TOP

勇者「本当に魔王を倒せば世界は救われるのだろうか?」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:17:07.809 ID:9nrfN6yn0

魔王城前

女騎士「いきなり何ほざいてんだお前は!?」

女僧侶「お疲れですか?」

女魔法使い「……哲学?」

勇者「いや、真面目な話、魔王を倒しても世界が平和になるとは限らないと思うんだが」

女騎士「ここまで来て今更なに言ってんだ!?」

女僧侶「既に魔王城の目の前なのですが」

女魔法使い「……やめる?」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:18:46.485 ID:9nrfN6yn0

勇者「だから、魔王討伐をやめるかやめないか判断する為に、こうして皆の意見を聞いてるんだよ」

女魔法使い「……人任せ?」

勇者「そんなつもりはない……けど、そう思われても仕方ないよな、あはは……」

女騎士「なんて情けない奴! お前はそれでも勇者なのか!? 自分の行動くらい自分で決めろよ!!」

女僧侶「まあまあ、勇者様が優柔不断なのは、今に始まったことではないですし」

女魔法使い「……多数決、する?」



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:19:51.555 ID:9nrfN6yn0

勇者「うっ……多数決か……」

女騎士「それなら、討伐続行で決まりだな!」

女僧侶「そうですね、その為にこれまで旅を続けて来たわけですし」

女魔法使い「……私は別に、やめてもいい」

女騎士「はあっ!?」

女僧侶「魔法使いさんが勇者様側に寝返るならば、2対2で同票となりますね」

勇者「それなら、話し合いを続けよう!」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:21:06.568 ID:9nrfN6yn0

女騎士「ちっ……面倒くせーな。あたしは話し合いって奴が一番嫌いなんだよ!」

女僧侶「いつも丸め込まれてしまいますしね」

女騎士「うっせ! とにかく、あたしの考えを変えたけりゃ、力づくで屈服してみやがれってんだ!!」

勇者「えぇ……喧嘩はやめようよ……」

女騎士「お前が言い出したことだろうが!?」

女魔法使い「……そんなに勇者に、屈服させて欲しいの? 騎士は、欲しがりさん??」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:23:37.542 ID:9nrfN6yn0

女騎士「はあっ!? 違うっての!!」

女魔法使い「……じゃあ、屈服させたいの? 女騎士が上で、勇者が下??」

女僧侶「私はそちらの方が燃えます!」

女騎士「う、上とか下とか何言ってんだよ!? ど、どうせなら、もっと優しくだな……」

女魔法使い「……意外と、ロマンチスト?」

女僧侶「完全に乙女ですね」

勇者「優しく何をすればいいんだ?」

女騎士「う、うっせぇ! 聞くなっ!!」//////



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:24:37.814 ID:9nrfN6yn0

女僧侶「ともあれ、話を戻しますが、勇者様はどうして突然魔王討伐を躊躇したのですか?」

勇者「これまでの旅路で、ずっと考えてた」

女騎士「何をだよ?」

勇者「魔王を討っても、また新たな魔王が生まれるだけなんじゃないかって」

女騎士「はっ! 馬鹿かお前は。それならまた殺せばいいだけだろ!? くだらねぇ!」

勇者「それを何度繰り返せばいいんだ?」

女騎士「何度でもだよ! だいたい、んなまどろっこしいことしなくても、今回の討伐で力の差を見せつければ、魔族の奴らも身の程を弁えるだろ!? だから、徹底的に潰すしかねぇ!!」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:27:57.043 ID:9nrfN6yn0

勇者「徹底的に、か。たとえば、四肢を切断した魔王を磔にして城の前の広場に飾るとか?」

女騎士「うっ……何もそこまで……」

女僧侶「いっそのこと、首を晒してカラスに食べさせた方が効果的かも知れませんね」

女騎士「だ、だれがそこまでしろって言ったんだよ!? 死体を弄ぶのはやめろ!!」

女僧侶「あなたが徹底的にと仰ったんですよ?」

女騎士「あ、あたしはただ、圧倒的な力の差を戦闘で見せつければいいと言っただけで……」

女魔法使い「……それじゃあ、きっと足りない」



13:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:29:35.084 ID:9nrfN6yn0

勇者「うん。たぶん、普通に討伐したところで新たな魔王が魔族を率いるだけだろう」

女騎士「じゃあどうすんだよ!?」

女僧侶「討伐後の後継者争いで自滅に持ち込むのは如何でしょうか?」

勇者「魔族は人間と比べて忠義に厚い。でなければ、数に劣る魔族は人に滅ぼされてしまうから。内部で分裂する愚行を犯すとは思えない」

女僧侶「では、内部工作をしますか?」

女魔法使い「……魔法で、洗脳する?」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:31:11.249 ID:9nrfN6yn0

勇者「奴らにも優秀な魔法の使い手は多い。というか、魔族は種族的に魔法の適正、耐性共に人間よりも優れている。洗脳なんてしてもすぐにバレて、解かれてしまうだろう」

女僧侶「では、魔族に協力者を作りましょう」

女騎士「はあっ!? 何言ってんだ!?」

女僧侶「魔法による洗脳ではなく、交渉して協力を取り付けるのです。幸い、人語は通じますし、不可能ではないでしょう」

女騎士「アホか! それじゃあ、魔族と手を組むようなもんじゃねーか!?」

女僧侶「はい。その通りです」

女魔法使い「……騎士って、バカ?」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:33:35.266 ID:9nrfN6yn0

女騎士「馬鹿なのはてめーらだ! 魔族と協力だとか手を組むとか、いったい何を考えてんだ!! あたしらは魔族を滅ぼそうとしてんだぞ!?」

女僧侶「ええ。ですから、利用するだけして、最終的には殺せば良いかと」

女魔法使い「……スマートな、殺り方」

女騎士「そんな汚い真似出来るかッ!! 襲いかかってきたり、立ち塞がってくる奴らはともかく、協力までさせて用済みになったら始末するなんて、騎士としてこのあたしが絶対に許さんッ!!」

女僧侶「では、魔族が滅んだあと、あなたが協力者を引き取り、そのまま仲良く暮らしますか?」

女魔法使い「……魔族と、同棲?」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:35:51.902 ID:9nrfN6yn0

女騎士「ど、同棲っ!?」

女僧侶「放っておけないのでしょう?」

女魔法使い「……すぐに、赤ちゃん出来そう」

女騎士「あ、赤ちゃん……?」

勇者「なるほど……出産予定日はいつだ?」

女騎士「アホかっ!? あたしはまだ正真正銘の処女だっての!! ガキなんか産んで堪るかっ!!」

女僧侶「なんて、冗談はさておき、内部に協力者を作る方法ならば上手くいきそうですね。あとの始末は騎士さんがやってくれるみたいですし」

女騎士「じょ、冗談だよな……? おい! 今、冗談って言ったじゃねーかっ!!」



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:37:28.064 ID:9nrfN6yn0

女魔法使い「……残る問題は、魔族の誰を協力者にするか。一番の、難問」

女騎士「あたしの問題が解決してないんだけど!?」

勇者「協力者に適任な奴がいる」

女僧侶「それは本当ですか?」

女騎士「誰だよ!?」

勇者「魔王だ」

女騎士「はあっ!?」



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:39:15.355 ID:9nrfN6yn0

女僧侶「なるほど……魔王をこちら側に引き込めば、そもそも戦わなくても済みますね」

女魔法使い「……騎士の嫁ぎ先、決定」パチパチパチ

女騎士「あたしが魔王の嫁!? 冗談じゃねーよ! ふざけんなっ!!」

勇者「世界平和の為だ……わかってくれ」

女騎士「嫌に決まってんだろ!? だいたい、好きでもない奴のところなんかに嫁げるかっ!!」

女僧侶「ほほう? その言い分だと、今現在意中の相手がいらっしゃるように聞こえますが?」

女魔法使い「……告る?」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:40:53.294 ID:9nrfN6yn0

女騎士「な、なんだよ、この流れは……」

女僧侶「いい加減焦れったいですし、さっさと告白して玉砕して下さいよ」

女魔法使い「……ほら、早く早く」

女騎士「こ、こうなったら仕方ない! わかったよ!! 勇者! 実はあたしはずっと前からお前のことを……!」

勇者「あ、そういや魔王は女らしいぞ」

女騎士「は?」

女僧侶「ああ、その噂は知ってます。なんでも、絶世の美女だとか」

女魔法使い「……わりと、常識」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:42:23.192 ID:9nrfN6yn0

女騎士「じょ、常識って……お前ら知ってたのか!? 知ってて、あたしをからかったのか!?」

女僧侶「さて、何のことでしょう?」

女魔法使い「……思い込みが、激しいだけ」

女騎士「ぶっ殺すっ!!」

勇者「しかし、その噂が本当だとすると、男の俺が魔王に婿入りすることになるな」

女騎士・女僧侶・女魔法使い
「「「絶対駄目ッッッ!!!」」」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:43:44.433 ID:9nrfN6yn0

女騎士「なんだお前ら、珍しく意見が合ったな」

女僧侶「ええ、こればかりは譲れません」

女魔法使い「……魔王、死すべし」

勇者「えぇ……なんでふりだしに戻ってんの……?」

女騎士「話は終わりだ」

女僧侶「無駄な時間でしたね」

女魔法使い「……刻は、満ちた」

勇者「は? あっ! おい! こらっ! お前ら、俺を置いて行くなっての!!」



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:45:19.489 ID:9nrfN6yn0

魔王城・玉座の間

女騎士「ようやくたどり着いたな」

女僧侶「意外とあっさり来れましたね」

女魔法使い「……魔王は、留守?」

勇者「はあ……はあ……やっと追いついた」

女騎士「戦闘前に何へばってんだよ?」

女僧侶「先程の無神経な発言の罰として、回復魔法はかけてあげませんから」プイッ

女魔法使い「……おしっこ、飲む?」

勇者「いや、普通に水をくれ」

女魔王「はい、お水です」スッ

一同「「「「!?」」」」



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:47:04.939 ID:9nrfN6yn0

女騎士「で、出やがったな!?」

女僧侶「全く、気配を感じませんでした!」

女魔法使い「……軽がると、死線を横切った」

勇者「ぷはぁ~! 美味いッ! もう一杯!!」

女魔王「はい、どうぞ」スッ

勇者「サンキュー」グビグビ

女騎士「って、おい! 何普通に飲んでんだお前!? 毒でも入ってたらどうするつもりだ馬鹿!!」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:48:56.961 ID:9nrfN6yn0

勇者「毒が入ってたら、その時はその時さ。交渉の余地がなかったってだけだろう?」

女僧侶「だから身を持って確かめたと? まったく、勇者様は肝が座っているのか、愚かなのか……」

女魔法使い「……そんなところが、素敵♡」

女騎士「言ってる場合か! 戦闘準備しろ!!」

女僧侶「だから、勇者様に出された水に毒が入ってなかったことから、交渉の余地はあるということですので、ひとまず戦闘の必要はありません」

女魔法使い「……騎士って、アホ? 」

女騎士「そ、そう簡単に信用出来るかよ!?」

女魔王「では、どうしたら信用して頂けますか?」



29:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:52:20.041 ID:9nrfN6yn0

女騎士「よ、よぉーし! だったら、その鋭い爪を全部へし折って貰おうか!!」

女僧侶「またそんな無茶を言って……」

女魔法使い「……完全に、悪役」

女魔王「はい、わかりました」ボキボキバキバキ

女騎士「なっ!?」

女僧侶「一切、躊躇いなくへし折るなんて……」

女魔法使い「……痛そう」

女魔王「ッ……はぁ……はぁ……これで、こちらに害意がないと、わかってくれましたか……?」ダラダラ

勇者「ああ、わかった。僧侶、回復魔法をかけてやってくれ」

女僧侶「わかりました」ポゥッ



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:54:09.897 ID:9nrfN6yn0

女魔王「ありがとうございます」ペコリ

女僧侶「いえ、こちらこそ、無茶な要求をしてしまい、申し訳ありませんでした」

女魔法使い「……ほら、騎士も謝って」

女騎士「わ、わかったよ! あたしが悪かった!」

女魔王「いえ、お気になさらずに。こうでもしなければ信用されないと思っていましたから」

女僧侶「何故、そこまで……?」

勇者「何か、俺たちに話したいことがあるのか?」



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:55:11.539 ID:9nrfN6yn0

女魔王「実は、私はもう魔王ではないのです」

女騎士「はあっ!?」

女僧侶「それは、どういうことですか?」

女魔法使い「……ニート?」

女魔王「つい先日、魔族達による反乱が起きまして、私はここに置き去りにされたのです」

勇者「魔族が、反乱……?」



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:56:48.122 ID:9nrfN6yn0

女魔王「私は魔族の中でも穏健派の魔王と呼ばれていまして、常日頃から、人間との和平の方策を模索していました」

女騎士「魔族にもそんな奴がいるんだな」

女僧侶「つまり、それで反感を買ったと?」

女魔王「その通りです。そしてそれを押さえつけるだけの力が、私にはなかった」

女魔法使い「……魔王は、ザコ?」

女騎士「お、おい! いくらなんでも、その言い方は失礼だろーが!!」

女魔王「いえ、構いません。事実ですから」



33:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 21:58:22.482 ID:9nrfN6yn0

女僧侶「何があったのですか?」

女魔王「端的に言えば、クーデターです」

女騎士「魔王軍の反乱か」

女魔王「はい。首謀者は将軍で、信頼できる男だったのですが……私の不徳の致すところです」

女魔法使い「……よくある話、気にしないで」

女騎士「まあ、人間の国ではクーデターなんかしょっちゅうあるもんな」

女僧侶「情けない話ですけどね」

勇者「しかし、忠義に厚い魔族が何故……?」



34:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:00:00.358 ID:9nrfN6yn0

女魔王「恐らく、理想論ばかり口にする私に、とうとう見切りをつけたのでしょう」

女僧侶「人間との和平、ですか」

女魔王「はい。しかし、現実的ではありませんでした。魔族には人肉を食べたり、生き血を啜らなければ生きていけない者もおりますゆえ」

女騎士「そうした輩がクーデターを起こしたわけか。たしかに、死活問題だもんな」

女魔王「もとより魔王軍は戦闘に特化している者達で構成されている為、反発されることは目に見えていました。故に、当然の結果と言えます」

女僧侶「ちなみに、魔王さんは人肉を食されるのですか?」

女魔王「いえ、私は淫魔ですので、人肉は一度も食べたことはありません」



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:01:26.734 ID:9nrfN6yn0

女騎士「淫魔だと!? 離れろ勇者っ!!」

勇者「えっ? なんで?」

女騎士「魅了されちまうからに決まってんだろ!?」

女魔王「その心配はありません。普通の人間ならばともかく、勇者様に魅了は通じませんから。それに、強力な結界も張られてますし」

勇者「結界?」

女僧侶「念のためですよ、念のため」

女魔法使い「……僧侶は、独占欲の塊」



37:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:02:59.255 ID:9nrfN6yn0

女魔王「唯一の武器は先程へし折った爪くらいですが、それもすぐに伸びるわけではありませんし、今の私はほとんど無力です」

女騎士「それでよく魔王になれたな」

女魔王「私は前の魔王の娘であり、前王から指名されて魔王の座についたのです。なので、立場と実力が大きく掛け離れているのです」

女魔法使い「……親の、七光り?」

女魔王「はい、その通りです」

女魔法使い「……要するに、お飾り?」

女騎士「ぐちぐちと口撃するのはやめろ!!」



38:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:05:13.499 ID:9nrfN6yn0

女魔王「返す言葉もありません。親の七光りで魔王の座についた私は、仰る通り、ただのお飾りであり、勇者様に対抗する術はありませんので」

女僧侶「では、無条件に降伏するのですか?」

女魔王「そうするべきなのは重々理解しておりますが、私にはまだやらねばならないことが残っているのです」

女魔法使い「……子作り?」

女騎士「お前はもう黙ってろっ!!」

女魔王「未来を見据えて子を残すよりもまずは今のことです。クーデターを起こした魔王軍を止めなければ、甚大な被害が出てしまいます」

女僧侶「その通りですね。では、その鎮圧に我々は協力すれば良いのですね?」



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:06:46.979 ID:9nrfN6yn0

女魔王「わ、私はまだ頼んでもいないのに……」

女僧侶「私たちとしても火急の案件です。頼まれなくても、反乱軍は殲滅します」

女騎士「それならわかりやすくていいな!」

女魔法使い「……消し炭に、してくれる」

女魔王「ありがとうございます。それで、その……勇者様の、お考えは……?」

勇者「どうやら、考えてる暇はなさそうだ」

女魔王「えっ?」

男魔王「フハハハハッ!! 時間稼ぎご苦労だったな! 軟弱な前魔王よっ!!」



40:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:08:22.392 ID:9nrfN6yn0

女魔王「あ、あなたはっ!?」

男魔王「んん? オレ様の顔を忘れたのか?」ニヤリ

女魔王「よくも、そんなことを……!」ギリッ

女僧侶「魔王さん、彼が将軍ですか?」

女魔王「はい、魔王軍の将軍です」

男魔王「フハハハハハッ!! 今のオレ様はもはや将軍などではない! 新たな魔王である!!」

女魔法使い「……完全に、テンプレキャラ」

男魔王「黙れぃ!? テンプレ言うな!!」



41:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:10:14.120 ID:9nrfN6yn0

女僧侶「それで、テンプレ魔王さん」

男魔王「だから、テンプレって言うな!!」

女僧侶「私たちに何の用ですか?」

男魔王「フハハッ! 決まっているだろう!? 貴様らにはここで死んでもらう! もちろん、そこの軟弱な前王と一緒になぁ!!」

女魔法使い「……溢れ出る、小物臭」

男魔王「黙れと言っているッ!! 既にこの玉座の間はオレ様の軍勢が包囲している! ネズミはおろか、アリ1匹足りとも逃すことはないッ!!」

女騎士「ああん? 誰がネズミやアリだって?」



42:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:11:56.375 ID:9nrfN6yn0

男魔王「粋がるのも今のうちだ! すぐに黙らせてやる! 者共! かかr」

女魔王「ま、待って下さいっ!!」

男魔王「ちっ! なんだ、言ってみろ!!」

女魔王「私たちには言葉があります! 人間と同じ言語を使えるならば、話し合うことは可能です! だから、暴力に頼る必要はありません!!」

男魔王「もううんざりなんだよ、貴様の綺麗事は」

女魔王「ッ……!」

男魔王「曲げられない信念があるならば、行動で示してみろ! いくぞ! 前王ッ!!」



44:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:15:26.336 ID:9nrfN6yn0

女騎士「よっしゃ! これだよこれ! やっぱり魔王討伐はこうじゃないとな!!」

女魔法使い「……騎士は、戦闘狂」

女騎士「なんとでも言え! おりゃあー!!」ザンッ

敵1「ギャッ!?」

女僧侶「勇者様、敵が来ます」

勇者「ああ……色々と腑に落ちない点が多いが、仕方ないか。それが、定めと言うならばッ!」ザクッ

敵2「ギャボッ!?」

男魔王「ほう? 流石は勇者一行だ。多勢に無勢ながらも、よく持ち堪えているな」クックックッ

女魔王「兵を、引いて下さい!!」

男魔王「ふん。それは出来ん相談だ。ああ……しかし、やはり、数の力には勝てんようだな」

女魔王「ッ……! 勇者様っ!?」



46:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:17:46.509 ID:9nrfN6yn0

女騎士「ちぃッ! こいつら次から次へと!!」

女僧侶「私の結界も、もう持ちません……!」ピキピキ

女魔法使い「……魔法耐性、高すぎ」

勇者「くっ……! このままでは……!!」

男魔王「フハハハハハハッ!!!! 無様だなぁ!? 勇者一行よ! ここが貴様らの墓場だ!!」

女魔王「そんなことは、させません!!」

男魔王「ほう? では、どうする? そう言えば、代々魔王に伝わる広域殲滅魔法があったな。貴様を殺せば、それもオレ様のモノになるが……その前に、試してみるか?」

女魔王「あ、あの魔法を同族に向けるなんて……!」

男魔王「出来ないか? 出来ないよなァ!? 所詮、貴様は口先だけの女だと言うことだ!! ならば、指を咥えて見ていろ! 勇者共がなぶり殺しにされる様をなァ!! フハハハハハッ!!!!」



47:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:20:03.993 ID:9nrfN6yn0

女魔王「ッ……勇者様っ!」

勇者「やるのか?」

女魔王「ここまで言われたら魔王の名折れ、既に立場は失っていますが、それでも……!」

勇者「後悔は、しないのか?」

女魔王「もとより、選択肢はありません! ここで撃たねば、勇者様達が死んでしまいますっ!!」

勇者「ああ、それじゃあ駄目だ。俺たちはもともと、死ぬ覚悟を持ってここに来ている。自分の決断の理由を、他者に求めてはいけない」

女魔王「ならば、私は私の目的の為に! 人間との和平を築く為に! 同族を、殺しますっ!!」



48:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:22:46.029 ID:9nrfN6yn0

男魔王「フハハハハッ!! ようやく、魔王らしい目つきになったな! やってみろ! 貧弱な貴様の一撃を、オレ様は受け切ってみせよう!!」

女魔王「う、うわあああああああッ!!!!」ピカッ

チュドォォォオオオオンッッ!!!!

勇者「逃げろ、お前らっ!!」

女騎士「どぉあぁああっ!?!!」

女僧侶「くっ……なんという威力ッ!?」

女魔法使い「……目が、目がぁ!?」

男魔王「ぐっ!? がぁああああああっ!?!! これが! これが、魔王、の……真の、力……か……」



49:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:24:22.493 ID:9nrfN6yn0

女魔王「はあ……はあ……」

勇者「皆、無事かっ!?」

女騎士「す、すげぇ……本当に殲滅魔法だな」

女僧侶「私の結界も粉々になってしまいました」

女魔法使い「……世界が、燃えちまうわけだぜ」

ガタッ!

男魔王「フッ、ハハハ、ハ……!」

女魔王「ッ!?」



50:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:25:35.962 ID:9nrfN6yn0

女騎士「嘘だろ!? まだ行きてんのかよ!?」

女僧侶「ですが、身体の右半分が炭化しています。恐らく、持って数分でしょう」

女魔法使い「……息の根、止める?」

勇者「待て! ……魔王、行ってやれ」

女魔王「えっ? で、ですが、私は……!」

勇者「いいから行けっ! 行かなければ必ず後悔する! 間に合わなくなってもいいのか!?」

女魔王「ッ……わかり、ましたっ!」ダダッ



51:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:27:28.193 ID:9nrfN6yn0

男魔王「ぜぃ……ぜぃ……見事、でした……陛下」

女魔王「い、今更、陛下などと……!」

男魔王「……本来ならば、墓場まで持っていくつもりでしたが、共に反乱を起こした仲間達の名誉の為……真実を、お話します……」

女魔王「し、真実……?」

男魔王「我らは、陛下の理想の障害でした……」

女魔王「な、何を……?」

男魔王「人肉を食する我らさえいなければ、陛下の理想は叶う。そして、陛下が勇者達の命を救うことで、信頼関係を構築できる……」

女魔王「まさか、その為に……!?」

男魔王「主君の理想を、叶えること……それこそが、家臣の務め……!!」



52:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:29:14.062 ID:9nrfN6yn0

女騎士「そう、だったのか……」

女僧侶「全ては魔王が望む理想の実現の為、彼らは反旗を翻したのですね」

女魔法使い「……無茶、しやがって」

勇者「魔王、そこを退いてくれ」

女魔王「ゆ、勇者様……?」

勇者「俺が、始末をつける」



53:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:30:29.825 ID:9nrfN6yn0

女魔王「そ、そんなっ!? 待って下さい!!」

女騎士「血も涙もないのかよ!?」

女僧侶「落ち着きなさい! 騎士さん!!」

女魔法使い「……死の責任の、所在」

女騎士「死の、責任……?」

女僧侶「このまま彼が死ねば、その責任の所在は魔王さんに帰結します。だから勇者様は、介錯を申し出ているのですよ」

男魔王「へっ……人間の癖に、気が利くじゃねーか……悪いな」

勇者「もとより魔王を討つのが、勇者の仕事だ」



54:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:32:25.547 ID:9nrfN6yn0

女魔王「待って下さい! お願いですから!!」

勇者「すまないが、猶予はない。もう彼は死んでしまう。その死を魔王に背負わせるわけにはいかない。わかってくれ」

女魔王「そんな! そんなっ!?」

男魔王「このガキの、言う通りです……陛下はもう、他の奴らの死を背負った……これ以上は、きっと耐えられません……俺は、陛下の重荷に、なりたくない」

女魔王「私の責任です! 無知な私が全ていけないのです! 犠牲を強いるような理想を抱いた私が、全て背負うべきなのです!!」

男魔王「陛下には、まだやるべきことが、山ほどある……理想は未だ、叶っちゃいない」

女魔王「それでも、私は……!」



55:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:35:23.773 ID:9nrfN6yn0

女騎士「ちっ! こっちに来いっ!!」グイッ

女魔王「きゃっ!? は、離して!!」

女僧侶「魔王さんには見届ける義務がある。眠らせはしませんが、身体の動きは封じさせて貰います」ガシッ

女魔法使い「……魔法のロープで、緊縛」シュルシュルッ

女魔王「むぐっ!?」

女騎士「今だ勇者! さっさとやれっ!!」

勇者「悪いな、嫌な役を押し付けて」

女騎士「お互い様だろ! 気にすんな!!」

女僧侶「背負い合うのが仲間です」

女魔法使い「……どんな時も、一緒」

勇者「ああ……お前らが仲間で、良かった」



57:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:37:50.280 ID:9nrfN6yn0

男魔王「ぜぃ……ぜぃ……早く、しろ……もう、持たん……勇者、頼むから、殺してくれ……!」

勇者「悪かったな……お前にも、背負わせた」

男魔王「フ、ハハハッ……それもまた、お互い、様だろ……いいから……早く、やれ」

勇者「言い残す言葉は?」

男魔王「魔王様を、頼む……!!」

勇者「わかった。あとは任せて、安らかに逝け」

ザンッ!!



58:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:39:37.333 ID:9nrfN6yn0

その後

女騎士「おう、調子はどうだ?」

女僧侶「忙しいに決まってるじゃないですか。魔族との和平は前途多難です。騎士さんは気楽そうですね」

女騎士「ああ! もう戦いは起こらないからな! これからは野良魔獣退治でもしていくさ!!」

女魔法使い「……つまり、用済み」

女騎士「なんだとコラァ!?」

女僧侶「とは言いつつ、頻繁に城に顔を出しているではないですか」

女騎士「うっ……そりゃあ、あの馬鹿勇者が寂しくないようにだな……」モジモジ

女僧侶「城には私がいるので平気ですよ」

女魔法使い「……無論、拙者も」

女騎士「や、やっぱりあたしも城に住むっ!!」



59:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:40:55.651 ID:9nrfN6yn0

女僧侶「戦いもないのに騎士を城に置く意味が見当たりません。お引き取り下さいませ」

女騎士「つ、冷たいこと言うなよ!? 仲間だろーが! 自分の食い扶持くらいは自分で用意するから!?」

女魔法使い「……勇者の傍に、居たいだけ」

女騎士「ッ……! あ、ああ、そうだよ! わりーかよ!? てめーらもそうなんだろう!?」

女僧侶「やれやれ……まあ、たしかに、あなたにはまだ使い道があるかも知れません」

女騎士「おっ? なんだよ! なんでもやるぜ!!」

女魔法使い「……あの朴念仁を、なんとかして」



60:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:43:02.343 ID:9nrfN6yn0

女騎士「なんだなんだ、てめーら! 一緒に暮らしてる癖に、まだ何もしてねーのか!?」

女僧侶「う、うるさいですよ! そもそも私は神に仕える身。押し倒されて仕方なく、ならばともかく、自分から男性は誘えませんのでっ!!」

女魔法使い「……私は、貧乳だから」ペタン

女騎士「仕方ねーなぁ! なら、このあたしが一丁手本を見せてやんよ! ほら、勇者の寝室に案内しやがれ!! がっはっはっはっはっ!!」ボインボイン

女僧侶「そう言って、いつも口先だけの癖に」

女魔法使い「……でも、騎士は爆乳」

女僧侶「これで少しは勇者様に性欲が芽生えれば良いのですけど……まあ、無理でしょうね」

女騎士「おい! さっさと案内しろって!!」



61:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:44:13.995 ID:9nrfN6yn0

勇者の寝室

女魔王「勇者様、少々よろしいですか?」

勇者「ああ、構わないよ」

女魔王「では、失礼します」

勇者「突然どうしたんだ?」

女魔王「その、お願いが、ありまして……」

勇者「何でも言ってくれ。俺は君の忠臣を討った。その償いの意味も込めて、何でもする」

女魔王「償いは、もう充分です。勇者様はあれから身を粉にして魔族との和平の為に日々奔走しております……ですから、日頃のお礼の意味も兼ねて、あの、その……」モジモジ

勇者「なんだ?」

女魔王「わ、私の身体を好きにして下さいっ!!」



63:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/20(日) 22:45:40.221 ID:9nrfN6yn0

勇者「は?」ポカン

女魔王「精一杯ご奉仕しますから!!」ヌギヌギ

勇者「ま、待ってくれ、意味がわからない! それが君のお願いなのか?」

女魔王「はい! 私に出来る精一杯のお礼であり、そして勇者様の子を孕むことで理想の実現に近づくことが出来ます! 赤ちゃん欲しいです!!」

勇者「なるほど……そういうことなら協力するのはやぶさかではないけど……実は経験がなくて」

女魔王「でしたら、勇者様は横になって天井の染みを数えていて下さい! 大丈夫です! 絶対に痛くしませんからっ!!」

勇者「そ、そうか……わかっ」


女騎士・女僧侶・女魔法使い
「「「させるかよぉ!!!」」」


FIN



元スレ
勇者「本当に魔王を倒せば世界は救われるのだろうか?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1526818627/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 03:35
          • 女って強調しすぎ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 03:54
          • つまらなかった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 04:45
          • おれつえー、ハーレム、雑魚敵、セックスエンド。なろう系だが異世界ではなく、目新しい特徴はない。

            つまらなかった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 06:37
          • 魔王一人を倒しても戦争は終わらないってのを掘り下げるのかなと思ったらそんなことはなかった
            駄作
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 09:15
          • 結局、都合の悪い奴を始末しなければ平和になんてならない・・・っていうことを示してくれる教訓かな。
            平和のために殺さなければならないのは、当初の魔王討伐の目的と、大差ないかな。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 10:04
          • とてもつまらなかったです
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 10:19
          • 哲学系かと思ったらハーレムエンド…求めてたのと違うなあ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 11:50
          • 目が滑る文だなとしか
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 11:55
          • キャラが不快で途中で読むのやめた
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 12:30
          • こんな普通につまらないの久々に読んだ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 13:12
          • 内容はともかく、女魔法使いのキャラは嫌いじゃなかった
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 14:10
          • 女騎士ってより女戦士かな
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 18:44
          • 平日の深夜から真っ昼間に、つまらないと思うSSをわざわざ読んで、わざわざつまらないとコメントをするほどの時間を有する暇人たち…あっ()
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 18:54
          • 我が家のコントかと思った
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 23:34
          • では真面目に評論を…
            この世界にまおゆう。
            舐めとんのか(#・ヘ・)
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月22日 00:16
          • ここにコメントする人は長いって文句言うかつまらないって言う人ばっかり
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月22日 01:36
          • 男魔王の言い分がモロにボトムズのカンジェルマンだな
            もっとも同じ事を言ってもこちらの方がはるかに稚拙だが
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月22日 13:39
          • ここまで「面白かった」って発言ゼロ。
            長いとか短いとか以前の問題です。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月22日 16:19
          • クッソありふれたテーマに寒いセリフにしょうもないオチ
            役満ですわ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月23日 20:50
          • つまらなかった

            つまらなすぎて途中でみるのやめた
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月26日 13:02
          • おい、待てぃ
            流し読みしたら面白かったゾ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月26日 19:34
          • 女魔法使いキモオタが考えましたって感じで気
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月26日 20:26
          • ゴミ
            中学生が書いたのかな?
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月26日 20:27
          • くっそつまらないから二度と書くなよ
            バカ作者
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月28日 10:11
          • コメ欄ひでぇな
            SSを腐った卵とするなら
            これはビチグソまみれの雛鳥だ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月06日 23:49
          • コメ欄魔王沸きすぎワロタw
            読みやすい話、展開はssのよさじゃん
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月11日 17:37
          • テンポ良くてさくさく読めたなと思って※欄見たらこれだよ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 三浦あずさ「マジックミラー号?」
        • 三浦あずさ「マジックミラー号?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「タプリスの手料理?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「タプリスの手料理?」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマスSS】「桂馬が跳ねたら」
        • 【ミリマスSS】「桂馬が跳ねたら」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ