TOP

【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その2【安価】

1: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 19:45:22.46 ID:2DkFXgZ70

注意
欠損表現、安価有り


前スレ
【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」【安価】


登場人物等は前スレを参考にして下さい



2: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 19:50:48.46 ID:2DkFXgZ70

ーー


羽黒「龍驤さん…呼び出された理由はわかってますね…」


龍驤「うん…ウチが持ってる本のことやんなぁ」


羽黒「そうです…!なんて本を持ってるんですか…!」


羽黒「私もここで…色々学びましたので…BL本を持ってるくらいなら…見逃します…」


羽黒「でも…内容が司令官さん…自分の旦那が寝取られるって…どんな神経してるんですか…!!」バンバン


龍驤「うぅぅ…みなまで言わんといてぇ…」


羽黒「いいえ…言わせていただきます…!」



3: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 20:00:16.01 ID:2DkFXgZ70

羽黒「あれですか…?夫の処女を奪われて…陵辱される生モノの同人誌でしか…興奮しないんですか…?」


龍驤「やめてぇやぁ…ほんまごめんて…」


羽黒「しかもそれを…クキちゃんに渡すなんて…これは許せません…!」


龍驤「勘弁してや…酔うてたんやって…」


羽黒「ダメです……!」


龍驤「あぁ…」ガクッ



下1~3高コンマ 羽黒の与えた罰やその他起こったこと等





4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:02:57.96 ID:xd32UtqzO

たて乙

「私は司令官がホモに走るイヤらしい本を所持してました」と書かれた看板を首にぶら下げながら執務室の前で半日正座



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:03:43.49 ID:A5iz8K8P0

目の前で全ての薄い本を盛大に燃やす



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:05:02.85 ID:cBTi0b+DO

朝霜
龍驤さんはNTRられも好きだったのかぁ…



8: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 20:19:34.90 ID:2DkFXgZ70

ーー

『私は司令官がホモに走るイヤらしい本を所持してました』

龍驤「……」


漣「龍驤さん…なにしてんですか…」


龍驤「……何も言わんといて」


漣「よくもまぁ…器用に正座して…」


龍驤「……」


漣「しかも首から…かけてる看板の…書いてあることよ…」


龍驤「……」



9: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 20:22:49.24 ID:2DkFXgZ70

漣「龍驤さん…そっちの趣味が…あったんですね…」


龍驤「違うねん…ほんま違うねんって…」


漣「じゃあ…言い訳…してみて下さいよ…」


龍驤「……」


漣「ほら…できないじゃ…ねぇですか…」


漣「龍驤さんは…生モノのドギツイBL本で…興奮する腐った女だったんですね…」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他の方



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:23:16.26 ID:P/OgHLkBo

ちゃうねん



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:24:21.45 ID:tlcW4arno

ちゃうんです…これには海よりも深いわけがあって…



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:26:42.16 ID:YIE/RFDWO

腐ってへんわ



13: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 20:43:10.39 ID:2DkFXgZ70

龍驤「ちゃうんです…これには海よりも深いわけがあって…」


漣「話し言葉が…安定してないですぞ…」


龍驤「ほんまにこれ以上は触れんといてぇ…」


漣「ま…龍驤さんが言うなら…そうしますぞ…」


龍驤「ありがとうな漣…」


漣「持ちつ持たれつ…ですな…」



14: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 20:45:15.75 ID:2DkFXgZ70

漣「どれくらいの間…こうしてないと…いけないんですか…?」


龍驤「半日はこうしとくように言われたわ…」


漣「ご愁傷様…です…」


龍驤「ううん…ウチが悪いから…」


提督「……」


漣「あ…ご主人様…」


龍驤「司令官……」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:49:07.98 ID:21+JIIxVO

俺は気にしていないから…
趣味は人それぞれだからな…



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:50:19.53 ID:GV4RTPiKo

上+若干ひきながら



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:52:04.06 ID:k9QuiYPvO

心配するな
俺はどんな龍驤でも...う、受け入れるからな



18: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 20:58:05.05 ID:2DkFXgZ70

提督「俺は気にしていないから…趣味は人それぞれだからな…」


龍驤「あぁ…」


漣「ではご主人様…仕事にしましょう…龍驤さんは…半日このまま…らしいので…」


提督「…そうしようか」ガチャ


龍驤「うぅぅぅぅ……司令官に変な趣味あるって思われてもうた…」


龍驤「変な趣味であるのはわかってんねん!でも……止められへんかったんよぉ…」


龍驤「ちゃんと反省したら…司令官も気にせんといてくれるかな…」


龍驤「…大人しく座っとこ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 20:59:53.03 ID:xd32UtqzO

加賀や瑞鶴達の様子を見に来た百合好き提督&赤城に見られる



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:00:39.96 ID:dk0in1oS0

何処からか龍驤の本を回収してきた朝霜が龍驤の前で内容を朗読し始める



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:00:58.68 ID:tlcW4arno

朝霜に煽られる



23: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 21:13:06.73 ID:2DkFXgZ70

ーー

朝霜「お、こんな所居たのか」


龍驤「朝霜…何しに来たんや…」


朝霜「なに、ちよっとした遊びだよ。これ、何かわかるか?」スッ


龍驤「それは……!!」


朝霜「発情♂司令官~鬼畜上司と敏感提督~」


龍驤「うわぁぁぁぁ!!」



24: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 21:16:40.37 ID:2DkFXgZ70

朝霜「やめて下さい!私には愛する妻が!」


朝霜「ふふふ、今日だけは私は君のものだ」


朝霜「離して下さい!こんなこと私は望んでいません!」


朝霜「提督君、嘘はいけないね。そんなこと言いながらここはこんなことになってるじゃないか」


朝霜「あぁっ…!触らないで下さい…!」


朝霜「大丈夫だ、私に任せてくれればいい。ほら、力を抜くんだ…」


朝霜「幹部さん、私は……」


龍驤「やめてぇ~~!朝霜はなんでその本を朗読してるんよぉーー!!」


朝霜「安価」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞、行動他



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:21:00.15 ID:xd32UtqzO

あんた以前あたしが提督を共有したいって提案した時泣きながら言ったよな、司令官が他の女に目を向けるのはイヤだ、って

なんだ?女は嫌でも男なら良かったってのか?あんたの司令官への想いはそんなモンだったのか?



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:22:32.55 ID:8Q7JAB24o

あたいにも鬱興奮味合わせてくれよぉ
独り占めはずるいぜぇ



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:23:48.77 ID:21+JIIxVO

ちゃんと反省してるか確認してるだけだぜ



28: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 21:33:31.31 ID:2DkFXgZ70

朝霜「ちゃんと反省してるか確認してるだけだぜ?」


龍驤「くぅ…」


朝霜「龍驤さん、あたいにはわかんだよ。この本読んで鬱になりながら一人でシてんだろ?」


龍驤「うぐ……」


朝霜「とうとう身体的なMじゃ我慢できなくなったんだろ?誤魔化しても無駄だぜ」


龍驤「……」



29: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 21:36:47.28 ID:2DkFXgZ70

朝霜「司令が犯されるのを見ながら一人でスる…本当に器用なもんだ」


朝霜「で、龍驤さんが本当に反省してんならあたいがこれを目の前で読んでも何もないはずだよな?」


朝霜「龍驤さんよ、いくらドMってもちゃんとわきまえてるよな?」


朝霜「そうじゃないならあたいでも…引くぜ」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:38:51.44 ID:p+eL6CfGo

悔しいけど…感じちゃう



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:39:44.10 ID:tlcW4arno

ももももちろん何ともないわ!



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:41:35.62 ID:dk0in1oS0

あかん……想像してまって……



34: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 22:00:14.73 ID:2DkFXgZ70

龍驤「あかん……想像してまって……」モゾモゾ


朝霜「はぁ……見てらんねぇよ」グイッ


龍驤「な…なにすんのよ……」


朝霜「お仕置きだ。わかんだろ?」


龍驤「い……嫌や……」


朝霜「拒否できると思ってんのか?このままあたいの独房室連れて行くからな」


龍驤「いや………」



35: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 22:05:46.24 ID:2DkFXgZ70

ーー独房


朝霜「……」ドサッ


龍驤「いや……」


朝霜「知ってるか龍驤さん、究極のドMはSにもなれんだぜ?」


龍驤「ウチには…司令官しか……」


朝霜「その司令が寝取られる本で興奮してたんだろ?」


龍驤「んん……」


朝霜「……覚悟しろよ?」


龍驤「あっ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 22:07:57.34 ID:bnC6dOfN0

どうしてそうなったのか
龍驤にアヘらされる朝霜

司令官の責めはこんなもんやないで!



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 22:08:32.87 ID:gFi3Covro

真面目にヤバい性癖の隠し方発散の仕方伝授
提督は五体満足になって欲しいって押し付けるの止めただろ?と諭しつつ



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 22:09:29.10 ID:BIsBsPw40

助けに来た提督
朝霜を動けなくして龍驤とそのまま甘々ックス



39: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 22:26:08.66 ID:2DkFXgZ70

朝霜「…なんてな。あたいが龍驤さんを襲うわけねぇだろ」


龍驤「ほな…なんでここまで連れてきたん?」


朝霜「ヤバい性癖の隠し方と発散の仕方を龍驤さんに伝授してやろうと思ってな」


龍驤「そんなん…いらん…」


朝霜「何言ってんだよ、またバレて執務室の前で正座してぇのか?」


龍驤「う……」


朝霜「いいから大人しくあたいの言うこと聞いとけって」



40: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 22:29:39.48 ID:2DkFXgZ70

龍驤「……」


朝霜「提督は五体満足になって欲しいって龍驤さんに押し付けるの止めただろ?」


龍驤「うん……そうやね。朝霜、お願いできるか?」


朝霜「任せとけ!ちゃんと教え込んでやるからな!」


朝霜「…と、その前に龍驤さんのヤバイ性癖を教えてくれよ。司令が寝取られるって意外にも、どうせ何かあるんだろ?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 22:38:33.48 ID:PEND/TnG0

世界中継公開プレイ、公共の場所でマッジックミラーの箱を置いてそのなかでやる、司令官に玩具突っ込んで喘いでる所を喘がされる二重喘ぎ、夜の公園を二人でお散歩(意味深)etc.……と色々ぶちまける
なお朝霜にそこそこドン引きされる



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 22:39:23.64 ID:WYqSd9vDo

さ、さすがにあれ以上引かれるのはないで…



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 22:46:37.85 ID:9IzvI8kHO

たまーに自分のパターンも想像してまうんや…



44: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 22:52:10.78 ID:2DkFXgZ70

龍驤「たまーに自分のパターンも想像してまうんや…」


龍驤「ウチが好き放題犯されて…その事を知った司令官が……」


龍驤「あかん…考えただけでもゾクゾクきてしまう……」ブルッ


朝霜「やっぱりそうだったか。龍驤さんここに連れられて来る時も少し期待してただろ?」


龍驤「……うん」


朝霜「全く…後で下着替えとけよ」


龍驤「忠告ありがとうな…」



45: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 22:54:54.60 ID:2DkFXgZ70

龍驤「ウチはこんな性癖やって皆んなにはバレたくないんや…」


龍驤「でもこのシチュエーションやないと……興奮もできへんねん…」


龍驤「だから朝霜、この性癖の隠し方と発散方法を教えてぇやあ…」


龍驤「そうやないとウチ……」


朝霜「わかってるって、教えてやるからそんな顔すんな」


龍驤「ありがとうな……」


朝霜「さて、その方法だけどよ……」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞、行動他



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 22:59:59.98 ID:dk0in1oS0

それより更に興奮できる性癖を身に付けるんだ!



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:01:47.41 ID:mP8/TfkDO

創作活動に打ち込む



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:03:34.85 ID:gFi3Covro

別のことでも興奮出来るようにすんだよ、その方がお得だぜ?



50: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 23:09:45.69 ID:2DkFXgZ70

朝霜「それより更に興奮できる性癖を身に付けるんだよ!」


龍驤「……うん、朝霜に聞いたウチが悪かったんやね」


朝霜「なんでだよ!あたいは真面目に言ってんだ!」


龍驤「更に興奮する性癖が身に付いてしもうて、こっちは困ってんねん!もう首絞められるくらいやったら満足できへんねや!」


龍驤「アレを超えるゾクゾクするようなもんはもう無いんや…」


朝霜「いや、まだまだあるぜ。龍驤さんが知らないだけだ」


龍驤「……嘘や」


朝霜「本当だって。色々教えてやるよ」



51: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 23:14:56.34 ID:2DkFXgZ70

朝霜「龍驤さんはケツはどうなんだよ?」


龍驤「…あんまりやったことない」


朝霜「一人でシたことはあるんだろ?」


龍驤「それなりにはよかったけど…なんか違うんよ」


朝霜「ケツ叩かれるのはどうだ?スパンキングだ」


龍驤「それは……やったことないけど…」


朝霜「他にも拘束、強制なんか色々あるぜ。拘束は龍驤さんだと凄いことになりそうじゃん」


龍驤「なぁ…強制ってなんなん?」


朝霜「レ??プされるみてぇに頭を抑えつけられながらスるんだよ。めちゃくちゃ興奮するぜ?」


龍驤「……」


朝霜「な?まだまだプレイのやりようなんていくらでもあるんだ。気になったのでもあったか?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:16:28.72 ID:9IzvI8kHO

全部やってみたいわ



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:16:39.10 ID:xBl6X8Ql0

飲尿とか…興味ある…



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:17:01.83 ID:ziUu655RO

ウチが司令官に拘束やスパンキングを…
なんやこのゾクゾクは…



56: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 23:29:23.89 ID:2DkFXgZ70

龍驤「司令官に拘束やスパンキングをされる…なんやこの感じ…」ゾクッ


朝霜「こんな本より興奮できるぜ。龍驤さんは間違いなくドMだからな」


龍驤「……うん、そうやんな。ウチはドMなんや…」


朝霜「…龍驤さん、何かあったのか?」


龍驤「ううん…何もないよ……」


朝霜「性癖が歪む時は、そいつに何かあった時なんだ。同じような性癖がエスカレートするのとは訳が違うんだよ」


龍驤「そんなこと言われても……」



57: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 23:32:11.89 ID:2DkFXgZ70

朝霜「龍驤さん、はっきり言って異常だぜ?急にBLで興奮するなんて龍驤さんらしくねぇよ」


龍驤「……」


朝霜「龍驤さん、あたいには言えないことなのか?それとも言いたくないのか?」


朝霜「どっちにしろこのままじゃマズイと思うぜ?今は誤魔化せてもその内全員に知れ渡っちまう」


朝霜「ここの鎮守府には世話焼きが多いのが忘れたのか?困った時はここの奴らを頼ればいいんじゃねぇのかよ?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:36:26.43 ID:mP8/TfkDO

いや…ただなんとなくいつのまにかなんやけど(困り顔)



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:37:52.71 ID:xBl6X8Ql0

実は…前にどM行為で友情を確かめ合った子がいて…



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:39:51.62 ID:dssdaBd7O

この間資材搬入してる時に転けそうになって搬入作業員に助けられたけどその時に胸揉まれてな
その時はお互い謝ってすんだけどもしかしたらその時の事が原因かもしれないんや



61: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 23:46:12.84 ID:2DkFXgZ70

龍驤「実は…前にどM行為で友情を確かめ合った子がおってな…」


朝霜「そのことがずっと引っかかってんのか?」


龍驤「そうかも…しれへんねん…」


朝霜「成る程な、ならそれを解決すりゃあいいんだ」


龍驤「そんな簡単に言わんといてや…できへんから悩んでんねん……」


朝霜「お、悩んでるってちゃんと言ったな」


龍驤「……ん…」



62: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 23:48:12.28 ID:2DkFXgZ70

朝霜「そいつと何をどうしたかは今は聞かねぇよ。でもその相手は言ってもらうぜ」


龍驤「言わなあかんでな…」


朝霜「当たり前だろ?安心しろ、あたいは口は堅いぜ」


龍驤「そう……やんな…」


朝霜「ここの鎮守府の誰だ?それとも他の鎮守府の奴か?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:50:11.69 ID:swhN7XB8O

おまえやー!



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:51:06.81 ID:dk0in1oS0

別鎮守府にいる朝潮や

まだ五体満足だった頃に提督会議があって、付き添いで付いてって知り合ったんや



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 23:52:05.22 ID:3YQuGbeOO

(無言で朝霜のの顔を見つめる)



66: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/02(月) 23:59:28.91 ID:2DkFXgZ70

龍驤「別鎮守府にいる朝潮や。まだ五体満足だった頃に提督会議があって、付き添いで付いてって知り合ったんや」


龍驤「朝潮はええ子でな、ウチがこうなってからも付き合いを続けてくれてたんや」


龍驤「朝潮は向こうの司令官とええ感じになりたいって言うて、何度も相談に乗ったった仲なんや」


龍驤「それで…朝潮は無事ケッコン指輪を貰うことができたんや」


朝霜「そこで終わればいい話だけど、そこで終わらねぇんだな」


龍驤「……そうやねん」



67: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 00:04:41.65 ID:97y4LGYr0

龍驤「それから朝潮から司令官との夜の営みの相談を受けるようになったんや」


龍驤「朝潮は最初は戸惑ってたみたいやけど、司令官を受け入れたいって言うて色々と頑張ってみたいなんよ」


龍驤「ほんなら朝潮も慣れてきたみたいで、次は気持ち良くなろうとしたんよ」


龍驤「試しにウチがやってることを勧めてみたら、朝潮は大はまりしてしまったみたいでな…」


龍驤「朝潮もドMやって…それで色々相談し合うようになっていってな……」


朝霜「…龍驤さん、司令にだけは言っておいた方がいいかもしんねぇぜ」


龍驤「うん……」


朝霜「それから朝潮とも話合わないといけないかもな。もしかしたら龍驤さんは……」


龍驤「うん…………」


ーー



79: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 19:50:03.80 ID:97y4LGYr0

ーー


「誰だ?この鎮守府に何か用か?」


朝霜「緊急の用でここまで来た。ここの提督に会わせろ」


「軍服を着た艦娘…?そんな話聞いてないぞ」


朝霜「緊急だと言っている。たかが憲兵が私を足止めするな」キラッ


「その勲章は…!特務艦の方がなぜこちらに!?」


朝霜「私に同じことを何度も言わせるつもりか?」


「わ、わかりました!直ぐに執務室にご案内します!」



80: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 19:55:02.46 ID:97y4LGYr0

朝潮提督「すいませんでした。前もって連絡があればこんな対応では無かったんですが…」


朝霜「この鎮守府は急な客人には冷たいということだな?」


朝潮提督「いえ……そういうわけでは…」


朝霜「冗談だ、気にしなくていい」


朝潮提督「ありがとうございます…それで、今日は何をしにこの鎮守府へ来られたんですか?」


朝霜「あぁ、それはだな…」


コンコン


朝潮「朝潮です!執務室に入らせていただきます!」


朝潮提督「特務艦、あいつにも挨拶させます。朝潮、入ってきてくれ」



81: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 19:59:53.78 ID:97y4LGYr0

ガチャ


朝潮「朝潮入ります!特務艦殿、遠路はるばるやって来て下さりありがとうございます!」


朝霜「うむ、気持ちの良い挨拶だ。どこかの憲兵とはまるで違う」


朝潮提督「その点は本当に申し訳ありません…」


朝霜「冗談だと言ったじゃないか。朝潮君、楽にしてくれ」


朝潮「はい!ありがとうございます!」


朝霜「さて朝潮君が来た所で…悪いが提督君、席を外してもらえるかね?」


朝潮提督「私がですか…?まさか朝潮が何かした…と?」


朝霜「そういうわけでは無い。ただ朝潮君と二人で話したいことがあるんだ」


朝潮提督「…わかりました。それでは失礼させていただきます」ガチャ


朝霜「……よし、出て行ったか」


朝潮「特務艦殿……?私と話したいこととはなんですか?」



82: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 20:03:27.43 ID:97y4LGYr0

朝霜「その前に……」脱ぎ脱ぎ


朝潮「何故軍服を脱がれるのです!?ま、ま、まさか……!ダメです!私には司令官が…!」


朝霜「バーカそんなんじゃねぇよ。軍服が堅苦しくって一秒も長く着てたくねぇんだ」


朝潮「そうでしたか…それより、特務艦殿…その喋り方は…」


朝霜「これがあたいの素だよ。あたいのことは朝霜って呼んでくれ」


朝潮「そんなことできるはずがありません!」


朝霜「じゃあ命令だ、あたいのことは朝霜って呼べ」


朝潮「……わかりました朝霜さん」



83: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 20:15:09.62 ID:97y4LGYr0

朝潮「…朝霜さん、私に話しとはなんでしょうか?」


朝霜「それなんだけどよ、朝潮はこの龍驤さんと仲が良いのか?」ピラッ


朝潮「はい!初めて会った時からずっと仲良くさせてもらっています!」


朝霜「成る程ねぇ……」


朝潮「どうかしましたか?」


朝霜「いや、あたいの前では本音で話してくれていいんだぜ?二人がメールやら電話で話してんのは知ってる」


朝霜「朝潮、お前変な内容のメールとかしてねぇよな?」


朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞、行動他



84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 20:17:39.97 ID:4LQOOaYaO

お互いの夜の性活についてあれこれアイディアを出しあっていた



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 20:18:16.75 ID:DbuZ0cUUo

……?特に(朝潮的には)おかしなやり取りはしていませんが



86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 20:18:20.75 ID:UNcZoMxL0

変な内容のメールのやり取りですか?してないですよ?
お気に入りの玩具とか、お互いの司令官のこんなところが素敵とか逞しいとかそんな内容ばかりですが。



88: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 20:32:42.11 ID:97y4LGYr0

朝潮「メールではお互いの夜の性活について、あれこれアイディアを出しあっていただけです」


朝霜「そのアイデアってなんだ?」


朝潮「どうやって夜に誘えばいいかとか、どういうプレイが気持ち良さそうかって内容です」


朝霜「二人共ドMだから情報が共有できるってことだな」


朝潮「龍驤さんのアイデアは本当に参考になるんです!先輩夫婦として私の相談にも乗ってくれているんです!」


朝霜「なるほどなぁ…」


朝潮「それがどうかしたんでしょうか?」


朝霜「最近龍驤さんがおかしくなっちまってるんだよ。それの原因を探してたんだ」



89: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 20:36:19.45 ID:97y4LGYr0

ーー


朝潮「龍驤さんがBL本を持っていた…」


朝霜「内容は自分の旦那が犯されるヤツだぞ?どう考えてもおかしいだろ」


朝潮「……はい」


朝霜「それで龍驤さんを問い詰めたら、ドMで友情を確かめ合った奴がいるっていうからお前に会いに来たんだ」


朝潮「……」


朝霜「本当に朝潮は何も無いんだな?」


朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞、行動他



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 20:40:30.80 ID:qu72VyeBO

ホモが嫌いな女の子はいません



91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 20:41:55.07 ID:xetR95X30

多岐のジャンルに興奮できるようになれば、パートナーのどんな要望にも応えられるようになるだろうから色々学んでいるところです
と話をしたことがありますがまさかそんな……



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 20:41:58.06 ID:UNcZoMxL0

BLは娯楽の一種です



95: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 20:55:00.55 ID:97y4LGYr0

朝潮「ホモが嫌いな女の子はいません!!」


朝霜「あたし嫌いだぜ?なんで男同士の裸なんて見なくちゃいけねぇんだよ」


朝潮「そんな……」ガクッ


朝霜「龍驤さんの持ってた本の内容はさておき、朝潮の影響を受けてたってことだな」


朝潮「それはあり得ます…一人でする時のオカズの話しで、BL本をオススメしましたから」


朝霜「それで変な性癖になっちまったってことか。成る程な……」



96: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 21:00:28.78 ID:97y4LGYr0

朝潮「私のせいでややこしいことになってしまったみたいで…すいませんでした」


朝霜「謝るなら司令にだな。幻滅はしてなかったみてぇだけど、若干引いてたな」


朝潮「龍驤さんの司令官になんとお詫びすればいいか…」


朝霜「そうだな…ちなみに朝潮はどれくらいのドMなんだ?」


朝霜「龍驤さんは首締められるのが好きなレベルだけどよ、お前はどうなんだ?」


朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞、行動他



97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 21:02:13.04 ID:ikTq9Uqz0

卍固めが好きなレベルで……



98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 21:05:10.42 ID:UNcZoMxL0

司令官からうけるダメージ全てがご褒美です

実はいまも太めのバイブをいれてまして



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 21:05:24.57 ID:hLCudYeLO

緊縛されて羞恥責めされるのが好みです



100: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 21:19:53.66 ID:97y4LGYr0

朝潮「緊縛されて羞恥責めされるのが好みです!」


朝霜「叩かれるのも平気なのか?」


朝潮「むしろ大好きです!」


朝霜「ふーむ…ならドM具合は朝潮の方が上だな」


朝潮「いえ、龍驤さんとは年季が違います。アドバイスは為になるものばかりです!」


朝霜「でも龍驤さんはそう思ってないんだろうな。ある意味龍驤さんは羨ましかったんだな…」


朝潮「羨ましい、ですか?」


朝霜「朝潮が激しいプレイをどんどんしていくことが羨ましいと思ってたんだろ」



101: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 21:24:18.05 ID:97y4LGYr0

朝霜「司令は龍驤さんの体が第一だからな。激しいプレイはしたくねぇそうだ」


朝霜「求めたら即実行してくれるお前の司令が、心のどこかに引っかかってたのかもな」


朝潮「ひょっとして私は…余計なことを…」


朝霜「これは仕方ねぇよ。相談するには事細かに説明しなきゃいけねぇしな」


朝潮「わかりました…これからは連絡を控えます…」


朝霜「待てよ、それはそれで龍驤さんが悲しむぜ?お前とのやり取りはなんだかんだで面白いらしいからな」


朝潮「じゃあ私はどうすれば良いのですか…?」


朝霜「安価」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞、行動他



102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 21:28:20.84 ID:UNcZoMxL0

何時も通りでいいと思うぜ?

というか、変に遠慮しちまうと、あたいが会った事が察されて嫌われちまう



103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 21:29:30.14 ID:/CRlkTu/o

後はあたいに任せて普段通りにしてていいぜ
いきなり朝潮が変わって司令の間に何かあってもダメだからな



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 21:33:42.58 ID:DbuZ0cUUo

これからも龍驤さんの良き友達でいてやってくれ



105: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 21:44:47.51 ID:97y4LGYr0

朝霜「何時も通りでいいと思うぜ?というか、変に遠慮しちまうと、あたいが会った事が察されて嫌われちまう」


朝潮「あの……そもそも朝霜さんと龍驤さんはどういった関係なんですか?」


朝霜「ん、それは……まぁ借りがあるというか…そんな感じだ」


朝潮「借り…ですか?」


朝霜「色々と事情があるんだけどよ、今日はそれで納得してくんねぇか?」


朝潮「わかりました、これ以上の詮索はしません」


朝霜「ありがとよ、助かるぜ」



107: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 21:50:56.13 ID:97y4LGYr0

朝霜「さて龍驤さんの件はそれでいいとして、なんて理由をつけてここから帰るかだな…」


朝潮「何も考えてなかったんですか?」


朝霜「……悪ぃ、お前に原因があると思い込んでてよ、それを上手く言い訳にするつもりだったんだ」


朝潮「ならそうすれば良いのでは無いですか?」


朝霜「バカ、あたいの立場考えろ。何も悪くない艦娘を悪人に仕立てあげられると思うか?」


朝潮「そういうものなんですね…」


朝霜「どうするか…うーん……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こってこと等



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 21:54:00.24 ID:DbuZ0cUUo

朝潮提督に変態行為についてカマかけてみる



109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 21:54:45.12 ID:y0odlmjl0

ちょっとした抜き打ち検査って事にしておく



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 22:02:03.77 ID:xetR95X30

最近怪しい事が起きなかったかをしっかり聞いていたことにする



111: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 22:07:51.94 ID:97y4LGYr0

朝潮「何か事件の聞き取りでもしてたことにしてはどうですか?」


朝霜「…そうだな、それでいくか。そういえば最近朝潮絡みの事件があったから丁度いいな」


朝潮「私が何かしてしまったんですか!?」


朝霜「お前じゃねえ。別の朝潮が収容所から脱出したらしいんだよ」


朝潮「収容所ということは、その朝潮は何か罪を犯したんですか?」


朝霜「そうだけどよ、あれはあたいでも可哀想だと思うぜ」


朝潮「罪を犯したのに可哀想…ですか?」


朝霜「しゃあねぇ、詳しく教えてやるけど気分悪くすんなよ?」



112: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 22:14:35.50 ID:97y4LGYr0

朝霜「その朝潮は所属していた鎮守府の提督に売られたんだ。意味はわかるよな?」


朝潮「……はい」


朝霜「売った奴も最低だけどよ、買った奴も最低な奴だった。毎日セーエキ以外にロクに食べ物も食べさせなかったらしい」


朝潮「……最低な男ですね」


朝霜「朝潮も必死だったらしい。毎回自分の中に出された液体を掻き出して飲まなきゃ死ぬことはわかっていたならな」


朝潮「……」


朝霜「だがある日男は朝潮を監禁していた部屋の鍵を閉め忘れた。それに気付いた朝潮は……」


朝潮「その男を……殺した」


朝潮「そうだ、頭をズドン……ってな」



113: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 22:22:38.11 ID:97y4LGYr0

朝霜「そして男を殺した後、朝潮は自首して収容所にぶち込まれた」


朝潮「でもそこから朝潮は逃走してしまった…」


朝霜「多分収容所で体力が回復するのを待ってたんだろうな。収容所に入った時はガリガリで明日死んでもおかしくない状態だった」


朝潮「逃走した理由はやはり…司令官への復讐…」


朝霜「お前もそう思うよな?ってかそれしかねぇだろ」


朝潮「ですがその司令官はまだ鎮守府に居るんですか?そんなことをしておいてまだ司令官でいれるとは思えません」


朝霜「もちろん、アイツは一度捕まったよ。その直前に刺されてもいたしな。ま、刺されたのは因果応報だろ」


朝霜「だが今は元いた鎮守府で司令として艦隊を運用してるぜ」


朝潮「なぜですか!?そんな最低な男に艦隊を任せるなど!」


朝霜「……そうだな」


朝潮「こういうことは言ってはいけませんが、その司令官は殺されても文句は言えません。むしろそうあるべきです!」


朝霜「お前も中々過激なこと言うんだな?」


朝潮「…すいません興奮してしまいました」


朝霜「気持ちはわかるがな……色々あんだよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 22:25:21.87 ID:4LQOOaYaO

島風提督に復讐するための仲間を集めに天津風のところに島風朝潮が現れる



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 22:27:05.81 ID:DbuZ0cUUo

復讐心に心支配された島風朝潮、島風提督鎮守府を強襲



116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 22:32:05.60 ID:2V2h4DbvO

ですがやはり復讐はダメです!
とここの朝潮が止めにいこうとする



117: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 22:38:07.61 ID:97y4LGYr0

ーー某所


天津風「……」


S朝潮「天津風…起きて天津風……」


天津風「ん……誰…面談はとっくに…」


S朝潮「私は面談に来たんではありません。天津風起きて下さい」


天津風「あ……貴女…!」


S朝潮「静かにして下さい。わかりますね?」チャキ


天津風「……」コクリ


S朝潮「わかっくれればそれでいいです」



118: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 22:42:35.60 ID:97y4LGYr0

天津風「貴女…何しに来たの。収容所に居るんじゃなかったの?」


S朝潮「あそこは抜け出してきました」


天津風「簡単に言うわね…貴女なら大人しくしてれば早く出れたんじゃないの?なんでそんなことしたのよ?」


S朝潮「司令官に復讐するためです」


天津風「復讐……」


S朝潮「天津風は知っていますよね?私がどんな目にあったのかを」


天津風「……」


S朝潮「司令官を恨んでいるのは私だけではありません。天津風、一緒に司令官を殺しませんか?」


天津風「安価」


下1~3高コンマ 天津風の台詞、行動他



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 22:44:14.17 ID:W9Gp+gIDO

もう提督なんてどうでもいいのよ(諦観)



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 22:47:08.71 ID:xetR95X30

……島風が悲しむような事はしたくないわ



121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 22:48:40.25 ID:IqFOdv9xo

罰ならきっと今いる娘達が与えている



122: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 22:55:03.43 ID:97y4LGYr0

天津風「……島風が悲しむような事はしたくないわ」


S朝潮「……」


天津風「確かに私もあの人のことは恨んでるわ。でもそれ以上に島風のことが大切なの」


天津風「あの人を殺したら島風が悲しむ。だから私は朝潮と一緒にはいけないわ」


S朝潮「……そうなんですね」


天津風「ねぇ朝潮、思い直しすのは…」


S朝潮「仲間になってくれないなら…貴女もいりませんね」ギラッ


天津風「え……?」



123: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 22:56:57.66 ID:97y4LGYr0

天津風「ま…待って!私は…!」


S朝潮「証拠隠滅です。ここに私が来たとバレてはいけません」


天津風「なら!私も仲間になるから!」


S朝潮「コロコロと意見を変える人は信用できません」ギラッ


天津風「あ、やだ…!やめ…!」


S朝潮「さようなら天津風」


天津風「……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:00:33.52 ID:hLCudYeLO

殺されはしなかったが朝潮と再会した記憶を消した後公園のモニュメントに全裸で貼り付けにされた



125:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:01:15.78 ID:+WgEf35Xo

フミィ改二が助けに来た
実は文月が売られたのは「YESロリータNOタッチ」がポリシーのとこだった



126:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:01:18.13 ID:UNcZoMxL0

腹部を刺され天津風気絶

朝潮逃走

刺されたもののそこまで深くなく、天津風の命に別状なし



128: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 23:17:23.65 ID:97y4LGYr0

文月「朝潮ちゃん、それはいけないよぉ~」ガシッ


S朝潮「文月!?」


天津風「貴女も…売られたはずじゃ…」


文月「あたしのとこはねぇ、皆んな優しくしてくれたんだよぉ~」


S朝潮「嘘です!貴女が売られた所はロリコンの集まりのはずです!」


文月「そうだよぉ~みんなちっちゃい子が好きな人達ばっかりだったよぉ~」


天津風「だったらなんで…」


文月「あたしのとこはねぇ~ロリは崇める主義の所だったの~YESロリータ、NOタッチだって~」



129: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 23:22:07.73 ID:97y4LGYr0

S朝潮「そんなバカな…」


文月「ねぇ気付いてる~?あたし改二になったんだよぉ~」


天津風「そうみたいね…」


文月「あそこの人達は大切にあたしを育ててくれたの~だからこうやって改二になれたんだよぉ~」


S朝潮「なんで…なんで私だけがこんな目に!!私は毎日毎日毎日毎日犯されて!食べ物もまともに食べさせてもらえなかったのに!!」


S朝潮「……こうなったら文月も殺してやる!!」


文月「安価」


下1~3高コンマ 文月の台詞やその他起こったこと等



130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:24:29.79 ID:xetR95X30

朝潮にそこら辺に落ちている物を投げて行動を阻害しながら、天津風を連れて文月の鎮守府まで逃げる



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:25:43.94 ID:W9Gp+gIDO

残念それは残像だよぉ~



132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:26:25.07 ID:4LQOOaYaO

私と天津風を、そしてあの人を殺してまた捕まって…その後はどうするの?
なんの生き甲斐も無い、待っててくれる人もいない、何もない空っぽの毎日だよ?



133: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 23:32:14.33 ID:97y4LGYr0

S朝潮「×ねっ!!」グサッ


文月「……」


天津風「文月ぃ!!」


文月「残念、それは残像だよぉ~」


S朝潮「な……!」


文月「よいしょっ……と」グイッ


S朝潮「ぐぅ……!」


天津風「凄い…朝潮をあっという間に組み伏せたわ」



134: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 23:36:34.14 ID:97y4LGYr0

文月「朝潮ちゃん、復讐したいって気持ちはあたしもよくわかるよぉ~」


文月「でも、本当に殺しちゃうのはダメ。そんなことしたら一生外に出れなくなっちゃうよ?」


S朝潮「ぐっ……!」ジタバタ


文月「過去にあったことはもう変えられないけど、これからのことは変えていけるんだよ?」


文月「復讐なんてつまんないことやめて、楽しく生きていこうよ」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 島風朝潮の台詞やその他起こったこと等



135:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:38:18.00 ID:2V2h4DbvO

こうなったら浜風も何かしら出させたいな

安価は「酷い目に遭ってないあなたに何がわかるんですか!!」



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:39:05.11 ID:DbuZ0cUUo

うるさいうるさいうるさい!!
幸せな奴に私の何が分かる!



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 23:39:57.02 ID:xetR95X30

うる……さいっ!と言って自分の関節を外し痛みで顔を歪めながら拘束から抜け出す



140: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 23:46:51.93 ID:97y4LGYr0

S朝潮「酷い目に遭ってないあなたに何がわかるんですか!!」


文月「それは……」


S朝潮「私は絶対にアイツを殺す!邪魔を…しないで下さい!!」カチッ


天津風「何のスイッチを押したの…?」


文月「うぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


天津風「文月!?」


S朝潮「今のうちに……!」ササッ



141: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/03(火) 23:50:02.09 ID:97y4LGYr0

文月「あ…あたしはいいから…朝潮を…」


天津風「そんな訳にはいかないわよ!何をされたの!?」


文月「朝潮の背中が…ビリビリって…スタンガンみたいに…」


天津風「まさかこうなることを見越して背中に仕込んでたっていうの!?」


文月「準備周到だったんだよ…こういう所…変わってない……ね…」


天津風「文月!しっかりしなさい!文月!!」


文月「ダメだよ朝潮ちゃん…復讐は…何も生まないんだよぉ……」


ーー



157: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 19:14:20.33 ID:7UdWWg5N0

ーー


文月「久しぶりにここに来たけどぉ、随分とスッキリしてるねぇ~」


五月雨「このクズのせいだ。ここに残ってる奴以外全員どっかに行っちまったよ」


文月「本当にね~お前がまだ司令官をしてるなんて、何かの冗談かと思ったよぉ~」


島風提督「……」


文月「何も言えなくて当然だよねぇ~?あたしは売られたんだもんねぇ~?」


島風提督「……」


五月雨「何か言えよクズッ!!」ボゴッ


島風提督「ぐっ……」


文月「五月雨ちゃん、蹴ってくれてありがとぉ~」


五月雨「コイツは毎日のように蹴って殴ってやってるから安心しな」


文月「わぁ~い、ありがとぉ~」



159: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 19:20:32.68 ID:7UdWWg5N0

五月雨「だが文月が案外まともで安心したっつうか…よく無事だったな?」


文月「あたしを引き取ってくれたとこはねぇ~別名幼女塾って言われてる団体なんだよぉ~」


五月雨「それってあれか?フィギュアスケートとかソフトボール選手育ててる団体だよな?」


文月「そうそう~最近だと卓球の子が有名だよぉ~」


五月雨「そうだったのか……俺はてっきり文月が…」


文月「あそこの人達はねぇ、変な人達に買われそうな子を助けてあげてるのぉ」


五月雨「……よかった、本当によかった…ぞ…」


文月「地が出かかってるよぉ五月雨ちゃん」


五月雨「うるせぇ黙れ!」



160: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 19:28:03.51 ID:7UdWWg5N0

文月「でも幸運だったのはあたしくらいで、朝潮とかがどうなってるかは知ってるよねぇ?」


五月雨「……知りたくもなかったがな。脱走騒ぎも全部聞いた」


文月「それでねぇ、収容所から逃げ出した朝潮の目的がわかったのぉ。それはね…」


五月雨「このクズを殺すことだろ?」


文月「ピンポーン!大正解ぃ~」


島風提督「……」


文月「でもね、朝潮ちゃんにそんなことはさせられない。不本意だけどあたしはコイツを守らなきゃいけないのぉ」


五月雨「朝潮一人くらいなんとでもなるぜ?」


文月「ううん、それがどうも朝潮ちゃんだけじゃないみたいなの。ある病院に入院してた浜風ちゃんの姿がここ数日の間に消えちゃったの」


五月雨「仲間を連れてるって訳か…」



161: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 19:30:38.06 ID:7UdWWg5N0

文月「朝潮ちゃん達は確実にこの近くにいるから、何かあったらすぐに知らせてねぇ~」


五月雨「ここに泊まっていくんじゃねぇのか?」


文月「コイツと同じ空気を吸いたくない」


島風提督「……」


五月雨「とことん嫌われてやがるな…ま、当然っちゃ当然だよな」


文月「そうだよ、こんな最低男嫌われて当然だよ。でも五月雨ちゃんはなんでここに残ってるの?」


文月「それだけじゃない。なんでこの男と関係を持ってるの?あたしは理解できないよ」


五月雨「安価」


下1~3高コンマ 五月雨の台詞、行動他



162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:35:54.86 ID:coJBmDDH0

昔欲しかった体を好きにできるんだ
島風にとられた



163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:36:39.74 ID:RKMITBeS0

散々食い物にしてきたはずの自分の部下に搾り殺される

このクズにはふさわしい末路だろ?



164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:37:12.63 ID:coJBmDDH0

>>162
すまない、途中送信してしまった
島風にとられた欲しかった提督の身体
こんな奴にならなければもっとよかったんだがな



165:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:38:26.84 ID:aM7L9bE1O

修正は安価の範囲内でやるなよ
安価が出尽くしてからやれよ



166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:39:19.68 ID:HlT/Ku3wo

コイツは私が縛りつけてやるんだ
一生つかず離れずやってきた事の罪を背負わせてやる



167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:40:16.30 ID:HlT/Ku3wo

修正を出した場合ってコンマは後者?
それとも前者?



168: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 19:41:56.23 ID:7UdWWg5N0

安価範囲内での修正はできればやめてください、再安価になります


再安価 下1~3高コンマ



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:42:10.99 ID:rjXpSgCG0

後者でええんちゃう?



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:42:20.78 ID:RKMITBeS0

>>163



171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:42:36.64 ID:HlT/Ku3wo

>>166



172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:43:20.28 ID:rjXpSgCG0

ううぷすすまぬ安価は>>166で



173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:46:44.20 ID:/Q9aDV+bO

修正する奴ばっかだな



176: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 19:51:07.75 ID:7UdWWg5N0

五月雨「コイツは私が縛りつけてやるんだよ。一生つかず離れずやってきた事の罪を背負わせてやる」


文月「そっか、そうすれば島風ちゃんと二人っきりにはなれないもんねぇ~」


五月雨「島風と二人で幸せな生活でも送れるとでも思ってんのか?あ?」


島風提督「……」


五月雨「無視してんじゃねえよ!!」ガスッ


島風提督「ぅ……」ガクッ


文月「ひゅ~やるねぇ五月雨ちゃん」


島風提督「顔面殴るのが一番効果的だからな」



179: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 19:54:45.81 ID:7UdWWg5N0

島風「やめて!!提督に乱暴しないでって言ってるでしょ!!」ガチャ


五月雨「遅せぇよクソビッチ。寄り道してたんじゃねぇだろうな?」


島風「待ち伏せ艦隊が居たの!それを倒してたら遅くなっただけなの!」


五月雨「そんなの知らねぇよ。おら、とっとと次の海域行ってこい」


島風「貴女は……!」ワナワナ


五月雨「それより島風、そこにいる奴に見覚えはねぇか?」


島風「そこ?え……あ……あぁっ!」


文月「……」


下1~3高コンマ 文月か島風の台詞や行動他



180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:55:20.56 ID:mUh0S7Q5O

文月だぁ~!と抱きつく



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:56:49.45 ID:qKFAebv20

島風「マジで誰なの?」



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 19:57:20.45 ID:riUPEqlDo

あの文月なの……?



183: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 20:01:57.05 ID:7UdWWg5N0

島風「文月だぁ~!」ダキッ


文月「……」


島風「ねぇ!文月も戻ってきてくれたの?」


五月雨「…文月、先に言っておくが島風は何も知らねぇ。朝潮のことだって知らねぇはずだ」


島風「え、何のこと?」


文月「……」



184: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 20:03:47.51 ID:7UdWWg5N0

島風「あ!文月改二になってる!凄いね!」


文月「……」


島風「今ここにはあんまり艦娘は居ないけど、一緒に頑張っていこうね!」


文月「……」


島風「…ねぇ、さっきからなんで黙ってるの?文月も提督も…」


島風提督「……」


島風「ねぇ、なんで…」


文月「安価」


下1~3高コンマ 文月の台詞、行動他



185:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:05:16.35 ID:RKMITBeS0

島風ちゃんが悪いんじゃないってわかってるけど、ちょっと仲良くはできないよぉ~

ごめんねぇ~



186:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:05:58.71 ID:Dnnk9YORO

みんなをイケニエにして手に入れた幸せの味はどーお?



187:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:07:14.62 ID:tPdgnAxYO

島風ちゃん、悪いけど今は出ていってくれるかな?



188: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 20:12:39.54 ID:7UdWWg5N0

文月「みんなをイケニエにして手に入れた幸せの味はどーお?」


島風「生贄……?」


文月「あたしはね、ロリコンさんが沢山いる組織に売られたの。なんでだと思う?」


島風「え…………」


文月「でもね、あたしはまだ良かったんだよぉ。朝潮ちゃんなんて肉便器にされちゃったし、浜風ちゃんなんて下半身を何回も何回も手術したんだよ?」


島風「う…うそ…………」


文月「嘘でこんなこと言わないよぉ~」



190: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 20:15:27.60 ID:7UdWWg5N0

文月「あたしがここに来た理由はね、朝潮ちゃんと浜風ちゃんが司令官を殺そうとするのを止めに来たの」


文月「コイツなんて死んでもいいけど、朝潮ちゃん達を冷たい塀の中に入れるなんてできないよぉ」


島風提督「……」


文月「ちなみに、このことを知らないのは島風ちゃんだけみたいだねぇ~」


島風「……」ガタガタ


文月「……島風、今…シアワセ?」


島風「安価」


下1~3高コンマ 島風の台詞、行動他



191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:17:22.94 ID:tPdgnAxYO

ウソ…だよね…提督……
提督はそんな事してないよね…?



192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:19:29.92 ID:kRphZNUC0

なんで……提督?嘘だよね?



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:19:32.79 ID:ZP38YaiSO

提督は悪いことしたかもしれないけど反省したんだもん!



196: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 20:34:08.42 ID:7UdWWg5N0

島風「ウソ…だよね…提督……提督はそんな事してないよね…?」


島風提督「……」


島風「艦娘を使っていかがわしいことをしてたって…私はそう聞いてたんだよ?」


五月雨「なんだ、話しは聞いてたのかよ」


文月「でも事実じゃないみたいだねぇ~」


島風「デリヘルみたいなことをしてただけだって…そうじゃなかったの提督!?」


島風提督「……」



197: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 20:36:41.62 ID:7UdWWg5N0

五月雨「バーカよく考えろ。それだけでお前の治療費が稼げると思ってんのか?」


文月「あたし達は高く売れたんだよぉ~?」


島風「嘘だ!提督はそんなことしないもん!」


五月雨「嘘ついて何になるってんだよ」


文月「いいなぁ~何も知らない人は平和で」


島風「……提督…本当なの…?私達の仲間を…変な人達に…売ったの…?」


島風提督「安価」


下1~3高コンマ 島風提督の台詞、行動他



198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:38:23.54 ID:bNvkZopB0

…すまない、島風

こいつらは、何一つ嘘は言ってはいない



199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:39:05.40 ID:riUPEqlDo

…そうだ



200:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:40:27.12 ID:HaJbCtbpo

その通りだ



201: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 20:47:19.39 ID:7UdWWg5N0

島風提督「…すまない、島風。こいつらは、何一つ嘘は言ってはいない」


島風「あぁっ……」ガクッ


文月「ここに居る皆んなはずっと言わなかったんだねぇ~」


五月雨「わざわざ言うもんでもねぇと思ってたんだろ。それに当事者の島風が知らねぇなんて思いもしねぇよ」


文月「島風ちゃんは結構おめでたいんだねぇ~」


五月雨「ある意味このクズとお似合いだろ?」


文月「本当にそうだねぇ~」


島風「安価」


下1~3高コンマ 島風の台詞、行動他



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:48:22.52 ID:riUPEqlDo

文月に土下座



203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:50:29.91 ID:sUqtGnzs0

あぁ……でも……もし提督が私みたいな境遇だったら私も同じ事をしただろうなぁ……



204:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 20:51:25.91 ID:g+JH5H/lO

文月に謝って、全部私の為にやったことだから提督は許して欲しいとお願いする



205: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 20:57:16.05 ID:7UdWWg5N0

島風「文月ごめんなさい……全部私の為にやったことだから提督だけは許して…」


文月「生温いこと言ってんなよぉ?」


島風「ごめん…なさい……」


文月「頭も下げないでそんな都合の良いこと…」


島風「本当にごめんなさい……!」土下座


文月「……」


島風提督「島風……」


島風「私のせいで提督のことを恨んでるって言うなら私を恨んで!提督のことだけは許して!!」



206: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 21:01:59.25 ID:7UdWWg5N0

文月「……いいよ許してあげる。あたしは嫌だって言っても無理やり艦娘を売るようなクズじゃないもん」


島風「……ありがとう文月…」


五月雨「しかしそんなにクズがいいのか?こんな奴庇う価値なんてねぇぜ?」


島風「ううん…もし提督が私みたいな境遇だったら…私も同じ事をしたと思う…」


五月雨「はっ、やっぱりコイツらクズ同士だな」


文月「だねぇ~大切な人の為なら仲間なんて見捨てるって言ってるもんねぇ~」


五月雨「お前ら絶対マシな死に方しねぇよ。まぁそれを俺が側で見ててやるがな!あぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!」


島風提督「……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:03:56.48 ID:tPdgnAxYO

臭いお涙頂戴劇は終わりですか?
と島風朝潮登場



208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:04:12.77 ID:HaJbCtbpo

武蔵がけんかはやめろー!なかよくしろ!と入ってくる



209:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:04:55.49 ID:rKofvTHL0

本気で提督を殺すつもりの浜風が仲間を伴い完全武装で突入して来る
可能であればS朝潮も同行している



210: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 21:15:16.10 ID:7UdWWg5N0

ドスドスドスドス


五月雨「この足音は…」


文月「嘘でしょぉ!?」


武蔵「けんかはやめろー!なかよくしろ!」


島風「武蔵…」


武蔵「島風がどげざしてる…文月がわるいんだな!」


文月「ひぃっ!ち、違うよぉ!!」


武蔵「提督もかなしそうなかおしてる…やっぱり文月がわるい!」


文月「ごっ、ごめんなさい!!」



211: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 21:19:26.28 ID:7UdWWg5N0

五月雨「文月の奴まだ武蔵が苦手みてぇだな…ま、あれだけ殴られたら嫌にもなるか」


文月「あの時のあたしは悪くなかったんだよぉ!それなのに武蔵はぁ!」


五月雨「だからやってない証拠出せっつっただろ?出せねぇならそれは有罪だ」


文月「そんな…」


武蔵「なにごちゃごちゃいってる!」


文月「ひっ!も、もう謝ったしいいでしょぉ!」


武蔵「いいのか島風?」


島風「うん……」


武蔵「よし!なら、これでなかなおりだな!」


文月「はぁっ……」ヘナヘナ


五月雨「武蔵のことはよっぽどみてぇだな」



212: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 21:22:17.99 ID:7UdWWg5N0

五月雨「あぁそうだ、武蔵一つ言っとくことがある」


武蔵「なんだ!!」


五月雨「うるせぇ声…あのな、朝潮と浜風がここに来るかもしんねぇから来たら倒せ」


武蔵「なんでだ?」


五月雨「そうだな……その二人は敵だからだ」


武蔵「わかった!そのふたりみつけたらたおす!」


五月雨「これでほとんど大丈夫だろ。おい文月、もう帰ってもいいぞ」


文月「言われなくてもこんなとこすぐ帰るよぉ…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:23:08.22 ID:tPdgnAxYO

このタイミングで襲撃してきた島風朝潮と浜風
武蔵を見た途端、顔真っ青&足ガクガク



214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:24:12.62 ID:g+JH5H/lO

運悪く突撃してきた二人



215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:24:32.64 ID:riUPEqlDo

近くで浜風を捕まえてきた残りのメンバーが来る



218: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 21:35:48.41 ID:/is96g6+O

摩耶「おーい、懐かしい奴を捕まえてきたぞ」ガチャ


長波「おら、入ってこい!」


浜風「……」


武蔵「浜風だ!たおすか?」


島風提督「…待て、まずは状況を聞かせてくれ」


伊400「状況も何も、ここに戻ってきたらウロウロしてる浜風が突然居たの!」


大鳳「きっと提督を狙ってやってきたのよ!」


摩耶「浜風は長波と大鳳があっという間に拘束しちまったんだ」


五月雨「浜風も運がなかったってわけだ」


浜風「……」



219: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 21:40:32.11 ID:/is96g6+O

五月雨「おい浜風、朝潮はどこだ?」


摩耶「なんで朝潮の話しになるんだよ。アイツは…」


文月「朝潮ちゃんはね、司令官を殺す為に脱走したんだよぉ~」


伊400「え、文月ちゃん!?あの時の文月ちゃんよね!?」


長波「…なんとなくわかってきたぞ。二人を連れて帰る為に文月が来たんだな?」


文月「連れて帰るというかぁ、朝潮ちゃんにそんなことをして欲しくないからそれを止めにきたのぉ。こんな奴殺されてもいいんだけどぉ~」


大鳳「なんですって…?クソガキ、表に出なさい」


文月「練度じゃ負けないよぉヤンデレぇ~」


武蔵「けんかするな!」


文月「ごめんなさいっ!」


島風提督「……浜風、ここに何をしに来た?」


浜風「安価」


下1~3高コンマ 浜風の台詞、行動他



220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:41:03.51 ID:bNvkZopB0

違うんです、私は本当は提督を襲いたくなんてなかったんです、S朝潮に脅されて仕方なかったんです

と必死の言い訳



221:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:41:47.89 ID:tPdgnAxYO

>>220+許してください何でもしますから(卑屈な笑み)



222:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 21:42:50.30 ID:YKrhZtwW0

あ?捕まってしまったわー またいやらしいことをさせられてしまうんだわー (棒読み&期待するような目で提督をチラ見)



224: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 22:17:00.96 ID:/is96g6+O

浜風「違うんです、私は本当は提督を襲いたくなんてなかったんです、朝潮に脅されて仕方なかったんです…」


長波「あぁ!?今襲うとか言いやがったな!」


大鳳「やっぱりそうだったのね!今ここで殺してやるわ!」


浜風「許してください何でもしますから…」ニヤッ


五月雨「なんでそこでニヤつくんだよお前はよ」


文月「浜風ちゃん、酷い目に合ったんだよねぇ?お股も何回も手術したんでしょ?」


浜風「そうですね、四回程でしょうか」


摩耶「マジかよ……」



225: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 22:22:46.68 ID:/is96g6+O

伊400「浜風ちゃん…大丈夫なの…?」


浜風「朝潮には従うフリをしました。私も提督を守ります」


文月「そうじゃなくてぇ……」


五月雨「お前まともに生活できてんのか?どんな酷い目に合ったら手術を四回もするってんだよ」


浜風「安価」


下1~3高コンマ 浜風の台詞、行動他



226:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:24:12.26 ID:kRphZNUC0

既に女性としての機能はなくなりましたが、日常生活に問題はありませんよ



227:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:24:16.26 ID:C5WiPhFp0

木材とか色々なものをちょっと入れられたりしただけですよ



228:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:25:30.96 ID:g+JH5H/lO

子供は出来なくなりましたけど凄く具合は良いって評判ですよ



231: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 22:42:39.14 ID:/is96g6+O

浜風「子供は出来なくなりましたけど凄く具合は良いって評判ですよ」


五月雨「お前……」


文月「浜風ちゃん…」


長波「子どもができないって……」


大鳳「まさか手術って……中絶…」


伊400「子どもができない…それより艦娘が妊娠するだなんて…」


浜風「朝から晩までひたすら犯されたんです。できにくい艦娘といえども流石に妊娠します」


摩耶「マジかよ…」



232: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 22:47:02.68 ID:/is96g6+O

浜風「確かに提督には色々言いたいことはあります。ですが今は朝潮の襲撃に備えることが大切です」


島風提督「…すまない」


島風「絶対に提督は傷付けさせないもん!」


摩耶「これだけいれば朝潮くらいなんとかなるだろ」


文月「朝潮ちゃんを舐めない方がいいよぉ~あたしスタンガンやられちゃったもん」


長波「一筋縄ではいかねぇな」


大鳳「誰であろうと提督を傷つける奴は殺すまでよ!」


武蔵「朝潮はわたしがたおす!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:48:31.82 ID:bNvkZopB0

あっさり見つかりあっさり捕まる朝潮



234:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:49:14.44 ID:sUqtGnzs0

S朝潮が折り畳まれた状態で段ボールに詰められて鎮守府内に置かれていた



235:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:49:32.15 ID:YKrhZtwW0

特注の46cm単装砲で超長距離射撃をしてくる朝潮



238: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 23:06:54.87 ID:/is96g6+O

ーー

摩耶「おーい朝潮こっちに居たぜ」


S朝潮「……」


五月雨「そんなアッサリと…」


文月「武器は持ってなかったのぉ?」


摩耶「持ってなかったぜ。無抵抗だったから楽に捕まえられたぞ」


島風提督「朝潮…」


S朝潮「……」




239: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 23:09:32.28 ID:/is96g6+O

摩耶「…で、どうすんだ?収容所に送り返すのか?」


文月「待って、その前に話したいことがあるの」


五月雨「両手縛ってんだから暴れることもできねぇだろ。話しくらいならいいぜ」


S朝潮「……」


文月「ねぇ朝潮ちゃん…復讐は何もうまないんだよ…だからそんなこと…やめよう…?」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 島風朝潮の台詞、行動他



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:10:46.62 ID:Fft7hkD4O

「この時を待っていたわ!」と爆弾で島風提督もろとも自爆しようとするが、爆弾は不発に終わる



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:11:44.89 ID:rKofvTHL0

「そうですね。終わりにしましょう」
同時に体内に仕込んだ爆弾で島風提督諸共自爆を図る



242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:12:08.58 ID:C5WiPhFp0

ここの情報を流して社会的にヤりにきた



247: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 23:25:32.80 ID:/is96g6+O

S朝潮「そうですね……」


文月「朝潮ちゃん…!」


S朝潮「全てを終わりにしましょう」 モゾッ


文月「え…」


摩耶「コイツまさか!」


五月雨「提督!ダメェ~!!」ガバッ


島風提督「……!」


S朝潮「お前達も道連れにしてやる…!」カチッ


下1~3高コンマ 島風朝潮の自爆はどうなった?成功したかどうかやその他起こったこと等



248:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:26:55.59 ID:Fft7hkD4O

島風朝潮の服が焦げる程度のショボい爆発しか起こらなかった



249:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:27:23.90 ID:YKrhZtwW0

ぽひゅっと情けない音を立てて失敗 微妙な雰囲気とともに五月雨と朝潮を見る面々



250:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:27:58.41 ID:lFWLijbQO

五月雨が身を呈して庇った事で提督は左腕を失うも生き残る
五月雨は助からない



255: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 23:40:47.75 ID:/is96g6+O

ぽひゅっ


S朝潮「は?」


摩耶「…………まさか…不発か…?」


文月「あの感じだと爆弾湿ってたのかもぉ…」


五月雨「どうすんだよこの状況…」


島風提督「……とりあえず五月雨は俺の上から降りてくれ」


五月雨「それぐらいわかってんだよ!」



256: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 23:42:51.43 ID:/is96g6+O

文月「朝潮ちゃん、自爆するつもりだったんだね…」


摩耶「だからわざと捕まったってわけだな。しかしその爆弾があんな情け無ぇとは…」


五月雨「結果としては良かったけどよ、朝潮お前…」


島風提督「……」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 島風朝潮の台詞、行動他



257:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:43:57.53 ID:OeK2qvM9o

油断させての本当の自爆

成功して島風提督、島風爆死



258:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:44:05.06 ID:bNvkZopB0

なんで…!なんで何もかも上手くいかないのよぉ!



259:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 23:45:25.76 ID:ravvqsVYO

うるさい!



263: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/04(水) 23:52:43.97 ID:/is96g6+O

S朝潮「うるさい!」


摩耶「うるさいってお前…逆ギレしてんじゃねぇよ」


五月雨「朝潮はとりあえずここで預かって、あのオッサンに引き渡せば問題無いだろ」


島風提督「幹部には俺が伝えておこう」


文月「とにかく朝潮ちゃんが無事でよかったぁ…」


S朝潮「失敗した上に辱めまで受けるなんて…!」


ーー



286: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 19:57:04.47 ID:Qxo3YnfN0

ーー


幹部「提督君、無茶なお願いをしてしまってすまない」


提督「いえ、幹部さんの頼みなら断りません」


幹部「本当にすまない。この件の埋め合わせは必ずしよう」


龍驤「それはええけど、ウチらの鎮守府やないとあかん理由でもあるん?自分のとこで面倒見るのが一番と違うん?」


幹部「確かにそれがいいのはわかっている。事実浜風君はこちらで引き取ることしたからね」


提督「ここで朝潮を預かることに意味があるんですね」


幹部「私はそう思っている」



287: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 20:01:31.45 ID:Qxo3YnfN0

幹部「朝潮君ならここで変われる。私はそう確信しているんだ」


提督「こちらも預かるからには全力で朝潮をサポートします」


龍驤「特別扱いするわけと違うけど、気にはかけるようにするで」


幹部「そう言ってくれると本当に心強いよ。さて、朝潮君をここに呼ぼう」


幹部「朝潮君、入ってきてくれ」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞、行動他



288:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:02:25.00 ID:7vWyY4MYO

周りを睨む



289:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:03:40.23 ID:NiONhemJ0

殴られたような傷跡がひいてない状態



290:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:03:42.55 ID:8S9qz5i4O

…朝潮です。…よろしくお願いします。(脱け殻のような虚ろな目)



291: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 20:18:32.58 ID:Qxo3YnfN0

S朝潮「……よろしくお願いします」ギロッ


龍驤「えらい目つきが悪いなぁ…」


提督「…よろしく朝潮」


幹部「朝潮君は新型手錠のテストということで特別にこの鎮守府に来ることになっている」


提督「朝潮がつけているのがそうなんですね」


龍驤「新型って何が新しいん?」


幹部「こちらが自由にオンとオフを切り替えることができるようになっている。このスイッチを押すとだね…」ポチッ


S朝潮「……」グググッ


龍驤「両手が手錠されたみたいにくっついたな…」


幹部「何か問題があると思ったり、危険な行動を取れば迷わず押してくれて構わない。スペアを含め複数個渡しておくよ」



292: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 20:23:40.00 ID:Qxo3YnfN0

幹部「朝潮君、もう少し愛想は良くできないかい?」


S朝潮「…人の自由を奪っておいて笑顔でいろなんて頭がおかしいんですか?」


幹部「む、すまない…」ポチッ


S朝潮「はぁ……」スッ


龍驤「司令官、朝潮の面倒はとりあえずあの二人に見てもらえへん?」


提督「…そうだな。朝潮、早速で済まないがある部屋に行ってくれないか?」


S朝潮「…わかりました」



293: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 20:26:28.96 ID:Qxo3YnfN0

ーー叢雲の部屋


叢雲「アンタが新入りね」


卯月「うーちゃん達をよろしくっぴょん!」


S朝潮「……」


叢雲「司令官から説明されたのは、このスイッチを押せばアンタの自由を奪えるってことだけね」


卯月「でもうーちゃんは簡単に押したりしないから安心して欲しいっぴょん!」


S朝潮「……」ギロッ


叢雲「ガン無視でこっちを睨むだけなんて、アンタも中々のものね」


S朝潮「……」



295: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 20:30:44.93 ID:Qxo3YnfN0

叢雲「で、アンタは何してここに来たのよ」


卯月「叢雲、そんないきなり…ぴょん…」


叢雲「何よこれを聞くのが一番早いでしょ」


S朝潮「私は人を殺しました」


卯月「ぴょん…?」


S朝潮「私を買って好き放題したゴミクズ野郎をこの手で撃ち抜いてやったんです」


S朝潮「頭を吹き飛ばした時の爽快感は忘れられません。どうですか?どうせ何も答えられませんよね?」


叢雲、卯月「安価」


下1~3高コンマ どちらの台詞や行動等



296:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:32:45.09 ID:u3Y/2PqCO

卯月

その辺の事情は全部提督から聞いてるっぴょん



297:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:33:42.75 ID:tL8m2BsIo

叢雲
本当に爽快感が得られたの?



298:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:34:07.24 ID:DzTYGA9l0

叢雲 めっちゃ煽る、とにかく全部を吐き出させてやろうと執拗に煽る



301: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 20:38:47.88 ID:Qxo3YnfN0

叢雲「本当に爽快感が得られたの?私は爽快感なんて感じなかったわよ」


S朝潮「…随分と知ったような口を聞きますね。人を殺したこともない駆逐艦が想像で喋らないで下さい」


叢雲「人を殺したことは無いけど、艦娘なら刺したことがあるわよ」


S朝潮「見え透いた嘘を…」


叢雲「なら卯月、見せてあげて」


卯月「ぴょん……」ゴソゴソ


S朝潮「…!!」


叢雲「私は卯月を二回刺してるのよ」



302: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 20:43:32.77 ID:Qxo3YnfN0

叢雲「一回目はこの傷ね。本当に殺すつもりだったから傷も大きいのよ」


卯月「これは本当に痛かったっぴょん…刺されたあとナイフをグリグリってやられて……」


叢雲「お腹をえぐってる時に卯月が気絶して、仕方無いからメッタ刺しにしようとしたら見つかったのよ」


卯月「もしあと十秒見つかるのが遅かったら、卯月はここに居ないっぴょん…」


叢雲「不幸中の幸いって奴ね。生きててよかったわね卯月」


卯月「超他人事っぴょん……」



304: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 20:48:57.74 ID:Qxo3YnfN0

叢雲「それで二回目はこの傷。これは卯月以外の奴を槍で刺そうとしたら卯月がソイツを庇ったのよ」


卯月「貫通したから背中にも傷があるっぴょん…」


叢雲「でもこれは出血が酷かっただけで、そこまで大した怪我じゃなかったのよ」


卯月「なんで刺した叢雲が断言するっぴょん……」


叢雲「私は二回とも爽快感なんてなかったわ。あるのは後悔と懺悔の気持ちよ。アンタと私では比べられないかもしれないけど、爽快感を感じることなんてないわね」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞、行動他



305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:51:54.03 ID:137GKl4jo

…何で貴女達はそんな普通に会話してるんですか



306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:52:59.07 ID:oIpYgRsPO

私にはざまあみろって感情しか浮かばなかったわ



307:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 20:56:06.24 ID:NiONhemJ0

あんなのは死んで良いんです私以外にも手を出す可能性がありましたし



308: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 21:02:36.90 ID:Qxo3YnfN0

S朝潮「あんなのは死んで良いんです。私以外にも手を出す可能性がありましたし」


叢雲「あ、その気持ちは分かるわ。私は卯月が浮気ばっかりするから刺したのよ」


卯月「ぴょん……」


叢雲「卯月、最高で何股してたの?」


卯月「五人…ぴょん…」


叢雲「ね?こんなの刺されて当然でしょ?」


S朝潮「……」ギロッ


卯月「ぴょん……」



309: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 21:07:33.87 ID:Qxo3YnfN0

叢雲「それに私にしたことも酷いのよ?卯月私の中に鉄パイプ突っ込んだのよ」


S朝潮「…最低ですね」


卯月「そのことは本当にごめんなさい…」


叢雲「鉄パイプを突っ込んだ状態でお腹を踏み付けられた時の痛みは、そう簡単には忘れられないわね」


卯月「申し訳ありませんでした……」


叢雲「……どう?人を殺したくらいじゃここでは何も思われないわよ。ここの連中は困ってないのに手を出してくるから、覚悟しておきなさい」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞、行動他



310:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 21:10:46.80 ID:lE1AUvMw0

提督を懲戒免職させてやる



311:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 21:12:35.93 ID:137GKl4jo

心遣いには感謝します



312:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 21:12:47.02 ID:evrmjg+DO

なるほど…やはりこの鎮守府は噂通りという事ですか
私以上の外道がいるのなら成敗しなければなりません
と元来の真面目っぷりは変わらず



313: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 21:33:48.74 ID:Qxo3YnfN0

S朝潮「…心遣いには感謝します」


叢雲「あら、割と素直なのね」


S朝潮「正直私より酷い艦娘がここにいるとは思っていませんでした。その艦娘が普通にしているという事は、差別も無いとわかります」


叢雲「そうよ、こんな浮気者でもみんなに受け入れられてるのよ」


卯月「それを言うなら…叢雲は二回も刺してるっぴょん……」


叢雲「なに?何か言った?」


卯月「なんでもないっぴょん……」



314: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 21:36:22.95 ID:Qxo3YnfN0

ーー食堂


叢雲「これから色々と教えていくけど、先ずは腹ごしらえね」


S朝潮「私は別にお腹は空いていません」


叢雲「水だけでもいいからとにかくここに座ってなさい。この鎮守府では一人で食事なんてできないのよ?」


卯月「一人で食べようなら誰かが来てくれるし、複数人で食べてても皆んな話しかけてくるっぴょん!」


叢雲「困ったら食事。ここの決まりみたいなものだから覚えておいて損はないわよ」


S朝潮「……はい」


下1~3高コンマ 食堂での出来事やその他起こったこと等



315:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 21:37:46.38 ID:BRUQ6wiU0

多摩が外泊のたびに赤飯出すのをやめろと文句を言っている



316:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 21:39:01.73 ID:u3Y/2PqCO

新たなおっぱいの気配を察知したヤツが…



317:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 21:40:53.89 ID:NiONhemJ0

間宮さんが軽食を出してくれる
S朝潮は地面で手を使って食べようとする



322: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 22:14:47.67 ID:c8P5frb6O

すいません展開が思いつきません、再安価させてください


再安価 下1~3高コンマ



323:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:15:36.63 ID:u3Y/2PqCO

>>316



324:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:17:00.10 ID:NiONhemJ0

秋津洲ちゃんが朝潮に気づくが朝潮は気づかない



325:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:18:06.30 ID:evrmjg+DO

困ったらヤツ
>>316



327: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 22:32:23.06 ID:c8P5frb6O

皐月「新しいオッパイだ!!」


S朝潮「なんなんですかこの艦娘は」


叢雲「皐月よ、オッパイが全てなの」


卯月「皐月といえばオッパイっぴょん」


S朝潮「…………」ジーッ


皐月「何言ってんだコイツみたいな視線も久しぶりだね!キミは今日から来る新人さんだよね?」


S朝潮「はい、朝潮といいます」


皐月「僕は皐月!朝潮のオッパイ触らせて!」


S朝潮「はぁ…?」



328: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 22:36:41.11 ID:c8P5frb6O

皐月「小ぶりだけど触り心地は良さそうだよね…」ジュルッ


S朝潮「……」スッ


叢雲「無言で立ち去るのは許さないわよ」ポチッ


S朝潮「う……!」グググッ


皐月「なにそれ手錠?」


卯月「今朝潮は抵抗できないっぴょん。皐月の好きにしたらいいっぴょん!」


皐月「本当に?うへへへへへへ……」ジリジリ


S朝潮「くっ……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



329:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:37:59.84 ID:7vWyY4MYO

今までされた事とは違う慈しむようなタッチに涙が流れる朝潮



330:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:38:38.01 ID:NiONhemJ0

朝潮
フラッシュバックを起こして艤装が滅茶苦茶に展開する



331:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:39:16.45 ID:evrmjg+DO

朝潮の逆襲
皐月ビクンビクン

朝潮おっぱいに目覚める



337: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 22:50:53.90 ID:c8P5frb6O

皐月「うわぁ……小さいけど凄く柔らかいよ…」もみゅもみゅ


S朝潮「……!」


皐月「思った通り…こんなに触り心地の良いオッパイは中々ないよぉ…」むにゅむにゅ


S朝潮「……ふぐっ…」


叢雲「どうしたのよ朝潮?」


S朝潮「うぅぅ……うわぁぁぁぁ…」ボロボロ


卯月「叢雲、手錠スイッチはやり過ぎだったっぴょん」


叢雲「…ごめんなさい、すぐに解除するわ」ポチッ


S朝潮「ち……違…違うんです……」グスグス


皐月「どうしちゃったの朝潮?」



338: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 22:55:47.07 ID:c8P5frb6O

S朝潮「こんなに優しく…触られたことなんて…無くて……」


S朝潮「私はいつも……乱暴に…玩具みたいに……」


S朝潮「毎日……嫌だとも言えなくて……」


S朝潮「う……うぅぅぅぅぅぅぅぅぅ……」


叢雲「…ここにはアンタを乱暴する人なんて居ないわ。いるのは世話焼き達だけよ」


卯月「安心して過ごしていいっぴょん!ここは皆んなが味方っぴょん!」


皐月「僕みたいなのはいるけど、危険は無いから安心してね!」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞やその他起こったこと等



339:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:57:46.40 ID:ASoy1Cna0

皐月さんのものにしてください(蕩けた目)



340:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:58:14.39 ID:BRUQ6wiU0

三人で囲みセクハラして泣かせたとして羽黒から説教



341:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:58:23.28 ID:NiONhemJ0

いざというときは行動をしようと一部始終を見ていた黒潮と天城が引き顔



345: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 23:13:54.70 ID:UIMLo9I50

S朝潮「毎日こんな風に触ってもらえるなら…私を皐月さんのものにしてください」


皐月「いいよ!僕はどんなオッパイでもだいす…」


S朝潮「皐月さんは私だけのもの……もし裏切ったらわかりますよね?」


皐月「き………だよ…」


叢雲「睦月型はこうなる運命なのね」


卯月「そんなの聞いたことないっぴょん…」



348: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 23:16:50.34 ID:UIMLo9I50

叢雲「私は艤装の影響で刃物だったけど、朝潮はどうかしら?鈍器とかで殴るのかしら」


卯月「やられるの前提っぴょんね…」


叢雲「当たり前でしょ?あの皐月が一人の胸だけを揉むなんて考えられないわ」


S朝潮「ねぇ皐月さんもっと触って下さい…私だけを……」


皐月「あのね朝潮、僕は……」


S朝潮「…私以外の胸を触るんですか?」


皐月「安価」


下1~3高コンマ 皐月の台詞、行動他



349:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:17:55.08 ID:cb/GaXsQo

そ、そんな事は…あるかもしれないしないかもしれない



350:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:18:15.80 ID:7vWyY4MYO

触るよ
それが僕の使命だからね



351:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:18:49.10 ID:9n8CJBzLO

待って、話せば分かるから



354: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 23:34:13.73 ID:UIMLo9I50

皐月「触るよ!それが僕の使命だからね!!」


叢雲「すごいわね皐月、言い切ったわ」


卯月「流石はオッパイを名乗るだけのことはあるっぴょん!」


皐月「僕はね、オッパイというオッパイ全てを触りたいの。小さいものから大きなものまで、オッパイと名のつくものは全て!オッパイなんだよ!?」


S朝潮「……」


皐月「だからごめん、朝潮だけのオッパイを触るのは無理なんだ。オッパイは皆んなのものなんだよ!」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞、行動他



355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:35:39.78 ID:evrmjg+DO

じゃあ貴方のおっぱいも私の物ですね



356:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:37:32.14 ID:VJ3//b9Yo

何だかよくわからないけどわかった気がします



357:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:37:50.34 ID:137GKl4jo

やっぱり……私のみかたなんていないんだ……(ハイライトオフ



358: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 23:44:06.57 ID:c8P5frb6O

S朝潮「じゃあ…皐月さんのおっぱいも私の物ですね」


皐月「えぇ!?うーんまぁそうと言えばそうなんだけど…」


S朝潮「じゃあ触らせてもらいます」ギュッ


皐月「いたた!朝潮もっと優しく触ってよ!」


S朝潮「すいません乱暴に触られたことしかないので、力加減がわからないんです」


皐月「あ……うん…こめん…」


S朝潮「謝らないで下さい。私はここからどうすればいいか教えて下さい」


皐月「わかった……言う通りにやってね…」



359: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/05(木) 23:48:10.64 ID:c8P5frb6O

皐月「まずはね…手全体を使ってオッパイを優しく触るのんだ……」


S朝潮「こうですか?」むにゅ


皐月「そう……次は上から下…下から上…左から右って感じで…オッパイの感触を味わうの…」


S朝潮「なるほど……」むにゅむにゅ


皐月「あとは揉みたいように…優しく揉むの…オッパイが導いてくれるよ…」


S朝潮「導いてくれる……」


叢雲「凄い電波な会話してるわね」


卯月「皐月の言ってること冷静に聞いてるとヤバイっぴょんね」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



360:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:49:55.95 ID:j/IGDZWt0

皐月が朝潮に導かれる



361:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:50:05.42 ID:evrmjg+DO

感覚的おっぱいの皐月と論理的おっぱいの朝潮の師弟コンビ誕生



362:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 23:50:26.09 ID:VJ3//b9Yo

こうしていると辛かったことも忘れられると皐月に弟子入り



364: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/06(金) 00:05:55.71 ID:V4uUIR1XO

ーー

私はその時の感覚を覚えていません。覚えているのは皐月さんが直前に言った「導いてくれる」という台詞だけです。

私は確かに皐月さんの胸を揉んでいたはずです。揉んでいた、と断言できないのはこの状況にあります。私の体は確かに皐月さんの胸を揉んでいるはずなのに、精神がそうでは無いのです。

皐月さんの胸を揉んでいる私を俯瞰で見ていると気付いた瞬間、私の精神は飛ばされました。ここは一体どこなのでしょうか……

周りには何も無いようです。ですが地面はあるのでこうやって立つことができます。しかし前も後ろも、右も左もわかりません。

こういう時はどうすればいいのでしょうか?むやにみ歩くのは危険かもしれません。しかし……歩く以外にやることが無さそうなので、とりあえず歩いてみましょう



365: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/06(金) 00:12:28.69 ID:V4uUIR1XO

な、なんでしょう!?一歩歩いたと思ったら私の体が浮かび始めました。それにさっきまで景色の無かったこの空間に色が付き始めました!


これは黒色……真っ黒です…

次は黄色……黒の上に黄色が乗っているのでしょうか?

次は白色……黒の下に白が入りました

そして肌色……肌の色です。でもこの肌の色は何処かで……

あれはピンク……?ボタンのように小さいものが二つあるようです


これで全ての色が揃ったのでしょうか、もう景色が変わることは無くなりました。これは一体何を示すものなのでしょう…



366: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/06(金) 00:16:25.33 ID:V4uUIR1XO

……あ!この空間の形が変わっていきます!


まるで山のように盛り上がっ……ることは無いようです。山が二つ、少し膨らんだだけで止まりました。ですがこの山のようなものを中心に世界が色付いていきます

白、黒、黄色……これは山の上に覆い被さりました。

肌色、ピンクは山を色付けて……


こ……これは……

この二つのものは……

オッパイ……?



367: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/06(金) 00:18:27.11 ID:V4uUIR1XO

ーー

S朝潮「はっ!!い、今のは…?」


皐月「ね……オッパイが導いてくれたでしょ…?」


S朝潮「これが……そうなんですね」


叢雲「もう私ついていけないわ」


卯月「朝潮がこんなことになるなんて…ぴょん…」


ーー



400: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 19:14:23.33 ID:PD1cbC/d0

ーー


漣「ご主人様…まだ龍驤さんと…トラブってるんですか…?」


提督「…そこまで大きな問題じゃない。少しギクシャクしているだけだ」


漣「確かに…ご主人様の気持ちも…わかります…自分が犯される本を…最愛の人が持っていたら…微妙な感情を…持ちますよね…」


提督「……」


漣「でも…二人がそんな状態だと…色々と影響が出るのは…わかってますね…?」


提督「…あぁ」


漣「ここには…敏感な子が多いん…ですぞ…」



401: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 19:17:04.76 ID:PD1cbC/d0

提督「もちろんわかってはいるんだが…」


漣「仕方ありませんな…ここは漣が…人肌脱ぎますか…」


提督「…そうしてくれるなら助かる」


漣「ご主人様と…龍驤さんの為なら…お安い御用…です」


提督「…ありがとう漣」


漣「とりあえず…龍驤さんのお部屋に…行ってみることにしますね…」


下1~3高コンマ 龍驤の部屋の様子や状況等



402:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:21:31.03 ID:91eDFuuMO

自己嫌悪に陥った龍驤がいる



403:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:22:59.20 ID:PN6SoZgDO

BL本を全部捨てようと縛ってる所



404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:23:11.71 ID:inyqB2bLO

新しいのを身につける特訓中



405: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 19:50:57.19 ID:PD1cbC/d0

ーー龍驤の部屋


漣「龍驤さん…なにしてんですか…?」


龍驤「司令官に引かれてウチも反省したんや。だからBLに代わる趣味を身につけようと頑張ってんねん!」


漣「それって…頑張るものなんですかねぇ…」


龍驤「それでな、本とかDVDとか色んなもんを参考にして、ウチが来たな!って思うもんが無いか調べてんねん」


漣「どんなのを…参考にしてんですか…?」


下1~3高コンマ 龍驤が見ていたり持っていたもの等。複数可



406:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:51:46.18 ID:B+F5cr780

濃~い百合本



407:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:52:27.22 ID:LGU85lRJO

緊縛の多目のSM本



408:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:52:32.25 ID:PN6SoZgDO

百合本



414: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 20:00:08.58 ID:PD1cbC/d0

龍驤「百合とか呼ばれるジャンルの本とかやね」


漣「女の子同士…イチャコラするやつですな…」


龍驤「やっぱりな、普通の男女モノやったらウチと司令官に当てはめてしまうから、同性同士のが一番ええねん」


漣「ホモの次はレズ…極端ですぜ…」


龍驤「でも中々良さそうやねん。恋愛モノが多いんやけど、読んでて面白いんよ~」


漣「でも…あと一歩…何か足りない…そんな感じなんですね…」


龍驤「そうなんよなぁ、何か足りへんねん」



416: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 20:04:26.73 ID:PD1cbC/d0

漣「龍驤さん…それはズバリ…エ口がここに…無いからですぞ…」


龍驤「う……やっぱりそうかなぁ…」


漣「ここにあるのは…全て健全な…百合モノ…R指定のモノは…ございやせん…」


龍驤「でも…いきなりレベル高くないか?」


漣「龍驤さん…ここにはミス盗撮…夕張殿が居ます…マイルドな動画から…ハードな動画まで…勢揃いですぞ…」


龍驤「……」


漣「とりあえず一つ…見てみませんか…?ちょうど漣…動画持ってるんですよ…」スッ


下1~3高コンマ 漣が見せた動画の内容等



417:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:05:33.02 ID:B+F5cr780

夕張提供!瑞加賀の盗撮映像



418:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:05:46.78 ID:9Typ7nag0

五月雨・夕立の入浴



419:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:06:00.99 ID:inyqB2bLO

ずいかがのすごいやつ



424: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 20:17:20.80 ID:PD1cbC/d0

龍驤「うわ……!」


漣「これ…凄いですよね…加賀さんの目…ヤバイですもん…」


龍驤「なんでこんな風になってるんよ…」


漣「これは…仲直リックスです…葛城さんの件で…喧嘩した後ですね…」


龍驤「女の子同士ってこんな激しいんやな…」


漣「これは…特に激しいですよ…普通はもう少し…マイルドです…」



425: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 20:21:26.53 ID:PD1cbC/d0

龍驤「あそこ擦り合わせるの…気持ちええんかな…」


漣「貝合わせ…この二人は…気持ち良さそうですよね…」


龍驤「瑞鶴何回イっとるんやろ……うわ、またイった…」


漣「これ…途中で意識飛びますよ…そこまで飛ばしますね…」


龍驤「すご……電気ショック受けたみたいに瑞鶴飛び跳ねてるやん…」


漣「加賀さんの腰つきも…ヤベェです…」


龍驤「あぁ……終わってしもた…」


漣「どうですか龍驤さん…あえてハードなのを…見せてみましたが…ピンと…来ましたか…?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



426:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:22:06.04 ID:PN6SoZgDO

試してみよか

と漣を見る



427:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:22:42.71 ID:B+F5cr780

今思ったんやけど、これ司令官との仲直りの役には立たへんね



428:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:23:04.92 ID:+TjpMULLo

でもやっぱり好きな人とだからこんなに凄いじゃないんかな…



432: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 20:32:31.20 ID:PD1cbC/d0

龍驤「でもやっぱり好きな人とやから、こんなに凄いんやないんかな…」


漣「そりゃそうですよ…好き同士でもないのに…エッチはしないでしょう…」


龍驤「あ……うん、そうやんなぁ…」


漣「まさか龍驤さん…百合でも強引なヤツが…お好きなんですか…?」


龍驤「う……」


漣「そもそも龍驤さんは…純粋ホモでは無く…司令官が襲われる…特殊なヤツを持ってました…」


漣「龍驤そんの性癖…パネェっす…」


龍驤「そんなん言わんといてぇやぁ…」



434: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 20:36:34.51 ID:PD1cbC/d0

漣「わかりました…龍驤さんは…強引な百合モノが…見てみたいということですな…」


龍驤「そうや無い…ことも無いんやけど…」


漣「わかりました…ちょっと待ってください…」ススッ


龍驤「まさか……そんか動画あるって言うん?」


漣「チェックしてますので…少しお待ちを…」


下1~3高コンマ 動画はあった?あった場合はその状況やシチュエーション等



435:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:38:03.17 ID:XZ4dP150o

ある
寝てる龍驤に覆い被さる葛城



436:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:38:20.47 ID:nYgzhshI0

流石に無かった



437:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:39:15.01 ID:BwsOtSLK0

皐月の辻おっぱいぐらいしかない



439: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 20:46:22.74 ID:PD1cbC/d0

漣「すいません…流石に無かったです…」


龍驤「そうやんな…もしあったら大変なことや」


漣「この鎮守府は…強引なことを…する人なんて…居ませんよ…」


龍驤「うん、これは無くてホッとしたわ…」


漣「動画は…ありませんでしたけど…再現は…できますぞ…」


龍驤「再現?何言うてんの漣?」



440: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 20:48:30.34 ID:PD1cbC/d0

漣「こういう…ことです…」バッ


龍驤「あ、艤装を…!」


漣「龍驤さん、強引にやられるってことはこういうことですよ」クイッ


龍驤「あ……!」


漣「龍驤さんはご主人様が犯されるのに興奮してましたよね?ならその逆は龍驤さんが犯されるヤツです」


龍驤「い、いや……」


漣「どうですか龍驤さん、一回漣に犯されてみますか?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



441:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:49:26.26 ID:BwsOtSLK0

...一回だけ



442:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:49:35.20 ID:B+F5cr780

い…イヤや…お願いやから、やめてぇ……(泣きながら)



443:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:50:01.81 ID:XZ4dP150o

うん、まぁ、顔真っ赤で言われてもカッコつかんで?



445: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 21:07:29.10 ID:PD1cbC/d0

龍驤「うん、まぁ、顔真っ赤で言われてもカッコつかんで?」


漣「……だってこんな事言ったことねぇんですもん」カァァァ


龍驤「漣がそんな事本気で言わんのは、こっちはわかっとるからね」


漣「納得いかねぇ……」


龍驤「でも貴重なもん見せてもらってありがとうな。結構参考にはなったわ」


漣「……龍驤さんが喜んでくれたならそれでいいっす」


龍驤「うん、ありがとうやで漣」



446: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 21:09:54.54 ID:PD1cbC/d0

漣「龍驤さん、ご主人様と仲直りできそうですか?」


龍驤「どうやろ…新しい趣味はこれでええとして、謝るにしても何かきっかけが欲しいわ」


漣「いきなり腐女子なってごめんなさいでした!って言ってもなんだコイツってなりますもんね」


龍驤「どないしたらええんやろ…漣、何かアイデア無いか?」


漣「それじゃあ……」


下1~3高コンマ 漣の提案やその他起こったこと等



447:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:11:15.84 ID:B+F5cr780

これ(新型手錠)もってって虐めてくれって言ってみればいいんじゃねぇですか?



448:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:11:36.19 ID:nYgzhshI0

催眠術で提督の良心をとっぱらって激しくしてもらうとか?



449:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:12:25.66 ID:+HDd1VEMO

この前覗いてて気付いたんですけど、ご主人首閉めるとき、手加減してませんでした?



451: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 21:21:54.40 ID:PD1cbC/d0

漣「これもってって虐めてくれって言ってみればいいんじゃねぇですか?」スッ


龍驤「朝潮がつけてる新型手錠……」


漣「これは幹部さんに渡された予備です。ご主人様も少しずつSになってきましたから、きっといい感じにシてくれますよ」


龍驤「でもな…ウチには左腕と左脚が……」


漣「そこは漣にお任せ下さい。この手錠は色々使えるんですよ」


龍驤「ほんまに……?」


漣「漣もお手伝いさせてもらいます。あのですね……」



452: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 21:25:01.80 ID:PD1cbC/d0

ーー


提督「…漣は急にどうしたと言うんだ。突然艤装をつけたまま現れたと思ったら龍驤の部屋に行けとは…」


提督「漣が龍驤との仲を取り持ってくれるのかと思ったが、漣は執務室で俺の代わりに仕事をしておくと言った」


提督「一体何を考えているんだ漣は…」


提督「…だが龍驤が待っているのなら行かないという選択肢は無い」


提督「行くのは龍驤の部屋だが、間違い無く龍驤はいるはずだからな」


提督「…龍驤、入るぞ」ガチャ


下1~3高コンマ 部屋の様子や龍驤の状況等



453:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:26:23.17 ID:+TjpMULLo

龍驤が足と手を手錠で繋がれて吊るされてる



454:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:27:09.40 ID:+HDd1VEMO

新型手錠で右腕と天井を繋がれ、エ口下着を着けた龍驤がいた



455:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:27:38.88 ID:nYgzhshI0

義肢ははずした状態でエッチなスケスケ下着のみ着用で頭の上でベッドと右腕を手錠で繋がれている



457: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 21:44:02.60 ID:PD1cbC/d0

提督「な……!龍驤、大丈夫か!?」


龍驤「司令官…待ってたで……」


提督「義肢は…!そこに置いてあるのか……」


龍驤「これな…漣にしてもらってん……スケスケの下着も…ちゃんと履かせてくれたんよ…」


龍驤「それで…ベッドと右腕も…手錠で繋いでもらってん……」


龍驤「これは…ウチ一人ではできへんからね…」


提督「……」



458: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 21:49:11.84 ID:PD1cbC/d0

龍驤「それだけやないねん…司令官、そこにスイッチあるやろ…?」


提督「…これか」


龍驤「それ押したらな…ウチの首とベッドが…固定されんねん…」


龍驤「ほら…ウチの首見て…手錠してあるやろ…」


龍驤「首まで拘束されたら…ウチほんまにおもちゃみたいになるんやで…?」


龍驤「ウチは拒否することも…嫌がることもできへんし…動くことすらできへんようになるねん…」


龍驤「ウチは司令官のオナホになるんやで……」


龍驤「どんな激しいことしてもええから…ウチのこと……抱いて…」


龍驤「その代わり…今回のこと…許して欲しいわ……」


龍驤「あかんかな…司令官?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



459:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:49:46.76 ID:+HDd1VEMO

本当に良いんだな…?



460:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:50:24.20 ID:ByYfHHtU0

「無理するな」と優しく抱きしめる



461:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 21:51:48.59 ID:HKwX+1HHo

即ルパンダイブ



463: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 22:07:24.75 ID:9LcvV+7KO

提督「本当に良いんだな…?」


龍驤「……」コクリ


提督「…しばらく龍驤と寝ることも無かった。加減ができないかもしれないんだぞ?」


龍驤「むしろそっちの方が好きやで……」


提督「……」ポチッ


龍驤「ぁぐっ……!いきなりスイッチを押すやなんて…その気になってくれたんやね…」


提督「……手加減しないぞ」


龍驤「あぁ……その台詞最高やわ…」ゾクゾク





464: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 22:09:59.93 ID:9LcvV+7KO

ーー執務室


漣「今頃お二人はお楽しみタイムでしょうな~」


漣「そうさせたのは漣ですから、責任持って仕事は終わらせておきましょう」


漣「一度スイッチが入ると、ご主人様は止まりませんからね~何時間やってることやら…」


漣「多分そのうちネコミミを隠してあるのにも気付くでしょう。そしたらもっと時間もかかりそうですな」


漣「ま……これで仲直りなら安いものですよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



465:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:11:16.86 ID:PN6SoZgDO

漣「はぁ…何やってんだろ私…でもこれも罰か…」



466:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:12:24.14 ID:B+F5cr780

以前よりも甘々な感じの2人

そして龍驤が百合好きになったと聞きつけて百合好き提督がくる



467:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:19:46.67 ID:W0K2rJK60

S朝潮が偶然にも夕張の盗撮しているところを目撃してしまう



468: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 22:26:32.32 ID:9LcvV+7KO

漣「はぁ…何やってんだろ私…でもこれも罰か…」


漣「本当はご主人様の隣にいるのは漣だったのに……」


漣「もし龍驤さんが来なかったら……」


漣「……」


漣「……ダメですね、こんな事を考えているから、罰が下るんです」


漣「お二人が幸せなら、漣はそれでいいんです」



469: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 22:32:21.76 ID:9LcvV+7KO

漣「こうやって流暢に喋れるのも、艤装が無ければ何もできません」バッ


漣「これが…漣の本当の姿なんです…」


漣「これこそ…裏切り者への…罰です…」


漣「…………」


漣「漣はもう…ご主人様と…龍驤さんの邪魔を…しようとは…思っていません…」


漣「でも……ご主人様のことは…まだ好きなんですよ…」


漣「本当に……大好きな……」


漣「……漣らしく…ないですな…さっさと…仕事に戻りましょう…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



470:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:32:59.64 ID:59hJNwNNO

突如漣の頭の中に不気味な声が聞こえてくる

「本当にそれで良いのか…?
「貴様の最愛の人を奪った泥棒猫の太鼓持ちのままで良いのか…?」
「貴様の心を深海に沈めろ…」
「深海に染まり、全てを取り戻すのだ…」



471:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:33:40.09 ID:ByYfHHtU0

黒いフードを被った謎の深海棲艦が接触してくる



472:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:33:48.82 ID:PN6SoZgDO

その独り言を潮に聞かれた
漣は気づいてない



475: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 22:39:48.03 ID:9LcvV+7KO

重要な安価なので再安価させて下さい


再安価 下1~3高コンマ



476:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:40:13.76 ID:59hJNwNNO

>>470



477:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:40:46.94 ID:inyqB2bLO

>>472



478:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:40:57.09 ID:B+F5cr780

同じ思いを持つ金剛と慰めあう



479: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 22:51:21.32 ID:9LcvV+7KO

ーー執務室の外


潮「漣ちゃん…………」


潮「本当は提督のこと、好きなままなんだね…」


潮「誰にも本当の事を言わないで、自分の中に閉じ込めて……」


潮「ダメだよ漣ちゃん、そんなことしてたらいつか壊れちゃうよ……」


潮「漣ちゃん、誰にだって幸せになる権利はあるんだよ?」



480: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 22:58:59.89 ID:9LcvV+7KO

潮「確かに漣ちゃんは大変なことをしたかもしれない。けど、だからって幸せになっちゃいけないことは無いんだよ」


潮「でも……私には何もできない……」


潮「このまま…漣ちゃんの思いを知りながら…」


潮「そんなの……苦しいよ…」


潮「漣ちゃん…漣ちゃんは……」


潮「……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



481:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 22:59:34.85 ID:B+F5cr780

川内「何やってんの、潮?」



482:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:01:23.32 ID:ECCtKtjEO

とりあえず他の恋人いる組に相談



483:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:02:03.68 ID:nYgzhshI0

提督に直談判



485: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 23:10:51.39 ID:9LcvV+7KO

川内「執務室の前で何やってんの、潮?」


潮「川内さん……」ウルウル


川内「え?なんでそんな泣きそうになってるの?」


潮「川内さんなら……」


川内「私?」


潮「川内さん、話を聞いて欲しいんです……」



486: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 23:17:02.10 ID:9LcvV+7KO

ーー潮の部屋


川内「漣が……そんな事言ってたなんて…」


潮「確かに漣ちゃんは悪いことをしたかもしれません。でも!あんなに苦しそうな漣ちゃんは見てられません!」


川内「でもさ、提督は龍驤さんとラブラブなんだよ?それを邪魔しろって言うの?」


潮「でも!!」


川内「私は漣がさ……裏切った時を知ってるから、何とも言えないんだよね」


潮「……」


川内「漣はまだ提督が好き…か」


潮「はい…………」


川内「安価」


下1~3高コンマ 川内の台詞、行動他



487:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:18:35.13 ID:nYgzhshI0

この件は私に預からせてくれる?
提督には私の方から話しとくからさ



488:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:18:42.76 ID:ByYfHHtU0

運動すれば漣も気持ちが落ち着くでしょ、私も付き合ってあげるし



489:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:19:30.38 ID:XZ4dP150o

漣が自分から言ってくれないと何もしちゃいけないと思うよ
盗み聞きから勝手に動いたら今気持ちをかくしてる漣への侮辱だよ



491: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 23:28:55.31 ID:9LcvV+7KO

川内「こういう時はさ、運動すれば漣も気持ちが落ち着くでしょ!」


潮「そういうものなんですか…?」


川内「間違い無いって、私はそうだったもん!卯月にちょこっとやられちゃった時も、運動して紛らわせたしね!」


潮「川内さんがそういうなら…」


川内「私も付き合ってあげるからさ!漣の所一緒に行こ!」



492: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 23:31:12.45 ID:9LcvV+7KO

ーー

潮「漣ちゃんができる運動って限られてますよね?」


川内「その気になれば艤装出してもらうから大丈夫!」


潮「ならいいですけど…」


川内「本人が嫌だっていうならリハビリでもいいし、いくらでもやりようはあるからね」


川内「さてと…漣、お仕事お疲れ様。ちょっといい?」ガチャ


下1~3高コンマ 執務室の様子や漣の状況、その他起こったこと等



493:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:31:50.16 ID:PN6SoZgDO

いない



494:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:32:25.21 ID:XZ4dP150o

いない



495:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:33:28.76 ID:nYgzhshI0

執務中



496: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 23:40:28.50 ID:9LcvV+7KO

漣「川内さんに…潮っぱい…どうしました…?」


川内「仕事中ごめん!ちょっと体動かさない?」


漣「遠慮しておきます…漣は仕事があるので…」


川内「そんなの後にすればいいじゃん!少しだけだから、ね?」


漣「嫌ですって…」


潮「漣ちゃん!一緒に運動しようよ!」


漣「潮っぱいまで…一体…なんなんですか…」



497: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 23:43:20.05 ID:9LcvV+7KO

川内「漣さ、悩んでることあるでしょ」


漣「……さぁ、どうでしょう…」


潮「川内さんはね、運動すればそういうのは落ち着くって言ってるの」


川内「艤装付けて軽く演習でもいいし、鎮守府ウロウロするだけでもいいからさ」


潮「私は漣ちゃんの力になりたいの!」


川内「漣さ、一人で悩むのはよくないよ?相談する気が無いなら、せめて発散はしないとダメだよ?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



498:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:43:30.41 ID:B+F5cr780

提督「仕事なら俺が代わりにやっておくから、川内達に付き合ってやってくれ」
龍驤「ウチも一緒に行ってええ?」



499:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:44:40.30 ID:rtOJUpEvO

悩みなんて、何も…!(涙ポロポロ)



500:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:46:06.67 ID:PN6SoZgDO

顔が真っ青になる漣

そうですか…聞かれたんですね…
もう…潮時なのかなあ…



502: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 23:52:31.98 ID:9LcvV+7KO

漣「……」サァァ


川内「…どうしたの漣?顔青いよ?」


漣「そうですか…聞かれたんですね…もう…潮時なのかなあ…」ブツブツ


潮「漣ちゃん……?」


漣「……先に言っておきますが、お二人は悪くありません」バッ


川内「艤装展開…?本当にどうしたのさ漣?」



503: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/07(土) 23:55:20.55 ID:9LcvV+7KO

漣「私は決めていたことがあるんです。私の気持ちが誰かに知られたら、幕を降ろすつもりでした」


潮「漣ちゃん…目、怖いよ……?」


漣「そもそも裏切り者がのうのうと生きてるだけで大問題なんです。わかりますよね?」


川内「……!ダメだ漣!それはやっちゃダメ!」


漣「もう遅せぇですよ、川内さん」


潮「え…………」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



504:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:57:33.00 ID:XZ4dP150o

潮「ダメぇぇぇぇえええええ!!!」
深海棲艦のオーラを展開する潮
漣は潮胸効果が無くなって(艤装が消えて)転ぶ



505:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 23:59:58.61 ID:B+F5cr780

>>504



506:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 00:00:14.51 ID:APuBn7Jt0

漣が自分に向けて砲を撃とうとした時、潮が『漣ちゃんの馬鹿ぁ!』と主砲『で』漣をぶん殴って止める



508: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 00:04:59.50 ID:wPtYr8gp0

潮「ダメぇぇぇぇえええええ!!!」 ゴォォッ


漣「あ…ぇ……?」ドタッ


川内「漣の艤装が消えた……いや、それよりも…」


川内「潮……それって…」


潮「え………」ユラユラ


漣「深海棲艦の……オーラ…」


川内「それで間違い無いね……」


潮「あ、あの…私は…………?」



509: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 00:07:59.29 ID:wPtYr8gp0

川内「潮、一応確認するけどアンタは潮だよね?」


潮「はい……」


川内「今何をしようとしてたか言える?」


潮「自分の頭を撃とうとした漣ちゃんを止めようとしました…」


漣「脳に寄生は…なさそうです…これは…この個体は間違いなく…潮です…」


川内「じゃあ…このオーラは一体…」


潮「私は………私の正体は……深海棲艦……?」


ーー



524: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 19:26:34.48 ID:2zjNs+YxO

ーー


龍驤「潮は例の男の人の所に向かっとる。連絡が取れるのが呂500らだけやから、一緒に行ってくれてるよ」


提督「…あの男なら潮の正体を突き止めることは可能だろう」


龍驤「男の人のアジトは何個かあるらしいけど、どこも連絡機器が通じれへんから向こうから連絡を待つしかないねん」


提督「…つまり潮の件は待つしかないということだ」


龍驤「せやからゆーーーっくりとお話できるなぁ漣?」


漣「……」



525: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 19:30:49.78 ID:2zjNs+YxO

龍驤「ぜーんぶ聞いとるから言い訳はできへんで」


漣「……」


龍驤「何が潮時や!司令官は何回も何回も許した言うとるやないか!」


龍驤「それを……お前は!何しようとしてたかわかってんのか!?」


漣「……」


龍驤「あの状態で主砲ぶっ放してみぃ!ただじゃ済まんのはわかっとるやろ!」


龍驤「どういうつもりなんや!あぁ!?ウチらは漣に死ねと一回でも言うたか!?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



526:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 19:32:35.75 ID:LK4vCDSDO

ここに来てあえて嫌われようとする漣
姿を消すつもりで探そうとしないように



527:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 19:34:05.28 ID:nfQJ4ON30

>>526
+泣き喚くように罵倒する



528:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 19:34:48.84 ID:JOLe0ydWO

いやその、あれは空砲で一旦頭真っ白にしてリセットするっていう私の落ち着き方の一つで......



529: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 19:46:16.56 ID:wPtYr8gp0

漣「いやその…あれは空砲で…一旦頭真っ白にして…リセットするっていう…私の落ち着き方の一つで…」


龍驤「ほーん、ほんなら川内が主砲の装填音聞いたって言うてたのはなんやったんやろうな?」


漣「……」


龍驤「まさかあんだけ近くに居って、聞き間違いってことは無いと思うんやけどなぁ」


漣「……」


龍驤「まぁ百歩譲ってそれはええわ。おい漣、ほな潮時ってどういうことや?」


龍驤「これは聞き間違いやなんやと言い訳できへんぞ?」


漣「……」



530: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 19:51:21.54 ID:wPtYr8gp0

龍驤「お前がここから姿を消すつもりやったんか、ほんまに死のうとしてたのかはわからん」


龍驤「でもな、司令官がそれを望んでると思ってんのか?」


漣「……」


龍驤「お前がここに帰ってきて誰よりも喜んだのは司令官なんや。司令官はずっと漣のことを心配しとった」


龍驤「皆んなへの振る舞いもあるから表に出すことはできんかったんや。裏ではどれだけ気にしとったことか……」


漣「……」


龍驤「あのな漣、ウチが許されへんのはそこやねん。なんで司令官を悲しませようとするんや!」


龍驤「お前はまた司令官を裏切るつもりか!司令官はお前が幸せになることを望んでるのがわからんのか!!」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



531:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 19:52:41.97 ID:LK4vCDSDO

私は幸せになるためにここに帰って来た訳じゃありません
罰を受けるためです
そうでなかったら…とっくに出て行ってます…



532:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 19:56:27.03 ID:W24+n18hO

幸せになるのはもう無理なんです



533:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 19:58:05.61 ID:P2vTR9CEo

ご主人様を奪った癖に……



534: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 20:04:51.82 ID:2zjNs+YxO

漣「私は…幸せになるために…ここに帰って来た訳じゃありません…」


漣「罰を受けるためです…そうでなかったら…とっくに出て行ってますので…」


龍驤「そんなことはせんでもええって何回も言うてるやろ!!」


漣「ダメです…それこそ…何回言わせるん…ですか…」


漣「裏切り者が…そう簡単に…許されては…いけません…」


漣「私は…この鎮守府…龍驤さん…ご主人様を…裏切っているんです…」


漣「幸せになる権利は…ありません…」



535: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 20:17:42.28 ID:wPtYr8gp0

漣「ご主人様も…ご主人様ですよ…」


漣「私の扱いは…ここに来たばかりの…明石のような扱いに…すべきでした…」


提督「…明石のことを知ってるのか」


漣「当たり前です…スイッチのことも…知ってます…」


漣「ご主人様も…龍驤さんも…そういう感情が…あるんじゃないですか…」


漣「今からでも…私のことを…ゴミクズのように…扱ってもらって…構いません…」


漣「むしろ私は…それを希望します…」


龍驤、提督「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞、行動他



536:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:20:30.46 ID:78pOEozSO

提督

むしろ漣と龍驤からそんな扱いを受けなければならないのは俺の方だ



537:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:20:39.53 ID:W24+n18hO

あれは間違いだった
もうあんな事はしない



538:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:23:06.09 ID:iW8sU9XB0

今はな、漣の幸せもウチらの幸せの一部なんや。
漣が不幸でいる限りウチらも幸せにはなれへん。
司令官を好き思うんは自由やけど、ホンマに好きならその行動はちゃうやろ…。



540: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 20:29:58.49 ID:wPtYr8gp0

提督「…あれは間違いだった。もうあんな事はしない」


龍驤「明石はもうウチらの仲間や。あの時みたいなことはもう無いで」


漣「……」


龍驤「漣、どうしても考えは変わらんか?」


漣「かわりません……」


龍驤「そうか…なら仕方ないな。司令官、アレしか無いみたいやね」


提督「…そうだな」



541: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 20:33:16.15 ID:wPtYr8gp0

漣「何かあるなら…それに従います…」


漣「私はどんな罰や…扱いをされても…文句はいいません…」


漣「どんな危険な…ことだって…やってやります…」


漣「ご主人様の為に…死ねるというなら…こんなに嬉しいことは…ありません…」


漣「こんなゴミクズでも…ご主人様の為になるのなら…」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



542:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:34:23.21 ID:bfwS6Ysb0

罰としてデコピンだ



543:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:34:45.41 ID:LK4vCDSDO

ならもう一度俺の物になれ



544:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:36:39.22 ID:P2vTR9CEo

催眠療法(千歳監修)



546: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 20:42:35.01 ID:wPtYr8gp0

提督「ならもう一度俺の物になれ」


漣「は…………?頭…おかしいんですか…?」


漣「なんでそれを…龍驤さんの目の前で…言えるんですか…?」


龍驤「それはウチが言い出したからや」


漣「は……?」


龍驤「漣はまだ司令官のことが好きなんやろ?」


漣「……」


龍驤「隠さんでもええで、全部知っとる」


漣「……だからって…これは……」


龍驤「変なこと言うとんのは自分でもわかっとるよ」



547: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 20:48:10.41 ID:wPtYr8gp0

龍驤「自分で言うのもなんやけど、ウチの独占欲は異常や。司令官がウチ以外の女の人と手でも繋ごうもんなら、暴れ狂うからな」


漣「そんな龍驤さんが…なぜ…」


龍驤「これくらいしか思いつかんからや。司令官に代わるもんはこの世に無いからな」


漣「……」


龍驤「司令官を分けたるのは後にも先にも漣だけや。特例は二度と認めん」


提督「…そういうことなら俺も協力すると龍驤と約束したんだ」


龍驤「どうや漣?これでずっとここにおってくれる気になってくれたか?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



548:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:49:07.53 ID:gdSQsx4l0

夜逃げする



549:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:51:00.70 ID:qBfL/z+70

なんでふか、それ、それじゃ何のためにご主人様を諦めたかわかんないじゃないですか



550:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 20:51:27.15 ID:XIDlTQU4o

私だけそんな特別…他の娘に悪いですよ…



554: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 21:03:46.75 ID:wPtYr8gp0

漣「なんですかそれ…それじゃ…何のために…ご主人様を…諦めたか…わかんないじゃ…ないですか…」


龍驤「こうでもせんかったら漣はまた死ぬとか姿を消すとか言い兼ねんからな」


提督「…俺は漣には仲間としてずっとここに居てもらいたいと思っている。その為に俺が必要なら、喜んで提供しよう」


龍驤「そう言うことや漣。理解できたか?」


漣「なんで…そんな…漣は…」


龍驤「しゃあないな…司令官、ちょっち漣に分からせたろか」


提督「…そうだな」



555: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 21:07:20.97 ID:wPtYr8gp0

漣「え…なにを…する…つもり…」


龍驤「漣を司令官のモノにすんねん。こんなこともあろうかと人払いは完璧やで」


提督「…夕張のドローンも安心だ」


漣「正気…ですか…?」


龍驤「当たり前やん。な、司令官?」


提督「…あぁ」


漣「え………本当に…漣は…」


龍驤「ウチも仲間に入るけど…漣、本気で嫌やったら逃げるなりなんなりしぃや」


龍驤「そうせぇへんってことは、同意やとみなすからな」


漣「…………」



下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



556:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 21:08:25.42 ID:P2vTR9CEo

漣、されるがまま



557:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 21:08:58.80 ID:yj5pbFAUo

朝チュン



558:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 21:09:46.90 ID:mBKxB7GK0

後日三人の様子から察した金剛が夜の港で海を見つめる



561: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 21:32:16.12 ID:wPtYr8gp0

ーー

金剛「はぁ……」


朝霜「よ、金剛さん。シケた面してんな」


金剛「朝霜……貴女は知っていますか?」


朝霜「知ってるよ、司令が漣とヨリ戻したってな」


金剛「私が……あれだけアプローチしたのに…テートクには…全く届きませんデシタ…」


朝霜「仕方ねぇよ、司令は龍驤さん一筋なのはわかってたしな」


金剛「でも!漣とまた一緒になったじゃないデスか!」


朝霜「あれは事情が特殊なんだよ。細かいことも全部知ってんだろ?」


金剛「それは……」



562: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 21:42:23.85 ID:wPtYr8gp0

朝霜「納得いかねぇかもしんねぇけどよ、漣は特例と思うしかねぇよ」


金剛「ぐ……朝霜はそれでいいんデスか!」


朝霜「あたいか…」


金剛「この弱味につけこんで、テートクをものにできるかもしれないんデス!」


金剛「私はまだ諦めまセン!三人目の女になるチャンスはあるはずデース!」


朝霜「安価」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞、行動他



563:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 21:44:37.33 ID:78pOEozSO

ちゃんと考えてから行動しないと、第3こ女どころか提督に愛想を尽かされかねないぜ?



564:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 21:44:41.58 ID:bfwS6Ysb0

「力づくで奪えばいいのさ」と黒いフードを被った謎の深海棲艦が囁く



565:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 21:44:48.71 ID:W24+n18hO

あたいも諦めないけどさ
本気で弱みにつけ込めば龍驤さんだって首を縦に振るだろうけどそれだけはやらないね



567: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 22:00:32.90 ID:wPtYr8gp0

朝霜「あたいも諦めるつもりは無いな。本気で弱みにつけ込めば龍驤さんだって首を縦に振るだろうけどそれだけはやらないね 」


金剛「なんでデスか?」


朝霜「面白くねぇからに決まってんだろぉ?」ニヤァ


金剛「……」


朝霜「あたいが望んでんのはそんな展開じゃねぇ。正々堂々あたいのことを認めさせなきゃ意味がねぇ」


金剛「貴女は本気でテートクを奪うつもりなんですね…」


朝霜「もしくは重婚を認めさせれば勝ちだな」



568: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 22:05:21.74 ID:wPtYr8gp0

朝霜「あたいに本気かどうか聞くってことは金剛さんは半分諦めてんのか?」


金剛「そんなつもりは…無い…デス」


朝霜「じゃあ具体的な何かは考えてんのか?」


金剛「……」


朝霜「金剛さんは司令を逃げ道に使ってるだけなんじゃねぇか?」


金剛「そんなこと…」


朝霜「あたいから言えることは、どんなことでも全力でやらなくちゃ意味がねぇってことだ。よーくわかってんだろ?」


金剛「……」


朝霜「さて…あたいはそろそろ戻るぜ。金剛さんも色々考えな」


金剛「……わかっていマスよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



569:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:07:00.04 ID:mBKxB7GK0

神通が提督へ
長波さんを引き取るって話はどうなりましたか?



570:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:07:53.80 ID:P2vTR9CEo

金剛過去パート



571:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:07:57.28 ID:78pOEozSO

潮の身体を調べた結果、潮には潮本来の身体に深海棲艦のDNAが組み込まれていた事が判明する



572: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 22:20:28.90 ID:wPtYr8gp0

ーーーー


金剛「……以上が今回の騒動の全貌デス」


「感謝するよ金剛調査員。迅速な下調べに全容の把握。君はこの保護団体に無くてはならない存在だ」


金剛「ありがとうございマス」


「次の執行委員会で君は幹部に推薦される。もちろん受けてくれるな?」


金剛「勿論デス。役職に恥じない働きを約束しマス」


「流石は金剛君だ!これからも期待しているぞ!」


金剛「はい、それでは失礼しマス」



573: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 22:27:44.15 ID:wPtYr8gp0

なんとなくボランティアのつもりで始めた艦娘保護団体の活動でしたが、世の中にこんなにも困っている艦娘が居ることに驚きました。


提督からのパワハラ、仲間からのイジメ……数えればキリがありません。私がいかに狭い世界を見ていたのかを痛感しました。


私には弱者の声を聞き取る才能があったのか、それとも性格が悪かったのか…私が担当した問題はたちまち解決していきました。


艦娘が被害に遭っている場合、大抵の原因は提督にありました。嫌がらせやセクハラ、強引に関係を迫ることも少なくありませんでした。


男というものは浅はかな生き物で、どんな提督でも叩けば埃が出てくると言っても過言ではありません。


あの人と出会うまでは……そうだと確信していました



574: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 22:32:35.19 ID:wPtYr8gp0

ここの提督は今まで出会ったどんな提督とも違いました。艦娘のことを第一に考える所か、助け合って生きていくなど聞いたこともありませんでした。


盲目の艦娘が来るから鎮守府に手すりを付ける。盲導犬の為に設備を整える。潔癖症の艦娘の為に新しく食器一式を揃える……艦娘の為にしたことがいくつあるのか数えられません。


何か裏があるはずといくら調べても何も出てこない所か、提督の悪口を言う艦娘が一人も居ないんです。皆んな提督への感謝を口にします


その時私は思ったんです。世の中の提督が全員こんな人になれば私みたいな存在はいらない。


そうか………私は提督と好きというより……


ーーーー



575: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 22:35:16.11 ID:wPtYr8gp0

金剛「……そうなんデスね。この気持ちはそういうことなんデス」


金剛「やっと自分の中で答えが出せた気がしマス!ずっともやもやしていたものが無くなった感じデス!」


金剛「…よし、整理もできましたから、テートクに報告デス!」


金剛「私が何を思っていたのか、本当に思っていたことをテートクに伝えるんデス!」


金剛「待っていてくださいね、テートク!」


下1~3高コンマ 提督への台詞や行動、その他起こったこと等



576:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:37:57.29 ID:qBfL/z+70

テートク!Thank You very matchデース!
いっぱいいっぱい感謝デース!
といって飛び付いて頬にKISSをする



577:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:40:35.23 ID:LK4vCDSDO

人間として尊敬しています的な事を



578:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:41:30.15 ID:yj5pbFAUo

金剛が告白をしようとした矢先に潮の正体についての例の男からの返答がくる



580: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 22:50:13.85 ID:wPtYr8gp0

ーー執務室


金剛「テートクーー!」バーン


提督「…どうしたんだ?」


漣「えらく…元気ですね…」


金剛「Thank You very matchデース!いっぱいいっぱい感謝デース!」ダキッ


提督「お、おい……」


金剛「これはほんの感謝の気持ち…デス」チュッ


提督「…!」


漣「あーあ…金剛さん…龍驤さんに知られたら…大変ですよ…」


金剛「大丈夫デース!私は自分の気持ちに気付いたんデス!」


漣「どういう…ことですか…?」



581: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 22:54:12.61 ID:wPtYr8gp0

金剛「私が抱いていたのは恋心だと思っていましたが、それは違ったんデス」


金剛「私がテートクに抱いていた気持ちは親愛だったんデス!」


漣「親愛……」


金剛「つまりラブでは無く、ライクデス!でも一番大好きなライクデスよ!」


漣「本当に…そうなんですか…?」


金剛「ハイ!今まで迷惑かけてすいませんデシタ!これからもテートクの側で、貴方のことを見守らせて下サイ!」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



582:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:56:36.71 ID:P2vTR9CEo

ああ、これからもよろしくたのm(金剛の背後に龍驤を確認)



583:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:57:00.43 ID:78pOEozSO

…ああ!
此方からもよろしく頼むぞ!



584:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 22:59:35.20 ID:W24+n18hO

お手柔らかに頼むよ



585: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 23:06:07.82 ID:wPtYr8gp0

提督「ああ、これからもよろしくたの…………」


金剛「どうしましたかテートク?レンタル移籍の件なら問題ありまセン!なんなら本移籍でも大丈夫デス!」


漣「あの…金剛さん…後ろ…」


金剛「後ろ?私の後ろに何かあるんデスか?」クルッ


龍驤「……」


金剛「龍驤さん!私の後ろに居たんデスね!」


龍驤「…そうやな」


金剛「私の話聞いてくれてマシタか?もう安心して下さいネ!」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



586:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:07:51.82 ID:c6fQkNZQ0

ウチの提督を誑かす女狐はどいつや……?(激しい怒りと敵意を爆発させながら)



587:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:09:11.71 ID:78pOEozSO

ちょっちまっとってくれへんか?
浮気性の元になるんをももいでからゆっくり話を聞かせてもらうから…



588:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:09:12.66 ID:qBfL/z+70

おお、せやな!これからもたよりにさせてもらうで?
んでもちょっとまっててや?

提督に近寄り股をサワサワ

なんで大きくなってるん?おん?



589: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 23:13:39.37 ID:wPtYr8gp0

龍驤「ウチの提督を誑かす女狐はどいつや……?」ゴゴゴゴゴ


金剛「ま……待って下サーイ…私はテートクが好きではないと…」


龍驤「ほんならなんでキスなんかするんや……?」


金剛「頬へのキスは普通にしマス!仲の良い友達や信頼する人なら普通デス!」


龍驤「そんなんウチが認めると思うか……?」ユラァ


金剛「ひぃ……」



590: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 23:18:04.10 ID:wPtYr8gp0

提督「…待ってくれ龍驤、金剛は俺のことが好きでは無いと言ってくれたんだ」


漣「ラブでは無く…ライクだと…」


金剛「愛ではありませんがテートクは大好きデス!伝わらないなら何度でも言いマスよ!」


龍驤「……」ゴゴゴゴゴ


漣「ダメですな…龍驤さんの…怒りメーターが…振り切ってます…」


金剛「どうすればいいんデスか!?」


提督「…俺にはどうしようもない」


金剛「えぇ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



591:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:19:11.05 ID:W24+n18hO

朝霜がなだめる



592:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:19:31.77 ID:78pOEozSO

金剛さん葛城を一撃で仕留めた当て身を一か八かで繰り出す



593:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:19:57.06 ID:XIDlTQU4o

龍驤にもライクをぶつける



594: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 23:31:18.27 ID:wPtYr8gp0

金剛「なら…一か八かデス!」


金剛「レベルの差なんてこの技の前では関係ありまセン!」シュタッ


漣「あの構えは…」


提督「わかるのか漣?」


漣「はい…バーチャフィターで…お馴染みの技…鉄山靠です…」


提督「あの技を金剛が出せるのか?」


漣「左右右パンチ+キック…コマンドは…難しいですぞ…」


提督「コマンドは関係ないだろう…」


金剛「テヤーーーッ!」


龍驤「……!」


下1~3高コンマ 金剛の技の結果やその他起こったこと等



595:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:33:11.01 ID:6g5/gtK10

即堕ち(敗北)



596:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:33:21.58 ID:mBKxB7GK0

龍驤がロケットパンチで対抗



597:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:34:11.76 ID:LK4vCDSDO

当て身から羅生門(ギース)



598: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 23:43:03.07 ID:wPtYr8gp0

龍驤「ただの当て身でウチを倒せると思うな!」コォォ


漣「あの動きは…!」


提督「…龍驤の羅生門だ」


龍驤「羅生門っ!」


金剛「おぶぇっ!!」

羅 生 門


提督「エフェクトが出たということはKOか…」


漣「義手で羅生門が…出せるなんて…パネェっす…」



599: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/08(日) 23:47:38.75 ID:wPtYr8gp0

提督「あれは龍驤の得意技だからな…」


漣「もしかして…ご主人様は…何度かくらって…ますか…?」


提督「…ネコミミ騒動でな。もがれはしなかったが、キツイ一発をもらったんだ」


漣「それは…自業自得です…」


提督「元はと言えば漣が…」


龍驤「…司令官、このエセ紅茶は気絶しただけやから怪我はしてないで」


金剛「」


提督「お、そ……そうか…」


漣「姉貴…お疲れ様です…」


龍驤「それからな、司令官…」


提督「…なんだ?」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



600:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:49:23.41 ID:qBfL/z+70

近寄って股をサワサワ

半勃ちやな?キスされて興奮してたんか?嬉しかったか?お?



601:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:49:56.19 ID:mBKxB7GK0

し、司令官の1番はぜったいにウチやからな!(顔真っ赤



602:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 23:52:03.02 ID:P2vTR9CEo

>>600+今回は見逃したるが……わかっとるな?(ニッコォ



603: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 00:00:12.15 ID:zKvXR8ui0

ペタ…ギッ…ペタ…ギッ…


龍驤「司令官……」サワサワ


提督「な!?」


漣「ご主人様の…股間を…」


龍驤「半勃ちやな?キスされて興奮してたんか?嬉しかったか?お?」


提督「そんなつもりは……」


龍驤「……ギルティ」コォォォ


漣「あ……まさか…」


龍驤「羅生門っ!!」


提督「!!!!」


漣「ご主人様の…ジュニアが…」


提督「」ビクンビクン


龍驤「そこで反省しとけ!この浮気もん!」


漣「龍驤さん…漣も使うのに…もしダメになったら…」


龍驤「なんか言うたか?あ?」


漣「なんでもありません…姉御…」


ーー



630: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 19:58:04.49 ID:3bi6JkAoO

ーー


呂500「潮、もうすぐ着きますって!」


潮「やっとなんですね…」


伊401「誰にも見つからないようにするには、向こうが指定した海域を行くしかないからね」


伊13「凄く…遠回りしちゃったね…」


伊14「でもこれが一番安全ならそれでいいじゃん!」


呂500「はい!ろーちゃんもそう思いますって!」



631: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 20:02:10.82 ID:3bi6JkAoO

呂500「あ、ここです!この洞窟の奥に居ますって!」


伊401「ろーちゃん、暗証番号覚えてる?」


呂500「心配いりませんって!」


伊14「定期的に番号を変更されると覚えるのも大変だよね~」


伊13「でも…安全なのには…間違いないから…」


潮「いよいよ私の正体がわかるんですね…」ゴクリ


呂500「開きました!早く中に入りましょうって!」


下1~3高コンマ 出迎えてくれた艦娘の名前を。複数の場合は三人まででお願いします



632:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:03:11.10 ID:Tpvst8EVO

曙、朧



633:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:03:20.36 ID:yy3SN/0gO

伊勢日向



634:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:03:35.60 ID:Gb4s0/Qv0

深海吹雪
神風
旗風



635: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 20:16:24.33 ID:zKvXR8ui0

吹雪「ごめんなさい、あんな遠回りな海路を指定してしまって…」


伊14「全然大丈夫だって!」


神風「補給はちゃんと用意してあるから安心してね」


旗風「一先ずゆっくりなさって下さい」


伊13「二人も…元気そうで良かった…」


伊401「もう一人の子はどうしたの?」


旗風「作業中です…」


呂500「三人共元気なら本当に良かったですって!」



636: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 20:20:12.73 ID:zKvXR8ui0

伊13「でも…あの姿から本当に艦娘に戻れるなんて…」


神風「見た目はそれっぽく戻ったけど、正確には私達は本物の艦娘じゃないわ」


旗風「傀儡の体に旗風としての記憶をインストールされただけですから…」


呂500「そんなの関係ありませんって!神風も旗風も、立派な艦娘ですって!」


伊14「そうだそうだ~!」


神風「うん…そう言ってくれたら嬉しいわ」


旗風「貴女達には救われてばかりですね…」



637: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 20:24:07.31 ID:zKvXR8ui0

男「やぁ、遠路はるばるご苦労様」


潮「貴方が……」


男「呂500君達、この潮を調査して欲しいんだね?」


呂500「はい、どういうことが起こっていたかは事前にお知らせした通りです!」


吹雪「司令官は何か心当たりがあるんですか?」


男「無いことも無いけど…調べてみたいとわからないからね」


伊14「その調べるのってどれくらいかかりそう?」


男「そこまで長時間はかからないよ。何も無い所だけど、ゆっくりしておいてくれないかな」


伊13「わかりました……」


伊401「お言葉に甘えて一休みしよっか。流石にちょっと疲れちゃったし」


呂500「神風達とお話して待ってましょうって!」


下1~3高コンマ 呂500達の話題やその他起こったこと等



638:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:25:56.71 ID:yy3SN/0gO

最近楽しかったこと



639:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:26:26.34 ID:7zdeJGRRo

今やりたいこと



640:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:26:27.83 ID:9qyaXVWo0

ビスマルクから
手紙をもらった呂500



642: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 20:40:49.47 ID:zKvXR8ui0

ーー

神風「そういえばろーちゃんに手紙を渡さないといけないんだったわね」スッ


呂500「ろーちゃんにお手紙ですか?」


旗風「ビスマルクさんは作業中ですから、言いたいことがあったんだと思います」


伊13「何が書かれてるのかな…」


伊14「ろーちゃん、開けてみてよ!」


伊401「確かに中身は気になるね」


呂500「わかりました、あけてみますって!」ガサガサ


下1~3高コンマ 手紙の内容や書かれていたこと等



643:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:46:54.82 ID:Gb4s0/Qv0

不慣れな日本語で
直接言うのは恥ずかしいので手紙で。
ありがとう。
と書かれている



644:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:47:43.32 ID:Tpvst8EVO

一目惚れしました
恋人がいなかったら立候補させてください



645:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:47:51.49 ID:f38XtD9qo

今度ろー達の所に行ってみたいと



646: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 21:03:06.99 ID:zKvXR8ui0

呂500「……はい」


伊401「なんて書いてあったの?」


呂500「直接言うのは恥ずかしいので手紙で。ありがとう。そう書かれていました」


伊13「そうだよね…私達はもしかしたら神風ちゃん達を…」


伊14「そうならなくて良かったよ本当に」


神風「ビスマルクさんが私達の中でも一番感謝してるのよ」


旗風「一番辛い思いをしていたのがビスマルクさんですからね…」



647: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 21:08:30.96 ID:zKvXR8ui0

呂500「一番大きい深海棲艦がビスマルクさんになったんですか?」


神風「そうよ、軽巡くらいかと思っていたけど司令官はビスマルクだってわかったの」


旗風「そこからビスマルクさんの姿になるまでは早かったですね」


伊13「やっぱり…あの男の人…凄いんだ…」


伊14「国から追われるだけはあるよね」


伊401「悪用されなければ、有名な人になれたかもしれないのにね…」



648: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 21:14:46.28 ID:zKvXR8ui0

ーー

男「どうかなビスマルク?」


ビスマルク「こっちは問題無いわ。潮の数値は直ぐに出るわね」


吹雪「潮ちゃんは一体…」


男「どんな結果であれ教えて欲しいというのが本人の希望だ。こっちはできることをするだけだよ」


ビスマルク「悪い予感がするわね…」


吹雪「大丈夫ですよ、きっと」


男「これは……」


吹雪「どうしましたか司令官?」


下1~3高コンマ 検査の結果やその他起こったこと等



649:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:15:36.64 ID:yy3SN/0gO

外見は艦娘だがハイブリッドのような存在になっている



650:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:16:30.60 ID:Tpvst8EVO

潮の身体に戦艦棲鬼のDNAが検出される



651:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:16:46.21 ID:v6vmJcCGO

泥と女神を直接注入されている。



653: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 21:29:38.16 ID:zKvXR8ui0

男「潮の外見は艦娘だけど、ハイブリッドのような存在になっているみたいだね」


ビスマルク「どういう意味なのよ?」


男「この子は傀儡の完璧なチューナーとして作られたんだね」


吹雪「完璧…ですか?」


男「そう、この子が一人居れば駆逐艦、軽巡、戦艦…様々な傀儡を作り出せるはずだよ」


ビスマルク「この子が艤装を展開すると戦艦になるのはそのせいなのね」


男「他にも本人が気付いていないだけで、軽巡や重巡にもなれるよ」


吹雪「そんな存在が……」



654: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 21:35:35.63 ID:zKvXR8ui0

ビスマルク「じゃあ深海棲艦のオーラはどう説明するの?」


男「うん、どうやら深海棲艦のチューナーにもなれるみたいなんだ」


吹雪「まさか…!」


ビスマルク「深海棲艦の傀儡を作ろうとしていたというの!?」


男「でもそれは失敗したみたいだね。安定して深海棲艦の力は出せないみたいだ」


吹雪「だから潮ちゃんは捨てられたんですね…」


男「証拠隠滅…かな」


ビスマルク「…ちょっと待ちなさいよ、いくら失敗したからってそんな易々と捨てるもの?まさか潮には変な装置でも組み込まれてないでしょうね?」


男「安価」


下1~3高コンマ 男の台詞やその他起こったこと等



655:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:36:36.98 ID:f38XtD9qo

その心配はないよ



656:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:38:17.98 ID:Gb4s0/Qv0

安全は僕が保証できる
と言って吹雪、整備士、潮、ある男が写っている写真をとりだす



657:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:45:34.48 ID:7zdeJGRRo

……鋭いね



658: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 21:55:33.65 ID:zKvXR8ui0

男「その心配は無いよ。これを見てくれるかい?」スッ


ビスマルク「写真?ここに写っているのは…」


吹雪「司令官と私と…潮ちゃんとあの人ですね」


ビスマルク「この潮があの潮だというの?それにこの男は誰なの?」


男「結論から言えば写真の潮とは別人だよ。でも彼女が何故潮の姿形をしているのかは説明できる」


ビスマルク「…詳しく聞かせなさいよ」


男「あまり長く説明するとあれだから、掻い摘んで説明するね」



659: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 22:03:36.69 ID:zKvXR8ui0

男「これはまだ整備士として働いていた頃の写真なんだ」


吹雪「隣に私が居るのは司令官と付き合っていたからなんです」


男「それとこの男……この男が傀儡の元凶の一人なんだ」


ビスマルク「この男が…」


男「彼は提督だったんだけど、ある事故で最愛の艦娘の失ってしまったんだ」


ビスマルク「……なるほど、わかったわ。この男は潮の代わりを求めたのね」


男「そういうことなんだよ」



660: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 22:12:28.57 ID:zKvXR8ui0

男「大本営を裏切って組織に協力する代わりに、潮の傀儡や模倣品を欲しがった」


吹雪「ここに居る潮ちゃんも…」


男「本当ならその男に送られる筈だったんだね。でもやっぱり欠陥品は送れないのかなんなのか、捨てていったんだろうね」


ビスマルク「その男にとって潮は大事な存在。だから変な装置や何かは仕掛けられていないってことね」


男「うん、だから安心して大丈夫だよ」


吹雪「…そろそろ潮ちゃんにこの結果を伝えましょう」


ビスマルク「自分の存在を知って、彼女はどんな反応をするのかしら」


下1~3高コンマ 潮のリアクションや台詞等



661:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:14:05.66 ID:Q8x/T58iO

ショックを受けるが、あくまでその潮と自分とはちがう存在だと事実を受け入れる



662:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:15:12.25 ID:7zdeJGRRo

自分が全部作り物と知って絶望するあれ



663:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:17:26.20 ID:MGdKTiMR0

多少ショックだが記憶の中にいる自分の提督がまでもが偽物の記憶ではないと知り安心



665: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 22:31:21.72 ID:zKvXR8ui0

ーー

潮「あぁ……そうなんですね……私は……」


男「力をコントロールできるようになれば、胸を触って変な効果が出ることも無くなると思うよ」


ビスマルク「力が安定すれば出撃もできるわ。軽巡でも空母でも貴女の好きな艦種でね」


潮「はい……」


吹雪「潮ちゃん、ショックですよね…」


潮「でも…その潮ちゃんと私は違う存在なんです。それは確かだということはわかりました」


男「そうだよ、君は君。潮であることは間違いないんだよ」



666: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 22:35:15.57 ID:zKvXR8ui0

潮「それはもう…わかりました。あの鎮守府なら、こんな私でも受け入れてくれると思うんです」


男「そうだね、あの提督なら安心だね」


潮「あの、私の力はどうやれば安定するんですか?」


ビスマルク「艤装を展開すると戦艦になるのよね?」


吹雪「どうなんでしょう…司令官、何かわかりますか?」


男「安価」


下1~3高コンマ 男の台詞、行動他



667:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:39:25.89 ID:GCSMmdzYo

戦艦だけじゃなく全ての艦種の艤装で経験を積まないと当面は駄目かな
今の君はバランスを欠いている



668:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:40:50.98 ID:7zdeJGRRo

Don't Think. Feel.



669:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:46:55.68 ID:Gb4s0/Qv0

なりたい艦種の艦娘と良い交流を育むこと、だと思う
あの男、提督殿は引っ込み思案な潮にそれを望んでいたから予測になってしまうけれども



670: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 22:53:28.72 ID:zKvXR8ui0

男「Don't Think. Feel……」


潮「考えるな、感じろ……」


ビスマルク「そもそも潮はなんで戦艦にはなれたと思っているの?」


潮「それはわかりません。艤装を展開したら戦艦だったので…」


ビスマルク「いいえ違うわ、貴女は心の中で戦艦になりたいと思っていたのよ」


潮「心……」


吹雪「確かに、潮ちゃんの鎮守府には戦艦が少ないですよね。それが気になっていたのなら戦艦になってもおかしくありません」


潮「……」



671: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 22:56:47.07 ID:zKvXR8ui0

男「まずはイメージしやすい空母からどうかな?」


ビスマルク「貴女は今空母よ。弓の艤装を持った空母」


吹雪「もしくはボウガンを持った空母ですね」


男「君は今海の上にいる。随伴艦を引き連れて君は艦載機を放とうとしている」


潮「私は……」


ビスマルク「今よ、艤装を展開してみなさい」


潮「……はい!」


下1~3高コンマ 潮がどうなったかや、その他起こったこと等



672:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:57:57.92 ID:yy3SN/0gO

空母になれた
身体はやっぱりナイスバディーな大人



673:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:58:49.08 ID:eKeytue4O

瑞鶴と加賀の艤装が混じったような姿に



674:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:00:38.06 ID:s2LFmbBF0

式神タイプの空母になった
胸がAになった



676: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 23:09:45.38 ID:zKvXR8ui0

潮「あ…!飛行甲板が!」バッ


ビスマルク「空母になれたみたいね」


男「艤装は一航戦や五航戦のものに近いようだね」


吹雪「そして…見た目も大人になるんですね」


潮「うぅ…戦艦の時より大きい気がします…」バインバイン


男「艤装に適した体になるんだね。多分強さも中々だと思うよ」


ビスマルク「よかったじゃない潮。この調子なら他の艦種もコントロールできるわね」



677: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 23:13:54.44 ID:zKvXR8ui0

男「練習すれば潜水艦だってなれるだろうけど、あまり無理をしてはいけないよ?」


吹雪「深海棲艦の力を抑える訓練もしないといけませんね」


ビスマルク「それは負の感情を持たないようにすればいい…私達と同じでしょ?」


男「そうだね。でも簡単そうで難しいことなんだ」


潮「これが…私……」キョロキョロ


吹雪「戸惑うことの方が多いかもしれませんけど、危険はありません!安心して下さい!」


潮「安価」


下1~3高コンマ 潮の台詞やその他起こったこと等



678:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:19:48.43 ID:GCSMmdzYo

大型艦ばかりなので海防艦になれるか試してみる



679:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:25:14.53 ID:omLn1YLk0

色々試し過ぎた結果どの艦種になってもナイスバディな大人の姿になることが判明



680:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:25:48.55 ID:f38XtD9qo

前向きになって一通り艦種を試してみる



682: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 23:31:02.83 ID:zKvXR8ui0

潮「はい!鎮守府に帰ったら一通り試してみます!」


男「それだけ元気なら深海棲艦の力は気にしなくていいみたいだね」


潮「確かに私のことを知った時はショックでした。でも前を向くことも大事だとわかったんです!」


ビスマルク「その調子で頑張りなさい。貴女は貴女らしく生きればいいのよ」


潮「ありがとうございます!」


吹雪「司令官、潮ちゃんはもう帰って大丈夫ですか?」


男「そうだね、検査も全部終わったからもう大丈夫だよ」


潮「お世話になりました!帰って提督に報告します!」



683: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 23:34:24.23 ID:zKvXR8ui0

ーー

吹雪「帰り道はこのルートでお願いします。また遠回りになってしまいますが…」


潮「大丈夫です、色々あるのはわかってますから」


吹雪「ところでろーちゃん達は何をしているんでしょう?」


潮「さぁ…」


吹雪「神風ちゃん達と仲良くお話ししてくれてるならいいんですけどね」


下1~3高コンマ 呂500達の状況やその他起こったこと等



684:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:36:30.68 ID:s2LFmbBF0

なぜか所持していた麻雀で遊んでいた



685:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:37:16.83 ID:eKeytue4O

例の組織に襲われ、潮が拐われる



686:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:38:02.89 ID:yy3SN/0gO

将棋してる



687: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 23:42:46.77 ID:zKvXR8ui0

神風「むむむむむむ……」


呂500「三3銀ですって!」パチッ


神風「そこに銀が……あぁ…」


吹雪「将棋をしてたんですか。神風ちゃんとろーちゃんが対局中ですね」


旗風「うん…それでですね、神風ちゃんが負けそうなんです…」


吹雪「神風ちゃんが!?司令官に勝つくらい強いのに!?」


旗風「こんな攻め見たことありません…」


伊401「頑張ってろーちゃん!多分勝ちそうなんだよね!」



688: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 23:47:32.15 ID:zKvXR8ui0

伊14「ルールよくわかんないけど頑張れ~!」


伊13「イヨちゃん…静かにしないと邪魔だよ…」


神風「歩を……ここに…」


呂500「それを馬で頂きですって!」


神風「うううぅぅぅ…」


潮「これ…どういう状況なんですか?」


吹雪「ろーちゃんが攻め続けてて、神風ちゃんが防戦一方ですね」


伊14「頑張れ~負けた方は罰ゲームだからね~」


潮「罰ゲームですか?」


伊401「あのね、負けた方は…安価」


下1~3高コンマ 罰ゲームの内容を



689:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:49:26.34 ID:eKeytue4O

右手でボクシングをしながら左手の人差し指を鼻に突っ込み、尻でパンを挟みながら「命を大事に!」と叫ぶ



690:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:51:12.72 ID:z8pQifKk0

わさびチューブ一気飲み



691:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:52:38.99 ID:Gb4s0/Qv0

ドラム缶風呂の火係



692: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/09(月) 23:56:31.89 ID:zKvXR8ui0

伊401「ドラム缶風呂の火係だって」


潮「それって辛いことなんですか?」


吹雪「あんまり進んではやりたく無いかなぁ…でもね、ドラム缶風呂は気持ちいいんだよ!」


潮「そうなんですか…」


旗風「頑張って、まだ逆転できるよ…」


伊14「そのままやっちゃえ~!」


伊13「どっちも…頑張って…」


呂500、神風「「むむむむ……」」


下1~3高コンマ 二人の勝敗や罰ゲームの執行後など



693:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 00:00:31.83 ID:F3Q+C72qO

ろーちゃんが勝つけどみんなでお風呂に入って楽しい思い出になる



694:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 00:02:13.15 ID:ULv0aApT0

神風奇跡の逆転……の一歩手前で慢心し死す
ろーちゃん達全員お風呂でリフレッシュ(神風は汗だく)



695:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 00:07:56.27 ID:3NibqF/Bo

ろーの勝ち



696: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 00:12:54.42 ID:cqA8Y8p+0

ーー

神風「負けた……この私が…」


呂500「でも楽しかったですって!こうやってみんなでお風呂も楽しいです!」


伊14「でもこの人数は流石に無理があるんじゃ…」ギュウギュウ


伊13「あ、だめ……そんな所触らないで…」


旗風「ごめんなさい…でもわざとじゃ…」


伊401「こんなに狭いんじゃドボーンもできないや…」


潮「胸が…苦しいです……」


吹雪「ゲホッ…なんで私が火係なんですかぁ…」


ーー



710: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 20:07:47.03 ID:cqA8Y8p+0

ーー

不知火「司令、こんな所に居ましたか」


提督「…すまない、少し調べ物をしていたんだ」


不知火「でしたらそのままで構いません。外出届けは出していましたが、改めて出かけると挨拶をしに来ただけです」


提督「…そうか、潮の服を買いに行くんだったな」


不知火「はい、潮が重巡以上になると普段着ている服がとんでもないことになってしまいますので、それ用の服を買いに行きます」


提督「艤装は問題無いが、普段の服が無いのも困るだろう」


不知火「服を買いに行くのを快く承諾してくれて、潮も喜んでいましたよ」



711: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 20:12:30.07 ID:cqA8Y8p+0

提督「買いに行くのは全員で何人だったか…」


不知火「私と黒潮と陽炎と潮です」


提督「…陽炎は参考になるのか?」


不知火「私もそう思いましたが、本人が行くと言いましたので…」


提督「…全員金色のコーディネートは避けてやってくれ」


不知火「全力で阻止します」


提督「よし、じゃあ気を付けて行って……!」クルッ


不知火「…司令?」ネコミミパーカー


提督「そ……その格好は…」


不知火「これは私服です。お気に入りのパーカーなんですよ」フリフリ


提督「……!!」


不知火「司令………?」


下1~3高コンマ どちらかの台詞やその他起こったこと等



712:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:13:47.71 ID:RPET8sF00

提督「タヌキ柄とはセンスがないな」



713:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:15:27.34 ID:+FSuH1ozO

前屈み



714:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:15:59.24 ID:4cBPbSVz0

皆待ってると黒潮(E:タヌキパーカー)が迎えにきた



715: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 20:31:18.84 ID:cqA8Y8p+0

提督「…タヌキ柄とはセンスがないな」


不知火「そうですか?ネコミミなのにタヌキという意表を突いたデザインが気に入ってるんです」


提督「…気に入ってるなら申し訳なかった。潮に良い服を選んでやってくれ」


不知火「わかりました。それと司令、最後に一つ宜しいでしょうか?」


提督「…なんだ?」


不知火「前屈みになりながらだと、司令の威厳もあったものではありませんね」


提督「な、これは違うぞ!そう…違うあれだ!」


不知火「そうですか、なら後は龍驤さんにお任せしますね」


提督「お…」


龍驤「司令官……?ゆっくり……お話ししよか……?」ユラッ


提督「あ、あのな龍驤……」バタン


不知火「さて、野暮用も済みましたし目的地へ向かいましょう」



716: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 20:36:12.88 ID:cqA8Y8p+0

ーー服屋


黒潮「よっしゃ、ほな潮に大人っぽい服を選んだろか~」


陽炎「私達に任せなさいよ潮!」ピカッ


潮「あの…陽炎ちゃんの服は…」


不知火「大丈夫です、ちゃんと陽炎が選んだのは避けておきます」


陽炎「なによ!人に選ぶのはちゃんとしたのにするに決まってるでしょ!」


不知火「私服も金色の陽炎に言われたくはありません」


黒潮「体型は重巡の時のんに合わせるんやんなぁ?」


潮「はい…一番大きいのが…重巡なので…」


不知火「サイズは事前に聞いてあります。それでは各自服を選んできましょうか」


下1~3高コンマ 誰がどんな服を持ってきたか



717:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:38:50.44 ID:tgt+tQ0bO

陽炎

胸元が開いた真っ白なワンピース



718:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:38:53.13 ID:4cBPbSVz0

陽炎
白いノーブリースワンピース
裾と襟が水色の波模様



719:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:39:56.47 ID:RBJWotiJ0

黒潮
紺色ジーンズと白Tシャツ



720: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 20:50:30.58 ID:cqA8Y8p+0

黒潮「まずはウチからやね。ジーンズと白Tシャツやで」


潮「わかりました、着てみますね」


黒潮「大きなるのは試着室でなんやね」


潮「一旦脱がないと、今着てる服が破れちゃうので…」


黒潮「そうやんな、ほな待っとくからゆっくり着てな~」



721: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 20:54:46.04 ID:cqA8Y8p+0

ーー

潮「あの…どうでしょう?」シャッ


黒潮「うん!やっぱり似合うわ~一気に大人っぽくなったでぇ」


潮「そうですか…?」キョロキョロ


黒潮「うんうん、大人の女性って感じがするでぇ」


潮「大人の女性…いいですね!」


黒潮「まぁ不知火らの持ってきた服を見てから判断してくれてええで~」


下1~3高コンマ 陽炎か不知火の持ってきた服を



722:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:56:37.56 ID:4cBPbSVz0

>>718



723:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:57:01.15 ID:TuVjF9bgO

不知火

不知火一押しのイヌミミパーカー&スパッツ



724:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 20:57:23.59 ID:v5ObD5aMO

陽炎
落ち着いた山吹色のワンピース



726: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 21:07:55.17 ID:cqA8Y8p+0

陽炎「私は山吹色のワンピースを持ってきたわよ!」


潮「陽炎ちゃんがまともな服を持ってきた…」


陽炎「だから大丈夫だって言ったじゃない!」


黒潮「スパンコール着とる時点で説得力は無いわなぁ…」


陽炎「なんでよ?この服凄く金色でしょ!?」キラッ


潮「あの、金色はもういいので…そのワンピースを貸して下さい…」



727: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 21:12:00.24 ID:cqA8Y8p+0

ーー


潮「どうですか…?」シャッ


黒潮「これも可愛いなぁ、ウチのんとは違って清楚な感じがするでぇ」


陽炎「成長した潮はこういうヒロイン系の服が似合うと思うのよ。映画に出てきそうじゃない?」


黒潮「確かになぁ…こっちの方が似合ってるかもしれんわ…」


陽炎「でもまだ不知火が残ってるから、あの子のを見てみましょう」


下1~3高コンマ 不知火が持ってきた服を



728:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:13:12.59 ID:RPET8sF00

ギンガムチェックのブラウス



729:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:13:58.85 ID:tTweblxeo

鋲付きで体のラインがはっきり出るエナメルのほぼ水着
長手袋、ロングブーツ付き



730:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:14:06.47 ID:TuVjF9bgO

薄目の水色のワンピース

そして不知火一押しのスパッツ



732: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 21:25:28.51 ID:cqA8Y8p+0

不知火「不知火はこれを持ってきました」


潮「なんですかこれぇ!」


黒潮「鋲付きの水着…かぁ?」


陽炎「それに長手袋、ロングブーツ付きね」


不知火「不知火が見た本にこんな格好の女の人が出ていたんです。だからこれは人気の服装のはずですよ」


潮「ほんとですかぁ…?でも…せっかく選んでくれたので…一応着ますね…」


黒潮「なぁ不知火が見た本って…」ヒソヒソ


陽炎「多分年齢制限のある本よね…」ヒソヒソ



733: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 21:28:39.24 ID:cqA8Y8p+0

ーー
潮「うぅぅ……」シャッ


陽炎「エ口っ」


黒潮「それはあかんわぁ…」


不知火「似合いますよ潮」


潮「似合っても嬉しくないですぅ~!」


黒潮「これウチが男の人やったら毎日オカズに出来るレベルやわぁ…」


陽炎「これで金色なら完璧よね」


不知火「さぁ三人の服が出揃いました。潮はどの服を買いますか?」


潮「安価」


下1~3高コンマ 潮の台詞、行動他



734:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:30:06.72 ID:cFydApOSO

不知火の以外



735:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:30:16.55 ID:kAKctuUJ0

選んでくれた以上全部買う



736:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:30:28.95 ID:4cBPbSVz0

いっそのこと全部



739: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 21:42:45.97 ID:cqA8Y8p+0

潮「せっかく皆さんが選んでくれたので…全部買います…」


陽炎「不知火のも買うのね…」


潮「だって…一人だけ買わないのも悪いですし…」


不知火「私には分かりますよ潮。貴女はその服を気に入ってたんですね」


潮「それは違いますぅ!というよりこれは服ではありません!」


黒潮「コスプレ衣装にしか見えへんわ…」


陽炎「でもちょっと待って……不知火のが一番高いじゃない!」


不知火「材質がいいんですよ。エナメルですし」


黒潮「潮、お金は大丈夫なん?」


潮「提督からお小遣いをもらいましたので…」


黒潮「あ、そうやったんやね…」



740: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 21:44:36.23 ID:cqA8Y8p+0

不知火「服を全部買ってもお金は余るんですか?」


潮「はい…多めにくれたので…」


不知火「ならもう一着くらい選びますか?」


黒潮「それか別のもん買いに行ってもええしなぁ」


陽炎「もしくはここで買える他の何かを買っちゃう?」


潮「安価」


下1~3高コンマ 潮の台詞、行動他



741:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:46:17.39 ID:TuVjF9bgO

喫茶店でダベろうず



742:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:46:59.35 ID:cFydApOSO

自分で一着選んでいいでしょうか?



743:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 21:47:22.47 ID:tTweblxeo

カフェでお茶しませんか?



745: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 22:01:52.72 ID:cqA8Y8p+0

潮「なら…カフェでお茶しませんか?」


黒潮「ええなぁそれ」


不知火「そういえばこの近くにお洒落なカフェがありましたね」


陽炎「ならそこでお茶して帰りましょう!」


潮「はい!ありがとうございます!」


黒潮「ほなお会計済ませるの待っとくわな~」



746: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 22:06:32.01 ID:cqA8Y8p+0

ーーカフェ


陽炎「こういう所に来るのって初めてかもしれないわ」


黒潮「そら陽炎は無理やわ…」


不知火「注目を浴びまくってますからね」


陽炎「これが私の正装なの!」ピカッ


潮「これってイマドキの女の子っぽいですよね…」ドキドキ


黒潮「カフェでお茶なんて、ステータスみたいなもんやねぇ」


不知火「こういう時はガールズトークが定番です」


陽炎「じゃあ皆んなでそれっぽいこと話しましょうよ!」


下1~3高コンマ 四人の話題等



747:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:08:52.95 ID:RBJWotiJ0

好きな甘味



748:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:09:31.46 ID:cFydApOSO

潮のスタイル羨ましい



749:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:09:43.37 ID:kAKctuUJ0

ファッションについて(なお二人ほど…)



750: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 22:15:56.83 ID:cqA8Y8p+0

黒潮「じゃあ好きな甘味って何なん?」


潮「好きな甘味ですか…」


不知火「そういえば黒潮は大食いなんですよね」


黒潮「そうやねぇ、人よりは多く食べる方かなぁ」


陽炎「そういう黒潮はどうなの?言い出しっぺなんだし最初に言ってよ」


黒潮「ウチかぁ…そうやね、やっぱりたこ焼きかなぁ」


潮「たこ焼きなんですか~!」


陽炎「黒潮らしいわね」


不知火(たこ焼きは甘味に入るのでしょうか…?)



751: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 22:19:20.44 ID:cqA8Y8p+0

ーー

陽炎「……で、やっぱり私はケーキね。カップケーキとかよく食べてるわ」


潮「金粉は乗せないんですか…?」


陽炎「…あのね潮、私もちゃんと考えてるのよ?」


不知火「でもシチューには金粉かけたことありますよね」


陽炎「あれは疲れたからよ!栄養剤の代わりなの!」


黒潮「どんな栄養剤やねん…」


潮「うふふ…皆さんとお話するの楽しいです」


黒潮「ほな次の話題にでも言ってみるか?」


不知火「そうですね、なら次は…」


下1~3高コンマ 次の話題等



752:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:19:55.60 ID:cFydApOSO

>>748



753:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:21:24.93 ID:bnp/bWykO

皐月のセクハラ(潮談)について



754:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:24:01.35 ID:eN6ocatdo

鎮守府のカップルについて



755: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 22:34:00.68 ID:cqA8Y8p+0

潮「あの…皐月ちゃんのセクハラはどうにかならないんでしょうか…」


陽炎「あれは仕方ないわよ。本人に悪気が無いんだもの」


不知火「私達の鎮守府の艦娘は全員一度は揉まれてますからね」


黒潮「満足させるまで触らせたったら害も無いしなぁ」


潮「なんで皆さん受け入れてるんですか…」


陽炎「だって仕方ないんだもの。皐月にオッパイを触るなって言うのは、息をするなって言うのと一緒ね」


潮「そんなレベルなんですか…」



756: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 22:36:36.96 ID:cqA8Y8p+0

不知火「揉み方も性的ないやらしい揉み方では無く、優しく触ってくれますからね」


黒潮「ほとんどの子が皐月は受け入れてると思うでぇ~」


潮「私も諦めるしかないんですね…」


陽炎「…ねぇ不知火ちょっといい?」


不知火「なんでしょう?」


陽炎「今性的ないやらしい揉み方って言ってたけど、貴女はいやらしい揉み方をされたことがあるの?」


不知火「安価」


下1~3高コンマ 不知火の台詞、行動他



757:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:38:36.62 ID:4cBPbSVz0

ありませんが、なにか?



758:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:39:12.53 ID:cFydApOSO

想像です



759:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:39:23.52 ID:XBGPjBDH0

それはもう汗ばむほどねっとりと…結構感じちゃいましたけど



760: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 22:48:26.68 ID:cqA8Y8p+0

不知火「ありませんが、なにか?」


陽炎「あ、うん……それならいいわ…」


黒潮「なんやぁ?陽炎はそういう話題に興味あるんかぁ?」


陽炎「無い……とは言い切れないわね」


不知火「陽炎は彼氏、男の人が欲しいんですか?」


陽炎「どうしても欲しいってわけじゃないけど、やっぱり興味はあるわね」


黒潮「そうやね、陽炎は金色のバイブ…もがっ」バッ


陽炎「やめて黒潮、こんな所でその話はしないで」


不知火「いいじゃないですか、どうせ誰も聞いていませんよ」



761: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 22:51:44.06 ID:cqA8Y8p+0

潮「でも恥ずかしいですよ…」


不知火「そうですか?この格好なら艦娘だと分かりませんし、鎮守府からも遠いので知り合いに聞かれる可能性も低いですよ」


黒潮「ウチはあんまり興味は無いけど、お三方は興味津々やもんね」


陽炎「う…」


潮「うぅぅ……」


不知火「大丈夫ですよ、こういうことに興味があるのは健康ということです」


陽炎「…なによ、不知火は恥ずかしくないっていうの?」


不知火「そうですね、恥ずかしいとは思いません」


陽炎「へぇ…なら……安価」


下1~3高コンマ 陽炎の台詞等



762:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:02:15.08 ID:ZSLfQ4RDO

○○が××して△×○よね~
全員ゆでダコ
陽炎ドヤ顔



763:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:02:59.33 ID:TuVjF9bgO

この前響に猫シッポはお尻に入ってるのかしつこく聞いてたわよね?



764:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:03:50.25 ID:kAKctuUJ0

えぐい話をしてる時に店員さんがきて気まずくなってお会計



765: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 23:15:50.14 ID:cqA8Y8p+0

陽炎「この前響に猫シッポはお尻に入ってるのかしつこく聞いてたわよね?」


潮「尻尾って…あの…」


陽炎「響は貴女だけにヒソヒソ言ってたみたいだけど、不知火はよっぽどお尻に興味があるみたいね」


不知火「……」


陽炎「知ってるのよ!貴女が持ってる変な本の大半はお尻モノなのを!」


潮「お、お尻…」


黒潮「マニアはおるからなぁ~」


陽炎「どうよ不知火!性癖をバラされて死ぬほど恥ずかしいでしょ!」


不知火「安価」


下1~3高コンマ 不知火の台詞、行動他



766:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:19:52.56 ID:cFydApOSO

実は今入ってます



767:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:21:43.72 ID:H5+/yiuDO

そう言う陽炎は最後には快楽堕ちして奴隷になる陵辱系モノじゃないですか



768:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:21:51.64 ID:RBJWotiJ0

どんな趣向を持つ者でも使えるスパッツ開発には必要な情報でしたからね
それに臀部、大腿、骨盤の形も様々ですから情報収集に余念はありません



770: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 23:30:52.29 ID:cqA8Y8p+0

不知火「そう言う陽炎は最後には快楽堕ちして奴隷になる陵辱系モノが好きなんじゃないですか」


陽炎「ぎゃーーーーー!なんで知ってんのよーー!!」


不知火「金色のカバーなんか着けるから余計に目立ってましたよ」


陽炎「嘘でしょ……」


潮「陵辱モノって…酷いことされちゃうやつですよね…」


黒潮「そうやねぇ。性奴隷とか肉便器とか有名よね」


潮「うわ…うわわ……」


黒潮「なんや潮、もしかしてそういうの興味あるん?」


潮「い、いえ!私は…」


不知火「そうですよ、潮の性癖は……安価」


下1~3高コンマ 不知火の台詞等か



771:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:32:30.58 ID:QoMVZZ2E0

自分から乱交していく痴女ものです



772:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:33:29.98 ID:LU+x1CLMO

じ、じつは胸…



773:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:33:38.48 ID:TuVjF9bgO

龍驤さんから先輩後輩の甘酸っぱい恋愛ものばっかりですもんね



778: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/10(火) 23:51:38.26 ID:cqA8Y8p+0

不知火「パイズリとか胸が強調された本を沢山持ってますよね」


潮「ひゃあぁぁ~!なんで知ってるんですかぁ!!」


不知火「これは漣からの情報です。心当たりはありませんか?」


潮「……あります…」


陽炎「なんでよりによって漣に言っちゃうのよ…」


潮「だって…漣ちゃんはそういう本いっぱい持ってるって聞いたから…」


不知火「確かに漣は沢山持っていますね」


黒潮「ほんま不知火はなんでも知ってるなぁ…」


不知火「自然と聞いてしまったりすることも多いんです。漣が司令と関係を再び持つようになって潮を吹く体質に…」


黒潮「不知火、ここまでにしとこか。店員さんがこっちチラチラ見とるわ…」


陽炎「不知火ったら声が大きいのよ…」


不知火「……不知火に落ち度はありません」


ーー



795: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 19:23:22.31 ID:5+SGC6aX0

ーー


那智「潮、調子はどうだ?」


潮「はい、重巡の主砲にも慣れてきました」


那智「貴様が全ての艦種になれると聞いた時は驚いたが、うまくコントロールはできているようだな」


潮「提督が無理に全部やらなくていいって言ってくれたので、得意な重巡と層が薄い戦艦をメインに頑張っているんです」


那智「私を含めて重巡は三人しか居ない上に羽黒は監査艦としての仕事もある。重巡として活躍してくれればこちらも助かるな」


潮「早く実戦でお役に立てるように頑張ります!」



796: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 19:28:02.75 ID:5+SGC6aX0

加古「那智~負けてらんないね~」


那智「加古か」


潮「加古さんこんにちは!体調はどうですか?」


加古「バッチリに決まってんじゃん!だからあたしも訓練しに来たんだよ」


那智「加古も私が来る前は色々あったようだが、今ではそんなことも無さそうだな」


加古「いや~ほんと古鷹には感謝だよね」


潮「あの…よければ那智さんも一緒にやりませんか?」


那智「無論そのつもりだ。この鎮守府には重巡の改二が居ない、私がその第一号になるんだ」


加古「聞き捨てならないね~一応あたしは先輩なんだよ?」


潮「火力なら負けません…!」


那智「ふ…なら派手に演習といこうじゃないか!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



797:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 19:33:13.95 ID:V0jxQNfM0

訓練相手に長門、天城、清霜を選ぶ



798:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 19:34:02.00 ID:ye1cerKOO

潮の経過観察も兼ねて明石や北上、提督が龍驤が観戦



799:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 19:34:12.31 ID:YDOlKQ2DO

火力は高いがなかなか当てられない潮



800: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 19:42:36.95 ID:5+SGC6aX0

ーー

北上「お、始まるみたいだね~」


明石「どどど…どうで…ししししょうか…」


北上「潮は重巡が一番ピンと来てるっていうから、それなりにやるんじゃない~」


提督「相手が那智と加古なら丁度いいだろう」


龍驤「そうやね、まだ対空しながら砲撃はしんどいかもしれんもんね」


北上「とりあえず戦闘だけでどれくらいやれるかを確認だね~」



801: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 19:46:55.05 ID:5+SGC6aX0

明石「みみみ三つ巴…なななんです…ね…」


龍驤「一対一対一や。これが一番シンプルで難しいねん」


提督「自分の状況、最も近い相手との距離、遠い相手の距離を頭に入れながらの行動になる。この状況は実戦に近いと言える」


北上「那智さんと加古さんに大きな練度の差は無い。それに加えて潮がどこまでやるか見ものだね~」


明石「えええ演習だから…けけ怪我もしなくて…ああああ安心して…みみみ見れます…」


龍驤「さぁ…どうなるやろな」


下1~3高コンマ 三人の演習の結果等



802:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 19:48:53.89 ID:CZ0iNieRO

潮も頑張るけど最後は加古と那智の一騎打ちで那智win



803:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 19:51:16.27 ID:whS3E+zA0

加古の砲撃で潮がダウン



804:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 19:51:56.17 ID:Eo523Bft0

加古の砲撃を絡めたインファイトで二人を動揺させ加古勝利



806: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 20:00:25.05 ID:5+SGC6aX0

ーー

明石「あぁ……ううう潮ちゃん…」


北上「加古さんの砲撃が直撃しちゃったね~」


龍驤「うん、潮はよぉ頑張ったで」


提督「残るは加古と那智か…」


北上「練度でいえば加古さんが少し上だけど、それでも那智さんならわかんないよね」


提督「…早く決着が着きそうだな」


龍驤「やね。那智の方が有効距離に早く入ったし…これで決まりやね」


明石「あ…!かかか加古さんの…じじじ時間差…ぎぎ魚雷…」


北上「あの魚雷が先に当たれば加古さんの勝ちかもね~」


龍驤「どっちの方が早い……か?」



807: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 20:03:24.61 ID:5+SGC6aX0

ーー

那智「この勝負勝たせてもらったぞ」WIN


加古「ちくしょー!狙いは完璧だったのに!」


龍驤「惜しかったで加古。あと数秒の差やったなぁ」


潮「私は全然ダメでした…」


明石「そそそそんなこと…無いよ…」


提督「そうだ潮。よく頑張ったな」


潮「えへへ…ありがとうございます!」



808: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 20:06:19.46 ID:5+SGC6aX0

北上「それでどうよ潮?重巡で何か不安な点は無い?」


潮「不安ですか?」


明石「ぎぎ艤装とか…そそそ装備とか…くくくく駆逐艦とは…ちち違いますから…」


北上「主砲替えて欲しいとか、艤装いじって欲しいって要望あるなら言っといてよ~」


潮「安価」


下1~3高コンマ 潮の台詞、行動他



809:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:09:50.36 ID:whS3E+zA0

命中率を上げたいな



810:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:12:18.75 ID:binyFxbBO

魚雷をもっと積みたい



811:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:15:20.59 ID:TyihC8T80

特になし(とりあえず慣れるまでこのままやってみる)



812: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 20:33:46.38 ID:5+SGC6aX0

潮「積めるなら魚雷をもっと積みたいです」


北上「魚雷か~うん、それくらいなら大丈夫だね」


龍驤「やっぱり駆逐艦の時の癖があるん?」


潮「はい…どうしても魚雷に頼りたくなってしまうんです」


提督「重巡だからといって必ず主砲で戦う必要は無い。潮のやりたいようにやってみればいい」


明石「じじじじゃあ…ししし主砲一つおろして…ぎぎ魚雷…積みましょう…」


加古「雷撃が得意な重巡…これはくるかもね」


那智「あぁ、二刀流…いや、三刀流の潮に負けてはいられないな」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



813:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:36:06.12 ID:nCSVYZLxo

三人でお風呂だ!



814:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:36:21.95 ID:nFrXaSCUo

今度は戦艦組と演習だあぁぁあああ!



815:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:37:31.96 ID:DMuFtENlO

>>813で那智が疲れがスッキリ取れる方法を紹介してやろうと



817: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 20:43:12.84 ID:5+SGC6aX0

ーー風呂


那智「演習の後はやはり風呂に限るな」


加古「ほんとだよね、疲れが飛んでいきそうだよ~」


潮「この体でのお風呂は気持ちいいです…」


那智「そうなのか?」


加古「あれじゃない?お湯に浸かる面積が広くなってるからじゃない?」


潮「かもしれませんねぇ…」とろーん


那智「確かに気持ち良さそうな顔をしているな」



818: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 20:45:33.80 ID:5+SGC6aX0

加古「あ、そういえばさ那智さんが強くなったのには理由がある!…って聞いたんだけどほんとなの?」


那智「それか……うむ、確かに事実だ」


潮「それってどんなことなんですか?私にできるなら教えて下さい!」


那智「……そうだな、貴様らになら教えてやろう」


加古「やったね!これで改二に近付いたってやつだ!」


潮「私ももっと強くなりたいです!」



819: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 20:48:18.41 ID:5+SGC6aX0

那智「やることは単純だ。まずは私がいつもやっている訓練を行う」


加古「あれか……キツイって言葉はあの訓練にあるようなもんだよね…」


潮「駆逐艦用のをしたことありますけど…その後は動けませんでした…」


那智「そうだ、私もとても動くことはできなかった。そこである人物に頼ることになる」


加古「ある人物…?」


皐月「オッパイーーーーー!」バターン


潮「ひゃあぁぁぁぁっ!」



820: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 20:51:18.12 ID:5+SGC6aX0

那智「私は皐月の胸マッサージによって疲労と体力を回復させているんだ」


加古「皐月の胸揉みってそんな効果あったの!?」


潮「うそですよぉ…今まで何度も触られてますけど、疲れが取れたことなんてありません…」


皐月「それは潮が最後までやらせてくれないからでしょ!」


潮「さ、最後まで……」


那智「効果に間違いが無いのは私が保証しよう。貴様達もどうだ?」


皐月「げへへへ…色とりどりの…オッパイ……」ジュルッ


加古、潮「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞や行動等



821:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:53:38.81 ID:Eo523Bft0

皐月のおっぱいを見るときの目が嫌だと主張する潮、そそくさと退場



822:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:53:41.64 ID:7oOZW6PFO



強くなれるのなら……、皐月ちゃん、お願い!



823:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 20:53:57.15 ID:mdknRiGpo

まずは那智さんから…



825: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 21:04:10.58 ID:5+SGC6aX0

潮「皐月ちゃんのおっぱいを見るときの目が嫌です……」


那智「それは私も思ったことがある。皐月、どうにかならないのか?」


皐月「目の前にオッパイがあるんだよ!?目の前だよ!?」


加古「つまり無理ってことなんだな…」


潮「じゃあ私は嫌ですぅぅ…」


那智「そうか…なら仕方ないな」



826: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 21:08:18.56 ID:5+SGC6aX0

加古「あたしはちょっと……興味あるかな」


那智「ほう…」


加古「あたしはさ、皆んなと比べるとかなり出遅れちゃったんだよ。満足に出撃できるようになったのもつい最近だしさ」


那智「提督は出撃できないことは責めたりしないだろう?」


加古「あたしが嫌だったの。あたしのせいで重巡も少ないしさ」


那智「なるほど、強くなる理由があるということだな」


加古「だから皐月、ちょっと……やってみてくれよ」


皐月「いいの!?加古さんのぷるぷるオッパイ好きなだけ触っていいんだね!?」


加古「優しくしてくれよ……」


皐月「うひゃ~~!」ガバッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



827:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:09:00.44 ID:mdknRiGpo

驚くほどスッキリ疲れが取れる



828:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:10:32.47 ID:FXBmdkSP0

イキまくる
疲れは、まあ、うん(取れてない)



829:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:10:38.84 ID:DMuFtENlO

訓練前より体が軽いんじゃないかと思うくらい



831: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 21:16:13.13 ID:5+SGC6aX0

ーー

皐月「最高だったよ加古さん!!」


加古「」ビクンビクン


潮「凄いテクニック…」


那智「私は普段あぁいうことをされていたのか…」


皐月「ほら加古さん起きて、僕のオッパイマッサージの感想はどう?」


加古「これ……凄い……」


加古「訓練前より…体が軽いんじゃないか…」


潮「そんなになんですか……?」



833: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 21:19:14.70 ID:5+SGC6aX0

那智「大げさではないぞ、私は皐月のマッサージを受けるとあの訓練の疲れが無くなるんだ」


潮「あの訓練の疲れが無くなる…」ゴクリ


加古「今演習したら…間違い無くあたしが勝つね…」


潮「……」


那智「どうだ潮、騙されたと思って一度やってみないか?」


潮「ちょっと……だけなら…」


皐月「ちょっとじゃ効果は無いよ!ちゃんと最後までやらないとね!」


潮「うぅぅぅぅ…じゃあ…お願いします…」


皐月「重巡モードの潮っパイ…いただきまぁぁぁす!!」ガバッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



834:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:20:01.30 ID:binyFxbBO

やっぱりいやあああああと皐月の手が触れる直前で逃げ出す



835:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:20:17.28 ID:whS3E+zA0

駆逐艦時代の速さを取り戻す



836:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:21:18.73 ID:nFrXaSCUo

戦艦モードで迎撃



837: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 21:26:15.00 ID:5+SGC6aX0

皐月「うへへへへへへへへへへへへ」


潮「や……やっぱりいやあああああ!!」バッ


皐月「ぶべらっ!!」バキッ


那智「おお、綺麗な右ストレートだ」


加古「潮、それって戦艦モード?」


潮「は、はい……危険が迫ると…戦艦になりやすいんです…」


那智「皐月は危険人物扱いか…」


潮「だって!皐月ちゃんのあの目はやっぱり嫌なんです!!」


加古「確かに変質者みたいな目はしてるなぁ…」



838: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 21:28:49.15 ID:5+SGC6aX0

那智「そんなに嫌なら無理強いはしない。すまなかった潮」


潮「いえ…わかってくれればいいです……」


加古「さて…風呂は十分入ったし、そろそろ出よっか」


那智「そうだな、これから行く所もできたしな」


潮「行く所ですか?」


加古「潮、あっちの湯船見てみなよ」


潮「あっち…?」


皐月「」プカー


潮「皐月ちゃん!!」


那智「戦艦の一撃がモロに直撃したからな」


加古「医務室に連れてかないとね~」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



839:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:30:39.30 ID:YDOlKQ2DO

師匠大丈夫ですか!?と朝潮が
そして直伝のマッサージで皐月復活



840:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:32:03.81 ID:mdknRiGpo

理由はどうあれノックアウトした責任を感じて潮がおんぶして連れてく



841:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:32:50.26 ID:FXBmdkSPo

目覚めて目の前にあった千歳の胸に自然に顔を突っ込む皐月



843: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 21:48:29.53 ID:HIm+EzMXO

潮「いえ、お二人はまだお風呂に入っていて下さい。皐月ちゃんは私が連れていきます」バッ


加古「あ、重巡に戻った」


那智「しかしいいのか?それだと皐月を押し付けることにならないか?」


潮「理由はどうあれ気絶させちゃったのは私なので、責任持って皐月ちゃんを運びます」


加古「だってさ。ここは潮に甘えとこうよ~」


那智「…すまん潮、頼めるか?」


潮「はい、任せて下さい!」



844: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 21:52:12.85 ID:HIm+EzMXO

ーー

潮「皐月ちゃん服のままお風呂に入ってくるし、湯船に浮かんでたから拭くのが大変だった…」


潮「でも私が悪いから仕方ないもんね。着替え終わったから医務室に連れていこうっと…」


潮「皐月ちゃんのおんぶして……よし、この体なら楽々です」


皐月(ふふふ…油断したね潮!僕はさっきからずっと起きてたんだよ!)


皐月(気絶したフリをしていたのはチャンスを待っていたからさ!今僕の前には潮っパイがある!)


皐月(これは触らずにはいられないよね!さぁ一気に………いただきます!!)ガバッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



845:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:54:40.04 ID:xVWQHowW0

触られた瞬間いやぁ!っと叫ぶ潮 左目に青白い炎&全身に黄色いオーラ付き



846:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:54:45.44 ID:Eo523Bft0

その時、潮の髪の毛が勝手に動き皐月の腕を拘束してきた



847:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 21:55:01.88 ID:DMuFtENlO

皐月の無意識だと思ってそのまま医務室へ
目線さえなければ何とかなる



848: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 22:04:49.70 ID:HIm+EzMXO

むにゅむにゅ


潮(もう…皐月ちゃんったら無意識でも胸を触るなんて…)


潮(でも目を見ないと以外と大丈夫みたい…触り方も優しいし)


むにゅんむにゅん


潮(それにちょっと………気持ちいい)


もにゅもにゅ


潮(ぅん……自分で触るより……気持ちいい…)



849: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 22:07:46.48 ID:HIm+EzMXO

皐月(何も言ってこないってことは僕を受け入れてくれったってことだよね!)


皐月(それじゃあ全力で楽しんじゃうよ~!)


皐月(まずは潮のここに挨拶しとかないと…)ツン


潮(ひゃあ!?ち、乳首を……!寝ててもそんな所触るなんてぇ!)


皐月(ん…?ちょっと硬い?そっか、もう反応してくれてたんだね!)


皐月(じゃあ次はここを丁寧に触っていきましょうね~!)



850: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 22:12:01.53 ID:HIm+EzMXO

潮「ぁ……あぐっ…!」ヨロヨロ


潮(ダメ…!背中に皐月ちゃんが乗ってるのに…!)ビクンビクン


皐月(凄く硬くなってる…そんなに触って欲しかったんだねぇ…)しこしこ


潮(ひんっ!なんで皐月ちゃんは乳首ばっかり触るのぉ!)


皐月(よし……十分挨拶はしたから、次は待望の……オッパイだーーーーー!)むにゅん


潮「あっ!!うっ……!」グラッ


皐月「え……?」


潮(だ、ダメ!このままじゃ倒れちゃう!せめて皐月ちゃんに怪我が無いようにしないと!)


潮(お願い、なんとかなってぇ~~!)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



851:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:13:52.08 ID:nFrXaSCUo

潮(空中で回転して着地すれば……!)

回転成功
なお無残に床に叩きつけられる皐月



852:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:15:02.53 ID:mdknRiGpo

医務室へ向かうところだった千歳が支えてくれる



853:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:15:07.95 ID:Eo523Bft0

偶然鉢合わせた神通が受け止める
そして、良心につけこんだ皐月にお仕置き



854: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 22:23:33.03 ID:HIm+EzMXO

神通「潮さん!」ガシッ


潮「あ、神通さん……」


神通「よかった…間に合いましたね…」


潮「転倒しそうな所を…ありがとうございます…」


皐月「本当、僕が下敷きになっちゃう所だったよ!ありがとう神通さん!」


潮「え!?起きてたんですか!?」


皐月「うん!だからオッパイを揉んでたんだよ~!」


潮「私はてっきり無意識でやってるのかと…気絶させたのは私のせいなので…」


皐月「そんなわけないじゃん!僕はオッパイなんだよ?」


潮「意味がわかりません…」



855: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 22:25:51.09 ID:HIm+EzMXO

神通「そういうことだったんですね…」ガシッ


皐月「へ?」


神通「良心につけ込んだ皐月さんには…お仕置きです…」


皐月「ま……!」


神通「ダメです…行きますよ…」


皐月「待ってよ神通さ~ん!僕殴られたのは本当なんだからね~!」ズルズル


潮「行っちゃいました…なら私は帰りましょう…」


潮「う……下着…替えなきゃ…」モジッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



856:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:28:41.70 ID:8tZL7EhP0

お仕置き中に神通のおっぱいに挑戦しあえなく撃沈



857:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:28:46.47 ID:mdknRiGpo

皐月に変化がないから胸を揉まれたときの謎効果は解消されたのではと気づく



858:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:34:01.74 ID:YDOlKQ2DO

ヤツの弟子が師匠を助けにくる



860: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 22:45:24.11 ID:5JsnlAoc0

ーー

皐月「神通さん、僕はどんなお仕置きをされるの?」


神通「とりあえず…正座でお説教からです…」


皐月「嫌だぁ…」


神通「ダメです…諦めて下さい…」


?「師匠、助けに来ました!」


皐月「あ、キミは!」


下1~3高コンマ 皐月を助けに来た人物とは?



861:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:46:52.25 ID:V0jxQNfM0

そらもうS朝潮よ



862:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:47:04.09 ID:mdknRiGpo

朝潮



863:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:48:59.64 ID:hyiYSYOVO

葛城



868: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 23:04:35.16 ID:5JsnlAoc0

葛城「何があったかは知りませんが、師匠のピンチは私が救います!」


皐月「流石葛城さん!」


神通「貴女達…そんな関係だったんですか…?」


葛城「胸で悩む私に師匠はこう言ってくれたの。オッパイは人それぞれ。同じオッパイなんてこの世にないって!」


皐月「そうだよ!どんなに小さくてもそれはオッパイ!オッパイであることが尊いんだ!」


葛城「私のは小さくてもオッパイなのよ!」



873: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 23:07:07.42 ID:5JsnlAoc0

神通「葛城さんは兎も角…皐月ちゃん一人じゃないとなると…」


皐月「いけるよ葛城さん!僕達なら勝てる!」


葛城「助けるとは言ったけど、本当に勝てるの?」


皐月「大丈夫!神通さんにもオッパイはある!少しでも触れたらこっちの勝ちだよ!」


葛城「よし…やるしかないわね!」


神通「……」


下1~3高コンマ この対決の結果やその他起こったこと等



874:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:08:27.85 ID:kfrUe+rCO

これでも駆逐最高練度の皐月だからいい勝負をする



875:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:09:40.01 ID:m+thWQa9O

二人で神通を制圧
神通っぱいを二人で堪能



876:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:10:01.48 ID:8tZL7EhP0

二人とも捕まり私はセクハラを働きましたという看板を下げさせられ食堂で公開説教



877: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 23:22:00.20 ID:5JsnlAoc0

皐月「ぐぐぐぐぐ……!」


神通「やはり…やりますね…」


葛城「凄い、これが高練度同士の戦い…!私が入る隙間なんてない…」


葛城「でもこのままじゃ師匠が不利…なんとかしないと…」


葛城「練度が足元にも及ばない私にできることは……」


葛城「…そうよ、これしか無いわ!」


下1~3高コンマ 葛城の行動等



878:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:23:46.83 ID:m+thWQa9O

皐月に揉ませるべく後ろから神通を無目をつき出させるように羽交い締め



879:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:23:51.61 ID:YDOlKQ2DO

葛城は仲間を呼んだ!

朝潮が現れた!



880:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:24:11.76 ID:nFrXaSCUo

応援た!



883: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 23:33:03.15 ID:5JsnlAoc0

葛城「どうせ振り払われて終わりだけど、一瞬でも隙が出来るなら!」


皐月「うぅぅぅぅぅ~~!」


神通「少しずつ…こちらが押しているようですね…」ジリジリ


皐月「まずい、このままじゃ…」


葛城「師匠~~!」


皐月「葛城さん!?」


葛城「今です師匠!神通さんの胸を触って下さい!」ガガシシッ


神通「!!」


皐月「でかしたよ葛城さん!これで僕の勝ちだ~!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



884:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:34:47.74 ID:Eo523Bft0

気付いたら倒れ伏す皐月と葛城

久しぶりに本気を出しましたよ



885:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:35:07.56 ID:8tZL7EhP0

神通、パッドだった



886:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:36:00.29 ID:nFrXaSCUo

鬼軍曹神通「さて、これで終わりですか?では反省の時間ですよ(ニッコリ」



887: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 23:46:33.36 ID:5JsnlAoc0

私は勝利を確信した。師匠が胸に触りさえすればどんな人だって感じてしまうのだ。神通さんも例外では無い。


師匠の手が、まさに神通さんの胸に触れる……!


「仕方ありませんね……」


神通さんこ独り言のような静かな台詞を聞いた後、私の意識は途切れた。
一体何が起こっ…………



888: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/11(水) 23:51:17.69 ID:5JsnlAoc0

ーー

葛城「……は!?」


神通「気が付きましたか…?」


葛城「え、えぇ!?一体何が…」フラッ


神通「立とうとしない方がいいですよ…顎に一撃を…やらせてもらいましたので…」


葛城「あ……師匠…」


皐月「」


神通「久しぶりに…本気を出しましたよ…」ニコッ


葛城「…!」ゾクッ


神通「葛城さん…喧嘩を売る相手は…ちゃんと身の丈に合った…相手にしましょうね…?」


葛城「ふぁい……」ブルッ


葛城(こ、怖すぎる……ちょっと漏らしちゃった…」


神通「ふふふ……………」


ーー



904: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 19:44:19.11 ID:JQZ9yzMA0

ーー


提督「…朝潮、ここには慣れてきたか?」


S朝潮「はい司令官。皆さんに良くしてもらっています」


龍驤「大人しくしとってくれたら、じきにその手錠も外れると思うから頑張ってな」


提督「…外出だけはできないがそれは我慢してくれ」


S朝潮「理解しています」


龍驤「うん、それやったらええんやで」



905: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 19:49:41.49 ID:JQZ9yzMA0

提督「それと、朝潮は本来なら反省文を書かなければいけないんだが…」


龍驤「元々居ったところでもそれは拒否してたみたいやなぁ」


S朝潮「当たり前です。私は反省しなければいけないようなことをしたとは思っていません」


S朝潮「ある人は私に走って逃げればよかったと言いました。歩くこともままならない状況で走って逃げろ?なんの冗談なんでしょうか」


S朝潮「あのクズは殺すしかなかった。私は今でもそう考えています」


提督「…こっちとしては朝潮の嫌がることはやらなくてもいいと考えている」


龍驤「ま……気が向いたら書いてみてな?」


S朝潮「それはあり得ませんが、話は聞きました。それでは失礼します」ガチャ


提督「朝潮……」


龍驤「うん、ゆっくりやっていったらええんやで」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



906:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 19:50:48.86 ID:+Miej1pD0

皐月がパイタッチしたので、
痴女だと憲兵に突き出した



907:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 19:50:59.20 ID:8soWb/+c0

皐月・葛城とおっぱい談議



908:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 19:51:04.55 ID:VQHE9/Zt0

神通
長波さんを引き取るって話はどうしましょうか……



913: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 20:03:06.79 ID:JQZ9yzMA0

ーー

皐月「朝潮!なんの話だったの?」


S朝潮「司令官にここに慣れたかどうかを聞かれただけです」


皐月「そうだったんだね!それで朝潮はなんて答えたの?」


S朝潮「ここの皆さんには良くしてもらっていると答えました」


皐月「そう言ってくれたら嬉しいな~!」


S朝潮「こんな鎮守府に最初から配属されていれば、こんなことにはならかったと日々思っています」


S朝潮「あのクズ司令官への殺意は、沸騰するお湯のように日々湧き上がっています。今目の前にクズ司令官がいるなら……!」


皐月「そんなこと言っちゃダメだよ!もっと冷静になって!」むにゅ


S朝潮「…………」


皐月「復讐なんて意味無いし、それより一緒にオッパイを楽しもうよ!」もにゅもにゅ



914: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 20:06:47.27 ID:JQZ9yzMA0

皐月「朝潮はオッパイの導きを受けられるんだし、色んな人の胸を揉むのは楽しいよ~!」むにゅ


S朝潮「……」


皐月「現に……うへへへへへ…朝潮のって小さいけど…触り心地いいよねぇ…」むにゅむにゅ


S朝潮「……皐月さん、一緒に来てくれますか?」


皐月「二人っきりで楽しませてくれるの!?」


S朝潮「痴女がいると憲兵さんに報告しに行くんです。そこで自分の胸でも揉んでおいて下さい」


皐月「なんでさ!?」


S朝潮「断りも無く胸を触っておいて『なんでさ!?』とはよく言えますね」


皐月「僕と言えばオッパイなんだよ!?」


S朝潮「意味がわかりません」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



915:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:08:31.62 ID:rhmpxQnyO

S朝潮「私に無断で葛城さんを弟子なんかにした罰です」



916:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:08:57.30 ID:VQHE9/Zt0

S朝潮が北上と話中の憲兵に皐月をつきだす



917:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:09:33.03 ID:8soWb/+c0

憲兵に扮した葛城登場



918: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 20:18:59.72 ID:JQZ9yzMA0

皐月「そもそもなんで朝潮はそんなに不機嫌なのさ!?」


S朝潮「私に無断で葛城さんを弟子なんかにした罰です」


皐月「僕は弟子を一人しか取らないなんて言ってないもん!」


S朝潮「そういうことではありません、私は皐月が勝手に葛城さんを弟子にしたことに怒っているんです」


皐月「大丈夫だよ!葛城さんのオッパイは小さいけど、他の誰にもかえられないものなんだ!」


S朝潮「そこでは無いと言ってるじゃありせんか」



920: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 20:21:26.32 ID:JQZ9yzMA0

S朝潮「神通さんに怒られて反省しないなら憲兵さんに頼むしかありませんからね」


皐月「ふふふふ……」


S朝潮「なんですかその笑みは?」


皐月「わからないの朝潮?僕は今オッパイに触れているんだよ?」


S朝潮「はっ……!」


皐月「僕のテクニックは身を持って知ってるよね?」


S朝潮「く!その手を離して下さい!」


皐月「残念、もう遅いよ~!」


S朝潮「あっ……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



921:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:23:42.05 ID:VQHE9/Zt0

阿武隈
S朝潮ちゃんが困っているじゃないですか!めっ、です!



922:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:23:42.96 ID:Ja6XsGQWo

飽きるまで絶頂を味合わされたあと皐月に逃げられるS朝潮ちゃん



923:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:25:22.79 ID:RxGV+N8D0

>>922



924: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 20:35:06.67 ID:JQZ9yzMA0

ーー

S朝潮「」ビクンビクン


皐月「僕が胸に触った時点で勝負はついていたんだよ!」


S朝潮「ぁふん……」


皐月「……とは言ってもちょっとやり過ぎちゃったかな。あれじゃあ暫くまともに立てないだろうし」


S朝潮「ん……ふ…」ビクッ


皐月「朝潮を運んでるところをもし神通さんにでも見つかったら…仕方ない……逃げるが勝ちだよね!」ダダダッ


S朝潮「ぁ……う…」


皐月「ごめんね朝潮!通りがかった誰かに助けてもらってね~!」


S朝潮「うぅ……」


下1~3高コンマ 通りかかった人物やその他起こったこと等



925:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:35:56.30 ID:8soWb/+c0

通りがかった瑞鶴に、どうすれば皐月を独り占め出来るのか相談



926:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:37:22.16 ID:LTv04sog0

通りがかりの神通さんが発見詳細を聞いた後 流石に多少は懲りたかと思いましたが……足りなかったようですね…… と皐月を追いかけに行く



927:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 20:38:09.52 ID:+Miej1pD0

ちょうど龍田がやってきたので被害状況を伝える



930: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:00:49.50 ID:JQZ9yzMA0

ーー


龍田「あらぁ~こんな廊下で何してるの~?」


S朝潮「龍田さ……」


龍田「……大丈夫?千歳さん呼んできましょうか?」


S朝潮「大丈夫で……す…」


龍田「そんな状態で大丈夫なわけないでしょ?待ってて、今先生達呼んでくるから」


S朝潮「ちが……私の話を……聞いてくだ……さ…」



931: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:04:56.86 ID:JQZ9yzMA0

ーー


龍田「まさかそんな事情があったなんてねぇ~」


S朝潮「すいません、皐月さんに本気を出させるとあぁなってしまうんです…」


龍田「そうなの~凄いわね皐月ちゃんって~」


S朝潮「…そうでした、龍田さんは触られたことは無いんですよね」


龍田「少しだけならあるけど~好き放題触らせたことはないわ~」


S朝潮「それはやはり過去のことが関係しているんですか?」


龍田「……えぇそうよ。天龍ちゃん以外の誰かなんて信用できないもの」


S朝潮「信用できない人に体は触って欲しくないですからね」


龍田「これでもどうしても触れてしまうのは慣れてきたの。でもまだ好き放題触られたりするのは無理ね」



932: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:07:36.63 ID:JQZ9yzMA0

S朝潮「その気持ちはわかります。私はクズに玩具にされていましたから、胸や体に触れることに抵抗は人一倍ありました」


龍田「それなのに皐月ちゃんには触らせてるのね」


S朝潮「皐月さんは師匠でもありますから」


龍田「ねぇ朝潮ちゃん、一つ聞いていい?」


S朝潮「なんでしょうか」


龍田「辛いなら答えなくてもいいけど、なんで貴女は胸を触られることを受け入れられたの?私は……天龍ちゃん相手でもまだダメなのに…」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞、行動他



933:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:08:52.77 ID:8soWb/+c0

…誰かから優しく触られたのは、あれが初めてだったんです



934:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:08:53.48 ID:Ja6XsGQWo

……愛に飢えていたのかもしれません



935:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:09:49.11 ID:RxGV+N8D0

性欲を持て余していた



936: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:19:13.14 ID:JQZ9yzMA0

S朝潮「…誰かから優しく触られたのは、あれが初めてだったんです」


S朝潮「慈しむような手つき、割れるモノを触るような繊細さ。他人からあんなに優しく触れられたことはありませんでした」


龍田「そんなに…だったのね…」


S朝潮「だから私は皐月に弟子入りしたんです。あの手つきを覚えられれば、自分の体を慰めるのにも使えますからね」


龍田「そう……」


S朝潮「私は皐月さんき出会う前は自分で自分の体を抱きしめることすらできなかったんです。本当に皐月さんには感謝しかありません」


龍田「よかったわね、朝潮ちゃん……」



937: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:21:03.79 ID:JQZ9yzMA0

龍田「私はまだまだかかりそうね…」


S朝潮「龍田さん、私でよければ触ってみましょうか?」


龍田「朝潮ちゃんが…?」


S朝潮「まだ未熟ではありますが、これでも皐月さんの弟子です」


S朝潮「それに私と龍田さんは同じ悩みを抱えています。私になら龍田さんの気持ちはわかります」


龍田「……」


S朝潮「どうですか龍田さん?」


龍田「安価」


下1~3高コンマ 龍田の台詞、行動他



938:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:22:18.23 ID:rhmpxQnyO

…やっぱり少し抵抗があるわね



939:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:22:39.01 ID:i4cc53UNo

ごめんねぇ
やっぱり天龍ちゃん以外は駄目なの



940:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:22:44.57 ID:+Miej1pD0

試してみるわ



943: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:28:18.12 ID:JQZ9yzMA0

龍田「一回だけ…試してみるわ」


S朝潮「わかりました、それでは触らせてもらいますね」


龍田「朝潮ちゃん、お願いね……」


S朝潮「はい、龍田さんの気持ちは誰よりわかっています。他人に触れられるという嫌悪感、気持ち悪さを私が振り払ってみます」


龍田「お願い……」


S朝潮「それでは失礼して……」


龍田「…やっぱり少し待って。一度深呼吸させてもらえないかしら?」


S朝潮「はい、もちろんです」



944: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:31:36.81 ID:JQZ9yzMA0

龍田「すぅ……はぁ……」


S朝潮「大丈夫そうですか?」


龍田「えぇ…落ち着いたから大丈夫よ」


S朝潮「龍田さん前からでは無く後ろからにしますか?」


龍田「朝潮ちゃんは…どうだったの?」


S朝潮「前から揉まれました」


龍田「なら…それでお願いするわ…」


S朝潮「わかりました。それではいきますよ」


龍田「きて…………」


下1~3高コンマ 胸を触られた龍田の反応やその他起こったこと等



945:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:32:44.58 ID:9u5WjVAcO

トラウマがフラッシュバックして朝潮を突き飛ばしてしまう



946:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:34:28.53 ID:LHD4IXDJo

気分悪くなって吐いちゃった



947:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:34:33.67 ID:+Miej1pD0

前の提督にもまれたような
懐かしい感触を覚える龍田



948:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:34:44.36 ID:rhmpxQnyO

龍田、動悸・目眩・息切れの症状に襲われながらもトラウマ克服のため頑張る



949:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:34:49.92 ID:RxGV+N8D0

トラウマも蘇らず、龍田自身が昔のトラウマを払拭しつつあることを実感する



950:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:35:21.68 ID:Ja6XsGQWo

気持ちよくはないが気持ち悪くもない



953: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:39:35.86 ID:+hJRGh06O

龍田は前の鎮守府の提督に襲われているので再安価させて下さい


再安価 下1~3高コンマ



954:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:39:51.53 ID:8soWb/+c0

>>949



955:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:40:22.70 ID:A7uPgKTWO

>>949



956:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:40:28.46 ID:LHD4IXDJo

>>948



960: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:46:49.89 ID:+hJRGh06O

むにゅん


S朝潮「どうですか龍田さん?」


龍田「うん…………大丈夫みたい…」


S朝潮「それは良かったです」


龍田「あの時のことも思い出さないし……流石は朝潮ちゃんね…」


S朝潮「それは違います、私のお陰ではありません。龍田さんの症状が治ってきているからですよ」


龍田「私が……」


S朝潮「私はその確認をしたに過ぎません。これが皐月さんならまた話は違ってきますが、私はただの弟子です」


龍田「そう……そうなのね…」



961: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 21:50:55.00 ID:+hJRGh06O

S朝潮「龍田さん、私はこの鎮守府に来て本当に良かったと思っています。ここだけの話ですが、最初は司令官を殺して、クズ司令官を殺しに行こうと思っていたんです」


S朝潮「でも…ここの皆さんは私に優し過ぎました。司令官も勿論ですが、皆が皆、困ってもないのに助けてくれるんです」


S朝潮「こんな環境に居たら、そんな気持ちも無くなってしまいました」


龍田「……」


S朝潮「龍田さんは私より長い期間ここに居ますよね?なら当然症状だって良くなるはずです」


S朝潮「これは龍田さんが頑張ったからなんですよ……すいません、罪を犯した私がでしゃばり過ぎたかもしれません。今の発言は忘れて下さい」


龍田「安価」


下1~3高コンマ 龍田の台詞、行動他



962:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:52:00.55 ID:rhmpxQnyO

…ありがとうね、朝潮ちゃん



963:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:54:19.07 ID:8soWb/+c0

>>962+でしゃばりなんてとんでもないわ



964:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 21:56:43.04 ID:Ja6XsGQWo

>>962+涙一筋頬を伝う



965: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 22:07:44.35 ID:+hJRGh06O

龍田「…ありがとうね、朝潮ちゃん」


S朝潮「いえ、お礼を言われるほどではありません」


龍田「ううん…私にとっては凄く嬉しいの…」


S朝潮「…龍田さん、場所を移動しませんか?色々話すも、このまま続きをするにも廊下はあまり良くありません」


龍田「そうね…場所をかえましょうか~」


S朝潮「私もお供させてもらいます」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



966:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:09:53.98 ID:i4cc53UNo

たまたま提督との会合に来た幹部と天津風に鉢合わせる



967:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:11:23.13 ID:8soWb/+c0

>>966+秋津洲も同席



968:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:13:22.34 ID:VQHE9/Zt0

天龍が改二になれるかもと喜んでいる時にS朝潮と龍田の様子から全てを察して感極まって大泣き



970: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 22:25:49.10 ID:+hJRGh06O

龍田「ならとりあえず私の部屋にでも…」


S朝潮「わかりました」


幹部「む、君達はそんな所で何をしているんだい?」


龍田「幹部さんと、側に居るのは…」


S朝潮「天津風……」


天津風「……」


幹部「私は提督君と定期会合さ。天津風君はリハビリを兼ねて私と色々周っているんだよ」


龍田「そうだったのね~」



971: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 22:27:34.38 ID:+hJRGh06O

龍田「天津風ちゃんの洗脳は解けたの~?」


幹部「医者は解けたと言っていたね」


龍田「それならよかったわ~」


S朝潮「天津風……私のことは覚えていますか?」


天津風「安価」


下1~3高コンマ 天津風の台詞、行動他



972:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:28:26.24 ID:8soWb/+c0

覚えているわ…
助けられなくて…見殺しにしてごめんなさい…



973:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:29:11.60 ID:ztejctXU0

え?あなた、あの朝潮なの?
すっごいスッキリして顔してるけど……



974:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:29:48.47 ID:VQHE9/Zt0

……ごめんなさい記憶にないわ
島風以外とは殆ど話さなかったから……



975: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 22:46:15.47 ID:+hJRGh06O

天津風「え?貴女、あの朝潮なの?凄くスッキリした顔してるけど……」


S朝潮「いつの私と会いましたか?」


天津風「貴女がこの鎮守府に来る直前よ。収容所で会ったじゃない」


S朝潮「…すいません覚えていません。あの時はクズ司令官を殺すことしか考えていませんでしたから」


天津風「そうだったのね…」


幹部「その時には私も居たが、確かにあの時とは別人のような目をしているね」



977: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 22:51:45.10 ID:+hJRGh06O

S朝潮「それはこの鎮守府のお陰です。この鎮守府で私は変わったんです」


龍田「私も~それを実感していた所ね~」


幹部「S朝潮君からそんなことが聞けるなんて…流石は提督君だ」


S朝潮「違います、司令官だけではありません」


龍田「ここのみんなのおかげよね~」


幹部「そうか、そうだったね」


S朝潮「この鎮守府を作り上げたという意味では、司令官のおかげですね」


天津風「安価」


下1~3高コンマ 天津風の台詞やその他起こったこと等



978:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:53:18.26 ID:wWlRW5cBO

ようやく朝潮が何に怒っているのか理解した皐月が謝りに来る



979:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:55:22.26 ID:L+hVdahjO

これまでの事はこれまで、新しくやり直す意味も込めてS朝潮と天津風が握手



980:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 22:56:02.93 ID:8soWb/+c0

>>978+>>979



983: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 23:08:59.73 ID:+hJRGh06O

天津風「朝潮……握手してくれる?」


S朝潮「なんの握手でしょうか?」


天津風「これまでの事はこれまで。貴女との関係を新しくやり直す為の握手よ」


S朝潮「いいんですか?私は人殺しの艦娘ですよ?」


天津風「うふふ、貴女の表情からは信じられないわね」


S朝潮「簡単に洗脳された貴女がよくそんなことを言えますね」


天津風、S朝潮「「……ふふふふ」」


天津風「……よろしくね朝潮」ギュッ


S朝潮「こちらこそお願いします」ギュッ


龍田「よかったわね~」



984: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 23:15:40.70 ID:+hJRGh06O

皐月「朝潮!まだここに居たんだね~!」


S朝潮「皐月さん、逃げたんじゃないんですか?」


皐月「朝潮がなんで怒ったかわかったから戻ってきたの!」


龍田「あら~?」


皐月「朝潮は僕のオッパイのいつでも揉んでいいんだよ!葛城さんを弟子にしたからって関係ないよ!」


幹部「む…?」


皐月「僕のオッパイは誰のものでも無いからね!安心してよ朝潮!」


朝潮「安価」


下1~3高コンマ 朝潮の台詞や起こったこと等



985:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 23:18:56.23 ID:Ja6XsGQWo

笑いながら(ちょっと泣いて)頷く
(イイハナシカナー)



986:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 23:21:07.80 ID:VQHE9/Zt0

笑いながら違いますよと言うS朝潮
あれ~?と言う皐月
皆笑う



987:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/12(木) 23:22:32.23 ID:S1S8VMPNO

私こそ間違ってました
執着するものではなくて平等に慈しむことが大切だとわかりました



988: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 23:34:19.92 ID:+hJRGh06O

S朝潮「皐月さん、何を言ってるんですか?」


皐月「あれ……?」


龍田「ウフフ~あんなに自信満々に言って否定されるなんてね~」


皐月「だってそれしか無いと思ったんだもん!」


S朝潮「全然違います…もう、皐月さん……」


天津風「ふふっ、ビシっと言い切ったらこれだもんね」


幹部「ははは!まぁこういうこともあるだろう」


皐月「納得いかないなぁ、朝潮は何に怒ってたのさ?」


S朝潮「内緒ですよ、ふふふふ……」


ーー



989: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/07/12(木) 23:35:01.57 ID:KuQ3SYYf0

いい感じで終われました。


それではまた次スレでお願いします



元スレ
【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その2【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530528322/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (6)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月13日 07:56
          • でたわね
            安価シリーズではかなりの長さになったけど
            まだまだいくわね
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月13日 11:27
          • 龍驤さん今度は百合に目覚めたのか…。

            ヤバくね?

            百合どころか、瑞加賀を始めとする所かまわず濃厚なレズックスをおっぱじめるこの鎮守府に居たら、龍驤さんムラムラしっぱなしじゃね?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月13日 14:08
          • 少しづつ皆が前向きに改善されていくのがイイネ!

            あと、個人的に島風提督の五月雨がドストライクやわ。
            あの娘には是非幸せになってもらいたい。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月13日 19:12
          • きたわね
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月16日 23:15
          • このスレ覗いて来たけど、漣に粘着した変な奴が場違いな安価ばっか出して荒れてるな
            交尾とか下品なレスもしてるし
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月21日 07:33
          • ※5
            多分そういうのは荒らしと呼ばれる悲しい社会不適合者だぞ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 乳牛「てめえみてーな田舎モンは家に帰ってミルクでも飲んでやがれ!!!」モオォォォォォ
        • 彡(^)(^)「寝取られがサァエロくてサァ」パッパ「お前いつになったら彼女出来るんだ」
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • アバッキオ「ジョルノ君だっけ?まあ座って話でもしようや(ジョロロロロ)」 店員「キャアア!この人ティーポットに小便してるわァァ!!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがエスパーダに!?」藍染「そうだ」
        • ヴェノム「なぁエディ」エディ「なんだよ?」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ