TOP

【モバマス】渋谷凛「ふーん、アンタが私のプロデューサー?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:07:32.58 ID:I88sbQdx0

「ふーん、アンタが私のプロデューサー?」

そんなのが、彼女の第一声だった。

「冴えないだろ?」

と肩をすくめてやったら

「まあ、悪くないかな」

なんて答えが返って来た。
悪くないらしい。多分喜ぶべきことだったのだろう。少なくとも、良くないかなと言われるよりはずっと。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:10:59.58 ID:I88sbQdx0

アイドルマスターシンデレラガールズの渋谷凛のSSです。

モバマスの世界線を参考にしていますが、オリジナル設定です。

オリジナル設定は消化不良で終わるかもしれません。

地の文あり。

拙いところもあると思いますが、宜しくお願いします。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:13:44.76 ID:I88sbQdx0

聞いたところによるとプロデューサーは大学生らしかった。いわゆるアルバイト。
正直どうなんだろうって思うところはあったけど、まだどんな人かも分かってないのに否定するのもいけないな、って考えて、出て来たのが

「まあ、悪くないかな」

…言ってすぐに後悔した。
取り繕うみたいに

「私は渋谷凛。よろしくね」

なんて言ってみたけど、プロデューサーはどう思ってたんだろう。もう一回会えたら、恥ずかしい過去を掘り起こしたくない気もするけど、やっぱり訊いてみたい。

「まだ事務所も小さいし、プロデューサーって言ってもやることはマネージャーに近くなる。つまり、渋谷の世話係だな」

プロデューサーは自分の仕事を、そう説明してくれた。

「あとは、多少は営業で仕事を取って来たりな」

「…それだけ?」

「だから暇なら誰でも出来る。そうじゃなきゃ大学生なんて雇われない」

「ふーん」

そんなもんか、と納得したような、しないようなで私は頷いた覚えがある。今考えれば、いろいろおかしいところはあったんだけど。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:15:51.19 ID:I88sbQdx0

振り返ると、凛もよくあんな説明で納得したな、と思う。あるいは別に納得はしていたわけではないのかもしれないが。

「暇なら誰でも出来る」マネージャーにマネジメントされることは不安じゃなかったんだろうか。そうだとすれば、やはり凛は強い子だ。

「プロデューサーさんは免許を持っていないので、送り迎えは私がするか、あとはタクシーを使ってもらうことになります」

ちひろさんは俺の話を継ぐようにそう付け足した。ここでさすがに凛も少し怪訝そうな顔をしたが、しかし彼女は

「分かった」

と答えた。
そうして、凛と俺との関係は始まった。

仕事は初めのうちはやはり少なかったけれど、特に摩擦が起こるようなことはなかった。
それもそのはずだ。免許も特殊な技能も経験もない初対面の大学生を信頼してくれるような、優しくて大胆な子なのだ。
俺もそれなりには気を使って接するわけで、揉めごとなんて起きるはずはなかった。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:20:41.92 ID:I88sbQdx0

私とプロデューサーの関係性はほとんど問題なかったけど、一度だけ、私は彼に噛み付いたことがある。私の最初の仕事、というか最初の仕事の前の準備として、宣材写真を撮ったとき。
なかなか笑顔が作れなくて行き詰まった私がスタジオの外に出ると、プロデューサーが1人で煙草を吹かしてたんだ。
なんだか、私が頑張ってるのにプロデューサーは真剣じゃないみたいで、気づいたらすごく怒った声になってた。

「プロデューサー、何してるの?」

「ん。待ってた」

「…何を?」

「渋谷の撮影が終わるのを」

「なんで?」

「何が」

「なんでそんな風なの?私の撮影に、興味ないの…?」

このとき、多分私、少し泣いてたんだろうな。撮影の不安とプロデューサーへの不信が混ざって。私の顔を見た彼はハッとした表情をしてた。

それで、プロデューサーは静かに煙を吐き出してから、はぐらかすのはヤメだ、とでも言うみたいに首を軽く振って、私の方を見て言った。

「まあ、正直、今回はないよ。興味は」

って。
それから、私が何か口にする前に

「渋谷が真剣に悩んでるから俺も真剣に答えるけどな。俺は、事務所で撮ってあった制服のやつが一番魅力的だと思うから」

って続けた。

「だから今日は渋谷が満足するまでやったら帰ろうと思ってた。それで、良いのが撮れなかったってちひろさんには説明しようと」

「適当なこと言わないでよ」

「適当じゃない。気持ち悪いとは思うけど」

そう言いながらプロデューサーは私にスマートフォンを投げてよこした。ロック画面は仏頂面で制服を着た私だった。

「…普通に気持ち悪いかな、これは」

「だろうな。バレたから変えるよ」

私は頷いた。頷いたとき、もう自分が怒ってないことに気づいた。
そのあと私は何のつもりか、試しに、ロックキーに私の誕生日を打ち込んでみた。それもしたり顔で。

「何してるんだ?」

「別に。…これ、返すよ」

もちろんロックはあかなくて、あれは結構恥ずかしかったな。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:25:35.98 ID:I88sbQdx0

そういえば凛を一回だけ泣かせたことがあった。
その時になりゆきで凛にスマートフォンを渡したのだけれど、何を思ったか彼女は0810とロック画面をタップしだしたのを鮮明に覚えている。八月十日は凛の誕生日だ。それが正解じゃないと気づいた彼女の恥ずかしそうな表情もなかなかのものだったが、俺も内心は穏やかじゃなかった。
本当の暗証番号は0401。
俺と凛が出会った日付だ。
また

「普通に気持ち悪いかな」

なんて言われそうだが、一度決めてしまうと変えるのも面倒で、今でも俺のたいていの持ち物はその四桁であけられる。

…そういえば誕生日と言えば、凛は俺の誕生日にわざわざプレゼントをくれた。

「別に、大したものじゃないよ」

そう言っていたけれど、随分洒落たブレスレットが蒼い箱に入ったそれは、俺にとってはかなり大したものだった。

「ありがとう」

「いつも助けられてるからさ」

なんてやりとりをしたのも、彼女らしく言えば、「悪くな」かったと思う。
ブレスレットのデザインが少しレディースライクなのは、彼女自身が欲しかったものを選んでくれたからだろう。
不器用で、優しい凛らしい。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:29:10.02 ID:I88sbQdx0

先に私がプレゼントを渡したからかもしれないけど、プロデューサーはちゃんと私の誕生日を覚えてて、お祝いもしてくれた。
まあ正直しばらく夏休みでお仕事もレッスンもなかったのに、八月の十日だけ事務所に行くことになってたから、ちょっと期待してはいたんだけど。

事務所に着くと、いつも2人で喋るときに使うソファの前の安っぽいテーブルに、どうみても安っぽくはない、それどころかかなり良いものって感じのするケーキが置いてあって、プロデューサーはなんでもない風に

「誕生日おめでとう」

なんて言った。
私はお礼を言ってからそれを食べたけど、何だか1人で食べてるのを見られてるのも心地悪くて

「プロデューサーも一口いる?」

なんてたずねたんだ。あれは失敗だったな。
何も気にならないみたいに、プロデューサーは

「いいのか?」

ってだけ言って、私が差し出したフォークで、そう、確かに私が差し出したんだけど、一口ケーキを口にした。それから顔色ひとつ変えずに

「うん、美味しい。良い店のだから美味しいはずだとは思ったけど、良かった」

とか言ってた気がする。
私は別に変にプロデューサーのことを意識してたわけじゃなかったし、間接キスとかそういうのに無頓着な方だったと思うんだけど、なんか1人で悶々としてた。

そして、食べ終わってしばらくして、プロデューサーは

「帰るか?」

って急に訊いてきた。

「夜は家族といたいかと思ってさ」

私は毎年誕生日は両親とハナコと過ごしてたから、たしか、特に躊躇うこともなく頷いたはずだ。
今思えば、あの年くらい、プロデューサーと誕生日の夜を過ごしても良かったかもしれない。

「じゃあ、改めてハッピーバースデイ」

そう言って私の家の前で首にシルバーのネックレスをかけてくれたプロデューサーは、そのまま車に乗って去っていった。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:36:44.58 ID:I88sbQdx0

俺はプロデューサーをやってた時期も、だいたいにおいて暇だった。その前はもっと暇だったけれど、いろいろあってCGプロの社長に拾われたわけで、少しは忙しくなるんじゃないかと入社時は思っていたのだが。
兎に角そういうことで、時間に余裕のあった俺は春学期のうちに免許も取り終えたし、学業の方も単位だとかそういうレベルの話でよければほぼ完璧にこなしていた。

そこに変化がおとずれた。8月から9月にかけて、大学の夏期休暇に差し掛かったのである。

休みの間はさらに暇で、特に9月は世間の休みは終わりでアイドルの仕事が少し減る、とりわけ凛のような売り込み中のアイドルはイベントが減ると仕事も大きく減る、そういう月なのに俺だけ学校もないものだから、腐るほど空き時間が生まれた。
だから俺は今まで免除されてきた事務や、本格的な営業にも手を伸ばすことにした。
有り体に言えば暇を持て余したのだ。

「でもプロデューサーさんは飲み込みが早いですね。このままじゃ私のやることがなくなっちゃいそうですよ」

ちひろさんはそう笑ってくれたが、勿論お世辞なのは分かっていた。彼女はそんな風に喋りながらも、俺の5倍は速いペースで事務をこなしていたのだから。

「あはは…うーん、でも本当に、特に営業方面は、才能あると思いますけどねぇ」

戯れにお世辞でしょうと指摘すると、そう答えてちひろさんは優しげな顔をした。それは、嘘ではなかったかもしれない。
俺は営業を始めて二週間である作曲家に気に入られ、次の週には凛の専用曲が作られることになったのだから。
加えてライブシアターでも評判はまずまずだったようで、その次の週のうちには合同ライブのトリ手前で新曲発売の機会が設けられることになった。
俺が関わり出した頃に一気に凛の活動に進展があったのは九割がた偶然だろうが、ともかく、そこから彼女は一気に前に進み出した。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:48:50.12 ID:I88sbQdx0

凛はもともと芯の強い子だった。というだけでは正確ではなく、というのもそれなりに表面も強い子ではあったわけだが、それでも初ライブまではやはりどこか危うさのようなものも感じられていた。
それが、あの日以降、ほとんど克服されてしまったようだった。
ラジオの収録をすれば危なげなく、ときに可愛く。CMでは求められた以上のクールさと美しさを見せ。ドラマにもわりあい出番の多い脇役で出られるようになっていった。

そもそも例のライブも本人が納得していなかっただけで、クオリティは初ライブにあるまじき高さだったのだ。
つまり客観的に言えば凛は、1つの失敗もなくとんでもないスピードでアイドル人生を駆け抜けていたわけだ。

トップアイドルにはまだ遠い。けれど明らかにそこに至る力と速度を彼女は持っていた。

「天賦の才だな」

秋空を見上げ、事務所の屋上で花粉に花をこすりながら、俺はそう独りごちた。

そうした折だった。
俺は解雇されることになった。

「すぐにというわけじゃないんですが」

とちひろさんは言いづらそうに顔を俯けながら付け足してくれた。
彼女のせいじゃない。むしろクビの宣告という嫌な役回りをやらせてしまって申し訳ないなと俺は思った。

「必然といえば必然です」

そう、正直に言った。
凛には才能がある。俺にはない。良いタッグではないに違いなかった。
社長としても妥当な判断をしたにすぎない。

「むしろあんなだった俺を一年でも拾ってくれただけで、あの方には感謝してます」

「すみません」

俺の言葉にちひろさんは誤ったが、それは慰めの嘘をつけない代わりの謝罪のようだった。

「…分かってました。確かにこのあたりが俺の限界でしょう」

春まで俺を置いておいてくれる。それだけでも社長の優しさがなければあり得なかった話だったろう。
クリスマスも年越しも凛と過ごせる。それで、十分すぎると思えた。

後任には本職の優秀な人がつくことになり、島村と本田という2人のアイドルもそれに合わせて合流すると聞いた。

今のニュージェネレーションはそうやって結成された。俺は凛以外の2人には何度か挨拶をしたことくらいしかない。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:52:50.96 ID:I88sbQdx0

人生で一番ふざけた時がいつかって訊かれても、答えるのは難しいと思う。別に、そんなに優等生な態度でばっかり生きて来たわけじゃないし、あのときはふざけてたなぁ、なんて思い出はたくさんある。
でも人生で一番「まじめにふざけた」ときはっていう質問なら、それはすごく簡単。

「ハッピーハロウィン」

そう言って仮装までしながらプロデューサーに飛びかかった、あの年のハロウィンに違いない。
真剣に準備して、本格的なコスプレもちひろさんに習って、得られたのはよく分からない小洒落たキャンディ一つだった。

「これでいいか?」

なんて笑いながらプロデューサーはその飴を私に手渡して、それから保護者が子供を見るみたいな目で

「別に、悪戯もしていいよ」

なんて言ったんだ。
私は

「別にいい」

ってそっぽを向いた。だけど結局我慢できなくて、用意してた仕掛けをあれやこれやってプロデューサーにぶつけたら、プロデューサーはやっぱりちょっと癪に触る優しい目をするばっかりだった。

もうその頃には私は、プロデューサーが事務所を辞めるのを知ってたし、ゴネてどうにかなるような話じゃないんだろうな、って悟ってた。
プロデューサーもあんまり多くは語らなくて、でも

「ここにいる間は全力でやるから、頑張ろう」

って言ってくれた。だから私は余計なことを考えるのはやめて、少し感傷を取っておくことにした。
まあ、ただの先延ばしだけどね。

でもそれで良かったと思ってる。
おかげでアイドルに集中できたし、その頃から一緒に練習することが増えた卯月や未央とも打ち解けられたから。
もしプロデューサーとのお別ればっかり考えて過ごしてたら、きっと初対面の未央たちに暗い奴だって思われてたんじゃないかな。

…2人?今でも友達だよ、もちろん。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:56:05.05 ID:I88sbQdx0

凛は俺が想像してた中で、最も理想的な反応をしてくれた。
悲しんでくれて、でも変にマイナスの感情を膨らまさない。凄い子だ。

ただそれでも何もかもいつも通りという訳にも、さすがにいかなかった。例えば、凡ゆる一年に一度の行事、つまりハロウィンやクリスマス、正月といったもののたびに、これが最初で最後だな、などと考えてしまう。それはどうしようもないことだと、俺たちは割り切るようにしていた。
そして、感傷までも楽しむみたいに、笑いあった。

大学の方は秋学期も恙無く終わり、プロデュースに重心を置き始めたせいもあって6個だか8個だか単位を落としはしたが、とりあえず次の学年への進級はほぼ確実になっていた。

クリスマスは当日に凛と島村さんと本田さんの単独ライブが小劇場であって、そうしてニュージェネレーションが世間に姿をあらわした。合同曲は一番実績のあった本田さんのプロデューサーが担当したから、俺は専ら凛ばかり相手にしていたが。

…それから、簡単な打ち上げのあと事務所の近くのレストランで深夜のディナーを食べて、俺と凛はプレゼントを交換しあった。

「家族とじゃなくて良かったのか?」

「イヴがそうだったから」

と言ってから凛は、

「でも普通逆かもね」

と呟いた。

「逆?」

「クリスマスが家族と過ごす日で、イヴは…」

そこまで言って凛は止まった。
イヴは恋人と、と続けようとしたのが、口の形で分かった気がして、俺のもどかしいような、焦がれるような、そんな感覚に支配された。

別にそんな決まりはないだろ、とか、クリスマスっていうのは24日の日が暮れたらそうだんだよ、とか、意味のないことをまくしたてた記憶がある。



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 02:15:17.37 ID:eWOyioU/O

私とプロデューサーの最後のはっきりした思い出は、お別れの日以外だと、初詣になるんだと思う。

特に何かあったわけじゃなくて、事務所から少し離れた神社にお詣りに行って、屋台ではしゃいで、御神籤を引いて。それだけの、ありがちな半日。でもその時のことはものすごく鮮明に覚えてて、それはプロデューサーが射的がやたらうまかったからとか、焼きそばがおいしかったからとか、多分そういうことではない。
上手く言えないけど、上手くいうつもりもないし、ただ、私の人生の中で特別に大切な日のひとつなんだろうなって思う。

その日からはまた春のライブに向けてレッスン漬けで、プロデューサーとはたまに帰りにカフェによるくらいになった。そのカフェでも追い込みのせいで甘いものがあんまり食べられない私に合わせてプロデューサーもなぜかお菓子を控えてたから、黙々と紅茶を飲むばっかりだった。2人ともケーキとか好きなのにね。

…そうやって流れるみたいに時間が過ぎて、気づくとライブ当日で、その日のパフォーマンスは自分でもびっくりするくらい上手く行ったんだけど、そのままプロデューサーとさよならする時が来た。

「ライブお疲れ様」

なんて10分前には何でもない顔で言ってたくせに、最後はほとんど泣きそうな顔で

「明日から別のプロデューサーが来る。頑張れよ」

とか言う彼を、私は何も言えずに抱き寄せた。

プロデューサーはふいに、

「…なあ。昨日、泣かなかったのって、凛だろ?」

と言った。

「え?」

「俺が暇でよく喋ってたからだと思うんだけど、ちひろさんとか、他の事務員さんとか用務員さんとかにも結構気に入ってもらえてたみたいでさ。社長が、昨日俺が帰ったあと、事務所のメンバーは1人以外みんな泣いてた、って」

「その1人、私だとおもうんだ?」

「もう泣かないって言ってたからな。渋谷はそういうの、無理して守ろうとする」

私は頷いた。



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 02:17:06.85 ID:eWOyioU/O

頷いてから、私はずっと考えてたことを口にした。

「私、プロデューサーのこと、結局よく知らない。どうして社長に見つけられたのか、どうしてここに来たのか。だけどそれでも良いって思ってたんだ」

「ああ」

「言葉じゃ表せない安心感とか、信頼感があって、たった一年一緒にいただけなのに、プロデューサーになら何でも話せる気がして」

「それは、嬉しいな」

「もっと、いろんなこと、きいとけば良かったかも。そしたら」

プロデューサーが、その言葉を遮って、優しい声で言った。

「いや。もし凛が……」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 02:22:04.00 ID:eWOyioU/O

ある雨の日、俺はシガーバーにいた。凛のプロデューサーをやめてから、だいぶ後だ。

そのシガーバーには通い慣れていたし、在学中に資格試験に通らなかった俺は大学院に行くことになっていたから就職活動なんかもなくて、そのときの俺はとにかく壁際でだらけていたはずだ。油断していたんだ。

「いや。もし凛が俺のことを覚えていてくれるなら、それだけで俺は嬉しい」

俺が別れ際にそういうと、凛は目に涙を溜めながらもう一度頷いてくれた。俺のことを抱き締めていてくれたはずの彼女の腕からは力が抜けて、ほとんどずり落ちていた。

「凛、って呼んで」

彼女は俯いてそう言った。
断る理由はなかったから、俺は

「分かった」

と答えた。それから、なるべく感情を溢れさせないように気をつけながら

「じゃあな、凛」

なんて格好つけた別れの台詞を吐いた。
凛が俺にしがみつく腕にまた少し力が入って、そのまま彼女は

「約束、破るね」

とだけ言った。そう言ったきり何も喋らなくなり、肩を震わせて泣きじゃくった。
たった一年過ごしただけでこんなに泣いてくれる。俺はそのことだけでその時まで感じたことのない不思議な充足感を覚えていた。

「凛は、約束、守るタイプだと思ってたんだけどな」

「何でそう思ったの?」

「勘」

「なら勘違いだったね」

20分もしないうちに凛は涙を拭い終えて、無理か笑顔を見せてくれた。

「プロデューサーは?」

「ん?」

「約束、守れる人?」

「…どうだろうな。どんな約束でも、守りたいとは思うけど」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 02:22:52.57 ID:eWOyioU/O

油断しながら俺は煙を燻らせていた。その美しくない油断を、二階から見下ろす窓の外、艶のある黒髪が貫いた。
テーブルにコートも鞄も置いたまま、気付くと俺は店を出て階段を駆け下りていた。

「じゃあ、約束。もし私を街で見かけたら、必ず声をかけてよ。ゴシップもなんにも、気にしないでいいから」

「分かった」

「次会う日を決めたりするより偶然の再会があるかもって思って毎日過ごしたいからさ」

俺はそう約束した元担当アイドルの渋谷凛の背中に、少し上ずった調子で声をかけた。

振り向いた凛は驚いた顔をしてから、にっこりと笑ってくれた。

その日以来、まだ俺は彼女には会っていない。



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 02:27:02.63 ID:eWOyioU/O

以上です。

途中でうまく書き込めなくなり、いろいろ試したのでご迷惑をおかけしました。
IDが変わったのはWi-Fiをつけたり消したりしたため、またsageが混ざったのも、失敗ばかりで上げ続けるのも悪いかと考えたためです。結果としてはおそらく行数制限だったようで、最後の二投稿をそれぞれ二分したら解決しました。

以後気をつけます。

ありがとうございました。



元スレ
渋谷凛「ふーん、アンタが私のプロデューサー?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528387652/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 03:21
          • >>そう言いながらプロデューサーは私にスマー トフォンを投げてよこした。ロック画面は仏頂面で制服を着た私だった。
            >>そのあと私は何のつもりか、試しに、ロックキーに私の誕生日を打ち込んでみた。それもしたり顔で。

            フフッ似た者同士じゃないか蒼歴史を作っておるわい(ほのぼの)
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 04:07
          • バイトにアイドル任せる事務所はやめておいた方が(小声
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 05:00
          • 今なんかやってるの?小説…なんかすごいガッチリ(した文章)してるよね
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 05:00
          • 何だろう、モバマス初期の頃を思い出させる懐かしい空気のSSだった
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 05:50
          • やはり凛はド正統派だわ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 06:33
          • 大学生でアルバイトという時点で読むのを止めた
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 07:00
          • いやライブ会場で普通に会えるじゃんバカかよ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 07:06
          • ※7
            君は文脈読めないって言われない?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 07:41
          • 大学生、、あっ…(察し)ふーん
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 08:04
          • 5 ちょっと切ない感じがいいね
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 08:35
          • ぶやりん
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 09:07
          • 感傷的になっちゃう、ヤバいヤバい
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 10:37
          • 最後の方、呼称ミスってるな。凛呼び頼まれるまで渋谷で統一しないと変。まあ、本人がふだん凛呼びだから間違えたんだろね。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 10:46
          • 芸能人のプロデューサーのバイトなんてあるのか……?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 11:14
          • 大学生のバイトって
            スーパーハチマン以下だな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 21:29
          • 流石にプロデューサーのバイトはねえわ。
            こいつ、プロデューサーを付き人とかマネージャーとでも思ってるのかね?
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月08日 22:05
          • プロデューサーのバイト?
            書いたやつは世間知らずの馬鹿ガキかなんかだな
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月09日 03:39
          • いい!
            忘れ難きほろ苦い青春の初恋の想い出って奴だね
            ハッピーエンドもいけど、たまにはこういうビターな話があってもいいよね
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月09日 05:17
          • オリジナル設定→ほーん
            地の文→別にいんじゃね?
            拙い→頑張ってな!

            Pが大学生バイト→????????
            いくらなんでもねーわ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月09日 06:42
          • 1 バイトPwwwwwww
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月09日 09:19
          • ※14
            一応調べてみたけど、芸能プロデューサーのバイトは無いなぁ
            web関連のプロデューサーと芸能マネージャーならあった
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月09日 13:12
          • 会社の顔の営業に大学生バイト使うとか信用問題に関わるやろ。流石に無いで。
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月09日 23:31
          • 作者が現役大学生で自己投影したかったんだろうな感
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月10日 00:19
          • つーか、バイトでプロデューサーなんてあってみろ、つんく♂や秋元豚がやってることは学生の片手間でもできるってことになるぞ。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月10日 01:42
          • バイトは無理あるわ。この辺の主人公のガバい設定って作品評価にまで響くよな。説得力って大事
            以前にも学生組のアイドルが妹や幼馴染だったら的なSSで、Pの年齢を辻褄合わせしようとして逆にメチャクチャな経歴のPとか産まれちゃってたし
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月11日 11:32
          • そんなことより結局2人は結ばれたのかどうなのか

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 地縛霊っ娘「出てってよ! 私の家から出てって!」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • オビ=ワン・ケノービ「乃木坂46?」
        • オビ=ワン・ケノービ「乃木坂46?」
        • オビ・ワン・ケノービ「AKB48?」
        • オビ・ワン・ケノービ「AKB48?」
        • 【モバマス】鷺沢文香「SS的な、余りにSS的な」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ