TOP

【べるぜバブ】古市「ラミアが人間界に来る?」男鹿「らしいぜ」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:00:12.64 ID:PPAU3ctv0

古市「でも急だな。 魔界でなんかあったのか?」

男鹿「いや、師匠……だっけか? そいつから有休もらったんだってよ」

男鹿「ヒルダに会いに来るためじゃねーのか」

古市「あー成る程なー。 んで、いつ来るんだ?」

男鹿「明日」

ベル坊「ダブッ!!」



2: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:01:20.12 ID:PPAU3ctv0










古市「……明日ね」

古市「まぁそんなの俺には関係ないけどな」

古市「明日は休み……俺は厄介事に巻き込まれない為に……」

古市「一日中家にいる!!」クワッ

古市「そしてヒルダさんの生足でも想像して幸せな休日を過ごすのだ……」

古市「……つーわけでおやすみ!!」

ほのか(お兄ちゃん一人で何ぶつぶつ言ってるんだろう……)



3: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:01:56.41 ID:PPAU3ctv0

次の日

古市「zzz……」

古市「……」パッ

古市「……ん?」

古市(誰か……いる……けどよく見えないな)

古市(もしや……ヒルダさんが……わざわざ俺を起こしに来てくれたのか!!?)

古市(そうだ!! そうに違いない!!)

古市「……なーんて」

古市「お約束は分かってるんだよアランドロン!! オラァ!!」

ドゴォン!!



















ラミア「いっ……」

古市「……え」

ラミア「いったあああああああああ!!!!」

古市「えええええええええええええええええええええ!!!!?」



4: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:03:17.48 ID:PPAU3ctv0

ラミア「最っ低!! あんた本当に最っ低!!」

古市「いや、だから悪かったって!! 勘違いだ勘違い!!!」

古市「おかしいな……いつもの流れだったらアランドロンが『貴之///』とか言って俺の目の前にいるはずなのに」

ラミア「普通あたしとアランドロン間違える!!?」

古市「いや、だから起きたばっかで視界がボヤけてたっつーか……先手必勝っつーか……」

ラミア「あんた……キモい上に暴力も振るうのね。 ほんとキモい」

古市(くそ……これ以上言い訳しても自分を締めつけるだけだ)



5: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:05:04.15 ID:PPAU3ctv0

ラミア「折角久しぶりに会ったっていうのに……キモ」

古市「……あれ、そういえばラミア」

ラミア「何よキモ」

古市「今日はヒルダさんに会いに来たんじゃないのか? なんでいつの間に俺ん家に」

ラミア「別になんだっていいじゃないキモ」

古市「口癖みたいに『キモ』って言うのやめない!!?」



6: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:08:16.94 ID:PPAU3ctv0



















古市「……」

古市「あの……今なんと?」

ラミア「だ・か・ら!! あんたがこのままキモいままだったら可哀想だからあたしが更正してあげるって言ってんのよ!!」

古市「ええ……」

ラミア「本当はヒルダ姐様とずっと一緒にいたかったのに……全部あんたの所為なんだから!!」

古市「えええ……ヒルダさんから許可は?」

ラミア「もらったわ……ったく、あんたがキモかったらこんな事にはなんなかったんだからね!!」

ラミア「言っておくけどあんたと二人きりで過ごしたいとかそんなんじゃないんだから!!///」

古市「……お前もしかしてツンdラミア「違うわよ!!///」



7: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:09:05.20 ID:PPAU3ctv0

ラミア「……今日だけ」

古市「?」

ラミア「有休……今日だけだから……」

ラミア「その後は当分……こっちに来る事はないから……」

ラミア「思い出作り……手伝いなさいよ」

古市「……」

古市(ええー……)

古市(マジで? ラミアと一日?)

古市(最近男鹿とベル坊に振り回されてばっかりで平和にゆっくり過ごしたいのに……)

古市「あのー……ラミアさん、申し訳ないですけどほかの人を……」

ラミア「ロリコン暴力野郎」

古市「!!!」

ラミア「言いふらすわよ?」



8: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:10:07.32 ID:PPAU3ctv0

古市(そうだ……いくら事故とはいえラミアに暴力を振るってしまった……)

古市(この話が石矢魔のやつらに伝われば……)













寧々『古市!! あんた女の子に暴力振るったの!!?』

千秋『ロリコンの上にDV……』

由加『ラミたん大丈夫っすか!!? もうあいつとはいない方がいいっスよ!!』

邦枝『最低ね……』

神崎『キモ市』

姫川『恥将』

東条『ちんすこう』















古市「ああああああああああ!!!」

古市「つーか最後の何!!?」



9: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:12:55.25 ID:PPAU3ctv0

古市「ラ、ラミア……この事は男鹿やヒルダさんには黙っててくれないか!!?」

古市(石矢魔ネットワーク(仮称)のスピードは尋常じゃない!! 男鹿かヒルダさんがこの事実を知ればあっという間にあいつらに広がる!!!)

ラミア「だったらあたしの言う事聞きなさいよ」

古市「分かった!! なんでも言うこと聞くから!!!」ガバッ

古市「じゃあまずは何をすればいい!!?」

ラミア「……買い物」

古市「え?」

ラミア「買い物……付き合いなさいよ」

古市「……買い物?」

古市「……はっ!!」

古市「まさか俺に卑猥な物を買わせようと……」

ラミア「そんな訳でないでしょ!! あーもう本当キモいんだから!!!」



10: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:13:34.70 ID:PPAU3ctv0

ラミア「絆創膏よ、絆創膏」

古市「へ?」

ラミア「こんなに腫れてるんだから恥ずかしいったらありゃしないわよ」

ラミア「兎に角! 買い物行くわよ!!」

古市「いや……絆創膏ならうちに……」

ラミア「いいから行くの!!!」

古市「ええ!!?」

古市(なんだよ……ムチ100叩きとかされるかと思ったぜ)

ラミア「あと、あたしに『キモい』って100回罵られなさい」

古市「もう『キモい』いじりやめない!!?」



12: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:14:37.64 ID:PPAU3ctv0











古市「ええと確か……この辺の店に……」

ラミア「……」

古市(つーかなんで一緒に買うんだ? 俺一人だけパシらせればよくないか?)

古市(……はっ!! もしや周りの人達に俺をロリコンと思わせる為に……)

ラミア「キモ」

古市「俺心の中でしか喋ってないんだけど!!?」

ラミア「存在が」

古市「ひどくね!!?」



13: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:15:24.35 ID:PPAU3ctv0

男鹿「しっかし随分安かったなー」

ヒルダ「早く家に帰って食べましょうね坊ちゃま」

ベル坊「アイッ!!」

男鹿「けどラミアも変わってるよなー、古市の所に行きたいなんて」

ヒルダ「そうだな」

ヒルダ「これも全て……やつのキモさの所為だろう」

男鹿「違いねぇ」

ベル坊「ダブッ!!」

男鹿「ん? どうしたベル坊」

古市「あ」

ラミア「え」

男鹿「お」



14: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:16:14.43 ID:PPAU3ctv0

古市(ええええええええ!!! この町狭ーーーーーーーーー!!! こんな偶然あるーーーーーーーー!!!??)

男鹿「おー古市。 キモいの治してもらってるかー」

ヒルダ「……!! ラミア、その額の怪我は!!?」

ラミア「ぐすん……実は……」

古市(えっ!!? ちょっと待って!!?)

ラミア「……転んで怪我しちゃったんですぅ」

古市「……へ?」



15: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:17:00.89 ID:PPAU3ctv0

ラミア「医療道具忘れちゃったから……絆創膏を買いに……」

ヒルダ「成る程、そうだったのか」

男鹿「なんだよお前、家に絆創膏もねぇのかよー」

古市「そ、そうなんだよ!! いやー銀はがしに絆創膏いっぱい使っちゃってさー!!」

男鹿・ヒルダ(使うか……?)

古市「つーわけで俺ら買い物済ませるんで!! じゃっ!!」ダッ

男鹿「絆創膏ぐらい俺ん家にあるよな?」

ヒルダ「そうだな……」

ベル坊「ダブッ!!」

ヒルダ「!! そうですね坊ちゃま、早く家に帰りましょう」

男鹿(なんかもっとツッコまないといけないところもある気がするが……)

男鹿(……絆創膏は銀はがしに使わねえよな)←これのせいでほかの疑問はかき消された



16: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:17:34.80 ID:PPAU3ctv0

古市「はぁ……はぁ……」

ラミア「……別に走らなくてもいいじゃない」

古市「……確かに」

古市「……よしラミア!! とびっきりの絆創膏買うぞ!!」

ラミア「顔がキモい」











古市「……なんか無駄に色々買ったような気がするんだけど」

ラミア「何? 文句ある?」

古市「いえ、なんでもありません!!」



17: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:18:28.27 ID:PPAU3ctv0

ラミア「じゃあ次行くわよ」

古市「は? 次?」

ラミア「ねぇ古市、近くにデパートないの?」

古市「いや、あるっちゃあるけど……なんで?」

ラミア「いいから!! あたしの言う事聞きなさい!!」

古市(さては俺の財布を空にする作戦だな……)














ラミア「♪」

古市(すっげえ嬉しそう……そんなに俺いじめるのが好きか)



19: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:23:35.30 ID:PPAU3ctv0

ラミア「映画!!」

古市「ええっ!? 予約も何もしてないんだが……」

ラミア「いいから行くの!!」

古市「はい……」











ラミア「ああぬいぐるみ取れなかった!! もう一回!!」

古市(俺の金が……)












ラミア「あー美味しいー///」

古市「そ、そっか……ならよかった」

古市(機嫌も良くなってるな……)



20: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:24:06.50 ID:PPAU3ctv0

ラミア「……ねぇ古市」

古市「?」

ラミア「今日は……ごめん。 お金……使わせすぎて」

古市「お、おう……まあ気にすんな」

古市(正直、今月生き延びるのは厳しくなったが言わないでおこう)

古市(……つーかヒルダさんも呼ばなくて本当によかったのか? それ言う度に怒られたが)

古市「まあお前がいい思い出作れたんなら俺は別にいいけどな」

古市「それに……俺もお礼言わないと」

ラミア「え、なんで?」

古市「ありがとな、男鹿と会った時に誤魔化してくれて」

ラミア「……お礼言うの遅」



21: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 19:24:37.52 ID:PPAU3ctv0

ラミア「……!! ちょっと待って!! もうこんな時間!!?」

古市「! ほんとだ、あっという間だったな」

ラミア「もう帰らないと!!」

古市「じゃあアランドロンに転送してもらわないといけないんじゃないのか?」

ラミア「その前に……最後にまだあれやってないわ」

古市「え?」













ラミア「キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ」

古市(忘れてた……)



22: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:00:14.53 ID:PPAU3ctv0

ラミア「今日一日通して分かった事があるわ」

古市「な、なんだよ?」

ラミア「あんたはどうしようもなくキモいって事が」

古市「はぁ!!?」

ラミア「あたしの力を持ってしてもあんたを更生するのは無理だったわ」

ラミア「ほんと……あんたはロリコンだし……恥将だし……」

古市(我慢だ……噂を流されない為に我慢だ……)

ラミア「そんな……キモい塊のあんたの事が……」モジモジ

古市「……ん?」

ラミア「あんたの事が……」モジモジ

古市「……ラミア?」

ラミア(ああもう!! 言えない!!///)

ラミア(好きなんて言ったら……キモいやつを好きだなんてあたしなんか余計にキモいって言ってるようなもんじゃない!!)モジモジ

古市「……」

古市(もしや……トイレ我慢してるのか?)



23: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:01:48.10 ID:PPAU3ctv0

古市「……なぁ、ラミア」

ラミア「な、何よ」

古市「我慢しないでもう行っちゃった方がいいんじゃないのか?」

ラミア「!!!///」ドキッ

ラミア(『我慢しないでもう言っちゃった方がいい』!!?)

ラミア(何、あたしが今から言う事分かってんの!!?)

ラミア(……まあ男鹿と違ってこいつは鈍感じゃないから見透かされて当然なのかも……)

ラミア「わ、分かってるんだったら……あんたから言いなさいよ」

古市「??」

ラミア「へ、返事よ返事!! オーケーかどうか!!///」

古市「???」

ラミア「何か言いなさいよ!!///」

古市「えええ!!?」



24: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:02:46.48 ID:PPAU3ctv0

古市「……え、ええと……」

古市(トイレ行っていいかどうかオーケーって事……だよな?)

古市「……オーケーだけど」

ラミア「!!!!」

古市「な、なんでそんな驚いてるんだよ!!?」

ラミア「……だって……」

ラミア「よく考えてみればあたし……いつもワガママだから……」

ラミア「嫌だって……言われるかもって……」ポロッ

古市「泣くほどか!!? いいから早く行ってこいよ!!」

ラミア「……?」

古市「いや、トイレ我慢してんだろ? 早く行けよ」

ラミア「……」

ラミア「……は?」



25: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:03:17.46 ID:PPAU3ctv0

古市「いや、さっきからモジモジしてるから」

古市「トイレ行ってもいいか許可くれって事だろ?」

ラミア「……」

ラミア「……キモ」

古市「は!!?」

男鹿「おーいた。 ラミア」

ベル坊「ダブッ!!」

ラミア「!!!」

古市「お、男鹿!!?」



26: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:04:13.83 ID:PPAU3ctv0

古市「お前いつのまにここに!!?」

男鹿「たった今」

ラミア「き、聞いてたの!!? あたし達の話!!」

男鹿「? いや」

ラミア「……」ホッ

男鹿「??」

アランドロン「貴之///」

古市「おわあっ!!?」

ヒルダ「ラミア、そろそろ帰る時間だろう」

ラミア「ヒルダ姐様!! もしかしてあたしを探して……」

ヒルダ「ああ」



27: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:05:04.61 ID:PPAU3ctv0

アランドロン「ではどうぞ」パカッ

ヒルダ「もう当分……休みはないのだな?」

ラミア「はい……先生の元で勉強しないといけませんから」

ラミア「ヒルダ姐様も……ベルゼ様もまたいつか」

ヒルダ「うむ」

ベル坊「アイッ!!」

古市「……ラ、ラミア」

ラミア「……何?」

古市「もしもそっちから会うのが難しかったら……」

古市「俺から……会いに行こうか?」

ラミア「……」

ラミア「……勝手にすれば」

シュウウウウウウン……



28: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:05:56.65 ID:PPAU3ctv0

男鹿「しかしお前から魔界に行こうかなんて言うなんてな」

古市「な、なんだよ……変かよ」

古市(最後の最後で何故か機嫌損ねちゃったからな……次会う時に何言われるか分からんから早めに弁明しとかないと)

男鹿「!! さてはお前……」

男鹿「師匠と変な談義する為に魔界に行きたいのか?」

古市「!! いいなそれ!!!! フォルカス先生とは話が合うからな!! おっぱいとか尻とか!!」

ヒルダ「坊ちゃま、聞いてはいけませんよ」

ベル坊「アイ?」

古市「……」

古市(早めに会いにいってやるか)



29: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:06:43.60 ID:PPAU3ctv0

古市「……」

















ラミア『言っておくけどあんたと二人きりで過ごしたいとかそんなんじゃないんだから!!///』














ラミア『そんな……キモい塊のあんたの事が……』モジモジ

ラミア『あんたの事が……』モジモジ














ラミア『よく考えてみればアタシ……いつもワガママだから……』

ラミア『嫌だって……言われるかもって……』ポロッ
























古市「……」

古市「!!!???」



30: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:07:48.94 ID:PPAU3ctv0

古市(え、ちょっと待って!! 勘違いだよね!!? 俺の考えすぎだよね!!?)

古市(ああそうだ、そうに違いない!! 俺の知将センサーがそう言っている!!)

古市(クソ難聴鈍感の男鹿とは違って俺は好意があったらすぐに分かる!!)

古市(ていゆうか仮にそうだったらオーケーって言った俺ロリコンじゃん!!!)

古市(俺はロリコンじゃない俺はロリコンじゃない俺はロリコンじゃない俺はロリコンじゃないヒルダさん大好き寧々さん大好き)

男鹿「お前何一人で悶えてるんだ」

















レイミア「お帰りなさいラミア」

ラミア「ただいまお母さん!!」

レイミア「……明日から忙しくなるそうね……人間界でいい思い出は作れた?」

ラミア「うん!!」ニコッ

レイミア「……」

レイミア「古市さんには会えた?」

ラミア「!!!??」ドキッ



31: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:08:24.13 ID:PPAU3ctv0

ラミア「な、なななななななんでそこであいつの名前が!!?///」

レイミア「あらあら……本当分かりやすいんだから」

ラミア「……もーー!! お母さんの馬鹿!!///」

レイミア「大丈夫よ、きっとすぐに会えるわ」

ラミア「……」

ラミア「……早く来ないと承知しないんだから」



32: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:09:00.41 ID:PPAU3ctv0

次の日

フォルカス「今日、古市くん呼ぼう」

ラミア「!!!?」

フォルカス「いや、魔界には私と話が合う人が中々いなくてな」

フォルカス「一刻も早く尻の話がしたい!!」クワッ

ラミア(女の子の前で最低……)















古市「……」

ラミア「……」

古市(なんかフォルカス先生直々に呼ばれたんですけどーーー!!!?)



33: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:09:34.13 ID:PPAU3ctv0

古市(いや、早めに会いにいこうとは思ったけど!! こんなに早く会うとは全然考えてなかった!!)

フォルカス「すまないね、尻の話をしないとやってられん」

古市「そんなに尻に飢えてるんですか!!? ……まぁ分からなくはないですけど」

フォルカス「おお、分かるか!!」

古市「分かりますよ……だから俺はズボン派です。 パンツ見えないのが残念ですけど」

フォルカス「君とは日中語りたいな」

古市「俺もです」

ラミア(女の子の前で最低……)



34: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:10:05.13 ID:PPAU3ctv0

ラミア「……なんでヒルダ姐様と一緒じゃないのよ、馬鹿」

古市「今日、男鹿家は家族で旅行なんだよ」

ラミア「……ふーん」

古市「……」

古市(やっぱトイレ行っていいよって言っただけで泣くのはどうも不自然だ)

古市(ここは審議を確かめる為に……)

古市「……なぁラミア」

ラミア「……?」

古市「俺、彼女できた」

ラミア「!!!???」ガタッ

古市「はい嘘ーーー!!!」

ラミア「は、はああああああああ!!!?」



35: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:10:34.71 ID:PPAU3ctv0

ラミア「何その嘘!!?」

古市「……なぁラミア。 お前今、なんで動揺したんだよ」

ラミア「だ、だって!! あんたみたいなやつに彼女なんかできるわけないから……それでびっくりして……」

古市「……ショックだからじゃなくてか?」

ラミア「は、はぁ!!? なんであんたに彼女いたらあたしがショック受けるのよ!!?」

古市「いや……それは……」

古市(この動揺っぷり……認めたくないが……)

古市「だってお前……」













フォルカス「ラミア、古市くんの事好きだからな」

ラミア「」

古市(言っちゃったーーーーーーーー!!!)



36: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:11:01.35 ID:PPAU3ctv0

古市「ちょ、先生!! 今俺が言う流れでしょうが!!」

フォルカス「ヤバイと思ったが助手の事を考えると抑えきれなかった」

古市「犯罪者みたいな事言わないで!!」

ラミア「」

古市「ほら、ラミアも放心状態じゃないすか!!!」

ラミア「」

フォルカス「まー私から見ても分かるし、レイミアさんからもよく聞くしな」

古市「ちょ、ラミア!!?」

ラミア「……馬鹿ぁ」

古市「え」



37: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:12:58.58 ID:PPAU3ctv0

ラミア「だってぇ……あんたに好きって言ったら……」

ラミア「キモいあんたを好きになったらぁ……あたしもキモくなるからぁ……!!」

古市「ええ……」

フォルカス「古市くんはキモくない。 フェミニストだ」

古市「そうだぞラミア!! 俺はフェミニストだからな!!」

ラミア「そういう所がキモいのよ!!」

キン!!

古市「タマァ!!!」



38: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:14:35.33 ID:PPAU3ctv0

ラミア「……それよりあたしはあんたの事好きだけど……あんたはどうなのよ?」

ラミア「あたしの事……好きなの?」

古市「そうだな……お前と話してると楽しいし……」

古市「……好きなんだろうな、お前の事」

ラミア「ちゃんと言って」

古市「……」

古市「ラミア、好きだ」

ラミア「……」

古市「まー後二年ぐらい経ってもっとふくよかになってら俺から告白してたかもなー」

ラミア「もう一回蹴っていい?」キン!!

古市「それ蹴る前に言って!!」



39: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:15:37.86 ID:PPAU3ctv0

古市「……じゃあラミア、この件は人間界のやつらには内密に」

古市「俺がロリコンになってしまうので」

ラミア「内密にしなくてもとっくにロリコンよ」

古市「はぁ!!?」












古市「……ではお邪魔しました」

フォルカス「ああ、またな」

ラミア「……古市」

古市「?」

ラミア「……またすぐ来て」

古市「……うん」

フォルカス「君が学校が休みの日は呼んでやろう。 また白熱の尻議論をしようではないか」

古市「!! そうっすね!!」

ラミア「来ないで」

古市「ええっ!?」



40: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/04(日) 20:16:17.79 ID:PPAU3ctv0

ラミア「ところであんた、どうやって魔界に来たのよ」

古市「そんなの決まってんだろ、アランドロンに……」

アランドロン「……」ジー

フォルカス「……」

ラミア「……」

古市「……」

アランドロン「貴之の馬鹿ああああああああ!!!」

古市「はあああああああああああ!!?」



















男鹿「お前なんで泣いてるんだよ」

アランドロン「乙女心は……複雑ですから……」

古市「お前乙女じゃねえから!!」

終わり



元スレ
古市「ラミアが人間界に来る?」男鹿「らしいぜ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517738412/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:19
          • 連載では大して展開もなく、勿体無いキャラだったよな。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:26
          • べるぜ何気に好きだったなぁ
            魔界の話やバトルより石矢魔でギャグやってる時が面白かった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:44
          • 確か補完みたいな特別版で成長した思春期ラミア→古市 程度の進展はあったよな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:55
          • この二人をもっと主軸に物語を展開していればもうちょっと長生きできた、それくらい魅力的な二人だった。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:59
          • 普通に上手いな懐かしいわ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 23:41
          • やっぱ魅力あるキャラは長く愛されるんやなって
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 00:18
          • 焔王「」
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 00:37
          • 古市VS男鹿は文句のつけようもないベストバウト回だったな、何気に人間悪魔問わず周囲から認められてるのがわかった時胸がすく思いだった。
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 00:47
          • 懐かしい思いにさせてくれるええSSやった。キャラをしっかり生かして長生きして欲しかった作品やったわべるぜバブは
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 00:48
          • べるぜバブもう一回読み直すかぁ…
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 03:42
          • 懐かしすぎてリーゼントにしたくなったぞ…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 06:04
          • べるぜバブはヒルダ派だけどこのSSは面白かったぜ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 15:14
          • 5 なんだかんだ好き
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月07日 13:22
          • この二人大好きだったわ懐かしいなぁ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年04月11日 09:45
          • 5 原作の雰囲気をよく再現出来ていて、素晴らしい。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月01日 01:11
          • この二人変わらず好きだ
            心が幸せになるものを読ませてもらった、ありがとう

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ