TOP

【モバマス】晶葉「湯たんぽ製造における疑問と解決」【推理】

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:52:52.61 ID:5Fw4v8z00

冬のある日



P「最近、布団に入ると冷たくて嫌なんだよなぁ・・・」

P「あの菖蒲柄の布団、買い換えようかな」

晶葉「よし、ならば温めてやろうではないか!」

P「おぉ!?」

晶葉「私特性の、超高性能湯たんぽでなぁ!」ドヤァ

P「あ・・・あぁ、うん」シュン

晶葉「まずこの湯たんぽのすごい所は・・・ん?助手、どうかしたか?」ゴソゴソ

P「え?いや別に」

晶葉「な、なんかテンション下がってないか?何か不満があるのか?」

P「なんでもないって」

晶葉「なんだ!?言いたい事があるなら言ってくれ助手よ!何が不満なんだ!?」

P「いや、本当、晶葉は何も悪くないから・・・」

晶葉「だから何が不満なんだ!?」

晶葉「うわああああ!」ダッ

P「晶葉ああああ!」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:53:12.53 ID:5Fw4v8z00

晶葉「うう・・・一体何がいけなかったんだ。この湯たんぽの何が・・・?」テクテク

文香「晶葉さん・・・何やらお悩みのようですね」

晶葉「文香」

志希「にゃはは~」

晶葉「志希」

晶葉(生き字引にギフテッド・・・更に天才の私が加われば、この世に解けない謎はないはずっ!)

晶葉「二人とも、今私はどうしようもない難問を抱えている・・・そこでだ」

晶葉「『三人寄れば文殊の知恵』と言うだろう。二人の知恵を貸して欲しいんだ!」

志希「晶葉ちゃんでも解けない問題か~。ちょっと興味湧いてきたかも」

文香「もちろん・・・同じ事務所のアイドルとして、私にできることなら何でもいたしましょう」

晶葉「ありがとう二人とも!そして、問題はこれだっ!」

『何故、助手は私の湯たんぽに不満を示すのか?』



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:53:44.38 ID:5Fw4v8z00

文香「ふむ・・・真っ先に思いつくのは『性能面に問題がある』・・・などでしょうか」

志希「晶葉ちゃんが作る道具は、[たぬき]よろしく不幸なオチが付き物だからね」

文香(志希さんが言えたことではないような)

晶葉「なっ、そんな馬鹿な!今回は真面目に作ったんだぞ!ちゃんと助手が体を暖かくして眠れるようにと!」

晶葉「それに、性能を説明するより早く、助手は不満な顔を浮かべていた」

文香「・・・確かに、知識的にも、性格的にも。プロデューサーさんは晶葉さんの発明を一目で駄作と決めつけるような人ではありません・・・」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:54:10.92 ID:5Fw4v8z00

文香「それでも一目で判断したという事は・・・『デザインに問題があった』?」

晶葉「いや。ごく一般の湯たんぽを想像して作ったが」ヒョイ

文香「確かに、デザインにも問題はなさそうですね。少なくとも、一目で分かるような物はないです」

志希「うーん。『湯たんぽ』自体、古いとかダサいとか思われてるんじゃない?」

晶葉「助手は菖蒲柄の布団なんて使っているんだぞ。そんな人間が湯たんぽを嫌うだろうか?」

文香「私も、プロデューサーさんがそんな感性をしているとは思えません・・・」

志希「だよねぇ」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:54:39.34 ID:5Fw4v8z00

志希「性能、デザインでもないなら・・・もっと『精神的な問題』なのかにゃ?」

文香「湯たんぽに何か思うところでもあるんでしょうか・・・?」

晶葉「も、もしかして私が作ったから・・・?私が作った物なんて使いたくないのかっ!?」

志希「いやぁ、あの人に限ってそれはないと思うけど」

文香「プロデューサーさんは、晶葉さんの事が大好きですからね」ニコ

晶葉「あぅ・・・」カァァ



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:55:07.29 ID:5Fw4v8z00

志希「そうだよにゃあ。あのプロデューサーの事だし、晶葉ちゃんからのプレゼントってだけで小踊りしそうな物だけど」

文香「ふむ・・・もしかすると、湯たんぽが駄目という訳ではなく『もっと良い物を期待していた』のかもしれません・・・」

晶葉「おお!確かに、湯たんぽを見せるまでは、確かに助手のテンションも高かったぞ!」

晶葉「しかし、もっと良い物・・・?性能的には、私が作ったこれが一番のはずだが」

文香「プロデューサーさんはお洒落に気を遣う人でもないですし・・・」

志希「となると、精神的に考えて・・・晶葉ちゃんのプレゼントより嬉しい物、もしくは事があって、それを期待してたって事だよね」

文香「プロデューサーさんは晶葉さんが大好きなんですよ・・・?晶葉さんからのプレゼントより嬉しい物なんてそうそう・・・」

志希「・・・あ、分かっちゃったかも」

晶葉「えぇっ!?な、なんだそれは!教えてくれ、志希!」



スレ内で答えが出たら続きを書きます。

出なくても書きます。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:55:42.02 ID:5Fw4v8z00

Pの自宅



P「はぁ・・・今日は晶葉に悪いことしちゃったなぁ・・」

P「けど、言える訳ないよな・・・」

P「晶葉自信に湯たんぽになって欲しいだなんて!」

P「明日はちゃんと笑顔で、晶葉の特性湯たんぽを受け取ろう。今日はもう眠ろう」バサッ

晶葉「やぁ。助手」

P「うわああああ!掛け布団をめくったら晶葉が居た!道理でなんか膨らんでるなと思った!どうやって家の中に!?」

晶葉「ドアを爆破した」

P「道理でなんかドアないなと思った!」

晶葉「ふふ・・・さっきの言葉、聞いたぞ助手。やはり志希の答えは間違っていなかったようだな・・・」

晶葉「という訳で、助手のために『私湯たんぽ』を用意したぞ!存分に暖まるがいい!」

P(うう!暖まりたい!髪下ろしパジャマ晶葉が可愛すぎて辛いっ!)

P「し、しかし・・・俺はあくまでプロデュ・・・」プルプル

晶葉「助手・・・ずっと布団をめくられていると寒いんだが・・・入るなら早くしてくれないか」ブルッ

P「あぁ、すまない」スッ

P「はっ!自然に布団の中へ入ってしまったっ!?何と巧みな話術!」

晶葉「つーかまーえたっ!もう離さないぞ、じょーしゅっ」ギュー

P(密着柔らかい晶葉の温もり可愛い暖かい晶葉の匂い充満最高幸せ晶葉好き)

晶葉「ふふ・・・幸せそうな顔をしているな助手。私も嬉しいぞっ」ギュー

晶葉「だが・・・ただで湯たんぽを得られるとは思っていなよなぁ?」

P「えっ・・・?何?俺死ぬの?」

晶葉「いいや、ここは等価交換と行こうじゃないか・・・だから、その」

晶葉「助手も・・・私の湯たんぽになってくれ・・・」カァァ

P(完 全 燃 焼)



   -Q.E.D-



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:56:22.79 ID:5Fw4v8z00

おまけ



志希「・・・って事なんじゃないかにゃ?」

文香「そ、そんな大胆な・・・」カァァ

晶葉「だが、それなら納得が行く!よし!実行しよう!」スチャッ

志希「んー?でも、特に証拠もないのに動くのは・・・」

晶葉「志希の答え以外、まともな解答が得られないなら仕方がないだろう?それに・・・」

志希「それに?」

晶葉「もし違ったとしても、助手と添い寝できるなら、それはそれで・・・」カァァ

文香「・・・」カァァ

志希「なにこのかわいい空間」



  -終わり-



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/23(月) 23:56:58.15 ID:5Fw4v8z00

以上になります。

『ウミガメのスープ』みたいに進行してもよかったかなと思います。

ありがとうございました。



元スレ
【モバマス】晶葉「湯たんぽ製造における疑問と解決」【推理】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524495172/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月24日 04:07
          • 響子がPの性処理の為に片栗粉Xを作って来たが、
            Pはがっかりした様子を見せた
            なぜだろう?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月24日 07:45
          • >晶葉「いいや、ここは等価交換と行こうじゃないか・・・だから、その」

            昌葉は何の錬金術士なんだろうな?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月24日 07:46
          • これ以降、プロデューサーの布団は常にアイドルの誰かしらが入っていて冷たくなる事はなかったという。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月24日 12:09
          • 晶葉はお風呂入らなくて臭そうなのがちょっと…
            研究ハマってたら寝食忘れてすえた臭いしてそう
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月24日 15:33
          • 財布が冷えて湯たんぽが温かくなる。これが熱エネルギーの移動という現象か……。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月24日 15:34
          • どうせそんなこったろうなと思ったら本当にそのまんまだった
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月24日 18:58
          • ※2
            ふん!晶葉っていうのかい?贅沢な名前だねぇ…!今からお前の名は昌葉だ!いいかい、昌葉だよ!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月24日 23:41
          • ※4
            おいおい、少し考えたまえよ君。君はアレかい、自分の寝具が汚れているときにぶつくさ言いながらそのまま寝るタイプかい…洗濯することを考えもせずに?
            ましてや大事な担当アイドルだぞ、暖かいお風呂に入れて洗ってやるんだ。キレイで適温な湯たんぽの出来上がりだ、他に何がある?ああもちろんあるさ、一緒に入れば時間も節約できる。すばらしい、一石二鳥だ、だろう?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月25日 22:12
          • 四隅から紐が出てる掛け布団?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ