TOP

神様まみれの村

1: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:41:05.95 ID:qFXEoNRp0

・オリジナルで書いてみました
・みじかいです



2: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:42:21.50 ID:qFXEoNRp0

旅人がその村に着いたのは、ちょうど夕暮れがぼうっと地平線へ隠れる頃だった。

夜になる前に辿り着けたのはまったく幸運なことだった。

「もし」

旅人は、ちょうど目に入った村人に声をかけた。彼は柔和な笑みをうかべて、旅人を見つめた。

「旅の方ですか」

「ええ、先ほどこちらの村に着きました」

「日が暮れる前でよかったですね。このあたりの荒野は狼も出ますから」

「ええ、まったくです」



3: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:44:12.56 ID:qFXEoNRp0

旅人は、村人の様子がおだかやなことに安堵した。

そして、言った。

「実は、今晩泊まる場所がないのですが」

「それはたいへんですね」

「ええ、まったくです。なのでその、よろしければあなたの家に泊まらせていただけないでしょうか。もちろん、相応のお礼はさせていただきます」

旅人は真新しい銅貨3枚を取り出して、村人に見せた。行商人との取引がうまくいって、今はやや懐があたたかい。

村人はその銅貨をまぶしそうにながめて、返事をした。

「少々せまいですが、うちでよければ……」

「ありがとうございます」

旅人は村人に銅貨をわたそうとした。しかし、相手はそれをさえぎった。



4: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:44:50.89 ID:qFXEoNRp0

「そのお金は、“いま”私が受け取るわけにはいきません」

「いま?」

旅人は不思議に思った。いままでの村では、金銭を先に先にとせがまれることが多かった。

「私に家に神様がいるので、その銅貨は神様に供えてください」

「なるほど」

旅人は納得した。金がほしいことにちがいはないが、この村では、金銭欲を信仰心というブーケで隠しているのだ。

家は枯れた木の匂いがする、小さな小屋だった。

奥にかまどがあり、その手前にすすけた机と椅子。

その机の左には寝台がある。

「神様はどちらに?」

旅人はたずねた。石像や絵、小さな祭壇などがあるのかと思ったが、見当が外れた。



5: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:45:36.98 ID:qFXEoNRp0

「こちらが私の家で一番えらい神様です」

村人はかまどを指さした。目をこらすと、灰の中にいくつか、きらりと光るものがあった。

なるほど、そういう信仰もあるのかと旅人はかまどに銅貨をなげこんだ。

出すものは出した。旅人は椅子の背もたれに手をかけた。

「すわってもいいでしょうか」

「かまいませんが、その前にお供えをおねがいします」

旅人は顔をしかめた。かまどには今しがた銅貨をなげ入れたではないか。

「かまどには……」

「ええ。かまど様は一番にえらい神様ですが、その椅子もこの家では四番目にえらい神様なんですよ」

旅人は閉口した。それは彼が一神教の信徒だからではなくて、端的に自分がタチの悪い村に来てしまったことに気づいたからだった。



6: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:46:28.36 ID:qFXEoNRp0

旅人は無言で椅子に銅貨をのせ、その上にどっかりと腰をかけた。

村人によれば少なくともあと2人の神様がここにおわすらしい。

「いまから食事をつくるのですが、旅人さんを召し上がりますか。

 ああ、食器にはお供えはいりません。ただの食器ですから」

村人の言葉に、旅人はしずかにうなずいた。

しばらくして。

出された食事はキャベツと干し肉が入ったスープだった。

せいぜい銅貨1枚分の価値はあるか、と旅人は机にひじをつきながら思った。

そこで旅人は、しまったという顔をした。椅子が神様なら……。




7: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:47:59.26 ID:qFXEoNRp0

「その机は」

村人の言葉を待たずに、旅人は銅貨一枚を机の上に、わざと大きな音を立てて供えた。

「失礼、信仰心が暴走することってありますよね」

「いいんですよ。神様は寛大でいらっしゃいますから」

村人はにっこりと笑って、皿にスープを注いだ。

食事を終えると、旅人は寝台からできる限りはなれた床に腰をおろした。

旅人の見立てでは、寝台が二番目くらいの神様だった。

「旅人さん、よろしければ寝台をつかってください」

「いえ、私は固くてつめたい床でかまいませんよ。神様の上で寝そべるなんて大それた真似はできませんから」




8: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:48:43.82 ID:qFXEoNRp0


村人はじっと目を細めた。

「私だって神様の上に寝そべることはできません。この寝台はただの寝台です」

「そうなんですか」

それならば、と旅人は寝台に横たわった。寝台の上には毛布がおいてあり、ふかふかとあたたかかった。これならぐっすり眠れそうだ。

その様子を見た村人が言った。

「ところで、旅人さん。

 神様を身体にまとうって、とても神秘的な気持ちになりませんか」

旅人は皮袋を引き千切らんばかりの勢いで、毛布に銅貨をちりばめた。



9: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:49:25.42 ID:qFXEoNRp0

翌朝毛布をじゃらじゃら言わせながら目をさますと、村人はかまどで鍋の様子を見ていた。。

旅人はその様子を注意深く見守った。

お供えは1日に一度、と言い出されたらどうしよう。

旅人は昨晩だけでかなりの散財をしていた。これ以上出すと、旅をつづけるのが難しくなりそうだった。

「おはようございます、旅人さん。良い夢は見られましたか」

「ええ、まったく。おかげさまで、二度と目を覚ましたくなくなるような、そんな朝ですね」

旅人は寝台からまったく動かないで言った。



10: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:50:06.93 ID:qFXEoNRp0


「食事のご用意ができていますので、どうぞこちらに」

村人がそう言っても、旅人は動かなかった。

「神様と過ごした夜の余韻を、スープと一緒に味わいたいのですが、かまいませんか」

「かまいませんよ」

村人は昨晩の残りを温め直したスープに、パンをやや乱暴に千切って入れて、旅人に差し出した。

その様子を見て、旅人はしてやったりという気持ちになった。




11: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:50:39.25 ID:qFXEoNRp0

「失礼、スプーンをいただけますかな」

旅人は、優雅な口調で言った。

「かまいませんよ」

村人はスプーンを差し出した。

そして、それを旅人が受け取ったあとに、してやったりという顔で告げた。

「さきほど、そのスプーンが神格化したのですが」

旅人はスプーンを取り落とした。



12: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/06/15(金) 01:51:08.30 ID:qFXEoNRp0

おわり



元スレ
神様まみれの村
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528994465/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (13)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 04:58
          • 神・旅人「さきほど、私は神格化したのですが」

            村人「へ、へへ~」土下座つ今までの硬貨を供えて返す

            めでたしめでたし
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 07:44
          • 旅人の皮肉にもめげない拝金主義者の鏡
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 08:43
          • さて?どんな神でしょう?「火の神」は分かるけど食器とかは分からないな・・・。(自然神は世界各地に点在するけどな)
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 09:55
          • こうやって稼いでいるんだな
            悪どい村人だ
            ってか旅人アホ過ぎ流石に気づくやろ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 10:02
          • >>「いまから食事をつくるのですが、旅人さんを召し上がりますか。
            いきなり食人とはたまげたなぁ…
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 10:06
          • 土方姿のままお供えして、神まみれでやろうや
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 10:17
          • この前久しぶりに地元の神社行ったら社と賽銭箱めっちゃ増えてて草生えた
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 12:49
          • 賽銭箱に小銭をつうずるっこむと我慢できなくなったご利益がドバーッと溢れ出すんや
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 12:51
          • やったぜ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 19:45
          • まぁうちの国にもトイレの神様(某歌だとそれはそれは綺麗な女神様言われてたが、実際にはいかついおっさんが奉られてるようだ)居るしな。10月だっけ?他の県が神無月の月には出雲は八百万の神々が集まるから神有月言うらしいし。
            まぁあれだ、とりあえず太陽神たるファラオを崇めよ!
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月16日 12:07
          • ※10
            日本の太陽神は天照だ、阿呆。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月16日 22:37
          • イクナートン
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月03日 07:07
          • ブーケじゃなくてベールやないかな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 北沢志保「なかったことにしてください」
        • 北沢志保「なかったことにしてください」
        • 彡(゚)(゚)「パスワード設定するで!うんこ…っと」
        • 彡(゚)(゚)「パスワード設定するで!うんこ…っと」
        • 【となりの吸血鬼さん】忍「あの後ろ姿は……」
        • 妹「働けよクソニート」俺「>>4(お前が働くんなら働くよ)」
        • 幼女幽霊「呪いが勝つのか、幽霊が勝つのか実験だよ実験!!」DQN幽霊「!?」
        • 荒木比奈のジュブナイル
        • 【艦これ】艦娘で学ぶ例のあの現象
        • 【バンドリ安価】戸山香澄「たられば」
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ