TOP

勇者「パーティが無防備過ぎて困る・・・」

1: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:53:37 ID:R26B6nbc

商人(女)「勇者、おっはよ~!」

勇者(男)「ひっつくな商人!」

商人「えぇ~、朝の挨拶は全身でやるのがモットーなのよ」

勇者「そんなモットー捨ててしまえ!!」

商人「それを捨てるだなんてとんでもない!!」

魔法使い(女)「おはよ~・・・二人とも朝から元気ね~」

商人「おはよ~、魔法使い。今日もエッチな下着が覗いてるね~」

魔法使い「あらあら・・・はだけちゃってた。でも仲間の前だから恥ずかしくないわね」

勇者「恥ずかしがれよ!僕は男だ!」

魔法使い「勇者は男でも仲間だから恥ずかしくなんかないの」

勇者「どんな理屈だよ・・・」

僧侶「お、おはようございます。準備してたら遅くなっちゃいました」

商人「あ、僧侶おはよ~」

魔法使い「おはよう」

勇者「僧侶、君からも言ってくれ・・・仲間内でももっと羞恥心を持って・・・バフ・・・」



2: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:54:16 ID:R26B6nbc

僧侶「勇者様・・・朝から胸に顔を突っ込むなんて元気ですね」

商人「勇者やる~」

魔法使い「あらあら羨ましい。僧侶のおっぱい柔らかそうだもんね」

勇者「なんですぐ後ろに立ってるんだ!」

僧侶「何も恥ずかしいことなんかないですよ。仲間なんですからこれくらい問題ありません」

勇者「お前らはもっと羞恥心をみにつけろ~!!!」



商人「勇者~資金もあるし馬車買おうよ~」

勇者「絶対嫌だ!」

魔法使い「馬車があったほうが道中楽でしょ?食料もたくさん載せられるし」

勇者「腐らせるのがオチだ!」

僧侶「野宿も屋根がある方がいいじゃないですか」

勇者「それが一番問題だ!お前らのことだどうせ僕に絡んでくるだろう!!」

商人「も~、仲間内なんだから恥ずかしくないでしょう」

魔法使い「むしろ恥ずかしいと思っている方が恥ずかしいわ」



3: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:54:51 ID:R26B6nbc

僧侶「神様も言ってますよ、汝、恥ずかしがることなかれって」

勇者「恥ずかしがれよ!恥ずかしいんだよ!そんな神様滅ぼしてしまえ!!」



商人「ありゃー・・・この宿屋予約が一杯で一部屋しか空いてないって」

魔法使い「どんな部屋?」

店員「高級スイートルームでございます」

僧侶「それじゃあ四人で一部屋で問題ないですね」

勇者「問題あるだろう!なんで僕も一緒の部屋なんだよ!僕は野宿する!」

商人「だめだよ勇者~これはいい機会だから勇者の羞恥心を少し緩和させようよ~」

魔法使い「そうそう、これからまだまだ道のりは長いのに、仲間内で一緒の部屋にいることが恥ずかしいだなんて支障をきたすわよ」

僧侶「このお部屋、専用のおっきいお風呂がついてますよ。これで普通料金じゃあお得じゃないですか」

勇者「なんでお前らそんなに力が強いんだよ!?三人ががりとはいえなんで肉体戦闘要員でないお前らに僕は引きずられているんだ!」



商人「これがスイートルーム!ひろーい!」



4: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:55:22 ID:R26B6nbc

魔法使い「ベッドも4人で寝れるわね」

僧侶「ベッドフカフカ~」

勇者「あぁもう・・・」

商人「まずは早速お風呂だね!」

魔法使い「当然みんなで入るのね!」

僧侶「仲間と一緒のお風呂だなんてワクワクしますね!」

勇者「僕は一緒に入らないぞ・・・」

商人「駄目!」

魔法使い「駄目よ!」

僧侶「駄目ですよ、ちゃんと入らないと臭いますよ」

勇者「風呂に入らないとは言ってない、一緒に入らないんだ!」

商人「そんな事言いながら服脱いでるじゃん」

勇者「え・・・何だこれ!?」

魔法使い「私の操作魔法で操らせてもらってるわ」

勇者「な、やめろ!」



5: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:56:00 ID:R26B6nbc

僧侶「勇者様、恥ずかしくなんかないですよ。人類生まれてくるときはみんな裸なんです。裸でいることが正しい姿なんです」

勇者「服着て生まれてくるほうが怖いわ!ちょ、まてまて・・・パンツは・・・」

商人「なに~?人に見せられないくらい貧相なものしか持ってないの~?」

魔法使い「大丈夫よ、大きくしたいなら私が特性のお薬作ってあげる」

僧侶「勇者様、大きさなんて関係ないんですよ。愛さえあれば女は満足できます」

勇者「や、やめ・・・」

商人「!」

魔法使い「!!」

僧侶「!!!」

勇者「だから・・・やめろって・・・」

商人「・・・さ、さーて私も服脱ごうかな」

魔法使い「そうね、みんなで入るんだもの・・・勇者は先に入っていて」

僧侶「え、えっと・・・ありがとうございます」

勇者「・・・」トコトコ バタンッ

商人「勇者のあれ・・・大きかった・・・」



6: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:56:42 ID:R26B6nbc

魔法使い「まさに勇者ね」

僧侶「やっぱり愛より大きさかもしれません」



勇者「ブクブクブクブク・・・」

商人「広いお風呂~」

魔法使い「僧侶、また少し大きくなったんじゃない?」

僧侶「そうかもしれません。大好きな人のこと想うと大きくなるものなんですかね」

商人「あらあら、誰のことかな~?」

魔法使い「正直に言っちゃいなさいよ~」

僧侶「流石にそれは~・・・勇者様です///」

商人「えぇ~私も勇者の事想っているのに全然大きくならない・・・」

魔法使い「商人は肌がスベスベでいいじゃない。私なんてお腹のお肉が気になりだして・・・」

僧侶「そんなこと無いですよ~魔法使いさんスレンダーできれいですよ」

勇者「・・・」

商人「勇者、ごめんね・・・まさかあれにコンプレックス抱いてたなんて思わなかったから・・・」



7: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:57:18 ID:R26B6nbc

魔法使い「大丈夫よ、あの大きさなら受け入れられるわ」

僧侶「わ、私は初めてだから優しくお願いしますね///」

勇者「お前ら・・・謝りに来たのか揉みに来たのかどっちだ!?」

商人「だ、だって~こんな立派なもの、触りたくなるじゃん」

魔法使い「タマタマも立派な大きさね。子宝に恵まれそう」

僧侶「わ、私は見るのも初めてだったので記念に・・・」

勇者「羞恥心ないどころか変態じゃねぇか!!」

商人「あ・・・行っちゃった・・・」

魔法使い「流石にやり過ぎたかしら」

僧侶「でもしょうがないですよ、勇者様の勇者様が屈強なんですから」



勇者「・・・」フテネ

商人「さ、明日も早いしさっさと寝よう」

魔法使い「僧侶は寝る時いつも裸なの?」

僧侶「そうです。締め付けられるのが嫌なので」



8: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:57:50 ID:R26B6nbc

勇者「・・・」

商人「パンティはともかくブラはしておかないと型くずれしちゃうんじゃない?」

魔法使い「そうね、せっかくきれいな大きさに整っているんだから」

僧侶「そうですか?ならブラして寝ます・・・あれ・・・フックが引っかからない・・・」

僧侶「勇者様、ブラのフック止めてもらってもいいですか?」

勇者「・・・」

商人「完全無視だね」

魔法使い「しょうがないわね。また明日謝りましょう」

僧侶「それじゃあおやすみなさい」



勇者「朝か・・・なんでこいつらは裸で僕にくっついているんだ」

勇者「右に僧侶、左に魔法使い、商人には乗られてる・・・何があったんだ・・・」

商人「あ、勇者おはよ~・・・えへへぇ」

魔法使い「んん・・・朝なのね・・・勇者・・・ふふふ」

僧侶「勇者様ぁ・・・んんん・・・まだ痛ぁい・・・」



9: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:58:21 ID:R26B6nbc

勇者「・・・な、何があったんだ・・・」

商人「覚えてないの~?皆にあんなふうにして」

魔法使い「昨日電気を消して寝ようとベッドに入ったら勇者が襲ってきたんじゃない」

僧侶「私初めてなのに何回も絶頂しちゃいました///」

勇者「う、嘘だろ・・・」

商人「本当だよ!まさか乙女の純血をちらしたのに覚えてないの!?」

魔法使い「私や商人はともかく、僧侶のことは覚えてないなんて悪い冗談だわ」

僧侶「あ、あんなに無理矢理して覚えてないんですかぁ・・・」

勇者「え・・・えぇ・・・えぇぇぇ!!?」



店員「昨日はお楽しみでしたね」

勇者「あぁん!!?」

店員「ひっ・・・」

商人「ちょっと勇者、人相変わっちゃってるよ・・・」

魔法使い「一般人に脅しをかけるなんてそんなことしちゃ駄目よ」



10: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:58:59 ID:R26B6nbc

僧侶「このへんまだ痛いんですけど・・・たんこぶとか出来てませんか?」

勇者「お前らがしょうもない嘘をつくからだろうが!!」

商人「だってぇ・・・こうでもしないと・・・ねぇ・・・」

魔法使い「皆あなたが好きなことに嘘はないんだから受け入れてくれてもいいじゃない」

僧侶「私も迫真の演技で頑張ったんですよ」

勇者「本当にお前らは・・・羞恥心というものを学んでくれぇ!!」



11: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 20:59:32 ID:R26B6nbc

これ以上は完全ガチエ口しか思いつかないからやめる

ガチエ口無しでコメディを書いてみたかったんだ

後悔はしていない

お詫びに別バージョンをどうぞ



12: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 21:00:02 ID:R26B6nbc

勇者(女)「戦士!そっちに行った!一度防御してから反撃して!」

戦士(男)「防御など軟弱者のする事!男は黙って一刀両断!ぐはぁ!」

勇者「やられているじゃないの!この腕力バカ!!」

勇者「武闘家!そのモンスター、カウンターを狙っているわ!一回避けて!」

武闘家(男)「カウンターをカウンターするスピードを俺は持っている!ハイヤー!!ベフェェ・・・」

勇者「思いっきり更にカウンター食らってるじゃない!このスピード狂!!」

勇者「剣士!モンスターが迫ってる!普通に戦って!」

剣士(男)「拙者、たった一撃に全てをかけるために修行をしている身。迫り来る魔者を会心の一撃で斬り捨てるのが我が流派。たとえその確率が0.01%であっても実質100%!!せいやぁ!あら?ぐほぉぉ!」

勇者「当てることすらできてないじゃない!!この廃ギャンブラー!!」

勇者「また全員死んだ・・・こうなったら拡散広域強雷魔法!!」

勇者(108)「・・・無駄に・・・無駄にレベルが上がってしまった・・・何よレベル108って・・・99か100でカンストじゃないの?」

勇者「棺桶引きずるのは大変だから復活させよう・・・蘇生魔法、蘇生魔法、蘇生魔法」

戦士(10)「いや~まだまだ筋肉が足りないな」

武闘家(12)「まったく・・・己のスピードに肉体が追いつかないとは・・・」



13: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 21:00:44 ID:R26B6nbc

剣士(20)「拙者もまだまだ修行が足らん。会心の一撃を常に発動させる極みの奥義、まだまだ奥が深いものだ」

勇者「お願い・・・みんな普通に戦って・・・防御して・・・」

戦士「防御をする前に攻撃を当てれば勝てる!」

勇者「それで何回死んだと思っているのよ・・・この間は最弱のスライムにさえ負けたじゃない・・・」

武闘家「最速にまさる最強なし!」

勇者「攻撃力が皆無だから相手にダメージ与えられてないわよ・・・それに動きが単調だから見切られてるし・・・」

剣士「会心に勝る攻撃なし!それが男の花道よ!」

勇者「貴方はたまに会心が入るから他の2人よりレベルが上なだけで、普通に戦ったほうが早いから・・・」

戦士「なんだよ勇者、文句ばっかり」

武闘家「男というものは一つを極める不器用な生き物、それを理解してくれないと」

剣士「勇者殿、リラックスればよいのですぞ」

勇者「・・・このクソども・・・もぉいい・・・殺す・・・あんたらここで殺す!」

戦士「ゆ、勇者!暴力は、暴力はいけない!!」

武闘家「暴力では何も解決しないぞ!」



14: ◆gxgeF/n1Es 2018/01/27(土) 21:01:23 ID:R26B6nbc

剣士「勇者殿のご乱心だ!であえであえぃ!!」

勇者「殲滅・・・魔法・・・」

戦士「ちょっと待てそれは本当に消滅してしまう!」

武闘家「せめて弱雷魔法でお仕置きだっちゃでお願いします!」

剣士「何卒ご慈悲を~!!」

勇者(120)「は~新しい仲間探さないとな~。今度はショタハーレムパーティにしようかな~」

戦士の墓「」

武闘家の墓「」

剣士の墓「」



元スレ
勇者「パーティが無防備過ぎて困る・・・」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1517054017/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月28日 20:49
          • 僧侶だけ(女)表記がないからあっってなった
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月28日 20:50
          • 無防備じゃなくてただのアバズレじゃねーか
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月28日 20:55
          • アバズレでもいいからおれのひのきの棒を可愛がってくれ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月28日 21:15
          • ※3
            ふしぎなきのみはいざという時の為に残しとけ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月28日 23:23
          • ×純血をちらした
            〇純潔をちらした

            まあ、血が出るって意味ならあながち間違いでないのかもしれないがwww
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月28日 23:40
          • 無防備ってこっちか…
            ターン制RPG的な、敵も味方も棒立ちで自分の順番が来たら攻撃してまた棒立ちに戻るという、ノーガード戦法が基本の世界観なのかと…。
            なろう主人公が動き回って無双しそう。
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月29日 01:07
          • 女騎士「パーティー・オーンっ!」

            オーク「ウェーイ!」
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月29日 02:02
          • エロを期待させて戦術的な話なのかと思ったら
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月29日 11:55
          • 別Verの方を最初から期待してただけにビッチどもには幻滅
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月29日 12:51
          • 勇者の背低くね?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        • 俺「可愛いね~好きだよー」 女の子「....」 俺(相変わらず冷たいなぁ....) 女の子「....から....」
        • 【モバマス】朋「青葉、見ちゃいました!」雪菜「まってちがう」
        • 【モバマス】朋「青葉、見ちゃいました!」雪菜「まってちがう」
        • 【モバマス】海「暑い夏には」薫「苺入りのおにぎりー!」朋・雪菜「えー」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ