TOP

悟空「ひゃ~、ピッコロぉ。おめえのケツ、クオリティたけぇなぁ!」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:31:36.365 ID:6fbNS+Rm0

悟空「オラ今まで色んなヤツのケツを見てきたけどよぉ、ここまでクオリティがたけぇケツは初めてだぞぉ」

悟空「ひゃ~! すっげ、すっげーなぁ! おい見ろよクリリン。このケツ」

クリリン「あ、ああ。こいつは……。正直、ピッコロのケツがここまでとは思わなかったな」

悟空「だろぉ? このハリ。全宇宙見渡したって、なかなかお目にかかれねぇぞぉ。おーっし、いっちょひっぱたいてみっかぁ!」

パシンッ

ピッコロ「うっ/// お、おい、やめろ……」

悟空「感度も良いんかぁ。ひゃ~、おめえ仕上げてきてんなぁ~」

クリリン「このケツを俺たちだけで独占するなんてできないな。悟空、ピッコロのケツのこと、皆にも教えよう」

クリリン「これだけのケツ、今後どうするかも相談したい」

悟空「だな。おし、オラが全員呼んでくる」

クリリン「ああ、頼む」

ピッコロ「お、おい!」



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:36:06.140 ID:6fbNS+Rm0

ベジータ「フン……ピッコロのケツが俺のケツより優れているとは到底思えん」

悟空「なんだよベジータ。おめぇ、信じてねぇのかぁ?」

天津飯「悪いが……俺も信じられない」

悟空「いぃ!?」

ヤムチャ「悟空、よく考えてみろよ。ピッコロはナメック星人だ。ナメック星人には性別が無いんだぜ?」

ヤムチャ「つまり、セ○クスなんてしないわけだ。そんなピッコロのケツが魅力的なわけがない」

クリリン「お、俺も最初はそう思ったけど……実際に見てみると、本当に素晴らしいんだ」

ベジータ「御託はいい。おいピッコロ、とっととケツを見せろ。それで済む話だ」

ピッコロ「そ、そうは言うが…………さすがに……これだけ大勢集まっている前で晒すというのは……」

悟空「ひゃ~! おめえ、まだそんなこと言ってんのかぁ? 地獄に落ちるぞぉ」

悟空「ピッコロぉ。おめえは誰よりも優れたケツを持ってるってのに、そいつを隠しちまうのか?」

悟空「そんだけのケツ、全宇宙みんなの財産も同然だ。独占すんのは許されねえと思うけどなぁ」

ピッコロ「だ、だが、俺にも恥じらいというものがだな……」

ベジータ「チッ……焦らしプレイのつもりか? 興奮させやがってぇ……!」ワナワナ

悟飯「無理矢理にでも脱がしちゃいましょう」

悟空「だな! みんな! かまうこたねえ! 力ずくでピッコロのケツを出すんだ!」

ピッコロ「なっ! や、やめっ」



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:38:52.886 ID:6fbNS+Rm0

ピッコロ「く、くそ……///」

ベジータ「なっ……こ、このケツは……!」

悟飯「あ、ああ……あああ、あ、ああ、あ……!」

悟空「……」ニヤリ

餃子「て、天さん……! あのお尻……!」

天津飯「あ、ああ……し、信じられん……!」

ヤムチャ「こ、これが……ぴ、ピッコロの……ケツなのか……!」

ベジータ「く、く……ぐ、あ、ああ……あああ……!」

悟飯「あ、ああ……ピ、ピッコロさん……! ああ……ああ……!」

ピッコロ「……くっ……!」

ベジータ「ぐ、ぐぐ……う、ううぅ……あ、ああ……!」

ベジータ(く、くそったれ……な、なんて魅力的なケツだ……! ま、まさか、そんな……!)

ベジータ(全宇宙の先鋭が集まっていたフリーザ軍にも、あれほどのケツの持ち主はいなかったはずだ……!)

ベジータ(も、もしかしたら、俺のケツよりも……い、いや……間違いない……!)

ベジータ(や、ヤツのケツは……お、俺のケツ以上に魅力的なケツだ……く、くそ……わ、笑えん冗談だ……!)

ベジータ(こ、この俺が……ナメック星人のケツに嫉妬するなんてな……!)

ナレーション『あまりに魅力的なピッコロの臀部を前に、衝撃を受けるベジータたち』

ナレーション『果たして、ピッコロの臀部はどうなってしまうのか』



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:39:47.716 ID:p/iV003J0

なんだこれ



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:41:04.735 ID:6fbNS+Rm0

ベジータ「ぐ、ぐぐ……う、ううぅ……あ、ああ……!」

ベジータ(く、くそったれ……な、なんて魅力的なケツだ……!)

ベジータ(や、ヤツのケツは……お、俺のケツ以上に魅力的なケツだ……く、くそ……!)

ベジータ(こ、この俺が……ナメック星人のケツに嫉妬するなんてな……!)

ベジータ「う、ぐぐ……く、くく、く…………!」ワナワナ

悟飯「あ、ああ……あああ、あ、ああ、あ……!」

餃子「て、天さん……!」

天津飯「あ、ああ……あれは……!」

ヤムチャ「あ、あんなケツ、初めて見たぜ……」

悟飯「あ、ああ…………ああ、ああ……!」

ベジータ「く、くく……う、ぐぅ……」

悟空「……」ニヤリ

ピッコロ「……く、くそ……」



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:44:54.331 ID:6fbNS+Rm0

悟飯「と、父さんは知っていたんですか……? ぴ、ピッコロのさんのお尻が、これほど魅力的だってこと……」

悟空「オラも知らなかったさ。けどよ、なんだか無性に気になっちまったんだ」

悟空「ピッコロのケツはどんなモンなのか……。だからクリリンと協力して不意打ちしたんだ」

ベジータ「なるほどな……チッ……俺が気付けんわけだ……」

ヤムチャ「な、なに……?」

クリリン「ど、どういうことだよ、ベジータ」

ベジータ「俺たちサイヤ人……とりわけ下級戦士にとって、尻尾の生えているケツはなによりも重要な部位だ」

ベジータ「尻尾が抜けてしまえば、大猿化できなくなるからな……。いざという時にそれでは話にならん」

ベジータ「自分のだろうと、他人のだろうと……本能的にケツを気にするのだ……」

ベジータ「下級戦士であるカカロットは、本能に従うままにピッコロのケツを探ったのだろう……」

天津飯「なるほどな……これだけのケツを見出したのは、サイヤ人としての本能が悟空にあったからか……」

クリリン「そ、それで、皆に相談があるんだ」

ヤムチャ「相談?」

クリリン「このピッコロのケツをどうするか、俺と悟空だけじゃ決めかねてて……」

ベジータ「チッ……これほどのケツが地球にあると知れたら、全宇宙に狙われるのは間違いないだろうな……」

悟空「ああ。オラもそう思う」



13:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:48:03.477 ID:6fbNS+Rm0

ヤムチャ「か、隠し通すしかないだろう! 全宇宙から狙われるなんて冗談じゃないぜ!」

天津飯「だが、優れたケツの独占は道義的とは言えんだろう」

悟空「ああ。ピッコロのケツはこの宇宙のみんなのモンだ。隠すわけにはいかねえさ」

ピッコロ「ま、待ってくれ。俺のケツは俺のもので――」

悟飯「ピッコロさん!!!」

ズアッ

ピッコロ「……!!!」

悟飯「そんなこと、言わないで下さい……。それだけのお尻をしておきながら、全宇宙の財産ではないだなんて……」

悟飯「自分のお尻を独占しようとするなんて、ピッコロさんらしくないですよ……」

ピッコロ「……す、すまん……」

ベジータ「カカロット……貴様はピッコロのケツを全宇宙へ向けて発信するつもりなのか?」

悟空「ああ。界王様に頼んでみようかと思ってんだ」

ベジータ「賛成できんな」

悟空「い? なんでだよ」

クリリン「わ、悪い……悟空、ああ言っておきながらなんだけど……俺も、ベジータと同意見なんだ」

悟空「いぃ!? く、クリリンまで……!」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:51:11.192 ID:6fbNS+Rm0

クリリン「だ、だって……ピッコロのケツを狙って、とんでもないヤツが地球を襲ってくるかもしれないんだろ……?」

クリリン「俺には嫁さんがいるし、娘だっているんだ……平和を望むのは当然じゃないか」

ベジータ「地球が襲われようが構わん……だが、理由がピッコロのケツというのは気に食わんな」

ベジータ「面倒なことになるぐらいなら、俺たちだけで独占すればいい」

悟空「け、けどよぉ……」

悟飯「あの、僕に良い考えがあります」

悟空「ん?」

ベジータ「……言ってみろ」

悟飯「ピッコロさんのお尻は唯一無二です。だからこそ、全宇宙が執着するのは避けられません」

悟飯「でも、もしピッコロさんのお尻が唯一無二ではなかったとしたら……」

天津飯「……! そ、そうか……!」

ヤムチャ「ま、まさか……! 神龍に頼んで、ピッコロのケツを増やしてもらうのか!?」

悟飯「ええ。そうすれば、相対的にピッコロさんのお尻の価値が下がりますし――」

悟飯「増やしたお尻を分け与えることで和解もできるはずです」

悟空「ひゃ~! なるほどな~! 悟飯! おめえ、やっぱ頭いいなぁ!」

ベジータ「フン……悪くないアイデアだ……」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:54:36.154 ID:6fbNS+Rm0

クリリン「は、はは……! いいぞ、希望が見えてきた……!」

ピッコロ「ま、待て。俺のケツを増やすのか……? それは流石に――」

悟飯「ピッコロさん!!!!!」

ズアッ

ピッコロ「!!!」

悟飯「まさか、それだけのお尻……増やして他人に配るのは惜しいとでも言うつもりですか……?」

ピッコロ「い、いや……俺はそういうつもりで言ったんじゃ――」

悟空「よしっ! そんじゃ、ドラゴンボール集めっか!」

―――

悟空「おーし、集まったな」

ベジータ「とっとと神龍を呼べ」

悟空「ああ! ……いでよ神龍! そして願いを叶えたまえ!」

ウォォォォォォオォン

神龍「さあ願いを言え。どんな願いもみっつ叶えてやろう」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 02:57:44.296 ID:6fbNS+Rm0

悟空「ピッコロのケツを増やしてくれ!」

神龍「どのくらいだ。具体的な個数を言え。ちなみに、右尻と左尻のペアで1個扱いだ」

悟空「いっ? えーっと……ちょ、ちょっとタンマ!」

悟空「なあ、どんくらいだ? いくつ欲しい?」

悟飯「えっ……そりゃあ、多ければ多いほどいいですけど……」

ベジータ「面倒だ。100個にしておけ」

悟空「そっか、よし。おーい! 神龍! 100個にしてくれ!」

神龍「……」

悟空「……? おーい、聞こえてっかぁ?」

神龍「悪いが、それは無理だ……100個は多過ぎる。普通の臀部であれば可能だが……」

神龍「そこのナメック星人の臀部の造形美は神の域を越えつつある。増やすにしても限度があるのだ……」

悟空「いぃ!? そっか~、ん~、どうすっかなぁ」

悟飯「しかたないですよ。こうなったら刻みましょう。……50個はできますか!?」

神龍「無理だ」

悟飯「じゃあ……25個!」

神龍「可能だ」

悟飯「30個!」

神龍「無理だ」



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 03:00:02.395 ID:6fbNS+Rm0

悟飯「29個!」

神龍「無理だ」

悟飯「28個!」

神龍「無理だ」

悟飯「27個!」

神龍「無理だ」

悟飯「26個!」

神龍「可能だ」

悟飯「26…….5個!」

神龍「可能だ」

悟飯「じゃあ、それでお願いします!」

ピッコロ「待て悟飯、『.5』というのは――」

神龍「了解した……ピッコロのケツを26.5個にしよう」

ボョヨヨヨヨヨン

ピッコロ「ピアノ///////」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 03:02:02.848 ID:6fbNS+Rm0

悟空「ひゃ~! すっげぇなぁ! ホントにピッコロのケツが増えちまったぞぉ!」

ベジータ「チッ……ムラムラさせやがって……」ムラムラ

ヤムチャ「さ、さすがに、凄まじいな……! 下半身だけ化け物みたいだぞ……」

天津飯「こ、これはこれでアリだな……」

餃子「えっ」

天津飯「新たな性癖に目覚めそうだ……」

餃子「さよなら……天さん……」

悟飯「さあ、ピッコロさんのお尻が増えたことですし、これで一件落着――」

ビシュン

ビルス「おい! おまえら、何をしたぁ!」

悟空「いぃ!? び、ビルス様ぁ!? そ、それにウイスさんも……な、なんでここにいんだ?」

ウイス「神龍がいますねぇ。いったいどんな願いを叶えたんですか?」

悟飯「え、えっと……」

クリリン「み、見ればわかると思いますけど……」

ピッコロ「うぅ……」

ビルス「!? お、おい、お前、それ……」

ウイス「おやおや」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 03:04:53.517 ID:6fbNS+Rm0

ウイス「どうやら、全宇宙のバランスが崩れつつあるのは、ピッコロさんのお尻が原因のようですねぇ」

ビルス「ああ……」

悟空「バランス……?」

ベジータ「何の話だ……?」

ビルス「おい悟空! 何度も何度も面倒事ばかり起こしやがって! これで宇宙が消滅したらどう責任をとるつもりだ!」

悟空「いぃ!? ちょ、ちょっと待ってくれよ。ビルス様、何が何だかわかんねえよ」

ウイス「私から説明しましょう。この世界……つまり宇宙は、森羅万象のバランスによって保たれています」

ウイス「そのバランスが乱れると、宇宙そのものが不安定になり、やがては消滅してしまうんですよ」

ウイス「バランスは、簡単に言えば数です。多過ぎたり少な過ぎたりすると良くないですからねぇ」

ウイス「今回は、皆さんがピッコロさんのお尻の数を変えたことが原因で著しくバランスが乱れています」

悟空「いぃ!? ピッコロのケツが原因で宇宙が消えちまうんかぁ!?」

悟飯「そ、そんな……!」

クリリン「い、いや、でも、今までだって……ブウが地球人を大量虐殺したりしたはずだ……」

クリリン「ウイスさんの言うとおりなら、その時に宇宙が消滅してなきゃおかしい……!」

ウイス「人間の命なんて微々たるものです。誤差の範囲内ですよ。ですがピッコロさんのお尻は別」

ビルス「おいお前! なんでそんなに魅力的なケツをしてるのに隠してたんだ!」

ピッコロ「か、隠していたわけじゃ……」



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 03:07:25.545 ID:6fbNS+Rm0

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

天津飯「な、なんだ……!?」

ヤムチャ「だ、大地が……いや、世界そのものが揺れている……!」

餃子「て、天さん!」

クリリン「あ、ああ、あああ……あ、ああ……あ」

悟飯「あ、あ、ああ……!」

ベジータ「く、くそったれがぁ! こんなことで死んでたまるかぁ!」

ベジータ「おいピッコロ! そのケツを減らしやがれぇ!!!」

ピッコロ「ど、どうやってだ! 俺にどうにかできるわけないだろう!!!」

悟空「や、やべえぞ! ど、どうすんだ!? ビルス様!」

ビルス「どうもこうもあるか! おいピッコロ! ケツをこっちへ向けろ!」

ビルス「一つ残して他を全部破壊すればいい!」

ウイス「いえビルス様。ピッコロさんのお尻は26.5個あるようです」

ビルス「ああ!? なんだ、『.5』って!」

ウイス「お尻は右と左でワンセットですが、どうやら片方だけ余ってるようですねぇ」

ウイス「世界のバランスが著しく乱れたのは、この余ったお尻が原因でしょう」

ビルス「だったらその余ってるやつを破壊すればバランスが良くなるんだな!?」

ウイス「ええ、ですが――」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 03:09:21.292 ID:6fbNS+Rm0

ビルス「破壊!」

ピッコロ「……!」

シーン

悟空「……? お、おいビルス様。破壊できてねえぞ?」

ビルス「……!!!」

ウイス「ピッコロさんのお尻の造形美は神の域を越えつつあります。その弾力に関して言えば、完全に超えているようです」

ウイス「神の域に達したお尻の弾力を突破し破壊・消滅させるとなるとビルス様では力不足……全王様に頼むほかに道は……」

ビルス「今から頼みに行ってる暇なんてないぞ! どうするんだ!」

ウイス「さぁて、どうしましょう」

ピシャーン ゴロロロロロ

餃子「わー!」

ヤムチャ「空間が裂けたぞ……!!!」

天津飯「ま、まずいぞ……本当に、世界が消滅する……!」

ベジータ「あ、ああ……ああ……! お、お終いだぁ……!」

クリリン「あ、ああ……あ、ああ、ああ」

悟飯「ああ、あ、ああ、あああ、あ、あ、ああ、あ」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 03:11:50.739 ID:6fbNS+Rm0

クリリン「ご、悟空! な、なんとかならないのか!」

悟空「……」

クリリン「悟空!」

悟空「…………はぁぁぁぁぁぁ~~~~~~」

クリリン「!?」

ベジータ「な、なんだ……!?」

悟飯「こ、この父さんの気は……!」

天津飯「この感じ、覚えがあるぞ……! ま、まさか……!」

ビルス「身勝手の極意か……!!!」

ウイス「この極限状態で、悟空さんの力が再び覚醒したようです。神の領域である極であれば、いけるかもしれませんよ」

悟空「……! ピッコロ……ケツをこっちへ向けろ……全部吹っ飛ばす」

ピッコロ「わ、わかった………………全部と言ったのか……?」

ベジータ「はやくしろっ! 間に合わなくなっても知らんぞーっ!!!」

ピッコロ「ええい! くそ!!!」

悟空「かぁぁぁぁぁめぇぇぇぇぇはぁぁぁぁぁぁめぇぇぇぇぇぇ」

悟空「ぅぉあああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」

ズオオオオオオオオオオオオオオオン

ピッコロ「うごああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!!」



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 03:14:49.417 ID:6fbNS+Rm0

ピッコロ「う、がああ……」

ドサッ

悟飯「ぴ、ピッコロさん!」

悟空「ふぃー! いっちょあがり!」

ヤムチャ「せ、世界の揺れが止まった……! ケツが全部吹っ飛んで、バランスが保たれたのか……!」

天津飯「な、なんとか消滅は免れたようだな……」

ビルス「ったく……ハラハラさせやがって……」


クリリン「だ、大丈夫か!? ピッコロ! 下半身が無いぞ!?」

ピッコロ「……ぐふっ……心配ない……ナメック星人はタフだからな……再生能力を忘れたか……?」

悟飯「で、でも、体力が無いと……!」

ピッコロ「安心しろ……俺だって修行を重ねてきた……なんとか、再生できるかやってみる……」

ピッコロ「ふんっ……くくくくく……ぬぅぅぅぅぅ……」

ググググググッ


ビルス「おい。アイツは何をふんばってんだ? ウ○コか?」

ウイス「さあ」

悟空「再生しようとしてんじゃねえかなぁ。あいつ、身体が千切れちまっても元通りになっからよ」

ウイス「再生……? !?!?!? だ、ダメですよ!!!」

ピッコロ「かあああああああああああああ!!!!!



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 03:16:25.380 ID:6fbNS+Rm0

ジュニュルルルルル

ピッコロのケツA「……」

ピッコロのケツB「……」

ピッコロのケツC「……」

ピッコロのケツD「……」

ピッコロのケツEFGHIJKLMNO「「「 …… 」」」

ピッコロのケツPQRSTUVWXYZ「「「 …… 」」」

ピッコロのケツ残りの0.5個「……」


悟空「いぃ!? ぜ、全部再生しちまった!?」

ピッコロ「し、しまったぁ!!!」

ゴゴゴゴゴゴ

クリリン「あ、ああ! せ、世界がまた揺れ始めた……! 悟空ーーーー!!!!」

ベジータ「くそったれぇ!!! さらばだ! ブルマ! トランクス!」

ビルス「もうピッコロのケツなんてこりごりだぁ~~~~~っ!!!!!!!」

カッ

ナレーション『この始末』

END



元スレ
悟空「ひゃ~、ピッコロぉ。おめえのケツ、クオリティたけぇなぁ!」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1531589496/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 05:43
          • どういう思考回路を以てこんなの作ろうと思ったのか・・・・・・
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 07:07
          • マジかよ光彦最低だな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 07:38
          • 数を刻んで神龍に頼むくだりで草が止まらない
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 08:00
          • 全部読んじまった
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 08:04
          • ねぇ止めて俺の脳みそ脳内再生しないで特に旧ナレーターの人で
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 08:27
          • 朝イチで読んだSSがこれか
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 09:11
          • せめてスノちゃんのマ○コにしとけよ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 09:18
          • ワロタ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 10:31
          • 別に期待はしていなかったんだが
            てっきりあれな方向にすすむかと
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 10:57
          • 間の取り方の再現度がすごくて草
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 11:33
          • さよなら天さんで草
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 12:00
          • こんなイカれたss書くとかゲェジか?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 13:42
          • 非常に馬鹿馬鹿しくて大変よろしいと思いました(小並感)
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 18:46
          • これはヒドいwww
            おめえ仕上げてきてんなぁ~でやられたw
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 19:46
          • これ悪いの悟飯じゃねーかww
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月15日 20:31
          • 悟空はそんなこと言わない
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月16日 00:41
          • 下らないのに最後まで読んでしまった
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月18日 02:04
          • ビルスが登場してから
            ドラゴンボールSSも壮大になってて草
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月31日 22:02
          • 意味が分からねえ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ