TOP

勇者「ノーイベント、ノーライフ」

1: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:30:07.44 ID:hRbC8D020

吟遊詩人「もう!勘弁してくれよ!」

勇者「急にどうしました?」

戦士「何か問題でもあったか」

僧侶「特に思い当たりませんが」

吟遊詩人「そういうところだよ!お前ら、ちょっと真面目過ぎやしないか!?」

勇者「真面目・・・だめですか?」

吟遊詩人「よくないね!全然よくない!」

吟遊詩人「ぶっちゃけ、俺としては商売あがったりなわけよ」

戦士「話が見えんな」

僧侶「そうですね、具体的にお願いしたいところです」

吟遊詩人「俺はアンタらの仲間になるにあたってさ、一つだけ条件を出したよな!覚えているか?」

勇者「それは、もちろん」

勇者「私たちの魔王討伐の旅を、詩にして遍く世界に届けたい。でしたよね?」

吟遊詩人「覚えてんじゃねえか!」

勇者「・・・何か問題が?」

吟遊詩人「この道中、イベントが!ハプニングが!一切、起きてねえんだよ!」

僧侶「そうですっけ?」

戦士「そんなことは無いと思うぞ、立ち寄った村で魔物退治を請け負ったり。盗賊団と対峙したりしてるじゃないか」

勇者「恙なく世界を救っていますよね」

吟遊詩人「それが問題なんだよ!」



2: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:30:41.83 ID:hRbC8D020


吟遊詩人「例えば、この間の魔物退治!魔物が住む洞窟に入る直前に、戦士!お前はなんて言った!?」

戦士「・・・えっと、『子供の頃、幼馴染と遊んだ洞窟もちょうどこんな感じだったなあ』だったか」

僧侶「特に問題なく、魔物を退治しましたよね」

吟遊詩人「幼馴染出てこいや!魔王によって魔物の姿に変えられた幼馴染、出てこいや!」

吟遊詩人「戦いのさ中に、その事実を知り戦士苦しめや!剣を振ることに迷いを生めや!」

吟遊詩人「そして最期は泣く泣く切り捨て!魔王ゆるすまじ!ってなれや!」

戦士「そんな、無茶な」

吟遊詩人「てめえが意味深な発言するから、期待するんだろうが!」

吟遊詩人「びっくりしたわ、普通に魔物倒して終わりなんだもの!なんの感慨も生まれないんだもの!」

僧侶「なるほど、つまり吟遊詩人殿はこうおっしゃりたいわけですね」

僧侶「我々の冒険には、盛り上がりがない。と」

吟遊詩人「僧侶のそういうところ大っ嫌い!」

僧侶「お、落ち着いてください。どうしたんですか?」

吟遊詩人「お前さ、パーティー内のもめ事を綺麗に治めすぎるんだよ!」

僧侶「つ、つまり、吟遊詩人殿は仲間同士、本音でぶつかりたいけど。もめ事を仲裁してしまう私が鬱陶しい、ということですね」

吟遊詩人「それ!そういう、なんもかんも一瞬で察してしまうところだよ!」

吟遊詩人「喧嘩して、仲直りして絆がより一層深まるってのは物語の常套手段だろうが!」

勇者「普通に、時間をかけて信頼関係を築いた方が建設的だと思うけどなあ」

僧侶「まあ平和な世なら、それでいいでしょう。ただ魔王討伐という困難な旅だからこそ普通のやり方ではだめだと」

僧侶「吟遊詩人殿はそうおっしゃりたいのではないですか?」



3: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:31:07.33 ID:hRbC8D020


吟遊詩人「そういうところだって言ってんだろ!」

僧侶「あ・・・すみません」

勇者「しかし、そうは言っても旅が順調なのはいいことじゃないか」

吟遊詩人「何もかもが順調な物語なんて、吟遊詩人として認められるか!そんなものを望む読者がいるはずがない!」

戦士「うーん、居ると思うけど」

吟遊詩人「もういい!もう我慢ならん!」

吟遊詩人「勇者、俺はこれから好きにやらせてもらうぜ」

勇者「パーティーを抜けるということですか?」

僧侶「いえ、おそらくパーティー内で好きに振舞うということでしょう」

戦士「なるほど」

吟遊詩人「・・・手段は選ばない。俺は俺の手で、この旅を劇的な何かに変えてみせる」

勇者「あんまり無茶すると、旅が破綻しかねませんか?」

吟遊詩人「俺もプロだ、安心しろ」

吟遊詩人「常に俯瞰で物語を眺められる俺なら、難しいがやり遂げられる!」

吟遊詩人「いや、やってみせる!この物語をより劇的に!」

勇者「大丈夫かなあ・・・」



4: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:31:34.49 ID:hRbC8D020


――――――

とある街道にて

――――――

勇者「うーん、ちょっと計画が狂っちゃいましたね」

僧侶「致し方ありませんよ。魔物の襲撃が、予想より多かったのですから」

勇者「このままじゃ、日が暮れる前に村にたどり着くかどうか。ぎりぎりですね」

戦士「まあ、体力も回復薬も十二分にある。例え日が暮れたとしても問題はないさ」

勇者「そうですね」

吟遊詩人「~♪」ピーヒョロロ

戦士「!」

戦士「勇者、魔物のお出ましだ!後方約100間と言ったところだ、数は5体!」

勇者「無理に闘う必要はありませんね、捕捉される前に逃げちゃいましょうか」

吟遊詩人「それじゃあ駄目だな」

僧侶「!?」

吟遊詩人「戦士くん」

戦士「ん?」

吟遊詩人「きみ、シンガリね」

戦士「は?」

吟遊詩人「吟遊詩人スキル!狂騒の鼓!」ドンドンチャカポコ

戦士「・・・ぐ、う、う、うおおおおおおおおおおおおお!」

戦士「魔物どもめえええええ!ぶっ殺してやるううううううううううううう!」



5: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:32:01.74 ID:hRbC8D020


勇者「な、なにを!」

吟遊詩人「吟遊詩人スキル!逃走の奏で!」プポー

僧侶「あ、足が勝手に!他人を強制的に走らせるスキルですか!?」スタコラ

吟遊詩人「さすが、察しがいいな僧侶!ほら、しゃべってると息が切れるぞ」スタコラ

勇者「ま、待ってください!戦士が、戦士がたった一人で魔物に突っ込んでいきますよ!助けなくては!」スタコラ

吟遊詩人「大丈夫大丈夫、戦士の強さなら全く問題ないレベルの魔物だ」

勇者「一体、何を!」

吟遊詩人「ああ、なんと勇敢な戦士殿!魔物どもが闊歩する常闇の時間が差し迫る中」

吟遊詩人「勇者一行を魔王の下へと送るため、ただ自身をもって犠牲にするとは!」

勇者「やめてください!吟遊詩人さん!」

吟遊詩人「いや、戦士さんのレベル的に大丈夫ですから」

吟遊詩人「ちょっとした危険は、旅のスパイスですよ」

戦士「ぅぉぉぉぉぉ・・・・!」

勇者「戦士さあああああああああああああん!」



6: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:32:31.29 ID:hRbC8D020


――――――

吟遊詩人「ね、無事だったでしょう?」

勇者「・・・こういう悪ふざけは好きではないです」

僧侶「ともかく、戦士殿、無事で何より」

戦士「・・・」

勇者「戦士さん?」

戦士「すまない勇者、俺はあの時・・・」

戦士「たった一人で、仲間のために魔物へと立ち向かっていったあの時」

戦士「俺は、かつてないほどの高揚感を感じていた・・・」

吟遊詩人「お、続けてください」

勇者「・・・ですが、無駄な行為です」

戦士「そうでもない」

戦士「決して高くはない危険ではあったが、先ほどの戦いの中で、俺は新たな剣技を会得したのだ・・・」

僧侶「ちょっとした危険が、新たな力をえるきっかけになったと?」

戦士「そうだ・・・劇的な物語は強い勇者を生む。今日、俺はそれを実感した」

戦士「吟遊詩人の言うことにも一理あるかもしれん」

勇者「・・・」

僧侶「ま、まあ、この場で結論を出す必要はありませんよ」

僧侶「この問題については、ゆっくり皆で話し合っていきましょう」

勇者「そうですね・・・そうしましょうか」



7: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:32:58.41 ID:hRbC8D020


――――――

東の大都市 闇市場

――――――

僧侶「私はやってない!そのような破廉恥な真似、私がするわけないでしょう!」

吟遊詩人「~♪」プピー

憲兵「シカシ、アチラノ夫人カラ確カニ訴エガ出ているのデス」

憲兵「僧侶サン、あなたは人ごみに紛れ。あの女性のでん部を撫でまわシタ。つい先ほどのことですよ、覚えているでショウ」

僧侶「覚えているはずがないだろ!俺はやってない!」



8: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:33:25.19 ID:hRbC8D020


――――――

勇者「なっ!?僧侶さんが痴漢の容疑で捕まった!?」

戦士「そんなバカな、あいつはそのような男ではないぞ」

吟遊詩人「まあ、普通に考えて冤罪でしょうねえ」

勇者「・・・」

勇者「吟遊詩人さん、何かやりましたか・・・?」

吟遊詩人「おやおや、勇者様は私をお疑いか」

吟遊詩人「何も問題が起きなかった旅に、問題が生じるようになった」

吟遊詩人「それは全て、私のせいにするおつもりか」

勇者「いえ・・・すみません。何の根拠もなく疑ったりして」

吟遊詩人「いえ、これまで疑われるようなことをしてきた私にも責任がありますとも」

戦士「で、どうする勇者」

勇者「疑いが晴れるまでは、この街に滞在しようかと思いますが」

吟遊詩人「現実的ではありませんね」

戦士「なぜだ?」

吟遊詩人「痴漢は罪の程度は大きくありません。しかし、僧侶は冤罪を主張するでしょう」

吟遊詩人「そうなると、罪が確定するまで長期間にわたって彼は拘束され続けることになる」

勇者「魔王の魔の手は、ちゃくちゃくと世界に広まっているというのに・・・」

戦士「どうすれば、僧侶を開放できる」

吟遊詩人「僧侶に罪を認めさせるか」

勇者「・・・そんなことはできない」

吟遊詩人「なら、牢を破って助け出しましょう」



9: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:33:51.57 ID:hRbC8D020


勇者「・・・」

戦士「・・・それだと、俺たちが犯罪者になってしまうぞ」

吟遊詩人「世界を救うためです」

戦士「どうする、勇者」

勇者「やりましょう」

勇者「僧侶さんは、私たちに必要な人材です。なにより大事な仲間です。彼を助けるのに何の躊躇もない」

勇者「二人とも、手伝ってくれますね?」

戦士「応!」

吟遊詩人「もちろんです!」



10: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:34:19.58 ID:hRbC8D020


――――――

僧侶「うわああああああああああ、勇者さまああああああああああああああああ!」

僧侶「わたしはああああああああ、私は本当にやってないんですうううううううう!!!!」

勇者「わかっています。落ち着いてください僧侶さん」

僧侶「ああああありがとうございます!私なんかのために、牢やぶりまでして!!!」

勇者「気になさらないでください。えっと、私もこの経験で一つ新しい技を覚えることができましたし」

吟遊詩人「ひひっ」

僧侶「!?」

僧侶「・・・吟遊詩人・・・きさまか!貴様の仕業かああああああああああああ!!!」

戦士「落ち着け!僧侶!吟遊詩人が憲兵の大半を眠らせてくれたおかげで、俺たちはいまここにいるんだ」

勇者「私が言うのもなんですが、何の根拠もなく仲間を疑ってはダメです僧侶さん」

僧侶「・・・勇者様」

吟遊詩人「まあまあ皆さん、私の日頃の行いが悪いのです。僧侶さんを責めないであげてください」

僧侶「きさまあああああああああああああああああああ!私を謀ろうという気かあああああ!」

勇者「落ち着いてください!」

僧侶「何故です!何故、吟遊詩人なんかを庇うのですか!!!???」

戦士「庇ってなんかないさ、ひとまずここから逃げよう。話はそれからだ」

僧侶「ななぜです。なぜ話をそらすのです・・・・ああああ、まさかまさかまさか」

僧侶「まままままさか、みなさん承知のうえなのですか・・・・???」

僧侶「危険の中で新たな技を身に着けるために・・・?わたしを・・・だしに・・・」

吟遊詩人「僧侶さんは混乱しているようですね。ひとまず眠らせて牢から運び出しましょう」

僧侶「なっ!」

吟遊詩人「吟遊詩人スキル!眠りの唄!」アー

僧侶「ぐっ・・・zzz」

勇者「やり方が乱暴ですよ吟遊詩人さん」

吟遊詩人「しかし、ここで時間を繰ってる場合でもないでしょう?」

戦士「それもそうだな・・・」

勇者「よし、では僧侶さんは私がかつぎます!みなさん行きましょう!」



11: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:34:50.26 ID:hRbC8D020


――――――

吟遊詩人「いやあ、素晴らしい旅になってきましたねえ」

勇者「・・・」ギロ

吟遊詩人「ひゃあ、怖い怖い」

勇者「証拠はない・・・だが、この旅の中起きた様々な苦難」

勇者「全て、吟遊詩人さん。貴方が企てたものだと私は踏んでいます」

吟遊詩人「いい顔ができるようになりましたね。それでこそ、物語の主人公だ」

僧侶「コワイコワイコワイコワイ、コワイコワイコワイ」

戦士「落ち着け、僧侶。何も怖いものはない、俺たちがいる」

僧侶「・・・・・・コワイコワイ」

吟遊詩人「しかし、僧侶殿が壊れてしまうとは私も予想外でしたね」

勇者「・・・」

吟遊詩人「ご安心を、まだ旅は終わっていない。僧侶殿はきっと帰ってきますよ」

吟遊詩人「そう。より強い力を身に着けてね」

戦士「あまり調子に乗るなよ」

勇者「吟遊詩人、貴方は以前言いましたね」

勇者「『何もかも順調な旅など読者は求めていない』と」

吟遊詩人「ええ、それがなにか?」

勇者「今は、何もかも貴方の思い通りに事が進んでいる。なれば、読者から見放されるのもそう遠くないのではないですか」

吟遊詩人「それはないですよ。私は、常に読者側の視点に立っている」

吟遊詩人「だからこそ、読者が真に求めているものを理解できているのです」

吟遊詩人「節度を保って物語をコントロールしている限り、私に間違いはおきません」

勇者「いつか、読者に見限られる日が来ることを切に願うよ」

吟遊詩人「・・・精々、その時まで稼がせてもらいますよ」



12: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:35:18.10 ID:hRbC8D020


――――――

魔王城

――――――

魔王「よくぞここまで来たな、勇者一行」

魔王「では、早速戦おうか」

吟遊詩人「・・・は?」

魔王「・・・え?」

吟遊詩人「・・・は?」

吟遊詩人「数年にも渉る旅をしてきたというのに、たった一言ですか?労いの言葉もなく?いきなり戦闘開始?」

吟遊詩人「それって、物語としてどうなんでしょうね」

魔王「き、来て早々、剣を交えるのも味気ないか・・・」

魔王「少し話でもしようか・・・」

戦士(魔王が、何かを察した・・・)

魔王「ふむ、貴様ら。思ったより良い面構えをしているな」

勇者「・・・」ギロ

魔王「貴様が勇者か。決死の覚悟が現れている。いい顔だ」

戦士「褒めたところで手心を加える気は無いぞ」

魔王「戦士か。その卓越した剣技、噂は耳にしている。色気は無いが、武骨で荒々しい。いいぞ」

僧侶「ダレモシンヨウデキナイダレモダレモダレモダレモ・・・」

魔王「・・・」



13: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:35:45.67 ID:hRbC8D020


魔王「えっと・・・だ、大丈夫か?」

吟遊詩人「ああ、彼のことは気にしないでください」

魔王「・・・そ、そうか」

吟遊詩人「あ、私にもお構いなく」

魔王「・・・」

魔王「で、では勇者一行よ、早速だが戦おうか・・・」

吟遊詩人「・・・・は?」

魔王「・・・」

魔王「ゆ、勇者一行よ。よくぞここまでたどり着いた」

吟遊詩人「つづけろ」

魔王「・・・さぞやつらく苦しい過酷な旅であっただろう」

吟遊詩人「いいぞ」

魔王「///」

戦士(すなおか)

吟遊詩人「まだ、終わってないぞ」

魔王「・・・こ、ここにたどり着いたということは、我が配下。暗黒四天王を破ったということであろう」

戦士(そんな奴らいたか?)

魔王「奴らは、我が直々に力を与えた者たち。さぞや苦戦したであろう」

吟遊詩人「いいぞ~すごくいい~」

勇者「なにか勘違いしていないか魔王?そんな奴らと戦った記憶はないぞ」



14: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:36:15.75 ID:hRbC8D020


魔王「・・・し、しかし」

吟遊詩人「整合性はこちらで調整しますので、お構いなく」

魔王「・・・あ、暗黒四天王を倒し!我が魔王城に張られた防壁すら破ってくるとは!」

魔王「そ、それに・・・・あ、もしや!勇者の手に握られている其の剣は。伝説の聖なる剣か!?」

魔王「我を倒す為に、必要な手段は全て整えてきた!そういうことだな!」

吟遊詩人「のってきたね~いいよ~」

魔王「///」

戦士(サービス精神旺盛すぎだろ魔王)

魔王「だが、まだだ!まだ足りぬぞ勇者一行!」

魔王「我が配下は暗黒四天王のみではない!真に我を倒したくば、我が忠実なる僕たち!」

魔王「暗黒48柱をすべて退けてからにしてもらおう!」

吟遊詩人「ぶらぼおおおおおおおおおおお!!!」

魔王「!?」ビクッ

吟遊詩人「素晴らしい、素晴らしいですよ魔王!いい、すごくいい!」

吟遊詩人「貴方は逸材です!物語をいくらでも盛り上げることができる天才だ!」

吟遊詩人「すごい、こんなに素晴らしいことがあっただろうか。それも旅の最後、ラストバトルに来て」

吟遊詩人「この最高の盛り上がりの中、貴方のような物語の展開を私と共に考えてくれる同士に出会えようとは!」

戦士「おおう、だ大丈夫か。これ」

吟遊詩人「ああ、なんということでしょう。今まで常に俯瞰でストーリーを眺めていた私が」

吟遊詩人「いま、初めて。私自身が物語の一員に成れた気がする!それほどの感動を!魔王、貴方は私に与えてくれた!」

勇者「暗黒48柱って何ですか?」



15: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:36:42.95 ID:hRbC8D020


魔王「・・・わ、我が直々に力を与えた48体の魔物だ」

戦士(暗黒四天王と設定、ダダ被りじゃないか・・・)

吟遊詩人「暗黒48柱!ぶはははははは!素晴らしい!」

吟遊詩人「ここにきて、まだ引き延ばすのかと!読者の怒りをヒシヒシと感じる!」

吟遊詩人「これこそ、作者冥利に尽きるというものです!」

魔王「う、うむ・・・」

吟遊詩人「ああ、ダメです。興奮しすぎて、今日の出来事をまとめ切れそうにない・・・」

吟遊詩人「勇者様、どうでしょう。今日のところは一旦退かれてわ」

勇者「そうですね・・・吟遊詩人、もう終わりにしましょう」

吟遊詩人「引きの煽り文句を、考えなくてはなりませんね!」

勇者「今この時をもってして、やっと貴方は、私たちの一員になれた」

吟遊詩人「・・・そうですね、どうしましょうか。やっぱり引きは大袈裟に盛るのがいいですよね」

勇者「貴方は、ストーリーテラーから、一人の演者に成り下がった」

吟遊詩人「ああ、ダメだ思いつかない!引きの文言が思いつかない!」

勇者「読者は常に求めている、悪者には鉄槌が下ることを」

吟遊詩人「そうだ!降りてきた!天啓だ!ものすごい引きの煽りを思いついたぞ!」

勇者「この結末を招いたのは、貴方自身だ」



吟遊詩人「俺たちの戦いはこれからだ!」



16: ◆CItYBDS.l2 2018/03/30(金) 23:37:09.56 ID:hRbC8D020


――――――

打ち切り

CItYBDS.l2(@hukkun_jp6)の次回作にご期待ください。

――――――



元スレ
勇者「ノーイベント、ノーライフ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522420206/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (13)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月25日 16:28
          • 何故まとめた
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月25日 17:03
          • まとめにゃくていい…時間無駄
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月25日 17:25
          • 皮肉がきいていて面白かった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月26日 07:20
          • 吟遊詩人が害悪過ぎて読んでて気分が悪くなったわ。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月26日 07:40
          • これを書いていて恥ずかしくないのか
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月26日 12:28
          • イラッっとくるな。
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月26日 20:35
          • 胸くそ悪い話は嫌いかね。
            私も嫌いだ。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月27日 01:24
          • 1 胸くそ悪い話は嫌いじゃない
            胸くそ悪いだけの話なのが問題なんだ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月28日 15:45
          • 1 不快
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月29日 21:25
          • 1
            ただただ不愉快
            せめてオチで、魔王勇者の共同作業で吟遊詩人ボコにするとかしろよ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月29日 22:40
          • 1 二度とSS書くな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月21日 11:49
          • もっと早い段階で首を刎ねろよ
            ていうか語り部なら現実に起こったことを脚色すればいいのに現実の方を物語的にしようとかありえなくね
            害ある魔物の棲む、一歩間違えば死に直結する洞窟でふと故郷を思い出す戦士とか充分に魅力的な題材だろうに
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月30日 22:00
          • なんでこんなに批判されてんだろ
            コメしてる奴ら余裕無さすぎだろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 幼女幽霊「呪いが勝つのか、幽霊が勝つのか実験だよ実験!!」DQN幽霊「!?」
        • 荒木比奈のジュブナイル
        • 【艦これ】艦娘で学ぶ例のあの現象
        • 【バンドリ安価】戸山香澄「たられば」
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ