TOP

【モバマス】雪美「猫……?」美玲「狼だぞっ!」

1: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 00:26:53.78 ID:GUjd1SvG0


佐城雪美ちゃんと早坂美玲ちゃんが主役のお話です。



2: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 00:29:04.53 ID:GUjd1SvG0

―――――控室

美玲(今日は雪美と二人でライブか)

美玲(あんまり喋ったこと無いし、雪美もあんまりしゃべらないからちょっと緊張するな…)

美玲(…いや、ウチは一匹狼。やりたいようにやるぞ!」

雪美「……何……するの……?」

美玲「うわっ!…ってなんだ雪美か」

雪美「……………うん………。私……………雪美…………………」

美玲「脅かすなよー」

雪美「ごめんなさい…………………。でも………そんなつもり…………なかった……………」

美玲「そうか」

雪美「やるぞ…………って…………。何…………するの………………?」

美玲(き、聞こえてたのかっ!)

美玲「なんでもない!」

雪美「そう…………………」

美玲「今日のライブ、かっこよくキメるからな。ついてこいよッ!」

雪美「猫みたい…………可愛く…………。違う………?」

美玲「違うぞっ!狼みたいにカッコよくだ!」

雪美「でも………美玲………、猫耳………つけてる…………。爪も…………………」

美玲「狼でも猫でもない…ウチの耳と爪だッ!」

雪美「………………私も………これ………。私の…………衣装…………」

美玲「そういう話じゃない!」



3: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 00:49:59.13 ID:GUjd1SvG0

雪美「モフモフ…………触っても…………いい………?」

美玲「ダメだ。ウチはそんな簡単な女じゃないぞッ!」

雪美「あっ………メロンソーダさん…………」

美玲「えっ?」

雪美「…………ふふっ………」

美玲「あっ!今ウチのことからかっただろ!」

雪美「……………………ふふっ………」

美玲「だいたいメロンソーダさんって誰だよッ!」

美玲(あれ?なんでウチがメロンソーダ好きなの知ってるんだ?)

雪美「マキノに………教えて…もらった………」

美玲「…ッ!」

雪美「ペロの………性別………、教える……代わりに………教えて……もらった……」

美玲「なんでウチの好きなものとペロの性別が一緒なんだよ!」

雪美「ペロ……気難しい…子………。だから………ひみつ…………たくさん…………」

美玲「ってかなんでマキノも知ってるんだ…?」

雪美「ふふっ……………マキノ…………、ものしり………ね………」



4: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 00:51:11.90 ID:GUjd1SvG0

美玲「と、とにかく今日はカッコよくキメるからな!」

雪美「カッコよく……どんなの………?」

美玲「そ、それは……」

雪美「お手本…………見せて………………」

美玲「お、お手本…?あーあれだ!∀NSWERみたいな感じ!」

雪美「片目………怪我してる………?」

美玲「オマエ人の話聴いてるか?」

雪美「どうしたの……?」

美玲「これはファッション!ウチの視力は両目とも1.5だぞ」

雪美「私………視力…………928………」

美玲「盛りすぎだろ!ショーコはあるのかっ!?」

雪美「すごいっ…………!話……盛り久保……輝子…………。インディヴィジュアルズ………揃った………」

美玲「揃えてない!ってか話盛り久保ってなんだよ!」



5: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 00:55:58.11 ID:GUjd1SvG0


雪美「今日…………ライブ…………。猫の………姉妹…みたいに………しよ………」

美玲「話を聞け!」

雪美「美玲……お姉さん…………ふふっ………」

美玲「フン!そういう手には乗らないからなっ!」

雪美「にゃぁ……………」スリスリ

美玲(なんだこのあざとさはっ!こんなのに絶対負けないからなッ!)

美玲(ウチが一匹狼だってわからせてやるッ!)

雪美「目…………どうなってるの………?」ペラッ

美玲「こらっ!勝手に眼帯をめくるな!」

雪美「………こんな感じで………ね…?」

美玲「どんな感じだよ!」

雪美「こんな感じ……で……仲良く………ライブ……する……………」

美玲「い、一応コンビだからな。少しぐらいなら仲良くしてやってもいいぞッ!」

雪美「少し…………だけ…………?」ウルウル

美玲「す、少しと…それとちょっとだけだ!」

雪美「ふふっ………」

美玲「うぅ…なんだかペースが狂わされるぞ」



6: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 00:59:08.31 ID:GUjd1SvG0


雪美「かっこいいも………やろ…………」

美玲「おっ、やっとその気になったか」

雪美「間奏…………エアギター………しよ………」

美玲「出来るのか?」

雪美「任せて……………」

美玲「よし、じゃぁちょっと見せてみろ!」

雪美「わかった……………………………」

雪美「えいっ…………」

美玲「えっ、なんでいま急にバンザイしたんだ?」

雪美「ギター…………上………投げた………」

雪美「曲…………終わったら…………キャッチして……………ポーズ………」

美玲「わかりにくい!もうギター関係ないだろ!」



7: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:00:50.89 ID:GUjd1SvG0

雪美「かっこいい…………難しい…………」

美玲「しょうがないなぁ、ウチがトクベツにかっこいいポーズを教えてやるぞ」

雪美「ありがとう……………」

美玲「まずは定番の、指で銃を作って撃つポーズだな。バキューン」

雪美「にー…さん…ろく…ぴー…………」

美玲「ん?なんか言ったか?まぁいいや、次に拳を高く突き上げるポーズ」

雪美「屈み……ぱんち…………」

美玲「さっきから何言ってるんだ?」

紗南「雪美ちゃんよくわかってるね!!!いつもあたしのゲーム見てるだけはあるよね!」

美玲「なんだ今の」

雪美「大体わかった………」

美玲「ゼッッタイわかってないだろ!!」

雪美「大丈夫…………私………信じて…………」

美玲「いや今の流れだと絶対信じられないからな」

雪美「いくよ…………………どう?」

美玲「恋色エナジーか?」

雪美「違う………立ち中パンチ………」

美玲「わかるかっ!」



8: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:01:50.69 ID:GUjd1SvG0



美玲(もしかしてかっこいいの、苦手なのか?)

美玲(一応ウチのほうが年上だし……今回は合わせてやったほうがいいのかな?)

美玲「もういいぞ、今回は雪美に合わせる」

雪美「ほんと……?」

美玲「まぁ、一応ウチのほうがお姉さんだしな」

雪美「ありがとう…………」

スタッフ「すいません、そろそろ準備おねがいしまーす!」

美玲「ほらいくぞ!」

雪美「うん…………!」

美玲(ま、まぁ狼も、群れるときは群れるもんな。ちょっとぐらい)

雪美「みんな…………来てくれて………、ありがとう………」

美玲「今日はウチと雪美のコンビだぞ!」

雪美「二人で…………カッコよく…………いくよ………」

美玲(えっ?かわいくじゃないのか?)

雪美「お願いシンデレラ………かっこいい……バージョン……」

美玲(なんだよかっこいいバージョンって!)

雪美(いい感じに………かっこよく…………お願い……ね……)

美玲(歌いながら直接脳内に話し掛けてくるなッ!!)

この後めちゃくちゃかっこよく決めた。



9: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:03:54.69 ID:GUjd1SvG0

――――――――――

美玲(この前は雪美のせいで散々な目にあったな)

美玲(まぁでもあれはあれで楽しかったし、まぁいいか)

美玲(あれ?雪美だ。1人で何やってるんだ?)

美玲(そうだ、この前の仕返しにちょっと脅かしてやろう)

美玲(こっそり近づいて…………)

雪美「………!?」クルッ

美玲「わっ、急にこっち向くな!」

雪美「ごめん…なさい……」

美玲(な、なんか元気ないな)

美玲「元気ないぞ、どうかしたのか?」

雪美「そんなこと…ない……。ないよ……」

美玲「今日はペロは一緒じゃないのか?」

雪美「ペロ………今日は………お留守番…………」

美玲「そっか」



10: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:04:42.25 ID:GUjd1SvG0

雪美「………………」

美玲(もしかして、ペロが居なくて寂しいのか?)

美玲(雪美もまだまだ一匹狼には程遠いな)

雪美「美玲……………隣…………座って……」

美玲「ん?なんだ?」

雪美「…………何も…ない…………」

美玲「何もないのかよ!」

雪美「ふふっ……………」

美玲「もしかして、寂しかったのか?」

雪美「……………………………うん」

美玲「だ、だからってウチは遊んでやらないからなっ!」

雪美「…………だめ?」

美玲(くそっ、こいつすごい眼力だッ!)

雪美「……………………………」ジーッ

美玲(こいつの目は……何だ?)

雪美「………………………」ジーッ

美玲「しょ、しょうがないなぁ。ちょっとだけだぞ」

雪美「うん………」



11: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:05:26.72 ID:GUjd1SvG0

美玲「何して遊ぶんだ?」

雪美「ダークイルミネイト………ごっこ………」

美玲「なんだそれ」

雪美「ダークイルミネイトの……言葉………マネ……する…………」

美玲「アスカやランコみたいな喋り方するってことか?」

雪美「そう…………」

美玲「ふぅ~ん、なんだか面白そうだな」

雪美「じゃぁ……私………蘭子…………。美玲……は………飛鳥………」

美玲「任せろッ!」

雪美「煩わしい……太陽…ね……」

美玲「やぁ……いい天気だ…だな」

雪美「魔力……枯渇を………感じぬ…か……」

美玲(あっ、これなんて言ってるかわからないな……)

雪美「…………の…喉乾いて……ない……?」

美玲(ちょっと恥ずかしそうにちゃんとした言葉で言い直すところも再現するのかよ!)



12: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:07:22.47 ID:GUjd1SvG0

美玲「そうだな…だね。喉の渇きを満たす…満たそうか」

雪美「氷結の……貯蔵庫………。ティアマトの……涙を……貯蔵すると…聞く……」

美玲(ティアマト?涙?この遊び意外と難しいな……)

モバP「ただいま~」

雪美「我が友………よくぞ……戻った………」

モバP「ん?蘭子ごっこか?ただいま」

美玲「オマエめちゃくちゃ適応力あるな」

モバP「当たり前だろ、プロデューサーだぞ」

美玲「うわっ、なんかめちゃくちゃ腹立つ」

雪美「ティアマトの……涙……。2杯………貯蔵庫より……賜りたい………」

モバP「メロンソーダか?勝手に飲んでいいぞ」

美玲「いやなんでいまのでわかるんだよ」

モバP「一応蘭子のプロデューサーでもあるからな」

美玲「なるほどな。ってティアマトの涙ってメロンソーダのことだったのかよ♪」



13: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:08:20.32 ID:GUjd1SvG0

雪美「モバP……疾風の…加護………」

モバP「わかったわかった」

美玲「今のは?」

モバP「早くしろってことだよ」

雪美「うん…………」

美玲(雪美も結構アイツに対しては言うタイプなんだな)

美玲(まぁウチも結構言ってる方…かな?)

美玲(そういう意味では、ウチと雪美って似てるのか?)

モバP「はい、どうぞ」

雪美「感謝…する………」

美玲「おっ、ありがと♪」

雪美「美玲………違う……。飛鳥は………感謝するよ……このメロンソーダと……キミの…気遣いに…ね……。って……言う……」

美玲「まだやってたのかよ!」



14: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:09:29.17 ID:GUjd1SvG0

モバP「ダークイルミネイトごっこしてたのか」

美玲「相変わらず飲み込みが早いな」

モバP「まぁでもロリータとパンクの二人組って意味ではダークイルミネイトも美玲と雪美も同じだよな」

美玲「あっ、そういえばそうだな」

モバP「まぁ蘭子はゴシックで雪美はクラシックなロリータだし」

美玲「ウチもアスカとはちょっと違うぞ」

モバP「そうそう」

美玲「ウチのファッションはウチだけのセンスだモン」

モバP「うん、美玲は独特のセンスがあると思う」

雪美「私は………?」

モバP「雪美は喋り方かな?ただ間延びしてるだけじゃなくて間で語りかけるような喋り方」

美玲「確かに雪美の喋り方はゆっくりだけど全然イライラしないぞ」

モバP「うん、だから個性的な二人が組んだら面白いと思うんだよな」

美玲「えっ?」

モバP「というわけで次のライブ、また二人で組んでほしいな」

美玲「なんでだよ、前にやっただろ。いきなり無茶ぶりされて大変だったんだぞ」

モバP「でもお客さんもよかったしまた見たいって声もたくさんあるしな」

雪美「美玲………私と…組む……イヤ………?」

美玲「い、イヤじゃない…ぞ」

モバP「雪美ちゃんを連れてたら、群れのリーダーみたいでかっこいいと思うぞ」

美玲「そ、そうか?」

モバP「うん。強そうに見えると思う」

美玲「ま、まぁそこまで言うならやってやらなくもないぞ!」

モバP「それじゃぁ次もかっこよく決めてくれよな」

美玲「任せろッ!」

モバP(ちょろいな)



15: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:10:35.61 ID:GUjd1SvG0

―――――ライブ当日

美玲(結局アイツにのせられてユキミとライブすることになってしまった)

美玲(まぁ別に無茶ぶりさえなきゃ楽しくていいんだけどな)

雪美「美玲………今日は……どんな風に……する……?私……ついていく………」

美玲「ついてきてくれるのか?」

雪美「うん…………この群れ………リーダーは……美玲……………」

美玲「よし、じゃぁウチについて来い!」

雪美「わかった……」

スタッフ「準備おねがいしまーす!」

美玲「はーい!」

美玲(そういえばアイツにはかっこよくって言われてたな)

美玲(フン、そんな素直に言うこと聞くほどウチは簡単じゃないぞ)

美玲「ユキミ今日はな!」

雪美「狼みたいに………カッコよく………?」

美玲「いいや、猫みたいにとびきり可愛くだ!!ファンのみんなをメロメロにするぞッ!」

終わり



16: ◆yz988L0kIg 2018/04/21(土) 01:13:05.70 ID:GUjd1SvG0

以上です。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

雪美ちゃんに声がついたらもしかしたら美玲ちゃんと共演したりするかもしれませんね。
デレマスでは総選挙をやってますのでもしよろしければ佐城雪美ちゃんに投票をよろしくお願い致します。

前作です。
モバP「フェアリーフィーストは本当に仲が良いなぁ」



元スレ
【モバマス】雪美「猫……?」美玲「狼だぞっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524238013/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (15)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 02:18
          • 雪美「猫……?」ネコオーラ53万

            みく「元・祖・ネコアイドルニャ!」ネコオーラ5
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 03:29
          • 控えめに付けて五千兆点よ佐城さん
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 03:39
          • ※1
            みくにゃんは所詮は養殖ネコキャラ
            本物(天然)には敵わない
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 04:04
          • 猫アイドルより猫でさいきっくアイドルよりサイキック
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 06:20
          • いや、元祖猫キャラはのあにゃんだし、アーニャと雪美のにゃんにゃんにゃん忘れちゃいかんよ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 07:27
          • お前ら猫ドル四天王(四人とは限らない)の上条さんとわくわくさん忘れんなよ....
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 08:06
          • 蓄光テープ貼ろうぜ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 09:40
          • ※7
            蓄光テープマン?!自力で脱出を?!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 11:16
          • 5
            蓄光テープってなんだ?
            美玲Pのネタ?
            あっ、SSは面白かったです。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 14:38
          • ※1※5
            え……ひどくない?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 15:01
          • 狼は基本群れで行動するぞ
            一匹狼ってのはリアルの狼じゃ多分いない
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 18:58
          • 狼は雌とその娘達を中心として、若い息子とごく少数の強い雄とで群れを作る。
            所謂一匹狼は、そこに入り込めなかった若雄だ。淘汰圧も凄いが、それなりにありふれとる。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月21日 22:13
          • 236p??
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月02日 23:09
          • ※9
            この作者は一時期、ゆきみ(と痴秋)が蓄光テープと戯れるSS書いてたから蓄光Pって呼ばれてた。

            …今は蓄光テープの見る影もないが。
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月21日 09:12
          • ???《白い家にようこそ。》

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 女「はじめてレンタル彼氏利用しちゃった…」どきどき
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ