうやな、元々漣はウチも認めとる重婚相手やからね」


阿武隈「じゃあ一体、なんで……」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



264:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:28:16.50 ID:9wlixJyDO

ウチが怒っとんのは漣をそこまで追い詰めていた事に対してや、今まで不甲斐なかった司令官と自分自身に対してや
ウチにとっても漣は替わるものの無い大切な存在なのに…



265:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:30:20.30 ID:Jvn3Zrzko

漣の事をウチになーんも相談せんかったことやね
ウチ、まだそんなに弱いって思われてたことについてや



266:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:32:49.55 ID:jfu8cnw70

それはそれ、これはこれや



267: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 21:50:58.36 ID:yW/sA1HO0

龍驤「漣のことは認めとるとは言うてもそれはそれ、これはこれや」


龍驤「…司令官、よくも漣にナカダシ決めてくれたなぁ?」


提督「……すまなかった」


阿武隈「そこに怒ってるんですね…」


潮「でもそれは仕方ないことだったんですよね?」


龍驤「ヤるのはそうかもしれん。ただナカに出す必要はあったかって話や」


提督「……」



268: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 21:58:42.24 ID:yW/sA1HO0

潮「あの…じゃあ…龍驤さんも…出してもらったら…」


龍驤「それがやな、司令官は頑なに拒むんや」


阿武隈「なんでですかぁ!?」


提督「…もし龍驤が妊娠したら、出産に体が耐えられないからだ」


潮「あ……」


阿武隈「それは……」


提督「…龍驤が怒るのもわかる。だが俺はどう償えばいいかわからない」


提督「龍驤、俺をどうすれば許してくれる…?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



269:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:00:56.64 ID:IhTFU3/K0

提督の、本気でウチの事を思って作ったお菓子をつくってくれたらええで?



270:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:02:21.21 ID:mvP0vcd8O

要はウチが出産に耐えられる身体やと証明されたらええんやな?



271:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:02:59.86 ID:9wlixJyDO

冗談や

その後>>264

このままじゃ心の狭い女のままだな…
ウチが怒っとんのは漣をそこまで追い詰めていた事に対してや、今まで不甲斐なかった司令官と自分自身に対してや
ウチにとっても漣は替わるものの無い大切な存在なのに…



272: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 22:32:42.58 ID:yW/sA1HO0

龍驤「…なんてな、そのことは冗談や」


龍驤「ウチが怒っとんのは漣をそこまで追い詰めていた事に対してや。今まで不甲斐なかった司令官と自分自身に対してなんや」


龍驤「ウチにとっても漣は替わるものの無い大切な存在やのに、それを……」


提督「…俺も漣を愛すると言った以上は、ちゃんと面倒を見るべきだった」


龍驤「司令官の気持ちもわかるで?ウチに遠慮してたのはひしひし伝わってきとったからな」


潮「龍驤さんは重婚を認めたんですよね…?」


龍驤「重婚を認めたっていうよりも、漣も愛することを許可したっていうのが正しいかもな」


阿武隈「例外は漣ちゃんだけなんですよねぇ?」


龍驤「当たり前や。司令官はウチと漣だけのもんやからな」



273: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 22:37:03.83 ID:yW/sA1HO0

阿武隈「じゃあもう提督達は許してあげたらどうですか?」


潮「ずっと正座は辛いです…」


龍驤「それはまぁもうちょっとやっといてや。ナカダシと潮が裸で司令官に抱き着いたのはまだちょっと怒ってんねん」


潮「えぇ…」


龍驤「潮がそんな胸しとるのが悪いんじゃ!!」


阿武隈「急に怒らないで下さいぃ~!」


提督「それは完全に八つ当たりだろう…」


龍驤「うるさいねん!」


阿武隈「それで…龍驤さんはどうしたいんですかぁ?ここに漣ちゃんが居ないから、これ以上どうしようも無いですよぉ~」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



274:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:41:08.90 ID:h1Er+4CK0

気分を落ち着かせる為に外出るわ



275:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:41:32.23 ID:K72dP2fO0

ウチにも漣とおなじようにして



276:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:42:57.19 ID:Uj/R91vZO

潮、お前最近また胸が大きくなっとるよな?
秘訣を教ええ



277: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 22:53:24.09 ID:yW/sA1HO0

龍驤「そうやんな…ごめん、気分を落ち着かせる為にちょっち外出るわ」


提督「龍驤…」


龍驤「ごめんな司令官。今はちょっと一人でおりたいねん」


提督「…わかった」


龍驤「潮もごめんな?潮は悪くないんやけど、潮のある一部がな…」


潮「はい…」


龍驤「ほな…ごめんな……」ガチャ


阿武隈「龍驤さん…考え過ぎないといいけどなぁ…」


提督「……」



278: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 22:57:59.83 ID:yW/sA1HO0

ペタ…ギッ…ペタ…ギッ…


龍驤「はぁ……ウチってやっぱり…心狭い女なんかなぁ…」


龍驤「漣のことは認めるとは言うたけど、本心ではまだ認めてないかもしれん…」


龍驤「その原因はやっぱり…なぁ…」


龍驤「司令官の初めては全部漣がもっていったんや。手を繋いだりキスしたり…全部や」


龍驤「仕方ないことかもしれんけど…やっぱり色々考えてしまうよね…」


龍驤「ウチ…漣とうまくやっていけるやろか…」


下1~3高コンマ 遭遇した人物名やその他起こったこと等



279:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:58:53.74 ID:mw655zycO

朝霜とであう



280:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:59:13.08 ID:IhTFU3/K0

天城



281:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:59:33.16 ID:JJwPEb27o

レ級が暁にかなり際どい下着服を着させているのを目撃



283: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 23:13:14.89 ID:yW/sA1HO0

朝霜「龍驤さんじゃねぇか。何変な顔してんだ?」


龍驤「朝霜か…」


朝霜「司令はどうしたんだよ?漣のこと相談すんなら司令しか居ねぇだろ?」


龍驤「…なんでわかるん?」


朝霜「昨日今日大騒ぎしてたらわかるっての。肝心の漣はここにいねぇから、それしか無いだろ?」


龍驤「…そっかぁ」


朝霜「ま、立ち話もなんだからよ、その辺に座ろうぜ」



284: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 23:16:49.11 ID:yW/sA1HO0

ーー

龍驤「……」


朝霜「龍驤さんは漣の事は嫌いか?」


龍驤「好きや。ウチらとこの鎮守府には無くてはならない存在やからね」


朝霜「裏切ったことはもう許したのか?」


龍驤「…ウチも逆の立場やったらどうなってたかわからん。司令官も許したって言うんやから、ウチも許すに決まってんねん」


朝霜「漣が龍驤さんのこと罵ったのは許したのか?」


龍驤「……うん」


朝霜「なるほどねぇ…」



285: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 23:20:14.05 ID:yW/sA1HO0

朝霜「漣があの男の所に行ってるのは、手足と喋り方治すためだよな?」


龍驤「…そうやね」


朝霜「アイツが障害者のフリして同情引こうとしてたのが許せなかったのか?」


龍驤「…………かも…しれやんね…」


朝霜「やっぱそこか」


龍驤「でもな!ちょっと引っかかってたくらいで、嫌悪とかそういうのでは無いねん!だから…」


朝霜「わかってるよ、漣を追い込んだのは龍驤さんじゃねぇ」


龍驤「…どういうことなん?」



286: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 23:23:07.65 ID:yW/sA1HO0

朝霜「漣がおかしくなる直前にあたいは漣と話してたんだ」


朝霜「その中で……障害者を嫌ってたくせにいざ自分がその立場になったら、それを利用するのかって言ってやったんだ」


龍驤「……」


朝霜「言い過ぎたとは思ってねぇぞ?同情を引こうとしてたのは他の連中も気付いてたからな」


朝霜「ただ…漣がこうなったのは龍驤さん達だけのせいじゃねえってことは言いたかったんだ」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



287:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:24:35.74 ID:9wlixJyDO

ウチも治すべきなんかな



288:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:24:37.03 ID:Uj/R91vZO

……少し心が軽くなったわ
ありがとうな、朝霜



289:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:24:51.86 ID:SOUdhFY3o

ウチも漣と同じかもしれんへんわ



291: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 23:33:09.76 ID:yW/sA1HO0

龍驤「ウチも漣と同じかもしれんへんわ……」


朝霜「なに言ってんだよ龍驤さん、そんな訳ないだろ」


朝霜「そんな体にまでなって未だに最前線で戦ってんのは皆んな見てんだ」


朝霜「印とかいう入れ墨を何回も入れてんのも全員知ってんだぜ」


朝霜「そんな龍驤さんが同情を誘ってる?冗談キツイぜ」


龍驤「でも……」



292: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 23:36:09.57 ID:yW/sA1HO0

朝霜「でももクソもねぇんだ。あんまり変なこと言ってんなよ?」


朝霜「あたいのヘソの下には龍驤さんが付けたピアスがある。それは龍驤さんだからやらせたんだ」


朝霜「あたいは龍驤さんを認めてる。あたいが知ってる中で一番の空母だ」


朝霜「龍驤さん、いつまでもそんなこと言ってると本気で司令奪っちまうからな?」


朝霜「あとで泣きべそかいて自殺する~っていっても、あたいは絶対助けないからな?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



293:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:37:50.43 ID:Uj/R91vZO

…あんまりウチと司令官の絆をなめん方がええで?



294:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:39:04.52 ID:9wlixJyDO

治せるのに治さないのはウチの怠慢かもしれんと思っただけや
周りの皆にも気を使わせてるのは解っとるしな



295:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:39:10.76 ID:h1Er+4CK0

ウチは皆を信頼してる、それを忘れてたみたいや



296: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/15(日) 23:48:19.16 ID:yW/sA1HO0

龍驤「…ウチは皆を信頼してる、それを忘れてたみたいやな」


朝霜「ここのヤツらも龍驤さんを信頼してる。もちろんあたいもな!」


龍驤「うん……ありがとうな朝霜」


朝霜「恋敵に礼なんて言っていいのか?」


龍驤「アホ、ウチらから司令官を取れるわけないやろ?」


朝霜「そうそう、そうこなくっちゃな」


龍驤「でも朝霜に話聞いてもらってよかったわ。こんなん司令官とは話せれへんしな」


朝霜「確かにな。司令ならそんな事言わないでくれ~って泣きそうな顔で言うだけだ」


龍驤「…朝霜もわかってきとるやん」


朝霜「あたいは本気で司令を狙ってるからな。龍驤さんも油断してんなよ?」


龍驤「大きなお世話や…」


ーー



304: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 19:53:39.82 ID:a3BxxBLo0

ーー


神風「貴女が漣ちゃんね?」


漣「はい…この度は…どうかよろしく…」


旗風「あちらで吹雪さんがお待ちです。準備は大丈夫ですね?」


漣「大丈夫…です…」


旗風「それではご案内致します」


神風「じゃあ待ってる間に…呂500、この前のリベンジよ!」


呂500「はい!負けませんって!」



305: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 19:56:44.24 ID:a3BxxBLo0

吹雪「お待ちしてましたよ漣ちゃん!」


男「君が漣君だね。遠路はるばるお疲れ様」


漣「いえ…そんな…」


男「それで早速だけど、僕の治療を受けるということで間違いないんだね?」


漣「はい…両手足と…満足に喋れないのを…治して下さい…」


男「君はあの鎮守府に居るにも関わらず障害を治したいというんだ。それはどういう意味かわかって言ってるんだね?」


漣「覚悟は…してきてます…」


男「わかった、なら治療に入ろうか」



306: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 20:01:29.77 ID:a3BxxBLo0

漣「あの…期間は…どれくらい…かかりますか…?一ヶ月とか…半月とか…?」


吹雪「腕と脚なら一日二日で終わりますよ?」


漣「へぇ…!?そんな…早いんです…か…?」


男「一日でも早く治してあげたいっていうのがあったからね。その子自身の細胞を使うから拒否も出ないんだ」


吹雪「流石に内臓とかは時間がかかっちゃいますけど、腕と脚は全然そんなことが無いんです!」


漣「これが…技術の力…」


男「さて、治療に入る前に軽く体を見ておこうか。話は聞いているけど、他に何かあるかもしれないからね」


漣「お願い…します…」


下1~3高コンマ 漣の診察結果等



307:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:02:58.96 ID:qLWwcxYs0

胆嚢は深海棲姫のものだった



308:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:03:11.78 ID:h8wQoQBDO

深海部分が活発化していて既にかなり再生していた



309:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:04:41.28 ID:MqP9KhzZO

特に問題なし
安心して治療に取り掛かれる状態



310: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 20:15:55.55 ID:a3BxxBLo0

ーー

男「うーん…漣君の治療には少し時間がかかる可能性があるね」


漣「どういう…ことですか…?」


男「胆嚢と呼ばれる臓器があるんだけど、この部分が深海棲艦と同じようなものになっているんだ」


漣「じゃあ…私が寄生されたのは…その胆嚢…なんですか…?」


男「その可能性は高いね」


吹雪「じゃあ目に症状が出た時は本当は危なかったんですね」


男「あぁ、よく抑え込めたと思うよ」


漣「それは…ご主人様のおかげです…」



311: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 20:20:52.31 ID:a3BxxBLo0

男「腕と脚は早く治るから、胆嚢の方は様子見にしよう」


吹雪「場合によっては手術もあり得ますから、覚悟はしておいて下さい」


漣「大丈夫…です…どんな辛いことでも…耐えられます…」


男「なら施術所に行こうか。ビスマルク、準備はいいね?」


ビスマルク「もちろんよ!」


漣「いよいよ…ですな…」


下1~3高コンマ 漣の途中経過や治療中に起こったこと等



312:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:21:42.53 ID:h8wQoQBDO

お願いがあります
私は強くなりたいです
2人を…皆を守れるように
誰よりも
今度こそ逃げたりしません、何があっても
と懇願する



313:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:22:35.22 ID:iw/CFKOz0

胆嚢に寄生していたであろうミニ深海棲艦みたいなものが口から出てきて何とか施設から逃げようと試みる



314:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:23:01.95 ID:MqP9KhzZO

実は艤装が艦娘のものだけではなく深海棲艦のものも展開出来るようになっていた



318: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 20:37:11.94 ID:a3BxxBLo0

ーー

男「漣君、今は喋れないだろうから頭を振ってこちらの質問に答えて欲しいんだ」


漣「……」コクリ


男「君から潮君の力が消えて、艤装を展開したことはあるかい?」


漣「……」コクリ


男「その時に何か変な感じとか違和感は無かったかい?」


漣「……」フルフル


男「そうなんだね…」



319: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 20:42:35.24 ID:a3BxxBLo0

男「実はね、漣君は深海棲艦の艤装を展開できるようになっていたんだ」


漣「……」


男「胆嚢に寄生して同化した後、血管や神経を伝って脳の一部に同化したんだね」


男「君は変異種だ。無理に取り除くよりもこのままの方が安定するかもしれない。一応深海棲艦の細胞を停滞させる薬も投与しておくよ」


漣「……」コクリ


男「もうすぐ手足は終わると思うよ。あともう少しだからね」


漣「……」コクリ


下1~3高コンマ 漣の経過や治療中に起こったこと等



320:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:43:49.12 ID:h8wQoQBDO

停滞させる薬は逆効果



321:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:48:41.65 ID:oCSQX7r40

寄生した深海棲艦と意思の疎通ができるようになった(そこそこ友好的)



322:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 20:49:40.05 ID:iJnTy2UG0

問題なく終了
だが、連装砲が駆逐イ級の頭部みたいな形になった



324: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 21:04:43.55 ID:a3BxxBLo0

ーー


男「さて、腕と脚の具合はどうかな漣君?」


漣「凄いですね、本当に二日以内に治るなんて…」


吹雪「喋り方も治ってよかったですね!」


漣「痛みも感じずに寝てるだけでいいだなんて…時代は変わっていきますなぁ」


吹雪「そうです…司令官の技術が悪用されなければ、苦しむ艦娘は…」


男「吹雪、もういいんだ」


吹雪「司令官……」



325: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 21:11:45.72 ID:a3BxxBLo0

男「それと…もう一人の漣君はどうかな?」


漣「……ありがとうって言ってます」


吹雪「まさか寄生した深海棲艦と意思の疎通ができるようになるなんて…」


男「かなりのレアケースだけど、友好的な存在でとりあえず安心かな」


漣「はい、私と共生できた時点で支配することはしないと決めていたそうです」


吹雪「今までのは自分の意志をなんとか漣ちゃんに伝えようとしていたんですね」


漣「それを私が乗っ取られると勘違いして…いやぁお恥ずかしいです」


男「君の中にいる深海棲艦は、漣君に何を伝えようとしてたんだい?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞を



326:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:13:41.71 ID:h8wQoQBDO

いっぱいちゅき



327:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:14:03.62 ID:qLWwcxYs0

いつも心を落ち着けなさい



328:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:15:37.32 ID:BrQT2TtpO

コンゴトモヨロシク



329: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 21:20:38.55 ID:a3BxxBLo0

漣「いっぱいちゅき、だそうです」


吹雪「……」


男「……」


漣「……」


吹雪「……あの…」


漣「どうするだよこの空気よぉ~!!」


男「まぁ…友好的なのには変わりはないんだ。今後とも長い付き合いになるから、仲良くね?」


漣「ちゅきちゅき漣たん…じゃねぇんですよぉ~~!!」


吹雪「凄く濃い深海棲艦ですね…」



332: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 21:25:53.99 ID:a3BxxBLo0

漣「この声は私にしか聞こえないんですよ?私が変なこと言ってるのと違いがわかんねぇじゃないですか!」


吹雪「大丈夫ですよ!どの漣ちゃんも言動が変で有名じゃないですか!」


漣「変って……」


男「ところで漣君、その深海棲艦とは痛覚は共有しているのかい?」


男「痛い眠い気持ちいい…こういった感情やどうかな?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



333:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:27:24.76 ID:YgTlFlckO

それは大丈夫みたいです



334:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:29:01.16 ID:MqP9KhzZO

>>333+司令官とヤる時に激しくして欲しいときは素直にそう言え



335:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:29:58.91 ID:iJnTy2UG0

この子には睡眠欲と食欲はないみたいです
でも。痛覚と快感は共有しててお互いの波長があうと感度が倍になるといってます



337: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 21:38:56.57 ID:a3BxxBLo0

漣「この子には睡眠欲と食欲はないみたいです。でも痛覚と快感は共有してて、お互いの波長が合うと感度が倍になるらしいです」


吹雪「感度が倍っていうのは…」


漣「漣とこの子がですね。ゲーム的に言うならHPリンクしたボスが二体いる感じです」


男「漣君に100感度が与えられたとして、その子も100を感じるから、結果200の感度になるということか」


漣「頭の良さそうな解説あざます」


吹雪「地味に凄いですね…」



338: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 21:48:14.55 ID:a3BxxBLo0

漣「確かに漣はイキやすいとは思っていたんです。一人でシてた時も割とすぐイってましたからね」


男「昔からそうだったのかい?」


漣「この子はそう言ってます。私に伝える方法が無いだけで、感度とかはずっとそうだったらしいです」


男「それは興味深いね……なら一つ質問いいかい?」


漣「この子ですか?」


男「そうだよ、その子に質問したい。君は胆嚢と脳に居たみたいだけど、内臓のコントロールをすることはできていたのかい?」


男「もちろん臓器以外でも、何かコントロールできていたのなら教えてくれないかな?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞を



339:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:50:08.27 ID:MqP9KhzZO

感情の一部
ほっとくとすぐに自殺しようとするから大変だった



340:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:50:18.69 ID:e8R98OB90

余分なカロリーを消費していた



341:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 21:51:01.30 ID:h8wQoQBDO

姫に変身させられるそうです



346: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 21:58:10.83 ID:a3BxxBLo0

漣「えぇ……」


吹雪「どうしたんですか?」


漣「漣の余分なカロリーを消費していたそうです…」


吹雪「それってつまり、食べ過ぎだったってことですか?」


漣「うぅ、まさか私がピザまっしぐらだったなんて…」


男「でも本当に友好だということがわかったね。もし敵対してるなら、栄養を貯めて支配することを考えていただろうからね」


吹雪「そうですね…」



347: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 22:02:24.12 ID:a3BxxBLo0

吹雪「そもそも漣ちゃんってそんなに食べる方だったんですか?」


漣「いえ、その……スイーツが…」


吹雪「甘い物って…美味しいですもんね」


漣「太らない体質だと思っていた正体は、この子のおかげだったとは…」


男「そういえばその子はどうやってカロリーを消費していたんだろう。体温を上昇させたのかい?それとも他の方法なのかい?」


漣「ちょっと聞いてみますね、えっと……」


下1~3高コンマ 漣の台詞を



348:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:03:47.58 ID:h8wQoQBDO

練度に注ぎ込んでた



349:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:04:10.37 ID:VGVgeA/30

脳の処理速度を向上させてエネルギーを消費させている



350:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:04:25.09 ID:fsl8xUOUo

人目のないところで漣本人には気付かれない程度に体をシバリングさせて体温上昇



353: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 22:15:24.77 ID:a3BxxBLo0

漣「練度に注ぎ込んでた……なるほど…」


吹雪「心当たりがあるんですか?」


漣「えぇ、演習にしては練度上がりが違うなとか、出撃内容に対する経験値が合わないと思ったことは何度かありますね」


男「ほう…!」


吹雪「司令官の目が輝いてます…」


漣「漣の症状ってそんなに珍しいんですかね?」


吹雪「この感じだと漣ちゃんみたいな艦娘に、司令官が初めて生で会ったからだと思います…」


漣「まるでマニアですな…」


男「漣君、まだ質問はいいかい!?」


漣「ええ、治療してもらったお礼だと思えば全然大丈夫です」


男「そうかい!なら……安価」


下1~3高コンマ 男の質問内容を



354:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:17:30.96 ID:Wd7qZOtVo

深海棲艦側と人格交代みたいなことってできる?



355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:18:14.42 ID:FoiIOs9L0

睡眠欲がないということは、漣君が寝ている間、寄生している彼女は意識があるのかね?



356:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:19:36.34 ID:oCSQX7r40

どうして漣くんと友好的に接しようと思ったのか知りたい



357: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 22:24:53.42 ID:a3BxxBLo0

男「その子…深海棲艦側と人格交代みたいなことってできるのかい?」


漣「どうなんでしょう、もしできるなら怖いんですけど…」


吹雪「友好的なんだから危険は無いんじゃないですか?」


漣「うーん…」


男「交代できれば漣君が今のその子のようになるだろうね」


吹雪「共生してる時点で乗っ取りはあり得ませんから」


漣「じゃあ聞いてみます……」


下1~3高コンマ 漣の台詞を



358:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:26:11.85 ID:YgTlFlckO

もとに戻れる保証もないからやめたほうがいい



359:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:27:31.02 ID:MqP9KhzZO

冗談、嫌だよメンドクサイ



360:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:27:44.53 ID:iJnTy2UG0

無理っすねぇ、むりむりかたつむり



363: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 22:38:04.67 ID:a3BxxBLo0

漣「…元に戻れる保証もないからやめたほうがいいそうです」


男「確かに、最もな意見だね」


吹雪「あえて危険なことをする必要もありませんからね」


男「まだまだ聞きたいことはあるけど、そろそろ漣君も帰りたいだろう。また今度話しを聞かせてくれるかい?」


漣「もちろんですぜ、旦那」


吹雪「体の動きは大丈夫ですね?」


漣「何も不安はありません。この通り腕も脚も動きます」ブラブラ


男「それだけ動けば問題無しだ」



364: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 22:41:52.53 ID:a3BxxBLo0

漣「帰るにしたって、潜水艦の皆さんに曳航してもらうだけなので、もし艤装に何かあっても大丈夫ですな」


吹雪「潜水艦の皆さんにはずっと待っててもらってますから…早く帰ってあげて下さい」


男「ここは退屈だろうからね。ごめんね、無闇に出入りされるのは避けたいんだ」


漣「いえいえ、ろー氏達もそれはわかってます。漣からもまたお礼を言っておきますゆえ…」


吹雪「神風ちゃん達はいますけど、一体何をして待ってるんでしょうか…」


下1~3高コンマ 待っていた潜水艦達の行動やその他等



365:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:44:55.76 ID:XfUKbEKno

ろーちゃん
左手は添えるだけ



366:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:46:08.94 ID:jpIs4Qteo

また負けてる神風



367:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:47:46.65 ID:iJnTy2UG0

将棋だけじゃなく色々なボードゲームが広げられ全てに負けたらしい神風



368: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 22:52:24.97 ID:a3BxxBLo0

神風「ぐぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎ……!」


呂500「またろーちゃんの勝ちですって!」


吹雪「神風ちゃんがまた負けたんですか?」


旗風「ずっと負けてるんです…」


神風「あり得ない…!私はここの誰よりも強いはずなのに!」


呂500「この前のはマグレじゃありませんでしたって!」


伊14「私にはサッパリわかんないや…」



369: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 22:56:51.61 ID:a3BxxBLo0

伊401「私はちょっとわかるけど、ろーちゃんの指し方って凄い独特なの」


伊13「あちこちに…伏兵がいる感じです…」


呂500「どうだ!参りましたか、ですって!」


神風「ぐやじぃ……!司令官、仇取って!」


男「でも呂500君は君より強いんだろう?」


神風「やってみなきゃわからないじゃない!負けたままなんて嫌なの!」


呂500「誰でもかかってこい!ですって!」


男「そこまで言うなら…一回だけやってみようか」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



370:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:58:37.19 ID:h8wQoQBDO

楽しそうなのを尻目に試しに漣が深海艤装を展開してみると左目だけが赤くなりオーラを纏う
喋るとたまに深海訛り(?)が出るが問題無し
仲間かと友好的なヲ級が寄ってきたヲ



371:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:58:56.08 ID:MqP9KhzZO

勝負は拮抗するも、僅差で男の勝ち



372:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 22:59:05.31 ID:S78sqbZrO

ろーちゃんがミスして負ける



375: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 23:12:51.51 ID:a3BxxBLo0

ーー

呂500「これでどうですって!」ビシッ


神風「あっ!!」


伊13「びっくりしたぁ、どうしたの?」


旗風「呂500さんの盤面を見て下さい…」


男「呂500君…それ、二歩じゃないかな?」


呂500「ふぁっ!?」


伊401「ろーちゃ~ん……」



376: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 23:17:17.21 ID:a3BxxBLo0

伊14「二歩で…負けなんて…」


吹雪「凡ミスにも程がありますね…」


漣「pgrされても仕方ないですな」


旗風「ぷげら…?」


漣「笑われてもしゃーねぇってことです」


男「不本意な形だけど、こちらの勝ちということでいいかな呂500君?」


呂500「安価」


下1~3高コンマ 呂500の台詞や行動他



377:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 23:19:09.49 ID:MqP9KhzZO

悔しいけど、敗けは敗けですって!
次やるときは負けませんよ!



378:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 23:19:10.88 ID:Fh6OyHbF0

負けすぎて吐きそう…



379:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 23:19:13.64 ID:oCSQX7r40

う~モヤモヤするけど負けは負けですって



382: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 23:27:25.26 ID:a3BxxBLo0

呂500「うぇ……」


吹雪「どうしたんですか?」


呂500「悔し過ぎて…吐きそうですって…」


旗風「一回負けただけですよね…?」


神風「私には気持ちがわかるわ。二歩って凄いカッコ悪い負け方なのよ」


伊13「分かりやすく例えるならなんだろ?」


漣「ミュウツーでポッポに負ける感じじゃねぇですか?」


伊14「ポケモンは…わからない人もいるよ…」



383: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/16(月) 23:32:40.51 ID:a3BxxBLo0

男「我慢できそうかい?」


呂500「……」フルフル


吹雪「じゃあ案内するのでそこまで耐えて下さい。吐いたものには魚がよく集まるんです!」


伊13「その魚を…食べるの…?」


旗風「贅沢は言っていられませんから…」


男「呂500君がこの調子じゃ今日は帰れそうに無いね」


神風「それならまだリベンジのチャンスはあるわね!」


漣「ろー氏を経由した魚を喰らい…我々は鎮守府に帰るのだった…」


伊14「嫌なナレーションやめてよぉ~」

ーー



396: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 20:07:23.95 ID:isbSPUWe0

ーー

漣「えー皆さん、私の為に集まってもらってありがとうございます」


漣「本来なら私が一人一人に説明しなければなりませんが、ご主人様がそれは止めるようにと言われたので、急遽全体朝礼を開かせいただきました」


漣「皆さんのご都合がある中、漣の為に集まっていてありがとうございます」


漣「まずご報告からさせて頂きますと私の手足、そして喋り方は例の方法で治し、無事完治致しました」


漣「目的地まで曳航のご協力を、いただいた潜水艦の皆さん、本当にありがとうございます」


漣「また、その治療の際にあることが判明致しましたが、この件はまた追い追い説明させていただきます」



397: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 20:12:57.09 ID:isbSPUWe0

漣「そして次は謝罪になります」


漣「……本当にごめんなさい」土下座


漣「私は…障害艦娘を受け入れるのが……共に生活するのが苦痛だと感じておりました」


漣「私が以前ここから逃げ出して、裏切ったのもそれが大きな理由です」


漣「それだけならまだ、最低ヤローの裏切り者で済みましたが……私は愚かな艦娘でした」


漣「いざ私がその立場になった時、それを……利用しました」


漣「ご主人様や皆さんの同情を引く為に、わざとあの状態でい続けたんです」


漣「……本当に申し訳ありませんでした!!」


漣「こんな頭ならいくらでも下げます!謝罪が足りないというなら謝り続けます!」


漣「だからお願いです…どうかこの漣を…許して下さい……」


漣「私はこの鎮守府に…ご主人様と龍驤さんの側に居たいんです…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



398:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:14:10.62 ID:0aDefSkuO

皆が特に気にせず受け入れてくれる



399:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:16:08.27 ID:lfuGAHDs0

↑+弥生が同室になろうと言い出した



400:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:17:14.99 ID:LLV8x5zDO

誰も気にしない
そしてもみくちゃにされる



401: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 20:23:04.55 ID:isbSPUWe0

多摩「お前は多摩達が許すと思ってそう言ってるんじゃないのか?」


漣「そんなことはありません!許さないと言うなら…」


多摩「許さないと言うなら?」


漣「……この鎮守府を出て行きます。そして二度と皆さんの前には…」


多摩「はぁ……本当に仕方ない奴にゃ」


北上「多摩姉、やっちゃう?」


多摩「にゃ!やってやるにゃ!」ガバッ


漣「!!」



402: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 20:28:48.40 ID:isbSPUWe0

多摩「おみゃーの事なんてこっちはとっくに受け入れてるんだにゃ!」げしげし


北上「なにカッコつけてんのさホント」ばしばし


漣「あっ!ちょっ!お二人とも!」


多摩「この際だから漣のことを知ってる奴全員でかかってやれにゃ!」ばしばし


神通「そうですね…」スッ


漣「ぎぇ~!神通さんはマジ洒落になんないですって!」


卯月「よし、ならうーちゃんも!」


叢雲「アンタはまず私に謝ってからじゃない?」


卯月「ぴょん……」


叢雲「冗談よ」


雲龍「私も参加する権利はあるわね」スッ


漣「おぅ……」


龍驤「漣のこと、皆んな受け入れてくれるみたいやね」


提督「…心配することなんて無かったな」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



403:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:29:48.35 ID:0aDefSkuO

朝霜と和解



404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:35:53.28 ID:uLtWx0Sho

>>403
お礼とお返しに渾身の腹パンあげる



405:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:36:38.95 ID:TxtyNV2l0

>>404



409: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 20:45:23.12 ID:isbSPUWe0

朝霜「よぉ漣」


漣「朝霜……」


朝霜「まぁなんだ…あたいも言い過ぎたかもしんねぇな。悪かったな漣」


漣「いえ、当然のことを言われて現実逃避をしたのは私です。朝霜殿は何も悪くありません」


朝霜「そう言ってくれんなら助かるぜ」


漣「これは漣の本心ですから」



410: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 20:48:30.32 ID:isbSPUWe0

朝霜「それならよ、お返しってわけじゃねえけど一発殴ってもいいか?」


漣「……私は朝霜殿の頬を叩きましたからね。一発は一発です」


朝霜「まぁ顔はマズイからな、腹パンにしといてやる」


漣「せめてもの気遣いに感謝です…」


朝霜「よーーし…いくぞ!」


漣「……!」


下1~3高コンマ 腹パン後の漣の様子やその他起こったこと等



411:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:50:13.58 ID:LLV8x5zDO

あんまり効いてなかった



412:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:50:38.49 ID:GOFwbADs0

お腹に平手打ち
紅葉跡ができる漣



413:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 20:50:42.22 ID:lfuGAHDs0

深海棲姫の心が抜けた



415: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 21:07:19.21 ID:isbSPUWe0

朝霜「フンッ!」ぼすっ


漣「あれ……?あんまり痛く無い…?」


龍驤「朝霜が手加減するやなんて珍しいな」


朝霜「なんのことだかわかんねぇな」


漣「朝霜殿…」


朝霜「あんな蚊も殺せねぇようなビンタのお返しには、これで丁度いいんだよ」


漣「……ありがとうございます!」


提督「…さぁ、もうそろそろ業務に戻ろう。皆んな集まってくれてご苦労だった」


龍驤「朝からご苦労さんやで~」



416: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 21:15:07.22 ID:isbSPUWe0

ーー

漣「本当に皆さんには感謝しかありません…」


龍驤「ここには差別する奴なんておらんのがよーわかったやろ?」


漣「はい…身にしみました」


提督「これから何か悩みごとがあれば俺か龍驤に相談するようにな」


漣「あの、では……早速相談なんですが、旅行の件などうしましょう?」


龍驤「ウチは漣も一緒に行きたいで?」


漣「でもですね、ご主人様の代わりがあの真性ロリコンこと幹部さんですぜ?」


龍驤「あー……」


漣「龍驤さんが行くなら、私が残るべきなのでは無いかと思うんです」


龍驤「確かになぁ…司令官はどう考えてるん?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



417:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:16:42.43 ID:lfuGAHDs0

やはり漣が残るべきだな



418:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:17:00.54 ID:/Q9x1PRwO

レ級「大丈夫だ、あいつの事は私が責任をもって見張る」



419:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:24:34.59 ID:uLtWx0Sho

幹部さんなら大丈夫だろう、うん、大丈夫、大丈夫……たぶん



420: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 21:32:19.48 ID:isbSPUWe0

提督「幹部さんなら大丈夫だろう、うん、大丈夫、大丈夫……たぶん」


龍驤「なんで自分に暗示かけてんねん…」


漣「やはり私は残った方が良さそうですね」


提督「しかし…」


漣「私は大丈夫ですよ。でも今度は漣を連れて行って下さいね?」


提督「…もちろんだ」


龍驤「でもなんとか漣も連れて行きたいんやけどなぁ…」


漣「これは仕方ないですぜ。私が居なくなったら秘書艦はクキ氏。きっとロリコンとイチャイチャするだけですぜ」



421: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 21:34:36.36 ID:isbSPUWe0

駆逐棲姫「まるで私が何もできないみたいじゃないか」ガチャ


龍驤「聞いとったんかいな!」


駆逐棲姫「通りかかったら聞こえてきたんだ」


漣「クキ氏に秘書艦の仕事ができますか?」


駆逐棲姫「なら試しにやらせてみろ」


提督「本当にできるのか…?」


下1~3高コンマ 駆逐棲姫の仕事ぶり等



422:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:36:18.63 ID:I/D5MUgYO

クキの仕事ぶりに問題は無いが、レ級が甘やかそうとする



423:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:37:41.14 ID:E2N9XZDC0

ギリギリ及第点な感じ



424:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:38:22.01 ID:GOFwbADs0

普段使いしないような言葉が書かれている書類に頭クラクラ



425: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 21:48:24.85 ID:isbSPUWe0

ーー

駆逐棲姫「それで、これはこうだろ?」


龍驤「凄いな…ちゃんとできとるやん」


漣「本当に我々の仕事ぶりを見てただけで覚えたんですか?」


駆逐棲姫「そうだ」


提督「これなら駆逐棲姫に秘書艦は任せられるかもしれないが……」


レ級「クキ疲れて無いか?休憩したらどうだ?」


龍驤「もれなくレ級も付いてくる感じやね…」


漣「超過保護」



427: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 21:52:47.33 ID:isbSPUWe0

駆逐棲姫「私は大丈夫だぞお姉ちゃん」


レ級「そうは言ってもな、頑張ってるクキにご褒美をあげたくてしょうがなくて…」


漣「後でまとめてあげたらどうです?」


レ級「クキは今頑張っているんだぞ!?」


龍驤「どないする司令官?この調子やと執務室はエライことになるかもしれんで?」


漣「真性とクキ氏、そしてレ級の三つ巴ですな」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



428:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:55:13.63 ID:uLtWx0Sho

お目付け役を…誰か別に



429:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:57:40.22 ID:Z4Kz1vkwO

あの人を信じよう



430:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 21:58:37.69 ID:ijtUVuHj0

もうどうにでもな~れ(メソラシ



432: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 22:10:09.74 ID:isbSPUWe0

提督「もうどうにでもなれ……だな」メソラシ


龍驤「司令官が現実逃避しやんといてやぁ…」


漣「やっぱり漣が残るしかないですね」


駆逐棲姫「でもお前達は遠くに出かけるんだろう?」


漣「そうは言っても鎮守府の方が大事です。旅行には行こうと思えばいつでも行けますしね」


龍驤「でも次はいつになるかわからんのやで?」


漣「それはまぁそうですけど、ここは龍驤さんとご主人様で楽しんできて下さいよ~」


提督「…それしか無いのか」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



433:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 22:13:33.77 ID:GOFwbADs0

夕張「全部私がやっておきますから遠慮せずに行ってきてください」ニッコリ



434:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 22:13:58.82 ID:Q1+zrxluo

朝霜「いやあのオッサン曲がりなりにも幹部なんだから仕事を疎かにはしないだろ、いいから三人で行ってこい。あたいも見張っておくし」



435:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 22:15:13.90 ID:I/D5MUgYO

>>433+呂500「任せるですって!」



436: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 22:23:27.77 ID:isbSPUWe0

夕張「全部私がやっておきますから遠慮せずに行ってきてください!」ガチャ


提督「夕張…」


呂500「ろーちゃんに任せて下さいって!」


龍驤「そうか…ろーはあの時…秘書艦みたいなことやっといてくれてたんや…」


呂500「龍驤さん、無理に思い出さなくてもいいですよって」


漣「……」


駆逐棲姫「なんで漣は変な顔してるんだ?」


漣「私が……逃げ出した時のことなので…」


提督「漣、もういいと言ってるじゃないか」


漣「すいません……」



437: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 22:28:07.66 ID:isbSPUWe0

夕張「そんなろーちゃんや潜水艦の近くに居たのは私です。幹部さんが臨時提督の間はクキちゃんが秘書艦。私とろーちゃんが秘書艦補佐で大丈夫ですよ!」


龍驤「確かにそれでいける……か?」


漣「クキ氏も中々できるみたいですし…」


呂500「提督はゆっくりしてきて下さいって!」


駆逐棲姫「私とパパに任せればいい」


レ級「あのオッサンが居るのはイラつくけど、クキの邪魔はしないぜ!」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



438:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 22:36:13.00 ID:LLV8x5zDO

わかった…すまないがよろしく頼む
苦労をかける



439:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 22:49:43.09 ID:yJZU8xdA0

わかった、お土産は期待していてくれ



440:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 22:50:00.99 ID:uLtWx0Sho

ありがとう…ありがとう…



441: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 22:56:43.12 ID:isbSPUWe0

提督「わかった…すまないがよろしく頼む」


夕張「お任せ下さい!」


龍驤「ごめんなろー、また苦労をかけてしもうて…」


呂500「全然問題ありませんって!」


漣「よし!じゃあ漣も準備しないと!」


レ級「今から準備して間に合うのか?」


漣「ソッコーで準備します!」



442: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 22:58:50.25 ID:isbSPUWe0

駆逐棲姫「提督は終わってるのか?」


提督「ある程度はな」


龍驤「ウチはほぼ終わってるで~」


漣「なら龍驤さん、一体なにを持っていけばいいんでしょう!?」


夕張「とりあえず着替えとかは必須ですよね」


漣「マストアイテムがあるなら教えて下さい!」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞を



443:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 23:01:50.02 ID:yJZU8xdA0

まぁ、カメラはもってこか



444:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 23:09:52.49 ID:E2N9XZDC0

猫耳だ……猫耳を要しないと…



445:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 23:12:22.55 ID:gc+sj2lLo

そんなものは無い



447: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 23:26:09.30 ID:isbSPUWe0

龍驤「そんなもんは無いで」


漣「ふぁ!?」


龍驤「…だってウチも旅行なんて行ったことないんやもん」


漣「つまり適当であると」


龍驤「…うるさい」


夕張「そんなんで大丈夫ですか?」


龍驤「必要なものがあったら向こうで買ったらええねん!」



448: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 23:28:55.60 ID:isbSPUWe0

レ級「提督も龍驤と同じか?」


提督「俺は何度も出張があったからな。こういうのには慣れてる」


呂500「なら提督に聞けばいいんですって!」


漣「そうですな!それではご主人様、マストアイテムを是非この漣に教えて下され!」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞を



449:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 23:29:00.42 ID:I/D5MUgYO

>>446

響「私のアイデンティティが崩壊するニャン」



450:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 23:30:22.87 ID:uLtWx0Sho

余分に下着
(他意はない)



451:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 23:32:53.30 ID:RjdHIQuVo

カメラ



454: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 23:47:47.22 ID:isbSPUWe0

提督「余分に下着は持っていった方がいいだろうな」


漣、龍驤「「……」」


提督「…どうしたんだ二人とも?」


龍驤「もう、司令官…」


漣「今からナカダシ宣言ですか…」


提督「な、違う!そんなつもりで言ってるんじゃない!」


龍驤「うん、そうやんな。そういうことにしとくわ」


漣「ご主人様ったらプチ絶倫ですもんね」



455: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/17(火) 23:52:50.16 ID:isbSPUWe0

漣「なら龍驤さん、アレ持っていきましょうよ」


龍驤「アレか…」


夕張「なんですかアレって?」


漣「お揃いのネコミミと尻尾です」


龍驤「漣のはピンク。ウチのは茶色やね」


漣「漣が見立てたネコミミなので間違いないですぜ」


龍驤「それは楽しみやなぁ」


提督「……」クルッ


呂500「あれ?どうして後ろ向いたんですかって?」


提督「…今事情があってそちらを向けないんだ」


漣「想像しただけでビンビンっすか…」


レ級「なぁ男ってどいつもこいつもこうなのか?」


夕張「こんな場面見せられたらそう思っちゃいますよね…」


ーー



469: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 19:11:26.76 ID:diAwAib10

ーー

幹部「私に提督代行をお願いするのを数日待って欲しいと言っていた理由はこれだったんだね」


提督「申し訳ありません幹部さん、こんなチャンスは又と無いもので…」


幹部「いいさいいさ、龍驤君達と旅行を楽しんでくればいい」


提督「予定では二泊三日ですので、その間この鎮守府をお願いします」


幹部「あぁ、大船に乗ったつもりでいたまえ!」



470: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 19:14:26.76 ID:diAwAib10

駆逐棲姫「パパ、本当に私が秘書艦でいいのか?艦娘じゃないんだぞ?」


幹部「クキ君には私の側に居て欲しいからね」


夕張「イチャイチャし過ぎないように私達もいますから!」


呂500「お任せ下さいって!」


龍驤「この四人やったらなんとかしてくれるわな」


漣「一応ケイタイ類は持っていきますので、何かあったら連絡はオナシャス」


幹部「よし、了解したよ」


提督「よし……なら行こうか!」


龍驤「うん、そうやね!」



472: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 19:20:14.95 ID:diAwAib10

ーー

漣「移動はこの車なんですよね?カスタムされまくったこの鎮守府仕様のミッション車」


龍驤「本来は四人乗りやけど、助手席とその後ろのスペースを使ったどデカイシートがあるから実質三人しか乗れんのよね」


提督「そこには龍驤達を乗せることを考えてるからな」


漣「まんまチェアーが乗ってる感じっすよね…」


提督「ミッション車なのは内部や何やらが弄り易いからだ。スピードは出ないが乗り心地は良い」


龍驤「今から出たら夕方までには着くかな?」


漣「そんな感じっすね」


提督「急ぐ必要は無い。ゆっくりと行こうじゃないか」


下1~3高コンマ 到着までに起こったことや道中での出来事等



473:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 19:21:48.60 ID:neVDRjppO

トランクに朝霜が潜んでいる



474:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 19:23:24.23 ID:UAYrpRIIo

サービスエリアで孫ちゃん酒造の酒(売れ筋)見つけてほっこり



475:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 19:24:37.78 ID:lz4j5MjXO

朝霜が走って着いてく



477: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 19:29:24.51 ID:diAwAib10

走って着いていく?

ちょっと待っていて下さい



481: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 19:43:10.26 ID:diAwAib10

ーー

提督「このSAを過ぎるとしばらく何も無い。ここでトイレ休憩にしよう」


龍驤「ほな一応トイレ行っとこかな…」


漣「お手伝いしますぜ姉御」


提督「急いで無いからゆっくりな」


龍驤「わかってるで~」


提督「ふぅ…俺も小休憩といこう」



482: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 19:48:46.14 ID:diAwAib10

提督「こんな時タバコを吸えば格好がつくんだろうが、生憎俺は缶コーヒーだ」


提督「ふぅ…………」ゴクリ


提督「…このSAからは海が見えるのか。いつも見ている海も、こうして見るとまた違った景色に見えるな」


シュパーーー


提督「……ん?あれは艦娘……か?」


シュパーーーーー


提督「えらく飛ばしている上に単艦か。何かを輸送しているのか?」


シュパーーーーー……


提督「行ってしまったか…あのサイズは駆逐艦だろうが、一体何処に向かっているんだ?方向は同じようだったが…」


龍驤「お待たせ、戻ってきたで~」


漣「ご主人様、何を見ていたんですか?」


提督「いや…なんでもない」


下1~3高コンマ 到着までに起こったことや道中での出来事等



483:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 19:50:40.40 ID:2CB8QcTDO

他にも海を行く艦娘を何度も見かける



484:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 19:50:57.48 ID:neVDRjppO

何事もなく無事到着



485:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 19:51:13.35 ID:hCKVXtL+o

艦娘を応援する会(少人数)の募金活動を見かける



486: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 19:57:51.91 ID:diAwAib10

ーー夕刻、旅館


提督「無事に到着できたがやはりこんな時間になってしまったか」


龍驤「司令官、お疲れ様やで」


漣「ここが旅館というヤツですな!」パシャパシャ


龍驤「テンション高いなぁ漣」


漣「だって旅行ですよ!?ご主人様と龍驤さんと!そりゃもうテンションだだ上がりですぞ!」


提督「そんなに写真を撮ってて大丈夫なのか?」


龍驤「車ん中でも無駄に撮っとったもんなぁ。右折するご主人様キタコレ!……意味わからんわ」


漣「大丈夫ですって!バリーさんからデジカメ類は馬鹿みたいに借りてきてます!」


提督「ならいいが…とりあえず中に入ろうか」



487: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 20:03:09.71 ID:diAwAib10

ーー旅館内、部屋


漣「ぬぉ~~!広い部屋ですぞぉ~!」ゴロゴロ


提督「元々四人部屋を取ってあったんだ。狭いと何かと不便かと思ってな」


龍驤「だから漣が急に来るようになっても大丈夫やったんやで」


漣「そんか理由があったんですな……お!部屋から行けるお風呂がある!?」


提督「ここは露天風呂付きの部屋なんだ」


龍驤「大浴場もあるけど、ここのお風呂にも入ってみたいわぁ」


漣「うほ~~!楽しいですぞーー!!」ゴロゴロ


龍驤「まだ何もしてへんのに…」


提督「これだけ喜んでくれるんなら、やっぱり漣も連れてきてよかったな」


龍驤「うん、ほんまやね」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



488:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:04:58.85 ID:2CB8QcTDO

来て早々いきなり有料チャンネル見始める漣



489:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:05:46.75 ID:53jFKAYxO

ゲームセンターがあるか確認する漣



490:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:06:21.73 ID:D8M8wTWio

浴衣着てみてはしゃぐ二人



492: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 20:11:47.83 ID:diAwAib10

漣「これが噂のペイチャンネル…」ゴクリ


龍驤「なんでお前は来てそうそうそんなモン見てんねん!」


漣「有料なら確認しておかないといけないでしょう!?」


龍驤「つけるのはまだ早いっちゅうねん!」


漣「お、この女優乳デカ…」


龍驤「それはええからもう!ほら、大浴場行くから手伝ってって!」


漣「今良いとこなのに…」


提督「温泉にはのんびり入るといい。風呂から帰ってきたら食事の用意もしてくれるはずだ」



493: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 20:16:54.31 ID:diAwAib10

漣「じゃあ下着を準備して……お、これは浴衣!ジャパニーズユカータですぞ!」


龍驤「浴衣か、ウチも初めてかもしれんな」


提督「なんとかなりそうか?」


龍驤「いうて着物と違うし、なんとでもなるで」


漣「漣も居ますからね!」


提督「そうか、ならお互いに温泉を楽しもう」


下1~3高コンマ 入浴中の出来事やその他起こったこと等



494:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:18:05.16 ID:D8M8wTWio

察した女将さんから混浴に案内される



495:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:21:40.15 ID:7BHmLcIkO

>>494+朝霜が外からこっそり覗きしてる(もちろん提督目当て)



496:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:22:37.29 ID:q+E125Guo

他の鎮守府の龍鳳や村雨など胸の大きい娘達がいて嫉妬する



498: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 20:28:22.60 ID:diAwAib10

ーー女湯


龍驤「……」ギリギリ


漣「……」


龍驤「……ここは有名な所みたいやなぁ」


漣「ですねぇ…チラホラ艦娘も居ますもんねぇ…」


龍驤「……なんでどいつもこいつも乳がデカイねん」ギリギリ


漣「龍驤に村雨……いやぁデカイですなぁ…」


龍驤「村雨なんか…駆逐艦やろ!?」


漣「まぁまぁ、艦娘には個性があってこそですぜ」


龍驤「納得がいかん…!」



499: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 20:32:39.70 ID:diAwAib10

漣「それよりも龍驤さん、お背中流しましょう」


龍驤「ええんか?」


漣「なんだかんだで初めてですからね。ぜひやらせて下さい」


龍驤「…そうやんな。ほなお願いするわ」


漣「……」ゴシゴシ


漣「…背中にも印、あるんですね」


龍驤「脳に近いと効果が高いって分かる前は、色んな所に入れたからなぁ」


漣「こんな小さい背中で…漣達を守ってくれてるんですね…」ゴシゴシ


龍驤「そやで~ウチは司令官のことも漣のことも、皆んなのことが大好きやからな」


漣「……はい」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



500:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:35:13.87 ID:hCKVXtL+o

漣が龍驤の背中にそっと寄り添って、「ありがとうございます」



501:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:35:24.30 ID:neVDRjppO

そんな胸の事でお悩みの龍驤さんにお薦め!
皐月&S朝潮の極上豊胸マッサージ!



502:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:36:09.73 ID:lz4j5MjXO

漣の背中を朝霜がゴシゴシ



505: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 20:40:59.51 ID:diAwAib10

漣「……」


龍驤「どうしたん漣?洗うやつ落としたん?」


漣「龍驤さん……」スッ


龍驤「…ウチの背中に寄り添ってどうしたん?」


漣「ありがとう…ございます」


龍驤「……うん」


漣「本当に…ありが……ひっ…」ポロポロ


龍驤「…ウチは何も聞いてないで。漣は目に泡が入ったんやんな?」


漣「はい……そ…で……ひぐっ…」


龍驤「…お礼を言うのはウチの方やで漣」


漣「ぐす……ひっ……ひ……」



506: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 20:44:40.93 ID:diAwAib10

ーー


漣「いやぁ~~気持ち良かったですな!色んな意味でスッキリしました!!」


龍驤「うん、そうみたいやね」


漣「…龍驤さん、これからは漣も龍驤さんを支えます。だから私達のことを頼って下さいね?」


龍驤「わかってるよ。だからこうやって助けてもらってるしな」


漣「こうやって手を貸す以外のことでも、漣は力になりますから!」


龍驤「頼りにしてるで?」


漣「はい!」


龍驤「さて、なんやかんや言うて結構長風呂になったし、部屋帰ったらご飯やね」


漣「旅館のご飯!楽しみですぞー!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



507:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:47:17.12 ID:neVDRjppO

豪華な料理に舌鼓



508:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:47:17.52 ID:x5LBvcOA0

怒り上戸になった提督



509:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:47:28.36 ID:2CB8QcTDO

旅館の女将が元艦娘の誰かで提督に挨拶に来る
誰かはお任せします



511: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 20:51:19.95 ID:diAwAib10

お酒に弱い設定だったと思うので再安価させて下さい


下1~3高コンマ 再安価お願いします



512:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:52:33.72 ID:7BHmLcIkO

>>509



513:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:53:38.05 ID:RQyKRQUV0

>>510



514:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:54:25.85 ID:neVDRjppO

>>507



516: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:00:17.29 ID:diAwAib10

ーー


漣「びゃーー美味い~!」


龍驤「豪華な料理やわ~!」


提督「こういう所の料理は必ず美味いな」


漣「舌が蕩けるとはこのことですぜ…」


龍驤「漣、お酒飲みたいんやったら飲んでええんやで?」


漣「いえいえ、下戸が二人もいるんですから、それに合わせるのがジョーシキというヤツですよ」


提督「ウーロン茶では格好つかないが、飲めないものは仕方ない」


龍驤「ウチは飲めんこと無いけど、すぐ寝てしまうんよね」



517: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:03:48.57 ID:diAwAib10

漣「ご主人様、料理の後はどうするのがセオリーなんです?」


提督「もう一度風呂に入ったり、旅館をうろついていればいいだろう。そうしたら部屋に布団を敷いていてくれるんだ」


漣「至れり尽くせりとはこのことですな!」


龍驤「司令官はもう一回お風呂行くん?」


提督「どうするか…ま、食べ終わって考えるさ」


漣「そうですな!まずは料理ですぞ!」


下1~3高コンマ 食事後の行動やその他起こったこと等



515:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 20:57:11.57 ID:d26xdXxm0

あいつのおっぱいマッサージ



518:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:04:27.78 ID:7BHmLcIkO

出張>>515



519:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:05:46.19 ID:2CB8QcTDO

龍漣で旅館を回って遊ぶ



520:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:05:46.42 ID:RQyKRQUV0

提督
露天風呂でゆっくり



522: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:09:02.27 ID:diAwAib10

ーー旅館内

漣「龍驤さん、マッサージですって!」


龍驤「マッサージか……」


漣「司令官にはしてもらってるかもしれませんが、こういう専門の人にやってもらうのはあんまり無いんじゃないですか?」


龍驤「そうやね…ええ機会やしやってみよか!」


漣「二枚様ご案内です~!」


龍驤「お前が言うんかいな…」



523: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:12:08.69 ID:diAwAib10

ーー

龍驤「漣と離れてしもうたけど大丈夫かな…いや、個人でやるからそれは当たり前なんやけどな」


龍驤「こういう初めての所に一人って不安やわ…」


皐月「その必要は無いよ!!」サッ


龍驤「皐月!?なんでお前がここに居るんや!?」


皐月「僕のオッパイマッサージは凄く評判なんだよ!」


龍驤「そんなアホな、ここから鎮守府がどれだけあると思ってんねん…」


皐月「僕はオッパイの為なら地球の反対側だって行っちゃうからね!」



524: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:16:33.87 ID:diAwAib10

皐月「うへへへへ…龍驤さんのオッパイを触るのは久しぶりだよね~」


龍驤「…そうやな」


皐月「前に怒られてから触ってなかったけど、今の龍驤さんはお客さんだもんね!」


龍驤「くっ……」


皐月「ぐへぇ…ちっぱい…まな板だぁ…」


龍驤「皐月、せめて優しくやな……」


皐月「いただきまぁ~~す!」ガバッ


龍驤「!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



525:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:17:31.41 ID:x5LBvcOA0

叢雲がうらやましがる



526:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:18:43.88 ID:RQyKRQUV0

別部屋にいる龍鳳と村雨の胸の魅力に抗えずそちらに突入する皐月

後日抗議文が。



527:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:19:00.70 ID:neVDRjppO

おっぱいにおいては右に出るものがいない皐月、龍驤の悩みを見抜き豊胸効果のあるマッサージを施す



531: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:23:37.72 ID:diAwAib10

ーー

龍驤「ぁふん……そんなん…司令官みたいな…」とろ~ん


皐月「……」ピタッ


龍驤「ん……なんなん…?もう終わり……?」


皐月「あっちの部屋に……龍鳳さん…向かいには…村雨……」ブツブツ


龍驤「どうしたん…皐月…?」


皐月「……我慢できない~~!」ダダダッ


キャーーーー!なんなんですかーー!

ふへへへ!大っきいオッパイだ~~!


龍驤「……」



532: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:26:13.00 ID:diAwAib10

ーー

漣「いや~気持ちよかったですな!龍驤さんはどんなコースにしたんでしたっけ?」


龍驤「……オススメやったやつや」


漣「そうなんですか!漣は肩をなんかグルングルンやられたんですが、凄く気持ち良かったですよ!」


龍驤「そうか……」


漣「…龍驤さんに何があったのだろうか……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



533:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:27:17.76 ID:53jFKAYxO

二人でゲームコーナーへ



534:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:27:23.78 ID:2CB8QcTDO

何故か旅館で働いてる朝霜に遭遇
忙しすぎてちょっかいかける暇が無くて涙目



535:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:30:14.13 ID:e3HdTN7RO

龍鳳、村雨の皐月への制裁を目撃



536: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:43:49.64 ID:P5kh9FH6O

漣「なんだかんだで時間も潰せましたし、そろそろ部屋に戻りませう!」


龍驤「…うん、そやね」


朝霜「…」ダダダッ


漣「む?今かけて行ったのは…朝霜!?」


龍驤「……ウチも見たから間違い無いやろね」


漣「何故あやつがここに…」


龍驤「大方ウチらにちょっかい出す為やろうけど、忙しく過ぎてそれどころや無いんやな」


漣「ここは特務艦なんて関係ありませんからね」


龍驤「若干涙目にも見えたしな」


漣「ま、自業自得ということにしておきましょう」



537: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:46:20.92 ID:P5kh9FH6O

ーー

漣「ただ今帰りました!……あれ、居ませんね」


龍驤「ほなお風呂にでも行っとるんと違うかな」


漣「でも本当に布団は敷いてあるんですね!でもその敷きかたが…」


龍驤「真ん中に仲良く三つ布団が並んどるね」


漣「いくら漣でもわかりますよ。これは私達がそういう関係だと向こうはわかってるということです」


龍驤「分かる人にはわかるんやろうなぁ…」



538: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:48:56.32 ID:P5kh9FH6O

漣「複数人居てもおかまいなしっすか…」


龍驤「ここはよー艦娘も来るみたいやん?重婚してる提督らの御用達やとしたら…」


漣「…成る程です」


龍驤「まぁやることはやるからこれでええんやけどさ…」


漣「だったら龍驤さん、せっかくご主人様も居ませんので、こうやって待つのはどうでしょう?」ヒソヒソ


龍驤「……ええなそれ」


漣「なら早速準備ですぞ!」



539: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 21:50:39.13 ID:P5kh9FH6O

ーー

提督「いかんな、つい長風呂になってしまった」


提督「のぼせはしないが、思っていたよりも長く風呂に居たようだ」


提督「龍驤達はもうとっくに戻っているだろうし、早く俺も部屋に行こう」


提督「龍驤、漣、帰ってきたぞ」キィッ



下1~3高コンマ 部屋の様子や二人の状況等



540:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:52:12.35 ID:iJSEyaf/0

二人共猫耳&猫尻尾のみの姿でお出迎え



541:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:52:39.84 ID:q+E125Guo

浴衣をはだけて布団で誘惑ポーズ



542:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 21:52:44.24 ID:GTJogAuto

布団被って尻尾だけの出してフリフリ
布団の下はもちろんフル装備



544: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 22:03:33.70 ID:P5kh9FH6O

漣、龍驤「……」


提督「……何をしているんだ?」


漣「ナニってセクシーポーズに決まってるじゃないですか!」


龍驤「浴衣をはだけさせてやで~?」


提督「そうか……」


漣「ダメですね、ピンと来てません」


龍驤「やっぱりネコミミしか無いんやな」


提督「……」ピクッ


漣「うーわ、言葉だけで反応してますよ」



545: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 22:06:32.90 ID:P5kh9FH6O

龍驤「もちろんネコミミと尻尾のフル装備は持ってきてるんやで?」


漣「それと霞氏からキメセク用のお薬ももらってきています。それと今回は秘密のものも持ってきてるんです」


龍驤「でもな、司令官は今日は疲れてるんと違うかなと思って迷っててん」


漣「半日以上運転してましたからね~」


龍驤「司令官がイイって言うんやったら全部やろか?」


漣「漣達はどちらでも構いませんよ!」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



546:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:08:07.59 ID:lz4j5MjXO

全部載せで



547:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:08:48.63 ID:neVDRjppO

突撃あるのみ!



548:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:08:52.57 ID:2CB8QcTDO

受けて立とう
というかもう立ってる



551: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 22:25:23.08 ID:P5kh9FH6O

提督「…突撃あるのみだ!」


龍驤「ぁん…」


漣「ちょーーっと待って下さい!いいとこなのはわかってますが、これだけ用意させて下さい!」ゴソゴソ


提督「…なんだそれは?」


漣「これは俗に言う避妊薬です!」


龍驤「でも飲み薬やないみたいやね」


漣「はい、ピルとかの薬はキメセク用の薬とは相性が悪いそうなんです」


提督「避妊薬ならどんなものでもダメじゃないのか?」


漣「いえいえ、これは違うんですよ!」



552: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 22:32:12.01 ID:P5kh9FH6O

漣「これは私達のナカに入れるタイプのものなんです!」


龍驤「ナカに…」


漣「五分くらい経てばこれが溶けて、避妊できるそうです!」


提督「…だが確実という訳ではないんだろう?」


漣「それを言うならゴムもですぜ」


提督「……」


漣「ご主人様、今日は嫌という程出してもらいますからね?」


龍驤「ウチは初めてなんやで?司令官のがウチのナカに一番乗りできるんやで?」


提督「……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



553:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:34:52.85 ID:7BHmLcIkO

女将→朝霜
龍鳳、村雨→皐月
の怒号が響くもお構い無しに夜を明かす



554:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:34:53.30 ID:28hRkhcxo

どったんばったん大騒ぎ
皐月の事もあり翌日女将さんからガチめの苦情来る



555:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:35:46.95 ID:iJSEyaf/0

100%じゃないならあってもなくても同じと避妊薬を使わずにおっぱじめる



558: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 22:48:10.76 ID:P5kh9FH6O

提督「…100パーセントじゃないならそれはいらないな」ポイッ


漣「あ……」


提督「そもそも俺は避妊具を持ってきていないんだ。その意味はわかるな?」


漣「ご主人様……」


提督「…五分も待てる訳ないだろう」ガバッ


漣「ぁ、きゃ……」


龍驤「ほなウチはその間にネコミミ付けとうかな~」


漣「ご主人…様ぁ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



559:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:49:06.83 ID:7BHmLcIkO

>>553
女将→朝霜
龍鳳、村雨→皐月
の怒号が響くもお構い無しに夜を明かす



560:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:49:10.81 ID:tPXBc7aIO

朝チュンして風呂へ



561:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:49:55.80 ID:d26xdXxm0

2連続ホームラン(意味深)



564: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 23:07:05.97 ID:P5kh9FH6O

ーー

女将「新入り!次は風呂の掃除やっときな!」


朝霜「なんであたいがこんな目に~!」


女将「文句言う暇あったらとっとと働きな!」


ーー


龍驤「すご…これがナカダシ……」


漣「あっ、あっ、あっ……」


龍驤「漣も出されとるなぁ…ほな次は漣と一緒にやろかな…」



565: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 23:11:18.44 ID:P5kh9FH6O

ーー

龍鳳「待って下さいそこの駆逐艦!」


村雨「よくも村雨のオッパイを好き放題してくれたわねー!」


皐月「僕は悪くないよ!オッパイが惑わせたんだ!」


ーー


提督「龍驤……龍驤…」


漣「ぁむ…れる……」


龍驤「んっ、んっ……あぁん…そんな…二人して責めんといてぇやぁ…」



566: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 23:16:25.04 ID:P5kh9FH6O

ーー

漣「うぁ……もう夜が明けちゃいましたよ…」


龍驤「お腹が重いって…こんなん初めてやわ…」


提督「俺も汗が凄いな…」


漣「ご主人様、せっかくですから部屋のお風呂に入りませんか?」


提督「そうだな…」


龍驤「う……体勢変えただけで出てくるやん…」


漣「一晩分詰まってますからな…」


提督「掃除は後でしよう……」



567: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 23:20:02.65 ID:P5kh9FH6O

漣「ふぃぃぃ~こういうお風呂も気持ちいいですな~」


龍驤「体に染みるってこういうことを言うんやね」


提督「あぁ…」


漣「ご主人様…避妊具を持ってきていなかったということは、覚悟はしてたんですか?」


提督「…そうだ」


漣「そもそも人と艦娘では子どもは非常に出来にくいです。ですが0パーセントではありません」


漣「仮に龍驤さんが妊娠したとして、ご主人様は産んで欲しいと思っているんですね?」


漣「例えそれが龍驤さんの命と引き換えであったとしても……」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



568:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 23:21:41.57 ID:iND9UyBN0

龍驤なら耐えてくれるそう信じることにした



569:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 23:21:51.82 ID:tPXBc7aIO

命と引き換えになんてことにはさせはしないよ



570:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 23:22:06.35 ID:s/DaPxnjO

…もしかしたら、龍驤を死なせることなく願いを叶える事が出来るかもしれないんだ



571: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 23:33:21.03 ID:i/dZCAnf0

提督「命と引き換えになんてことにはさせはしない」


漣「そう言い切るってことは何か考えがあってのことなんですね?わかりました、ならそれを信じます」


龍驤「子ども…司令官との赤ちゃんか…」


漣「現実的な話をするなら、妊娠の確率は低いんですけどね。危険日にやって1パーセントとかですもん」


龍驤「なんや漣、えらい否定的やな」


漣「漣は事実を言ってるだけなのです」


龍驤「ほな漣は司令官との子どもは欲しくないん?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



572:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 23:35:11.43 ID:s/DaPxnjO

欲しいに決まってるじゃないですか



573:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 23:35:16.39 ID:d26xdXxm0

自分には母親はまだ早い



574:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 23:36:05.66 ID:iJSEyaf/0

まだまだイチャラブSOXを楽しみたいんで子供はまだいいです



576: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 23:40:22.58 ID:P5kh9FH6O

漣「まだまだイチャラブックスを楽しみたいんで子供はまだいいです」


龍驤「あっ!ズルイでそんなん!」


漣「なら龍驤さんも次から一緒に避妊薬使います?」


龍驤「…考えとくわ」


漣「やりましたなご主人様、これで龍驤さんともイチャラブックスを楽しめますぜ!」


提督「……」


漣「どうしましたご主人様?」



577: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 23:43:07.18 ID:P5kh9FH6O

龍驤「…寝落ちしてもうたみたいやね」


提督「…Zzz」


漣「成る程…日中は運転に夜が明けるまで私達の相手をしていたらそうなりますな」


龍驤「溺れやんうちに部屋戻しといたろ」


漣「それなら漣にお任せ下さい!」


龍驤「重いから気をつけてな…」


漣「これくらい朝飯前ですぞ!」



578: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/18(水) 23:46:39.75 ID:P5kh9FH6O

漣「ご主人様はバスタオルにくるんでここに置いておきましょう」ゴロン


龍驤「ここやと風邪も引かんしええわな」


提督「……Zzz」


漣「しっかし間抜けな面して寝てますなぁ…」


龍驤「それくらいウチらの事を信頼してくれとるんやね」


漣「やれやれ、ご主人様には自覚して欲しいものですな。こんなに幸せな提督は居ないと」


龍驤「ホンマや!なんたってウチと漣が嫁なんやもんな!」


漣「……龍驤さん、これからもどうかよろしくお願いします」


龍驤「こちらこそよろしくやで!」


ーー



594: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 19:51:58.37 ID:2O1KxcUJ0

ーー

漣「ふわぁ…物凄く眠いですが、この朝食はメシウマですな」モグモグ


龍驤「ほとんど寝てないようなもんやもんね…」


提督「眠いな…」


漣「ご主人様、ご飯を食べた後はどうしますか?」


提督「この後か…」


龍驤「明日は朝にここを出た後お土産買いながら帰るから、自由に動けるのは今日くらいやね」


漣「観光するのもいいですし、部屋でダラダラするのでもどちらでもいいですぞ」


提督「そうだな……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



595:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 19:53:11.74 ID:KEPPqULO0

観光



596:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 19:54:49.22 ID:kBdtCcwrO

まだおいかけっこしてる皐月と村雨&龍鳳



597:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 19:56:40.42 ID:jHsX/4nDO

厳しく教育されたようで旅館の仲居が板に付いて完全に接客モードな朝霜が掃除に来る



599: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:02:18.25 ID:2O1KxcUJ0

提督「…せっかくだし観光しよう。この周辺には色々あるそうだからな」


漣「キタコレ!」


龍驤「ほな着替えなあかんなぁ。浴衣も楽でよかったんやけど、しゃーないわな」


漣「そこは漣もお手伝いさせてもらいます!」


提督「俺も手伝うからとびきり可愛い格好をしてくれ」


龍驤「な、なんやの…そんなんいきなり言われたら照れるやん…」


漣「ご主人様は眠くて本音ダダ漏れタイムなんですぞ」


提督「もちろん漣も可愛いぞ」


漣「恐縮です!」



600: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:06:19.73 ID:2O1KxcUJ0

ーー

漣「さ~て朝飯も終わって着替えも終わりました!」


龍驤「まずはどこに行こうとしてるん?」


漣「移動はタクシーですかね。こういうのって旅館が呼んだりしてくれるんでしょうか?」


提督「呼んでくれるが、歩きで行ける距離なら龍驤はおぶっていく」


龍驤「そんなん悪いわ…」


漣「まぁまぁ、ご主人様がどこに行こうとしてるかによるじゃないですか」


提督「そうだな、向かう場所は…」


下1~3高コンマ 提督達の目的地等



601:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:06:58.60 ID:rlCT6qQc0

縁結びの神様で知られる神社



602:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:08:09.46 ID:jHsX/4nDO

英雄艦娘が奉られている神社



603:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:09:04.13 ID:02/yupOQo

温泉の川が境内を流れるじんし



604: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:15:01.36 ID:2O1KxcUJ0

ーー神社

漣「タクシーの運ちゃんナイス運転あざっす!」


龍驤「ここはどんな場所なん?」


提督「…ここは縁結びで有名な神社だ」


漣「おほー!縁結びですか!」


龍驤「それってウチらが来ていいん?カップルで来たら別れるとか聞いたことあるけど…」


提督「…それは迷信だ。実際はそんなことはない」


漣「ご主人様が言うと頼もしいですな!ならお参りに行きましょうぞ!」



605: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:18:53.67 ID:2O1KxcUJ0

龍驤「それにしても広い神社なんやねぇ」


提督「全国からわざわざこの神社に来るらしいからな」


漣「有名な神社なんですな!」


提督「縁を求めるのは勿論、俺達みたいにもう出会った人達も来るんだ」


漣「ほうほう…」


龍驤「うわ、あれ全部絵馬か?凄い数やな…」


漣「ご主人様!せっかくですから書いていきましょうぞ!」


提督「そうだな…」


下1~3高コンマ 誰かの書いた絵馬の内容等



606:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:21:42.01 ID:jHsX/4nDO


ずっと3人で居られますように
イラスト付き



607:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:22:26.99 ID:kBdtCcwrO

漣が漫画の様な絵で3人が揃って結婚式をあげる絵馬を

そして側に百合好き鎮守府の赤城が書いたと見られる『百合好き提督の目に私しか写らなくなります様に』と書かれている絵馬があった



608:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:24:44.43 ID:jT1Zyxa7o

無記名
みんなが笑って仲良くできる世界になりますように



609: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:28:37.72 ID:2O1KxcUJ0

漣「むむ!ペンがあるじゃないですか!」


龍驤「よく見るとイラストも多いみたいやね」


提督「こういうのが流行っているんだろう」


漣「なら漣も本気出しちゃいますぞ~~!」


提督「俺は普通に文字にしておこう」


龍驤「ウチもそないしとこかな」



610: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:32:37.29 ID:2O1KxcUJ0

漣「…………よし!できましたぞ!」


龍驤「漣絵上手いやん!」


漣「へへへ、こういうのは得意なんです!」


提督「描いてあるのは…俺達か」


漣「はい!三人で結婚式を挙げている所を漫画調で描いてみました!」


龍驤「三人で…か」


提督「いつかこうやって式を挙げたいな」


漣「新郎一人に花嫁二人。まさに両手に花ですよ!」


龍驤「司令官やったらウチらのことはどっちも幸せにしてくれるやろうからね」


提督「…当たり前だ」


漣「ひゅーー!カッコいい~!」



611: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:37:21.79 ID:2O1KxcUJ0

漣「せっかくだからこの絵馬は一番目立つ所にかけましょう!」


龍驤「しかしほんま凄いな。イラスト展に来たみたいになっとる」


提督「だが文字だけのものも多いぞ。ほら、ここは全部文字の……」ピタッ


龍驤「どうしたん急に止まって」


提督「……」スッ


龍驤「ん?この絵馬がどないしたん?」


『全ての邪魔モノが消えて、百合好き提督の目に私しか写らなくなります様に 一航戦、赤』


龍驤「……これってあの赤城か?なんで文字が血みたいに赤いんや…?」


提督「まさか……本当に…」


龍驤「まさか……ここに置いてるペンやってぇ…」


提督「だがこんな赤色のペンはあったか?こんな赤々しい赤は無かったぞ…?」


龍驤「……触らぬ神に祟りなしやね」


漣「ご主人様!絵馬はかけておきましたぞ!」


提督「…そうか。ありがとうな漣」



612: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:39:44.17 ID:2O1KxcUJ0

ーー

漣「さて、いよいよ神様にお願いですな!」


龍驤「絵馬と同じことお願いしてもええんかな?」


提督「それでも構わないが、これは口に出すわけではない。心の中で思うものは誰にも見られないし、知られることは無いからな」


龍驤「そういうことか…」


漣「漣がお願いすることは一つですけどね!」


提督「じゃあ…行こうか」


下1~3高コンマ 誰かの思ったこと等



613:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:47:31.46 ID:i0jjIGNmo

龍鳳と村雨にすまきにされて逆さ吊りされてる皐月を目撃する



614:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:48:00.91 ID:wEziNafY0

龍驤
鎮守府の皆で今後も元気で過ごせますように



615:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:50:09.49 ID:KEPPqULO0

提督

二人を必ず幸せにして見せると決意を込めて



616: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:55:06.33 ID:2O1KxcUJ0

龍驤(ありきたりやけど…ここは鎮守府の皆で今後も元気で過ごせますようにって願っとこか)


龍驤(縁結びで有名っちゅうんやったら、良いことも引き寄せてくれるってことやんな?)


龍驤(ウチらのことは司令官が願ってくれてるやろうし、ウチは皆んなの幸せ…良縁を願っとくわ)


龍驤(神様……ウチは不幸なんかや無いで。失ったものは大きかったけど、それ以上に素晴らしいものに出会えたと思ってる)


龍驤(司令官に漣……それから鎮守府の皆んな。ほんまにありがとう。ほんで、これからもずっと、よろしくお願いします……)



617: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 20:57:40.15 ID:2O1KxcUJ0

漣「龍驤さん随分と長かったですね。そんなにお願いしたんですか?」


龍驤「…内緒や」


提督「口に出すとダメらしいからな。漣はうっかり言うんじゃないぞ?」


漣「それは気をつけなければいけませんな…」


龍驤「…よし!神様へのお願いごとも終わったし、次行こか!」


漣「お次はどこへ行きましょうぞ?」


提督「次はだな…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



618:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:58:31.33 ID:3fDX3A0FO

>>613



619:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:59:23.88 ID:KEPPqULO0

なぜか狐耳が頭にある赤城と、目に光がない百合好き提督に遭遇する



620:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 21:00:10.06 ID:i0jjIGNmo

お土産を物色すると掘り出し物をみつける



627: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 21:05:04.76 ID:2O1KxcUJ0

提督「土産物屋を先に見ておこう。下見をしておけば明日はスムーズに買い物ができる」


龍驤「ええなぁそれ」


漣「じゃあ旅館近くの温泉街に戻りませう!」


提督「待っていてくれ、タクシーを呼んでくる……?」


龍驤「あれは……?」


漣「どこかの赤城さんですかね?でもなんか変ですな」


提督「…赤城の頭がおかしいな」



628: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 21:10:47.84 ID:2O1KxcUJ0

漣「ご主人様っ!!頭がおかしいなんて暴言やめて下さい!」


提督「違う違う、そう言う意味じゃない」


龍驤「赤城の頭見たらよう分かるで?」


漣「む……むむむ?なんですかあのケモ耳は?」


龍驤「狐とかそういう感じの耳やね」


漣「あのコスプレが流行ってるとかなんですかねぇ?」


提督「さぁな……」



629: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 21:15:09.81 ID:2O1KxcUJ0

龍驤「もしかして側におる男はあの赤城の提督なんかな?」


提督「そうかもしれないな」


漣「でもなんか目に光が無いというか、窶れてる感じしません?」


龍驤「ほんまやな…」


漣「ご主人様と同じで、あの格好をすると元気が出るとかですかね?」


提督「…そういうことにしておこう」


龍驤「あの赤城は狐耳だけやなくて、なんか目にも違和感があるんやけど…今日はオフやしそっとしといたろか」


漣「万が一知り合いだと面倒なことになるかもしれませんからな!」


提督(百合提督……申し訳ない…)



630: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 21:17:16.15 ID:2O1KxcUJ0

ーー温泉街


漣「さぁ、温泉街に戻ってきました!」


龍驤「明日の為に見るだけやから、ゆっくり色んなもの見れそうやね」


提督「土産屋だから売り切れもあまり心配無いからな」


漣「片っ端から見ていきましょうぞ!」


龍驤「そんな慌てんでもええから、ゆっくり行こうや」


提督「そうだ、のんびり行こう」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



631:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 21:18:53.71 ID:syS7Prl2O

ぱーっとお土産を見た後食べ歩き



632:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 21:19:01.62 ID:jT1Zyxa7o

オフの集積地棲姫がいる
三つ編み解いてたりコンタクトにしてたりだいぶ雰囲気違うが漣(の内在深海棲艦)には見抜かれる模様



633:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 21:19:20.04 ID:+OYLJ7uIo

>>620



635: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 21:39:29.18 ID:2O1KxcUJ0

ーー

漣「いやぁ~こういう所にはなんでも売ってるもんなんですなぁー」モグモグ


提督「漣は何を食べているんだ?」


漣「なんか鶏肉をいじくり回して焼いたやつです」


提督「…よく分かったよ」


龍驤「漣、それ美味しいん?」


漣「こういうとこならでは!って感じです。中々味わえない風味ですよ~」


龍驤「ほな一口くれへん?美味しかったらウチも買うわ」


漣「いいですぞ~!」



636: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 21:41:56.76 ID:2O1KxcUJ0

提督「…少し届かないか?」


龍驤「司令官におぶってもらってたもんね。降りるからちょっと待っててな」


漣「降りて大丈夫なんですか?」


龍驤「せっかくやから自分でも歩きたいねん。ここやと人通りも少ないしいけるで」


提督「…なら下ろそう。漣、補助を頼む」


漣「了解ですぜダンナ!」


龍驤「ありがとうな二人とも」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



637:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 21:43:23.34 ID:jT1Zyxa7o

食べさせ方がなんかやらしいぞ漣さん



638:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 21:44:55.13 ID:AwvJF9cY0

執務室に飾れるような風鈴を購入しようか思案する提督



639:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 21:45:14.54 ID:+OYLJ7uIo

龍驤を見て艦娘と気づいて感謝してくるおばあちゃんが来た



642: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 21:56:34.81 ID:2O1KxcUJ0

龍驤「うん、やっぱり自分の脚で歩くとまた違うわ」


提督「…それは良かったよ」


漣「今ご主人様の背中は空いている…なら漣がそこに乗ります!」


提督「足でも痛めたのか?」


漣「いいえ!漣もご主人様の背中を感じたいからです!」


提督「…好きにすればいい」


漣「よおっし!ご主人様そこに屈んで下さい!」


龍驤「ウチが歩いて漣がおぶってもらうのも、なんか変な光景やね」


「ねぇそこの貴女……」


龍驤「どうしたんやおばぁちゃん?」


「あら、やっぱりそうみたいだねぇ」



643: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 21:59:16.73 ID:2O1KxcUJ0

「艦娘のお嬢ちゃん、いつも私達の為に戦ってくれてありがとうねぇ」


漣「お嬢ちゃん…ぷっ」


龍驤「うるさい漣!」


提督「…すいません、失礼ですがどうして龍驤が艦娘だとわかったんですか?」


漣「確かに、今は私服のうえ髪型まで違ってますからね~」


「安価」


下1~3高コンマ 台詞を



644:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:02:01.43 ID:KEPPqULO0

この龍驤さんじゃないかもしれないけど、以前龍驤さんに助けてもらったことがあるのよ



645:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:02:51.71 ID:kBdtCcwrO

私も昔は提督をやってたのよ



646:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:04:18.91 ID:AwvJF9cY0

先ほど舌が見えてしまいましてね……
昔、同じような印をつけた翔鶴さん……でしたかのぉ……保護していたことがありまして……



648: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 22:12:39.44 ID:shEtylwzO

「このお嬢さんが何かを食べた時に舌が見えましてな…昔、同じような印をつけた翔鶴さん……でしたかねぇ……保護していたことがあったんですよ」


提督「そうだったんですか…」


漣「印が舌にあったということは、その翔鶴さんも片腕が無かったんですか?」


「いいや、あの子は両腕が無かったんじゃよ」


龍驤「両腕が…!?」


提督「一体どうやって戦っていたというんだ…」


「詳しい話はわからんし、聞こうともしなかったんじゃ。私はただ翔鶴さんを少しの間預かっただけじゃ」


龍驤「…なぁおばあちゃん、その話ゆっくり聞かせてくれへん?」


漣「ちょうどあそこにお食事処がありますぞ!」


「こんな老いぼれの話でよければ、いくらでも聞いていって下され」


下1~3高コンマ おばあちゃんが語ったこと等



649:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:15:37.23 ID:wEziNafY0

おばぁさんが言うには
お札のようなものを口にはみ、
尋常ではない程の殺気をもって艦載機を具現化し戦っていたらしい



650:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:16:22.45 ID:jHsX/4nDO

滅ぼされた鎮守府の最後の生き残りにして過去の英雄だった話



651:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:17:11.01 ID:jT1Zyxa7o

暗い眼をしていてねぇ…戦いの事しか考えられなかったんだろうねぇ…



657: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 22:32:50.21 ID:shEtylwzO

ーー

「翔鶴さん…あの子は鎮守府の最後の生き残りだったそうなんじゃ」


「あの子の鎮守府は海のど真ん中。中継基地といっていたかな?そこには大勢の艦娘さんが居たそうなんだよ」


「そこは強い艦娘が集められていたらしいんだけど、中でも翔鶴さんはとびきり強かったみたいだねぇ」


「五人で苦戦していた敵も、翔鶴さん一人であっという間に倒してしまって…それはそれは強かったそうだよ」


漣「でもその鎮守府は壊滅してしまった…」


龍驤「一体何があったんや…」


提督「……」



658: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 22:39:49.18 ID:shEtylwzO

「私があの子を見つけた時は、それはそれは酷い状態だったねぇ。暗くて濁った目をしていて、まるで深い海みたいだったよ」


漣「それって……」


「放っておくわけにはいかないから家に連れて帰ったんだけど、あの子も辛い思いを沢山したんだねぇ」


「初めはずっと泣いてばかりで……さっき話したことも何日か経ってようやくボソボソと喋り出したんだよ」


「あんなに傷付きながら戦うなんて、艦娘さんは本当に凄いねぇ。本当にありがとうねぇ」


龍驤「……なぁおばあちゃん、その翔鶴さんは結局どうしたん?」


提督「何処かに帰っていったんですか…?」


「安価」

下1~3 台詞を



659:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:41:16.22 ID:jQdgd69Xo

ぐちゃぐちゃの字で「ありがとうございました」と書置きしていなくなった



660:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:42:04.48 ID:C6alFLRmO

世話になったお礼を言って海へ出ていった



661:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 22:42:09.41 ID:KEPPqULO0

結局は沈んでしまったんだよ……
沈むときには、どこか優しそうな顔をしてたねぇ……



664: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 22:57:48.39 ID:shEtylwzO

「世話になった礼を言って、海に出ていったよ」


漣「補給もしてないそんな状態で海に出ても……」


龍驤「やることは……一つやろうな…」


「でもね、海に出るあの子の目は綺麗に輝いていたんだ。私はそんなことをしてないって信じてるよ」


提督「……」


龍驤「さっきから黙ってどうしたんよ司令官?」


提督「あの…一つ聞いてもいいですか?」


「えぇ、どうぞどうぞ」



665: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 23:01:01.44 ID:shEtylwzO

提督「その翔鶴を保護したのはどれくらい前ですか?」


「五年か四年くらい前かねぇ」


提督「なるほど……」


漣「どうしたんですかご主人様?」


龍驤「司令官?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞を



666:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:02:16.52 ID:rlCT6qQc0

その翔鶴…もしかしてあの海域で噂の…



667:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:02:44.03 ID:KEPPqULO0

おそらくだが、その翔鶴はまだ生きている



668:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:03:18.46 ID:jHsX/4nDO

おそらくその翔鶴は生きている
そもそも両腕が無くそれほど強い艦娘なら知られていないはずはない



674: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 23:13:45.09 ID:shEtylwzO

提督「その翔鶴…もしかしてあの海域で噂の…」


漣「それってどんな噂なんですか?」


提督「あの海域は知ってるだろう?鉄の海域だ」


漣「あぁ……」


提督「未だにあそこからは未確認の深海棲艦が確認される魔の海域だよ」


龍驤「ウチらの鎮守府からは遠いから、噂はよー知らんわ」


提督「これは幹部さんの所での集まりで聞いた話なんだ。その海域で全滅や甚大な被害が出そうな時にソレは現れるらしい」



675: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 23:21:49.55 ID:shEtylwzO

漣「それ……?」


提督「零戦と九九式が何処からともなく現れて、その艦隊を助けてくれるそうなんだ」


龍驤「翔鶴の初期装備か…」


漣「でもそれだけじゃ翔鶴さんだとは分かりませんよね?」


提督「それがな、助けられた艦娘は全員こう言うんだ。白銀に輝き美しく舞う鶴の羽を見たと」


龍驤「鶴の羽……」


漣「白銀は翔鶴さんの髪色ですか…」


提督「翔鶴の姿を見た艦娘は誰一人居ない。だがあれは翔鶴に違い無いと噂されているんだ」



676: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 23:25:24.28 ID:shEtylwzO

漣「それは本当に翔鶴さんなんでしょうか…」


提督「…わからない」


龍驤「きっとそうなんやで、それは翔鶴に違い無いんや」


漣「どうしてですか?」


龍驤「ウチの直感と、おばあちゃんのおかげやと思うからね」


「私かい?」


龍驤「多分ずっと戦ってばっかりで優しくされたことなんて無かったんと違うかな。死に場所を探しとったらおばあちゃんと出会って……」


漣「優しさに触れて、何かを思ったというんですね」


龍驤「ウチはそう考えてるよ」


提督「…そうだといいな」


下1~3高コンマ 誰かの台詞、行動他



677:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:25:35.42 ID:jHsX/4nDO

絢爛舞踏ですな



678:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:26:38.98 ID:vsTd995WO

朝霜が現れて
話は聞かせてもらった!海域でたまに会う知り合いだな。
あたいが単艦でやられてると思って助けに来たのがきっかけで知り合ってからちょいちょい話もするぜ



679:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:28:53.14 ID:KEPPqULO0

>>678+実は特務艦にならないか誘っているが、本人が断り続けている



684: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 23:38:19.93 ID:shEtylwzO

朝霜「話は聞かせてもらったぜ!」


漣「びっくりしたぁ!!」


「あらあら、このお嬢ちゃんも艦娘かい?」


龍驤「色々と言いたいことはあるけどもや…とりあえず朝霜、これについて何か知ってんのか?」


朝霜「あぁ、海域でたまに会う知り合いだよ」


提督「まさか!?」


朝霜「ホントだって。あたいがまだ若かった頃にその海域で無茶してな…その時助けてくれたんだよ。それがきっかけでちょいちょい話すようになったんだ」


漣「バカな……」


龍驤「…なんで朝霜の前には姿を現したん?今まで誰にも見つかってなかったんやろ?」


朝霜「あぁ、それは単純な話だ」



685: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 23:44:05.19 ID:shEtylwzO

朝霜「鳥が羽を落とす時はどんな時だ?」


漣「そりゃー羽を休める時か、飛んでる…………!?」


提督「…まさか!!」


朝霜「そうだ、その翔鶴は空飛んでたんだよ。それも結構な上空をな」


龍驤「そんなアホな……」


朝霜「あたいも気付いたのは偶然だ。敵が閃光弾使って辺りが真っ白になる瞬間、あたいの真上に影があったんだ」


朝霜「…流石のあたいも初めて見た時は何かの冗談かと思ったぜ」



687: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 23:49:43.73 ID:shEtylwzO

龍驤「ど……どうやって空飛んでたんよ?」


朝霜「種明かしすりゃ龍驤さんとやってることは同じらしい。式神を艦載機じゃなくて羽の形にして身に纏ってるってよ」


漣「羽って……何枚必要と思ってんですか…」


朝霜「さぁな。桁外れの量を同時に扱ってんだ、間違いなくバケモンだよ」


提督「朝霜が化け物と言うレベルか…」


朝霜「まともに戦ったら傷一つ付けられるか分かんねぇな」


漣「凄いですな……」



688: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/19(木) 23:51:57.14 ID:shEtylwzO

提督「…朝霜はその翔鶴と知り合いなんだよな?」


朝霜「そうだな、何回も話してるし」


提督「なら何故そんなことをやっているのか聞いたことは無いか?」


龍驤「あ、それはウチも気になったわ」


提督「聞いてないならそれでいいんだが、もし答えを聞いていたなら教えてくれるか?」


朝霜「安価」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞を



689:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:54:07.57 ID:rlCT6qQc0

どこかの鎮守府に縛られるより、自由に海を守りたいって言ってた



690:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:54:29.42 ID:Y+pFsAUAO

もう誰も沈ませたくないってさ
仲間を失って悲しむのは私だけでいいって



691:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 23:54:53.43 ID:0DpTdEYs0

全ての悲しみや憎しみを祓いたい だとさ



695: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 00:05:37.27 ID:CSkIUjHO0

朝霜「どこかの鎮守府に縛られるより、自由に海を守りたいって言ってたな」


漣「まさに守護の鶴…ですか…」


龍驤「それがその翔鶴が見つけた答えなんやね」


提督「たった一人で海を守る…鎮守府の提督と比べて、なんて大きい存在なんだ……」


朝霜「バーカ、司令は司令だ。司令のお陰で何人助かってると思ってんだよ」


龍驤「とりあえずウチらは助けてもらってるで!」


漣「ご主人様が居ない生活なんて考えられません!」


提督「…ありがとうな」


「はぁ~あの目はそういう目だったんだねぇ。長生きはするもんだよ」


ーー



711: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 21:13:17.06 ID:r0zkCwIi0

ーー

漣「ふぁ~~帰ってきましたぞ~」


龍驤「お土産屋さんを事前に見とくのはよかったね。お陰で大体目星は付けれたわ」


提督「これで明日の買い物もスムーズにできるだろう」


漣「今の時間は…夕食までちょっと時間がある感じですね」


龍驤「どないする司令官?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞や行動等



712:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 21:15:06.81 ID:yv4Y9YgDO

なら最後に泉にでも入ってきたらどうだ?



713:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 21:15:27.36 ID:HTmMrKqQ0

夜景の美しい場所を押さえておこう



714:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 21:16:20.82 ID:pGdN2FqU0

部屋でのんびりしようか



715: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 21:29:25.38 ID:fItniDXaO

提督「…部屋でのんびりしようか」


龍驤「そうやね、待ってたらじきに夕食も運ばれてくるやろうしね」


漣「なら……ご主人様~!」ダッ


提督「おっ……とと」ボスッ


龍驤「漣、それはまだ早いんと違うか?」


漣「違いますぜ!私はただご主人様に抱き着きたかっただけです!」


龍驤「…ならウチも……」


提督「待て待て、漣も龍驤も少し待つんだ。可愛がってやるからせめて座らせてくれ」


漣「はい、ご主人様!」



716: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 21:34:29.25 ID:fItniDXaO

漣「うへへぇ…ご主人様のお膝はあったかいですなぁ…」


龍驤「ほんまやねぇ…」


提督「片手ずつ二人を撫でるのも悪くないな」ナデナデ


漣「あふぅん…ご主人様ぁ…大好きですぞぉ…」


龍驤「ウチやでぇ…」


提督「よしよし…しかしこうやって撫で回していると多摩を思い出すな」


龍驤「ウチと司令官で好き放題撫で繰り回したやつやね」


提督「わざわざ呼び出してまでやっていたからな」


漣「なんですかそれ!初耳ですぞ!」ガバッ


龍驤「そうか、漣には言うてないんやったっけ?」


漣「何も聞いてません!説明を求めます!」


提督「わかったからそう興奮するな」



717: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 21:38:09.68 ID:fItniDXaO

龍驤「一時的な、多摩はウチをイジメててん」


漣「だにぃ!?」


提督「とは言っても本気では無い。龍驤にこれ以上戦って欲しくないという気持ちからやっていたんだ」


龍驤「司令官は知ってて黙ってたやろ?」


提督「…まぁな」


龍驤「でも多摩とは結局は和解したんやけど、その条件が猫として撫で回すことやってん」


提督「俺達は猫派だったからな。将来猫を飼うイメージで撫で回し放題してやったよ」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動等



718:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 21:38:59.03 ID:x4T8YCWU0

それは良い事を聞かせて頂きました……(悪い笑み)



719:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 21:40:00.03 ID:yv4Y9YgDO

と言うことは、多摩さんを撫でている間ご主人様の息子さんは…



720:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 21:40:17.71 ID:rqqdYU0+0

すでに猫を飼ってるのに(猫耳持ち上げてニヤニヤ)



721: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 21:55:33.85 ID:fItniDXaO

漣「ご主人様は猫を飼いたいと思っていたんですね」


提督「そうだな、犬より断然猫だ」


漣「……もうすでに猫は飼ってるじゃないですか」ニヤッ


提督「!!」


龍驤「あかんて漣、ネコミミなんか見せたら司令官反応してまうで?」


漣「一回くらいできるんじゃねぇですか?」


龍驤「もし最中に女将さんでも来てみ?」


漣「……やめておきますか」スッ



722: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 21:58:55.20 ID:fItniDXaO

龍驤「それにや、今やとまだ司令官の弾が回復してないやろ?」


漣「…確かにそうですね。昨晩のご主人様はそれはそれは出してくれましたからね~」


龍驤「せめてご飯食べた後やないとな」


漣「リアルにヤクルト一本分は出てたんじゃねぇですか?」


龍驤「かもしれんな…」


漣「あ、そうだ!霞氏からこのお薬ももらったんでした!」ゴソゴソ



723: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 22:02:38.41 ID:fItniDXaO

提督「…その薬はなんだ?」


漣「精力剤というか、精子がめちゃくちゃ作られる薬らしいです」


龍驤「霞はそこまで考えとったんかいな…」


漣「バレバレだったんでしょうな。あ、もちろんキメセクの薬もまだ残ってますぞ!」


龍驤「飲み合わせは大丈夫なん?」


漣「いえ、だからご主人様は今のうちに飲んでおいてください!効果は数時間で現れるそうです!」


龍驤「やって司令官。もちろん断るわけないわな?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



724:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:03:34.19 ID:x4T8YCWU0

腰に手を当てながら一気飲み



725:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:04:23.20 ID:mGiRB9yE0

断る理由もない



726:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:05:24.23 ID:yv4Y9YgDO

任せておけ



728: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 22:16:27.55 ID:fItniDXaO

提督「…任せておけ」グイッ


漣「ひゅーー!カッコいいご主人様!」


龍驤「一気飲みとは男らしいわ」


提督「~~……」


漣「すっごい微妙な顔…」


龍驤「美味しくなかったん?」


提督「なんかこう…内臓に効きそうな味がする…」


漣「漣は飲みたくねぇですな…」


コンコン

「お食事の用意を持って参りました」


龍驤「あ、お願いしますぅ」


漣「うわ…危なかったですな……」


龍驤「…な?」



730: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 22:20:52.77 ID:fItniDXaO

ーー

漣「相変わらず美味しかったですなぁ……」


龍驤「うん、もう大満足や」


提督「ここに来た甲斐があったな」


漣「さて…この後はどうしますか?」


龍驤「今日はまだ温泉には入ってないわなぁ」


漣「正確には今朝部屋のには入りましたが…」


龍驤「それはそれや。さて、司令官どうする?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



731:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:21:31.80 ID:1XoYIA34o

ひとっ風呂浴びてくる



732:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:21:46.30 ID:x4T8YCWU0

……二人とも、ネコミミの準備を頼む



733:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:23:54.45 ID:pGdN2FqU0

今から風呂にはいってきてそしたらまた朝にはいろう
それまではチョメチョメ



734: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 22:38:20.46 ID:fItniDXaO

提督「ひとっ風呂浴びてこよう。歩いて汗もかいたしな」


漣「ガッテンです!」


龍驤「着替えと浴衣を持っていかなあかんな~」


提督「温泉に入るのは今夜で最後かもしれない。ゆっくり堪能してこようか」


漣「さいですね!」


龍驤「ほな漣、一緒に行こか~」


下1~3高コンマ 温泉での出来事やその他起こったこと等



735:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:39:14.89 ID:M9VnnjVDO

接客モードの上品朝霜が仕事中なのを見かける



736:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:40:15.87 ID:kaizigfZO

お背中お流ししますよお客様!(朝霜)



737:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 22:40:27.20 ID:x4T8YCWU0

温泉で龍驤と漣が百合鎮守府の赤城と鉢合わせる



738: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 23:05:09.77 ID:fItniDXaO

ーー


提督「ん、あれは朝霜……」


朝霜「~~~~」


提督「…ここの女将によっぽど絞られたらしいな。真面目に仕事をしているようだ」


朝霜「……」ニコッ


提督「あんな上品な応対もできるのか。普段からあぁしてればいいものの…」


提督「…見つかる前にさっさと温泉に入ってしまおう」



740: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 23:08:46.16 ID:fItniDXaO

ーー

提督「…やはり温泉は最高だ」ほかほか


提督「漣達は……まだ戻ってきていないのか」


提督「少し期待したと言えば嘘になるが……俺の方が先なら仕方ない」


提督「二人で積もる話もあるかもしれない。大人しく待っているか」


提督「……準備しておくのはまだ早いか?」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



741:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:09:55.68 ID:c2UOf5DhO

>>737+赤城「」あら、奇遇ですね
温泉で龍驤と漣が百合鎮守府の赤城と鉢合わせる



742:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:10:22.19 ID:x4T8YCWU0

程なく二人も上がってくる



743:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:10:34.10 ID:kaizigfZO

ルームサービスですよ(朝霜)



745:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:12:28.84 ID:c2UOf5DhO

「」がずれてる…正しくは
『737+赤城「あら、奇遇ですね」』



746: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 23:23:28.08 ID:fItniDXaO

ーー

漣「龍驤さんもっと漣に体重をかけて下さい」


龍驤「ごめんな漣、義足がつけられへんからこうするしかないんよな…」


漣「気にしないでくだせぇ!」


赤城「あら、貴女達は……提督さんの鎮守府の艦娘ね」


龍驤「アンタは赤城……」


漣「百合提督の赤城さんじゃないですか!」


赤城「貴女達もここに来ていたのね」



747: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 23:26:25.71 ID:fItniDXaO

漣「神社で見かけたことは言わない方がいいですよね?」ヒソヒソ


龍驤「そうやろうね…」


赤城「貴女達はいつまでここにいる予定なんですか?」


漣「明日には帰りますぞ!」


龍驤「昨日着いて、二泊三日の予定やねん」


赤城「そうだったんですね」


漣「赤城さん、せっかくだから一緒に湯を共にしましょうぞ!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



748:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:27:04.15 ID:M9VnnjVDO

ちょうど携帯に「赤城」から連絡が
百合提督が行方不明になった心当たりは無いかと



749:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:27:51.88 ID:kaizigfZO

部屋の方で
>>743
ルームサービスですよ(朝霜)



750:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:27:59.77 ID:pGdN2FqU0

赤城さん、やけに肌が艶々、上機嫌で鼻唄もうたっている



752: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 23:42:46.55 ID:fItniDXaO

ーー部屋


コンコン


提督「お、帰ってきたか」


「ルームサービスです」


提督「…頼んだ覚えは無いがとりあえず入ってもらうか。どうぞ入ってきて下さい」


朝霜「司令!やっと二人っきりになれたな!」ガラッ


提督「朝霜だったのか…」


朝霜「そう露骨にがっかりすんなよ!とりあえず話ししようぜ!」


提督「断る。俺は龍驤と漣のためにこの旅館に来ているんだ」


朝霜「そんな堅いこと言うなって!」



753: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 23:45:34.12 ID:fItniDXaO

提督「…もうすぐ龍驤達が帰ってくる。お前も早くここから出て行った方がいいんじゃないか?」


朝霜「いーや、まだしばらく戻ってこねぇよ。例の赤城と色々話してるはずだからな」


提督「あの赤城か……」


朝霜「司令!今は二人っきりなんだぜ!?そろそろあたいにご褒美くれよぉ~!」


提督「……」


朝霜「今まで貸してた借りを返すと思ってよぉ!なぁ司令!」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞や行動他



754:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:47:18.39 ID:pGdN2FqU0

頭ナデナデ



755:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:48:07.54 ID:ZCdq7FrMo

般若面の女将さんが朝霜の首根っこ掴んで退場させる



756:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 23:48:36.44 ID:x4T8YCWU0

無言のタワーブリッジネイキッド



757: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/20(金) 23:56:29.84 ID:fItniDXaO

朝霜「なぁ司令!あたいはどんなプレイだって歓迎なんだぜ!」


朝霜「ケツに突っ込んでもいいし、本気で殴ってくれても構わねぇ!」


朝霜「忘れらないような気持ちイイことしてくれよぉ~~!」


提督「……」スッ


朝霜「手を出してくれたってことは何かしてくれるのか!?首でも絞めてくれんのか!?」


提督「後ろを……見てみろ」


朝霜「後ろ?」クルッ


女将「……」


朝霜「ひゅっ……」



758: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 00:02:08.69 ID:r1YurQpwO

女将「……」


朝霜「あ、ひ、これは……あれだ…」


女将「…まだまだ教育が必要だね」ガシッ


朝霜「ひいいぃっ!助けてくれよ司令!!」


提督「…達者でな」


朝霜「そんなぁぁぁ!!」


女将「夜中までたっぷり扱いてやるから覚悟さな!」


朝霜「嫌だ!助けてくれよ司令~~~~!!」ズルズル


女将「ご迷惑をおかけしてすいません。この件はまたお詫びをさせてもらいます」


提督「いえ、そんな…」


女将「朝霜!今日は寝れると思うんじゃないよ!」


朝霜「ぎぇぇ~~~~~~!!」



759: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 00:05:40.59 ID:r1YurQpwO

龍驤「なんかすごい声したけど何かあったん?」


提督「…鬼が出たんだ」


漣「むむ?怪談か何かですか?」


提督「違う…あれは本物の般若のような…」


漣「もしかしてご主人様、先に薬キメちゃったんですかね?」


龍驤「それやったらウチらも早く飲まな!」


漣「待ち切れないなんて、流石はプチ絶倫なだけありますな!」


提督「あれが女将の貫禄なのか……」


ーー



765: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 20:40:52.16 ID:y55TqLI10

今日はゆっくりやっていきます


ーー


漣「さて、今日は最終日ですぞ!」


龍驤「昨日の夜は今日の事を考えて抑えめにしたから、割と元気やで!」


提督「…帰る準備はあらかた完了したな」


漣「少し早いですがこのままチェックアウトといきますか?」


龍驤「時間までおるんでもウチはええで~」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞や行動等



766:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 20:42:53.70 ID:JlUH3LNTO

朝霜が何で働いてるのかちょっと気になる



767:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 20:43:07.31 ID:mYewgBDhO

早めにお土産を買いに行こう



768:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 20:43:40.98 ID:JzoNI0Tt0

提督「何もかも予定通りに行くとは限らない。念のため少し早めにチェックアウトしよう」



769: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 21:06:58.89 ID:y55TqLI10

提督「何もかも予定通りに行くとは限らない。念のため少し早めにチェックアウトしよう」


漣「そうしますか!」


龍驤「早めに帰っとけば、面倒な奴を振り切れる可能性もあるしな」


提督「…むしろそっちがメインだな」


漣「朝霜は一体どうやってここまで来たんでしょうな…」


龍驤「単純に電車とかでは無いのは確かやな」


提督「…だろうな」



770: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 21:10:24.76 ID:y55TqLI10

ーー温泉街


漣「というわけでお土産を買いにやって来ましたぞ!」


提督「車はこの近くのパーキングに改めて止めてきてある」


龍驤「目ぼしいもんは昨日見てあるから、ちゃちゃっと買ってしまおか!」


漣「いえぇ~~!」


提督「それなりの数を買うことになるが、これも旅行の楽しみの一つだからか」


下1~3高コンマ 誰がどんなお土産を買った?個人的でも全員向けでも可



771:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 21:11:39.20 ID:yMnl+Kzxo

飲兵衛達に
温泉水で作った酒



772:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 21:12:36.04 ID:o9BnBjsu0

提督
密かに個人用に産地直送スッポンマムシドリンク

後は皆用に温泉饅頭やご当地ストラップ



773:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 21:13:23.74 ID:hcXaDYrDO


3人お揃いのアクセサリー



783: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 21:32:01.44 ID:r1YurQpwO

漣「まず漣からいいですか?どうしても買いたいものがあるんです!」


龍驤「そんなん買ってきたらええんやで?」


提督「俺達の許可は必要無いだろう?」


漣「いえいえ、私が買いたいのは我々三人のものなんです!」


龍驤「ウチらの?」


漣「お土産で自分達のものを買ってはいけないというルールはありませんよね!ささ、あちらの店に行きましょうぞ!」



785: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 21:34:34.08 ID:r1YurQpwO

ーー

龍驤「こういう感じのお店もあるんやねぇ」キョロキョロ


提督「アクセサリーショップか」


漣「すいません!昨日予約しておいた者が来ました!」


龍驤「予約までしとったんかいな…」


漣「もちろんですぞ!三人お揃いのイイヤツを選んでおきました!」


提督「どんなアクセサリーになるんだ…?」


下1~3高コンマ 漣が買ったアクセサリーの種類や見た目、特徴等



786:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 21:37:39.00 ID:yMnl+Kzxo

みっつ合わせて温泉のマークになるペンダント



787:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 21:43:28.47 ID:o9BnBjsu0

満月と有明月と三日月のペンダント
3つ合わせる事ができ、合わせると大きな満月になる



788:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 21:55:05.36 ID:AJVsS/H00

さりげない小さなストラップ



790: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 22:09:39.37 ID:r1YurQpwO

ーー

龍驤「……なんやこれ?」


漣「これは三つ合わせると温泉のマークになるナイスなペンダントです!」


提督「……」


龍驤「温泉のマークって…」


漣「ご主人様はもちろん、くくくの所を持っていて下さい!」


提督「…ありがとうな漣」


漣「嫌ですなーもー!照れるじゃないですか!」


龍驤「司令官、漣には悪気は無いみたいやで…」ヒソヒソ


提督「…わかっているさ」


漣「さぁこの調子でどんどん買っていきましょうぞ!」



下1~3高コンマ 誰がどんなお土産を買ったか。個人宛でも可



791:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 22:11:31.95 ID:JlUH3LNTO

>>771
飲兵衛達に
温泉水で作った酒



792:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 22:12:05.30 ID:7EkKLjyyO

>>778が無難かな



793:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 22:13:23.48 ID:hcXaDYrDO

木刀
ご当地ストラップ
温泉饅頭
変な人形と節操無く



795: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 22:51:31.98 ID:r1YurQpwO

龍驤「ウチは飲兵衛達にお酒でも買って帰ったろかな」


漣「それって温泉水とやらで作ったお酒ですってね!」


提督「そういう酒は珍しいそうだな」


龍驤「これやったら飲兵衛の連中も喜んでくれるやろ」


漣「お値段もお手頃ですし、中々いいものですな!」


提督「よし、俺も目をつけておいたものを買おう」


下1~3高コンマ 提督の買ったお土産を。個人宛でも可



796:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 22:59:44.84 ID:/9hoirj50

草津温泉硝子のグラスやトンボ玉や酒器等々(全員分)



797:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 23:03:59.24 ID:o9BnBjsu0

>>796+温泉饅頭



798:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 23:20:27.41 ID:wAlB3dXfO

○○に行ってきました饅頭



799: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 23:27:37.21 ID:r1YurQpwO

提督「ここの温泉硝子のグラスやトンボ玉や酒器のセットしよう」


漣「ちょっと!?これを全員分ですか!?」


龍驤「相当な値段になるで…」


提督「食べ物もいいがこうやって形に残るのもいいだろう?値段は気にしたら負けだ」


漣「なら饅頭とかお菓子は私達が買いましょう!」


龍驤「そうやね!皆んなの分をちゃんと買っていったろ!」



800: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 23:30:38.47 ID:r1YurQpwO

ーーSA

提督「…このサービスエリアで休憩といこう」


漣「お土産のほとんどは宅配にしたので、帰りも楽々ですなぁ~」


龍驤「手元にあるのがこの温泉のペンダントだけって…なんかシュールやわ」


漣「そんなことより龍驤さんトイレに行きましょうぞ!」


龍驤「……うん、そうやね」


提督「さて……俺も一休みといこう」


下1~3高コンマ ここで起こったことやその他



801:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 23:33:22.69 ID:6sEbGSK6o

村雨と龍鳳の鎮守府から皐月について苦情の書簡が届いたと連絡を受ける



802:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 23:33:38.24 ID:7EkKLjyyO

話し方や立ち振舞いが上品になった朝霜が佇んでいる



803:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 23:33:53.64 ID:yMnl+Kzxo

元艦娘の福利向上の為の募金活動(金剛のいた組織見たいのが)やってる



807: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 23:42:41.80 ID:r1YurQpwO

提督「……ん、誰から連絡があったのか。運転中だから気付かなかったな」


提督「今なら大丈夫だな。折り返し連絡してやるか…」ピピピッ


皐月『ごめんなさい司令官!!』


提督「…いきなり謝罪とはな。何があったんだ?」


皐月『あのね、旅館で龍鳳と村雨のオッパイを楽しんだのがダメだったみたいなの!」


提督「当たり前だ、鎮守府以外の艦娘の胸を触る時は注意しろと言っただろう?」


皐月『だって!僕の目の前にオッパイがあるんだよ!?』


提督「言い訳になってないぞ…」



808: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 23:48:25.57 ID:r1YurQpwO

皐月『それでね、僕に対する苦情が正式な書簡で送られてくるんだって……』


提督「…それはあまり良くないな」


皐月『僕どうなっちゃうの!?鎮守府に居られなくなっちゃうの!?』


提督「その書簡を見ていないから何とも言えないな。皐月は今どこだ?」


皐月『大急ぎで帰ってる所だよ~~!!』


提督「ならそのまま鎮守府に帰ってくるんだ。俺達もこのまま帰る」


皐月『わかった!!』ピッ


提督「やれやれ、休日モードもここまでか…」


漣「おろ?どうしたんですかご主人様?」


龍驤「なんか渋い顔しとるな」


提督「…理由は帰りながら話す。とにかく今は急いで帰ろう」


下1~3高コンマ 帰ってきた提督を迎えた人物やその他起こったこと等



809:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 23:50:17.74 ID:+RBhzk5DO

相手方の提督
龍鳳と村雨が運用もままならないくらいハマってしまったとお怒り



810:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 23:51:04.97 ID:hcXaDYrDO

朝霜が上品になって帰って来たけど何があったのか皆気持ち悪がってると報告された



811:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/21(土) 23:51:21.98 ID:AJVsS/H00

天城「苦情は前の天提督のところからだな。一緒について行ってやるから謝ってこい。」



815: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/21(土) 23:59:35.22 ID:r1YurQpwO

ーー鎮守府


漣「ストップですぜご主人様!」


龍驤「鎮守府の駐車場側の入り口の前で誰か座っとるな」


提督「あれは……皐月だな」


龍驤「よー見たら皐月の奴正座しとるな…」


漣「なんでアスファルトの上で!そういうのはゲットワイルドの人にやらせとけばいいんですよ!」


提督「漣、やめるように言ってきてくれ」


漣「ガッテンです!」



816: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 00:05:41.15 ID:ufBtI7DXO

ーー


皐月「ごめんなさい…ごめんなさい……」グスグス


漣「皐月氏は一時間は正座してたそうですぜ」


龍驤「なんでそんなことを…」


皐月「だって……僕…」


天城「提督、丁度いい所に帰ってきたな。なんだ、皐月も帰ってたのか」


皐月「うん……」


提督「村雨と龍鳳の鎮守府から書簡が来たのか」


天城「あぁ、苦情は前に天城が居た鎮守府の天提督のところからだ。皐月、一緒について行ってやるから謝りに行くぞ」


皐月「はい……」


提督「待て、俺も一緒に行く」


天城「提督は色々やることがあるはずだ。皐月の件はこっちに任せとけ」


龍驤「帰ってきていきなりやね…」


漣「ま、これもうちらしいじゃないっすか」


ーー



839: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 19:41:14.41 ID:GUFNQD0i0

ーー

幹部「提督君達の見送りも終わったし、私達は通常業務に入ろう」


夕張「とは言っても簡単な遠征と出撃しかありませんけどね」


呂500「難しいのは全部提督が終わらせましたって!」


幹部「流石は提督君だ。これで私は堂々とクキ君とゆっくりできるぞ!」


駆逐棲姫「私もパパとゆっくりできて嬉しい」


夕張「執務室には私とろーちゃんも居ます。過激なスキンシップは控えて下さいね?」


幹部「もちろんさ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



840:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 19:44:47.09 ID:z54GdKPe0

隣からエッチな声が聞こえた
ため夕張たちがあたふたする



841:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 19:44:49.98 ID:f8tzYDSRO

膝にクキを乗せて執務



842:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 19:49:32.13 ID:0dwnGWoGO

遠征に向かった艦隊から深海棲艦の連中がビーチバレーの大会を荒らしているとの報告とどう対処したらいいかの相談をされる



843: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 19:54:26.10 ID:GUFNQD0i0

駆逐棲姫「パパの側に居れるのは嬉しいけど、ずっと立ちっぱなしは疲れそうだな」


夕張「別に立ってる必要はありませんよ。椅子を持ってきましょうか?」


呂500「車椅子の方がいいですか?」


幹部「いや、その必要は無い。クキ君、こっちに来たまえ」


駆逐棲姫「わかった」


夕張「何をしようとしてるんですか……?」



844: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 20:03:01.58 ID:GUFNQD0i0

幹部「こうするんだよ。クキ君は私の膝の上に座っていればいい!」


駆逐棲姫「これはいいな」チョコン


呂500「絵面が……」


夕張「父親と娘にも見えませんよ…まるで幼い子どもを誘拐した犯人にしか見えません…」


幹部「……君達は以外と毒舌なんだね」


呂500「その光景を鏡で見た方がいいです」


夕張「幹部さんの顔がにやけてるのも犯罪チックなんですよ」


幹部「……」


駆逐棲姫「大丈夫だパパ、私が居るぞ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



845:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:04:52.22 ID:TQCq5r+sO

こっそり覗いてみたらこの光景を見てしまい、深海からの呼び声に負けそうなレ級と必死に呼び止めている暁



846:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:05:39.80 ID:7BDeYzt0O

効率二倍でガンガン仕事が進む



847:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:05:53.45 ID:W7tANy2O0

クキ「パパ、お尻に何か硬いのが当たってるんだけど…?」



849: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 20:17:54.02 ID:GUFNQD0i0

ーー


幹部「ふむふむ、これはこういうことか」


駆逐棲姫「パパ、こっちは終わったぞ」


幹部「ありがとうクキ君」


夕張「まさか効率が倍くらいになるなんて…」


呂500「この見た目からは想像できませんって…」


幹部「ハハハ、伊達に幹部を勤めていないからね」


駆逐棲姫「カッコいいぞパパ」


幹部「クキ君にそう言われると更にやる気が出るね!」


夕張「幹部さんを舐めてたかもしれません…」



850: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 20:25:17.80 ID:GUFNQD0i0

ーー食堂


幹部「昼食には少し早いが、午前の仕事は終わったから問題は無いね」


駆逐棲姫「パパとご飯をゆっくり食べるぞ」


夕張「この調子なら午後の仕事も簡単に終わっちゃいそうですね」


呂500「私と夕張さんが残った仕事を、徹夜で終わらせる覚悟もしてましたって」


幹部「私を見くびり過ぎだね。クキ君が近くに居れば私は無敵さ」


駆逐棲姫「パパと長い間一緒に居れるからもっと仕事したいぞ」


夕張「ろーちゃん、私達心配し過ぎだったみたいね」


呂500「嬉しい誤算ですって」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



851:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:26:51.43 ID:BD42eIyHo

監視しているレ級に気づく



852:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:27:46.78 ID:TQCq5r+sO

羽黒と長門が昼食を食べに来る



853:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:28:09.62 ID:yobjOhzWo

影から歯ぎしりして見てるレ級となだめる暁



856: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 20:36:53.95 ID:GUFNQD0i0

羽黒「あの…幹部さんがご迷惑を…かけてませんか…?」


呂500「羽黒さんと長門さん!」


夕張「迷惑どころか仕事をバリバリやってくれてますよ」


長門 なんだ、幹部はデスクワークもできるのか


幹部「クキ君がいればどんな仕事でも大丈夫だ」


羽黒「迷惑で無いなら良かったです…」


駆逐棲姫「パパは皆んなから仕事ができないと思われていたのか…」



858: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 20:41:20.55 ID:GUFNQD0i0

長門 それはクキのせいでもあるぞ


駆逐棲姫「私か?」


羽黒「だって…クキちゃんをお嫁さんにしてる時点で…」


呂500「まともな人じゃありませんって」


夕張「しかもその嫁に脇でおにぎりを握らせてるんですもん。評価なんて地の底です」


幹部「……」


羽黒「あの…確認しておきますけど…クキちゃんとは…それ以上のことはしてませんよね……?」


幹部、駆逐棲姫「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞、行動他



859:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:43:36.62 ID:bglVlH+k0

駆逐棲姫「それ以上(の楽しい)ことはしてもらってるぞ



860:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:44:42.66 ID:f8tzYDSRO

クキ
ちゅーならしたぞ



861:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 20:49:41.72 ID:0dwnGWoGO

何も酷いことなんてされてないぞ?最近は宿便を除去するのは美容に良いと良く浣腸をしてくれるんだっ



863: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 20:58:36.48 ID:GUFNQD0i0

駆逐棲姫「パパのことを誤解しているようだが、何も酷いことなんてされてないぞ?最近は宿便を除去するのは美容に良いと良く浣腸をしてくれるんだ…もがっ」バッ


幹部「……」


長門 貴様、表へ出ろ


羽黒「幹部さん……」


夕張「この人やっぱりダメだ…」


呂500「ドン引きですって…」



864: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 21:01:08.02 ID:GUFNQD0i0

幹部「……何も変なことじゃないだろう」


長門 じゃあ何故クキの口を抑えた。これ以上喋られるとマズイことがあるんじゃないか?


羽黒「幹部さん、クキちゃんを口から手を離して下さい」


幹部「……」スッ


駆逐棲姫「いったいなんなんだ…?」


夕張「あのねクキちゃん、落ち着いて答えてね?」


呂500「幹部さんに浣腸された後、何かされてることはありませんかって」


駆逐棲姫「安価」


下1~3高コンマ 駆逐棲姫の台詞、行動他



865:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:03:54.73 ID:z54GdKPe0

全身マッサージ



866:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:04:01.40 ID:bglVlH+k0

パパはいつもそのまま仕事に戻ってる



867:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:04:08.80 ID:f8tzYDSRO

浣腸の後はトイレに行くから何もされてないぞ



869: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 21:17:42.68 ID:GUFNQD0i0

駆逐棲姫「浣腸の後はトイレに行くから何もされてないぞ」


夕張「よかったぁ……」ホッ


呂500「これで手を出してたら終わりですって」


羽黒「首の皮一枚繋がりましたね…」


駆逐棲姫「私はそんなに変なことをされてたのか?」


長門 クキはもう何も気にするな


駆逐棲姫「よくわからないが……そうすることにしよう」



870: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 21:20:05.57 ID:GUFNQD0i0

ーー


幹部「……さあ午後の業務と行こうじゃないか」


夕張「仕切り直しても貴方のしてたことは消えませんよ」


呂500「幼女に浣腸なんてマトモじゃありませんって」


幹部「……」


駆逐棲姫「気にするなパパ。私は何も思ってないぞ」


幹部「私の味方はクキ君だけだ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



871:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:20:57.58 ID:bglVlH+k0

クキが膝に勢い良く座った衝撃で幹部のナニが暴発する



872:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:22:25.86 ID:z54GdKPe0

幹部の肩たたきをするクキ



873:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:23:36.67 ID:TQCq5r+sO

クキが幹部さんの頭なでなで



874: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 21:36:16.34 ID:GUFNQD0i0

ーー

駆逐棲姫「朝からずっと仕事だからな。パパも疲れただろう」トントン


幹部「いいねぇ…クキ君の肩たたきは心まで癒されるよ…」


呂500「これだけを見てるなら平和な世界ですって」


夕張「でも肩を叩かれてる人はとんでもない変態なんですよね…」


幹部「……これだけ頑張ってもダメなのかい?」


呂500「今までがマイナス過ぎですって」


夕張「私はクキちゃんにマイクロビキニ着せたって話聞いた時点でもうダメです」


幹部「……」


駆逐棲姫「気持ちいいかパパ?」


幹部「ああ……うん…」



875: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 21:39:50.41 ID:GUFNQD0i0

幹部「……ところで私が寝る場所はどうなっているんだい?」


夕張「空き部屋を使って臨時の幹部さんの部屋にしました」


幹部「そうか、なら今日はクキ君と一緒に…」


呂500「……」ジトー


幹部「……なんでもない」


駆逐棲姫「いいじゃないかパパ。パパの部屋では一緒に寝てるじゃないか」


幹部「……考えておくよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



876:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:41:46.10 ID:kdzx80ZYO

それでも仕事だけはきっちりこなす幹部さん



877:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:41:47.68 ID:bglVlH+k0

幹部が正座でクキに告白



878:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:44:42.01 ID:F3+PEpn6O

クキの方から部屋に来る



880: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 21:52:37.15 ID:GUFNQD0i0

ーー夜


駆逐棲姫「やっぱり一緒に寝るんだな」


幹部「……」


駆逐棲姫「皆んなにジロジロ見られたけど、気にすることは無いぞ」


幹部「そう言ってくれるのはクキ君だけだ…」


駆逐棲姫「パパは私を愛するとこの指輪に誓ってくれた。これを私が身につけているということは、何があってもパパの味方ということだ」


幹部「何があっても……か」


駆逐棲姫「どうしたパパ?」


幹部「クキ君……私の話を聞いてくれるかい?」



881: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 21:54:32.09 ID:GUFNQD0i0

駆逐棲姫「なんだ?なんで正座なんてするんだ?」


幹部「……私の話を聞いて欲しいんだ」


駆逐棲姫「聞くに決まってるじゃないか。パパの言うことなんだ」


幹部「……」


駆逐棲姫「言いにくいことなのか?それともまた何か私にして欲しいことでもあるのか?」


幹部「安価」


下1~3高コンマ 幹部の告白内容を



882:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:58:27.30 ID:kdzx80ZYO

人間と艦娘、そして深海棲艦の和平のために頑張ってはいるが、ふとした時に不可能なのではないのかと不安になる



883:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:59:14.81 ID:F3+PEpn6O

もっとクキ君が精神的に成長してからにするべきだとわかっているのだが
クキ君を抱きたいという気持ちが日に日に大きくなるんだよ



884:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 21:59:38.94 ID:BD42eIyHo

今まで無知につけ込んで性的な目線で見ていた事を許して欲しい



886: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 22:08:11.94 ID:GUFNQD0i0

幹部「今まで無知につけ込んで性的な目線で見ていた事を許して欲しい……」


駆逐棲姫「性的?」


幹部「いやらしい目でクキ君を見ていたということだ……」


駆逐棲姫「つまりエッチなことだな。お姉ちゃんと暁がしてるようなことを私にしたかったのか?」


幹部「……そうだ。本当に申し訳なかった」


駆逐棲姫「何故謝るんだ?妻と夫がエッチなことをするのは普通なんだろう?」


幹部「許してくれるというのかい……?」


駆逐棲姫「許すも何も、最初から怒ってなんかない」



888: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 22:14:56.45 ID:GUFNQD0i0

幹部「よかった……まさかこんなにもここの艦娘達の評価が低いなんて思っていなかったから、もしかすると……と不安だったんだ」


駆逐棲姫「私はパパを拒否しないと言ったじゃないか」


幹部「ありがとうクキ君…」


駆逐棲姫「それで、私とエッチするのか?」


幹部「したいのは山々だが……」


駆逐棲姫「私はいいぞ。いっぱい愛してくれ」


幹部「そんな事を言われると理性が……!」


駆逐棲姫「リセイってなんだ?よくわからないが私はいいんだぞ?」


幹部「クキ君…!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



889:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 22:18:17.52 ID:Qc+bv4nr0

邪魔されずに過ごせる



890:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 22:19:10.86 ID:/+WsNpqT0

夕張に盗撮されているとも知らず、それはもう獣のようにがっつく幹部
クキは声が大きい事がわかったため、終始口で口をふさいでenjoyした



891:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 22:26:49.93 ID:F3+PEpn6O

邪魔されずバレずでセーフ



893: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 22:35:51.36 ID:GUFNQD0i0

ーー


幹部「どうだいクキ君…痛くは無いかい…?」


駆逐棲姫「あ、ん……痛くは…なっ……ん…」


幹部「私もこんなことをするのは数年ぶりだからね…」


駆逐棲姫「手……握っ…て……パパ…」


幹部「怖いのかい…?」


駆逐棲姫「私…どこか…行っちゃいそう……行かないように…繋いでて…」


幹部「ああ…この手は離さないよ…」ギュッ


駆逐棲姫「あ…あぁ……ん…」



894: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 22:39:06.26 ID:GUFNQD0i0

ーー翌日


夕張「今日もそのスタイルで仕事なんですね」


幹部「ああ、クキ君も私の膝の上が気に入ったようでね」


駆逐棲姫「……」


呂500「なんだかクキの様子がいつもと違う気がしますって」


駆逐棲姫「そんなことないぞ…」


呂500「ふーん…?」


駆逐棲姫「なぁパパ、昨日のエッチが原因で私はあんまり歩けないのは黙っているんだよな?」ヒソヒソ


幹部「誰かに勘付かれるかもしれないからね。移動は私を頼りたまえ」ヒソヒソ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



895:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 22:40:58.21 ID:yobjOhzWo

勘付くはぐはぐ金剛



896:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 22:41:26.41 ID:kdzx80ZYO

様子を見に来たレ級にバレる
しかし、クキの様子からクキから望んだと知り黙っている事にする



897:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 22:43:53.80 ID:BD42eIyHo

>>896+その場を離れた後号泣し暁に慰められる



898: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 22:51:47.21 ID:GUFNQD0i0

レ級「オッサン!今日はあたしもここに居るからな!」バターン


幹部「レ級君…」


レ級「昨日は暁と一緒に居たからここに来る暇が無かったけど、今日は一日中監視しててやる!」


呂500「レ級までいるなら安心ですって!」


夕張「これなら下手に手は出せませんよね」


レ級「クキ!あたしが守ってやるからな!」


駆逐棲姫「あぁ、うん…ありがとうお姉ちゃん…」


レ級「…………」


呂500「あれ?急に黙り込んじゃいましたって」



899: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 22:53:22.44 ID:GUFNQD0i0

レ級「やっぱり……いい…」ガチャ


夕張「なんだったんでしょう……?」


呂500「いつにも増して謎ですって」


幹部「きっと暁君が恋しくなったんだよ」


駆逐棲姫「お姉ちゃん…………ごめん…」



900: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 22:56:07.51 ID:GUFNQD0i0

ーー暁の部屋


レ級「……」ガチャ


暁「あらもう帰ってきたの?クキちゃんはいいの?」


レ級「暁ぃ……」グスッ


暁「どうしたの!?まさか幹部さんに泣かされたの!?」


レ級「違うんだぁ……クキが…オッサンのモノになっちまったんだぁ…」グスグス


暁「どういうこと?少し前に幹部さんとクキちゃんは夫婦になってるじゃない」


レ級「そうじゃなくてぇ……」


暁「……!!」



901: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 23:00:12.07 ID:GUFNQD0i0

暁「あの真性ロリコン!!とうとうやりやがったわね!!」


レ級「うぅ……ぐすっ…」


暁「第六駆逐隊全員で…いや、それじゃ足りないわ!艦隊を上げてロリコンを懲らしめるのよ!」


レ級「違……違うんだぁ……あれは…クキが望んだこと…なんだぁ…」


暁「どうしてわかるのよ!?無理矢理されたかもしれないじゃない!」


レ級「クキが……あたしと同じ顔してたから……」


暁「それって…」


レ級「あたしが…暁を望んだように……クキも…あのオッサンを…望んだんだぁ……」


レ級「あたしがずっと…守ってきたクキは…もう…オッサンのモノに……」


レ級「うぅぅぅ……うぁぁぁぁぁ……」


暁「安価」


下1~3高コンマ 暁の台詞、行動他



902:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:02:49.29 ID:yobjOhzWo

……お互いが望んだのならば、祝福して上げるべきではないかしら
レ級もそれが分かっているから何も言わずもどってきたんでしょう?(頭ナデナデ



903:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:02:57.28 ID:kdzx80ZYO

暁(計 画 通 り)



904:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:08:28.06 ID:/+WsNpqT0

大丈夫よ、例えあの人のものになっても、レ級への想いは変わってない筈だわ



906: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 23:14:40.78 ID:GUFNQD0i0

暁「……お互いが望んだのならば、祝福して上げるべきじゃない?」


暁「レ級もそれが分かってるから、何も言わないで戻ってきたんでしょう?」


レ級「うん……」グスグス


暁「悲しいかもしれないけど泣かないで。クキちゃんも悲しい思いをしちゃうわよ?」ナデナデ


レ級「暁、暁ぃ……」


暁「私も幹部さんに対する考え方を変えなきゃいけないわね…」


暁「……よし、一緒に執務室に行くわよ!」



907: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 23:16:52.24 ID:GUFNQD0i0

ーー執務室


暁「幹部さん、少しいいかしら?」ガチャ


幹部「暁君に…レ級君かい?」


レ級「ぅ……ぐすっ…」


駆逐棲姫「お姉ちゃん……」


夕張「なんで泣いてるんですか?」


呂500「暁と喧嘩したんですかって」


暁「そうじゃないわ。レ級から貴女達に言いたいことがあるのよ」


幹部「レ級君がかい?」


レ級「安価」


下1~3高コンマ レ級の台詞、行動他



908:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:19:38.85 ID:f8tzYDSRO

クキを幸せにしてやってくれ!



909:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:19:57.65 ID:U9jFPXHLO

クキの事幸せにさせないと許さないからな



910:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:21:00.08 ID:0dwnGWoGO

これからはお前がクキを守ってやってくれ……泣かせたらタダじゃおかないからなっ



911: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 23:29:05.26 ID:GUFNQD0i0

レ級「オッサン!クキを幸せにしてやってくれ!!」


幹部「…君に言われなくとも、全力でそうするに決まってる」


レ級「ぐうぅぅぅぅぅぅ……!」ガクッ


暁「レ級、立って……」


レ級「クキは…誰よりも大切な存在なんだ…海で会ってから…ずっとあたしが守ってきたんだ…」


レ級「別の奴に襲われそうになったり、クキの怪我が悪したり……辛いことも全部クキが居たから乗り越えられたんだ…」


レ級「そんなクキが……あたしの前から…」


レ級「クキ……幸せになってぐれぇぇぇ!!」


レ級「あたしはクキの姉で…こんなあたしを姉と呼んでくれてぇ…!」


レ級「うぅっ……ぐぅぅぅ…!」


駆逐棲姫「安価」


下1~3高コンマ 駆逐棲姫の台詞、行動他



912:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:31:56.93 ID:bglVlH+k0

祝ってくれてありがとう
パパとクキの幸せは誰にも文句は言わせない



913:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:33:04.42 ID:BD42eIyHo

声を詰まらせながらも「お姉ちゃんはいつまでも私のお姉ちゃんだから」



914:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:33:47.53 ID:9XGq4Mf4O

お姉ちゃんがいて、パパの妻になれて、私は本当に幸せだよ



915: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 23:39:14.59 ID:GUFNQD0i0

駆逐棲姫「お姉ちゃん、祝ってくれてありがとう」


レ級「うぅぅぅぅ……」コクリ


夕張「ねぇ…ひょっとしてクキちゃんと幹部さんって…」


呂500「まさか…昨日の夜…」


駆逐棲姫「パパと私の幸せは誰にも文句は言わせないぞ」


夕張「でも……道徳的に…」


駆逐棲姫「ドウトクを守るのは命より重いのか?」


呂500「それは……」


駆逐棲姫「これ以上パパに文句を言うなら私とパパは出ていくからな」


夕張「それは…やめて下さい……」



916: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/22(日) 23:47:51.67 ID:GUFNQD0i0

駆逐棲姫「私だって嬉しいんだ。脚を怪我してからこんな幸せなんか訪れないと思っていた」


駆逐棲姫「お姉ちゃんが守ってくれてたけど、明日には上位種に食べられてもおかしく無かったんだ」


駆逐棲姫「毎日辛かったけど、今は幸せだ。この鎮守府と提督が居て、お姉ちゃんとパパも居る」


駆逐棲姫「……弱い私がこんなに幸せになっていいのか今でも迷ってるんだ」


駆逐棲姫「私の艤装の半分は千切れてもう戦えない。お姉ちゃんはビームが打てるけど私は何もできない」


駆逐棲姫「…ずっと不安だったんだ。私だけなにもできていなかった。ここの艦娘は毎日出撃してるのに、私は暁とお姉ちゃんの邪魔をしているだけだ」


駆逐棲姫「だからこんな私を妻にしてくれたパパには感謝しかない。この命尽きるまで、パパに尽くすんだ」


幹部「安価」


下1~3高コンマ 幹部の台詞やその他誰かの台詞等



917:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:52:42.85 ID:/+WsNpqT0

号泣しながら
おぅっふぐふぅ……絶対に幸せにするからな!後悔なんてしない!する暇も無いくらいに幸せにするからな!



918:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:57:01.81 ID:jePysVGDO

>>917+夕張・ろー
これまでの暴言を謝って改めて祝福する



919:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 23:57:13.45 ID:bglVlH+k0

「ありがとう」と強く抱きしめる



920: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/23(月) 00:02:26.71 ID:2sGbc4P+0

幹部「おぅっふぐふぅ……クキ君は絶対に幸せにする!後悔なんてしない!する暇も無いくらいに幸せにするからな!」


駆逐棲姫「流石は私のパパだ、ありがとう」


夕張「あの……今まで幹部さんのこと酷く言ってごめんね?」


呂500「ごめんなさい…」


駆逐棲姫「パパのことをわかってくれたらいいんだ。それならもう何も言わない」


暁「レ級……よかったわね…」


レ級「ぅん……うん………」


ーー



921: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/23(月) 00:03:16.01 ID:2sGbc4P+0

キリが悪いですが、このスレはここまでです


それではまた次スレでお願いします



元スレ
【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その3【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531479284/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (4)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月25日 20:46
          • 狐耳って…赤城は赤城でもあちら側の赤城じゃん…。

            それはそうと、幹部が正真正銘のロリペドになってしまいましたな。
            憲兵さんこっちです。とうかんふかんぶが
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月25日 21:08
          • ね?この漣も本音をぶっちゃけて幸せになれたでしょう?だから皆も本音をぶっちゃけちゃおう?全部ぶっちゃけて幸せになろうよ…。

            本能(カレ)に従う犬(ワタシ)になって、全部ぶっちゃけちまえって言ってんだよォッ!!
            艦娘だろうが人間だろうが所詮は同じ、「本能」「飼われる犬」なんだ!!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月26日 00:31
          • 5 幹部はもげるべき。
            もげ爆ぜるべき。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月26日 02:04
          • きたわね

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 後輩女「へぇ…先輩、彼女さんとうまくいってないんですね」
        • 俺「デスノート…?>>4(燃や)してみるか」
        • 【異世界かるてっと2】シャルティア「納得いかないでありんす」
        • 【まちカドまぞく】良子「どうして私の名前は良子なの?」
        • 姫「俺さん、俺さーーーーん!カニクエいこ!!」 俺「ごめん…俺…」 姫「あ…31レベル…」
        • 俺「可愛いけどめっちゃ悪役っぽい顔してるよね」美少女「死にたいの?」
        • 俺「どこまで?」女の子「着いてきて」
        • 犬「ハッハッハッ」女の子「ちょっ…やだ…///」(犬が股間嗅ぎまくる)
        • 彡(゚)(゚)「よっしゃ転職したろ!」
        • 【シートン学園】スペランカーミユビ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 妹「お兄ちゃん~」 俺(でた!コイツが俺をお兄ちゃんって呼ぶときは何か頼みごとがある時だ)
        • 妹「お兄ちゃん~」 俺(でた!コイツが俺をお兄ちゃんって呼ぶときは何か頼みごとがある時だ)
        • 俺「暴力はやめてください!!」幼女「>>4」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ