TOP

【ガンダム】シン「テレフォンショッキング」

刹那「テレフォンショッキング」
キラ「テレフォンショッキング」
ヒイロ「テレフォンショッキング」
ドモン「テレフォンショッキング」
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:08:41.48 ID:HkrCLXKS0

テンテテテテテン テンテンテン


タモリ「こんにちは!」 \コンニチハー!/

タモリ「時が流れるのは早いもので今週ももう終わり」 \ソーデスネー!/

タモリ「終わりだよ!」 \ソーデスネー!/

タモリ「終わっちゃうよ!」 \ソーデスネー!/

タモリ「ま~た一週間終わっちゃったよ」 \アハハー!/

タモリ「さて今週最後のゲストをお呼びしましょう」

タモリ「キング・オブ・ハート ドモン・カッシュさんからのご紹介」

タモリ「三年ぶり、二度目のご登場」

タモリ「シン・アスカさんです!」

シン「ど~も!」 \キャー!!/



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:10:47.46 ID:HkrCLXKS0

シン「お久しぶりです!ご無沙汰してます!」

タモリ「久しぶり!
    しばらく見ないうちにちょっと大人になったね」

シン「本当ですか?ありがとうございます!」 \カワイー!!/

タモリ「可愛いってさ」

シン「嬉しいです!・・・嬉しいんですけど」

タモリ「どしたの?」

シン「そろそろカッコいいがいいなぁ、な~んて///」 \カワイー!!/

シン「カッコい――」 \カワイー!!/ \カワイー!!/

シン「可愛いでいいです」 \アハハー!/

タモリ「カカカww」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:12:41.18 ID:HkrCLXKS0

タモリ「カメラに向かって決め台詞お願いしていい?」

シン「あ、はい!
   え? なんですか、それ?」

タモリ「なんか恒例になってんのよ」

シン「そうなんですか
   わかりました!やります!」

タモリ「お願いします!」

シン「・・・、タモさん!俺の決め台詞ってなんですか?」 \クスクス/

タモリ「なんでもいいよ!」

シン「そのアドリブ、一般人にはきついです!」 \クスクス/

タモリ「はやくやれよww」

シン「わかりました!なんでもいいんですね!?」

タモリ「さっきからそう言ってんだろww」

シン「さすが綺麗事はアス」 \ザワッ!!/ \ブツッ/


「しばらく美しい映像をご堪能ください」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:14:24.40 ID:HkrCLXKS0


\エイゾウモドシマース!!!/


シン「なんでこんなこと!また戦争がしたいのか!あんた達は!」 \キャー!!/

タモリ「ありがとうございます!」 \パチパチパチ/

シン「俺の決め台詞といえばやっぱこれですよね」 \クスクス/

タモリ「君の決め台詞といったらそれだよ!」 \クスクス/

シン「ですよね!」

タモリ「バッカwww」 \アハハッ!!/

シン「なんですかww」

タモリ「なんでもないよww」 \クスクス/

シン「そうですよねww
   なにもありませんでしたww」 \アハハッ!!/



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:16:43.04 ID:HkrCLXKS0

シン「そうだ、告知をお願いしたいんですけど」

タモリ「軍人が告知?」

シン「はい、今度ザフトとオーブで共同式典を開くんです」

タモリ「あ~・・・」 \クスクス/

シン「そのポスターを・・・、なんで笑いが?」 \クスクス/

タモリ「あ~、あ~、あ~・・・これねぇ」パラッ \クスクス/

シン「え、なんなんですか、その反応?」

タモリ「同じものをねぇ、四日前にキラからも貰ったんだよ」 \アハハー!!/

シン「キラさんが出たんですか!?」

タモリ「出たよ」

シン「本当ですか!?
   あ~、見たかったなぁ~!」

タモリ「増刊号で出ると思うから」

シン「そうですよね!増刊号ありますもんね!録画します!」

タモリ「これはっといて」

アシスタント「」ササッ



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:19:31.02 ID:HkrCLXKS0

シン「お土産がかぶって!」 \クスクス/

タモリ「別にかぶってても大丈夫だから」

シン「一応、肉まんも持ってきたんですけど」

タモリ「これはこれは、ありがとうございます!」

シン「これ、今プラントでブームになってる肉まんなんですよ!」

タモリ「へぇ~、どこで買ったの?」

シン「コンビニです」 \ブブッww/

タモリ「フフフww」

シン「でもこれホントにすごいんですよ!
   ある英雄が働いてるコンビニで買った肉まんです!
   誰だかわかります!?」

タモリ「キラだろぉ~!」 \アハハッ!!/

シン「知ってるんですか!?」

タモリ「知ってるし、キラが包んでくれた肉まんでも
    コンビニの肉まんはコンビニの肉まんだろww」 \アハハッ!!/

シン「なんで知ってるんですかww」

タモリ「だから前に出たんだよww」 \アハハッ!!/



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:22:51.78 ID:HkrCLXKS0

タモリ「花きてるね~」

シン「よかった!誰からもこないかもって心配してたんです!」

タモリ「ザフトメカニック一同」 \オオー!!/

シン「あいつら!」

タモリ「キラ・ヤマト!」 \オオー!!!!/

シン「ありがとうございます!」

タモリ「これ誰?ジョニー・バイル」

シン「それ、俺の前の隊長です!アスラン・ザラ!」

タモリ「・・・アレックス・ディノ?」 \クスクス/

シン「その名前も知ってるんですか?
   実は四日前に偽名をかえるってメールがきたんです」 \クスクス/

タモリ「隊長から?」

シン「はい でもなんで偽名をかえたんでしょうね、あの人」 \クスクス/

タモリ「禿げそうだからじゃない?」 \アハハー!!/

シン「悩んでいることでもあるんですかね」 \ドッww/

タモリ「知らない!」 \アッハッハッ!/



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:25:45.15 ID:HkrCLXKS0

タモリ「座って座って」

シン「はい!」

タモリ「えー・・・前回登場、ドモン・カッシュさんからのメッセージです」

シン「なに言われるんだろ」 \クスクス/

タモリ「『シン、お前は一度ギアナ高地へ来い、俺が鍛えなおしてやる』」

シン「遠慮させてもらいますww」 \アハハ/

タモリ「『追伸、歳は近いが弟子になりたいのであれば、なっても構わんぞ』」

シン「とんでもないww」 \アハハ/

タモリ「キング・オブ・ハートの弟子になりたくないの?」

シン「なんですか、その質問はww
   どう答えてもダメな気がしますww」

タモリ「いやいや、他意はないよ、ないから!」

シン「あの人のしごきに耐えられる自信がありません」

タモリ「そうだよな~」

シン「すごく尊敬してるんですけどね」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:28:06.49 ID:HkrCLXKS0

タモリ「そういえば君、フライデーされてたよね?」 \ザワッ!!/

シン「そうなんですよ!」

タモリ「二股疑惑か!ザフトのエースは夜も撃墜王!?」 \クスクス/

シン「なんなんですか!あの見出しは!」 \アハハ/

タモリ「あの見出し考える人ってなんなんだろうね」

シン「俺は有名人じゃないんですよ!
   ただのパイロットです!それをなんでフライデーするんですか!?」

タモリ「キラが悪い」

シン「キラさんが?」

タモリ「あいつがパイロットでもスキャンダルになるって証明したからね」

シン「そういえばあの人もフライデーされてましたね」

タモリ「アスランもじゃない?」

シン「されてましたね」

タモリ「君の番だよww」

シン「ちょっともう、やめてくださいよ!」

タモリ「ヘヘヘヘww」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:31:04.00 ID:HkrCLXKS0

シン「俺はキラさんみたいな英雄でも、隊長みたいに何かするだけでファンがつくような
   アイドルパイロットでもないんですよ!!それをどうして!!」

タモリ「ん~、まぁ、一応エースパイロットだしね」

シン「でも軍人って一般人でしょ!
   一般人をフライデーして何が面白いんですか!」

タモリ「わかるわかる、わかる!
    君の言ってることもわかる!」

シン「弁明するチャンスがないんですよ!」

タモリ「ヘッヘッヘッww」 \クスクス/

シン「それで仕方なくツイッターで弁明したら・・・炎上ですよ!!」 \アッハッハッ!/

タモリ「違うだろぉ~ww」

シン「何が違うんですか!?」

タモリ「あれはお前が悪いんだよww
    いくらなんでも五回も呟くやつがあるかww」 \ドッwww/

シン「それだけ必死だったんですよ!だって彼女いるんですよ!!」

タモリ「必死過ぎるんだよww逆にあやしいよww
    しかも文字数いっぱいで五回だろww」 \アッハッハッ!!/

シン「確かに、今考えるとどうかなって思いますけどww」 \アッハッハッ!!/



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:34:27.86 ID:HkrCLXKS0

タモリ「それで?」

シン「はい?」

タモリ「あれって結局なんだったの?」 \クスクス/

シン「そこ、聞いちゃうんです?」

タモリ「彼女以外の女と飯食ってたってのは本当なんだよね?」

シン「・・・ええ」 \クスクス/

タモリ「ちなみに、いつ?」

シン「彼女の誕生日に・・・」 \ドヨッ!!/

タモリ「彼女の誕生日!?」

シン「はい」 \エエー!!/

タモリ「彼女の誕生日に、他の女と飯食いに行ったらまずくね?」

シン「ホント違うんですって!」 \サイテー!!/

シン「いや、もうホント、違いますから!」 \サイテー!!/

シン「お願いです!話を聞いてくださいタモさん!!」

タモリ「おうおうおう!聞くよ聞くよ!!」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:37:57.91 ID:HkrCLXKS0

シン「一緒に飯を食ってたのは――」

タモリ「ちょっと待って、いつ頃の話だったっけ?」

シン「夏です 彼女の誕生日だから七月二十六日です」

タモリ「時間帯は?」

シン「仕事あがりだったから・・・、六時くらいですかね」

タモリ「ふ~ん・・・、飯食った女性とは、その日どこで会ったの?」

シン「彼女の家です」 \ドヨッ!!/

タモリ「彼女の家!?」

シン「え、なにか変ですか?」

タモリ「彼女の家にお前の彼女はいなかったの?」

シン「いませんでしたね」

タモリ「・・・何をしに行ったんだ?」

シン「誕生日サプライズをしようと思って」 \アー…/

タモリ「あ~、あ~あ~あ~!なるほどな!
    じゃあ、おっきいケーキとか用意してたの?」

シン「ケーキは小さいのですけど、大きな熊のぬいぐるみ背負って行きました」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:40:21.86 ID:HkrCLXKS0

タモリ「結局その女性って誰だったの?話を聞く限り彼女の家族だよね?」

シン「彼女の妹です」

タモリ「彼女の妹!?」 \ザワザワ/

シン「ええ、彼女と一緒には住んでないんですけど、その日はなぜか・・・
   ルナの誕生日だからかな? いたんですよ」

タモリ「その子は君の知り合いなのか?」

シン「はい、ミネルバのオペレーターだった子です」

タモリ「ミネルバって君が乗ってた?」

シン「母艦です」

タモリ「はぁ~・・・夏の暑い日の仕事あがり、ぬいぐるみを背負って
    汗だくで彼女の家に、誕生日サプライズしようと思って行ったら
    ・・・ベルおして、どうした!?」

シン「ドアが開く前に、ぬいぐるみに隠れて
   ドアが開いたから「ルナ!誕生日おめでとう!」って言ったら」 \クスクス/

タモリ「言ったら!」

シン「「アスカさん、お姉ちゃんならまだ帰ってきていません」
   って言われたんですよ!!」

タモリ「呆れ気味じゃねぇかよwww」 \アッハッハッ!!/



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:43:44.50 ID:HkrCLXKS0

タモリ「それでどうしたの?」

シン「誕生日サプライズの話をしたら
   メイリンも協力してくれるって話になって」

タモリ「メイリンってのが妹さん?」

シン「はい」

タモリ「よかったら彼女の名前も教えてよ」

シン「え、ルナマリアです」

タモリ「すげー名前だなww」 \アハハ/

シン「ルナって呼んでます」 \ヒューヒュー!!/

シン「///」デレデレ

タモリ「それで家にあげてもらったわけか?」

シン「はい!」

タモリ「家で何してたの?」

シン「誕生日サプライズの計画を練ってました」

タモリ「その状況じゃ浮気はできないな」

シン「その状況じゃなくてもしませんよ!」 \アハハー!/



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:46:22.00 ID:HkrCLXKS0

タモリ「え、それで彼女は?
    帰ってこなかったの?」

シン「帰ってきませんでした」 \エエー!!/

タモリ「連絡はしてたの?」

シン「メイリンが何度か連絡してたんですけど、繋がらなくて」

タモリ「シンからはかけなかったの?」

シン「俺が電話かけたらサプライズが台無しじゃないですか」 \アー…/

タモリ「あ、そっか
    彼女はそのとき何をしてたの?」

シン「軍の女子会で誕生日パーティしてたみたいです」

タモリ「はぁ~・・・、サプライズが仇となったわけか」

シン「そうですね、本気で誕生日を忘れられてるって思ってたみたいで」

タモリ「何時くらいまで彼女の家で待ってたの?」

シン「十時まで」

タモリ「六時から四時間待ったの!?」 \ザワッ!!/

シン「はい」 \カワイソー!/ \カワイソー!/



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:50:12.36 ID:HkrCLXKS0

タモリ「妹さんとしてたサプライズの計画はどれくらいで終わったの?」

シン「三十分くらいで終わりました」

タモリ「どんなことを計画してたの?」

シン「計画ですか?」 \キキターイ!!/

タモリ「はやくはやく!時間ないから!」

シン「俺とメイリンが部屋に隠れて、電気も消しておいて
   ルナが帰ってきても、誰も居ないいつもの部屋にしておくんです」

タモリ「ほぉ!」

シン「部屋の中央にケーキを持ったぬいぐるみをセットして
   ルナがぬいぐるみに気づいて、ケーキに書かれてある
   誕生日おめでとうのメッセージを読んだら」

タモリ「読んだら!」

シン「クラッカーを鳴らして「誕生日おめでとう!」って出ていく計画だったんです」

タモリ「いいじゃん!」 \イイー!!/

シン「ありがとうございます」

タモリ「お前、不憫なやつだなww」

シン「よく言われます」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:55:43.51 ID:HkrCLXKS0

タモリ「サプライズの計画が終わったあとは何してたの?
     それじゃ四時間もたないだろ」

シン「メイリンが、ルナが読んでる雑誌の中から
   チェックのついてるお店を見つけたんです」

タモリ「チェック?」

シン「たぶん、行きたいお店だと思うんですよ」 \アー…!/

タモリ「泣けてきたなぁ~・・・」

シン「その中からレストランの予約をとって」

タモリ「予約をとって」

シン「誕生日プレゼントを一緒に買いに行くならどこかなとか
   どういうコースでドライブすれば綺麗な夜景が見えるかなとか」

タモリ「サプライズの計画の次は、誕生日祝いの計画をしてたのか?」

シン「はい」

タモリ「そういう、その他もろもろの準備が終わったのは何時?」

シン「七時です」 \ザワザワ/

タモリ「残り三時間何してた?」

シン「メイリンと無言でマリオカートやってました」 \カワイソー!/ \カワイソー!/



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:57:44.25 ID:ewVvTZ5mO

マリカwww



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:59:07.67 ID:HkrCLXKS0

タモリ「いつフライデーされたの?」

シン「十時過ぎて、もう遅いし帰ろうと思ったんですけど
   俺もメイリンも飯食ってなかったんで・・・」      \アー…/

タモリ「あ~・・・レストランの予約とってたんだもんな」

シン「もしよかったら晩御飯一緒に食べにいく?って聞いたら「そうですね」って」

タモリ「それで妹さんとご飯に行ったのか?」

シン「はい、そこを――」

タモリ「なに食いに行ったの?」

シン「え、牛丼ですけど」 \クスクス/ \カワイソー!/

タモリ「彼女の誕生日に彼女の妹と夜十時に牛丼!!」 \アハハ!/ \カワイソー!/

シン「うまかったですよ」 \アッハッハッ!/

タモリ「それで彼女は!?」

シン「帰り道歩いてるとメールがきて」

タモリ「内容は!?」

シン「今日が私の誕生日だってこと忘れてたでしょって」 \カワイソー!/ \クスクス/

タモリ「忘れてないよ!こいつ忘れてないよ!」 \アハハ!!/



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:01:35.27 ID:HkrCLXKS0

タモリ「じゃあお前あれか?
    彼女の誕生日にサプライズしようとして失敗」

シン「そこでもう凹んでますね」

タモリ「妹さんと無言でゲームして飯も食えず!」 \クスクス/

シン「はい」

タモリ「諦め傷心の中、牛丼を食いに行ったら、そこを」

タモリ「フライデー!」ビシッ     \アッハッハッ!/ \ハッハッハッ!/
シン「フライデー!」ビシッ  \ハッハッハッ!/ \アッハッハッ!/

タモリ「ツイッターでそれを弁明したら」

タモリ「炎上!」ビシッ     \アッハッハッ!/ \ハッハッハッ!/
シン「炎上!」ビシッ  \ハッハッハッ!/ \アッハッハッ!/

タモリ「踏んだり蹴ったりだな」

シン「俺の人生ではよくあることです」 \ドッwwww/

タモリ「CMです」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:07:27.27 ID:HkrCLXKS0

タモリ「会場100人がスイッチを持っていますので
    1人に該当するアンケートを出しますと私の携帯ストラップ差し上げます」

シン「・・・」 \クスクス/

タモリ「とってくれシン!」 \アハハッ!!/

シン「・・・」 \クスクス/

タモリ「お願いだからとってくれ~!」 \アハハッ!!/

シン「幸せになりたいです」 \ドッwwwwww/



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:11:55.05 ID:HkrCLXKS0

タモリ「アンケート何にする?」

シン「ツイッターが炎上したときにフォローが減ったんですよ」 \クスクス/ \カワイソー!/

タモリ「減ったかぁ~・・・」 \アハハッ!/

シン「炎上したときに・・・」

タモリ「それ聞くのかぁ~?」 \アハハッ!/

シン「聞きます!
   炎上したときにフォローをやめた人ww」

タモリ「どうすんだよ二桁出たらww」 \アハハッ!/

タモリ「シンのツイッターが炎上したときフォローをやめた人スイッチオンww」 \クスクス/



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:14:48.96 ID:HkrCLXKS0


 01


シン「・・・」 \クスクス/

タモリ「おめでとうございますって言いにくいだろ!」 \ドッwwww/

シン「タモさん、やりましたwww」 \アハハッ!!/

タモリ「やったのかww」 \アハハッ!!/

シン「テンションで押し切ります!!」 \ドッwwww/

タモリ「おめでとうシン!!」

シン「ありがとうございます!!」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:19:40.64 ID:HkrCLXKS0

タモリ「それじゃ、お友達を紹介してください」

シン「はい!」 \エェー!!/

シン「ありがとうございます!」

タモリ「ただし一人をのぞく」 \アハハッ!!/

シン「のぞきませんって!」 \カッコイー!/

シン「あ、カッコイイになった!
   ありがとうございます!」

タモリ「やったな!」

シン「はい!」

タモリ「それで誰を紹介してくれるの?」

シン「ロラン・セアックを」 \オオー!!/



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:25:53.38 ID:HkrCLXKS0

タモリ「ロラン・セアックって誰?」

シン「ホワイトドールのパイロットです」

タモリ「どういう経緯で友達になった人?」

シン「スパロボの収録で意気投合して」

タモリ「なんのことで意気投合したの?」

シン「それは言えませんけど」

タモリ「なんで?」

シン「喋ったら軍から追い出されるかもしれないんで」

タモリ「ええー・・・何それww」

アナウンサー「もしもし、こちらフジテレビ笑っていいともですが」

ロラン『はい、ロランです』 \オオー!!/



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:30:36.49 ID:HkrCLXKS0

シン「ロラン、俺俺!」

ロラン『シン!久しぶりじゃないですか!』

シン「最近どう?」

ロラン『どうって言われても
    静かに暮らしていますよ』

シン「そっかー、たまにはプラントにも遊びにこいよ」

ロラン『ええ、機会があればキエル・ハイム嬢と行かせていただきます』

シン「じゃあタモさんにかわるから」

ロラン『タモサン?』



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:35:40.03 ID:HkrCLXKS0

タモリ「はじめましてこんにちは、タモリです!」

ロラン『はじめまして・・・?
    ロラン・セアックです』

タモリ「笑っていいともって番組なんだけど」

ロラン『テレビジョンですか?
    すみません、あまり詳しくないんで』

タモリ「月曜日出演してくれないかな」

ロラン『僕がですか!?とんでもない!恐れ多い!』

タモリ「大丈夫大丈夫、ちょっとだけだから」

シン「大丈夫大丈夫!」

ロラン『これ、断ってもいいんですよね?』

タモリ「いいともって言わなきゃダメ」

ロラン『いいとも?』

タモリ「明日きてくれるかな!?」

ロラン「いいとも、あ、ちょっと、待ってくださ



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:37:04.42 ID:HkrCLXKS0

おわりん


ドモン編がすこぶる評判が悪いけど
読み返して俺も思った

これは酷い



元スレ
シン「テレフォンショッキング」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324048121/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月03日 22:27
          • 次回を見る限り許されなかったんやな…
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月13日 01:03
          • やっぱシンは不憫キャラが一番似合うな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【モバマス】双葉杏「スロウスタート?」
        • パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」
        • パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ