TOP

青年「蛍月夜の猩々参り」

1: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/22(日) 21:05:07.20 ID:uP4TAhH40

ゴトン ゴトン

青年(僕はバスに揺られている。乗客は僕以外誰も居ない)

青年(二十歳になったら、家に来なさい――そう祖父に言われ、僕は遠くの祖父の家に向かっている)

青年(祖父の田舎は初めてだ。小さな頃一度だけ行った事があるらしいが、もう覚えてない)

青年(しかし、大切な話がある……とは、何の事だろうか。やけに真剣な声色だったな)

青年(まあ、考えても仕方ないか)




2: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/22(日) 21:08:12.03 ID:uP4TAhH40

青年「あー……疲れた……」

青年(地図を見ながら、ようやくたどり着いた)

青年(覚悟はしてたけど、バス停から家まで遠かったなあ)

青年(祖父の家は昔ながらの一軒家だ。祖母は僕が生まれる前に亡くなってしまった)

青年(家の前に咲いているのは桜の木か? 何だか懐かしく感じる)

青年(このインターホンは、はたして使えるのか……?)ピンポーン

祖父「……青年か。久しぶりだな」

青年「うん、久しぶりだね」

祖父「まあ、入りなさい。少し早いが夕飯にしよう」

青年「うん」



3: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/22(日) 21:10:42.16 ID:uP4TAhH40

青年「いただきます」

青年(食卓にはナスの味噌汁、ナスと卵の炒め物、ナスの漬物)

青年(……ナスしか無い……近所の人から貰ったのかな)

祖父「ナスは縁起が良い野菜だ。沢山食べなさい」

青年(どうしたんだろう、少し神妙な顔つきをしている)

青年「……美味い!」

青年(ナスの漬物はキュッとした歯ごたえで美味い)コリ

青年(炒め物は、にんにくとごま油が香るナスに、ふわふわの卵が絡まっている)

青年(卵はめんつゆで味付けされている。これはご飯が進む)

青年(味噌汁も、ナスによく味が染みていてほっとする)

青年「御馳走様でした。それで……話って何なの?」

祖父「……お前はもう二十歳になったな」

青年「うん」

祖父「……痣を見せなさい」

青年「!」

青年(そう、僕の胸には生まれつき奇妙な痣がある)

祖父「この痣はな、猩々の呪いなんだ」

青年「……ショージョー?」



4: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/22(日) 21:17:24.24 ID:uP4TAhH40

青年(祖父によると、すぐ側の山には「猩々」と言う猿の神が居るらしい)

青年(この村の血縁者には、ごく稀に猩々の呪いである痣が憑く)

青年(痣を持つ彼らは、「猩印」と呼ばれる)

青年(猩印は二十歳になってから三年以内にこの村に戻ってきて)

青年(満月の夜、猩々にこの村で作った酒を献上しなければ死んでしまう)

青年(それが昔から伝わる、「猩々の呪い」らしい)

青年「……」

青年(信じられないけど……祖父がここまで真剣に話しているんだ)

青年(つまらない冗談は言わない人だ。きっと本当なんだろう)

青年(それに、二十歳になってからたまに痣が痛む。きっと無関係じゃなさそうだ)

青年「それで、どこに行けばいいの?」

祖父「……分からん」

青年「ええ……?」

祖父「村に古くから伝わる言い伝えがある」

祖父「山に入ると、猩印のみが入れる「赤い道」が現れるそうだ」

祖父「酒はこの瓢箪に入れてある」スッ

青年「む、無理だよそんなの、遭難するじゃないか!」

祖父「少し進んでいくと、猩印を案内する何かが現れるそうだ」

祖父「彼らは光を嫌う。明かりを消して待つようにしなさい」

青年「真っ暗な中一人で居るの……?」

祖父「ああ、それも真夜中の山だ。何が起きるか分からん」

祖父「……こんな事をお前にさせたくは無かった」

祖父「それでも、私の知っている限りでは、四人の猩印が猩々参りをせずに死んでいる」

祖父「だから、どうか……無事に帰ってきてくれ……!」

青年「爺ちゃん……」



5: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/22(日) 21:19:40.19 ID:uP4TAhH40

青年(翌日の夜は、満月が爛々と夜道を照らしていた)

青年(こんな風習で死ぬのなんて馬鹿げてる)ザッ

青年(それでも、祖父は聡明な人間だ)

青年(下らない風習を孫に押し付け、危険な夜の山に送るような人じゃない)

青年(それに、何だか心の中で否定出来ない何かを感じるんだ)

青年(本当に神が居るのだろうか)

青年(……迷う前にすぐ引き返そう)



6: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/22(日) 21:20:49.56 ID:uP4TAhH40

青年(ようやく山の入り口に着いた)

青年(しかし、これは……!)

……

ざわ ざわ ざわ

青年(不気味なほど静かだ。真っ暗で何も見えない)

青年(時折風で葉が擦れる音がする。それが一層不安を煽ってくる)

青年(本当に……この中に、一人で入るのか……?)ゾク

青年「……ちくしょう」

青年(そうして僕は、深淵の中に足を踏み入れた)



7: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/22(日) 21:24:58.11 ID:uP4TAhH40

ざっ ざっ

青年(真っ暗な中、僕の足音だけが山に響く)

青年(夜の山の湿った匂いがする)

青年(じっとりとした空気が、肌に纏わりついている)

青年(頬を伝う汗は、何だか妙に冷たい)

青年(僕の頼りないライトの光は、ふっと消えて夜の闇に呑み込まれてしまいそうだ)

青年(すぐ側に何かが居るんじゃないか、後ろから追いかけているんじゃないか)ドクン

青年(恐ろしい想像ばかりが僕の心臓を膨れ上がらせる)

青年(ほんの少しでも気を抜くと、パニックを起こしてしまうだろう)

青年(怖い。怖い。どうして僕はこんな事をしているんだ)

青年「……落ち着け……誰も居ない……」

青年(そもそも、少し進むってどれくらいなんだ)

青年(この辺りで良いか……?)

青年「……よし」フッ



8: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/22(日) 21:30:13.12 ID:uP4TAhH40

青年「!」

……

青年(うっ……これは……思っていたよりもキツい!)

青年(何も見えない……僕は何処に居る……?)

青年(ライトだけは手放すな……落としたら終わりだ……)ドクン

青年(くそ、くそっ……)バクバク

青年(こんな静寂……とても耐えられない)

青年(張り裂けそうな心臓の音が体中に響く)

青年(頭がおかしくなってしまいそうだ……!!)

青年「ふー、ふーっ……」

ガッ! 

青年「いっ!?」

青年(な、何だ今の音は!? すぐ近くからだ!)バクバク

青年(何にせよまずい、野生動物なら襲われる!)

青年(どうすれば――)

フワ……

青年(あ、あれは……蛍? 赤い光だ……)

青年(赤い蛍達が集まってきた)

青年(光がかなり強い……道を照らしてくれている?)

青年(まるで、祭りの赤提灯のようだ)

青年(それに……良く見えないけど近くに獣が居る。敵意は無さそうだ)

フワ……フワ……

青年(獣と共にゆっくりと移動していく……着いてこいと?)

青年(……これが「赤い道」?)

青年(何はともあれ、僕は赤い蛍と謎の獣に導かれるまま、山を進み始めた)



9: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:23:43.31 ID:2zAdGycV0

ザッ ザッ

青年(不思議だ)

青年(赤い蛍と獣の後を僕は歩いている)

青年(何処に向かっているのかも分からない)

青年(なのに、安心して身を委ねている自分が居る)

青年(あんなに怖かった闇が、自分を守ってくれているように感じる)

青年(何だか、昔行った祭りを思い出す)

青年(騒がしかったのに、祭りが終わればびっくりするくらい静かになって)

青年(何だか寂しかったのを覚えている)

青年(……そこそこ進んだな。まだ着かないのだろうか)

サアアァァ……

青年(! 何だか気温が下がってきた)

青年(蛍の光がぼやけている……霧が出てきたのか?)

青年(包まれていく感覚がする……でも嫌な感じじゃない)

青年「!」ハッ

青年「……えっ!?」

青年(此処は……一体!?)

青年(僕は前を進んでいたはずだ)

青年(何故右を向いている!? それに視界が……)

青年(気が付けば、僕は満月の光が眩しいくらいに降り注ぐ場所に居た)

青年(後ろは壁だ……どうやって此処まで?)

青年「!」

猿「……」ポリポリ

青年(仮面を着けた猿……! これが僕を案内していたのか)

青年(階段がある。登ればいいのかな)ザッ

……ボッ!!

青年「!」

青年(階段の両端に並んだ灯篭に炎が!)

青年(不思議だ……これが神の世界)

青年(……行こう)



10: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:26:37.35 ID:2zAdGycV0

青年(階段を上りきった先には、えも言えぬ美しさの池が存在していた)

青年(その透き通るような青緑色の中央に、満月がとぷりと浮かんでいる)

青年(その池のすぐ側には古ぼけた祠があり)

青年(苔むした屋根の上に、それは座っていた)

猩々「……」

青年(どっしりとした体躯、見た目は猿と言うよりはオランウータン)

青年(そして、何よりも特徴的なのが……夜でもはっきりと分かる、逆立つ深紅の毛並)

青年(両目はそれよりもさらに深い色の光を放っている)

青年「……っ」

青年(何て威圧感だ……身体が動かない)

猩々「お迎えご苦労さん。下がってええ」

猿「……」バッ

青年(声は思いのほか親しみやすい。もっと低い声を想像していた)

猩々「まぁ兄弟、そんな固くならんでええ。何も取って喰ったりせん」

青年「……!」ピク

青年(身体の強張りが消えた!? 何だこの安心感は……)

猩々「せっかく知りおうたんや、少し話そうぜ」



11: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:29:16.92 ID:2zAdGycV0

猩々「とにかくアレやな、痣見せてみい」

青年「は、はい」スッ

猩々「ほいっと」ペタ

青年(猩々が僕の胸に手を当てた)

青年(次の瞬間、かっと胸の表面に熱が走り、すっと消えていった)

青年「……あ、痣が無い!?」

猩々「こんな山ン中ご苦労さんやで」

青年「……あ、あの、酒を……」

猩々「ん? ああ、頂こうか」

猩々「ほう、瓢箪に入れてるとはええね。瓢箪はええで」ゴクゴク

猩々「あー……ええ酒や。作った人間の色がよぉ出とる」

青年「あの、僕は青年と言います。貴方は一体……」

猩々「わしは猩々や。この山の神や」

猩々「まあ、アンタも一杯どうや?」

青年(そうして猩々は、腰に着けていた白い瓢箪を僕に渡した)

青年(……何だろう、不思議な良い匂いがする……今まで嗅いだ事の無い香りだ)クン

青年「……うわあ、美味しい」

猩々「せやろ? この山のええもんがぎっしり濃縮されとる」

青年(この神は……本当に悪い神なのだろうか)



12: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:32:54.84 ID:2zAdGycV0

猩々「ええやろ、この場所」

青年「……はい。空気が澄みきっていて……山の一部になったみたいです」

青年(不思議な空気が漂っている)

青年(草木の呼吸を感じる。月の光を感じる)

青年(何もかもが一体になったようだ)

猩々「ほれ、山の奴らも来たわ」

青年「わあ……」

青年(赤い蛍達、それに鹿や猪が……)

猩々「今日は紅蛍達が活発になる日や。わりと珍しいんやで?」ニカ

青年(美しい……なんて綺麗なんだろう)

青年(何だか、とても穏やかだ)



13: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:34:46.19 ID:2zAdGycV0

猩々「昔はな、人間も神も此処で一緒に暮らしててん」

猩々「でも、段々わしらから離れていった」

猩々「その時、人間が神の逆鱗に触れる何かをしたらしくてなあ」

猩々「この土地の血縁者には、時々呪いが出るようになってしもた……」

青年「そうだったんですか……」

猩々「どんどん人間は世界を広げてきとる」

猩々「それが悪い事とは思わん。でも、わしはこの場所だけは守りたいんや」

猩々「例え人間と争う事になっても、しゃあないと思うとる」

青年「……そう、ですね。悪いのは人間だ……」

猩々「まあ、その時はその時や。お互い恨みっこなしや」

猩々「この土地の奴らは、みーんなわしの兄弟や」

猩々「せめて今日くらい、ゲラゲラ笑って阿呆になろうぜ」

青年「……うん」ニコ



14: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:37:58.81 ID:2zAdGycV0

青年(それから、僕と猩々はお互いの事を話し合った)

青年(まるで知己の仲のように、僕らは笑いあったんだ)

猩々「……せっかくの縁や。わしの力を分けたるわ」

青年「? 力を分ける?」

青年(猩々はそう言うと、杯を取り出し、自分の酒を注いだ)

猩々「ほれ、そっちの酒も注がんかい」

青年「? うん」

猩々「いつつ……ほら、これを飲むんや」

青年(猩々は爪で自分の指を少し切ると、自らの血を杯に落とした)

青年「……」

猩々「毒や無い。安心せえ」

青年「……南無三!!」ゴク

猩々「だから死なんて」

青年「うっ……」ドクン

青年(熱っ……何だこれ、脊椎が発熱している……!?)

青年(身体が熱い……熱い……!!)

青年「……ぷはっ、はっ」

青年「!」ゾク

青年(さっきよりも、山の気配が鮮明に感じ取れる)

青年(動物の音、風の音、水の音)

青年(あらゆる情報が僕に入ってくる)

青年(情報が多すぎて……処理が追いつかない!)

猩々「その力は、いつかアンタを守ってくれるやろ」

青年(何だか、自分がとても大きくなったような感覚だ)



15: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:41:34.90 ID:2zAdGycV0

猩々「神は、たまに黒い悪神になってまう事がある」

猩々「もし……わしが黒に堕ちたらな、アンタにわしを殺してほしいんや」

猩々「この土地の奴になら殺されてもええ」

青年「そんな事、言わないでよ……」クラ

猩々「……おっと、身体が敏感になりすぎて酔いが回ったか?」

猩々「もしもーし、起きとるか? ……あかんか」

青年(せっかく知り合えたのに)

青年(悲しい)

青年(寂しい)

猩々「……山の入り口まで送ったるか」

猩々「よっこいせ、と」ヒョイ

猩々「はは、軽い軽い」



16: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:51:55.50 ID:2zAdGycV0

「覚えとるか、わしは昔アンタに会った事があるんや」

「わしが神を継ぐ前の話や」

「あの時わしは小猿でな、一緒に夕暮れまで遊んだんやで」

「だから今日アンタの気配を感じて、驚いたし……嬉しかった」

「もう会えんと思ってたからなあ」

「わしは神になった。アンタは大きくなった」

「もうガキの頃みたいに、何も考えんと……ただ純粋に遊ばれへんようになった」

「切ないよなあ」

「時が経つのはなあ、早いもんや」

「それでも、わしらは前に進んでいくしかないんやなあ」

「……ここらでええか。ほいしょっと」

「もう会う事は無いやろう」

「達者でな。青年」



17: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 20:55:24.57 ID:2zAdGycV0

青年「……!」ハッ

青年(朝になっている!? 猩々は!? 何故山の入り口に!?)

青年「……あっ!」

青年(目の前には、大きな葉で包まれた沢山のどんぐり)

青年(そうか、思い出した)

青年(僕は小さな頃、あの桜の木の下で……猿と遊んだ事がある)

青年(あの時も君はどんぐりをくれたんだ)

青年「どうして、忘れてたんだ」

青年(僕は山を見回した)

青年「君は今、何処に居るんだろう」

青年(僕は虚空へ問いかけた)

青年(山はいつも通り、無干渉を貫いていた)



18: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 21:04:21.84 ID:2zAdGycV0

青年(あれから、僕は祖父の家に帰った)

青年(祖父は涙を流して、僕の生還を喜んでくれた)

青年(……あの夜の事は話していない。多分詳しく話すべきじゃないんだと思う)

青年(祖父も僕の気持ちを尊重して、あまりしつこく聞いて来ない)

青年(明日はこの家を出る。もう彼に会う事は無いんだろう)

青年(それでも僕は忘れない。彼を、彼が守っているあの場所を)

青年「さようなら、猩々……いや」

青年「……兄弟」

青年(僕は窓から遠くの山を見やった)

青年(そうして、僕は部屋の灯りを消す。日常に戻っていく)

青年(目を閉じ、明日の事を考える)

青年(それでも、脳裏にはあの夜が浮かんだままでいる)

青年(僕はきっと忘れないだろう)

青年(あの、蛍月夜の猩々参りを)



19: ◆XkFHc6ejAk 2018/07/23(月) 21:05:46.92 ID:2zAdGycV0

終わりです。ありがとうございました。



元スレ
青年「蛍月夜の猩々参り」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532261106/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月23日 22:52
          • ああやっぱりこの作者か……タイトルでピンっときた
            相変わらず不思議で暖かく淡々と染みるような話を書く作者だ、今回も良かったよ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月24日 02:58
          • 安易に猩々を女にしなかったことには好感が持てる
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月24日 11:03
          • いい話やん
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月25日 05:24
          • 児童文学の冒頭の様…。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ