TOP

【モバマス】愛海「大きさじゃないけど、それはそれとして好みはあるよね」

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 18:58:35.44 ID:rNfcPZv20

愛海「プロデューサーっ!」

モバP「お疲れ、愛海」

愛海「もう、本当に疲れたー」

モバP「大変だったろ」

愛海「うん、本当に大変で……すっごい疲れちゃった」

愛海「でも、プロデューサーがご褒美くれるっていうから、なんとかできたんだ~」」

愛海「で、ご褒美は? やっぱりお山?」

モバP「いや、違うけど」

愛海「えー……」

モバP「ほら、マシュマロだよ」

モバP「気に入ってただろ?」

愛海「わぁ! ありがとう、プロデューサー!」

愛海「柔らかくて甘くって……」

愛海「……これで、焼いてあったらもっと良かったんだけどねー」

モバP「さすがにそれは用意できなくってな」

モバP「また今度作ろうな」

愛海「うん!」



2: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 18:59:12.57 ID:rNfcPZv20

愛海「ん~♪ やわらか~い♪」

愛海「……でもやっぱり物足りないよね」

モバP「焼いてて欲しかったか?」

愛海「あ、うんそれもそうなんだけど」

愛海「やっぱりお山が欲しいなーって、ね?」

モバP「とはいっても今は登らせてくれる人もいないしなぁ」

愛海「プロデューサーがいるじゃん」

モバP「へ?」

愛海「お願い、登らせて?」

モバP「……」

愛海「……ダメ?」

モバP「……しょうがないな」

愛海「やった! ありがとうプロデューサー!」

モバP「……仕方ないな」

愛海「うひひっ、さっすがプロデューサー!」

モバP「……」

モバP(……ずるいよな)

モバP(愛海に上目遣いされたら断れないって)



3: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:00:20.78 ID:rNfcPZv20

愛海「それじゃあ! この世のすべてに感謝をこめて」

愛海「いただきますっ!」

モバP(……まあ食われるようなもんか)

愛海「……」ワキワキ

モバP「……く」

愛海「……」ワキワキ

愛海「んー……」スッ

モバP「ん、もう満足したのか?」

愛海「いやー……まあ……んー」

愛海「やっぱり物足りないよね」

モバP「お前、揉んでおいて……」

愛海「だってさ、もっとこう……手が埋まるような柔らかさともちもちさが欲しいよね」

モバP「さすがに男の胸でそれは難しいだろうなあ」

愛海「でしょ? だから別のお山も登りたいな~……」

モバP「……それは無理だって」

モバP「ほら、大きさじゃないんだろ? 俺の胸で満足してくれよ」

愛海「確かに大きさじゃないんだけどさ」

愛海「それはそれとして好みはあるよね?」



4: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:02:04.29 ID:rNfcPZv20

愛海「もちろん、お山に優劣は無いって思ってるよ」

愛海「雫さんみたいな、誰もが目を奪われるような圧巻のお山だって」

愛海「藍子さんみたいな、野に咲く一輪の花のような慎ましやかなお山だって」

愛海「それぞれいいところはあって、だから優劣なんてつけられないの」

愛海「おっきいほうが良いとか、ちっさい方が良いとか、そんなのは決められないの」

愛海「だって、人それぞれでお山の何が好きかは違うんだから」

愛海「プロデューサーもわかるでしょ?」

モバP「まあな」

モバP「絶対的な価値観なんてないものだしなこういうのって」

愛海「そう、そうなの!」

愛海「だからね、これはあたしの好みの問題なの」

愛海「あたし個人の好みの問題として……」

愛海「……プロデューサーのお山は物足りないなーって」

モバP「そうか……」

モバP「……まあ、揉み応えも無いだろうし、そもそも硬いしな」

愛海「……あっ、でもね! プロデューサーのお山ってね、とっても安心するの!」

モバP「そうなのか?」

愛海「うん! なんっていうか……あたしがこの手で包んでいるはずなのに、あたし自身が包まれている感覚?」

モバP「……なんだそれ」

愛海「んーよくわかんないけど……とにかく、プロデューサーのお山は心がポカポカするの」

愛海「焼きマシュマロみたいなあったかさじゃなくて……ホッカイロみたいなあったかさというか……」

モバP「?」

愛海「今みたいな時に登るんじゃなくて、例えば落ち込んだときとか、しょぼんとしてるときとかに登りたいような……」

モバP「??」

愛海「えーっと、とにかくっ、そんな感じだから!」

愛海「だから、凹まないで!」

モバP「いや、別に凹んでるわけじゃないけどな」

愛海「あれ、そうなの?」



5: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:03:10.57 ID:rNfcPZv20

愛海「ってわけで、プロデューサー。別のお山に登りたい!」

モバP「……そもそも、愛海の好みのお山ってどれなんだ?」

愛海「あ、そっか。教えてなかったっけ」

モバP「そもそも好みの話も今聞いたばっかりだったからな」

愛海「ん。じゃあ教えるね」

愛海「あたしの今後の登山プロデュースに役立ててね♪」

モバP(なんだそれ)

愛海「で、あたしの好み……というより、今登りたいお山なんだけどね」

愛海「ずばり、聖ちゃん!」

モバP「……聖?」

モバP「雫とかじゃなくて?」

愛海「うんうん、雫さんの立派なお山も素敵だよね」

愛海「でもね、あれはチャレンジするものなの」

愛海「あのお山に登って得られるのは達成感と充実感……」

愛海「今は、それよりも高揚した気分を落ち着かせたい感じだからね、もうちょっと低いお山の方がいいなーって思ったの」

モバP「……お山にもいろいろあるんだな」

愛海「お山は1日にしてならずだよ!」

愛海「あたしだってまだ勉強中なんだから」

モバP「ふーん……」

モバP「でもさ、じゃあなんで聖なんだ?」

モバP「他にもあれくらいのサイズの子ならいっぱいいるだろ?」

愛海「それはね、聖ちゃんがもちもちしてるから!」



6: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:04:28.97 ID:rNfcPZv20

愛海「知ってる? 聖ちゃんの肌ってすっごくもちもちしてるの!」

愛海「この前手を握る機会があったんだけどね、もう気持ちよくって気持ちよくって……」

愛海「まるでお山に登っている感覚がするくらい、ふわふわでやわらかかったの」

モバP「へぇ……」

モバP「……あー、でも言われてみれば結構柔らかかったな」

愛海「でしょ?」

愛海「だからね、きっとお山はもっと素敵な感触がするんだろうなーって思って」

愛海「だから、登りたいの!」

愛海「ね、プロデューサー。お願い?」

モバP「無理だな」

愛海「えー……」

愛海「こんなにいっぱい話したのに……」

モバP「いや、熱意は伝わったが……今レッスン中なんだよ」

愛海「あ、そうなんだ……」

モバP「だから、無理だ」

愛海「むー……残念」



7: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:06:05.25 ID:rNfcPZv20

愛海「あ、じゃあ、レッスン終わった後は?」

モバP「本人に聞いて許可をもらったらな」

愛海「許可なら出してたよ?」

モバP「……どこで」

愛海「夢で」

モバP「おい」

愛海「ほら、きっとあたし予知夢が見れるようになったんだよ!」

愛海「だから、オッケー!」

モバP「……」

愛海「ちなみに、どのくらいで終わるの?」

モバP「んー……もう少しだな」

愛海「そっか」

愛海「じゃ、ちょっとお話しようよ、プロデューサー」

モバP「ん」

愛海「プロデューサーはどんなお山が好き?」

モバP「やっぱそういう話になるのな」

愛海「だって、知りたいし」

愛海「あたしの好みも話したんだから、プロデューサーの好みも、ね?」

モバP「……」



8: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:07:44.54 ID:rNfcPZv20

愛海「で、どんなのが好き?」

モバP「そうだな……」

モバP「……言うの恥ずかしいな」

愛海「何を恥ずかしがることがあるの!」

愛海「あたしたちはみんな、生まれたときはお山から栄養をもらって……お山のおかげで育ったでしょ?」

愛海「お山が無ければ生きていけなかったかもしれない……」

愛海「だから、言っちゃえばお山は第二の母みたいなものなんだよ!」

愛海「そんなお山の話をして恥ずかしいことがあるだろうか!」

愛海「いや、ない!」

モバP「お、おう……」

モバP(無駄に説得力があるな)

愛海「で、どんなお山が好きなの?」

モバP「……」

愛海「恥ずかしがらずに、さあ! 思いの丈を!」

モバP「……いや、まあ」

モバP「……」

モバP「小さいのが好きだな」

愛海「どのくらいの?」

モバP「……それこそ、愛海くらい」

愛海「へぇ、あたしくらいかー」

愛海「確かに、ちょっと前に海に行ったときも大きい人より小さい人を良く見てたかも……」

愛海「あたしのことも良く見てたような……?」

モバP「そんなつもりは無いんだけどな……」

モバP(……なんだこの羞恥プレイ)

愛海「ふーん……」

愛海「あ、じゃあさ。あたしのお山登ってみる?」

モバP「はぁ!?」



9: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:08:16.22 ID:rNfcPZv20

愛海「どしたの?」

モバP「いやっ、どうしたのってお前……だ、ダメだろ!」

愛海「えっ、でもあたしさっきプロデューサーのお山登らせてもらったし」

愛海「そのお礼に、どう?」

モバP「いやっ……」

モバP「じっ……」

愛海「じ?」

モバP「じっ……じ、自分の体をもっと大事にしなさいっ!」

モバP「そういうことを軽々しちゃいけません!」

愛海「……プロデューサーはお母さん?」

モバP「はっ!……すまん、つい口調が」

愛海「別にいいけど……」

愛海「でも、あたし別に自分の体を大事にしてないわけじゃないよ?」

モバP「いや……でも、ほら、そんな簡単に胸を触らせたらダメだろ」

愛海「……別に誰かれかまわずこんなことするわけじゃないよ」

愛海「プロデューサーだから、いいかなって」

モバP「」

愛海「いつもお世話になってるしね。たまにはあたしもプロデューサーを喜ばせることをしよっかなって」

モバP「」



10: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:09:52.05 ID:rNfcPZv20

モバP「」

愛海「……プロデューサー?」

モバP「」

愛海「おーいっ」

モバP「」

愛海「登ったら戻るかな?」

愛海「……」ワキワキ

モバP「……はっ!」

愛海「あ、戻った」

モバP「すまん、ちょっとびっくりしちゃって」

モバP「……なあ、愛海。男にそんな簡単に胸を触らせたらダメだぞ」

愛海「だから、プロデューサーだからいいかなって」

愛海「それに、プロデューサーだったらえっちな気分にもならないでしょ?」

モバP「……えっ、何その信頼」

愛海「……それとも、あたしでもえっちなこと考えちゃう?」

モバP「」

モバP「……い」

モバP「……いや、そんなことは無いけど」

モバP「プロデューサーだし、さすがに」

愛海「だよねっ!」

愛海「じゃあ、どうぞ?」

モバP「」



11: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:10:45.01 ID:rNfcPZv20

モバP「」

愛海「……プロデューサー?」

モバP「」

愛海「おーいっ」

モバP「」

愛海「……また固まっちゃった」

愛海「もっかい登ったら戻るかな……」ワキワキ

モバP「……はっ!」

愛海「あ、戻った」

愛海「大丈夫?」

モバP「ああ、大丈夫だ」

愛海「登る?」

モバP「登らない」

愛海「えー……でも、好きなんでしょ?」

モバP「それは……まあ……」

愛海「ほら、いつもあたしも登ってるんだし、それと同じ感じで、ね?」

モバP「……」

愛海「さ、どうぞ」

モバP「……ぐ」

モバP「……」

モバP「……」スッ

聖「……お疲れ様です」ガチャ

モバP「」ビクッ

愛海「あ、聖ちゃん!」

愛海「お疲れー!」



12: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:11:40.15 ID:rNfcPZv20

聖「あ、愛海さん……」

愛海「さっきまでレッスンだったんでしょ、どうだった?」

聖「あ、うん……上手くできた……えへへ」

聖「でも、ちょっと疲れちゃったかも……」

愛海「それは大変!」

愛海「じゃああたしがマッサージしてあげるよ!」

聖「ほんと……?」

愛海「うひひっ、もちろん!」

愛海「ささ、そこのソファーに座って座って!」

聖「う、うん……」

モバP「……ふぅ」

モバP(……た、助かった)

モバP(流れに乗って触りかけてた……本当に危なかった……)

聖「よいしょ……」

愛海「それじゃ、マッサージ始めるね!」

聖「うん……」

聖「……あれ、どこのマッサージするの?」

愛海「んー? 足だよ。疲れてるかなって」

聖「そうかも……今日ダンスレッスンだったから」

愛海「うひひっ、それじゃあ念入りにマッサージするね!」



13: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:13:29.12 ID:rNfcPZv20

聖「んっ……」

愛海「どう、気持ち良い?」ワキワキ

聖「うん……気持ち良い……」

愛海「うひひ、よかった……」ワキワキ

モバP(……)

モバP(……もったいなかったな)

モバP(いや、揉むわけにはいかないけどさ)

愛海「それじゃ、足はこれくらいにして。次のところにいくね」

聖「うん……」

聖「……次は、どこなの……?」

愛海「それはね……」

愛海「そのお山だっ!」

聖「きゃっ!」

モバP(……しかし、まさかあそこまで信頼されてるとは)

モバP(変なこと言わなきゃ良かったかもな……)

モバP(……)

モバP(……でも、もったいなかったなぁ)

愛海「おお……おお!」

愛海「やっぱり想像通り……ううん、想像通りに素敵なお山……!」

聖「ぅ……んっ、あ、愛海ちゃんっ……!」

愛海「この程よい弾力性……包み込まれる柔らかさ……」

愛海「はぁ……落ち着く気持ちよさ……」

聖「やぁ……んっ」

モバP「……はっ!」



14: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:15:31.62 ID:rNfcPZv20

モバP「愛海、そろそろ離してやれ!」

愛海「えー」

愛海「こんなに気持ち良いのに」

聖「ひん……っ」

モバP「ほら、聖も困ってるだろ!」

モバP「……あと、俺も限界だし」

愛海「へ、どういうこと?」

モバP「とっとにかく!」

モバP「ほら、離れろっ!」グイッ

愛海「ひゃっ!」

愛海「むー……聖ちゃんも気持ちよさそうだったのに……」

愛海「ねぇ?」

聖「え……あ……」

聖「えっと……」

聖「……」

聖「…………うん」

聖「気持ちよかった………………です」

愛海「ほら!」

愛海「もっとして欲しいよね?」

聖「………………うん」

愛海「だって!」

愛海「許可も出たし、もうあたしを止める必要は無いよね?」

モバP「」

愛海「うひひっ、それじゃあまたマッサージしてあげるね」

聖「……お願い、します……♪」

モバP「」

愛海「うひひっ」ワキワキ

聖「んっ……」

モバP「……」

モバP(……外出てよう)




おしまい



15: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:18:10.21 ID:rNfcPZv20

男として見てないあつみんに翻弄されたいのと、むっつりえっちなもちもち聖ちゃんが見たいってノリと勢い。

誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。読んでくださった方ありがとうございました。



16: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/02/04(日) 19:19:06.68 ID:rNfcPZv20

最近書いたの
卯月「宝くじを拾いました」

茄子「どんどん私を撫でてくださいねっ」

芳乃「この事務所には不思議な力が多すぎでしてー」

アナスタシア「雪女」


よかったらこちらもよろしくお願いします



元スレ
愛海「大きさじゃないけど、それはそれとして好みはあるよね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517738315/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 20:20
          • 師匠...

            師匠ーーーー!!!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 20:24
          • ※1
            (藍子の胸を)見るがいい……どれだけお山を登るために育てようとしても、雫細胞だけには頼らなかった…
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 20:25
          • 愛海「愛美さんのお山は無理……」
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 20:27
          • 寺Pこういうのも書くのか!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 20:32
          • ※2
            ドラム缶&72「雫細胞ヲヨコセー!」
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:02
          • 高盛りたいの?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:17
          • 師匠「この荒猛怒は偽物だ。登頂(のぼ)れないよ」
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:21
          • 目の前のお山に登らんとはこのPは登山家の風上にもおけんな
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:23
          • 拓海細胞を移植したら薄汚いオルフェノクになるのか
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 21:34
          • 俺の特大登頂旗をココに立てよう(ボロンッ)
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 22:10
          • 山は誰にでもあるだろ!藍子には谷間はないがなw
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 23:18
          • ※8
            ロクな準備しないで登ったら死んでしまうかもしれんだろ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 23:29
          • こりゃあ登山と言うよりはボルダリングだな!
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 02:53
          • 好き
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 07:33
          • 5 寺生まれの作品と落差がありすぎる。
            モンクはないけど!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 11:09
          • 愛海の乳首をこねくりまわしてゆっくりと死んでいきたい
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 12:48
          • テントが張れるんだからそこは山なのです
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月05日 22:17
          • なんだろう…自分の担当(ひじりん)が性的に描かれて湧き上がるこのモヤモヤは…
            悪くない

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】真壁瑞希「Cut. Cut. Cut.」
        • 【ミリマス】真壁瑞希「Cut. Cut. Cut.」
        • 小泉さん「おや、こんな場所にもラーメン屋があるんですね」志摩リン「へいらっしゃい」
        • 小泉さん「おや、こんな場所にもラーメン屋があるんですね」志摩リン「へいらっしゃい」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【モバマス】双葉杏「スロウスタート?」
        • パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」
        • パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ