TOP

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:38:09.889 ID:6AdvcSCD0

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……っち。不細工どもが、教科書にまで水をかけおって。なんと面倒な……」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「おまけに机の中はゴミだらけ。椅子もなければカバンもどこかに消えておる」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「豊かな現世に生まれ恵まれたと思ったが、その分愚民が愚民すぎるな」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……む。おい、○○じゃないか。ちょうどいい。手伝ってくれないか」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「何でって、お前、使用人の分際で口答えする気か? まあ前世の話だがな。はっはっは」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……なに? そういうことばかり言うからいじめられると? まあ、一理ある」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「だがまあ、本当のことなのだから仕方あるまい」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:40:55.025 ID:6AdvcSCD0

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「それより片づけを手伝ってくれるのかどうかはっきりせい」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……ふふふ、礼を言おう。前世を忘れてもなお、私に尽くすその忠義の心にな!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……お前私に向かって頭のおかしいなど、はっきりと物を言う奴だ。よい、許そう」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「味方のいない王族など、ただの捨てられた張りぼてに過ぎんからな」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……しかしお前、頭のおかしい奴の手伝いなど、どうしてする気になるのだ?」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「いや、別に撤回するわけじゃない。ないが、お前の思考が気になってな。私に与するとお前まで標的にされるだろう?」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……辛そうに見えたから? この、バカ者!! どうしてそうなる!!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「私が愚民のすることなど気にすると思うのか!? ただひたすら面倒なだけだわ!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「酷い侮辱だ……お前、どうする? どうやって私に償うのかと聞いているのだ」



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:41:37.478 ID:6AdvcSCD0

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「ん? 手伝うのをやめる? お前、それは斬新な発想だぞ。償うの意味を辞書で調べてこい」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「何? 辛くないのなら手伝う理由が無いだとお? お前、お前なあ!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……辛いが、口に出すのが悔しいだけだ」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……優しかった父様も母様もおらぬ。頼れる家臣も可愛い妹も誰もおらんようになった」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「新しい人生なのだから、当然だろうが……それにしても、こんな境遇に生まれるとは思わなんだ」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「両親もおらん。兄弟もおらん。意地悪な親戚に生殺与奪を握られておる。おまけに学校では不細工どもに突っかかられる」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「少し味方っぽいのがいたかと思えば、こんな意地悪を言われおる。ああ辛いのう。辛くてしかたないわ」



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:42:48.024 ID:6AdvcSCD0

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「お前、撫でるな! 気安く触れるでない! バカ者!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「なんだお前、手伝わないのならさっさとどこかへ行け!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……気が変わっただとう? お前ぇ……いい身分じゃないか……ええ?」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……ふん! 勝手にするが良い!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……手伝ってくれて! どうも、ありがとうございます! ふん!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「何を笑いおるか……この馬鹿め」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「ふふーん、そうだな。いつもの駅前で奢るのなら許してやろう」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「カカカ……誰が一つと言ったか。三つだ。三つ奢れば許してやろう」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「あん? 誰が太るか! 王族はどんなに食べようとも太ったりせんのだ!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「ああ、もう! 無駄口叩いていると時間が無くなるではないか!」

前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「さっさとこれを片付けて、遊びに行くぞ!」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:43:44.610 ID:6AdvcSCD0

ああ働きたくない
お金が天から降ってこないかなあ






前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:38:09.889 ID:6AdvcSCD0

いじめられっ子「……っち。不細工どもが、教科書にまで水をかけおって。なんと面倒な……」

いじめられっ子「おまけに机の中はゴミだらけ。椅子もなければカバンもどこかに消えておる」

いじめられっ子「豊かな現世に生まれ恵まれたと思ったが、その分愚民が愚民すぎるな」

いじめられっ子「……む。おい、○○じゃないか。ちょうどいい。手伝ってくれないか」

いじめられっ子「何でって、お前、使用人の分際で口答えする気か? まあ前世の話だがな。はっはっは」

いじめられっ子「……なに? そういうことばかり言うからいじめられると? まあ、一理ある」

いじめられっ子「だがまあ、本当のことなのだから仕方あるまい」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:40:55.025 ID:6AdvcSCD0

いじめられっ子「それより片づけを手伝ってくれるのかどうかはっきりせい」

いじめられっ子「……ふふふ、礼を言おう。前世を忘れてもなお、私に尽くすその忠義の心にな!」

いじめられっ子「……お前私に向かって頭のおかしいなど、はっきりと物を言う奴だ。よい、許そう」

いじめられっ子「味方のいない王族など、ただの捨てられた張りぼてに過ぎんからな」

いじめられっ子「……しかしお前、頭のおかしい奴の手伝いなど、どうしてする気になるのだ?」

いじめられっ子「いや、別に撤回するわけじゃない。ないが、お前の思考が気になってな。私に与するとお前まで標的にされるだろう?」

いじめられっ子「……辛そうに見えたから? この、バカ者!! どうしてそうなる!!」

いじめられっ子「私が愚民のすることなど気にすると思うのか!? ただひたすら面倒なだけだわ!」

いじめられっ子「酷い侮辱だ……お前、どうする? どうやって私に償うのかと聞いているのだ」



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:41:37.478 ID:6AdvcSCD0

いじめられっ子「ん? 手伝うのをやめる? お前、それは斬新な発想だぞ。償うの意味を辞書で調べてこい」

いじめられっ子「何? 辛くないのなら手伝う理由が無いだとお? お前、お前なあ!」

いじめられっ子「……」

いじめられっ子「……」

いじめられっ子「……辛いが、口に出すのが悔しいだけだ」

いじめられっ子「……優しかった父様も母様もおらぬ。頼れる家臣も可愛い妹も誰もおらんようになった」

いじめられっ子「新しい人生なのだから、当然だろうが……それにしても、こんな境遇に生まれるとは思わなんだ」

いじめられっ子「両親もおらん。兄弟もおらん。意地悪な親戚に生殺与奪を握られておる。おまけに学校では不細工どもに突っかかられる」

いじめられっ子「少し味方っぽいのがいたかと思えば、こんな意地悪を言われおる。ああ辛いのう。辛くてしかたないわ」



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 19:42:48.024 ID:6AdvcSCD0

いじめられっ子「お前、撫でるな! 気安く触れるでない! バカ者!」

いじめられっ子「なんだお前、手伝わないのならさっさとどこかへ行け!」

いじめられっ子「……気が変わっただとう? お前ぇ……いい身分じゃないか……ええ?」

いじめられっ子「……ふん! 勝手にするが良い!」

いじめられっ子「……手伝ってくれて! どうも、ありがとうございます! ふん!」

いじめられっ子「何を笑いおるか……この馬鹿め」

いじめられっ子「ふふーん、そうだな。いつもの駅前で奢るのなら許してやろう」

いじめられっ子「カカカ……誰が一つと言ったか。三つだ。三つ奢れば許してやろう」

いじめられっ子「あん? 誰が太るか! 王族はどんなに食べようとも太ったりせんのだ!」

いじめられっ子「ああ、もう! 無駄口叩いていると時間が無くなるではないか!」

いじめられっ子「さっさとこれを片付けて、遊びに行くぞ!」



元スレ
前世は王族だったいじめられっ子ちゃん「……」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1529836689/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (7)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月25日 23:15
          • 前々全然前世から思った~
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月25日 23:19
          • 近頃、盛りすぎキャラ増えてきたか…?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月26日 00:47
          • 寿限無みたいな感じにしようとして滑った感じ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月26日 08:27
          • 前世がクセルクセス(300版)とかレオニダス(300版)とかもやろうぜ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月26日 09:03
          • 短いけど長えよ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月26日 18:35
          • かわゆ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月26日 18:36
          • 名前の長さと本文の長さ逆転させろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • お嬢様「日曜日ですし>>4しますわ!」
        • お嬢様「日曜日ですし>>4しますわ!」
        • 【モバマス】速水奏「お父さんあっ」
        • 【モバマス】速水奏「お父さんあっ」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 妹「ねぇー、なんで兄ちゃんのゴミ箱ティッシュだらけなのー」 俺「ーは?何でもねーよ」
        • 白菊ほたる「運命の輪」 【ウルトラマンジード×シンデレラガールズ】
        • 彡(゚)(゚)「やきう応援もできるし、女子たくさんおるから吹奏楽部入ったろ!」
        • 【バンドリ】白鷺千聖「フィクション」
        • 女騎士「くっ、すぐに殺せ!」敵「え?くすぐり殺せ?」
        • 後輩(実は淫魔♀)「せんぱぁい……魔物の巣に入り込むなんて食べられに来てるような物ですよぉ……♥」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ