TOP

【ミリマス】ミリP「TSVの抱き枕事情」

1: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:48:26.05 ID:eKLDbfgQ0


ミリP(以下、P) 「よーし!これで書類作業も一段落!」ノビー

P 「疲れた……音無さんと青羽さんがいないと、こんなに辛いのか」

P 「今度、二人に何か奢ろうかな……ふわぁあ」

P 「……徹夜が、響いたかなぁ」アフゥ

P 「あんま寝てなかったもんなぁ……時間は?」

P 「荷物受け取らないといけないんだっけか……それまでなら寝れるな」

P 「……よし!」スタッ



2: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:49:01.81 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「ただいま、お布団君!」シュタッ

P 「はぁ……仮眠室っていいなぁ……」フカフカ

P 「社長には、感謝してもしきれな……」

P 「…………」スー

ガチャリ

?? 「…………!」ティン

ガサゴソ



3: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:50:25.87 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「むにゃ……あれ、今時間どのくらいだ?」チラ

P 「よし……まだ寝れるな……」ゴロリ

P 「んん……」ゴロ

?? 「ひゃん……♪」ピクリ

P 「なんだ、これ温かくて柔らかいな……」ダキッ

?? 「ン……」



4: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:51:17.17 ID:eKLDbfgQ0


P 「あれ?ちょっと待て、これなんだ?」バサッ

島原エレナ(以下、エレナ) 「エヘ、ぷろでゅーさー……」ギュゥウ

P 「…………っ!?」ポカーン

P 「ちょ、ちょっと待て!エレナ、エレナ!?」

エレナ 「もう、なぁに……?」ボンヤリ

P 「いや、なんで此処に居るんだよ!?」

エレナ 「?ワタシが潜り込んだからだヨ?」キョトン

P 「…………」



5: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:52:01.44 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「だってプロデューサー……色んな子とハグ、してるんデショ?」

P 「……もしかして、音無さんから聞いたのか?」

エレナ 「違うヨ?コトハから聞いたノ!」

P 「そういえばバレてたんだったな……」ガックリ

エレナ 「ネー、ワタシにもハグしてヨー!」

P 「そうは言うけどな……」

エレナ 「ハグなんて、パパンもママンも恥ずかしがらないヨ?」

P 「それは家族だからだろ?一緒に暮らしてきた大切な人たちじゃないか」

エレナ 「でも、ワタシプロデューサーの事スキだよ?」

P 「……そ、それはそれとしてだな」カァアア



6: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:52:31.27 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「アレ、顔赤いヨ、プロデューサー?」ピトッ

P 「え、エレナやめよう……シャレにならないから、な?」

エレナ 「ムー……ミライ達にはやったのにズルイ……」プクー

エレナ 「こうなったら、リオから聞いたとおりに……」ギュゥウウ

P 「!?」

エレナ 「男の人って、こうやってくっつかれたら喜ぶんだよネ!」ニコ

P (しゃ、洒落にならない!ボリュームが!)ドキドキ



7: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:53:17.82 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「プロデューサー、ドキドキしてないノ……?」スリスリ

P 「ぐぅ……っ!」ダキッ

エレナ 「プロデューサー!」パァアア

P 「……琴葉達には内緒だぞ」

エレナ 「エッヘヘ……分かってるヨー♪」ニコニコ

P (……本当に分かってるよな?)



8: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:53:54.37 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「ねぇ、プロデューサー?」スリスリ

P 「ん、どうかしたのか?」

エレナ 「こうしてると……なんだか、コイビトみたいだネ?」ニコニコ

P 「そうかな……?」

エレナ 「そうだヨ!」ギュゥ

P 「ハハ……俺には勿体ないな」



9: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:54:30.58 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「そんな事ないのに……そうだ!」ティン

P 「?」

エレナ 「エヘヘ……ダーリン♪」

P 「!?」ギョッ

エレナ 「ミキだってハニーって呼んでるんデショ?」ニコニコ

P 「そ、それはそうだが」アセアセ

エレナ 「…………」ジーッ

P 「……は、ハニー?」

エレナ 「!」パァアア



10: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:55:28.73 ID:eKLDbfgQ0


P 「……これ、予想以上に恥ずかしいな」カァアア

エレナ 「エヘ、嬉しいナー……」ダキッ

P 「…………」ナデナデ

エレナ 「…………」スリスリ

エレナ 「……ンー?」ンー

P 「!?そ、それはダメだって!」

エレナ 「エー……ダーリンのケチィ」

P 「エレナ、入り込みすぎだって!?」



11: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:55:54.60 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「モー、照れなくても良いのに」プクー

エレナ 「それじゃ、ワタシからしちゃうもんネー……」

P 「…………!」ドキドキ

エレナ 「ンー……」



12: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:56:33.22 ID:eKLDbfgQ0


バタン

田中琴葉(以下、琴葉) 「ふぅ……今日もちょっと疲れちゃった」

琴葉 「……?」チラッ

≪今にもキスしそうな二人≫

琴葉 「……えっ?」パチクリ

P 「……あっ」サーッ

エレナ 「モー、なんで目を逸らしちゃうノー!?」プクー

P 「え、エレナ……それどころじゃ」

琴葉 「えっ?……えっ?」

エレナ 「……?」チラッ

エレナ 「あっ、コトハ!」



13: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:57:40.99 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「……どういう事?」フッ

P (琴葉の目からハイライトが消えた……っ!)

エレナ 「エヘヘ……今日のプロデューサーはネー?」

琴葉 「プロデューサーは?」

エレナ 「ワタシの……ダーリン、なんだヨー♪」ダキッ

P 「ハハハ」カチコチ

琴葉 「…………」

P 「……琴葉?」

琴葉 「…………」パタリ

P 「琴葉ぁっ!?」



14: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:58:52.28 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

琴葉 「小鳥さん、お願いがあります」

小鳥 「琴葉ちゃんからお願いなんて……何かしら?」

琴葉 「……どうすれば、プロデューサーの布団に潜りこめますか」

小鳥 「あらぁ……?」

琴葉 「あれから、警戒が強くなっちゃって……」

小鳥 「?あれからって?」

琴葉 「……この前、エレナと一緒に寝てたんです」

小鳥 「詳しく聞かせてちょうだい」ズイッ



15: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 22:59:37.74 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

小鳥 「またなのね……またなのね」

琴葉 「だから……私も、頑張ろうと思って」

小鳥 「……ふふっ、分かったわ」

琴葉 「小鳥さん……!」パァアア

小鳥 「女の子の恋心だもの……邪魔なんてできないわよ」

小鳥 「さて、それで方法の方だけど……」

琴葉 「…………」ゴクリ



16: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:00:23.19 ID:eKLDbfgQ0


小鳥 「……ここまで来たら、もう家に乗り込むしかないわ」

琴葉 「!?そ、それは……」

小鳥 「まさか、プロデューサーさんも家の前まで来たアイドルを追い返しはしないはず」

琴葉 「で、でも……迷惑になるんじゃ」

小鳥 「それは……否定しきれないわね」

琴葉 「うぅ……迷惑をかけるのは、ちょっと」シュン

小鳥 「琴葉ちゃんは優しいわね……」



17: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:00:53.63 ID:eKLDbfgQ0


小鳥 「でもね、それじゃ多分布団に潜りこむのは難しいと思うわ」

琴葉 「う……それは、そうですけど」

小鳥 「他の子に盗られちゃうかもしれないわよ?」

小鳥 (私がこんな助言してる場合なのかって話だけど)

小鳥 「琴葉ちゃんはどうしたい?」

琴葉 「……私、プロデューサーを盗られるのはイヤです」

琴葉 「ワガママ、なのかな……」シュン

小鳥 「女の子なんてそんなものよ?」フフッ

小鳥 「それじゃ、まずは変装して――」



18: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:01:20.81 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「ふぅ……今日もお疲れ様でしたー」

小鳥 「お疲れ様でした!」

P 「ふぅ……企画書もまとまったし、これで明日からバリバリ動けますね」

小鳥 「今日は随分と熱心にやってましたね?」

P 「企画の内容、忘れたくなくて……」

小鳥 「ふふっ、楽しみにしてますね!」



19: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:02:25.87 ID:eKLDbfgQ0


小鳥 「今日はそのまま帰るんですか?」

P 「ええ、まぁ……?」

P 「今日は飲みに誘わないんですね?」

小鳥 「えっ?い、いやその……今日は、帰ってやりたい事があるので!」アワアワ

P 「?まぁ、それならそれで良いですけど……」

P 「それじゃ、お先に失礼しますね」トコトコ



20: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:02:54.40 ID:eKLDbfgQ0


小鳥 「……ひょっとして、今日は飲みに誘ったら来てくれたのかしら」トゥルルルル

琴葉 『はい、田中です』

小鳥 「琴葉ちゃん、今プロデューサーさんが事務所から出たわ」

琴葉 『!』

小鳥 「……頑張ってね!」

琴葉 『……はい!』



21: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:03:22.89 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「…………」トコトコ

琴葉 「…………」トコトコ

P (さっきから……誰かにつけられてる気がするな)

P 「ミラーで確認してみるか……」チラッ

琴葉 「…………」ピタッ

P (動きを合わせてきてる……素人か?)



22: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:03:49.99 ID:eKLDbfgQ0


P (帽子で顔が分からない……誰か分からないな)

P 「……そういう事なら、こっちにも考えがある」タッタッタ

琴葉 「!」タッタッタ

P (次の角で曲がって……)

琴葉 「ダメ……見失っちゃう!」タッタ

琴葉 「何処に……ってきゃあ!」グイッ



23: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:04:40.77 ID:eKLDbfgQ0


P 「捕まえたぞ、さっきからなんで尾行し、て……」ポカン

琴葉 「あ、あぅ……」

P 「……こ、琴葉?」

琴葉 (ご、強引に壁に押し付けられて……)

琴葉 「きゅぅ」パタリ

P 「琴葉!?しっかり!」



24: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:06:19.30 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

琴葉 「ん……」

P 「琴葉、目は覚めたか?」

琴葉 「部屋の中……ここは?」

P 「ん?俺んち」

琴葉 「……へっ!?」ビクッ

琴葉 (ぷ、プロデューサーの家……)キョロキョロ

P 「あのまま道端に置いていくわけにもいかなかったからな……」

琴葉 「ご、ごめんなさい……」



25: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:06:48.53 ID:eKLDbfgQ0


P 「いや、それ自体は構わないんだけどさ」

P 「……どうして、俺の事つけてきたんだ?」

琴葉 「そ、それは……その」

琴葉 「……う、羨ましかったんです」

P 「だからって限度があるだろう……」

琴葉 「だって、未来ちゃんや志保ちゃんだって一緒に寝てもらったのに……」

P 「……言い方をもうちょっと考えてだな」



26: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:07:39.98 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「……ともかく、ズルいじゃないですか」ムー

P 「ズルいって……だからって、家にまで来ることなかったんじゃないか?」

琴葉 「でも、そうでもしないとやってくれないですよね?」

P 「まぁ、それはそうだが……」

P 「……もしかして、今日は泊まる気なのか?」

琴葉 「……や、やっぱりダメですか?」

P 「もうここまで来たら仕方ないけどさ……」



27: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:08:22.24 ID:eKLDbfgQ0


P 「ちなみに、断ったらどうするつもりだった?」

琴葉 「考えてたのだと……みんなにバラす、とか」

P 「断らなくて正解だったな……」

琴葉 「ごめんなさい……やっぱり、迷惑ですよね」

P 「……まったく、ここまで来て迷惑って心配するあたり琴葉らしいな」ナデナデ

琴葉 「うぅ……ご、ごめんなさい」

P 「もうこんな無茶はやめてくれよ?」

P 「悪徳さんに見つかったらシャレにならないからな」

琴葉 「はい!」



28: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:08:53.02 ID:eKLDbfgQ0


P 「分かってくれればいいよ……」グゥ

P 「……っと、腹が減ったな」

P 「さて、何か食べるものを……」

琴葉 「あっ、私何か作りますよ!」

琴葉 (ここで少しでもアピールを……)

P 「琴葉の料理が食べたいのは山々だけど……でも、冷蔵庫何にもないぞ?」

琴葉 「えっ?それじゃ、今から何食べる予定だったんですか?」

P 「昨日買ってきたカップ麺」

琴葉 「…………」



29: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:09:29.20 ID:eKLDbfgQ0


P 「あぁ、でもカップ焼きそばも捨てがたいな……」ニコニコ

琴葉 「プロデューサー」

P 「ん?」

琴葉 「今日は私が作りますから、食材買いに行きましょう」

P 「え?でも……」

琴葉 「いつもそんなんじゃ、身体壊しちゃうかもしれないじゃないですか!」



30: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:10:06.44 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「ただでさえお仕事が大変なのに……」シュン

P 「わ、悪かった……」

琴葉 「分かれば良いんです」フンス

P 「それじゃ、近くのスーパー行くか……」

琴葉 「はい!」ニコニコ

P (琴葉はなんでこんな嬉しそうなんだ……?)



31: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:11:09.45 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「というわけで、買い物に来たわけだが」

琴葉 「さ、行きましょうプロデューサー!」

P 「琴葉、変装してるとはいえ声はもう少し小さくだな……」

琴葉 「え?でも、この格好ならバレませんよね?」

P 「それはそうかもしれないが……プロデューサーって呼んでたら、誰かが勘づくかもしれないだろ?」

琴葉 「そうですか?それなら……」



32: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:13:11.77 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 (そういえば、エレナはダーリンって呼んでたよね……)ボンヤリ

P 「琴葉?」

琴葉 「そ、それじゃ……アナタ、とか」カァ

P 「!?」ドキッ

琴葉 「きょ、今日の晩御飯は何にしましょうか……あ、アナタ」

P 「そ、その呼び方はやめないか?」

琴葉 「だ、ダメでしょうか……」カァア

P 「流石に恥ずかしいからさ……」

琴葉 「そうですか……」シュン

P (な、何故か罪悪感が……)



33: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:14:06.60 ID:eKLDbfgQ0

―――――
 
所恵美(以下、恵美) 「ふぅ……これで、今日の晩御飯もバッチシ!」

恵美 「早く帰らないとなー……?」チラッ

P テクテク

恵美 「ん?アレってもしかしてプロデューサーかな?」

恵美 「まさかプロデューサーと会えるなんて……アタシ、今日はツイてるかも!」

恵美 「おーい、プロ……」


琴葉 「プロデューサー!お願いがあるんですけど……」タッタッ

P 「うん?どうかしたのか」



34: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:14:35.87 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「その……あ、アイス買っても良いですか?」

P 「構わないよ……折角だし、俺も買おうかな」

琴葉 「プロデューサーはどのアイスが好きですか?」

P 「俺か?そうだなぁ……普段食べるのはモナカとかだけど」

琴葉 「それなら、分け合いっこしませんか?」

琴葉 「カップアイスなので、分けやすいかなって……」モジモジ

P 「カップアイス美味しそうじゃないか、そうするか」

琴葉 「はい!」


恵美 「……え?」ポカーン



35: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:15:37.44 ID:eKLDbfgQ0


恵美 「琴葉とプロデューサー……だよね?」

恵美 「二人で……なに、してるの?」


P 「――――」

琴葉 「――――」ニコニコ


恵美 「……そ、そっか……そう、なんだ」

恵美 「……い、いやー!アタシってば鈍感だなぁ!アハハ!」

恵美 「…………」

恵美 「し、幸せそうな二人を邪魔するわけにはいかないもんね……」ウルウル

恵美 「……さよなら」ポロッ



36: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:16:09.32 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「ただいまー」

琴葉 「た、ただいま……」フルフル

P (なんでそこまで緊張してるんだ?)

P 「琴葉、食材は足りそうか?」

琴葉 「はい……これだけ買えば大丈夫そうです」

P 「それなら良かった……今日は何を作るんだ?」

琴葉 「はい……今日は、肉じゃがにしてみようかなと思うんですけど」



37: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:16:40.73 ID:eKLDbfgQ0


P 「肉じゃがか……」

琴葉 「も、もしかして苦手でしたか?」シュン

P 「いや、大好物!」

琴葉 「そ、そうですか!良かった……」

琴葉 「それじゃ、プロデューサーはリビングで寛いでてください!」

P 「え?そういう訳にもいかないだろ」

琴葉 「……え?」



38: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:17:11.46 ID:eKLDbfgQ0


P 「家主とはいえ、流石に何もしないで待ってるってのはな……」

P 「野菜切るくらいならできるからさ、手伝うよ」

琴葉 「い、良いんですか?」

P 「勿論……あ、難しいのはできないから勘弁してくれよ?」

琴葉 「そ、それじゃ……お願いしますね」



39: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:17:39.59 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「琴葉―、ジャガイモどのくらいの大きさで切ればいい?」

琴葉 「えっと……一口サイズくらいで切ってもらっても良いですか?」

P 「おう……このくらいか?」

琴葉 「はい、バッチリです!」

P 「よっし……」トントン

琴葉 (なんか……本当に、新婚さんみたい)

琴葉 「ふふっ……」ニコニコ



40: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:18:58.54 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

琴葉 「はい、どうぞ!召し上がれ!」バッ

P 「うおっ……これは、また豪勢な」

P 「それじゃ、頂きます!」パクッ

琴葉 「ど、どうでしょうか?」

P 「……うぅ」ウル



41: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:20:12.97 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「ぷ、プロデューサー!?」

P 「美味い……家に帰ってきて、こんな美味いもん食えるなんて」

P 「涙出てきた……温かいご飯って、こんなに美味いんだな」ツー

琴葉 「ああっ!はい、ハンカチどうぞ!」

P 「す、すまん……涙もろくなったかなぁ」ゴシゴシ

琴葉 (練習してた甲斐があったわ……よし)グッ



42: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:21:04.35 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「ふぅ……ご馳走様でした」パチン

琴葉 「お粗末様でした……」

琴葉 「プロデューサー、次はどうしますか?」

P 「ああ……そうだな、風呂でも入るか」

琴葉 「お、おおおお風呂ですか!?」

P 「?琴葉、風呂好きだろ?」

琴葉 「そ、それはそうですけど……」



43: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:22:12.45 ID:eKLDbfgQ0


P 「野菜切り終わった後にお湯張っておいたからさ、良い具合だと思うよ」

琴葉 「あ、ありがとうございます……」

P 「それじゃ、先に行っておいで」

琴葉 「えっ?」キョトン

P 「?どうかしたか?」

琴葉 「え、えっと……その」モジモジ

琴葉 「……一緒に入らないのかな、って」カァアア

P 「!?」

琴葉 「や、やっぱりダメですよね!お風呂頂いてきます!」

P 「…………」ポカーン

P (琴葉……俺の家に来て、異様に積極的になってないか?)

P 「と、とりあえず着替えを用意しておくか……」



44: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:23:11.82 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

琴葉 「わ、私何を言って……!」カァアア

琴葉 「もう、私が私じゃないみたい……」

琴葉 「……そういえば、ここ。いつもプロデューサーが浸かってるんだよね」

琴葉 「…………っ」プクプク

琴葉 (は、恥ずかしくなってきちゃった……)カァアア



45: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:24:00.01 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

琴葉 「お先に頂きました……」ホクホク

P 「おっ、ちゃんと温まれたか?」

P (引き戸越しにだけど、上機嫌そうな声が聞こえるな)

琴葉 「はい、良いお湯でした!」

P 「それなら良かった……」

P 「……それじゃ、湯冷めしないうちに着替えてくれるか?」



46: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:24:25.35 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「……これ、ちょっと大きいかもしれないです」

P 「新しいのを出してきたんだが……やっぱりサイズが合わないか」

P 「うーん、他に着れるのなんて……」

琴葉 (こ、ここでグイグイいくべきなのかな……)

琴葉 「……そうだ、アレを着ても良いですか?」スッ

琴葉 「アレなら、少し丈も長いし……着れると思うんですけど」

P 「アレ?まぁ着れるなら、それで良いけど」

琴葉 「はい、それじゃぁ……」スルリ



47: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:25:09.50 ID:eKLDbfgQ0


ガラガラ

琴葉 「お、お待たせしました」スッ

P 「あ……ぁ?」アゼン

琴葉 (Yシャツ一枚)

琴葉 「に、似合いませんか……?」

P 「…………」ポカーン

P (は、ハンガーにかかってたYシャツか……!)



48: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:25:44.80 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「な、何とか言ってください……」モジモジ

P 「あ、ああ……とっても、似合ってると思うが」

琴葉 「そ、そうですか!」パァア

P (……な、なんか犯罪チックな感じが)ドギマギ

琴葉 「……そ、そんなにジっと見られると照れちゃいます」テレ

P 「わ、悪い!つい……」

P 「お、俺も風呂入ってくる!」ダッ

琴葉 「い、行ってらっしゃい……」フリフリ

琴葉 (プロデューサー……可愛いって思ってくれたのかな?)

琴葉 (もし、そうなら……嬉しいな)ニコニコ



49: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:26:57.64 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

琴葉 「プロデューサー!このカップアイス、とっても美味しいです!」

琴葉 「柔らかすぎないのにとろける感じがして……」

P 「そこまでか……それは美味しそうだな」

琴葉 「はい、プロデューサーもどうぞ!」スッ

P 「良いのか?」

琴葉 「勿論です!はい、どうぞ」スッ

P 「それじゃ……んむ」パクリ



50: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:28:18.28 ID:eKLDbfgQ0


P 「本当だ、凄く美味しいな」

琴葉 「選んで正解でした……」ホクホク

P 「そら、こっちもお裾分け」スッ

琴葉 「モナカ……さっき、オーブン入れてましたよね?」

P 「ああ、程よく焼くと美味しくなるんだ」

琴葉 「そうなんですか……初めて知りました」

P 「まぁ、物は試しだな。さ、どうぞ」



51: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:28:59.90 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「いただきます……」パリッ

琴葉 「!美味しい……!」パァアア

P 「そうだろ?このちょっとした工夫で美味しくなるのが最近マイブームでさ……」

琴葉 「あ、あの!もう一つ頂いても良いですか!?」キラキラ

P 「いいよ……はい」スッ

琴葉 「あむ……おいひぃでふ」ニコニコ

P (それから、食べ終わるまでずっと食べさせ合いっこしてた)

P (琴葉は本当にアイスが好きなんだな……)



52: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:29:30.28 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「さて、そろそろ寝ようと思う訳だが……」

琴葉 「…………」

P 「……あっさりと潜り込んだな」

琴葉 「そ、それはその……この為に来ましたから」

P 「それもそうだった……」

琴葉 「ふ、不束者ですがよろしくお願いします」ペコリ

P (……何故か、別の意味に聞こえる)



53: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:30:21.04 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「……う、うぅ」フルフル

P (家まで来た割には、やけに距離を取られてるんだが)

P 「あ、あの琴葉?無理はしなくて良いからな?」

琴葉 「……いえ、平気です」

P 「そ、そうは言ってもだな」

琴葉 「大丈夫、大丈夫……」スーハー

琴葉 「……えいっ」ズイッ

P (い、一気に距離を詰めてきたな)



54: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:31:05.71 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「そ、それじゃあ……お願いします」フルフル

P 「じゃ、じゃあ……優しくするから」

琴葉 「い、いえ……力強く、やってもらっても良いですか?」

P 「?でも、苦しいかもしれないし……」

琴葉 「…………」ジッ

P 「……分かった」ギュゥウウ

琴葉 「……ぁっ」ビク

P 「やっぱり強すぎたか?」

琴葉 「良いです……このままで」



55: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:31:34.09 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「プロデューサーに必要にされてる様な……そんな感じがして」

P 「そ、そうか……?」

琴葉 「はい……いつも、こういう事してくれないから……」

琴葉 「クセになっちゃいそうです……♪」ウットリ

P 「そ、そうか……」

P (ダメだ、可愛い……)ギュウウ

琴葉 「ぷろでゅーさぁ……」トロン

P 「そ、そう見上げられると……その」

P (目が潤んで……なんというか、色っぽいんだが)



56: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:32:17.41 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「……あの、良いですか?」

P 「?何の話だ?」キョトン

琴葉 「そ、それは……その」

琴葉 「……き、キスとか」カァアア

P 「!?ま、待て落ち着こう、な?」

琴葉 「だ、だって……エレナとも、キス、したんですよね?」ズイッ

P 「してない!してないから!」

琴葉 「ほ、本当……ですか?」



57: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:33:18.39 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「あ……でも、それなら」

P 「?」

琴葉 「……これが、アイドルとするファーストキスって事ですよね」

P 「!?」

琴葉 「……そ、それじゃあ」トロン

P 「こ、琴葉!とりあえず今日は寝よう、な!?」

琴葉 「で、でも……」

P 「ほら……そういうのはまた今度って事で」ワタワタ

琴葉 「むぅ……分かりました」



58: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:33:45.07 ID:eKLDbfgQ0


P 「話が早くて良かった……それじゃ、寝るか」

琴葉 「はい……」シュン

琴葉 「それじゃ……また今度、楽しみにしてますね?」

琴葉 「……忘れてちゃイヤですよ?」

P 「はは……分かったよ」ナデナデ

P 「それじゃ、そろそろお休み」

琴葉 「はい……」ウトウト

琴葉 「……きです、プロデューサー」ギュッ



59: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:34:14.92 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

琴葉 「ん……」モゾ

琴葉 「あれ……早めに起きちゃったかな」パチクリ

琴葉 「プロデューサーは……」チラッ

P スヤスヤ

琴葉 「ふふっ……こうしてみると、まるで子供みたい」

琴葉 「…………」ジーッ

P ムニャムニャ

琴葉 「……はっ!?わ、私ったら……」テレ



60: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:34:44.21 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「でも、このままじゃ勿体ないような……そうだ」ティン

琴葉 「えっと、フラッシュの設定を切って……っと」

パシャリ

琴葉 「……よし、撮れた」

琴葉 「壁紙にしちゃおっと……」

P スー

琴葉 「……それじゃ、もう少しだけ寝ちゃおうかな」

琴葉 「今日くらい……ちょっと悪い子になっても良いですよね?」ダキッ

P 「……ん」

琴葉 「…………♪」



61: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:35:27.77 ID:eKLDbfgQ0

―――――

P 「おはようございまーす」

小鳥 「ゆうべは おたのしみでしたね !」テーレッテッテッテテテー

P 「な、何を知っているというのか……!」ブルブル

小鳥 「ん?なんでそんなに不安そうな表情を……」

小鳥 「ま、まさか……そんなに、人には言えない事してたんですかっ!?」

P 「そ、そんな訳ないでしょう」アセアセ

小鳥 「そういえば……まさか、琴葉ちゃんと何かあったんじゃ」



62: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:36:01.80 ID:eKLDbfgQ0


P 「アレ、音無さんの差し金だったんですか!?勘弁してくださいよ!」

小鳥 「アレ、とは?」

P 「え?琴葉に手料理振舞ってもらったりとか……」

小鳥 「私、そこまで羨ましい事アドバイスしてません……!」

P 「えっ」

小鳥 「ずるいずるい!私も二人きりでお泊まりしたいですよぉ!」ワーン

P 「いや、音無さんなら普通に帰れるでしょ……タクシー呼んでくださいよ」

小鳥 「家まで辿り着けさえすればこっちのもんですよ……ふふ」ニヤリ

P 「尾行を撒く為の技術を磨かないといけないな……」



63: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:36:59.66 ID:eKLDbfgQ0


ガチャリ

琴葉 「おはようございます」

P 「ああ、おはよう琴葉」

琴葉 「プロデューサー、おはようございます!」ニコ

小鳥 「おはよう琴葉ちゃん……早速なんだけど、聞いても良い?」

琴葉 「はい?」

小鳥 「昨日、プロデューサーさんと何があったの?」

琴葉 「えっ!?な、何って……その」チラ

P 「…………」ポリポリ

琴葉 「……な、何もないですよ♪」カァアア

小鳥 「羨ましいわ……」



64: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:37:29.29 ID:eKLDbfgQ0


P 「琴葉、今日は三人でのダンスレッスンだよな?」

琴葉 「はい!恵美やエレナと一緒に!」

P 「やっぱり嬉しいか?」

琴葉 「勿論です!その後、お出かけできないのは残念ですけど……」

P 「悪いな、雑誌のインタビューをどうしても、って頼まれちゃってさ」

琴葉 「そ、そんなプロデューサーが謝る事なんて……」

P 「また今度時間は合わせるよ」

琴葉 「……はい!」



65: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:38:29.34 ID:eKLDbfgQ0


小鳥 「それじゃ、そろそろ出た方が良いんじゃないですか?」

琴葉 「そうですね……それじゃ、行ってきます」

P 「ああ、力入れすぎて怪我しないようにな」

琴葉 「どうでしょうか……エレナ、とってもダンスが上手だから」フフ

P 「……ホントに、頼むぞ?レッスン終わったら連絡してくれ」

琴葉 「任せて下さい!」グッ



66: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:39:03.76 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

エレナ 「コトハ、遅いねぇ……」

恵美 「プロデューサーと話してるんじゃない?」

エレナ 「ナルホド!コトハ、プロデューサーと仲良しだもんネー♪」

恵美 「……そ、だね。仲良しだもんね」

エレナ 「?どうかしたノ恵美?」キョトン

恵美 「えっ?んにゃ、なんでもないって!」ニャハハ



67: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:39:31.54 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「……具合悪いなら、休んでもいいんだヨ?」ジーッ

恵美 「心配しなくても大丈夫だって!」

エレナ 「ホント?」

恵美 「ほ、ホントだって!」

エレナ 「ムゥ……それじゃ、信じるヨ?」



68: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:40:04.44 ID:eKLDbfgQ0


ガチャリ 

琴葉 「ゴメン、遅れちゃった!」

恵美 「あっ、琴葉!おはよ!」

エレナ 「モー、遅いヨ、コトハ!」

琴葉 「ゴメンってばー」アハハ

トレーナー 「それじゃ、田中さんも揃ったので……」

琴葉 「はい、よろしくお願いします!」



69: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:40:32.79 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

トレーナー 「じゃ、ここで十分休憩!」

恵美 「いやー!エレナのダンスは相変わらず凄いねー!」

エレナ 「エヘ、まだまだこれからだヨー?」

琴葉 「はぁ……私も、もう少し運動した方が良いのかな」シュン

エレナ 「あっ、それじゃ一緒にサンバとかしちゃう?」

琴葉 「そ、それはちょっと……」

エレナ 「エー、楽しいのにー」ブー



70: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:41:24.49 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「サンバはちょっと……」ピロン

琴葉 「あっ、ゴメン……プロデューサーから、連絡がきたみたい」

エレナ 「プロデューサー、なんて言ってたノ?」

琴葉 「そ、そんなに大切な連絡じゃないから……」カァ

恵美 「えー?良いじゃん、アタシにも見せてよ!」チラッ

恵美 「――えっ?」ポカン

琴葉 「も、もう恵美!見ないでってば!」

恵美 「ご、ゴメン……」



71: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:41:53.35 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「ネー、プロデューサーなんて?」

琴葉 「えっと――」

恵美 「…………」

恵美 (今の、プロデューサーの寝顔だった……)

恵美 (もしかして……昨日の?)

恵美 「…………っ」ズキン

トレーナー 「はい、そろそろ再開するわよー」

琴葉 「はい、今行きます!」

エレナ 「さ、後半戦も張り切っていっちゃうヨー!」グッ

恵美 「…………」



72: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:42:23.49 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

小鳥 「教えてくださいよ、ケチー!」ブー

P 「まったく……なにがそんなに気になるんですか」ハァ

小鳥 「だって、あんな甘々オーラ出されてたんですよ!?」

小鳥 「これは何かあったと思うのが普通じゃないんですか!」

P 「甘々って……大したことはしてないですよ」

小鳥 「うぅ、信用できない……」



73: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:43:23.85 ID:eKLDbfgQ0


P 「なんで今日はそんなにしつこく絡んでくるんですか……」トゥルル

P 「……ん、電話か」

小鳥 「誰からですか?」

P 「えっと……琴葉から、ですね」

小鳥 「琴葉ちゃん?何かあったんでしょうか」

P 「なんでしょう……とりあえず、聞いてみない事には」ピッ

P 「もしもし、琴葉?レッスン中じゃないのか?」

琴葉 『そ、それが……早めに切り上げたんです』

P 「切り上げた?」

琴葉 『はい……実は』



74: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:44:40.44 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

トレーナー 「所さん、集中して!」

恵美 「――っ!」タンタン

トレーナー 「――はい、ストップ!」

トレーナー 「所さん、どうかしたの?」

エレナ 「メグミ、やっぱり具合悪いノ?」

恵美 「へ、平気だってば!ごめんなさい!」

トレーナー 「そ、それなら良いけど……」



75: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:45:20.76 ID:eKLDbfgQ0


琴葉 「…………」

恵美 「ほ、ホラ!まだ最後の振付やってないでしょ?」

エレナ 「それは……そうだケド」

トレーナー 「……それじゃあ」

琴葉 「恵美」

恵美 「こ、琴葉?」

琴葉 「……今日はやめておこう?また、今度頑張れば良いでしょ?」



76: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:46:29.29 ID:eKLDbfgQ0


恵美 「で、でも……」

琴葉 「プロデューサーなら、きっとそう言うと思うから」

エレナ 「コトハ……」

恵美 「……そう言われたら、断り切れないじゃん」

恵美 「ゴメンね……」シュン



77: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:46:58.26 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「なるほど、そんな事が」

琴葉 『……すみません、私の独断で』

P 「気にするな、むしろよくやってくれたよ」

P 「怪我でもしたら、その方が問題だからな」

琴葉 『は、はい……ありがとう、ございます』

P 「それで?恵美はどうした?」

琴葉 『楽屋の掃除をしにいくって言ってましたけど……』

P 「分かった、ありがとう」



78: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:47:27.35 ID:eKLDbfgQ0


P 「とりあえず、琴葉は取材の場所に向かってくれ」

琴葉 『……分かりました』ピッ

P 「……さて」

小鳥 「どちらに?」

P 「ちょっと、楽屋の方まで」

小鳥 「ふふっ……行ってらっしゃい」フリフリ

P 「……はい、行ってきます」ダッ

小鳥 「…………」フリフリ

小鳥 「あーあ、私の事も迎えに来てくれないかなー」



79: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:49:12.12 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「さて、楽屋の方に……」

エレナ 「アレ、プロデューサー?」

P 「エレナ?レッスン早めに終わったんだろ?」

エレナ 「まだまだ踊り足りなくて……外で一踊りしてきたノ!」

P 「はは、元気いっぱいだな」

エレナ 「ウン!まだまだ、踊れるヨー?」

P 「それは頼もしいな……空いてるレッスンルーム、使って良いからな」

エレナ 「ホント!?ヤッター!」



80: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:49:40.01 ID:eKLDbfgQ0


P 「……ところでエレナ、今日恵美が調子悪かった理由分かるか?」

エレナ 「ンー……」

P 「どんな事でも良い、ひょっとしたら大事な事かもしれないからさ」

エレナ 「ホントにどんな事でも良いノ?」

P 「ああ」コクリ

エレナ 「エーット……確か、今日は朝から変な感じだったと思うヨ?」

P 「朝から?」



81: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:50:40.88 ID:eKLDbfgQ0


エレナ 「ウン!でも、休憩までは普通にできてたし……」

P 「休憩……か。それはいつくらい?」

エレナ 「一時間くらい後だったと思うケド……」

P 「一時間か……俺が琴葉に連絡したあたりか?」

エレナ 「プロデューサーがコトハに連絡したから、羨ましくなっちゃったんじゃナイ?」ニコニコ

P 「ま、まさか……ははは」

P 「でも、ありがとな。教えてくれて」



82: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:51:48.44 ID:eKLDbfgQ0

エレナ 「……ねぇ、プロデューサー」

P 「どうした?」

エレナ 「メグミ、またキット一人で悩んじゃってると思うケド……」

エレナ 「メグミの話、聞いてあげてネ?」

エレナ 「ワタシ達には話してくれないと思うから……」

P 「……エレナ達に話してくれないのに、俺に話してくれると思えないんだが」

エレナ 「話してくれると思うヨ?」キョトン

P 「…………?」

エレナ 「だって、メグミはプロデューサーの事ダイスキだからネ!」



83: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:52:21.44 ID:eKLDbfgQ0


P 「流石に、それは考え過ぎだと思うぞ?」

エレナ 「ホントなのにナ……」

P 「まぁ、お世辞でもそう言って貰えて少し元気が出たよ」ナデナデ

エレナ 「ムゥ……オセジじゃないのにー」ムスッ

P 「ゴメンって」ナデナデ

エレナ 「……エヘヘ♪」

エレナ 「……今度、また一緒にベッドで寝てくれる?」

P 「……考えとくよ」



84: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:53:15.31 ID:eKLDbfgQ0

―――――
 
恵美 「ふぅ……」スタスタ

恵美 「楽屋の掃除しても、あんまり紛れなかった……」

恵美 (琴葉と、プロデューサーが……)

恵美 「……アタシ、ホント何やってんだろ」

恵美 「昨日、見た時に割り切ったはずなのに……」トボトボ

P 「恵美!」

恵美 「……へっ?プロデューサー?」キョトン

P 「探したぞ……楽屋探してもいないから、もう帰っちゃったのかと」ハァハァ

恵美 「…………」



85: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:53:47.72 ID:eKLDbfgQ0


P 「今日、レッスンの調子悪かったんだって?」

恵美 「ご、ゴメン……どうしても、上手くいかなくて」

P 「ケガしなかったんだから、それだけで十分だよ」

P 「……なぁ、なにか理由があるのか?」

恵美 「た、大した理由じゃないって!もー、大げさだなー」ニャハハ

恵美 「そんな事より、ほら!琴葉の方ついて行ってあげてよ!」

恵美 「琴葉、きっと喜ぶからさ!ね?」ニコッ



86: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:54:21.88 ID:eKLDbfgQ0


P (……俺になら話してくれるかもしれない、か)

P 「大した理由じゃなくても良い、話してくれないか?」

恵美 「で、でも……」

P 「どうしても話したくないって事なら、話さなくても良いけどさ……」

P 「俺で力になれるかもしれないなら、話してみてくれないか?」

恵美 「……迷惑、でしょ?」

P 「迷惑なんて、恵美がそんな事考えなくても良いんだよ」



87: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:54:47.95 ID:eKLDbfgQ0


P 「悩みがあるなら、一緒に考えればいいだけだしな!」

恵美 「一緒に……か」

P 「そういうのがその……プロデューサーとアイドルの二人三脚というか」ゴニョゴニョ

恵美 「……ぷ、アッハハ!」

P 「い、今良い事言ったのに……」シュン

恵美 「ゴメンゴメン!ちょっとおかしくなっちゃって」

恵美 「そっか……そうだよね」

P 「……まぁ、分かってくれたなら良かった」

恵美 「それじゃ……一つだけお願い、してもいい?」

P 「ああ、どんとこい!」



88: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:55:14.59 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

P 「なんで?」

恵美 「や、やっぱりダメだった!?」

P 「い、いや……もっとなんか、深刻なお願いかと思ったからさ」

P 「まさか、いきなりベッドに一緒に潜る事になるとは思わないだろ……」

P 「これが恵美の言ってたお願いなのか?」

恵美 「……うん」コクリ

P 「……これくらいなら、普通にお願いされたらするぞ?」

P 「多少のリスクはあるけど……それでも、アイドルの調子には代えられないからな」



89: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:55:42.73 ID:eKLDbfgQ0


恵美 「そ、そんなのダメだって!」

P 「?」キョトン

恵美 「だって……琴葉に、悪いからさ」

P 「?なんで、そこで琴葉の名前が出てくるんだ?」キョトン

恵美 「隠さなくても良いよ、アタシ知ってるから」

恵美 「琴葉と……付き合ってる、んだよね?」

P 「……えっ?」



90: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:56:09.16 ID:eKLDbfgQ0


恵美 「昨日、スーパーで一緒に買い物してるの見たんだ」

P 「昨日の……見てたのか、恵美」

恵美 「そ……今日も、寝顔壁紙にしてるの見ちゃったしさ」

P (……まさか、とんでもない勘違いの連鎖をしているのでは?)

P 「恵美、あのな……」

恵美 「分かってるよ、こんな風にされたら……迷惑、だもんね」



91: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:57:04.23 ID:eKLDbfgQ0


恵美 「でもさ、もうこういう風に甘えられないかもしれないから……」

恵美 「最後だけ……一緒に寝てみたかったの」

P 「…………」

恵美 「えへへ……なんか、アタシらしくないよね」

P 「……恵美、一つ良いか?」

恵美 「?」キョトン

P 「大変、言いづらい事なんだが――」



92: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:58:10.42 ID:eKLDbfgQ0

――――― 

恵美 「――って、事は」ポカーン

P 「ああ、勘違いだな」

恵美 「…………っ!!」カァアアア

恵美 (う、嘘っ!?)

P 「琴葉は俺の家に押し掛けてきただけだし、俺と付き合ってるわけでもないよ」

P 「……後で、寝顔の件は問い詰めるけど」



93: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:58:38.59 ID:eKLDbfgQ0


恵美 「…………」スッ

P 「待て、なんで遠ざかる。傷つくぞ」

恵美 「い、いや……その、さ」

恵美 「結局勘違いだったんだし……お願い、聞いてもらえないよねって」

P 「…………」

恵美 「ご、ゴメン……それじゃ」



94: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:59:08.71 ID:eKLDbfgQ0


P ダキッ

恵美 「ぷ、プロデューサー……?」

P 「言ったろ、このくらいのお願いなら聞いてやるって」ギュゥ

恵美 「……もう、優しすぎるって」

恵美 「そんなんじゃ、いつか誰かから刺されちゃうかもよ?」ニヤッ

P 「ぐ……否定はしないけどさ」

恵美 「にゃはは、ジョーダンだって!」アハハ

P 「冗談に聞こえない……」



95: ◆SESAXlhwuI 2018/02/10(土) 23:59:40.07 ID:eKLDbfgQ0


恵美 「……あったかいね、プロデューサー」

P 「そ、そうか?」

恵美 「うん……なんか、安心するっていうか」

P 「それは、良かったな」

P (俺は、ドキドキしっぱなしなんだけどな……)

恵美 「ズルいなぁ……琴葉や、志保達はこういうの体験してたんだ」

P 「そんなにズルい事でもないと思うが……」

恵美 「ズルいよ、こうやってしてるだけで……」

恵美 「アタシ、なんでも出来ちゃいそうな気がするからさ」ニコ



96: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:00:18.62 ID:cER5gIez0


恵美 「にゃはは、皆にちょっと悪いかも」

P 「悪いって、何がだ?」

恵美 「だって、アタシだけが今はこんな風に甘えられてる訳でしょ?」

恵美 「……他にも、いっぱい甘えたい子はいると思うんだ」

P 「……恵美、一つ良いか?」

恵美 「?」

P 「そういうのを考えられる恵美は優しい、けどな……」

P  「恵美だって俺のアイドルだ、俺に甘えたって何の問題もないだろ?」

恵美 「……もう、すぐそういう事ばっかり」クスッ

恵美 「そんなんじゃ、もっと縋りたくなっちゃうじゃん……」

P 「おう、もっと頼れ!」ハハハ



97: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:00:45.60 ID:cER5gIez0


恵美 「……もー、後悔しないでよ?」ズイッ

P 「っと……?」ダキッ

恵美 「えへへ……♪」テレテレ

P 「急に積極的になったな?」

恵美 「プロデューサーが良いって言ったんじゃん♪」ニコニコ

P 「……喜んでもらえて何より」

恵美 「……プロデューサーは、嬉しくないの?」

P 「ぐっ……その言い方は卑怯だぞ」



98: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:01:34.27 ID:cER5gIez0


恵美 「…………」ジッ

P 「……まぁ、嬉しいけどさ」ボソッ

恵美 「そ、そっか!」カァア

P 「……自分で言ったのに恥ずかしがるなよ」

恵美 「ほ、ホントに言ってくれるとは思わなかったから……」

恵美 (も、もうちょっとだけ甘えても良いかな?)

恵美 「あ、あのさ!寝る前に……もう一つだけ、してもらってもいい?」

P 「俺にできる事なら良――」



99: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:02:33.56 ID:cER5gIez0


P (待て、昨日を思い出せ……!)

P 「――キスとか以外なら良いぞ」

恵美 「ふぇっ!?き、キス!?」カァアア

P 「違ったならそれで良かった……」

P (何度もやられたら、流石に理性がもたないからな……)

恵美 「……もしかして、琴葉にはしたの?」

P 「してないから!」

恵美 「むぅ……怪しいなぁ」ムスッ



100: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:03:14.73 ID:cER5gIez0


P 「そ、そんな事よりして欲しい事ってなんだ?」

恵美 「……その、さ」

恵美 「ギュっとしてしてもらいながら撫でてもらいたいんだけど……ダメ、かな?」

P 「そのくらいなら、いくらでもするけど……?」

恵美 「えへへ……やった♪」

P 「…………」ナデナデ

恵美 「これからも、沢山甘えさせてよね……」ウトウト

P 「……勿論」

恵美 「…………♪」スヤスヤ




101: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:03:50.94 ID:cER5gIez0

――――― 

琴葉 「今度は、しっかりやらなくちゃ……」

最上静香(以下、静香) 「あの、琴葉さん?さっきから何をブツブツ言ってるんですか?」

琴葉 「静香ちゃん……いや、大した事じゃないんだけど」

静香 「そうなんですか?それにしては、妙に気合が入ってたような……」

琴葉 「そ、それはその……」

静香 「?」

琴葉 「……さ、作戦を立ててただけだから気にしないで」



102: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:04:34.95 ID:cER5gIez0


琴葉 「……そういえば、静香ちゃんも一緒に寝てたよね?」

静香 「ね、寝てたって……え?何で知ってるんですか?」

琴葉 「この前、ちょっとね」

琴葉 「ファーストキス、かぁ……どうすれば良いんだろう」

静香 「えっ?」

琴葉 「?静香ちゃん、どうかしたの?」

静香 「い、いえ!なんでもないですよ!?」

琴葉 「…………」ズイッ

静香 「…………」ゴクリ



103: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:05:02.17 ID:cER5gIez0

――――― 

小鳥 「…………」ジトー

P 「視線が痛いんですけど……」

小鳥 「別にー?羨ましいなんて思ってませんけどー?」

P 「羨ましがってどうするんですか……」

小鳥 「私だって、男の人にギュってされて寝たいですよぅ……」

P 「そんなにですか?」

小鳥 「そんなにですよ!」



104: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:05:28.65 ID:cER5gIez0


小鳥 「ここは、私のコンディションの為に……!」キラキラ

P 「音無さん、俺がプロデュースしてるアイドルじゃないし……」

小鳥 「今だけアイドルになれませんかね……」ドヨーン

P 「社長に話しておきましょうか?」

小鳥 「やめて!ホントにステージで歌う事になっちゃう!」



105: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:05:55.72 ID:cER5gIez0


ガチャリ

エレナ 「オッハヨー!」

恵美 「お、おはよ……」

P 「おっ、エレナに恵美か。おはよう」

小鳥 「?なんで恵美ちゃん、ちょっと小声なの?」

エレナ 「それがネー?昨日プロデューサーにハグされたのが恥ずかしいんだって!」

恵美 「え、エレナ!わざわざ言わなくて良いから!」カァア

P 「……そ、そうか」カァア

小鳥 「幸せオーラで何回私は傷つけば良いんですか……っ」グハッ



106: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:06:21.94 ID:cER5gIez0


エレナ 「プロデューサー!メグミのナヤミ、聞いてくれてありがとネっ!」

P 「ああ、無事解決できて良かったよ」

エレナ 「ネ?だから言ったデショ?」

エレナ 「メグミはプロデューサーの事、ダイスキだって!」ニコニコ

恵美 「ちょっ、エレナ!?何言ってるのさ!?」アセアセ



107: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:07:00.59 ID:cER5gIez0


バタン

琴葉 「プロデューサー、どういう事ですか!?」

P 「こ、琴葉……?」

エレナ 「コトハ、オッハヨー!」

恵美 「ど、どうかしたの?」

琴葉 「そ、それが……!」

静香 「こ、琴葉さん落ち着いてください!」タッタッ

P 「静香じゃないか、おはよう」

小鳥 「……あっ」

P 「?何か思い当たる事でも?」

小鳥 「い、いえ……」



108: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:07:46.22 ID:cER5gIez0


エレナ 「エーッ、それってホント!?」

恵美 「…………」ジトー

P 「な、何があったって言うんだ……?」

琴葉 「……プロデューサー、正直に答えてください」

P 「は、はい……」ビシッ

小鳥 (浮気がバレた旦那みたいになってるピヨ)

琴葉 「静香ちゃんと……キスしたって、本当ですか?」

P 「!?」ギョッ



109: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:08:14.90 ID:cER5gIez0


小鳥 「静香ちゃん、話しちゃったのね……」

静香 「琴葉さん怖かったです……」プルプル

小鳥 「本気で恋する乙女は怖いものよ……」

P 「ちょっと待て!俺には本当に覚えがないぞ!?」

琴葉 「静香ちゃんが嘘ついたって言うんですか!」ズイッ

P 「そ、そう言われても……」

琴葉 「お話、たっぷり聞かせてもらいますからね!」



110: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:09:36.60 ID:cER5gIez0

――――― 

北沢志保(以下、志保) 「…………」

矢吹可奈(以下、可奈) 「し、志保ちゃん……顔、怖いよ?」

志保 「レッスン見に来てくれないと思ったら……何やってるのかしら」

可奈 「……そもそも、何の話してるの?」

志保 「か、可奈は気にしなくて良いの!」

可奈 「…………?」キョトン

志保 「さ、とりあえずプロデューサーさんを連れ出さなきゃ」トコトコ

可奈 「ま、待ってよ志保ちゃーん!」


続かない



111: ◆SESAXlhwuI 2018/02/11(日) 00:11:18.24 ID:cER5gIez0

3人まとめてやったらええんじゃないか!?とか思った自分をぶん殴ってやりたい
本当はエレナくらいの量で三人とも終わるはずだったんです、エレナPすまない……

ことめぐに取り合いされたい



112: ◆NdBxVzEDf6 2018/02/11(日) 00:21:08.24 ID:EjjDH4wg0

プロデューサーって大変....
力作乙です

>>4
島原エレナ(17) Da/An

no titleno title


>>12
田中琴葉(18) Vo/Pr

no titleno title


>>14
音無小鳥(2X) Ex

no titleno title


>>33
所恵美(16) Vi/Fa

no titleno title


>>101
最上静香(14) Vo/Fa

no titleno title


>>110
北沢志保(14) Vi/Fa

no titleno title


矢吹可奈(14) Vo/Pr

no titleno title



元スレ
【ミリマス】ミリP「TSVの抱き枕事情」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518270505/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月11日 05:54
          • 実に優しい世界だ…
            このまま全アイドルが抱き枕にされますように。

            >小鳥「幸せオーラで何回私は傷つけば良いんですか……っ」グハッ 

            何気ないアイドル達との幸せオーラが音無小鳥(2X) (※独身)の心を傷つけた
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月11日 07:31
          • 良い
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月11日 09:45
          • TSVを攻略できるギャルゲー作るとそこそこ売れそうな気がしてきたわ。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月11日 12:10
          • 一定確率で修羅場が起きそう
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月11日 12:27
          • 小鳥さんよくやった!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月11日 13:34
          • シリーズ続ききたか
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月11日 14:30
          • 3人とも柔らかそう
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月11日 22:13
          • 次は誰かな
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 13:28
          • 次は美咲ちゃでいこう()
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 15:48
          • 星梨花ってあったっけ?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 16:24
          • 星梨花はないな
            信号機とTSVと志保だけなはず
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 22:14
          • 普段からデレを隠しきれない朋花ちゃんがデレまくるところが見たいれす!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        • 俺「可愛いね~好きだよー」 女の子「....」 俺(相変わらず冷たいなぁ....) 女の子「....から....」
        • 【モバマス】朋「青葉、見ちゃいました!」雪菜「まってちがう」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ