TOP

【シャニマスSS】真乃「六等星さん」

1: ◆/rHuADhITI 2018/07/11(水) 23:47:41.29 ID:dXfxCJxZ0

注意
※ブラックジャックの「六等星」から
※直接のブラックジャック要素はスレタイだけ
※天文の話が出てきますが、専門じゃないので変な所があったらすみません




2: ◆/rHuADhITI 2018/07/11(水) 23:49:27.48 ID:dXfxCJxZ0


ーーー

「櫻木真乃? ああ、うちのクラスだよ。呼んでこようか?」

『櫻木さん? えっと、確かこのクラスだったような……』

「アイドルしてるんだってねー。一回テレビで見たことあるよー」

『どんな子なのか、よく分かんないだよねー。話した事ほとんど無いし』

「声が綺麗だな。癒し系というか何というか……それにいい子だろ、あれ」

『なんていうか影が薄いよな。悪い人じゃ無いんだろうけど……』

ーーー




3: ◆/rHuADhITI 2018/07/11(水) 23:50:58.85 ID:dXfxCJxZ0

真乃(イルミネーションスターズのWING優勝から、早くも二ヶ月が経とうとしています)

真乃(この二ヶ月で、私たちを取り巻く環境は大きく変わりました)

真乃(アイドルとして有名になり、公私共に多忙な日々が続いています)

真乃(私たちの、直接のお仕事も……)



めぐる「灯織! 今日の収録、第一スタジオと第三スタジオのどっちだっけ!?」

灯織「確か第三スタジオだったと思うけど……」

灯織「ちょっと待って、すぐに確認するから」

真乃「ほわ……たしか先週は同じ番組の収録で、第一スタジオだったよね?」

めぐる「うー、色んな収録があってややこしいよー!」

灯織「うん、間違いなく第三スタジオ。第一より少し遠いから早めに準備しないと」

めぐる「そっか、ありがとう灯織! じゃあ急がないとね!」



真乃(テレビのお仕事も増えて、前より随分と外に出ることが多くなりました)

真乃(その他にもレッスン、学業、ライブなどなど……目まぐるしくも充実した日々を送ってます)

真乃(だけど、一番大変そうなのは……)



4: ◆/rHuADhITI 2018/07/11(水) 23:52:28.20 ID:dXfxCJxZ0


P「すまん、遅れた! 全員揃ってるか!?」

めぐる「おはよー、プロデューサー!」

めぐる「大丈夫、ちゃんとみんな揃ってるよ。準備も始めてる!」

P「お、偉いぞ。すっかりアイドルが板について来たな」

P「灯織もありがとうな」

灯織「いえ、自分のスケジュール管理をするのは当然のことですから」

灯織「それよりプロデューサー。今日の収録は来て頂けるんでしょうか?」

P「すまん、灯織。局のプロデューサーさんとの打ち合わせが入っててな」

P「行きの送迎はする。収録の最終確認も車内でしよう」

灯織「分かりました」

灯織「……少し、残念です」



5: ◆/rHuADhITI 2018/07/11(水) 23:54:33.22 ID:dXfxCJxZ0


めぐる「プロデューサー……最近、収録付いて来てくれること減ったよね」

P「先のことを考えると、どうしても外せない案件があってな。本当に悪いと思ってる」

めぐる「あ! プロデューサーのこと、責めてるわけじゃなくてね」

めぐる「あんまり忙しそうだから、大丈夫かなって」

P「俺の心配なら無用だ。体力には自信があるからな」

P「とは言え、心配してくれてありがとうな、めぐる」

真乃「本当に、大丈夫なんですよね……?」

真乃「その、プロデューサーさんの顔色……あんまり良くないように見えます」

P「みんな心配性だな。大丈夫だって、信頼してくれ」

真乃灯織めぐる「「「……」」」



真乃(一番大変になったのは、プロデューサーさんです)

真乃(私達三人分の忙しさ、といった感じで、寝る間も惜しんで働いているみたいです)

真乃(……正直、申し訳ない気持ちになります)



6: ◆/rHuADhITI 2018/07/11(水) 23:56:07.94 ID:dXfxCJxZ0


P「六等星?」

めぐる「うん、六等星」

めぐる「今日の収録でさ、後半に星の話が出るでしょ?」

真乃「あ、星の明るさの話が出るところ?」

真乃「『肉眼で見える星のうち、最も暗いものが六等星である』って部分の……」

めぐる「そうそう。だけど、その後に『六等星は、実際は一等星よりも明るいこともある』ってあるよね」

めぐる「ここがよくわかんなくて。一等星が一番明るいんだよね?」

P「ああ、なるほど。見かけの等級と絶対等級って話なんだが……」

P「そうだな。灯織、説明してくれ」

灯織「え、私ですか?」

灯織「その……プロデューサーが説明した方が良いんじゃないですか?」

P「いいからいいから。灯織の口から聞いてみたい」

めぐる「あ、私も聞いてみたい! 灯織の説明!」

灯織「そういう……ことなら」



7: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:02:47.98 ID:ySwqW9RY0


灯織「まず前提として、一等星とか六等星とかの『等級』って言うのは、星の明るさの基準のこと」

灯織「そしてその『等級』は、地球から見た星の明るさによって、星ごとに決められてる……」

灯織「ここまでは大丈夫?」

めぐる「うん、大丈夫」

灯織「なら、このまま続けるよ。この時大事なのは『地球から見た』って部分なんだけど……」

灯織「光って、離れてれば暗く見えるし、近ければ明るく見えるよね?」

真乃「えっと、近くにある携帯の光と、遠くにある電灯……みたいな感じなのかな」

灯織「うん、大体あってる。その場合、六等星が電灯で一等星が携帯」

灯織「本当は電灯の方が明るいのに、遠く離れてるから暗く見えてしまう」

灯織「そんな風に、本来の明るさと地球から見た明るさが逆転してしまうこともある……」

灯織「こんな説明でどうでしょうか。プロデューサー」

P「ああ、いいと思うぞ」

P「よし、今日の収録中に分からない所が出たら、灯織に話をふれば大丈夫だ」

灯織「な……」

めぐる「そうだね。灯織の説明すっごく分かりやすいかったよ!」

真乃「頼りにしてるね、灯織ちゃん」

灯織「えっと、その……」

灯織「……うん、頑張る」



8: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:05:02.08 ID:ySwqW9RY0


めぐる「だけど六等星って、何だか損してるみたいだね」

灯織「損?」

めぐる「だって、本当は明るいんだよね?」

めぐる「それなのに暗く見えるなんて、わたしは勿体無いと思うな」

灯織「……確かにそうかも。そういう考え方、したことなかった」

P「ま、考え方とか感じ方は人それぞれだな」

P「俺は六等星も悪くないと思うけど。むしろ好きだ」

めぐる「そうなの? どういう所が?」

P「それはだな……」

P「……と、もうそろそろ現場に着くな。降りる準備しといてくれ」

P「俺の雑談はまた今度、時間がある時にな」



9: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:09:15.04 ID:ySwqW9RY0


ーーー

真乃「収録お疲れ様。灯織ちゃん、めぐるちゃん」

灯織「お疲れ」

めぐる「二人ともお疲れー!」

めぐる「灯織、今日は特に凄かったね!」

真乃「うん、格好良かったよ。まるでお星様の博士みたいだったかな」

灯織「そんな褒められる程のことじゃないよ」

灯織「星とかの天文の話って、占いだと結構出てくるから」

真乃「あ、調べてるうちに覚えちゃったんだね」

めぐる「灯織らしいね!」

めぐる「うーん……私も色々と勉強した方がいいのかな?」

灯織「めぐるは自然体が一番だと思う」

めぐる「同じこと、プロデューサーにも言われたことあったような……」

真乃「私も、灯織ちゃんと同じ意見かな。めぐるちゃんはそのままで……」

真乃「……あれ?」




10: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:11:01.79 ID:ySwqW9RY0


スタッフA「イルミネーションスターズ、だっけ?」

スタッフB「そうそう。というか準レギュのユニット名くらい覚えろよな」



真乃(ほわっ、スタッフさんが私たちの話をしてます)

真乃(隣の控え室から? 私の後ろの窓から聞こえてきて……)

真乃(あっちの窓、開いちゃってるのかな)

真乃(灯織ちゃんとめぐるちゃんには、聞こえてないみたいだけど……)



スタッフC「中々良いユニットだと思うよ。番組内の受け答えもしっかりしてるし、見た目も歌も悪くないでしょ」

スタッフB「WINGの話題性もあるしな。数字取れるユニットだと思うぞ」

スタッフA「283プロさんがやり手なのかねぇ。あのプロデューサー……」



真乃(あ、プロデューサーさんの話……)



スタッフC「それはどうだろうな。あのプロデューサーって、かなり若手だったろ」

スタッフC「たまたま金鉱脈を掘り当てた、って感じじゃないか?」

スタッフA「ふーん、そんなもんか」

スタッフB「俺も大体は同じ意見かな。経験豊富そうに見えないし。まぁ、でも……」

スタッフB「実際のところは、よく分かんないよ。話す機会とかほとんど無いしな」



11: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:14:21.16 ID:ySwqW9RY0


『どんな子なのか、よく分かんないだよねー。話した事ほとんど無いし』

真乃「……っ」

灯織「真乃?」

真乃「ほわ……な、何かな、灯織ちゃん」

灯織「何ってわけじゃないけど……真乃、苦しそうだったから」

めぐる「大丈夫? 顔、強張ってたよ」

真乃「ほわわ、そう……だったかな」

真乃「ちょっと、ぽーっとしちゃってました」

灯織「それなら良いんだけど……」

真乃「うん、ありがとう。灯織ちゃん」

真乃「……全然、平気です」

灯織&めぐる「「……」」



12: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:18:32.69 ID:ySwqW9RY0


灯織「……そろそろ出よっか」

灯織「確か真乃は直帰せずに、事務所に戻るんだったよね」

真乃「あ、うん……事務所を出る時に、忘れ物しちゃて」

真乃「明日使うものだし、今日中に回収したいんだ」

めぐる「ごめんね。本当は私たちも一緒に戻りたいんだけど……」

真乃「ううん、仕方ないよ」

真乃「この時間から事務所に寄ってたら、家に帰り着く頃には真夜中になっちゃうもんね」

めぐる「あーあ、本当に残念……。明日の仕事がなければ一緒に事務所まで行くんだけど……」

めぐる「でも真乃の言う通り、仕方ない事だよね。それじゃあ、また明日」

灯織「真乃、また明日」

真乃「うん。二人とも、また明日」



真乃(今からだと……うん、9時半くらいには事務所に着けるよね)

真乃(プロデューサーさん、事務所にいるかな)

真乃(……まだ、頑張ってくれてるのかな)




13: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:21:35.86 ID:ySwqW9RY0

ーーー

真乃(ほわわ、プロデューサーさんが寝ています……!)

真乃(寝てると言うより、突っ伏してると言った感じだけど……)

真乃(見本誌のチェックをしてたのかな? 雑誌が開きっぱなしで……)

真乃(見出しは……『イルミネーションスターズの三人を大特集!』……)

真乃(……)

真乃(……三人、かぁ)

真乃(私、灯織ちゃん、めぐるちゃん)

真乃(その三人でイルミネーションスターズ)

真乃(だから『三人』って描かれるのは、当たり前のことだよね)

真乃(それ以上の人のことまで書くと、変な雑誌記事になっちゃいます)

真乃(だけど……)

真乃(だけど本当は、三人だけでユニット活動をしてるわけじゃなくて)

真乃(プロデューサーさんを始めとして、社長さんやはづきさん)

真乃(その他の色々な人のおかげで、私たちは活動できてるわけで……)




14: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:22:50.84 ID:ySwqW9RY0


P「ん……真乃、か……?」

真乃「あ、プロデューサーさん」

真乃「ごめんなさい。起こしちゃいましたか?」

P「……ああ、寝落ちしちゃってたのか」

P「気にしないでいいぞ、真乃。起こしてくれて有難いくらいだ」

真乃「その……プロデューサーさん、やっぱり寝不足なんですか?」

P「んー、そうかもな。でも毎日ってわけじゃないぞ」

P「体調管理だって仕事のうちだしな。今日だけ偶然だよ」

真乃(偶然には、見えません。それに、無理して笑ってるように見えます)

真乃(何かしてあげたいです。元気が出るようなこと、何か……)

P「よっと……少し外に出てこようかな。眠気覚ましでも買ってきたい」

真乃「! プロデューサーさん!」

P「ん、どうした? 急に大きな声だして」

真乃「あ、あの! 買い物のついでに、ちょっとだけで良いですけど……」

真乃「一緒に……星を見ていきませんか?」



15: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:24:49.86 ID:ySwqW9RY0


真乃(灯織ちゃんとめぐるちゃんと、星を見に行ったことがあります)

真乃(その時は、満天の星空から元気がもらえた気がしました)

真乃(だから、それを思い出しての事だったのですが……)



真乃「ほわ……お星様、あんまり見えないです……」

P「都会の真ん中だしな。暗めの公園内とはいえ、そんなに見えるもんじゃないか」

P「一等星は当然見えるとして、後は二等星までってところだな」

真乃「ほとんど見えなくなっちゃうんですね」

P「仕方ないさ。街中の明かりを消すわけにもいかない」

真乃「そ、そうですよね」

真乃「そういえば、プロデューサーさんの話の続き……」

真乃「六等星の話の続きって、まだ聞けてませんでしたよね」

P「ああ、送迎の時のか。大した話でも無いんだがな」

P「五等星とか六等星とかって、条件が整わないと見れないだろ?」

P「だから、遠出したり器具を揃えたり……」

P「そういう手間暇をかけないと見れない物と言うのも、悪く無いかなって思うんだ」



16: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:27:29.73 ID:ySwqW9RY0


P「それが俺の勝手な意見だが……」

真乃「……」

P「真乃は、そう思わないみたいだな」

P「……真乃は、どう思ってるんだ?」

真乃「わ、私は……」

真乃「私は……めぐるちゃんと同じです」

真乃「だけど、『勿体無い』より『悲しい』と思っちゃって……」

P「悲しい、か」

真乃「……はい」

真乃「そこに在るのに、気付いてもらえないのは辛いです」

真乃「輝いてるはずなのに、認めてもらえないのは悔しいです」

真乃「……何より、周りから切り離されてるのは、悲しいです」

P「……」

P「……それは」




17: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:32:52.92 ID:ySwqW9RY0


P「……そうだな、真乃。白鳥座の一等星、デネブは見えるか?」

真乃「……白鳥座、ですか? えっと……」

真乃「……はい、あの青白い星ですよね。見えてます」

P「そこから10度もズレてない所に、はくちょうざδ星がある」

P「そして、その側には二つの伴星があるんだ」

P「δ星は三等星。二つの伴星はそれぞれ六等星と十二等星だ」

真乃「……三つとも、二等星には達してないです」

真乃「そのどれもが、今は見えてないんですよね」

P「そうだ。今、この場所からは肉眼だと見えない」

P「在るという知識が無ければ、誰もその星を知ることはない」

P「だけど、それは地球から見たらの話だ」

P「地球から見たら遥か遠くにある星々も、10度に満たない角度の中にあるなら……」

P「地球からの距離より、二つはずっと近くにあるのかもしれない」



18: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:36:48.49 ID:ySwqW9RY0


P「……もしそうなら、デネブから見たその六等星は、地球から見た時よりずっと明るく見えているはずだ」

P「地球からは六等星でも、デネブから見れば一等星に見える可能性だってある」

P「そう考えれば、六等星でも悪くないと思わないか」

P「どこかの星にとっての一等星であれば、それで救われる。俺はそう思う」

P「真乃は……デネブから見たその六等星が、ちゃんと明るく見えてると思うか?」

真乃「そ、それは……」

真乃「それは……勿論そうです」

真乃「きっと一杯輝いて、その星を明るく照らしてくれています」

P「それなら、良いじゃないか」

P「どの星からも暗く見えてたら、さすがに悲しいからな」

真乃「そんなことは……絶対にないです」

真乃「だけど、だけど私は……」

P「そっか、納得できないか」

P「……本当に優しいな、真乃は」

P「……」

真乃「……」

P &真乃「「……あ……」」



19: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:38:53.03 ID:ySwqW9RY0


P「ま、真乃! 今の見たか……!?」

真乃「は、はい……! 流れ星さん……でしたね……!」

真乃「とっても長い尾を引いて……本当に、綺麗な……」

P「そうだな。今の流れ星くらい美しい奴は、俺も始めて見たかもしれん」

真乃「プロデューサーさんでも、ですか?」

P「ああ。そう言う真乃もか?」

真乃「はい。流れ星さん自体、見る機会は多く無いですけど……」

真乃「それでも、今まで一番綺麗だったって、自信を持って言えます」

P「そっか。それなら、都会の空だって捨てたもんじゃないな」

P「見上げていれば、あんな物が見える時だってあるんだから」

P「……それと、ありがとうな」

真乃「ほわ……? お礼を言われてるようなことなんて、私は……」

P「してくれたよ。星を見にいこう、って誘ってくれたのは真乃だろ?」

P「真乃がいなかったら、今の流れ星は見つけられなかった」

P「だから、そのお礼だ」

真乃「……っ」




20: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:39:40.84 ID:ySwqW9RY0


P「よし、そろそろ事務所に戻るか。寒くなってきたしな」

P「夏とはいえ、夜は冷えるからな。風邪でも引いたら大変だ」

P「戻ってコーヒーでも淹れて……」

P「……真乃?」

真乃「……」

P「どうした立ち止まって。まだ見ていたいのか?」

P「それなら……」

真乃「プロデューサーさん」

P「……」

P「……ああ、何だ?」

真乃「……私は、一等星みたいなアイドルになりたいです」

真乃「灯織ちゃんと、めぐるちゃんと、イルミネーションスターズの三人で……」

真乃「いつか輝ける場所に立ちたいって思います」

真乃「それが今の、私の夢です」




21: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:41:10.45 ID:ySwqW9RY0


P「一等星……」

P「そうだよな。WINGが終わった後も、ずっと頑張ってるもんな」

真乃「……でも、その夢がちょっとだけ変わりました」

真乃「今日ちょっとだけ、ハッキリとしました」

真乃「なりたい一等星がどんな物なのか、分かったんです」

P「……真乃の、次の夢か」

真乃「そうです」

真乃「ふと誰かが、夜空を見上げたくなるような」

真乃「その星があるから、空を見に行きたくなるような」

真乃「そんな一等星に、私はなりたいです」

真乃「だから……」

真乃「だから、これからも頑張りますね、プロデューサーさん」




22: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:42:31.68 ID:ySwqW9RY0


ーーー

めぐる『へぇー、流れ星が見れたんだ。私も見たかったなー』

真乃「『うん。めぐるちゃんと灯織ちゃんにも、見せてあげたかったよ』……っと」

灯織『それで真乃。流れ星に願い事はしたの?』

真乃「あ……『咄嗟のことで、全然考えてなかったです(泣)』」

灯織『じゃあ、次の時までに考えておかないとね』

めぐる『私は、友達みんなで何かができますように、かな~。二人は二人は~?』

灯織『私は……うん。確かにこれ、咄嗟だと難しいね』

真乃(願いごと……願いごと……)

真乃(さっきの宣言は、お星様に願ったらダメだよね)

真乃(だったら……)

真乃「『決まったよ。私のお願いはね』」

真乃「『みんながいつか、六等星さんを見つけられますように……です。むんっ』」




23: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:44:21.59 ID:ySwqW9RY0

終わりです。お目汚し失礼しました。

鳩ネタのむんさんも(TPOを弁えれば)大好きです
ほわほわ美少女櫻木真乃も大好きです



24: ◆/rHuADhITI 2018/07/12(木) 00:45:48.91 ID:ySwqW9RY0



【前作のSSにおけるお詫び】

前作の『甘奈「プロデューサーさんと千雪さんの距離が近い……妙だな……」』において、ゲーム内容を誤解させる表現がありました。

本編後のおまけ1において、選択肢選びによるステータス上昇をネタする文章がありましたが、その内容に誤りがあります。

pSSR甘奈のとあるコミュにおいて、選択肢「コーヒーにしよう」を選ぶとDaが上がるとの表現がありましたが、実際に上がるステータスはViです。

ゲーム内の大崎甘奈の可愛さに圧倒的動揺をした結果、自分のメモ書きが疎かになった事よって発生した勘違いであり、今後SS内でそのような表現をすることが無いように気をつけます。

申し訳ございませんでした。



元スレ
【シャニマスSS】真乃「六等星さん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531320460/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月12日 06:51
          • 真乃の乳首も輝く一等星!ビバ巨乳!ビバ巨乳!鳩胸!ポッポーwwww
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月12日 11:25
          • 5 最後で真面目な作者さんだなぁと思った(小並感)
            それはともかくシャニマスSSはもっと書け
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月12日 11:31
          • むんっ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月12日 14:21
          • ほわっ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月12日 18:51
          • 真乃=鳩とむんっとほわっ
            という方程式しか出なくなった身としては、シャニマス Pはかなり真面目だったと思いだした。やり取りも結構いいし、シナリオはいいんだよなぁ。運ゲーで時間食うからやらなくなったけど。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
        • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
        • ワイ「ここがおんJか……」ドアヒラキー
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 妹「働けやクズニート!」俺「あぁん!?>>4」
        • 妹「働けやクズニート!」俺「あぁん!?>>4」
        • 美少女委員長「鞄の中に入ってる物はなんですか!」俺「>>4(バーチャルボーイ)です」
        • 美少女委員長「鞄の中に入ってる物はなんですか!」俺「>>4(バーチャルボーイ)です」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ