TOP

勇者「作者ぶっ潰す」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:12:44.95 ID:suExRNDO0

魔王「お前は勇者かー」

勇者「そうだぞー」

僧侶「俺もいるぞー」

魔王「よくぞここまで――」

勇者「おら」ズバシュ

魔王「ぐわーやられたー」

勇者「俺強いわー、魔王一瞬で倒したわー」

魔王「わ、我は水を汚した時、また現れ――」

勇者「うるせぇしね」ズバシュ

魔王「ギャー」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:18:42.37 ID:suExRNDO0

小説世界



僧侶「...大丈夫か?」

勇者「ああ...いや、大丈夫じゃないかな、へへ」

僧侶「...すまなかった」

勇者「いや、いいんだ...こんなクソ脚本を演じさせられたのはお前のせいじゃない、奴のせいだ」

勇者「...なぁ僧侶、俺は皆をこけにしたようなこの脚本が許せねぇ、だからよぉ」

僧侶「なんだ?」

勇者「作者潰そう」

僧侶「...え?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:19:24.22 ID:suExRNDO0

僧侶「ど、どうやってやるんだそんなこと」

勇者「決まってんだろ...」

勇者「やつを異世界に召喚すんだよ」

僧侶「で、出来るのか!?」

勇者「奴が作った設定だぜ? 何が何でもやつを呼び出して、ボッコボコにしてやるよ」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:20:21.23 ID:suExRNDO0

小説家「...え、どこだここ」

勇者「よう」

小説家「誰だ!?」

勇者「はっ、人にイラスト書いてもらっといて俺がわかんねぇーとはな」

小説家「ま、まさか...俺が書いた小説の勇者だってのか?」

勇者「ああそうだよ、俺はあんたが作った、勇者だよ」

小説家「な...なんで勇者が!?」

勇者「あ? わかんねぇのか、お前を異世界に召喚してやったのさ」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:21:31.11 ID:suExRNDO0

小説家「え、そ、そんなことが...」

勇者「そんなこともなにも、あんたが作った設定じゃねーか」

小説家「い、いやでも」

勇者「まぁそんなことはどうでもいい、なんで俺達があんたを呼び出したか分かるか」

小説家「...」

勇者「ふん、わかんねーよなぁ、だから今、俺達が教えてやるよ」シュッ

小説家「うわっ!?」ズコッ

勇者「どうだ、重いだろその剣? 俺はこんなデカブツ毎日振り続けてたんだぜ? ろくに修行も詰めないままな」

勇者「ま、今更こんなこと言ってもしゃーねーか、とりあえずその剣持て」

小説家「え、え?」

勇者「あんたと俺でサシで勝負だ、この剣でな」カチャ



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:22:41.10 ID:suExRNDO0

小説家「な、いや、俺は剣なんて扱ったこと...」

勇者「ったりめーだろ、俺だってなかったよ、なんてったってあんたが作り出した、異世界から召喚された設定だったからな」

小説家「...」

勇者「前の俺も今のアンタも、同じ立場だったわけだ。だろ?」

小説家「そ、そうだけど...」

勇者「どうした、剣を扱うなんて簡単なんだろ? へへっ」ニヤッ

小説家「い、いやだ...嫌だ! だ、だってそれは殺し合いってことだろ!?」

勇者「あったりめーだろ」

勇者「まぁ今の状態で俺と戦えとは言わない、アンタにはちゃんと剣を扱えるまで基礎を教えてやんなきゃな」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:23:42.09 ID:suExRNDO0

小説家「...」

勇者「なんだよ俺じゃあ頼りねぇのか? 俺はあんたの見てない...いや、めんどくさくて飛ばしたシーンの中で、修行して経験を積みまくって、スキル磨いてたんだぜ?」

小説家「な...そんな、まるで俺が書いてないところで――」

勇者「『生きてる』んだよ、俺達は」

小説家「...!」

勇者「あんたが文章を書き起こした時から、この世界が作り出されたんだ」

勇者「俺達はあんたが書いてない間でも生活を送って、生きてるんだよ。この意味が分かるか?」

小説家「...」

勇者「...とにかく、今からあんたには、剣のスキルを俺と同等になるまで教えてやる、だから今からあんたには、モンスターたちと戦ってもらう」

勇者「だが戦ってたら自然と傷もできる、だから僧侶のコイツが、俺と一緒にあんたの修行を見届ける」

僧侶「どうも、作者さん」

小説家「そ、僧侶まで...」

勇者「傷ができたらコイツが治す、俺はあんたにスキルを教える。そうしてあんたに強くなってもらう」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:24:32.67 ID:suExRNDO0

小説家「で、でも俺には無理だ」

勇者「無理じゃねーよ、俺ができたんだからよ、それに...」

勇者「俺はあんたの分身だろうが」

小説家「...」

勇者「途中で泣き言吐いたり逃げ出すことは許さねぇ、あんたが強くなって俺と戦うまでは、ここから絶対に出さねぇよ」

勇者「じゃ、まずはこいつからだ」


スライム「スライム~」


小説家「ス、スライムか、良かった...」

勇者「...」

勇者「ほら、戦えよ、早く」

小説家「あ、ああ、分かった」

小説家「おらーーー!!(お、思ったより剣が重い...!)」ブンッ


スライム「スライム~」


ズバシュ



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:25:20.68 ID:suExRNDO0

スライム「スライムーー!!!」

小説家「や、やった、当たっ――」


スライム「ス、スライムゥ...」ヨワヨワ...


小説家「...!」

勇者「なんだよ小説家さん? 弱ってるぞ今がチャンスだ」

小説家「で、でも」

勇者「殺せよ」

小説家「いや――」

勇者「殺せ!!」

小説家「くっ...」


スライム「スライムゥ...」ヨワヨワ...
 

小説家「くっ、くっそおおおおおおおお!!!!!」タッタッタッ


ズバシュ!!!



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:27:43.12 ID:suExRNDO0

スライム「スライムゥ...!」



シュウウウン...



小説家「はぁ...はぁ...はぁ...」

勇者「何息切れ起こしてんだ? まだ最初だぜ? スライムなんてザコ、余裕だろ」

小説家「!?」


~~

小説家「」カキカキ

『勇者「なんだスライムじゃん、余裕だぜ!」』

『ズバシュ』

『スライム「スライムー!」』

『シュウウウン...』

『勇者「へっへっー、弱い弱い!」』


~~


小説家「は...は...!!」

勇者「おいどうした、もう音が上がったか?」

小説家「――!」

小説家「い、いや、なんでもない」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:28:19.26 ID:suExRNDO0

勇者「良かった、これぐらいで音を上げられちゃあ後に続かないからなぁ」

勇者「あ、この修行シーンは短くナレーションで済ませといてやるよ」

小説家「え、え? 何の話――」



――そして小説家は、その後も何度もモンスターと戦わされた。






14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:29:12.50 ID:suExRNDO0

小説家「はぁ...はぁ...」

僧侶「ホイミ」

シュウウウン...

小説家「あ、ありがとう僧侶さん」

勇者「やっとここまで来たようだな」

小説家「...ああ」

勇者「ずっと待ってたよ、あんたと戦える日をな」

小説家「...」

勇者「まず最初にあんたを褒めてやる、やり始めたばかりの頃はどうなるかと思ったが、あんた意外とやれば出来るじゃねぇか」

小説家「...ありがとう」

勇者「だけどそれは俺も同じだ。俺もあんたが描く理想の主人公になろうと、必死に努力をした、あんたが描いてないところでな」

小説家「...」

勇者「だけどそれも、あんたの中で物語が完結した瞬間に終わった、呪縛から解放された気分だったよ」

勇者「そしていま、その呪縛を絶ってやるのさ、俺の手で、あんたを殺してな」

小説家「...」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:31:09.55 ID:suExRNDO0

勇者「へへ、面構えが変わったじゃねーか、前のあんたは、確実にビビってたのに」

勇者「今じゃ殺りあえる目してやがる」

小説家「...これだけモンスターと戦わされれば、嫌だって慣れるよ。この剣だって、今じゃ自分の体の一部みたいだ」

勇者「ほう、なかなか生意気なこと言えるようになったなぁ」

小説家「俺だって元の世界に戻るために必死だったんだ」

勇者「そうかよ、俺は異世界に逃避したままだってのに」

小説家「...」

勇者「まぁこれ以上駄弁ってても仕方ねぇ...これで条件は整ったんだ。僧侶、出番少なくて悪かったな、帰れ」

僧侶「ひどいなぁ...」スタスタ...

勇者「てめぇにはさっきも言ったが、これはゲームじゃねぇ、本気の殺り合いだ。だから半端な気持ちでやってもらっちゃ困る」

勇者「...てめぇは殺り合える覚悟ができたか?」

小説家「...」

小説家「ああ」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:32:08.35 ID:suExRNDO0

勇者「...ふっ、よし。じゃあ構えな」

小説家「」カチャ

勇者「」カチャ

小説家「...」

勇者「...」



小説家「うおおおおおおおおおお!!!!」タッタッタッ
勇者「はああああああああああ!!!!」タッタッタッ


キーン!!!


小説家「ぐっ...」ズサッ

勇者「へ、パワーじゃまだ俺の方が上みたいだなぁ!!!」ブンッ

小説家「うわっ!!」シュッ



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:33:19.20 ID:suExRNDO0

キーーーーン!!!

勇者「ちっ」

小説家「!!」クルッ

勇者(な、あの体制から移動した!?)

小説家「だぁっ!!」ブンッ

勇者「くそっ」シュ


キーーーン!!!


勇者「あ、あっぶねぇ...へへ、なかなかやるじゃねぇか」

小説家「あんたに教えてもらったおかげだ!!」ブンッ

勇者「それにしては大味な振り方だなぁ!!」ブンッ



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:34:19.23 ID:suExRNDO0

キーーーーーン!!!


小説家「くっ...う...」カチャカチャ

勇者「ふっ...」カチャカチャ


キィィィィィ...


勇者「...なぁ作者さんよ、ひとつ聞いてもいいか?」

小説家「な、なんだよ...!!」

勇者「...なんで魔法使いを殺した」

小説家「――!」

勇者「なんで俺の師匠を殺した、なんで俺の相棒を殺した、なんで...」

勇者「俺の愛した人達を殺した...!!!」カチャカチャ

小説家「ぐっ...」カチャカチャ

勇者「なぜだぁぁぁぁぁ!!!!!」ブンッ



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:37:08.39 ID:suExRNDO0

スパッ!!


小説家「ぐぅっ!!(腕に刃がかすった...!!)」ズサァァァ...

勇者「はぁ...はぁ...」

勇者「なぁ、どうしてだよ、教えてくれ」

小説家「...」

勇者「俺はあんたの脚本のおかげで、魔法使いと婚約までしてたんだ。俺自身も彼女を愛した」

勇者「魔法使いが襲われた時、僧侶は敵の魔法にやられて回復魔法が使えなくなってた、それは分かるよ」

勇者「だけどよ...その時俺は何してたと思う?」

小説家「...」

勇者「...あんたが書いたガバガバの脚本のせいで敵に操られて、俺は愛する人をこの手で、この剣で...」

勇者「自ら殺したんだ」

小説家「...」

勇者「必要以上に何度も何度も切りつけて、あんたが望むグロテスクな展開に合わせて、何度も、何度も、何度も!!」ブンッブンッ

キーン!キーン!

小説家「ぐぅっ...!」ザッザッ



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:39:37.18 ID:suExRNDO0

ギィィィィ...

小説家「...す、すまなかった」カチャカチャ

勇者「...謝んじゃねぇよ、俺はそんなもん求めてんじゃねぇ、なんでそんな脚本書いたか聞いてんだよ、なぁ、教えてくれよ!」ブンッ

小説家「くっ...」サッ

小説家「...最初は死ぬ予定じゃなかったんだ。だけど編集に「このままの脚本じゃ読者は惹き付けられない、売れない。だから誰か大切な人を殺せ」、そう言われたんだ」

小説家「俺は最初はその意見に反対した。自分の作ったキャラクターだから、失いたくないし、殺したくなかった」

小説家「...だけどお金がなかったのも事実だ。回が進む事に売上も減っていって、ネットでの評価も「展開が薄い、つまらない」と書かれるようになった」

小説家「だから...俺は殺したんだ、彼女(ヒロイン)を」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:41:28.60 ID:suExRNDO0

勇者「だからってよ...俺がバカやって殺しちまうようなクソみたいな脚本、認められるかよ!!!」

小説家「俺だって嫌だったよ! だけどお前の師匠を殺した途端、「感動した」、「いい話だった」、そういったコメントが増えた。あの時の俺は、それで嬉しかったんだ」

勇者「...へへ、クソみてーな話だ」

小説家「編集からの賛辞の言葉、そしてネットでのコメントの欲に負けて...」

勇者「俺自身にヒロインを殺させたってわけだ」

小説家「...そうだ」

勇者「クソ...そんなバカみたいな理由で皆は...」

小説家「俺だってあんたたちが生きてるって知ってたら、こんな脚本にはしなかった!! だけど読者や編集者たちはそうじゃない、ほとんどの人たちが、自身の理想の型にはめたストーリーを作者に求めてくるんだ」

小説家「...こんなことを言ってもただの言い訳にしかならないのはわかってる、だけど俺はあんた達を殺したくなかった。それだけは言わせてくれ」

勇者「...知るかよそんなこと」

勇者「もう失った仲間は、戻ってこねーんだよ」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:42:26.91 ID:suExRNDO0

小説家「...そう、だな」

勇者「...」

小説家「なぁ、勇者さん」

勇者「...どうした」

小説家「俺を殺してくれ」

勇者「...なに?」

小説家「お前の気の済むようにしてくれていい。だから殺してくれ」

勇者「...」

勇者「...っざけんじゃねぇよ」 

小説家「え...?」

勇者「俺は言ったはずだ、俺はあんたとサシで勝負したいと」

勇者「てめぇがその勝負をそんな簡単な言葉で放棄するなんて許さねぇ。無抵抗の人間なんて殺しても、何も面白かねぇーんだよこっちは」

勇者「だからあんたは俺と最後勝負しろ、どちらかが、死ぬまでな」

小説家「...」

小説家「わかった」カチャ



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:43:54.39 ID:suExRNDO0






勇者「へへ、そうこなくっちゃな」カチャ

勇者「行くぜ、小説家さんよぉ!!」タッタッタッ

小説家「ああ!!」タッタッタッ









25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:44:48.64 ID:suExRNDO0





小説家「はぁ...はぁ...!」

勇者「はぁ...はぁ...!」

小説家(もう体が傷だらけで、まともに立てやしない...!)

勇者「はぁ...へ、へへ、どうした、まともに立てねーのかよ」

小説家「はぁ...はぁ...そ、それはあんたもだろ」

勇者「正直お前がここまでやれるようになるとは思ってなかったよ...」

小説家「...あんたのおかげだよ、勇者さん」

小説家(く...もう次体動かしたら、本気で倒れてしまいそうだ。多分あいつも...)

勇者「...」カチャ

小説家(きっとこの一撃で、全てが決まるんだ)

小説家「...」カチャ

勇者「...」

小説家「...」


小説家「おおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」タッタッタッ
勇者「おおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」タッタッタッ



ズバァァァァ!!!!!



勇者「...」

小説家「...」

勇者「...うっ」バタン

小説家「ゆ、勇者...ぐっ」バタン



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:46:08.22 ID:suExRNDO0

勇者「はぁ...はぁ...おい...聞いてるか、小説家ぁ」

小説家「...ああ」

勇者「...あんたの...やったことは許さねぇ...だけど...」

勇者「...俺の命を伸ばしてくれて、ありがとう」

小説家「――!!」

勇者「...へ、へへ、知らねぇとでも思ったのか?」

勇者「...あんたが...必死に...ぐ...頭下げて、主人公が死ぬ展開を...避けてくれたんだろ」

小説家「...知ってたのか」

勇者「いくらやってもあんたの書き方が下手だから...一定数の人気は得られなかった...だから読み手が驚くような...鬱展開にして終わらせる...へへ、まぁ当たり前の商業執筆だよな」

小説家「へ、下手っていうな...」

勇者「...だけど正直いっそ...殺してくれた方がマシだったよ...こんな悲しみ...背負うくらいなら」

小説家「...お、お前まさか」

勇者「...へ、お前は好きなようにストーリーを書いてたんだ...俺にもそうさせてくれよ」

小説家「...」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:47:14.69 ID:suExRNDO0

小説家「...」

勇者「...どうだ、剣を振るってみて...俺の気持ちが少しぐらい理解出来たか?」

小説家「...分からない」

勇者「...まったく...ぐぅ...物わかりの悪い...奴だぜ...」

小説家「...だけど勇者さん...アンタのおかげでわかった気がするよ」

小説家「...きっと俺は...理由をつけて努力を怠ってたんだ...それで満足して終わってた」

小説家「あんたたちをないがしろにして...すまなかった...そして...」

小説家「...ありがとう」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:48:00.02 ID:suExRNDO0

小説家「...」

小説家「...勇者?」

小説家「...勇者!」スタッ

小説家「ぐっ...」ズッズッ

小説家「ぐぅ!!」バタッ

勇者「...」

小説家「...くそ」


シュウウウン...


小説家「!?」

小説家「...僧侶さんか」

僧侶「...勇者、逝ったんだな」

小説家「...ああ」

僧侶「あいつは「俺が死んでも、回復魔法はかけないでくれ」、そう言ってた」

小説家「...やっぱりそうか」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:48:57.48 ID:suExRNDO0

僧侶「なぁ小説家さん、俺はあんたに謝れとは言わない」

小説家「...」

僧侶「だけどあんたが書いた物語が、どれだけの責任を及ぼすか、それだけは理解して欲しい」

小説家「...ああ」

僧侶「現実世界に戻す用意は出来てる、こっちへ来てくれ」





僧侶「この魔法陣の上に乗るんだ、そしたら俺が呪文を唱え、あんたを現実世界に戻す」

小説家「わかった」

僧侶「...現実世界に戻っても、勇者たちを生き返らせるようなことはしないでくれ」

小説家「...わかってる」

僧侶「じゃあ、さよならだ」

小説家「...ありがとう」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 21:50:51.98 ID:suExRNDO0




小説家「...」


 俺はその後、新しく物語を書き起こした。勇者の伝説が語り継がれている、後世の話だ。自己満足でもいい。俺は彼らの物語を、無駄にはしたくなかった。
 お前の伝説は、いつまでも語り継がれていくんだ。だから許してくれなくてもいい、一緒に見届けてくれ、彼らの物語を。
 

END



元スレ
勇者「作者ぶっ潰す」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518437564/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 23:16
          • 作品のキャラクターが作者の世界にやってくるアニメがあったな
            なんだっけ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 23:21
          • 勇者側からすれば作者は神かそれ以上の存在なんだよな…
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 23:30
          • FD人「ゲームの中のNPC達がゲームの世界を乗り越えてこちらの世界に来る技術を開発したので削除しようとしたら、こちらのバグ消去プログラムを倒しながら、こちらの世界に乗り込んできてゲーム会社の社長を倒して、自分達の世界を独立した世界に創造し直して帰って行ったんですけど」
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 23:40
          • 1 微妙
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 23:49
          • 昔こんな漫画がコミックボンボンにあったなぁ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 00:03
          • 作者がラスボス系の作品て
            作品内に登場するにあたり、チートスペックではあるけど肉体を持っちゃったせいで普通に物理で倒されたり
            突然勇者は死んだEND!とか唐突な展開は書けないから、それなりに納得できる勇者の倒し方模索してたらその間に倒されるかの
            どっちかしかないよね
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 00:39
          • FD人ホントかわいそうw
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 01:30
          • 1 💩
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 01:51
          • 設定はともかく文章が糞つまらない
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 02:38
          • 作者なんだし、一瞬で設定変えれば良いやん
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 03:55
          • 作品の世界内に入ると書き換えられなくなる、作品外(作品の上の次元)に居ないと書き換えられなくなるんじゃね?紙に描かれたキャラがその紙をくしゃくしゃにできない、描いた人間はくしゃくしゃに丸めて捨てられるみたいにさ。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 07:57
          • 考察するほどの内容じゃないだろ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 08:17
          • わりと好きぞ。
            そして鬱ENDや陵辱にもっていってこれがリアル(笑)とか言って共感をしてもらう作品のク、ソさも同意。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 08:26
          • レクリエイターズ見てそう
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 09:20
          • 作者が自演してそう
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 09:21
          • これ書いた作者が召喚されてぶっ殺されますように
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 12:11
          • ペンは剣より強しという落ちかと思ったが全然違った。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 12:28
          • 1 これ作者がー→編集がー→読者がーってループ物だと思ったのに…何か本当につまんない展開とオチだったわ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 13:47
          • 電撃文庫RPGみたいな設定だな
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 16:10
          • 1 くっそつまんねぇから書くのやめて、どうぞ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        • セレナ「カキの試練」[遊戯王ARC-V]
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ