TOP

【モバマス】志希「黙ってあたしと踊って」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:18:40.09 ID:QEXgAndx0


モバP(以下P)「ふぅ、終わった~」

ちひろ「お疲れ様ですプロデューサーさん」

P「ちひろさん、お疲れ様です」

ちひろ「相変わらずプロデューサーさんは書類整理が早くて羨ましいですよ。私なんてまだ半分…」

P「いやいやちひろさんも早いですって、それにしても今日は一段と多かったような」

ちひろ「新年を迎えましたからね、お仕事てんこ盛りですよ」

P「嬉しいことですけど新年早々忙しいのもアレですね」

ちひろ「まあ良いことじゃないですか。あ、そういえばプロデューサーさん今日って…」

P「はい?」

ちひろ「ほら飛鳥ちゃんの」

P「ああ、そういえば今日でしたね」

ちひろ「まさか忘れてたんじゃ…」

P「ないないそれだけはないですって、ちゃんと準備してますよ」

ちひろ「ならいいんですけど、他のみんなも色々準備しているみたいですよ?」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:19:06.55 ID:QEXgAndx0


P「みたいですね、なんでも志希が珍しく張り切ってるみたいで」

ちひろ「本当ですか!?あの志希ちゃんが…」

P「ホント珍しいこともありますよね。こういっちゃなんですがアイツが誕生日とか覚えていたのがびっくりです」

ちひろ「志希ちゃんそういうの気にし無さそうですもんね」

P「俺もそう思ってました…今度からは考えを改めないといけなそうです」

ちひろ「私もです…あ、プロデューサーさんそろそろ準備手伝わなくていいんですか?」

P「え?うわもうこんな時間、飛鳥が撮影終わるのって2時間後でしたっけ?」

ちひろ「予定通りならそのはずですよ」

P「ならなんとか間に合うか…よし、じゃあちひろさん俺も行ってきますね」

ちひろ「はいっ、私もここ終わらせたら手伝いに行きますね」

P「はい、では後で!」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:19:42.19 ID:QEXgAndx0

―――


志希「それがそこで~それはそこ!うん、我ながら完璧~♪」

友紀「志希ちゃん今日は一段と指示がキレッキレだね」

志希「にゃはは~今の志希ちゃんはノリノリなのだ!」

卯月「それにしても志希ちゃんいきなりダンスパーティーがしたいなんて言い出すんですもん、びっくりしましたよ」

志希「ん~なんかそうしたらイイ匂いがしそうな予感がね。それに普段やらない事って絶対楽しそうじゃない?」

友紀「確かに楽しそうだよね、あたしダンスなら負けないぞ~」

卯月「…友紀ちゃんダンスバトルじゃないからね?」

友紀「えへへ~冗談冗談」

志希「それに飛鳥ちゃんも絶対気に入ってくれると思うんだ~、なんかそんな気がする。これが女の勘ってやつ?」

卯月「うーん…そうなんでしょうか?」

P「いや違うだろ…」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:20:11.34 ID:QEXgAndx0


友紀「お、プロデューサー!ちょうどいいトコに来たね!!はいそっち持って!」

P「おいおいいきなりだな。うわなんだこの長いテーブルこんなの事務所にあったか?」

志希「卯月ちゃんと倉庫漁ってたら出てきました!大発見!」

卯月「大発見です!」

P「ウチの倉庫魔境かよ…」

友紀「これに食べ物とか色々乗っければ完璧!あら不思議大会議室がダンスパーティーの会場に!!」

P「ドレスコードはございますかね」

志希「カジュアルで大丈夫だよワトソンくん」

P「なら安心だ」

友紀「ドレスコード…ってなんだっけ?」

P「あー気にすんな、うん」

友紀「あ、そう?んじゃそっち持って~」

P「はいよー、いち、にの、さん」

友紀「――ふぅ、やっぱり重たいね…」

P「一瞬腰が抜けるかと思った…」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:20:42.88 ID:QEXgAndx0


友紀「ちょっとなんかジジ臭いよそれ…」

P「ばかやろう誰がジジイだ誰が、まだ若いですー!」

卯月「あ、そういえばお料理をそろそろ準備しないとですね」

P「そういやそうだった、飲み物は買っといたのが冷蔵庫にあるし…」

友紀「これはコック姫川の腕の見せ所かな?」

P「お前料理出来ないだろうが…」

友紀「失礼な!…いや、ま、まあ確かにできないけどさ…」

志希「ちなみに志希ちゃんもできませーん!こればっかりは卯月ちゃんとちひろさんにお任せだね~」

卯月「任せて下さい!島村卯月頑張ります!!」

P「んじゃ頼んだぞ卯月、そろそろちひろさんも来るだろうし…」

ちひろ「――皆さんお待たせしました!」

P「ほらな」

ちひろ「ほえ?」

友紀「卯月ちゃんとちひろさんに料理部門はお任せって話!こっちはこっちで飾り付けとか完璧にしておくからね!」

ちひろ「あーなるほど、大丈夫です任せてくださいねっ」

志希「ワオ、ちひろさんも張り切ってるね♪」

P「よし、じゃあそれぞれ分かれて作業再開!」

「「おー!」」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:21:16.06 ID:QEXgAndx0

――

P「――お疲れ飛鳥」

飛鳥「ん、プロデューサー…わざわざ終わるまで待っててくれたのかい?フフッ、ありがたいね」

P「こんくらいどうってことないさ。さて、車に乗って事務所に戻ろう控え室少し冷えるだろ?暖房効いてるぞ」

飛鳥「やけに準備が良いじゃないか、と言ってもキミが気配り上手なのは前からだったね。ボクはキミのそういうところは素直に尊敬するよ」

P「よせやい、照れるわ」

飛鳥「フフッ、さあ往こうか」

P「――なあ飛鳥、撮影疲れたろうけどまだダンスとか出来たりする?」

飛鳥「…?それはどういう意味だい?」

P「いやそのまんまの意味、まだそんな体力あるかって話よ」

飛鳥「なるほど…真偽はよく分からないが、体力があるかどうかなら答えはイエスさ。日々のレッスンの賜物か、ここ最近のボクはスタミナが付いてきたからね。それに軽めの撮影だったし」

P「そうか、なら良かったよ」

飛鳥「…?」

P「まあまあ、事務所に着いたら分かるさ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:21:59.50 ID:QEXgAndx0


――

P「うーし、着いた着いた。飛鳥先行っててくれちょっと降ろす荷物があるんだ」

飛鳥「ああ、理解ったよ」

ガチャ

「「飛鳥ちゃん誕生日おめでとー!!!!」

飛鳥「!?」

友紀「えへへ!びっくりした!?」

卯月「お誕生日おめでとうございます飛鳥ちゃん!」

志希「飛鳥ちゃんおめでとー!にゃはっ♪」

ちひろ「飛鳥ちゃんお誕生日おめでとうございます!」

飛鳥「みんな…ボクの為に用意してくれていたのかい…?」

友紀「もっちろん!みーんな飛鳥ちゃんのためだよ!!」

P「――よっこいせっと、飛鳥誕生日おめでとう」

飛鳥「プロデューサーまで…」

志希「ありゃ?飛鳥ちゃん意外に反応薄いカンジ?」

飛鳥「いや違うんだ…驚きと嬉しさでどうしたらいいか分からない…とにかくその…嬉しいよ、とっても。本当にありがとうみんな」

卯月「えへへ♪でもお礼を言うのはまだ早いですよ飛鳥ちゃん」

飛鳥「そうなのかい?」

P「ほれ玄関に居るのもそろそろ冷えるだろ、奥の会議室に行った行った」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:22:46.61 ID:QEXgAndx0

――

飛鳥「これは…随分と物が片付いているね。まるでダンスホールのような」

友紀「飛鳥ちゃん正解!流石だね!」

飛鳥「…だからさっきプロデューサーがダンスは出来そうか聞いてきたのかい?」

P「その通り、ちなみに志希考案だ」

志希「えっへん!」

飛鳥「フフッ、誕生日にダンスパーティーか…中々出来ない経験かもしれないね――くくくっ」

卯月「飛鳥ちゃんが嬉しい時にする不敵な笑みをしてますよ!」

ちひろ「これは志希ちゃん当たりでしたね」

志希「イエーイ♪もっと褒めて褒めて~♪」

P「志希偉い!すごい!かっこいい!」

志希「うーん雑ぅ~」

ちひろ「ちなみに端のテーブルにお料理とかありますからね、私と卯月ちゃんで作りましたっ」

飛鳥「手料理まで…なんだか気が引けるよ」

P「何言ってんだ今日はお前が主役だぞたくさん楽しめ!」

飛鳥「――フフッ、そうだね。せっかくみんなが用意してくれたんだ存分に楽しませてもらうさ」

友紀「じゃあ飛鳥ちゃん乾杯の音頭をよろしく!」

飛鳥「あー…んんっ、ボクはあまりこういうのには慣れてないから気が利いた事を言えない。でもこれだけは言わせて欲しい、今日はみんな本当にありがとうボクは素晴らしい仲間を持ったみたいだ――フフッ、なんだか恥ずかしいね、乾杯!」

「「かんぱーい!!」」

「あ、友紀お前どっからビール出してきた!!」

「え?いや~あははっ」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:23:41.59 ID:QEXgAndx0

――

飛鳥「…ふぅ」

志希「あっ、飛鳥ちゃんみーっけ♪」

飛鳥「――やあ志希、今日はありがとう。あのダンスパーティーはキミが考えたんだろう?おかげでとても楽しい時間を過ごせたよ」

志希「どういたしましてー。…飛鳥ちゃんはみんなが片付けをしてる間屋上で何してるのかな?」

飛鳥「ああ…特に用があるわけじゃない、何となくこの静かな空間に居たくなった、ただそれだけだよ」

志希「ふーん…ねえ飛鳥ちゃん」

飛鳥「ん?」

志希「今さ、ここであたしと踊ってみない?」

飛鳥「…なにゆえ?」

志希「そういう気分だから?」

飛鳥「なるほどね…だがさっき散々踊ったじゃないか」

志希「まあまあそう固いこと言わずに、ね?」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:24:10.91 ID:QEXgAndx0


飛鳥「――ここなら夜景が良く映えてさっき踊った時よりまた印象も違う…か、このロマンチックとも言える景色を背景に踊りたい気分、そう言いたいのかい?」」

志希「にゃははーまあそんなトコ、この綺麗な所で今日お誕生日の飛鳥ちゃんと踊りたいのだ!」

飛鳥「フフッ、舞台は整った、か」

志希「どう?踊ってくれる?」

飛鳥「まあ特に断る理由もないさ。良いよ、踊ろう志希」

志希「にゃははーそうこなくっちゃね♪流石プリンセス飛鳥ちゃん♪」

飛鳥「プリ…何?」

志希「だって誕生日にダンスパーティーなんてお姫様みたいでしょ?だから今日の飛鳥ちゃんはプリンセス。…嫌だった?」

飛鳥「――嫌なんて思ってないさ。じゃあボクがプリンセスならキミはプリンスかな?志希」

志希「オホン、おクスリの国の王子様です。プリンセス飛鳥、私と一曲ダンスでもどうですか?」

飛鳥「フフッ、喜んでお受けするよ志希王子」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:24:53.47 ID:QEXgAndx0

飛鳥「…にしてもなんでボクなんだ?踊り足りなかったなら友紀さんの方がダンスは上手いと思うけど」

志希「飛鳥ちゃん、今はダンスに集中だよ。ほらワン、ツー、スリー、ワン、ツー、スリー♪」

キュッ キュッ タンタン

飛鳥「うおっと、ちょっと志希ハイペース過ぎないか?」

志希「そんな事ないよーほらほら、ワン、ツー、スリー、ワン、ツー、スリー♪」

キュッキュッ タンタン キュッ

志希「…!」

飛鳥「――っ!」

キュッ タタンッ 

志希「…飛鳥ちゃん余計な事考えてる?」

飛鳥「別にそういうわけじゃ…」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:26:00.81 ID:QEXgAndx0

キュッ タンッ カッ キュッ

志希「――ねえ飛鳥ちゃん」

飛鳥「?」

志希「今は何も考えずにさ…あたし踊ることだけ考えて」

飛鳥「…わがままな王子様だね」

志希「あたしと踊るの退屈だったり――」

飛鳥「おっと、ヘンな勘違いはやめてくれ。さっきも言ったがそんな事は少しも思ってない」

志希「にゃはは…そっか、そっか…飛鳥ちゃんは優しいね」

飛鳥「なんだか今日のキミは普段とは違うね、何かあったのかい?」

志希「…あたしもよくわかんない、何か体がこう、あーしたいこーしたいって言うのに何も考えずに従ってる感じ?」

飛鳥「それ普段のキミだと思うんだが…」

志希「にゃははは!確かにそれもそーだね!」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:26:34.65 ID:QEXgAndx0

飛鳥「くくくっ、フフフッ…!!」

志希「にゃははははは!」

飛鳥「――志希」

志希「んにゃ?」

飛鳥「誕生日って何なんだろうね」

志希「うーん、それあたしも悩んでたんだー」

飛鳥「やっぱりかい?キミもそうなんだろうなと思っていたよ」

志希「あたし、つい最近まで人の誕生日も自分の誕生日もキョーミ無かったんだー。祝ったり祝われたり、別に嬉しくないわけじゃないんだけど、直ぐに他のコトしたくなっちゃうんだー」

飛鳥「でも今日のボクの誕生会はキミが考えてくれたって聞いたよ、どうしてだい?」

志希「それもよくわかんないんだよね。なんかね、飛鳥ちゃんの誕生日って聞いたら志希ちゃんのアタマにパーッと楽しそうにしてる飛鳥ちゃんが浮かんで、あーイイ感じかもってなって…アドレナリンドバドバーってカンジ」

飛鳥「えらく抽象的な説明をどうも。実にキミらしいよ」

志希「にゃははーでしょでしょ♪」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:27:06.63 ID:QEXgAndx0

飛鳥「まあでも…面と向かって言うのは流石のボクも恥ずかしいんだが…」

志希「ん~?なになに?」

飛鳥「その…あ、ありがとう」

志希「ん~~?聞こえないよ飛鳥ちゃんっ」

飛鳥「に、二度は言わないぞ!――それにニヤニヤして絶対に聞こえてるだろう!!」

志希「にゃはははー!でも飛鳥ちゃんのありがとうが聞けて良かったー、志希ちゃん大満足♪」

飛鳥「…ほらもう行こう志希、そろそろみんなが探しに来そうだ」

志希「ん~それもそうだね!あ、あと飛鳥ちゃん、これあげるー♪」

飛鳥「?これは…花かい?」

志希「うん、イイ匂いで飛鳥ちゃんっぽいかなーって選んだんだー♪」

飛鳥「なるほどね、有難く受け取っておくよ。…これは、蒼い薔薇?」

志希「そそー、じゃ志希ちゃん先行ってるよー」

飛鳥「あ、ああ。蒼い薔薇…志希らしいといえば志希らしい…か。フフッ」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:27:50.41 ID:QEXgAndx0

――

P「お、飛鳥どこ行ってたんだ?今から探しに行こうかと思ってたところだったよ」

飛鳥「すまない、いやなに、ちょっと独りで感傷に浸っていたとでも言っておこうか」

P「なんだそりゃ。ん?飛鳥その手に持ってるのって蒼の薔薇か?」

飛鳥「ああ、そうだよ」

P「また珍しいの持ってるな、蒼の薔薇といえば花言葉は確かー、『奇跡、神の祝福』だったか」

飛鳥「へえ…。フフッ」

P「間違ってたらすまん。というか誰から貰ったんだ?」

飛鳥「それはトップシークレットってやつさプロデューサー。それより志希を見なかったかい?ちょっとあの天才娘に用事があってね」

P「あー志希なら電池切れ~って仮眠室に消えてったぞ」

飛鳥「そうか、ありがとうプロデューサー。用事が終わったら直ぐ戻るよ。キミやみんなにも改めてお礼を言いたいからね」

P「そうかそうか、じゃあ残った片付けしながら待ってるぞ」

飛鳥「ああ、また後で…」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:28:20.39 ID:QEXgAndx0

――

飛鳥「(フフフッ、神の祝福…か。天才娘め、なかなか粋じゃないか)」


飛鳥「(ここまで完璧に祝われたんだ、次はボクの番、そうだろう?志希)」





飛鳥「次に祝われるのはキミの番だよ、なんてね♪」

志希「んにゃ?」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/04(日) 01:31:34.07 ID:QEXgAndx0

やべ最後おしまいって書くの忘れてた
というわけでモバの方でDimension-3が再登場したのと飛鳥誕生日記念のヤツです
まあ間に合ってないんですけどね



元スレ
志希「黙ってあたしと踊って」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517674719/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (7)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 07:33
          • しきあす\(^o^)/
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 08:22
          • しきあすは正義
            アカシックレコードにも書いてある
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 08:30
          • 蘭子「我が魂の片割れが刹那の迷いの中で羽ばたきを……(飛鳥ちゃんが浮気してる……グスッ)」
            フレデリカ「志希ちゃんもフレちゃん以外の拠り所見つけたー?もっと皆と仲良くなってね」
            蘭子「Σ?!」
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 09:42
          • フレちゃんアッパラパーな部分抜くと結構大人だから……
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 16:33
          • しきあすは憧憬、あすらんは正義、さちあすは喜劇、ヴァリアスハートは家族
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 18:09
          • そしてヘレあすは世界
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月04日 18:28
          • むしろ飛鳥がヘレン

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 黒魔道士(♀)「ワタシのものになるか……それとも死ぬか。どちらかお好きな方を選んでくださぁい♪」
        • 黒魔道士(♀)「ワタシのものになるか……それとも死ぬか。どちらかお好きな方を選んでくださぁい♪」
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        • 探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ