TOP

【ガルパン】エリカ「第64回戦車道全国高校生大会」

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:27:46.93 ID:FlLfuR2s0

エリカ「さて、全国大会の組み合わせ抽選会の会場に来たわけだけど」

エリカ「流石に一人は心細いわね、小梅にも来てもらえば良かったわ」

エリカ「とりあえず席に座って待ちましょうか」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:29:03.57 ID:FlLfuR2s0

沙織「あっ、あれ!」

華「確か黒森峰の…」

麻子「感じ悪い人」

優花里「逸見エリカ殿でありますよ!」

みほ「エリ、逸見さん…」

エリカ「あら、こんにちは。皆さんお揃いで」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:30:39.01 ID:FlLfuR2s0

麻子「そっちは一人か、寂しいな」

沙織「ちょっと麻子!」

エリカ「いいのよ、それじゃあまた。決勝で待ってるから」

みほ「うん、頑張るね」

華「何も嫌味言われませんでしたね」

みほ「エリカさん、根はいい人だから」

優花里「黒森峰の隊長ですよ!ぜひお話してみたいであります!」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:31:25.89 ID:FlLfuR2s0

『黒森峰女学園、3番!』


エリカ「ちょ…!えぇ…」

ザワザワ…






6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:32:21.57 ID:FlLfuR2s0

戦車喫茶ルクレール

店員「いらっしゃいませー」

エリカ「あ、一人で」

店員「空いてるお席へどうぞー」


エリカ「はぁーー…」

優花里「あっ!逸見殿!」

エリカ「あれ?大洗、あなたたちも来てたのね…」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:33:11.15 ID:FlLfuR2s0

みほ「よかったら一緒にどう?ここ、六人席だし」

麻子「おい」

沙織「いいじゃん麻子、華もいいよね?」

華「はい、構いませんよ」

エリカ「じゃあそうさせてもらうわ」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:33:48.19 ID:FlLfuR2s0

みほ「で、どうしたの?ため息ついてたけど…」

エリカ「言わなくてもわかるでしょ、組み合わせよ…」

沙織「あっちのブロックってどんな感じだったっけ?」

優花里「四強が全部固まっています」

麻子「継続高校もそっちだったな」

華「私たちの方はアンツィオと知波単ぐらいですね」

エリカ「最悪よ、初戦でプラウダ、二回戦でサンダースか聖グロと当たるんだもの」

みほ「あはは…」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:34:27.95 ID:FlLfuR2s0

エリカ「なんとしても決勝まで行くからそっちも上がってきなさいよ。あなたを倒すのは私なんだから。じゃ」

みほ「はい!」

優花里「って、もう行くんですか?」ガーン

エリカ「いつまでもゆっくりしてると帰りたくなくなるじゃない…。絶対隊員から責められるわ…」

華「あら、意外と仲良しなんですね」

エリカ「そりゃ、同じ学校だからね」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:35:30.58 ID:FlLfuR2s0

黒森峰女学園


エリカ「その、ごめん」

小梅「気にしないでエリカさん」

直下「はー…」ボソッ

エリカ「あからさまに溜め息をつかないでよ」

小梅「まあまあ二人とも…」

直下「で、これからどうするの?何もせずに勝てる相手じゃないけど…」

エリカ「確かに、今の私たちじゃ10やって9勝てるとは限らないわね」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:36:10.20 ID:FlLfuR2s0

小梅「どこかに練習試合でも申し込む?」

エリカ「無理な話ね」

直下「なんで?」

エリカ「私に人脈が無いわ」

小梅「…」

直下「…」

エリカ「仕方ない。とにかくあと一か月、訓練あるのみよ」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:37:13.09 ID:FlLfuR2s0

エリカ「一回戦のマップ来たでしょ?どんな感じ?」

小梅「えっと…、どうぞ」

エリカ「ふぅん…狭いわね...」

小梅「1回戦は参加車両が少ないので」

エリカ「四方は森で囲まれ北の少しあがったところに集落、南は田畑か…」

エリカ「編成や作戦はこれから考えるわ、いつも通り練習させて」

小梅「はーい」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:39:27.46 ID:FlLfuR2s0

小梅「みんな集まりました」

エリカ「よし、じゃあ今回の編成と作戦を発表するわ」

エリカ「じゃあまず編成から。ティーガーⅡ1両、パンター4両、ラング2両、エレファント、ヤークトパンター、ルクス各1両でいくわ」

エリカ「フラッグ車は直下のパンター、頼めるわね?」

直下「はい!」

エリカ「で、作戦は...」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:40:15.48 ID:FlLfuR2s0

エリカ「これが今回の作戦よ。質問は?」

「...」

エリカ「無いみたいね」

小梅「あのー」

エリカ「赤星」

小梅「作戦名は…?」

エリカ「ああ…忘れてたわ」

エリカ「作戦名は『第十二篇作戦』よ!」

エリカ「じゃあ解散!試合に向けていっそう励みなさい!」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:42:47.36 ID:FlLfuR2s0

一回戦当日、会場


エリカ(風が強い、風向は南、ここ数日は雨が降ってないから乾燥してる…。良し)

エリカ「整備の方はどう?順調?」

小梅「うん、問題なくやってるよ」

エリカ「そう、ならよかったけど」

小梅「向こうに挨拶に行かなくていいの?」

エリカ「いや、ほら、こっちから行くと私が下みたいで嫌じゃない?」

小梅「はぁ…。そういうとこ直した方がいいよ」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:43:45.00 ID:FlLfuR2s0

エリカ「それに向こうの選手と面識無いのよねぇ」

エリカ「態度と身長が対照的なあの人や色々とでかいあの人とならあったのだけど」



アリーナ「挨拶に行かねでええんだべか?」

ニーナ「向こうの隊長がおっがねえ」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:44:57.81 ID:FlLfuR2s0

審判「両校整列!これより、黒森峰女学園対プラウダ高校の試合を始めます」

審判「一同、礼!」

「「「よろしくお願いします!」」」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:46:11.97 ID:FlLfuR2s0

エリカ「試合開始5分前か…」

直下「ねー隊長、なんかありがたい言葉とかないの?」

エリカ「はぁ?何言ってんの?集中しなさい」

直下「いやぁこうさー、気が引き締まるようなさー」

エリカ「わかったわよ…」

エリカ「えー、聞きなさい」

エリカ「相手は一昨年の優勝校。黒森峰の10連覇を阻止した存在よ」

エリカ「車両は高性能、練度も並み以上」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:47:18.44 ID:FlLfuR2s0

エリカ「でも一昨年のリベンジを初っ端から出来るなんてゾクゾクしない?」

エリカ「目指すは優勝!それを阻む奴は全員蹴散らすのみ!」

エリカ「各員全霊を尽くしなさい!!以上!」

「「「ヤヴォール!!」」」

直下「おおー」パチパチ

エリカ「よし、じゃあ乗って」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:48:08.60 ID:FlLfuR2s0

エリカ「あなたたち、よろしくね」

エリカ車砲手「任せて」

エリカ車装填手「はーい」

エリカ車操縦手「ん」

エリカ車通信手「はい!」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:50:26.90 ID:FlLfuR2s0

『試合開始!!!』

黒森峰女学園 
ティーガーⅡ 1(エリカ)、パンター 4(小梅、直下(フラッグ))、エレファント 1、ヤークトパンター 1、ラング 2、ルクス 1

プラウダ高校
T-34-75 4、T-34-85 4(ニーナ、アリーナ、フラッグ)、IS2 1、KV-2 1



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:52:21.89 ID:FlLfuR2s0

エリカ『よし、じゃあ作戦開始!』

ルクス車長『いってきまーす』

エリカ『頼んだわよ』

エリカ(この作戦は最初が肝心…、あの子達にかかってるわ)

エリカ『私たちも行くわよ!本隊、パンツァーフォー!』



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:53:48.50 ID:FlLfuR2s0

直下『11時に敵T-34-75が1両!』

エリカ「陽動ね」

エリカ『撃破しない程度に反撃!後退しても追撃はするな!』

ルクス通信手『こちらルクス、A5地点に着きました』

ルクス通信手『隊長の予想通り本隊は廃村に居ますよ』

エリカ車通信手『了解、じゃあ始めてください。気を付けてね』

エリカ車装填手「ねえエリカちゃん、陽動に乗らないのは解るけどなんで撃破しちゃダメなの?」

エリカ「ああ、それはね…」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:55:01.48 ID:FlLfuR2s0

ルクス通信手「これ、ばれないのかな?」

ルクス操縦手「確かに振り返ればすぐに見つかるね」

ルクス砲手「まあその時はその時でしょ」

ルクス車長「いいから手を動かす!まだ数やらないとなんだから」ドパァ



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:56:30.16 ID:FlLfuR2s0

エリカ「包囲の準備は整い、陽動の車両が来るのを今か今かと待ち構える」

エリカ「そんな状態なら後ろの警戒が疎かになりがちじゃない?」

エリカ車装填手「なるほど…」

ルクス通信手『撒き終わりました!いきます!』

ルクス砲手「ファイヤー!!」

エリカ車通信手『お疲れ様です。ありがとう!』

エリカ『本隊、陽動を突破し集落に乗り込め!』



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 16:59:17.05 ID:FlLfuR2s0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エリカ「で、作戦は」

エリカ「プラウダは隊長は変わったけど、ドクトリンも車両も変わらないはず」

エリカ「新しい隊長が誰かわからないけど、新戦術を考える能力がある人材が居るとは考えにくいのよね…」

エリカ「となると前隊長カチューシャが採っていた包囲戦術になる」

エリカ「今回のマップで包囲をするとなれば、集落かそこがある高地の崖に追い込むか」

エリカ「相手の開始位置は集落に近い。だから多分そこで包囲してくるわ」

エリカ「その包囲を封じるためにここ、後ろにある森。これを燃やすわ」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:00:26.90 ID:FlLfuR2s0

エリカ「その為にルクスには機関砲じゃなくて火炎放射器を載せる」

エリカ「試合開始と同時にルクスはそこに走る」

エリカ「ガソリンを撒いて、点火」

エリカ「相手がパニックになってる間に、本隊でこれを撃滅する」

エリカ「これが今回の作戦よ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:02:51.20 ID:FlLfuR2s0

ニーナ「おっせえなぁ…」

アリーナ『ニーナ!うすろ!森が燃えてるベ!』

ドォォォン!

T-34-75車長『すみませぇん!撃破されました!』

ニーナ「ええっ!」

ニーナ車装填手「どうすっだ?」

IS2車長『前方から敵本隊!突入してきたベ!』

ニーナ『後退後退!森に入るべ!でぇじょうぶだ!戦車は燃えねぇ!』



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:03:45.65 ID:FlLfuR2s0

エリカ「炎の中に入った…」

エリカ車砲手「混乱してるんじゃないか?」

エリカ「そうだろうけど、ちょっと想定外ね…」


ドォォォン!


ルクス通信手『こちらルクス!やられましたー』

エリカ車通信手『お疲れさまです。危ないから外には出ないでください』

ルクス通信手『はーい』

エリカ「彼我ともに9両…」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:04:28.46 ID:FlLfuR2s0

エリカ車通信手「で、これからどうするんですか?」

エリカ(相手はこれより後ろはエリア外、後退は出来ない)

エリカ(かといってじっとしててもどうにもならない)

エリカ(どこかで出てくるはず、そして集落から田畑に通じる道は2本)

エリカ(なら…)

エリカ『隔岸観火!全車、予定通り集落を包囲!出てきたところを叩くわよ!』

『『『ヤヴォール!』』』



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:05:16.87 ID:FlLfuR2s0

エリカ車装填手「遅いね…」

エリカ車砲手「まだ一発も撃ってないんだけど」ウズウズ

エリカ車通信手「あはは…」

エリカ(それにしても遅い…炎に入ってもう数分も経ってる)

エリカ車操縦手「…」

ラング二号車車長『敵、出てきました!』

エリカ『砲撃開始!!』



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:07:11.29 ID:FlLfuR2s0

ドォォォン!!ゴォォォン!!

シュポッ


ヤークトパンター車長『T-34-861両を撃破!』

エリカ「よし!このまま…」

エリカ(っ!)

エリカ『全車砲撃やめ!』



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:08:26.36 ID:FlLfuR2s0


エリカ車砲手「どうしたんだ逸見!」

エリカ車通信手「チャンスですよ隊長!」

エリカ「いや…」

直下『隊長!なんかおかしいよ!』

エリカ『ええ、煙で視界が悪いけど…』


直下『8両しかいない!』エリカ『フラッグ車がいない…』



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:10:31.97 ID:FlLfuR2s0

「「「…え?」」」



小梅『エリカさん!T-34-853両のどれにもフラッグが無いよ!』

エリカ『確かフラッグ車はT-34-85だったはずよね…』

小梅『きっと燃やしたんだ…』

エリカ『…小梅!居ない車両は分かる!?』

小梅『よく見えないけど、たぶんKV-2!』



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:11:48.28 ID:FlLfuR2s0

エリカ『…まさか!?』

エリカ「全速でフラッグ車の方に走って!!」

エリカ車操縦手「ん」



ドォォォォォォォォォン!!!
ガッッ!!シュホ!





36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 17:14:50.76 ID:FlLfuR2s0

直下「なっ!?」

エリカ「いいからアイツを仕留めろ!!」

直下「っ!撃て!」



ドォォォン!!
ガッ!
シュポッ



KV-2車長『すみませぇん!フラッグ車仕留められんかっただ…あとやられちまっただ~。でも隊長者はやっつけたべ!』

ニーナ『でかしただ!向こうは指揮官が居ない、この試合もらったべ!』



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:30:32.40 ID:FlLfuR2s0

エリカ車装填手「え!やられたの!?」

エリカ車通信手「そうみたいですね…」

エリカ車砲手「一両も撃破してないんだけど!!」

エリカ車操縦手「試合に負けるよりはいいでしょ?」

エリカ車砲手「てかどうすんの!?勝てるの?」

エリカ「大丈夫よ」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:31:30.35 ID:FlLfuR2s0

エリカ車砲手「なんで?」

エリカ「代が変わった時からずっと、私が車長全員に戦術と指揮を教えてきたからよ」

エリカ車装填手「役割ごとの練習の時にねー」

エリカ車操縦手「あなたは自分の練習しか興味なかったんでしょうけど」

エリカ車通信手「ふふ…」クス

エリカ「指揮を執るのは数人でいいが、指揮を執る能力があるのは多い方がいいでしょ?」

エリカ「ま、ここで負けるようじゃそれまでのチームってことよ」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:32:06.34 ID:FlLfuR2s0

エリカ『頼んだわよ小梅!』

小梅『任せてエリカさん!』



小梅『みんな落ち着いて!私が指揮を執ります!』

小梅(といったものの、自信ないなあ…)

小梅(まず状況を整理しよう)



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:32:57.16 ID:FlLfuR2s0

小梅(こっちは残り8両、相手がいる田畑より少し高い場所に居る)

小梅(田畑に降りる道は2つ、後ろからは火が迫り煙で視界も悪い)

小梅(相手は7両、遮蔽物のない田畑の方へ逃げた)

小梅(フラッグ車の識別は不可能、か…)

小梅『ラング1号車!そこから相手の位置は見えますか?』

ラング一号車車長『見えた!全車両田畑に展開しています!』



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:37:41.12 ID:FlLfuR2s0

ドォォォン!!バァァァン!!



ラング一号車車長『撃ってきた!』

小梅『応戦します!直下さんは下がって!』

直下『ヤヴォール!』



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:38:28.98 ID:FlLfuR2s0

観客席

ルクス車長「皆さん!お疲れ様です!」

エリカ「そっちこそ、いい働きだったわよ」

エリカ車通信手「みんなケガはなさそうだね!よかった…」

エリカ車砲手「よくないよ~私一両もやっつけてないよ~」

エリカ車装填手「まあまあ」

エリカ車操縦手「よくないね、回収車さんにすごい迷惑かけたし」

エリカ「…」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:39:48.39 ID:FlLfuR2s0

エリカ「それにしても、苦戦してるわね」

エリカ車操縦手「距離があるし、視界も悪いから」

ルクス車長「それに相手はどの車両がフラッグか分かりません」

エリカ「まるで王様ドッチボールね」

エリカ車砲手「」ブフッ!

エリカ車装填手「エリカちゃん…」

エリカ車通信手「あはは…」

エリカ車操縦手「…」クス…



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:43:01.94 ID:FlLfuR2s0

ニーナ(この調子だべ…撃破は出来なくても後ろから火は迫ってらぁ...)

ニーナ(田畑に下りる道は1両ずつしか通れねぇ、そこで集中砲火すっべ)

ニーナ『攻撃の手を休めんな!攻めまぐれぇ!』

ニーナ『フラッグも他の車両と同じように振る舞ってけろ!』



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:44:32.81 ID:FlLfuR2s0

小梅(フラッグの有無だけじゃなく挙動でもわからない…)

直下『赤星さん!火がもう後ろまで来てる!』

小梅(このままじゃ埒が明かない…)

小梅『ヤークトパンター!エレファント!』

小梅『我はこれより突撃を敢行する!相手の動きをよく見て、フラッグ車を撃ってください!』

『『ヤヴォール!』』

小梅『第八計作戦です!』



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:46:02.54 ID:FlLfuR2s0

小梅「行こう。お願いね」

小梅車操縦手「無茶言うなぁ…」

小梅「前進!」


アリーナ『ニーナ!一両突っ込んでくっべ!』

ニーナ『撃でぇ!あのパンターの撃破を優先するべ!』

パンター3号車車長『指定された2両以外は自由砲撃!赤星さんを援護します!』



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:49:06.09 ID:FlLfuR2s0

ドォン!バァン!


アリーナ『奥の車両も撃っで来た!』

ニーナ『撃でぇ!撃ぢまぐれぇ!!』


ゴォォン!


小梅「左に!」



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:50:20.42 ID:FlLfuR2s0

ドォォォン!



小梅「停止!」


小梅「前進!」


ヤークトティーガー車長「フラッグ車はどいつだ…」


T-34-85(フラッグ車)車長「どんどん近づいて来るべ…逃げね゛ぇと…」

ドゥルルル…



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:51:07.64 ID:FlLfuR2s0

ヤークトパンター車長(あいつ!砲撃を止めて後退した!)

ヤークトパンター車長『向かって右から二番目の車両!あいつがフラッグ車だ!撃て!』



ドゴォォオオンッ!!バァァァン!!
カッ
カッ
シュポ!
シュポ!



T-34-85(フラッグ車)車長「なっ…」



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:51:50.06 ID:FlLfuR2s0

審判『プラウダ高校フラッグ車、行動不能!』

審判『黒森峰女学園の勝利!!』



ワァァァァァァァ!!






52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:57:48.38 ID:FlLfuR2s0

小梅「よかったぁ…」ホッ

小梅車砲手「お疲れ、小梅」

小梅「いやぁ、走りが良かったよ」

小梅車操縦手「まあねぇ~」

小梅車通信手「最後はやられたけどねー」

小梅車操縦手「なにおう!」

小梅「ははは…」



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:58:37.53 ID:FlLfuR2s0

観客席


エリカ車通信手エリカ車装填手「「いぇーい!!」」パァン!

エリカ車砲手「やった!」グッ!

エリカ車操縦手「…」ホッ

ルクス車長「やりましたね、隊長!」

エリカ「私は何もやってないわよ」

エリカ「でも、ええ…やってくれたわね」



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 21:59:18.52 ID:FlLfuR2s0

小梅「エリカさん!」ダッ

エリカ「小梅、よくやったわね!」

小梅「そうかな…?」テレテレ

エリカ「ええ、あなたのパンターが文句なしのMVPよ」



直下「隊長、隊長が小梅の立場だったらどうしてたの?」

エリカ「教えないわ。私が解を与えたら、新しい解が生まれなくなる」

直下「思い浮かばないんだぁ~」ニヤニヤ

エリカ「あ゛ぁん!?」



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/12(月) 22:03:40.81 ID:FlLfuR2s0

ニーナ「失礼します!」

エリカ「あら、プラウダの。挨拶ならあの赤毛のところに行きなさい」

赤星「あはは…」

ニーナ「お手合わせ、ありがどうございました!」

赤星「いえいえ、こちらこそ!勉強になりました!」


審判「一同礼!」

「「「ありがとうございました!!!」」」


エリカ「全員揃ったわね!撤収!」

「「「ヤヴォール!!」」」



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:05:05.40 ID:RCXggMju0

翌日、黒森峰学園艦エリカ自室

エリカ(次の相手はサンダースか…)

エリカ(まあ聖グロとじゃどっちが上がってきても驚かないけど...)

エリカ(大洗も勝ったみたいね)ホッ

ブルルルル

エリカ「電話?誰から…て、まほさん!?」

まほ『私だ』

エリカ『まほさん、お久しぶりです!』



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:06:11.41 ID:RCXggMju0

まほ『元気そうだな。ニュースを見たぞ、一回戦突破おめでとう』

エリカ『ありがとうございます!』

まほ『みほから聞いたが面白いことをやったそうだな、自分の戦車道は見つかったか?』

エリカ『いえ、まだまだ手探りです』

まほ『そうか、まあゆっくり探せばいいさ』

エリカ『…はい!』

まほ『そうだ、決勝は観に行くから。じゃ』

エリカ「え?って、切れた…」


まほ(今のはプレッシャーになったかな…失敗した)



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:07:31.01 ID:RCXggMju0



小梅「二回戦のマップ来ましたー」

エリカ「どれどれ…」

エリカ「荒野、か。北は林が、中央西寄りには岩場。東は平地…と」

エリカ「ん、ありがとう」

小梅「はーい」

エリカ(サンダースかぁ…)

エリカ(隊員の練度は私たちと大して変わらないけど、戦車の質はそれどころかプラウダにも劣る)

エリカ(大会後半ならまだしも、十両しか投入できない二回戦ではよっぽどの事が無い限り…)



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:08:39.49 ID:RCXggMju0



エリカ「えー、これより二回戦の編成と作戦を発表する」

エリカ「ティーガーⅡ1、パンター4、ラング2、ヤークトティーガー1、ヤークトパンター1、レオパルト1でいくわ」

エリカ「それで、作戦はこう」

エリカ「偵察のレオパルト以外の全車両はF5地点の岩場に展開、布陣。攻勢に出ることを前提とした陣地防御を以て敵戦力を撃滅する」

エリカ「何のひねりもない、単純なものね。何か質問は?」



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:09:34.54 ID:RCXggMju0

モブ「いいですか?」

エリカ「どうぞ」

モブ「なんで最初から攻勢に出ないんですか?相手がサンダースなら、真正面からぶつかっても特に苦戦することもなく勝てるのでは?」

エリカ「うーん確かにそうなんだけど、なるべく損害を出さずに勝ちたいのよ。そりゃあ殴り合っても負けないだろうけどね。でも相手の車両は私たちのそれよりも機動力で優れているから、側面なんかに回られると損害がでるでしょ」

エリカ「その点、陣地防御ならばそれを抑えられる。相対戦闘力の話したでしょ?」



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:10:16.20 ID:RCXggMju0

モブ「はい。確か、周到な準備による敵の防御陣地を攻撃するとき、通常、攻撃部隊全体では敵の三倍の戦力を準備する、でしたよね」

エリカ「その通りよ。でも戦車道では投入できる戦力には限りがある。だからこそよ」

エリカ「他には?」

「...」

エリカ「無いみたいね。あー忘れてた、作戦名...」

エリカ「思いつかないから小梅、決めて」

小梅「えー...じゃあ、ロールキャベツ作戦で!」

エリカ「...は?」



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:12:45.26 ID:RCXggMju0



ダッダッダッダッ

エリカ「誰よ廊下走ってるの…」

小梅「大変だよエリカさん!」バァン!

エリカ「ノックしなさいよ」

小梅「それどころじゃないって!これ見て!」

エリカ「サンダースの編成…って、カール!?」

小梅「どうしよっか…」

エリカ(正直、信用できない…)



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:14:35.19 ID:RCXggMju0

エリカ(サンダースの財力なら導入は出来るだろうし、検討してるとも言ってたけど…)

エリカ(あの学校は聖グロほどじゃないけどシャーマン系の戦車で戦う事への拘りがある)

エリカ(それに扱いやすいシャーマンばっかのあの学校にカールを整備する技術がある?)

エリカ(一回戦では出してなかったし…、導入したという話も耳に入ってない)

エリカ(事前に登録されてない戦車が試合に出るのはルール違反だけど、登録した戦車が出ないというのはその限りではない)

エリカ(カールに一網打尽にされるのを恐れて小隊行動したところを局地的に数的有利の状況を作って各個撃破する作戦?)

小梅「エリカさん…?」

エリカ「ああごめん、えっと…これはみんなには言わないで。混乱を招くから」

小梅「はーい」



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:15:22.66 ID:RCXggMju0

二回戦当日、会場

エリカ「私挨拶行ってくるから、こっち任せるわよ」

小梅「うん、行ってらっしゃい」


エリカ車通信手「隊長が挨拶行くなんて珍しいねー」

エリカ車装填手「うん…しかもこんなに早く」

エリカ車砲手「悪いモノでも食べたんじゃね?」

エリカ車操縦手「挨拶が目的じゃないと思うけど」



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:16:37.56 ID:RCXggMju0

アリサ「ハロー、調子はどう?」

エリカ「…え?」

アリサ「何よその驚いた顔は」

エリカ「いや、そっちから来るとは思わなかったし…しかもこんなに早く」

アリサ「そりゃあウチの方が実力も実績も劣ってるわけだし、こっちから行くのが筋でしょ」

エリカ「どうでしょうね…」ジトー

アリサ「そんな怖い顔しないでよ、フェアプレーでやりましょう」スッ

エリカ「ふん…」ガシッ



70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:17:34.32 ID:RCXggMju0

エリカ「どんな感じ?」

エリカ車装填手「あれー?お帰りも早いね?」

エリカ車砲手「途中で引き返したとかー?」

エリカ「そんなんじゃないわよ。向こうから来た」

エリカ車通信手「へー」

エリカ「たぶん、見られたくないものがあるんだと思う」



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:19:21.29 ID:RCXggMju0

審判「両校整列!これより、サンダース大付属高校対黒森峰女学園の試合を始めます」

審判「一同、礼!」

「「「よろしくお願いします!」」」



エリカ「よし…全員搭乗!」
「「「ヤヴォール!」」」



エリカ「あなたたちにだけ言っておくわ…。サンダースは、カールを導入しているかもしれない」
「「…は?」」



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:20:44.58 ID:RCXggMju0

『試合開始!』


黒森峰女学園
ティーガーⅡ 1(エリカ)、パンター 4(小梅、直下(フラッグ))、ラング 2、ヤークトティーガー 1、ヤークトパンター 1、レオパルト 1

サンダース大付属高校
Ⅿ4シャーマン75㎜ 4(アリサ(フラッグ))、Ⅿ4A1シャーマン76㎜ 4、ファイヤフライ 1、カール自走臼砲 1(?)


エリカ『パンツァーフォー!』



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:22:52.94 ID:RCXggMju0

レオパルト通信手『こちらレオパルト、敵が陣形を組みながら南東に進撃中』

レオパルト通信手『てか、新砲塔4に旧砲塔2にファイヤフライ1の7両しかいないんですけどー』

エリカ車通信手『ありがとう。そのまま続けてください』

レオパルト通信手『はーい』

エリカ車通信手「だそうです」

エリカ車装填手「残り3両のうち1両はフラッグ車だとして、護衛に2両もつけるかな?」

エリカ「別に2両編成の小隊がいるのかも…」

エリカ(ん?それマズいんじゃ…)



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:23:40.11 ID:RCXggMju0



レオパルト通信手『あー、敵本隊西に進路を変えました。そのうち接敵しますね』

エリカ車通信手『了解です』

エリカ車通信手「隊長、敵来ます!」

エリカ『総員、戦闘準備!』

『『『ヤヴォール!』』』



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:25:39.54 ID:RCXggMju0

M4A1一号車通信手『こちら本隊、敵本隊を発見!交戦します!』

アリサ『了解!ただ、ほどほどにね』

Ⅿ4A1一号車通信手『イェスマム!』


ドォン!





76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:26:19.95 ID:RCXggMju0

ヤクパン車長『撃ってきたぁぁあ!!』

エリカ『落ち着きなさい。側面に回られない限り大丈夫よ』

エリカ車通信手「にしても相手は障害物のない所で撃ってるけど、いい的になるだけですよね?」

エリカ「それなのよねえ…」


ドォォォォォォォンンン!!!





77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:27:30.61 ID:RCXggMju0

直下「げっ…」

小梅「この音…」

エリカ「あっちゃあ…」

エリカ『回避運動!って、もう遅いか…』


バァァァァァァァン!!!
シュポ


パンター四号車車長『こちらパンター四号車!走行不能です』

エリカ『ん、お疲れ』



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:28:40.63 ID:RCXggMju0


レオパルト通信手『なんかすごい爆発見えたんですけどー』

ラング二号車車長『説明してください!』

エリカ『あー。お察しの通り、敵はカールを擁している!上方からの砲撃にも気を付けなさい!』

『『『ヤヴォール!』』』

エリカ「なるべく岩に張り付いて」

エリカ車操縦手「ほい」



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:29:25.65 ID:RCXggMju0

直下『で、どうすんの隊長!?』

エリカ『…もう一発見る』

直下『は?』

小梅『もう一度見て、砲弾の飛んでくる方向や弾着までの時間からカールの大まかな位置を把握する、ですね』

エリカ『その通りよ』

エリカ『装填まで時間がある、シャーマン隊に応戦しなさい!』

『『『ヤヴォール!』』』



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:30:21.86 ID:RCXggMju0



アリサ「よし…まず一両」

アリサ『相手はカールの砲撃も意識しながら戦うことになるわ!こっちに利がある!攻めるのよ!!』

『『『イェスマム!!』』』



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:31:18.25 ID:RCXggMju0

ドォォン!バァァン!



エリカ「撃ってくるわね…」

エリカ車装填手「撃ちたいだけ撃たせて弾切れ狙うってのは?」

エリカ「果てしなさすぎる」

エリカ車砲手「私も撃ちたーい!」

エリカ「私がカール見るから今は我慢なさい」

エリカ車砲手「ぶー」

エリカ車操縦手「エリカ」

エリカ「なに?」

エリカ車操縦手「私も暇」

エリカ「うるさい」



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:32:06.92 ID:RCXggMju0



カール車長『装填完了!撃ちます!』

アリサ『よっしゃあ!ぶちかましなさい!』

カール車長「撃てえ!」



ドォォォォォォォンンン!!!






83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:32:55.22 ID:RCXggMju0

エリカ「来たっ!」

エリカ(1…2…)

エリカ「...」



バァァァァァァァン!!!



エリカ車通信手『大丈夫ですか!?』

『『『大丈夫です!』』』

エリカ車通信手「隊長、今の砲撃での被害は無しです!」



84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:35:33.91 ID:RCXggMju0

エリカ「よかった…。で、三時の方向から飛んできたけど、大体どの辺か分かりそう?」

エリカ車通信手「方向、時間、カールの大きさから考えると…多分A0地点!」

エリカ「ん、ありがとう」

エリカ車通信手「あと、カールがそこという事はフラッグ車はA1とかA2地点かなって」

エリカ「わかった。レオパルトに伝えて」

エリカ『カールはA0地点に居ると思われる!小梅、浸透で叩けるわね?』

小梅『やってみる』

エリカ『直下、小梅に付いていきなさい。その方が安全だわ』

直下『直下りょうかーい』



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:37:01.93 ID:RCXggMju0

小梅『でもエリカさん、どうやって離脱する?』

ヤークトティーガー車長『私がやります!』

エリカ『わかった。ヤークトティーガー、前へ!』

ヤークトティーガー車長「パンツァーフォー!」

ヤークトティーガー操縦手「いよっしゃぁ!!」



M4A1一号車通信手『二発目、撃破無し!』

アリサ『ちっ...。』



86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:38:46.71 ID:RCXggMju0



ヤークトティーガー車長「前進!!」


ブロロロロロロ


「うわぁぁぁ128mmが突っ込んで来たぁ!!」

「足を狙え!」

「いや砲身だ!」

「側面を撃て!」

「カール撃ってくれええ!」

「バカ!巻き込まれるわ!」



87:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:39:42.12 ID:RCXggMju0

ドォォン!ドォォン!
カァンッ!


小梅『よし、行こう直下さん!』

直下『うん!』


ヤークトティーガー操縦手「250㎜の装甲なめんな!」

ヤークトティーガー砲手「くらえ!128㎜!」


ドォォォンンッ!
シュポッ!





88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:40:16.87 ID:RCXggMju0

ヤークトティーガー車長「よしっ!76㎜を撃破!」

エリカ『離脱成功よ、でかしたわ』

ヤークトティーガー車長『後でアイスね~』

エリカ『はいはい。てか集中なさい』


ファイヤフライ車長「...撃て!」





89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:41:15.78 ID:RCXggMju0

ドォォォン!
シュポッ


ヤークトティーガー車長『あー、やられちゃった』

エリカ『ほら言わんこっちゃない』



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:41:55.63 ID:RCXggMju0

直下『カールのところまでどれくらいかかりそう?』

小梅『うーん、バレないように迂回するからだいぶかかるかな...』

直下『私たちがやっつける前に本隊全滅、なんてことにならなきゃいいけど』

小梅『口は災いの元だよ?』

直下『はいはい、気を付けまーす』



91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:44:52.84 ID:RCXggMju0



M4三号車車長『なんか相手の砲撃の手、緩んでないですか?』

M4A1二号車車長『ヤークトティーガーやっつけたからそう感じるだけだろ』

M4三号車車長『そうですかねぇ?』

ファイヤフライ車長『いや...明らかに少なくなってる。離脱されたか?』

M4A1二号車車長『ならきっと恐れをなして逃げたんだよ!一気に攻めよう!』



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:46:19.72 ID:RCXggMju0

バァァン!ドォォン!


ラング二号車車長『隊長!敵の砲撃、激しくなりましたよ!』

エリカ『小梅達がカールを倒すまでの辛抱よ!耐えなさい!』

エリカ車通信手「離脱バレましたかね...」

エリカ「でも成功はした。御の字よ」



93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:47:08.28 ID:RCXggMju0



ドォォォォォォォンンン!!!


エリカ「あっ、3発目...」


バァァァァァァァン!!!

シュポッ





94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:48:41.65 ID:RCXggMju0

ヤークトパンター車長『すみませんやられました』

エリカ『ん、お疲れ』

エリカ車操縦手「どうする?単純戦力では4対6、集中されれば16対36よ」

エリカ「ランチェスターの交戦理論二次法則を持ち出したいんだろうけど、あれは装備や練度が定数の場合でしょ?」

エリカ車操縦手「何か策でも?」

エリカ「いい?私たちは強いの。4両でも充分よ!」



95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:49:49.35 ID:RCXggMju0



小梅「...居た!」ヒョコ

直下「あー、護衛に75ミリも居る」ヒョコ

小梅「見つかると厄介だね」

直下「どうやって撃破する?」

小梅「カールは装填するとき砲弾が剝き出しだからそこを狙おう。私が盾になるから」

直下「ん、わかった」

小梅「よし、戻ろう。カールが撃ったら突撃します」



96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:50:49.48 ID:RCXggMju0




エリカ(まずい...強がったはいいけど、車両が少ない上に掩蔽しながらだと相手がどこに居るのか把握し辛い!)


ドォォン!
シュポッ


ラング一号車車長『すみませんやられました!』

エリカ『側面に回られた!?挟撃!?』

ラング一号車車長『後ろからやられました!』

エリカ「迂回か...」

エリカ「あんたたち、気持ち入れなさい」
エリカ車装填手「え?」
エリカ「突っ込め!」
エリカ車砲手「よしきた!」



97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:51:52.40 ID:RCXggMju0



M4A1二号車車長「左!左!ティーガーⅡだよ!」


ドォォン!
カァンッ!


M4A1二号車砲手「弾かれた!」

エリカ「王虎舐めんな!撃て」



98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:52:23.29 ID:RCXggMju0

エリカ車砲手「てりゃあ!」


ドォォォン!
ガッ!シュポッ!


エリカ車砲手「今大会初撃破!!」

エリカ「次!」



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:54:46.11 ID:RCXggMju0



ドォォォォォォォンンン!!!


エリカ車装填手「またカールだ!!」


バァァァァァァァン!!!
シュポッ!


ラング二号車車長『すみません!』

Ⅿ4三号車車長「やった...!あと2両!」

エリカ「油断は禁物、ね」


ドォォォン!!
シュポッ!


Ⅿ4三号車車長「ああっ!」



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:56:37.20 ID:RCXggMju0



小梅『パンツァーフォー!』

直下『フォー!』


ブロロロロロロ!


M4二号車車長「うわ!2両突っ込んで来た!ってフラッグ車!?撃て撃て!」


ドォン!


直下「停止!」

小梅「右に!」


ガッ!シュポッ





101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:58:01.26 ID:RCXggMju0

小梅「直下さんお願いします!」

直下「装填まで時間はある!よーく狙って...」

直下車砲手「照準良し!」

直下「撃て!」


ドォォォン!
ガッ!
シュポッ





102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:58:56.83 ID:RCXggMju0

直下「ふぅ…。装填してー、カールは裸だから焦らなくていいよ」

直下車装填手「よいっしょ」

直下「よし、じゃああのでかい砲弾狙って...」

直下「撃て!」


ドォォォン!

バァァァァン!!!

シュポッ





103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 21:59:37.69 ID:RCXggMju0

直下「おおーすごい爆発…」

小梅「お見事~」パチパチ



M4二号車通信手『すみません!カール、護衛共にやられました!』

アリサ『なんですって!?』

M4二号車通信手『相手のフラッグ車、私たちのところに居ます!単独です!』



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:00:20.27 ID:RCXggMju0



直下車通信手『こちら小梅小隊、カールと護衛の撃破に成功!しかし小梅車は撃破されました!指示を求めます!』

エリカ車通信手『わかりました!』

エリカ車通信手「隊長!」

エリカ車通信手(って、今はそれどころじゃなさそう...よし!)

エリカ車通信手『直下車はフラッグ車の撃破に向かってください!』

直下車通信手『ヤヴォール!』



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:01:04.74 ID:RCXggMju0


M4二号車通信手『相手フラッグ車が単騎で隊長の方に向かいました!』

アリサ『わかった。ファイヤフライ!フラッグ車頼むわよ!』

ファイヤフライ通信手『イェスマム!』



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:02:35.45 ID:RCXggMju0



エリカ「ファイヤフライが後退してる!追うわよ!」


カァン!!


エリカ「横…76㎜か」

エリカ車装填手「そう簡単に追わせてくれないかー」

エリカ「砲塔旋回!」

パンター三号車車長「撃て」


ドォォン!
シュポッ


エリカ『助かったわ』

パンター三号車車長『どういたしまして』



107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:04:25.29 ID:RCXggMju0



エリカ「そういやカールはどうなったの?」

エリカ車通信手「護衛含めてやっつけたけど赤星さんがやられたって。いま単騎でフラッグ車の方に行ってる」

エリカ「じゃあファイヤフライは直下を狙ってるのね…」



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:05:34.49 ID:RCXggMju0


直下車操縦手「速く速く速く...」

直下車通信手『...はい、はい。わかりました!』

直下車通信手「直下さん!ファイヤフライがこっち来るって!」

直下「ええー...フラッグ車もうちょいで見えそうなのに...」

直下「来るなら八時とか九時の方向かな」キョロキョロ



109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:06:32.13 ID:RCXggMju0


ドロロロロロ


直下「居た!フラッグ車にファイヤフライ!」

直下車操縦手「どうすんの!?」

直下(この距離ならファイヤフライの発砲から弾着まではタイムラグがある…ナオミ選手ならともかく、精度もそこまで高くない…)

直下(相手フラッグ車は車体も砲もこちらに向いてない…なら!)

直下「ファイヤフライが撃ったらすぐに停止、躱したらまたすぐに前進。フラッグ車を叩く!」

「「「ヤヴォール!」」」



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:07:35.39 ID:RCXggMju0



ファイヤフライ車長「停止!砲塔旋回...」

ファイヤフライ砲手「照準良し!」

ファイヤフライ車長「撃て!」


ドォォォンン!

直下「停止!」

ギギィィ!

バシュッ!



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:08:08.03 ID:RCXggMju0


ファイヤフライ砲手「躱された!」

ファイヤフラ通信手『隊長!そっちに向かってます!』

アリサ『見えた!私がやっつけてやるわ!』

アリサ「これでタカシに…」

アリサ「車体、砲塔旋回!」



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:08:36.15 ID:RCXggMju0


直下車砲手「こっち向いてるこっち向いてる!!」

直下車通信手「ファイヤフライの二発目も来るよ!速く速く!」

直下車操縦手「やってるよ!」

直下(あー、これマズいかも)



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:09:41.63 ID:RCXggMju0


アリサ「照準早めに!」

ファイヤフライ砲手「照準良し!」


パンター三号車車長「撃て」


ドォォォン!
ガッッ!
シュポッ


ファイヤフライ車長「なっ!!」



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:10:14.59 ID:RCXggMju0


レオパルト車長「くらえ!!」


ドォン!


レオパルト装填手「外すなよっ!!」

レオパルト車長「ええい突っ込めえええ!!!!!」

レオパルト操縦手「とりゃああああああ!!!!」


ブォォオオンン


アリサ車砲手「照準良し!」

アリサ「うt」



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:11:05.49 ID:RCXggMju0


ガァンン!!


アリサ「なっ!体当たり!?」


直下「停止!狙って...撃て!」

直下車砲手「フォイヤ!!」


ドォォォン!

ガッ!

シュポッ





116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:11:48.38 ID:RCXggMju0



審判『サンダース大付属高校フラッグ車、走行不能!』

審判『黒森峰女学園の勝利!!』



ワァァァァァァァ!!!



直下「あぶなかったー...」

レオパルト車長「頭ぶつけた...」



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:12:59.97 ID:RCXggMju0



エリカ「ふぅ...なんとかやってくれたみたいね」

エリカ車砲手「撃て撃て!!」

エリカ「もう終わったから。やめなさい」

エリカ車操縦手「にしても、私たち今日はずーっと相手を引き付けるようなのばっかね」

エリカ車装填手「小梅ちゃん小隊だったり、パンター三号車のファイヤフライ追撃間のシャーマン2両だったりね」

エリカ「楽でいいじゃない。ほら、整列するわよ」



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:14:11.86 ID:RCXggMju0



アリサ「...やってくれたわね...」

直下「いやー、そうでもしないとウチの隊長に怒られるんで」

レオパルト車長「私も撃破出来そうだったんだけどなー...」ブツブツ

直下「こら!そういう事言うな!」ベシッ!

レオパルト車長「痛っ!」

アリサ「ふふっ、なかなかいいチームね。前までのお堅い黒森峰はどこに行ったのやら」

直下「それは、隊長の人柄ですよ。戦車の実力は申し分なし。人望も厚い上に、親しみやすさも備えてる」

アリサ「へぇ...」

直下「私、今戦車道がすごく楽しいんです!今までで一番!」

レオパルト車長「私も!私も!」



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 22:14:47.91 ID:RCXggMju0



審判「一同、礼!」

「「「ありがとうございました!!!」」」





127:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:40:30.69 ID:atzIeGuE0

エリカ自室

エリカ(次の相手は継続高校か…。戦車の質は低いけど、油断ならない相手だわ)

エリカ(大洗も勝ち進んだみたい)

エリカ(…)



128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:41:48.89 ID:atzIeGuE0

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

みほ「あつ、あの!」

エリカ「えっと…あなたは確か」

みほ「同じ一年生の西住みほ…です」

エリカ「ふぅん…あなたが隊長の妹さんね。で、何か用?」

みほ「いや、新入生の中で車長でメンバー入りしてるの、私と逸見さんだけだったので挨拶しようって」




129:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:42:18.56 ID:atzIeGuE0

エリカ「待って、私いつ名乗ったっけ?」

みほ「教えてもらわなくても判りますよ!逸見エリカさん、誕生日は3月6日!」

エリカ「…あなたちょっとヘンよ?」

みほ「…え?」




130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:43:10.25 ID:atzIeGuE0

みほ「…」ジー

エリカ「…」ソワソワ

「エリカー、お昼一緒に食べよー」

エリカ「えっ、ええそうね…」チラッ

みほ「…」モジモジ



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:43:49.81 ID:atzIeGuE0

エリカ「ああっ、ごめん。用事を思い出したわ。また今度にしましょう」

「そっかー。じゃ、また今度ね」

エリカ「ごめんなさいね」

ツカツカ

エリカ「ちょっとあなた!」

みほ「ひゃいっ!」



132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:44:20.31 ID:atzIeGuE0

エリカ「さっきから何?廊下からジロジロ見てきて」

みほ「えっと…その…」

エリカ「なに?言いにくい事なの?」

みほ「いや…お姉ちゃんに友人は居るのかーって聞かれて…」

エリカ「それで?」



133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:45:08.28 ID:atzIeGuE0

みほ「それで、どこから友達?って聞き返したら、お昼ご飯一緒に食べる人とかは居る?って言われて…」

エリカ「話が見えてこないんだけど」

みほ「逸見さん…一緒にお昼、食べてくれませんか!?」

エリカ「そんな事…?別に、いいけど」

みほ「本当ですか!?」パァァ



134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:45:47.38 ID:atzIeGuE0




エリカ「よかったわね、副隊長に選ばれるなんて」

みほ「そうなんだけど…」

エリカ「…不満なの?」

みほ「私なんかでいいのかな、って…」

エリカ「一年生での紅白戦を見る限り誰も文句は言わないでしょ」



135:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:46:40.97 ID:atzIeGuE0

みほ「言われます…。“西住”だからだって…。それに、私、お姉ちゃんみたいにしっかりしてないし」

エリカ「私はいいと思うけど。確かに先輩の方が経験もあるかもしれないけど、姉妹で隊長副隊長の方がやりやすいんじゃない?」

みほ「他の人たちは付いてきてくれるかな?」

エリカ「付いてこさせるのよ」

みほ「逸見さんは付いてきてくれる?」



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:47:12.91 ID:atzIeGuE0

エリカ「そりゃあ、命令には従うわよ」

みほ「そうじゃなくって…」

エリカ「あなた、そういうナヨナヨしてる態度治した方がいいわよ!それでも隊長の妹!?」

みほ「なりたくてなったんじゃないよ!」

エリカ「…」

みほ「…」



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:47:59.01 ID:atzIeGuE0

エリカ「悪かったわね」

みほ「私も、ごめん」

エリカ「成っていく…」

みほ「え?」

エリカ「やりながら、それに相応しい人間に成っていくのもアリなんじゃない?幸いあなたには支えてくれる人が近くに居るんだし」

みほ「それって逸見さんのこと?」ニコニコ

エリカ「違うわよ!隊長!隊長のことよ!」



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:48:38.27 ID:atzIeGuE0





『黒森峰女学園の勝利!』

みほ『すごいよ逸見さん!初めての対外試合で2両も撃破するなんて!』

エリカ『練習試合だし、ティーガーⅡに乗ってるし、当然よ』

みほ『それでもすごいよ!』

エリカ『あなただって、副隊長しっかりできてるじゃない』

みほ『逸見さんが居てくれるからだよ~』

エリカ『何かした覚えはないけど?』

みほ『も~またそうやって逸見さんは~』



139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:49:19.80 ID:atzIeGuE0





みほ「それでねー、ボコがねー」

エリカ「ああ…うんうん」

みほ「ちょっと!逸見さんちゃんと聞いてますか!?」

エリカ「聞いてないわよ。興味ないし…」

みほ「ええ…逸見さんひどい!」

小梅「あの~、すみません」



140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:49:50.88 ID:atzIeGuE0

エリカ「…えっと」

みほ「ああ、もしかして新しくメンバー入りすることになった一年生の子って」

小梅「はい!Ⅲ号の車長になります、赤星小梅です。よろしくお願いします」ペコ

みほ「ティーガーⅠ車長、副隊長もやってます。西住みほです。よろしくね、赤星さん」ペコリ

エリカ「あなたの事は誰でも知ってるでしょ…。ティーガーⅡ車長、逸見エリカよ。よろしく」



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:51:05.45 ID:atzIeGuE0

小梅「お二人の事を知らない一年生なんて居ませんよ!黒森峰一年生で入学当初から車長でメンバー入りしてるのは西住さんと逸見さんだけだもん!」

みほ「そんな大した事ないよ…」アワアワ

エリカ「あなたも加わるんだけどね」

小梅「そ、そうですね…」

みほ「も~、逸見さん!緊張させるようなこと言っちゃだめだよ!楽しんでいこう、ね」

エリカ「ま、頑張りましょう」

小梅「はい!」



142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:51:41.21 ID:atzIeGuE0





エリカ「遂に始まるのね…全国大会」

みほ「緊張してますか?」

エリカ「そりゃあ、ね。あなたはしないの?」

みほ「しますよ…。でも、逸見さんが付いていてくれるから!」

エリカ「全く…」


『試合開始!』





143:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:52:18.75 ID:atzIeGuE0

エリカ『副隊長、今よ!』

みほ『撃て!』



ドォォォン!
シュポッ






144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:52:52.83 ID:atzIeGuE0





『黒森峰女学園の勝利!』


エリカ「やったわね!」

みほ「はい!初戦突破です!」

エリカ「ほら」スッ

みほ「…えっと」

エリカ「ハイタッチよ、ハイタッチ」

みほ「…はい!」


パァン!





145:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:53:42.70 ID:atzIeGuE0





みほ「逸見さん…ですか?」

小梅「はい!みほさんにとって、逸見さんはどういう存在なのかなって」

みほ「うーん、あんまり深く考えたことは無いけど…大事な友達です!」

小梅「なるほど~」ニヤニヤ

みほ「あっ、恥ずかしいので逸見さんには内緒で」

小梅「もちろん!わかってますよ~」




146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:54:39.18 ID:atzIeGuE0





エリカ「副隊長?」

小梅「はい!ほら、お二人って特別に仲良いじゃないですか~」

エリカ「べっ、別にそんなこと無いわよ」

小梅「またまた~」

エリカ「あの子はどう言ってたの?」

小梅「秘密です」



147:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:55:20.97 ID:atzIeGuE0

エリカ「何それ」

小梅「そう言われたんです」

エリカ「ふーん。そうねぇ…」

エリカ(友達ってのはなんか違うし、かといってただのチームメイトってわけでもないし…)

エリカ「相棒…かしらね」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


エリカ(夢…か)





148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:56:36.72 ID:atzIeGuE0





小梅「3回戦のマップだよー」

エリカ「ありがとう。って、ええ…」

小梅「どうかした?」

エリカ「住宅地よ。すごい入り組んでるし、道幅も狭い」

小梅「あっちゃあ…」



149:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:57:12.03 ID:atzIeGuE0

エリカ「そこまで広くないのは嬉しいけど、ねえ…」

小梅「練習は?」

エリカ「いつも通り」

小梅「はーい」




150:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:57:48.36 ID:atzIeGuE0





エリカ「揃ってるわね。編成と作戦を言うわよ」

エリカ「ティーガーⅡ2両、パンター6両、Ⅳ号2両、ラング2両、エレファント、ヤークトパンター、Ⅲ号の15両」

エリカ「えー、作戦は」

エリカ「4両、4両、4両、3両の4中隊でそれぞれ行軍」

エリカ「敵に遭遇し次第これを撃破、これの繰り返しね」

エリカ「今回は私がフラッグ車を務めるわ」



151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:58:39.59 ID:atzIeGuE0

エリカ「見通しが悪いし入り組んでるからゲリラ戦になりやすいけれど落ち着いて対応するように」

エリカ「相手のBT-42、Ⅳ号、T-34系、KV-1はウチの装甲を抜いてくるから注意する事」

エリカ「以上。質問は?」

直下「作戦名」

エリカ「思いつかなかったわ。考えるの面倒なのよあれ…」




152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:59:28.37 ID:atzIeGuE0





3回戦当日、試合会場


エリカ「挨拶行ってくるわね」

小梅「いってらっしゃーい」





153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:00:11.20 ID:tjgTlE+J0



エリカ「あなたたち、小梅に迷惑かけちゃダメよ?」

エリカ車操縦手「子ども扱いしないで」

エリカ車装填手「エリカちゃん、最近どうしたの?前まで挨拶行くとか考えられなかったのに」

エリカ車通信手「心配です…」



154:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:00:39.97 ID:tjgTlE+J0

エリカ「あなたたち失礼じゃない?ほら、継続とはしょっちゅう試合やってるし、強いからいい関係気づきたいじゃない?」

エリカ車砲手「へー、考えてるんだねー」

エリカ「あなたねえ…」





155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:01:29.35 ID:tjgTlE+J0





エリカ(隊長はどこだろ…)

エリカ「あ、ちょっといいかしら?」

継続生徒A「ひっ!」ビクッ

エリカ「いや、そんなに驚かなくても…」

継続生徒A「す、すみません…」シュバッ

エリカ「逃げられた…」

継続生徒A「…」ジー



156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:02:08.31 ID:tjgTlE+J0

エリカ(戦車の影に隠れてすごい見てくる…)

エリカ「あの、私黒森峰の隊長です!あなたたちの隊長はどこにいるか教えて欲しいのだけれど?」

継続生徒A「…」ビッビッ

エリカ(指さしてる…。あっちに居るってことね)

エリカ「ありがとう。助かったわ」

継続生徒A「…」ペコッ

エリカ(人見知りが過ぎるでしょ…)



157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:03:08.34 ID:tjgTlE+J0





エリカ「すみません、こっちに隊長さんが居るって聞いたんですけど」

アキ「あっ、黒森峰の隊長さん!隊長は私ですよー」

エリカ「あ、どうも。逸見エリカっていいます」

アキ「アキです。今日はよろしくおねがいします!」

エリカ「いえ、こちらこそよろしくおねがいします。ところでそちらの方は…」



158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:03:56.89 ID:tjgTlE+J0

ミッコ「…」ジー

エリカ(さっきからアキさんの後ろでめっちゃ睨んでくる…)

アキ「ほらミッコ、挨拶しないと」

ミッコ「気を付けろアキ!この人、すっごい目つき悪い...」ヒソヒソ

アキ「今のミッコも人の事言えないでしょ。あ、こっちはミッコ。私の乗るBTの操縦手です」

エリカ「はぁ…。どうぞよろしく」



159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:05:14.63 ID:tjgTlE+J0





エリカ「ただいま」

小梅「おかえりー。継続さんどんな感じだった?」

エリカ「変人」

小梅「いや、そうじゃなくて…」




審判「整列!これより黒森峰女学園対継続高校の試合を始めます!」

審判「一同礼!」


「「「よろしくお願いします!」」」





160:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:06:11.54 ID:tjgTlE+J0



エリカ「よし、全員搭乗!」


エリカ『いい?継続は強いわよ。でも、決勝に行くのは私たち』

エリカ『この試合が今大会初めての出場になるチームもあるけど、私は何も心配してないわ。自信もってやりなさい』


アキ『えー、相手は黒森峰。とっても強いです』

アキ『継続としてはベスト4になっただけでも充分すごいけど、まあよっぽどのことが無いと勝てないと思うけど…』

アキ『悔いのないように、頑張りましょう!』



161:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 00:07:23.68 ID:tjgTlE+J0



エリカ『じゃあ…』

アキ『では…』



『試合開始!!』



『『パンツァーフォー!』』



黒森峰女学園
ティーガーⅡ 2(エリカ(フラッグ))、パンターG 6(小梅、直下)、Ⅳ号H 2、ラング 2、エレファント 1、ヤークトパンター 1、Ⅲ号J 1

継続高校
BT-42 1(アキ(フラッグ))、KV-1 1、T-34‐75 1、T-34-85 1、Ⅳ号J 1、BT-5  1、BT-7 1、Ⅲ突G 1、T-26 1



166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 20:57:07.24 ID:9TwzfuU50




エリカ(思った以上に道幅が狭い。スピードが出せない…)

エリカ(継続は車体幅が小さい車両が多いし操縦手の腕もいいから向こうに大きなアドバンテージね…)

エリカ(整備能力と運転技術が高いってことしか知らないから、相手がどんな手を使ってくるか見当がつかない)

エリカ(加えて偵察車両は出してないから配置もわからない。出しても容易く撃破されるだろうし…)

エリカ(この路地を曲がったら居るかもしれない。袋小路で待ち伏せしているかも。もしかしたらもう後ろにいる?)

エリカ(気が抜けない…)



167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 20:59:38.47 ID:9TwzfuU50




小梅(3両の小隊の小隊長か…緊張するなぁ…)

パンター四号車車長『副隊長、アレを見てください!』

小梅『カーブミラーが割れてる…?』

パンター四号車車長『さっきまで見たものは割られていませんでした』

小梅『継続が通ったのかな…?』

小梅『みなさん、いっそう警戒を強めてください。会敵する可能性があります』

『ヤヴォール!』

小梅(ミラーを割って回ってるのかな?それともここだけ?)

小梅(周りにいる…?)キョロキョロ

小梅(ダメだ、四方八方家に囲まれててさっぱりわからない)

小梅『…速度を落としましょう』



168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:00:29.05 ID:9TwzfuU50



ドォォン!


パンター四号車車長「なっ!」

パンター四号車操縦手「誘導輪が壊れた!身動きが取れない!」

パンター四号車車長『攻撃を受けました!撃破判定は出てないけど走行不能です!』

小梅『そこから敵車両は見えますか!?』

パンター四号車車長『見えません!車体がちょっと出たところを撃たれました!反撃も不可能です!』

小梅『…わかりました。後退!回り道します』




169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:01:38.41 ID:9TwzfuU50



ドォォォン!
シュポッ


小梅「うそ…」

Ⅳ号H二号車車長『こちらⅣ号…側面から砲撃を受け、撃破されました…!』

小梅『わかりました!』

小梅(どうして!?左右には家しか…)

小梅「…生垣…」



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:02:38.00 ID:9TwzfuU50

小梅車操縦手「まずいよ小梅ちゃん!前のパンターは走行不能、後ろは撃破された!私たちも身動き出来ない!」

小梅「くっ…」

小梅車通信手『こちら第四小隊!敵の術中にはまりました!行動不能!』

小梅車装填手「後方にT-34が2両!」

小梅車砲手「無理だよ!砲身は前向いてるし、旋回できない!」

小梅(蜘蛛の巣にかかった獲物、か…)


ドォォン!ドォォォン!
シュポッ





171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:03:39.74 ID:9TwzfuU50


エリカ車通信手「隊長!第四中隊、壊滅しました!」

エリカ「は?どういうこと?」

エリカ車通信手「それが、ほとんど姿を晒さないままやられたそうで…」

エリカ車砲手「ひえー…暗殺だよ暗殺」

エリカ(姿を晒さずに待ち伏せで撃破…?どうやって?)



172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:05:01.28 ID:9TwzfuU50




アキ「3両もやっつけたよ!すごいすごい!」

ミッコ「でもフラッグ車じゃなかったかぁ…。いつバレるかねぇ…」





173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:05:58.77 ID:9TwzfuU50




直下「小梅ちゃんのところがやられた…」

直下『並びを変えよう!』


直下(前と後ろに固定砲のヤークトパンターとラングを配置。パンターは背中合わせで)

直下「名付けて、戦艦の陣」ドヤッ

直下車砲手「頭悪そう…」

直下「んなっ!」ガーン



174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:06:29.00 ID:9TwzfuU50


ヤークトパンター車長「っ!右に敵Ⅳ号!左にもKV-1!」

ヤークトパンター砲手「せめて一両でも仕留めてやる!旋回!」

ヤークトパンター操縦手「ダメだ!十字路の真ん中まで来てる!旋回できない!」

ヤークトパンター砲手「クソっ!」


ドォォン!ドォォォン!

シュポッ





175:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:07:11.75 ID:9TwzfuU50

直下(ここに居るのはマズい!)

直下『後退!ラング、早く走って!』

ラング一号車車長『ヤヴォール!』


ドォォン!
シュポッ


ラング一号車車長「なっ!」

ラング一号車車長『Ⅲ突にやられました!』

直下『五号車!三突をやって!』

パンター五号車車長『ヤヴォール!』

パンター五号車車長「ラングは押して!相手が装填してる間に撃て!」



176:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:07:52.97 ID:9TwzfuU50



ドォォォン!
シュポッ


パンター五号車車長「よし!離脱しよう!」


ドォォォン!
シュポッ





177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:09:19.40 ID:9TwzfuU50

パンター五号車車長「あ…KV-1…」

パンター五号車操縦手「そりゃ、待ち伏せしてるわな…」

直下「私たちも行こう!」

直下車砲手「いや…無理でしょ。前はヤークトパンター、後ろはラング、右はパンター、左は三突と道塞がれてるんだぞ」

直下「じゃあ私たち、身動き取れないじゃん!」

直下車砲手「まあ…そうなるね」

直下「も~!あけてくれ!道を!空けてくれ!」



178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:10:02.34 ID:9TwzfuU50




アキ「6両撃破!1両は拘束されてる!いいね~」

ミッコ「びっくりするほど上手くいってるなぁ、『電光石火作戦』」






179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:10:34.20 ID:9TwzfuU50




エリカ車通信手「第二中隊、3両がやられ、直下車は行動不能なそうです」

エリカ「…」チッ

エリカ車砲手「なんで行く先々で待ち伏せ攻撃に遭うんだ?

エリカ車操縦手「私たちの行動が掌握されてる…」

エリカ車装填手「どうやって!?まさか…盗聴?」

エリカ「それはないでしょ」



180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:11:15.02 ID:9TwzfuU50

エリカ車装填手「なんで?」

エリカ「盗聴する道具、継続が持ってるとは思えないわ…」

エリカ車通信手「じゃあ…」

エリカ「スパイ…かもしれないわね」

「「「え?」」」



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:11:53.74 ID:9TwzfuU50

エリカ「ウチの隊員の中に向こうに情報を流してる奴がいるかも」

エリカ車操縦手「…根拠は?」

エリカ「無いわ。勘よ、勘」

エリカ車操縦手「…」

エリカ車装填手「ひどいよエリカちゃん!仲間を疑うなんて!」

エリカ車砲手「しかも真っ先にだからな…」



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:12:43.16 ID:9TwzfuU50

エリカ「他に考えられる!?」

エリカ車操縦手「考えられるでしょ…観客が流してるとか」

エリカ車通信手「私たち、みんな同じ気持ちですよ。優勝したいって。このメンバーだけじゃない、他の選手や二軍の子達も、整備の生徒も」

エリカ「…」

エリカ車操縦手「そういうことだから」

エリカ車装填手「そうだよ!」

エリカ車砲手「おうとも!」

エリカ「…わるかったわ」



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:13:27.30 ID:9TwzfuU50



エリカ車操縦手「で、全く状況は改善してないわよ。この姿なき挑戦者をどう攻略するの?」

エリカ「…継続がやりそうなこと…。あなたたち、継続ってどんなイメージ?」

エリカ車砲手「貧乏!」

エリカ車装填手「盗っ人」

エリカ車通信手「人見知り…?」

エリカ車操縦手「運転技術」



184:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:14:17.08 ID:9TwzfuU50

エリカ「うーん、全く参考にならない」

エリカ車装填手「エリカちゃん、また怖い顔してる。リラックスリラックス!」

エリカ「そんな事ないわよ」イラッ

エリカ車装填手「えー、自分で見てみなよ!ほら」

エリカ「なんで戦車に手鏡なんか持ち込んでるのよ…って、ん?」

継続生徒B「あっ」



185:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:14:58.73 ID:9TwzfuU50



エリカ「ちょっと待ってて!」シュバッ
継続生徒B「まずいっ」ダッ


パリーン!


エリカ車装填手「ガラス割って入ってったー!!??」

エリカ「まさか家の中に入って偵察してたなんて…」

エリカ「いた!」



186:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:15:43.05 ID:9TwzfuU50


継続生徒B「どけえええ!!」ダッダッ

エリカ「逃がさないわよ」ガシッ

継続生徒B「うわっ!」

エリカ「これでどう…?」ググググ

継続生徒B「痛い痛い!折れるって!!」ジタバタ

エリカ「誰か!ロープ!ロープ持ってきて!!」



187:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:19:59.61 ID:9TwzfuU50




エリカ車通信手「隊長の声だ…」

エリカ車装填手「私行ってくる!」ダッ

エリカ車砲手「いってら~」



エリカ車装填手「エリカちゃん!?何やってんの!!」

継続生徒B「助けて~!!」

エリカ「ちょ、縛って!早く!」

エリカ車装填手「う、うん…!」



188:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:23:03.89 ID:9TwzfuU50



エリカ「さて…、これがあなたたちのマイクね」

継続生徒B「む゛~!!む゛む゛~!」ジタバタ

エリカ『えー、こちら黒森峰隊長逸見エリカ』

エリカ『あなたたちの戦術のタネは分かったわ!これから潜んでいると思われる家に砲撃していく』

エリカ『仲間の命が惜しくば、今すぐ止めるように!以上!』

エリカ車装填手「…エリカちゃん、本気?」

エリカ「まさか、ただの脅しよ」



189:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:27:16.90 ID:9TwzfuU50




ミッコ「あー、バレちゃったねえ。で、どうすんの?やめる?」

アキ「いや…続けるよ。逸見さんはそんなことしないと思うなぁ」

ミッコ「なんでそう言えるのさ?」

アキ「なんとなく、優しそうな人だったもん」





190:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:27:55.28 ID:9TwzfuU50




エリカ「よし、戦車に戻るわよ」

エリカ車装填手「ねえ、この子どうするの?」

継続生徒B「ん゛ー!ん゛ー!」モゾモゾ

エリカ「うーん、ここに放っておいても危ないし、戦車に連れ込みましょうか」




191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:29:51.61 ID:9TwzfuU50



エリカ車装填手「ただいまー」

エリカ車通信手「えっと…そちらの方は?」

継続生徒B「…」

エリカ「新しい友達よ」

エリカ車操縦手「説明して」

エリカ車装填手「えっと…かくかくしかじかで…」



192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:30:46.30 ID:9TwzfuU50



エリカ車操縦手「なるほど」

エリカ「このままだとかわいそうだし、口と足はほどいてあげるわね」シュルッ

継続生徒B「鬼め、逸見エリカ」

エリカ「なに?砲身から吊るされたいですって?」

エリカ車通信手「まあまあ…」

エリカ車砲手「狭い所でごめんねー。あ、おやつ食べる?」

継続生徒B「…食べる」



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:31:45.83 ID:9TwzfuU50




直下「いやぁー、意外と早く回収車来てくれて助かったなー」

直下「早く他の小隊と合流しないと…」


ドォォォン!
シュポッ


直下「あっ…」




194:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:32:55.47 ID:9TwzfuU50




直下車通信手『こちら直下車!T-34-85の伏撃を受け撃破されました!』

エリカ車通信手『わかりました。お疲れ様です』

エリカ車通信手「…直下さんがやられました」

エリカ「あくまで続けるのね…」

エリカ車装填手「どうするの?」

エリカ「こっちにも策があるわ。ちょっとマイク貸して」



195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:33:32.53 ID:9TwzfuU50

エリカ『タネがわかったわ!相手は塀や木を使って屋根に登ったり、家に侵入したりして偵察している!!』

エリカ『全車両、独立行動!全体を俯瞰・洞察しながら各個に状況判断して勝利に寄与しなさい』

エリカ『ただし、通信を密に互いの行動を把握すること!いいわね!?』

エリカ『ランドランド・バトル作戦よ!』

『『『ヤヴォール!』』』

エリカ「さあ、見たけりゃ見せてやるわよ」



196:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:34:06.34 ID:9TwzfuU50




継続生徒C『たいちょー!敵車両、バラバラに行動し始めたんですけどー』

アキ『変わらず偵察を続けてください』

継続生徒C『えっと…Ⅲ号がいて…ラングと…パンター…』





197:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:34:48.77 ID:9TwzfuU50




ミッコ「バラバラに行動されてる感じかな?」

アキ「うーん、いまいち相手の状況を把握できてないね…」





198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:35:34.35 ID:9TwzfuU50



継続生徒C「あっ、そっちはダメ!そっちには…」


Ⅲ号車長『T-26発見!偵察かな…』

ラング二号車車長『私も行こうか?』

Ⅲ号車長『気づかれてない、大丈夫!』



継続生徒C『みんな!Ⅲ号来てるよ!』

T-26車長『ええっ!マズい、完全に油断しt』

Ⅲ号車長「遅い!」



199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:36:17.69 ID:9TwzfuU50



ドォォン!
シュポッ


T-26車長「やられた…」

継続生徒C『すみません隊長!やられました!』



アキ「あちゃ~」

ミッコ「偵察要因減っちゃった」



200:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:37:09.73 ID:9TwzfuU50



ラング二号車車長『こっちも発見!BT-5 !私たちだけで大丈夫です!』

パンター六号車車長『ん、がんばって』



BT-5車長「撃て撃て!!」

ラング二号車車長「そんな砲じゃラングの正面は抜けんわ!撃て!」


ドォォン!
シュポッ


ラング二号車車長「どうや!」



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:37:42.44 ID:9TwzfuU50



BT-5『すみません!こっちもやられました!』


アキ「また1両…」

ミッコ「ねえアキ、そろそろ」

アキ「うん、そうだね」



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:38:49.04 ID:9TwzfuU50




エリカ「どうやら上手くやってるみたいね」

エリカ車砲手「私もやっつけたい!ドカーンと!」ウズウズ

エリカ「今回は私たちがフラッグ車なんだから慎重にいかないとでしょ」

エリカ車砲手「さっきから逃げてるだけじゃん!」

エリカ車操縦手「そりゃ、偵察に見つかったんだから移動しないとでしょ」



203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:40:12.13 ID:9TwzfuU50

エリカ「あんたは黙って、そいつでも構ってなさい」

継続生徒B「そいつって何?ウチにはちゃんと名前が」

エリカ車砲手「君可愛いね?いくつ?どこ住み?てかL〇NEやってる?」

エリカ車操縦手「おい」



204:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:40:52.65 ID:9TwzfuU50




パンター三号車車長「っ!停止」

パンター三号車装填手「っとと、なに!?」

パンター三号車車長「今Ⅳ号が居た。下がって」

パンター三号車操縦手「ほい」



205:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:42:26.34 ID:9TwzfuU50



Ⅳ号J車長「後ろにパンターだ!旋回旋回!」


パンター三号車車長(Ⅳ号とパンターの旋回速度は同じ…)

パンター三号車車長(私は90度、あなたは180度)

パンター三号車車長「逃げれば良かったのにねぇ。撃て」


ドォォォン!
シュポッ





206:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:43:33.49 ID:9TwzfuU50

パンター三号車砲手「よし!」

パンター三号車車長「…!下がって!」


ドォォン!


T-34-85車長「かわされた!装填急いで!」




207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:44:27.07 ID:9TwzfuU50

パンター三号車通信手「また!?」

パンター三号車車長「3時方向、T-34。砲塔旋回、装填急げ」

パンター三号車装填手「…完了!」

パンター三号車車長「撃て」T-34-85車長「撃て!!」


ドォォォン!ドォォン!
ガッ!ガッ!
シュポッ
シュポッ





208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:45:35.59 ID:9TwzfuU50


パンター三号車車長「…」チッ

T-34-85車長「相打ちか…」


パンター三号車車長『悪い隊長。やられた』

エリカ『ん、よくやったわ』

パンター三号車車長『健闘を祈る』



209:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:46:12.92 ID:9TwzfuU50




T-34-85車長『ごめんアキちゃん!やられちゃった!あとⅣ号も!』


ミッコ「火力要因もやられてきたかぁ」

アキ「行くよミッコ!」

ミッコ「あいよー。ミュージックスタート!」ポチッ


~🎵





210:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:46:57.51 ID:9TwzfuU50





アキ「前進!!」






211:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:47:48.78 ID:9TwzfuU50

ラング二号車車長「あっ!BT-42発見!追え!」

ラング二号車操縦手「あいよ!」

ラング二号車車長「私たちがMVPだー!」

ラング二号車砲手「おうとも!」


ミッコ「来てる!?」
アキ「来てる来てる~。じゃ、頼んだよ!」


ラング二号車車長「って、影からKV-1!?」


ドォォォン!
シュポッ





212:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:49:00.45 ID:9TwzfuU50


ラング二号車車長『ごめんなさい隊長!やられました!』

エリカ『そう…。わかったわ』

ラング二号車車長『あと、相手フラッグ車が動きはじめました!』

エリカ『ん、ありがとう』

エリカ(今まで潜んでいたのに動き出した…?どういう事?)



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:56:28.36 ID:9TwzfuU50

継続生徒B「キタアアアアアア!!!」

エリカ車砲手「えっ、なに?」

継続生徒B「アキさんミッコさんが動き出した!これであなたたちの負けよ!」

エリカ「何言ってんだか」

継続生徒B「あの人たち、すごいんだから!!」

継続生徒B「人呼んで、『継続の蒼い弾丸』!!」



214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:57:12.46 ID:9TwzfuU50



~🎵



ミッコ「次は?」

アキ「二つ目の交差点を右。そこにⅢ号が居るって」

ミッコ「あいよー」

アキ「あっ、いた!トュータ!」


ドォォォン!!
シュポッ





215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:58:10.70 ID:9TwzfuU50

Ⅲ号車長「えっっ!やられた!?」


ミッコ「いっつも思うけど、よく行進間で当てるよね」

アキ「練習したからね~。次左」

ミッコ「あーい」



~🎵





216:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:59:08.11 ID:9TwzfuU50




Ⅳ号一号車車長「正面!T-34!」

T-34-76車長「撃て!」

Ⅳ号一号車車長「右に!」


ドォォン!
ガキィン!


Ⅳ号一号車車長「かすめただけだよ!反撃!」



217:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 21:59:54.33 ID:9TwzfuU50

ドォォン!
シュポッ


T-34-76車長「やられちゃったかー。お、来た来た」

Ⅳ号一号車車長「すぐ後退!この場を離れます!って嘘!?」

ミッコ「もう遅いんだよねえ」


ドォォォン!
シュポッ




218:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:00:40.33 ID:9TwzfuU50

Ⅳ号一号車車長『すみません!やられました!』

エリカ「Ⅲ号とⅣ号も…」

エリカ車操縦手「エリカ、どうするの?」

エリカ「6対3とはいえ、すごい勢いでやられてるし少しずつこっちに向かってる…」



219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:01:34.94 ID:9TwzfuU50

エリカ車砲手「ケリをつける、でしょ逸見?」

エリカ「ええ…」

エリカ「ねえ、BT-42とウチの他の車両の場所は分かる?」

エリカ車通信手「えっと…」



220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:02:40.56 ID:9TwzfuU50




~🎵



ミッコ「録音したやつだといまいち調子でないな~」

アキ「ミカ居ないんだから仕方ないでしょ。あ、3つ先にパンターが居るみたい。横滑りでいこう」

ミッコ「ん~」


ギギギギギギギ


ドォォォン!
シュポッ





221:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:06:10.99 ID:9TwzfuU50

パンター六号車車長「真横に移動してた…」

パンター六号車装填手「って、一瞬でやられたよ!?」


パンター六号車車長『ごめんなさい隊長、やられました!』

エリカ『ん、お疲れ。気にしないでいいわ』

パンター六号車車長『はい…!』

エリカ「さて、頼むわよ…!」



222:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:07:29.49 ID:9TwzfuU50




~🎵



アキ「あっ!今ティーガーⅡが見えた!!」

ミッコ「まじ!?フラッグ車かな?」

アキ「わからないけど追おう!」

ミッコ「わかった!」

アキ「もしかしたら…」

ミッコ「うん…。決勝、行けるかも」



223:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:08:05.00 ID:9TwzfuU50




アキ「いた!」

ミッコ「くそ!また曲がる!」

アキ「速く速く!逃がさないでよ!」

ミッコ「わかってるって!アキこそ外すなよ!」

アキ「任せてよ!」



224:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:08:52.28 ID:9TwzfuU50




エレファント車長「てー!」




ドォォォォン!!




アキ・ミッコ「あ…」



ガッッ!
シュポッ!






225:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:09:40.68 ID:9TwzfuU50




『継続高校フラッグ車、走行不能!』

『黒森峰女学園の勝利!!』



ワァァァァァァァ!!!






226:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:13:54.94 ID:9TwzfuU50




ティーガーⅡ二号車車長「いやぁー、釣れた釣れた!」

ティーガーⅡ二号車操縦手「疲れた…」

エレファント砲手「3年間で一番緊張する一発だったわ…」

エレファント車長「お疲れ~」




227:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:14:58.10 ID:9TwzfuU50




ミッコ「伏撃とは、あたしたちがやってた事そのままやられたね…」

アキ「ティーガーⅡに夢中になってたよ…」

ミッコ「そのティーガーもフラッグ車じゃなかったし…」






228:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:15:33.63 ID:9TwzfuU50




エリカ「兵法第七計、『無中生有』よ」

エリカ車砲手「かっこいい」

継続生徒B「あの、終わったならほどいてほしいんですけど」





229:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:16:41.69 ID:9TwzfuU50




エリカ「この子、預かってたわ」

継続生徒B「ミッコさあああん!!」ダキッ

ミッコ「うわっ!どうしたの?」

継続生徒B「怖かったですうう!!」

ミッコ「おー、よしよし」ナデナデ

継続生徒B「ミッコさん達と、優勝したかったです…」グス

アキ「ごめんね、負けちゃった」

ミッコ「また来年、自分たちで頑張りな」ニコッ



230:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:17:24.68 ID:9TwzfuU50

エリカ「今日はありがとうございました。とても勉強になりました」

アキ「いえいえそんな!こちらこそ、楽しかったです!」

ミッコ「機会があったらまたやろうよ!」

エリカ「ええ、そうね」

ミッコ「あと、こいつがお世話になりました。ほら、お礼言いな」

継続生徒B「…ありがとうございました」ボソッ

エリカ「ん、どういたしまして。じゃ」

エリカ車砲手「ばいばーい!」



231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:21:51.93 ID:9TwzfuU50




エリカ車装填手「あの子、どの車両に乗ってたのかな?見つけた家の周囲に敵車両いなかったよね?」

エリカ「BT-42でしょ」

エリカ車通信手「だとするとすごい距離を徒歩で移動してることになりますよ!?」

エリカ装填手「「恐ろしい体力…」

エリカ車操縦手「車長も砲撃、装填、通信と兼任してることになるね」

エリカ車装填手「ひえ~、バケモノ揃いだ…」

エリカ車砲手「あの子可愛かったな~ウチに来ないかな~」

エリカ車操縦手「通報」



232:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:22:48.48 ID:9TwzfuU50




審判「一同、礼!」

「「「ありがとうございました!!」」」






233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 22:23:45.92 ID:9TwzfuU50




『続いて、戦車道です』

『本日行われた全国高校生大会準決勝で、黒森峰女学園、大洗女子学園が、継続高校、BC自由学園を破り、決勝進出を決めました!』

『昨年と同じカードですが、今年はどんな戦いを見せてくれるのか楽しみですね!』

エリカ(きた……)

エリカ(大洗…)



237:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:38:18.51 ID:6B9Dfsbc0

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


『黒森峰女学園の勝利!』


みほ「逸見さん、お疲れ様」

エリカ「あなたこそ、今回も大活躍ね」

みほ「いや、そんなことないよ!逸見さんだって良かったよ」

エリカ「まあね」

みほ「決勝戦、進出だね…」

エリカ「ええ…」



238:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:39:25.60 ID:6B9Dfsbc0

みほ「私たちにできることは少ないかもだけど、頑張ろうね!」

エリカ「もちろん。優勝しましょう。って、さっきから覗いてるの気づいてるわよ」

小梅「あちゃ…バレてました?」

エリカ「バレバレよ」

みほ「赤星さん!見てないで入ってもよかったのに」

小梅「いやぁ、お邪魔かなって」

エリカ「どういう意味よ!」



239:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:42:11.40 ID:6B9Dfsbc0




エリカ(いよいよ決勝戦…)

みほ『頑張りましょう!エリカさん、小梅さん!』

エリカ『エ、エリ!?えっ、ちょ、副隊長!?』

小梅『はい!みほさん!』

エリカ『みっ、み、み…』

みほ『み?エリカさん、どうかしましたか?』

エリカ『みんなで!みんなで勝ちましょう!』

みほ『はい!』



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:42:38.20 ID:6B9Dfsbc0




『試合開始!!』



エリカ(勝ったら。勝ったら呼ぼう。“みほ”って)




241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:43:42.90 ID:6B9Dfsbc0




エリカ(天気が荒れてるわね…。川の流れもあんなに速い…)

エリカ(本来なら中止になってもおかしくない。連盟は何やってんのよ!)

エリカ(でも、本隊が相手フラッグ車を撃破するまでの辛抱よ)

エリカ(こっちには私が乗るティーガーⅡに、みほのティーガーⅠも居るんだから!)


ドォォォン!


小梅「うわぁ!!」


ザッパァァン!





242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:45:53.45 ID:6B9Dfsbc0

みほ「小梅さん!!」

エリカ「敵!?交戦はやむなしね、やるわよ!」

エリカ『副隊長、何やってんの!?』

みほ『エリカさん!小梅さんが、Ⅲ号が落ちた!!』

エリカ『なっ!隊長に連絡を!審判に中止の要請もしないと!』

みほ『私、助けにいく!』

エリカ『待ちなさい!一人は危ない!私も行くわ!』

みほ『危険です!エリカさんは来ないで!私一人で大丈夫だから!』

エリカ「なっ…」



243:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:46:57.02 ID:6B9Dfsbc0

エリカ(…)



エリカ(何よ…)


エリカ(支えてくれだとか、あなたが居るとか言いながら…)


エリカ(そうやって、いざという時に頼ろうとしないで…)


エリカ車装填手「どうしたエリカ!?」




244:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:47:36.41 ID:6B9Dfsbc0


エリカ(一人でやろうとして…)


エリカ車砲手「しっかりしろ車長!」


エリカ(私の事、信じてないじゃない…)


エリカ車砲手「フラッグ車を守るんだよ!私たちで!!」


エリカ「バカ…」




245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:48:40.23 ID:6B9Dfsbc0




ドォォォン!



シュポッ






246:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:49:32.69 ID:6B9Dfsbc0




みほ「エリカさん、私、間違った事したかな?」

エリカ「人としては何も間違ってないわ。むしろ讃えられることよ。ただ、“西住”からは外れてるわね」

みほ「名字が“西住”だと、人の道に背かないといけないの?」

エリカ「それは…」

みほ「怖いよ…。三年生がすっごい見てくるの。誰も何も言わないけど、きっとみんな私を責めてる」

エリカ「そんなこと無いわよ!私だって、フラッグ車を守れなかった…」



247:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:50:02.50 ID:6B9Dfsbc0

みほ「そんなっ!エリカさんは悪くないよ!」

エリカ「そうやって!」

みほ「っ!?」

エリカ「そうやって…、一人で抱え込む…」

みほ「それは…」

エリカ「仲間じゃ…友達じゃなかったの…?」グスッ



248:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:51:06.56 ID:6B9Dfsbc0




小梅「隊長、今日は保護者さんの所だそうです」

エリカ「この前は後援会、その前はOG会」

小梅「大変ですね…」

エリカ「ええ…副隊長もあれから顔を出さないし」

小梅「二年生が練習を仕切ってるけど、上手くいってませんね」

エリカ「経験不足もあるだろうけど、あんな負け方したんですもの。みんな切り替えなんて出来ないわよ」

小梅「これから、どうなるんですかね…?」

エリカ「さあね」



249:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:53:12.38 ID:6B9Dfsbc0




プルルルルル プルルルルル


エリカ「くそっ!電話くらい出なさいよ!」

エリカ「はぁ…」

エリカ(十連覇は逃した。三年生は引退)

エリカ(でも、私たちは一年生)

エリカ(まだやり直せる)



250:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:53:51.47 ID:6B9Dfsbc0

エリカ(西住隊長の元で、戦える)

エリカ(また一から常勝黒森峰を創れる)

エリカ(なのにどうして…)

エリカ(どうしてその隊長の妹が…、名誉ある黒森峰の副隊長が…)

エリカ(西住流は、どんな時も逃げずに前に進むんじゃなかったの!?)



251:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:54:38.14 ID:6B9Dfsbc0




トントントン ガチャ

エリカ「話とはなんでしょう、隊長」

まほ「みほが学校に来なくなってから、約一か月が経ったな」

エリカ「はあ…」

まほ「この学校に問題を起こすような輩は居ないが、やはり私一人で仕切るのは厳しい。そこで、だ…」

エリカ「…」

まほ「逸見、お前を副隊長に任命する。やってくれるな?」

エリカ「………お断りします」



252:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:55:37.94 ID:6B9Dfsbc0

まほ「…理由を聞こうか」

エリカ「私よりも、相応しい人物が居るからです」

まほ「ほう…。誰だ?」

エリカ「言わなくても解るはずです。あなたなら」

まほ「すまないが解らないな」

エリカ「あの子は優柔不断だし、頼りないし、直ぐに一人で抱え込みます」

まほ「…」



253:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:56:09.03 ID:6B9Dfsbc0

エリカ「でもとても強く、優しく、仲間想いです。」

エリカ「加えて戦術立案能力、戦術変更能力、戦力分析力、更に大胆さも兼ね備えています」

エリカ「そんな人間がすぐそばに居るのに、それを差し置いて私が副隊長なんて考えられません」

まほ「そうか」

エリカ「あなたは、うやむやにしたいだけではないんですか?あの子に辞めさせることで」

まほ「何のことだ?」

エリカ「あなたも隊長なら…あの子の姉なら!あの子を立ち直らせるべきです!あの子が戻ってきて、再び副隊長をやる事が、黒森峰再建の第一歩じゃないんですか!?」



254:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:56:48.44 ID:6B9Dfsbc0

まほ「…みほは、もう戦車に乗りたくないと言っていた」

エリカ「…え?」

まほ「私はみほの姉だ。妹を想っての事だ」

エリカ「そんな…」

まほ「それともお前は、嫌がるみほを無理矢理戦車に乗せるのか?」

エリカ「…失礼します」

まほ「いい返事を期待している。期間は来週までだ」

エリカ「…私はあなたを尊敬しています。しかし、心酔も崇拝もしていません。恭順もしません」

バタンッ

まほ「…ほざけ」



255:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 21:58:28.59 ID:6B9Dfsbc0




エリカ(あの子は…、戦車道をしないという道に進んだ)

エリカ(どういう方向であれ、あの子は一歩踏み出した)

エリカ(西住流は如何なる時も前に進む流派)

エリカ(私も…前に進まなきゃ)

エリカ(それに、時間が経てば戻ってきてくれるかもしれない)

エリカ「…引き受けます」

まほ「そう言うと信じていた」ニコッ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



256:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:00:37.67 ID:6B9Dfsbc0




エリカ(……また夢か)





257:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:01:09.53 ID:6B9Dfsbc0




小梅「決勝戦の場所、決まりました」

エリカ「教えて?」

小梅「去年と同じ、東富士演習場です」

エリカ「…随分と粋ね」

小梅「ですね…!」



258:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:02:50.83 ID:6B9Dfsbc0




小梅「全員揃いました」

エリカ「ん、ありがとう」

エリカ「じゃあ、決勝戦の編成・作戦を言うわ」

エリカ「編成はティーガーⅡ2両、パンター6両、Ⅳ号4両、ラング3両、ヤークトパンター、ヤークトティーガー、エレファント、ルクス、レオパルト各1両よ」

エリカ「ここまで質問は?」

小梅「ねえ、ずっと気になってたんだけど」

エリカ「何かしら?」



259:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:04:27.43 ID:6B9Dfsbc0

小梅「なんでティーガーⅠを出さないの?もったいなくない?」

エリカ「いや…そりゃああなた、誰も乗りたくないでしょ?」

エリカ「あの子のなんて言うまでもないし、まほさんのも恐れ多くない?」

小梅「まあ、確かにそうだね…」

直下「その理屈なら、来年は隊長のティーガーⅡも誰も乗らないよ?」

エリカ「え?うそ?なんで?」

直下「恐れ多いからだよ。ね、二年生!」

「「」」コクコク



260:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:05:33.06 ID:6B9Dfsbc0

エリカ「ええ…困ったわね」

ルクス車長「あっ、でも隊長のティーガーなら逆に乗りたいって子も多いかもしれません」

直下「あー、確かに今年は隊長車に乗りたいって人多かったね~」

直下「まほさんの時は誰もやりたがらなくて直々に指名されてたのに」

小梅「エリカさんが人気者だからだね~」

エリカ「べっ、別にそんなこと無いわよ。からかわないで全く」



261:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:07:24.24 ID:6B9Dfsbc0



エリカ「話を戻すわよ。で、作戦なんだけど…」

エリカ「…」

エリカ「…ごめん、思いつかなかった」ペコッ

「「「…」」」

エリカ「私、作戦考えるの苦手なのよ。頭固いから」

エリカ「私がどんなに頭を捻って作戦を立てようが、それはあの子の想像を超えることはない」

エリカ「それに、あの子がどんな作戦を立ててくるか、ある程度は予想はつくけれど戦術レベルに留まる程度でそれ以上はさっぱりだわ」



262:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:08:15.77 ID:6B9Dfsbc0

エリカ「だから…敢えて何もしない」

「「「…」」」

エリカ「もちろん主導権を無条件で相手に渡すんだから、相当不利ってのは解ってる。自分でも本当に、ばかげているとも思う」

エリカ「でも、私たちならそれを跳ね除けて勝つことが出来ると考えているんだけど」

エリカ「異論反論非難質問、なんでも受け付けるわ」



263:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:09:25.18 ID:6B9Dfsbc0

小梅「はぁ~…エリカさん、何言ってるの?」

直下「私たち、何があろうと隊長に付いていくよ」

ヤークトティーガー車長「そうだぞ~」

ヤークトパンター車長「その通りです」

パンター三号車車長「だな」

ルクス車長「何があろうと従います!」

ラング一号車車長「そうです!」

レオパルト車長「わたしも!」

エリカ「あなたたち…」ウルッ

エリカ「ありがとう…。作戦名は『不動心』!さあ、練習よ!」

「「「ヤヴォール!!!」」」



264:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:10:38.26 ID:6B9Dfsbc0




決勝戦当日、東富士演習場


エリカ「…」ボー

エリカ車通信手「エリカちゃん、眠いの?」

エリカ「あまり眠れなかったのよ」

エリカ車砲手「子供みたいだな~いつみ~」バシバシ

エリカ「痛いから…」

エリカ車操縦手「英気を養えとか早めに寝ろとか言った本人がそれとはね」



265:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:11:19.89 ID:6B9Dfsbc0

エリカ「仕方ないでしょ、隊員、特に二年生が明日は勝ちましょう~とか頑張ります~とかって部屋に来るんだもの。いい迷惑だわ」

エリカ車装填手「まんざらでもないくせに~」ツンツン

エリカ「やめなさい」

エリカ車通信手「隊長は慕われてますからね~」

エリカ「あなたたちは緊張感が無いというか、リラックスしてるというか…。全く、頼もしいわね」

エリカ車砲手「だろ~」エッヘン

エリカ車操縦手「まあね」

エリカ車通信手「いや~そんなこと」

エリカ車装填手「えへへ~」

エリカ「半分は嫌味のつもりだったんだけど…」



266:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:12:08.46 ID:6B9Dfsbc0




エリカ「どんな感じ?」

小梅「みんなバッチリです」

エリカ「そう、よかった」

小梅「挨拶はいいんですか?」

エリカ「ええ、いいのよ」



267:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:12:38.94 ID:6B9Dfsbc0




沙織「みぽり~ん、みんな問題ないってさ~」

みほ「それはなによりです」ニコッ

沙織「ねえ、逸見さんには挨拶行かなくていいの?」

みほ「いいんです」

沙織「へぇ~、なんで?」

みほ「逸見さんは、戦車で語る人です」



268:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:13:12.62 ID:6B9Dfsbc0




エリカ「ちょっと席を外すわね」

小梅「…。いってらっしゃい」

エリカ「…ありがとう」




269:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:15:00.49 ID:6B9Dfsbc0


エリカ「ふぅ…」

エリカ(…)

エリカ(思えば、高校生活はあなたに振り回されっぱなしね)


まほ『どうした逸見!もう終わりか!?』


まほ『黒森峰を立て直すとか言ったのは誰だ!?』


まほ『どうしてこの程度のことも解らないんだ!!』


エリカ(まほさんは厳しいし…)



270:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:15:31.67 ID:6B9Dfsbc0


『なんであの人が新しい副隊長なのよ…』


『隊長に必死で尻尾振ってたからよ。そうに決まってるわ』


『みほさんの方がよかったなあ…』


エリカ(三年生には陰で色々言われるし…)



271:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:16:24.36 ID:6B9Dfsbc0



エリカ『待っていてください隊長!!今行きます!!!』


ドォォォン!ドォォォン!
シュポッ


エリカ(二度も優勝を阻まれるし…)


エリカ『同じく!逸見エリカ!』


エリカ(大学選抜戦で助っ人させられるし…)



272:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:17:29.10 ID:6B9Dfsbc0

エリカ(ああもう!!)ガシガシ

エリカ(…)

エリカ(でも、あなたがいたから今の私がある)


まほ『よくやったな、エリカ』


まほ『エリカに任せてよかったよ』


まほ『ありがとう、エリカ』


エリカ(いい事もあったし…)ニヘラァ

エリカ(って、そうじゃなくて…)ブンブン



273:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:18:00.77 ID:6B9Dfsbc0


エリカ(とにかく私は今日、ここで…)



エリカ(全てを見せつける!)






274:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:18:59.08 ID:6B9Dfsbc0




みほ(逸見さん…)


みほ(高校に入って、初めての友達)


みほ(ちょっと変わってるけど、でもとっても優しくて…)


みほ(戦車道もすっごい強くて頼りになって…)


みほ(…)




275:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:19:39.25 ID:6B9Dfsbc0

みほ(あの事件の後も、私の事気にかけてくれたし…)


みほ(黙って出て行って、酷い事しちゃったな…)


みほ(戦車から離れるって転校した学校なのにまた始めてて…)


みほ(怒ってるよね…)





276:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:20:15.46 ID:6B9Dfsbc0

みほ(でも大学選抜戦では助けに来てくれたし、もう気にしてないのかな?)


みほ(…)


みほ(勝ちたい)


みほ(勝って言うんだ。ごめんなさい、ありがとうって)



みほ(全力で行くよ、逸見さん)






277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:20:55.67 ID:6B9Dfsbc0




まほ「…」

「隣、失礼してもいいかしら」

まほ「どうぞ、…って、ダージリンじゃないか」

ダージリン「お久しぶり、まほさん」

まほ「観に来てたのか」



278:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:21:40.58 ID:6B9Dfsbc0

ダージリン「私の母校は残念だったけど、この試合すごく興味深かったからよ」

まほ「そうか」

ダージリン「まほさんは、やっぱり心配だから?」

まほ「何を言うか。心配することなんてないさ」

まほ「みほは言わずもがな。エリカは、元々強いしそれに仲間がいる」

まほ「かわいい教え子とかわいい妹の成長を観に来たのさ」



279:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:22:22.18 ID:6B9Dfsbc0




蝶野「両校、隊長・副隊長前へ!」


エリカ・小梅「…」スタスタ

みほ・梓「…」スタスタ


ザッ





280:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:23:15.54 ID:6B9Dfsbc0

エリカ「…」

みほ「…」

エリカ「この場所でまたあなたとやれること、嬉しく思うわ」

みほ「…私もです」

エリカ「いい試合にしましょう」スッ

みほ「受けて立ちます」ガシッ

エリカ「…」ニヤッ

みほ「…」ニヤッ



281:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:24:26.65 ID:6B9Dfsbc0

蝶野「これより、黒森峰女学園対大洗女子学園の試合を始めます!」

蝶野「礼!」

「「「よろしくお願いします!」」」


エリカ「行くわよ小梅」

小梅「はいっ!」


みほ「行きましょう梓さん」

梓「はい!」



282:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:25:37.55 ID:6B9Dfsbc0




エリカ『あーあー、聞こえる?』

エリカ『今ここにいるメンバーに、優勝経験者はいない』

エリカ『勝ちたいわよね?当り前よ』

エリカ『OGとか後輩に、暗黒時代なんて言われちゃたまったもんじゃないわ』

エリカ『それに、てっぺんからの景色、見たいでしょ?』

エリカ『相手は強い。昨年ウチを破ったうえに大学選抜にも勝ったチームよ』



283:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:26:07.15 ID:6B9Dfsbc0

エリカ『でも安心なさい』

エリカ『私たちも強い』

エリカ『乗ってる戦車を信じなさい』

エリカ『隣の仲間を信じなさい』

エリカ『そして、自分を信じなさい』

エリカ『私はあなたを信じてる』



284:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:26:38.68 ID:6B9Dfsbc0




みほ『皆さん』

みほ『今大会は優勝しなくても廃校にはならないし誰かを立てないといけないといったようなことはありません』

みほ『ですがやっぱり勝ちたいですよね!私は勝ちたいです!』

みほ『やる事は変わりません。みんなで勝ちましょう!』

『『『おー!!!』』』



285:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:27:14.79 ID:6B9Dfsbc0

沙織「さあ!みんな頑張ろう!」

優花里「はい!」

華「もちろんです」

麻子「おうとも」



286:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/20(火) 22:29:45.47 ID:6B9Dfsbc0



蝶野『試合開始!!』


エリカ・みほ『パンツァーフォー!!』


黒森峰女学園
ティーガーⅡ 2(エリカ車(フラッグ))、パンター 6(小梅、直下)、Ⅳ号H 4、ラング 3、ヤークトパンター 1、ヤークトティーガー 1、エレファント 1、ルクス 1、レオパルト 1

大洗女子学園
Ⅳ号H(フラッグ)、ヘッツァー、三突、八九式、M3リー、ルノーB1、ポルシェティーガー、三式



294:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:30:15.43 ID:Wxq/tPLG0




エリカ(と言っても、最初はじっとしてるんだけど…)

ルクス車長『行ってきます!』

レオパルト車長『行ってきまーす!』

エリカ『頼んだわよ、気を付けて』



295:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:31:07.30 ID:Wxq/tPLG0




優花里「順調に山の方に進めてますね」

みほ「うん、この調子なら抑えられそう」

沙織「そうすれば大分有利になるね~」

華「でも、少しあっさりしすぎていませんか?」

麻子「確かに、去年は森を抜けて奇襲してきたからな」

優花里「まさか、大学選抜戦の時のように自走砲が!?」

華「後ろに回り込んで挟撃かもしれません」

沙織「どうするみぽりん!?」

みほ「周囲の警戒は怠らずやっるけれど敵影はないし、多分大丈夫かな」



296:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:31:36.74 ID:Wxq/tPLG0




ダージリン「黒森峰、偵察を出しただけで後は何もしないまま山を明け渡したけれど」

まほ「そうだな」フフッ

ダージリン「嬉しそうね。あまり賢い行動とは思えないけれど」

まほ「ああ。私はこんなことしないからな。裏切ってくれて嬉しいよ」

ダージリン「でも主導権を譲ることになるわ?」

まほ「エリカは何も考えずに行動しない。何か企んでるのか?」



297:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:32:03.43 ID:Wxq/tPLG0





ルクス通信手『こちらルクス、敵発見。大洗全車両山に登っていきます』

エリカ車通信手『わかりました。偵察を続けてください』

エリカ「やはり要地を抑えてきたわね」

エリカ車操縦手「どうするの?」

エリカ「二手に分かれて挟撃をするには森を抜けないといけない」

エリカ「出来ない事も無いけど、道が悪い所走るのは足に悪い」

エリカ「全車両で前から突っ込むわよ」



298:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:32:33.75 ID:Wxq/tPLG0





典子『12時方向に敵車両発見!』

沙織「数は18、本隊だね」

みほ『迎え撃ちます、砲撃準備!』



ダージリン「結局力押しだけれど…」

まほ「…」ムスッ



299:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:33:14.18 ID:Wxq/tPLG0




エリカ車操縦手「砲口思いっきりこっち向てるけど」

エリカ「いいのよ」


みほ『全車、砲撃開始!!』


ドォォン!ドォォン!


ラング三号車車長『撃ってきた!!』

エリカ『怯むな!!足を止めるな!!そうそう当たるもんじゃないわ!!』

エリカ『このまま突っ込んで相手を脅かすわよ!』



300:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:34:13.54 ID:Wxq/tPLG0



みほ『ある程度の距離までは装甲の薄い車両を狙ってください!』

華「…今です!」


ドォォォン!
ガッ!
シュポッ


ラング二号車車長『やられました!』

エリカ『構うな!進みなさい!!』



301:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:35:21.75 ID:Wxq/tPLG0




優花里「お見事です五十鈴殿!」

華「ありがとうございます」

麻子「まず一両、だな」

沙織「ねえ!全然減速しないよ!」


エルヴィン「まるで特攻隊だな…」


あゆみ「どんどん近づいてくるよ!」
桂利奈「こわいこわい!」



302:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:36:00.54 ID:Wxq/tPLG0



典子「スパイク止めるな!根性!」

妙子(意味ないと思うんだけどなぁ…)


優花里「西住殿!山頂からでは俯角が足りなくなってきました!」

みほ「うん、わかった」

みほ『全車前進!砲撃を継続してください!』

みほ『ある程度まで近づいてきたら上部装甲を狙って!』

『『『はい!』』』



303:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:36:38.38 ID:Wxq/tPLG0



ドォォン!ドォォン!


シュポッ
シュポッ


沙織「レオポンとカバさんが1両ずつやったって!すごい!」

みほ「いい調子ですね!」



304:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:37:33.80 ID:Wxq/tPLG0




エリカ車通信手「Ⅳ号三号車、ラング三号車もやられました!」

エリカ「でも麓まで来れたわ」

エリカ『陣形変更!V字隊形!』

『『『ヤヴォール!』』』



左衛門座「鶴翼の陣だ!」

カエサル「登って来てる…」


ねこにゃー「このままだと包囲の危険があるにゃー」




305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:38:41.81 ID:Wxq/tPLG0


エリカ『反撃の時間よ!砲撃開始!!』


ドォォォン!ドォォォン!


麻子「そろそろ潮時じゃないか?」

みほ「うん、そうだね」

優花里「被害ゼロで3両撃破出来ました、大戦果です!」

みほ「よし、行こう」

みほ『この場を離れます!もくもく用意!』

『『『もくもく用意!』』』

沙織「用意完了!いつでも行けるよ!」

みほ『もくもく開始!もくもく作戦リターンズです!』

『『『もくもく開始!』』』ポチッ



306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:40:01.02 ID:Wxq/tPLG0

プシュゥゥゥゥゥ


エリカ車砲手「煙幕張ってきた!」

エリカ車通信手「縦隊でウチの間を通って降りていきます」

エリカ「撤退するみたいね」

エリカ『味方に当たる危険がある!砲撃中止!』


ブロロロロロ


華「撃ってきませんね」

麻子「ありがたいな」



307:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:41:00.94 ID:Wxq/tPLG0



ツチヤ「やっちゃって!」


ドォォォォン!
シュポッ


ヤークトパンター車長「ええ…」


エリカ車通信手「ヤークトパンター、やられました…」

エリカ「小賢しい事してくれるわね…」

エリカ車装填手「どこに行くのかな?」

エリカ「まあ市街地でしょうね。そこで仕掛けてくるわ」

エリカ「ルクスに追わせて、あとレオパルトにも連絡」

エリカ車通信手「はい!」



308:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:43:48.11 ID:Wxq/tPLG0



みほ『猫田さん、すみません。お願いします』

ねこにゃー『任せてにゃー』


エリカ(…あの子の事だし、もしかしたら)

エリカ「旋回して、あと砲撃準備」

エリカ車砲手「え、なんで?」

エリカ「いいから」

エリカ車操縦手「ん」



309:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:44:32.14 ID:Wxq/tPLG0



小梅『煙幕晴れます!』

エリカ「さあ…来なさい!」


ねこにゃー「今にゃ!」


ドォォン!
シュポッ


パンター五号車車長「うぇっ!?」



310:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:45:14.26 ID:Wxq/tPLG0


ねこにゃー「すぐ逃げるにゃ!」

ももがー「わかったナリ!」


エリカ「やっぱり!撃て!」


ドォォォォン!
シュポッ


ねこにゃー「あー、もうゲームオーバーか」

ももがー「もっと活躍したかったモモ…」



311:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:46:15.45 ID:Wxq/tPLG0




沙織「アリクイさんチームやられちゃったって」

みほ「1両撃破出来たし、十分だよ!」

優花里「これで7対15ですね」

麻子「まだまだ戦力差があるな」

華「ですが作戦通りいってますね」

みほ「うん、この調子なら…」



エリカ『損傷を確認しなさい。態勢を整えてから追うわよ』

『『『ヤヴォール!』』』



312:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:48:29.47 ID:Wxq/tPLG0




まほ「…」

ダージリン「運命は浮気者、よ」

まほ「ああ、まだ先は判らない」



ルクス車長「本隊が来るまで、しっかり偵察しなきゃ…」

ルクス車長「見つからないように気を付けてね」

ルクス操縦手「うん、わかってる」



313:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:51:25.68 ID:Wxq/tPLG0




麻子「さて、例の川だ」

みほ『追手は来ていません、慎重にいきましょう』

『『『はい!』』』


ザパァァン


ルクス通信手『こちらルクス。大洗、川を渡り終えました。直にそちらに行きます』

レオパルト通信手『りょうかーい』



314:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:52:04.21 ID:Wxq/tPLG0




レオパルト車長「来た来た!」

レオパルト操縦手「ひえー、こっわ」

レオパルト装填手「木陰に隠れてるだけじゃねえ…」

レオパルト車長「下手に動くなよ…」



315:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:53:07.17 ID:Wxq/tPLG0



ブロロロロロロ


カエサル「…あそこ、見ろ」

エルヴィン「草が不自然に倒れてるな」

カエサル「相手の車両が通ったのか?」

おりょう「左衛門座、撃つぜよ」

エルヴィン「“怪しいところは、弾丸をぶちこめ”だ」

左衛門座「了解」



316:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:54:13.09 ID:Wxq/tPLG0



レオパルト装填手「なんかこっち向いてない?」

レオパルト車長「さあ、気のせいでしょ」


ドォォォン!
シュポッ


レオパルト車長「あ」



317:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:55:28.88 ID:Wxq/tPLG0



おりょう「ビンゴぜよ!」

エルヴィン「お手柄だな、カエサル」

カエサル「だろう?」


みほ「カバさんすごい!」

優花里「やりますねぇ!」


レオパルト通信手「なんでバレたんだろう…?」

レオパルト操縦手「車体も緑に塗装してるのにね…」



318:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:56:32.61 ID:Wxq/tPLG0




みほ『では、お願いします』

『『『はい』』』

みほ『ご武運を』

沙織「うまくいくといいね」

華「大丈夫ですよ、皆さんはお強いんですから」

麻子「だな。頼りになる仲間だ」

優花里「ですね~」

みほ「ここが…第二のターニングポイントです」



319:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:57:56.14 ID:Wxq/tPLG0




優季「緊張するねぇ…」

あや「うん…」

梓(黒森峰の本隊が来るのはまだ先だろうけど、でも一応…)キョロキョロ


ルクス車長「えっ!?」


梓「あっ!桂利奈ちゃん、旋回!5時に相手ルクス!」

桂利奈「あーい!」


ギュルルルル




320:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:58:58.67 ID:Wxq/tPLG0

ルクス車長「左に回り込んで!」

ルクス操縦手「わかった」


ブロロロロロロ


梓「あやちゃんお願い!」

あや「任せて!」


キュルキュル





321:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 22:59:41.13 ID:Wxq/tPLG0

ルクス装填手「まずい!副砲がこっち見てる!」

ルクス車長「撃破されることは無いから大丈夫!」


あや「そりゃあ!」


ドォン!
ゴォンッ


ルクス操縦手「履帯が…!」




322:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 23:00:36.59 ID:Wxq/tPLG0



優季「あやちゃんお見事~」

あゆみ「よし!こっちも照準完了!」

梓「撃て!」


ドォォン!
シュポッ


ルクス装填手「あちゃ~」

ルクス通信手「やられた…」

ルクス車長(隠れてたレオパルトがあっさり見つかった…。近づかないようにしていた私たちもリーにやられたし…)

ルクス車長(もしかして…!)



323:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 23:01:25.13 ID:Wxq/tPLG0




エリカ車通信手「ルクス、レオパルト共にやられたそうです」

エリカ「…場所と状況は?」

エリカ車通信手「橋付近、見つかって撃破されたと」

エリカ(出しゃばったとかじゃなくて向こうからか…)

エリカ(…間違いない、橋で仕掛けてくるわね)

エリカ(迂回する方が安全だろうけど、足回りへのダメージがね…)

エリカ「…受けて立つわよ」ニヤッ



325:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:01:15.83 ID:KzXTxD2l0




エリカ『全車停止』

直下『着いたね』

小梅『ここで、ルクスとレオパルトがやられた…』

エリカ『一列で通るわよ。小梅・直下、前よろしく』

小梅『はい』

エリカ『気を付けて』

直下『隊長もね~』



326:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:02:11.89 ID:KzXTxD2l0



ゴロロロロロロ


エリカ「よし、私たちも行くわよ」

エリカ車操縦手「ん」


ブロロ


エリカ「…!」ゾクッ

エリカ「停止!全速後退!!」



327:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:02:46.43 ID:KzXTxD2l0



ドォォォン!

ゴォォォン!!!ガラッシャァァァ!!!


小梅「橋が!!」

直下「脇にヘッツアー!撃て!」


ドォォォン!
シュポッ




328:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:03:21.16 ID:KzXTxD2l0



沙織「フラッグ車じゃないティーガーⅡとパンター、ラングをやっつけたって!カメさんもやられちゃったけど…」

優花里「十分ですよ!」

みほ「はい!すってん作戦大成功です!」

麻子「フラッグ車を撃破出来れば最高だったがな」

みほ「さすが逸見さん、だね」

華「こちらも急ぎましょう」



329:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:04:05.02 ID:KzXTxD2l0




エリカ『あなたたち、大丈夫!?』

ティーガーⅡ二号車車長『平気平気!!安心して!』

Ⅳ号一号車車長『こっちも大丈夫です!』

パンター四号車車長『みんな無事です!』

エリカ『そう、よかったわ…』ホッ

ティーガーⅡ二号車車長『何も出来なくてごめん!』

Ⅳ号一号車車長『頑張ってください、隊長!』

パンター四号車車車長『あとお願いします!』

エリカ『任せなさい。あっ、一応医者に診てもらう事。いいわね?』



330:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:04:33.51 ID:KzXTxD2l0

パンター四号車車車長『はい!』

Ⅳ号一号車車長『お気遣いありがとうございます!』

ティーガーⅡ二号車車長『心配し過ぎだよ~』

エリカ車装填手「みんな無事で良かったね!」

エリカ車操縦手「被害が3両だけなのもね」

エリカ車通信手「車間空けていて正解でしたね

エリカ「ええ…」

エリカ(あのまま進んでたらと思うと…)

エリカ車砲手「で、どうするの?」



331:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:04:59.71 ID:KzXTxD2l0




まほ「フラッグ車は撃破し損ねたけれど、分断に成功した」

ダージリン「これで時間を稼げたわね」

まほ「ああ、市街地で仕掛ける準備ができるな」



332:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:05:42.23 ID:KzXTxD2l0




直下『ヘッツアー以外には居ないみたい!』

小梅『わかりました。ありがとうございます』

小梅(こっちはパンターが4両、Ⅳ号、ラング、ヤークトティーガー、エレファントの8両。向こうはエリカさんとⅣ号が1両だけ…)

小梅(大洗は6両、でも市街地での戦いは得意とだし時間を与えるのはマズい)

直下『小梅ちゃん』



333:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:08:19.41 ID:KzXTxD2l0

小梅『はい、いきましょう』

小梅『エリカさん!後で会いましょう』

エリカ『わかったわ。頼んだわよ!』

小梅『はい!』

小梅『付いてきてください!市街地に先行します!』



334:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:09:30.77 ID:KzXTxD2l0




ダージリン「合流はしないみたいね。意外ですわ」

まほ「だな」

ダージリン「大洗にとっては厳しいわね」

まほ「いや、上手くいけば数を残したままエリカに挑める」

ダージリン「そうね」



335:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:10:02.34 ID:KzXTxD2l0




エリカ『さて、私たちも行きましょうか』

Ⅳ号二号車車長『はい!』


パゾ美「撃て!」


ドォォン!
シュポッ




336:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:10:52.25 ID:KzXTxD2l0

Ⅳ号二号車車長「伏撃!?」

エリカ「なっ!?」


パゾ美「後退!」

ゴモヲ「はい!」


ギュルルル


エリカ「茂みの中!撃て!」

エリカ車砲手「そりゃあ!」



337:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:11:32.25 ID:KzXTxD2l0


ドォォォン!
シュポッ


Ⅳ号二号車車長『すみません隊長…』

エリカ『いや、油断してた私が悪かったわ』

Ⅳ号二号車車長『いや、そんなこと…!』

エリカ車装填手「単独になっちゃったよ…」

エリカ車操縦手「急いで合流しよう」

エリカ「ええ、そうね。行きm」



338:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:12:30.90 ID:KzXTxD2l0

ドォォン!ドォン!


エリカ「!?」バッ


カァンッ!コォンッ!


エリカ「五時方向!M3!」

エリカ車操縦手「距離がある。やられることはない。合流すべきよ」

エリカ「そ、そうね…」



339:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:13:59.19 ID:KzXTxD2l0



あや「ティーガーⅡ固~い!」

あゆみ「ごめん、やっつけられなかった!」

梓「大丈夫、撃破が目的じゃないから。メインはここからだよ」

優季「頑張ってね桂利奈ちゃん」

あゆみ「紗季も頑張ってだって!」

桂利奈「あいあーい!」

梓(本当に乗ってくるかわからないけど…)



340:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:15:48.43 ID:KzXTxD2l0




ガチャンッ

スッ


梓「…」


エリカ「…」



341:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:16:26.97 ID:KzXTxD2l0

エリカ車砲手「どうしたんだ、逸見?」

エリカ「M3の車長」

エリカ車装填手「車長が?」

エリカ「キューポラから体を出してる」

エリカ車通信手「それがどうかしました?」

エリカ(みほが育てたチーム…)

エリカ(面白い…)ニヤッ

エリカ「車体旋回。ウサギ狩りの時間よ」

エリカ車操縦手「はぁ…、ほんとバカ」



342:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:17:24.57 ID:KzXTxD2l0



梓「きた!」

あや「やった!」

優季「こわ~い」

あゆみ「でもやらないと!」

桂利奈「よーし!」

紗希「…」



343:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:18:00.97 ID:KzXTxD2l0




沙織「ひとりぼっち作戦、上手くいったって!」

優花里「カモさんチームも頑張ってくれましたね」

麻子「よく乗ってきたな」

みほ「逸見さんはまっすぐな人だから」



ダージリン「早く合流するほうが良いのではなくて?」

まほ「エリカをその気にさせるような事をしたんだろう。あいつは単純だからな」

ダージリン「厳しいわね」

まほ「そんなことはない。むしろ私は好きだぞ、エリカのああいうところ」



344:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:20:48.61 ID:KzXTxD2l0




エリカ「前進!」


ブロロロロロロ


梓「後退!まず広い所に出るよ!」

梓(2分…は難しいかな、せめて100秒は稼ぎたい)


ブロロロロロ




345:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:22:29.05 ID:KzXTxD2l0



梓「ここなら!旋回!」

桂利奈「あい!」


ギュルルル


エリカ(75ミリ砲は回らないし37ミリは装甲を抜けない)

エリカ(なのに起伏のない広場で向かってくる)

エリカ(足止めが目的ね、まあ当然だけど)

エリカ「撃て!」



346:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:23:12.91 ID:KzXTxD2l0



ズドォォンッッ!


梓「回避!」


バシュッ!


エリカ車砲手「躱された!」

エリカ「行進間だしそんなもんよ」



347:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:24:11.17 ID:KzXTxD2l0



梓「撃て!」

あゆみ「そりゃあ!」

あや「とりゃ!」


ドォォン!ドォン!


エリカ「砲塔旋回!右十度!」


ギュルル

ガァン!ゴォンッ!


あゆみ「やっぱり弾かれる!」

梓「すれ違ったらすぐに旋回!真っすぐ走らないように心がけて!」



348:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:24:58.22 ID:KzXTxD2l0


ブロロロロロロ


エリカ「停止射撃に切り替えるわ。弾の消費を抑えたい」

エリカ車操縦手「了解」

エリカ「停止!」


ギギィ


エリカ「撃て!」


ドォォォン!




349:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:25:55.99 ID:KzXTxD2l0



梓「停止!」


ギギギッ

バァァン!


優季「梓ちゃんすご~い」

梓(相手の砲手は相当腕がいい。でも裏返せば回避運動をしっかりすれば当たることはない…はず)



350:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:27:31.99 ID:KzXTxD2l0


エリカ車砲手「ああもう!」イラッ

エリカ車装填手「気にしないでいいよ!」

エリカ車操縦手「イラつけば精度が落ちる、やめときな」

エリカ車通信手「そうだよ、回避されなきゃ当たってるよ」

エリカ車砲手「解ってる!」

エリカ「…あんた、どんな的が得意?」

エリカ車砲手「は?制止、向かってくるの、横移動、斜めの順だけど」

エリカ「分かった。なら次、絶対当てなさい」



351:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:28:08.06 ID:KzXTxD2l0



あや「そりゃ!」


ドォン!


あゆみ「意味無いから…」


エリカ「砲塔旋回!照準!」

エリカ車砲手「照準良し!」



352:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:28:48.64 ID:KzXTxD2l0


梓「来る!停止!」


ギギギィッ!


パラララララ


梓「なっ!?」

あゆみ「機銃!?」


エリカ車砲手「そこだ!!」



353:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:30:27.84 ID:KzXTxD2l0



ドドォォォオンッ!


ガァンッ!
シュポッ


エリカ車砲手「いや~やっぱりド真ん中にブチ込むのは気持ちいいなあ~」

エリカ車通信手「お見事!」

エリカ車装填手「ナイスゥ!」

エリカ車操縦手「さすが」

エリカ「ま、それぐらいはやってくれないとね」



354:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:32:00.23 ID:KzXTxD2l0



桂利奈「やられたー!」

優季「やっぱりすごいね…」

あゆみ「うん…」

紗季「」コクコク

梓「みんな大丈夫!?」

あや「大丈夫!メガネ割れちゃったけど」



355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:32:33.62 ID:KzXTxD2l0




エリカ(まだまだね…。でも悪くなかったわ)

エリカ(これからが楽しみな子達ね)フフッ

エリカ車装填手「なんで笑ってるの?」

エリカ「なんでもない。さあ、市街地に行くわよ!」



356:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:33:30.25 ID:KzXTxD2l0




沙織『うん、お疲れ様。頑張ったね』

優花里「ウサギさんチーム、大活躍ですね」

麻子「魅せてくれたな」

みほ「はい!」

華「おかげで迎え撃つ準備が整いました」

みほ(逸見さんがここに来る前に相手を撃滅…)

みほ(数の利を生かして逸見さんを…)

みほ(4両で8両の相手をするのは厳しいけど、このチームなら…)



357:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:34:22.70 ID:KzXTxD2l0




直下『間もなく、だね』

小梅『はい。市街地に入ったら2両ずつで行動してください』

小梅『くれぐれも気を付けて』



典子『黒森峰来ました!直に第三セット開始です!』

みほ『わかりました、アヒルさんチームもこちらに合流してください』

典子『了解です!』



エリカ車通信手「小梅さん達、市街地に入ったそうです」

エリカ「私たちも急ぎましょう」



358:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:34:59.78 ID:KzXTxD2l0




パンター六号車車長(ここは道幅が狭いし入り組んでる。慎重にいかなきゃ)

ラング一号車車長『…っ!後退!』

パンター六号車車長『なに!?どうかしたの!?』

ラング一号車車長『脇に三突です!』


ブロロロ


パンター六号車車長『撃ってこないじゃない』

ラング一号車車長『あれ…おかしいなあ』

パンター六号車車長『緊張でおかしくなってるんじゃない?』

ラング一号車車長『うーん…微速前進』



359:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:35:37.68 ID:KzXTxD2l0


ブルル


ラング一号車車長『やっぱりいる!後退!』

パンター六号車車長『固定砲じゃ反撃できないでしょ、私がやる!』

ラング一号車車長『お願いします!』

パンター六号車車長『前進!』


ブロロロロロロ


パンター六号車車長『撃て!』



360:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:36:22.45 ID:KzXTxD2l0


ドォォォン!

バキイィ!

パンター六号車車長「…ハリボテね」

ラング一号車車長(デコイを置く目的…)

ラング一号車車長(敵を足止めする、戦力を見誤らせる、あとは…)

ラング一号車車長(突破させない為!そう隊長に教わった!)

ラング一号車車長『突破しましょう!前進!』

パンター六号車車長『え、ちょ、なにやって』



361:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:36:49.13 ID:KzXTxD2l0

ブロロロロロロ


パンター六号車車長「ああもう、ついていって!」


ドォォン!
シュポッ


ラング一号車車長「え?」



362:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:39:00.33 ID:KzXTxD2l0



左衛門座「やった!」

おりょう「作戦成功ぜよ」

カエサル「もう1両いるぞ!」

エルヴィン「すぐにこの場を離れる!」

おりょう「了解ぜよ!」


パンター六号車車長「追うわよ!って、もういない」

パンター六号車車長「逃げ足の速い奴め…」

パンター六号車車長『全く、逸るんじゃないわよ』

ラング一号車車長『あはは…ごめんなさい』



363:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:40:21.12 ID:KzXTxD2l0




沙織「カバさんチーム、ラング撃破だって!」

みほ「さすがカバさんチームです!」

麻子「まさか成功するとはな」

優花里「作戦が良かったですね~」

華「マカロニ作戦ドライ、でしたっけ?」

みほ「うん。逸見さんなら、そういう風に教えると思ったから」



364:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:46:10.78 ID:KzXTxD2l0




Ⅳ号四号車車長『前方に八九式!』

パンター三号車車長『放っておいていい。それよりも火力のある車両を優先的に』

Ⅳ号四号車車長『了解です!』


妙子「相手されてないですよー?」

あけび「やっぱり火力がないから…」

典子「そっちの方が都合がいい」

典子『こちらアヒル!レオポン、用意はいいですか?』

ツチヤ『オッケー!いつでもいいよ!』

典子「やるぞ!メラメラ作戦!」

忍「痛い目にあわせてやりましょう!」



365:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:47:47.72 ID:KzXTxD2l0



Ⅳ号四号車車長『八九式が脇に回り込んできた!』

パンター三号車車長『どうしても構って欲しいらしい。撃破しろ』

Ⅳ号四号車車長『了解!砲塔旋回!』


典子「させるか!とりゃ!」


シュッ カァンッ

カランッ!コロコロ 

プシュゥゥゥゥゥ



366:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:48:44.73 ID:KzXTxD2l0



Ⅳ号四号車車長「うわっ!?なに!?」

Ⅳ号四号車砲手「発煙筒だ!」

Ⅳ号四号車装填手「キューポラから入れてきたの!?」

Ⅳ号四号車通信手「投げ捨てて!」

Ⅳ号四号車操縦手「見えないよ!」


妙子「お見事ですキャプテン!」

典子『レオポンさん、あとよろしく!』

ツチヤ『はいはーい』

典子「よし、後退!」

忍「はい!」



367:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:49:52.02 ID:KzXTxD2l0


ブロロロロロロ


パンター三号車車長『正面からポルシェティーガー!後退しろⅣ号!』

パンター三号車車長(まずい、それどころじゃないか)

パンター三号車車長『撃て』


ドォォォン!

ゴォンッ!


パンター三号車車長(やはり抜けないか…)

パンター三号車車長「後退、Ⅳ号は諦める」



368:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:52:11.04 ID:KzXTxD2l0

ツチヤ「今楽にしえあげるからね~」

ツチヤ『撃て!』


ドォォォォンッッ!

ガァンッ!!

シュポッ


Ⅳ号四号車車長「やられたー!」

パンター三号車車長『ご苦労。後は任せな』

Ⅳ号四号車車長『はい!』

パンター三号車車長(あの八九式は倒しておかないと後々厄介になるかもな)

パンター三号車車長(でも今から追うには向こうの足が速すぎる)

パンター三号車車長「残りの車両をさがす」

パンター三号車操縦手「はーい」



369:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:52:57.62 ID:KzXTxD2l0




パンター六号車車長(三突はどこに逃げた…?)


ドォン!

カァンッ


パンター六号車操縦手「軽戦車が目の前を横切ってった!」

パンター六号車車長「八九式にも気を付けろと三号車が言ってたわ!追うわよ!」

パンター六号車車長「了解!」



370:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:55:20.47 ID:KzXTxD2l0


あけび「やっぱり57ミリのスパイクじゃ効果無いかぁ…」

典子「ついてきたぞ!」

妙子「作戦通り…」


沙織「最後のⅣ号を撃破、今アヒルさんがパンターに追われてる!」

みほ(やっぱり。逸見さんなら危険因子は優先的に処理するようにさせるよね)

みほ『カバさんチーム、準備はいいですか!?』

エルヴィン『大丈夫だ!』



371:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:55:51.75 ID:KzXTxD2l0


パンター六号車車長「撃ち続けなさい!」


ドォォォン!


忍「リベロ並みのフットワークで…」

妙子「頑張って!あと少し!」

典子『カバさん!すぐです!』

エルヴィン『いつでも来い!』



372:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:57:37.38 ID:KzXTxD2l0


おりょう「行くぜよ!」

カエサル「今度は失敗しない!」

左衛門座「必ず仕留める!」

エルヴィン「前進!」


ブロロロロロロ


パンター六号車操縦手「くっそ~速いな~」イライラ

パンター六号車車長(このままだと開けた道に出る。そこを撃たれるかも…)


妙子「そこ!右折!」

忍「そりゃ!」

ギュルル



373:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 22:58:59.28 ID:KzXTxD2l0



パンター六号車操縦手「待てーい!」

パンター六号車車長「ダメ!停止!」

パンター六号車操縦手「うぇっ!?」


ギギィィ


パンター六号車車長「曲がったところで止まってどうするのよ!」

パンター六号車車長(良かった…待ち伏せはされてなかった)ホッ

パンター六号車砲手「前から三突が!」

パンター六号車車長「なっ」

パンター六号車砲手「八九式とどっちを狙えば!?」

パンター六号車車長「狙いやすい方!」

パンター六号車砲手「そんなアバウトな…」

パンター六号車砲手(三突の火力でもパンターの正面は厳しい、なら!)



374:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:00:04.54 ID:KzXTxD2l0


ドォォォン!


典子「回避!」

忍「はい!」


バシュッ!


パンター六号車砲手「躱された!」

パンター六号車車長(それより三突、このままだとすれ違うけど何もしないの?どういうつもり?)



375:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:00:59.56 ID:KzXTxD2l0



カエサル「今だ!ナポリターン!」


ギュルッ
ギギギギギィィィィィィ


エルヴィン「ぶち込め!!」


ドォォォン!

シュポッ


おりょう「成功ぜよ!」

左衛門座「やったなおりょう!」



376:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:01:47.46 ID:KzXTxD2l0


典子「よし!」



みほ(こちらは4両、相手は逸見さん合わせて6両…)

みほ(いける…!)


小梅「撃て!」

直下「撃て!」

パンター三号車車長「撃て」



377:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:02:24.22 ID:KzXTxD2l0


みほ「っ!回避!」


ドォォォン!ドォォォン!ドォォォン!


ガァ シュポッ
ガァ シュポッ


典子「うわぁ!」

エルヴィン「うぉっ!」



378:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:03:09.71 ID:KzXTxD2l0



麻子「間一髪だったな」

みほ「見つかった…。逃げます!」

麻子「ほーい」

沙織「アヒルさん、カバさんやられたって!」

みほ「残り2両…」

みほ『レオポンさん、今どこですか!?』



379:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:03:41.80 ID:KzXTxD2l0



小梅「エリカちゃんが任せてくれたんだ…」

直下「そう簡単にやられるわけにはいかないんだよね」

パンター三号車車長『こちら三号車。相手フラッグ車を発見、追撃する』

小梅『わかりました。私もそちらに向かいます』

直下『私はポルシェティーガーを探すよ!エレファント、ヤークトティーガーもついてきて!』

『『ヤヴォール!』』



エリカ『こちらエリカ、直につくわ』

エリカ「って、聞いてる?」



380:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:04:55.57 ID:KzXTxD2l0



沙織「なんか追手が増えたよ!!」

みほ「…」

ツチヤ『こちらレオポン、見つかっちゃった』

ツチヤ『パンターと駆逐戦車2両に追われてるよ』

みほ『予定通りお願いします!』

ツチヤ『それじゃ私たち、たぶんやられちゃうけど』

みほ『大丈夫です、後は任せてください』

ツチヤ『はいよー』



381:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:05:50.40 ID:KzXTxD2l0



みほ「麻子さん、そこ左折!」

麻子「ほーい」

沙織「みぽりん!このままだとタイミングが合わない!私たち早すぎるよ!」


ツチヤ「EPS使って!」


ブオオオオオオオオ!!


みほ「きた!」


パンター三号車車長「っ」


ガァンッ!




382:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:06:29.67 ID:KzXTxD2l0

ツチヤ『撃て!』


ドォォォォン!

シュポッ


パンター三号車車長「…」チッ


ヤークトティーガー車長「止まった!撃て!」


ドォォォォォンッ!

シュポッ!




383:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:07:20.68 ID:KzXTxD2l0


ツチヤ「いや~、まあよくやったよ」

みほ『ありがとうございました』

ツチヤ『後は頼んだよ~』


直下「十字路で交差させてきたか~」

直下『迂回してフラッグ車を追うよ!』

『『ヤヴォール!』』

小梅『私もすぐ行きます!』



384:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:08:08.68 ID:KzXTxD2l0




沙織「私たちだけになっちゃったね…」

華「相手はまだ5両…」

優花里「その5両も強力です…」

麻子「…」

みほ「大丈夫、まだチャンスはあります…!」

みほ(とは言ったけど…)

みほ(ここまでかな…)



385:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:09:07.39 ID:KzXTxD2l0



エリカ「お待たせ」

直下「遅いぞたいちょー!」

小梅「あとはフラッグ車だけだよ」

エリカ「ええ、そうみたいね。よくやったわ」

エリカ(…)

エリカ(これで終わりか…)



386:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/22(木) 23:10:03.71 ID:KzXTxD2l0




ダージリン「さすが黒森峰、隊長以外もよく鍛えられてるわね」

まほ「当然だ」

ダージリン「5対1、みほさんにとっては厳しいわね」

まほ「ああ…」

まほ(なんなんだろう…)

まほ(この物足りなさは…)



392:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:02:18.70 ID:oleYCl+s0




みほ「回り込まれるのが怖い。広い所に行きましょう。そこで相手をします」
麻子「ん」


エリカ「いたわね」
小梅「ええ…」


みほ「逸見さん、来たんだ…」



393:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:03:03.91 ID:oleYCl+s0

エリカ「じゃあ…」


みほ「では…」


エリカ「ほうげk」みほ「パンt」


小梅「待って下さい!」

エリカ「っ!」バッ!


みほ「っ!停止!」

沙織「どうしたのみぽりん!?」

みほ「逸見さん、手を突き出してる…」

華「待て…、ですかね?」



394:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:03:38.09 ID:oleYCl+s0


エリカ「なによいきなり」

小梅「エリカさん…私たち、ここで降りるね」

エリカ「は?何言ってんの?」

小梅「したいんでしょ、みほさんと一騎討ち」

エリカ「そんなことないわよ。相手に無礼だわ、やめなさい」


華「何か話していますね」

麻子「そのようだな」



395:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:04:36.95 ID:oleYCl+s0


小梅「最後ぐらい、わがまま言っていいんだよ。エリカさんは今までずっと、私たちの為に頑張ってきたんだから」

エリカ「だからそんなことは」

小梅「嘘。だってエリカさん、すごい曇った顔してるもん」

エリカ「…もともとこういう顔よ」

小梅「優勝しても、エリカさんが心から笑ってくれないのは嫌だな…」

エリカ「…」



396:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:05:05.69 ID:oleYCl+s0

小梅「見せてよ、エリカさんの戦車道。“私はあなたを信じてる”」

直下「私も信じてるぞ!」

ヤークトティーガー車長「うんうん」

エレファント車長「そういうこと」

エリカ「あなたたち…」

エリカ「…好きにしなさい」プイッ



397:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:05:42.64 ID:oleYCl+s0



シュポッ
シュポッ
シュポッ
シュポッ



沙織「ええっ!?白旗上がったよ!?」

優花里「投降ですね…」

華「ナメられてるってことですか?」ムッ

麻子「腹立たしいな」

優花里「ですが一騎討ちなら我々にもチャンスが!ね、西住殿!西住殿…?」

みほ(逸見さん…)ニヤッ



398:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:06:21.04 ID:oleYCl+s0




まほ「自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる」

ダージリン「…ゲーテね」

まほ「エリカは私を目標にしていた。その結果自分を認めることが出来なかった」

まほ「私から離れ、新しい道を志向すれば、エリカはもっと強くなる」

ダージリン「守破離、ですわね」

まほ「さあ、見せてくれ…お前の戦車道を!」



エリカ(ありがとう小梅、ありがとうみんな…)




399:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:06:51.73 ID:oleYCl+s0




みほ「場所は学校から、回収車が居なくなってから3回秒針が12を刺したらスタート…」

沙織「この距離で向かい合ってるんだし、開始と同時に撃たれたらすぐやられちゃうよ」

みほ「そんなつまらないことはしないはずです」

優花里「そうですね!じゃないと一騎討ちなんてしませんよ!」

麻子「で、作戦はどうする?」

みほ「…最初の一撃で優位に立ちます」



400:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:07:25.19 ID:oleYCl+s0




エリカ車通信手「伝えてきました」

エリカ「ん、ありがとう」

エリカ車砲手「いや~燃えるな~!」

エリカ車装填手「私は緊張しっぱなしだよ~」

エリカ車操縦手「何か作戦は?」

エリカ「Ⅳ号の主砲なら側面か背面じゃないと抜けない。そこだけ晒さないように注意して」

エリカ「逆に私たちはどこでも抜ける。確実に一発、ぶち込むわよ」

エリカ「じゃ、後は時間まで汗拭いたり水飲んだりしなさい。気持ちは切らさないで」



401:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:08:03.77 ID:oleYCl+s0




みほ(あと30秒…)


みほ「みんな集中して…」


みほ「エリカさんは強いよ」




エリカ「あんたたち、気引き締めなさい」


エリカ「みほはバケモノよ」





402:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:09:31.10 ID:oleYCl+s0




みほ(3…)

エリカ(2…)


エリカ「右方向に前進!!」


ブロロロロロロ


みほ「後退!!」


ブオオオオオ





403:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:10:23.77 ID:oleYCl+s0

エリカ(初手で下がった…?)

エリカ「追うわよ!」


みほ(よし…ついてきてる)

みほ「曲がって!すぐ停止!」

麻子「ん」

みほ「衝撃に備えてください!」


エリカ「曲がった!砲撃準備!」

エリカ「って、な!!」



404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:11:00.81 ID:oleYCl+s0



ガァァンッ!!


エリカ車操縦手「うわっ」

エリカ車通信手「きゃっ!」

エリカ車砲手「うおっ!」

エリカ車装填手「ひゃっ!」

エリカ「っ!」


みほ「撃て!!」


ドォォォン!

ギィンッ!




405:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:11:31.79 ID:oleYCl+s0




みほ「すぐ発進!」

華「すみません、ターレットリングに当てられれば撃破出来たかもしれないのに…」

みほ「そんな、当てただけでもすごいよ!」

みほ「それに、狙いは上手くいったし」



406:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:12:07.77 ID:oleYCl+s0


エリカ車装填手「いたた…」

エリカ車通信手「慣れたつもりだったけど、不意にはキツイですね…」

エリカ「…」

エリカ車砲手「どうした逸見?」

エリカ「砲身の先が曲がってる。おそらく今の砲撃でやられたわ」

エリカ車装填手「あっちゃ~」

エリカ車操縦手「精密射撃は不可能、肉薄しないとだな」

エリカ車砲手「曲がってても当ててやるよ!」

エリカ「心意気は買うけど弾には限りがある。慎重にね」



407:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:12:55.23 ID:oleYCl+s0



ブロロロロロロ


沙織「回り込んできた!」


エリカ「撃て!」


ドォォォォン!


エリカ車砲手「当たらない!」



408:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:13:42.37 ID:oleYCl+s0



みほ「よし、これでいい」

みほ「すれ違ったらすぐにターン、出来ますか?」

麻子「道幅が狭すぎる」

みほ「ならこのまま進んで。広場で迎え撃ちます」

麻子「ほーい」



エリカ(来ない…待ち伏せか)

エリカ「広場に出るときに一旦停止するわよ!」

エリカ車操縦手「了解」



409:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:15:09.84 ID:oleYCl+s0

ブオオオオオオオオ


エリカ「今!」


みほ「撃て!」


ギギギィィィィィィ

ドォォォン!


エリカ「やっぱり…」


みほ「離脱!」



410:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:15:38.65 ID:oleYCl+s0

ギュルルルルル!


エリカ「撃て!」


ドォォォォォン!


エリカ「ちっ!」


みほ「ここで撃ち合います!回り込むチャンスを常に窺って!」



411:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:16:20.68 ID:oleYCl+s0

ブォォオオンン


みほ「撃て!」


エリカ「車体旋回!11時方向!」


キキッ

ドォォォン!

ガァン!




412:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:16:50.14 ID:oleYCl+s0

みほ「…次弾装填!」


エリカ「撃て!」


みほ「停止!」


ギキィ!

ズドォンッ!


エリカ「発進!」



413:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:18:42.77 ID:oleYCl+s0

みほ「このまま回り込んで!すぐ装填!」


ブオオオオオオオオ


みほ(よし、側面!)

みほ「撃て!」


エリカ「旋回!」


ギュルルル

ドォォォン!

ゴォンッ!





414:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:19:22.75 ID:oleYCl+s0

優花里「そんな…」

みほ「優花里さん装填!」

優花里「はい!」


エリカ「照準!」


みほ「距離を取って!」


ブロロ


みほ「相手が撃ってきた瞬間を狙ってください!」



415:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:19:53.77 ID:oleYCl+s0

エリカ「一時半を向いて停止!撃て!」


みほ「撃て!」


ズバァァンッ!ドォォォンッ!


ギィンッ!


沙織「全部弾かれるよ!」

華「くっ…」

みほ「大丈夫、行進間で当ててるだけですごいから!」



416:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:20:42.65 ID:oleYCl+s0




ダージリン「ティーガーⅡの装甲が厚いというのもあるけれど」

まほ「ああ、撃ってくるタイミングに合わせて角度をつけているな」

まほ「スポーツ、特に球技の選手なんかは正確性を向上させるために一定のリズムでプレーする事がある」

ダージリン「バスケットのシュートとかですわね」

まほ「戦車道ではあまり聞いたことがないし砲手を務めたことが無いが、砲撃も無意識に自分のタイミングがあるのだろう。呼吸の様にな」

ダージリン「でもそれを読んで車体を傾けるとは…」

まほ「エリカもその操縦手も相当やるな」



417:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:21:52.45 ID:oleYCl+s0




みほ「華さん、今度はあえてワンテンポ遅らせて撃って」

華「やってみます」


みほ「停止!撃て!」


エリカ「停止!」


ギギィィ!


エリカ「っ!」


ドォォォンッ!


エリカ「外した…」ホッ



418:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:22:43.62 ID:oleYCl+s0


華「ごめんなさい!」

みほ「気にしないで!」



まほ「やはり、自分のタイミングが外れると照準も狂うな」


小梅「すごい…あそこだけでもう40秒近く撃ち合ってる…」

直下「やっぱり隊長には敵わないなぁ…」



419:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:23:16.53 ID:oleYCl+s0



華「足を撃ちましょうか」

みほ「…ダメ」

優花里「ですが、このままでは埒が明きません!」

みほ「そんなの…つまらない」

沙織「みぽりん…」

みほ「いったん後退。態勢を立て直します!」


ブロロ





420:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:24:20.08 ID:oleYCl+s0



エリカ「あなた最高よ」

エリカ車操縦手「なんてことないさ」フンッ

エリカ「追撃、といきたいけど回り込むわよ」

エリカ車操縦手「ん」



421:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:24:54.54 ID:oleYCl+s0

エリカ(手が震える)


エリカ(鳥肌が立つ)


エリカ(身の毛がよだつ)


エリカ(私今、興奮してる…)


エリカ(久しぶりだ、この感じ…)


エリカ(いつからか私は、誰かに認められるために、誰かに褒めてもらうために戦車に乗ってた)



422:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:25:45.57 ID:oleYCl+s0

エリカ(でも今は違う)


エリカ(目の前のライバルとの勝負を…純粋に…楽しんでる!)


エリカ(戦車に乗り始めた時もこうだったな…)


エリカ(みほ…あなた最高よ!)



423:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:26:28.46 ID:oleYCl+s0



みほ(体が熱い)


みほ(胸が高鳴る)


みほ(鼓動が速くなる)


みほ(エリカさん…)



424:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:27:05.21 ID:oleYCl+s0

みほ(あなたはどんな時も、私がどこに居ても、私に全力でぶつかってきてくれた)


みほ(私が副隊長になった時も、あの事件の後も)


みほ(転校してからも)


みほ(そして今も!)


みほ(私は…エリカさんに応えたい!!)



425:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:27:59.00 ID:oleYCl+s0



エリカ「居た!」


みほ「撃て!」


ズドォンッ!

ゴォンッ!


みほ「全速離脱!」


エリカ「逃がすな!」



426:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:28:29.86 ID:oleYCl+s0

みほ「ターン!」


ギュルルル


みほ「撃て!」


ズガァンッ!


エリカ「右に回避!砲塔旋回!」

エリカ「機銃掃射!」


ズガガガガガガ





427:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:29:52.25 ID:oleYCl+s0

沙織「危ないよみぽりん!中に入って」

みほ「ダメです。ここで退いたらやられます」

みほ(それにエリカさんだって体を出してるんだ…)


エリカ(引っ込んでくれればと思ったけど…)

エリカ(流石みほ、肝が座ってるわね…)


みほ「後退!」


エリカ「後退…!」




428:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:31:12.70 ID:oleYCl+s0




エリカ車砲手(普段なら当てられるのに…当てたら勝ちなのに…)イライラ

エリカ車装填手(弾が少なくなってきた…)

エリカ車操縦手(…疲れた)

エリカ車通信手(私だけやることなくて…煩わしい…)

エリカ(みんな消耗してる…)

エリカ(かくいう私も限界が近い…)



429:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:32:48.35 ID:oleYCl+s0




優花里「徹甲弾、残り僅かです!」

みほ(そろそろ決着をつけなきゃ…)

みほ「次で決めましょう」

みほ「アレ、お願いします!」

麻子「アレか」

沙織「アレだね!」

華「アレですか」

優花里「アレですね!」



430:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:33:27.89 ID:oleYCl+s0




エリカ「たぶんみほはアレをやってくるわ」

エリカ「だから私たちもアレ、やるわよ」

エリカ車操縦手「ん」

エリカ車通信手「わかりました!」

エリカ車砲手「よしきた!」

エリカ車装填手「よーし!」



431:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:34:04.27 ID:oleYCl+s0




まほ「次が最後の撃ち合いだな」

ダージリン「ええ…」


小梅「エリカさん…」

直下「隊長…」



432:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:34:53.90 ID:oleYCl+s0




エリカ・みほ「前進!」



ブオオオオオオオオ
ブロロロロロロロロ


みほ「撃て!」


ドォォォン!


エリカ「撃つな!」


ギィンッ!




433:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:35:25.76 ID:oleYCl+s0

みほ「お願いします!」


ギギギィィィィィィィィィ!!!


エリカ(きた…ドリフト!これを待ってたのよ!)

エリカ「二時方向に前進!」


ブロロロロロロ


みほ「向かってきた!?」



434:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:36:30.85 ID:oleYCl+s0

華「っ!」


ドォォォン!


エリカ(焦って撃ったわね!)
エリカ「やれ!!」


ガァァァンッッ!!


みほ「っ」

みほ(体当たり…!)



435:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:37:15.40 ID:oleYCl+s0

エリカ「左履帯回転!」


ギュルルルルル


みほ(車体の半面をぶつけて、そこを支点に旋回…)


エリカ「捉えたわよ…!!」


みほ「回避!!」


エリカ「無駄よ!こいつからは逃れられない!!」



436:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:38:04.59 ID:oleYCl+s0

エリカ「撃てええええ!!!!!」



ズバァァァァンッッ!!


シュゥゥゥゥ


カッ
シュポッ


エリカ「…」

みほ「…」



437:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:38:45.56 ID:oleYCl+s0




『大洗女子学園フラッグ車、走行不能!』

『優勝は…黒森峰女学園!!』



ワァァァァァァァーーーー!!!






438:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:39:30.49 ID:oleYCl+s0


エリカ「ふぅ…」

エリカ車砲手「はぁ…」

エリカ車装填手「疲れた…」

エリカ車通信手「ですね…」

エリカ車操縦手「…」


小梅「やったあ!やったよ!!」

直下「優勝だーーー!!!」

小梅「エリカさん…」ウルウル



439:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:40:04.71 ID:oleYCl+s0



沙織「いや~負けちゃったね…!」

麻子「だな」

優花里「はい…」

華「ですね…」

麻子「でも、やれるだけのことはやったさ」

華「黒森峰女学園、お見事でした」

優花里「また頑張りましょう!ね、西住殿!…西住殿?」



440:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:40:47.27 ID:oleYCl+s0

みほ「…」

ガチャンッ

エリカ「じゃ、私行ってくるから」

ガチャンッ

みほ「エリカさんっ!」タッタッタッ

エリカ「みほ…」

みほ「エリカさん!」ダキッ

エリカ「うわっ!ちょ、いきなりなによ…」



441:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:42:26.62 ID:oleYCl+s0

みほ「おめでとう…!おめでとう…!」ギュウウ

エリカ「ええ…ありがとう」サスサス

みほ「私、変なの…」グスッ

みほ「負けて…悔しいし、悲しいし、腹立たしい…」

みほ「でも…よくわからないけど…嬉しいし…」

エリカ「なにも言わなくていいわよ…」

みほ「エリカさんと出会えて、勝負が出来て、本当によかった!」

みほ「ありがとう!!」



442:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:43:54.13 ID:oleYCl+s0

エリカ「私からもお礼を言うわ」

エリカ「とても…楽しい勝負だった」

エリカ「ありがとう」

みほ「えへへ…どういたしまして」ニコッ

みほ「あっ、あともう一つ…」

エリカ「なに?」

みほ「えっと…その…また、お友達になってくれますか?」

エリカ「いや…無理でしょ…」

みほ「ふぇっ!?」

エリカ「ライバル…。そういうのだったら…いいけど」

みほ「…はい!!」



443:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:46:04.98 ID:oleYCl+s0




ダージリン「最後の一撃、まるで獲物の喉仏に食らいつく虎ね」

まほ「やったな…エリカ」

ダージリン「悔しさが男を作る、惨めさが男を作る、悲しさが男を作る」

ダージリン「そして強大な敵こそが、真にお前を偉大な男にしてくれる」

まほ「リヒトホーフェンか」

ダージリン「ええ。エリカさんにぴったりだと思わない?」

まほ「エリカは女だし、乗るのは戦車だがな」



444:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:47:00.40 ID:oleYCl+s0






エリカ(疲れた…)

エリカ(試合もそうだけど、そのあとにみんなにもみくちゃにされたのが効いた…)

エリカ(メールやら電話やらもたくさん来るし…)

エリカ(これから忙しくなるんだろうなあ…)

エリカ(寝よう…)

ブルルルル

エリカ(またか…全く誰よ…)



445:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:48:10.06 ID:oleYCl+s0

エリカ『…はい』

まほ『私だ』

エリカ『西住さん!?』

まほ『優勝おめでとう、エリカ』

エリカ『ありがとうございます!』

まほ『現地で観ていたぞ。よく頑張ったな』

エリカ『いや、そんな…』



446:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:48:49.78 ID:oleYCl+s0

まほ『現地で観ていたぞ。よく頑張ったな』

エリカ『いや、そんな…』

まほ『本当は終わった直後に顔を出せれば良かったんだが、他の隊員との時間に水を差すのも良くないと思ってな』

エリカ『いえ、こうしてお電話を頂けただけで充分です』

まほ『そうか、なら良かった』

エリカ『はい』



447:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:49:22.14 ID:oleYCl+s0

まほ『どうだ、見つかったか?自分の戦車道は』

エリカ『はい、“相手に合わせて適切な手を打ち跳ね返す、柔軟な戦術”かと…』

まほ『それは戦術だろう?信条は、心はどうなんだ?』

エリカ『心…』



448:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:50:02.41 ID:oleYCl+s0

エリカ(まほさんの戦車道は勝利を重んじる…)

エリカ(みほの戦車道はみんなで勝つ…)

エリカ(私は…)


エリカ『強敵との勝負を楽しむ…』


エリカ『これが…』



エリカ『これが私の戦車道です!』






449:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 21:51:17.59 ID:oleYCl+s0

これにて完結です
最後まで見ていただいた方、ありがとうございました



元スレ
【ガルパン】エリカ「第64回戦車道全国高校生大会」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520839609/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 00:49
          • 2 何が書きたかったのか分からない感じ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 01:24
          • よかったよ。最後はエリカがみほとの一騎討ちに勝つんだろうと思ってたけどね。そこまでの話にどう持っていくか、だよね。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 01:33
          • まあ大枠での「エリみほ」をやりたかったのは理解できる
            ただ、決勝で無理矢理一騎打ちに持ち込ませたのは作者の力量不足だね、そこが残念
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 01:54
          • しっかり練り上げて話を作ってんだなぁと思うし完成度も高いよね
            ただ面白いかと言われると う〜ん
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 02:51
          • 一騎打ちそんなに不自然か?テレビ版でおケイも車両数合わせてくれたしまほも逃げ続けて合流を待つと言う手段ではなく一騎打ちに乗ってくれたぞ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 03:08
          • 何だろう
            すごい淡々と進むな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 04:01
          • ※5
            ケイさんはアリサがやらかしちゃったお詫びの面もあるし
            まほのときはみほが作った逃げ回れば後続が追いつくという状況を、あえて逃げ回らず西住流として正面から力でねじ伏せようとした結果だし
            何の制限もないのにあえてのタイマンという、舐めプととられかねない今作のケースとは違うだろ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 07:58
          • ちょっと時期が遅かった感じだな
            この手の最終決戦ネタSSが大量に有るので今更感がハンパ無いんだよな
            でもまぁ作者の熱意というか想いは十分に伝わって来た
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 08:08
          • アキとミッコは3年生じゃなかったっけ?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 08:23
          • 4 よく言えばテンエルフェゴート王国
            ベルギー。通り道。緩衝地帯。
            ポが良く、悪ければ淡泊。
            ただサクサク進んで脇目も振らずにいい意味でやりたいことやっていくから破綻してないしすんなり読めるから好きよ。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 10:31
          • ※9
            フェイズエリカだとエリカ、みほ以下の学年
            ミカは不明
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 10:34
          • 継続はルミが酒飲める年齢でミカとルミは面識あるけどアキミッコとルミは面識ないくらいしか分かってないな
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 10:43
          • Ⅳ号でキングタイガーに勝てるのか?
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 11:44
          • 「勝てるのか?」じゃねぇ
            「勝つしかねぇ」んだよ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 14:53
          • 2 一騎打ちは要らないな
            なら最初から一騎打ちのスポーツになるもの
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 17:14
          • 話に起伏がないというか
            とりあえず話が進んでいくだけというか
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月25日 19:49
          • 1 最初から麻子の態度が悪くて読むのやめた
            ヘリで送ってもらったことわすれてんの
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月26日 03:47
          • ※13。前身のティーガーⅡより重くて足回りが弱い上に側面背面側面が同等かそれ以下の装甲厚だったらしいから、タイマンに限って言えば、まほとの一騎打ちでIV号がやった回り込みでほぼ完封される。

            …はずなんだけど、エリカ車もレオポンP虎に負けず劣らずぶっ壊れた挙動するから、ガルパン世界の戦車はよくわからんぞい。あいつ大学選抜戦で軽くドリフトかましてたからな。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月26日 16:01
          • ※17
            最後まで見てないのに評価すんなや
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月27日 03:09
          • 最後までどっちが勝つか予想出来なかった点は評価する
            しかしどの学校も三年生が卒業しちゃってると寂しいものがあるな
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月28日 01:21
          • 4 語り手が周りの状況を心の内で説明したり、観客が戦況を会話で伝えたりすればよかったかも。
            あとは、試合前のやり取りとかもうちょっと伝えると、新生黒森峰の様子が伝わったのでは?

            戦車内の会話や通信のやり取り、効果音だけで表現してるのだから迫力は十分伝わったからいい出来栄えだと思う。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月28日 21:12
          • バカな!? 第64回大会は殲滅戦になったはずでは!?
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月29日 01:51
          • 1 設定がガバすぎる.なんで高1でみほエリが初対面なんだ,継続がなぜパンツァーフォーなんだ.面白そうなのに設定がガバくて読み進めるほど読む気が削られる.ちゃんとサーベイしてから書くか,何らかの注意書きをしてくれ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月29日 02:31
          • ※23 みほエリが高校以前に面識あるなんて公式で言ってたっけ?まさかフェイズエリカが根拠なんて言わないよな?
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月29日 17:22
          • 5 試合中の選手の会話が楽しかった
            熱意とガルパン好きな気持つが伝わってきて良かったよ


            ※23みたいに細部が気になってしょうがない奴はSSなんか読んでいられないだろ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月29日 19:07
          • 麻子ヘリの事あるのに忘れてて
            いやな奴になってるな
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月30日 05:42
          • 舐めプの応酬で「強敵との勝負を楽しむ(笑)」とか笑わせんで欲しいでつ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月31日 09:12
          • ガルパンで舐めプの無い試合の方が少ないんだぞ。せいぜい聖グロとの練習試合と、劇場版のエキシビションマッチぐらい。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        • 【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」
        • 【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」
        • 【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」
        • 【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」
        • 【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」
        • 【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」
        • 【ミリマス】ジュリア「紗代子がお笑い鼻メガネを付けてきた」
        • 【ミリマス】ジュリア「紗代子がお笑い鼻メガネを付けてきた」
        • 【ミリマス】ジュリア「紗代子がお笑い鼻メガネを付けてきた」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ