TOP

【モバマス】栗原ネネ「い、妹になってもいいですか?」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:18:46.12 ID:Fsr4N/GuO

ある日の事務所


亜季「おめでたいことでありますなぁ」

星花「おめでたいですわね」

P「どうしたんだふたりとも。めでたいめでたいって」

亜季「ああ、P殿。もちろん、あのことであります!」

星花「おめでたです!」

亜季「星花殿星花殿、その言い方は若干誤解を招くのでよしたほうが」

星花「?」

亜季「……まあ、いいであります。我々が話していたのは、ネネ殿の妹さんことしーちゃん殿のことでありますよ」

星花「先日、お医者様から健康だとお墨付きをもらえたそうで……本当に、ほっといたしましたわ」

P「そのことか。俺も安心したよ。ネネからたびたび話は聞いていて、早くよくなってほしいと思っていたから」

亜季「私も、一度も本人に会ったことがないのに、思わず涙がこぼれそうになってしまって」

星花「きっと、お姉さんの人徳ですわ。ネネさんが頑張っている姿を、誰もが知っていましたから」

P「そうだな。事務所を挙げて、盛大に祝ってあげたいところだ」

星花「まあ! パーティーですわね!」

亜季「名案でありますな!」



2: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:20:29.20 ID:Fsr4N/GuO

P「確かこの前、ネネが妹に事務所を見学させたいって言っていたんだ。その時に祝うのはどうだろう」

亜季「それなら主賓も招けて文句なしですな!」

星花「資金面のバックアップはお任せください! しーちゃんさんに幸せなひとときをお届けすることを約束いたしますわ♪」

P「よし! じゃあまずはしーちゃんの好みを探るために探偵を雇おう」

星花「ラジャーですわ!」

亜季「いやラジャーじゃないですよ」

星花「はっ………イエッサー!」

亜季「返事の仕方じゃないであります! 探偵雇わなくても普通にネネ殿に聞けばいいじゃないですか!」

P「はは、冗談だよ」

星花「ジョークですわ♪」

亜季「まったく……おふたりの発言、どこまでが本気かわからない時がありますな」

亜季「気を取り直して、お祝いパーティーの計画を練りましょう」

星花「イエスマム、ですわ♪」





3: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:21:33.06 ID:Fsr4N/GuO

ネネ「おはようございます!」ガチャリ




P「しーちゃん! しーちゃん!」

亜季「しーちゃん! しーちゃん!」

星花「しーちゃん! しーちゃん!」 



ネネ「………」

ネネ「???」


P「おっ、ネネ! どうだこれ、なかなかいい感じじゃないか?」

ネネ「え? あの……なんですか、これ?」

亜季「しーちゃん快復記念の胴上げの練習であります」

星花「名づけて、しーちゃん祭り! ですわ♪」

亜季「3人の息もあってきましたし、次はネネ殿も加えて4人のフォーメーションで」

ネネ「まってちがう」







4: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:22:31.62 ID:Fsr4N/GuO

ネネ「なるほど、そういうことでしたか……」

ネネ「お気持ちはとてもありがたいんですけど……いきなり胴上げは、さすがに妹の心臓に悪いと思うので……」

星花「確かに、初対面の方々にいきなり胴上げされるのはびっくりしてしまいますわね」

亜季「それで体調を崩してしまっては本末転倒……取りやめですな、これは」

P「となると、パーティーは他の方法で盛り上げていく必要があるな」

ネネ「パーティーのほうも、そんなに盛大にしていただかなくても……あくまで、いつもの事務所を見せてあげたいので」

亜季「いつもの事務所?」

ネネ「はい。あの子、自分のために私が無理をしているんじゃないかって思っているみたいなので」

ネネ「そんなことないよって、教えてあげたいんです。毎日たくさんのお友達に囲まれて、お姉ちゃんは楽しくやっているんだよって。楽しくて楽しくて仕方ないから、無理なんてしてないよって」

ネネ「だから……皆さんには、いつも通りでいてほしいんです。いつも通りの、優しくて頼れて、一緒にいて安心できる皆さんのままで」

ネネ「……なんて、あはは」

P「………」

亜季「………」

星花「………」

ネネ「あ、あれ? どうしたんですか、皆さん。お気を悪くさせてしまったのなら、ごめ――」

P「ぐすっ……うおおお」

ネネ「えっ泣いてる!?」

亜季「うう……歳をとると涙腺が緩くなって……」グスグス

星花「わたくしたち、ネネさんのお気持ちを考えずに勝手に盛り上がってしまって……浮かれポンチでしたわ……」シクシク

ネネ「い、いえいえそんな! さっきも言いましたけどお気持ちは本当にうれしくてですね。むしろ私のほうがワガママなんじゃないかって」

亜季「こうなったらネネ殿を胴上げしましょう!」

ネネ「ふぇっこっち!?」

P「ネーネ! ネーネ!」

星花「ネーネ! ネーネ!」

ネネ「あ、あわわわ……は、恥ずかしいですよぅ」カアァ



5: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:24:44.61 ID:Fsr4N/GuO

P「落ち着いた」ツヤツヤ

星花「落ち着きましたわ」ツヤツヤ

亜季「落ち着きましたな」ツヤツヤ

ネネ「………」プルプル

ネネ「私、もうお嫁にいけません……」

P「俺がもらうから大丈夫だよ」

亜季「P殿、それギルティ」

P「ダメか」

星花「あと一年経たないと年齢的にアウトですわね」

亜季「いや時間的な問題だけじゃなくて」

ネネ「えと……わ、私は、待てますよ?」

亜季「あれ、おかしいのは私? ひょっとして私が間違っているのでありますか?」

P「とりあえず、さっきの胴上げのお詫びにネネの言うことをひとつ聞こう」

ネネ「そんな、悪いですよ」

星花「ご遠慮なさらず。わたくしたち、普段からネネさんにはお世話になっていますから」

ネネ「……そうですか?」

星花「はい♪ なんでも言ってください♪」

ネネ「本当に、なんでもいいんですか?」

P「うん」

ネネ「それなら……」スゥーッ



ネネ「わ、私を……妹にしてくれませんかっ?」


亜季「妹?」

星花「妹?」

P「結婚できなくなるぞ」

亜季「今度こそギルティでは?」





6: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:25:50.36 ID:Fsr4N/GuO

ネネ「この前、妹に言われたんです。『私もしたいことをできるようになったから、お姉ちゃんもなんでもしていいんだよ』って」

P「栗原姉妹尊い」

星花「尊いですわ……」

ネネ「あ、あはは……それで、したいことを考えてみたんですけど。ひとつ、思いついたことがあって」

亜季「それが、妹になることでありますか」

ネネ「べつに、お姉ちゃんがイヤってわけじゃないんですよ? ただ、妹になるってどんな感じなのかなって……一度でいいから、体験してみたいと思ったんです」

ネネ「あの子も元気になったし……そのくらいのワガママは、いいのかなって」

P「いいに決まってるじゃないか」

星花「ワガママのうちにも入りませんわ。わたくし、いつでもお姉さんになれますから」

亜季「右に同じく! 年上を頼るのは、悪いことではないでありますよ」

ネネ「皆さん……ありがとうございます!」

ネネ「では早速……まずは、呼び方から変えた方がいいですかね」

P「そうだな。形から入るのはいいことだ」

ネネ「ええと……プロデューサーさんのことは……」

ネネ「……お兄ちゃん?」

P「かはっ!!」

ネネ「ええっ、お兄ちゃんどうしたの!?」

P「がはっ!!!」

亜季「ネネ殿やめるであります! 突如お兄ちゃん呼びされたことによりネネニウムの過剰摂取が起きているので!」

ネネ「なんですかそれ! どうしてお兄ちゃんは胸をおさえてうずくまっているんですか!?」

P「がはぁっ!!!!」

星花「ネネニウム……わたくしたちヘルシーサバイブの中で生まれた単語ですわ。摂取すると健康になれると噂の物質です」

ネネ「私もヘルシーサバイブの一員なんですけど……あと、どう見てもこれは健康になっているようには見えないんですけど」

亜季「まあ、どんな物質でも過剰に採りすぎると身体に毒なのは同じでありますよ」

ネネ「そういうものでしょうか……」




7: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:26:56.83 ID:Fsr4N/GuO

星花「P様は限界のようですし、ここは実際に妹がいるわたくしが頑張ります♪」

亜季「星花殿はリアルお姉ちゃんでありましたな。それならダメージは少ないはず」

ネネ「……星花、お姉ちゃん? えへ、なんだか照れちゃいますね」

星花「あっっっっっっ」

亜季「星花殿ーーー!!」

ネネ「……あの。そんなにですか? 私が妹になることって」

亜季「普段のお姉ちゃん属性が非常に強いですから……それが反転して妹になると、それはもう恐ろしいギャップ萌えを生み出すのであります。キル性能高い」

星花「ごめんなさい……わたくしに力が足りないばかりに」ガクッ

亜季「仕方がない。ここは日々身体を鍛えている私がやるしかないようでありますな」

ネネ「身体を鍛えていることって関係あるのかな……」

亜季「さあ! 私の大胸筋に飛び込むであります!」

ネネ「は、はいっ。こほんっ」



8: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:28:13.28 ID:Fsr4N/GuO

ネネ「亜季お姉ちゃんっ! ……お願い、聞いてくれる?」

亜季「んっ……ネネ殿、だんだん妹であることに慣れてきていますな……」

ネネ「大丈夫? お姉ちゃん」

亜季「ははは、このくらい平気でありますよ! それで、お願いとはいったい?」

ネネ「えっと……くっついても、いい?」

亜季「もちろんもちろん! さ、どうぞ」

ネネ「じゃあ、遠慮なく……えいっ」ポフッ

亜季「!」

ネネ「ふふっ。お姉ちゃんの身体、あったかいね」

亜季(え、待って待って想像以上。身体的スキンシップ入ると破壊力が段違いだ……)

ネネ「……亜季お姉ちゃん? どうしたの?」キョトン

亜季「えっ? あ、大丈夫大丈夫! お姉ちゃんがちゃーんと受け止めてあげますよ」

ネネ「よかった……なんだか、こうしていると安心するね。お姉ちゃんのあたたかさが、伝わってくるからかな?」

亜季「ごふっ」

亜季(ね、ネネ殿。まさか、普段お姉ちゃんが板につきすぎているだけで……こっち方面もイケるクチなのでは)

亜季(いやしかし、私はヘルシーサバイブ最後の希望! 倒れていったP殿と星花殿のぶんまで、私が立ち上がらなければ!)

亜季「なぜならそれが! チームを背負うものとしての責任だからだ!」

ネネ「?」

亜季「よし! 次は膝枕してあげましょう!」

ネネ「えっ、いいの?」

亜季「なんでも! こいっ!」

ネネ「……じゃあ、今日はとことん甘えてもいい?」

亜季「オッケー!」

ネネ「ふふっ。ありがとう、お姉ちゃん♪」

亜季「あっっっ上目遣い……いや、私は屈しない……!」





9: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:29:15.14 ID:Fsr4N/GuO

夕方


P「で、結局亜季はノックアウトされたわけか」

亜季「ぐふふ……亜季お姉ちゃんに任せるであります……」

ネネ「すみません、私のせいで……星花さんもまだ戻ってきませんし」

星花「すぅ」

P「あれは普通に寝てるだけじゃないか?」

ネネ「あれ?」




P「しかし、ネネを妹にするとこれだけすごいことになるとはなぁ」

ネネ「悪いことをしてしまいました」

P「そんなことないよ。俺達も、次は意識を失わないように頑張るから」

P「だからネネは、妹さんに言われたように、したいことをすればいいんだ」

ネネ「したいこと……ですか」

P「そうだ」



10: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:29:54.82 ID:Fsr4N/GuO

P「……改めて確認するけど。アイドル、続けたいと思っているんだな?」

ネネ「………はい。もともと、あの子のために始めたアイドルでしたけど……今は、私自身のためにも、続けたいと思っています」

P「どうして?」

ネネ「これまで、たくさんの人に幸せと笑顔をもらってきました。レッスンがうまくいかなかったときは励ましてもらったり、疲れているときはごはんに連れて行ってもらったり。一緒に雑誌を読んで、笑いあったり」

ネネ「もしかしたら、その幸せはどこにでもあるようなものだよって言う人もいるかもしれません。でも、それがどれだけ大切なものか、私は知っています」

ネネ「だから、今度は私がそれを伝える番です。みんなに、笑顔と幸せを届けたい……そのために、私はアイドルをやりたいんです」

ネネ「……ダメ、でしょうか?」

P「ダメなわけないだろう。十二分に立派な理由だ」

P「改めて、これからもよろしく。一緒にみんなを笑顔にしていこう」

ネネ「はいっ! よろしくお願いしますね、Pさん」




11: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:30:39.65 ID:Fsr4N/GuO

ネネ「でも……ひとつだけ、ワガママな注文です」

P「ん、なんだ?」

ネネ「一緒にみんなを笑顔にするって言いましたけど……私は、あなたの笑顔も見たいんですよ?」

ネネ「もともとよく笑う人ですけど……もっともっと、いろんな笑顔を見せてほしいんです」

ネネ「そしていつか、私だけが知っている笑顔を見せてほしいな……なんて」

P「ネネ……」

ネネ「えへへ……私、変なこと言っちゃってますね。おかしいな……こんなこと、Pさん以外には思ったりしないのに」

P「……変なことじゃないさ。むしろ、そう言ってもらえて光栄だ」

ネネ「そうなんですか?」

P「ああ」

ネネ「それなら……よかった、のかな」

P「ははっ」

ネネ「ふふっ♪」








亜季(これ、いつまで気絶してるフリすればいいんだろう……)

星花(困りましたわね……)




おしまい



12: ◆C2VTzcV58A 2018/02/25(日) 16:35:02.31 ID:Fsr4N/GuO

おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
ネネさんのSSR、エモすぎてヤバいのでヤバいです

過去作

モバP「なっちゃんとバレンタインとカコネイター」 

二宮飛鳥「ならばこの想いは、恋ではなく」

などもよろしくお願いします



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 16:36:42.71 ID:18jR6hSFo

亜季はリアル姉では?



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 16:41:30.42 ID:p42tgwuf0

おっつおっつ

>>13
亜季に関しては確定してなかったはず
(言及はあるけど元ネタ有りのセリフなので単なるネタの可能性も)



元スレ
栗原ネネ「い、妹になってもいいですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519543126/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月25日 18:45
          • 5 ギルティ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月25日 19:06
          • 一年といわず、種付けならお兄ちゃんが済ませちゃうぞ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月25日 22:24
          • 俺はタネタネの実を食べた全身タネ人間、お前らまとめて種付けしてやる。奥義、ザ●メン世界!!
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月25日 22:57
          • デレ始めて1年経とうとしてるがネネさんだけ来てくれんのよね😔
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月26日 01:23
          • 妹にもなれて姉にもなれる、これはもう今井加奈不要説
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月26日 04:02
          • 妹ちゃんの名前シオン説ほんとすき
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月26日 20:46
          • 軍曹がツッコミ役とは珍しい。
            ところで軍曹妹いなかったっけ?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月04日 03:28
          • 軍曹の語彙力時々残念になるのすき

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 地縛霊っ娘「出てってよ! 私の家から出てって!」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • オビ=ワン・ケノービ「乃木坂46?」
        • オビ=ワン・ケノービ「乃木坂46?」
        • オビ・ワン・ケノービ「AKB48?」
        • オビ・ワン・ケノービ「AKB48?」
        • 【モバマス】鷺沢文香「SS的な、余りにSS的な」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ