TOP

善子「ずらまる事変」

1: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:46:14 ID:7EKqiTCk

浦の星女学院部室。

善子「ずら丸、大丈夫?」

花丸「う、うん平気ずら」

善子「あんた、朝からずっと調子悪そうじゃない……今日は早退した方が」

花丸「ありがとう、善子ちゃんは優しいね」

善子「ちょ、私は本気で心配して!」

花丸「じゃ、先に行ってるね!」

善子「ちょっと待って!」

花丸「離してずら」

善子「何があったのか知らないけど、あんたが辛い思いしてるなんてほっとけるはずない!」

花丸「でも……」

善子「堕天使ヨハネの名に誓うわ……国木田花丸、貴女が何を言っても受け入れると!」



2: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:48:19 ID:7EKqiTCk

花丸「……言ったよ?」

善子「えぇ、取り消さないわ」

花丸「じゃあ……こっち来て」

善子「……いいわよ」

花丸「先に言っておくけど……覚悟はいい?」

善子「そんなの堕天使として生まれた時からあるわ」

花丸「……もう」

善子「冗談よ」



3: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:49:02 ID:7EKqiTCk

花丸「人が真剣な時にすぐそうやってふざける」

善子「でもあんた、笑ってるじゃない」

花丸「え……」

善子「今朝からずっと辛そうな顔してたのよ?まぁ気づいてないだろうなって思ってたけどね」

花丸「……ズルいずら」

善子「狡くて結構、だって堕天使だもの」

花丸「……ありがとう」ボソッ

善子「え?なんて?」

花丸「はぁ~……」

善子(ま、それも冗談だけどね)



4: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:49:41 ID:7EKqiTCk

花丸「よし……ここずら」

善子「て、ここ空き教室じゃない」

花丸「だから……だよ?」

善子「え……」

花丸「ここだから……言えるの」

善子「鍵、閉めちゃうのね……」

花丸「うん」

善子「か、カーテン閉じるの?」

花丸「うん……」

善子「ちょ、ドアの窓も!?」

花丸「うるさいずら」

善子「いや、だってさ……ここまでするなんて」



5: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:50:18 ID:7EKqiTCk

花丸「さっきの」

善子「え?」

花丸「堕天使ヨハネの名に誓うわ……国木田花丸、貴女が何を言っても受け入れると!」

善子「うわ、モノマネめちゃウマ」

花丸「で、この寒いセリフは嘘ずら?」

善子「う、嘘なわけないでしょ!本気よ!リトルデーモンの悩みは……この堕天使の問題でもあるのだから!」

花丸「もしかしたら堕天使の不幸かもしれないずら」

善子「なにが?」



6: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:51:39 ID:7EKqiTCk

花丸「…………目、閉じて?」

善子「うへぇ!? め、目を閉じればいいのね!」

花丸「薄目じゃないずらね?」

善子「も、もちろん!ちゃんと閉じたわ!」

花丸「……」

善子「え、ちょっと待ってあんたもしかして服脱いでない? 布が擦れる音が聞こえるんだけど!」

花丸「何でも受け入れるって言ったよね?」

善子「い、言ったわよ!」

花丸「じゃあ……」

善子「ず、ずらまる……?もたれかかってる?」



7: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:52:15 ID:7EKqiTCk

花丸「手を伸ばして……」

善子「こ、こう?」

花丸「……ちょっと借りるね」

善子「へ……え? こ、これ……え……」

花丸「う、うぅ……手つきがやらしいずら」

善子「ご、ごめん!でもあんたこれって!」

花丸「何度も言わなくていいずら……」

善子(な、なんで私はずらまるにパイオツを揉まされているの!? 大きくて柔らかくて手に張り付くのに押し返す弾力!手に収まらず飲み込む!じゃなくてなんで触らしてるの!?)



8: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:53:59 ID:7EKqiTCk

花丸「は、はぁ……はぁはぁ……そのまま先っぽに……きて」

善子「ちょ、声がエ口すぎるんだけど!!!」

花丸「う、うるさい!外に聞こえちゃうよ……」

善子(ずらまるは何をさせたいの……?先っぽ、先っぽね……先っぽってち、乳首……よね?)

花丸「~~!!!」

善子「なんか身体ビクビクして……これって」

花丸「き、気づいた……?」

善子「いや、でもあんたまだ……」

花丸「も、もちろん違うよ……でも朝起きたら」

善子「目、開けていい?」



9: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:54:50 ID:7EKqiTCk

花丸「ダメ」

善子「え~……」

花丸「残念がらないでよぉ……」

善子「待って、次々に溢れてくる……温かい」

花丸「そんなこと言わないで!」

善子「調子悪かったのも、これのせい?」

花丸「う、うん……き、気持ち悪いよね……?」

善子「そんなわけないじゃない。もう忘れたの?何があっても受け入れると……ね」

花丸「……やっぱり善子ちゃんは善子ちゃんずら」



10: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:55:30 ID:7EKqiTCk

善子「ちょっとそれどういう意味よ? あとヨハネ!」

花丸「ふふ、内緒……」

善子「まぁいいわ。笑顔に出来たんだし」

花丸「え、目開けてるの!?」

善子「ち、違うわよ!そ、その……あんたが笑顔になると、こう、なんとなく分かって嬉しいのよ!」

花丸「善子ちゃん……!!!」

善子「あぁもう調子狂うわね!はい、とっとと絞り出すわよ!」

花丸「きゃっ!」

善子「い、いちいちそう言う声出さない!」

花丸(だ、だって手つきがいやらしいのに優しい)

善子(ずらまるの乳首からずっと出てる……止まらない。そりゃあ辛いわね……こんなの)



11: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:56:07 ID:7EKqiTCk

花丸「よ、善子ちゃ……」

善子「なに? あとヨハネ!」

花丸「…………………………………………飲んでみる?」

善子「……は?」

花丸「だから……飲んで、みる?」

善子「……え?」

花丸「うぅぅ……もう言わないずら!」

善子「良くないわ!もう1回!」

花丸「だからまるの母乳飲んでみる!?!」

花丸「はっ……!」

善子「喜んで……!」



12: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:56:40 ID:7EKqiTCk

花丸「もう、善子ちゃんの意地悪」

善子「ヨハネ。意地悪なのは知ってるでしょ?」

花丸「う、うん……」

善子「それで目閉じてるから、どうすればいい?」

花丸「じゃ、じゃあ……そのまま座って?」

善子「す、座ったわ」

花丸「じゃあ……口開いててね?」

善子「え、えぇ……」

花丸「ん……」



13: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:57:23 ID:7EKqiTCk

善子(ずらまるの……おっぱいが!ヨハネの口に!)

花丸「善子ちゃん……吸い付きすぎるずら!」

善子(ずらまるの母乳が沢山溢れてくる……!ずらまるのおっぱいはヨハネのもの!)

花丸「ま、待つずら~!善子ちゃ、揉むのはダメずら~!」

善子(ダメ?そんなの今更抑えられるわけない!)

花丸「まるのおっぱい……変になる……!」

善子(変になってもいいのよ?ヨハネが受け入れるわ……ずらまるの母乳……美味しい)

花丸「あ、だめ……う……だめぇぇえ……」



14: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:58:01 ID:7EKqiTCk

善子(安心しなさい……ヨハネが吸い出してあげる)

花丸「だめぇぇぇぇえ!!!!!

善子(ちょ、押し付けないで!い、息が!!!)

花丸「────!!!」

善子(う……溢れてくる……沢山!ずらまるの母乳が……!)

花丸「はぁはぁはぁ……もう……出ないずら」

善子「ぷはぁ!もう、いきなり倒れてきたら危ないでしょ……?」



15: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:58:43 ID:7EKqiTCk

花丸「あ、はは……目、開けちゃダメだって言ったよ?」

善子「何言ってんの? 可愛いあんたを見逃したくないのよ?」

善子「だから、泣かないで」

花丸「だ、だってこんなの……善子ちゃんに迷惑かけちゃってまるばかり変な気分になって」

善子「はい、手を貸しなさい」

花丸「ずら……?」

善子「私の心臓、ドキドキしてるでしょ?嬉しいのよ……ずらまるに頼られて」

花丸「善子ちゃん……」

善子「何があってもあんたはずらまる、このヨハネが言うのだから絶対よ!」

花丸「うんうん……!」



16: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:59:19 ID:7EKqiTCk

善子「だから、さ……今度また出るようなことがあったら……その……堕天使条例に誓ってヨハネを呼びなさい!」

花丸「もう、慰めるの下手ずら……ありがとう」

善子「……どういたしまして。ほら、早く服着ないと風邪ひくわ」

花丸「あ……」

善子「どうしたの……あ」

花丸「よ、善子ちゃん……今度は目、開けたままでいいから……まるの母乳飲んでくれますか?」

善子「堕天使に誓って、覚悟はいいわよ?」



17: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:59:54 ID:7EKqiTCk

おわりです。



元スレ
善子「ずらまる事変」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1527882374/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 12:02
          • ずら丸に(エロ同人みたいな)酷いことしたい。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 12:03
          • あほくさw
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 12:27
          • ムクムクしたずらねぇ…
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 13:16
          • 悪い先輩にレズ妊娠させられてるNTRじゃないよな…?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月07日 17:50
          • 5 いいと思ふ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 弟「お兄ちゃん…>>4(すき )」俺「は?」
        • モバP「柚、こんなところに居たのか」紬「なんやいね!?」
        • モバP「柚、こんなところに居たのか」紬「なんやいね!?」
        • ありす「これからも魔法少女で頑張ります」
        • ありす「これからも魔法少女で頑張ります」
        • 店員「何名様ですか?」俺「5兆」
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 地縛霊っ娘「出てってよ! 私の家から出てって!」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ