TOP

モバP「346オンライン?」  ちひろ「はい!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:03:12.68 ID:dKRtqY8X0

・本作の舞台は主にゲーム世界になります
 名前表記がコロコロと変わって見づらいとは思いますがご理解ください

・誤字脱字がありましたらすみません



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:03:45.11 ID:dKRtqY8X0

モバP(以下、P)「なんですかそれ?」

ちひろ「346の人間が遊べるようにと私が開発したオンラインゲームです!」

P「ちひろさんがですか? どうしてまたそんなものを?」

ちひろ「え? いや~・・・・・・社内交流の一環として?」

P「なるほど、裏でやってる副業関連ですね」ワカリマシター

ちひろ「な、なんのことだかさっぱりですね!」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:04:10.83 ID:dKRtqY8X0

P「これはその試作品といった感じですか・・・346の人間ということはアイドルもやってるんですか?」

ちひろ「もちろん! 良かったらプロデューサーさんもやってみてください!」

P「じゃあ早速やってみようかな」

ちひろ「あ、今は仕事中なのでダメですよ?」

P「」

―――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
――――――――――



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:04:59.23 ID:dKRtqY8X0

~自宅~

P「パスワードを入れて・・・」カタカタ


【346オンライン】パッパパパー♪ パパッパー♪

P「おぉー! よくできてるな~」

P「よし、キャラを作ろう」



― 10分後 ―

【名前:P ――――――――】

P「こんな感じかな。それじゃあゲームスタート」ポチッ



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:05:31.45 ID:dKRtqY8X0

―――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
――――――――――

=====================================
~始まりの町~

P『お、始まった』

【まずは武器屋に行って武器を買おう! ▼】

P『いきなりだな。ストーリーとかはないのか?』

P『・・・まぁ、試作品だしな』

P『ん?』


【武器屋 New Wave】


P『あそこかな?』



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:07:05.03 ID:dKRtqY8X0

カランコロン

P『ほー、色んな種類の武器が置いてあるんだな。俺は何にしよう?』キョロキョロ

P『無難に剣にしておくか』

『いらっしゃいませぇ!』

P『?』

SAKURA『New Wave へようこそ! 何をお買い求めですかぁ?』

P『剣士の装備を・・・SAKURA?』



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:07:58.53 ID:dKRtqY8X0

P『SAKURAってもしかしてお前さくらか?』

さくら『え? はい! あ、もしかしてPってプロデューサーさんですかぁ!?』

P『あぁ』

さくら『わぁー! プロデューサーさんだぁ♪』

P『さくらはここで働いてるのか?』

さくら『わたしだけじゃないですよぉ? イズミンとアコちゃんも一緒です~』



IZU『こちらの武器の性能ですが―――』ペラペラ



☆あこ☆『合計1000G! 毎度ありー!』



P『本当だ』



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:08:52.39 ID:dKRtqY8X0

P『三人は冒険しないのか?』

さくら『このゲーム、冒険以外のこともできるみたいなんですよぉ』

P『あ、そうなの?』

さくら『わたしたちみたいにお店やったり、漁師さんや農家さん。漫画家さんになった方もいるみたいですぅ』

P『へー、シミュレーション要素もあるのか』



亜子『おーい、さくら~。なに話してるーん?』

さくら『アコちゃーん、プロデューサーさんだよぉー』



亜子『おぉ、Pちゃんだったんかー。じっくり見てってや~♪』



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:09:30.96 ID:dKRtqY8X0

P『そうだ武器買いにきたんだ。さくら、剣が欲しいんだけどなにかオススメあるか?』

さくら『剣ですかぁ・・・あ!』

さくら『アコちゃんアコちゃん! 確かお店にすごい剣が置いてあったよね!?』

亜子『すごい剣?・・・あ~、アレか!・・・ちょっと待っててー』テクテク

P『そんなに強い剣があるのか』

さくら『わたしもよく分からないんですけど、イズミンが凄いって言ってましたぁ!』

P『それは期待できるな』



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:10:18.31 ID:dKRtqY8X0

亜子『これのことやろ? 【伝説の剣(レプリカ)】』ゴトッ

P『・・・』

P『これ本当に凄いのか? (レプリカ)って言ってるじゃん』

さくら『イズミンが言ってたので間違いありません!』フンス!

亜子『それは本物だったら、って話やね』

さくら『あれ?』

P『・・・』



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:11:57.41 ID:dKRtqY8X0

亜子『でもこれも中々の業物だよ? 高ランクの人も使ってるし、そこらのクエストだったら楽勝じゃないかな?』

P『おぉ、それはスゴイな』

P『じゃあせっかくだしそれ貰おうかな』

亜子『毎度!』

P『いくらだ?』

亜子『3000000Gになります』

P『高っ!』



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:12:33.82 ID:dKRtqY8X0

亜子『そりゃ高いよ』

P『300万って! 俺3000Gしか持ってないぞ!?』

亜子『じゃあ初心者セットだね。【普通の剣】、【普通の防具】、【薬草×5】で2000G。そこにあるやつ』

P『これ見せられた後にあれかぁ・・・』

亜子『最初はこんなもんやって』



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:13:12.48 ID:dKRtqY8X0

P『なんとか3000Gにならないか?』

亜子『は、はぁ!? なるわけないやん! 店が潰れるって!』

P『そこをなんとか!』

亜子『ならないよ!?』


さくら『・・・』

さくら『アコちゃん! わたしからもお願い!』

亜子『さくら!?』



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:13:49.91 ID:dKRtqY8X0

さくら『だって私達いつもプロデューサーさんのお世話になってるし』

亜子『いや、それとこれとは・・・』

さくら『この前も三人で話したよね? いつか絶対にプロデューサーさんに恩返しするんだって』

亜子『ちょっ!?///』

P『お前達・・・裏でそんなことを・・・』ウルッ

亜子『い、いや! それは・・・///』



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:14:24.51 ID:dKRtqY8X0

さくら『こんな形でも、少しでもプロデューサーさんに恩返ししたいの! お願いアコちゃん!』

P『さくら・・・』

亜子『~~~~!  よし、わかったぁ!!』

P『!』

亜子『3000Gでこれ持っていきな!』ドンッ!

P『おぉぉぉぉ!!!』



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:15:47.95 ID:dKRtqY8X0

P『ぉぉぉ・・・お?・・・・これ何?』

亜子『【精霊の剣】』

P『ん? レプリカのくれるんじゃないの?』

亜子『いや、それは無理だよ』

P『あれ?』



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:16:40.32 ID:dKRtqY8X0

P『自分で言うのもなんだけど、恩返しがどうっていうのは?』

亜子『いや、さすがに300は無理! アタシらの店が潰れちゃうよ! でもこの剣だって普通に買ったら30万はするんだよ!?』

P『そうか・・・まぁ、30万が3000になっただけでも相当だよな』

P『ありがとな亜子!』

亜子『・・・』

亜子『本当の恩返しはもうちょい待って』

P『え?』

亜子『アタシら三人で絶対トップ獲ってみせるから・・・!///』



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:17:30.44 ID:dKRtqY8X0

―――――――――――――――――――
―――――――――――――――
―――――――――
カランコロン・・・

P『いや~、なんか清々しい気分だなぁ! 明日からも仕事頑張れそうだ!』

【クエストに挑戦しよう! (クエストはギルドで受けられます。) ▼】


P『お、ようやくだな!』



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:17:56.81 ID:dKRtqY8X0

~ギルド~

ガヤガヤ  ガヤガヤ

P『ここにいる人みんなが冒険家なのか』


【クエストは一人から最高四人までの協力が可能です ▼】


P『へー』

バターン!

『緊急事態です!』

P『?』



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:18:32.91 ID:dKRtqY8X0

男『近辺に【ミスリルゴーレム】の大群が現れました! 皆様、ご協力をお願いします!』

P『ミスリルゴーレム?』


『緊急クエストだ』  『ミスリル足りないから行ってみる?』 『暇だし行こうか~』


P『良く分からんがせっかくだから俺も行ってみるかな』

【ギルド受付カウンター横にある『モンスター大全集』から色々な情報を見ることができます  ▼】

P『なるほど』



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:19:02.69 ID:dKRtqY8X0

P『ミスリルゴーレムの情報は・・・っと』ペラッ、ペラッ・・・

===========================
【ミスリスゴーレム】

弱点:打撃、爆発、水属性 

耐性:斬撃、炎属性

備考・・・一定以上のダメージを与えると体表面のミスリルが崩れ、内部にある「核」が露出する。「核」は全ての攻撃が有効である

============================

P『核部分以外斬撃は効かないのかー』



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:19:39.22 ID:dKRtqY8X0

P『今回は諦めるか』パタン

『え、ウォーリアなの!? 一緒に行こう!』
『水属性の武器持ってる人いませんかー?』


P『あ、そっか! 仲間を探せばいいんじゃん!』

P『そうなると、ウォーリアか武闘家を仲間にしたいところだな』キョロキョロ

P『・・・ん?』


女『ミスリルゴーレム! これは中々の強敵!! 燃えてきましたっ!!!』シュッ! シュッ!


P(いかにも武闘家っぽい娘発見)



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:20:24.87 ID:dKRtqY8X0

P(それらしい武器も持ってないし、防具も初期装備に肩当付けただけみたいなスピード重視の軽装備・・・武闘家で間違いないな。ちょっと誘ってみるか)スッ

P『あのー、すみません』

Fire☆Bomber『はい! 私に何かご用でしょうかっ!?』

P『良かったら一緒に・・・ファイヤーボンバー? え、もしかして茜か!?』

茜『はい、そうですよっ! このお名前は・・・もしかしてプロデューサーですかっ!?』

P『あぁ、そうだよ!』



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:21:23.36 ID:dKRtqY8X0

茜『まさかプロデューサーにお会いするとは驚きですっ!!』

P『俺も驚いたよ。まさか茜がゲームをするなんてな』

茜『私もゲームは得意な方ではないのですが、ちひろさんに誘って貰ったので始めてみました!!』

P『そうかそうか』

茜『それで私に何かご用でしょうかっ!?』

P『あ、そうそう。茜もミスリルゴーレム行くんだろ? 良かったら一緒に行かないか?』

茜『本当ですかっ!? 是非っ!!』



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:22:08.07 ID:dKRtqY8X0

P『俺剣士だから分が悪くてさ、打撃持ちの仲間を探してたんだよ。いや~、茜が仲間になってくれてひとまず安心できるな』

茜『では行きましょうっ!』スッ

P『え?』

茜『へ?』




P『・・・その杖なに?』

茜『武器です!』



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:23:06.86 ID:dKRtqY8X0

P『えっと・・・魔法使いなの? 武闘家じゃなくて?』

茜『はいっ!! 正真正銘魔導士ですっ!!』

P『見た目が魔法使いのソレじゃないだろ! なんだその軽装備は!?』

茜『ローブを着ると走り回れないので脱ぎましたっ!!』

P『魔法使いに俊敏性は必要ないから!』

茜『でもプロデューサーが怪我を負ったら瞬時に駆けつけて回復しますよっ! 私ラグビー部のマネージャーやってるのでサポートは大得意ですっ!!』フンスッ!

P『しかも白魔法!?』



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:24:08.73 ID:dKRtqY8X0

P『そうか、白魔導士だったかぁ・・・』ウーン・・・

茜『どうやらプロデューサーの期待にお答えできなかったみたいですね。すみません』シュン

P『い、いやいや! 俺が勝手に思い込んでただけだから! 茜は全く悪くないんだぞっ!?』

茜『でも・・・』

P『うん、考えてみたら協力プレイにサポートは必須だよな! 茜、白魔導士として改めて俺の仲間になってくれないか? 茜のサポートが必要だ!』

茜『!』

茜『はいっ!! 私に任せてくださいっ!!』ニコッ!


【[Fire☆Bomber]がパーティに加わった!  ▼】



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:24:36.21 ID:dKRtqY8X0

P『さて茜が仲間になってくれたのは良いが、ミスリルゴーレム討伐にはやっぱり打撃キャラが欲しいよな』

茜『プロデューサー! あそこの窓際にいる人ウォーリアじゃないですかっ!?』


ウォーリア『・・・』


P『よし、誘ってみよう!』

茜『はいっ!!』



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:25:19.49 ID:dKRtqY8X0

P『すみませーん』

ウォーリア『―――、――――』ボソボソ

P『?』


ウォーリア『くっ、古傷が疼く・・・まさか闇が目覚めたとでも言うのか!?』ボソボソ

P『・・・』



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:26:10.66 ID:dKRtqY8X0

P『蘭子?』

ウォーリア『!?』ビクッ!

P『ごめん、驚かせちゃったか』

P『もしかして蘭子か?』

ウォーリア『・・・いや、人違いだ』

P『え、蘭子だろ?』

SIRIUS『我が名はSIRIUS(シリウス)。蘭子ではない!』

P『そ、そんなに怒らなくても・・・』



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:27:27.57 ID:dKRtqY8X0

茜『プロデューサー』クイックイッ

P『?』

茜(もしかしたら役になりきっているのでは?)ヒソヒソ

P(役・・・? あー・・・なるほど、そういう遊び方もあるのか)

SIRIUS『・・・』ソワソワ

P(ばつの悪そうな顔してるし、ここは相手に合わせるべきか)

P『どうやら私の勘違いだったようです。失礼いたしました』

SIRIUS『わ、分かればいいのだ!』



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:28:10.34 ID:dKRtqY8X0

P『あの、それでSIRIUSさんにお願いがあるんです』

SIRIUS『お願い?』

P『これからミスリルゴーレムの討伐に行こうと思ってるんですが、打撃属性の仲間がいないんです。力を貸してもらえないでしょうか?』

SIRIUS『ほう、我の力を求めるか』

P『ぜひ、お願いします』

SIRIUS『・・・』

SIRIUS『フッ、いいだろう』

P『本当ですか!?』



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:29:36.73 ID:dKRtqY8X0

SIRIUS『あぁ。闇かもしれんからな』

P『闇・・・?』

SIRIUS『・・・』

P『・・・』

P『!』

P『そ、そうですね! ミスリルゴーレムの大量発生には闇が関係しているかもしれません!』

SIRIUS『そういうことだ』ニヤニヤ

P(なるほど、世界観を壊さないように接すればいいのか)


【[ SIRIUS ]がパーティに加わった!  ▼】



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:30:30.06 ID:dKRtqY8X0

茜『なんだかよく分かりませんでしたが、やりましたねっ!!』

P『あぁ、なんとかな』チラッ


SIRIUS『~♪』


P(さっきのやり取りで蘭子も機嫌良くしてくれたみたいだし、ようやくクエストに行けるな)

P『よし、じゃあ出発しよう!』

茜『はいっ!!』

SIRIUS『フッ、我が力しかと目に焼き付けるがいい』


『あの~・・・』

P・茜『?』



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:32:48.37 ID:dKRtqY8X0

らんらん♪『私に何かご用でしょうか?』

P『えっと・・・・どちら様?』

らんらん♪『蘭子ですけど・・・』

P『え、蘭子?』

蘭子『私の名前を呼んでるのが聞こえたので来たんですけど・・・』

P『いや、それは・・・あれ?』チラッ

SIRIUS『・・・』




SIRIUS『』ヒュン!


【[ SIRIUS ]がログアウトしました ▼】



P『ちょっ・・えぇ!?』



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:33:34.94 ID:dKRtqY8X0

――――――――――――――――――
――――――――――――
――――――

茜『蘭子ちゃんじゃなかったんですねっ!!』

蘭子『違いますよ~!』

P『すまんすまん、あの感じ的に蘭子だと』

蘭子『確かに似てたかもしれないですけど、間違えるなんて酷いです』プイッ

P『ごめんって!』



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:34:25.26 ID:dKRtqY8X0

茜『蘭子ちゃんでないならSIRIUSさんは誰だったんでしょうか?』

P『このゲームは会社関係者しかいないはずだから、アイドルか社員のどちらかなんだけど・・・気になるな。ちひろさんに聞いてみれば分かるかな?』

蘭子『それはダメです!』

P『え?』

蘭子『ゲームという別の世界で普段の自分とは違う人間を演じて楽しんでいる人もいるんです! そういう詮索は良くありません!』

P・茜『・・・』

蘭子『あ・・・す、すみません。大きな声出しちゃって』



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:35:27.08 ID:dKRtqY8X0

茜『いえいえ! 蘭子ちゃんの言う通りですっ!!』

蘭子『え?』

P『・・・あぁ、確かにそういうのは良くないよな。軽率だったよ』

P『蘭子は優しいんだな』

蘭子『え? いや、そんなことは・・・///』

P『・・・』

P『じゃあ蘭子もそうなのか?』

蘭子『へ?』



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:39:16.60 ID:dKRtqY8X0

P『喋り方が普段と違うから』

蘭子『え、えっと・・・それは・・・///』

P『ちょっと普通の喋り方でいってみようかな・・・みたいな?』

茜『なんだか新鮮ですねっ!!』

蘭子『~~~!///』

蘭子『べ、別に良いじゃないですかー!///』

P『悪いなんて言ってないだろ!?』

――――――――――――――――
―――――――――――
―――――――



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:39:49.50 ID:dKRtqY8X0

P『しかし参ったな、もう時間がないぞ』

茜『急いで他の人を探しましょう!』

P『いや、さすがに今からはな・・・でも二人で挑むのは厳しいし』

蘭子『なんだか大変そうですね』

茜『うーん・・・・・あっ!』

茜『蘭子ちゃん、私達と一緒に来てくれませんかっ!?』

蘭子『え!?』



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:40:22.01 ID:dKRtqY8X0

蘭子『私ですか!? でも私まだクエスト一回も行ったことないですし』

P『おぉ、蘭子が仲間になってくれるのか!?』

蘭子『え!? で、でも・・・』



男『間もなく【ミスリルゴーレム】の受付を終了いたしまーす!』


P・茜『!?』



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:41:54.76 ID:dKRtqY8X0

P『もう時間がない! 二人とも急ぐぞっ!!』ダッ!

茜『はいっ!』ダッ!

蘭子『え? え?・・・・ま、まってよ~!』タッタッタ・・・

【[らんらん♪]がパーティに加わった!  ▼】



男『それでは只今を持ちまして受付を終r―――』

P『行きます行きます!! 【ミスリルゴーレム】の討伐行きます!』

男『はい! ご協力ありがとうございます』



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:42:36.17 ID:dKRtqY8X0

男『ではそちらのゲートへどうぞ。このゲートをくぐればクエストが開始されます』

P『ふぃ~・・・滑り込みセーフだったな』テクテク

茜『危なかったですねっ!』テクテク

蘭子『私、初めてですけど一生懸命頑張ります!』テクテク

P『あ、そう言えば蘭子って職なんなの?』

蘭子『私ですか?』



蘭子『白魔導士です!』キリッ


【クエストを開始します ▼】ファファー♪



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:44:31.14 ID:dKRtqY8X0

――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――
―――――――――――
茜『よーしっ! 早速ミスリルゴーレムを探しに行きましょうー!!!』ダダダダ!!!!

P『おい! 白魔導士が先陣を切るんじゃない!』

蘭子『この鹿さん怪我してる。今治してあげるね』ポワワー

P『戦う前からMPを使ったらダメ!』


<ワー!!!!

P『茜!?』

茜『助けてくださーいっ!!!!』
猪の大群『』ドドドドド!!!!!!


P『何連れてきてんだぁぁ!!!』
蘭子『きゃぁぁぁぁぁ!!!!』



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:45:04.96 ID:dKRtqY8X0

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――
―――――――――
ミスリルゴーレム『グォォォォォ!!!!』

茜『こちらに気づきましたよっ!!』

P『喰らえ! 精霊の剣!!!!』カキンッ

P『硬っ』

ミスリルゴーレム『ムォォォォ!!!』ブンッ! バキッ!! 

P『ぐわぁぁぁぁぁ!!!!』

茜・蘭子『プロデューサーーーー!!!!』



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:45:43.49 ID:dKRtqY8X0

P『ぐっ・・・! やはり剣じゃ分が悪いか』

茜『私の強化魔法で!!』パァー

P『おぉ!? 力が漲ってくるぞ!!!』

茜『攻撃力と防御力を上げました!』

P『ナイス茜! 行くぞ、うおぉぉぉぉぉぉ!!!!』

カキーン!

P『いや、無理だこれ! 強化魔法でどうこうなるもんじゃないわ!』

ミスリルゴーレム『ムンッ!!!!』ドーンッ!

P『ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!!』



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:46:38.13 ID:dKRtqY8X0

P『』ピクッ、ピクッ・・・

蘭子『か、回復します!』ポワワー

P『・・・んあぁっ! し、死ぬかと思った!』

茜『大丈夫ですかっ!?』

P『本当に防御上げてくれたのか!? 全然恩恵を感じないんだが!』



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:47:09.12 ID:dKRtqY8X0

蘭子『そもそも何でプロデューサーは防具を装備してないんですか!』

P『この剣で全額使っちゃったんだから仕方ないだろ!』


ミスリルゴーレム『グォォォォォォ』ビーッ!!!

P『あいつビーム撃つの!?』

ドカーーーーーン!!!!

P・茜・蘭子『わぁぁぁぁぁ!!!!!』

―――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:48:15.89 ID:dKRtqY8X0

ミスリルゴーレム『ムゥゥ!!』ドーンッ!

P『ぐわぁぁぁ!!!』ドサッ

P『』ピクピク・・・

茜『プロデューサー、頑張ってください!』ポワワー

P『・・・』ムクッ

蘭子『これで10回目ですよ!? 回復しているとはいえ、さすがにプロデューサーにも限界が・・・!』

P『タタカウ・・・タタカウ・・・・ガァァァァ!!!』

蘭子『もう自我を失ってますよ!』



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:49:08.04 ID:dKRtqY8X0

P『ウガァ!』ガキーン!!!

ミスリルゴーレム『・・・』

茜『くっ! しぶといですねっ・・・!』


ミスリルゴーレム『・・・・・・グォォ』ボロボロッ・・・


P・茜・蘭子『!?』



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:49:55.98 ID:dKRtqY8X0

蘭子『見てください! 弱点の核が出てきましたよ!』

茜『プロデューサー、今ですっ!』

P『あぁ! ここで決めてやるっ!』

P『うぉぉぉぉ!・・・ぐっ』ガクッ

茜・蘭子『プロデューサー!?』

P『くそっ、身体が・・・!』

ミスリルゴーレム『ウゴォォォォォォ!!!!』ブンブンブン!!!

蘭子『すごく怒ってます!』



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:50:29.03 ID:dKRtqY8X0

ミスリルゴーレム『ウガァ!!!』ドンドンドン!!

蘭子『プロデューサー、一旦避難しましょう!』

P『無理だ、身体が動かない・・・』

蘭子『そ、そんな! 私にはもうMPが!』

茜『私に任せてくださいっ!』

茜『残りのMPを全て使ってプロデューサーを回復させます! これが最後のチャンスですっ!!』

P『あ、あぁ頼む・・・俺の身体的にもこれが最後のチャンスだ』



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:51:17.04 ID:dKRtqY8X0

ミスリルゴーレム『』ズンズン

蘭子『プロデューサーの方に向かってますよ! 茜さん、早く回復を!』

P『まだだ! この距離で回復したらビーム攻撃を喰らってお終いだ』

P『アイツが油断して近くに来た時、その瞬間だ・・・!』

茜『はいっ!!』



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:51:54.15 ID:dKRtqY8X0

ミスリルゴーレム『グォォォォォォ!!!!』

蘭子『プロデューサー!』

P『今だ!』

茜『ハァァァァァ!!!!』パァァァァァァァ




蘭子『ほわ~~~♪』パァァァァァァァ
【らんらん♪ の体力が500回復した ▼】


茜『あ・・・』


P『・・・え?』



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:53:32.59 ID:dKRtqY8X0

茜『すみませんっ! 間違えましたっ!!!』


P『茜ェェェ!!!』

ミスリルゴーレム『』ブンッ


・・・・プチッ


【クエストに失敗しました  ▼】

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――
―――――――――



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 18:58:06.21 ID:dKRtqY8X0

~ギルド~

P『いやぁ~、おしかったな』

茜『すみませんでした』シュン・・・

蘭子『私も全然サポートできなくて』シュン・・・

P『気にすんなって! 分の悪い剣で行った俺にも問題はあるんだからさ!』

茜・蘭子『プロデューサー・・・』

P『今回はダメだったけど、いつか絶対三人でリベンジしような!』

茜・蘭子『!』

茜・蘭子『はいっ!』

=======================================




59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 19:00:29.47 ID:dKRtqY8X0

―――――――――――――――――――――
――――――――――――――
―――――――

― 数日後 ―
~事務所~

ちひろ「先日【346オンライン】のパスワードが流出してしまい、一般の方が入って来てしまうという事態が起こりました」

ちひろ「万が一アイドルの皆さんに何かあったら大変ですのでこのゲームは本日をもって閉鎖いたします」



P・茜・蘭子「・・・」


終り





60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 19:02:18.26 ID:dKRtqY8X0



― おまけ ―
================================
~ギルド集会所~

茜『またゲームできるようになって良かったですねっ!!』

P『あぁ、このゲーム結構人気あったみたいだからな』

蘭子『現にゲームやプログラムに詳しいアイドルや社員さんも開発に協力してくれたみたいで色々とバージョンアップしているそうですよ!』

茜『それはすごいですねっ!!』

P『それもあってなのか人も結構増えたよな』キョロキョロ

蘭子『倍近く増えたって聞きました』

P『そんなに増えたのか』



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 19:03:52.39 ID:dKRtqY8X0

『おめでとうございます!』

P・茜・蘭子『?』


響子(受付嬢)『【狂い獅子】討伐成功により、お二人ともSランクに昇格です!』

★MINA★(アーチャー)『やったね!』
☆あーにゃ☆(アーチャー)『MINAのおかげですね♪』


『Sランク!?』 『すごーい!』 ザワザワ・・・

P『・・・』

P『なぁなぁ、ランクってなんだ?』



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 19:04:56.12 ID:dKRtqY8X0

蘭子『ギルドが設定している階級ですね。E~SSまであって、クエストを多くこなしていくとそれに応じてランクが上がっていくんです』

蘭子『ランクが高くなると難しいクエストに挑戦できるようになったり、ギルドと提携しているお店で割引してもらえたりするそうですよ』

P『へぇ、ちなみに俺達は?』

蘭子『Eです』

茜『一番下ですかっ!?』

蘭子『クエストの失敗が多くなると降格もあるので・・・』

P『通りで最近薬草集めとか畑荒らしの害獣討伐の依頼しかさせてもらえないワケだ』



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 19:06:09.76 ID:dKRtqY8X0

茜『もっとクエストをこなしていきましょうっ!!』

蘭子『でもそろそろDくらいにはなれると思うんですけど』

バターン!

男『街周辺にゾンビの群れが現れました! ご協力をお願いします!』


P・茜・蘭子『!』

蘭子『緊急クエストをクリアできればD昇格は間違いないですよ!』

P『本当か!?』

茜『行きましょうっ!!』



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 19:10:57.28 ID:dKRtqY8X0

男『ゾンビの弱点は魔法攻撃と炎です! 打撃や斬撃はあまり効果がありませんのでご注意を!』

P『なるほどね・・・』チラッ

茜(武闘家)『行きますかっ!?』
蘭子(双剣)『チャンスですよ! ここは行くしかありません!』

P『・・・』

P(ウォーリア)『よっしゃ、行ってみるか!』

――――――――――――――――――――
――――――――――――――
――――――

ゾンビ『ギャァァ!!』


茜『勝ちましたっ!!』

蘭子『やったー♪』

P『松明だけでいけるもんだな』



【勝てた ▼】



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 19:11:59.71 ID:dKRtqY8X0

以上になります!
最後までご覧いただきましてありがとうございます!



元スレ
モバP「346オンライン?」  ちひろ「はい!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520672592/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 20:20
          • ログアウトできません ブッブー
            《P》さんのログアウト先がありません
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 20:25
          • こずえ「ふわぁ~遅かったの」

            第一相 志乃恐怖 スッ データドレイン

            こずえ「」
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 20:55
          • シリウスは間違いなくあすあすだろうな・・・
            オンラインゲームをモチーフにしてるけどキャラの表示はフル3Dなのか、2次元絵なのか気になるな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 20:59
          • わしじゃよ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 21:05
          • ※4
            お前だったのか
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 21:10
          • ※5
            暇をもて余した
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 21:15
          • ※6
            神々の遊び
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 21:21
          • 346オンラインっぽいの作ってみたからよければ↓どうぞ


            ttp://crystalboys.net/reg.php?cm=mobribb&bbid=BB803792041&PHPSESSID=hhah6k3i3sgf6bc7dalq3bdkkb7gm5jh5iiglaha80ql94cshr20
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 21:34
          • >P『タタカウ・・・タタカウ・・・・ガァァァァ!!!』
            タタカウ…。多々買う…。ガチャァァァ!!!
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 21:35
          • 飯屋とかもあるだろうしキッチン橘とかありそう。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 21:36
          • このゲームは結婚する事は可能なのか?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 22:38
          • てっきり常務かとおもった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 22:51
          • 蛍光緑「ゲームマスターの私に逆らうとは、愚かな…」

               「あなた方は絶版です…」
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 23:13
          • あかねちんじゃなかったらBLですよ、BL!
            菜々さん的にはFF11を思い出すのかな?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 23:22
          • ※8のおかげで彼氏が出来ました!ありがとうございます!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月10日 23:42
          • ※8さんのおかげで彼氏ができました!!ありがとうごさいます!!
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月11日 00:23
          • ※8
            俺の股間のサイコガンが火を噴くぜ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月11日 00:31
          • すいませーん。武器を探してまして。丸太って武器、ありますか?
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月11日 00:37
          • ※18
            あったよ! 丸太(藍子ver)が!!
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月11日 01:05
          • ※18
            焼き豚?これでいいかい?(かな子が程よく焼ける音)
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月11日 06:08
          • お兄ちゃんどいて!が千枝ちゃんから聞けるのかぁ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月11日 08:21
          • ※19、20
            でかした!!
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月11日 13:38
          • ※20
            褐色肌のかな子か……それはそれで
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月11日 14:29
          • 「昔はお前のようなPだったが、膝に矢を受けてしまってな……」

            通りすがりに衛兵からこんな事を言われそう。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月12日 00:56
          • 間違っても8のサイト行っちゃ駄目だよ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【にじさんじ】美兎「たこ焼きパーティーですか?」
        • 【にじさんじ】美兎「たこ焼きパーティーですか?」
        • 【にじさんじ】美兎「たこ焼きパーティーですか?」
        • 【ハグプリ】ルールー「魔法少女サイト・・・?」
        • 【ハグプリ】ルールー「魔法少女サイト・・・?」
        • 姉「>>4(死ね)」俺「は?」
        • 姉「>>4(死ね)」俺「は?」
        • 市原仁奈「ばちーんばちーん」橘ありす「やめてくださいしんでしまいます」
        • 彡(゚)(゚)「>>3を>>5抜きでお願いします」
        • 彡(゚)(゚)「>>3を>>5抜きでお願いします」
        • 【ミリマス】静香「疲れる毎日」
        • 【ミリマス】静香「疲れる毎日」
        • 【ミリマス】静香「疲れる毎日」
        • 【ミリマス】静香「疲れる毎日」
        • 【ミリマス】静香「疲れる毎日」
        • 【ミリマス】静香「疲れる毎日」
        • 【ミリマス】静香「疲れる毎日」
        • 【ミリマス】静香「疲れる毎日」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ