TOP

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「〇、〇は、私のこと、放っておきませんよね? ね?」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:37:43.576 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「だって、○○は、私のこと、すごく大事にしてくれたものね?」

お嬢ちゃま「幼少からずっと一緒だったものね? 私が我儘言っても嫌な顔しないで付き合ってくれて……」

お嬢ちゃま「ひ、酷いんですよ!? み、みんな、あなた以外の、みんな、態度が豹変して、みんな、私を、馬鹿にしてきて……」

お嬢ちゃま「あ、あなたはそんなことしませんよね? ね? だって、私、あなたのこと、一番信頼してて、あなたなら、大丈夫だって、私」

お嬢ちゃま「私、あなた、あなたまで、私を、見捨てたら、私、だ、誰を信じたら、私……」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:40:09.740 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「……おつかれさまでした」

お嬢ちゃま「……ふぅ」

お嬢ちゃま「……」

お嬢ちゃま「……あ、○○ですか? 私です、あの、酷いんですよ? バイト先の店長、また私に無理言って」

お嬢ちゃま「ええ、ええ。私、あんな重いもの持てないって言ってるのに、無理やり持たそうとしてきて!」

お嬢ちゃま「……私、疎まれているんですわ。きっと。私にはわかります。私のこと好きな人なんて○○以外にいませんもの」

お嬢ちゃま「○○、今会えますか? あ、会えますよね? なら会いましょう? 私、バイト中ずっと○○に会いたくて」

お嬢ちゃま「……あ、そ、そうなんですか。い、いえ! いいんですよ。考えてみれば、いきなり無茶な話ですもの」



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:43:31.955 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「ええ、ええ、気をつけて帰ります。ありがとう。ありがとう……私のことを気にしてくれる人はもう、○○しかいません」

お嬢ちゃま「そんなことあります。私は誰にも好かれていませんから。私、身に染みて理解しましたから」

お嬢ちゃま「はい、はい……ええ、また今度、ありがとうございます。はい、私、○○だけが本当に頼りで、はい、ええ、ではまた」

お嬢ちゃま「……ふう」

お嬢ちゃま「……あ、そういえば、○○の作ってくれたカレーがもう尽きてました」

お嬢ちゃま「……帰りにスーパー寄って、晩御飯を買わないと」

お嬢ちゃま「……ふう」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:45:50.188 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「……さっきの電話うざくなかったかしら。しつこくなかったかしら。○○、うざがってないかしら」

お嬢ちゃま「いえ、あれでうざいのなら、もうずっとうざがってますよね」

お嬢ちゃま「バイト先でもうざがられるし、私、心底うざいのかもしれません……」

お嬢ちゃま「思えば小さいころから私は人に命令してばかりで……」

お嬢ちゃま「ああ不安になってきました。○○……○○……」

お嬢ちゃま「メッセージ送るのならいいですよね、もう今日で145通くらい送ってますが……」

お嬢ちゃま「いやもううざいですね。私本当にうざい。なんですか145通って。普通キレますわよ」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:47:44.413 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「……○○は本当に私のことが好きなんでしょうか」

お嬢ちゃま「こんなうざくて面倒で何もない人間の世話なんかして何か得られるものでもあるのでしょうか」

お嬢ちゃま「○○は優しいですから、私のことを鬱陶しがっていてもきっと顔に出しませんよね」

お嬢ちゃま「○○だけが私を裏切らなかったから私は今を生きていけています……」

お嬢ちゃま「……でも私、○○に見捨てられたらどうなるのでしょう」

お嬢ちゃま「……○○……○○……メッセージを送らずにいられません。うぅ……はぁ……」

お嬢ちゃま「ああ……落ち着く……○○にメッセージを送っていると気分が晴れてきますわ」

お嬢ちゃま「○○……○○……うう……いけないのに……これ以上は犯罪レベルですわよ」

お嬢ちゃま「ああ……電話にしましょう。そうしましょう。私もう我慢できません。このままだと衝動的に自殺してしまいそう」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:50:28.586 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「あら、○○からかかってきました! ○○、○○! 私のこと見守っているんですね!」

お嬢ちゃま「○○! ……え? 何もありませんわ。はい? メッセージ? 30通? 闇を感じた? そんな大げさな」

お嬢ちゃま「……いえ、大袈裟なんかじゃありません。○○だけは私のことをわかってくれます。私もう自殺してしまいそうで」

お嬢ちゃま「まあそれは言いすぎですけども。え? 今から? 会ってくれるんですか?」

お嬢ちゃま「でも○○用事があるのでは……キャンセル? それは悪いですわよ。会ってくれるのは嬉しいのですけども」

お嬢ちゃま「大した用事じゃない? あら、いえ、大変うれしいです。これ以上嬉しいことは落ちぶれてからそうないですわよ」

お嬢ちゃま「でもやっぱり悪いですわよ。え? まあウソではありませんけども。ああ、はい。なら、お願いします」

お嬢ちゃま「……はい、はい。ありがとうございます。いつも○○だけが頼りですわ。ええ、では、はい……」

お嬢ちゃま「やったあ! ○○が会ってくれますわ!!」

お嬢ちゃま「じゃねえですわ!! 私クソうぜえですわ!! なんなの私!!」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:52:44.357 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「……このままじゃいけませんわね。このままではメンヘラとかいうのになってしまいます」

お嬢ちゃま「○○、きっと私のこと負担に思ってますわ。私徘徊してますの?ってレベルで○○を呼び出してしまってますもの」

お嬢ちゃま「どうしたらいいの……○○、教えて○○……○○!」

お嬢ちゃま「○○ー!!」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:54:46.293 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「はあ、待ち合わせまで時間がありますわね」

お嬢ちゃま「よっこらせ、あらいけない、庶民じみた言葉を」

お嬢ちゃま「まあもう庶民でしかないのですけども」

お嬢ちゃま「庶民の中でも貧乏人の域に達しているわけですけども」

お嬢ちゃま「そのくせ生活能力が皆無でお先真っ暗なのが手に負えませんけども」

お嬢ちゃま「○○にもう着きましたと連絡しましょう」

お嬢ちゃま「メッセージ? いえ電話ですわ。○○の声を聞かないと心が耐えられません」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:56:14.421 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「あ、○○? 今着きましたわ。あらそうですか。電車の中、いえ、はい、そうですわね」

お嬢ちゃま「すみません、電話なんかしてしまって、というか電車使わせてまで呼び出してしまってもう何と言ってよいのやら」

お嬢ちゃま「はい、はい、ありがとうございます。私○○だけが頼りですわ。ええ、それでは」

お嬢ちゃま「やっちまいましたわ」

お嬢ちゃま「やっちまいましたわー……」

お嬢ちゃま「……はぁ」

お嬢ちゃま「へこみますわー……」



19:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:58:58.313 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「……送信、送信、送信、送信、ああ、いけませんのに、こんなのいけませんのにぃ!」

お嬢ちゃま「体が勝手に動いちゃいますのぉ! 送信、送信、送信、送信……」

お嬢ちゃま「うう、このぉ、えい! はぁ……はぁ……思わず投げましたが壊れてませんわよね?」

お嬢ちゃま「……ああ、よかった、壊れてませんわ。私、どうしてこうなのでしょうか……」

お嬢ちゃま「パチンカスの気持ちが今なら理解できますわ。○○がいないと心が死んでしまいますの」

お嬢ちゃま「○○……○○……あら、○○から返信が、うふふ。○○ったら、うふふ」

お嬢ちゃま「ものっそい心配されてますわ。やべえですわ。違いますの、○○、これは違いますの!」

お嬢ちゃま「違い、ます、のっと、送信」

お嬢ちゃま「送信、送信、送信、送信、送信ってバカですの?! つい癖で連打してしまいましたの!!」



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:01:01.468 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「こんなのメンヘラ指数高めですわよ。警察案件いってしまいますわ」

お嬢ちゃま「こんなのガチで嫌われます。○○じゃなかったら通報もんですわ」

お嬢ちゃま「ああ、うう、ああ……」

お嬢ちゃま「うああああああああああ!!」

お嬢ちゃま「……なら、どうすればいいのでしょうか?」

お嬢ちゃま「どうしたら○○に迷惑をかけずに生きられるのでしょうか?」

お嬢ちゃま「料理も洗濯も掃除も身の回りのことすべてを○○に任せてしまっている私にいったい何が……」

お嬢ちゃま「別にやらせているのではありませんが、○○がやらないと私含めて誰もやらないものですから」

お嬢ちゃま「お使いならできますが……使いに出すことをできませんのでぇ……子供の役しかできませんのでぇ!」

お嬢ちゃま「あら? 私もう死んだ方がいいのではないのでしょうか」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:03:22.511 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「正直私のことを見捨てた奴ら全員地獄に落ちればいいと思っていますが、嫌われるのにも理由はあるものですね」

お嬢ちゃま「私には○○しか残されていません」

お嬢ちゃま「唯一残された○○を不幸にしてまで、私に生きる意味などあるのでしょうか?」

お嬢ちゃま「○○が幸せになることが、今の私に残された唯一の生きる意味ではないのでしょうか?」

お嬢ちゃま「○○が私を見捨てなかったあの日で、私は十分幸せになれたのではないのでしょうか?」

お嬢ちゃま「……でも、私が死ぬと、きっと○○は気に病むのでしょうね」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:05:00.150 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「……」

お嬢ちゃま「……あ、○○」

お嬢ちゃま「そんなに急いで、全力疾走は心臓に悪いですわよ……私なんて走ってないのに最近動悸がやばくて」

お嬢ちゃま「待ってなんかいません、今ちょうど来ました。いえ、さっき電話したの忘れてました。結構前に来てましたわよ私」

お嬢ちゃま「……○○」

お嬢ちゃま「私のことを殴ってくれません?」

お嬢ちゃま「私にイラっと来たらその度に殴ってくれたら色々ちょうどいいと思いますの、あ、駄目?」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:07:39.416 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「……私、○○の重荷でしょう?」

お嬢ちゃま「そんなことないって、そんなことありますわ。客観的に言ってそんなことあります」

お嬢ちゃま「そんなことを自覚しているのに、でも私は○○のために何もできませんの」

お嬢ちゃま「バイトだって、紹介してくれた○○の顔を現在進行形で泥塗ってますわ」

お嬢ちゃま「もういいんですのよ。私、生きるのに疲れました。自分がこんなにポンコツだと思っていませんでしたわ」

お嬢ちゃま「だから、○○、私のことはもう……」

お嬢ちゃま「……なんて、○○はそういってもききませんものね。どうしたらいいのでしょう?」

お嬢ちゃま「いやもう決まってますわ。うだうだ言っているうちに決意してしまいました」



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:09:34.314 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「○○、私、頑張ります」

お嬢ちゃま「掃除も家事も何もかもプロ級になってみせますわ」

お嬢ちゃま「私の○○を想う気持ちがそれをきっと可能にしてくれると思うのです」

お嬢ちゃま「だから○○、私を家政婦として雇ってくれませんか?」

お嬢ちゃま「今度は私があなたに仕えたいのです。私があなたの生活を支えます」

お嬢ちゃま「あなたが私にしてくれたように、私があなたを幸せにしてみたいのです」

お嬢ちゃま「今までバイトしてましたが、ぶっちゃけ全然身が入らないのです」

お嬢ちゃま「何で私が○○以外の見ず知らずの他人のために働かなきゃいけないのですか? くそくらえですの」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:10:53.873 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「お願いします! ○○! この通り! 土下座だってします!」

お嬢ちゃま「私は、まだ全然ダメなのですけども!」

お嬢ちゃま「でも私! ○○のためなら世界一にもなれますのおおおおおおお!」

お嬢ちゃま「はぁ……はぁ……」

お嬢ちゃま「……3年で、なりますの……」

お嬢ちゃま「……○○」



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:12:21.129 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「……はい。はい、気持ちは、嬉しいと」

お嬢ちゃま「でも家政婦はだめだと。正直いらないと」

お嬢ちゃま「……そうですか、はは……」

お嬢ちゃま「……でも嫁ならいいと。へえ、そうなんですの……え? マジで言ってますの?」

お嬢ちゃま「……結婚を前提にしたお付き合い」

お嬢ちゃま「え、でも、あれ?」

お嬢ちゃま「私ってDNAを残していい存在なんですの?」

お嬢ちゃま「まあ自分で言うのもなんですが、顔は良いですから、血統もいいですし、地頭もこれで教育されてきましたし、あれ?」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:14:29.126 ID:JPqCjuM00

お嬢ちゃま「え? 嫁ですか? ○○の?」

お嬢ちゃま「私メンヘラですよ?」

お嬢ちゃま「いいの? 本当に?」

お嬢ちゃま「……いや、私も、好きですけど」

お嬢ちゃま「は、はい……はい……」

お嬢ちゃま「……」

お嬢ちゃま「……」

お嬢ちゃま「よ、よろしく、お願いしま、す……」

お嬢ちゃま「わ、私、頑張り、ます」

お嬢ちゃま「私、私、私……頑張って……」

お嬢ちゃま「……」

お嬢ちゃま「……○○を、幸せにして、みせます」






物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「〇、〇は、私のこと、放っておきませんよね? ね?」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:37:43.576 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「だって、○○は、私のこと、すごく大事にしてくれたものね?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「幼少からずっと一緒だったものね? 私が我儘言っても嫌な顔しないで付き合ってくれて……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「ひ、酷いんですよ!? み、みんな、あなた以外の、みんな、態度が豹変して、みんな、私を、馬鹿にしてきて……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「あ、あなたはそんなことしませんよね? ね? だって、私、あなたのこと、一番信頼してて、あなたなら、大丈夫だって、私」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私、あなた、あなたまで、私を、見捨てたら、私、だ、誰を信じたら、私……」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:40:09.740 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……おつかれさまでした」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……ふぅ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……あ、○○ですか? 私です、あの、酷いんですよ? バイト先の店長、また私に無理言って」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「ええ、ええ。私、あんな重いもの持てないって言ってるのに、無理やり持たそうとしてきて!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……私、疎まれているんですわ。きっと。私にはわかります。私のこと好きな人なんて○○以外にいませんもの」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○、今会えますか? あ、会えますよね? なら会いましょう? 私、バイト中ずっと○○に会いたくて」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……あ、そ、そうなんですか。い、いえ! いいんですよ。考えてみれば、いきなり無茶な話ですもの」



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:43:31.955 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「ええ、ええ、気をつけて帰ります。ありがとう。ありがとう……私のことを気にしてくれる人はもう、○○しかいません」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「そんなことあります。私は誰にも好かれていませんから。私、身に染みて理解しましたから」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「はい、はい……ええ、また今度、ありがとうございます。はい、私、○○だけが本当に頼りで、はい、ええ、ではまた」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……ふう」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……あ、そういえば、○○の作ってくれたカレーがもう尽きてました」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……帰りにスーパー寄って、晩御飯を買わないと」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……ふう」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:45:50.188 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……さっきの電話うざくなかったかしら。しつこくなかったかしら。○○、うざがってないかしら」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「いえ、あれでうざいのなら、もうずっとうざがってますよね」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「バイト先でもうざがられるし、私、心底うざいのかもしれません……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「思えば小さいころから私は人に命令してばかりで……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「ああ不安になってきました。○○……○○……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「メッセージ送るのならいいですよね、もう今日で145通くらい送ってますが……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「いやもううざいですね。私本当にうざい。なんですか145通って。普通キレますわよ」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:47:44.413 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……○○は本当に私のことが好きなんでしょうか」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「こんなうざくて面倒で何もない人間の世話なんかして何か得られるものでもあるのでしょうか」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○は優しいですから、私のことを鬱陶しがっていてもきっと顔に出しませんよね」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○だけが私を裏切らなかったから私は今を生きていけています……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……でも私、○○に見捨てられたらどうなるのでしょう」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……○○……○○……メッセージを送らずにいられません。うぅ……はぁ……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「ああ……落ち着く……○○にメッセージを送っていると気分が晴れてきますわ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○……○○……うう……いけないのに……これ以上は犯罪レベルですわよ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「ああ……電話にしましょう。そうしましょう。私もう我慢できません。このままだと衝動的に自殺してしまいそう」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:50:28.586 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「あら、○○からかかってきました! ○○、○○! 私のこと見守っているんですね!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○! ……え? 何もありませんわ。はい? メッセージ? 30通? 闇を感じた? そんな大げさな」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……いえ、大袈裟なんかじゃありません。○○だけは私のことをわかってくれます。私もう自殺してしまいそうで」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「まあそれは言いすぎですけども。え? 今から? 会ってくれるんですか?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「でも○○用事があるのでは……キャンセル? それは悪いですわよ。会ってくれるのは嬉しいのですけども」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「大した用事じゃない? あら、いえ、大変うれしいです。これ以上嬉しいことは落ちぶれてからそうないですわよ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「でもやっぱり悪いですわよ。え? まあウソではありませんけども。ああ、はい。なら、お願いします」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……はい、はい。ありがとうございます。いつも○○だけが頼りですわ。ええ、では、はい……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「やったあ! ○○が会ってくれますわ!!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「じゃねえですわ!! 私クソうぜえですわ!! なんなの私!!」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:52:44.357 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……このままじゃいけませんわね。このままではメンヘラとかいうのになってしまいます」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○、きっと私のこと負担に思ってますわ。私徘徊してますの?ってレベルで○○を呼び出してしまってますもの」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「どうしたらいいの……○○、教えて○○……○○!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○ー!!」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:54:46.293 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「はあ、待ち合わせまで時間がありますわね」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「よっこらせ、あらいけない、庶民じみた言葉を」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「まあもう庶民でしかないのですけども」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「庶民の中でも貧乏人の域に達しているわけですけども」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「そのくせ生活能力が皆無でお先真っ暗なのが手に負えませんけども」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○にもう着きましたと連絡しましょう」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「メッセージ? いえ電話ですわ。○○の声を聞かないと心が耐えられません」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:56:14.421 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「あ、○○? 今着きましたわ。あらそうですか。電車の中、いえ、はい、そうですわね」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「すみません、電話なんかしてしまって、というか電車使わせてまで呼び出してしまってもう何と言ってよいのやら」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「はい、はい、ありがとうございます。私○○だけが頼りですわ。ええ、それでは」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「やっちまいましたわ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「やっちまいましたわー……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……はぁ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「へこみますわー……」



19:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 22:58:58.313 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……送信、送信、送信、送信、ああ、いけませんのに、こんなのいけませんのにぃ!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「体が勝手に動いちゃいますのぉ! 送信、送信、送信、送信……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「うう、このぉ、えい! はぁ……はぁ……思わず投げましたが壊れてませんわよね?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……ああ、よかった、壊れてませんわ。私、どうしてこうなのでしょうか……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「パチンカスの気持ちが今なら理解できますわ。○○がいないと心が死んでしまいますの」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○……○○……あら、○○から返信が、うふふ。○○ったら、うふふ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「ものっそい心配されてますわ。やべえですわ。違いますの、○○、これは違いますの!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「違い、ます、のっと、送信」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「送信、送信、送信、送信、送信ってバカですの?! つい癖で連打してしまいましたの!!」



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:01:01.468 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「こんなのメンヘラ指数高めですわよ。警察案件いってしまいますわ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「こんなのガチで嫌われます。○○じゃなかったら通報もんですわ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「ああ、うう、ああ……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「うああああああああああ!!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……なら、どうすればいいのでしょうか?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「どうしたら○○に迷惑をかけずに生きられるのでしょうか?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「料理も洗濯も掃除も身の回りのことすべてを○○に任せてしまっている私にいったい何が……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「別にやらせているのではありませんが、○○がやらないと私含めて誰もやらないものですから」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「お使いならできますが……使いに出すことをできませんのでぇ……子供の役しかできませんのでぇ!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「あら? 私もう死んだ方がいいのではないのでしょうか」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:03:22.511 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「正直私のことを見捨てた奴ら全員地獄に落ちればいいと思っていますが、嫌われるのにも理由はあるものですね」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私には○○しか残されていません」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「唯一残された○○を不幸にしてまで、私に生きる意味などあるのでしょうか?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○が幸せになることが、今の私に残された唯一の生きる意味ではないのでしょうか?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○が私を見捨てなかったあの日で、私は十分幸せになれたのではないのでしょうか?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……でも、私が死ぬと、きっと○○は気に病むのでしょうね」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:05:00.150 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……あ、○○」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「そんなに急いで、全力疾走は心臓に悪いですわよ……私なんて走ってないのに最近動悸がやばくて」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「待ってなんかいません、今ちょうど来ました。いえ、さっき電話したの忘れてました。結構前に来てましたわよ私」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……○○」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私のことを殴ってくれません?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私にイラっと来たらその度に殴ってくれたら色々ちょうどいいと思いますの、あ、駄目?」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:07:39.416 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……私、○○の重荷でしょう?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「そんなことないって、そんなことありますわ。客観的に言ってそんなことあります」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「そんなことを自覚しているのに、でも私は○○のために何もできませんの」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「バイトだって、紹介してくれた○○の顔を現在進行形で泥塗ってますわ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「もういいんですのよ。私、生きるのに疲れました。自分がこんなにポンコツだと思っていませんでしたわ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「だから、○○、私のことはもう……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……なんて、○○はそういってもききませんものね。どうしたらいいのでしょう?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「いやもう決まってますわ。うだうだ言っているうちに決意してしまいました」



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:09:34.314 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「○○、私、頑張ります」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「掃除も家事も何もかもプロ級になってみせますわ」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私の○○を想う気持ちがそれをきっと可能にしてくれると思うのです」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「だから○○、私を家政婦として雇ってくれませんか?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「今度は私があなたに仕えたいのです。私があなたの生活を支えます」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「あなたが私にしてくれたように、私があなたを幸せにしてみたいのです」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「今までバイトしてましたが、ぶっちゃけ全然身が入らないのです」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「何で私が○○以外の見ず知らずの他人のために働かなきゃいけないのですか? くそくらえですの」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:10:53.873 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「お願いします! ○○! この通り! 土下座だってします!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私は、まだ全然ダメなのですけども!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「でも私! ○○のためなら世界一にもなれますのおおおおおおお!」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「はぁ……はぁ……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……3年で、なりますの……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……○○」



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:12:21.129 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……はい。はい、気持ちは、嬉しいと」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「でも家政婦はだめだと。正直いらないと」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……そうですか、はは……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……でも嫁ならいいと。へえ、そうなんですの……え? マジで言ってますの?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……結婚を前提にしたお付き合い」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「え、でも、あれ?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私ってDNAを残していい存在なんですの?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「まあ自分で言うのもなんですが、顔は良いですから、血統もいいですし、地頭もこれで教育されてきましたし、あれ?」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:14:29.126 ID:JPqCjuM00

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「え? 嫁ですか? ○○の?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私メンヘラですよ?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「いいの? 本当に?」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……いや、私も、好きですけど」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「は、はい……はい……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「よ、よろしく、お願いしま、す……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「わ、私、頑張り、ます」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「私、私、私……頑張って……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……」

物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「……○○を、幸せにして、みせます」



29:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/01(日) 23:15:11.227 ID:JPqCjuM00

終わりです
今週が始まるぅ



元スレ
物凄い勢いで家が没落した元高貴なお嬢ちゃま「〇、〇は、私のこと、放っておきませんよね? ね?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1530452263/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 06:25
          • 名前短いと読みやすいわー
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 06:29
          • 大事な話だから2回載せました
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 06:33
          • 5 自覚ある系メンヘラが意外すぎるほどクソかわで負けた
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 06:44
          • お坊ちゃまと見間違えたわ。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 08:17
          • 自覚ありつつもメール止められないの可愛いわ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 08:20
          • 5 時々冷静になって自分にツッコミ入れるのほんと好き
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 08:31
          • 5 可愛かった
            やっちまいましたわー、ってセリフどっかで聞いたというか、そんな感じのキャラいたような気がするけど思い出せん…
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 09:07
          • 自覚ある系メンヘラ、これツイッターとか漫画描かれたらめっちゃ流行りそうやなってぐらい可愛い
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 10:17
          • いつの間にか前半に差分と隔離タグの改良されてておハーブ生えますわ
            ところどころ言葉の気品が下がるのが悲しい
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 10:21
          • 所々なんJのお嬢様部みたいな口の悪さ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 10:48
          • 思い出した
            アラクニドとキャタピラーのゴキだ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 11:38
          • あぁやっとおじさんの願いが通じたんだね…
            よかったよかった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 12:36
          • いつの間にか名前が長いでカテゴリ化されてて草
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 12:41
          • いいじゃない
            初めてこのカテゴリーでいいと思ったわ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 12:58
          • 名前が短くなった途端にこの手のひら返しよ。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 13:11
          • どこらへんが手の平返し?
            名前長いのが改善されてかなり読みやすくなったから、みんな話に注目してるだけだよ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 13:33
          • 名前が長いというカテゴリを生み出し、読みやすく名前を短くした管理人さんのファインプレー
            この人の話、内容は好きだったから本当に名前長いのだけが引っかかるポイントだった
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 13:33
          • スマホぶん投げるとこ好き
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 13:49
          • ※16
            手のひら返しではあるだろ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 15:06
          • なまえながいのなまえながくなくなってはじめてよみましたまる
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 15:17
          • もうどうよの時代は終わったな
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 16:28
          • ※19
            頭悪そう…
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 16:59
          • 人の書いたもん勝手に変えていいのか?
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 18:14
          • 5 うるせぇ!
            でもこういうの好き
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 19:17
          • くっそかわいい
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 20:39
          • 物凄い勢いで没落した人は終戦後に多くいましてよ。
            わたくしのおばあさまも兄弟姉妹全てに姉やが居て婆やが居て、学校への送り迎えも運転手が居て、別荘も有って海外留学も当たり前で・・・・戦争で全てが失われました。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月02日 22:38
          • 面白いけどどうよとは別にまとめて欲しい
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月03日 00:23
          • あっちのどうよの人はドMだからそんなすこじゃないけどこっちはすこ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月04日 13:46
          • なぜか櫻井桃華の声で再生された
            自覚ある系メンヘラ流行れ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月05日 17:51
          • ※29 理解るわ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ