TOP

少年エルフ「誘拐されちゃった」 後編

1: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:23:12.86 ID:hpiwAIDo0

※注意、このSSは以下の成分で構成されています

台本形式、ご都合主義、ショタ・ファザコン、残念な描写力、

前篇 少年エルフ「誘拐されちゃった」 前編 の続きです

嫌悪感を感じるかたはブラウザの戻るボタンでお戻り下さい。



2: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:26:33.17 ID:hpiwAIDo0

○これまでの登場人物

少年エルフ:ハーフエルフ60歳児 喫茶店店主、山で託された人間の娘を育てパパとなる。 魔法を封じられて盗賊にさらわれた。

娘:16歳 少年エルフに育てられた人間の娘、才色兼備で男女問わずモテるがファザコン。 パパを害するものには容赦はない。

娘友:16歳 商人の娘、お調子者で娘や少年エルフをからかうのが趣味。 メタ発言も可能な欲望に素直な子、メガネ属性だった。

シノビ(メガネ女子):盗賊にさらわれそうになっていた女の子、少年エルフと一緒にさらわれてきたが……。

女騎士:休日出勤して城下で誰かを探している、三十路。



3: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:27:10.56 ID:hpiwAIDo0

○前篇のあらすじ

なんやかんやあって王都にやってきた少年エルフは娘達の買い物を待つ間に誘拐現場を目撃。

助けようとするが魔法を封じられて一緒にさらわれてしまった!



4: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:28:03.74 ID:hpiwAIDo0

○盗賊のアジト・窓のない部屋

メガネ女子「おぬし、怪我は無いか? わらわが巻き込んだようで済まないのう」

少年エルフ「え!! あ、さっきの」

暗がりにメガネ女子が木箱に座っていた。 少年エルフ同様に手は縛られている。

メガネ女子「驚かせたかの。 ……おや、その耳。 もしかしてエルフ族か? まだ残っていたとは興味深い」

少年エルフ「うん、僕はハーフエルフのエルフといいます。 君は?」

メガネ女子「そうだの、わらわは。 今はおし、……うん、そうじゃな。 しのび、『シノビ』でいいのじゃ」

少年エルフ「シノビ? 珍しい名前だね。 シノビさん、ダイジョウブだからね。 僕がなんとかするから」エッヘン

シノビ「おや、わらわを助けるというのか? でも手が縛られてるのをどうするのだ?」

少年エルフ「あ……、えっとね。 こんなのこうして」ジタバタ

少年エルフはもがいている、しかし縄はほどけなかった。
少年エルフはもがいている、しかし縄はほどけなかった。
少年エルフはもがいている、しかし縄はほどけなかった。

少年エルフ「うぅ、もう少しでほどけそうだから。 まっててね」

シノビ「フフフ、なごむ、実になごむぞ。 頑張るのじゃ」

シノビは頬杖をついて木箱に腰かけている。

少年エルフ「うん、えい、うぬぬ。 ……あれ? シノビさん縄は?」

シノビ「さっきのはフリじゃ。 とっくに縄抜けしておいたわ」ヒラヒラ

少年エルフ「も、もう。 それなら早くいってよ。 ほら、ほどいてよ」

シノビは少年エルフを見つめて不敵に笑っている。



5: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:28:59.38 ID:hpiwAIDo0

少年エルフ「えっと、あの。 シノビさん」

シノビ「フフフ、ほどいてもよいが。 ただではのう?」

少年エルフ「え!? えっとね。 えっとね。 なにかできることならするけど……」

シノビ「まことか。 ではお主、わらわの弟になりゃれ」

少年エルフ「あの、それはちょっと」

シノビ「わらわは末っ子でのう。 常々弟か妹が欲しいと思っておったのじゃ」

少年エルフ「あの、僕はこれでも60歳なんだよ」

シノビ「なんと、そのナリで60か。 10ばかりにしか見えんのぅ」

少年エルフ「あぅ……(分かってるけどへこむなぁ) あのなにか別のもので」

シノビ「いやじゃ! わらわはお主のような弟が欲しいのじゃ、姉上みたいになりたいのじゃ!!」

少年エルフ「……あの、じゃあ。 今だけならいいよ」

シノビ「そうか! よし、こっちにきりゃれ」

シノビは少年エルフを抱きこんだ。

少年エルフ「え? ほどいてくれないの」

シノビ「ほどいてからじゃ逃げるかもしれんじゃろ」

少年エルフ「え、ちょっと。なに?」

シノビ「よーしよしよしよし」モフモフモフ

少年エルフ「うわわわわ」

シノビ「……ふむ、実に心地よいの。 お主の頭は撫でがいがあるぞ」モフリモフリ

少年エルフ「ぁ……(あったかい)」ぼー



6: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:29:55.40 ID:hpiwAIDo0

シノビ「ふむ、満足じゃ。 ほら、縄も解いたぞ。 礼は言わなくていいぞよ」

少年エルフの縄はほどかれた。

少年エルフ「え? あ、ホントだ。 その、あの。……ありがとう」カアァ

シノビ「言わなくていいといったではないか、ほんに」フフ

○アジトの廊下

ギイィ

シノビは扉の開錠に成功した。

少年エルフ「扉も開けれるんだね」

シノビ「これくらい淑女の嗜みじゃよ」

少年エルフ「そうなんだ(シュクジョってなんだろ? スゴイなぁ)」



7: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:30:35.06 ID:hpiwAIDo0



シノビ「あっちは盗賊どもがおった、他に出口はなさそうか?」

少年エルフ「うん、こっちも行き止まりだったよ」

シノビ「後はこの先だけじゃな」

テクテク

少年エルフ「盗賊の隠れ家にしては立派だね、お屋敷みたい」

シノビ「おそらく放置された貴族の館かなにかじゃろう、たしか旧市街にいくつかあったの」

少年エルフ「シノビさん、詳しいんだね。 王都の出身なの?」

シノビ「……まぁそうじゃな。 お主は?」

少年エルフ「僕は南の町」

シノビ「そうなのか? エルフ族だから大森林とかどこぞの山奥かと思うたが」

少年「叔母さんがその町に居たんだ、それまでは山に居たよ」

シノビ「叔母? 父上と母上は山におるのか?」



8: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:31:14.26 ID:hpiwAIDo0

少年エルフ「えっとね、父さんは死んじゃって、母さんもどこかにいっちゃったんだ。 それで父さんが叔母さんの世話になりなさいってね」

シノビ「……すまん、辛いことを言わせてしもうたか」

少年エルフ「気にしないでよもう30年近く前のことだから」

シノビ「寂しくはないのか?」

少年エルフ「今は娘が居るから寂しくないよ」

シノビ「娘とな?」

少年エルフ「うん、僕には娘っていう子供がいるんだ」

シノビ「ま、まことか!?」

少年エルフ「あの……まぁ血は繋がってはないから。 娘も事故でお母さんを亡くしてね、僕と叔母とで育てたんだ」

シノビ「そうか……驚かすでない。 もう嫁がいるのかと思ったぞ」

少年エルフ「お嫁さんなんて考えたこともないよ。 あ、扉だ」

シノビ「また同じ奴じゃな、こんなもの」カチャカチャ

ギイィ



9: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:31:56.08 ID:hpiwAIDo0

○子供の牢屋

シノビ「なんじゃここわ!?」

子供1「おねぇさんたち誰?」

子供2「出して、帰りたい!」

ザワザワ

子供たちが牢屋に閉じ込められている。

少年エルフ「なにこれ、みんなさらわれてきたの!?」

悪ガキ「オマエラ、アイツらの仲間じゃないな? 騒ぐな静かにしろ、奴らが来るぞ」

少年エルフ「君達も誘拐されたの?」

悪ガキ「まぁな、こいつは鍛冶屋の息子、あいつはおれと同じで親なしだ」

シノビ「なんと、この国でこのような、このような」わなわな

少年エルフ「僕達はあっちの部屋から抜け出してきたんだ」

悪ガキ「そうかい。 あんたらは、貴族かなにかかい? あの部屋は特別用さ。 俺らは売られるんだと」

シノビ「なんと! なんという非道!! 今すぐ出してやるぞ。 一緒に逃げるのじゃ!」ガチャガチャ

悪ガキ「やった、助かったぜ」



10: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:32:37.30 ID:hpiwAIDo0

盗賊A「うるさいぞ、何してる!?」

盗賊Aがあらわれた。

少年エルフ「しまった見つかった」

悪ガキ「みんなかかれ!」

子供たちが盗賊Aにとびかかる!?

盗賊A「ちょ!? オマエラどうやって、うわぁ」

盗賊Aをやっつけた。

シノビ「よし、コヤツは服を脱がして牢に放り込んでおくのじゃ」

少年エルフ「なんで脱がすの?」

シノビ「それはじゃな」



11: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:33:20.71 ID:hpiwAIDo0

○牢番の部屋

盗賊B「……(Aの奴遅いな)っと、やっと戻ってきたか。 どうだった?」

盗賊A「……どうもこうもないわ、この下郎目が!!」

盗賊Aはシノビだった。 シノビの蹴りが盗賊Bの鳩尾に決まる。

盗賊B「アッガイ!!」 盗賊Bは気絶した。

シノビ「こやつも牢に放り込め」

悪ガキ「あいよ」

少年エルフ「変装もできるんだね、すごいね」

シノビ「化けるのは淑女の必須スキルじゃ」

少年エルフ「シュクジョってイロイロできるんだね」

シノビ「さてと、これが鍵じゃな。 お主、これをもって他の子を連れて逃げい、兵隊に保護してもらうのじゃ」

少年エルフ「君はどうするの?」

シノビ「このような非道は許せぬ! それに買っておる外道もおるということじゃろ、それを調べるまでよ」

少年エルフ「僕も行くよ、子供をこんな目にあわせて許せない」

シノビ「そうか、お主もか。 ならばお主が皆を逃がしておくれ」

悪ガキ「俺か?」

シノビ「頼んだぞ」

悪ガキ「任せろ、兵隊を見つけたらすぐに戻ってきてやるよ」



12: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:34:14.50 ID:hpiwAIDo0

○盗賊のアジト2階の部屋

シノビ「ここじゃな、御用改めであーる」

ばたん

少年エルフ「ごようあら? 何?」

シノビ「一度行ってみたかったのじゃ。 さて、ここからお宝の匂いがするが」

少年エルフ「……(お宝の匂いって何?)あ、これなんだろ?」カパ

少年エルフは宝箱を開けた、金貨が詰まっていた。

シノビ「お宝じゃ! ビンゴじゃ!!」

少年エルフ「あの、人身売買の証拠を探すんじゃ?」

シノビ「そうだったの、ほれ多分これじゃな」

少年エルフ「あ、ホントだあった」

シノビは帳簿を手に入れた。

パラパラ

シノビ「なんとこんなにも居るのか!?」

少年エルフ「……こんな、ひどい」

シノビ「行くぞ、わらわ直々に天誅を下さねば気が収まらんわ」



13: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:34:52.22 ID:hpiwAIDo0

○大広間

大広間のテーブルで金色の派手な男と女盗賊が話している。

少年エルフ「あそこに居るよ、女盗賊以外にもだれかいるね」

シノビ「あれは、見たことがある。 金ピカ趣味の男爵じゃ、いやらしい奴じゃが、まさかあいつが取引をしておるのか?」



金ぴか男爵「どれ、新しいオンナがはいったとか?」

女盗賊「あぁ、あといいオマケもいてね。 エルフ族は知ってるか? その子供を捕まえた」

金ぴか男爵「本当か!? 本当なら希少だ、高く売れるだろう」

女盗賊「あと、他のガキの買い手はまだつかないのかい? こっちだって飯代がかかるんだよ」

金ぴか男爵「品のないのは買い手がなぁ……」



14: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:35:36.24 ID:hpiwAIDo0



シノビ「あの外道ども、もう許せぬ!!」バッ

少年エルフ「ちょっと!?」

シノビ「天誅!!」

シノビは手近にあった花瓶を投げつけた。

ガシャーン

金ぴか男爵「ズゴック!!」バタン

シノビ「貴様ら、この国で人を買うなどと言語道断。 わらわが成敗してくれるわ」

女盗賊「あんた!? どうやって逃げた!?」

金ぴか男爵「いたた、なんだ貴様。 モノ共であえ! であえ!」

ゾロゾロゾロゾロ

男爵の私兵が現れた。

シノビ「なんと!?」

少年エルフ「まずい、逃げるよ」



15: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:36:49.87 ID:hpiwAIDo0

◯中庭

シノビ「しまった、ここは中庭じゃ」

少年エルフ「魔法が封じられてなかったら。 そうだ、僕が囮になるから君は逃げて。 君だけなら逃げれるでしょ」

シノビ「お主、ほんに、いい奴じゃの。 ますますお主を気に入ったぞ。 ならばこそ、おぬしだけ残すなど出来ぬわ」

少年エルフ「でもこのままじゃ」

私兵A「いたぞ」

私兵B「おとなしくしろ」

少年エルフ達は囲まれてしまった。

シノビ「おのれ」



16: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:37:23.11 ID:hpiwAIDo0

???「"雷撃"」

ガラガラガシャーン

私兵達「「ベアッガイサーン!!」」ビリビリビリ

私兵達は気絶した。

シノビ「なんじゃ!?」

少年エルフ「この魔法、娘!?」

娘が屋根の上にあらわれ、少年エルフのもとへ飛び降りた。

娘「パパ! 怪我はない!? よかった」

少年エルフ「ごめん、心配かけたね。でも、どうやっってここを?」

娘「それは――」



17: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:37:54.79 ID:hpiwAIDo0

○数時間前、商人の宿屋

娘友「そういえばエルフさん、弟の服着てたよね、ちょっとまって」ガサガサ

娘友は懐中時計のようなものを取り出した。

娘友「よかったまだあったわ、動くかな?」カチ

ピコーンピコーン

娘「これって、もしかして」

娘友「そう、探知機よ。 あたしの誘拐騒動から兄弟の服に発信機を付けたの」

娘「じゃあ、この先に」

娘友「エルフさんがいるわけ」

娘「友、ありがとう。 恩に着るわ」



18: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:38:28.42 ID:hpiwAIDo0

○盗賊のアジト・中庭

娘「――というわけよ。 いま友が兵士を呼びにいってるわ」

少年エルフ「そうだったんだ」

シノビ「おぬしがエルフの子供なのか?」

娘「えぇ、エルフは私のパパよ。 あなたは?」

少年エルフ「この子はシノビさん、僕といっしょに逃げてきたんだよ」

娘「そうだったの、あなたも大丈夫? ……?? あなたどこかで会わなかったかしら?」

シノビ「いんや!? 知らんと思うが。 その、そんなことより今はあの女盗賊と男爵を捕まえるのが先じゃ、兵士が来るまで足止めせねば逃げられるぞ」

娘「そうね、あなたやパパにこんなことしたんですもの然るべき報いを与えないとね」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

少年エルフ「む、娘? こわいよ」

シノビ「おう頼もしいのう」



19: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:39:13.87 ID:hpiwAIDo0

女盗賊があらわれた。

女盗賊「なんだい、今の雷は? うわ、なんだいみんなやられちまったのかい」

娘「あなたが誘拐犯ね "電撃"」ピカッ

女盗賊「おおっと」

しかしかわされてしまった。

娘「な、よけた!?」

女盗賊「へぇ、珍しい魔法だね。でもつかえなきゃ意味ないよ"魔法封じ"」キュイン

娘は魔法が封じられた。



20: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:39:55.92 ID:hpiwAIDo0

娘「だったらこうよ!」

娘は剣を抜いて斬りかかる。

女盗賊「へぇ、剣でやるつもりかい?」

娘「見くびられちゃ困るわ」

ヒュンヒュン

女盗賊「それはこっちのセリフさ」ビュン

娘の攻撃、しかしかわされてしまった。

娘(早い!? なんて動き!?)

女盗賊「ほーら背中が、ガラあら空きだよ」

女盗賊は背中にナイフを投げつけた。



21: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:40:39.33 ID:hpiwAIDo0

カキン

シノビがナイフを弾いた。

シノビ「わらわも忘れられては困るのう」

女盗賊「ならば、これでも食らえ!」

女盗賊はシノビに激しく切りかかった!

シノビ「いやじゃな」シュ

飛びのいたシノビの影から娘が切りかかる。

ザシュ!!

女盗賊「ぐぅ!! 腕が」

娘「シノビさん助かったわ。 さて観念なさい、勝負あったわよ」

女盗賊「やるねぇ、人の分際で……」

シノビ「ぬ?」

女盗賊「まぁ、そろそろ試してみようかねこの力を」

女盗賊の体が大きく歪んでいく。

少年エルフ「気を付けて! この感じ、そいつ人間じゃない!!」



22: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:41:27.54 ID:hpiwAIDo0



シノビ「なんじゃ!? とら!?」

少年エルフ「いや、おっきい猫?」

娘「それで、あんな動きができたわけね」

女盗賊は大化猫だった。

大化猫「あんな動きにくい体よりずっと早いぞ、今度はな!」

ビュンビュンビュン!!

大化猫は高速で走り回る。

娘(……く、見きれない!?)

大化猫「シャア!」

シノビ「あぶないッ、きゃあああ!!」

化け猫の攻撃をシノビが防御したが吹き飛ばされた!

少年エルフ「シノビさん!」

シノビ「いつつ……なんて力じゃ、こんなの止めれぬ」



23: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:42:02.33 ID:hpiwAIDo0

大化猫「つぎはおまえだ」

ビュンビュンビュン!!

娘「……くっ」

化け猫の連続攻撃

ガギンガギン

娘「ぐっ、うぅ……(段違いに早い、それに重い)」

大化猫「いつまでもつかな? ほらほらほら」

少年エルフ(どうしよう、娘が危ない。 でも魔法が使えないのにどうすれば)

大化猫「ははは、こっちだよ」ザシュ

娘「くぅあ!」



24: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:43:02.73 ID:hpiwAIDo0

少年エルフ「娘!!……(魔法がなくたって僕はパパなんだ!)」

少年エルフは落ちていたホウキを掴んで殴りかかった

少年エルフ「やめろ、娘をいじめるな!」ブンブン

娘「パパ……」

大化猫「なんじゃそんなもの、鬱陶しいな」ぺシ

少年エルフ「うわ!?」

少年エルフは軽くあしらわれた。

大化猫「あんたはレアモノだからね、おとなしてな。 ただしあんた達は死んで貰おうかね勿体無いけどコレを見られちゃあね」

少年エルフ「やめろやめろー」ぺしぺし

大化猫「うざったいな、もう」チラチラ

娘「はぁ!」シュ

娘の攻撃。

大化猫「痛ぁあ!? まだそんな力があったか、死ねぇ!」



25: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:43:48.80 ID:hpiwAIDo0

少年エルフ「このっこのっ!!」フリフリ

大化猫「だから、いい加減にしろって」チラチラ

シノビ「あれは、もしかすると…・・・」

娘「……パパ、そのままホウキを振りながら走って」

少年エルフ「え? うん。 わかった」フリフリ

大化猫「なにをバカな、あんなものでつれるとでも思うのかオマエラ。 引き裂いてくれる!」

大化猫は爪を振り上げた。



26: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:44:18.75 ID:hpiwAIDo0

娘「……くっ!」

シノビ「……うぬ!」

ガッ

少年エルフ「うわぁ」

大化猫はホウキに飛びついた

大化猫「……しまった、つい」

娘「スキあり!!」シュバ

娘の攻撃、会心の一撃!

大化猫「ぎゃああああああああああああ!!」

大化猫を倒した。

シノビ「大きくとも所詮ネコだったのじゃな」



27: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:44:58.59 ID:hpiwAIDo0



シノビ「さて、あとはおぬしだけじゃ」

金ぴか男爵「おれは貴族だぞ、お前らこんなことしてタダで済むとおもってるのか!?」

娘「なんて安いセリフ。 恥ずかしくないの」

娘友「娘ー、やっぱり先に突入したのね。 ほら兵士さん連れてきたわ」

娘友と兵士達がやってきた。

兵士「盗賊が居ると聞きましたが、いったい何事ですか!?」

金ぴか男爵「お前達、ここは俺の屋敷だ、こいつらこそ不法侵入者だ捕まえろ」

少年エルフ「えぇえ!?」

兵士「これは男爵様!? 失礼しました。 お前達おとなしくしてもらおうか」

兵士たちが少年エルフ達を取り囲んだ。



28: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:46:00.55 ID:hpiwAIDo0

シノビ「なんじゃおぬしたち、コヤツこそ誘拐の共犯者じゃぞ。 この帳簿が証拠じゃ」

金ぴか男爵「それこそ、俺に罪を着せるための工作だ。 捕まえて取り上げろ」

娘「なんて奴!」

娘友「ちょっとどうするのこれ!?」

シノビ「……情けない」

娘「あっちは男爵でこちらはよそ者だしね……どうしたら」

金ぴか男爵「ほれ、捕まえろ」



シノビ「まったく、わらわは情けない! この国の兵士はこの程度だったのか!!」

兵士「……っと、お前。 騒ぐなおとなしくしろ」

シノビ「よかろう、わらわとあやつの言葉どちらが本当か。 これをみてから言うがよい」



29: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:46:38.81 ID:hpiwAIDo0

シノビはメガネとカツラを投げ捨てた。 艶やかな金髪が揺れる。

兵士「お前は! いえ貴方は!?」

金ぴか男爵「なに!?」

娘友「うそ!?」

娘「……そういうこと」

少年エルフ「……うわぁ、キレイ」

お忍第七王女「わらわは先王の七番目の子、兄王の4番目の妹。第七王女であるぞ」

シノビはお忍びの第七王女だった。

お忍第七王女「わらわの顔、見忘れたとは言うまいな」



30: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:47:19.52 ID:hpiwAIDo0

金ぴか男爵「王女様!? なんで? こんなとこに!?」 

お忍第七王女「おぬしの賊にさらわれたのじゃ。 兵よ、こやつは大罪人じゃ、ひっ捕えい!」

兵士「ハッ!」

金ぴか貴族は捕えられた。

金ぴか男爵「違う、あれはあの女盗賊が話を持ち掛けてきて」

兵士「お話は後でお伺いします。 ここで騒ぎますと不敬罪にもなりますよ」

金ぴか男爵「うぬぬ」

娘「……なんとかなったわね」

少年エルフ「一時はどうなるかと」

お忍第七王女「これにて一件落着じゃな!」



31: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:47:58.56 ID:hpiwAIDo0

娘友「これは王女様お怪我はないですか? ワタクシは娘友と申します」

お忍第七王女「くるしゅうない、わらわと同い年くらいではないか。 硬い言葉は嫌いじゃ」

娘友「ホント? ありがとアタシもそういうの慣れなくて。 噂には聞いてたけど本当に王女お忍びで来てたのね」

お忍第七王女「そうじゃ、しかしおぬしは素直じゃな。 気に入ったぞ娘友よ」

娘友「ほんと!? 王女に気に入られるなんてラッキーだわ。 あ、王女って呼んでいい?」

お忍第七王女「もちろんじゃ、友よ」

少年エルフ「うわぁ、あっという間に打ち解けた」

娘「どことなく似たところあるしね、気が合うんじゃない?」

少年エルフ「そうなの?」



32: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:48:56.99 ID:hpiwAIDo0

パカラパカラ

女騎士があらわれた。

女騎士「賊がいると聞いて応援にきましたが、これはなんのさわ……あーーッ、王女!!」

お忍第七王女「げぇ、女騎士!?」

女騎士「さんざん探し回ったんですよ。 なんしてるんですかこんなところで!」

お忍第七王女「その……あれじゃ。そう世直し、世直しじゃ」

女騎士「何言ってるんですか!? 世間よりまずご自身の行動を直してください!」



33: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:49:57.37 ID:hpiwAIDo0

○王都三日目・馬車乗り場

女騎士「今回の件、誠にご迷惑をおかけした。 そして王女と子供たちの救出に感謝している」

少年エルフ「もういいですよ、女騎士さん」

女騎士「本来なら王家から直接礼をするところなのだが、王女の脱走とあの魔物の件もありおおやけに出来なくてな。 すまない」

少年エルフ「そんなの気にしなくていいですよ、それより子供たちは?」

女騎士「あぁ、誘拐されていた子供は無事に帰した、身寄りのない者は我が騎士団の見習いになった」

少年エルフ「そっかよかった」

娘「それにしてもあの化猫はなんだったの?」

女騎士「わからない、一味の盗賊たちもあれの正体は知らなかったようだ。 人に化ける魔物なんて……」

娘友「そんなのが居るなんて知れたらパニックになるわね」

女騎士「あぁ、頭の痛い話だ」



34: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:50:40.35 ID:hpiwAIDo0

少年エルフ「そういえば金ぴかの男爵はどうなったの?」

第七王女「あやつなら今頃牢獄じゃ」

女騎士「王女! また抜け出してきたんですか!」

第七王女「わらわは幼少の頃から脱走しとるのじゃぞ、あれくらいでわらわを閉じ込めれるとおもうたか」

女騎士「自慢することじゃないですから……まったく」

第七王女「ところでエルフよ、今一度尋ねるがわらわの弟にならな」娘「ダメよ」

第七王女「……わらわはエルフに訊いておるのじゃ」

娘「ダメよ、私のパパなんだから。 ずっと一緒だったしこれからもずっと一緒なのよ」

第七王女「わらわだってずっとずっと弟が欲しかったのじゃ。 エルフ、どうじゃ弟になりゃれ、わらわは本気じゃぞ」



35: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:51:16.79 ID:hpiwAIDo0

少年エルフ「えっと……僕には娘が居るからそれで充分だから」

娘「ほら、やっぱりエルフは私のパパよ」

第七王女「ずるいのじゃずるいのじゃ、だったらわらわもエルフの子供になるのじゃ!」

少年エルフ「え」

女騎士「ちょ」

娘友「……その手があったか」ボソ

娘「とも!?」

第七王女「よかろう? わらわもおぬしらについていくのじゃ、行くと言ったら行くのじゃ! 異論は認めぬ!」



36: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:52:02.66 ID:hpiwAIDo0

娘「……はぁ」

少年エルフ「……えっと」オロオロ

娘友「わがまま王女ここにありといったところね……」

\連れてくのじゃ連れてくのじゃ/

女騎士「……いい加減にしろ! アホ王女―ーッ」

女騎士の当身!

\ギャン!/

 ―― EiMD#50B end ――



37: ◆VEKixXsFvlSQ 2015/02/21(土) 21:53:33.40 ID:hpiwAIDo0

読了ありがとうございました。

話のテンポはサクサクを目指してますが、ダラダラ書いてしまい前後編に分かれてしまいました。

いまだにどこで区切って投稿すれば読みやすいのかわかりかねています。

ご意見、ご感想がございましたらお気軽にレスを下さい。 ちょっとした暇つぶしになったなら幸いです



元スレ
少年エルフ「誘拐されちゃった」 後編
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424521392/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 地縛霊っ娘「出てってよ! 私の家から出てって!」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • オビ=ワン・ケノービ「乃木坂46?」
        • オビ=ワン・ケノービ「乃木坂46?」
        • オビ・ワン・ケノービ「AKB48?」
        • オビ・ワン・ケノービ「AKB48?」
        • 【モバマス】鷺沢文香「SS的な、余りにSS的な」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ