TOP

絹旗「この手を――」上条「あぁ、離さない!」

アックア「さて、そろそろ……」麦野「ちょっといいかしら?」
220:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:42:47.94 ID:8Zghcs7u0

絹旗「この手を――」上条「あぁ、離さない!」


※注意
上条さんTUEEEEEE!がしたかっただけのIFストーリーです
要は『上条さん×アイテム』なのですが、今回のメインヒロインは絹旗さんです
「俺の絹旗がこんなに可愛いわけがない」と言う方にお勧めします
(あと上条さんの説教好きな方にも是非読んで頂きたいです)

日常:戦闘:ラヴ:コメ=4:2:1:3、ぐらいです

それでは最後までお付き合い頂ければ幸いです



221:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:44:37.21 ID:8Zghcs7u0

――いつもの喫茶店にて。過去

絹旗『そう言えばこの間、映画を超見ていたんですが、変な言い回しがありました』

滝壺『……どんなの?』

絹旗『二人の男女が超逃避行を続けながら銀行強盗をする、と言う話なのですが』

フレンダ『その時点で大体オチが見えた訳。つーか結局“明日に向かって撃て”じゃ?』

絹旗『あ、いえオチは“木星○国の帝王になったオッサンが、自分のクローンを超量産して地球圏へ攻め込む”でした』

フレンダ『木星帝○かっ!?と言うかクロスボーンバンガ○ド入ってるし!』

滝壺『資源がないと言いつつ、気持ちの悪いモビルスー○を量産出来る不思議……』

麦野『何の話をしてんのよアンタら。で?分からなかったって?』

絹旗『ラストシーンで妻の亡霊がオッサンへ向かって、“地球が綺麗ですね”と超語りかける場面がありました』

絹旗『オッサンは“ああ、とても”と返し、大気圏の摩擦熱で超小さくなっていく――その絵を背景にしてスタッフロールが流れました』

フレンダ『B級映画にありがちな“最後だけそれっぽくしとけば良くね?”的な匂いがぷんぷんと。っていうか、ここまでアレだと見たくなってくる訳』

絹旗『今月中はやってますから、超週末にでも』

滝壺『わたしも行きたい……』

麦野『はい。ではみんなで超行きましょうか』

麦野『待て待て。私も頭数に――まぁいいか。で、聞きたいのって?』

絹旗『吹き替え前の台詞が“I love you”だったのに、どうしてそんな訳になったのか、と』

フレンダ『あーそれは夏目漱石ね』

絹旗『吾輩は猫である?』

フレンダ『そうそうその人。漱石が学校の先生だった頃、生徒が“I love you”を“私はあなたが好きです”って訳した訳』

滝壺『やくしたわけ、って読み辛いよね』

フレンダ『でも漱石が“月が綺麗ですね”って訳しなさい、つった訳よ』

絹旗『何でですか?』

フレンダ『さぁ?昔の人だったし、そうゆうダイレクトに表現するのを避けたんじゃないの?』

絹旗『そうですか。超分かりましたフレンダ。意外とやるじゃないですか』

フレンダ『良いって訳よ。意外と、ってのが引っかかる訳だけど』

絹旗『あ、すいません。超本音がポロッと』

フレンダ『もっと酷い訳よね?それつまり日頃から信じてないってゲ×しちゃっているよね?』

絹旗『ポロロッと』

フレンダ『不満があったのは擬音じゃないから!?』

滝壺『ポロロッカ』

フレンダ『ボケの被せ方が絶妙で不安定になるし!?』



222:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:46:40.86 ID:8Zghcs7u0

絹旗『で、麦野?本当の所は超どういう意味なんですか?』

フレンダ『全然信じられてなかった!?っていうか扱い酷くない!?酷い訳よね!?』

麦野『フレンダので正解。教科書にはそう書いてあったわね』

滝壺『そして放置されるふれんだ……よしよし』 ナデナデ

フレンダ『……何で良い事言ったのに心が折れそうになってる訳……?』

絹旗『むぅ……超意味が分かりません。好きなら超好きって言えばいいじゃないですか』

フレンダ『ま、お子様の絹旗には分からないって訳よ!お・こ・さ・ま・だし?』

滝壺『そういう言い方イクナイ。というか多分それは自爆フラグ』

麦野『フレンダだって中一でしょうが』

絹旗『えぇまぁ確かにフレンダの超言う通りなんですが。それはつまりお子様ではないフレンダさんは超違う、と?』

フレンダ『当然な訳よ』

絹旗『でしたらコイバナの一つでも超披露して頂けるんですよね?』

フレンダ『へっ?』

絹旗『では超張り切って語って貰いましょう。お題は――』

フレンダ(やったろうじゃない!どんな無茶ブリにも人生の先輩として応える訳よ!)

絹旗『――“淫乱ゴールド-悪堕ちヒロインに迫る牙-”』

フレンダ『悪意しかないなそのタイトルっ!?って言うかタイトルで9割内容決まっている訳だし!と言うかコイバナとして使っちゃいけない単語しかない訳よね!』

滝壺『ふれんだなら……ふれなんだなら純愛モノへ路線変更できるかも!』

麦野『辛うじてヒロインはどうにか……いやぁ、無理か』



223:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:48:12.67 ID:8Zghcs7u0

絹旗『麦野と滝壺は超どうです?』

麦野『男持ちだったら、毎日毎日ファミレスやら喫茶店には集まらないでしょうが』

滝壺『おなじくー』

絹旗『……分かりませんね、なんか』

麦野『ま、別に焦ってどうこうする事じゃないわね。つーかアンタは……来年中学だっけ?』

絹旗『どうせ籍だけですが』

麦野『今しかやれない事をやりな、なんて説教出来るような立場でもないしな』

フレンダ『でもモタモタしていると何もしないまま麦野のようなババアに――』

麦野『あ、ごめん。今からちょっとフレンダ灼いてくるから今日は解散ね』

フレンダ『真顔で言われると余計怖いんですけど!?』

麦野『いやだわフレンダ――冗談じゃねぇに決まってんだろぉ?』

フレンダ・麦野『……』

フレンダ『じゃっお疲れって訳で!!!』 ダッ

麦野『逃げてんじゃねぇぞ腐れ×××がっ!――あ、これでここ払っといて。何食べてもいいからっ』 ダッ

絹旗『……』

絹旗『えっと』

滝壺『……うん、たいみんぐ、だと思う』

絹旗『ですか?』

滝壺『むぎのはああだけど外面は良いから幾らでも出来る筈。でもしなかった』

滝壺『たいみんぐが悪かっただけ』

絹旗『いえわたし達の仕事とかもあったかと超思いますが』

滝壺『それも含めて。きっといつか、きぬはたは素敵な恋をする筈』

絹旗『またどういう根拠があって超勝手な事を』

滝壺『きぬはた、良い子だから』 ナデナデ

絹旗『あの超脈絡をキャンセルされても』

滝壺『良い子は幸せにならなきゃいけない。この世界にはそういうルールがある』



227:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:49:50.31 ID:8Zghcs7u0

――いつもの喫茶店にて。現在

フレンダ「……最近、職場の雰囲気が悪い訳よ」

麦野「あ、代入式間違えてるわね。そこはこっちの使うのよ」

絹旗「奇遇ですね。わたしも超思います、それ」

上条「あーなるほど。道理で何度やったって間違えるよな」

滝壺「でれ反対ー……昨今の安易なツンデレ量産はよくないー」

麦野「別にテストじゃないんだから、ゆっくりやりなさいな」

上条「でも麦野って勉強教えるの上手いよな。学校じゃ上の方?」

麦野「籍はある筈だけど、能力開発ばっかで行ってないし。つっても演算使うからある程度の知識ないとお話にならないでしょうが」

上条「そっか。でも暗部の仕事も最近少ないし、行ってみれば?」

麦野「いやー制服が絶望的までに似合わないのは自覚あるし、どこのコスプレよって感じだから、正直行きたくはないわね」

上条「ブレザー?セーラー?」

麦野「貰ってすぐクローゼットに放り込んであるから、どっちだったかも忘れた」

上条「見てみたいなー、麦野の女子高生姿。出来ればポニテで」

麦野「イヤよ。似合わないから」

上条「そっかな?今、前みたいなブランド物やめちまって、しま○らだけど、似合ってるし」

上条「着てみたら結構、ってのはあると思うぞ」

麦野「うーん……だ、だったらさ、ウチ、来る?」

上条「え、見せてくれのんか?」

麦野「あんまり自信ないのよね。上条だけだったら、まぁいいかなっ――」

フレンダ「のおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!」

フレンダ「何コレっ!?何なのコレっ!?何お持ち帰り確定してる訳!?」

フレンダ「喰う気でしょ!?どうせ『あ、あんたにしか見せないんだからねっ』とか言って誘うつもりな訳!?」

麦野「で、いつにする?」

フレンダ「話を聞いてえええええええええぇぇぇぇぇぇぇ!?」

フレンダ「って言うかあんた誰よ!?麦野はそんな事言わないわよっ!」

フレンダ「あたしの知っている麦野は黒○に跨ってトゲパットと釘バットで武装して、『ぶるわあああああああああああああっ!』って笑ってた訳よ!」

絹旗「いや北斗○拳が超入っていますから」

滝壺「音速○さんマジかっけー……」



228:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:51:22.28 ID:8Zghcs7u0

麦野「さっきから煩ぇな。私が上条に勉強教えるのがそんなに変か?」

絹旗「いえ、何かこう席順もアレなだけあって。超違和感があると言いますか」

フレンダ「そうそう!なんで“こう”な訳?」

━┯━┯━
絹│  │上
フ.│机│麦
滝│  │
  └─┘
 廊  下

上条「……何かおかしいか?」

麦野「別に変な所は何もないでしょうが。考え過ぎなのよ」

絹旗「何なんでしょうね。超違和感と言いますか、こう『近寄るんじゃねぇぞメスども』的な雰囲気がするような」

滝壺「デレはんたいー、Mの需要も考えろー」



229:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:53:00.26 ID:8Zghcs7u0

麦野「あぁもう分かったわよ。“こう”すりゃいいんでしょうが」

━┯━┯━
  │  │絹
フ.│机│上
滝│  │麦
  └─┘
 廊  下

絹旗「流石麦野。わたし達のリーダーです」 スリスリ

フレンダ「いやそれおかしい訳。デカい方から二人そっちに集まってるのに、どうして絹旗もそっち行ってる訳よ」



230:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:54:38.03 ID:8Zghcs7u0

滝壺「……わたしは“こう”すれば良いと思う」

━┯━┯━
  │  │絹
フ.│滝│上
  │  │麦
  └─┘
 廊  下

フレンダ「テーブルに載った!?っていうかすっごい邪魔なんだけどっ!?」

上条「しかも正座して見下ろされているから圧迫感が半端ないぜ……」

滝壺「あなただけ見つめてる……」

絹旗「能力追跡のあなたが言うと超洒落になりません」



231:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:56:12.83 ID:8Zghcs7u0

麦野「あーもう煩いから“これ”でいいんじゃない?」

━┯━┯━┳━
  │  │絹┃
  │滝│上┃フ
  │  │麦┃
  └─┘  ┃
 廊  下

フレンダ「隣の席に追いやられた訳っ!?え、なにそれあたしの扱い悪くないっ!?」

麦野「大体こんな感じでしょ」

絹旗「芸人的には超オイシイとも言いますが」

滝壺 グッ(親指を立てる)

フレンダ「だーかーらー――」

上条「つかフレンダあんま騒ぐなよ。こっちこい」 ヒョィッ

━┯━┯━
  │  │絹
  │滝│合
  │  │麦
  └─┘ 
 廊  下

麦野・絹旗・滝壺「」

フレンダ「ちょっ!?抱っこって!?」

上条(ちっさいなー。絹旗とそんなに変わらないか?)

上条「んで?フレンダは何が言いたかったんだ?」 ナデナデ

フレンダ「えっとその、結局アレよ!アレな訳よ!」

上条「うん」 ナデナデ

フレンダ「…………にゃあ」

麦野「よしフレンダ殺そう」

絹旗「超お付き合いします」

滝壺「お墓には鯖寿司を捧げる」

フレンダ「待って待って!ちがっ、そーじゃないの!?違うからっ!?」

上条「いやもうなんか混沌としてきたし、店員さんもいやーな目で見ているから、取り敢えず元へ戻そうぜ」

四人「はい」



232:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:57:48.26 ID:8Zghcs7u0

麦野「……で、フレンダ?さっきアタシを世紀末覇者呼ばわりしてなかった?」

フレンダ「き、気のせいじゃないかなー、なんて思ったりする訳でー」

麦野「ま、フレンダへのオシオキは後でするとして、上条――は、拙いか。絹旗」(封筒を手渡す)

上条「何で俺はダメなんだ?」

麦野「100%落とすから」

上条「ひ、否定出来ない」

絹旗「中身は……映画のチケットですね」

麦野「今日はもう行けないけど、明日二人で行ってきなさいなって話よ」

上条「脈絡が見えないんだが。みんなで行けば良いんじゃないのか?」

絹旗「かみじょー、わたしとじゃイヤ、ですか?」 ウルウル

上条「そんな事ぁ言っていないだろ!どうして俺ら二人が指名なんだ」

フレンダ「ずーるーいーわーけー」

滝壺「そーだそーだ」

麦野「いや明日ね、仕事が入ったんだけど、アンタ達元重傷人じゃない?」

麦野「ケガも治りきってないから、二人は大人しくしてなさいな」

絹旗「はぁそれは超構わないんですけど、仕事の方は三人で大丈夫なんですか?」

上条「そっちが危なくなるんだったら、遊んでいられないしな」

麦野「詳しい内容は言えない――って言うか知らないんだけど。第二位の所と合同でやるみたいだから、そんなに心配はしなくていいわ」

上条「垣根が居れば問題ない、かな?」

麦野「敵に回った所でぶっ飛ばせば良いだけだし」

絹旗「(超冗談になっていませんからね、それ)」

フレンダ「(っていうか原子崩しが制御出来るようになったし、学園序列上がるんじゃ?)」

上条「んー、まぁ分かったよ。危なくなりそうだったら顔出すから」

絹旗「またそんな超簡単に」

上条「難しい話じゃないだろ?……っと先帰るわ、同居人の赫炎のインガノックにメシ作らねーといけないし。場所と時間はメールでよろしくー」

絹旗「……また名前超変わったんですね」

滝壺「『こんにちは。ぎー』」

フレンダ「仮面の道化師の幻がっ!?」



233:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 12:59:34.97 ID:8Zghcs7u0

――喫茶店。少し後

絹旗「――で、実際の所は超どうなんですか?」

麦野「裏も表もないわよ。話したので全部」

絹旗「本当に慰労目的で超楽しんでこい、と?」

麦野「そうそう。あ、絹旗ちゃんたら、男の子とデートに行くの初めて?」

絹旗「超誤魔化さないで下さい!」

麦野「相手がなぁ、悪りぃんだよ」

絹旗(あ、口調戻った)

麦野「迎電部隊っていう情報・奇襲戦に特化した連中なんだが、誰か一人二人軸になる能力者がいる訳じゃない」

麦野「だもんでアタシらにとってはフツーの相手なんだけど、アイツの右手にゃ出番はねぇのよ」

絹旗「でしたらフレンダか滝壺へ任せた方が良いのでは?」

フレンダ「はいはいっ!あたしもテロよりデートしたい訳っ!」

滝壺 コクコク

麦野「あー、んじゃこうしましょう。明日、上条と遊びに行きたい人ー」

フレンダ「はいっ!」

滝壺「はい」

絹旗「……」

麦野「絹旗は?本当は行きたいんでしょ?」

絹旗「え、まぁ……はい」

麦野・フレンダ・滝壺「どうぞどうぞ」

絹旗「ダチョウ倶楽○っ!?古いしベタですし!」

麦野「と言う訳で本人の強い希望により絹旗ちゃんが同行人になりましたー」

絹旗「いえあのネタではなく、ですね」

フレンダ「(麦野っ、ここはあたしに任せる訳よ)」

麦野「(気が進まねぇんだけど)」

滝壺「(ふれんだに任せよ?)」

フレンダ「(滝壺っ)」

滝壺「(どうせ失敗するし)」

フレンダ「(どうせとかって!?何、あたしの信用はそこまで無いの!?)」

麦野・滝壺「……」

絹旗「えっと……すいません、超良く分からないですけどフレンダ?話は聞きますから、超泣かないで?」 ヨシヨシ



234:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:01:00.92 ID:8Zghcs7u0

フレンダ「……まぁ何?相手はテロリストじゃん?銃とか爆弾とかで武装した」

絹旗「能力以外では一番超効率的ですからね」

フレンダ「で、狙う相手は子供とか無能力者とか、弱い相手を人質にする訳よ。結局根性無しだから」

フレンダ「だからつまり明日残党とかが街へ逃げたら、必然的にマクレ○ンばりに運の悪い男が人質になったりする訳よね?」

絹旗「!」

麦野「なんつー説得力よ」

滝壺「むしろフラグの域にまで達している気配」

フレンダ「たまたま遊園地で通りかかったヒーローショーに本物のテロリストが乱入!上条と一緒に捕まる子供達!」

フレンダ「テロリストの理不尽な要求に上条がキレて説教し出す訳よ!」

絹旗「その光景が超浮かびます。というかまさかこれ超伏線じゃないでしょうね?実は明日まるっと同じ展開だったら超怒りますよ」

フレンダ「でも相手は能力者じゃないし銃を持った相手にボコられる上条!しかぁし!颯爽と現われるヒロインが!」

フレンダ「『全くあんたって奴はレベル0のくせに何やってんだか!……いや、まぁ一々付き合うあたしもどうかとは思うけども!むしろ結婚を前提に付き合いたいわ!!!』」

麦野「オイ話の主旨変わってんだろ。明らかにレーガンじゃねぇか」

滝壺「でも逆に考えよう。今こうして想像する事でフラグをヘシ折っている」

フレンダ(超電磁砲)「『べ、別にあんたを助けた訳じゃないんだからね!?』」

麦野「まぁた見本のようなツンデレだなぁ」

滝壺(上条)「『分かってるよ、子供を助けたかったんだろう?お前はそういう優しい奴だって』」

麦野「唐突に参加すんなよ!?」

フレンダ(超電磁砲)「『……違うわ。そうじゃない!』」

滝壺(上条)「『ビリビリ?』」

絹旗「……何時まで続くんですか、この超小芝居」

フレンダ(超電磁砲)「『あたしはずっとあんたを助けたかった!あんたが独りで戦うのはもう嫌なのよ!』」

滝壺(上条)「『ビリビリビリ?』」

麦野「いや、その場面で“ビリ”を一個増やすようなボケは要らねぇだろ。っていうかアンタ達のシミュレーションは明らかに、おかしい」

フレンダ(超電磁砲)「『だから、あたし――』」

滝壺(上条)「『れーがんっ!』」

フレンダ・滝壺 ガシッ!

フレンダ「――と言う訳で、明日は上条と一緒に居た方が良いと思う訳」

絹旗「いえあの実に説得力はあると思うんですけど、後半のお芝居のせいで信用性が超無くなったと言いましょうか」

フレンダ「まぁテロリスト云々も大切だけど、たまにはのんびりと遊んで来たらいい訳」

絹旗「でもっ」

フレンダ「心配ならあたしが定時連絡するから、ね?」

絹旗「……はい。まぁそう言う事であれば、はい」

麦野「(たまに思うんだが、フレンダのこう言う所妙に手慣れてんな。絶対下に弟か妹が居るわね)」

滝壺「(小芝居をする辺り、結構歳は離れていると思う)」

麦野「(……ま、機会があれば会うでしょうよ)」

滝壺「(そうやって遭遇フラグを立てるむぎのであった)」

麦野「(何の話よ!?)」



235:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:02:40.07 ID:8Zghcs7u0

――翌日。いつもの喫茶店がある駅前

上条(結局場所はいつもと変わってないな)

絹旗「あ、上条。超こっちです」

上条「待った?」

絹旗「今来た所です、って何超定番させているんですか。普通逆だと思いますし」

上条「言う割には時間より早く来て乗り気のような――っても今日も服変わらないのな」

絹旗「超デートじゃないですからね。知り合いと遊びに行くだけですし。っていうか中学生相手に何を超期待しているんですか?」

上条「してないからね!?話の流れで言っただけだから」

絹旗「えー、それはそれで『お前なんか興味ねぇよ』って言われてるみたいで超テンション下がりますしー」

上条「俺はなんて答えりゃいいんだ?」

絹旗「『愛しているよ、最愛』」

上条「愛しているなんて言えるかっ!」

絹旗 ピッピッピ

上条「何してんの?ねぇ何してんの絹旗さん?」

絹旗「あ、それも超頂きますね」

上条「いやだから何を――」

絹旗 ピッ

携帯 (上条の声で)『愛してる、絹旗さん』

上条「オイ携帯寄越しなさいイヤマジで洒落にならないからっ!」

絹旗「やだえっちちかんへんたい、おまわりさーん超たすけてー」

上条「いやいやっ!麦野辺りに知られたら上条さん消し炭になっちゃうからねっ!?」

絹旗「その時は超守ってあげますからご心配なく」

上条「そっかぁ、じゃ安心だよね――ってお前が!お前が不安の種を蒔いてんだよ!」

絹旗「まぁ上条を弄るのも飽きてきましたし、そろそろ超行きましょうか」

上条「その前に携帯を貸しなさい。いやマジで」

絹旗「取れるものなら超取ってみてください。わたしの窒素装甲に死角はありません」

上条「言いやがったな?俺の右手に殺せない幻想はないぜ!」 キリッ

絹旗「では超勝負をしましょうか?10分後にわたしの携帯を持っていない方が、いる方の言う事を何でも聞く、って事で」

上条「わかった!後悔するなよ?」

絹旗「あ、ちなみに『ゴメンナサイ』すれば今日一日に超限定してあげても良いですよ?」

上条「期限無かったのかよ!?……いやまぁやるけどさ」

絹旗「あ、んじゃ今超準備しちゃいますから」

絹旗 (携帯電話を掲げる)

絹旗 (胸元に入れる)

絹旗 シャキーン(窒素装甲で固定)

絹旗「さ、超どうぞ?」

上条「すいませんでしたっ!!!」



236:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:04:21.71 ID:8Zghcs7u0

絹旗「超弱いですねー。幻想殺しはその程度なんですか?」

上条「いや白昼の駅前で女子中学生のワンピん中に手を入れるなんて、そんな幻想殺せませんから!むしろ俺が社会的に抹殺されるわ!」

上条(と言うか絹旗小学生ぐらいにしか見えないし、余計にヤバいだろ)

上条「この状況でなんか出来るか。絹旗ん中の俺のイメージってどんなんだよ?」

絹旗「割と超緩い感じですね。ほら前の事件の終わりに、天草式の人が超露出きょ――」

上条「もうそれは許してやって!神裂さんには触れないであげて!」

絹旗「最近は聖人もああ言う格好しないと人気出ないんですかね、超不景気ですし」

上条「いやあれは神裂が特殊なだけであって。あと俺を同類で括るのは止めてくれ」

絹旗「でも神裂が年上のおねーさん路線で来たら、超好きでしょう?おっぱい大きいですし」

上条の下条さん(そりゃもう大好物です)

絹旗「需要の少ないわたしは超どうすればいいのかと」

上条「まぁ急ぐ必要は無いんじゃないか?別に好きな相手でも居る訳でもないし、ちょっとずつ大きくなっていけば」

絹旗「似たような主旨の事を麦野にも超言われました」

上条「つーかさ、歳だのキャラだのって拘るよりは、楽しんだ方が良いと思うけどな」

絹旗「……まぁ超一理あるかも知れませんね」

上条「意外と負けず嫌いなんだな」

絹旗「おやぁ?ゲームで超負けた人に台詞とは思えませんが――あぁそうだ。今日一日言う事超聞かなくちゃいけないんでしたっけ?」

上条「しまった!余計な事言ったか。あ、でも金そんなに持ってきてないから――」

絹旗「麦野から上条の給料を前借りしてありますので、超ご安心を」

上条「安心じゃないな!?すっげー不安しか覚えない上、なにそれ今まで全部計画的だったのか!?」

絹旗「いえまぁ超流れで何となく。と言うわけで、手」

上条「て?」

絹旗「左手を超出して下さい。右手だとパキーンされますから――と思ったんですが、一応超確認を」 ペタペタ

上条「くすぐったいし、絵面が危険な事になっているんだが」

絹旗「どうやら能力は右手に触ったままでも超使えるようですね。多分接触してないせいかと」

上条「どういう事?」

絹旗「わたしの盾は超接触しているのではなく、空気中に固定しているだけなんですね。元々存在している窒素を操っています」

絹旗「その盾に触ればパキーンされるんでしょうが、直接触らなければ超無効化出来ない、んじゃないでしょうか」

上条「あれでもビリビリ触ったら、電撃出なくなったぞ?」

絹旗「デート中に余所の女の名前を出されて超ご機嫌斜めですが、電撃能力者は体内から精製・放出するタイプだから、でしょうかね」

上条「麦野ん時も使えたしなぁ」

絹旗「恐らく超そうだと思います。あぁはい、手」

上条「ん」

絹旗 ギュッ(手を取る)

絹旗(あ、結構超大きいんですね)

グッ

絹旗「ほら、何やってるんです?超巻きで行きますよっ!」

上条「あーうん」

上条(……ま、普通の女の子、だよな)



237:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:05:59.82 ID:8Zghcs7u0

――同時刻。光の届かない地下室

垣根「おー久しぶり。元気してた?えっと滝壺ちゃんとフレンダちゃん?も。二人足りないみてぇだが」

麦野「アンタの顔を見るまでは良かったわよ。ウチの二人は野暮用――つーかアンタも一人じゃねぇか」

垣根「あーうん心理定規は忙しいんだと。つーか何?こっちより優先しなきゃいけない仕事って何よ?」

麦野「捕虜の口割らせんのだって、別に能力は必要ないしいいんじゃない。それより補充したスナイパーは何処行った?」

垣根「知らねぇよ。俺の方こそ聞きてぇぐらいだ」

麦野「(砂皿って奴を追い掛けてるの?)」

垣根「(あぁそれっきりだ。学園を出た所までは俺も確認したが)」

麦野「つかこの集まりは何よ。クソ木原の猟犬部隊が結構居るし」

垣根「知らねぇの?第一位が木原潰したんだけど、頭だけ潰したから大分余っちまったって」

麦野「セロリにしてはやるじゃない。でもアイツら親子みたいなモンじゃなかったっけ?」

垣根「外から見ると性格もそっくりだしなぁ。あんな親父イヤだわ、あんな息子はもっと嫌だけど」

スピーカーの声『はいはい、無駄話はそこまでよー。お姉さんの話を聞いてねー』

麦野「たまには現場まで出て来たらどうなの?」

スピーカーの声『嫌よ。汚れるじゃない?あ、麦野服変えたんだ?失恋?』

麦野「テメェにゃ関係無い」

スピーカーの声『そっかー、でも全然似合ってないわよ。つかキログラム100円の服なんてよく着られるわねぇー』

麦野「そりゃどーも。人前にすら出られないドブスの言葉は心に響くわー。アタシも見習って見せる相手が居ないのにドレスでも注文しようかしらー?」

垣根(麦野、メンタル強くなってんな)

麦野「で、行き遅れニートさんよぉ?アタシ達集めて何をさせたいわけ?」

スピーカーの声『……今日は迎電部隊へのカチコミを頼もうと思ってたんだけど、情報漏れたらしくてねー』

スピーカーの声『ついさっき子供を人質に立てこもられちった、テヘ』

麦野「アンタもう管理者として最悪だな」

滝壺「(昨日のフラグがもう回収された)」

フレンダ「(って上条居なくて良かった訳。絶対突っ込むし)」

垣根「つーかダベってるより、さっさと向かった方がいいんじゃねぇの?」

スピーカーの声『大丈夫よー、一方通行のグループが解決しちゃったから』

垣根「俺ら必要ねぇじゃん」

スピーカーの声『でも何人か撃ち漏らしちゃったしー、そもそも別働隊がスタンバってたらしく全員じゃないのねー』

スピーカーの声『だから今日、アンタ達は学園内を駆けずり回って害虫駆除をお願いしまーす』



238:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:07:34.38 ID:8Zghcs7u0

――そして平穏を破る第三勢力

【法律?】あの人をストーカーしてみるスレ★787【なにそれ新しい食いモンか何か?】

10032『おいお前らちょっとこれ見てみ?』

10039『ブラクラ乙』

13577『うそだああああああああああああああああああああああああああぁ!!!』

19090『幼女と、だと!?』

10039『ブラクラじゃねーの?』

10032『いや見てみ。KJさんとビ×チが手ぇ繋いで歩いているから』

10039『またまたご冗談を――』

11039『ちょっと俺吊ってくるわ』

13577『ないわー、いやこれはないわー。つーか誰こいつ?』

10032『KJが最近つるんでいる奴の一人。アイテムだっけかな』

13577『まさかとは思ってたけど幼女好きだとは』

19090『まだ決定したわけじゃないし』

10032『待て待て幼女じゃないし。つーか中学生?俺らと一緒じゃね』

10039『つまりこいつを否定するのは、俺らもダメだって認めんのと同じか?』

13577『取り敢えずSNKする?』

19090『やっとくでしょ、そりゃ。運営にスレ止められねぇかな?』

10032『そしたら実況かvipに避難所立てればいいし』

19090『今どこ?』

10032『映画見てる。上映時間は後1時間ぐらいあるみたい』

13577『んじゃ現地集合で』

10039『おけ』

19090『よろー。あぁ後抜け駆け禁止な。同期切んなよ?』

10032『大丈夫。俺を信じろwww』

13577『いやお前ペンダント買って貰ったじゃねーか、つーか芝生えてんぞコラ』

10039『お前とは一回ケリつけっかんな、覚えとけ』

19090『氏ね、つーか死ね』



239:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:10:02.02 ID:8Zghcs7u0

――第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦。『終わらない明日へ、戦場を駆る不死鳥』

クルーゼ『キラ君!あぁキラ君!』

キラ『何がしたいんだ――あなたはっ!?』

クルーゼ『絶望が宇宙を覆い!暗闇が未来を閉ざす!私はね、ナチュラルだのコーディネーターだのに興味はないのだよ!』

クルーゼ『私は全てが疎ましかった!人の絆、縁、そして繋がり全てがだ!』

クルーゼ『存在そのものが偽りである私にとって、君達もまた嫌悪の対象でしかなかったのだよ!』

キラ(あの脱出艇――フレイが乗ってる!?)

フレイ(キラ!?来ちゃ駄目っ!)

クルーゼ『サヨナラだ、フレイ君――そしてようこそキラ君、私の住む夕闇へ!』

バキュウウウゥゥゥンッ!

キラ『やめろおおおおおおおおおぉぉぉぉっ!?』

数多の命が散る戦場において尚、死は全てに対し等しく訪れる。
クルーゼの放った一撃がフレイの乗った脱出艇を撃ち抜き、キラが復讐に囚われる。
前大戦の英雄は一線から退き、彼が重い腰を上げるまで多くの人が死に、そしてまたとあるザフトの少年との因縁は修復不能なまでにひび割れる。

クルーゼが一人の少女を殺めた事に端を発する悲劇。
英雄が英雄であり続ければ、ザフトの少年に同じ道を辿らせはしなかったのに。
無慈悲な一撃は脱出艇を容易に貫き、数多生まれる希望が闇で塗り潰される。

だが――瞬間、炎が舞った。

ゴオオオオオオオォォォォォッ!!!

クルーゼ『なんだ……宇宙に、炎、だと!?有り得ない!』



240:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:11:36.28 ID:8Zghcs7u0

キラ『フレイっ!?』

???『大丈夫だ、ボーズ。お嬢ちゃんも無事だぜ』

キラ『あなたは……』

クルーゼ『新たなガンダムタイプのMS、だと?馬鹿な、そんなモノ存在する訳が無い!』

???『世界には物言えぬ声がある』

???『戦場で儚く散った兵士の叫び』

???『故国で帰りを待つ恋人の祈り』

???『世界で平和を願う家族の願い』

???『そして、もし、もしもあの時ああしていれば――』

???『あの戦場に“オレ達”が居れば、ああしていたという後悔の想い』

???『“オレ達”はそんな想いを糧に羽ばたく不死鳥!』

???『例えはお前が何度絶望を繰り返そうとしても、“オレ達”は何度だって蘇る!』

クルーゼ『馬鹿な……馬鹿な!おとぎ話の筈だ!戦場を旅する死者の軍隊!歴史が大きく移り変わる時に姿を現わす傭兵団の話など!』

???『なんだ、知っているなら話は早い』

クルーゼ『悪魔のような常識では考えられぬ技術を擁した彼ら、どれ一人が一騎当千の力を持ち、先頭に立つ機体は同じ紋章が刻まれている――』

???『そう、それがオレのガンダムの名前――』

クルーゼ・???『――フェニックス』

クルーゼ『貴様――マーク・ギルダーか!?』

マーク・ギルダー(???)『ここはオレに任せて、ボーズはお嬢ちゃんをキャリーベースに連れてってやれ』

キラ『でもっ!』

マーク・ギルダー『流石に今代最強のNT相手に守りながらは無理、はっきり言って邪魔。言う事聞かないとエターナ姉さん(17歳)に叱って貰う』

マーク・ギルダー『お前の機体もボロボロだから、一回戻っとけ。な?』

キラ『……はい』

クルーゼ『させるかああああぁぁ!これはっ、私の戦争だっ!!!』

マーク・ギルダー『そうだな。誰かが望み、お前が続けた戦争だ。それは認めよう』

マーク・ギルダー『だが、下らない闘争、悲劇だけの結末、そんなのもう誰も望んじゃいないんだよ!――ここらで幕引きと行こうじゃないか!!!』



241:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:13:00.07 ID:8Zghcs7u0

――映画館

絹旗「……」

上条「……」

絹旗「予告編にしては、こう超違和感があったというか」

上条「俺もテレビ版見てたんだけど、明らかに出てない集団が居たような?フェニックスガンダ○って何よ?」

絹旗「まぁ色々葛藤はあったんでしょうが……お腹が超空きました。お昼にしましょうか」

上条「あ、映画の半券持っていけば、近くのレストランで割引になるみたいだけど、行ってみる?」

絹旗「ですかね。超危険そうな店でない限りは」

絹旗(あ、でも半券とっておきたい、って言ったら超子供っぽいですかね)


――危険そうな店の前

上条「なんて言うかな、こう『大丈夫なの?入っている人見た事無いんだけど』的なお店?」

絹旗「話題作りに超チャレンジしたい反面、体調を崩しそうな感じがひしひしと」

上条「他にも候補が何件かあるっぽいけど、止めとく?」

絹旗「人生賭けて超チャレンジしなくても良いですし。ならどこへ?」

絹旗(良かったー、半券使わずに済みます)

上条「だったらマックでいいんじゃないか」

絹旗「デートへ来てマックってのも超引きません?」

上条「学生同士が遊びに行くのに、超お高い所を予約したりとかする方が引くわ!」

絹旗「超電磁砲なんかはやらかしそうですけどね。食べ物のグレード落とさずに、相手を超ドン引かせたり」

上条「まぁそれは別にいいんじゃないかなー、と。色々怖いからね!」

絹旗「噂をしたら来るのがこの業界の超掟……って来ませんね?」

上条「んじゃモ○はどう?少し頑張ってみました」

絹旗「超妥協してあげましょう」

上条「……何で上から目線なの?」



242:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:14:39.24 ID:8Zghcs7u0

――モ○バーガー。B級映画論議

絹旗「B級映画の神髄は超しょーもない所にこそあります。例えば超有名なハリウッド映画であっても、大失敗すればB級のカテゴリーへ入ります」

上条「ラズベリー賞だっけ?あれにノミネートされるとB級?」

絹旗「いえそう言う訳でもなく、B級映画とは超“生き様”なのです」

上条「また言い切ったな」

絹旗「なろうとしてなれるものではなく、超気がついたらなっているもの――それがB級映画です!」

絹旗「ブレアウィ○チも元々は低予算短期間で作られた、言わばB級になるべく生まれてきた映画でしたが、超ヒットしてしまいましたしね」

絹旗「ちなみに続編は超B級に戻ったとわたし達は超喜びましたが!」

上条「作った人に謝れ!続編で大コケしたのは別に狙ったんじゃないぞ!」

絹旗「S○Wもなー、ジグソ○が『実は超悲劇の主人公』的な流れへ持っていった時、あぁもうB級じゃないなー、と」

上条「中学生がR15の映画を語るんじゃありません」

絹旗「日本の映画でもサイレ○なんかは超酷かったですね」

上条「見た見た!映画のラストで芸人が気持ち悪い動きで迫ってきてコントかと!」

絹旗「原作が良かっただけに超アレはなかったです。ビブリ○堂に超ビ×チ店員さんがなったみたいな絶望感を覚えました」

絹旗「ネギ○の実写版も超酷かったんですけど、本屋さんは終盤に探している筈のお母さんが出て来る超展開。原作レ×プも超いい加減にしやがれと」

上条「JI○やテルマ○がヒットしたんで、成功体験が忘れられないんじゃないか?配役だって事務所の力関係だろうし」

絹旗「そういえば風紀委員の――」

上条「危険な話は止めよう!白衣だって頑張っているんだから!」

絹旗「頑張っただけで結果が超出るとは限りませんし、もっと適当な後藤麻○さんとか居るでしょうに」

絹旗「ウィッチズガーデ○超やりやがれ。むしろ妹の演技が良すぎて超浮いているぐらいですし」

上条「後藤○衣さんは出てないからね!?そのゲームにはっ!よく似てる人だけども!」

絹旗「いえ別に演技力やら何やらを超disってる訳じゃないんですね、ええ。そうでなく合う合わないかが超大事って話――」

上条(いかん、なんかツボに入ったみたいだ)

上条「き、絹旗はさ、自分で撮ってみないの?」

絹旗「……はい?今超何て?」

上条「B級映画じゃなくってもさ。こう、ショートムービー?みたいな感じで」

絹旗「超盲点でした!……成程、ないなら作ればいいと」

上条「あんま真剣にならなくても、動画サイトで犬とか猫撮ったみたいなのあるじゃん。そんな感じで」

絹旗「うーん…………正直超心引かれるんですが、わたしなんかが撮っていいものかどうか」

上条「別に資格が必要って訳じゃないし」

絹旗「いえそうではなく。B級映画には『本人達は大真面目に作ったつもりが超駄作』がありまして。学祭とかであるような感じの」

絹旗「わたしが撮った映画を他人から笑われるのは超ムカつくな、と」

上条「つまり『人の努力を笑うのは良いけど笑われるのは嫌』だと」

絹旗「大体超合ってます」

上条「そこまで難しく考えんでも。別に言わせときゃいいんじゃないか?」

絹旗「『だって絹旗が真剣に作ったものなら、俺は笑わないぜ』(キリッ)ですか?中学生にフラグ立てようとするなんて超変態ですか!」

上条「先に言うなよ!フラグも関係ねぇよ!」



243:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:16:09.37 ID:8Zghcs7u0

絹旗「超見解の相違ですね――と、失礼メールが」

上条「ん」

絹旗「フレンダですね」

上条「応援要請か?」

絹旗「いえいえ状況をメールしてくれるように超頼んだんです。えっと……なんでしょう、どっかのアドレスだけが添付されてますね」

上条「ブラクラ?」

絹旗「フレンダに限って超無いとは言えませんが。まぁポチっとな――ってはぁ?」

上条「踏んじゃった?」

絹旗「いえ、多分もっと超タチが悪いんじゃないかと」 チラ

ふれんだ@Friend-a――××学区のカラオケ店の前なう

上条「ツイッターかよ!?」

絹旗「合同チームの内部情報超漏らしまくりじゃないですか」

上条「麦野に連絡して――」

絹旗「勿論超やってます――が、今回の相手情報戦が得意らしく、一部の回線がジャミングで不安定になっているみたいで」

上条「……こっちからは届かない?」

絹旗「何度かトライしていますが。超難しいのでは、と」

上条(合流してフレンダに突っ込むのが一番だけど……もう少し遊びたい気もするし)

絹旗(と言うかチームの居場所が超バレてもどうこう出来るような面子じゃないですし)

上条「あー……見なかったよな?」

絹旗「えぇまぁ、何の事だかわたしには超サッパリです」

絹旗(メールを削除っと)

絹旗「さ、午後からも超行きましょうか――あの」

上条「繋いでいこっか」


――××学区のカラオケ店の前

フレンダ(絹旗に送信っと。これで良い訳よ)

麦野「面倒臭ぇな。おい垣根」

垣根「えー俺も出んの?」

麦野「ギャラの分ぐらいは働けよ。アンタ上から私らは下から、オーケー?」

垣根「おー」

タンッ

フレンダ「空中を駆け上がった訳?」

滝壺「ううん……足の下に未元物質を精製、空間に固定させたんだと思う」

麦野「応用が利く能力は羨ましいわね」

フレンダ「ウチらはどうする訳?」

麦野「軽く流すだけで充分でしょ?」

麦野(制御出来るようになった『原子崩し』、実戦で使えなきゃ意味はないわね)

麦野(『原子崩し』をループさせる事で出来た閃光のアーム、そしてロケットエンジンみたいに高速移動……理論上は出来る筈だけど)

麦野(まぁ迎電部隊の連中は次の人生に期待って事で)



244:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:17:36.31 ID:8Zghcs7u0

――モ○バーガー。少し後

10032号 コソコソ

10032号(てれってれっててー。あの人のストローと紙ナプキンをゲットしました、とミサカは誇らしげに報告してみます)

客A「(おい、あの制服。常盤台の子じゃない?)」

客B「(お嬢様がダストボックス漁るなんて……)」

10032号(ついでに他にも何か無いかと採集を続けます、とミサカはぶつぶつ言いながらあの人の座っていた席の下をゴソゴソします)

10032号(なんかちょっとあの人の匂いがするようで、良い感じ――いやいや、レアものを探して――おや?)

10032号「とったどーーーーー!!!とミサカは咆哮を上げて喜びを表します」

客A「(よく見たら超電磁砲の子だ)」

客B「(あんな可愛いのにストーカーって奴?)」


――路上

絹旗「そういえば上条。半券超持ってますか?」

上条「捨てた覚えはないからあると思うけど」

絹旗「わたし映画の半券を集めるのが趣味でして、良かったら超欲しいなー、なんて」

上条「いいぞー……って、あれ?」

絹旗「もしかして超落としやがりましたか」

上条「……ごめん。モ○バーガーで無くしたみたいだ。取りに――」

絹旗「超あったとしてもゴミとして捨てられていますって。はあ、全く上条は超上条なんですから」

上条「フレンダみたいな扱いは止めろよ!」

絹旗「そうですか?ああ見えてフレンダは超オイシイと思いますよ?」

上条「芸人として弄られる時点で、色々と大切なものを失っているような気がする」

絹旗「でも女子力は結構超高めだったり?超聞きたいですか?」

上条「それ、俺が聞いてもいい話か?」

絹旗「フレンダ、脱ぐと超凄いんですよ」 ボソッ

上条「マ、マジで?」

絹旗「肌の白さと線の細さに『お前外人か!』って超突っ込みました」

上条「外人だよね?どっからどう見ても日本人じゃないよね?」

絹旗「いやもう麦野も超スタイル良いんですけど、フレンダはもう何つーか超妖精?」

絹旗「超ちなみに幼い方じゃない妖精です」

上条「それじゃない妖精を俺は知らない。知らないったら知らない」

絹旗「アレはアレな割に意外とアレがアレだったんで、超アレになりました」

上条「聞きたい所を全て誤魔化された!?」

絹旗「いやーわたしの口からは超言えないです」

上条「たった今まで嬉々として仲間の秘密を暴露してなかったか……?」



245:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:19:48.30 ID:8Zghcs7u0

絹旗「超聞こうと思ってたんですけど、上条は誰がいいですか?『アイテム』の中から一人選ぶとすれば」

上条「いやいやそんなんじゃないからね。別にそう言うつもりで入ったんじゃないし」

上条の下条さん(全員ですよね?)

絹旗「神の手のような成り行きと偶然だったのは認めますが、だからって超選んじゃいけないって事は超無いと思いますよ?」

絹旗「恋人とかお付き合いするとかじゃなく、超かるーい気持ちでどうぞ」

上条「んー……絹旗、かな?」

絹旗「この超ロリコン」

上条「だから違うっつの。映画も結構好きだし、学生同士がお安く遊びに行くんだったら、絹旗が一番気軽に行けるなって話だ」

上条「と言うか少し分かってきたぞ。恥ずかしくなると無理矢理話題を変えたり、ボケて誤魔化しているよな?」

絹旗「それはっ!……超仕方が無いじゃないですか、慣れてませんし、こういうの」

絹旗「男の子と遊ぶのなんて、超初めて、ですし」

上条「いや、そんなに気負う必要は無いんじゃないか?別にエ口根性は皆無だし」

絹旗(それはそれで超ムカツク……いやいや何考えてるんですかわたし)

上条「つーかさ、絹旗はしっかりしすぎなんだよ」

絹旗「それのどこが超悪いんですか」

上条「『アイテム』の三人、ねーちゃんだと思って甘えたりは出来ない?」

絹旗「基本ビジネスライクなお付き合いが多かったので、そういう発想は超ありませんでした。姉妹、ですか」

絹旗「麦野は前から超格好良いなーとは思っていましたし、前回の事件、一人でケジメをつけに行ったのちょっと憧れますね」

絹旗「むしろ超かーちゃん的な?」 ボソッ

上条「いや、麦野のアレは死地に赴くサムライのアレだから、あまり参考にしない方が良いと思うぞ。後の方は何も聞こえなかったけども!」

絹旗「滝壺なんか長女って感じが超しますよね。フレンダも次女のイメージが超ぴったりですし」

上条「不思議系の長女、お調子者の次女、しっかり者の三女。割とテンプレだよな」

絹旗「きら○辺りの4コマでありそうな超設定ですね。でもまぁ――」

絹旗「超欲しかったのは、お兄ちゃん、だったり?」

上条「俺?俺で良かったら」

絹旗「いえ超無いです。頼りになりそうにないし、金銭的な意味で」

上条「金銭の有無で兄妹になるのは兄妹じゃない、絶対」

絹旗「……まぁ超仕方がないですし、それで妥協しますよ――とーまお兄ちゃん?」

上条「ん、ヨロシクな最愛」

絹旗「……」

上条「……」

絹旗「……超すいません、なんかこう照れ半分サブイボ半分でして」

上条「……あぁ分かる分かる。俺も女の子の名前なんて呼ばないから、異常に照れるし」

上条(オルソラとかアニェーゼみたいな横文字だったら、あんま意識しないんだけど)



246:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:21:16.86 ID:8Zghcs7u0

絹旗「で、次は超どうしますか?定番で言ったらショッピングかカラオケか。あ、ゲーセンってのもありますが」

上条「その三択だったらショッピングじゃないかな。あ、ゲーセン行きたい?」

絹旗「いやぁ多分格ゲー無双、チンピラ現われてきゃー助けて的な展開になるんでしょうけど、そーゆーのって超飽きましたし」

絹旗「逆に聞きますが、むしろゲーセンに連れて行く意味が超分かりません。せめて事前にプライスマシンに彼女が好きな景品があるとかじゃないと、超ポカーンじゃないですか」

上条「……さっきからお前の話を聞いていると、『お前の趣味には付き合わないけど、最大限チヤホヤしやがれ』って聞こえるんだが?」

絹旗「え、むしろ超聞こえませんでしたか?」

上条「麦野か?お前に余計な知識を植え付けたのは麦野なのかっ!?」

絹旗「いえフレンダが女性誌片手にデートとは超こんなもんだと」

上条「あぁうん。俺も今漸くフレンダがフレンダ扱いされる理由が分かったよ。なんつってもフレンダだもんな」

絹旗「でも相手の趣味とか好き嫌いに合わせるのって、超大事じゃないですか?」

絹旗「B映画オールナイトするのとか超好きですけど、好きでもない相手に付き合わせるのは悪いと思いますし」

絹旗「相手に合わせるのも超大事、って言う――」

上条「あー、絹旗。それ多分勘違いだぞ?」

上条「午前中俺と一緒にいたけど、全部が全部絹旗の好みって訳じゃなかっただろ?危険っぽいレストランとか」

絹旗「モ○も超普通でしたしね。それが?」

上条「でも、楽しかったよな?」

絹旗「それは――はい、超楽しかったですよ、えぇ」

上条「好きな相手と一緒にいたり、一緒に遊べば何だって楽しいと思うぞ」

絹旗「好き――好きって、わたしを?上条がですか?」

上条「友達と遊んだりすりゃ誰だって楽しいし、ちょっと失敗したなー、とかあっても一緒に笑えれば楽しい思い出になっちまう」

上条「好きな相手と過ごす、ってのはそういうモンだろ。『アイテム』のみんなと過ごすのだって同じじゃないか?」

絹旗「……超ムカツク」

上条「なんでだよっ!?」

絹旗「一体上条は他の女の子を超どれだけ騙してきやがったのかと怒りがふつふつと」

上条「騙してねぇよ!つーか人聞きが悪いからねっ!?」

絹旗「あーもう良いじゃないですか。上条さんの超言うとおりですってば」

上条「いや、何でキレてんの?」

絹旗「んじゃわたしを好きな上条さんには超お買い物に付き合って貰いましょうか」 グイグイ

上条「いいけどさ――って急がなくても!」

絹旗「取り敢えず下着売り場をフルコースで超お見舞いします。わたしの下着が超好きな上条さんですし、楽しいでしょうねー」

上条「待って!?俺の台詞に悪質な捏造が付け加えられているから!そもそも見た事無いし!」

絹旗「……見ます?」

上条「え!?いや――」

絹旗「あーやだやだ超怖いなー、JCにはぁはぁする人から『好き』だなんて言われちゃったら、超警戒するしかないですよねー」

上条「罠だ!填められているのは俺の方だろ!」

上条「つーか嫌なら手を離せばいいだろ」

絹旗「嫌な訳ないじゃないですか」

上条「え」

絹旗「これからたぁっぷり超困っている所を見せて貰うんですから」 ニヤリ

上条「いやお前それ余計に酷いからな?」

絹旗(嫌な訳――ないじゃないですか)



247:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:23:09.41 ID:8Zghcs7u0

――【犯罪だって気にしないわ】あの人をストーカーしてみるスレ★788【盗撮だってだってお気に入り】

10032『っかさぁ何コレ?コレ何?』

10039『手ぇ繋いでお兄ちゃん?どんなプレイかっての』

13577『むしろして欲しいわ!つーかしろよおおぉぉ!』

19090『何だろな俺ら。スペックじゃそんなに変わらないのに』

10032『数じゃ圧倒してんのにな』

10039『やっぱそれじゃね?量産しすぎで付加価値が少なくなってんの』

19090『存在意義否定されてもなぁ』

10039『……やっちまうか、いっそ』

19090『通報しまつた』

13577『通報しまつた』

10032『通報しまつた』

10039『そういう意味じゃねぇよ!つーかお前らライバル蹴落として、倍率下げようとしてんじゃねぇぞ』

19090『いやでも他に方法なくね?俺ら病院組以外にも狙ってんのは一杯居るし』

13577『つっても無理矢理はなぁ……あるあ……ないわー』

10032『気持ちは分かるが犯罪じゃん。お前エ口同人だけにしとけよ』

10039『だから違うっての。逆レ――は別の日にするとしてだな』

13577『するのかよ――俺も混ぜろ』

10032『マジすか?いつ?いつヤんの?』

13577『食いつき良いなお前ら――俺カメラ担当な』

10039『今は取り敢えず目の前のコイツ排除すれば良くね?』

19090『あーなるなる』

13577『あ×る』

10032『一人で拡張されてこいよ。一通さんなら喜んで郵便ポストブチこんでくれっから』



248:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:24:37.48 ID:8Zghcs7u0

10039『話聞けよ。だからデート妨害すれば良くね?』

19090『えマジっすか。やめとけって』

13577『無駄だって』

10032『俺も同じ事考えたんだが。むりぽ』

10039『なんでだよ』

10032『いや考えてみ?俺らがなにやったところで、KJさんのラッキースケベになるって』

10039『あー……』

19090『コケてくぱぁすっかもしんねぇんだぞ?後はラブホ直行だろ』

13577『あるある。敵から庇ってフラグ立てんのはお約束だしな』

10039『……じゃどうすんだよ。ストーキング続けるだけってのか?』

10032『むしろ逆に考えようぜ。事件を起こすんじゃなくて、起こさせるんだ!』

19090『青島乙』

10032『違げーよ。そうじゃなくてKJさんは事件がありゃ突っ込むだろ』

10032『デートの最中だろうが、それこそベッドに女連れ込んでてもだ』

13577『連れ込まれてぇな……』

19090『俺らで事件起こすっての?』

10032『いやいや。それだとそげぶされっから、巻き込まれる方で』

10039『そんなに都合良く事件なんて起きてる訳がねえし』

19090『今さ電波の具合悪いよな。それってどっかの馬鹿がやってるみたいだわ』

13577『無線マニアじゃねえの?』

19090『いやいや、ちょい待ち――今同期すっから』



249:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:25:57.75 ID:8Zghcs7u0

――同時刻。学園内の遊園施設内、『ゲコ太のヒーローショー』会場

迎電部隊隊員A「お、おとなしくしろおぉっ!コイツの命がどうなってもいいのか!?」

迎電部隊隊員A(やべぇ殆どのチームはやられっちまった!こうなったら人質取って学園と人質交換するしかない!)

男「……おいテメェ!」

迎電部隊隊員A「お前に用は無い!引っ込んでろ!」

パァンッ!

迎電部隊隊員A「今のは警告だ!次は当てるぞ!」

男(まいったな……バイトで着ぐるみ着たのは良いものの、テロリストに子供を人質に取られた)

男(相手は銃持った男三人、しかもそっちの訓練した連中じゃねぇか)

男(レベル0の俺なんかに出来る事なんて――)

子供「助けてっ!ゲコ太っ、ゲコ太ぁっ!?」

迎電部隊隊員A「大人しくしろ!」

男(見過ごすなんて――有り得ねぇよ)

男「うおおぉぉぉぉぉぉっっ!?」

迎電部隊隊員A「なんだコイツ!突っ込んで来やがった!」

迎電部隊隊員B「構わん。撃ち殺――」

ドオォォォンッ!!!

迎電部隊「ぐあぁぁぁぁっ!?」

男「電気の槍?」

女「そこまでよっ!」

御坂(女)「全くあんたって奴はレベル0のくせに何やってんだか!……いや、まぁ一々付き合うあたしもどうかとは思うけども!」

御坂「むしろ結婚を前提に付き合いたいわ!!!」

男「あ、有り難う。助かったぜ!」

御坂「べ、別にあんたを助けた訳じゃないんだからね!?」

男「あぁうんそうかもしれないけどな」

御坂「全くあんたは本当に、ほら、さっさとゲコ太の頭取りなさいよ!」

男「うん」 ポンッ

御坂「」

御坂「……あんた誰よ?」

浜面(男)「え、浜面って言うんだけど、それが何か?」

御坂「違うじゃん!あたしが求めるシチュエーションと違うわよね!?」

浜面「は、はぁなんかすいません」

御坂「そうじゃないでしょー!?ここは中身があいつであって『助かったよ、美琴(キリッ)』ってする所でしょお!?」

浜面「た、助かったよ、美琴?」

御坂「違うわよ!もっとキリッって言うか!あんたじゃないし!」

浜面「あ、ごめん。アンチスキルの人が来たから行くから」

御坂「何なのよおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉっ!?」

19090号「哀れだな、とミサカはありったけの哀れみの視線でお姉様を見下してみます」



250:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:27:30.54 ID:8Zghcs7u0

――【いつもニコニコあなたの側に】あの人をストーカーしてみるスレ★789【這い寄るシスコン】

19090『――って話なんだけど』

10032『突っ込み所はいっぱいあるんだけど』

10039『お前何やってんの?尾行してんじゃねーの?』

19090『ゲコ太のヒーローショーがあると聞いたから、つい』

10039『つい行かねえよ!あの人と場所も方角も全然違うだろ!』

13577『つーかオリジナルも哀れだよな。休日に遊園地へ女一人て』

10032『いやなんつったけ?レ×子と×ズ予備軍二人と一緒なんじゃねーの?』

13577『なんで同級生の友達が皆無なんだよ……』

10039『まぁなんだ。なんか事件が起きてるらしいってのは分かった』

13577『あーそっかそっか。それでかー』

19090『どしたん?』

13577『さっきデカい装備持ったパツキン見たなーって』

10032『通報した方が良いんじゃね?』

13577『いや、アンチスキルの制服着てた』

10039『つー事は取り締まる側か。いつ?』

13577『ちょい前。トイレ入ってった』

10032『なんかおかしいような気もするけど』

19090『あ、そうだ。思い出した、お前モ○で同期切ってたじゃん?』

10032『ん。それが?』

19090『何も無かった、つってたよなぁ?』

10032『疑うのかよ』

19090『いや、今モ○の監視カメラにハッキングしたら、仮面ライ○―のポーズを取る、お前の映像が残ってたんだが?』

……10032号さんが、ログアウトしました……

13577『逃げんのかよ!?つーか何見つけた!?』

19090『の野郎、ネックレスといい今回といい、役得多いじゃねぇか!』

10039『取り敢えず見つけて剥こう。話はそれからだ』

13577『おけ』

19090『タクシーでそっち行くわ』

10039『あ、ごめん。遊園地限定のゲコ太グッズ買っといて』

13577『俺も俺も』

19090『無問題、四人分買ってあるぜ』



251:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:29:16.74 ID:8Zghcs7u0

――ショッピングモール外れの公園。芝生の上にて

上条「……勘弁して下さい。いやもう何でもしますから……」

絹旗「超おかしいですねー?別に男は上条だけしか居なかった訳ではないでしょうに」

上条「アレは高校生かっぽーだからだよっ!高校生×中学生(外見ほぼ小学生)なんて居なかったからね!」

絹旗「あぁ成程。だから露骨に『こいつロリコンくわっ?』的な視線を超投げかけられていたんですね?」

上条「知ってただろ!?途中で『とーまお兄ちゃん(はぁと)』って呼び方変えた時に気付いてただろ!?」

上条「いやもうホントに勘弁して下さいよ絹旗さん。俺が悪かったから」

絹旗「んじゃちょっとジュースでも超買ってきて上げますよ」

上条「あーうんヨロシクー」

絹旗「良いですか?知らない女の人に超声をかけられても、ついて行っちゃいけませんからね?」

上条「……お前それが言いたかっただけだろう?なぁ?」

絹旗「あと買ったばかりのパンツは超汚さないで下さい」

上条「お前の中の俺はどんだけ変態なの?むしろまともな部分ってあるの?」


――同時刻。カラオケ店前

フレンダ「麦野すっごい訳!新しい能力なんて何時開発したの?」

麦野「んー、まぁちょっとね」

麦野(閃光のアームは威力がライフル銃程度、高速移動は体に負担がかかりすぎて多用は出来ない)

麦野(別に私の体じゃなくても、レーガンみたいに何かを撃ち出してもいいのか)

PiPiPi……

麦野「迎電部隊の残党狩り終わったわよ?」

女『はいはいお疲れ様―。でね、もうちょっと働いて欲しいんだけどー』

垣根「いやーもう飽きたし。帰りたいなって思うんだが」

麦野「下らない、とは言わねぇがな。こんなもん暗部に任せなくても、アンチスキルで充分でしょうが」

麦野「それとも知られたらヤバい事でもあんのかよ?」

女『――でねー、次のお仕事なんだけどぉ』

麦野(聞けよ話)

女『グループを潰して欲しいなって、ね?』

垣根「……第一位のチームかよ?何やったんだ」

女『んー潮岸統括理事の暗殺未遂。四人ともバラして良いって』

麦野「……分かったわ。アタシと垣根は第一位を追跡するから、他の連中はそっちで好きにやりな」

女『指揮権はこっちにあるんですけどー』

麦野「馬鹿かテメェ。核ミサイル撃ったって平気な相手に、ザコ向かわせたって邪魔にしかならないでしょうが」



252:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:30:50.57 ID:8Zghcs7u0

女『電極の話って知ってる?』

麦野「ああ?」

女『一方通行の能力には時間制限があってね。しかもそれは外部の機関が必要なわけ』

女『だもんでジャミングしちゃえば、能力は使えないってね』

麦野「……おい」

女『って言うわけでさっさと――』

麦野「今日アタシらが狩った迎電部隊、連中が情報戦やジャミングを得意としているのと、第一位にジャミング仕掛けたのは“偶然”なのか?」

女『……』

麦野「スパークの連中追い込んで、第一位を無効化させるための周波数だかを手に入れるのが、テメェらの目的だった、とか?」

垣根「……そいつぁまた」

女『……それは考えすぎよ。私達が一方通行を管理する以上、知らない訳は無いでしょう?』

麦野「まぁ確かにそうよね……第一位の捜索へ入るわ」

女『分かってくれて何より。猟犬部隊も使ってやってね?』

プツンッ

麦野「(滝壺)」

滝壺 コクコク

垣根「(どういう事だ?)」

麦野「(最後のアレは嘘ね。確かに管理している側は第一位の電極を支配できるんでしょうよ)」

麦野「(でも恐らく『あのクソ女の所属している派閥は管理していない』ってトコか)」

垣根「(つまり俺達は学園都市の非主流派から命令を受けていた、って?)」

麦野(あぁ成程。猟犬部隊は、アタシらが変な動きした時の保険かよ)

麦野(……さて、どう動くか……?)


――ショッピングモール。手洗い

絹旗(前髪よし!服も……まぁ超こんなもんでしょうか)

絹旗(ちょっと危かったですが、超間に合って良かったです)

絹旗(ジュース、何にしましょうかね?天然果汁か、体に超悪そうな蛍光色の奴か)

絹旗(わたしは天然物、上条は蛍光ピンクで良いですかね。わたしを“好き”なら、それも楽しいって事ですし)

女?「あのー、ちょっとすいません?」

絹旗「はい?」

女?「絹旗、最愛さんですよね?私、私っ!覚えていませんかっ?」

絹旗(夜戦迷彩上下の金髪美人……ちっ、おっぱい超大きいですね)

絹旗(こんなモデルみたいな人、会ったら超忘れないでしょうけど?)

絹旗「すいません。覚えてませんが?」

女?「あー、仕方がないのかも知れませんねぇ。ステファニー!ステファニー=ゴールドパレスで思い出しません?」

絹旗「すいません。本当に覚えていません」

絹旗(能力開発で超会った人でしょうか?)

ステファニー「そっかぁ、じゃあしょうがないですね。私は――」

ステファニー「――あなたに瀕死にさせられた、砂皿さんってスナイパーの弟子でーす」

ドオウンッ!!!



253:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:32:18.87 ID:8Zghcs7u0

――同時刻。ショッピングモール外れの公園

上条(爆発音?まさかテロかっ!?)

PiPiPi……

上条(絹旗からのメール?題名無し。副題無し?)

絹旗『すいません。昔の知り合いに出会ったので先帰っ』

上条(途中で送信しちまったのか?)

PiPiPi……

絹旗『て下さい。荷物もお手数ですが回収よろしく』

上条(知り合い?『アイテム』の仕事相手とかち合ったんじゃないだろな?)

ピッピッピ

ふれんだ@Friend-a――××学区の路地裏の前なう

上条(あっちはあっちで別地区に居る、か)

PiPiPi……

上条(また絹旗?)

絹旗『下着、あんまり汚さない下さいね?』

上条「あんまりってどういう意味だ!?」


――ショッピングモール内

絹旗(と、まぁ超こんな所でしょうかね)

ガガガガガガガガガガッ!

絹旗(あーもう超面倒です。砂皿って誰ですか?知りません……し?)

絹旗(スナイパー?そういえ前々回の抗争の時に超病院送りにしたような……?)

絹旗「あの、超すいません?」

ステファニー「何か?命乞いなら聞きませんよ?」

絹旗「いえ、そのどうしてわたしが超狙われているのかなー、って――」

ガガガガガガガガガッ!

絹旗(足を止めたら窒素装甲超ぶち抜く程の威力のフルオート式ショットガン、ですか。学園都市謹製の超特注品っぽいですね)

絹旗(窒素ボンベは上条が持ってる荷物の方ですし、切り札は使えない、と。とすれば残弾減るか、熱でバレルが曲がるまで超逃げの一手ですね)

ステファニー「――なーんて、思ってるんでしょうけど?」

ドオオォォォンッ!

絹旗(ファイアグレネード!?)

ステファニー「大気中の窒素を吹き飛ばしたり、熱して化合物を作ったり、能力対策は出来ているんですよおぉっ!」

絹旗「くぅっ!?」

ステファニー「楽にゃ殺しませんから安心して下さーい!」



254:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:34:06.67 ID:8Zghcs7u0

――××学区の路地裏の前

麦野「あー居た居た。芋虫みたいに這いずり回ってるわ」

一方通行 ビクビク

垣根「マジかよ!?うっわー……」

麦野「良し、んじゃ取り敢えず――フレンダ!」

フレンダ「おっけーって訳!」

ドオオオオオオオォォオンッ!!!

垣根「おいっ?自分のバス吹っ飛ばしてなにやってんだよ!?」

麦野「猟犬部隊全キルしたに決まってんでしょうが」

垣根「いやいや、決まってるって言われても」

麦野「よいしょっと……うわ軽っ!?セロリ、フレンダより軽っ!」

フレンダ「あたしを引き合いに出すのやめて!」

麦野「アタシの友人のFさんと同じぐらいだわ」

フレンダ「変わってないよね?でもちょっと友人カテゴリに入ってて嬉しかったけども!」

垣根「いやいや、俺らはそいつぶっ殺すってのが仕事だろうが!」

麦野「なぁ第二位――いや、垣根帝督。あんた第一位に拘ってたわよね?アンダーライン使ってアレイスターと交渉するとかなんとか」

垣根「あぁ」

麦野「で、アンタはこんなクラゲみたいな『最強』をぶっ倒して自慢する訳だ?」

垣根「それは……」

麦野「つーか学園学園って信じられるの?あんたが第一位になったとして、クローン一万人ぶっ殺すとか、ワケ分からない実験が待ってんのは目に見えてるでしょうよ」

麦野「そんなつまらない『最強』、そんなもののために戦ってんのかよ」

垣根「……学園都市230万人、ぶっちゃけ余所に能力者が居るとも思えねぇし?つー事は実質上の人類最強決定戦、憧れねぇ奴ぁ居ないと思うぜ」

麦野(実際にゃアックアみたいな規格外もいるんだけどな)

垣根「お前だって似たようなモンだったろうがよ。超電磁砲のクローン計画、邪魔してたのは少なからず嫉妬もあった筈だよなぁ」

麦野「あーうん。まぁ確かね。それはそうだったわね」

麦野「……あんた、この間さ『好かれる資格がない』って言ったの覚えてる?」

垣根「あー言った言った――いやでも関係無いだろ」

麦野「アタシも色々考えたんだけど、やっぱ考えるのは止めたわ」

垣根「はぁ?なに、開き直ったって?」

麦野「資格があろうが無かろうが、結局人を好きにならずには居られないみたいだし、何より黙っていられる性分じゃないのよね」

麦野「腹が減ったらメシを食ったり、眠くなったら横になったり、男が欲しくなったら酔ったフリすんのと同じもんよ」

垣根「いや最後のは明らかにおかしい!話がリアルで引くわ!」

麦野「結局何を考えようが、どうかしたくたって無理なものは無理って話」

麦野「それでよ、垣根。アンタはこの萎びたセロリぶっ殺して学園第一位サマになりたいの?」

麦野「アタシらを戦わして回収しようとしたクソどもにチヤホヤされたいって?」

麦野「第一位になって何がしたかったのかまでは分からねぇが、それってわざわざ学園側に認めて貰わなくちゃ出来ねぇのかよ?」

垣根「……成程。『学園側がどう来ようと勝手にやれ』つー事か?悪かねぇが」

垣根「そういうお前はどうだってんだ?学園側に喧嘩売ってまで何がしたいんだ?」



255:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:35:24.78 ID:8Zghcs7u0

麦野「……デート、したい」

垣根「……はい?」

麦野「まだ、その、一回しかお買い物に行ってないのよ!好きだって伝えてもないし!」

麦野「だからアンタらみたいなクソの始末するより、さっさと帰りてぇんだよ!」

垣根「……お前、くく、暗部止めたい理由が男って」

フレンダ「麦野っ!猟犬部隊の増援が来――」

垣根「ふふ、あははははははははははははっ!!!」

ドオゥゥンッ!!!

滝壺「羽根、きれい……」

垣根「オーケーオーケー!まぁ良いんじゃね?学園のジジイどもと殺り合うにゃ充分な理由だよな!」


――ショッピングモールの外れ

10032号(病院組の執拗な追撃にふぅ、とミサカは息をついてみます)

10032号(映画の半券というレアアイテム、渡す訳には行かない――)

上条「おー、御坂妹じゃねーか」

10032号「こ、これは偶然ですね、とミサカは動揺を隠して平静を装います」

上条「いやいつも突っ込んでいるんだが、何一つ隠せてないからな?」

上条「なんか銃持ったミサカ達も居るみたいだけど、爆発音ってお前らの仕業?」

10032号「いえ、発砲許可は下りていないので麻酔銃かと、とミサカは推測を披露します」

上条「おかしいな?その割りには派手な音だし」

10032号(い、今ツレの小娘がいないという事は、フリーだと言う事!)

10032号(つまり話の持って行き方によっては、ミサカ10032号ルートへ移行するかも――)

上条「ってお前何握りしめてんの?あ、これ――」

10032号「……半券ですね、とミサカはしまったと内心で唾棄します」

上条「良かった!持ってきてくれたんだな!有り難う!」 ガシッ

10032号「え?えぇまぁそんな所ではないかとミサカは表現を曖昧にして切り抜けます」

上条「そっかぁ。良かった良かった。貰って良いんだよな?」

10032号「えぇ勿論です、とミサカは名残惜しそうに映画の半券を引き渡します」

上条「何?好きなのか?」

10032号「好きに決まっています!とミサカは勇気を振り絞って告白します!」

上条「そっかぁ、んじゃ今度お礼も兼ねて映画行こうぜ?……っとごめん、ちっと用事が出来たから、これでっ」

10032号「ちょっ!?スルーかよ!とミサカは……」

10032号(いやでも半券一枚でデート一回、悪くない、悪くない結果でしょう)

10032号(給料三ヶ月分のレアアイテム、今度こそゲットするぜ!と心に誓――)

ツンツン

10032号「はい?ミサカはいやーな予感を覚えつつ振り向――かずに、ダッシュして逃げます!」 ダッ

19090号「待ちやがれこの抜け駆け野郎!とミサカは今日こそひん剥くために追い掛けます」

13577号「おうやってやるぜ!とミサカは全力でサポートします」

10039号「というかデートを約束したミサカとこのミサカがどうやって成り代わるか、それが大事だとミサカは口に出さずに追撃を緩めません」



256:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:37:05.35 ID:8Zghcs7u0

――××学区の路地裏の前

垣根「つーかセロリさんよぉ、そろそろ起きなって」

一方通行「……テメェ、何しやがった……?」

垣根「ジャミング受けてるんだったら、似たような周波数出して相殺させただけだ」

一方通行「礼は言わねェぞ」

垣根「聞きたくもねぇよ。それで、お前何で学園側から狙われてんの?」

麦野「淫行?やっぱり打ち止めちゃんのペッタペタなボディをペロペロしちゃったのね?」

垣根「マジで?第一位ってそんな趣味あったの?」

一方通行「嘘吐いてンじゃねェぞ!ババアとメルヘン野郎が!」

麦野「おっとこんな所にこないだ撮った写メが」 チラチラッ

垣根「やだ一方さん恍惚の表情で馬になってるじゃないですかー」

一方通行「お前らミンチとミートボールどっちがいいンですかァ?好きな方ォに調理して学食で大安売りしてやンぜ」

一方通行「……『ドラゴン』ってェのを知ってる奴に会った。統括理事の一人、潮岸だとよォ」

一方通行「もうちょォォっと教えて下さァい、って頼ンだらこのザマだァな」

麦野「あー無理無理。コミュ障のアンタじゃ話にならないわね」

垣根「どうせアレだろ?ダラーンとしてたんだろ?そんなんじゃ面接通らねぇよ」

一方通行「煩ェよ。どうせお前らだってコンビニの面接でも弾かれンだろォがよ」

垣根「んなこたぁねぇよ」

麦野「『俺の未元物質に常識は通用しない』」 キリッ

一方通行「いィやァ、常識通用しなかったら、面接受からねェよなァ?」

垣根「俺が言ったんじゃねぇぞ!?つーか人の黒歴史引き出すのいい加減にしとけよお前」

麦野「はっ、こっちはアンタらと違って真っ当な生活してんのよ!」

フレンダ「(いやー、麦野も結構アレな気がする訳)」

滝壺「(比較の問題。プレデタ○はジェイソ○に比べれば人道的)」

フレンダ「(ってかこの面子と互角にやり合える麦野って凄い!)」

麦野「んじゃ潮岸ん所乗り込んでチ××の一つも引きぬきゃ良いでしょうが」

垣根「……恋する乙女の言葉とは思えねぇよ。そもそも乙女は××コ言わねぇから」

一方通行「つーか俺の周りの女ってェのはこンなンばっかりかよォ」

麦野「第一位、車拾ってきな。アンタが言い出しっぺだし」

フレンダ「(第一位に命令したっ!?)」

一方通行「そっちの二人も連れてくンのかァ?」

フレンダ「あ、ああたしですかっ!?」

滝壺「ん、行きたい」

一方通行「んじゃァデカい方がいーだろォなァ」 ヒュンッ

フレンダ「あー怖かった……ってか滝壺よく平気な訳?」

滝壺「ん?優しそうな人だけど……?」

フレンダ「いや、それは無いと思う訳」

垣根「……あー、麦野、ちょっと思ったんだけどさ」

麦野「何よ」

垣根「お前、いい女だったんだな」

麦野「残念。来世まで売約済みよ」



257:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:38:45.49 ID:8Zghcs7u0

――炎燻るフロアにて

ステファニー「ハッハァっ!?どうしたんですか絹旗さんそれだとさっさと終わっちゃいますよってかもうくたばったんですかねっ!?」

ダダダダダダダダダダッ!

絹旗(物陰に隠れようとしても、隠れた物ごと撃ち抜かれますし!超どうしろっていうんですか!?)

絹旗「ふんぬっ!!!」

ステファニー「無駄ですってば!」

グウンッ、ガッ!

絹旗(どうしてこのオンナを殴ろうとすると、わたしに超攻撃が戻ってくるんですか!?)

絹旗(反射じゃない!一方通行のようにベクトルを曲げられたわけでもない!わたしが握った拳を――窒素装甲ごと、自分自身へと向けられている!?)

ステファニー「不思議でしょ?不思議ですよね?このフロアのスプリンクラーは作動しないんですよぉ!」

ステファニー「だって窒素ってのは高温だと反応して窒素化合物になっちゃうんですねっ!だーかーらっ、私にとっちゃ火の海の方が都合が良いってもんなんですよ!」

絹旗(流石にこの手品を超喋る気はない、って事ですか!まぁ超当然ですけど)

PiPiPi、PiPiPi……

絹旗(わたしの携帯……上条からですか!?)

ステファニー「あ、どーぞどーぞ出て構いませんよ?待ってますから?」

絹旗(しかし――いや、襲撃を仕掛けるなら上条の一緒の方が、この女にとっては都合が良かった筈)

絹旗(なら出ないのは超不自然、ですね)

絹旗「はい、どーも絹旗です。超今忙しいのでメッセージの後にもう一度超かけ直してください」

絹旗「超空気読めよ上条――」 ペッ

上条『違うよな!?それ明らかに電話に出ている反応だよな!?』

絹旗「ってか超何の用ですか?おねーさんの声が聞きたくなりました?」

上条『』

絹旗「いやそこで絶句されると超辛いんですけど」

上条『あ、ごめん。お前の成長した姿が想像出来なかった』

絹旗「いえいえこう見えて結構超有望株だと思うんですね。性格は良いし、器量も充分だし、超お買い得ですよー、なんて」

上条『自分で言うなよ。可愛いとは思うけどな』

絹旗「それで?結局何の用なんですか?今ちょっとステファンと遊ぶのに超忙しいんですけど」

ステファニー「ステファニーです。ステファニー=ゴールドパレス」

絹旗「――だ、そうです。何だったら超替わりましょうか?」

上条『いや別にそこまでは。つーか大した用じゃないんだけど、実は友達が半券届けてくれてさ』

絹旗「あったんですか!?」

上条『あぁわざわざ届けに来てくれたんだ』

絹旗「そうですか――オンナ、ですよね?」

上条『うえっ!?あぁうん、まぁ二択で言えばそうかな?』

絹旗「人類のおおよそは超どっちかですが。で、他に用事は?」

ステファニー「あ、続けて構いませんよ?最後なんですから」

上条『いや、用事終わったんなら一緒に帰ろっかなー、なんて思ったりしたからさ』

絹旗「一緒に、ですか。それも超いいですね」

絹旗(でも、多分わたしは)

絹旗「今日は用事があるのでまた次回に超回しますよ」

絹旗(帰れる事は出来ない、ですけど)



258:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:40:47.56 ID:8Zghcs7u0

上条『そっか。それじゃ――』

絹旗(あ――)

絹旗「――上条っ!!!」

上条『ん、何だ?やっぱり一人じゃ寂しいか?』

絹旗(超ダメです!今呼んだら巻き込んでしまう!)

絹旗「今日は、その――有り難う御座いました」

絹旗(あなたと一緒に過ごした時間は短かったけれど)

絹旗「とても、楽しかった、です」

絹旗(だから――)

絹旗「また、そのウチに」

上条『おっけ。約束な?』

絹旗(この約束を守る事は無いでしょうが)

絹旗「一人で超帰れますか?おウチに帰るまでがデートですからね?」

上条『……お前は俺を一体何だと思ってんだ』

絹旗「寄り道したら超罰ゲームですから。そうですね――」

絹旗「もし破ったら、上条は一生わたしの超パシリって事で」

上条『重いなっ罰ゲーム!?』

絹旗「じゃ、また」

上条『ああ、また』

プツン

絹旗「……ふぅ。超有り難う御座いました」

絹旗「その、最初からずっと超尾行していたんですよね?わたし達を」

絹旗「でもわざわざわたしが一人になった所を見計らって、超攻撃を仕掛けた、と」

ステファニー「……さぁ?偶然じゃないですかね。ここ――モールは燃化物や液体ガスのタンクもいっぱいありましたし」



259:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:42:12.32 ID:8Zghcs7u0

絹旗「それで?結局あなたは何が超したいんですか?」

ステファニー「敵討ちですかね。復讐とか」

ステファニー「グチャグチャにしてやりたかった。あの人の受けた痛みを万倍に、いいえ数え切れないぐらい乗算して返したかったです」

絹旗「……成程、気持ちは超理解出来ます。それじゃお二人のご関係は?」

絹旗「家族ですか?友達ですか?恋人ですか?」

ステファニー「家族、じゃないし、友達でも無い。恋人なんかじゃもっとありませんでした」

ステファニー「でも、どれかにはなりたかったかも知れません。私は彼を好きでしたから」

絹旗「わたしだったらあなたと違う道を超歩くと思います」

絹旗「わたしは好きとか嫌いとか、男女関係やお付き合いは超よく分かりません。けどもし、もしも超素敵じゃなくても」

絹旗「まぁ多少は妥協するとして――超大切な人を見つけたなら、どんな時も側にいて、しっかり手を握っているつもりです」

絹旗「どこにも行かないように、離れないように、ずっと一緒に居たいじゃないですか」

絹旗「でもそうすると――あなたは、超違うんですね?」

絹旗「家族でも無い、友人でも無い、恋人でも無い人の側に居ないで、彼を傷つけた人へ銃口を向けている、と」

絹旗「あなたは本当にその人が――好きなんですか?」

ステファニー「だとしてもっ!」

ステファニー「あなたの手には何がありますか!?能力で作った壁?鉛玉を飛ばす武器?誰の手も握って無いじゃないですかっ!」

ステファニー「同じなんですよっ!私とあなたはっ!」

ステファニー「大切な誰かの手を掴むなんて事は出来やしませんっ!守ろうとする相手を護りきる事なんて出来ないんですよ!」

絹旗「……そうですね、超そうかもしれません。なんと言った所で結果は超同じですしね」

絹旗「ずっと手を離さないで、なんて言うのは――超『幻想』なんでしょうね」



260:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:43:40.34 ID:8Zghcs7u0

――潮岸邸前

垣根「つーかシェルターだねぇ、こりゃ」

麦野「シェルター如きでどうにかなると思ってんのかしらね」

一方通行「知らねェよ、ご本人サマもパワードスーツだか着てたから、素顔見てもいねェし」

麦野「あーさっさと片付けてぇ。ってか今この瞬間も絹旗の幼いフラグを立ててるかと思うと、能力暴走しそうだわー」

一方通行「アル中じゃねェかよ――ってお前ら、なにやってンだァ?」

土御門「いや、あの、垣根帝督?」

垣根「おう」

土御門「麦野沈利?」

麦野「人の名前気安く呼んでんじゃねぇわよクソメガネ」

土御門「なんで学園都市ワースト3が集まってんだ!?」

垣根「ワーストだって俺ら。酷くね?」

麦野「レーガンは制御しやすいからねー、アタシらと違って」

垣根・麦野「どう思いますかワースト1さん?」

一方通行「煩ェよ。示し合わせたみてェに息ぴったりなのが余計にウルセェ」

一方通行「良く分かンねェが手伝ってくンだとよォ。つーかこいつらも学園の暗部が気に入らねェンだ――」

麦野「潮岸クーン」

ドゥン!

垣根「あっそびっましょっ!」

ドゥンドゥン!!

一方通行「何やってンのお前らァアァァっ!?いきなりシェルターにぶち込ンで何やってンのオォ!?」

結標「(セロリが突っ込んでる所、初めて見た)」

海原「(無茶苦茶の程度は彼らも同じぐらいですが)」

麦野「つーかアタシらがカチコミかけている時点で、出て来ないってのはおかしいのよ」

垣根「だよなぁ、こんだけ暴れてんのにシカトは寂しいよなぁ」

一方通行「中で何か起こってンの――ゲートが、開くなァ?」

グイイイーーン、ガシャン

海原「トチトリ!……テクパトルまで!?」

一方通行(妙なプレッシャー感じると思ったら、海原の関係者かァ!?)

テクパトリ「久しいな裏切り者。待っていた、んだがなぁ」



261:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:45:04.59 ID:8Zghcs7u0

麦野(ここまで騒いでおいて、潮岸の私兵が動かないなんざ、おかしいにも程があるわね)

垣根(さっきから監視カメラも頭振ってねぇし、ジャマーも未作動。何がしてぇんだ一体)

海原「……自分の不始末です。ですから――」

一方通行「オイオイ海原くぅンよォ、お前が居なくなったらどうするンだよォ」 ズシャッ

海原「一方通行」

一方通行「誰がグループのパシリすると思ってンだァ」

海原「自分じゃないでしょ!?」

土御門「そうだ!お前が居なくなったら、××女子校のブルマー誰が集めると思っているんだ!?」

海原「それも自分じゃないですよね!?」

結標「そうよ!あなたが居なくなったら、誰が○○小学校の縦笛を集めてくるのよ!?」

結社組「……」 (汚物を見るような目)

海原「ちょっと!妹達の前でなんつー事言うんですか!?」

一方通行「嫌だったらぶン殴って言う事聞かしゃいいじゃねェか」

一方通行「ガキってのは保護者に叱られてなンぼだ。テメェが居ない間に、変なオッサンに騙されたなンかしたんだろォ」

一方通行「だったら話ァ早ェよ」

海原「……そう、ですね」

土御門「つっても常盤台の中学生目当てで裏切った事実は変わらないにゃー」

海原「いやだからっ!?」

結標 ポンッ(笑顔で海原の肩を叩いて中指を立てる)

海原「……もういいです、それで」

一方通行「ちったァ楽しませてくれよ、外人さンよォ!!!」



262:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:46:45.21 ID:8Zghcs7u0

――炎燻るフロアにて

ステファニー「いやーもうなんかつまらないじゃないですか。砂皿さん敵討ちに来てみたものの、こーんなあっさり終わるなんて、ねぇ?」

絹旗(フロア全体の窒素量が超減っています……ね。これじゃ満足に、盾も張れやしません、か)

ステファニー「……終わりにします?終わりにしたいですか?えぇそうしましょうか?私達だって――いえ」

絹旗(そもそも攻撃しようとした所で、全部超自傷へ向かうんだから意味は無いかも知れませんが)

ステファニー「うんじゃもういいです。有り難う御座いました。ごめんなさいね?なんか長々付き合わせてしまって――」

次の一斉射撃で全ては終わる。
異能としても高いランクを誇った窒素装甲は、本領を発揮できずに。

ステファニー「ではおやすみなさい――」

休みを得るため目を瞑ろうとする――だが、止める声は力強く響く。

上条「終わらせ――ねぇよ!!!」

ガッ!!!

ステファニー「ぐっ!?」

絹旗「かみ、じょう?……上条!?」

上条「どーも、パシリ志願です」

絹旗「どうして来たんですかっ!?相手は銃、だから――あなたの能力じゃ――」

上条「仲間を助けに来て何が悪いんだよ」

絹旗「だってあなたじゃ、彼女に超勝てませんよ!」

上条「あぁ、そうだな。俺じゃ無理だ」

絹旗「だったら、だったらどうしてっ!?」

上条「俺は――独りじゃないから」

上条 ギュッ(右手で絹旗の左手を握る)

パキイィィンッ!

上条(やっぱ何か変な術式の影響を受けてたか)

上条「あとこれ」

絹旗「窒素スプレー缶っ!?」

上条「麦野から『よろしく』って言われてんだ、こっちは」

上条「お前が俺を護ってくれてるように、俺もお前を護ってる。『アイテム』の仲間ってはそーゆーモンだろ?」



263:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:48:12.43 ID:8Zghcs7u0


ステファニー「……何の、真似ですか?お涙頂戴すれば私が見逃すとでも!?」

ステファニー「いやーむしろテンション上がって来ちゃいました!絹旗さんの前で彼氏さんバラすの楽しそうですしー!」

ステファニー「さってどうしましょうかねー?」

上条「……ステファニーだっけ?お前と組んでいた魔術師は倒したぞ」

ステファニー「はぁ?魔術師ぃ?なんですそれ?」

上条「知らなかったのか?」

ステファニー「組んでいた娘の事ですかね?変わった能力を持っている、とは聞きましたけど」

ステファニー「まぁでもアレですよねー?絹旗さんのお仲間が来たっつっても、レベル0に何が出来るんですかねー?」

ステファニー「結局ミンチになるのがあなたの答えって事でしょうかね」

上条「下らねぇな、お前。見せないと分からないのか」

上条 (繋いでいる手を掲げる)

上条「これが、俺達の答えだ」



264:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:49:46.39 ID:8Zghcs7u0

――炎燃えさかるショッピングモール。少し少し前

上条(おかしい。消防隊が入り込んでこない一角がある)

上条(まるで意識してないように……人払いの魔術か?)

ガガガガガガガガガッ!

上条(銃声が響いているのに無関心、ってのは不自然すぎんだろ!)

ショチトル「上条当麻、で合っているか?」

上条「お前は……?」

ショチトル「私はショチトル、エツァリ――海原の元同士だった、と言えば分かるか?」

上条「お前が、お前らがまた下らない事で仕掛けてきたのか!?」

ショチトル「私だけではないぞ。ステファニーという女も利用させて貰っている」

ショチトル「もっともお前ではなく、お前のツレに恩人を再起不能にされた、そうだが」

上条「……成程。復讐をしたい奴らが手を組んだ、と」

ショチトル「違う!私は結社の本懐である上条勢力の暗殺が目的だ!あんな裏切り者は関係無い!」

上条「裏切り者……海原がか?」

ショチトル「そうだ!女にうつつを抜かした結社の恥だ!戦士ですらない臆病者は、お前を始末した後に奴も――」

上条「ふざけるな!!!海原を馬鹿にしてんじゃねぇぞ!」

上条「海原は俺と戦う時正面からぶつかってきたぞ?」

上条「やろうと思えば無関係な人間を幾らでも巻き込めた筈なのに、しなかった。けどお前らはしてるよな」

上条「それの何処か“戦士”だ。ただの卑怯者じゃねーか!」

ショチトル「煩いっ!お前に何が分かるっ!?兄とも慕った人間が、たかが小娘一人のために結社を裏切ったんだ!」

ショチトル「そんなの、そんなのっ!許せる訳がないだろう!?」

上条「……良しわかった。取り敢えずお前のその幻想、俺がぶち殺す!!!」

上条「そんなに大事なヤツだって言うんだったら――」

上条「――離れないように手ぇ繋いでりゃ良かったんだよ!!!」



265:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:51:16.68 ID:8Zghcs7u0

――潮岸邸内部

麦野(あー暇ね。つかさっさと帰りたいんだけど)

麦野(セキュリティは切られているし、あっちの戦闘には首突っ込みにくいし)

フレンダ「麦野っ麦野っ!」

麦野「なによ。私はあんたのかーちゃんじゃないんだから、って」

麦野「気持ち悪っ!?なんだソレ、人ぐらいの大きさのゴム?肌色で服着せて、趣味悪いって話じゃねぇだろ」

フレンダ「何か廊下に一杯落ちてる訳。何かピクピクしてるし」

滝壺「ふたりとも、それ!さわっちゃ、ダメ!」 ブルブル

麦野「大丈夫よ。爆発物とかそういうのは仕掛けてないっぽいから」

滝壺「拡散力場を感じる……!それも、これも!」

フレンダ「って事は何?結局このゴムっぽいのは――」

麦野「全身の骨を抜かれた――人間!?」


――炎燃えさかるショッピングモール。少し前

上条「これが、俺達の答えだ」

上条(ショチトルには逃げられたが、人払いの結果は解けた。スプリンクラーの復旧も時間の問題だろう)

ステファニー「……あーあーうんうんそーですか、そりゃ凄いですねー。なんでしたっけ?好きな人の手を離さないとかなんとか?」

ステファニー「でもだからどーしたって――」

上条「今度はお前――いや、お前達が答えを出す番だ。聞いているんだろう、ショチトル!?」

ショチトル(隠形術式がバレたか!?)

上条「このまま敵を討つのか、大事な奴の側についていてやるのか。お前達が選べよ」

上条「本当お前らが大事な奴のためを思っているんだったら、こんな所でドンパチしている場合じゃねぇだろ!」

上条「大事な奴が良くなるように走り回って、その上で側に居るのが『筋』じゃねぇのかよ!」

上条「俺は戦う力がないから、つって置いて行かれた人間だから分かる!」

上条「好きな人間――絹旗が傷つくのは苦しいし、辛い!」

上条「出会って少ししか経ってない俺達だってそうなんだから、お前達だってそうだろうさ!」

上条「砂皿が目を覚ました時お前が居なかったら、妹と可愛がっていた人間が消えちまったら、それは寂しいに決まってんだろ!」

ステファニー「お、遅いんですよ!私はもうここへ来てしま――」

ショチトル(結社を裏切れる訳が、ない!)

上条「いい加減目を覚ませよ!もしもお前達が自分の復讐しか見えないってんなら、誰を犠牲にしても巻き込んでもしていた!」

上条「俺と絹旗が遊んでいる時、幾らでも後から撃てた筈だ!」

上条「それをしてないって事は、お前達は自分でも気付いてんだよ!」

絹旗「……上条っわたしの後へっ!」

絹旗(この人だけは!死なせない、超絶対に!!!)

ステファニー「あ、ああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

ガガガガガガガガガガガッ!!!

絹旗(窒素装甲が張れる!でも窒素缶で補充した分で超ギリギリっ!?)

絹旗「その、ですね。上条」

絹旗(例え次の瞬間、わたしが命を落としたとしても)

絹旗「この手を――」

上条「あぁ、離さない!」 ギュッ



266:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:52:48.77 ID:8Zghcs7u0

ステファニー「うあああああっあっあっあっああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

ガガガガガガガガガガガッ!!!

カチッ、カチカチカチカチッ

ステファニー「ま、予備のマガジンを――」

上条「行くぞ!」

絹旗「はいっ!」 ダッ

ショチトル(操作系術式が効かない!?)

ステファニー「そ、そんな私はっ!私は――」

上条「お前達が見ていた『幻想』――復讐なんてモンは、とっくにお前ら自身がぶっ壊してんだよ!!!」

パキイィィンッ!!!ガッッッ!!

上条「好きな相手と何時だって――戦場だろうが、病院だろうが、手を繋いでられるってのは幻想なんかじゃねぇ」

ステファニー「……っ」

上条「砂皿が元気になって、まだ復讐したいってんなら何時でも来い」

上条「ショチトル、応えなくて良いから聞いてくれ」

ショチトル「……」

上条「結社なんか辞めちまえ、海原が大事だっつーんだったら、今度こそ手ぇ離さなきゃ良いだけの話だ」

上条「二人と戦った俺ならわかる」

上条「何だかんだと理由を付けて、自分を止めて欲しかったアイツ。他人を巻き込むのを最低限に留めようとしたお前。そっくりだ」

上条「――結局、お前らは『兄妹』なんだよ」



267:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:54:54.26 ID:8Zghcs7u0

――潮岸邸跡。“現在”

テクパトル「原書はお前を選ぶ、のか……?」

海原「すいません。自分、ゲテモノに人気なもので」

テクパトル「だが終わらん!来い!」

ズオォォンッ

麦野「っと。外に出てみりゃ象サイズの……あれは」

垣根「豹?」

一方通行「いやァ、ジャガー、じゃねェかな。模様の丸ン中に点々がある」

海原「……最悪だ!『鏡の義足』の召喚術式まで行ったというのですか!?」

テクパトル「……あぁ、屋敷の中にいる連中、全員分の骨を黒曜石として捧げれば、然程苦労もなか――ゴフッ!?」

一方通行「よく分かンねェが、あいつぶっ飛ばしゃァ終わりなンだろォ?」

海原「いけません!仮にも自分達の世界を滅ぼしたとされる神格ですよ!?人がどうこう出来る相手では――」

ドゥォォォォンッ!!!

麦野「おーおー確かに堅いわー」

垣根「え、マジ?じゃ俺も俺も!」

ズゥン!

一方通行「おいおい三下さンよォ学園第一位を忘れてもらっちゃァ困るぜェっ!!」

ヒュンッヒュンッ――ドォンッ!!!

海原「人間が逆らった所で勝てる訳がありません!」

麦野「おいアンタ、キモ原だっけ?」

海原「海原です!」

麦野「アンタは何?勝てる喧嘩はするけど、負ける喧嘩はしない主義?」

海原「当然でしょう!?生き延びるためには逃げる事だって必要です!」

麦野「あーうん、失格。しかも時間切れだわ」

海原「はい?」

麦野「こーゆー時はね、正義のヒーローが現れるって相場は決まってるモンなのよ」

男?「垣根!一方通行!道を作ってくれ!」

垣根「遅せーぞヒーローさんよおっ!!!」

一方通行「つーか俺よりも垣根の方が先ってのはどォいう事だァ?」

垣根「やだ、男のジェラシー?」

一方通行「テメェごとぶっ飛ばすぞメルヘン野郎ォがよォォっ!!!」

ドオオオンンッ!!!

海原「あなたはっ」

上条「本日三回目のっ、うおおおおおおおおおおおぉぉぉぉっ!!!」

パキィィィンッ



268:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:56:31.99 ID:8Zghcs7u0

――夜の凱旋。路上を歩く学園最強組

麦野「――で、なんだけど。タイミング良く現われた、つーかどうやって場所知ったの?」

上条「ツイッター」

麦野「いやいや有り得ない――ってコレ」

ふれんだ@Friend-a――潮岸の家の前なう

フレンダ「どう?今回連絡が取りにくかったから、頭を使ってみた訳!」

麦野「使ってねぇよ!むしろ使いなさいよ!どう考えても合同チームの内部情報でしょ、これ!?」

麦野「帰ったらオ・シ・オ・キね?」

フレンダ「いやああぁぁっ!?オシオキはいやーーーーっ!?」

上条「……いつも思うんだけど、オシオキって何するんだ?」

絹旗「受けた事がないので超分かりません。滝壺は?」

滝壺「おなじくー」

フレンダ「助けて上条!」

麦野「オイコラひっついてんじゃねぇぞクソビ×チが!」

上条「まーまー麦野も」

麦野「またそうやってフレンダを甘やかして!」

絹旗「……なんでしょうね、こう熟年夫婦の子供の超しつけを聞いているような感が」

滝壺「ふれんだはカテゴリ的にペットかも?」

フレンダ「失礼な!あたしだっていも――」

絹旗「はい?今なんて?」

フレンダ「いや別に何でもない訳よ、うん」

麦野「ま、まぁフレンダも反省しているみたいだし、今回は不問って事にしましょうか」

絹旗「今の間に超何やったんですか?」

麦野「全然全然?うん、特に何もなかったわよ?」

フレンダ「嘘だっ!殺気も完全に消えてる訳よ!」

上条「うん。何か頭撫でてって――」

麦野「ちょっ!?内緒だって」

フレンダ「ずーるーいーわーけーっ!」

絹旗「なんでしょうね。少し前フレンダが『頭がキーってなる』と言っていたのが、超理解出来る気がします」

滝壺「むぎのはデレ補正があるから卑怯だと思う」 ヨシヨシ



269:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 13:58:16.10 ID:8Zghcs7u0

一方通行「……よォ」

上条「お疲れー」

一方通行「お前ンとこはいつもこンなに煩ェのか?」

上条「女の子ばっかだからな。仕方がないさ」

一方通行(麦野を女の“子”扱いできる時点で、ただ者じゃねェと思うぜェ)

上条「それよっか今からお疲れ会するんだけど、お前らも来るだろ?」

一方通行「俺かァ?いや俺は別にィ」

上条「何か用事とかあるのか?」

一方通行「いやァ、ねェけど」

上条「こないだみんなでピザ食ったじゃん。あれを焼いてくれた店で、どうだ?」

一方通行「コーヒー、は」

上条「美味いらしいな。マスターが月によって仕入れる豆の原産地を変えてるって言ってた」

一方通行「へェ……」

上条「おっし、んじゃ参加な。海原はー?」

一方通行「オイまだ参加するっつった訳じゃねェし――妹らを病院連れてくンだと」

上条「結標は?」

一方通行「いやァだからまだ決まった訳じゃァ――おいババア。垣根に構ってンな」

垣根「ひでーな!もう少しで口説き落とせそうだってのに」

結標「いや無いから。で、何?」

上条「今からみんなでメシ食いに行くんだけど、どう?あ、勿論垣根も。一方通行も来るって」

一方通行「お前ェン中じゃ確定ンなってンみてェだがよォ、俺ァ別にアレだ」

上条「何で?どうせ今から食事取るんだろ?だったらみんなで食った方が美味しいって」

一方通行「……あァもう行ってやンよ。感謝しろ三下ァ」

上条「あぁ有り難うな」

一方通行(俺の天敵だろォ、こいつ)

フレンダ「『やべェな……逃げられねェ――むしろ逃げたくねェわ』」

滝壺「『だがな、俺はその幻想をぶち殺す!ぴきーん(効果音)』」

上条「おい、“かっこ、こうかおん、かっことじ”って口で言うのは無理すぎだろ」

フレンダ「『ヤダ、俺の一方通行が対面通行になっちゃう!ビクビク(効果音)』」

垣根「セロリはそんな事言わない。キャラの原型とどめてねえだろ」

滝壺「『大丈夫だ!今日からお前が俺の――片側交互通行だ!』」

結標「工事中なの!?セロリのどこを拡張工事しているのよ!?」

フレンダ「『三下ァ!』」

滝壺「『いっぽぅ!』」(巻き舌)

滝壺・フレンダ ガシッ!

一方通行「なァコイツら殺すけどいいよなァ」 カチッ

上条「まぁまぁ仕事終わってハイんなってるだけだから、許してやれって」

一方通行 チッ



270:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:00:13.77 ID:8Zghcs7u0

上条「あーそんで二人はどう?」

垣根「マジ?俺も行っていいの?」

上条「当たり前だろ何言ってんだ。何度も助けて貰ったって聞いたし、お礼としちゃ安いけどな」

垣根「だったら有り難く――ってか奢り?ドリンク有り?」

上条「ま、そんぐらいはな。アルコールはウチ中学生居るから自重してくれると助かる」

結標「だったらあたしも参加するわね」

上条「ってかもう一人居なかったか?こないだも思ったんだけど」

一方通行(土御門はバケモンが出た瞬間に逃げたしなァ)

一方通行「気のせいじゃねェか?」

結標「下っ端でも紛れ込んだんじゃない?」

結標(クソメガネって情報戦もあんま役に立たないし、なんで『グループ』にいるのかしら?)

上条「んー……まぁいいか」

麦野「フレーーーーーーンダッ!アンタって娘は!」

フレンダ「あたしは悪くない訳よっ!?滝壺逃げてー、窓に!窓にっ!」

滝壺「ふっ……50m、10秒フラットの足を見せる日が来るとは!」

垣根「むしろ遅い方だからな」

一方通行「――って街中で荷電粒子○撃つンじゃねェよ!結標ェ、第四位の靴飛ばせ!」

結標「ふざけんなバーカ!あたしに命令するなんざ、10年遅いのよ!」

垣根「遅いのかよっ!?」

上条「はは、何か大変そうだな」

?「すまない」

上条「ん、どした?」

?「私も行きたいんだが、構わないかな?」

上条「うん。来い来い」

?「そうか。有り難う」

上条「つーかごめんな?お前居なかったみたいだから、声かけられなかった」

?「いいんだ。私はどこにでも居るし、どこにでも居ないのだから」



271:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:02:14.42 ID:8Zghcs7u0

――いつのも喫茶店(夜はアルコールも出しています)

上条「飲み物全員持った?あぁ滝壺それ醤油の瓶だから!フレンダはサバ缶を掲げるのやめなさい!」

上条「こほん。まぁ色々あったけど、仕事が終わった事を祝して――かんぱーい!」

麦野・結標・垣根「乾杯」

フレンダ・滝壺「かんぱーい!」

絹旗「超乾杯です」

一方通行「おーゥ」

エイワス「乾杯。で、いいのかね?」

麦野・絹旗・フレンダ・滝壺・一方通行・結標・垣根(……誰?)

上条「あーうんうん合ってる。つーか飲みもん飲めるんだな」

エイワス「カザキリだって大丈夫だったろう?まぁ飲み食いした所で娯楽の域を出るものではないのだが」

上条「食っても食わなくても良いって事か。それはそれで羨ましいけどなー」

一方通行「(……なァオイ。誰よ、アイツ?)」

麦野「(何か天使っぽくキラキラしてるんだけど。垣根の知り合い?)」

垣根「(知らねぇよ!幾ら俺でもあそこまでキラキラしてねぇし!)」

絹旗「(というか超そっちの関係者じゃないんですか?)」

結標「(って事は『アイテム』の関係者でもないのね?じゃ一体――)」

滝壺「(拡散力場が不安定になってる……?)」

上条「んじゃモノ食べるのも初めて?」

エイワス「そうだろうな」

上条「だったら味の薄い物から食べた方が良いのかな」

フレンダ「あーちょっ。ちょっとごめんって訳」

上条「何?追加の注文?エイワスは何食べたい?」(メニューを見せる)

エイワス「私には分からないので、君に任せるよ」

上条「だったらオートミールなんかサッパリして――」

フレンダ「いやいやそうじゃない訳よ!そうじゃなくって、その人、誰かなーって?」

エイワス「私はエイワス、君達が『ドラゴン』と呼ぶ存在だよ」

上条「すいませーん!オートミール一人前お願いしまーす!」

上条「で、何の話?あ、自己紹介したんだ?だったら俺らも一人一人名前と特技言っていこうぜ」

エイワス「必要ないよ。ある程度は見知っているから」

上条「そうなんだ、へー」

一方通行「ちょっと待てよォ!ンな軽りィ話じゃねェだろう!」

上条「なんで?」

一方通行「イヤなんでって。俺らが血ィ吐いて探し回ってンのがソイツだろうがよォ!」

上条「向こうから来てくれんだから良いだろ?なんか問題でも?」

一方通行「い、いやァ……」

一方通行(問題しかねェ気がするんだが)



272:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:04:41.25 ID:8Zghcs7u0

上条「俺の友達にもエイワスみたいな拡散力場の体の子が居るし」

エイワス「むしろ彼女は私を作り出すための呼び水みたいなものだな」

上条「風斬の弟?」

エイワス「はは、まさか。私は体を得てないだけで、この世界に漂いはしていたからね。君達の文明よりも私の方がずっと年上だな」

一方通行「(何でコイツ普通に話してンの?)」

垣根「好みのタイプは?」

麦野「(オイ馬鹿が食いついたぞ!?)」

エイワス「年下の子、かな?」

垣根「鉄板ギャグ頂きました!」

一方通行「(なんだオイ、なんだコイツ、ドラゴンが目の前でギャグ飛ばすってのはどういう状況ォ?」

垣根「まぁ飲め飲め。行けるクチなんだろ?」

エイワス「有り難う……おや、エールかね」

上条「あぁコラ、アルコールはやめろっつったのに!」

垣根「いーじゃん別に。つーかさぁ、麦野がさっき酔ったフリ――」

麦野「学園第四位腹パンっ!」

垣根「そげぶっ!?」

麦野「やだわーバ垣根ってたらもう酔いが回っちゃったみたいでー」

垣根「おいテメェ俺が未元物質でガードしなかったら致命傷だったぞ!」

麦野「甘ぇんだよ!ウチのフレンダは毎日これで鍛えてんだ!」

絹旗「……そうだったんですか?」

フレンダ「初めて明かされた真実……と言うか第二位ですら危険視するブローを、あたしは生身で受けてたって訳……?」

麦野「それで?結局、アレイスターのプランってのはどういう話なの?」

エイワス「私は彼ではないので分からないよ。でも私を抽象化――顕現化させる事が目的か、もしくは目的に近づく手段だったんじゃないかな」

一方通行「何考えてやがンだァ、アレイスター。ソレにどういった意味があンだよ?」

エイワス「繰り返すが『わからない』だ。というか君は安穏としている場合なのかね?」

一方通行「……あァ?」

エイワス「シスターズというか打ち止めに流された『ウイルス』はまだ完治出来ていない筈だが?」

一方通行「テメェっ!」

エイワス「いいのか?放っておけば待っているのは、破滅しかない」

一方通行 カチッ

エイワス「私を消せばプランも大分後退するが。はてさて君に出来るかどうか」

一方通行「上ォ等だァ――」

上条「はいはいヤメヤメ」 カチッ



274:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:07:22.46 ID:8Zghcs7u0


一方通行「テメェ何勝手に――」

上条「エイワスに何かしたって、というよりエイワスが何かしたわけじゃないだろう?」

一方通行「だからってあのガキを助けるためなら、俺ァなンだってするって――」

上条「エイワス、今ここでお前を消す事でプランは後退するかも知れない。でもだからって打ち止めは回復するのか?」

エイワス「しないだろうね。むしろ彼女に利用価値が無くなれば、治療する必要も消える」

一方通行「テメェっ!!!」

上条「だったらどうすればいい?打ち止めの体を治すには、俺達は何が出来るんだ?」

エイワス「……そうだな。『禁書目録(インデックス)』を探す事だ」

一方通行「本かァ?」

エイワス「いや、彼女の記憶する魔導書の中に、打ち止めを助ける方法がある。君はもう目にしているだろう?」

一方通行「木原にウイルスを流し込まれた時に居た、あのシスターかァ!」

上条「で、その禁書目録ってのはどこに居るんだ?」

エイワス(……え?)

上条「まさか居場所は分からないのか?それとも移動しているとか?」

エイワス(君と住んでいるよ?今日の朝も噛まれていたよね?)

エイワス「あー、『インデックス』。あぁそうそう『インデックス』はね。もしかしたら君の近くにいるかも知れないよ?」

エイワス「例えばどこかのレベル0の家に転がり込んでいるのかも知れないね?」

上条「参ったな。俺と同じレベル0なんてゴロゴロ居るぞ」

エイワス(え?スルーなの?ボケる所じゃないよね?)

一方通行「近くってェも230万人の学園都市だぞォ。分かるワケがねェ」

麦野「そもそも学生だって保証はあんのかよ?下手をすれば外部から許可無しに乗り込んできた可能性だってあるし」

一方通行「シスター服なんざァ普通見ねェしなァ。巫女服は結構見っけど」

上条「そうすると探し出すには分かり易いって事か。あぁでもいつも同じ服とは限らないよな」

エイワス(いやだから君一緒に暮らしてるよね?毎日毎晩、あの子のおはようからおやすみまで面倒見てるよね?)

麦野「何ヶ月か前に、シスター服の連中が学園都市近くの教会で殴り合ってた、って話聞いたけど、そいつらじゃないの?」

上条「あ、ごめん。そいつら俺の知り合いだけど、インプラントなんて名前の子は居なかった」

フレンダ「……どうして上条がシスターと乱闘する羽目になった訳?」

上条「色々あったんだよ。アニェーゼとオルソラ、今頃何やってんのかな……?」

絹旗「おっぱい超大きそうな名前ですね」

上条「片方は小さいよ!」

滝壺「……片方“は”?」



276:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:09:36.88 ID:8Zghcs7u0

エイワス「そうだな。君に心当たりがなくとも、そういうお友達に聞いてみたらどうだ?」

上条「学園都市に居た人間を魔術師が知ってる訳ない、と思うけど」

エイワス(イジメなの?ねぇタチの悪いイジメじゃないの?インデックスはいない事になってるの?)

一方通行「あァもう埒が明かねェ!禁書目録が記憶してる“かも”ってェ事はだ。その元となる知識があンだろ?」

麦野「そっちを調べた方が早いでしょうね。居るかどうかも分からない人間を捜すよりは」

垣根「あ、すいませーん。ポテマヨ三つとワインをボトルでー」

結標「焼酎ありますー?んじゃそれもロックで」

フレンダ「サバのカルパッチョ……美味しい訳?」

滝壺「頼んでみれば、わかる」 モグモグ

フレンダ「そうよね。すいませーん」

麦野「おいお前ら人の話聞けよ。つーか何完全に部外者モードになってんのよ!」

垣根「いやーなんかさー。よく考えてみ?俺らが死ぬ程――つーかまぁ一杯死んだけども――戦った挙げ句、取った情報が『ドラゴン』だったろ?」

結標「蓋を開けりゃキラキラのにーちゃん現われるわ、何よコレって思うわよね」

垣根「なんつーかな。俺らもしかしてアレイスターの変態趣味に付き合ってただけじゃね?とかそんな疑惑がね」

結標「まぁ確かに?アレイスターってホ×っぽかったけど」

フレンダ「マジでっ?ホントに!?」

結標「ぽくない?ってか食いつきいいな!」

一方通行「ホ×談義は置いとけェ。興味の無ェ奴ァ勝手に飲み食いしてやがれ。つーか目障りだから話に混じってくンな」 シッシッ

垣根・結標・フレンダ・滝壺・エイワス「はーい」

一方通行「って待てやゴラァァ!テメェまでそっち行くンじゃねェよ!」

エイワス「いや興味無いし。ホ×って何かね?アレイスターは私にそれを求めているのだろうか?」

フレンダ「『オイ上条ォ、俺ァ昔っからお前の事がァ』」 フラフラ

滝壺「『あくせられーた!俺も俺も実はお前の事がっ!』」

上条「実演すんなよ。そもそも実演出来んのかよ」

フレンダ「『上条ォ!』」 フラフラ

滝壺「『れーたっ!』」

一方通行「人の名前を勝手に略すなァ。展開早すぎだろォよ」

フレンダ・滝壺 ガシッ

結標「『ちょっと待った!』」



277:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:11:11.94 ID:8Zghcs7u0

麦野「馬鹿劇団に参加すんなよ!?――ってうっわ、酒臭っ!?」

絹旗「そういう麦野は鮭臭――あぁいえ何でもありません。超言いたかっただけです」

結標「『俺の未元物質に常識は通用しねぇ!俺の性癖もだ!』」

垣根「……俺、他の人から見るとあんな感じなの?」

麦野「アンタのテンション振り切ってる時はまぁ割と」

結標「『お前らまとめて――俺が幸せにしてやんぜぇ!』」

フレンダ「『垣根ェ!』」 フラフラ

滝壺「『だーくまたー!』」

垣根「そんな呼ばれ方した事ねぇわ。どっかの白モヤシみてぇに本名非公開にしてる訳じゃねぇから」

フレンダ・滝壺・結標 ガシッ

絹旗「はいはいそこで出て来る幻想殺し超腹パンっ×3!」

バスッ、バスッ、バスッ

酔っぱらい三人「げふっ!?」

絹旗「あぁこっちは始末付けときますから、お話超続けて下さいね?」

垣根「ええ子や。もちっと大きけりゃなぁ」

上条「――で、どうなんだエイワス?」

エイワス「いや、非生産的な愛はちょっと」

一方通行「そっちじゃねェよ。むしろ聞きたくねェわ」

麦野「概念は理解しちゃったのね……」

上条「イン何とかに頼らなくても良い方法は無いのか?」

エイワス「そうだね。魔術結社に頼るのも方法の一つだけれど、君達の立場上拙いかも知れない」

垣根「最悪人質に取られるかも知れないしなー。なんつったけ?学園都市潰しにアックアだかって来たらしいじゃん?」

麦野(対外的にはそういう事になってんのか。ある意味間違いじゃないけど)

エイワス「ロシア――いやエリザリーナ独立国を知っているかな?」

麦野「近年ロシアから無理矢理独立した国の一つね」

エイワス「そこのエリザリーナという魔術師は、癒しの業に長けていると聞く」

エイワス「加えて独立国はロシア成教とも揉め事を起こしている。恩を売れば歓迎されるんじゃないかな」

一方通行「……俺向きの話だァな」

エイワス「だが忘れないでくれ。彼女が治療法を知っている保証はない。無駄足になる可能性だってある」

一方通行「それだけ聞きゃァ充分だァ、ンなもンはよォ」

エイワス「そうか。君は変わったんだな」

一方通行「煩ェよ」



279:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:13:04.00 ID:8Zghcs7u0

上条「よし!んじゃいつ行こうか?」

一方通行「そォだな、ってお前は連れかねェよ?えっ?じゃねェよ」

上条「いやでも――」

一方通行「気持ちは有り難ェがアレだ。俺の喧嘩にお前が出る必要は無ェってンだろ……お前一人だったらノタレ死のうが関係ねェンだが」 チラッ

麦野(こっち見んなセロリ)

一方通行「つっーか何?レベル0に学園第一位サマが心配される覚えはねェしな」

上条「……分かった。でも何かあったら呼べよ?」

一方通行「あァ俺と垣根で行きゃァ大抵の事ァどうにかなる」

垣根「そうそう俺らが行けば――待って?ねぇちょっと待って?今俺の名前が出て来たんだけど?」

垣根「言ってないよね、俺行くって?何でそんなクソ寒い所についてく必要があるの?」

上条「そっか……そうだよな!垣根がついてれば安心だよな!」

垣根「そ、そうかな?いや俺別に行くって決まった訳じゃ――」

エイワス「そういえば――独立国の代表は、若くして多くの人間の信を集める才女らしい。天は二物を与えたとかなんとか」

垣根「……マジ?与えちゃったんだ、二物?」

エイワス「国一つ独立させるのだから、それ相応のカリスマを持っていて然るべき、とも」

一方通行「あァ英雄ってのはモテるよなァ。なァヒーローさンよォ?」

上条「俺は別にモテてないけど。でもきっと活躍すれば大人気じゃないか?」

垣根「あー……うん。れー太クン、俺達友達だよね?」

一方通行「なった覚えは――ってテメ手ェ離――」 モガモガ

上条「(空気読めっ!)」

垣根「友達のピンチ見捨てる訳に行かないよ!つーか行きたいよ!」

一方通行「……あァうン。だったらついてくればァ?」

垣根「なにそれっ!?お願いしますって頼む方じゃねぇのかよ!」

一方通行「……煩ェ、そのテンションがウルセェ」

垣根「いいか!?嫌だってつってもついていくからな!むしろ一人でも行くし!」

一方通行「お前ェホントっに期待を裏切らねェ馬鹿だよなァ」

上条「もう何しに行くのか分からなくなってるしなー……って絹旗?」

絹旗「……え?いえ、起きてます。超起きてますよ、はい」

麦野「まぁ色々あったしね、今日は。上条、送って上げなさいな」



280:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:14:44.36 ID:8Zghcs7u0

上条「知ってたのか?」

麦野「ボロボロの服と煤だらけの髪を見れば、誰だって分かるわよ。他の子達はアタシが面倒見とくから、アンタも帰って良いわよ」

上条「んじゃ――あぁ一方通行、カエル先生の連絡先って知っているか?」

一方通行「知ってっけどさァ、冥土返しって言ってやれよォ。また人助けか?」

上条「知り合いの知り合いが意識不明の重体なんだけど、何とかしてほしいって」

一方通行「ふーン」 ピッ

上条「ありがと。後、こっちも」 ピッピッピ

一方通行「オイこれ超電磁砲とシスターズのアドレスじゃねェか!?」

上条「俺が借りイチ、って言えばまぁ大体助けてくれると思う」

一方通行「……ふざけてンじゃねェぞ。俺みてェな悪党が、今更どのツラ下げて頼めってンだよォ!?」

上条「……はぁ。面倒臭ぇな」

一方通行「ンだとォ?」

上条「本日四回目――あぁいや日付が変わったから、一回目か――の、そげぶっ!」

一方通行「あがっ!?」 ガッ

一方通行「ってェなテメェ!巫山戯てンじゃ――」

上条「巫山戯てんのはお前の方だ!」(胸ぐらを掴む)

麦野(あ、やばっ)

上条「お前は悪党なんかじゃねぇ。誰かのために命を賭けて戦う奴の何が悪党だってんだ!」

一方通行「……」

上条「いいか?お前を悪党だって言うヤツは、俺が全員ぶっ飛ばす!お前だってそうだからな!」

上条「胸を張れよ一方通行!お前はもう陽の下を歩いてんだ!」

一方通行「……下らねェ。ほンっとに下らねェよ」

一方通行「下らなすぎて、吐きそうだぜェ……」(トイレに向かう)

垣根「いいのか?」

上条「良いも悪いもあいつが決める事だしなぁ。あ、垣根も良かったら」

垣根「おけおけ」 ピッ

上条「何か悪いな。演技までさせちまって」

垣根「つーかステファニーと砂皿の件で、お前らには借り一つあったから。これでチャラって事で」

上条「あー……そういえば二人ともお前んとこだっけ」

垣根「ケンカ終わった後に仕掛けるなんざ、三流ですら有り得ねぇよ」

上条「でも気持ちは理解出来るしなぁ。だったら砂皿何とかならないかな?」

垣根「そうなぁ……冥土返しが未元物質の応用試験したい、って言われてんだが、アイツの順位上げるぐらいだったら、何とか」

上条「頼む!」

垣根「んー……カエル先生に祈っとけ。ま、ロシア行くのは学園都市以外の能力者ってのも気になるし」



281:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:16:43.88 ID:8Zghcs7u0

上条「程々になー。あ、店員さんおしぼり貰えますか?」

店員 ポーッ

上条「店員さん?」

店員「は、はいっ!?」

上条「おしぼり一つ下さい」

店員「はいっわたしだったらいつでもオッケーです!」

上条・店員「……はい?」

麦野「……まぁそうなるわな。頭痛いわー」

垣根「うん。気持ちは分からないでもないけど」

上条「エイワス。携帯持ってたら電話番号交換しないか?」

エイワス「私と?必要ない。学園都市で呟けば聞こえるし、興味があれば顔を出す」

上条「そっか。それは頼もしいな」

エイワス「私は君達の味方ではないよ。かといってアレイスターにも与していないが」

上条「いや、お前は俺達の味方だよ」

エイワス「……何を根拠に?」

上条「お前や風斬の体って、俺やシスターズの能力から出来ているんだろ?」

エイワス「体“は”その通りだ」

上条「だったら俺達側じゃないか。お前にとって、学園生徒は身内みたいなモンだろ?」

エイワス「」

エイワス「……そうか、その発想は無かった……」

上条「ま、機会があったらヨロシク」

エイワス「興味が向けば、な」

上条「きぬはたー、絹旗?寝ちまってる?」

麦野「送ってってやりなさいな。デートってのは家に帰るまでがデートよ」



282:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:18:14.40 ID:8Zghcs7u0

――絹旗ルート・エンディング?

馴染みの喫茶店がある駅前。
肩まで伸びた髪を手で整えていた女子高生は、待ち人が来ると笑顔を咲かせる。

絹旗「遅いです。超遅いです。一体わたしがどれだけ待ったかと超問い詰めたい」

上条「……いや、あの家出たの一緒だよな?乗った電車も車両も一緒だったし」

上条「そもそも一緒に暮らしているんだから、わざわざ外で待ち合わせする必要性が」

絹旗「いえでもデートって超こう言うもんじゃないですか?」

上条「どーだろ?俺、絹旗とした事しかないから、比較対象がなぁ」

絹旗「おっと朝一で超殺し文句が来ましたねっ!心臓に悪いから超やめて欲しいんですが」

上条「まぁ他の娘と行くつもりはないから、別に良いんだけど」

絹旗「だーかーらっ超奇襲禁止!」

上条「ん、はい、手」

絹旗「はいっ」 ギュッ

上条「あのすいません、こう、もうそれは手を繋ぐってレベルじゃねぇぞ、って言うか、実に素敵なものが腕に当たっていると言いましょうか」

絹旗「超あててますからねー。好きですよね?」 スリスリ

上条「大好きだよチクショウっ!」

上条の下条さん(えぇまったく)

絹旗「でっすよねー。誰が超ここまで育てたんだと。むしろ超責任取りやがれ」

上条「俺?俺の責任なのっ!?」

絹旗「だって小さい時から超大好きだったじゃないですか。というか彼女になった直後は、わたし超壊れるんじゃないかな、ってぐらい――」

上条「その話は後で!なっ、アンチスキルとか風紀委員の人が怖いから、ねっ!?」

絹旗「いやでも中学生だからー、とか、大事にしたいんだー、とか言ってた割には朝昼夜、おはようからおやすみまで、つーかむしろ超寝かさないぜ(キリッ)って感じでしたし」

絹旗「やだ誰かこの人の幻想壊してよぉ、ってわたしが超何度思ったかと」

絹旗「っていうか何だかんだ言って超アレですよねー。最初のデートで買った下着、結局超すぐ披露しましたっけ?」

上条「いやだから外でする話じゃねぇし……あの、そろそろ許してくれませんか」

絹旗「あ、ごめんなさい。超わたしの勘違いでした。見るのではなく、超脱がされた、ってのが――」

上条「そろそろ周囲の人から殺気が飛んでくるからねっ!二人の思い出をバラするのは良くないんじゃないかなっ!?」



283:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:19:52.52 ID:8Zghcs7u0

絹旗「やれやれ超これだから――あ、でも上条?」

上条「うん?」

絹旗「おっきくなったわたし、超どうですかね?」

上条「どうって、何が?」

絹旗「あぁいや、そうではなく。超幻滅したり、とか、やっぱ小さい方が良かったなー、とか」

上条「あぁそりゃなぁ。誰だって不満の一つ二つあるかもしれないけど」

上条「好きになっちまえば、そんなの関係無いって言うか。俺は絹旗が一番だよ」

絹旗「――つまり、わたしが小さかった頃から超念入りだったのは、カスタマイズしたかった、と?」

上条「いやだから特定の部位の話じゃねーし!つーか恥ずかしくなるとボケる癖も変わらないよな!」

絹旗「いや、ですか?超嫌だったら、直しますっ!」

上条「いやいやっ、俺はその、絹旗のそういう所も、さ?」

上条「可愛いし、好きだなって思ってる」

絹旗「何ですかー?超聞こえませんよー?はっきり聞かせて下さいよ、ねーねーねーねー?」

上条「……お前、さっきから全部計算してるだろ?俺に恥ずかしワードを言わせて、MP削ろうとしてるよね?」

絹旗「さぁ何の事だか超分かりませんね」

上条「だーかーらっ!」

絹旗「きゃーいやー超たすけてー昨日の夜―性的な意味で寝かせてくれなかった人がー」

上条「腕組んでる時点で逃げる気無いなっ!?」

絹旗「全く、超悪い男に捕まっちゃいました」

上条「そうか?俺は良い女の子を捕まえたと思ってんだが」

絹旗「うっ、だからそーゆーの超禁止っ!」

上条「どうしろっつーんだよ……あぁもうどっか行こうぜ。話してるんだったら家でも同じだろ」

絹旗「そうですねー。ゲーセン!ゲーセン超行ってみたいです」

上条「あれ前興味ねぇよつってなかったっけ?」

絹旗「えぇ今も超興味ありませんが何か」

上条「んじゃ何で?」

絹旗「んーゲームはあんま興味ないですけど、ゲーム真剣になってる上条は超可愛いかなーって」

上条「主旨違ってんだろそれ」

絹旗「出会った頃に超言ってたじゃないですか、好きな相手となら何やっても楽しいって」

上条「あーうん、言った、ような?」

絹旗「超酷っ!?言った本人が忘れるって!」

上条「いやほら、あれだよ。その、ずっと一緒だったじゃん?俺ら」

絹旗「ええもう『アイテム』のみんなに同棲発表した時は、超ロリ×ンペ×野郎お前もう一方通○って名前にしちゃいなよyouの大合唱でしたしねー」

上条「だからその、ずっと楽しかったっつーか。もう俺の人生、絹旗補正がかかっていたようなモンでね?」

絹旗「成程成程、上条はわたし無しじゃ超生きていけないと?」

上条「無理だな。つーか死んじゃう」

絹旗「仕方がないですねー、うん。ホント超仕方がないんですから……ねぇ、上条」

上条「ん」

絹旗「これからも、わたし、この手を超離しませんからっ!」



284:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:21:45.72 ID:8Zghcs7u0

――深夜の路上。月が輝く夜の帰り道

絹旗「――ああうん、超分かっていましたとも。どうせ夢オチなんですよね」

絹旗(というか彼氏彼女になっても名字呼びなんて、超有り得ないです……わたしの想像力に超限界があるんでしょうか?)

上条「おー、起きたか?」

絹旗「えぇ自分で超歩けます、っと」 トンッ

絹旗「えっと、その」

上条「あぁうん、はい」

ギュッ

絹旗「か、上条」

上条「うん?」

絹旗「月が、綺麗ですね」

上条「えぇ、とても」

絹旗「――え?」

上条「まぁ、その、なんだ」

上条「ゆっくり歩いていけば、良いと思う」

絹旗「わたし達には、わたし達のスピードで、ですか?」

上条「別に急ぐって訳じゃないし。だよな?」

絹旗「いやーどうでしょう?あんまり遅いと、今日みたいに一人で何処かへ超行ってしまうかも?」

上条「そりゃ心配ないさ。俺達はこうやって、繋がっているんだから」

絹旗「あちゃー、超悪い男に捕まってしまいましたー」

上条「人聞きが悪すぎる!あ、そうだ。半券――って焦げちゃってるなぁ」

絹旗「超格好つけるからですよ。上条のクセに」

上条「だよなぁ。やっぱ慣れない事はするもんじゃない」

絹旗「でも――何だかんだ言って、超来てくれるんですよね?」

上条「いやもう行かない」

絹旗「えっ!?」

上条「ずっとこうやってりゃ、危なくなる前にわかるからな」 ギュッ

絹旗「……」

上条「あ、ごめん。怒った?」

絹旗「いえ怒りはしませんが。そのっ、超ビックリしました」

絹旗「なんかそれ告白っていうか、プロポーズ、みたいですよね?」

上条「……」

絹旗(え、なんですこの超沈黙?もしかしてさっきのは超予知夢?)

絹旗「……か、上条?」

絹旗(って事はあれですよ超アレです。今日は色々あったから下着取り換えないといけませんし、幸い買ったブツがあってラッキー――って超混乱してますねわたし)

上条「絹旗ってさぁ?」

絹旗「は、はいぃっ!?」

絹旗(き、来たっ!?いやでも麦野とか滝壺に悪いなって超思ったり!いやでも断る選択肢は超有り得ない訳ですからっ!)



285:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:23:39.35 ID:8Zghcs7u0

上条「結構ロマンチック?」

絹旗「はいっ!わたしで良いなら超喜ん……はい?」

上条「それとも結婚願望強い方か?」

絹旗 ギュウウッ!

上条「痛い痛い痛いっ!?折れるからっ!?」

絹旗「まぁ分かっていましたけど、上条は超上条なんですから。全く」

上条「悪いの俺か!?」

絹旗「他に誰が超居ると?」

上条「きぬ――じゃないですね!俺だよねっ!」

絹旗「あのですねぇ。夜空には超綺麗な月ですし、辺りには人も居ません。でもって昼間二人で超死線をくぐり抜けてきたばかりじゃないですか」

上条「死にかけるのはいつもの事だけど。自慢にならないけどなっ!」

絹旗「割と超雰囲気あると思いません?むしろ勢いで超告白しやがれ的な」

上条「あーうん、まぁそうかな?」

絹旗「むしろさっきの夢は超予知夢だったのかと。どっかで履き替えるべきなのか、超真剣に悩んだわたしは何だったんでしょう」

上条「いやごめんな。空気読めとはよく叱られるけど」

絹旗「全くです、超全くですよ。上条は超反省すべきかと」

上条「本番は、きちんとするから」

絹旗「ですね。そうして貰わないと超困ります――っていま、今今今っ、何か超変な事言いませんでした!?」

上条「で、半券なんだけど」

絹旗「いやいやいやいやっ!超そこの所をはっきりして頂きたい!後出来れば、ちょっと着替える時間を超要求しますっ!」

上条「要らない?」

絹旗「超まさかです!欲しいに決まってるじゃないですか――そのっ!」

絹旗「また、超行きましょうね?」

上条「ああ。みんなで行こう」

絹旗 ムカッ

上条「半券届けてくれた娘が居るんだけど、そいつも映画好きなんだって。多分中二ぐらいだし、絹旗と気が合うんじゃないかな?」

絹旗 ムカムカッ

上条「……いやあの手、痛いんだが」

絹旗「乙女心を超理解しない男には超オシオキですかねー」 ググッ

上条「いやだからどういう意味――って折れる折れる折れるっ!?」

絹旗「って言うか、上条は超罰ゲームで一生わたしのパシリ確定なんですから。そこの所をもうちょっと超わきまえて下さいね?」

上条「待て!電話のやりとりは時間稼ぎだから!別に本気で言った訳じゃ――」

絹旗「そこは『あぁ一生ヨロシクな』(キリッ)って超言う所じゃないですかっ!?」

上条「ちょっと待って!珍しく俺としてはノーダメージで終わりそうだってのに、何で味方から攻撃がって折れるからああああああああああっぁっっっっ!?」


――科学と魔術が交差する時、物語は生まれる――

絹旗「この手を――」上条「あぁ、離さない!」 -終-




290:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 14:34:26.03 ID:8Zghcs7u0


――次回予告

女「あーうん。なんか言い残す事があれば、言ったらいーの。墓に刻んであげるし――」

女「って何よこれ。ウチの妹はそんなにひんそーな体してないし」

少女「あっはっはっはっはっはー、まんまと騙されたって訳よ!」

女「誰だし。つーかこんなチンチクリンと間違えんなよ、騎士団長。服が同じだからってお前達の目は節穴なの?」

少女「ちょっと聞いてよ!?折角あんたの妹とすり替わったんだからっ!」

女「縛ってその辺転がしとけばいーし。カーテナを汚すのは勿体ない」

少女「いやだから話を聞いて!?」

女「あーでも、ウチの無能な事だ。一人で逃げられる根性もないだろーし……ふむ」

少女「ねぇあんたっ!なにがしたい訳?ブリテンを戒厳令下に置くなんて正気じゃない!」

女「お前に理解出来ない高度な政治のお話だし。とゆーかだな、国民としては国から庇護を受ける一方、義務を果たすのが当然――」

少女「関係無い訳!そんなのくっだらない訳よ!」

女「……ふーん?お前には国家と臣民の関係よりも、下らなく無いモノがあるの?」

少女「あんた、あの子のお姉ちゃんでしょ!?なのに、なんで酷い事しようとしてんのよ!」

女「感情論だし。あのクズも人望だけは人並みあるが、それ以外は全っ然ダメだし」

女「せめて姉上のよーな一芸でも持っていれば、まだ生かす価値はあったん――」

少女「馬鹿じゃないの?っていうか馬鹿じゃないの?」

女「あーん?」

少女「あんたは国を動かしたがってるみたいだけど、結局絶対に失敗する訳。あたしの命を賭けたっていいし」

少女「国ってのは色んな家族が集まった訳だし。家族がいーーーーっぱいあって、お互いを支えようって事じゃないの?」

女「だから私は――」

フレンダ「お姉ちゃん、って言うのは絶対に妹を守らなきゃいけないし!妹の我が侭を聞かなきゃいけない訳!」

フレンダ「家族は家族同士で助け合わなくちゃいけない訳!そんな簡単な事も出来ないし、分からない。分かろうともしないあんたが――」

少女「国を護るなんてのは結局――『幻想』って訳よ」


――科学と魔術が交差する時、物語は生まれる――

フレメア「お姉ちゃんをいじめるな、にゃあ」フレンダ「なんであたしハブられてる訳!? -完成済-



フレメア「お姉ちゃんをいじめるな、にゃあ」フレンダ「なんであたしハブられてる訳!?
元スレ
上条「今日からアイテムの一員になった上条です!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364862586/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 楓「初めましてお義母様」武内P「」
        • 俺「くそっ死のう」 少女「待って」 俺「君は・・・?」
        • ユミラウネ「アイバユミダヨッ!」夕美「ユミラウネだよっ」/ぷちかれ「「「「「ナマイモアニバーサリー!」」」」」
        • ぷちきょこ「タニタニー♪」ぷちかれ「ポテポテー!」/ぷちなかの「おす。」モバP「引き戸だぞー」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ