TOP

【艦これ】龍驤「足りないもの」その9【安価】

1: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 18:47:15.34 ID:xJ6ZfT6T0

9スレ目です


引き続き注意

欠損表現、安価有り


前スレ
【艦これ】龍驤「足りないもの」その8【安価】


前々スレ
【艦これ】龍驤「足りないもの」その7【安価】



2: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 18:49:25.73 ID:xJ6ZfT6T0

登場人物の一覧になります
名前だけですが、安価を取る際に参考にして下さい
性格等は過去スレを参照でお願いします


駆逐艦





皐月
清霜

黒潮
不知火
卯月
朝霜
叢雲
陽炎
島風

軽巡(雷巡)
阿武隈
多摩
夕張
神通
川内
龍田
天龍
北上

重巡
加古
羽黒

潜水艦
伊401
伊168
伊8
伊58
呂500
伊19
伊26

戦艦
ガングート
長門
金剛

空母
雲龍
天城
葛城
加賀
瑞鶴
翔鶴
隼鷹
飛鷹
龍驤

その他
秋津洲
明石
提督



3: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 18:59:12.90 ID:xJ6ZfT6T0

ーー某所


幹部「もう目隠しはとっていいんだね?」


朝霜「あぁ、問題ねぇよ」


提督「すいません幹部さん、今外します」シュルッ


幹部「ありがとう提督君。ふむ……この装置が…」


朝霜「これがあれば、記憶を暗号化できるみてぇだな」


北上「凄いよこれ……この機械…」



4: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 19:06:15.94 ID:xJ6ZfT6T0

朝霜「北上、これは未知の技術を使ってんのか?」


北上「……ううん、それは無いね」


朝霜「じゃあロステクか?」


北上「ロストテクノロジーでも無い…これは今ある技術の最先端を…寄せ集めてできてるよ…」


北上「凄い……本当に凄い…!」


提督「…北上がこうなっている所を初めて見たかもしれない」


幹部「それほど高い技術を持っているのか連中は」


朝霜「だろうな、だから警備も厳重だったよ。あたいじゃなきゃここは潰せなかっただろうな」


潮「」


提督「…長居する必要は無い。早く潮を元に戻してやろう」


北上「待って、今操作方法調べるよ」カタカタ



5: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 19:11:30.90 ID:xJ6ZfT6T0

朝霜「とりあえず潮はここに乗せんだよな?明らかにベッドっぽいし」


幹部「メモリ類はここに差すのだろう。しかしこんなに種類があっては間違えそうだな」


北上「…待って、差すメモリの種類は決まってるみたい」カタカタ


提督「なら余ったメモリは何に使うんだ?」


北上「それは多分コピーされたやつ。抜き取った記憶がコピーできるかも実験してたみたい」


幹部「ということは記憶のコピーにも成功していたのか…」


朝霜「話がオカルトっぽくなってきてやがるな」



6: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 19:15:48.37 ID:xJ6ZfT6T0

北上「差すメモリはその三つ。フロッピーはアウトプットした記号というか…鍵みたいなものだね」


幹部「ならその三つのメモリを指して、フロッピーディスクを挿入すれば準備は整うということだね」


提督「…本当に成功するのか?」


北上「アウトプットができるならインプットもできるはず……やってみるしかないね」


朝霜「他に準備することはねぇのか?」


北上「無いよ。この機械本当に簡略化されてるよね…もしかしたらもう実用段階なのかな…」


朝霜「こんな機械がゴロゴロあるってのか?冗談やめてくれ」


北上「…そうだね、変なこと言ってごめん」



7: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 19:21:22.79 ID:xJ6ZfT6T0

提督「…よし北上、やってくれ」


北上「オッケー、準備しちゃうよ~」カタカタ


朝霜「そんな簡単に動かせるようにできてんだな」


北上「うん、パソコンでネットできる人なら、誰でも動かせるレベルだね」


幹部「そこまでなのか……」


北上「……よし、一分後に起動するから全員この部屋から出てってさ」


朝霜「なんでだ?」


北上「わかんないけどそう警告が出てるから。同じ部屋にいたら何か影響あるのかもね」


提督「潮…戻ってくれればいいんだが…」


北上「ほら提督、早く部屋から出るよ~」


提督「…わかった」


下1~3高コンマ 装置が動いた結果やその他起こったこと等



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 19:21:47.37 ID:+/L4LpL1O

警告:関連ファイル「心」が確認できません
続行しますか?
はい いいえ



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 19:30:35.72 ID:40EZncoeO

元の潮の記憶と戦艦クラスの戦闘技能がインストールされてなんか体もおっきくなる



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 19:33:30.90 ID:f6L3XtpK0

脳死からの蘇生には成功
しかし長期の治療が必要な衰弱具合で記憶にも欠落が多い



13: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 19:50:13.94 ID:xJ6ZfT6T0

ーー


提督「…北上、もういいのか?」


北上「装置が止まってるから結果は出てるはずだよ」


朝霜「なら中に入ってみるか」ガチャ


幹部「潮君、わかるかい?」


潮「う……ぁ……」


提督「反応がある!ということは成功したのか!」


北上「ねぇ潮、言葉はわかる?」


潮「こ…こ……ど…こ……わた…し…は…」


幹部「酷く衰弱しているようだ。早く治療してあげた方がいい」



14: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 19:53:38.13 ID:xJ6ZfT6T0

北上「なら提督、急いで帰ろう!」


提督「よし、なら幹部さんにも手伝ってもらって…」


朝霜「ダメだ、コイツとはこの場所を教える取引が残ってる」


幹部「…そういうことだ提督君。すまないが潮君は頼んだよ」


朝霜「あたいはこの装置ぶっ壊すから手伝えねぇ。悪いな司令」


北上「ならあたし達でやるしか無いね!早く帰ろう提督!」


提督「…すいません、先に行きます」


幹部「あぁ、こっちのことは気にしなくていい」



15: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 20:01:17.38 ID:xJ6ZfT6T0

朝霜「…よしよし、司令はちゃんと帰ったな」


幹部「本当にこの装置は壊すのかい?」


朝霜「しつこいぞオッサン。流れ弾当ててやろうか?」


幹部「…すまない、なんでもない」


朝霜「それで、あたいとの取引材料は何を持ってきたんだ?」


幹部「幹部付き特務艦の役職はどうだ?この肩書きは色々と便利だ」


朝霜「色々ってなんだ?お前の口から言え」


幹部「……好き勝手しても咎められる事はない。君の所属している鎮守府にもその旨は伝えておこう」


朝霜「ならあたいがいつ何時、どの海域でどんなことをしてもいいってことだな?」


幹部「…………そうだ」


朝霜「はははっ!最高じゃねぇかオッサン!その条件乗った!」


幹部「…この場所と残骸だけでも情報を持ち帰れるなら安くはないさ」



16: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 20:07:41.13 ID:xJ6ZfT6T0

ーー鎮守府


北上「とりあえず潮は脳死から蘇生することはできたね」


秋津洲「本当に上手くいくなんて、信じられないかも」


夕張「でも実際脳波が確認できています。本当に記憶が戻ったんでしょうか…」


明石「あああある程度…けけけ欠落は…あああるかもしれま…せせせせん…」


北上「衰弱の方も、それなりに時間がかかるっぽいね。まぁ実質飲まず食わずだったんだから当然っちゃ当然だよね」


提督「それでも脳死の状態からよく帰ってきてくれた。それだけで凄いことなんだ」



17: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 20:10:13.16 ID:xJ6ZfT6T0

潮「う………」


夕張「潮ちゃん?気が付きましたか?」


潮「うぁ……?」キョロキョロ


秋津洲「ここは鎮守府かも。あぁでも元いた鎮守府じゃなくて…」


北上「情報量多いと混乱するから。初めは簡単な質問からいかないと」


提督「…潮、君は何か覚えていることはあるかい?」


潮「安価」


下1~3高コンマ 潮の台詞、行動他



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:10:54.92 ID:dzuXr+srO

トラウマフラッシュバックで吐く



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:12:16.45 ID:LZElEh2Vo

お買い物してたら連れ去られたこと



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:12:28.59 ID:071yROBKo

おうちかえして……



21: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 20:28:38.34 ID:xJ6ZfT6T0

潮「私…………」


潮「私…は…………」


潮「……!うぇっ……!」ブルッ


北上「吐きそう?ここに吐いていいよ」


潮「ぇ……えほっ……」ビチャ


明石「いいい胃液に…ちちち血が…まま混じってます…」


夕張「辛いなら無理に思い出さなくていいよ?」


秋津洲「お水飲むかも?はいどうぞ」


潮「ありがとう…ございます…」



22: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 20:31:54.78 ID:xJ6ZfT6T0

提督「…今の君に色々言っても混乱するだけだろうから、一つだけ言っておこう」


提督「ここには君を傷付ける人はいない。元気になるまでゆっくり休んでくれ」


潮「は…い……」


北上「元気になったらまた話聞かせてね?聞きたいことも多いしさ~」


夕張「さて、目覚めて早速で悪いですが検査をさせてくださいね」


明石「だだだだ大丈夫…いいい痛くない…よ…」


潮「……はい」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:34:26.77 ID:LZElEh2Vo

艤装が全く使えないことがわかる



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:35:32.46 ID:ZVyKzGHso

検査器具にトラウマフラッシュバックし恐怖に絶叫



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:40:16.26 ID:F07vHbEI0

ディスクに交じっていたらしくあり得ない記憶がたくさんある



28: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 20:46:34.72 ID:xJ6ZfT6T0

ーー

北上「簡易的な聞き取りと検査だけど、とりあえず結果が出たから報告するね~」


夕張「結論から言えば、潮ちゃんは艤装を使うことができません」


秋津洲「艤装に関する記憶が丸々無いかも」


明石「ててて展開方法も…おおお覚えてません…」


提督「…そうか」


夕張「潮ちゃんは改二ではありませんが、そこそこの練度はあります」


北上「水雷戦隊で出撃するには問題無い練度だね~」



29: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 20:50:06.80 ID:xJ6ZfT6T0

夕張「これ以上の聞き取りはまだ終わっていませんが、潮ちゃんが提督と話したいって言ってるんです」


提督「大丈夫なのか?」


北上「あたし達がついてるから、トラウマスイッチ入っても大丈夫だよ~」


秋津洲「でも優しく語りかけてあげて欲しいかも」


提督「…その辺はわかっているさ」


北上「じゃあ潮のとこに行こっか~」


下1~3高コンマ 潮の話の内容や質問内容等



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:52:17.40 ID:9niwPY7KO

体の状態確認
戦闘よりも日常生活で問題がでるのかどうか



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:52:34.51 ID:kFdJhwLW0

元いた鎮守府を破壊して欲しい

元いた鎮守府の提督にオモチャのように弄ばれた挙げ句、資材管理が出来ておらず、足りなくなったため例の組織に売り飛ばされた



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 20:53:15.97 ID:rInFtvc5O

元のところに帰れるのか



34: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 21:03:33.03 ID:xJ6ZfT6T0

ーー


潮「あの…私は元のところに帰れるんですか…?」


提督「…自分の居た鎮守府のことは覚えているんだね?」


潮「はい…場所も覚えてます…」


北上「なら確認してみるから教えて。色々と調べることがあるからね~」


潮「わかりました…」


秋津洲「潮はどうしてあそこに居たとか、何をしてたとかは全く覚えてないかも?」


潮「いえ…思い出そうとすると体が震えてしまうので…」


明石「なら…しししし仕方ありません…ね」



35: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 21:07:21.48 ID:xJ6ZfT6T0

夕張「潮ちゃんは帰れるならすぐに帰りたい?」


潮「できるなら…」


提督「…わかった、連絡が取れればそのことは伝えよう」


ピピピピピピ…


北上「お、仕事早いね~流石は漣。もう何かわかったっぽいね」


秋津洲「いつ漣に知らせたかも?」


北上「潮から聞いた鎮守府の情報をメールしてたの。ものの数分で終わらせるとはね~」ガチャ


北上「はいもしもし、潮の鎮守府について何がわかったの?」


下1~3高コンマ 潮の鎮守府についての情報やその他諸々等



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:07:41.54 ID:071yROBKo

そんな鎮守府はなかった



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:09:24.68 ID:eioDMxMUO

記録が存在しないと言われた



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:10:15.39 ID:kFdJhwLW0

廃墟しかない



39: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 21:25:51.04 ID:xJ6ZfT6T0

北上「え?それってマジ?……あぁ、だからこんな返事が早かったのか…」


提督「…どうしたんだ北上?」


北上「潮…さっきの鎮守府の情報に間違いは無いんだよね?」


潮「はい…住所も間違いないです…」


北上「あのさ…記録が存在しないんだって」


夕張「既に解体されたとかじゃなくて、記録が無いんですか?」


北上「そ、だからそんな鎮守府は最初から存在しないの」


潮「そんな!私はあそこで…皆んなと一緒に…」


秋津洲「ひょっとして、その記憶って作られた記憶かも?」


潮「記憶が…作られた…?」


提督「…混乱するかもしれないが、君には知る権利がある。聞いてくれ潮」



40: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 21:29:11.00 ID:xJ6ZfT6T0

ーー


潮「……」


北上「何言ってんだコイツらって思うかもしれないけど、残念ながら真実なんだよ」


提督「君の記憶が曖昧なのもその実験のせいだと思う」


夕張「そもそも脳細胞が傷付いている可能性もありますからね。この辺は要精密検査です」


秋津洲「じゃあこの潮はどこからきたかも?」


明石「わわわわわかりません…」


提督「混乱してるかもしれないが、何か聞きたいことはあるかい?こちらで知っていることは全て教えよう」


潮「安価」


下1~3高コンマ 潮の台詞、行動他



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:39:38.80 ID:YWGKRquC0

自分の手をさすりながらが「私の記憶の中だと提督は並の工作艦以上の技術力を持っていて……『ごめん……無駄にはしない』っ言ってずっとてをにぎってくれて。この記憶は偽物なんですかね?」



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:39:40.04 ID:F07vHbEI0

深海棲艦のオーラが溢れ出して提督の首を絞めながら持ち上げる



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:39:47.99 ID:zkiwtABt0

あの……鬼畜カニバ鎮守府の噂って聞いた事ありませんか?



48: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 21:46:55.64 ID:xJ6ZfT6T0

潮「あの……鬼畜カニバ鎮守府の噂って聞いた事ありませんか…?」


提督「……」


潮「あの鎮守府では、気に入らない艦娘の手足を切って…それを他の艦娘に食べさせてるそうなんです…」


北上「あ…あのさ潮?」


潮「もしかしたら…その鎮守府が私をこんな風にしたのかもしれません」


夕張「あのぉ~……」


潮「きっと…そうです!それしか無いですよ!」


秋津洲「言いにくいかもだけど…実は…」



49: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 21:52:48.91 ID:xJ6ZfT6T0

龍驤「潮が目覚ましたってほんまか?」ガラッ


潮「……!」


島風「私より速そうな子?」ギッギッ


潮「あ……あぁぁ!!」


漣「存在しない…鎮守府なんて…気になりますね…」ズリズリ


潮「ひ……ひゃあぁぁぁぁぁぁぁ~~~~!!」


明石「おおおお落ち着いて……!」


提督「なんでまた…こうなるんだ…」


北上「あのさ提督…ドンマイ?」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:54:02.64 ID:071yROBKo

提督が近寄るのは拒絶されて凹む



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:54:17.61 ID:F07vHbEI0

噂を真に受けた鎮守府から生贄として負傷した艦娘が送られてくる



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 21:56:32.49 ID:ZVyKzGHso

泡を吹いて潮気絶



55: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 22:20:25.88 ID:WSnv6mjtO

ーー数日後


提督「…………」


北上「提督~へこみ過ぎじゃない?」


提督「……」


北上「近寄るのを拒絶されてるからって、提督には龍驤さんがいるじゃ~ん」


提督「…そういう問題じゃないんだ」


北上「まぁね~目も合わせてもらえないんでしょ?」


提督「…もし目が合うと悲鳴を上げられるんだ」


北上「あぁうん、あの子声大きいから鎮守府に悲鳴響いてるよね」



56: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 22:25:22.93 ID:WSnv6mjtO

提督「…記憶の方はどうだ?」


北上「ん~どうやらどこかの鎮守府に居たって部分から怪しいかもね。変な所で建造された艦娘かも」


提督「…まだ全ては分かりそうにないか」


北上「焦らずゆっくりやっていけばいいよ~」


提督「…そうだな」


北上「それよりさ、ここから見てあげてよ。潮が艤装展開しようとするらしいんだ~」


提督「潮が…」


北上「漣が見てあげるらしいよ~」



57: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 22:30:26.88 ID:WSnv6mjtO

漣「さて潮殿…準備は万端ですか…?」


潮「うん…」


漣「気負うことは…ありません…気楽に…リラックスですぞ…」


潮「潮やってみるよ、漣ちゃん…!」


漣「さぁ…いくのです…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 22:30:59.90 ID:dFy4ghnPO

戦艦の艤装を展開して潮も大人のダイナマイトボディになる
もちろん服はぴっちぴち



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 22:31:06.83 ID:kFdJhwLW0

ピンク色の連装砲ちゃんが3体召喚された



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 22:32:03.33 ID:ZVyKzGHso

展開不可だった



62: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 22:50:21.24 ID:WSnv6mjtO

潮「えいっ!」バッ


漣「お…!成功した……?」


潮「え…えぇ!?」


漣「う…潮殿が…ダイナマイツ…ボデーに…」


潮「み、見ないで下さい~~!」ムチムチ


漣「それに…よく見ると…艤装は…戦艦のもの…ですな…」


潮「え、あ……本当だ…」



64: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 22:55:47.02 ID:WSnv6mjtO

漣「ふむ…金剛型…よりは…火力はありそう…ですね…」


潮「なんで…潮は駆逐艦なのに…」


漣「いやいや…その体で…駆逐艦は…無いでしょう…」


漣「背も伸びて…体つきも…エ口くなって…何より…胸が…」


潮「だから見ないで下さい~!」


漣「いやいや…そのぴちぴち服…嫌でも見ちゃいますって…」


潮「うううぅ~~!」



66: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 22:58:53.39 ID:WSnv6mjtO

漣「お…ご主人様も…ちょうど見て…ましたね…」


潮「鬼提督が!?」


漣「えぇ…こちらを見てます…というか潮殿…ご主人様は…そんな人じゃないって…」


提督「…………」ジーッ


潮「み、見られてる…鬼畜カニバ鬼提督に…!」


漣「うーん…お尻もエ口い…パンツ…丸見え…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 22:59:48.24 ID:p097uuzkO

龍譲、提督にお仕置き



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 23:00:12.30 ID:kFdJhwLW0

見ないでぇ!
と叫んぶと自動照準が働いて提督に向かって砲撃をしてしまう

なお空砲なので音だけ



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 23:00:44.85 ID:F07vHbEI0

潮が他の艦娘も信じられなくなり川内にくっついて離れなくなる



72: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 23:12:48.31 ID:WSnv6mjtO

潮「な……何してるの漣ちゃん…!」


漣「げ…パンツチェックしてるの…気付かれた…」


潮「私が…こんなことになってるのに…!」プルプル


漣「お…落ち着くのです…潮殿…」


潮「もう…バカァ!!」バッチーン!


漣「おぶぅ」ズシャァァ


潮「もう嫌だ…川内さ~ん!」タタタッ


漣「艤装を…解除すると…見た目も…戻るん…ですね…」


漣「それより…戦艦の一撃…ハンパねぇっす…」ガクッ



73: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 23:16:29.61 ID:WSnv6mjtO

ーー

龍驤「なぁ潮、そろそろ出てけぇへんか?」


潮「嫌です!私の味方は川内さんだけなんです!」


漣「潮殿…どうか許して…下され…」


潮「絶対許しません!」


龍驤「川内と部屋に籠られたらどないもできんしなぁ」


漣「ここは…出直しましょう…」


龍驤「川内、すまんけど潮のことよろしくな~」


川内「オッケー、こっちは任せといて!」



74: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 23:21:03.17 ID:WSnv6mjtO

川内「…うん、二人とも行ったみたいだよ」


潮「ほ……」


川内「漣はともかくさ、龍驤さんも信じられないの?」


潮「だって龍驤さんは提督に左腕と左脚を千切られたんですよね!?」


川内「だから~それは違うって言ってるじゃん!」


潮「信じられません!」


川内「もう……」


潮「龍驤さん以外にも何人もおかしい人がいるじゃないですか!あれはどう説明するんですか?」


川内「それは…うーん私から説明してもいいのかな……」


潮「私は川内さんの側から離れませんからね!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 23:24:09.73 ID:DgcDyo480

潮の記憶の一部が戻る、他にも海防艦や補給艦等もモルモットにされてた仲間がいたらしい



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 23:24:23.26 ID:p097uuzkO

潮と川内が付き合い始める



77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 23:25:31.85 ID:zkiwtABt0

川内の根気強い説得により、不完全ながらも誤解が解ける



80: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 23:38:47.11 ID:XKqvfEiC0

川内「うん…言っちゃうか。あのね潮、龍驤さんのは提督がどうこうしたんじゃないの、不幸な事故なの」


潮「……」


川内「島風はこの鎮守府に来る前に色々あったみたいで、漣は変な組織にあぁされたんだよ」


川内「他には瑞鶴さんや天城さんなんかは志願してここに来てるんだよ?」


川内「鬼畜とかカニバとかは全部誤解なの」


潮「でも……」



81: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 23:42:17.59 ID:XKqvfEiC0

川内「じゃあさ潮、ここの皆んなって明るくて楽しそうでしょ?」


川内「本当に提督がそんな噂通りの人なら、こんな雰囲気じゃないよね?」


潮「……」


川内「だからさ、何も無いって信じてくれない?噂は全部間違ってたの」


潮「わかりました…川内さんがそう言うなら、少し信じます」


川内「少しかぁ…」



82: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/24(木) 23:45:49.40 ID:XKqvfEiC0

潮「全部を信じることはできません。特に提督は信じられません!」


川内「提督の何がそんなにダメなの?」


潮「潮…見ちゃったんです。夜中に…執務室で…」


潮「最初はまだ仕事してるのかなって思ってチラっと見たんですけど…中でとんでも無いことをしてたんです!」


川内「……大体想像つくけど、ナニしてたの?」


潮「提督が龍驤さんの首を締めてたんです!!あんなの異常ですよ!」


潮「龍驤さんは苦しそうな声を出して…本当に怖かったんですから!」


川内「あー潮、それはね……」


下1~3高コンマ 川内の台詞、行動他



83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 23:47:53.20 ID:071yROBKo

愛、かな……?



84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 23:48:21.48 ID:F07vHbEI0

言い訳できないなぁ…



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 23:48:46.65 ID:YWGKRquC0

百聞は一見に如かず!というわけで夕張の部屋へ行って情事鑑賞会



92: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/25(金) 00:21:35.05 ID:BP6opBLBO


川内「そうだね…これは私の口から言うより、見てもらった方が早いね」


潮「まさか川内さんも提督にあんなことを!?」


川内「バカ!そうじゃないって!!」


潮「でも……」


川内「とにかくついてきて、百聞は一見に如かずって言うでしょ?」


潮「川内さんがそう言うなら…」



87: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/25(金) 00:02:02.01 ID:BP6opBLBO

龍驤『ぎ…ぎもぢぇぇよぉ……』


潮「ひゃあぁぁぁ~~!な、何を見せるんですか!」


川内「でもこれでわかってくれたでしょ?龍驤さんは自分からあぁするように頼んでるの」


夕張「音声入りはやっぱりいいですよね~」


川内「潮、これで納得してくれた?」


潮「しました!しましたからその動画を消して下さい~!」


ーー



110: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 18:50:26.21 ID:/n2pIPoa0

ーー


明石(また今日も潮ちゃんの検査…採血ばっかりで可哀想…)


明石(でも艤装を展開したら戦艦になるなんて、聞いたこと無いから仕方ないかな…)


明石(それに……この事実は教えるべきなのかな…)


明石(潮ちゃんは……正規の方法で建造された艦娘じゃない。艦娘の姿をしたナニか…ってことかもしれない)


明石(それとも違う記憶、誰か戦艦の記憶が入ったからあぁなっちゃったのかな?)


明石(わからないことが多過ぎるよ……)



111: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 18:54:24.48 ID:/n2pIPoa0

明石(潮ちゃんの戦艦艤装は、改扶桑型相当でとても偶然出せたとは考えられない)


明石(何か意味があってあの艤装のはずなのに……該当する戦艦の艦娘が居ないなんて聞いたことが無い!)


明石(整備をしようにも構造がわからないし、分解したら戻せる自信が無い…)


明石(それに体が成長するから、それ用の制服も作らないと……)


明石(うーー…やることが多い……でも頑張らないと…)


明石(秋津洲ちゃんはもう…工廠で頑張ってるもんね…)



112: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 19:00:37.68 ID:/n2pIPoa0

秋津洲「……」


明石(あ、居た……あれ?何かぶつぶつ言ってる…)


秋津洲「う~~~ん…これ欲しいかも…でもそんなにお金無いし…」


明石(何かの雑誌?それともカタログを見てるのかな?)


秋津洲「どうしようかな…こうなったら前みたいに体で稼いで…」


明石(秋津洲ちゃん!?何言ってるの!?)


秋津洲「欲しい……迷うかも……」


明石(ど…どうしよう…止めるべきかな…でも盗み聞きしてたのは知られたくないし……あれ?)


潮「……」テクテク


明石(あぁ!潮ちゃんがもう来ちゃう!私はどうしたらいいの!?)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:01:46.92 ID:CeSrZJDjO

潮、相変わらず川内にベッタリ



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:02:52.90 ID:ZLd6E3YH0

潮に他に記憶がないか聞く



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:03:45.76 ID:/0X7OTESO

潮が秋津洲に何してるのか聞く



117: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 19:17:16.99 ID:/n2pIPoa0

川内「潮、いい加減私から離れてよ~」


潮「嫌です!川内さん以外の人は信用できません!」


川内「はぁ…私が助けたなんて言わない方がよかったかな」


潮「こんなに毎日毎日検査なんて…それも怪しんです!」


川内「それは仕方ないんじゃない?潮みたいな艦娘なんて聞いたことないもん」


潮「それは…うぅ…」


川内「何かわかるかもしれないんだしさ、検査は大人しく受けとこうよ」


潮「川内さんがそう言うなら……」



118: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 19:21:55.95 ID:/n2pIPoa0

川内「さて工廠に着きました…と。お、一番乗り?」


潮「いえ、あそこで秋津洲さんが何か読んでます」


秋津洲「……」ぶつぶつ


川内「何独り言を言ってんだろ……おーい秋津洲、潮連れてきたよ~」


秋津洲「か、かも!?」サッ


川内「隠すなんて怪しいね、なんの雑誌?」


秋津洲「川内には関係ないかも!」


川内「そんなこと言われ気になるじゃん。何を見てたのかな~っと!」


秋津洲「かも!!」


下1~3高コンマ 秋津洲の見ていたものは?



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:24:22.89 ID:Hvcp4z2po

おしゃれ工具カタログ



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:24:52.18 ID:tfd0zgv30

太艇ちゃん(秋津洲の夜戦用)強化用のパーツカタログ



121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:25:12.02 ID:SJHTsDGDO

バイク雑誌



122: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 19:31:29.47 ID:/n2pIPoa0

川内「なになに……厳選おしゃれ工具カタログ?」


潮「あ、これ凄く可愛い!」


川内「ほんとだ、工具なのに可愛いデザインなんだね」


秋津洲「それは…工作艦用のお洒落アイテムが載ってるカタログかも…」


川内「…ん?これ全部値段結構高いね。普通の倍くらいじゃない?」


潮「小さいバイクくらい買えそうですね…」


秋津洲「無理したら買えないことはないかも」


川内「こんなの軽く買っちゃうなんて、秋津洲もやるね~」


秋津洲「……かも」



123: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 19:34:47.29 ID:/n2pIPoa0

明石「だだだだだダメ!買っちゃ…!!」


川内「明石、そこに居たんだ」


潮「明石さんはこういうの嫌いなんですか?」


明石「ちちち違います…ああああ秋津洲ちゃんは…かかかか体で稼いで…かかか買うって…いいいい言ってたから…!!」


秋津洲「!!」


潮「体って……!」


川内「まあ待ちなよ。秋津洲、アンタはどうやって稼ごうとしてたの?嘘は言っちゃダメだからね?」


秋津洲「安価」


下1~3高コンマ 秋津洲の台詞、行動他



124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:35:36.80 ID:qv0inf1J0

ポールダンス



125:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:36:04.20 ID:axjZVjWB0

艦娘OKのアルバイト



126:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:37:39.82 ID:/0X7OTESO

出張修理のアルバイト



127: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 19:47:13.45 ID:/n2pIPoa0

秋津洲「出張修理のアルバイトかも!変な意味じゃなくてただの肉体労働かも!!」


川内「それ、本当だね?」


秋津洲「本当かも!いくらなんでもそこまで落ちぶれてないかも!!」


川内「…だってさ明石」


明石「よよよよ…よかったよぉ……」グスッ


秋津洲「そこまで思ってくれてて嬉しいっていうのと、そんなことしそうって思われててショックなのが秋津洲の中でせめぎ合ってるかも」


潮「あの…検査は…」


秋津洲「わかってるかも!ほら、早く準備するかも!!」


明石「うん……」



128: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 19:51:10.32 ID:/n2pIPoa0

ーー

潮「今日も採血なんですか?」


秋津洲「毎回調べる項目が違うかも。今日は艤装について調べるかも」


明石「だだだだから…ぎぎぎ艤装を…ててて展開して下さい…」


潮「だから楽な格好に着替えろって言ったんですね。わかりました……ん!」バッ


秋津洲「体が成長する意味は相変わらずわからないかも…」


明石「じゃあ…ささささ採血します…」


潮「痛くないように…お願いします…」


下1~3高コンマ 検査の結果やその他起こったこと等



129:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:53:45.35 ID:tfd0zgv30

身体は健康そのものだが、扶桑型だけではなく様々な戦艦のDNAが潮の身体から検出された



130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:55:13.57 ID:Ai/YIC7iO

潮の同僚を名乗る謎の艦娘が鎮守府に訪ねてくる



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 19:55:26.00 ID:SJHTsDGDO

急に現れた胸の気配を察知してヤツが…



134: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 19:59:57.89 ID:/n2pIPoa0

明石「そのまま…じっ…と…ししししししてて…下さい…」


潮「うぅ…注射は慣れない…」


ダダダダダダダダッ


秋津洲「何の音かも?」


川内「ものすごい勢いで何かが来てるね。なんだろ…」


皐月「オッパイ~~~~!!」ズダーン!


秋津洲「出た!オッパイ魔人かも!!」


川内「皐月、今潮は採血中だからダメだよ!」


皐月「大丈夫!腕には触らないから!!」


川内「そういう意味じゃないってのに!」



135: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:03:38.41 ID:/n2pIPoa0

皐月「うへへぇぇぇ…成長する前も大っきいのに…さらに大っきくなるなんてぇ…」


潮「ひ、ひい…!」


明石「うううう動かないで…!」


皐月「触るだけじゃダメだよね?揉んだり吸ったりしなきゃダメだよねぇ…?」ジュルッ


潮「ヤダ……!」ぷるん


皐月「軽く動くだけでそんなに揺れるなんて…もう我慢できない~~!!」ガバッ


明石「あ……!」


皐月「いただきまーーーーーーす!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:04:42.09 ID:Ai/YIC7iO

益々不信感が募った潮

自分には川内しかいないと思い込み、川内に歪んだ愛情を向け始める(ただしポンコツ)



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:04:57.87 ID:Hvcp4z2po

雲龍を超えるサイズと形のバランスと感度に皐月が大感動



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:05:59.41 ID:tfd0zgv30

川内、皐月にガチ説教



140: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:11:51.45 ID:/n2pIPoa0

川内「ヤバイ!大変なことになる前に引き剥がさないと……」


皐月「あふん……」ズルッ


秋津洲「あれ、勝手にずり落ちたかも」


川内「潮、アゴに一発入れたの?」


潮「いえ、胸を触られたと思ったら突然崩れ落ちちゃいました…」


明石「ここここここっちは…終わり…まままました…」



141: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:17:11.64 ID:/n2pIPoa0

秋津洲「皐月、どうしたのかも?」


皐月「このオッパイ…すごい…サイズは雲龍さん超えてるし…形もいい…凄いバランス…」


皐月「それでね…触った感触も凄いの…ヤバイこれ…」


川内「皐月がこうなるなんて、物凄いオッパイなんだね」


潮「褒められても嬉しくありません~~!」


皐月「あ~~これが…僕が望んでた…オッパイ……」


皐月「HEAVENは…ここにあったんだ……」


皐月「もう……何も…悔いは……な…………」


明石「あああれ……皐月ちゃん……?」


皐月「…………」



142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:18:05.11 ID:/0X7OTESO

皐月、殉職



145: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:20:07.72 ID:/n2pIPoa0

川内「ちょっと皐月!こんな所で絶頂しないでよ、ほら立って!」


秋津洲「ちょっと待つかも。イッてるだけにしては何かおかしいかも」


明石「まままままさか…」スッ


潮「皐月ちゃんの胸に手を…?」


皐月「……」


明石「し!しししししし心臓止まってます!!」


川内「はぁぁぁ!?」



150: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:25:49.00 ID:/n2pIPoa0

川内「なんでさ!?なんでそんなことになってるの!?」


秋津洲「ショックで心臓が止まることはあるかも。でもまさかオッパイが原因なんて…」


川内「のんびり言ってる場合じゃないでしょ!早く蘇生しないと!」


秋津洲「わかってるかも!明石は霞と北上さん達呼んでくるかも!」


明石「うん…!」


秋津洲「あたしは心臓マッサージするかも!」


川内「皐月ベッドに移そうか!?」


秋津洲「下が固い方がいいからここでいいかも!皐月!帰ってくるかも!!」ギッギッ


皐月「……」


秋津洲「オッパイが死因なんて笑えないかも~!」


潮「私が…悪いんですか…?」


川内「大丈夫、それはないよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:27:19.21 ID:q6D9Hcdt0

龍驤と葛城のおっぱいサンドでゴリゴリされてこれはこれでと息を吹き返す



152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:27:49.35 ID:tfd0zgv30

皐月の能力が大幅にパワーアップ!!



153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:29:32.01 ID:/0X7OTESO

>>151
そして>>152



156: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:37:09.33 ID:/n2pIPoa0

ーー


提督「…それで、皐月の蘇生は無事に成功したんだな?」


北上「あたしが駆け付けた時にはもう心臓は動いてたみたいだね」


秋津洲「心臓が止まってた時間は一分も無かったかも。だから後遺症も無いと思うかも!」


明石「ねねねね念の為…せせせ精密検査はしました…」


川内「しかしまぁオッパイで心臓止めれるのは皐月くらいだね」


皐月「違うって…あのオッパイが凄いんだって…」



157: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:41:00.44 ID:/n2pIPoa0

川内「その言い方だとさ、潮のオッパイが特別みたいじゃん」


霞「ところがそうかもしれないのよ」


夕張「提督、この資料見てもらえますか?」ペラッ


提督「これは……!」


夕張「精密検査の結果、皐月ちゃんのステータスの全てが上昇しています。元の1.25倍~1.5倍といった所ですね」


霞「余裕で神通さんよりも強くなってるわ」


皐月「ほら!!やっぱり潮のオッパイは凄いんだって!」


潮「そんなのありえません!」



158: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:44:09.25 ID:/n2pIPoa0

霞「ありえるかどうか、それとも皐月が特別なのか調べるのに私がちょうどいいのよ」


霞「私は改二までは練度はまだまだだけど、潮の胸が特別なら一気に練度があがるはずよ」


夕張「潮ちゃん、ちょっとでいいから協力してくれない?」


潮「うぅ……」


川内「潮、私も気になるからちょっと触らせてあげてよ」


潮「川内さんが言うなら……んっ」バッ


霞「一瞬で背も伸びるのね…じゃあ触るわよ?」


潮「ゆっくり…お願いします…」


下1~3高コンマ 霞が触った結果やその他起こったこと等



159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:46:00.96 ID:HX/u3up20

背が伸びて戦艦級に



160:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:46:45.12 ID:Ai/YIC7iO

皐月ほどではないが触った艦娘達が微強化される

しかし、「あの鎮守府は艦娘からもぎ取った手足を材料にした薬で艦娘をドーピングしている」と言う噂が…



161:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:46:59.24 ID:/0X7OTESO

真理の扉を開きかける



164: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:52:05.82 ID:/n2pIPoa0

霞「……何も起こらないみたいね」


提督「……!」


霞「どうしたのよそんな変な顔して。というより司令、背縮んだ?」


川内「ち……違う!」


明石「かかかかかかかか鏡!」


霞「鏡?後ろにあるじゃない」クルッ


霞「…………」


北上「あの~……霞?」



167: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 20:57:21.54 ID:/n2pIPoa0

霞「……鏡に映ってるのは私よね?」


霞「私……こんなに背高かったかしら?」


霞「そうね…ちょうど金剛さんくらいの背丈になってるわね」


霞「胸もそれなりにあるみたいね…」むにむに


霞「…………」


霞「……うーん…」バタッ


北上「霞のキャパ限界だったみたいだね~」


夕張「そりゃいきなり成長したら気絶もしますよ…」


提督「と……とにかく成長した後ろの胸には誰も触らないようにするんだ!」


川内「一時的なものじゃないなら、これはパンデミックが起こるよ…」


潮「私……どうしちゃったんだろう…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:00:32.34 ID:tfd0zgv30

一日たったら元の身体に戻った

だが能力は伸びる模様



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:00:48.31 ID:SJHTsDGDO

どこからか情報を入手した艦娘が訪れる



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:00:54.54 ID:yjfmJpbtO

潮にパイタッチすると戦艦になれる噂を聞いて目を血走らせたた清霜が全力ダッシュで触りに来る



178: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 21:07:59.16 ID:/n2pIPoa0

ーー

霞「……」


北上「……どうする?まだそんなに時間は経ってないけど、霞あのままだよ?」


提督「…起きてあの姿のままなら、艤装を展開してもらおう。それで何が起こるか、だな」


夕張「また戦艦になりそうな気もしますね…」


秋津洲「潮と逆だから、もしかしたら艤装展開中は元に戻るかも!」


ダダダダダダダダッ


明石「あ……まままままた足音が…」


川内「嫌な予感しかしないね……」



181: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 21:13:41.91 ID:/n2pIPoa0

清霜「お願いします胸を触らせて下さい」土下座


北上「開幕土下座は美しいね~」


潮「もうダメです!とんでもないことが起こるかもしれないんです!」


清霜「なんでもします!私を戦艦にして下さい!!」ゴリゴリ


秋津洲「頭を地面に擦り付けるのはやめるかも!」


川内「潮さぁ、こんなに懇願してるんだし……最後の一回ってことでダメ?」


潮「川内さん…」


清霜「お願いします!お願いします!!」土下座


潮「最後の一回ですからね……」バッ


清霜「やったぁ!!私は…戦艦になる!!」


下1~3高コンマ 清霜が触った結果やその他起こったこと等



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:15:17.30 ID:SJHTsDGDO

なんかちっちゃくなった



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:15:21.64 ID:axjZVjWB0

能力は上がるが幼女になる



184:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:15:57.95 ID:Hvcp4z2po

清霜は武蔵も超える大戦艦みたいに
潮は艤装を解いても大人びた感じに



194: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 21:26:33.00 ID:/n2pIPoa0

清霜「……」


北上「……何も変わんないね」


清霜「まだ!艤装を展開すれば……」バッ


清霜「あ……!あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


秋津洲「46cm砲!大和型クラスかも!」


提督「…だが背は伸びていないようだな」


北上「トップヘビーじゃない?大丈夫?」


清霜「前の鎮守府でね、武蔵さんの主砲持たせてもらった時は重くて持ち上げられなかったの。でも今は軽々動かせるよ!ほら!」キュイッ


夕張「じゃあ本当に戦艦になったってことですか…」


清霜「早く試したい!司令官、出撃しちゃダメ!?」


提督「…出撃は危険だ。とりあえず演習で様子を見てくれ」


清霜「わかった!準備してくるね!!」ダッシュ


北上「早…速力は駆逐のままか…」



195: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 21:30:20.91 ID:/n2pIPoa0

潮「やっぱり…変なことが起こりました…」


秋津洲「ん?潮って元々そんな背丈だったかも?」


明石「もももももう少し…小さかったような…」


川内「もしかしてあの状態で胸を触られると、潮が成長するの?」


潮「意味がわかりません~!」


北上「何にせよ、胸を触らせるのはもう終わりだね」


提督「…この効果がどれくらい続くのか気になるな」


霞「……そうね」ムクッ


夕張「霞ちゃん、大丈夫なんですか?」


霞「ええ…それより司令、私も清霜と演習してくるわ。艤装がどうなってるか知りたいの」


提督「…気をつけるんだぞ」


下1~3高コンマ 演習の結果やその他起こったこと等



196:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:31:42.72 ID:tfd0zgv30

めでたく霞も戦艦クラスに



197:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:32:27.48 ID:ZLd6E3YH0

艤装のサイズはそのままに威力が倍増
同時に霞たちがおっぱい好きになる



198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 21:33:27.45 ID:FrrQahmZO

ここにくるまで潮にくっつかれ続けていた川内

艦装展開すると潮と同じくムチムチ戦艦に



204: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 22:18:47.27 ID:+7CyjikGO

ーー


霞「はぁ…めでたく私も戦艦デビューね…」


清霜「でも私より主砲は小さかったね」


霞「ちょうど金剛型程度ってところね」


清霜「でもいいじゃん!艤装解除しても体大っきいままだよ!」


霞「いきなり大きくなっても不便なだけよ…」


清霜「でもこことか大きくなって嬉しくない?」むにゅ


霞「……否定はしないわ」


清霜「だよねー!」



205: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 22:22:32.05 ID:+7CyjikGO

霞「それより清霜はあまり嬉しそうじゃないわね」


清霜「もちろん最初は嬉しかったよ!でもこの主砲も武蔵さんと一緒だなって思ったらちょっと色々思い出しちゃって…」


霞「そっか、前の鎮守府の武蔵さんって……」


清霜「……うん、あのことはもう乗り切ったんだ。大丈夫」


霞「そう…辛いなら言いなさいよ?睡眠薬でもなんでも処方してあげるから」


清霜「ありがとう霞。でもまさか私達が戦艦に…実感ないな~」


霞「私もよ。調べることが多くて嫌になりそう…」



206: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 22:27:49.37 ID:+7CyjikGO

清霜「でもこの鎮守府は戦艦少なかったし、ちょうどいいんじゃない?」


霞「貴女はそれでいいでしょうけど、私は金剛型レベルよ?そんなに役に立つかわからないわ」


清霜「あ~それって他の金剛さん達に失礼だよ!」


霞「……いいのよ別に」


清霜「…………ん?」


霞「どうしたのよ?」


清霜「……私は武蔵さんと縁があるというか、昔色々あった」


清霜「皐月は戦艦の誰とも何も無かったから…ステータスが上がった」


清霜「霞…質問なんだけどさ、前の鎮守府で金剛型の誰かと何かあった?」


霞「それは……」


清霜「答えたくないならいいよ。少し気になっただけだから」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 22:29:45.01 ID:tfd0zgv30

…誰にだって触れられたくない過去のひとつや二つあるでしょ?



208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 22:29:49.18 ID:q6D9Hcdt0

無いわ……何も無かった。安心していいわ。



209:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 22:29:59.33 ID:YC9cszE3o

言いたくない



212: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 22:46:40.87 ID:+7CyjikGO

霞「言いたくないわ」


清霜「何も無いじゃなくて、言いたくないってことはそういうことなんだね」


霞「…それがどうしたっていうの?」


清霜「武蔵さんはもう…遠くに行っちゃったから二度と会えない。だから私は武蔵さんの後を継いだというか……そういうのがあるのかなって思ったの」


霞「……そう」


清霜「だからさ、もしかしたら潮の胸はそういう効果があるのかもよ」


霞「……どんな効果よ。全く…」


清霜「でも説得力はあるよね?」


霞「知らないったら!!」


清霜「あ、ごめん……」


霞「…もう!司令の所に帰るわよ!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 22:48:24.61 ID:axjZVjWB0

皐月が潮の言うことしか聞かず、潮以外を信じなくなる



214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 22:49:33.08 ID:ZLd6E3YH0

皐月のおっぱい好きが悪化する



215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 22:49:54.68 ID:manB+YCA0

検査の結果体の変化は恒久的なものと判明する



222: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 23:16:48.31 ID:7K5PlUXk0

ーー


夕張「……今回の潮ちゃんのオッパイ事変で起こった変化は、恒久的なものであると判明しました」


明石「いいいい遺伝子が…おおおお置き換わってる…そうです…」


霞「つまり私はずっとこの体ってことね…」


清霜「私も艤装は戦艦になったままってことか~」


皐月「僕はこのままがいいな!自分でも強くなった実感があるから!」


潮「なんで…なんで私の胸でこんなことが…」


北上「それはもう、諦めよう」



223: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 23:18:58.93 ID:7K5PlUXk0

秋津洲「潮はあれから誰にも胸は触らせてないかも?」


潮「はい…艤装展開中に胸を触られたことはありません」


川内「そもそもずっと私の側に居たからね」


北上「でも気になるよね~どこまで効果が及ぶのかとかさ」


潮「もう触らせません!川内さんに頼まれても無理です!」


夕張「大丈夫ですよ、こちらとしても事態がややこしくなられたら困るんです」



224: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 23:22:21.42 ID:7K5PlUXk0

川内「ねぇ潮、そこをなんとか頼めない?」


潮「嫌です!」


北上「川内からそんな事言うなんて、どうしたのさ?」


川内「実はさ、どうしても触ってみて欲しい人がいるの。清霜の説が正しいのなら、自分自身に強い気持ちというか、後悔があったりする人が触ったら元に戻ると思わない?」


北上「まさか……」


川内「うん、龍驤さんに触ってみて欲しいなって思うの」


夕張「それは、そんなの……」


秋津洲「そもそも駆逐艦以外に効果があるかわからないから危険かも。あまりオススメしないかも」



225: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 23:26:09.62 ID:7K5PlUXk0

川内「うん、だからさ……来て、漣」


漣「私が…呼ばれたのは…そういう理由…ですか…」ズリズリ


北上「漣……」


漣「駆逐艦で…自分に後悔がある…条件には…当てはまってますな…」


川内「条件的には島風でもよかったんだけど、私は漣にやって欲しかったの」


漣「潮殿…なんとか…頼めませんか…?」


潮「そんな風に言われたら断れないよ……」バッ


漣「うへへ…雲龍さん超えの…パイオツ…いいですなぁ…」むにゅ


下1~3高コンマ 漣が触った結果やその他起こったこと等



226:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:27:13.54 ID:Ueiqi/8XO

元の体に戻る

猫耳と猫尻尾が生えた上で



227:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:27:32.13 ID:ZLd6E3YH0

四肢が傷も消えてちゃんと動くようになる、バストも5cmアップ



228:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:27:43.93 ID:Hvcp4z2po

漣は少し手足がしっかりする
潮は更に大人っぽく



231: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 23:37:56.77 ID:7K5PlUXk0

漣「…………」


川内「どう、漣?」


漣「いける……これなら連装砲…持てます…!」グッ


秋津洲「左腕がちゃんと曲がるようになってるかも!」


漣「右脚も…多少…マシになりました…!」グッ


夕張「凄い!本当に効果があるなんて!」


明石「ででででも…ううう潮ちゃんが…」


潮「うぅぅ…また背が…少し伸びました…」



233: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 23:44:27.44 ID:+7CyjikGO

北上「漣がこれなら龍驤さんと島風も元には戻らないっぽいね」


夕張「欠損部分が多少短くなる程度の可能性が高いですね」


川内「漣、その状態で艤装出せる?」


漣「や…やってみます…」


川内「まだわからないよ。これで漣に変化があるなら、龍驤さんもなんとかなるかもしれない!」


漣「出でよ…漆黒の堕天使…!」バッ


下1~3高コンマ 漣に何か変化はあった?何も無いも可



234:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:46:20.33 ID:ZLd6E3YH0

元通りに展開できる、展開後は体がまともに動く



235:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:47:21.24 ID:QKQvGLCao

出した瞬間拒絶反応みたいなのが出て中止



236:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:48:13.46 ID:manB+YCA0

言葉通り黒い羽&堕天使っぽい服装とともに艤装が展開される&大人びた姿に



240: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/26(土) 23:56:16.01 ID:+7CyjikGO

違うんですそんなつもりじゃなかったんです
漣が言いそうな台詞を書いただけなんです



再安価下1~3高コンマ でお願いします



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:58:22.42 ID:ZLd6E3YH0

え、再安価?
なら>>234



242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:59:21.50 ID:QKQvGLCao

>>235



243:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 23:59:39.68 ID:Zvt7zgvc0

>>234
しかし、体力を使う



244: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 00:10:55.63 ID:FudB44Dk0

漣「艤装は問題無く綾波型のものですね…」キョロキョロ


北上「漣!」


漣「え、あれ……ちゃんと喋れてる!体が動く!」


川内「やっぱり!そういう効果もあるんだ!」


漣「でも気を付けた方がいいですな。何があるかわからないですぞ…っと」


漣「調子に乗ると…すぐ終わる…ってやつです…」


秋津洲「ますます謎かも…」


明石「ややややっぱり…ううう潮ちゃんは…かかか艦娘じゃ…ななない…」


ーー



261: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 19:20:47.98 ID:FudB44Dk0

ーー

漣「ご主人様…あれから様々な…ことが…わかりましたな…」


漣「キヨシーモの火力と…ステータスは…大和型そのもの…霞氏は…金剛型で…確定しましたな…」


漣「潮殿も…調べたかったですが…部屋から出て…きません…」


提督「…相変わらず川内の部屋で籠城か」


漣「それと…漣の艤装は…恐ろしく…燃費が…悪くなっていました…」


漣「長距離移動は…難しいです…」


提督「…遠征は難しいということだな」


漣「そういうことです…」



262: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 19:25:43.90 ID:FudB44Dk0

漣「あと…これは直接関係するかは…わかりませんが…一応報告…しておきます…」


漣「キヨシーモは…艤装を見る度に…今は亡き武蔵さんを…思い出しているようで…センチメンタルしてます…」


漣「逆に…霞氏は…艤装を見る度に…イラついてますな…」


提督「いずれも過去のことを思い出して…か」


漣「特に…霞氏は…自分の体調から…何まで変わったのも…イライラの原因かも…です」


漣「ご主人様…よければ…フォロー…してあげて…下さい…」


提督「…それより、漣はどうだ?」


漣「私…ですか…?」



263: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 19:31:19.22 ID:FudB44Dk0

提督「艤装を展開すればスムーズに喋れるし、過ごしやすくなるだろう?」


漣「あぁ…そういうこと…ですか…」


漣「では…失礼して……」バッ


漣「…ご主人様、漣は普段こうやって艤装を展開するつもりはありません」


漣「あぁなってしまったのは私への罰です。それを甘んじて受け入れることにしたんです」


提督「だが…」


漣「ご主人様の前で艤装を展開する時は、こうやって土下座をするときだけです」土下座


提督「…!やめてくれ漣!」


漣「ご主人様の頼みでもこればっかりは無理です」


提督「やめるんだ…!」グイッ


漣「……優しすぎるのは罪ですよ」



264: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 19:35:22.08 ID:FudB44Dk0

漣「感謝の正拳突きならぬ土下座はご主人様の部屋に向けて毎日してます。もちろんご主人様の知らない所で、ですよ」


提督「もう…許したと言ったじゃないか…」


漣「漣が納得してねぇんです。ほら、こんな私より解決することがあるでしょう」バッ


漣「キヨシーモの…様子を見に行きますか…?それとも…霞氏の…部屋にでも行きますか…?」


漣「他にやることが…あるなら…そっちを…しましょう…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



265:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 19:36:58.15 ID:uSpFLz1TO

皐月が川内(潮がいる)の部屋に押し掛けてる



266:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 19:38:05.07 ID:J7kDBu040

清霜の様子を見に行く



267:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 19:38:11.40 ID:cI0WnbpYo

叫び声が聞こえる。
提督達が駆けつけるとそこには前より小さくなった霞が



268: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 19:50:40.06 ID:FudB44Dk0

いやぁぁぁぁぁぁぁぁ~~!!


提督「今の声は…!」


漣「霞氏…ですな…」バッ


提督「何かあったのか…漣、緊急事態だ」


漣「了解…です…」バッ


漣「ご主人様急ぎましょう!全力ですぞ!」


提督「わかってる!」



269: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 19:53:34.70 ID:FudB44Dk0

ーー霞の部屋


提督「霞、どうしたんだ!?」ガチャ


漣「こ、これは!!」


霞「なんでこんな姿に…」ちまっ


漣「ロリータ!ロリ霞氏ですぞ!」


提督「大きくなる前より縮んでないか?」


漣「丁度海防艦クラスですな」


提督「霞、一体何があったんだ?」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



270:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 19:55:21.50 ID:geJKeVOPo

なんだか疲れて力が抜けたと思ったら小さくなっていた



271:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 19:56:25.30 ID:SdFM+EhZO

あの艤装で演習して、艤装解除したらこんな姿に…!



272:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 20:01:02.33 ID:uSpFLz1TO

昔のいざこざを忘れようと思ったらこんな姿に…



273: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 20:08:56.49 ID:FudB44Dk0

霞「なんだか疲れて力が抜けたと思ったら…小さくなってたのよ」


漣「だから…叫んじまったん…ですね…」


霞「そりゃそうよ!背が縮んだのよ!?」


提督「…霞、本当にそれだけか?」


霞「今言った通りのことよ!司令は何を言ってるの!?」


提督「いや…霞のことだから何か薬でも飲んだんじゃないかと思ったんだ」


漣「なるほど…霞氏といえば…お手製の薬…」



274: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 20:11:46.68 ID:FudB44Dk0

提督「もしそうなら元に戻る薬も作れる可能性があるんじゃないか?」


漣「今回が…縮み過ぎたので…調整すれば…元通り…」


提督「潮や清霜も戻れるかもしれん。清霜に関してはそのままでいいと言うかもしれないが…」


漣「霞氏…薬って…飲んでました…?」


提督「飲んでないならいいんだが、もし飲んでたなら、どんな薬か教えてくれないか?」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



275:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 20:14:21.69 ID:5ry1SfmgO

薬を飲んだわけじゃないから…
それと小さくなったら疲れもなくなったの。
なんだかちょうどいいって感じに。



276:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 20:14:38.95 ID:4QF/WRvhO

薬じゃないけど、この前(7スレ目)採ってきた毒草を調合しようとしてたわ



277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 20:14:52.74 ID:J7kDBu040

新しく調合した仮死薬APTX4869と名付けた薬を飲んだだけよ



279: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 20:32:53.46 ID:FudB44Dk0

霞「薬は飲んで無いけど、この前採ってきた毒草を調合しようとしてたわ」


漣「乾燥が終わって…調合を…しようと…してたと」


霞「その途中で突然疲れてきて、気がついたらこうなってたのよ」


提督「その草が原因かどうかはわからないのか?」


霞「そうね…そういえばいつもはマスクをするんだけど、今日に限って忘れてたわ」


漣「なら…可能性はあると…」


提督「…よし、なら試してみよう」



280: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 20:35:24.48 ID:FudB44Dk0

ーー

潮「ほんとに元に戻るんですかぁ…?」


提督「…その可能性があるということだ」


川内「まあさ、痛いことするんじゃないんだし協力してよ!」


潮「川内さんがそう言うなら…」


霞「じゃあ私がやってた通りにしてもらうわ」


漣「大丈夫ですか…素人がやって…」


霞「私が側にいるから大丈夫よ」



281: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 20:38:52.52 ID:FudB44Dk0

川内「私達は離れてた方がいいよね?」


霞「そうね、だから部屋の外で待ってて」


漣「あい……」


提督「これで何か進展があればいいんだが…」


霞「いい潮?この草を0.5gとこの葉っぱ1gを乳鉢ですり潰すの」


潮「こう…?」


霞「もっとゆっくりよ、それに慎重に…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



282:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 20:40:09.23 ID:ZgfW00g90

艤装は戦艦のままだが姿形は艤装を展開しても
変わらないようになった。



283:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 20:40:12.27 ID:J7kDBu040

駆逐艦の頃の見た目に戻った、が
胸も駆逐艦になった



284:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 20:40:27.70 ID:geJKeVOPo

あまり変化はなく



289: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 20:56:46.03 ID:FudB44Dk0

ーー

潮「あの…次は……」


霞「もういいわ、ここまでやって何も無いってことは効果は無かったみたいね」


潮「そうですか…」


漣「なら…なんで霞氏は…小さくなってんで…しょう…」


提督「他に原因があったのか…それとも……」


川内「単純にさ、時間切れとかじゃない?あれから何日か経ったでしょ?」


漣「元に…戻ったなら…そうでしょうが…霞氏の場合…縮んでますので…」


川内「うーん、そっか…」



290: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:00:16.51 ID:FudB44Dk0

潮「あ、でも……私の身長は、少し縮んだ…ような…気がします…」


川内「本当?」


漣「本人は…わかってると…」


川内「ひょっとして効果が切れたから、その分潮の身長も戻ったとか?」


提督「なら清霜の所にも行ってみるか」


霞「私は部屋で待ってるわ。何かあったら嫌だし」


漣「じゃあ…行きましょうぞ…」


下1~3高コンマ 清霜の様子やその他起こったこと等



291:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 21:01:42.91 ID:5ry1SfmgO

艤装を展開する度ちょっとずつちょっとづつ色々大っきくなってる



292:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 21:02:06.32 ID:lcRlexI90

提督を待ちくたびれて
首がフラミンゴ状態に



293:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 21:02:20.04 ID:KdAVzCXbO

身長は元に戻ったが3サイズは変化前よりも2~3cmほど良くなってた



294: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:16:23.60 ID:FudB44Dk0

ーー

漣「キヨシーモ…何か変わったことは…無いですか…?」


清霜「変わったこと、うーん……あるにはあるね」


川内「何があったの?」


清霜「あのね、その……胸とかが…大っきくなってるの」


漣「ほほう…」


清霜「それも艤装を展開する度に、少しずつ大きくなってる気がするの」


提督「背はどうなんだ?」


清霜「測ってないからわからないけど、伸びてたとしても気付かないレベルだね」



295: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:19:16.45 ID:FudB44Dk0

漣「艤装は…相変わらず…ですか?」


清霜「うん、戦艦のままだよ」


提督「元に戻ったという考えは間違っていたか…」


川内「そうなると霞はどうしちゃったんだろ?」


清霜「霞がどうかしたの?」


漣「背が…大きくなる前より…縮んだんです…」


清霜「えぇ!?それって大丈夫なの!?」


提督「海防艦のような見た目になったくらいで、他に不都合は無さそうだったぞ」


清霜「海防艦……」


漣「どうしました…キヨシーモ…」



296: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:24:33.24 ID:FudB44Dk0

清霜「司令官、私の艤装は武蔵さんのかもって話はしたよね?」


提督「…あぁ、それで霞は金剛型だと。どちらも過去に色々あって…」


清霜「そこだよ!もし潮のオッパイが大切な人や引っかかる人の艤装に関係してるとしたら…」


清霜「例えば私なら武蔵さんの次は長門さんかな。だから次に変わるとしたら長門型だと思う!」


川内「…清霜は何を言ってるの?」


清霜「え~~っと、うーん……うまく伝えられないよ…」


漣「漣は…わかったかも…しれません…」


清霜「なら漣!かわりに説明して!」



297: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:29:22.05 ID:FudB44Dk0

漣「要は…その大切な人が…切り替われば…見た目が変わるかも…ということですな…」


提督「…つまり清霜で言えば次点は長門だと?」


漣「はい…その切り替わる…きっかけは…わかりませんが…もしその人が……一番大切な人が…生きていたとして…」


漣「その人が…死んでしまったら…次点の人に…切り替わる…というのは…考え過ぎですか…?」


提督「…ん?」


川内「……!!」


提督「川内はわかったのか?」


川内「わかった…!けどそれだと霞は!」


漣「悲しい…ことになるかも…しれません…」



298: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:32:40.75 ID:FudB44Dk0

川内「提督、はっきり言えば霞と何か因縁か何かあった金剛型の誰かが死んだかもしれないの」


提督「…そうか、そういうことか」


清霜「ならさ、いきなりこれを言うんじゃなくて海防艦と仲が良かったか聞いてみるのがいいんじゃない?」


漣「それがいいです…まだ…確定したわけじゃ…ありません…」


清霜「そもそも別のことが原因かもしれないからね」


提督「…よし、なら霞の部屋に戻ろう」



299: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:34:10.01 ID:FudB44Dk0

ーー霞の部屋


霞「あら、清霜は何も変化が無かったのね」


清霜「うん、まぁね…」


川内「あのさ霞、ちょっと質問いい?」


霞「なに?」


漣「前の鎮守府で…海防艦の誰かと…特別…仲が良かったり…しましたか…?」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



300:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 21:36:26.01 ID:J7kDBu040

……知らないわ



301:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 21:37:11.11 ID:0YbSoDFw0

松輪の世話をよく焼いてたわね



302:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 21:37:45.65 ID:uSpFLz1TO

当時はまだ海防艦、発見されてなかったわよ?



308: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:49:27.08 ID:FudB44Dk0

霞「何言ってるのよ、当時はまだ海防艦なんて居なかったわよ?」


清霜「あ、そっか……」


漣「なら多分…違いますね…」


川内「うん、これでよかったんだよ」


霞「何よ、この質問に何の意味があったの?」


提督「…気にしないでくれ」


霞「何よそれ?こっちは身長伸びたり縮んだりしてイライラしてるってのに」


提督「…すまない」



309: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:53:11.47 ID:FudB44Dk0

川内「ねぇ、次は潮に艤装展開してもらって、何か変わってないかチェックしない?」


清霜「やっぱり潮が鍵だよね~」


提督「…川内、なんとかしてくれるか?」


川内「私の言うことなら聞いてくれると思うから、なんとか説得してみるよ」


提督「…よし、なら潮と工廠へ行こう。霞、邪魔して悪かったな」


霞「なんなのよ、もう……」



310: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:55:35.28 ID:FudB44Dk0

霞「ま…色々と焦る気持ちもわからないでもないわね」


霞「私だって、明日どうなってるかわからないし…」


漣「あの……」


霞「うひゃあ!?びっくりしたわね!行ったんじゃなかったの!?」


漣「一応…言っておこうかと…思ったことが…ありまして…」


霞「もう!それなら早く言って!」


漣「実は……」



311: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 21:59:13.80 ID:FudB44Dk0

ーー

霞「…………」


漣「あくまで…仮説ですし…霞氏が…過去に何があったかは…知りません…」


漣「ただ…知らないよりは…いいかと思ったので…」


霞「…そう」


漣「それでは…漣は…行きますね…」ガチャ


霞「…………」


霞「…ただの偶然よね。気にすることはないわ」


霞「だから…前の鎮守府に、確認するだけ…」スッ


霞「大丈夫…非通知でかけるし…匿名を名乗れば…」ピピピッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



312:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:01:00.30 ID:eEG9w99co

潮サイド
全く変化なし(ダイナマイトボディのまま)



313:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:01:42.03 ID:NqD2grHDO

海防艦の一人が服毒死したらしい



314:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:02:00.32 ID:5ry1SfmgO

前の鎮守府の金剛型全員(比叡除く)が比叡の昇天料理で生死の境目にいるらしい
+>>312



315: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 22:14:47.29 ID:FudB44Dk0

ーー

霞「……」ピッ


霞「はぁ…………あのクズ料理戦艦…」


霞「何よ…料理で金剛型全滅って……」


霞「でもこれでお姉様…違う!金剛型が元気になれば、漣の言ってたことは当たってることになるわね」


霞「そうだとしたら……嫌だわ………」


霞「はぁ……」



316: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 22:18:58.51 ID:FudB44Dk0

ーー工廠


漣「潮殿は…相変わらず…ダイナマイッ…ボデー…」


潮「うぅぅ~!」ムチムチ


川内「まぁまぁ、艤装展開しても何も変わらないってことがわかったからいいじゃん!」


提督「北上、あれから何か分かったことはないか?」


北上「そりゃああるけどさ、何系の話か言ってくれないと」


提督「なんでもいい、この一連の騒動のことに関係すればいい」


北上「安価」


下1~3高コンマ 北上の台詞、行動他



317:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:21:57.89 ID:7quMBEwM0

島風が手足が完全に戻った夢を見た
潮を見たからなのか正夢なのかは分からないけど



318:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:22:19.18 ID:eEG9w99co

潮川内に外してもらってから

「まあ潮あれ艦娘じゃないよね」



319:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:23:44.05 ID:AjRrb/fd0

潮と入渠した川内がちっちゃくなった



324: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 22:38:04.11 ID:FudB44Dk0

北上「島風が手足が完全に戻った夢を見たんだってさ。潮を見たからなのかは分からないけど、今までそんな事はなかったって言ってたよ」


提督「島風が……」


北上「ねぇ潮、やっぱり頼めない?島風が治るかもしれないんだよ~」


潮「でも…また身長が伸びちゃいます…」


川内「でも少し縮んだし…なんとかならない?」


潮「うぅぅぅ……」


島風「……隙あり!」


提督「島風!?」



325: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 22:40:12.24 ID:FudB44Dk0

島風「私は手は無いけど、体があるもん!」ダダダッ


提督「おい島風…!」


島風「潮、そのまま艤装展開しててよ!」


潮「ひ、ひゃあぁぁ~~!」


川内「危ないって島風!もう少しゆっくり…!」


島風「えーーい!」むにゅん


下1~3高コンマ 島風の様子やその他起こったこと等



326:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:42:32.60 ID:J7kDBu040

艤装展開の有無を問わず浮翌遊機能を会得した



327:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:42:37.05 ID:6OKCC06cO

吐血する



328:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 22:43:02.01 ID:ZgfW00g90

深海棲艦の装甲のような手足が生えてくる
が、ひどい高熱に魘される



330: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:01:13.16 ID:FudB44Dk0

島風「……なんだ、手か脚が生えると思ったのに…」


提督「島風、お前…!」


島風「え…?」


川内「浮いてるよ!ほら!」


島風「え、えぇ…?」フワフワ


北上「島風、その状態で進める?」


島風「進むも何も……わわわっ!」フワフワ


川内「危ない!そのままだと天井にぶつかるよ!」


提督「降りてくるんだ島風!」


島風「そんなこと言われても……」フワフワ



331: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:04:29.62 ID:FudB44Dk0

潮「うぅ…結局背が伸びてプラマイゼロです…」


北上「やっぱり潮の背は伸びると。まぁそれより今は島風だよね」


提督「島風!なんとかコントロールできないのか!?」


島風「無理~~!」フワフワ


川内「あ、天井に……」


島風「きゃあっ!」ガシャン


北上「ぶつかっちゃったね~」


島風「助けて~~!誰か~~!」ジタバタ


川内「島風!とりあえず大人しくしてて!」



333: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:08:09.18 ID:FudB44Dk0

提督「今は余計なことはしないでくれ!マットを用意するまでそのままだ!」


北上「変なことは考えちゃダメだからね!」


島風「変なことって……そんなの…」


川内「だから考えちゃダメだって!」


潮「あ、天井から離れてきてます……」


島風「あ、落ち……………」フッ


提督「島風!」


潮「きゃあぁ~~!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



334:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:10:48.44 ID:Ah5EoylBO

島風と潮の頭がゴッチ○コ

するとあら不思議!島風に手が生えてきました



335:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:11:47.81 ID:cI0WnbpYo

川内が無事受け止め無傷…と思ったら今度は見た目が変わらずじわじわ重くなり始める



336:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:11:57.54 ID:7quMBEwM0

>>334



338: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:20:53.29 ID:FudB44Dk0

川内「とりゃ~~!」ガシッ


島風「あ…ありがとう川内…」


提督「危なかったな…」


北上「危機一髪だったね~」


潮「よかったです…」


川内「う……ぐ………」


提督「川内?どこかぶつけたのか?」


川内「違…う………」



339: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:24:41.74 ID:FudB44Dk0

川内「ぐえ……」ドサッ


北上「どうしたの?島風に騎乗位でもして欲しいの?」


川内「島風……重く…なってる……」


提督「どういうことだ?」


川内「言葉の…通り……うぐ…」


島風「何これ!自分が石像みたい!」


北上「島風、全く動けないの?」


島風「………!!」


提督「島風?」


北上「まさか唇まで重くなってるとか?」


提督「さっきから何が起こってるんだ!?」



341: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:27:06.74 ID:FudB44Dk0

川内「ぎゅ……ぇ……」


北上「とにかく島風をどかさないと!」


提督「だがこんな重いのをどうやって動かすんだ!?」


川内「ぎ………」ブルブル


北上「でも早くしないと川内がヤバい!」


潮「私が…やります!」バッ


提督「潮!」


潮「島風ちゃんを私の胸に当たれば、何か起こるはず!」むにゅ


下1~3高コンマ 島風の様子やその他起こったこと等



342:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:28:47.60 ID:Ah5EoylBO

島風も戦艦デビューする

手足?艤装展開時に映えますがなにか?



343:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:29:11.12 ID:YvGsXSROO

ピンボールの球のように弾き飛ばされ壁に当たりながら吹き飛んでいく島風



344:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:29:13.10 ID:ZgfW00g90

>>328+重さは正常になる



348: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:36:27.44 ID:FudB44Dk0

島風「あ…………戻った!」スッ


提督「川内、大丈夫か!?」


川内「うぇ……な…なんとか…」


北上「危なかったね~もう少し乗ってたらヤバかったよ~」


川内「勘弁してよ…もう……」


潮「う…やっぱり背も…胸も……大きくなってる…」



349: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:39:23.69 ID:FudB44Dk0

北上「でもなんだったろう今のは?」


提督「軽くなったあと、重くなった?……訳がわからないな」


北上「島風、一応艤装展開してみてよ。多分何もないとは思うけどさ~」


島風「なら義足外さないと。提督、手伝って!」


提督「よし、少し待ってろ」


潮「川内さんごめんなさい、私のせいで…」


川内「大丈夫、大丈夫…潮は悪くないって…」



350: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:43:37.22 ID:FudB44Dk0

ーー

島風「よし、じゃあいきまーす!おいで連装砲ちゃん!」バッ


島風「……あれ?連装砲ちゃん?」


連装砲ちゃん「!!」


島風「連装砲ちゃん?なんで私の艤装に…………」


島風「へぇ……?」


北上「まーた駆逐戦艦の誕生か…」


提督「いやそれより…!!」


島風「私…手と脚……生えてる…」


川内「こんなことって…」



351: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/27(日) 23:45:53.42 ID:FudB44Dk0

潮「連装砲ちゃんが…主砲ちゃんになってます」


提督「見た目は35.6cm砲になっているのか…」


連装砲ちゃん「!!」ギュルギュル


北上「嬉しいのかぐるんぐるん回ってるね~」


川内「島風、手と脚…よかったね」


島風「安価」


下1~3高コンマ 島風の台詞、行動他



352:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:46:44.81 ID:J7kDBu040

提督!写真取って!私の提督に送るの!



353:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:50:05.28 ID:eEG9w99co

演習の時間だあああぁぁぁぁあああ



354:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/27(日) 23:54:25.44 ID:AjRrb/fd0

陸奥みたいなしゃべり方になる



355: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 00:03:52.55 ID:08qv8dVh0

島風「提督!写真取って!私の提督に送るの!」


提督「それはいいが…いきなりこんな写真見て混乱しないか?」


島風「いいから早く!私の提督なら分かってくれるから!」


北上「はいはい、今用意しますよ~っと」


島風「おっそーい!早くして早く!」


川内「あれは…長門型の艤装かな…」


潮「でも主砲ってあれでしたか?」


川内「それはまぁ、連装砲ちゃんの限界がそれだったってことだよ」


島風「やったね連装砲ちゃん!これで一緒に戦えるよ!」


主砲ちゃん「!!」ギュルギュル


ーー



385: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 19:19:59.11 ID:DHgKte5QO

ーー


提督「……霞と清霜が倒れて二日か」


北上「相変わらず原因は不明だよ~」


明石「ででででも…わかったことは…ひひひひとつ…あります」


夕張「恒久的だったはずの変化から元に戻っています」


秋津洲「霞は背が元通りになって、清霜は艤装が駆逐艦のに戻ったかも」


北上「二人が倒れたのも、その変化を確認してからだね~」



388: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 19:24:15.30 ID:DHgKte5QO

夕張「潮ちゃん背も戻ったので、何もかも元通り…なら話しは早いんですが…」


提督「漣はあれから何も無いんだな?」


漣「はい…腕は動かし…やすいですし…」バッ


漣「こうやって艤装を展開すれば、流暢に喋れるのはかわりません」


北上「そこが謎なんだよね~漣と島風が何も無いっていうのが」


島風「私はずっと艤装展開してるけど、なんにもないもん!」


主砲ちゃん「!!」


夕張「ずっと展開なんて疲れませんか?」


島風「平気だもーん!」



389: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 19:28:32.92 ID:DHgKte5QO

北上「漣はさ、ほんとになんにもないんだよね?」


漣「うーん強いて言うなら、艤装展開中は少し偏頭痛が起こるくらいですかね」


秋津洲「前まで無かったのが急にするようになったかも?」


漣「はい、ですが我慢できる痛さですし、日常生活に支障は全くありません」バッ


漣「それに…艤装を解除…すれば…頭痛も…消えます」


北上「ますます謎だよね~~」


明石「しししし島風ちゃんは…ずずず頭痛…ない?」


島風「無いもーん!島風は元気いっぱいだもーん!」くるくる


北上「脚が生えたからって、調子に乗ってたらケガするよ~」



390: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 19:39:33.38 ID:08qv8dVh0

提督「…とにかく、北上達は霞と清霜の様子を見てあげてくれ」


北上「了解、何かあったらすぐ教えるからね~」


夕張「漣ちゃんは少し検査してもいい?」


漣「どうぞ…漣を使って…下さい…」


明石「ししし島風ちゃんは…」


島風「それじゃあ失礼しま~す!」ダッ


秋津洲「あ、ちょっとー!まだ行っちゃダメかもー!」


夕張「仕方ないですね、島風ちゃんは後にしましょう」


秋津洲「もう、自由なんだから…」



391: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 19:41:55.96 ID:08qv8dVh0

島風「ふんふーん!」くるくる


島風「義足も良かったけど、やっぱりこうやって自分の脚で歩いたりするのはいいよね~」


主砲ちゃん「!!」


島風「そうだよね、連装砲ちゃんもそう思うよね!」


島風「私はずっとこのままで……!」ドクン


島風「うぐ……!!」


島風「ゲホッ!ゴホゴホッ……!」


島風(血…………)


主砲ちゃん「!?」


島風「だ……大丈夫だよ連装砲ちゃん、何も無いから」



392: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 19:46:39.51 ID:08qv8dVh0

主砲ちゃん「!?」


島風「嘘じゃないって!本当に大丈夫だから!」


主砲ちゃん「……」


島風「多分…これは私の手足の代償なんだよね…」


島風「……いいもん」


島風「これくらい、辛くもなんとも無いもん」


島風「それに……」


島風「死んだら、提督の所に魂はいけるもんね」


島風「待っててね提督…私、やっぱり直接会いたいんだ…」


島風「提督……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



393:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 19:48:25.71 ID:azxxqUiE0

ほぼ同時刻、潮も急激に衰弱
生命維持装置が必須の状態に



394:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 19:49:36.90 ID:IhQG+thmO

島風提督が崩壊した最前線鎮守府に就任する

ただし艦娘はおろかろくに資材もなく、明らかに殉職させるためと思われる



395:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 19:49:49.47 ID:XvpDwhuVO

変化が大きいほど体や精神への負担が大きいことがわかる



401: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 20:01:04.75 ID:08qv8dVh0

ーー某鎮守府


島風提督「あそこから出れたと思ったら…そういう意味だったんだな」


島風提督「艦娘はおろか、資材まで無いということは……俺に死ねということなんだろう」


島風提督「フンッ、塀の中で一生を終えるよりかはマシか」


島風提督「どうせ俺はどうやっても許されん。なら最期はお国のために有り難く死なせてもらう…馬鹿らしくて反吐が出る」


島風提督「今更命乞いはしないが、一つ後悔があるとするなら……」


島風提督「……島風は元気にしているだろうか」



402: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 20:05:40.87 ID:08qv8dVh0

島風提督「俺の人生で唯一無二の存在、島風…」


島風提督「あいつは俺にとって星であり月であり太陽だった」


島風提督「島風からの手紙だけが、俺の生きる意味だった」


島風提督「……島風はあの鎮守府に居るんだよな」


島風提督「最期くらい声を聞きたいが…俺が外に出てるのばバレるのは避けたい」


島風提督「あのカニバ提督が出なければ島風に電話を繋いで……」


島風提督「…いや、とにかく電話してやろう。電話は…よし、生きてるな」


島風提督「島風……」ピピピピッ……


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



403:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:07:43.20 ID:N0yCewDao

提督が出る
背後で島風が吐血して大事になってる声が入り込んでしまう



404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:09:09.42 ID:QOHCx2JyO

島風が大変な状況だと知る
会いに行けないと悲壮感を漂わせていると
前任が使いこなせずどこかに行ってたネジが何本も飛んだ最前線メンバーが帰ってくる
そしてイカれたメンバーを駆使して島風に合うために鎮守府復活を目指す



405:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:09:30.96 ID:yBhq/wsh0

北上が出るが今、緊急事態が発生してるからまた後にしてくれと言われる



408: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 20:19:30.19 ID:08qv8dVh0

島風提督「もしも……」ガチャ


北上『ごめんなさ~い緊急事態中でーす。一般電話は今全て断ってまーす』


北上『鎮守府関係者の場合は、直通電話でお願いしまーす』


北上『クレームは一切受け付けてませんっと』ガチャ


島風提督「直通……あの鎮守府の直通番号は…知らん……」


島風提督「……ここまでということか」


島風提督「最後まで…俺に運は無かったな」



410: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 20:23:47.79 ID:08qv8dVh0

島風提督「願わくば、緊急事態が島風のことじゃないことだ…」


島風提督「食べ物を食べさせる時は、喉に詰まらないように少しずつ食べさせなければいけない」


島風提督「ただ寝かせているのもダメだ、床ずれを起こしてしまう」


島風提督「体を拭いてやる時は、力加減を間違えると痛がって嫌われる」


島風提督「島風…………」


島風提督「最期にお前に……会いたかった……」


島風提督「…………」ゴソゴソ


島風提督「もういいだろう……」スッ



411: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 20:27:15.74 ID:08qv8dVh0

島風提督「大本営のシナリオ通りに死ぬのは癪に触る。だから俺は俺自身の手で終わらせる」カチャ


島風提督「弾は一発…外すと終わりか」


島風提督「ま……頭に押し当てれば外すことは無いだろう」


島風提督「…………」スチャ


島風提督「島風…お前は……俺のことなんて気にせず…生きてくれ」


島風提督「……死んだらまた、会おう」グッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



412:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:28:49.81 ID:oVg8hkTmo

ずいぶんとシケた調子で何してるんですかぁ?
と頭のネジが外れた組筆頭の五月雨登場



413:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:29:44.75 ID:QOHCx2JyO

前任が使いこなせずどこかに行ってたネジが何本も飛んだ最前線メンバーが帰ってきたので島風に合うために鎮守府復活を目指す


鬱は勘弁もうワンチャンス



414:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:30:28.20 ID:bYYRyAsU0

バスっと拳銃から鈍い音がする
銃口から黒い泥がでてくる



417: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 20:37:11.98 ID:08qv8dVh0

五月雨「ずいぶんとシケた調子で何してるんですかぁ?」


島風提督「……」


五月雨「おら、さっさとこれに判子押して下さいよぉ」


島風提督「……これでいいか」


五月雨「は~い、これでまた鉄屑共を沈めてこれますぅ」


島風提督「……」


五月雨「おいクズ、勝手に死ねると思うなよ。お前が居なきゃこっちも動けねぇんだ」グイッ


島風提督「……」


五月雨「口もきけねぇのかよオラっ!!」ガスッ


島風提督「ぐは……」



422: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 20:42:38.02 ID:08qv8dVh0

五月雨「俺をこんなのにしたのはお前だ。じわじわ弱らせて殺してやるからな」


島風提督「……あぁ」


五月雨「あひゃひゃひゃひゃ!!あぁって!肯定すんのかよ!!」


五月雨「いいか、お前はここにいる限りは「提督」で俺は「艦娘」だ」


五月雨「死んでも勘違いすんなよクズ」バタン


島風提督「…こうなったのも全て俺のせいだ」


島風提督「あの大本営でも、あの五月雨はコントロールできなかったのか」


島風提督「死ぬまで責任を取れ…か。わかっているさ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



423:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:46:33.03 ID:N0yCewDao

ドジも無くなった有能五月雨ちゃん、提督との生活環境を整える



424:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:46:50.57 ID:xUe21DMYO

九死に一生を得た島風

カニバ鎮守府から電話がかかってくる



425:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 20:48:48.24 ID:77MMXV1e0

例の組織から接触、二人を勧誘



428: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:03:21.21 ID:08qv8dVh0

ピピピピピ…


五月雨「電話鳴ってんだろ!とっとと出ろクズ!」


島風提督「…誰だ?この鎮守府に何の用だ?」ガチャ


島風『提督!!やっぱり提督だったんだ!!」


島風提督「…島風か!?」


島風『そうだよ!あの鎮守府に新しい提督が来たっていうから、もしかしてって思ったの!』


島風提督「そうか……元気だったか?」


島風『うん、私は……ゲホッゲホッ』


島風提督「どうした!?」


島風『うぅん大丈夫、もう峠は越したって言われたから』


島風提督「やはりこの前の緊急事態はお前のことだったのか…」



429: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:06:56.45 ID:08qv8dVh0

島風『ほんとに大丈夫なの!艤装を展開する時間を制限して、不可を最小にすれば負担は殆どないの!』


島風提督「なんのことを言ってるんだ?」


島風『今から言って説明するから!待っててね提督!』


五月雨「相手は島風か」


島風提督「あ、あぁ…」


五月雨「どけ!」ゲシッ


島風提督「うぐ……」


五月雨「よぉ久しぶりだなカタワ」


島風「その声…五月雨…」


五月雨「なんだ、頭はイカれてねえようだな」



430: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:13:27.77 ID:08qv8dVh0

五月雨「こっちに戻ってくる気か?誰も世話しねぇから、勝手に野垂れ死にたきゃ戻ってきな」


島風『いいもん!もう誰の助けもいらないもん!!』


五月雨「あぎゃぎゃぎゃ!!何言ってんだガイジ!」


五月雨「そうやって電話すんもの一人じゃ無理なんだろぉ?」


五月雨「あ、た、ま、足りてるか~!?」


島風『…私ね、艤装を使う時は手と脚が使えるようになったの』


五月雨「はぁ~~!?」


島風『いいから待ってて、すぐに行くから』ガチャン


五月雨「なんだあのガイジ、頭イカれたのか」


五月雨「まぁサンドバッグが増えると思えば悪くねぇか」


下1~3高コンマ この後の展開や島風を見た五月雨のリアクション等



431:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:15:19.68 ID:yBhq/wsh0

エネルの例の顔

どうなってんだぁー?!



432:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:16:58.93 ID:5JphgjDbO

この五月雨ちゃんフォン・スパークか

おーおー、立派な手足が生えて…って生えるかぁ!?



433:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:17:22.02 ID:bYYRyAsU0

ここら辺の深海棲艦相手にほぼ無傷で来たか
実力は落ちてないみたいだな
じゃあ遊ぼうか(艤装外してファイティングポーズ)



435: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:23:57.14 ID:08qv8dVh0

ーー

島風「見て提督!!元通りでしょ!」


島風提督「これは…」


五月雨「おーおー、立派な手足が生えて…って生えるかぁ!?」


島風「言っとくけど義手と義足じゃないからね!ほら、こんな滑らかに動かないでしょ?」クネクネ


島風提督「これは現実か……」


五月雨「あり得ねぇ……んだよこれ……」



436: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:27:14.95 ID:08qv8dVh0

島風提督「島風、一体何があったんだ?」


島風「えっとね、それは……」ピピピッ


五月雨「あ?何が鳴ってやがる?」


島風「もう一時間経っちゃうのか…提督、抱き締める用意して!」


島風提督「こうか?」スッ


島風「そのまま…動かないでね!」バッ


五月雨「あぁぁ!?」


島風提督「手足が…消えた……」


島風「えへへ…提督に抱き締められてる…」



437: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:34:06.30 ID:08qv8dVh0

ーー

島風提督「艤装展開中のみ手足が使えるのか」


五月雨「嘘言ってんじゃねぇって言いたいが、目の前で見ちまったからな…」


島風「それでね、私の場合は一時間経ったらしばらく時間を置かなきゃ体に負担がかかるの」


島風提督「手足が使えるならそんなデメリットは無いも等しいな」


島風「うん!こうやって提督の側にいつでも居られるもん!」


五月雨「おい、言い換えればクールタイム中は好き勝手できんだよな?」


島風「……そうだけど」


五月雨「なら俺のサンドバッグになっても文句は言えねぇな?」


島風提督「島風には手を出すな!」


五月雨「黙れクズ!お前は俺に命令できると思ってんのか!!」


五月雨「さぁ島風…今までイライラさせられた分…倍返ししてやるよぉ…」ニタァ


五月雨「あぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!!」



下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



438:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:37:51.43 ID:zkIQR5WY0

主砲ちゃんから連装砲に戻っていた連装砲ちゃんに逆にボコボコにされる



439:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:38:13.47 ID:yBhq/wsh0

五月雨、いつもの連装砲ちゃん達の連携により簀巻きされる



440:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:38:32.54 ID:oVg8hkTmo

島風提督が何かの機械のスイッチをおすと五月雨が頭を抱えて転がり回る



444: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:47:43.21 ID:08qv8dVh0

島風提督「これは使いたくなかったが、島風に手を出させるわけにはいかない…」ポチッ


五月雨「ぐぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


島風「提督!?何をしたの!?」


五月雨「このクズ…!何をしやがった…!!」プルプル


島風提督「俺にも詳しい事はわからん。だがこれはこういう風に使うらしい」


五月雨「誰から渡された!」


島風提督「渡されてはいない。机に入っていた」


五月雨「それをこっちに寄越せ!!」ガバッ


島風提督「だから今は島風を抱き抱えているだろう!」ポチッ


五月雨「ぎゃあぁぁぁぁぁぁ!!頭が割れる!!」ゴロゴロ



445: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:52:22.97 ID:08qv8dVh0

五月雨「ぎひぃ……くききき……」


島風提督「俺はお前と違ってストレス発散にこれを押したらしない。島風に手を出さないのならこれは封印しよう」


五月雨「誰が…!」


島風提督「ならこのスイッチは俺が携帯しておく」


五月雨「クソが!!」


島風「ねぇ提督、もう大丈夫だから離して」


島風提督「もういいのか?」


島風「連続で使わなかったら大丈夫」バッ


島風「五月雨、私がいる限りは提督には乱暴させないからね!」


五月雨「安価」


下1~3高コンマ 五月雨の台詞、行動他



446:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:53:49.75 ID:N0yCewDao

お前らぜってーいつか殺してやる……



447:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:54:53.36 ID:yBhq/wsh0

くっそ!くっそ!てめぇらぜってぇ許さねぇからな!



448:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 21:55:06.00 ID:bYYRyAsU0

「………………そっか」(笑顔
拳銃を奪って海に消えていく



452: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 21:59:53.57 ID:08qv8dVh0

五月雨「………………そっか」ニタァ


島風提督「なんだその笑顔は」


五月雨「……寄越せ!」


島風提督「おい、それは!」


五月雨「バーーーーカ!」ダダダッ


島風提督「あいつ、俺の拳銃奪いやがった!」


島風「取り返してくるから待ってて!」


島風提督「島風、時間は大丈夫なのか!?」


島風「少しくらいなら平気!」ダダダッ



453: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 22:05:01.56 ID:08qv8dVh0

ーー

島風「五月雨!それ返して!」


五月雨「手あげろ」スチャ


島風「…!」


五月雨「やっと二人きりになれたなぁ、おい」


島風「貴女最初からそのつもりで!」


五月雨「おい、お前一人の為にこの鎮守府の何人が犠牲になったと思う?」


島風「それは……」


五月雨「俺は全員覚えてるぜ。ロリコンに売られた文月、キモオヤジに犯された朝潮、集団レ○プされた浜風…」


島風「もうやめて!」


五月雨「お前に俺の気持ちがわかるのか!?大切な仲間が少しずつ壊れていくんだぞ!?」


島風「それは……」



454: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 22:06:59.74 ID:08qv8dVh0

五月雨「…もう終わりにしてぇんだ」カチャ


島風「……!」グッ


五月雨「はっ、艤装展開してるお前をこんなオモチャで殺せると思ってねぇよ」


島風「……まさか!」


五月雨「先に地獄で待っててやる、クソ共」


島風「やめてぇ~~!!」ダッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



455:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:07:41.67 ID:77MMXV1e0

文月と浜風が助ける



456:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:08:09.72 ID:QOHCx2JyO

先にイカせるわけねーだろと他のメンバーが拳銃をふっとばす



457:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:09:04.75 ID:QOHCx2JyO

ここで長波さんが現れて止めるわけですよ
提督を困らせるんじゃねーよと



461: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 22:15:33.72 ID:08qv8dVh0

ドパァン!


五月雨「っ……!」カランカラン


島風「砲撃?どこから!?」


長波「おいクソ秘書艦、提督を困らせんじゃねぇよ」


五月雨「長波…!」


長波「島風、お前にも言いてぇことがあるが、五月雨をボコすから少し待ってろ」


五月雨「俺が病み上がりのメンヘラに負けるわけねぇだろ!」



463: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 22:20:20.74 ID:08qv8dVh0

長波「言ってくれるな…この!」ヒュッ


五月雨「そんな見え見えの……ぐっ!?」ドスッ


長波「ばーかフェイントだよ」


五月雨「こいつ…!うがっ!!」ゴスッ


長波「誰がメンヘラだ?あ?」ゲシッゲシッ


五月雨「う!ぐぅぅ!!」


長波「弱い癖に提督を困らそうとするんじゃねぇ!」バキッ


五月雨「ぎぃっ!!……」バタン


島風「五月雨は…」


長波「大丈夫だ、気絶しただけだよ」



465: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 22:23:17.55 ID:08qv8dVh0

島風「ねぇ、長波……」


長波「島風、お前に聞きたいことがあり過ぎる。全部嘘無く言えよ」


島風「うん、わかってる」


長波「じゃあ…提督の所に戻ろうぜ。私も提督に会いてぇんだ」


島風「私も時間制限があるから、早く戻ろう」


長波「チッ、コイツも情けで連れてってやるか」


五月雨「」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等

連投はよくチェックします



466:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:25:35.71 ID:bYYRyAsU0

「作戦担当なのに無理して肉弾戦するから……」
逆立ちしながら同艦隊の伊400が海からでてくる



467:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:26:06.56 ID:5JphgjDbO

大鳳「あら今日は見知った顔によく会うわね」大鳳他数名の精鋭部隊帰還



468:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:26:22.44 ID:1v1EkHelo

組織の事とかこうなった経緯とかを話す



470: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 22:35:52.32 ID:08qv8dVh0

ーー

長波「…一つも信じられねぇが、さっきの姿を見た後じゃな」


島風提督「俺だって信じられないぞ。だが島風が嘘を言うわけがないしな」


島風「私だって信じられなかったもん。でもあぁやって手足が生えたんだもん!」


五月雨「チッ…なんだよそのご都合展開…」


長波「お前はそこでへばってろ、クズ」



472: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 22:42:28.92 ID:08qv8dVh0

伊400「五月雨は作戦担当なのに、無理して肉弾戦するから……」ビシャビシャ


島風提督「伊400、水を拭け」


伊400「拭いてもどうせすぐ海の中だもん」


長波「作戦担当ってもどうせ適当な仕事してたんだろ?」


島風提督「そうでも無い。五月雨のお陰で辛うじて制海権を確保できている」


島風「五月雨…」


五月雨「…んだよ」


長波「おいクソ秘書艦、まさかお前の提督の事好きとか言うんじゃねぇんだろうな?」


五月雨「安価」

下1~3高コンマ 五月雨の台詞、行動他



473:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:43:38.93 ID:1v1EkHelo

だったら何だよ
わりぃかよ



474:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:46:14.91 ID:yBhq/wsh0

わりぃかよ……毎晩のおかずだよちくしょうめ



475:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 22:48:26.16 ID:Q8HTj+xb0

ああそうだ



476: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 22:57:31.67 ID:08qv8dVh0

五月雨「だったら何だよ、わりぃかよ」


島風「嘘だぁ!ならなんで好きな人のこと殴ったり蹴ったりできるの!?」


伊400「だって五月雨はドSだもん」


島風「ドS…」


長波「バーカ提督がお前なんか選ぶわけねぇだろ」


五月雨「あぁ!?」


島風「違うもん!提督は私のものだもん!」


五月雨、長波「「お前は黙ってろ!!」」



477: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 23:00:31.04 ID:08qv8dVh0

伊400「やっぱりこうなっちゃうか…ま、ここに残った子達って提督のことを待ってた子だけだもんね」


島風提督「……」


伊400「ねぇ提督、この際だから誰か一人選んだら?」


長波「そうだ!それなら文句はねぇだろ!」


五月雨「なぁクズ、俺をこんなにした責任は取らなきゃいけねぇよなぁ?」


島風「提督!まさか私以外を選んだりしないよね…?」


島風提督「安価」


下1~3高コンマ 島風提督の台詞、行動他



478:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:03:38.17 ID:BuAuLVxz0

五月雨たちを犠牲にしてきた罪の意識からマジ泣きしながらもそれでも島風を抱く



479:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:04:24.87 ID:yBhq/wsh0

俺は今までずっと島風の為に生きてきたんだ。今更裏切れないし、裏切るつもりもない。
皆すまない、俺は島風が好きなんだ。



480:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:05:37.04 ID:bYYRyAsU0

島風は除くとして選ばれなかったじゃじゃ馬の手綱は誰が握るんだ



482: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 23:15:03.45 ID:08qv8dVh0

島風提督「俺は今までずっと島風の為に生きてきたんだ。今更裏切れないし、裏切るつもりもない。皆すまない、俺は島風が好きなんだ。」


島風「提督…」


伊400「だってさ~振られちゃったね二人共」


長波、五月雨「「……」」


島風提督「こうやって島風を抱き締めることだけを考えて、冷たい檻の中に居たんだ」ギュッ


島風「提督……私も大好き…」


島風提督「だからすまない、二人のことは…」


長波、五月雨「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞、行動他



483:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:15:46.15 ID:Q8HTj+xb0

五月雨「幸せにな」



484:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:17:04.57 ID:C4mwKuht0

五月雨「ったく……しゃあねぇな」と言って一呼吸置いてから泣き出す



485:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:17:24.74 ID:xFfKrUT0O

二番目決めようぜ



488: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 23:26:49.14 ID:08qv8dVh0

長波「ならよ、二番目決めようぜ」


五月雨「俺に決まってんだろ」


長波「あ?また気絶させてやろうか?」


五月雨「同じ手は二度もくらうかよメンヘラ」


長波「黙れクズ」


伊400「二人共落ち着いて~ここは執務室だよー」


島風提督「そもそも二番目は選ぶつもりは無いんだがな」


島風「そうだよ!私は島風のもの。島風は提督のものだもんね!」



489: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 23:30:50.28 ID:08qv8dVh0

長波「おい、何か勘違いしてるみてぇだな」


五月雨「艦娘と人間がやり合って勝てると思ってんのか?」


島風提督「まさか…!」


島風「ダメ!提督は私のなの!」


長波「艤装も出せねぇ奴は引っ込んでな」


五月雨「これは俺達の問題なんだよ」


島風「しおん!二人を止めて~!」


伊400「ごめんね島風、私も提督の事は…好きなの」


島風「あぁぁぁ……」


長波「さて…」


五月雨「覚悟しろよクズ野郎?」


島風提督「……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



490:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:32:40.30 ID:Q8HTj+xb0

長波五月雨、寸前のところで提督を結局殴れない



491:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:33:06.39 ID:EHe/7G+z0

翌朝
そこには島風含む4人に搾り取られてげっそりした島風提督と幸せそうに寝息を立てる4人がいた



492:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:34:35.20 ID:1v1EkHelo

島風含む残るみんなに絞られてしまいましたとさ



495: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 23:45:40.59 ID:08qv8dVh0

ーー朝


島風提督「精も根も尽き果てるとはこのことか…」ゲッソリ


島風、長波、五月雨、伊400「「「「Zzzzz…」」」」


島風提督「満足そうに寝てやがる、こっちの気も知らずに…」


島風提督「俺は島風以外とやるのは初めてだったが、タバコを吸ってる奴の口はあれほど不味いのか」


島風提督「五月雨はこれを機にタバコをやめてくれれば助かるな」


島風提督「それと長波は激し過ぎる。あいつに任せるとそれだけで一晩終わってしまう」



496: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/28(月) 23:49:57.56 ID:08qv8dVh0

島風提督「伊400は…こいつはダメだ。息継ぎ無しで咥え続けられたらとても持たん」


島風提督「俺にはやはり島風が一番だ。全てが俺の理想だ」


島風提督「だが、そうも言ってられない。俺は今まで傷付けた奴らの罪滅ぼしも残っている」


島風提督「とりあえず今は、残ったこの三人と島風でやれることをやるしかない」


島風提督「さっさと死んでやるつもりだったが…島風の為になら俺は生き続けてやる」


島風提督「島風は俺が幸せにする…!」


ーー



518: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 19:08:14.56 ID:eMhFrg4P0

ーー


幹部「まさかこの鎮守府が生き残るとは…」


島風提督「やっぱり俺殉職させる気だったんだな」


提督「それくらいのことをやったという自覚はあるだろう?」


島風提督「あぁ、だから俺も死ぬつもりだった」


幹部「この鎮守府に残った艦娘もまともに出撃できるとは考えてなかったのだが…」


五月雨「当てが外れて残念でしたぁ」ニタァ


幹部「……本当に残念で仕方ないよ」



519: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 19:13:46.63 ID:eMhFrg4P0

幹部「後任提督の指揮には全く従わず、日常生活も酷かったそうじゃないか」


提督「そういえば後任提督はどうしたんですか?」


五月雨「サンドバッグなら血反吐出たって言って逃げていったぞ」


幹部「…そういうことだ」


提督「君は提督をなんだと…」


五月雨「あ?俺をこんなにしたのはそこに居るクズだ」


島風提督「そうだ、全ての責任は俺に…」


五月雨「カッコつけてんじゃねぇよオラッ!」ゴスッ


島風提督「うぐ…」


提督「おい、提督に暴力を…」


五月雨「何か文句あんのか?ここは俺達の鎮守府だ、こっちのルールがあんだよ」



520: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 19:19:17.83 ID:eMhFrg4P0

幹部「至る所にタバコの吸い殻があるのもそうなのか?」


五月雨「掃除する奴が居ねぇんだ、だからポイ捨てするしかねぇ」


提督「…他の艦娘はどうしてる?」


五月雨「出撃だ。何せ人数が少ねぇから休み無しで出ねぇとな」


幹部「ほう、なら君はこんな所で油を売っている場合ではないんじゃないか?」


五月雨「お前らが呼んだからだろ?こっちは徹夜三日目なんだよ」


五月雨「毎日あったか~い布団で寝てるボケ達にはわかんねぇだろ?あ?」


幹部「……そこまでして、か」


五月雨「はぁ?何言ってんだよお前」



521: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 19:23:05.49 ID:eMhFrg4P0

五月雨「もう行っていいなら行くぞ?ゴミ屑共を掃除してくる」


提督「…休まなくてもいいのか?」


五月雨「お前は話し聞いてたのか?休んでる暇なんかねぇんだよボケ」


島風提督「十分注意しろ、この辺りの深海棲艦の動きは活発で…」


五月雨「テメェにいわれなくてもわかってんだよ!」ガスッ


島風提督「ぐっ!ゲホッゲホッ……」ガクッ


幹部「躊躇なく提督を蹴るとは…」



525: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 19:25:23.58 ID:eMhFrg4P0

五月雨「…あぁそうだ言い忘れてた、おい」グイッ


島風提督「…なんだ」


五月雨「今日は俺の番だ。無駄撃ちしてんなよクズ」


島風提督「……わかっている」


五月雨「ならお前は黙ってそこに居ろ。どけボケ共!」バタンッ!


幹部「…やれやれ、とんだ秘書艦だ」


島風提督「五月雨をこうしたのは俺…なんだ」



526: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 19:29:58.37 ID:eMhFrg4P0

提督「島風提督、五月雨の番とは何のことだ?」


島風提督「俺は…ここに残った艦娘と関係を持った。そして全員が自分のものだと主張して埒があかなかった」


島風提督「そこで日替わり制にして、俺は艦娘に使われている」


幹部「状況だけで言えば羨ましいんだろうが、あの艦娘達相手では…」


提督「…そうですね」


島風提督「情けはいい。これも俺が招いたことだ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



527:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 19:32:20.08 ID:NIFQLmymO

天津風達がもう一度島風提督の元で働きたいと願い出てくる



528:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 19:33:36.21 ID:FCN8akDP0

提督と島風提督の艦娘らで演習



529:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 19:35:03.31 ID:1CJfX2ngo

島風提督が帰ってきたと聞いてここの方がやりやすかった艦娘がチラホラ帰ってくる



532: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 19:47:21.83 ID:eMhFrg4P0

幹部「…本来なら君を助ける義理も無いのだが、君がこの鎮守府に帰ってきたのを知って、戻りたいと言っている艦娘がいるんだ」


幹部「今日ここに来たのはそのことについてがメインだ。ついでに様子でも見ておこうとは思ったが、まさかこんな鎮守府だとは…」


島風提督「……」


提督「こっちは島風についてだ。本人は戻りたいと言っているが、症状が安定するまではこちらで様子を見るつもりだ」


島風提督「…わかった」


幹部「こちらはどうする?その艦娘を受け入れるのかね?」


島風提督「誰が戻ると言ってるんだ?」


幹部「安価」



下1~3高コンマ 艦娘名を。複数も可



533:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 19:48:07.60 ID:jUQLcUwc0

弥生



534:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 19:49:34.70 ID:4S5FkCcaO

足柄、鬼怒



535:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 19:49:39.95 ID:NIFQLmymO

摩耶



537: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 20:18:52.49 ID:eMhFrg4P0

幹部「それは摩耶君だよ」


島風提督「摩耶が…」


幹部「長波君や五月雨君を見ていると、もっと君の所に帰りたいという艦娘は出てくる可能性はあるね」


提督「幹部さん、もしかしてさっき外に居た摩耶は…?」


幹部「そうだ、ここに帰りたいと言っている摩耶君だよ」


幹部「戻るどうこうは置いておいて、とにかく一度会いたいということだから連れてきたんだ」


島風提督「摩耶が…」


幹部「待っていたまえ、今連れてくる」



538: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 20:21:08.86 ID:eMhFrg4P0

ーー


幹部「島風提督君、連れてきたぞ」


摩耶「……」


提督「これが摩耶…高雄型三番艦…」


島風提督「…摩耶」


摩耶「安価」


下1~3高コンマ 摩耶の台詞、行動他



539:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 20:23:17.95 ID:DMIcqZ3Ro

……おう……戻ってくるなら事前に言えばか



540:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 20:23:34.84 ID:4S5FkCcaO

退屈だから帰ってきたぜ



541:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 20:25:09.19 ID:xlhcapPlo

お前の顔を見ると、やっとクソッタレた日常に戻って来たって感じだなぁ!



544: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 20:37:41.68 ID:eMhFrg4P0

摩耶「……おう」


島風提督「久しぶりだな……」


摩耶「……戻ってくるなら事前に言えばか」


島風提督「…すまなかった」


摩耶「……オッサン、あたしは今日からここに居てもいいのか?」


幹部「君がそうしたいのならそうすればいい。だがいいのか?ここは…」


摩耶「全部わかってんよ。コイツは最低の提督だ」


島風提督「……」



545: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 20:42:36.54 ID:eMhFrg4P0

摩耶「そんな最低の奴だけど…あたしにとっては…これ以上の提督は居ない」


摩耶「また…お世話になるぜ…」


島風提督「……あぁ」


摩耶「それでよ、ここには何人残ってんだ?」


島風提督「五月雨に長波、伊400に島風だ。だが島風はまだここには居ない」


摩耶「それだけしかいねぇのか!?」


島風提督「そうだ、だから五月雨に至っては三日寝ていない」


摩耶「マジかよ…」



546: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 20:47:08.53 ID:eMhFrg4P0

提督「掃除をする暇も無く出撃をしているそうだ」


摩耶「だから鎮守府のあちこちに吸い殻落としてやがるんだな。五月雨の野郎…」


島風提督「摩耶はタバコやめたのか?」


摩耶「…お前が居ねぇと吸ってる気がしねぇんだよ」


島風提督「そんなものなのか?」


摩耶「…うるせぇ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



547:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 20:48:26.52 ID:uHp8Kv/IO

五月雨達がドロップした異能生存艦を連れてくる



548:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 20:49:52.92 ID:xlhcapPlo

ネジ外れた組の一人大鳳も向かっていると連絡がある



549:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 20:52:17.07 ID:Dq3eUvarO

千歳とか由良とかの空母や軽巡もチラホラ



550: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 21:01:14.86 ID:eMhFrg4P0

幹部「……む、すまない電話だ。少し席を外させてもらう」ガチャ


提督「…君はどの鎮守府に居たんだい?」


摩耶「あたしはここから遠い鎮守府だ。悪い所じゃなかったけどよ、満足はできなかったな」


提督「知っててここに帰ってくるということは、君も島風提督の事を…」


摩耶「あぁ!?なんでお前に言わなきゃいけねぇんだよ!」


提督「…すまない」


幹部「なんだって!?」


摩耶「あぁ?今度はなんだ!?」



551: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 21:04:00.56 ID:eMhFrg4P0

幹部「島風提督君、大鳳がこの鎮守府に向かっていると連絡があったんだが…」


島風提督「大鳳…」


摩耶「マジかよ……」


提督「…何か事情がある大鳳なのか?」


摩耶「五月雨と似たような奴だって言えばわかるか?」


提督「…理解した」


幹部「連絡によるともうここに着いてもおかしくないらしい。なるべく早く準備を…」


ガチャ


大鳳「……」


島風提督「大鳳…」


大鳳「安価」


下1~3高コンマ 大鳳の台詞、行動他



552:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:05:29.48 ID:FCN8akDP0

提督だぁ~ 島風ちゃんもいるんですか~
と恍惚な表情



553:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:06:11.10 ID:1CJfX2ngo

マジで帰ってきてんじゃーん!



554:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:06:41.51 ID:8NFd/B020

無言で提督を睨む



556: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 21:21:12.29 ID:eMhFrg4P0

大鳳「……」ギロッ


島風提督「大鳳…俺は…」


大鳳「…なんでまだ生きてるんですか」


島風提督「……」


大鳳「駆逐艦の皆んなにどんなことをしたか忘れたんですか?」


島風提督「いや……」


大鳳「死ね」


島風提督「……」



558: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 21:24:40.74 ID:eMhFrg4P0

幹部「…大鳳君落ち着くんだ。一度冷静になりたまえ」


大鳳「私は冷静ですよ」


提督「…君はこの鎮守府に何をしに来たんだ?」


大鳳「黙れ」


提督「……」


大鳳「…殺してやる」


大鳳「お前だけはこの手で…絶対に殺してやる…」


島風提督「……大鳳、すまなかった」


大鳳「安価」


下1~3高コンマ 大鳳の台詞、行動他



559:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:28:17.25 ID:Sdajq9vDO

な~んちゃって♪嘘嘘♪
驚いた?驚きました?愛してますよ?私は皆愛してます



560:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:29:31.53 ID:1CJfX2ngo

殺してやるから頭下げなさい



561:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:30:49.40 ID:ict9DnF40

なんてね……私は貴方を愛しているから戻ってきたんですよ?提督……

ねっとりとした笑みを浮かべる



562: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 21:39:03.66 ID:eMhFrg4P0

大鳳「殺してやるから頭下げなさい」


島風提督「俺は……」


大鳳「……」バッ


摩耶「コイツ…!」


幹部「こんな密室で艤装を展開するんじゃない!」


提督「幹部さん逃げてください!」


大鳳「提督、言い残すことはありますか?」


島風提督「俺は…島風を守ると決めたんだ。こんな所で死ねない」


大鳳「……」スッ


提督「艤装を…解除した…?」



563: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 21:48:06.53 ID:eMhFrg4P0

大鳳「……なんであんな女がいいんですか!」


大鳳「あんなカタワ!提督を楽しませることもできないのに!!」


大鳳「あんなオナホールとも変わらない女を抱くなら!私を愛してくださいよぉ!!」


幹部「まさか大鳳君は……」


摩耶「そうだ、大鳳はヤンデレなんだよ。それも何度も提督を殺しかけてる本物だ」


摩耶「ナイフは当たり前で、ペンや箸でも提督の事刺してるぞ」


提督「それは……」


大鳳「それが無理なら……提督を殺します」


島風提督「大鳳、話を聞いて…」


大鳳「死ね」


島風提督「……」



564: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 21:50:14.47 ID:eMhFrg4P0

幹部「そういうことなら、大鳳君も愛してあげたらどうだ?」


幹部「君は五月雨君達と関係を持っているんだろう?」


島風提督「おい…!」


大鳳「はぁ!?あの暴力女と提督が!?」


摩耶「おい提督、その話本当なのかよ?」


島風提督「事実は事実だが…」


大鳳、摩耶「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞、行動他



565:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:53:05.92 ID:ict9DnF40

二人ではもって

私(あたし)も愛してよ!(くれよ!)



566:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:53:58.23 ID:kamnAlgi0

大鳳
あの子みたいな体型が好みなら、私にだって勝機が……(恍惚のヤンデレポーズ)



567:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 21:54:50.46 ID:xlhcapPlo

大鳳「ふぅん、みんな仲良く、そういうことね?」



572: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 22:06:49.80 ID:eMhFrg4P0

大鳳、摩耶「「なら私(あたし)も愛してよ!(くれよ!)」」


島風提督「それは…」


幹部「いいじゃないか、これで二人増えて六人。一週間でお釣りがくる」


提督「…それにこれで戦力もなんとか最低限は維持できる」


島風提督「簡単に言ってくれるな…今でも辛いんだぞ?アイツらは性欲の塊だ」


幹部「私にとっては羨ましいよ」



574: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 22:14:25.71 ID:eMhFrg4P0

大鳳「提督!早速私を抱いてください!!私はいつだって大丈夫です!」


摩耶「あたしも!その……さ」


島風提督「いや、今日は…」


五月雨「うぅ~流石に三日寝ねぇのはキツい…おいクズ、眠気覚しに一発やらせろ」ガチャ


大鳳「暴力女…!」


五月雨「まだオッサン達いやがるし…ん、お前らは…」


摩耶「五月雨!」


五月雨「あ~…言いてぇことはあるだろうが少し待ってろ。俺はクズで楽しんでくる」


大鳳、摩耶「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞、行動他



575:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 22:17:44.37 ID:xlhcapPlo

摩耶「お前は先に寝た方がいい」
大鳳「そうそう、その間提督は私のもの、そうよね?」



576:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 22:17:47.26 ID:FCN8akDP0

大鳳「では今すぐ寝させてあげます」顎に手をヒットさせて気絶させる



577:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 22:19:06.79 ID:yn3QJQdNo

疲れてるみたいじゃない?
一人で寝たら?



582: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 22:29:05.00 ID:eMhFrg4P0

摩耶「徹夜明けならお前は先に寝た方がいい」


大鳳「そうそう、その間提督は私のもの、そうよね?」


五月雨「残念でしたぁ~今日は俺の日なんですぅ~」


大鳳「なんですって?」


五月雨「俺達はクズを日替わりで使ってんだ、どう転んでも今日は俺の番なんだよ」


島風提督「そういう風になってしまったんだ。だから…」


五月雨「おいクズ、こっち向け」


島風提督「ん……んむっ!?」


大鳳、摩耶「「!?」」



583: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 22:36:45.17 ID:eMhFrg4P0

島風提督「う……ぐっ!」パッ


五月雨「どうだぁ~お前が大っ嫌いなヤニ味のキスは?」ニタァ


島風提督「ぐぺっ……ツバも飲ませやがったな…」


五月雨「安心しな、後でた~~っぷり飲ませてやるからな」


島風提督「そういう…約束だからな」


五月雨「ヤンデレ達はそこで指咥えて待ってな。ま、明日以降なら空いてるかもなぁ~」


五月雨「ってことでクズ、お前の部屋行くぞオラ」



大鳳、摩耶「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞、行動他



584:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 22:38:43.13 ID:rXV/Bd0FO

大鳳「提督取られたあああああーーーー!!!」ビエエエエン



585:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 22:40:46.27 ID:1CJfX2ngo

摩耶
明日以降…どっちが先?



586:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 22:40:58.81 ID:FCN8akDP0

大鳳「部隊の中で作戦をたてることぐらいしか役に立たなかったのに旗艦の私の前でよくそんな行動とれるわね」



587: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 22:56:53.38 ID:eMhFrg4P0

大鳳「部隊の中で作戦をたてることぐらいしか役に立たなかった貴女が、旗艦の私の前でよくそんな行動とれるわね」


五月雨「あ~?今の旗艦は俺だ」


大鳳「なら殺してでも旗艦の座は奪い返します」


摩耶「待てよ大鳳」


大鳳「黙れ」


摩耶「まぁ聞け、お前なら五月雨くらい楽々だろうが、徹夜明けで弱ってる奴をボコしてそれで満足か?」


大鳳「……」


摩耶「今は部が悪ぃ。今日じゃなくてもチャンスはあるだろ?」


大鳳「……クソ女…」ギリッ


五月雨「そういうこった。オッサン達も気が済んだら帰れよ~」


島風提督「…島風のことは頼んだ」ガチャ


幹部「はぁ、全く……」



588: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 23:03:39.36 ID:eMhFrg4P0

提督「…幹部さんどうしますか?」


幹部「私達は帰ろう。もうここに用は無い」


摩耶「おい、あたしはここに居ても本当にいいんだな?」


幹部「問題無い。大鳳君もだ」


大鳳「殺す…絶対殺す……」ギリギリ


提督「…何かあればこちらか幹部さんを頼ればいい。番号はこの通りだ」


幹部「くれぐれも平和に頼むよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



589:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:06:18.16 ID:6UwvLWhDO

皐月の前にオッパイの神?が降臨する



590:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:07:01.48 ID:/ucm5MSKO

その後明朝まで鎮守府中に響き渡る五月雨の甲高い喘ぎ声を聞かされて眠れぬ夜を過ごす大鳳と摩耶



591:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:07:11.68 ID:Dq3eUvarO

最後に一番頭がやべー奴で水鬼クラスでも素手でぶん殴る武蔵が帰ってくる



593: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 23:21:10.74 ID:eMhFrg4P0

ーー

五月雨「ふぅ…お前はクズだけどよ、バイブとしちゃ優秀だよな。そこは認めてやるよ」


島風提督「そうか…」


五月雨「あースッキリした。下着は穿いても垂れてくるし…いらねぇな。おい、これ洗っといてくれ」ポイッ


島風提督「……あぁ」


五月雨「おい、言っとくけど夜もあるからな?仮病使って先に寝るんじゃねぇぞ」


島風提督「……」


五月雨「さーて、鉄屑を沈めに再び出撃ーっと……」


ドスドスドスドス


五月雨「あ?誰だこの足音」



594: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 23:23:45.55 ID:eMhFrg4P0

ガチャ


武蔵「……」


島風提督「武蔵…!」


五月雨「げ……一番のキチガ○が…」


島風提督「幹部は何人かここに戻ると言っていたが、まさか武蔵まで…」


五月雨「あの時で水鬼レベルを素手で殴ってたんだ、どれくらい強くなってるか…」


武蔵「安価」


下1~3高コンマ 武蔵の台詞、行動他



595:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:25:29.60 ID:FCN8akDP0

見てくれこのウニ!イクラもあるぞ!



596:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:25:54.39 ID:6UwvLWhDO

ひょわ~会いたかったよ~マイハニ~



597:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:26:03.12 ID:1CJfX2ngo

ウミガメ取ってきたから食べるか?



602: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 23:38:37.70 ID:eMhFrg4P0

武蔵「見てくれこのウニ!イクラもあるぞ!」


五月雨「お、おう……」


島風提督「武蔵、素手でウニを触るのはやめよう。血が出てるじゃないか」


武蔵「あ、本当だ……」ダラダラ


五月雨「おい、ウニはわかるけどイクラはどうしたんだよ?」


武蔵「なんか鮭が網の中で泳いでたから、引きずり出して来たんだ!」


五月雨「そ、そうか…」



603: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 23:41:17.86 ID:eMhFrg4P0

武蔵「提督、食べてくれ!」


島風提督「…あぁ」ニチャッ


五月雨「うわ…素手で持ってたイクラ…そのまま食べるのかよ…」


武蔵「美味いか!?」


島風提督「あぁ…凄く美味しいよ…」


武蔵「よし!」


五月雨「おい武蔵、お前もここに戻ってくるつもりなのか?」


武蔵「安価」


下1~3高コンマ 武蔵の台詞、行動他



604:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:41:27.13 ID:xlhcapPlo

清霜が泣くわ



605:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:42:08.40 ID:xlhcapPlo

すまん安価下で



606:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:43:36.57 ID:9HjfhPok0

完全に頭のネジ外れてるなこれは…



611: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/29(火) 23:52:08.44 ID:eMhFrg4P0

武蔵「そうだ!」ニコッ


五月雨「相変わらずこの笑顔かよ…」


島風提督「武蔵は元に戻ることはないだろうし、その方が都合が良い」


五月雨「確かにな、この強さで大鳳みてぇに暴れられたらどうにもならねぇ」


武蔵「提督と皆んなとまた遊べるぞ!これは嬉しい!」


島風提督「これで7人か…艦隊はなんとかなるか…」


五月雨「それで、相手すんのは6人だな。クズ、今のうちに精力剤買っとけ」


島風提督「そうだな……」


ーー



633: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 19:09:35.05 ID:y2YwIj+f0

ーー

龍驤「霞と清霜の体調不良もすぐ治ってよかったね」


提督「…そうだな」


龍驤「でも相変わらず潮の力は謎のままなんよね。皐月のステータスは元に戻ったけど、霞らみたいな体調不良は無かった」


龍驤「漣と島風は時間制限有りやけど、四肢の動きが戻るようになった」


提督「…島風の艤装も戦艦のものから本来の駆逐艦のものに戻った」


龍驤「一体何やったんやろうなぁ…」


提督「…本当に謎だったな」



634: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 19:14:23.28 ID:y2YwIj+f0

龍驤「潮本人は、艤装を展開する時は戦艦のままやねん。霞らが戻っても、潮には変化は無かった」


提督「…潮の謎力を誤って発動させないように、制服に細工をしたんだよな?」


龍驤「そうや、どっかの大和型みたいに、胸に鋼鉄製のパッド入れたらしいわ。これでついぶつかって謎力発動~とはならへんようになったで」


提督「…これで新たに問題が増えることは無いだろう」


龍驤「漣らの検査だけでも大変やねん。新しいトラブルは増えて欲しくないわ…」


提督「…北上達はあくまで工作艦。医療は専門外だ」


龍驤「今まではなんとかなっとったけど、もうそろそろ限界なんよねぇ…」



635: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 19:18:56.88 ID:y2YwIj+f0

提督「…それを幹部さんに相談したら、鎮守府に住み込みの医者を派遣しようかと言ってくれたんだ」


龍驤「施設を一から建てるんやったら、とてもや無いけど無理や。でもこの鎮守府には今は使ってない施設がある」


龍驤「それがあのヤリ部屋…もとい休憩部屋や」


龍驤「あの部屋をちょっと改装したら、診療所として使えることがわかったんよな」


提督「…薬剤師は霞がやってもいいと言ってくれた。出撃する機会はかなり減るが、それでも鎮守府の役に立ちたいと言ってくれたんだ」


龍驤「霞には今までもお世話になってたけど、さらに頭が上がらんようになってしまうわ」



636: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 19:22:24.25 ID:y2YwIj+f0

提督「…そして今日はその医者が面接に来る予定だ」


龍驤「どんな人なんやろ…っていうか人なんかな?」


提督「…幹部さんのことだ、医師免許を持った艦娘や、何かある医者の可能性もあるな」


龍驤「助手に艦娘もありそうやでな…」


提督「…実際に会って話しをしてみないとわからないこともある。さぁ、出迎えてやろうじゃないか」


下1~3高コンマ 鎮守府に来た医者とは?見た目に特徴があっても、艦娘でも可。助手付きでも構いませんが、大人数の助手は無理かもしれません



637:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:23:38.45 ID:ZhE72RboO

継ぎ接ぎだらけの夕立さん



638:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:24:05.90 ID:+58otwO8o

小柄な男性
助手に千歳



639:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:24:06.29 ID:XyF2oip9O

ブラックジャックみたいな服装の吹雪



641: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 19:33:20.14 ID:y2YwIj+f0

ーー


医者「どうも…貴方が提督さんですね」


提督「幹部さんからの紹介があった先生で間違いありませんね?」


医者「ええ、そうです。そしてこの子は助手の千歳です」


千歳「はじめまして、私は艦娘ですけど、ちゃんと免許も持ってますよ」


龍驤「あんたはどの状態の千歳なん?」


千歳「水上機母艦の千歳です。甲標的が得意なの」


龍驤「なるほどなぁ…」



642: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 19:36:38.81 ID:y2YwIj+f0

龍驤「こんなこと言うのは失礼かもしれんけど、先生の背って低いんやね。ウチよりはあるみたいやけど、千歳と比べたら…」


医者「ええよく言われます。私の身長は150くらいなんです」


千歳「ある鎮守府では私が先生だって思われたこともあるんですよ?」


龍驤「あはは……」


提督「…貴方達は鎮守府を行き来して艦娘専門の治療行為をしているのは聞いています」


提督「それは問題無いのですが、何故今更この鎮守府で住み込みで働きたいと言いだしたんですか?」


医者「安価」


下1~3高コンマ 医者の台詞、行動他



643:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:39:42.40 ID:XyF2oip9O

…私は深海悽艦の襲撃で家も家族も失いました。
私が治療した艦娘の皆さんにはあの悲しみを産み出してほしくありません。



644:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:40:29.56 ID:SFBu81juO

こんなナリなので住み込みの方が都合がいいと思ったんですよ
関係が出来上がれば言い方は悪いですが見た目で舐められたり誤解もないですし



645:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:42:14.72 ID:bYzXtgGG0

……ここの鎮守府が本当に噂通りの場所なのか知りたかったんです
もしそうなら、何としても洗脳を解こうと思ったのですが……どうやら誤解だったようですね
そちらの龍驤さんを見れば、何となく分かりますよ



648: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 19:46:19.89 ID:y2YwIj+f0

医者「……ここの鎮守府が本当に噂通りの場所なのか知りたかったんです。もしそうなら、何としても艦娘達の洗脳を解こうと思ったのですが……」


医者「どうやら私の誤解だったようですね。そちらの龍驤さんを見れば、何となく分かりますよ」


千歳「それと、鎮守府の雰囲気でも分かったわね」


龍驤「司令官の噂はどこまで広まってるんやろうね…」


提督「…もう気にしたら負けだ」



650: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 19:52:02.59 ID:y2YwIj+f0

医者「私もこんな見た目ですから、どうしても舐められるというか、いい印象を持たれないんです」


千歳「鎮守府を行き来きする移動費もバカにならないんです。だから住み込みって条件に惹かれたの」


医者「一つ拠点があれば、往診に行ける範囲も決まります。そうするとこちらも楽なんです」


龍驤「成る程なぁ…フリーやと何処でも飛んでいけるのが利点やったけど、移動費やホテル代がキツイんか」


医者「そういうことなんです」


千歳「提督、私達はどうですか?もし何か条件があるなら教えて欲しいわ」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



651:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:54:28.79 ID:SFBu81juO

個性的な所ですがよろしくお願いします



652:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:55:55.38 ID:hQX8NlLeo

ぜひよろしくお願いします
……出来れば往診先でうちの事が話題になったら噂を訂正していただけると有り難いです



653:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 19:55:56.49 ID:z1j1q0D2O

条件はこの鎮守府に早く馴染むこと、としておきましょう 歓迎いたしますと握手を求める



654: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:01:47.28 ID:y2YwIj+f0

提督「いえ、ここに来ていただけるなら大歓迎です。個性的な所ですがよろしくお願いします」


龍驤「ウチはかなりお世話になると思うけど、そこも含めてお願いするわ~」


医者「はい、ありがとうございます」


千歳「それで、診療所はいつ完成するの?いつからここに来てもいいのかしら?」


龍驤「そのへんのややこしい話しもちゃちゃっと済ませてしまおか~」



655: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:06:19.31 ID:y2YwIj+f0

ーー


医者「噂通りの鎮守府で無くてよかったな千歳」


千歳「えぇ、いざとなったら大暴れするつもりだったけど、そうならなくてよかったわ」


医者「千歳が水上機母艦のままという所で油断させて、一気に叩く計画も使わずで何よりだ」


千歳「でも実際暴れたら勝てなかったかもしれないわ。あの龍驤さん、かなりの練度だったもの」


医者「千歳でも勝てないとなると、もうお手上げだ」


千歳「先生、大人しくしてましょうね?」


医者「話が通じるなら、そんな野蛮な手は使わないさ」



656: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:09:14.13 ID:y2YwIj+f0

医者「さて、提督さんとは話しはある程度ついたが、後は薬剤師の艦娘さんだ」


千歳「ちゃんと免許は持ってるらしいけど、今まで自分で採ったり育てたりした草だけで薬を作るなんて…」


医者「変わり者にも程がある。第一免許があるならそういう所で働いた方がいいんじゃないか?」


千歳「その辺りもお話してみましょうよ。悪い子じゃないみたいよ?」


医者「そうだな…霞さん、失礼するよ」コンコン


下1~3高コンマ 部屋の様子や霞の状態等



657:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:10:35.82 ID:hQX8NlLeo

大慌てで掃除中だった



658:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:11:26.30 ID:+58otwO8o

いっぱつキメてトリップ中



659:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:13:07.41 ID:M9RKvznto

誤調合で媚薬効果の香りがする薬を嗅いでしまいガンギマリ中だった



661: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:17:50.64 ID:y2YwIj+f0

霞「なななななな何の用かしら?」ガチャ


千歳「あら?お邪魔しちゃった?」


医者「それはすいません…掃除をされていたみたいですね」


霞「そ、そうよ!だからちょっと待ってて!」


千歳「霞ちゃん、よかったら手伝うわよ?これでも薬の勉強はしてるの」


医者「免許は無いので、手伝えることは限られますけどね」


霞「そんなのいいから!早く部屋から出ていってよ!」


医者「あ、すいません……」



662: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:20:25.87 ID:y2YwIj+f0

千歳(気難しい子なのかしら?まぁ霞といえば提督のことをクズ呼ばわりするので有名だものね)


千歳「先生、霞ちゃんと話すのは後にしましょう」


医者「そうだね。霞さんまた後で来るのでその時にお話してくれますか?」


霞「わかったから!早く出ていってって!」


医者「はい、じゃあ……」ガサッ


千歳「あら先生、何か踏んだみたいよ」


医者「ん、これは……」


下1~3高コンマ 医者が踏んでいたもの等



663:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:21:43.43 ID:pjCV9TotO

例の発情作用のある草



664:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:23:18.06 ID:+58otwO8o

かなり取扱の難しい鎮静薬



665:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:24:06.00 ID:y/ozFPqi0

秘密のレシピ



667: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:39:38.27 ID:y2YwIj+f0

千歳「何かのノートみたいですね」


医者「本当だ。タイトルは秘密のレ……」


霞「…!!」バシッ


医者「うわっ…と」


千歳「先生、お怪我はありませんか?」


医者「あぁ…びっくりしただけだよ。かなりの速さでノートを持っていかれただけだからね」


千歳「霞ちゃん、勝手に拾ったこっちも悪いけど、もう少し落ち着いて欲しかったわ」


霞「……」



668: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:43:14.06 ID:y2YwIj+f0

千歳「霞ちゃん?」


霞「……見たの?」


千歳「見たってそのノート?中身は見てないわよ」


霞「…本当でしょうね」


医者「君も見ていただろう?あの一瞬でノートの中身を見るなんて無理だよ」


霞「……そう、ならいいのよ」


千歳「ねぇ霞ちゃん、それってそんなに大事なの?それとも見られたくないだけ?」


霞「どうでもいいでしょ」


千歳「そんな大事そうにノートを抱えられたら気になるもの。これから私達は協力しないといけないんだから、少しくらい教えてくれてもいいんじゃない?」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



669:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:45:19.73 ID:hQX8NlLeo

ひ、秘密の日記よっももういでしょ!?



670:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:45:27.59 ID:M9RKvznto

知られたくないものだって察しなさいよ!子供じゃないんだから!



671:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 20:46:04.42 ID:+58otwO8o

時期に分かるわよ



674: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:50:26.95 ID:y2YwIj+f0

霞「ひ、秘密の日記よっ!それでももういでしょ!?」


千歳「そうね、乙女に秘密はつきものだものね」


霞「わかってるなら言わせないでよもう!」


医者「あの…いいかい?そろそろ霞さんと話したいんだけど」


霞「もう!だから何なのよ!それに貴方達は誰なの!?」


医者「その説明をしてませんでしたね」


千歳「なら最初から説明するわ。あのね、私達は……」



675: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:54:34.37 ID:y2YwIj+f0

ーー


霞「そういえば司令官はそんなこと言ってたわ。結局ここに来てもらうことになったのね」


医者「はい、近いうちに診療所は使えるようになります」


千歳「私達はここに慣れる為に、先に住み込みをすることになったの」


霞「司令官が認めたんなら、私は何も文句は無いわ」


医者「ありがとうございます。それで霞さんも私達の診療所を手伝ってくれるということでいいんですよね?」


霞「もちろんよ。薬関係は全部こっちに任せてちょうだい」


千歳「そう言ってもらえると心強いわ」



676: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 20:59:09.89 ID:y2YwIj+f0

霞「私はそれでいいけど、今までどうしてたのよ?色んな鎮守府を行き来きしてたのよね?」


医者「はい、ですからカルテだけ書いて患者さんに渡してたんです」


千歳「それを最寄りの薬局に持っていってもらって、薬を手に入れてもらってたんです」


霞「面倒なことしてたのね…」


医者「でもこれからは霞さんが居てくれるので、その心配はありません」


千歳「私達に手伝えることは限られてるけど、それでも何か助けられることがあれば言ってね?」


医者「そうですね、後は…提督さんに言われたのを、そのまま霞さんに言います。私達への要望や意見があれば言ってください」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



677:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:02:21.89 ID:SFBu81juO

趣味に口出しはしないでね



678:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:04:46.89 ID:AsZZqC9C0

今回は忘れてたけどドアに 作業中!入るべからず! っていう看板が下がってたら絶対に入らないこと
調合の過程上危険な作業も偶にあるからこれは徹底してほしいわね



679:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:08:27.62 ID:T2XM0+Wg0

上+自慰してた



680: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 21:15:39.77 ID:y2YwIj+f0

霞「今回は忘れてたけどドアに作業中!入るべからず!っていう看板が下がってたら絶対に部屋に入らないで欲しいわ」


霞「調合の過程上危険な作業も偶にあるからこれは徹底してほしいわね」


千歳「こっちはそれで大丈夫だけど、霞ちゃんも忘れないようにね?今は忘れてたんでしょ?」


霞「う……わかってるわよ…」


医者「その件は了解した。じゃあこれからよろしく頼むよ」


霞「…こっちもよろしく頼むわ」


千歳「じゃあせっかくだから霞ちゃんに鎮守府でも案内してもらいましょうか?」


医者「霞さん、頼めるかい?」


霞「別にいいけど、一つ言っておかないといけないことを思い出したわ」



681: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 21:20:52.44 ID:y2YwIj+f0

医者「何か条件があるって話でかい?」


霞「違うわ、龍驤さんのことについてよ。龍驤さんが幻肢痛で苦しんでるのは司令官に内緒なのよ」


千歳「え!?どうして!?」


霞「余計な心配をかけたくないみたいね。司令官はもう幻肢痛はおさまってると思ったままよ」


医者「じゃあ龍驤さんの鬱も知らない…治ったと思ってるんですか?」


霞「いいえ、それは司令官も知ってるわ」


千歳「普通そっちを隠すわよね。何か理由があってのことなの?」


霞「…龍驤さんは自分の苦しみを理解してくれる事は教えるようにして、分からない事は教えようとしないのよ」


医者「なるほど…提督さんには手足がある。精神の事は理解できるけど、幻肢痛は理解してもらえないという考えか」



682: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 21:24:51.63 ID:y2YwIj+f0

霞「龍驤さんの幻肢痛は一度発症すると長いの。腕がおさまったら脚、脚がおさまったら腕…この繰り返しね」


霞「司令官の居ない時は叫び声をあげるくらい苦しんでるの」


医者「薬でなんとかならないのかい?」


霞「効くまでが問題なのよ。速効性のあるものは作れるけど効果が薄いの」


千歳「じゃあ提督がいる時はどうしてるの?」


霞「…タオルを口に咥えて叫んでるわ」


医者「それは……」


霞「いい?この事は司令官には内緒よ?龍驤さんがベッドを貸して欲しいって言ったら素直に貸してあげて」


医者、千歳「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞、行動他



683:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:25:57.44 ID:bSROOMgo0

医者「そうすると楽になるでしょうな」



684:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:26:38.53 ID:ZwP2uQjX0

わかりました……医者としては患者の意思をできる限り尊重せねばなりませんからね



685:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:27:51.74 ID:M9RKvznto

千歳は心療内科が専門だ
きっと助けになるはず



686: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 21:35:57.62 ID:y2YwIj+f0

医者「千歳は心療内科が専門だ、きっと助けになるはずだ」


霞「そうなの?じゃあカウンセリングもできるのね?」


千歳「自分で言うのもあれだけど、私の治療は結構評判良いのよ?」


霞「そう……じゃあ早速だけど龍驤さんのこと少し診てあげて欲しいわ」


霞「漣が戻ってきて秘書艦は交代でやってるみたいだけど、それって龍驤さんの体調が原因なのよ」


霞「今は不安定な時期なだけだと思うんだけど…少しでも楽になるなら診てあげてくれない?」


千歳「えぇ、任せておいて!」


霞「じゃあ龍驤さんは診療所になる予定の所に呼び出しておくから、頼んだわよ」



689: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 21:39:18.93 ID:y2YwIj+f0

ーー


ペタ…ギッ…ペタ…ギッ…


龍驤「なんや霞~ここに何の用事なんや~」


千歳「ごめんなさい、用があったのは私なの」


龍驤「千歳か、ウチと話しでもしたいんか?」


千歳「いいえ、私の専門って心療内科なのは言ったわよね?」


龍驤「……なるほどな」


千歳「霞ちゃんに頼まれたのよ。さ、そこに座って。ベッドに横になった方が楽かしら?」


龍驤「そうやね…ほなベッドで寝させてもらうわ…」


千歳「リラックスして、落ち着いて私と話しをしましょう。ね?」


龍驤「うん……」


下1~3高コンマ カウンセリングの結果やその他起こったこと等



690:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:41:43.73 ID:hQX8NlLeo

これからも継続していきましょう(そんなすぐに結果出るものではない)



691:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:47:57.49 ID:ZwP2uQjX0

ちょっと、だけマシになったが、やはり完治は難しい
長く続けていく必要がある



692:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 21:49:45.01 ID:+58otwO8o

完治には至らず、お薬も調整していくことに



694: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 21:55:02.78 ID:y2YwIj+f0

ーー

千歳「どうだった龍驤さん?」


龍驤「ちょっち…楽になった気がするわ…」


千歳「ふふ、そんなすぐに結果は出ないわよ。これからも継続していきましょうね」


龍驤「うん……ありがとうな…」


千歳「眠いならそこで寝ていけばどう?」


龍驤「そうは……言ってられへん。これでも秘書艦やからな!」ガバッ


千歳「逞しいわね、本当に」



695: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 22:00:34.18 ID:9gSNsfGtO

龍驤「キミらの部屋は今急いで用意しとるけど、どうしても足りへんもんも出てくると思う」


龍驤「そんな時は遠慮なくウチらに言うてな~」


千歳「ええ、ぜひそうさせてもらうわ」


龍驤「よし、ほなウチは執務室に戻るわ!」


千歳「私は…先生を探さないと。まだ霞ちゃんの部屋にいるのかしら?」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



696:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 22:01:48.77 ID:ECPmzdX9O

皐月、襲来す



697:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 22:02:42.87 ID:SFBu81juO

皐月朝霜コンビ登場



698:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 22:03:05.49 ID:hN3ZMU+J0

うーちゃん、新しく来た医者にドッキリをしかける



701: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 22:26:44.01 ID:9gSNsfGtO

ーー


皐月「大っきいオッパイ!触らせてよ!」


千歳「あら、私の胸は有料よ?」


皐月「そんなぁ…」


朝霜「残念だったな皐月」


千歳「貴女は例の艦娘さんね?」


朝霜「お、あたいのこと知ってんのか?」


千歳「えぇ、幹部付き特務艦の朝霜ちゃんよね?」


朝霜「もうそこまで広まってんのか!嬉しいねぇ~」



702: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 22:32:11.65 ID:9gSNsfGtO

千歳「結構有名よ?特務艦なんてとんでも無い権限だもの」


朝霜「あたいの活躍を考えたら当然だ!」


千歳「当然ね…」


朝霜「それよりよ、ちょっと聞きてぇんだけど」


千歳「何?」


朝霜「お前と医者は恋人なのか?あいつアソコ小さそうで気になったんだよ」


千歳「安価」


下1~3高コンマ 千歳の台詞、行動他



703:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 22:34:38.92 ID:hN3ZMU+J0

恋人……考えたこともなかったわ。
見た通り(背が)小さいじゃない



704:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 22:34:53.63 ID:fw5S4mWOO

赤面しながら「先生の20㎝単装砲をバカにしないでよ!」



705:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 22:35:13.37 ID:+58otwO8o

人は見た目じゃわからないとだけ言っておくわ



708: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 22:56:07.50 ID:9gSNsfGtO

千歳「恋人……考えたこともなかったわ。見た通り(身長が)小さいじゃない?」


朝霜「やっぱり大きさは必須だよな」


千歳「そうよね、最低限の大きさは欲しいわ」


朝霜「小さいと満足できねぇもんな~」


皐月「二人の会話って噛み合ってるような、噛み合ってないような…」



710: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 23:04:41.10 ID:9gSNsfGtO

朝霜「でもお前は何とも思ってねぇかもしんねぇけど、向こうはどう思ってんのか知ってるのか?」


千歳「どうなのかしら?聞いたことは無いわね」


皐月「なら聞いてみるのはどう?」


朝霜「いいなそれ!あたいも気になるし!」


千歳「でも私がいると本音が聞けないんじゃない?」


皐月「なら僕と朝霜で聞いてくるから、千歳さんは隠れて見ててよ!」


千歳「そうね…それならいいわね」



711: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 23:07:35.87 ID:9gSNsfGtO

ーー

皐月「いた!キミがお医者さんだね!」


医者「貴女達は…?」


朝霜「まぁその辺は置いといてだ。お前、千歳の事はどう思ってる?」


医者「どう…?」


皐月「千歳さんとこと好きなの!?あのオッパイは凄いよね~!」


医者「安価」


下1~3高コンマ 医者の台詞、行動他



712:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:09:42.51 ID:w06l0dUcO

彼女は優秀な助手だ
それ以上でも以下でもないよ



713:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:11:06.95 ID:hQX8NlLeo

艦娘で、医師としても優秀な人だね



714:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:11:17.62 ID:ZwP2uQjX0

私が愛するのは亡くなった妻だけてすので



716: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 23:21:31.34 ID:9gSNsfGtO

医者「千歳さんをそんな目で見たことはありません。彼女は艦娘で、医師としても優秀な人です」


皐月「なんだぁ……」


朝霜「そうは言ってもよ、お前は男だよな?」


医者「ええ、そうです。それがどうかしたんですか?」


朝霜「お前どうやって抜いてんだ?男なら溜まるもんは溜まるだろ?」


医者「それは……」


朝霜「千歳の下着でも使ってんのか?それとも他にオカズでも持ち歩いてんのか?」


医者「安価」


下1~3高コンマ 医者の台詞、行動他



717:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:22:51.89 ID:ZwP2uQjX0

うまれてこのかた自慰行為をしたことがないんですよ



718:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:23:13.73 ID:SFBu81juO

かっ…彼女です…
彼女の胸なら私のモノでもなんとか挟みきれそうなので



719:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:23:28.79 ID:AsZZqC9C0

千歳さんが善意で処理してくれますので



725: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 23:36:40.82 ID:9gSNsfGtO

医者「私はうまれてこのかた自慰行為をしたことがないんですよ」


皐月「うっそだー!司令官でさえしてるのに!」


朝霜「まぁ待てよ皐月、コイツはオナってねぇって言っただけだ」


皐月「…まさか!性処理だけの人がいるとか!?」


朝霜「本番はしてねぇとは言ってないからな。案外そうかもしれねぇ」


医者「これ以上はもう勘弁を…」


朝霜「ダメだ、この鎮守府に来るっていうならちゃんと言え」


皐月「嘘は許さないからね~!」


医者「安価」


下1~3高コンマ 医者の台詞、行動他



726:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:36:56.63 ID:mzRqvWn1O

幼少期に悟りを開いたんだよ



727:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:37:31.01 ID:2cGE56cL0

妄想で発散できるようになった



728:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 23:37:50.28 ID:M9RKvznto

そもそも反応しない



731: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 23:49:16.78 ID:9gSNsfGtO

医者「…幼少期に悟りを開いたんです。女の人をそんな目で見たことはありません」


皐月「信じられないよ…」


医者「そうじゃなきゃ艦娘専門の医師なんてできませんよ。艦娘さんは過激な格好の人も多いですし…」


朝霜「なるほど、確かに筋は通ってやがるな」


医者「わかってくれたらなによりです」


皐月「うー…オッパイ同志ができると思ったのに…」


朝霜「仕方ねぇよ、オッパイを地道に布教していくんだな」


皐月「それしかないかぁ…」



732: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 23:54:21.97 ID:9gSNsfGtO

朝霜「……おい医者、皐月は納得したみてぇでよかったな」ヒソヒソ


医者「え?えぇ…」


朝霜「さっきのよ、千歳に皐月がオッパイ触らせてくれって言われたらこれは有料だって言ってたんだよ」ヒソヒソ


医者「……!!」


朝霜「なんだろうな~なんで触るのが有料ってすぐ答えられたんだろうな~」


医者「私は嘘を……!」


朝霜「そうだ、お前は嘘は言ってねぇんだろう。『起きてる艦娘の』体には興奮しねぇし、そんな気持ちも無ぇってことだな?」


医者「ぐ……!!」


朝霜「まさかお前が睡姦フェ……」バッ


医者「…言わないでくれ」


朝霜「……やっぱりそうなんだな」ニヤッ


医者「……」



734: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/30(水) 23:58:19.05 ID:9gSNsfGtO

医者「…千歳には毎回料金は払っているし、胸以外の部分には触ったことは無い」


医者「私は断じてふしだらな行為は…!」


朝霜「わかったわかった、そんな必死になるなって。とりあえずは信じてやるよ」


医者「…この事は誰にも……」


朝霜「その話しはおいおいだな。せ、ん、せ、い。仲良くしようぜ~~」


医者「…お手柔らかに頼む」


朝霜「すまねぇな、あたいの言うこときく医者は一人くらい欲しいんだよ。ま、悪いようにはしねぇさ」


医者「……キミを信じるよ」


ーー



746: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 18:32:55.90 ID:+JgX8hN+0

ーー


千歳「診療所が完成するまでもう少し時間はかかるみたいだから、先生の治療はまだ難しいみたいね」


千歳「でも心療内科が専門の私なら、軽い問診とカウンセリングならできるわ」


千歳「龍驤さんは助かったって言ってくれたし、この鎮守府に馴染む為にも、色んな人に話しを聞いていきましょう」


千歳「龍驤さんによると要注意だったのは加古さんだったけど、最近は別鎮守府の古鷹さんのお陰で随分と楽そうになった…」


千歳「次点で要注意なのが……龍田ね」


千歳「龍田さんに何があったのかは聞いたけど…私の話しを聞いてくれるからしら?」


千歳「天龍無しで、なんとかするしか…無いわね」



747: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 18:39:25.25 ID:+JgX8hN+0

ーー


千歳「この時間なら部屋に居るとは聞いたけど、何をしてるのかしら?」


千歳「もし寝てるなら無理に起こすのはやめておきましょう」


千歳「もし落ち込んでるようなら、ちゃんと話しを聞いてあげないといけないわね」


千歳「龍田、お邪魔するわよ」ガチャ


下1~3高コンマ 部屋の様子や龍田の状況等



748:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 18:40:51.90 ID:Gdj4SumU0

とても綺麗な乙女な部屋

千歳のあみぐるみを作っていた



749:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 18:44:33.92 ID:1fT4NbG+O

寝てたけど電気つけっぱなしだった(暗闇だと不安だから)


心療内科の事だけど、心療内科は精神の問題に起因する病気(ストレス性胃潰瘍とか)を治療する診療科だとか
安価とった人は多分精神科のイメージで書いたんだろうね



750:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 18:49:16.60 ID:IWMxnGijo

横になってるけど目は開いてる



751: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 18:55:57.93 ID:+JgX8hN+0

龍田「すう……」


千歳「あら、寝てたみたいね…ならまた今度にしましょう」


千歳「それにしてもまだ明るいのに電気をつけながら寝てるなんて…」


千歳「そんなに不安なのね。ここには誰も龍田を傷付ける人なんて居ないのに…」


千歳「せめて、提督の事は信用できるようになって欲しいわ」


龍田「……」


千歳「起こすのは悪いし、早く出て行ってあげましょう。龍田、ゆっくり寝てちょうだいね」ガチャ


龍田「…………」


龍田「……」


龍田「……この世に他人程信用できないものは無いのよ」



753: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 19:00:09.52 ID:+JgX8hN+0

千歳「龍田が寝てたとなると、次は…電ちゃんなのね」


千歳「精神面で不安があって、パニック障害持ち。人混みは苦手で、大勢の人を見るだけで気分が悪くなることもある…か」


千歳「近くに暁ちゃん達がいれば随分とマシみたいだけど、どうしても一人になる時もあるわよね」


千歳「なんとか少しでも、楽にしてあげたいわ」


千歳「さて…電ちゃん、居るかしら?」コンコン


下1~3高コンマ 部屋の様子や電の状況等



754:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:04:18.50 ID:Gdj4SumU0

カーテンが締め切られ薄ぼんやりとしておる

すみっこで膝を抱えて座っている電



755:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:16:46.25 ID:e+rhGO8l0

布団にくるまり震えている電

何やら様子がおかしい



756:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:18:15.07 ID:l7MiXh+BO

ぷらずま化している



758: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 19:28:52.84 ID:+JgX8hN+0

千歳「電ちゃん…?なんで明るい時間からカーテンなんか閉めて…」


電「……」ぶつぶつ


千歳「電ちゃん?そんな隅っこで何してるの?」


電「あ……なんでも…ないのです…」


千歳「暁ちゃん達はどうしたの?」


電「雷ちゃんと響ちゃんは遠征で…暁ちゃんはレ級ちゃんの所に行ってしまったのです…」


千歳「そうだったの…」


電「ごめんなさい、電はなんともないのです…」


千歳「部屋の隅で膝抱えて震えてるのに、何も無いわけないでしょう?」


電「……なのです」



759: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 19:31:45.68 ID:+JgX8hN+0

千歳「電ちゃん、私とお話しない?」


電「千歳さんと…」


千歳「ええ、ここの事をよく知りたいし、何より貴女の事も知りたいわ」


電「電は…面白い話しなんて…できないのです…」


千歳「面白くなくてもいいの。ただ電ちゃんと喋りたいだけよ。ね?」


電「…なのです」


千歳「緊張しなくていいのよ?思ってることとか、なんでもいいから話して欲しいわ」


電「じゃあ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



760:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:34:24.42 ID:IWMxnGijo

提督をはじめ皆に良くしてもらってるのに自分は何もできないと悩んでる



761:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:34:25.08 ID:e+rhGO8l0

たわいもない雑談をしていくうちに徐々に千歳にトラウマを話していく電



762:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:34:40.47 ID:1fT4NbG+O

心の内に溜め込んでいたのを話したおかげで気分が軽くなる



763: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 19:48:21.52 ID:+JgX8hN+0

ーー

電「…なんだか気分が軽くなった気がするのです!」


千歳「電ちゃんは心の内に色々と溜め込んでいたのよ。それを私に話してくれた、つまり外に出したから楽になれたのよ」


電「千歳さんは凄いのです!」


千歳「ううん、吐き出してくれた電ちゃんが偉いのよ。これからは少しでも気分が重くなったら、私とお話しましょ?」


電「ありがとうなのです!」


千歳「じゃあ、また今度ね」



764: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 19:52:01.71 ID:+JgX8hN+0

ーー

千歳「電ちゃんの気分が良くなってよかったわ。提督は電ちゃんが一人にならないように配慮してくれてたみたいだけど、暁ちゃんはレ級ちゃんの所に行っちゃうのね…」


千歳「この辺は提督に報告しておいてもいいかもしれないわね」


千歳「さて、お次は……叢雲ちゃんね」


千歳「…うん、この子の事は色々聞いてるわ」


千歳「他の病院でカウンセリングも受けてるって言ってたけど、どこまで良くなっているのかしら」


千歳「……叢雲ちゃん、入ってもいいかしら?」コンコン


下1~3高コンマ 部屋の様子や叢雲の状況等



765:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:53:53.19 ID:l7MiXh+BO

卯月の写真や卯月の手製ぬいぐるみなど、卯月関連の物で部屋が一杯



766:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:54:40.00 ID:e+rhGO8l0

卯月と致している最中だった



767:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:55:17.20 ID:1fT4NbG+O

確定か



772: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 20:02:03.98 ID:+JgX8hN+0

卯月「今入ってきちゃダメっぴょん!」


千歳「え?なんで卯月ちゃんの声が……」ガチャ


叢雲「卯月様…もっと……」


千歳「あら…お邪魔だったみたいね」


卯月「じろじろ見てないで早くドアを閉めるっぴょん!」


千歳「あら、私としたことが…」バタン


卯月「なんで部屋の中に入ってくるっぴょん!!」


千歳「少しだけでもお話したいと思って」


卯月「千歳は今ナニをしてるか見てわからないっぴょん!?」



773: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 20:06:51.69 ID:+JgX8hN+0

千歳「そうね、卯月ちゃんと叢雲ちゃんが裸で抱き合ってるわね」


千歳「卯月ちゃん、貴女は性交依存症だったのよね?」


卯月「ぴょん…でもちゃんと治ったし…愛のある普通のエッチならして言いって…」


千歳「なら叢雲ちゃんとはそういう関係なの?」


卯月「……そこまで知ってるのかぴょん」


千歳「龍驤さんが要注意って教えてくれたの。卯月ちゃん、貴女は確かまだ叢雲ちゃんとは恋人じゃなかったわよね?」


千歳「それとも龍驤さんが知らないうちに、もう親密な仲になっていたの?」


卯月「安価」


下1~3高コンマ 卯月の台詞、行動他



774:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:11:14.26 ID:heMcF4H40

親密な関係を築いているっぴょん



775:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:12:21.99 ID:l7MiXh+BO

定期的にしないと叢雲が不安定になるんだぴょん…

それになんだか最近は叢雲の全てがいとおしいぴょん



776:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:13:44.78 ID:Nmct69LS0

こう……親友のような感じで……訓練が終わったー疲れたー互いにムラムラするーじゃあやりますか!って……ぴょん



777: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 20:22:11.66 ID:+JgX8hN+0

卯月「定期的にしないと叢雲が不安定になるんだぴょん…それになんだか最近は叢雲の全てがいとおしいぴょん」


千歳「それは貴女が性欲を満たしたいだけの言い訳じゃないの?」


卯月「それは……」


叢雲「……違うわ、今日も私から言い出したのよ」


千歳「本当、叢雲ちゃん?」


叢雲「えぇ…最初の頃は我慢できてたんだけど、もう……限界だったのよ」


叢雲「確かに卯月には酷い目に遭わされたわ。裸で歩かされたり、人前で淫語を言わされたり、鉄パイプを挿入されたり…」


卯月「……」



779: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 20:28:47.23 ID:+JgX8hN+0

叢雲「でも……私には卯月様しか居ないのよ。もう手を繋いだり、おでこにキスされるだけじゃ満たされないの」


千歳「卯月ちゃんに激しいことをしてもらわないとダメってこと?」


叢雲「違うわ、今もしてたけど裸で抱き合ったり、キスするだけでいいの」


叢雲「だから決して、卯月から嫌なことをされたり、傷付くことはされてないって証明できるわ」


卯月「叢雲……」


叢雲「卯月、さっき愛おしいって言ってくれて嬉しかったわよ」


卯月「ぴょん……」



780: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 20:32:56.20 ID:+JgX8hN+0

千歳「……わかったわ。卯月ちゃん、少し叢雲ちゃんとお話したいけどいいかしら?」


卯月「…わかったっぴょん」


叢雲「…着替えるから少し待っててちょうだい」


卯月「千歳さん、叢雲は入院……ぴょん?」


千歳「とりあえず話しを聞いてみてから判断ね。でも大丈夫。入院が必要って判断でも、もうすぐ診療所ができるでしょ?」


千歳「二人が離れ離れになることは無いから安心して」


卯月「……よかった…ぴょん」


叢雲「…やっぱり私、頭おかしいわよね……」


千歳「そんなことないわ叢雲ちゃん。さ、服を着て……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



781:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:37:33.70 ID:Gdj4SumU0

入院は必要ないが、依存が強くなっているので、卯月絶ちを進められる



782:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:38:14.60 ID:e+rhGO8l0

多少共依存の気があるが、あまり問題なし



783:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:44:52.89 ID:4Zj2M+hIO

快楽依存症の気ありなので暫く性的な行為を控えるよう注意される



784: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 20:55:05.50 ID:+JgX8hN+0

ーー

千歳「叢雲ちゃん、貴女は快楽依存症の気があるわね」


千歳「暫くは性的な行為を控えるようにしてくれる?」


叢雲「性的な行為って、一人でするのもダメなの?」


千歳「そうね、できれば止めて欲しいわ」


叢雲「そう……我慢できるかしら…」


千歳「そういう気持ちになったら私の所に来てくれたらいいわ。こうやってお話すれば紛れると思うの」


叢雲「……わかったわ、頑張ってみる」


千歳「完治までの道は見えてるわ。一緒に頑張っていきましょう」


叢雲「ええ……」



785: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 21:00:36.32 ID:+JgX8hN+0

千歳「ふぅ…」ガチャ


卯月「あの、叢雲は……」


千歳「叢雲ちゃんは快楽依存症かもしれないから、暫く性的な行為を控えるように言ったわ」


卯月「叢雲が……卯月のせいで…」


千歳「あまり考え過ぎると、卯月ちゃんが入院することになるかもしれないわよ?」


卯月「でも……卯月が責任を取らないと…」


卯月「叢雲を…私生活に支障が出るくらい…開発したのは卯月だし…」


卯月「私は叢雲に…可哀想なことばっかり…したんです…」


千歳「……卯月ちゃん。後悔ならいつでもできるけど、今は叢雲ちゃんの側にいてあげて」


千歳「これは卯月ちゃんにかできないことなのよ」


卯月「……はい」


千歳「いい卯月ちゃん?あまり考え過ぎないで。少しでも不安な気持ちになったら私の所に来てくれたらいいから」


卯月「ありがとう…ございます……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



786:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:02:21.21 ID:e+rhGO8l0

ソシャゲ依存症の天龍が相談に訪れる



787:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:04:30.21 ID:Gdj4SumU0

性欲を発散するために運動や筋トレがいいと聞き、始める叢雲

バッキバキのシックスパッドを手に入れる



788:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:04:47.83 ID:Nmct69LS0

訓練出撃制限が解除された葛城、強くなる方法がないか彷徨いていると何かの古ぼけた設計図をみつける



790: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 21:11:36.74 ID:+JgX8hN+0

ーー

葛城「やっと訓練と出撃制限が解除されたし、張り切ってやっていかないと!」


葛城「でも前と同じことをしてもダメよね。また体調を崩しちゃうもの」


葛城「効率良く強くなれる方法…無いかしら…」


ピラッ


葛城「…ん?何かしらこの紙…」


葛城「これは…何かの設計図かしら?随分と古そうだけど、何処にしまってあったんだろ…」


葛城「うーん…私が見てもわからないわ。こういうのは本職の人に見てもらうのが一番よね!」



791: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 21:14:01.66 ID:+JgX8hN+0

ーー工廠


北上「で、あたしの所に持ってきたと」


葛城「北上なら何がわかるでしょ?」


北上「まぁ設計図なんだからさ、調べれば何かはわかるよね~」


葛城「じゃあ調べて!もしかしたら何か強くなれるものかもしれないじゃない!」


北上「そんな都合良くいくもんかな~」


葛城「そんなのわからないわよ!」


北上「へいへい、ちゃちゃっと調べますよ~っと」


下1~3高コンマ 設計図の正体とは?



792:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:15:30.95 ID:8lMPSqP40

命を燃料にする艤装



793:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:16:01.84 ID:USGr2EneO

艦娘能力強化用ギプスの設計図



794:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:16:16.84 ID:7XKAIFOzO

視界を共有できる艦載機



802: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 21:31:45.88 ID:+JgX8hN+0

ーー

北上「あぁぁ~これはいけないモノだね」


葛城「正体は何なの?」


北上「簡単に言えばさ、命を燃料にする艤装って所かな」


葛城「命を……」


北上「艤装って言っても、こんな紙切れ一枚じゃ本格的な艤装は作れたりしない。作れるのは外付けの装置みたいなものだね~」


葛城「なんでそんな設計図がここにあったんですか?」


北上「それはわからないね。ただ、この古さから言えば、ここが鎮守府になる前のものだから…何かあったんだろうね~」


葛城「……」



803: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 21:36:22.34 ID:+JgX8hN+0

北上「葛城、これを使えば強くなれるとか思ってるでしょ?」


葛城「いや!あの……」


北上「はぁ…確かに強くはなるだろうけどさ、これは何十年も前のシロモノだよ?強くなったってたかが知れてるの」


北上「葛城が強くなりたいのは知ってる。でもこれを使った所でそれは本当の強さって言える?」


葛城「それは…」


北上「強くなる為には地道にコツコツとやっていくしかないの。もう変な心配かけされないでよね~」


葛城「……わかったわ」


北上「ほんじゃま、この設計図はこっちで預かっとくから、葛城は休憩した後訓練でもしてなよ~」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



804:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:36:36.19 ID:9gGbosWrO

あかんで、葛城……
命 大事に



805:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:37:33.69 ID:e+rhGO8l0

力を求める葛城に迫る例の組織の誘惑



806:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:38:53.54 ID:USGr2EneO

葛城の様子がおかしいことに気付いた雲龍が話しかけてくる



810: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 21:46:22.70 ID:QloGsJVNO

ーー


葛城「北上さんはああ言ってたけど、命くらい犠牲にしたっていい」


葛城「それで強くなれるなら、私はあの装置を使いたい!」


葛城「でも…設計図は北上さんが持っていっちゃったのよね…」


葛城「どうしてわかってくれないのかしら…命なんて安いものなのに…」


葛城「強くなりたい……私は誰にも負けない力が欲しい!」



812: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 21:48:50.53 ID:QloGsJVNO

葛城「はぁ…でも簡単に強くなる方法なんてないわよね…」


葛城「地道に努力した所で、もし素質が低かったら終わりだもの」


葛城「…無理よ、素質を上げるなんて。それこそ腕を生やすより難しいわ」


葛城「…………ん…?」


葛城「…………腕を生やす…」


葛城「心当たりは…あるわね」



813: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 21:51:05.80 ID:QloGsJVNO

葛城「確か島風は…例の組織と繋がりがあったのよね?」


葛城「なら当然、連絡先や何かを知ってるってことよね」


葛城「ならその人達に頼めば……」


葛城「…でも!そんなことをしたら龍驤さん達を裏切ることに!」


葛城「うぅ…!!でも私は強くなりたい!龍驤さん達を守れるような力が欲しい!」


葛城「私は……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



814:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:51:51.34 ID:bPckhGlW0

>>809



815:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:52:03.79 ID:GSYlLOPdO

力が欲しいのならば潮ッパイに頼めば良いじゃない!



816:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 21:52:04.09 ID:7XKAIFOzO

何をしようとしている気からしら
この後は訓練でしょう?



818: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 22:15:20.66 ID:QloGsJVNO

ーー

葛城「ねぇ潮、ちょっといいかしら?」


潮「は、はい…」


葛城「あのね、胸を触らせて欲しいの!」


潮「ひいっ!」


葛城「大丈夫よ、痛いようにしないわ!」


潮「か、葛城さんって…やっぱりそっちだったんですか…」ブルブル


葛城「へ……?あ、違う!そういう意味じゃないのよ!」



819: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 22:19:08.28 ID:QloGsJVNO

葛城「貴女の胸って触るとパワーアップできるのよね?」


潮「でも…もう触らせちゃダメだって…」


葛城「大丈夫、先っぽだけだから!ね?」


潮「うぅぅ……困りますぅ……」


葛城「私は強くなりたいの!ね、ね?」


潮「だ、誰か…助けて下さい……」


葛城「ふふふ……」ジリジリ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



820:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:19:31.19 ID:zXXzLQKk0

胸に触れた途端今まで胸に触れてきた艦娘の頭に鐘の音が響き渡る+>>397 強化内容は艦載機数の増加と熟練度の最大化固定



821:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:19:34.73 ID:mIu9+SqIO

皐月「助けに来たよ!」(助けに来てない)



822:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:19:53.46 ID:Gdj4SumU0

おこな龍驤登場



827: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 22:32:00.85 ID:QloGsJVNO

皐月「潮、助けに来たよ!」


潮「うぅぅぅぅ~!助けになってないですぅ~!」


皐月「大丈夫、今日はちゃんと助けるよ!そのかわりまた胸揉ませてね!」


潮「どっちにしろ嫌ですぅぅ~!」


葛城「皐月、邪魔しないで!私は強くなりたいのよ!」


皐月「そうはいかないよ!オッパイのために!!」



828: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 22:35:13.78 ID:QloGsJVNO

葛城「私の後ろに回り込んだ!?」


皐月「葛城さんの弱点は~ここ!」くにっ


葛城「あひぃぃぃっ!!」ビクンビクン


潮「ひゃぁぁぁぁ!」


皐月「ん~やっぱりいい感度だよね。ほらほら、両方触られると凄いでしょ?」くにくにっ


葛城「やめれぇぇっ!イッ……イク…ッ!」ビクンビクン


潮「誰か助けてーー!誰かーー!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



829:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:35:40.35 ID:vXJ3m0rtO

怒りの川内、二人にガチ説教



830:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:35:47.73 ID:8lMPSqP40

羽黒に見つかり3人ともお説教



831:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:35:59.04 ID:5gyZpmTqo

皐月に先っぽを好き放題にいじり倒されて声も出なくなってるところにこれが力だよと力説される葛城



835: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 22:50:53.71 ID:QloGsJVNO

ーー

羽黒「貴女達は…何をしてるんですか…!」


葛城、皐月「……」


潮「うぅぅ…私は悪くないのに…」


羽黒「特に皐月ちゃん…!人前で葛城さんをぜ…絶頂させるなんて…!」


皐月「だってオッパイが…触ってって僕に語りかけてきたんだもん…」


羽黒「どんな言い訳ですか…!」バンバン


皐月「ごめんなさい…」



836: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 22:54:53.40 ID:QloGsJVNO

羽黒「それから葛城さん…潮ちゃんの胸を触るのは…禁止されてるはずですよ…!」


葛城「だって…私は強くなりたかったのよ…」


羽黒「潮ちゃんの力は…危険なんですよ…!」


葛城「でも…」


羽黒「とにかく…ダメなものはダメです…!」バンバン


葛城「わかりました…」


羽黒「それから…潮ちゃん…!」


潮「はい…」


羽黒「安価」


下1~3高コンマ 羽黒の台詞、行動他



837:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:55:59.32 ID:e+rhGO8l0

あなたにはうかつに胸を触られないよう、護身術を身に付けて貰います



838:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:57:11.53 ID:vXJ3m0rtO

(おっぱいガン見しながら)本当に凄く…大きいですね…。



839:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:57:23.95 ID:JlCmofIQO

胸がおっきいの羨ましいです!



845: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 23:11:37.71 ID:QloGsJVNO

羽黒「胸がおっきいの羨ましいです!」


潮「そんな理由で怒らないで下さい!」


羽黒「駆逐艦なのに…私より大きいって…どういうことですか!」バンバン


潮「理不尽すぎます……」


羽黒「とにかく…よく反省して下さいね…!」バタン


皐月「あ~あ、怒られちゃったね」


葛城「羽黒に見つからなかったら…」


潮「私が怒られたのは納得いかない…」



846: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 23:16:08.44 ID:QloGsJVNO

皐月「でもさ、潮の胸は艤装展開状態じゃないと意味ないのは知らなかったの?」


葛城「そうだったの!?」


潮「うぅぅ…」


葛城「だから潮はそんなに警戒してたのね…」


潮「力のことは言い訳で…私の胸を好き放題すると思ってました…」


葛城「それは警戒するわね…ごめん、そんなつもりじゃなかったの!」


潮「でも…葛城さんは女の人が好きなのには違いないですよね…?」


葛城「なんでそんなこと言うの!?」


潮「だって…安価」


下1~3高コンマ 潮の台詞、行動他



847:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 23:18:09.32 ID:vXJ3m0rtO

葛城さんは無意識みたいですけど、他の艦娘さんに会った時にまず皐月さんみたいな目で胸を見るじゃないですか。



848:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 23:18:42.90 ID:IWMxnGijo

龍驤さんに過剰に接触している



849:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 23:18:57.32 ID:aTF0hFIwo

皐月ちゃんにいじられて…あんなに…気持ち良さそうに…うぅ…



852: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 23:33:56.78 ID:Nu9Nju300

潮「龍驤さんに過剰に接触しているじゃないですかぁ…」


葛城「それは龍驤さんが心配なだけで…!」


潮「お風呂やトイレまで手伝おうとするのはやり過ぎです!」


葛城「違うのよ……」


皐月「お風呂なら僕も手伝ったことはあるよ!」


潮「え…じゃあ皐月ちゃんも…?」


皐月「違う違う。龍驤さんは昔、お風呂で溺れかけたことがあるんだよ」


潮「お風呂で……」



853: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 23:36:47.76 ID:Nu9Nju300

皐月「だから龍驤さんがお風呂に入る時は、なるべく一人にしないようにしてるんだ!」


潮「そうだったんですね…」


皐月「まぁでも葛城さんはこのこと知らないと思うから、本当にヤバいやつかもね」


潮「ひっ!」


葛城「ちょっと皐月!」


皐月「だってさ、トイレまで手伝うのはやり過ぎだよ。司令官でさえそんなことしてないんだよ?」


葛城「でも…」


皐月「じゃあ聞くけどさ、目の前に裸の龍驤さんが居たらどうする?」


葛城「安価」


下1~3高コンマ 葛城の台詞、行動他



854:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 23:38:14.54 ID:Nmct69LS0

タオルで体を隠させたあとにすぐに服を持ってくる



855:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 23:38:57.30 ID:vXJ3m0rtO

それはその、あの…。(赤面)



856:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 23:39:16.51 ID:aTF0hFIwo

義足をもってこなきゃ



861: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/05/31(木) 23:59:26.99 ID:QloGsJVNO

葛城「タオルで体を隠したあとにすぐに服を持ってくるわ!」


皐月「へぇ…」


葛城「どう?完璧な答えでしょ!」


皐月「うん…まさか葛城さんが日頃からそんな妄想してたなんて…」


葛城「は?」


潮「……」ススッ


葛城「潮ちゃん?どうして私から離れるの?」


皐月「葛城さんは…とんでも無い変態さんなんだね」


葛城「ちが…!そんなありがちなシチュを言うからじゃない!」


皐月「……」


葛城「…は!」


皐月「葛城さんは龍驤さんの側に近寄らせちゃダメだね」


葛城「もぉ~~いいじゃないのよぉ!」


ーー



884: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 19:03:13.80 ID:mfHHk+7t0

ーー

千歳「霞ちゃん、調子はどうかしら?」


霞「そっちが作って欲しいっていう薬は全部作っておいたわよ」


千歳「もう?結構な種類あったわよね?」


霞「あれくらい簡単よ。説明書があるみたいなものだし、そこまで難しくないもの」


千歳「そうね、普段は薬草から薬を作ってたのよね」


霞「あれに比べたら簡単よ。普通はそんなに時間がかかるものなの?」


千歳「ええ、霞ちゃんからしたら簡単かもしれないけど、普通なら相当時間がかかるのよ」


霞「ふーん…よくわからないわ」



885: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 19:06:44.64 ID:mfHHk+7t0

千歳「霞ちゃんは本当に凄いと思うの。効果がわからないものは自分から試すなんて、普通ならできないわ」


霞「…そう」


千歳「自分の作った薬にそんなに自信があるの?」


霞「…どうかしら」


千歳「とにかく貴女が居てくれたら助かるし…いえ、居てもらわなくちゃ困るわ」


霞「買い被り過ぎよ。私はただの免許を持った駆逐艦。ちゃんと勉強してる本職の人に失礼だわ」


千歳「そんなこと無いわ!だからね、霞ちゃんとはちゃんとお話しておきたいの」


霞「千歳さんと何を話すっていうのよ?」



886: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 19:12:23.72 ID:mfHHk+7t0

千歳「このメモを見て欲しいんだけど、これは私と先生に入ってくる毎月の金額。そこに月に何人治療したかがプラスされるの」スッ


霞「結構な金額になるのね」


千歳「それで、霞ちゃんの取り分は……これくらいの予定なの」スッ


霞「はぁ!?半分以上私じゃない!!」


千歳「あのね、今までお金をもらって無かっただけで、霞ちゃんはこれくらいのことをしてると思うの」


霞「でも、司令官からお小遣いもらってるし…」


千歳「それも貰っておいていいと思うわ。お金はあっても困らないでしょ?」


霞「そんな…千歳さん達の診療所なのに…」


千歳「対価は払う必要がある。これは私と先生が相談した結果なの」


霞「こんなにお金なんていらないのに…」



887: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 19:15:52.64 ID:mfHHk+7t0

千歳「正直ね、霞ちゃんに半分以上払ってもこれまでの収入より遥かに多いの」


霞「嘘でしょ!?」


千歳「だからその金額は受けとって欲しいの。これは私達の気持ちよ」


霞「でも……」


千歳「……なら霞ちゃん。解決して欲しいことなんかない?」


霞「急になに…?」


千歳「貴女もきっと色々あってこの鎮守府に来てるのよね。そのことがもし解決してないなら、私が力になってあげる」


千歳「お金で気持ちが伝わらないなら、なんだってしてあげるわ。だから、何かあれば言って欲しいわ」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



888:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 19:19:10.26 ID:d0uZYBODO

お姉さ…いえ気持ちだけで充分よ



889:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 19:21:51.90 ID:JunaHhYNo

話がうますぎて裏があるんじゃないかって思っちゃうわね



890:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 19:22:51.04 ID:EicWyWC10

(買い物に)付き合って



892: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 19:29:04.73 ID:mfHHk+7t0

霞「話がうますぎて裏があるんじゃないかって思っちゃうわね」


千歳「そんなことないわ!私はただ霞ちゃんが…」


霞「わかったわよ、何かあったら相談するから。それでいいかしら?」


千歳「霞ちゃんがそれでいいならいいんだけど…」


霞「ならこの話はおしまい。さ、これから調合するから部屋から出ていって」


千歳「ほんとに相談してね?いつでも待ってるから」


霞「はいはい」



893: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 19:37:40.46 ID:mfHHk+7t0

ーー『作業中!入るべからず!』


霞「色々あった…か。私は薬でのタナトフィリアに目覚めてから、前の鎮守府では……虐められるようになった」


霞「虐め自体は大したことはなかったけど、死に憧れるあまり何度か本当に死のうとした」


霞「でも……死ねなかった。死ぬのが怖かったんじゃなくて、毎回毎回お姉さまに邪魔されて……」


霞「あの時鎮守府に他に金剛型は居なかった。だから私は妹として扱うと言われた時は、頭がおかしいんじゃないかと思ったわ」


霞「でもお姉さまはだけは、最後まで私の味方で居てくれた……」


霞「可愛い妹を否定すること無い……か」



894: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 19:43:16.03 ID:mfHHk+7t0

霞「私にはお姉さまが居たけど、決して待遇は良いとは言えなかった」


霞「クズ司令官も厄介払いをしたいみたいで、私の受け入れ先を探すようになった」


霞「そして私はこの鎮守府に来ることになって、お姉さまとは離れ離れになった」


霞「あの鎮守府には行こうと思えば行けるけど、私は行ったことも無いし、お姉さまも会いに来てくれたことはない」


霞「やっぱり…………私のことはどうでもよかったのよね」


霞「あの鎮守府を出て行く時、せめてお姉さまだけに挨拶をしておこうとした時、私は……聞いてしまった」


霞「『これで変人が居なくなって清々する』って…」


霞「あまりにショックで、そこから先の記憶は曖昧になってしまった。気が付いたらこの鎮守府に向けての車内だった」



895: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 19:51:53.36 ID:mfHHk+7t0

霞「わからないのは…なんで私と仲良くしていたのかということね」


霞「お姉さまも私を虐めているなら、最後に私を絶望させたはず」


霞「でも私はあの会話を偶然聞いてしまった。わざと私に聞かせようとはしていなかった」


霞「なんで…どうして私と嫌々仲良くする必要があったのか」


霞「その理由…それだけが心残りね…」


霞「今の私なら無理やりにでも聞き出せるけど……会いたいとは思わない」


霞「もう…裏切られるのはごめんなのよ」


霞「……あぁもう!余計なこと思い出したからイライラするわ!」


霞「調合はやめて一番強いの飲んで寝る!そうでもしないとやってやれないわ!」


霞「もう……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



896:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 19:53:36.73 ID:SvwsStNNO

霞のお姉さまって決まってる?

決まってないなら霞のお姉さまの榛名から会いたい旨を綴った手紙が届く
決まってたらその金剛型で



897:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 19:54:15.00 ID:XpKarU8No

霞過去パート(悪夢を見る霞)



898:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 19:54:44.70 ID:svW9FVRd0

霞の前鎮守府から霞宛に電話がくる
相手はお姉様
内容は前に連絡があったときに何かあったのか



900: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:05:24.72 ID:mfHHk+7t0

ーーーー


『私は死にたがりの変態です』


霞「え……なにこれ…なんで私の部屋に…」


ヒソヒソ


霞「あの…私のご飯は……」


霞「……そう。いいわ別に、一日くらい食べなくても死なないもの」


「あ!今日ゴミ捨てるの忘れてた!」

「なら霞の部屋に捨てとけば?ゴミみたいなもんじゃん!」

「そうよね!アハハハハハッ!」


霞「…………」



901: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:08:59.42 ID:mfHHk+7t0

榛名「霞ちゃん大丈夫?顔色が良くないわよ?」


霞「お姉さま…」


榛名「そんなのだから、気持ち悪がられるのよ?」


霞「え……」


榛名「知ってる?貴女が死にかけて痙攣してる時って、カエルみたいにヒクヒクしてるのよ」


霞「や…いや……」


榛名「これからは貴女のことは霞ちゃんじゃなくてカエルちゃんって呼ぶわ!」


霞「やめて…やめて……!」


榛名「本当に死ねばいいのに」


霞「…………!!」


ーーーー



902: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:12:17.55 ID:mfHHk+7t0

ーー

霞「お姉さまはそんな事言わないっ!!」ガバッ


霞「あ…あぁぁ………」


霞「ひ……ひっぐ……」


霞「……わぁぁぁぁぁぁぁっ!!」ボロボロ


霞「なんで!お姉さまは!私を裏切ったの!!」


霞「私にはお姉さましかいなかったのに!!なんで私の気持ちをもて遊んだの!!」


霞「私は!私はぁぁぁぁぁぁぁ!!」


霞「わぁぁぁぁぁぁぁぁー!」



903: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:15:32.51 ID:mfHHk+7t0

ーー

霞「……ぐすっ、こんなに泣いたのは久しぶりね…」


霞「気持ちいい夢を見てストレス発散する予定だったのに…」


霞「…薬は間違って無いから、私の精神状態が悪かったのね」


霞「落ち込んでる時にこの薬は飲んじゃいけない…メモしておかないと」


霞「えっと、ノートは……」ゴソゴソ


霞「あったわ。この薬の備考に…」パサッ


霞「あ、この薬……」



904: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:19:08.57 ID:mfHHk+7t0

霞「もう全部処分したと思ったのに、まだ残ってたのね」


霞「これは一回試して私の心臓が止まっちゃったやつなのよね。危険過ぎるから司令官が全部処分してくれって言うから…」


霞「この薬……今飲んだらどうなるのかしら…」


霞「今私の部屋には誰にも入るなの看板がある。誰も入ってはこない」


霞「だからもし…また心臓が止まったりしたら今度こそ…」


霞「……」ゾクゾク


霞「……今の私は普通じゃないわ。悪夢に魘されて気持ちが変になってるのよ」


霞「もしかしたら、今この状況も夢かもしれないのよね…」



905: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:22:18.94 ID:mfHHk+7t0

霞「……ん」ゴクリ


霞「…飲んじゃった、薬」


霞「どういう効果があるか、私が一番わかってるはずなのに……」


霞「最悪…死ぬかもしれないのに……」


霞「……」モゾモゾ


霞「吐き出せば間に合うのに…寝ちゃうのね」


霞「もう寝たら二度と起きないかもしれないのに……」


霞「司令官……」


霞「…お休みなさい……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



906:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 20:22:47.30 ID:32CGOxkQ0

比叡の昇天料理で精神に傷を負った霞のお姉様の榛名が鬼畜カニバ鎮守府に着任してくる



907:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 20:23:38.32 ID:SvwsStNNO

霞のいた鎮守府が例の組織に襲われ壊滅する



908:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 20:24:00.71 ID:I4yWwm0Zo

気づいたら医務室



912: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:33:34.49 ID:mfHHk+7t0

ーー医務室


霞「…………」


霞「あれ…………」


霞「ここ……?私……?」キョロキョロ


医者「気が付きましたか?」


千歳「意識はハッキリしてる?」


霞「貴女達……」


医者「……貴女の趣味は聞いています。だから私から言うことはありません」


霞「……」


千歳「かなり危なかったのよ?貴女の鳴き声を聞いた龍驤さんが心配して部屋に入らなかったら……」


霞「そう……」



913: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:37:07.35 ID:mfHHk+7t0

千歳「霞ちゃん。話聞かせてくれない?」


霞「……何もないわ」


千歳「嘘は言っちゃダメ。私にはわかるのよ?霞ちゃんみたいな患者さんをずっと診てきたんだもの」


霞「……」


医者「私は出ていくよ。千歳と二人きりなら喋ってくれるかい?」


霞「……」


医者「…千歳、後は頼んだよ」ガチャ


千歳「霞ちゃん……話してくれない?」


霞「…………」


霞「……私ね、夢を見たの。その夢っていうのが…」



914: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:41:17.46 ID:mfHHk+7t0

ーー


千歳「そんなことがあったのね…」


霞「お姉さまの夢を見るのは久しぶりだったの。もう吹っ切れてると思ってたのに…」


千歳「ごめんなさい、私のせいよね。余計な事を思い出させちゃって」


霞「…いいわよ、もう」


千歳「…霞ちゃん。お姉さま…榛名と話したい?」


霞「……わからないわ」


千歳「私ね、その鎮守府なら知ってるの。別の艦娘さんのを何度か診たことがあるわ」


霞「え……」


千歳「だから少し…待ってくれる?」ピピピッ


霞「え、え…やだ……うそ…」


千歳「…もしもし?」


下1~3高コンマ 電話の結果やその他起こったこと等



915:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 20:42:20.28 ID:32CGOxkQ0

榛名、意識不明の重体



916:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 20:42:43.41 ID:JunaHhYNo

霞の事を話すと食い気味にかわってと言う榛名の声が聞こえてくる



917:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 20:45:23.79 ID:3Etj1OqJO

比叡のせいでタナトフィリアに目覚めてしまった



921: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:49:19.87 ID:mfHHk+7t0

ーー

千歳「……そう、そうだったのね」


霞「電話の相手は誰?まさか……」


千歳「霞ちゃん。貴女に代わって欲しいって…」


霞「いや!今さら言うことなんてない!話もしたくない!」


千歳「……後悔しない?」


霞「ぅぐ……」


千歳「…はい。切るなら切ってもいいわよ?」スッ


霞「…………」


霞「お姉…さま……?」


榛名『霞ちゃん!その声は霞ちゃんね!!』



922: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 20:56:41.71 ID:mfHHk+7t0

霞「……」


榛名『ずっと連絡しようと思ってたの!言いたいことも色々あって…』


榛名『そう!私も霞ちゃんの気持ちがわかるようになったの!比叡の料理で臨死体験をして…』


霞「ねぇ、お姉さま……」


榛名『なに、霞ちゃん!』


霞「お姉さまは…なんで私と仲良くしてくれてたの?変人が居なくなって清々するなら…最初から…仲良してくれない方が良かった…」


霞「どうして……」


榛名『安価』


下1~3高コンマ 榛名の台詞、行動他



923:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 20:58:15.76 ID:CTr3sSt4O

本気で霞の言葉が理解できない榛名

実は霞の悪口を言っていたのは別の榛名



924:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:00:30.01 ID:5GtjyA5o0

ストレス解消のためなの



925:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:00:39.36 ID:svW9FVRd0

霞を見送ろうとしたときに例の台詞を比叡が声真似をして言った
そしたら頭に血がのぼって見送れなかった



929: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 21:12:48.58 ID:mfHHk+7t0

榛名『霞ちゃん、何を言っているの?私はそんな事は言ってないわ』


霞「嘘よ!私がそこを出ていく日、駆逐艦の皆んなとそう言ってたじゃない!!」


榛名『いえ、それはあり得ません。その日榛名は半日入渠してたんです』


霞「!!」


榛名『急いで入渠を終えて霞ちゃんに会いに行ったら、もう鎮守府を出発してて…』


霞「じゃあ…あのお姉さまは一体……」


榛名『…ひょっとして他の鎮守府の榛名でしょうか?あの日は演習の予定がありましたし』


霞「え……」



930: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 21:15:28.24 ID:mfHHk+7t0

榛名『演習相手の鎮守府はいつもの鎮守府です。何度も演習で会ってて仲の良い鎮守府でしたよね?』


霞「だから…私のことも知ってた…」


榛名『霞ちゃん、ひょっとして今まで連絡をくれなかったのは…それが原因なの?』


霞「……そうよ、私はずっとお姉さまに裏切られたと思ってたのよ」


霞「大体!なんで今まで連絡してくれなかったの!?本当に私の事を妹と思ってくれてるなら、電話くらいしてくれてもよかったのに!!」


榛名『安価』


下1~3高コンマ 榛名の台詞、行動他



931:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:17:14.36 ID:JunaHhYNo

提督も誰も連絡先も行き先も教えてくれなかった



932:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:18:15.06 ID:32CGOxkQ0

…霞ちゃんが去ったあとに来た比叡の料理でこちらの鎮首府は壊滅状態だったんです…。



933:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:18:54.98 ID:FdcKOn0cO

実は私は今病院に...(ブツッ



936: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 21:26:50.10 ID:mfHHk+7t0

榛名『実は榛名は今病院に……』ブツッ


霞「…もしもし?お姉さま?」


千歳「切れちゃったの?」


霞「今病院って言って…電話が切れたわ」


千歳「病院か、ありえるわね。さっき鎮守府に電話したら、榛名個人の番号を教えてくれたの。なんで電話を代わってくれないんだろうとは思ったんだけど…」


霞「まさか……お姉さま…」


千歳「榛名のこと、心配?」


霞「……うん、心配だわ。会いに行きたい」


千歳「それじゃあ少し待ってて。車はこっちで用意するから、後は病院を探すだけ。大丈夫、ネットワークがあるからすぐ探せるわ」


霞「お姉さまに限って病気なんかしてないと思うけど……心配だわ…」



937: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 21:29:00.88 ID:mfHHk+7t0

ーー某病院


千歳「榛名はこの病室の中に居るわ」


霞「お姉さまがここに居るのね…」


千歳「緊張してる?」


霞「緊張と…会いたかったっていう気持ちと…うまく言葉にできないわ」


千歳「そういう時は入ってから考えればいいの。ほら霞ちゃん、入るわよ」ガチャ


霞「あ、ちょっと…!」


下1~3高コンマ 病室の様子や榛名の状況等



938:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:29:22.04 ID:CTr3sSt4O

実は榛名は提督に騙されていて、病院は例の組織の息がかかった病院だった

そして榛名は実験材料として、深海悽艦の艤装や手足を無理矢理移植されようとしていた



939:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:31:18.68 ID:JunaHhYNo

戦闘で左手を負傷して薬指を切除した



940:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:31:35.61 ID:d0uZYBODO

比叡のお見舞い(手作り)を食べて臨死体験中



945: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 21:39:20.98 ID:mfHHk+7t0

榛名「霞ちゃん!!来てくれたのね!」


霞「お姉さま……」


千歳「貴女が榛名ね。元気そうでよかったわ」


榛名「はい、榛名は大丈夫です!」


千歳「ならなんでさっきは急に電話を切ったの?」


榛名「それは、その……この手を見てもらえれば…」スッ


霞「あぁぁぁ!」


千歳「左手の薬指が…無いわね」


榛名「はい…まだ日常生活に慣れてなくて…さっきも電話の操作を誤ってしまったんです」



946: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 21:45:24.64 ID:mfHHk+7t0

千歳「どんな事故だったか聞いても大丈夫?」


榛名「いえ、事故では無くて…榛名は艤装を解除してた時に、鎮守府にはぐれ艦載機がやってきて、その時に駆逐艦の子を庇おうとして…」


千歳「…そうだったの」


榛名「見た目的には薬指が無いだけですが、実は左手全体がぐちゃぐちゃになってしまって…」


千歳「そのリハビリがあったから、霞ちゃんには会えなかったのね」


榛名「指は薬指以外は無事だったので、こうして動かせるようになりました」グッ


千歳「…霞ちゃん、やっぱり貴女のお姉さまは、こういう人なのよ」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



947:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:46:41.15 ID:32CGOxkQ0

ごめんなさい…。
私、お姉様のこと誤解してたわ…。



948:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:46:41.82 ID:3Etj1OqJO

抱きついて泣く



949:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 21:48:27.96 ID:d0uZYBODO

その艦載機はどこのどいつのなのよっ!!!



954: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 22:06:47.69 ID:Z82U6Q8pO

霞「その艦載機はどこのどいつのなのよっ!!」


榛名「わかりません。あの時演習をやっていた誰かなのか、それとも出撃していた誰かなのか…」


霞「なんでそんなことで…お姉さまが……」グスッ


霞「う……うぁぁぁぁ~~!!」


榛名「霞ちゃん…こっちへ来て」


霞「私はずっと!お姉さまがぁ!!」


榛名「うん、うん……榛名はなんとも思ってませんよ」ナデナデ


霞「わぁぁぁぁっ!!」


榛名「霞ちゃんは金剛お姉様達が居ても、私の妹であることにはかわりません」


霞「ひぐっ……!」



955: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 22:10:48.06 ID:Z82U6Q8pO

千歳「榛名は霞ちゃんに余計な心配をかけさせたくないから、連絡をしようとはしなかったのね」


榛名「はい、命は無事なので変に心配をかけたくなかったんです」


千歳「それが霞ちゃんが勘違いをする原因になってたなんて…」


榛名「こんなことなら、電話をしておくべきでしたね」


霞「うぐっ、う……うぅ……」


榛名「よしよし…」


霞「お…お姉さま……」


榛名「どうしたの霞ちゃん?」


霞「安価」


下1~3高コンマ 霞の台詞、行動他



956:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:11:50.23 ID:RYrO6KYJ0

大好きです(キス)



957:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:13:02.47 ID:svW9FVRd0

途中で電話を切ったのは前の提督が来ていたからなの?(目グシグシ



958:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:13:48.78 ID:CTr3sSt4O

私に任せてください!(鎮守府に電話しながら)



960: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 22:33:00.49 ID:pSOsUY570

霞「ぐすっ…後は私に…任せてください…!」ピピピッ


榛名「どういうこと?」


霞「……もしもし…北上?…それは後で言うわ。それより貴女って義手で指だけって作れないの?」


霞「…薬指よ、左手の。なんとかならないの?」


霞「はぁ!?なんとかするのがアンタの仕事でしょ!私は今まで散々そっちの無茶を聞いてきたじゃない!」


霞「…お金が無い?それは……いいわ、私が払うわ」


霞「どうせ毎月大金が入ってくるようになるの。借金してでもお金は作るから義肢を作って!!」



961: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 22:37:45.46 ID:pSOsUY570

榛名「霞ちゃん何を言ってるの!?借金なんてしちゃダメ!」


霞「いや!なんとしてでもお姉さまの義肢を作るの!それが妹としての役目なの!!」


榛名「そこまでしてもらっても、榛名は嬉しくありません!」


霞「嫌だ~!!そうしないとお姉さまに許してもらえないもん!」


榛名「だからもう許したと言ってるじゃないですか!」


霞「私が納得しないの!もしもし北上!お金は今日中に用意するから!!」


榛名「ダメです!勝手は榛名が許しません!!」


千歳「ちょっと!二人とも落ち着いて!」


霞、榛名「「うぅぅ~~!!」」


千歳「ここは病院よ!一回冷静になって!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



962:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:41:04.56 ID:I4yWwm0Zo

??「これでも食べて落ち着いてください!」スッ…



963:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:41:34.66 ID:32CGOxkQ0

見舞いに来た榛名提督、激怒説教



964:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:41:35.31 ID:H17HQpjQO

結局榛名が折れたがお金はワリカンに



968: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 22:48:04.16 ID:Z82U6Q8pO

ーー

榛名提督「見舞いに来たかと思ったら、大声で喧嘩をしているとは何事だ!」


榛名「ごめんなさい…」


榛名提督「ここは病院なんだぞ?個室とは言っても周りの事を考えろ!」


榛名「はい……」


榛名提督「それから君達は…」


千歳「提督、お久しぶりですね。あの子の体調はどうですか?」


榛名提督「君の治療が適切だったんだろう。みるみる元気になっているよ」


千歳「ふふ、それならよかったです」


榛名提督「それから……」


霞「…何よ」


榛名提督「安価」


下1~3高コンマ 榛名提督の台詞、行動他



969:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:49:52.65 ID:6hEpZ0F9O

まだ続けているのか?



970:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:49:58.83 ID:d0uZYBODO

君はどこの所属の霞だい?



971:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 22:49:59.55 ID:RYrO6KYJ0

お前を悪く言っていた艦娘達は別の鎮守府に異動してもらった



975: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 23:02:04.09 ID:pSOsUY570

榛名提督「君はどこの所属の霞だい?」


榛名「提督!この霞は……!」


霞「…いいのよ榛名さん」


千歳「この子は私がお世話になってる提督の所属なんです。ひょんなことから喧嘩をしてしまったみたいで…」


榛名提督「君、ここは病院なんだ。そこは十分わかっているね?」


霞「……騒いですいませんでした」


榛名提督「うむ、わかればいいんだ。素直な駆逐艦は嫌いじゃない」



976: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 23:06:10.78 ID:pSOsUY570

榛名提督「榛名、病院に嫌われたらおしまいなんだ。そこを十分理解するように」


榛名「はい……」


榛名提督「じゃあ私は帰るとする。君達も遅くならない内に帰りたまえ」ガチャ


千歳「…あの人、悪い提督ではないのよね」


榛名「でも霞ちゃんのことを覚えてないだなんて!」


霞「いいわよ、変に覚えててややこしいことになるよりマシよ」


榛名「でも、霞ちゃんは私の妹なんです!霞ちゃんを忘れているということは、私の妹を否定されたことと同じなんです!」


霞「お姉さまがそう言ってくれるだけで私は幸せよ」



978: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 23:13:43.39 ID:pSOsUY570

千歳「……ねぇ榛名、霞ちゃんの近くに居たいと思わない?」


榛名「それはそうです!でも榛名には使命が…」


千歳「じゃあ霞ちゃんの近く居て、出撃できるなら最高よね?」


榛名「それは……」


千歳「ねぇ、貴女の願いが叶う方法があるんだけど……どうかしら?」


榛名「……」


霞「ダメよ、お姉さまに迷惑はかけられないわ」


千歳「でも霞ちゃんも榛名には近くに居て欲しいわよね?」


霞「それは……」


千歳「ねぇ榛名、どうかしら?」


榛名「安価」


下1~3高コンマ 榛名の台詞、行動他



979:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:15:06.71 ID:QGQpTboyo

ぜひ!



980:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:15:26.08 ID:I4yWwm0Zo

霞ちゃんは私の妹です。でもお姉様達も…



981:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:15:37.15 ID:RYrO6KYJ0

よろこんで!



984: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 23:26:58.96 ID:pSOsUY570

榛名「ぜひ!霞ちゃんの鎮守府に行きたいです!」


千歳「やっぱりそうよね!」


榛名「でも…お姉様達の事が気がかりです」


霞「やっぱりお姉さまは…本物の姉妹の方が大切よね…」


榛名「あぁ霞ちゃん!でもお姉様達も気になるし…」オロオロ


千歳「そうね……なら榛名、私達の鎮守府に来るとこんな利点があるわよ?」


榛名「それって、どんなことですか?」


千歳「安価」


下1~3高コンマ 千歳の台詞、行動他



985:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:28:21.00 ID:H17HQpjQO

好きなだけタナトスを感じられるわ



986:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:30:51.48 ID:17XkrFmZ0

悪い噂は絶えないけどとてもストレンジでパラダイスな場所よ



987:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:31:45.59 ID:svW9FVRd0

>>985 かっこいい
安価は「見識を広められるわ」



989: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 23:41:53.33 ID:pSOsUY570

千歳「好きなだけタナトスを感じられるわ」


榛名「それって?」


霞「あのねお姉さま、私は自分の欲求のために薬を作ってるの。それはね、心臓が止まりそうになったり、最高に気持ちいい夢が見れたりする薬なの」


榛名「それは…!」


千歳「まさにタナトフィリアの為の薬ね」


霞「お姉さまの為に、特別に調合してあげるけど……」


千歳「どう榛名?魅力的じゃない?」


榛名「……凄く魅力的ですし、榛名は霞ちゃんの近くに居たいです」



990: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 23:46:40.53 ID:pSOsUY570

霞「じゃあ…!」


榛名「でも…提督がなんて言うか…」


千歳「その辺は私達の提督に任せておけばいいわ」


霞「私達の鎮守府はそういうの得意だから」


榛名「なら……お願いできますか?」


霞「もちろんよ!!やった!お姉さまが鎮守府に来てくれる!!」


千歳「こんなに嬉しそうな霞ちゃん、初めて見たわ…」


ーー



991: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/06/02(土) 23:47:14.17 ID:pSOsUY570

また、仲間が増えそうです


それでは次スレでお会いしましょう



元スレ
【艦これ】龍驤「足りないもの」その9【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527155234/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 04:05
          • いち
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 05:52
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 05:52
          • さん
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 07:15
          • よん
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 11:33
          • だから!!!龍驤に何より足りないものは
            胸だって!
            おっぱいだって!
            乳房だって!
            何度も何度も言ってンだルルオォオッ!!!!!?
            何でわかんねぇんだよ、この刺身野郎!!!!!!!!!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 12:15
          • 足りてるけど足りてないのが龍驤のおっぱい
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 12:27
          • RJの胸はないから良いんだろうが
            口リきょぬーとか許されんわ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 15:02
          • 龍驤「胸も無くて手も足も出んわハハハ」
            龍驤「…笑うトコやで?」
            潮「ヒィ!!」
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 17:19
          • でたわね足りないスレ
            その9まで育ったか…てか終着が全く見えないなw
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 19:14
          • きたわね
            不憫な葛城さんでごさいますわ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 21:03
          • 奇跡なんてないさ 近寄るのは 偽善者の 甘い罠
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月03日 22:06
          • 島風提督は他の艦娘が怖くて島風に依存してただけではなかろうか(遠い目)
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月04日 09:41
          • なんでや、島風提督のところの武蔵はええ子やろ!(手加減苦手とかだったら大惨事だよなあ)
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月04日 19:22
          • ※11
            葛城なセカンドブリッドさんチィーッス

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】箱入り星梨花
        • 【ミリマス】箱入り星梨花
        • 三浦あずさ「マジックミラー号?」
        • 三浦あずさ「マジックミラー号?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「タプリスの手料理?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「タプリスの手料理?」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ