TOP

僕「・・・だって」女「だってじゃない!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:38:43.75 ID:nLolHde40

僕「痛い・・・痛いよぉ・・・」グスッヒッグ

女「僕、また虐められたの?」

僕「・・・ぅるさい」グスッヒッグ

女「情けないわねぇ・・・うわ!肋骨まで青黒くなってる・・・僕、あんたが言い返さないと、何も変わらないのよ?」

僕「・・・だって」

女「だってじゃない!」

僕「!?」ビクッ

女「言い返さなきゃだめ!先生にでもチクっちゃえばいい!」

僕「・・・」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:39:41.35 ID:nLolHde40



いじめっ子「なぁ僕ぅ、さっきお前に壊された鉛筆削り、あれ1000円するんだよ。弁償しろよぉ。明日、1000円持ってこいよ・・・・・・・な?」ギロ

僕「(鉛筆削りが1000円もする訳ない・・・)」

僕「(でも、だって・・・恐いし、もっと嫌なことされるかもしれないじゃん)」

僕「わかっ

ーーだってじゃない!

いじめっ子「・・・どうした?返事は?」

僕「・・・ぇんも・・・けな・・・

いじめっ子「あ?」

僕「1000円もする訳ないじゃないか!」

いじめっ子「」ビクッ

僕「そもそも、君の鉛筆削りが壊れたのだって、僕のせいじゃないじゃないか!」

僕「僕は弁償しない!もう一切、君と関わらない!」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:40:41.45 ID:nLolHde40



女「スッキリした顔してるじゃん、僕」

僕「・・・言えたよ。僕、言い返せたんだ」

女「そうなんだ。根性あるじゃん」

僕「君のおかげだよ。だってじゃない、君の言葉が、僕に勇気をくれた」

女「違うよ」

僕「?」

女「あたしはあんたの背中に手を添えただけ、それを実行できる人って、あんまりいないんだよ。これはあんた自身の力だよ。誇りなさい」ニコッ

僕「そ、そうかな」テレッ

その日、夢を見た。女が死ぬ夢だ。右腕がちぎれ、無残にも殺されている、そんな夢を見て僕は自覚する。女が好きだ、と。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:41:12.37 ID:nLolHde40




僕にとって、女は尊敬に値する存在で、太陽のように僕を照らしてくれて、それと同時に、この人とともに歳をとりたい、人生を一緒に歩みたい、そう思える存在だった。


僕「嘘・・・・・・だろ?」

女「・・・ごめ・・・んね」ポタポタ

そこには、血まみれで右腕のない女が横たわっていた

僕「まるで・・・あの夢じゃないか!?」

僕「だって・・・この間まで普通に

女「だってじゃ・・・ない」

女「僕・・・今から言うところに行きなさい」

僕「ぁ・・・・・・ああ」ツ-

女「そしたら・・・あたしの・・・」

僕「あああ・・・」

女「僕、こんな形だけど・・・言うね?」

僕「あああ・・・・あああ」

女「脆くて・・・弱くて・・・泣き虫で・・・勇気のあるあんたがあたしは」

女「好き・・・でし・・・た」ガク

僕「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」


女は僕の腕の中で息を引き取った。

僕は、女が最後に言う場所へ向かった。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:41:46.92 ID:nLolHde40



僕「ここかな・・・」ガラ

そこには、1人の男と1人の少女がいた。

男「君が女ちゃんの言っていた僕くんだね」

少女「・・・」

僕「はい・・・あの、ここに行けば女の事がわかると・・・」

男「あの子の口から入ってあげればよかったのに・・・それで?女ちゃんは?」

僕「っ!?」

男「・・・・・・・・・そうか」

男は表情には出さないものの、女の死を汲み取ると、拳を握りしめ、手のひらからは血がこぼれ落ちていた。

少女の方はまだ自体を飲み込めていないようだった。無表情だった少女の目は見開かれ、その大きな目からは大粒の涙が溢れていた。

その2人を見て僕は、改めて女の死を実感した。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:42:17.26 ID:nLolHde40



男「今から言うことは、信じられないかもしれないが、信じろ。何を言おうが鵜呑みにしろ。いいね?」

男「この世界には、魔術がある」

僕「・・・それと女ちゃんの死の真相が関係あるんですね?」

男「・・・よろしい。ああ、ある。大いに関係がある。だって、女ちゃんの死因は魔術だ」

僕「!?」

男「あの女ちゃんがそこらの魔術師に倒されるとは思えないけど、と言うか俺も直接現場を見ていないから断言できない、でも、女ちゃんが魔術師に殺される理由がある」

僕「・・・ちょっと待って、女も魔術師だったんですか!?」

男「ああ、彼女はこの歳、16歳でで“女帝”と呼ばれるほど強く、気高い魔女だったよ」

僕「・・・それで、女が殺されなければならない理由って?」

男「それは、君だよ」

僕「・・・は?」

男「君には、“未来視”という能力がある」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:43:07.67 ID:nLolHde40



僕「・・・」

男「たまに、デジャブのような事はないかな?」

僕「・・・夢を」

男「夢?」

僕「女が死ぬ夢を・・・見ました」

男「それが彼女の死因だよ」

僕「は?」

男「たまにいるんだ。未来を見ることのできる目を持つ者が。その者は類い稀なる魔術の才能を持つと言われている。その者を自らの組織で育てようとする魔術師が」

僕「・・・まさか」

男「察しがいいね。そう、女ちゃんは君を狙う魔術師達を、陰ながら守っていたんだよ」

僕「嘘だ・・・嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ・・・どうして・・・」ポロポロ

男「女ちゃんは、君が魔術に関わることを避けていた。魔術に関わると、ろくな死に方をしないからね」

僕「・・・」

男「どうしたい?」

僕「・・・」

男「君は、魔術師としての類い稀なる素質がある。選ぶのはーー

僕「女の!・・・仇を取る」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:43:40.82 ID:nLolHde40



男「そうか・・・もう普通の人生を歩めなくなるが、いいかい?」

僕「関係ない・・・僕にとって女は、生きる意味だった」

男「そうか。なら、俺が手ほどきをしてやる」

少女「・・・・・・」



それから僕は高校を辞め、魔術の修行に明け暮れた。そして、そこらの魔術師にには負けない程度には強くなっていた。

そんな時

男「女ちゃんを殺した魔術師の手がかりを掴んだ」

僕「そう・・・ですか」

男「なんでも、女ちゃんとの交戦時につけた傷があるらしい。その傷は目を抉り、眼帯をつけていて“眼帯の魔術師”と呼ばれているらしい」

僕「・・・そうですか」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:44:48.95 ID:nLolHde40




僕「・・・」ガラ

僕「どうしたの、少女」

少女「・・・いかないで」

僕「やっと女の仇を打てるんだ」

少女「いかないで!」ギュッ

僕「・・・」

少女「僕、死ぬ顔してる・・・」

僕「だって、やっと女の仇を

少女「だってじゃない!」

僕「ぁ・・・・・・」

少女「いかないで・・・お願い・・・」ポロポロ

少女「もう・・・大事な人が死ぬのはやなの!」

僕「っ!」

僕「ごめん・・・じゃあ」

少女「・・・?」

僕「僕は、君の為に帰ってくるよ」ニコッ

少女「!・・・うん/////」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:45:26.89 ID:nLolHde40




それから、僕は旅に出た。“眼帯の魔術師”を探して。

眼帯の魔術師の特徴としては、左目に眼帯をしている事、いつも黒いマントに身を包んでいるという事、相当強い魔術師という事だった。

そして

僕「お前が眼帯の魔術師だな」

眼帯「・・・あぁ、お前か?俺のことかぎ回ってるっつう魔術師は」

僕「・・・質問を変える。“女帝”を殺したのはお前か?」

眼帯「・・・」ニヤァァァ

眼帯「お前かァァ、“未来視”はァ!!仇討ちかなァ?いいぜ!やってやる!」

僕「・・・場所を変えるぞ」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:46:04.83 ID:nLolHde40




眼帯「あの女は強かったなァァ。まさしく女帝にふさわしい強さだ。俺には負けたけどなァァ」ニャァァァァァ

僕「殺す!」ボォォォォォ

眼帯「火の魔術か」

僕「遍く光よ!炎となり、我が権化となりて、敵を滅せよ!」ボワァァァァァァァ

眼帯「炎が龍の形に!?」

眼帯「ハァァァァァァァ!!!」パキパキパキ

僕「(詠唱もなしに氷を生成した!?)クソッ!」ドガァァァァァァァァァンンン

熱と冷気がぶつかり合い、空気が膨張し、爆風が巻き起こる。
その爆風は、周囲の木々をなぎ倒していった

僕「くっ・・・」

眼帯「いいねェ!お前、強えよ!楽しいや!」

僕「・・・」ファァン

眼帯「(?目が、光って)オラァァ」パキバキパキバキ

僕「僕の勝ちだ」ボォォォォォン

眼帯「なっ!読んでいたのか!?・・・未来視か!」

ーー言い返さなきゃだめ!

ーーそれはあんた自身の力だよ。誇りなさい

ーー根性あるじゃん



ーーーだってじゃない!

僕「終わりだ・・・」

眼帯「てめえェェェェェェェェェ」バァァァァァァァァァン

僕「・・・・・・」

僕「終わったよ・・・・・・女・・・・・・」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:46:32.65 ID:nLolHde40




僕「・・・」

僕「・・・」ガラ

僕「ただい

少女「おかえり!」ダダダ

少女「・・・」ギュ

僕「・・・ただいま」ギュ

男「おかえり、僕」

僕「はい!」



こうして、僕の戦いは幕を閉じた。

眼帯の魔術師を倒した後も、僕は魔術師として、魔術の鍛錬を怠らなかった。

男さんは75歳で僕と少女に看取られ、息を引き取っていった。

後から知ったことだけど、実は男さんは最強の魔術師として、魔術界を仕切っていたらしい。
男さんが死に、事実上最強の魔術師は僕ということで落ち着いた。

僕は少女と結婚した。少女との間に娘も生まれた。名前はーー



僕「すみませんうちの娘が」ペコ

先生「まあ女さんだけが悪いわけじゃないですから」

僕「ほら、女、男の子くんに謝りなさい」

男の子「・・・」ヒッグ

女「お父さん・・・だって男の子が

僕「女!」

女「」ビクッ

僕「だってじゃないだろ」ニコッ



終わり




元スレ
僕「・・・だって」女「だってじゃない!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522903123/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 14:17
          • 5 オチも良いし少女も良いし何より女がやばい。泣きそう
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 14:21
          • 5 バトルの所はアレだけど、ストーリーが素晴らしい。オチがオチすぎ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 14:31
          • 5 女がいい女すぎて乙
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 14:32
          • 5 近年稀に見る傑作現代物ファンタジー短編
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 14:44
          • 5 いるキャラ全てに役割があって良い。女がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁってなる
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 14:49
          • 5 最後のだってじゃないだろはやばいです
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 14:56
          • ジ・エンド
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 15:29
          • 1 すごい自演コメント
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 16:00
          • こんなあからさまな自演するか?
            悪意ある第三者か、愉快犯の仕業としか思えない
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 16:00
          • 5 女死なすなよ・・・
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 16:01
          • 普通に泣ける
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 16:11
          • 5 素晴らしいSS
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 16:25
          • 5 ここまでよくできたssある?コメントは自演臭いけど
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 16:34
          • 5 短編だけど長編を一気に読んだ感覚がした
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 16:41
          • 謎過ぎる
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 17:46
          • 嘘松
            スレタイ主の妄想
            完全究極アルティメットウルトラ論破
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 17:49
          • 5 非の打ち所がないだろ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 17:50
          • 引っ張ってくれる系のヒロイン好き。暴力ヒロイン嫌い
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 18:29
          • 5 僕と少女のアフターストーリーはよ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 19:32
          • 5 タイトルもっとひねって欲しかった。女さんに惚れましたね
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 20:52
          • いいと思うけど
            いじめっ子はあれだけじゃ無理だろw
            殴り合いでもしないと…
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 21:09
          • 読み終わりワイ「まぁ……やや不可寄りの可って所だけど致命的な破綻はないしそこそこかなぁ……とりあえず次回に期待d」

            コメ欄見たワイ「あっ(察し)」
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 22:10
          • 1 その辺のなろうのほうがずっとマシ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 22:32
          • 5 キャラ全員に役割があって良い
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 23:13
          • なろうナメンナヨ・・・・・・
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月05日 23:55
          • コメ欄が過大評価過ぎて草生えるw
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月06日 00:33
          • なろう界に突如現れたソードマスターヤマトって感じ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月06日 01:33
          • 1 逆に自演コメントであって欲しいわ…
            全キャラに役割があったんじゃなくて、設定としての表層しかキャラがない、中身がない
            女さんは割と立ってたけど
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月06日 01:50
          • 1 いるよな専門家ぶるやつwwww
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月06日 04:49
          • >そう、女ちゃんは君を狙う魔術師達を、陰ながら守っていたんだよ

            女ちゃん僕を狙う奴等のサポートしてるんですがそれは
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月06日 06:10
          • 2 うん、ふっつー
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月06日 07:22
          • 1 嘘やろ?中身なんも無いクソSSやんけ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月06日 09:10
          • 星3くらいが妥当
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月07日 08:25
          • 中学生が書いた感じ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月07日 14:07
          • クソすぎワロリンヌ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月07日 18:58
          • めっちゃ寒い(コメ欄が)
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月07日 23:24
          • 2 誤字脱字酷すぎて内容入ってこない系
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月08日 00:17
          • コメ欄の評価自演で高くすれば他のみんなも高くすると思ったんだろぉなぁ
            悔しいなぁ?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマスSS】ミリP「リアル脱出ゲームか……」
        • 【ミリマスSS】ミリP「リアル脱出ゲームか……」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??
        • モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??
        • モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??
        • モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??
        • 【ミリマス】そら「エミリーちゃんは凶器」
        • 【ミリマス】そら「エミリーちゃんは凶器」
        • 【ミリマスSS】瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」
        • 【ミリマスSS】瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」
        • 【ミリマスSS】瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」
        • 【ミリマスSS】瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ