TOP

【ラブライブサンシャイン】梨子「なかったことにしたくないから」

1: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:48:27.52 ID:L5HOfUV+O

??「はい、歌詞できたわよ」
 
梨子「ありがと、千歌ちゃん……って貴女は誰?」
 
梨子(聞いたことない声……顔も霞んでてよくわからないし)
 
??「えっ!? 梨子こそチカって誰のこと? 東京にいた頃の知り合い?」
 
梨子「質問に質問で返さないでよっ!」
 
??「……悪かったわ」シュン



2: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:49:45.84 ID:L5HOfUV+O

梨子「いい、高海千歌ちゃんはわたしと同じaqoursのメンバーでーー」
 
??「いないわよ、aqoursにはそんな娘」
 
梨子「えっ?」
 
梨子(どういうこと? 千歌ちゃんがaqoursにいないって)
 
??「他には? どんな娘なの?」
 
梨子「千歌ちゃんはわたしに『スクールアイドルやろう!』って何度も誘ってくれた人でーー」
 
??「それって私のことじゃないの!」
 
梨子「ええっ!?」
 
??「もしかして梨子ってば寝ボケてるんじゃ」
 
梨子「寝ボケてなんて……」
 
梨子(いや、やっぱり寝ボケてるのかな? この娘の言うように千歌ちゃんは最初から存在しなかったのかも)



3: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:51:03.48 ID:L5HOfUV+O

梨子(ううん、そんなことないっ! 千歌ちゃんとの思い出が全部夢だったなんて、それこそあり得ないわ!)
 
梨子「いい、千歌ちゃんはお隣の十千万って旅館の三女でーー」
 
??「あれっ? 二人姉妹じゃなかったっけ、あそこって」
 
梨子「二人? 志満さんと美渡さんの?」
 
??「ええ、確かそんな名前だったはず。でも三女がいるなんて聞いたことないわよ」
 
梨子「嘘、でしょ? 千歌ちゃんが……存在すらしてないなんて……こんなの、おかしいよ……」
 
??「おかしいのは梨子の方でしょ! なんか私よりそのチカって人の方が好きな感じだしっ!」
 
梨子「いないの? 嬉しくなると『奇跡だよ!』って口にしちゃう、いつもわたしに勇気をくれた千歌ちゃんは」
 
??「いい加減にしてよ梨子っ! 梨子がピアノのことで悩んでた時、いつも相談に乗ってあげてたのは誰?」
 
梨子「千歌ちゃーー」
 
??「この私でしょ!」



4: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:52:50.20 ID:L5HOfUV+O

梨子「乗ってあげたって……千歌ちゃんはそんな上から目線でものを言わないっ!」
 
??「チカちゃんチカちゃんって……梨子は私のこと、どうでもよくなったっての!」
 
梨子「だって貴女は……ねえ貴女は誰なの?」
 
??「酷いわ! 彼女の顔も忘れるなんて最低ね」
 
梨子「彼女? 貴女が?」
 
??「そうに決まってるでしょ! 他に誰がいるっての?」
 
梨子「違うわよ、わたしは千歌ちゃんと付き合っててーー」
 
??「チカじゃないわ、私よっ! 告白したのも、抱きしめたのも、キスしたのも、その先だってしたのもっ!」
 
梨子「違う、違う、違うっ! 貴女じゃないっ! 千歌ちゃんよっ!」
 
??「梨子っ! いい加減夢から醒めなさいよっ!」ダキッ
 
梨子「いやっ! 放してっ!!」ジタバタ
 
??「放さないわっ! 梨子が私を思い出すまでっ!」
 
梨子「いやっ!」



5: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:54:07.27 ID:L5HOfUV+O

千歌「zzz……う~ん……梨子ちゃ~ん……」ムニャムニャ
 
梨子「いやっ! やめてっ!」
 
ドカッ
 
千歌「ぶべっ!?」ドスッ
 
梨子「ふへっ!? ゆ、夢?」
 
千歌「ううっ……梨子ちゃーん」グスッ
 
梨子「ち、千歌ちゃん?」
 
千歌「ベッドから落とすことないでしょー、ううっ」
 
梨子「ご、ごめん」



6: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:55:24.57 ID:L5HOfUV+O

千歌「で、梨子ちゃんはどうして私を突き飛ばしたの?」プンプン
 
梨子「うっ……それは」
 
千歌「……怖い夢でも見たの?」
 
梨子「う、うん。ちょっとね」
 
千歌「どんな夢? 教えて。覚えてる限りでいいから」
 
梨子「でも……」
 
千歌「私のことは気にしないで。一人で抱えてるより、話した方が楽になるって」
 
梨子「いいの? 千歌ちゃんにも関係ある夢なんだけど」
 
千歌「……いいよ。梨子ちゃんの不安な気持ち、わかってあげたいから」
 
梨子「千歌ちゃん……わかった、じゃあ話すね」



7: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:57:06.97 ID:L5HOfUV+O

梨子「夢の中で知らない娘と言い争いになったの」
 
千歌「知らない娘? どんな娘だったの?」
 
梨子「うーん、よくわからない娘。夢の中だから顔も霞がかかったみたくぼやけてたし」
 
千歌「うん、夢ならそんな風になるよね。で、どんな話をしたの?」
 
梨子「千歌ちゃんのお話」
 
千歌「えっ!? 私の?」
 
梨子「……って言っていいのかなぁ?」
 
千歌「どういうことさぁ?」



8: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:58:24.41 ID:L5HOfUV+O

梨子「その娘がね『aqoursのメンバーだけどチカって娘は知らない』って言ってきたの」
 
千歌「うん、それから?」
 
梨子「だからね、わたしもムキになって千歌ちゃんがどんな人か説明したの。……そしたらね」
 
千歌「そしたら?」
 
梨子「『わたしの彼女は私だ』って言うの」
 
千歌「うん、最初の『わたし』は梨子ちゃんのことだよね?」
 
梨子「あっ……紛らわしかったよね」

千歌「いや、大丈夫だよ」
 
梨子「それで、その娘が抱きついてきたから振りほどこうとしたの」
 
千歌「で、リアルの私をベッドから突き落とした、と」
 
梨子「うん、ごめんなさい」



9: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:59:42.21 ID:L5HOfUV+O

千歌「いや、いいけどね。……まだお尻がヒリヒリするけど」
 
梨子「ほんとにごめん」
 
千歌「いいっての。梨子ちゃんが怖い思いしてたってわかったんだから。怪我の功名ってヤツだよ、うん」
 
梨子「ふふっ、なんか使い方違う気がするけどね」
 
千歌「いいじゃん別にー」プンプン
 
千歌「……でも良かった」ニコッ
 
梨子「良かったって何が?」
 
千歌「梨子ちゃんが笑ってくれたから」
 
梨子「ああっ……ありがと」ニコッ
 
千歌「うん、やっぱり梨子ちゃんには笑顔が一番似合うよ」



10: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:00:59.08 ID:L5HOfUV+O

梨子「ねえ千歌ちゃん」
 
千歌「まだなにかあるの?」
 
梨子「うん。夢の話じゃないけど、いい?」
 
千歌「いいよ。何でもどうぞ」
 
梨子「もしも、あくまで『もしも』の話だよ」
 
千歌「う、うん。わかったよ」
 
梨子「もしわたしが記憶をなくしちゃったら、千歌ちゃんはどうする?」
 
千歌「記憶をなくしたら? 病気や事故でってこと?」
 
梨子「あっ……理由までは考えてなかったけど、まあそんな感じで」



11: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:02:16.84 ID:L5HOfUV+O

千歌「うん。あと、それって『ここはどこ? わたしは誰?』ってぐらいの? 漫画とか小説でよくあるような」
 
梨子「ううん。そこまでじゃなくて、ここに転校してきたばかりの頃に戻った感じで。だからそれまでの記憶はちゃんとあるの」
 
千歌「そっか、わかったよ。うん」
 
梨子「ふふっ、千歌ちゃんって結構そういう細かいところ気にするよね?」
 
千歌「だからこそ毎回素敵な歌詞を提出することができるのです!」フンスッ
 
梨子「それ自分で言っちゃう? 何にせよもっと早く提出できるなら完璧なんだけどねぇ~」ニコニコ
 
千歌「ううっ……そこは大目に見て下さいよぅー」ウルウル



12: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:03:33.28 ID:L5HOfUV+O

梨子「で、どうするの?」
 
千歌「うーん、どうするって言われてもねぇ」
 
梨子「だよね、実際そんな起こることじゃないし」
 
千歌「まあね。でももしそうなったら、やっぱり梨子ちゃんの記憶が戻るように色々やってみると思う」
 
梨子「そっか。例えば?」
 
千歌「うーん、記憶をなくす前の梨子ちゃんのことをいっぱい話したりするかな? ウチの前の桟橋で初めて会った時のこととか、ベランダ越しに手を伸ばしたこととか、それからーー」
 
梨子「う、うん。色んなことがあったよね」
 
千歌「えーまだまだあるのにー」



13: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:04:49.56 ID:L5HOfUV+O

梨子「話が進まないから。でもね、記憶がなくなったわたしは、たぶんどれもピンとこないと思うの」
 
千歌「自分のことだ、って思わない感じ?」
 
梨子「うん、そんな感じ」
 
千歌「……だよね。だったら、うーん……」
 
梨子「どう? なんか思い付きそう?」
 
千歌「そうだ!」
 
梨子「なになに?」
 
千歌「思い出の場所に梨子ちゃんを案内するよ! 毎日練習していっぱい汗かいた屋上とか、美味しい和菓子を食べておしゃべりした松月さんとか!」
 
梨子「確かに言葉だけよりも、その場所に行った方が効果が出そうな気がするね。他にはある?」



14: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:06:05.95 ID:L5HOfUV+O

千歌「あとは……私達のPVを観てもらう! 梨子ちゃん本人が映ってる分、一番効果ありそうな気がする、うん」
 
梨子「きっとあの頃のわたしが観たらびっくりしそうね。『えっ!? これがわたしなの?』って」
 
千歌「ははっ、だよね。梨子ちゃんほんと明るくなったもんね」ニコッ
 
梨子「千歌ちゃんやaqoursのみんなのおかげでねっ!」ニコッ
 
千歌「どう? これだけやったら記憶戻るかな?」
 
梨子「うーん……どうだろ?」
 
千歌「ダメ……なの?」シュン
 
梨子「……戻ると思うよ」
 
千歌「だよね、だよねっ!」
 
梨子「でも……こういう場合もあると思うの」
 
千歌「どういう場合?」



15: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:07:23.03 ID:L5HOfUV+O

梨子「『脳の一部が傷付いてて、もう二度と記憶が戻ることはありません』ってお医者様がはっきり言ってくる場合も」
 
千歌「う……うん。あり得る、よね」
 
梨子「それでも千歌ちゃんは、わたしのために頑張ってくれるの?」

千歌「もちろんだよ! 他ならぬ梨子ちゃんのためだもん!」
 
梨子「千歌ちゃん//」
 
千歌「……でも、何やってもダメなんだよね?」
 
梨子「……うん」



16: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:08:46.19 ID:L5HOfUV+O

千歌「うーん……だったらまた1からやり直す! きっとそうする!」
 
梨子「やり直す? つまり?」
 
千歌「そりゃあもう梨子ちゃんが転校してきた頃みたく『スクールアイドル始めよっ!』って何度も誘っちゃうよ!」
 
梨子「そっか。きっとまた根負けしちゃうかも、ふふっ」ニコッ
 
千歌「でしょっ♪ でもね……」
 
梨子「どうしたの?」
 
千歌「どっちの場合でも、いっぱい泣いちゃうと思うんだ。『前の梨子ちゃん』のこと思い出して」
 
梨子「うん、わかるよ」
 
千歌「でも絶対また仲良くなれる! ……よね?」シュン
 
梨子(ちょっと意地悪し過ぎたかも……ごめん千歌ちゃん)



17: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:10:02.87 ID:L5HOfUV+O

梨子「もちろん。だってわたしと千歌ちゃんなんだから。記憶をなくしたって、そこは変わらないでしょ?」
 
千歌「……だよね、うん。私頑張るよ! 梨子ちゃんのために」
 
梨子「千歌ちゃん// ふふっ、ありがと♡」
 
千歌「じゃないとせっかくダブルベッドに買い換えたのもムダになっちゃうし」
 
梨子「……はい?」
 
千歌「それからお揃いのTシャツもマグカップも」
 
梨子「ええーっ!? 一番はそこなの!?」
 
千歌「冗談だってば。意地悪な質問した仕返しだよーだ」ニコッ
 
梨子「ごめん。でもわかったよ、千歌ちゃんがわたしをどれだけ大切に想ってくれてるか」ニコッ
 
千歌「むうっ、やっぱり私の純情ハートを試してたんだぁー」ブーブー
 
梨子「だからごめんってば」



18: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:11:19.89 ID:L5HOfUV+O

千歌「そういえばさ」
 
梨子「どうしたの?」
 
千歌「梨子ちゃんじゃなくて逆に私の記憶がなくなっちゃう可能性もなきにしもあらず、だよね?」
 
梨子「あっ……うん、そうね。むしろ活発なぶん、千歌ちゃんの方があり得るかも」
 
千歌「でしょ。もしそうなったらさ、梨子ちゃんは私に何してくれる?」
 
梨子「答える必要あるの?」
 
千歌「えっ? それってつまりーー」
 
梨子「全部やるに決まってるでしょ。さっきまで千歌ちゃんが教えてくれたこと」ニコッ
 
千歌「う、うん。だよね?」



19: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:12:36.51 ID:L5HOfUV+O

梨子「もしかして千歌ちゃん、わたしが千歌ちゃんのこと諦めるんじゃ……とか思ったんでしょ?」
 
千歌「ご、ごめん」シュン
 
梨子「やっぱり……わたしが千歌ちゃんを想う気持ちを甘くみないでよっ!」
 
千歌「……それ、たぶんどっかのアニメからの引用だよね?」
 
梨子「それだけじゃないわよ! 今のうちからでもやれることは、何でもやっとくつもりだからっ!」キリッ
 
千歌「今からって……いつか記憶なくす前提なの?」
 
梨子「生活習慣病とかと同じで、こういうのって事前の予防が大切なの」
 
千歌「うん、まあ……で、何やるの?」



20: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:14:13.17 ID:L5HOfUV+O

梨子「交換日記、始めたいなって」
 
千歌「交換日記? けっこう今更な感じするけど」
 
梨子「思い立ったが吉日よ。目に見える形で思い出を残すなら、これが一番だと思うの」
 
千歌「なるほどね~、うん。じゃあ明日……いやもう今日か、ノート買いに行こっか」
 
梨子「うん。あとヤマ○電機にも寄りたいな」
 
千歌「いいけど、何か欲しいものあるの?」
 
梨子「うん、ちょっとデジタルカメラとボイスレコーダーが欲しいな、って」
 
千歌「唐突だねー。まあデジカメはわかるよ、思い出を写真に残しときたいって。でもボイスレコーダーは何のため?」
 
梨子「それはもちろん、わたしと千歌ちゃんの会話を一字一句余すことなく残すためよ!」ドヤァ



21: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:15:30.43 ID:L5HOfUV+O

千歌「ええーっ!? 流石にそこまですることなくない?」
 
梨子「あるわよ! 『千歌ちゃんが添い寝してくれるCD』とか『千歌ちゃんが甘い言葉を囁いてくれるCD』とか作っときたいし」キリッ
 
千歌「うわぁ……愛が重過ぎるよー。却下」
 
梨子「ええー、じゃあ『おしゃべりぬいぐるみ千歌ちゃん』とかならどうかな?」
 
千歌「昔あった『おしゃべりぬいぐるみ○カチュウ』みたいな感じ?」
 
梨子「うん。揺らしたら『梨子ちゃ~ん♡』って呼んでくれるの♡」
 
千歌「おおーっ! なんか良さげだね。それなら私も『おしゃべりぬいぐるみ梨子ちゃん』欲しいなぁ♡」
 
梨子「でしょ。どうしても会えなくて寂しい時にどう?」
 
千歌「そうだね。今度自分で作れないか調べてみるよ」
 
梨子「手作りできるのかな?」
 
千歌「どうだろね? できるとしても難しいかも」



22: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:16:54.06 ID:L5HOfUV+O

梨子「駄目なら鞠莉さんに頼んでみるかな」
 
千歌「鞠莉ちゃんに?」
 
梨子「鞠莉さんならタカ○トミーさんとのコネくらい持ってそうだし」
 
千歌「ははっ、確かにね~。ついでにおててパタパタする機能とかも追加してもらえるかも」
 
梨子「何それ~可愛過ぎない?」
 
千歌「でしょ~。aqoursの歌詞担当の発想力を舐めちゃいかんよ~」ドヤァ
 
梨子「ふふっ、そうね」ニコッ

千歌「ねっ、心配いらないでしょ。私か梨子ちゃんのどっちかが記憶をなくしても、なんとかなるって!」
 
梨子「うん、だよね……ちょっとおトイレ行ってくるね」
 
千歌「うん」



23: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:18:12.73 ID:L5HOfUV+O

トイレ
 
梨子(やっぱり千歌ちゃんは変な人だけど、とっても優しい人だね)
 
梨子(千歌ちゃんは「色々試すよ」って言ってくれたけど……それでも……)
 
梨子「ううっ……怖いよぅ……」ポロポロ
 
梨子「なかったことにしたくないよぅ……」ポロポロ
 
梨子(千歌ちゃんはわかってるのかな? 記憶がなくなるってことは……)
 
梨子(今「ここにいる桜内梨子」は消えちゃうってことなんだって)
 
梨子(千歌ちゃんと過ごしてきた日々も)
 
梨子(千歌ちゃんと積み重ねてきた思い出も)
 
梨子(千歌ちゃんのことが好きだっていうこの気持ちも全部全部ぜんぶっ!)
 
梨子「嫌だっ! 嫌だよぅ……千歌ちゃんっ……ううっ」グスッ



24: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:19:29.75 ID:L5HOfUV+O

寝室
 
カタッ
 
千歌「お帰り~、梨子ちゃ……」
 
ぼふっ
 
千歌「ってうわっ!?」
 
梨子「ねぇ、千歌ちゃん」
 
千歌「ちょっ!? 何さっ、いきなり押し倒してっ!」
 
梨子「千歌ちゃん……わたしを抱いて♡」
 
千歌「どうしてそうなるのさっ!?」
 
梨子「わかったの。千歌ちゃんのこと忘れないようにするには何が一番か」
 
千歌「うーん、なんなの?」



25: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:21:06.57 ID:L5HOfUV+O

梨子「それはね、千歌ちゃんの温もりを身体に覚え込ませるってことなの♡」
 
千歌「ええーっ// どこからそんな発想が」
 
梨子「あのね、人の記憶って大きく分けて3種類あるんだって」
 
千歌「うん、どっかで聞いたことあるよ」
 
梨子「で、よくある記憶喪失でなくしちゃうのはいわゆる『エピソード記憶』っていうものなの」
 
千歌「へぇ~そうなんだ~」
 
梨子「で、それがなくなっても読み書きなんかができるのは『意味記憶』が残ってるからなんだって」
 
千歌「ふむふむ。あと1つは?」



26: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:22:25.00 ID:L5HOfUV+O

梨子「『手続記憶』っていうの。スポーツとかで『身体で覚える』みたく言わない?」
 
千歌「あーよく聞くね」
 
梨子「でしょ。『友達との思い出を忘れてもピアノの弾き方は覚えてた』みたいな事例もあるの」
 
千歌「なるほど~って、ただ抱いてほしいだけだよね?」
 
梨子「うんっ// 駄目……かな?」ウルウル
 
千歌「いや、まあ……駄目ってことはないけど」
 
梨子「じゃあ、ぎゅ~ってしてっ♡」
 
千歌「もうっ// 今日は甘えんぼさんだね、梨子ちゃんってば♡」ギュッ
 
梨子「んっ//」ギュッ
 
千歌「大好きだよっ、梨子ちゃん♡」チュッ
 
梨子「わたしもっ♡」チュッ



27: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:23:57.40 ID:L5HOfUV+O

千歌「どう? 私の温もり、覚え込めそう?」
 
梨子「ううん、全然」
 
千歌「そんなぁ~。じゃあどうしたらいいかな?」
 
梨子「毎日ぎゅ~ってしてっ♡ でないと忘れちゃうかもっ♡」
 
千歌「うん、いいよ」ニコッ
 
梨子「千歌ちゃんっ//」
 
千歌「私のことで頭がいっぱいになるくらい、何度でも抱いてあげちゃうからねっ」キリッ
 
梨子「うんっ♡」ニコッ
 
この後めちゃくちゃぎゅ~ってした



28: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 07:25:53.80 ID:L5HOfUV+O

メイ*^ _ ^リ 終わりです
 
千歌ちゃんが好きで好きでたまらない梨子ちゃんでした



元スレ
梨子「なかったことにしたくないから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524347307/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月14日 08:45
          • μ's信者はAqoursが嫌いらしいwww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        • 俺「可愛いね~好きだよー」 女の子「....」 俺(相変わらず冷たいなぁ....) 女の子「....から....」
        • 【モバマス】朋「青葉、見ちゃいました!」雪菜「まってちがう」
        • 【モバマス】朋「青葉、見ちゃいました!」雪菜「まってちがう」
        • 【モバマス】海「暑い夏には」薫「苺入りのおにぎりー!」朋・雪菜「えー」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ