TOP

【ガルパン】 杏「西住ちゃん」

1:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/02/28(水) 20:13:01.86 ID:U9zitY6mO


※劇場版微ネタバレ注意
※スピンオフ未読



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:13:57.76 ID:U9zitY6mO

あたしは、秋が嫌いだ。
あたしの誕生日は一月一日で冬だし、あたしの名前にもなってる植物の杏が実をつけるのは初夏のころ。杏の花に至っては春に咲き誇る。
別にそんなことは理由ではないが、とにかくあまり好きになれない。暑くて大変な夏が終わるのは結構なことなのだが、秋になるとなんとなく寂しい気持ちになるのだ。
小学校のころ、同じクラスのうるさい男子が、親の都合で引っ越してしまった後に似ている。
別に構わないのだが、なんとなく心に穴の開いたような気分になる。
だからあたしは、秋が嫌いだ。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:14:54.09 ID:U9zitY6mO

今あたしは、紅葉を眺めながら散歩をしている。

いつになく、生徒会の仕事が早く終わったんだよね。

大学選抜戦からこっち、廃艦の撤回の撤回の撤回なんていう未曽有のややこしい事態に巻き込まれたせいで、生徒会はとんでもなく忙しかったんだけど、ようやく落ち着いてきたんだ。

河嶋から、一緒に帰ろうって誘われたんだけど、なんとなく断っちゃった。

秋は嫌いなんだけど、秋になるとなぜだか紅葉を見ながら散歩したくなる。

嫌いなのにそんなことをしたくなるって心理は、でっかい石をひっくり返して、その裏にいるであろう虫を見たくなっちゃう気持ちに似てるかもね。全く似てないかもしれないけど。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:15:35.01 ID:U9zitY6mO

そんなことを考えながらぶらぶらと歩いていると、見覚えのある後姿が目についた。

いつものパンツァージャケットと違っていやにひらひらした服を着てるけど、あの栗色の髪となんとなく危なっかしいふわふわした雰囲気は間違えようがない。

「西住ちゃん」

あたしの声を聴いた西住ちゃんは、ゆっくりとこっちを振り返り、ぱっと表情を明るくしながらお辞儀をしてくれた。

「あ、こんにちは、会長!」

いやいや、そんなにかしこまってお辞儀なんてしなくっていいって。さっきまで戦車道の授業で会ってたじゃん。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:16:29.45 ID:U9zitY6mO

「かわいい服着てんねー。もしかして、デートだったり?」

「ち、違います! ただ、夕飯を買いに行こうと思って・・・」

なんだ、それだけか。

つまんないような、ほっとしたような。妙な気持になったあたしは、もう少し西住ちゃんに突っ込んでみることにした。

「それにしてはかわいい服じゃん。何買いに行くの?」

「え、えっと、それは・・・」

にひ。やっぱり。なんか隠してるねぃ。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:17:00.06 ID:U9zitY6mO

「いーから言ってみ。誰にも言わないからさ」

「・・・その、コンビニに・・・、お弁当を、買いに行こうと」

あちゃ、そっち方面の恥ずかしがり方だったか。

別にコンビニ弁当買いに行くとこ見たからって、ずぼらだなんて思わないのに。

それにしても、コンビニにしては嫌に気合の入った服に見えるけど。どこか世間とずれてるのも西住ちゃんが天才たる所以なのかもねえ。


・・・あ、そうだ。

いいこと思いついた。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:17:45.20 ID:U9zitY6mO

「そっかそっかー。でもね、コンビニ弁当なんか食べてると、大きくなれないよ」

「ええ!?」

「今、こいつにだけは言われたくないって思ったっしょ」

「い、いいえ! そんなことはないです!」

「ほんとかなー? ま、いいや。というわけで、あたしが西住ちゃんの家にご飯を作りに行
ってあげよう!」

「え・・・。えええ!?」

驚いた様子を見せる西住ちゃん。まあ、当然だよね。あたしたち、別に個人的にそんなに付き合いがあるわけでもないし。

だけど、なんか西住ちゃんってほっとけないんだよね。おいしいもん食べさせてあげたいっていうかさ。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:19:16.55 ID:U9zitY6mO

「悪いです! いいです!! あの、わたし、いつもコンビニ弁当なので、免疫ついてますから!!」

「いや、それだとなおの事ダメでしょ。遠慮しなくっていっからさー」

ていうか、免疫って。普通にコンビニに失礼でしょ。

さっきけなしたあたしが言えたことでもないけど。

「ほ、ほんとにいいんですか・・・?」

「いいっていいって。あたしも暇だしさー。食材とかある?」

「ええっと・・・。ケチャップとマヨネーズならありますけど」

「うん、買い出しからいこっか」

やっぱり、声かけて正解だったみたいだね。


~~~~



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:20:38.05 ID:U9zitY6mO

~~~~

「ほい、召し上がれー」

コンビニのご飯に慣れてる西住ちゃんには基本的な家庭料理を食べてもらう方がいいと思って、サバの味噌煮にきんぴらごぼう、おひたし、味噌汁にご飯という定食屋みたいなメニューを作ってみた。おしゃれなメニューじゃないけどね。

反応が気になって西住ちゃんの方を見ると、なんだか目を真ん丸にしてこっちを見ている。なんかやらかしたかな。

「どったの西住ちゃん。嫌いなもんでもあった?」

ピーマンは、入れてないはずなんだけど。

「い、いえ! その、会長が、本当にわたしのために普通の料理を作ってくれるなんて思わなくて・・・」

「あのねえ西住ちゃん。あたしのこと一体どういう風に思ってんの?」

「す、すみません!」

「いーから食ってみ。ほれ。おいしいからさ」

「い、いただきます」

美味しくできてるはずだけど。大丈夫かな・・・。

家庭科は全般的に大得意のあたしだけど、やっぱり料理を人に食べてもらうときはちょっと緊張する。

人によって味の好みもあるからねえ。

でも、西住ちゃんの顔を見てると、そんなあたしの心配が杞憂だとすぐに分かった。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:21:36.82 ID:U9zitY6mO

「ううん、おいしい! 会長って、本当に料理がお上手なんですね!!」

「にひひ、でしょー。あたしも食べよっかなー。いっただっきまーす」

うん、おいしい。味見はきちんとしてたけど、やっぱり食卓に並んでるのを誰かと一緒に食べるのが一番おいしく感じる。

食べながら、あたしは西住ちゃんと他愛もない話をした。

思えば、こんな風に西住ちゃんと雑談するのは初めてかもね。

武部ちゃんがゼクシィのために新しく本棚を5つ買い足した話はさすがにドン引きしたけど。
あの子はどこに向かってるんだろう・・・。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:22:29.42 ID:U9zitY6mO

でも、料理が八割方無くなるころにはそんなお馬鹿な話は尽きてきて、徐々に真面目な話にうつっていった。

この冬に復活する無限軌道杯をどう戦っていくのか。そして、来年以降の大洗の戦車道をどうしていくのか。

そんな中、西住ちゃんがある話題を口にした。

「来年といえば、会長と副会長、それから河嶋先輩はもうすぐ生徒会の任期が終わっちゃうんですよね」

「ん・・・。そだねー」

当然知ってはいたけど、あたしたちが目を背けていた話題。

目の前の仕事で精一杯なふりをして、三人とも見ないようにしてた。

そりゃ、そんなことしてたら、目の前の仕事がなくなると見えちゃうよね。

「まあ、大変だったからなー。ようやくってところかねぃ」

心にもないことを口にしてお茶を濁してみる。まあ、こんな話題掘り下げてこないだろうし。適当に返しとけば次の話題にうつるっしょ。



あたしのそんな見通しが甘かったことに気付くのは、本当にすぐ後の事だった。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:24:25.90 ID:U9zitY6mO


「会長、本当にお疲れさまでした。それから・・・、ありがとうございました」

西住ちゃんが謎のお礼を言ってきた。恨まれこそしても、そんなお礼言われるようなことしたっけな・・・。

別の話題にうつろうとしてたはずなのに、あたしからこの話題を掘り下げたくさせるんだからなあ。西住流ってやっぱりヤバいね。

「あんがと。で、それは何に対するありがとうございましたなの?」

「それは・・・。わたしの大好きな大洗を守ってくれたことと、わたしを戦車道に戻してくれたことです」

大好きな大洗を守ってくれた、か。

守ってくれたのはあたしじゃなくてむしろ、西住ちゃんだったような気がするけどね。

「大好きなって、西住ちゃんはあのとき転校してきたばかりだったじゃん。それに・・・」

「時間は関係ありません!」

西住ちゃんが真剣な顔になってこっちを見つめる。

なんとなく、ぎくりとした気分になって。あたしは何も言えずに西住ちゃんの顔を見つめ返した。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:26:03.61 ID:U9zitY6mO

「・・・確かに、最初は戦車道がないってだけで選んだ学校でした。だけど、沙織さんや華さん、優花里さん、麻子さん。それから、会長たち生徒会の人や戦車道の皆さん・・・。
みんな、暖かくて、面白くて、大好きで。時間は短かったかもしれないけど、わたしにとっては、大洗は本当に大事な学校になったんです。
その学校を会長たちが守ってくれたので・・・。本当に、ありがとうございました!!」

・・・声、大きいって。

なんとまあ、こんな風に言われると、会長冥利に尽きるっていうか・・・。うん、ジーンときたよね。

あたしがまた何も言えないでいると、西住ちゃんは何を勘違いしたのか慌てて

「あ、ご、ごめんなさい! わたし、一人で舞い上がっちゃって・・・」

なんて謝ってきた。

いやいや、勘違いだって。この状況で怒るってあたし心狭すぎるでしょ。

・・・でも、あまりに卑屈すぎるよね。西住ちゃんのおかげで大洗は廃校にならずに済んだってのに。


そんな態度に無性に腹が立ったあたしは、

「西住ちゃん」

思わず、

「は、はいっ! なんですか?」

やめときゃいいのに、

「あたしの生徒会の話・・・、聞いてくれるかな」

話し出してしまったんだよね。

後から思うと、本当に間違いだった。そんな重い話する席じゃないんだよー。楽しい楽しいご飯会なんだよー。

そんなことするから、それが起こっちゃうんだよね。


あんなことが、さ。



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:27:11.20 ID:U9zitY6mO

もうご飯も食べ終わっちゃって、早く後片付けをしなきゃって時なのに。

あたしの話は止まらなかった。

この間、西住ちゃんを生徒会室に呼び出した時に話したような話から始まり、小山と河嶋とあたしの三人しか知らないようなこと。果てはあたししか知らないような話まで。

いくら話しても話しつくせないくらい、あたしにとって生徒会は大切なもので。

あたしたちが過ごした三年間。いいや、まだ二年半くらいか。その時間はあまりにも長かったんだよね。

だけど、これをそのままぶつけても、西住ちゃんは困惑するだろうから。


あくまでも、笑い話として話してあげないとね。



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:28:04.03 ID:U9zitY6mO


「・・・って感じでさあ。まあ、生徒会ってのは大変なわけよー」

「そうだったんですか、そんなことが・・・」

あくまでも、笑い話として。

「だからねえ、終わりに近づいちゃっても、寂しいって思いよりもやっと終わったかーって思いの方が・・・」

笑い、話として・・・。

あれ? なんでだろう。この先の声が出ない。ここらで話を落としにかかる流れのはずなのに。

「会長・・・!」

あれ? なんで西住ちゃんがそんな険しい顔してこっちに近づいてくんの?

え、待って待って待って。



なんであたしを抱きしめようと―――。



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:29:02.26 ID:U9zitY6mO


「心にもないこと、言わなくていいんですよ。・・・寂しいのは、当然ですから」

「に、西住ちゃん? あたしは、別に・・・」

おお、やっと声が出た。西住ちゃんってば、さえずりの蜜か何かなのかな。


・・・ん? あたしの声、なんでこんなに震えてんの?

「ほら、無理して強がるから。・・・泣いちゃってるじゃないですか。いいんですよ。寂しいときは・・・、つらいときは、つらいって言っても」

・・・え?

あ・・・。ほんとだ。

あたし、いつの間にか泣いてたんだ。

だから声が出なかったんだねぇ。

だから、あたしは今、西住ちゃんに抱きしめられてるのか。


・・・だから今、西住ちゃんにすがりついて大泣きしちゃってるのか。



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:29:56.02 ID:U9zitY6mO

「に、にしずみちゃ・・・っ、ごめ・・・」

「全然、いいんです。つらいときは、泣いちゃった方が・・・。後ですっきりしますから。思う存分、泣いてください」

・・・そんなこと言われちゃったら、止まらないじゃん。

まずいなあ、まだ会長なのにさ。威厳も何もあったもんじゃない。

だけど・・・。もう、言っちゃった方がすっきりするのかな。

「あたしね・・・、もうすぐ、生徒会が、終わりだって・・・。考えないように、してたんだけどさ。だけど、ふとした瞬間に、考えちゃって」

「そのたびに、胸が、張り裂けそうに・・・。寂しいし、終わってほしくないし、あたし」

あーあ、言っちゃった。

いよいよあたしの威厳も地に落ちたね。明日からどんな顔して西住ちゃんに会えばいいんだろ。

・・・だけど、西住ちゃんは、そんなあたしの情けない言葉を、特に否定も肯定もせず。

うんうん、と頷きながら、いつまでも聞いてくれて。

その度にあたしは涙を流して。

西住ちゃんが頭をなでてくれて。

ようやく落ち着いたころには、もう水分が枯れて涙が出なくなっていたんだ。



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:31:03.65 ID:U9zitY6mO


~~~~

「ありがとうございます、ご馳走してもらったのに、後片付けまで手伝ってもらっちゃって・・・」

「何言ってんの。あたしも一緒に食べたんだから当然じゃん」

あたしが落ち着いてしばらくしてから、西住ちゃんと一緒に後片付けをした。

時間が経ってたから皿の汚れはちょっと落ちづらかったけど。ぴかぴかに磨いたからいいよね。

しっかし、後片付けしながら思ったけど・・・。西住ちゃんって戦車から降りるとほんとに危なっかしいよね。

皿は割りそうになるし、自分の家なのに壁に頭ぶつけそうになっちゃうし。

いちいち大丈夫なのかなって思っちゃうね。


・・・そんな危なっかしい子に縋り付いて泣きじゃくってたのは、あたしなんだけどさ。



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:31:50.37 ID:U9zitY6mO

「あ、もうこんな時間かー。そろそろお暇しよっかなー」

「そうですか。・・・もう遅いですから、お気をつけて帰ってくださいね」

「近いから大丈夫大丈夫ー。・・・西住ちゃん」

「はい?」

「ありがとね、話聞いてくれて」

偽りのない、あたしのかっこ悪い部分を受け入れてくれて。

「いえ、全然です。・・・わたしも昔、お母さんに厳しく指導されてつらいとき、よくお姉ちゃんに抱き着いて泣いてました。ああやると、すっきりしますから」

「・・・そう言ってくれると、助かるよ。あと、出来たら今日のことは」

あたしが不安そうにしてるのを知ってか知らずか、西住ちゃんは少しいたずらっぽい笑みを浮かべながら約束してくれた。

「はい。みんなには内緒、ですね?」

女同士の約束だからね。頼んだよ、西住ちゃん。



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:33:07.95 ID:U9zitY6mO


あたしが家に着く頃には、もう九時を回っていた。

明日も早いのに・・・。勘弁してよ、もう。

これじゃ生徒会が忙しいときとそんなに変わんないじゃん。

まあ、今日の場合は仕事じゃなくて遊んでたみたいなもんだからあたしが悪いんだけどさ。一日が短すぎるんだよね、大体は。



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:33:48.67 ID:U9zitY6mO


そんな風に心の中でぼやきながら、あたしはいつものようにお風呂に入っていつものように歯を磨き、いつものように身支度をして布団に入ったんだけど。

布団の中に入ったところで、なんとなくすっきりした気分でいる自分に気が付いた。

いつも、生徒会で大変な時は、身も心もすっかり疲れていて。

確かに生徒会で忙しくしてるのは楽しいっちゃ楽しいんだけど、すっきりするもんではないよね。

今日一番特別だったのは・・・。



『つらいときは、泣いちゃった方が・・・。後ですっきりしますから』



あれだよね、やっぱり。

すごいね、西住ちゃんは。あたしったら、ほんとにすっきりしちゃってるんだもん。

こりゃ西住ちゃんにはまた干し芋でもあげないとね。



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:35:09.52 ID:U9zitY6mO


こんなにすっきりしているんだからすぐに眠れるはず。

そう思って、布団に身を任せてみたんだけど。

・・・なんで眠れないかなー。

いつもはこんなにすっきりしてないけど、すぐに眠れちゃうのにな。

なんだか顔が熱いんだよね。暖房なんてまだつけてないのに・・・。

風邪ひいて熱でも出たのかな。喉なんて全然痛くないんだけど。

いつから顔が熱いんだろう。



「・・・あ」

そこまで考えて、思わず声が出た。

さっき、西住ちゃんのことを考え始めてから顔が熱いんだ。

この感情を、あたしは知ってる。だけど・・・。



「なんで・・・?」

この感情って、普通かっこいい男に抱くもんじゃないの?



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:36:07.57 ID:U9zitY6mO


確かに、戦車に乗ってる西住ちゃんはかっこいいけどさ。

基本的には、何の変哲もない女の子だよね。いや、まあ、あれだけの戦車の天才捕まえて、何の変哲もないなんて、何様だって話だけどさ。

ないない。フツーにありえない。

考えるのやーめよ。絶対それはないから。

・・・でも、顔は熱い。

胸の音も、なんだか騒がしくなってきてるしさ。今から寝るんだから静かにしてよね。



・・・結局あたしはその日、ほとんど眠れず。

その感情の正体にも、結論は出せなかったんだ。


とっくに、それが何かなんて分かっていたくせに。



31:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/01(木) 23:58:02.33 ID:TZ9kwDx0O

あの日、西住ちゃんの部屋で一緒にご飯を食べてからしばらく経って。

いよいよあたしたちの任期も残り少なくなってきた。

もういくらもないんだし、一生懸命仕事やんないとね。

そんな風に思って、仕事にいそしんでたんだけど・・・。


「・・・長・・・・・、会長!」

「え、あ、なに河嶋?」

「いえ、この書類にもサインをいただこうかと」

「はいほーい。ああ、これね」

「あのー会長、この書類のチェックはしていただけましたか?」

「ん、どれ? 小山。・・・げ、すっかり忘れてた。すぐやるからちょい待ってて」


なんだかうまくいかないんだよね、最近。

・・・まあ、なんでうまくいかないのかなんて、わかってるんだけどさ。



32:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/01(木) 23:58:33.73 ID:TZ9kwDx0O


あの日から、西住ちゃんのことが頭から離れないんだよね。

一緒の空間にいるとつい目で追っちゃうしさ。

最近では気を抜くと、一日中西住ちゃんのことを考えてることだってある。

最初は、あの日のことばかり考えてたんだけど。

だんだん、今までにあの子があたしたちのために成し遂げてきた色んなことを思い浮かべるになってきて。

今ではもう、西住ちゃんの一挙手一投足を思うだけで顔が熱くなって、胸が高鳴るようになってきた。

・・・このままじゃあたし、どうなっちゃうのかな。



33:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/01(木) 23:59:08.40 ID:TZ9kwDx0O


「会長? チェック終わりましたか?」

「ああ、うん。終わったよん。問題なさそうだねぇ」

「ありがとうございます。ええと、あとはあれをしないといけないよね・・・」

小山も河嶋も、忙しそうにしてる。

当然か、跡を濁したくないのはみんな同じだもんね。

呑気に他のこと考えてるのは、あたしだけかぁ・・・。


「会長、そろそろお時間です」

「おー、もうそんな時間か。じゃ、格納庫いこっか」

戦車道の時間。

西住ちゃんに、会える時間。



34:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:00:27.60 ID:HhX8M5GDO


「みんな揃ったか? ・・・では、西住。今日の練習メニューを」

河嶋に促されて、西住ちゃんが話し始めた。

今までぽんやりした表情を浮かべてたのに、急にきりっと顔を引き締めるあたりはやっぱり流石だね。

「はい。今日は、紅白戦をやりたいと思います。赤チームは、あんこうチーム、カバさんチーム、アヒルさんチーム、アリクイさんチーム」

「白チームは、ウサギさんチーム、カメさんチーム、カモさんチーム、レオポンさんチームでいきます」

西住ちゃんとは別のチームかぁ。・・・まあ、いいんだけどさ。



35:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:01:10.44 ID:HhX8M5GDO


「ルールは殲滅戦ルールです。赤チームの隊長はわたしが。そして白チームの隊長は・・・。澤さん、お願いします」

「あ、あたしですか?」

「はい。来年以降のことも考えて、経験しておいて損はないと思います」

「わかりました、西住隊長!」

澤ちゃんが目を輝かせた。

まあ、確かに次の代の副隊長候補筆頭だもんね。全体の指揮とる経験もしとかないと。

・・・でも、あんなに嬉しそうに西住ちゃんのことを見つめる必要はないんじゃないかなー。

「それでは今から30分間作戦会議の時間をとります。その後、速やかに初期位置についてください。では、各組に分かれて作戦会議、開始してください!」

おっとと、会議を始めないとね。

その音頭を取るのは、澤ちゃんの役目だけどさ。



36:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:02:24.87 ID:HhX8M5GDO

作戦会議が終わって、あたしたちは初期配置についた。

会議で澤ちゃんが考えた作戦はこんな感じ。


まず、森に全チームが隠れて待機する。

そうすると、西住ちゃんはアヒルさんを偵察に送り込んでくるはずだから、何としてもこれを発見し、撃破する。

その後、あんこうたちが森にやってこようとする。

赤チームが森に入る前に、あんこうにレオポンをぶつけて足止めしつつ、
アリクイさんにうさぎさん、カバさんにカモさんをぶつけてそれぞれのチームを森にうまく誘導し、潜んでいるあたしたちカメさんがこれを各個撃破する。

残ったあんこうに関してはその時に考える。



37:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:03:03.51 ID:HhX8M5GDO


なんでも、おケイに教わった優勢火力ドクトリンを実戦で使ってみたいらしいね。

確かにこの作戦だと、誘い込むところ以外は多対一に持ち込めそうだけど、そううまくいくかねえ。

ま、うまくいかなくっても経験か。

そんな風に思ってたんだけどさ。


結論として、うまくいったみたい。



38:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:03:43.62 ID:HhX8M5GDO


本当に作戦通りに局面が進んで、赤チームは残っているのがあんこうだけになった。

作戦と違ったところは、森に引きずり込む前にカモさんがやられたってことと、同じく森に引きずり込む前にウサギさんがアリクイさんをやっつけたってこと。

いやあ、あの子たちも上手くなったもんだねぇ。最初は怖がって戦車から逃げ出してたのにさ。

力尽きる直前に狙いをあんこうからカバさんに変えたレオポンがカバさんを撃破。

んで、あんこうはウサギさんを追って森の中にやってきた。

今の局面はそんな感じ。いやぁ、初めてにしては澤ちゃん、大健闘だねぇ。

幸か不幸か最初から全然砲撃する機会のなかったあたしたちは、相手に全く見つからずに森に潜んだままだった。


・・・ん?

ウサギさんから無線が入ったみたい。



39:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:05:15.54 ID:HhX8M5GDO


『会長、あたしたちが会長たちのいるところまであんこうをおびき寄せます。その後、停止してあんこうを砲撃します』

『そしたらあんこうも一瞬停止してあたしたちを撃つはずですから、そこを陰から狙ってください』

「りょうかーい。んじゃ、装填よろしく、河嶋」

「はっ」

確かに、五十鈴ちゃんの性格上、確実に当てるために停止射撃をさせるはず。

ただ、本当に一瞬だろうから、確実に当てないとね。

・・・あ、ウサギさんが来た。じゃあ、もうそろそろだね。

予想通りやってきたあんこうに、照準を合わせる。

ウサギさんが砲撃、それをあんこうが避けて停止した。


今、引き金を引けば勝てる。

今撃てば確実にあたる。

だけど、あのⅣ号の中には。

西住ちゃんがいる。



40:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:06:18.99 ID:HhX8M5GDO



「・・・っ」

一瞬、ほんの一瞬だけ。

引き金を引くのをためらってしまう。

振り払って、引き金を引いて。停止していたⅣ号の位置に寸分たがわずに砲弾は着弾したんだけど。

一瞬の停止で射撃を成功させたあんこうチームは、すでにそこにはいなかった。


「あ・・・」

おまけに、今の砲撃のせいで完全にあんこうに位置がばれた。

Ⅳ号の砲塔がこっちに指向して―――――――


気づいた時には、あたしたちのヘッツァーからは間抜けな音とともに白旗が上がっていた。



41:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:07:20.99 ID:HhX8M5GDO

「本日の練習はここまでとする! それでは、解散!」

河嶋の号令とともに練習は終わりを迎えた。

結局、残存車両1対0であたしたち白チームは負けちゃった。

澤ちゃん、悔しそうだったな・・・。

あたしがあそこでためらわなければ、勝たせてあげられたのかな。

でも・・・。


そんな風にあたしが自問自答してると、河嶋がなんだか難しい顔をして近づいてきた。

「会長」

「ん? どったの河嶋」

「その、大変申し上げにくいのですが・・・」



42:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:08:07.04 ID:HhX8M5GDO


河嶋の表情を見て、なんだか嫌な予感がしたんだよね。

あたしは、全力でこの場を誤魔化して逃げ出すことに決めた。

「あー、そっかー。河嶋、留年決まっちゃったんだー。どんまい」

「ち、違います! 会長、失礼ですが、なにかご不安なことでもあるのですか? その、最近様子がおかしい気がして・・・」

やっぱその話だよねー。

ごまかし路線に入っててよかった。このまま誤魔化そう。


「いやあ、気づいた? 実は、最近心配事が多くてねえ」



43:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:08:46.12 ID:HhX8M5GDO


「心配事、ですか?」

「そそ。河嶋がちゃんと卒業してくれるか心配で心配で」

「え、えええ?」

ごめんね、河嶋。

「ちゃんと勉強しないとさー。来年も生徒会やることになっちゃうよん」

誤魔化すのに、利用しちゃって。

「ううう、会長・・・。うわーん! 会長がいじめるよぅ、柚子ちゃーん!!」

河嶋がちゃんと頑張ってるのは知ってるけど、でも。

その質問を正面から受け止められるほど、今のあたしに余裕はないんだ。

「んじゃ、頑張ってねー河嶋。あたしはちょっとその辺ぶらついてくるよん」

「あ、か、会長? ちょっと、桃ちゃん、いい加減離して・・・」

小山の声が聞こえなかったふりをして。

あたしは、その場をそそくさと後にした。



44:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:09:48.21 ID:HhX8M5GDO


「・・・はあ」

その辺をうろつくって言ってもなあ・・・。

まだ仕事も終わってないし。

結局生徒会室に戻らざるを得ないよね。

二人の仕事が終わるだろう時間を見計らって来たかいがあって、生徒会室には誰もいなかった。

少し冷静になって机を見てみると、今日やらなくちゃいけない仕事が山積みになってるのが目に入る。

うん、やっぱりあたしは仕事に身が入ってないみたいだね。

だって、小山と河嶋のデスクを見たら、すっきり片付いてるもん。

ここらでいっちょ自分に喝入れないとね。



そう思って、この間おケイに貰ったコーヒーを淹れようと立ち上がった瞬間。

生徒会室がノックされた。



45:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:10:36.82 ID:HhX8M5GDO


一瞬、息が止まったようになる。

河嶋? 小山?

どっちが来ても、今のあたしはちょっと困る。

だけど、また文科省が何か言ってきたのかもしれない。

居留守を使うわけには、いかない。


「開いてるよー。どぞー」

無理やりそんな言葉を喉から絞り出して。

入ってきた人を見て、あたしは今度こそ本当に一瞬息が止まった。




なんで、西住ちゃんがそこに立ってんの?



46:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:11:27.02 ID:HhX8M5GDO


「し、失礼します・・・」

西住ちゃんは、申し訳なさそうな表情をして、生徒会室に入ってきた。

そんな姿を見て、あたしは耳が熱くなるのを感じた。

いや、赤くなっちゃまずいっしょ。気づかれちゃうよ。その、色々とさ。

この場から逃げ出したくなるのを抑えて。できるだけ飄々とした表情で、西住ちゃんに声をかけよう。

「どったの、西住ちゃん。ま、とりあえず座っててよ」

やば、声震えちゃった。

まあ、裏返らなかっただけマシか。



47:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:12:07.86 ID:HhX8M5GDO


「今おケイに貰ったコーヒー淹れようと思ってたんだけどさあ、西住ちゃんも飲む?」

「あ、はい。いただきます」

西住ちゃんも飲むんなら、美味しく淹れないと。


数分後、あたしが今までで一番注意を払って淹れたコーヒーが完成した。

「入ったよー。どうぞ、西住ちゃん」

ここに持ってくるまでにこぼさなかったのは、あたしのファインプレーだね。

「ありがとうございます。わあ・・・、いい香り」

よかった、無駄な努力じゃなかったみたい。

どれ、あたしも飲もうかな。・・・うん、美味しい。

「んで、どしたのー? 珍しいじゃん、西住ちゃんからここに来るなんて。もしかして、次の会長でもやりたいの?」

やばい、なんかめっちゃ早口になる。

落ち着け、落ち着け・・・。

「いえ、そうじゃなくて・・・。その、会長、大丈夫かなって」

・・・またその話かぁ。

そんなに変だったのかな、あたし



48:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:12:58.77 ID:HhX8M5GDO


「んー? なにが?」

「今日の紅白戦、本当ならわたしたちは負けていました。だけど、会長の砲撃が・・・、いつもと違いました。それで、わたしたちは勝てたんです」

やっぱり、西住ちゃんだね。

戦車の事ならどんな些細な違いでもバレちゃうかあ・・・。

「ちょっと、くしゃみを我慢してたんだよね。ごめんごめん」



「・・・この間の、ことですか?」



49:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:13:42.84 ID:HhX8M5GDO


「・・・え?」

「この間、会長がわたしの家で話してくれたことと、関係があるのかなって・・・」

「・・・」

痛いところを突かれて、つい黙っちゃった。

まずい、このままだと話のペースを西住ちゃんに握られてしまう。

「この間、会長は寂しいっておっしゃってましたよね。だから、その思いで会長の頭の中がいっぱいなのかと思ったんです」

違う。

「確かに、寂しいときの気持ちはわかります。わたしも、黒森峰を離れるときは、ほんの少しだけど寂しかったから・・・」

そうじゃないんだよね。

「だけど、寂しいときにそのことを考えてると、もっと寂しくなって、何も手につかなくなって。後になって後悔しちゃうことになるんです」

やばい。適当に誤魔化そうと思ってたのに。

「わたしも、もっとエリカさんや小梅さんときちんとした形でお別れできなかったのかなって・・・」

やめて。このままだと、

「だから、会長も、寂しい思いをこらえて頑張ってほしいんです」

誤魔化すことが

「会長に・・・、後悔してほしくないから」

できない



50:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:14:38.26 ID:HhX8M5GDO


「・・・そういうわけじゃあ、ないんだよね」



「・・・え?」

ああ・・・。ついに話に乗っちゃった。

「別にあたしは、寂しいからって上の空なわけじゃない」

「じゃあ、どうして・・・」

どうして、か・・・。

「・・・それは」

そんなこと、決まってんじゃん

「・・・会長?」




西住ちゃんのことが、好きだからだよ。



51:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:15:43.58 ID:HhX8M5GDO

~~~~


「会長が、おかしい?」

そうやって、河嶋先輩たちから相談を受けたのは、今日の戦車道の練習、紅白戦が終わった後の事でした。

後片付けも終わって、みんなでアイスでも食べて帰ろうとしてた時に河嶋先輩からいきなり呼び出されたから、一体何をされるんだろうとどきどきしてたんだけど・・・。

「ええっと、おかしいって、一体どういう・・・」

「西住、お前今日の会長の砲撃を見てなんとも思わなかったのか?」

「えっと、すみません・・・」



52:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:16:24.08 ID:HhX8M5GDO


「桃ちゃん、西住さんはチームが違うんだからわからないと思うわよ」

「桃ちゃんと呼ぶなぁ! コホン。今日、我々はお前たちあんこうチームを完全にとらえていたんだ。だけど、会長の砲撃が一瞬遅れ、外れてしまい、結局この結果になったんだ」

「あのときの会長、何かをためらったようにみえたのよね・・・」

「そうですか、そんなことが・・・」

確かに、あの時はあと少し動くのが遅れてたら危なかった、って思ったっけ。

華さんが一瞬で命中させてくれたおかげだと思ってたけど・・・。

もっとちゃんと索敵しないと。次からはこんなことがないように・・・、じゃなくって。



53:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:17:03.17 ID:HhX8M5GDO


「あの、それでどうして、その話をわたしに?」

「そのことなんだが・・・。実は、今日に始まった話じゃなくて、最近会長がどこか上の空な気がしてたんだ。ただ、今までは別にこれと言って支障もなかったから、疲れてるだけかと思ってほっといたんだが、今日のはさすがに異常だと思ってな」

「それで、桃ちゃんがさっき会長に何か心配事でもあるのかって聞いたんだけどね。会長、うまくはぐらかして逃げちゃったのよ」

「・・・悔しい話だが、わたしたちでダメとなると、あとは西住しかいないと思って、お前に話をしたんだ」

「そうだったんですか・・・」

会長、ずっとそんな調子だったんだ・・・。

この間、わたしのところに来て、ご飯を作ってくれたときは、その、大泣きしてたから、大丈夫かなって心配したけど。

次の日以降、にこにこしてたし、すっかり元の会長に戻ったと思ってたんだけどな・・・。



54:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:18:01.35 ID:HhX8M5GDO


「西住。すまないが、会長に何か心配事はないかお前から聞いてくれないか?」

「わ、わたしがですか?」

「そうだ。さっきも言ったが、あとはお前しかいないだろう」

「西住さんでダメだったら、もうお手上げだけどね・・・」

えええ?

わたし、そんなに頼られてるの?

そんなぁ・・・。確かに、戦車道ではみんなより作戦とか立てるのは得意かもしれないけど。そんなに頼られるようなことできないよ。


でも・・・。

「・・・わかりました。会長が話してくれるかどうかはわかりませんが、やります」


あの日の会長の姿を思うと、断れません。

今までは、会長って本当に強い人なんだなあって思ってたけど。あの日、会長にもわたしと一緒で泣きたい時があるって知ったから。


支えが必要な時があるって、知ったから。



55:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:18:27.78 ID:HhX8M5GDO


「そうか。礼を言うぞ、西住」

「桃ちゃんったら、もっとちゃんとお礼言おうよ・・・。ありがとう、西住さん。あのね、会長、生徒会室にこもってると思うから、行ってあげて。よろしくね」

「はい、わかりました。行ってきます!」


わたしじゃ、全然力になれないかもしれないけど・・・。

待っててくださいね、会長。



56:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:19:28.33 ID:HhX8M5GDO


「生徒会室・・・」

ここに来るのは、なんだか緊張しちゃう。

沙織さん、華さんと一緒に最初に入った時のことが、やっぱり頭から離れない。

・・・でも、今はそんなことも言ってられないから。

ちょっと勇気がいるけど、ノックしてみよう。



・・・

あれ? 誰もいないのかな?

そう思った瞬間、中から声がしました。

『開いてるよー。どぞー』

会長の声・・・。

小山先輩の言ったとおりだ。やっぱり、生徒会の人たちってなんかすごいなあ・・・。

言われなくってもお互いの位置が分かるなんて、尊敬しちゃいます。

わたしが扉を開けると、会長は一瞬だけ、驚いたように目を見開いてました。



57:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:20:03.75 ID:HhX8M5GDO


「し、失礼します・・・」

どういう風に切り出そう。

河嶋先輩みたいにいきなり聞いても、はぐらかされるかも・・・。

わたしがいろいろと考えてると、会長が先に声をかけてくれました。

「どったの、西住ちゃん。ま、とりあえず座っててよ」

そう促されて、わたしはとりあえず座ることにしました。

そうすれば多分、会長も座るだろうから。

座れば、逃げられる確率も下がると思って。



58:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:20:50.80 ID:HhX8M5GDO


すると会長は、後ろを向いて、流し台に向かって歩きながら、

「今おケイに貰ったコーヒー淹れようと思ってたんだけどさあ、西住ちゃんも飲む?」

と、わたしに訪ねてきたので、せっかくだから、お言葉に甘えることにしました。

「あ、はい。いただきます」


コーヒーかあ・・・。昔、黒森峰にいたときは、よく夜に作戦を考えようとしてお姉ちゃんと一緒に飲んでたっけ。

最近はあんまり飲んでないなあ・・・。

そんなことを考えていると、コーヒーを淹れ終わった会長が運んできてくれました。

「入ったよー。どうぞ、西住ちゃん」

コーヒーがわたしの前の机に置かれると同時に、とてもいい香りが漂ってきます。

「ありがとうございます。わあ・・・、いい香り」

一口飲んでみると、香りだけじゃなくて味もとってもおいしくて、思わず顔が緩んじゃいます。

会長って、料理だけじゃなくてコーヒー淹れるのも上手だったんだ。

あんまり料理が得意じゃないわたしからすると、尊敬しちゃうなあ・・・。



59:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:21:32.64 ID:HhX8M5GDO


「んで、どしたのー? 珍しいじゃん、西住ちゃんからここに来るなんて。もしかして、次の会長でもやりたいの?」

会長が、いつになく早口になってわたしに尋ねてきました。


・・・会長って、こんな雰囲気だったっけ?

そういえば、さっきからなんだか様子がおかしい。コーヒーを運ぶ時の手もちょっと震えてたし・・・。

わたしの知ってる会長って、もっと飄々としてて、いつも余裕な感じなんだけどなあ・・・。

今日の会長はなんだか余裕がないように見えました。


・・・やっぱり、河嶋先輩の言う通り、会長はいつもとは違う。

わたしはお腹にぐっと力を入れて、思い切って聞いてみることにしました。



「いえ、そうじゃなくて・・・。その、会長、大丈夫かなって」



60:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:22:31.48 ID:HhX8M5GDO


一瞬、会長の目がちょっと剣呑なものになりました。

でも、その後すぐにいつもの顔になるのは、さすが、いつも抜け目のない大人たちと渡りあってる
会長だからこそだなあと思います。

「んー? なにが?」

ここが、正念場。

わたしの得意な戦車道の話で、主導権を握ろう。



61:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:23:07.71 ID:HhX8M5GDO


「今日の紅白戦、本当ならわたしたちは負けていました。だけど、会長の砲撃が・・・、いつもと違いました。それで、わたしたちは勝てたんです」

本当は、河嶋先輩に言われて知ったことだけど、今河嶋先輩の名前を出すのは得策じゃないかな。

すると会長は、申し訳なさそうな笑みを浮かべて、

「ちょっと、くしゃみを我慢してたんだよね。ごめんごめん」

と、とぼけてきました。

このままじゃ、誤魔化されてしまう。

そう思ったわたしは、核心に踏み込んでみることにしました。



「・・・この間の、ことですか?」



62:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:23:59.87 ID:HhX8M5GDO


「・・・え?」

会長の顔が、さっきとは打って変わって神妙なものに変わりました。


・・・やっぱり、この間の事なんだ。

河嶋先輩がわたしに声をかけたのは、間違ってなかったみたい。

あの日のことは、わたししか知らないことだから。

「この間、会長がわたしの家で話してくれたことと、関係があるのかなって・・・」

「・・・」

会長が、何も言えずにいるのを見て、一瞬躊躇してしまいます。

このまま、畳みかけるように言葉をかけてもいいのかな・・・。

でも、もう後には引けません。



63:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:24:55.28 ID:HhX8M5GDO


「この間、会長は寂しいっておっしゃってましたよね。だから、その思いで会長の頭の中がいっぱいなのかと思ったんです」

会長の目が、何かを言いたそうにしています。

でも、口はずっとつぐんだまま。

「確かに、寂しいときの気持ちはわかります。わたしも、黒森峰を離れるときは、ほんの少しだけど寂しかったから・・・」

唇をぐっと噛み締めているその姿が、とってもつらそうに見えて。

「だけど、寂しいときにそのことを考えてると、もっと寂しくなって、何も手につかなくなって。後になって後悔しちゃうことになるんです」

会長が、今にも壊れちゃいそうに見えて。

「わたしも、もっとエリカさんや小梅さんときちんとした形でお別れできなかったのかなって・・・」

わたしが、壊れちゃったときの事を思い出して。

「だから、会長も、寂しい思いをこらえて頑張ってほしいんです」

過去の自分に言いたいことを

「会長に・・・、後悔してほしくないから」

一方的に、ぶつけてしまいました。



64:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:26:03.36 ID:HhX8M5GDO


すると、会長は、自嘲気味な笑みを浮かべながら、我慢できなくなったとばかりに口を開きました。

「・・・そういうわけじゃあ、ないんだよね」

どうやら、わたしの言葉は・・・。

「・・・え?」

「別にあたしは、寂しいからって上の空なわけじゃない」

わたしにしか、届かないものだったみたい。



「じゃあ、どうして・・・」



65:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/02(金) 00:26:55.94 ID:HhX8M5GDO


思わず、会長に尋ねてしまいました。

あの事が原因じゃないのなら。

会長は、どうしてあんなに壊れそうになってたんだろう。

「・・・それは」

そこまで言って、会長は再び口をつぐみました。

まるで、心からの叫びを、無理やり押さえつけるように。

「・・・会長?」

わたしが、会長に呼びかけた後、しばらく経ってから会長は。





「言えるわけないじゃん・・・」

今にも泣きそうな顔をして、そう呟きました。



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:20:42.48 ID:TFTrCpujO


その後、会長は


「ごめん西住ちゃん。・・・もう帰るわ」

そう言い残して、生徒会室から去っていきました。

足取りにはいつものような力強さはなく、今にも倒れそうな感じで。

腕を引っ張ればいつでも呼び止められたと思うけど・・・。

その姿があまりに悲しくて、かわいそうで、切なくて。

わたしは会長がいなくなった後も、しばらく椅子から立ち上がることもできませんでした。



70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:21:32.48 ID:TFTrCpujO


しばらくして、わたしも帰ろうと思ったけど、机の上に置かれたコーヒーが目に入りました。

せっかく会長が淹れた美味しいコーヒーなのに、会長が飲まないで帰っちゃうなんて・・・。

なんだか胸の奥がきゅうっと締め付けられる思いがして、わたしはそれを一気に飲み干しました。


さっきまでいい匂いをさせていたコーヒーはすっかり冷めてしまっていて。

とっても美味しいはずなのに、とっても悲しい味に思えて。

なんだか涙が出そうになったわたしは、コーヒーカップを片付けて、逃げるように生徒会室を後にしました。



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:22:20.74 ID:TFTrCpujO


「会長、一体どうしちゃったんだろう・・・」

ベッドの上でボコのぬいぐるみを抱きしめながら、わたしはずっと考えていました。

河嶋先輩にメールで報告しようと思ったけど、なんだか会長を追い詰める気がして、それもできなかった。

結果として、わたしは誰にも相談することができませんでした。



・・・あれ?

誰にも、できないのかな。

大洗の人以外なら・・・。

会長をおいつめることにも、ならないのかもしれない。



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:23:05.46 ID:TFTrCpujO


「えっと、携帯は・・・」

机に置いていた携帯を掴んで、ある番号をコールします。

かつての、わたしの相談相手。

「こんな時間だけど、出てくれるかな・・・」



幸いにして、その人はすぐ電話に出てくれました。

『もしもし? なによ、こんな時間に・・・』

声は、とっても不機嫌そうだったけど。



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:23:39.60 ID:TFTrCpujO


「ごめんねエリカさん、こんな遅くに」

『全く、勘弁してほしいわよ・・・。で、どうしたの?』

怒りながらも、話は聞いてくれるんだ。

エリカさんは、なんだかんだやっぱり優しいな。

「あのね、エリカさんに相談があるの」

『相談? 無限軌道杯の戦略なら教えないわよ』

「あはは・・・、そうじゃなくって。実は・・・」

エリカさんに、今日のことを話しました。

会長がそうなってるってことは、明言しなかったけど。



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:25:42.98 ID:TFTrCpujO


「そんなことがあって、わたしなんだかよくわからなくて・・・。エリカさんはどう思う?」

全てを話し終わった後、エリカさんはしばらく黙っていました。

『・・・ねえ。ちょっと確認したいことがあるんだけど』

「どうしたの?」

『最近、その人について何か感じたこととかはなかった?』

『例えば、そうね。いやに目が合いやすいとか・・・』

「え・・・?」

そう言われれば・・・。

確かに、あの日の後から、やけに会長と目があった気が、する。



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:26:26.51 ID:TFTrCpujO


「う、うん・・・。あったかも」

『なるほどね・・・』

それを聞いて、エリカさんは何かに気付いたみたいです。

「エリカさん? なにか分かったの?」

なにかわかったのなら、教えてほしいな。

だけどエリカさんは、なんだか迷っているようでした。

『・・・これって、あなたに言ってもいいものなのかしら』

「どうして?」

『いや、だって・・・』

「エリカさん、お願い。教えて!」

わたしが必死になってお願いすると、エリカさんはやっぱり迷ったみたいでしたが、

『・・・はあ。わかったわよ』

しぶしぶといった感じで、折れてくれました。



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:27:23.01 ID:TFTrCpujO


「ありがとう、エリカさん!」

『先に言っとくけど、あくまでもわたしの推測だからね?』

「いいよ。エリカさんの推測なら、きっと正確だろうから」

『・・・あなたのそういうところのせいよ』

「え?」

一体、どういうことなんだろう・・・。

そう思ったわたしに、エリカさんは、とんでもない言葉を投げかけました。



『だから、その人はあなたのことが好きなのよ。・・・いろんな仕事に集中できないくらいね』



77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:28:02.44 ID:TFTrCpujO


「・・・え」

ええええええええええ!!!?

「え、エリカさん? あの、その人ってえと、女の人で・・・」

『そんなことわかってるわよ。男で戦車道やってるのなんて、あの理事長ぐらいじゃない』

「だって、その、すすす、好きって・・・。あ、友達として? だよね」

『アホか。どうして友達として好きってだけで仕事が手につかなくなるのよ。恋よ、恋』

こ、恋!?


突然そんなことを言われたわたしは、とっても混乱して

「だ、だって・・・。会長が、わたしのことを好きなんて! ・・・あ」

思わず、名前を出してしまいました。



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:29:04.36 ID:TFTrCpujO


『・・・ふーん。誰かと思ったらあの生徒会長さんだったのね。まあ、なんとなくそう思ってたけど』

会長、ごめんなさい・・・。

「あ、あうう・・・。エリカさん、その、このことは・・・」

『わかってる。誰にも言わないわよ』

「あ、ありがとう・・・」

その後も、混乱したわたしは、いろんなことを口走ってエリカさんに迷惑をかけたみたいだけど、
あんまり覚えてません。

しばらくしてようやく落ち着いてきたわたしは、

「・・・でも、女同士でそんなことってあるの?」

そんな疑問をぶつけてしまいました。

すると、エリカさんは少し黙った後。

『・・・ええ、あるわよ。少なくとも、わたしはよく知ってる』

小さな声で、吐き捨てるように言いました。



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:29:46.72 ID:TFTrCpujO


「そうなんだ・・・」

『そういうときってね、なかなか想いも伝えられないのよ。・・・どれだけ強く想っていてもね』

「エリカさん・・・?」

『最初はただの憧れのように思っていても、だんだんそれが憧れじゃないって気づいていくの。・・・それが憧れのままだったら、どれだけ幸せなんでしょうね』

「・・・」

『憧れてるだけなら、その人が欲しいなんて思わない。だけど、恋は違う。その人が自分以外を見ていると嫉妬もするし、自分を見てると顔と体が熱くなる。・・・非生産的な恋だとわかっていても、恋心を止めることなんてできないのよ』

エリカさん、もしかして・・・。



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:31:45.88 ID:TFTrCpujO


「エリカさん、あの・・・」

『・・・そうよ。わたしだって、あなたのところの生徒会長と同じ』


『・・・隊長のことを、あなたのお姉さんのことを思うと、胸が張り裂けそうになる』

やっぱり、そうだったんだ。

「エリカさん・・・」

『・・・つまらない話しちゃったわね。妹のあなたに話すことでもなかったし』

「ううん、エリカさんが話してくれて、その。すごく嬉しかった。きっと、いつかお姉ちゃんにだって・・・」

『はい、わたしの話はここまでよ。・・・今大事なのは、あなたの話でしょ』

エリカさん・・・、ごめんね。

「う、うん・・・。わたし、どうしたらいいのかな」

『・・・そんなの、決まってるじゃない』

「・・・え?」




『あなたのしたいように、すればいいのよ』



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:32:34.33 ID:TFTrCpujO


「わたしのしたいように、かあ・・・」

電話を切った後も、エリカさんの言葉がずっと頭の中を駆け巡っていました。

わたしは、一体会長のことをどう思っているんだろう?



最初は、怖かった。

どうしてわたしに無理やり戦車道をさせるんだろうって思った。

ちょっとだけ恨めしく思ったこともあったっけ。

・・・でも、わたしたちが蝶野教官に褒められていた時、教官の後ろから笑いかけてくれた。

聖グロリアーナ戦の前、わたしの意見を聞いてくれた。

あんこう踊りを踊った時、一緒に踊ってくれた。

それで、ひょっとしてこの人は悪い人じゃないのかなって思って。

実は会長が、とっても大きいものを背負ってるって知った。

状況は絶望的だったけど、何とかしてあげたいって思った。

それから・・・。



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:33:10.98 ID:TFTrCpujO


そんな風に会長との思い出を思い返してみると、なんだかとっても胸の奥が温かくなってきました。


そっか、今のわたしがあるのは・・・。

会長が、ひっぱってくれたお陰だったんですね。


「会長・・・」


そう思うと、なんだか会長のことがひどくいとおしく思えてきて。

エリカさんの言ってたことが、分かるような気がして。

なんとなく、自分が何をすればいいのかわかりました。



83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:33:54.70 ID:TFTrCpujO


明日になったら、河嶋先輩たちに頼んで、会長と二人にしてもらおう。

会長は、ひょっとして悩んでいるかも。結構抱え込んじゃう人だから。

また逃げ出そうとするかも? そしたらどうしよう。

・・・今度は、捕まえちゃおうかな?

会長、どんな顔するのかな・・・。



そんなことを考えてたら、なんだか楽しくなっちゃって。

明日が来るのがとっても楽しみになりました。

はやく、明日にならないかな・・・。

余計に眠れなくなっちゃったのは、内緒です!



84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:34:51.80 ID:TFTrCpujO

~~~~~~


「・・・ははは」

生徒会室から逃げ出して、校門を出て、しばらく歩いて。

なんだか乾いた笑いが漏れてきちゃった。

だってさー、・・・あまりにもあんまりすぎるっしょ。

西住ちゃんのことが好き。

たったそれだけのことを認めるまでに、こんなに長い時間をかけてさ。

とっくに、気づいてたことなのに。

そのうえ、西住ちゃんにそれを伝えることもできずに逃げ出して。


「・・・馬鹿みたい」


心底そう思った。

なにやってんだか、ほんとにさ。



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:35:40.56 ID:TFTrCpujO


しばらく何も考えずに歩いて。

顔をあげたら、あたしの家があった。

放心状態っていうのはこういうことを言うんだろうね。

緩慢な動きで鍵を開けて、靴をそろえることもせずに家に上がって。

制服を脱ぐこともなく、布団に倒れこんだ。


「あ、仕事・・・」

そういえば、生徒会室にやりのこした仕事があったんだった。

・・・まあ、いいか。



86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:36:27.06 ID:TFTrCpujO


仕事をやり残したまま帰るのは、会長になってから初めてだね。

汚れたままで布団に入るのも。

そのまま眠りにつくのも。

こんなに苦しいのなら。

こんなに傷つくのなら。

あの日、西住ちゃんに声なんかかけるんじゃなかった。

料理なんか、作るんじゃなかった。

弱みなんか、見せるんじゃなかった。



自分の想いになんか・・・、気づくんじゃなかった。



87:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 21:37:08.88 ID:TFTrCpujO


枕に顔をうずめてたら、目のあたりがじんわり温かくなって、その後すぐに冷たくなってきて。

・・・それでもなんだか眠くなってきて、世界がぼやけてきて。



ああ・・・、このまま世界がなくなって。

明日なんて、来なければいいのに。



91:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/04(日) 01:25:02.40 ID:w6jMaQ6XO


そんなあたしの願いもむなしく、やっぱり朝はやってくるんだよね。

・・・汚れた制服と、涙と鼻水でぐちゃぐちゃな顔と枕を傍らに連れて。

ま、当然か。



一晩眠ったことで、少しだけ頭はすっきりしていた。

まだ時間も早いし、とりあえずお風呂に入ろっかな。

今のあたしの姿を見たら、百年の恋も冷めることは間違いないし。

百年の、恋も・・・。

・・・。

・・・訂正、恋はそんなに簡単に冷めない。

少なくとも、あたしの数週間の恋は冷めそうにない。

昨日あんなことがあって、あんなに懲りたはずなのに。

西住ちゃんのことをちょっとでも考えると、体が熱くなるんだから。

あ、でも冷めないのはあたしの恋だけで、他の人の恋は冷めんのかもね。

・・・何考えてんだろ、さっさとお風呂入ろっと。



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:26:00.22 ID:w6jMaQ6XO


お風呂に入って、予備の制服に着替えたら、ようやく見れるようになった。

・・・ちょっと目は腫れてるけどね。

時間も時間だし、そろそろ学校行かないと。

朝からそど子に怒られるのも、御免だしね。



93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:26:29.88 ID:w6jMaQ6XO


「会長、おはようございます」

「わ、びっくりした。おはよ、河嶋」

学校に入って靴を履き替えていると、後ろからいきなり河嶋が声をかけてきた。

いつも先に生徒会室に入ってるのに、珍しい日もあるもんだね。



「会長、実はお願いしたいことが」

「んー? どしたの、言ってみ」

「昨日、他校からのスパイが格納庫に入ったようなのです。今回は少し物の配置がかわっていただけで何も被害はなかったのですが、顛末書の作成のために会長にも確認していただきたいと」



94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:27:02.54 ID:w6jMaQ6XO


え、マジか。結構大事じゃん。


「わかった。それはいいけどさ、どこからのスパイか目星はついてんの?」

「え!? ・・・と、はい。お、おそらくはサンダースの者かと」


・・・ん?

「んじゃ、アリサちゃんの差し金だねえ。おケイはそんなこと絶対しないし」

「ええと、はい。全くそのとおりかと」


なんでさっき河嶋、動揺したんだろ。まあいっか。



95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:28:02.56 ID:w6jMaQ6XO


「んじゃ、見てくるわ。先、生徒会室行っといて」

「はっ」

あとで、おケイに報告しとかないと。

そんな風に思いながら格納庫に行ったあたしを待っていたのは、戦車だけじゃなかった。

またもや、意外な人物・・・。



「会長・・・」

・・・いや、そんなことないか。



96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:28:52.61 ID:w6jMaQ6XO


ほんとは、河嶋の態度がおかしかった時点で気づいてた。


「西住ちゃん」


きっと、西住ちゃんに頼まれたんだろうなって。

それでも、あたしは格納庫まで来た。

わざと騙されたんだ。

なんでかって? 決まってんじゃん



・・・西住ちゃんに、会いたかったからだよ。



97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:29:24.00 ID:w6jMaQ6XO


「どうしたのさ、西住ちゃん。こんなところで」

「会長、その・・・。実は、スパイは」

「西住ちゃんがここにいる時点でわかるって。んで、何の用?」

鼓動が早くなる。

落ち着け・・・。これじゃ、昨日の二の舞になっちゃうよ。



98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:29:51.11 ID:w6jMaQ6XO


「あの、会長に伝えたいことがあって・・・」

伝えたいこと?

なんだろう。

その内容をなんとなく推測して。

鼓動がもっと早くなる。

・・・あたし、死ぬとしたら心臓病で死ぬのかな。



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:30:24.94 ID:w6jMaQ6XO


「んー? 何?」

昨日みたいに、声が震えそうになるのを必死で抑えて声を絞り出した。

「会長・・・」

落ち着け。

昨日みたいに、誤魔化さないで。

昨日みたいに、逃げないで。

西住ちゃんに、向き合おう。

そして、できたらこの気持ちを・・・。



そんな風に考えてたあたしの覚悟を、西住ちゃんは



「ごめんなさい!」


一瞬で、叩き折った。



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:30:55.35 ID:w6jMaQ6XO


「・・・ははは」

いつかみたいに、乾いた笑いが口から洩れた。

いつかと違うのは、涙も一緒にこぼれてるってこと。


そうだよね。

気持ち、悪いよね。

そりゃ、そーだ。



101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:31:29.57 ID:w6jMaQ6XO


「え、会長・・・?」

西住ちゃんが何か言った気がしたけど、あたしの頭には入らなかった。

もう、この場を離れることだけで頭はいっぱいで。

涙を隠すこともせずに。

踵を返して。

めいっぱい、駆け出した。



102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:32:33.84 ID:w6jMaQ6XO


・・・つもりだったんだけど。

あたしの想定とは違って、なんだか全然前に進まなかった。

それから、なんだか思ってたよりも腕が痛い。引っ張られてるみたいな感じがする。


「会長・・・」


見ると、西住ちゃんがあたしの腕を掴んでいた。



103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:33:17.22 ID:w6jMaQ6XO


「離して! 離してよ西住ちゃん!!」

頭の中は冷静に今の状況を見てるのに。

あたしの体は、そんなことを叫びながら腕を振りほどこうとしてる。

いてて、そんなに無理に振りほどこうとしたら痛いじゃん。

自分の体なんだからもっと大切にしなって。

だけどあたしは、腕を振りほどこうとし続けたし、泣き叫ぶのもやめなかった。

すると、西住ちゃんの表情が、困った顔から戦車に乗ってるときの顔に一変して。

なんだか、あたしの体がぐらりと動いて。

柔らかい感触がして。



気が付くと、あたしは壁と西住ちゃんに挟まれていた。

もっと正確に言うと、体の大半は西住ちゃんに包まれていて。

抱きしめられたまま、壁に押し付けられてるんだと気づいた。



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:33:54.57 ID:w6jMaQ6XO


「西住、ちゃん?」

あたしは、ようやく静かになった。

どうして西住ちゃんがあたしを抱きしめてるんだろう。

これじゃ、まるで――――

「会長・・・、勘違いしないでください。あたしが謝ったのは、会長を拒絶するためじゃありません」

「・・・え?」

「ただ、会長の気持ちに全然気づいてあげられなかったことを謝りたかったんです。・・・苦しんでた会長の力になれなかったことを、謝りたくって」

「西住ちゃん・・・」


なんだ、あたしの早とちりだったんだ。

いやあ、西住ちゃんには迷惑かけたねえ。



・・・ん?

え、と。

じゃあ、この状況は・・・。



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:34:34.39 ID:w6jMaQ6XO



「会長、あたしもあの後考えて、気づいたんです」



あたしを抱きしめてた西住ちゃんが、少し離れてあたしの顔を覗き込んできた。


・・・かわいい。

けど真っ赤じゃん。なんだかかっこ悪う。


あ。

それはあたしもか。



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:36:03.03 ID:w6jMaQ6XO



「会長、その。わたしでよければ―――」



さっきの西住ちゃんの言葉で、せっかちなあたしは泣き叫んだ。

最後まで聞きもせず、勝手に早とちりして、ね。


そして今、また西住ちゃんの言葉で。

やっぱり、まだ西住ちゃんは言い終わってないのに。

あたしの目から、さっきとは違う涙が零れ落ちる。


・・・まあ、いいよね。

あたし、せっかちなんだしさ。



107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:36:41.71 ID:w6jMaQ6XO


その後、泣きじゃくるあたしを、西住ちゃんはやっぱり抱きしめてくれて。

頭をなでてくれて。


いつかこんなことがあったよね。

西住ちゃんの家にお邪魔した日。

昨日のあたしが、恨んだあの日。

確かにあの日はそんないい日じゃなかったかもね。・・・だってさ。

今みたいに、幸せな気持ちじゃなかったもんね。



でもまあ、今最高に幸せだから、それでいっか。



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/04(日) 01:37:09.91 ID:w6jMaQ6XO


あたしは、秋が嫌いだ。

あたしの誕生日は一月一日で冬だし、あたしの名前にもなってる植物の杏が実をつけるのは初夏のころ。杏の花に至っては春に咲き誇る。


・・・でも、今年からは、秋も悪くないかなって思うようになった。

秋にいいことがあったからね。それも、飛び切りいいことが。

・・・待てよ、あたしはあの日のことでこれからずっとからかわれるのかな。

あたしの、一番大切な人に。

やっぱ嫌だ。あたしの威厳が台無しになる。

やっぱりあたしは、秋が嫌いだ。




109:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/04(日) 01:38:20.11 ID:w6jMaQ6XO

以上で本編終了になります。
短い間でしたがお付き合いいただきありがとうございました。

この後、後日談を二つ投下させていただきます。



110:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/04(日) 01:39:17.80 ID:w6jMaQ6XO

後日談その1



「うわっ、もうこんな時間! やっばあ」


このままじゃ、そど子に怒られちゃうじゃん。早く学校行かないと。

生徒会を五十鈴ちゃんたちに引き継いだあたしは、なんだかちょっとずぼらになっていた。

気が抜けちゃったからね。

だけど、今日からは無限軌道杯に向けた練習も始まるんだから、気を引き締めないとね。

河嶋の大学進学のために。

うーん、今までの戦いよりも目的がしょぼいせいか、いまいち気が引き締まらないなあ・・・。


家を出たあたしをまっていたのは


「杏さん、おはようございます」


あたしの、最愛の人。



「西住ちゃん」



111:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/04(日) 01:39:59.53 ID:w6jMaQ6XO


「もー会長、だからわたしのことは・・・、あ」

「西住ちゃんだって、あたしのこと名前で呼べてないじゃん」

「それでもだめです。呼んでください」

「えー? わ、わあったよ・・・。み、みほ」

「はい、杏さん♪」


やば。鼻血出そう。


「えへへ・・・。あ! 杏さん、このままじゃ遅刻です! ほら、あそこに麻子さんが・・・」

「うわ! やっば! 冷泉ちゃん抱えて全力で走るよ、西住ちゃん!」

「はい! って、またその呼び方で・・・」

「パンツァーフォー!」

「杏さんもそれ、言ってみたかったんですね・・・」


あたしの大洗での生活ももういくらもないけど。

かつて西住ちゃんが言ったみたいに、後悔の無いように全力で駆け抜けようと思う。


それが、あたしと西住ちゃんの戦車道だからね。



112:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/04(日) 01:40:55.40 ID:w6jMaQ6XO

後日談その2



『へー。じゃあ、うまくいったのね』

「うん! エリカさんのおかげだよ。ありがとう!」

『この借りは高くつくわよ』

「お、お手柔らかにお願いします・・・」

『冗談よ。それじゃ』


エリカさんとの電話を切ったわたしは、今日のことについて思い返していました。

会長、やっぱり逃げようとしたなあ。

あの時の会長、泣き叫んでたけど・・・。かわいかったなあ。

その後のしおらしくなった会長もかわいかったなあ。


でも、会長もそろそろ会長じゃなくなるんだよね。

いつまでも会長って呼び続けるのも変だし・・・。

そうだ、明日会長に提案してみよう。

杏さんって呼んでもいいですか? って。

ううん、やっぱり明日も楽しみです!



113:らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/03/04(日) 01:42:22.08 ID:w6jMaQ6XO

以上になります。
時系列的には、本編→後日談2→後日談1って感じになります。
あくまでも杏が主役なので、こんな順番にしてみました。
わかりにくいですね。

以上で完結となります。

それでは、また。



元スレ
【ガルパン】 杏「西住ちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519816381/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (17)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 03:36
          • 5 みほ杏いいゾ〜これ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 03:56
          • 5 最初トリップ見たときにいつパンツがどうだのハーレムがどうだの言い出すか警戒してたけど
            最初から最後まで中までたっぷり最高のみほ杏でした。逆転無罪!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 08:54
          • 発展だよ(みほ杏)
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 12:24
          • 制服の上からエプロンかけてぺたんこ座りからの両手で頬杖ついてニヤつきながら料理の感想待ちしてる会長想像してキュン死する
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 14:59
          • この作者の前作との落差がヤバい
            まともなみほ杏が書けるならまともなみほエリも書けよぉ!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 15:34
          • 5 いい百合を見れた
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 19:51
          • ガルパンだと百合になっちゃうのが勿体無いな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 19:52
          • 5 あ〜っ……ッ…ふーーーっ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 21:44
          • なんだよ……結構書けんじゃねぇか………
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 23:30
          • 5 百合設定を除けばキャラの描写がほぼ完璧でやばい・・・
            タイトル見て 夏目漱石「西住ちゃん」 がまた上がってると勘違いしましたごめんなさいごめんなさい
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 23:33
          • 劇場版っていうか最終章のネタバレもあったな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月05日 02:12
          • 干し芋がお好きだというのに秋がお嫌いとは、些かこれは妙な感じがしますねぇ。細かい事が気になってしまう、僕の悪い癖。ブリタニアン格言紅茶レディにちょっと意見を聞いてみましょうかねぇ。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月05日 23:23
          • 5 このやり取りなら、このキャラはこう動くだろうなという、想像通りなキャラ立てに大満足です。
            ただ、みほの相談相手がおケイさんかなーと予測してたのにエリカとは意外だった。

            また、別の百合話を書いてほしいです。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月08日 19:30
          • 5 濃厚なみほ杏はええぞ!ええぞ!
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月13日 06:10
          • ウヤムヤになったが最初の角谷杏のやり方は遺恨が残っても不思議ではない。フジキリオの同人誌だと、その辺り、生々しい作品となっている。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月07日 18:44
          • 5
            キャラクターの再現が上手い。
            杏と みほの会話がドラマCDのように脳内再生された。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月12日 16:28
          • いいじゃんいいじゃん

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 女「はじめてレンタル彼氏利用しちゃった…」どきどき
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ