TOP

【ガンダム】バルトフェルド「テレフォンショッキング」

刹那「テレフォンショッキング」
キラ「テレフォンショッキング」
ヒイロ「テレフォンショッキング」
ドモン「テレフォンショッキング」
シン「テレフォンショッキング」
ロラン「テレフォンショッキング」
バナージ「テレフォンショッキング」
フリット「テレフォンショッキング」
シーブック「テレフォンショッキング」
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 13:52:18.64 ID:vKUUBer70

テンテテテテテン テンテンテン


タモリ「こんにちは!」 \コンニチハー!/

タモリ「最近疲れがとれないんだよ」 \ソーデスネー!/

タモリ「何もしなくても疲れる」 \ソーデスネー!/

タモリ「寝ると疲れる」 \ソーデスネー!/

タモリ「加齢です」 \アハハー!/

タモリ「今週最後のゲスト」

タモリ「シーブック・アノーさんからのご紹介」

タモリ「四年ぶり三度目の登場 アンドリュー・バルトフェルドさんです!」

バルトフェルド「ど~も」 \キャー!/



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 13:53:50.14 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「久しいなぁ」

タモリ「久しぶりだね」 \トラー!/

バルトフェルド「呼んだかね?」 \キャー!!/

タモリ「人気あるねぇ」

バルトフェルド「嬉しいかぎりだよ」

タモリ「再開を祝して握手しましょう!」ガシッ

バルトフェルド「フッ、変わらんな」スポッ \ギャー!!/

バルトフェルド「サ~イコガ~ン」 \キャー!!/



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 13:54:54.98 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「どうだね、サイコガンを見るのは初めてだろう?」 \カッコイー!/

バルトフェルド「君は少し卑猥なようだな」 \キャー////

タモリ「卑猥ってww」 \クスクス/

バルトフェルド「深い意味はないさ」

タモリ「単刀直入に卑猥もきついだろww」 \アハハッ!!/

バルトフェルド「そうかね?」 \クスクス/



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 13:56:08.88 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「お土産のコーヒー豆だ
        いいキリマンジャロが手に入ってな」

タモリ「ありがとうございます!」

バルトフェルド「あいや待った」 \クスクス/

タモリ「うん?」 \アハハッ!/

バルトフェルド「せっかくだ、ここでご馳走しよう」 \ザワザワ/

タモリ「この時間に作るんですか?」 \クスクス/

バルトフェルド「ダメかね?」

タモリ「いえ、構いません!」 \オオー!!/



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 13:58:21.34 ID:vKUUBer70

タモリ「花きてますね~」

バルトフェルド「嬉しいねぇ」

タモリ「ラクス・クライン、カガリ・ユラ・アスハ!」 \オオー!/

バルトフェルド「ありがとう」

タモリ「キラ・ヤマト!」 \オオオー!!!/

バルトフェルド「アイドルが知りあいだと盛り上がるな」

タモリ「キラって名前が出た瞬間こうなんだよ」 \クスクス/

バルトフェルド「そりゃあそうだろう」 \ソー!!/



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:00:42.77 ID:vKUUBer70

タモリ「アスラン・ザラ!」 \オオオー!!!/

バルトフェルド「ほ~う、アスランでも盛り上がるのか」

タモリ「いや珍しいね
    今日は偽名じゃない」 \クスクス/

バルトフェルド「これには少し仕掛けがあってね」

タモリ「仕掛け?」

バルトフェルド「表記を変えているんだ
        Athrun ZalaではなくAhthrun Zhalaだ」 \クスクス/

タモリ「アァスラン・ザァラ」 \アハハッ!/

バルトフェルド「バレたときは表記の違いで言い逃れするそうだ 苦しいだろう?
        だが仕方ない、あいつは偽名を変えてもすぐバラされる」

タモリ「それ言っていいのww」 \クスクス/

バルトフェルド「しまったね」 \ドッwwww/

タモリ「わざとだろww」 \アハハッ!/



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:02:28.26 ID:vKUUBer70

タモリ「どうぞ、座って座って」

バルトフェルド「失敬」

タモリ「前回登場シーブック・アノーさんからのメッセージです」

バルトフェルド「ふむ」ゴソゴソッ \クスクス/

タモリ「『冷蔵庫いりませんか?』」 \クスクス/

バルトフェルド「いただこうかな?」 \アハハッ!/

タモリ「いるの?」

バルトフェルド「よく考えると家に一台あったか」 \クスクス/

タモリ「あるよねww」

バルトフェルド「そりゃあな」スッ \クスクス/



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:04:57.47 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「呼んでいただいてなんだが」カラカラカラカラ \クスクス/

タモリ「はい」

バルトフェルド「僕はキラほどアイドルでも
        シーブックのように話がうまいわけでもない」カチカチッ

タモリ「またまたww」 \アハハッ!/

バルトフェルド「冗談じゃないさ
        近況報告しかできんよ」ボウッ \ザワッ!!/
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2418626.gif

タモリ「フフフwww」 \ザワザワ/

バルトフェルド「んん?会場がザワついているようだが
        何かあったか?」

タモリ「別になにもww」 \クスクス/

バルトフェルド「火事でもあったのならすぐに伝えてくれよ
        いくら砂漠の虎と言えど火は怖いからね」 \ドッwwwww/

タモリ「ハハハハッwwww」 \ハハハハッ!!/



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:08:05.62 ID:vKUUBer70

タモリ「近況報告?」

バルトフェルド「最近思うことがあってね」

タモリ「思うこと?」

バルトフェルド「キラとアスランは、本当にあれでいいのか とね」

タモリ「二人がどうかした?」

バルトフェルド「仕事だよ」

タモリ「ん?キラはコンビニバイトだろ」

バルトフェルド「辞めてしまったよ」 \ドヨッ!!/

タモリ「やめたの!?」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:09:57.91 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「ああ、辞めてしまった」

タモリ「でも一週間前くらいに来たときは
    コンビニバイトが僕の天職だって言ってたけどね」

バルトフェルド「あ~、あのときはバイトをはじめて二週間の頃だったな」

タモリ「二週間!?」

バルトフェルド「二週間働いて天職だとわかるなら人は間違えんよ」カラカラ

タモリ「あいつ、ダメだな」 \ダメジャナイ!!/

バルトフェルド「ラクス・クラインの気持ちになって考えてみろ
        あいつは軍人以外の仕事は一ヶ月もたないんだ」 \グヌヌ…!/

タモリ「キラファンを言いくるめたしww」 \クスクス/



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:12:21.66 ID:vKUUBer70

タモリ「アスランはいいんじゃない?」

バルトフェルド「あれもヒモと変わらんよ」 \ブーブー!!/

タモリ「いや、それはどうだろう」

バルトフェルド「守るべき女性を守って
        その守るべき女性から給料を貰う
        これはいいことなのかねぇ?」

タモリ「あ~、古い考え方だと難しいね
    僕らの時代の男だと考えられないことだよね」 \イイジャーン!/

バルトフェルド「そうかね?時代が変わったのか?」

タモリ「変わったみたい」

バルトフェルド「ならばアスランのことについては取り消そう」 \パチパチパチ/

タモリ「拍手ww」 \キラモ トリケシテー!!/

バルトフェルド「それはできんね」 \ブーブー!!/



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:16:53.02 ID:vKUUBer70

タモリ「会場のお客さん敵に回そうとする人って少ないよねww」

バルトフェルド「ん~?この感じ、たまらんね」 \クスクス/ \ブーブー!!/

タモリ「これも面白いよねww」

バルトフェルド「そうだろう、僕はこういうアウェイが好きなんだ」カラカラ

タモリ「フフフww
    ちなみにその炒ってるコーヒー豆ってキリマンジャロだけ?」

バルトフェルド「そんなわけがないだろう 事前にブレンドしておいたさ
        少しやり方が違うがね」

タモリ「へぇ~、オリジナルブレンド?」

バルトフェルド「ああ、ここで君にコーヒーをご馳走するのは
        電話を受けたときから決めていた」

タモリ「じゃなんでお土産で渡そうとしたのww」 \クスクス/

バルトフェルド「パフォーマンスだよ」パンッ!! \ドヨッ!!/

タモリ「・・・」

バルトフェルド「ハハハww」 \アハハッ!/

タモリ「フフフww」 \アハハッ!/



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:22:21.58 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「思うんだがね」カラカラ

タモリ「ん?」

バルトフェルド「先程の話の続きだ」クルクル \クスクス/

タモリ「あーあー、キラの話」

バルトフェルド「これではなんのために戦っていたのか、わからんよ
        あの戦いに勝者がいたのか、という大前提は置いておいて
        僕たちは望んだ結末を迎えたと自負していた」

タモリ「なにか不満が?」

バルトフェルド「いやね、××××」ガンガンガンガンガンガンッ \ドッwwwww/
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2418739.gif

タモリ「うるさくて聞こえないwww」 \アハハッ!!/

バルトフェルド「誰だね、騒音を発しているのは!!」ガンガンガンガンガンッ \ドッwwwww/

タモリ「お前だよwwwww」 \ドッwwwwww/



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:28:12.57 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「前議長を肯定するわけじゃない
        僕がそんなことをすればプラントで混乱が起きてしまうからね」コンコンッ

タモリ「じゃあ、話半分で聞きます」 \クスクス/

バルトフェルド「そうしてくれ」

タモリ「会場のみんなもね」 \ハーイ!/

バルトフェルド「デスティニープランとは、キラのようなやつを
        救済するシステムだったんじゃないのだろうかと思うんだ」

タモリ「ああ~・・・」

バルトフェルド「それを否定したキラがあれでは、示しもつかんだろう」ガサガサッ

タモリ「そうですねぇ~」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:32:17.90 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「全くあいつだけは
        なんでもできるのに何もしようとしない」

タモリ「ま、でも働こうとはしてるんだし」

バルトフェルド「彼にはね、土木作業員が似合うと思うんだ」 \ニアワナーイ!!/

タモリ「なんで?」

バルトフェルド「身体を使う仕事ならば嫉妬や妬みが出にくいだろう」

タモリ「ま、出世欲とかは少なそうだよね」

バルトフェルド「あるとは思うがね
        力仕事なら肉体的に優秀な方が賞賛もされやすい」

タモリ「薦めてあげればいいじゃない」

バルトフェルド「薦めたよ」

タモリ「それでキラは?」

バルトフェルド「僕にはムリです、だとさ」

タモリ「んなわけないだろww」

バルトフェルド「身体能力も常人よりはるかに高いのになぁ」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:35:44.62 ID:vKUUBer70

タモリ「それについてラクス・クラインは文句とか言わないの?」

バルトフェルド「内心ではかなりたまってるそうだ」 \ザワッ!/

タモリ「え、そうなの!?」

バルトフェルド「全世界の女性の皆さん、チャンスだよ」 \ザワザワ!/

タモリ「おお!」 \キャー!/ \ドヨドヨ!/

バルトフェルド「我こそはキラを養えるという女性は
        すぐにプラントへ行くといいさ」      \ザワザワ!!/

タモリ「本当!?」 \ザワザワ!!/ \ギイヤー!!/

バルトフェルド「冗談だよ」 \シーン/

タモリ「フフフwww」 \ブーブー!!/ \ブーブー!!/

バルトフェルド「いいねぇ、この感じ」 \ブーブー!!/ \ブーブー!!/



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:40:10.23 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「ラクス・クラインがもう少しキラにキツければ
        こんなことにはならなかったさ」

タモリ「甘いの?」

バルトフェルド「チョコレートよりも更に甘い」

タモリ「え~、キラから聞いた話では亭主元気で留守がいいみたいな扱いだって」

バルトフェルド「亭主元気に外で浮気、が実情だな」 \ウソツキー!!/

タモリ「このあと冗談だよって言う?」

バルトフェルド「言えるものなら言いたいよ」キュリキュリッ \ブーブー!!/

タモリ「プレイボーイだなぁ、あいつ」

バルトフェルド「いかんな、歳を取ると説教臭くなって」コポコポッ \ドッwwww/
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2418827.gif

タモリ「それ、なんなのww」 \ドッwwww/

バルトフェルド「自慢のコーヒーメーカーさ」 \クスクス/



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:42:15.11 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「時間の都合上、淹れ方にまでは拘れんな」

タモリ「CMまたぎます?」

バルトフェルド「うん?オチはつけたいだろう?」

タモリ「フフフwwやりたいねwww」 \クスクス/

バルトフェルド「さぁどうぞ、自慢の出来だ」スッ

タモリ「いただきます!」ゴクッ

バルトフェルド「僕もいただこうかね」ゴクッ

タモリ「・・・」

タモリ「微妙ww」 \ドッwwwwwwwww/

バルトフェルド「時間の都合のせいだろう」 \クスクス/

タモリ「あ~、時間の都合ですか」 \ドッwwwwwwwww/

タモリ「CMです」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:51:04.15 ID:vKUUBer70

タモリ「会場100人がスイッチを持っていますので
    1人に該当するアンケートを出しますと私の携帯ストラップ差し上げます」

バルトフェルド「ん~、何にしようかな」 \クスクス/

タモリ「もうアレでいいだろ」

バルトフェルド「アレかね、そうだな、そうするか
        キラのようなヒモ男と付き合っている方」 \ブーブー!!/

タモリ「ヒモ男と付き合っている方スイッチオン」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:54:22.22 ID:vKUUBer70


 02

タモリ「あ~、惜しいね」 \オシイー!/

バルトフェルド「高尚な人がいるようだ
        僕もそういう女性とお付き合いしたいね」

タモリ「付き合ってどうすんの?」

バルトフェルド「働かず、コーヒー豆でも探しにいこうか」

タモリ「いいねぇ」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 14:58:52.18 ID:vKUUBer70

タモリ「それじゃ、お友達を紹介してください」

バルトフェルド「あい、わかった」 \エエー!!/ \ヤァダー!!/

バルトフェルド「キラが働かんのだよ」 \カエレー!!/ \カエレー!!/

タモリ「会場敵に回すの大好きだねww」

バルトフェルド「ああ、大好きだ」 \トラー!!/

バルトフェルド「呼んだかね?」 \キャー!!/

タモリ「なんかもう、ずるい」

バルトフェルド「では、そろそろ彼を呼ぼうか」 \オオー!/

タモリ「彼ですか」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:03:17.10 ID:vKUUBer70

タモリ「ついに彼を!」 \オオー!!/

バルトフェルド「ああ」 \オオー!!!/

タモリ「おおー!!」 \オオオー!!!!/

バルトフェルド「リヒテンダール・ツエーリ
        同じサイボーグ仲間だ」   \?/

タモリ「?」 \?/

バルトフェルド「冗談だよ」 \ダレ?/

タモリ「誰呼んでくれるの?」

バルトフェルド「クワトロ・バジーナを呼ぼうかね」

タモリ「おおー!!」 \オオオオー!!!!/



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:08:35.57 ID:vKUUBer70

タモリ「総帥かぁ~!仲いいの!?」

バルトフェルド「部下の出来の悪さで意気投合してね」

タモリ「お前、部下に恵まれまくってるくせにww」

バルトフェルド「それはキラのことかね?
        あれは違うよ、あれは僕の上司だ」 \ドッwwwwww/

タモリ「カッwww」

バルトフェルド「同僚かな?」 \クスクス/

アナウンサー「もしもし、こちらフジテレビ笑っていいともですが」

クワトロ『シャア・アズナブルだ』

アナウンサー「間違えました」

クワトロ『冗談だよ』 \ドッwwwwwwwww/

バルトフェルド「フフッ」

タモリ「クッww」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:12:57.73 ID:vKUUBer70

バルトフェルド「お久しぶりです」

クワトロ『敬語はやめてくれたまえ、アンドリュー・バルトフェルド
     私は現在クワトロ・バジーナだ』

バルトフェルド「・・・」

タモリ「か~ら~の~?」

クワトロ『それ以上でもそれ以下でもない』 \パチパチパチパチ/

バルトフェルド「さすが、ファンサービスがいい」

クワトロ『それも致し方あるまい
     それを私は求められているのだからな』



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:15:36.01 ID:vKUUBer70

タモリ「お久しぶりです、タモリです!」

クワトロ『ああ、拝見させてもらっている』

タモリ「明日の昼大丈夫ですか?」

クワトロ『構わんよ』

タモリ「それじゃお願いします」

クワトロ『うむ』

タモリ「明日きてくれるかな?」

クワトロ『いいとも』



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 15:16:05.21 ID:vKUUBer70

おわリン



元スレ
バルトフェルド「テレフォンショッキング」
http://engawa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324702338/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月03日 14:43
          • 懐かしいなぁ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月03日 16:13
          • ケバブにヨーグルトかける人?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月03日 17:09
          • なんでこんなに一気にまとめるんだ?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月03日 17:29
          • なっつ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月03日 21:05
          • キラとかまとめないんかな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月03日 23:59
          • 確かこれで終わりだっけ?
            もし続きがあるならみたいです

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ