TOP

【モバマス】茜「藍子ちゃんを!」未央「追跡しようっ」藍子「~~~♪」

1: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:41:12.03 ID:qUjYKv1r0


未央「次の交差点を右だよ」

茜「確認しました!」

藍子「~~~~♪」テクテク

未央「あーちゃんの気分が良さそうだねー」

茜「心なしか足取りも弾むようです!」

藍子「~~~~♪」テクテク

未央「やっぱりこのあとデートかな」

茜「で…で、でで!? デートですか!?」

未央「あーちゃんだって女の子だもん。彼氏の一人や二人くらい」

茜「二人はまずいですよ!?」

未央「それにさっきの断り方見てたでしょ?」

茜「さっきの?」

未央「ほら、さっき三人で話してたときにさ」

茜「あっ! 思い出しました!」



2: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:41:48.91 ID:qUjYKv1r0


茜「はぐはぐはぐっ!!!」

未央「あかねちんの食べっぷりはすごいなー」

藍子「見てるだけでお腹いっぱいになっちゃいますね」

茜「はぐはぐはぐっ!!!」

未央「出来立てのカツ丼って熱いはずなのに火傷する気配もないし」

藍子「茜ちゃん、そんなに急いで食べてたらご飯が喉に詰まっちゃいますよ?」

茜「はぐはぐっ! うぐぅっ!?」

未央「言ったそばから……」

藍子「もう~。はいっ、お茶どうぞっ」

茜「けほっ、けほっ。……ごくごく」

未央「大丈夫?」

茜「ぷはぁ! ありがどうございます!」

藍子「あんまり急いで食べちゃダメですよ?」

未央「それで病院送りってのも悲しいからね」

茜「すみません! ご飯が美味しかったので止まらなくて!」

藍子「気持ちはわかりますけど……」

茜「藍子ちゃんもおかわりしませんか!」

藍子「私はこれだけで大丈夫です」

茜「そうですか!」



3: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:42:26.30 ID:qUjYKv1r0


茜「美味しかったですね! カツ丼!!」

未央「いったい何を思い出したのさ……」

茜「おかわりを断った話では?」

未央「おかわり断ったくらいで尾行されたら友情が簡単に崩壊するよ」

茜「そもそも尾行することはいいんですか?」

未央「………………」

茜「……未央ちゃん」

未央「……ま、まあ! そこは置いといてだね!」

茜「未央ちゃん……」

未央「そんな目で見るなぁ! それよりも問題はあーちゃんなんだよ! さっき事務所で話してたときにさ……」



4: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:42:57.29 ID:qUjYKv1r0


未央「あーちゃん、あかねちん! このあと遊びに行かない?」

茜「いいですよ!」

藍子「遊びにですか? えっと、私はちょっと……」

未央「およ? あーちゃん用事ある感じ?」

藍子「用事というほど重要なことじゃないですけど、ちょっとこの後は……」

茜「そうですか! 残念です!」

未央「ふーん……?」

藍子「せっかく誘ってくれたのに、未央ちゃんごめんね? あかねちゃんも」

茜「いえ、大丈夫ですよ!」

未央「まっ、先約があるならしょうがないもんね! また今度遊ぼーっ」

藍子「はいっ。……それでは私は先に上がらせていただきますね」

茜「お疲れさまでした!」

未央「お疲れさまー」

藍子「お疲れ様でした。また明日っ」

未央「………………」

茜「未央ちゃん?」

未央「……怪しい」



5: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:43:23.45 ID:qUjYKv1r0


未央「ということがあったんだけど思い出した?」

茜「思い出しましたよ! でも、藍子ちゃんにだって用事くらいあると思いますけど」

未央「それはそうなんだけどね、あーちゃんには普段と違った点があったんだよ!」

茜「な、なんと!?」

未央「わかるかね、あかねちん」

茜「藍子ちゃんの普段と違ったところ? ……んー、はっ!!!」

未央「おっ」

茜「カツ丼をおかわりしなかったことでしょうか!」

未央「だからお昼ご飯は忘れてよ。というかあーちゃんはいつもおかわりしないよ?」

茜「そういえばそうでしたね!」

未央「どうしてそう思ったのか」

茜「でも、改めて考えてみてもおかしいところなんてないのでは?」

未央「そう思うんだけどね、あーちゃんって用事があるときはハッキリと口にするんだよ」

茜「???」



6: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:43:53.38 ID:qUjYKv1r0


未央「つまり、「お母さんと用事が~」とか、「課題がたくさんあって~」みたいにちゃんと理由を言うの」

茜「……言われてみれば確かに!」

未央「だけどさっきは言葉を濁すばかりで何も言わなかった! これが意味することは……」

茜「私たちに言えない予定があると!」

未央「そうなのだよ!」

茜「さすが未央ちゃんですね!」

未央「ふっふっふー。これであーちゃんが彼氏とデートしていたらスクープになってしまう!」

茜「バレるのは避けなければいけませんが、プライベートなことなので私たちには……」

未央「まっ、そうなんだけどね。ほんとにデートならそのまま遊びに行こっか」

茜「そうですね! しかし未央ちゃん」

未央「ん?」

茜「藍子ちゃんを見失いました!」

未央「はっ!?」

茜「思い出すのに必死で藍子ちゃんの姿を追っていませんでしたね!」

未央「すぐに辺りを探そう! あーちゃんはゆっくり歩くからそんなに遠くに行ってないはず!」

茜「わかりました!!」



7: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:44:33.45 ID:qUjYKv1r0


藍子「ふぅ。今日は暖かいから歩いたけど、ちょっと遠かったかな……」

藍子「それに、さっきの未央ちゃんのお誘い。断るんじゃなくて一緒に行かないか誘った方が良かったのかな?」

藍子「うぅ~。でもまだ独り占めしたい気持ちが……」

男「あの」

藍子「どうしようかな……」

男「あのー?」

藍子「……はい?」

男「アイドルの高森藍子さんですよね。僕、ずっと藍子ちゃ……高森さんのファンで」

藍子「……わぁーっ。ありがとうございますっ」

男「握手していただいてもいいですか?」

藍子「それくらいならもちろんですっ。それにしても、街中で声をかけられるのって久しぶりですねー」

男「そうなんですか?」

藍子「そうなんです。なんでかなー?」

男「やっぱり緊張しちゃうんですかね」

藍子「そうなのかもしれません。あなたは緊張してないみたいですね」

男「いえ、もちろん緊張しました! というか今も心臓バクバクです!」

藍子「そんなに緊張しないでください。っていうのも難しいかな?」

男「難しいですね。やっぱりただのファンなので」

藍子「またイベントか何かあればお話する機会はあるので慣れていきましょうっ」

男「はい! いまさらなんですけど、時間大丈夫でしたか?」

藍子「あっ、そうでした。ではこの辺りで」

男「ありがとうございました」

藍子「こちらこそ。今後も応援よろしくお願いしますっ」



8: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:45:16.38 ID:qUjYKv1r0


茜「あっ! 見つけましたよ!!」

未央「おっ、どこどこ?」

茜「はっ!? あわわわ///」

未央「ん? あーちゃんと男の子?」

茜「藍子ちゃんと手を繋いでますよ!?」

未央「そうみたいですなー。優しそうな好青年。あれがあーちゃんの彼氏かー」

茜「あ、藍子ちゃんに彼氏が!!!」

未央「あれ、でもなんか二人ともぺこぺこしてるね」

茜「お辞儀でしょうか! 私は男の子と親しくないのであまり分かりませんが、あれが普通なんですかね?」

未央「いやいや、どう見たってお辞儀してるよ。というか手繋いでるっていうより握手だね、あれ」

茜「はっ! そう見えないことも」

未央「今思えば何で彼氏に見えたのかわかんないけど、普通にアイドルとファンの図だ」

茜「藍子ちゃん変装してないですからね!」

未央「それを言ったら私たちもだけど」

茜「………………」

未央「………………」

茜「帽子とメガネくらいしておきましょうか!」

未央「今さらだけどそうだね。端から見たらめっちゃ怪しいことしてるわけだし」

茜「あっ! 藍子ちゃんが歩きましたよ!」

未央「そりゃあーちゃんだって歩くよ。けど、もう事務所出てから結構歩いてるよね」

茜「三十分くらいでしょうか!」

未央「家とも方向が違うし、あてもなく散歩?」

茜「それくらいで断りますかね?」

未央「断らないと思うなー。どこか目的地があるのか」

茜「もうしばらく追いかけて見ましょうか!」

未央「そうだね!」



9: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:45:42.79 ID:qUjYKv1r0


数分後


茜「藍子ちゃんが建物の前で止まりましたよ!」

未央「おおー! ちょっと遠くてお店の名前がわかんないね。あかねちん読める?」

茜「読めません! けど、藍子ちゃんのそばに大きく珈琲って書かれた看板があります!」

未央「ほんとだ。えーっと、なんとか喫茶?」

茜「見事に藍子ちゃんと被って読めませんね!」

未央「でも目的地はこの喫茶店だったのかー」

茜「カフェなら一緒に行くこともよくありますが、予約でもしていたんでしょうか?」

未央「どうなんだろ?」

茜「中に入るみたいですよ!」

未央「じゃあちょっと近づいてみよっか」

茜「はい!」



10: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:46:14.14 ID:qUjYKv1r0


店員「いらっしゃいませー。あら、藍子ちゃんこんにちは」

藍子「こんにちはっ。また来ちゃいました」

店員「藍子ちゃんみたいな可愛い子なら毎日来てほしいくらいよ」

藍子「えへへっ、ありがとうございます。でも、私よりも可愛い子に会いたくて来てますからっ」

店員「あら、コーヒーは目当てにしてくれないの?」

藍子「そ、そういうわけで言ったんじゃ!?」

店員「ふふっ。わかってるわよ。適当にカウンターにでも座ってて」

藍子「はいっ」

店員「それにしても、そんなに気に入ってくれたの?」

藍子「とっても可愛かったですし、カフェにしては珍しかったですから」

店員「確かに他では聞かないわね。といっても、いつもお店にいるわけじゃないけど」

藍子「今日はどうですか?」

店員「すぐに連れてくるから待っててね。はい、カフェラテ淹れちゃったけどよかった?」

藍子「はいっ。大丈夫ですっ」

店員「じゃあ、それ飲んでちょっと待ってて」

藍子「はーい」



11: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:46:47.44 ID:qUjYKv1r0


茜「中がよく見えませんね!」

未央「店員さんと仲良さそうに何か話してるのはわかるけど」

茜「知り合いのお店なんでしょうか?」

未央「こればっかりはわかんないねー」

茜「とりあえず中に入ってみますか?」

未央「もうちょっとだけ待ってからにしよっか」

茜「わかりました!」

未央「それにしても店内はレトロな感じだけど、変わったものはないよね」

茜「そうですね! 看板にも特に何か書いてあるわけでもないですし!」

未央「見た目的には普通の喫茶店だよね」

茜「あっ! さっきの店員さんが戻ってきましたよ!」

未央「よーし、じゃあ頃合いを見て突入しよー!」

茜「おー!」



12: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:47:20.35 ID:qUjYKv1r0


店員「お待たせ」

藍子「はいっ。あっ、わぁーっ」

店員「目がキラキラね」

藍子「だってこの子たちとっても可愛いですからっ」

店員「まあそうね。でも、他のハムスターと特に変わったところはないけれど」

藍子「そんなことないですよっ。他のハムスターより可愛いですっ。ねぇ、太郎くん」

店員「そう言ってくれると嬉しいわ。あと、太郎なんて名前の子はいないわ」

藍子「えっ、太郎くんと次郎くんと三郎くんじゃないんですか?」

店員「藍子ちゃんが飼い主ならそう名付けるの?」

藍子「名付けないですね。あっ、太郎くんはつけるかも?」

店員「ちゃんとこの子たちにも名前があってね」

藍子「えへへ、可愛いなぁー」

店員「……聞いてないわね」

藍子「きみが太郎くんで、ちょっとカッコいいのが次郎くん、寒そうに潜ってるのが三郎くんかな?」

店員「そもそも名前が違うから全部ハズレね」

藍子「だーいすきなのはー、ひーまわりのたねー」

店員「太郎ってそこから取ったの?」



13: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:48:03.03 ID:qUjYKv1r0


カランカラン


店員「いらっしゃいませー」

茜「藍子ちゃん!!!」

未央「あーちゃん!」

店員「あら? あなたたち」

藍子「えへへぇ。…………あ」

未央「緩みっぱなしだった表情が一気に凍ったね」

茜「何も恥ずかしがる必要はないですよ!」

藍子「……えっと、今のは、そのー。……ふ、二人ともなんでここにっ!?」

未央「いやー、偶然あーちゃんを見つけて……」

茜「事務所からあとをつけてきました!」

未央「あかねちん!?」

藍子「あとをつけてって。……なんでですか!?」

茜「藍子ちゃんがいつもと違った感じがしたので!」

未央「あかねちんは何も気づいてなかったけどね。あーちゃんにしては不自然な断り方をしたなーって思って」

藍子「えぇ? そんなにおかしかったでしょうか?」

茜「はぐらかすように断ってましたので!」

未央「うん。あかねちんは気づいてなかったけどね。だからきっと彼氏とデートでもするのかと思って」

藍子「ええっ!? 彼氏なんていませんよ!?」

茜「彼氏の正体はとっても可愛いハムスターでした!」

未央「ねー。人間じゃなくてホッとしたね」



14: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:48:43.81 ID:qUjYKv1r0


藍子「いろいろとおかしい気もしますけど、わざわざ追いかけてくるなんて」

未央「それについてはごめんね」

茜「けど、カフェに来るとしてはおかしな断り方でしたね!」

未央「確かに」

藍子「それはー、私も二人を誘おうか迷ったんですけど……」

未央「あれ、そうだったんだ?」

藍子「けど、あまりにもこの子たちが可愛くてもうちょっと独り占めしたいなーって」

茜「………」

未央「………」

藍子「近いうちにみんなで来ようと思ってたんですよ?」

茜「……藍子ちゃん、とっても可愛いですねぇ~!!!」

未央「うんうん! こんな可愛い子見たことないよ!」

藍子「ええっ!? なんで私なんですか!?」

未央「さっきのデレデレな顔見たら納得だよ」

茜「ハムスターも可愛いですが、それを見てる藍子ちゃんも同じくらい可愛いですよ!」

藍子「や、やめてよっ」

未央「あーちゃん可愛いー」

茜「藍子ちゃん可愛いです!」

店員「藍子ちゃんは可愛いわね」

藍子「も、もうっ。みんなしてやめてくださいっ」



15: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:49:10.71 ID:qUjYKv1r0


店員「さて、良かったら二人もゆっくりしていって? これでも一応お店だから」

未央「はい。ありがとうございまーす」

茜「ゆっくりしていきます!」

店員「何飲む? はい、メニュー」

藍子「未央ちゃんと茜ちゃんなんてお水で十分ですっ」

茜「ホットミルクで!」

未央「私はココアにしようかなー」

店員「はーい、すぐに淹れるわね」

藍子「むぅー」

茜「拗ねないでください藍子ちゃん!」

未央「ほら、目の前に可愛いハムスターたちがいるぞー」

藍子「むぅーむぅー」



16: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:49:48.38 ID:qUjYKv1r0


茜「この子なんて寒そうに潜っていますよ! 暖かくなりましょー! あっ、出てきましたよ!」

未央「こっちの子もとっても可愛く……ないよ!? なんでこんな歴戦の戦士みたいに鋭い目してるの!?」

藍子「……ぷっ」

茜「わぁー! もぞもぞと私に寄ってきてます!」

未央「なんか睨み付けられてるんだけど……。あーちゃん助けて?」

藍子「次郎くんも三郎くんも二人のこと気に入ったんですよ」

茜「ありがとうございます! 私のそばはそんなに暖かいですか!」

未央「これで気に入られたの? 親の敵みたいな目向けられてるんだけど」

藍子「まだ私にはそんなに打ち解けてもらってないのが悲しいです」

未央「そうなの? ……めっちゃこの世の終わりみたいな顔してるよ?」

茜「寝るときはちゃんと布団に入らなきゃダメですよ! 風邪を引いてしまいます!」

藍子「ねぇ、太郎くん。どうしたら次郎くんと仲良くなれますか?」

未央「そんなときは友情番長の未央ちゃんにお任せ! さぁ、次郎! キミもあーちゃんと仲良くなりたいんだろう?」

茜「三郎くんも藍子ちゃんと仲良くなりましょう! 藍子ちゃんといると心がぽかぽかしますよ!」

藍子「二人とも。……よし、今日は次郎くんと三郎くんとお友だちになりますっ」

未央「次郎! その熱いパッションをあーちゃんに届けるのだ!」

茜「三郎くんも内に秘めたパッションを解放するときです!」

藍子「次郎くん、三郎くん。私とお友だちになりましょうっ」

店員「なにこの子芝居?」



17: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:50:30.68 ID:qUjYKv1r0


藍子「今日はありがとうございましたっ」

茜「飲み物も美味しかったです!」

未央「また今度来ますね!」

店員「いつでも待ってるよー」




藍子「なんとか次郎くんと三郎くんとお友だちになれたかな?」

茜「なれたはずです!」

未央「三郎くんとはなれたよね。でも次郎は肝心なところでヘタレだったからなー」

藍子「誰に似たんでしょうか?」

未央「あの子たちの親となると、店員さんか!」

茜「怒られますよ!」

藍子「今度来たとき話しておきますねっ」

未央「ちょっと!? それは勘弁して!?」

茜「誰に似てるかと言えば未央ちゃんに似てるかと!」

藍子「ふふっ。そうですねっ」

未央「なんで!? 私ヘタレじゃないよ!?」

茜「肝心なときのあと一歩が踏み出せないのがそっくりです!」

藍子「そうですねー。もっと自信を持つといいですよっ」

未央「もー! 二人してなんなのさー!」

茜「藍子ちゃん! 走って逃げましょう!」

藍子「ラジャーっ」

未央「ちょっ! 二人とも待てー!」



18: ◆Rj0X.392Pk 2018/02/23(金) 20:54:00.45 ID:qUjYKv1r0


終わりです。

なんとなく思い付きで書いてみましたが、調べてみるとハムスターカフェってないそうですね。

どうやら彼らは夜行性らしいです。

可愛いのに残念……。

それでは、読んでいただきありがとうございました。




以前書いたもの

未央「あかねちんの」藍子「乙女会議」茜「チョコ編!」



元スレ
【モバマス】茜「藍子ちゃんを!」未央「追跡しようっ」藍子「~~~♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519386071/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月23日 22:26
          • お散歩中に声を掛ける大馬鹿者は存在しないのでは?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月23日 22:26
          • ポジパをとっととハメ太郎
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月23日 22:32
          • お●んぽカメラ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月23日 22:54
          • とっとこ走るよ~藍子~
            欲しいのは~胸! 胸! 胸えぇぇ!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月23日 23:26
          • 藍子の胸だとぉ?

            そんなものは無ぇ!とっとと帰れ!!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月23日 23:32
          • 作者実はポジパ知らないだろ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月24日 00:24
          • くしくしくし・・・へけっ♪
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月24日 00:56
          • 藍子ちゃん会議の時間だぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月24日 02:17
          • 藍子は俺(本名:公星)の事が好きって事だな、けど俺は本田の方が好きだからゴメンな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月24日 02:34
          • 動物飼いたいけど病気が怖い
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月24日 04:15
          • ※1
            変装しないで散歩している時は声をかけないのがあーちゃんファンのルールではないのか?

            まああーちゃん派も一枚岩ではないからな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月24日 12:38
          • 隠し事をしている友達の後をつける友情番長()
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月24日 18:00
          • ※1、11
            新参だったてことだろ
            これから本格的なファンになってファンサイト巡回し始めてやっと暗黙のルールを知るのだ
            …逆にそこそこのファンだから握手できたわけで、本気のファンならあんな冷静でいられんわ!
            絶対キョドる自信あるしっ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月25日 09:15
          • ※12
            常に確認しないと不安なんだろうね

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 地縛霊っ娘「出てってよ! 私の家から出てって!」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • オビ=ワン・ケノービ「乃木坂46?」
        • オビ=ワン・ケノービ「乃木坂46?」
        • オビ・ワン・ケノービ「AKB48?」
        • オビ・ワン・ケノービ「AKB48?」
        • 【モバマス】鷺沢文香「SS的な、余りにSS的な」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ