TOP

【モバマス】藤居朋「占い師探偵!」

1: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:19:19.33 ID:l08Tn8jb0

あらすじ
遺体の第一発見者だからって、あたしのことを疑うなんてひどい刑事だわ。なら、自分で解決しちゃおうかしら、それがいいわね。名付けて、占い師探偵藤居朋!


そんなサスペンスドラマにアイドル達が出演するようです。
設定は全てドラマ内のものであり、現実のものとは関係ありません。

それでは、投下していきます。



2: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:20:35.83 ID:oEyNdsQp0

キャストリスト

藤居朋・占い師
篠原礼・占い師、朋の先輩
和久井留美・占い館のマネージャー

三船美優・会社員
服部瞳子・喫茶店の店員
川島瑞樹・地元テレビ局のアナウンサー
柊志乃・会社員
衛藤美紗希・会社員

東郷あい・刑事
藤原肇・刑事、あいの部下



3: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:21:37.87 ID:oEyNdsQp0



占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

占い館・ゴールデンドーン
朋が務める占い館。歴史は比較的浅いが、個性豊かな占い師が在籍しており、評判は上々。

藤居朋「あたしのカード達、今日もありがと!」

藤居朋
新米占い師。得意な占いはタロットカードと手相。

朋「あたしの海ちゃん、ちょっと来てー」

海『朋、お疲れ様!』

朋「海ちゃん、疲れたよー」

海『今日のお仕事はどうだった?』

朋「予約もリピーターも増えてきたわ。上々ね」

海『今日もがんばったね、朋にご褒美をあげないとかな』

朋「うーん、海ちゃんは優しいけどそうじゃない。やり直し」

海『まだまだ半人前なんだから、これからだね。がんばれ、朋!』

朋「そうね、まだまだがんばらないと!」

和久井留美「藤居さん、入っていいかしら」

和久井留美
占い館のマネージャー。朋達のスケジュール管理や受付などをしてくれている。

朋「留美さん、どうしたの?」

留美「お疲れ様」

朋「今日は終わりよね?あっ、お客さん来ちゃった?」

留美「違うわ。それにしても、あなたの一人で話す癖は慣れないわ」

朋「そう?」

留美「最初はまだお客様がいたかと勘違いしたもの」

朋「安心して。あくまで、トレーニングみたいなものだから」

留美「頭の中で会話してる、とか言っていたけれど」

朋「自問自答みたいなものだから、おかしくなったわけじゃないのよ?」

留美「信じてるわ」

朋「それに、もう一人の自分と話すよりも、こっちの方が面白いじゃない」

留美「それも聞いたわ」

朋「話したかしら?」

留美「最初にね」

朋「本当は霊界と話したいとかも?」

留美「それは初耳。それで、仕事の話をしていいかしら」

朋「この話は興味ないんだ」

留美「話すと長そうだもの」



4: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:22:38.66 ID:oEyNdsQp0

朋「わかったわ。明日の予約が変わったの?」

留美「予約も勤務時間も変更はないわ。中抜け時間が長いけど、お願いね」

朋「うん、問題ないわ」

留美「話は来月のこと」

朋「まだシフトが出てないわね」

留美「来月から勤務時間増やして貰えるかしら」

朋「ホント?」

留美「本当よ」

朋「やったわ!」

留美「あら、意外と喜ぶのね」

朋「占い師としては、一人でも多く幸せにしないとでしょ?」

留美「変な所はあるけれど、あなたにも占い師なのね」

朋「変かしら?」

留美「変な所もあるだけ。来月のシフト、こんな感じでどうかしら」

朋「ふむふむ……」

留美「藤居さんの評判はいいわよ。上もそれは把握してるわ」

朋「お客さんがそう思ってくれるなら、嬉しいわね」

留美「初めて会った時はどうかと思ったけれど」

朋「留美さんも信じてなかった?」

留美「得体の知れないの若造が来たら、誰でも驚くわ」

朋「ミステリアスな美少女?」

留美「都合のいい耳をしてるのね」

朋「冗談だってば。シフト表、ありがと」

留美「受けてもらえるかしら」



5: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:23:19.74 ID:oEyNdsQp0

朋「もっと増やしてもいいわ。まだ、ダメ?」

留美「段階というものがあるの」

朋「それなら、あたしの個室は?」

留美「残念ながら」

朋「礼さんのお部屋もいいけど、やっぱり自分の部屋が欲しいわ!」

留美「欲しいことは伝えておくけれど、期待しないで」

朋「留美さん、物質と霊質を繋ぐためには」

留美「自らが認めたものが多く必要、前にも聞いてるわ」

朋「覚えてくれるなんて、さすが!よっ、敏腕!」

留美「今すぐは出来ないから、我慢なさい」

朋「ねぇ、留美さぁん♪おねがぁい☆」

留美「私に媚びても、そんな権利ないのよ」

朋「え~。それなら、ネコミミもつけて、なんなら踊るわよ!」

留美「何言ってるのよ。篠原さんでも見習って、地道にがんばりなさい」

朋「礼さんを?」

留美「ええ、丁度いいと思うけれど」

朋「うーん、タイプが違う気がするわ」

留美「違う所がわかれば、もっと良い占い師になるヒントになるわ」

朋「留美さん、ビジネスマンみたいなこと言うのね」

留美「ビジネスマンだもの」

朋「礼さんとの違い……はっ、まさか!」

留美「わかったなら良いわ」

朋「ズバリ、おっぱいね!」

留美「……ハァ」

朋「確かに礼さんなら満足度高いのもわかるわ。ちょっと、盛大にため息つかないでよ」

留美「少しは期待してるんだから、落胆させないで欲しいわ」

朋「留美さん、期待してくれてるの?」

留美「業績があがれば私も嬉しいもの。お疲れ様、また明日」

朋「お疲れ様でした!さて、帰ろうかしら。あたしの雪菜ちゃん、ちょっと来て」

雪菜『朋ちゃんダメですよぉ。留美さん、真面目ですからぁ』

朋「ごめんごめん。それだけじゃないのは、わかってるわ」

雪菜『気をつけてくださいねぇ。お仕事が終わって、お腹がすいてませんかぁ?』

朋「うん。今日のご飯は何がいいかしら?」

雪菜『そうですねぇ……寒いからぁ、お鍋とか?』

朋「いいわね。そう言えば、コラーゲン鍋ってどうなのかしら?」

雪菜『マユツバですぅ。お野菜たっぷりの薄味が良いですよぉ』

朋「ポン酢も余ってるし、水煮ね」

雪菜『帰る前に、お清めの儀式は終わってますかぁ?』

朋「もちろん。さ、着替えてスーパーに寄って帰りましょ」



6: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:25:47.45 ID:oEyNdsQp0



翌日 午後

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「あたしのカード達、ちょっと休憩しててね」

篠原礼「朋ちゃん、こんにちは」

篠原礼
朋の先輩占い師。得意な占いは星占術と人相。どこかエキゾチックな雰囲気が漂う。

朋「礼さん、こんにちは!」

礼「調子はいかがかしら?」

朋「バッチリよ。礼さんは?」

礼「私は問題ないわ、でもトラブルに巻き込まれる星の日なの」

朋「へー、なにかあったら言ってね?」

礼「ありがとう。中抜け時間が長いけど、申し訳ないわね」

朋「こっちが部屋を貸してもらってるんだもの、全然問題ないわ。今日は予約のお客さんだけ?」

礼「ええ」

朋「さて、出て行かないと」

礼「まだ時間があるから、急がなくていいわ」

朋「そう?そういえば、礼さん衣装変えたの?」

礼「そうよ。どうかしら」

朋「すっごい良いわ!紫って雰囲気あるわよね!」

礼「ふふ……少し細身にしてみたの」

朋「礼さん、スタイル良くていいなぁ。ねぇ、やっぱり男の人って目線下がるの?」

礼「下がるわよ」

朋「ふーん、やっぱり武器じゃない」

礼「下がってる人は問題ないのよ」

朋「問題ない?」

礼「そんな余裕もない人だったら、どう思うかしら」

朋「なるほど。やりがいがありそうね」

礼「男女問わずに不躾に指摘するのも危険な兆候よ」

朋「ふむふむ」

礼「星や心の声はどこに現れているかはわからない」

朋「占い師はサインを逃さすべからず、ね」

礼「良く出来ました」

朋「留美さんに言われたの、礼さんを参考にしてみたらって」

礼「そう、参考になるかしら?」

朋「勉強になるわ。そうだ、お昼は何を食べたらいいかしら?」



7: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:26:29.91 ID:oEyNdsQp0

礼「昨日の夜は何を食べたの?」

朋「鶏肉と水菜の水煮よ」

礼「朝ご飯は」

朋「水煮の出汁でお雑炊」

礼「それじゃあ……少し顔を見せて」

朋「はーい」

礼「良い子ね……朋ちゃんは肌がキレイね」

朋「礼さん、顔近いわよね」

礼「これくらい普通よ……」

朋「そうとは思えないわ」

礼「はい、おしまい」

朋「どう?」

礼「活力があって好相。ただし、足元が疎かになっての失敗に注意すること。基本に立ち返るのがいいわ」

朋「うんうん、それで?」

礼「ランチは冒険しない方がいいわね。慣れたお店でいつものメニューを。仕事場には早めに戻ること」

朋「なら、いつものカフェのランチセットにするわ」

礼「あなたに幸運がありますように」

朋「礼さん、ありがと。またね」



8: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:27:10.68 ID:oEyNdsQp0



占い館・ゴールデンドーン・職員更衣室

朋「衣装?」

海『朋も新しくしたら?』

朋「あたしは気に入ってるけど、既製品だし確かにオリジナリティがないわね」

海『作ってみなよ』

朋「あたしが?海ちゃんが作ってよ」

海『自分でやってみるのも大切だよ、朋』

朋「あたしの海ちゃんがうんとは言わないわよね。海ちゃんに相談してみようかしら」

留美「藤居さん、ちょうど良かった」

朋「留美さん、どうしたの?」

留美「時間前だけど、お客様をご案内してもいいかしら。待合室にいるのだけれど、誰も応対できる人がいなくて」

朋「うん。ラッキーね、礼さんの言う通り早めに戻ってきて良かったわ」

留美「着替えは終わってるわね」

朋「でも、部屋に入ってないからお清めができてないわ。どんな人なの?」

留美「会社員さんよ。これが事前アンケート」

朋「ありがと。三船美優さん、2月25日生まれの魚座ね」

留美「ご案内は待ってもらうかしら」

朋「占いは初めて、何かご希望はあったの?」

留美「特にないみたい。藤居さんにお任せするわ」

朋「声をかけられたから、寄ってもらったのね。それじゃあ、すぐに案内してもらっていいわ」

留美「わかったわ」

朋「お清めの儀式から説明した方が面白いわよね。オッケー、礼さんの部屋でいい?」

留美「ええ。藤居さんが入ったら、部屋にご案内するのでいいかしら?」

朋「行ってきます」

留美「お願いね」




9: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:27:54.17 ID:oEyNdsQp0



占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「藤居朋です、こんにちは」

三船美優「三船美優と申します……今日はお願いします」

三船美優
占い館に訪れた会社員の女性。勧誘されたので、占いを受けることにした。

朋「……あたしの雪菜ちゃん、ちょっとアドバイスちょうだい」

雪菜『はぁい』

美優「何かおっしゃいましたか……?」

朋「ううん、こっちの話。三船さん、希望の占いはありますか?」

雪菜『綺麗なお姉さんですねぇ。薄いメイクがとってもお似合いですよぉ』

美優「いいえ、特には……占いなんて受けるのも初めてで……」

朋「勧誘しつこくて断れなかった?」

美優「そういうわけでは……今日は少しだけ気になって、看板を眺めていたので……丁度良いかと」

雪菜『時計を見てますねぇ、お時間がないのかも』

朋「お時間は大丈夫ですか?」

美優「はい……待ち合わせの時間には余裕がありますから」

朋「待ち合わせですか?」

美優「ええ。友達と映画を見て、お夕飯を食べる約束をしていまして」

朋「それじゃあ、遅れないようにしますね」

雪菜『お友達の顔を思い浮かべたんですねぇ、すこし表情が和らぎましたよぉ』

朋「占ってもらいたいことはありますか?恋愛とか仕事とか」

美優「これと言っては……細かく指定していいものなんでしょうか?」

雪菜『優しい人ですねぇ。恋人とかいるんでしょうかぁ?』

朋「それじゃあ、全体運にしましょうか。お姉さんの恋人との相性を占いますよ!」

美優「恋人はいないんです……その、寂しくはないですけれど」

朋「あらら、ごめんなさい。恋愛運は将来の運勢にしますね」

美優「お願いします……あの、仕事運とかは」

朋「もちろん!お姉さんはお仕事に何かお悩みでも?」

美優「いえ……これからもっと上手くいけばいいな、と思っていて」

朋「うんうん。お姉さん、占いの方法は何がいい?」

美優「詳しくないので……」

朋「例えば、手相、人相、良く街にいる易占いとか、棒持ってる人ね、トランプ、サイコロ、血液型、動物占い、あっちむいてほいとかあるわ」

美優「あっちむいてほい……ですか?」



10: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:28:34.39 ID:oEyNdsQp0

朋「要するに霊とか心の声を聞く手段としては色々あるってこと。ねぇ、精霊さんは日本語喋れると思う?」

美優「考えてみれば……話せないのかもしれませんね」

朋「そうそう、ロマンがあるでしょ?」

美優「はい……その通りですね」

朋「じゃあ、何で意思疎通するか、なの」

美優「あっちむいてほい、でもいいと……?」

朋「いいけど、難しいわね。せっかく、来てもらったからタロットカードにしましょう」

美優「タロットカード……」

朋「お姉さん、タロットカードは知ってる?」

美優「いえ……ほとんど知りません」

朋「それじゃ、ちょっと説明しながらやるわ。何でも聞いてね」

美優「はい……お願いします」



11: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:29:31.74 ID:oEyNdsQp0



占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「まずはお清めね。お寺と同じよ」

美優「それは……お香ですか?」

朋「そうよ。これで地のお清め」

美優「私、アロマテラピーが好きなので……独特なお香ですね」

雪菜『まぁ……ステキな趣味ですぅ』

朋「占い師の先輩がくれたの。残念だけれど、あげられないわ」

美優「そうですね……ちょっと神秘的過ぎる気がします」

朋「次は火のお清め。キャンドルに火をつけるわ」

美優「綺麗なキャンドルですね」

朋「火で雑念とかを一時的に燃やすのよ。じっと眺めてみて」

美優「はい……」

朋「はい、おしまい。次は風のお清め。自分に入ってる風をキレイにするのよ」

美優「どうやって……ですか?」

朋「深呼吸。はい、せーの、すー……」

美優「すー……」

朋「はー……」

美優「はー……」

朋「はい。次は水のお清め。そのボウルに入ってる水で手を洗ってね」

美優「はい」

朋「しまった、お客様用タオルを忘れたわ」

美優「ハンカチがありますので……大丈夫です」

雪菜『オシャレなハンカチですよぉ。水色でイメージとあってませんかぁ?』

朋「あたしも手を洗って、と。オシャレなハンカチね」

美優「貰い物ですが……」

朋「自分の色と同じ小物は運勢アップよ。送り主は良いセンスをしてるわ」

美優「これから会うので……お礼を言っておきますね」

雪菜『お友達が褒められるのは嬉しいですよねぇ』

朋「はい、あたしのお清めもおしまい。それじゃあ、あたしのカード達お待たせ!」




12: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:30:24.33 ID:oEyNdsQp0

美優「あたしのカードということは……他の誰にも使わせないんですか?」

朋「ええ。人の世界に寄り過ぎるといけないの。今回の占いは、サイコロジースプレッドよ!」

美優「サイコロジー……スプレッド?」

朋「タロットカードは、大きく分けて3種類あるのよ。それぞれを一枚ずつ引いて、お姉さんについて占うわ」

美優「3種類あるのですか?魔法使いとか死神が書いてあるのを見たことはありますけど……」

雪菜『興味を持ってくれましたねぇ、やっぱり真面目な人なんですよぉ』

朋「良く知られている大アルカナね。今からチューニングのために一枚一枚触れていくわ」

美優「華やかですね……」

朋「色や背景にも意味があるの。1の魔術師から21の世界、そして0の愚者で22枚が大アルカナよ」

美優「前に正方向と逆方向で意味が違うと聞いたのですが……」

朋「その通り。チューニングにも時間がかかるから、お話しましょう」

美優「はい」

朋「お姉さんから見て、正しい方向に見えたら正方向、逆だったら逆方向ね。例えば、3は女帝。母性や豊かさの象徴ね、これが逆になると」

美優「えっと……」

朋「イヤな女だったり虚栄の象徴になるの」

美優「なるほど……」

朋「正方向が悪い意味だから、逆方向が良い意味なカードもあるの。それは、出てから話すわ。オッケー、よろしくね、カード達!」

美優「あと2種類あるのですよね」

朋「そうよ。こっちはトランプに似てるわね」

美優「トランプ……ですか?」

朋「スートと呼ばれる杖、聖杯、剣、金貨っていう4種類にカードがわかれてるの。それぞれ1から10まであって、数札と呼ぶわ」

美優「残りは……」

朋「4種類のスート毎に、ペイジ、ナイト、クイーン、キングね。これを宮廷札と呼ぶの」

美優「なるほど……」

朋「さて、チューニングしていくわ」

雪菜『お姉さん、雰囲気が大人ですよねぇ。何歳くらいないのかなぁ』

朋「お姉さん、お仕事は何してるの?」

美優「会社員を……事務とかいろいろです」

朋「そうなんだー、何年目になるの?」

美優「もう5年ですね……最近やっと何をすればいいかわかってきました」

朋「5年って短かった?」

美優「そうですね……何もしなければあっという間です」

朋「あたしもがんばらないとね」

美優「でも……驚きました」

朋「何が?」

美優「若い占い師さんで、びっくりしました。当たる人らしいので、もっとご年配かと……」

雪菜『朋ちゃん、褒められてますよぉ』

朋「実務歴は短いけど、友達とか学校では評判だったのよ。もちろん、神業じみた達人もいっぱいいるわ。あたしも日々勉強中よ」



13: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:31:43.07 ID:oEyNdsQp0

美優「占い師さんも勉強するのですか……?」

朋「勉強も工夫も幾らでもすることがあるのよね。スピリチュアルな力だけじゃ、占い師としては失格ね」

美優「そう思えるなら……仕事は楽しいですよね」

朋「それもだけれど、お客さんと話すのも楽しいわ」

美優「占い師さんが立派な理由がわかった気がします……」

朋「まだまだだけど、今出来ることで信頼に応えてみせるわ。はい、カードの準備は完了よ」

雪菜『朋ちゃん、ファイトですよぉ』

朋「さて、始めるわよ!」



14: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:32:21.80 ID:oEyNdsQp0



占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「数札、宮廷札、大アルカナのそれぞれをシャッフルして、3つの束に揃えたわ。一番上のカードがお姉さんの占いの結果を示すわ。心の準備はいい?」

美優「はい……お願いします」

朋「最初に数札よ。顕在意識、つまり今を指し示すカードね」

美優「……」

朋「オープン。剣の8、正位置よ」

美優「えっと、女性が……捉えられてるように見えます」

朋「うん。お姉さんにはどう見える?」

美優「えっと……悪いカード、じゃないような……」

朋「やっぱり、そう見えるのね。占いの結果は全部出てからね」

美優「そういう作法なのですね……お邪魔でしたか」

朋「ううん。次は宮廷札よ。無意識、つまりお姉さんの性格を示すカードよ」

美優「性格……」

朋「オープン。金貨のクイーン、正位置」

美優「これは良いカードみたいですね……」

朋「お姉さんにぴったりなカードだと思うわ。最後の一枚に行くわよ」

美優「はい」

朋「最後の一枚が一番重要よ。大アルカナは潜在意識、本質や運命を指し示すもの」

美優「……」

朋「オープン」

美優「逆位置……」

朋「大アルカナは月の逆位置。良かったわね」

美優「良いのですか……?」

朋「正位置ならば月は不安や悩みを象徴するわ、足を止めてしまうほどの」

美優「逆位置だと……」

朋「不安や悩みを抱えながらも進むこと。その道を照らしてくれるのが月ね」

美優「……そうなのですね」

朋「剣の8、正位置。金貨のクイーン、正位置。そして、月の逆位置。一枚ずつ説明していくわね」

美優「お願いします」



15: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:32:58.18 ID:oEyNdsQp0

朋「剣の8はカードに書かれた通りに、束縛とかを指し示すわ。お姉さん、最近我慢してることある?」

美優「大きくはないと思いますが……」

朋「でも、そんな我慢を受け入れる力があるのね。お姉さん、恋人はいないのよね?」

美優「はい……最近は男性との接点もあまり……」

朋「今は我慢の時期ね。月が指し示す通りに、会社とかで自由に動けるわけじゃないのかな」

美優「そうかもしれませんね……私はただの社員ですから……」

朋「だけど、耐える力も変える力もお姉さんにはあるの。次のカードは金貨のクイーン」

美優「このカードは……」

朋「豊かな植物と動物に囲まれた女王様。仲間に恵まれた優しい女性よ」

美優「私が、ですか……?」

朋「カードはそう示してるわ」

美優「ありがとうございます……皆には助けてもらってばっかりだから……」

雪菜『やっぱり、お友達とか同僚が好きみたいですねぇ』

朋「そして、月ね」

美優「月……」

朋「不安や悩みの逆は、動物となり忘れることも意味するの」

美優「感情に流されたりするとか……?」

朋「その通り。でも、お姉さんなら大丈夫。自分の強さと仲間を信じれば、迷いながらでも進んでいけるわ」

美優「……」

雪菜『無言ですけど、ちょっと口元が緩みましたねぇ。我が意を得たり、って感じですぅ』

朋「あたしにはお姉さんが何をがんばってるかはわからないけれど、きっと大丈夫」

美優「……はい」

朋「すぐには解決しないかもしれないけれど、迷いながらゆっくりと進めばいい。月はその道を照らしてくれるはずよ」

美優「……」



16: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:33:46.44 ID:oEyNdsQp0

朋「他に聞きたいことはある?」

美優「占いなんて……と思っていましたけど」

朋「どうだった?」

美優「心のつかえがとれた気がします……明日からもがんばれそうです」

朋「うんうん」

美優「偶然ですけれど……来て良かったです」

朋「そう言ってもらえると嬉しいわ」

美優「その、ありがとうございました」

朋「どういたしまして。占いは時間的にこれで終わりかしら。聞きたいことある?」

美優「前々から気になっていたのですけど……」

朋「うん」

美優「今すぐにやれば、占いは同じ結果が出るたりするのですか……?」

雪菜『冷静で入れ込み過ぎない、良い心持ちですねぇ。もう一回やりますかぁ?』

朋「最初に話したようにカードを通じて話して貰ってるの。同じことを同じように話してもらう必要はないわ」

美優「ごめんなさい……失礼なことを」

朋「まっ、答えとしては同じ結果は出るわよ」

美優「そうなのですか……?」

朋「だけど、どうせだったら違う結果がみたいでしょ?条件があるの」

美優「条件……」

朋「また、来てね♪」

美優「そういうことですか……ふふ」

朋「状況が変わったり、悩んだりしたら来たりするのがいいわ」

美優「小さなことでも?」

朋「例えば旅行の方角とかでもいいわよ。そもそも、占いと旅はきってもきれない関係だから、得意分野ね」

美優「もっと気軽に考えてもいいのですね……」

朋「明日の事でもいいわよ。お姉さん、明日の予定は?」

美優「ゆっくりお家でお休みするつもりです……いいでしょうか」

朋「占い師に行動を変える力はないわ。自分の意思が何よりも大切」

美優「わかりました、私の意思でゆっくりします……ちょっとおかしな言い方ですね」

朋「占いはお金と相談ね。あたしが人気になる前に来ておくとお得なはずよ」

美優「ふふ、ラッキーだったのかもしれませんね……」

朋「それじゃあ、今日は終わり。映画と食事、楽しんできて」

美優「そうだ、時間……大丈夫みたいです」

朋「またね。割引券は貰っていくといいわよ」

美優「はい……ありがとうございました」



17: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:34:19.05 ID:oEyNdsQp0



帰り道

朋「んー……あたしの雪菜ちゃん、ちょっと聞いてー」

雪菜『朋ちゃん、どうしたんですかぁ?』

朋「気になることがあるのよ」

雪菜『歩きながら話してると怪しいですよぉ』

朋「わかってるわ。お昼後のお姉さんのことなんだけどね」

雪菜『雰囲気が良い人でしたぁ』

朋「ちょっと間違ったかも」

雪菜『朋ちゃんはちゃんとやってましたよ?』

朋「うーん、でも違うような気がするのよ」

雪菜『なんで違うのか、私にはわかんないですぅ』

朋「お手上げかー」

雪菜『今日は時間もありませんでしたよねぇ。もっと話を聞いてみたら』

朋「そうするわ」

雪菜『住所と電話番号はわかるはずですよぉ』

朋「確認してみるわ」

雪菜『明日は午前中で終わりですから、時間がありますよぉ』

朋「せっかくの日曜日なんだから、お仕事したいわね」

雪菜『朋ちゃん、一歩一歩ですよぉ』

朋「……そうね」

雪菜『あの人、美人さんでしたねぇ、濃いメイクもきっと似合いますよぉ』

朋「あたしの雪菜ちゃんなんか偏ってるわ、最近会ってないからよね……」

雪菜『朋ちゃん、疲れちゃいましたぁ?』

朋「うん、今日は早めに寝るわ」

雪菜『朋ちゃん、おやすみなさい』

朋「またね、あたしの雪菜ちゃん」



18: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:35:37.25 ID:oEyNdsQp0



翌日 お昼過ぎ

留美「お客さんに連絡?」

朋「うん、しても大丈夫なのかしら?」

留美「誓約上、問題はないけれど」

朋「ここ以外でお金を取るようなこともしないわ。しつこい勧誘もなし」

留美「心配はしていないけれど、気をつけてちょうだい」

朋「留美さん、ありがと!名前と電話番号と念のため住所を控えさせてね」

留美「でも、なんでかしら?気になることでも?」

朋「えっと、それは……」

留美「それは?」

朋「スピリチュアル直感よ」

留美「……そういうことにしておくわ」

朋「信じてないわね!」

留美「信じてないわ。だって、あなたは違うじゃない」

朋「なにが?」

留美「直感で未来が見えるなら、水晶占いでもしてるでしょう」

朋「まだパワーが足りないだけよ!直感を信じてもいいでしょ?」

留美「否定はしないわ」

朋「連絡してみるわ。ところで、留美さん」

留美「なにかしら?」

朋「日曜日は休みじゃないの?」



19: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:36:03.45 ID:oEyNdsQp0

留美「別に仕事してもいいじゃない」

朋「不安なら、占おうか?」

留美「余計なお世話よ。それに、占い師だったら私の方がよく知ってるわよ」

朋「つまり、あたしよりも適役がいるのね」

留美「恋愛相談に関してはね。選びたくなるくらいにがんばってちょうだい」

朋「あたしが選ばれる前に留美さんは結婚するから、それはないわね」

留美「ほへっ?」

朋「じゃあ、行ってくるわ。留美さんも体に気をつけるのよ!」

留美「い、行ってらっしゃい……」

留美「……」

留美「結婚の話、本当かしら……」



20: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:36:59.41 ID:oEyNdsQp0



ショッピングモール・エントランスフロア

プルルルル……

朋「うーん、出ないわね」

海『電源を切ってるとか?』

朋「あたしの海ちゃん、それは違うと思うわ」

海『接続音がなってるから、出れないだけか』

朋「家にいると思うけどねぇ」

海『家事をがんばってるのかもね』

朋「よし。訪ねてみることにするわ」

海『朋、お土産は忘れずに』

朋「あたしの海ちゃん、何がいいと思う?」

海『アロマが好きだって言ってたね。でも、それは難しいかな』

朋「アロマを選ぶのは難しいわね。一人で食べきれる量のお菓子にするわ」

海『そこでジンジャークッキーが売ってる』

朋「採用。たぶん冷え性だから、好きなはずよ」



21: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:37:53.56 ID:oEyNdsQp0

10

三船美優のアパート

三船美優のアパート
質素な3階建てのアパート。美優の部屋は205号室。

朋「思ったより質素なアパートね」

海『そうだね。朋ですらオートロックのアパートなのに』

朋「朋ですら、は余計。205号室は、ここね」

海『室外機は動いてるから、いるみたいだね』

朋「はい、ピンポーン」

海『出てくれるかな?』

朋「……」

海『反応はないよ』

朋「もう一度押してみるわ」

海『やっぱり、出ないみたい』

朋「いないのかしら」

海『まさか、開いてたり?』

朋「まさか……本当に開いてるじゃない」

海『開いてるなら』

朋「不在ということはないでしょうね」

海『朋、入ろう』

朋「三船さーん、いますかー?」

海『反応はナシ』

朋「お邪魔します、三船さん……あっ!」

海『朋、倒れてる!』

朋「三船さん、大丈夫!?」

海『頭から出血してる!』

朋「三船さん!聞こえる!?」

海『生きてるのかな、反応がほとんどない』

朋「あたしの海ちゃん、どうしよう!?救急車、警察?」

海『朋、落ち着いて。深呼吸だよ』

朋「わかったわ。すー、はー」

海『良い匂いがするね』

朋「確かに。アロマを焚いてたのかしら」

海『どうすればいいんだろ?』

朋「あたしの海ちゃんじゃ解決できなそうね……となると、あたしの留美さんとか」

留美『ハァ、藤居さん……またトラブルを持ち込んできたのね』

朋「いや、自分で嫌味を言ってる場合じゃないわ!リアル留美さんでいいじゃない!ケータイ取り出しポパピプペ!」



22: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:38:50.63 ID:oEyNdsQp0

11

美優のアパート前

朋「……」

留美「藤居さん、お疲れ様」

朋「留美さん、その、トラブル持ち込んでごめんなさい」

留美「非常時なんだから、気にしないで」

朋「あれ?怒られるかと」

留美「怒ったりしないわよ。大変だったわね。警察の聴取は終わったのかしら」

朋「見つけた時の状況は説明したけど、別の刑事さんが来るから待ってるわ」

留美「そう……」

朋「三船さんは……?」

留美「残念だけど……亡くなってから1時間から2時間経っているそうよ」

朋「もしかしたら、間に合ったかも」

留美「殺人犯と鉢合わせなんて、うちの職員にさせられないわ」

朋「……殺人なの?」

留美「……わからないわ」

朋「頭を怪我してたものね……そうかもしれないわ」

留美「……」

朋「昨日まで元気だった人が死ぬなんて、信じられないわ」

留美「あなたも落ち込むのね」

朋「留美さん、まるであたしを能天気みたいに」

留美「落ち込んでいない方があなたらしくていいわよ」

朋「むぅー、それも限度があるわ」

留美「後は警察とかがやってくれるそうよ」

朋「……」

留美「何か、心配なごとがありそうね」

朋「あたし、三船さんの親戚とかに怒られないかしら」

留美「早めに見つけてくれたあなたを、褒めこそしても責めはしないと思うけれど」

朋「そうよね……お葬式の日くらい教えてもらうわ」

留美「それでいいと思うわ」

朋「留美さん、対応してくれてありがとう」

留美「どういたしまして」

朋「留美さんは冷静ね」

留美「藤居さんがあんなに慌ててたら、冷静にならざるをえないでしょう」

朋「そんなに慌ててた?」

留美「ええ。仕事では出さないように」

朋「はーい」



23: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:39:30.07 ID:oEyNdsQp0

留美「藤居さん、明日は」

朋「出勤日ね、大丈夫よ」

留美「出たいようだけど、休みなさい」

朋「えー」

留美「不満を言わないの。絶対に占いは鈍るでしょう」

朋「でも」

留美「諸々はこちらで対応しておくから。甘えるのも大事なスキルよ」

朋「そうね……お客様にも失礼だし、休むわ」

留美「ええ、ゆっくり休んで」

朋「うん」

留美「私はこれで」

朋「ありがとう、留美さん」

留美「どういたしまして」

朋「ねぇ、あたしの海ちゃん」

海『……』

朋「自問自答で慰められるわけないわね……ハァ」

藤原肇「こんにちは。藤居朋さんですか?」

藤原肇
刑事。東郷あいの部下。常に落ち着いた若手刑事。

朋「こんにちは。その通りだけど」

肇「申し遅れました。こういうものです」

朋「藤原肇……刑事さんね」

肇「はい。お待たせしたでしょうか」

朋「そうでもないわ。刑事さん、良い名前ね」

肇「祖父から頂いた自慢の名前です。今時ではありませんが」

朋「努力家、頭脳明晰、独創性に恵まれ落ち着いた雰囲気を携える字画」

肇「ご職業は占い師と聞いています」

朋「でも、内側にため込むタイプね。ストレス、激情、野望とか」

肇「……肝に銘じます」

朋「ごめん、姓名診断は駆け出しだから2割だけ信じて」

肇「2割は信じていいのですか」

朋「あんたの方に心当たりがあるみたいだから」

肇「……場所を用意しています。事件のお話を聞かせてください」



24: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:40:54.67 ID:oEyNdsQp0

12

喫茶店・アイリス

喫茶店・アイリス
美優のアパート近くにある喫茶店。一杯一杯丁寧に淹れたドリップコーヒーが名物。

服部瞳子「いらっしゃいませ」

服部瞳子
喫茶店の店員さん。美人店員という言葉は、常連さんのお世辞と思っているようだ。

肇「こんにちは」

瞳子「刑事さん、奥の席を用意しました。こちらへどうぞ」

肇「ありがとうございます」

朋「ふーん。雰囲気があるお店だわ、メニューが書かれた紙を壁に貼ってあるのがいいわね」

肇「東郷さん、お連れしました」

東郷あい「ご足労感謝する。席はそちらを」

東郷あい
刑事。美貌の女性刑事だが、刑事達のなかでも距離を置かれる存在。

朋「よいしょ」

瞳子「ご用がありましたらお呼びください」

あい「ああ。肇くんも座りたまえ」

肇「失礼します」

あい「昼食はとったかい?」

朋「ええ。フードコートでうどんを食べたわ」

あい「では、飲み物をご馳走しよう」

朋「そう?んー、何にしようかしら」

あい「肇くんも頼みたまえ」

肇「ありがとうございます。ホットコーヒーを頂きます」

あい「ドリップコーヒーは評判の一品らしいな」

朋「ふーん……決めたわ」

あい「君、注文をいいかい?」

瞳子「はい、ただいま」

あい「ホットコーヒーを二つ。君は」

朋「あたしはクリームソーダを」

瞳子「かしこまりました。お待ちください」

あい「コーヒーは嫌いか?」

朋「好きよ。でも、ここのお店だったら断然クリームソーダね」

あい「それは何故だ?」

朋「あたしが好きだからに決まってるわ」

あい「占いか?」

朋「さぁ?」

あい「そうか。どうやら、また厄介事が私達に回ってきたようだ」

肇「私は好きです」

あい「同感だ」

朋「何言ってんの?あたしが言えたことじゃないけど」

あい「こっちの話だ。飲み物が来たら、本題に入るとしよう」



25: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:42:15.14 ID:oEyNdsQp0

13

喫茶店・アイリス

肇「……美味しい」

朋「うーん、良い!アイスもソーダも美味しい!」

瞳子「そう言ってくれると喜びますよ。バニラアイスもソーダシロップも特製ですから」

朋「そうなのね、いいチョイスだったわ」

瞳子「それでは、ごゆっくり」

朋「ありがと!」

あい「……」

朋「それで、刑事さんが聞きたいことは何かしら」

あい「肇くん」

肇「はい。時系列で確認させていただいてもよろしいでしょうか」

朋「大丈夫だけど、もうほとんど話したわ」

肇「確認も兼ねています」

あい「まずは職業から」

肇「お名前とご職業、職場を教えてください」

朋「名前は藤居朋。職業は占い師。職場はゴールデンドーンっていう占い館ね。まぁ、占い館を運営する会社の社員だから、面倒な時は会社員と名乗ってるわ」

あい「事前情報通りだ。ありがとう」

肇「続いて、昨日のことをお聞かせください」

朋「わかったわ」

肇「昨日、いつ職場に戻られましたか?」

朋「え?そんなことから聞くの?」

肇「はい。聞かれたくありませんか?」

朋「そういうわけじゃないわ。夕方の勤務が始まる30分くらい前よ」

あい「被害者の三船美優はその後に入店しているようだな」

肇「何故、戻ってきたのですか?」

朋「なんでって、早めにお昼休みを切り上げたからよ」

肇「何か目的はありましたか?」

朋「そうそう、同僚の礼さんっていうエ口い占い師さんがいるんだけど、早く戻った方が良いと占われたから戻ったのよ」

あい「ふむ。彼女のフルネームを教えてくれ」

朋「篠原礼。留美さんには会ったの?」

あい「対応してくれたからな」

肇「先ほどのお二人との間柄は?」

朋「篠原礼さんは先輩の占い師、和久井留美さんは社員ね」

あい「結果として、そのおかげで三船美優を占うことになった」

朋「歩合の分もあるし、お客を見るのも経験だからラッキーだったわ」

肇「三船美優さんについてお聞きします」

朋「どうぞ、といってもあんまり知らないけど」



26: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:43:23.83 ID:oEyNdsQp0

肇「昨日が初対面ですか?」

朋「うん。それどころか、占い館に来たのも初めてだって」

あい「それを証明できるのものは」

朋「え?そんなものないわよ」

あい「当然だな」

肇「昨日の占いはどれくらいでしたか?」

朋「お店の規定で標準時間くらいだったわ」

肇「録音や録画等はしていますか?」

朋「プライベートなことを話す場所だから、ないはずよ」

あい「何を話したかがわかるのは」

朋「あたしと三船さんだけ。三船さんが占いの話を誰かにしたなら別だけど」

肇「どのような内容でしたか?」

朋「話さなくてもいい?」

あい「詳細を聞きたいわけじゃない」

肇「被害者は何かに悩んでいましたか?」

朋「悩んでいた内容なんて知らないわ」

肇「そうなのですか?」

朋「占いとお悩み相談は違うわ。お悩み相談なんて、あたしみたいな若い占い師に話してもしかたないでしょ?」

あい「一理あるな」

肇「つまり、あなたは悩みについては知らないのですね」

朋「そういうこと」

あい「ならば、逆だ」

肇「はい。交友関係や異性関係のトラブルを抱えていましたか?」

朋「それはない、って言ってた」

肇「三船さんがですか?」

朋「うん。本当のことはあたしにはわからない」

肇「具体的に教えてください」

朋「具体的と言ってもねぇ……」

あい「彼女が言ってたことをそのまま伝えてくれ」

朋「友人とか職場の人には恵まれてるらしいわ、あたしの占いでもそう」

肇「他には」

朋「恋人はいないみたい。最近は出会いもないとか」

あい「ふむ……新情報だな」

朋「恋人が今すぐ欲しいわけでもなかったから、占ってもいないわ」



27: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:44:22.51 ID:oEyNdsQp0

肇「占いはどのような占いを?」

朋「タロットカードね」

肇「姓名診断は」

朋「さっきも謝ったじゃない、あれは勉強中」

あい「いくつか出来るのか?」

朋「得意なのはタロットカードと手相よ」

あい「面白い。簡単に占ってもらえるか?」

朋「占い館に来て、予約するとスムーズよ」

肇「外では占いをしないのですか?」

朋「可能な限りしたくないかな。ほら、場所の力って大切だから」

あい「私にはわからない概念だ」

朋「それに、刑事さんは占いを必要としてる?」

あい「言っていいのか」

朋「別に良いわ」

あい「不要だ」

朋「要らないなら、それはそれで良いことだと思うわ」

肇「次の質問に行ってもよろしいでしょうか」

朋「あなたは冷静ね。どうぞ」

肇「占いの後の、三船さんの足取りはわかりますか?」

朋「友達と映画に行って、夕ご飯を食べるとか言ってたわ」

あい「後で確認しよう」

肇「退社された時刻は」

朋「正確な時間は会社に確認して」

肇「わかりました。昨日の話については以上です」

あい「次は、今日についてだ」

肇「午前中は何をしていましたか」

朋「お仕事よ。日曜日だから、本当は午後とかも働きたいんだけどね」

あい「なぜ、そうできないのかな」

朋「個室がないから、自由に選べないの。さっきも言った礼さんに間借りしてる感じね」

あい「なるほど」

肇「三船さんは、本日遠出はしていないようです」

朋「聞いたわ」

あい「どこでだ?」

朋「占いの時に。日曜日はお部屋でゆっくりするって」

あい「ふむ」



28: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:45:36.44 ID:oEyNdsQp0

肇「あなたの足取りに戻ります。仕事後に職場でどうされましたか?」

朋「三船さんの住所と電話番号を聞いて、部屋を訪ねたわ」

肇「訪ねた時の様子を教えてください」

朋「電話にも出ないし、インターフォンにも出なかった。けど、玄関のカギが開いていた」

肇「はい」

朋「それで……死体を見つけたわ」

肇「それからは」

朋「まずは留美さんに連絡したわ」

あい「警察と救急への連絡は彼女からだな」

朋「あと、大家さんにも来てもらった」

あい「それで」

朋「それから、すぐに警察が来て、今に至る、ってところね」

肇「ありがとうございます」

朋「これで大丈夫かしら」

あい「聞いていた情報と差異はないな」

肇「昨日会ったご友人についてはこちらで調べます」

あい「それでは」

朋「では?」

あい「肇くん、準備はいいかな」

肇「いつでも大丈夫です」

あい「本題に入ろう」

朋「本題があるの?」

肇「何故、三船美優さんのアパートを訪ねたのですか?」



29: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:46:08.19 ID:oEyNdsQp0

14

喫茶店・アイリス

朋「なんで?」

肇「はい。どうして、あなたが三船さんを訪ねるのかお聞きしています」

朋「なんで、って言われても」

あい「昨日初対面の占い師が、何故会いに行く?」

朋「ねぇ、あんた達あたしを疑ってる?」

肇「疑問点は解決しておくべきです」

あい「捜査の基本だ」

肇「だから、教えてください」

朋「そんなこと言われても、明確な理由なんてないわよ?」

あい「本当か?」

朋「もちろん」

あい「質問を変えよう」

肇「あなたの午前中のアリバイを教えてください」

朋「仕事だったわ」

肇「証明できる人は」

朋「お客さんがいたわ。いない時間も少しはあったけど」

あい「次だ。電話について」

肇「三船さんにはいつどこで電話を掛けましたか?」

朋「お昼にショッピングモールで」

あい「昼食前か後か」

朋「前ね。出ないから、お土産を買ってご飯を食べたわ」

肇「ご飯を食べたことを証明できる人は」

朋「……なんだか、イヤになってきたわ」

あい「申し訳ない。無礼なのは承知の上だ」

朋「答えないと帰れなそうだし、いいけど」

肇「お答えください」

朋「一人だったから、ショッピングモールのフードコートの店員さんなら」

肇「電話で済ませずに、会いに行った理由は?」

朋「理由、なんでかしら?」

あい「……」



30: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:46:47.20 ID:oEyNdsQp0

朋「占い師の勘よ、勘ね」

あい「肇くん」

肇「はい。あなたが被害者を殺害していないことを証明できますか?」

朋「へ?」

あい「君は君を犯人でないと証明できるか?」

朋「むしろ、どうやって?」

あい「私達も探している所だ」

肇「はい」

あい「君は第一発見者だが、本来はいるはずのない人物だ」

朋「いや、そうだけど……」

あい「君によって事件が引き起こされた、そう考えるのも無理はないだろう?」

朋「でも、それとこれとは違うじゃない」

あい「何がどうなったら、違うのかな」

朋「これじゃ、禅問答ね」

あい「なに、難しく考えることはない」

肇「はい。私達は調査を続けて、真相を明らかにします」

朋「ええ、真相を明らかにして欲しいに決まってるでしょ」

あい「許可はいただいた」

肇「お時間をいただき、ありがとうございました」

あい「君が言わないなら、こちらで君を含めて事件を調べさせてもらおう」

朋「やっぱり、全力であたしのことを疑ってるじゃない!」

肇「全てを疑うことが仕事ですから」

朋「あたしも占い師の端くれだし、評判が落ちるのはイヤだわ」

あい「なら、どうするのかな」

朋「じゃあ……そうね……」



31: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:48:15.13 ID:oEyNdsQp0

15



朋のアパート付近

朋「むぅ……あたしの雪菜ちゃん、どう思う?」

雪菜『難しいですねぇ』

朋「あの刑事さんをあたしから遠ざけるためには」

雪菜『すぐに事件を解決しないとですねぇ』

朋「だけど、厳しいわ」

雪菜『警察じゃないですからねぇ』

朋「三船さんの状況もわからないし、取り調べは出来ないし」

雪菜『朋ちゃんがやってないことを証明すればいいんですよぉ』

朋「そっちの方が難しいわね。犯人がいるなら、見つける方が楽よ」

雪菜『人から話を聞くとかですかぁ』

朋「それぐらいしかないわね」

雪菜『遅くなっちゃいましたねぇ、明日にしましょう?』

朋「あたしの雪菜ちゃんは甘えさせようとしてくれるのね」

雪菜『お父さんも心配してましたからぁ、気を張り過ぎはだめですよぉ』

朋「こんなことで久しぶりに話したくなかったわ。占い師になることは反対派なんだから」

雪菜『あらぁ?上見てください』

朋「明かりがついてるわね、あたしの部屋に」

雪菜『えぇ、誰が部屋にいるんですかぁ?』

朋「確かめないと」

雪菜『玄関を開けると、キッチンにユニットバス、クローゼットがあるワンルームですぅ』

朋「ええ。明かりをつかっているなら、部屋側にいるはず」

雪菜『見つからずに済むかもしてませんねぇ、行きますよぉ』



32: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:49:13.20 ID:oEyNdsQp0

16

朋のアパート・自室前

朋「なにか音がするわね……」

雪菜『リズミカルな音です……』

朋「そーっと……ドアを開けて……」

雪菜『キッチンに誰かいますよぉ……』

朋「黒髪のポニーテール、エキゾチックな雰囲気に、エプロンが凄い似合ってたわ、あんな奥さんが欲しいわね……ん?」

雪菜「朋ちゃん」

朋「あたしの雪菜ちゃん、ちょっと静かに」

雪菜「もう、違いますよぉ。とーもちゃん、つんつん♪」

朋「ほ?」

雪菜「ばぁ♪」

朋「ふひゃあ!」



33: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:51:46.53 ID:oEyNdsQp0

17

朋のアパート・自室

朋「びっくりしたわよ!」

杉坂海「あんなに腰抜かすことないのにさ」

井村雪菜「ドッキリ大成功ですねぇ」

杉坂海
朋の友人。一生懸命何かに打ち込んでいる人をお世話するのが好きらしい。エプロン姿が似合う。

井村雪菜
朋の友人。気の置けない友人と会うためか、今日はナチュラルメイク。

海「朋、手は洗った?」

朋「洗ったし、部屋着にも着替えたわ」

海「それじゃあ、いただきます」

雪菜「いただきまぁす」

朋「いただきます!海ちゃんが全部作ったの?」

海「ご飯とお味噌汁と煮魚はそうだよ」

朋「美味しいわ!さすが、海ちゃんね」

海「ありがと、朋」

雪菜「朋ちゃんのお母さんが煮物とかを持たせてくれたんですよぉ」

朋「ふんふん、確かに実家の味がするわ」

雪菜「どうですかぁ?」

朋「いつもの味で安心するわ。ところで」

海「なに?」

朋「どうして、二人がここにいるわけ?」

海「朋のお母さんから連絡があったんだ」

朋「それじゃあ、何があったか聞いてるの?」

海「うん。大変だったね」

雪菜「朋ちゃんのお母さんから、様子を見るように頼まれたんですぅ」

海「カギは借りて来たんだ」

雪菜「入り方も教えてもらいましたぁ」

朋「近くもないのに、お母さんはとんでもないお願いするわね……」

海「まーた、うちの娘がやらかしたって言ってたよ」

朋「あたしは何にもしてないわよ!?」

海「わかってるさ」

雪菜「信じてますよぉ」

朋「海ちゃんと雪菜ちゃんはわかってくれて、あたしは嬉しいわ」

雪菜「何かあったんですかぁ?」

朋「なんか刑事に疑われてるのよね。凄いしつこいのよ」



34: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:52:49.18 ID:oEyNdsQp0

海「朋を?」

雪菜「朋ちゃんをですかぁ、ふふ」

朋「笑う所かしら?」

海「朋が犯人だったら、すぐにわかるよ」

雪菜「そうですねぇ」

朋「自分でもそう思うわ。占い師としてはもう少し抑えたいのだけれど」

海「朋が占い師だから、疑ってるのかもしれないね」

雪菜「ニコニコ顔は無表情よりも隠し事がしやすいと思いますぅ」

朋「そういうことなのかしら」

海「わからないけどね」

雪菜「今日の朋ちゃんは、いつもよりも表情が硬いですよぉ」

朋「そう?」

海「うん。食欲はありそうだけど、疲れてる?」

朋「そうね、色々あったし。原因の3割は事件だけど、5割はあの刑事達のせいね」

海「そっか」

朋「なんだか、疲れたわ」

海「仕方ないよ。朋は良いことをしたんだから、落ち込まないの」

雪菜「うんうん」

朋「そうかしら」

雪菜「偶にはそういうこともありますよぉ」

海「全部上手く行くわけなんてないんだ」

雪菜「成功じゃなくても良いことをしたなら、きっと報われるんですよぉ。誰かがきっと見てくれてます」

海「すくなくとも、ウチらはそう思ってるからさ」

朋「……うん」

雪菜「明日はお休みなんですよねぇ?」

朋「休みを取らされたわ。二人は?」

海「明日の朝には帰るよ」

朋「そっか」



35: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:53:40.24 ID:oEyNdsQp0

雪菜「だから、泊っていってもいいですかぁ?」

朋「もちろん!久しぶりに話したかったから、嬉しいわ」

海「朋、全然帰ってこないんだから」

雪菜「お父さんとお母さんが寂しがってましたよぉ」

朋「まぁ、それはねぇ。占い師になるなんて、賛成する親なんていないわよね」

海「仕事はどう?」

朋「まあ、ぼちぼちってとこ。自分で言うことじゃないけど、評判は悪くないわ」

雪菜「朋ちゃんの占いは当たりますからねぇ」

海「スカウトが来たのにはびっくりしたけど」

朋「まだまだ勉強中だけどね。そうだ、海ちゃん、お願い事があるんだけど」

海「お願い事?」

朋「占いの衣装、オリジナルが欲しいの」

雪菜「へぇ、素敵ですねぇ」

朋「海ちゃん、作ってくれないかしら」

海「朋……」

朋「あれ、ダメだった?」

海「朋が服装に気をかけるようになるなんて……ウチは嬉しい」

朋「あたしは一人暮らししてる男子学生じゃないわよ?」

海「冗談だよ。考えてみるね」

朋「やった。急ぎじゃないから、ゆっくりでいいわ」

雪菜「リクエストとかあるんですかぁ?」

朋「そうね、やっぱり紫がいいわ」

海「占い師っぽいし、朋らしいね。わかった」

朋「ありがと、海ちゃん」

海「お味噌汁、おかわりいる?」

朋「ちょうだい」

海「いっぱい食べて、ゆっくり休みなよ」

雪菜「そうですよぉ」

朋「ありがと。でもね、一番の薬があるの」

海「なにかあった?」

朋「二人と話すこと。なんだか、元気が出てきたわ!」



36: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:55:18.58 ID:oEyNdsQp0

18

深夜

朋のアパート・自室

朋「ベッド使っていいのに」

海「家主を差し置いて使うわけにはいかないよ」

雪菜「朋ちゃんこそ気を使わなくていいですよぉ」

朋「あたしはいいの。せっかくだから、美人と添い寝する権利を貰うわ」

海「なに言ってんだか」

朋「川の字も悪くないわ」

雪菜「ふふ。ねぇ、朋ちゃん」

朋「何かしら」

雪菜「朋ちゃんの中の私達は元気ですかぁ?」

朋「聞かれてた?」

雪菜「はい」

朋「元気よ。でも、なんか違う気がしてたから会えてよかったわ」

雪菜「そうなんですかぁ?」

朋「海ちゃんはやたらに甘々だし、雪菜ちゃんはメイクとかに執着しすぎになっちゃった」

海「甘やかされたいの?」

朋「海ちゃんに甘やかされたくない人間なんていないわ」

海「甘やかしてはあげないよ。自分でがんばらないといけない時も絶対あるからさ」

朋「ありがと。やっぱり、どんなに想像するよりも目の前にいる人の方が魅力的だわ」

海「その癖、やっぱり残ってたんだね」

朋「むしろ、こっちに来てから増えたの。占いの練習にもなるし」

海「ウチらが近くにいたからさ、することもなかったんじゃないのか」

朋「そうかもしれないわね……そう考えると、なんだか寂しがりみたいじゃない」

雪菜「そうじゃないんですかぁ?私は朋ちゃんが一人暮らしを始めてから寂しいですよぉ」

朋「寂しがり屋じゃなくても、寂しいわ」

海「うん、誰だってそうさ」

朋「でも、大丈夫よ。頼れる先輩もいるし、こうやって押しかけてきてくれる友達もいるわ」

雪菜「うん」

朋「占い師として皆のためになることをしていきたいわ。一つでも多くね」

海「そうだね」

朋「だから、決めたわ」

雪菜「決めた?」

朋「三船さんのために、事件を解決してみせるわ。だって、大切なお客様だもの。名付けて」

海「名付けて?」

朋「占い師探偵藤居朋!」



37: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:56:16.91 ID:oEyNdsQp0

雪菜「うーん……」

朋「微妙だった?」

雪菜「心がけはいいと思いますよぉ。ネーミングはまぁまぁ?」

朋「まぁまぁ、ならいいかしら。いいことにするわ」

海「朋、無理はしちゃだめだよ?」

朋「わかってるわ」

雪菜「ふあぁ……」

朋「寝ましょうか。狭いけど、ホントに大丈夫?」

海「問題ないって。朋、おやすみ」

雪菜「朋ちゃん、おやすみなさい……」

朋「おやすみー」



38: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:57:49.14 ID:oEyNdsQp0

19

翌朝

朋のアパート・自室

雪菜「お休みなのに早く起こして、ごめんなさい」

朋「大丈夫よ。いつもより良く眠れたわ」

海「冷凍庫に常備菜を入れといたから、食べて。健康と火事には気をつけるんだよ」

朋「海ちゃん、発言がオカン過ぎるかな」

海「ウチのことはいいから。いいね?」

朋「はーい」

雪菜「朋ちゃん、ばいばーい」

海「またね、朋」

朋「ばいばーい。次に帰省する時は連絡するから」

朋「……」

朋「よしっ、占い師探偵をはじめましょうか」



39: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:01:17.43 ID:oEyNdsQp0

20

喫茶店・アイリス

海『昨日の喫茶店だね』

朋「そうよ、あたしの海ちゃん」

海『三船さんに繋がる人を見つけるため』

朋「会社の人とか昨日の友達とか見つけられるといいわね」

海『でも、どうして喫茶店?』

朋「昨日の店員さん、いるでしょ?」

海『今も働いてるね』

朋「昨日の刑事も来てるし、話が通じやすいはずよ」

海『ふむふむ』

朋「朝のコーヒーでも飲みながら、聞いてみるわ」

瞳子「いらっしゃいませ。こちらのお席へどうぞ」

朋「お邪魔するわ。ホットコーヒーをちょうだい」

瞳子「かしこまりました」

朋「それと」

瞳子「なんなりと」

朋「話を聞いていいかしら」

瞳子「話、ですか……?」

朋「三船さんのことを聞きたいの」



40: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:02:44.47 ID:oEyNdsQp0

21

オフィス街・某ビル1階エントランス

貼紙『見習い占い師修行中!相談3分!無料!勧誘なし!あたしのために占わせてください!』

朋「名刺だけ渡しておくわ。今度はお店に来てね!ばいばーい」

雪菜『結構、立ち寄ってくれますねぇ』

朋「狙い通りね」

雪菜『占い館にも迷惑かけませんし』

朋「ビルの管理者にも許可は貰ってるし、バッチリよ」

雪菜『修行中なら断れませんよねぇ』

朋「あっ、こんにちは!占いはいかがですか?」

雪菜『見つかりましたねぇ。社員証は三船さんが勤めてる会社のものですよぉ』

衛藤美紗希「こんにちはぁ」

衛藤美紗希
美優が勤めていた会社の社員。見るからに高い女子力を誇る。

雪菜『カワイイ!カワイイですねぇ』

朋「お昼帰りですか?」

美紗希「そうですぅ」

雪菜『メイクも派手じゃないけど華やかですぅ。それにコートもオシャレ』

朋「お時間あったら、占わせてくれませんか?」

美紗希「修行中なんですかぁ?」

朋「ええ。普段は占い館で働いてるけど、武者修行中なの」

美紗希「うーん、ちょっと時間があるからいいですよぉ♪」

雪菜『時計も似合ってますぅ』

朋「ありがと!それじゃあ、そこに座ってくれる?」

美紗希「はぁい。どんな占いなんですかぁ?」

朋「手相とタロットカードのどちらかね。タロットカードはホンモノじゃないけど」

美紗希「ニセモノ?」

朋「一応出来るけど、信頼度はないわね。雑貨屋で買って来た安物だし」

美紗希「へぇ、占い師さん用のタロットカードがあるんですかぁ?」

朋「カードに罪はないけれど、パワーが足らないわね。占い館に来てもらえば、本当にタロットで占えるわ」

美紗希「こだわりがあるんですね」

朋「そうそう。名刺渡しておくわね」

美紗希「ありがとうございますぅ。藤居朋さん?」

朋「よろしくね。手相占いにしましょうか。経験ある?」

美紗希「ないですぅ。お願いしますぅ♪」



41: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:04:04.85 ID:oEyNdsQp0

朋「はーい。それじゃあ、手を出してください」

美紗希「どうぞ」

雪菜『爪がキレイですねぇ。お仕事じゃない時はネイルを楽しんでるはずですぅ』

朋「お姉さん、利き手は出してくれた方?あと、名前を教えてもらっていいかしら?」

美紗希「左利きですよぉ。名前は衛藤美紗希です」

雪菜『やっぱり左利きでしたねぇ。お仕事は事務でしょうかぁ?』

朋「衛藤さんね、お仕事はなにしてるの?」

美紗希「事務とかいろいろですよぉ。開発もやってますぅ」

雪菜『三船さんと同じようなこと言ってますねぇ。世間話として出してみましょう』

朋「実は同じ会社の人を占ったことがあるのよ。お姉さんに特徴的なのは」

美紗希「偶然ですねぇ」

朋「努力線ね。生命線とか聞いたことあるかしら?」

美紗希「ここですよねぇ、親指のまわり?」

雪菜『指もキレイですねぇ。憧れちゃいますぅ』

朋「そうよ。ここから上に線が伸びてるでしょう?」

美紗希「はい、何本か見えますぅ」

朋「努力家、正しい努力が出来る人ね。線も多いし、何でも成功するわね。仕事とか勉強とかファッションとか」

美紗希「本当ですかぁ?」

朋「お姉さんががんばれば、本当になってあたしは当たる占い師。ウィンウィンよ」

美紗希「ふふっ。立派な占い師さんになってもらうために、がんばりまぁす」

朋「頼むわ。そういえば、前に見た三船さんも努力線があったわ」

雪菜『努力線があるかないかなら、ほとんどの人がありますからねぇ。同じ仕事をしてるなら尚更ですぅ』

美紗希「前に占った人は三船さんだったんですかぁ」

朋「そうよ。まぁ、その時はタロットカード中心だったけれどね。ねえねえ、三船さんってどんな人なの?今日は働いてる?」

美紗希「えっと……今日はお休みですぅ。大人しいですけど、真面目で良い人ですよぉ」

雪菜『知っていて黙ってくれていますねぇ。優しく気配りが出来てステキなのでぇ、つけこみましょう』

朋「やっぱりね。職場は一緒だったの?」

美紗希「そうですよぉ」

朋「評判はきっといいのよね」

美紗希「美優さんは大人気でしたよぉ。昔は腰掛けだと思われてたなんて信じられないですぅ」

朋「昔はそうだったけど今は変わったか変えようとしてる、ってこと?」

美紗希「そうですよぉ。効率よく働けるように配慮してくれたり、色んな人を取り持ってくれたり」

雪菜『評判通り、印象通りですねぇ』



42: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:05:20.48 ID:oEyNdsQp0

朋「やっぱりそうなんだ。三船さんも悩み事があるみたいだから、サポートしてあげるとあなたにとっても良いことがあるはずよ」

美紗希「お手本に出来る人でしたぁ。でも、悩んでるようには見えませんでしたよ?」

雪菜『大きな悩み事やトラブルはやっぱりないみたいですねぇ』

朋「大きいことじゃなくて小さなことじゃないかしら。職場を良くしたい、とか?」

美紗希「難しいですもんねぇ。昔から働いてる人も一杯いるから」

朋「流行りのセクハラ、パワハラ、モラハラとかないわよね?」

美紗希「ウチの会社でありえませんよぉ」

朋「良いことね。そうだ、会社の人で話を聞いて欲しい人とかいる?」

美紗希「会社の人?」

朋「上司とか先輩とか。ホントはいけないけど、話の内容をあなたに伝えてもいいわ」

美紗希「それは行けないと思いますけどぉ……そうだ、ケータイ、ケータイ」

朋「誰かいるのかしら」

美紗希「美優さんの上司なんですけどぉ、この人ですぅ」

雪菜『美優さんの上司をどうして紹介するんでしょう?』

朋「艶があって綺麗な人ね。この人ワケアリなの?」

美紗希「そういうわけじゃないですよぉ。美優さんと話したことがあるなら、お話を聞いてみてください」

雪菜『あたし達の目的に気づいてますかねぇ』

朋「わかったわ。ここで待ってれば、来る?」

美紗希「3時くらいに休憩で降りてくると思いますぅ」

朋「ありがとう。ちょっと話過ぎちゃったわね」

美紗希「いえいえ、がんばりますねぇ。ありがとうございましたぁ」

朋「こちらこそ、お仕事がんばって!今度は占い館に来てね!」



43: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:05:58.79 ID:oEyNdsQp0

22

午後3時

オフィス街・某ビル1階エントランス

朋「あたしの海ちゃん、あの人かな」

海『衛藤さんが言ってた人だね。コーヒーとチョコレートを持ってる』

朋「こっちに来たわ。あの、お姉様!」

柊志乃「あら……職場の子が話してた占い師さん、ってあなた?」

柊志乃
美優の上司。手に持っているチョコレートにはアルコールが含まれてることに朋は気づいていない。

朋「あたしのために占わせてください!今なら無料よ!」

志乃「休憩中だけど……」

朋「時間はあまり取らないわ」

志乃「偶にはいいかしら……」

朋「ありがとう!ささ、座ってちょうだい」

志乃「失礼するわ……」

朋「手相とタロットカードを準備してるわ。どっちがいいかしら」

志乃「その二択なら……手相を」

朋「お目が高いわね。あたしのオススメも手相よ」

志乃「手相占いが得意なのね……若いのに」

朋「本職はタロットカードよ。ここでは万全に占えないから」

志乃「そう……手はどちらで占うのかしら」

朋「どちらでも。お姉様、お名前を教えてくれる?」

志乃「柊志乃よ……木の柊一文字とこころざしの志と森久保乃々ちゃんと同じ乃」

朋「柊志乃さんね、利き手はこっち?」

志乃「違うわ、利き手は左手……」

海『手も細いね、ちゃんと食べてるのかな』

朋「柊さん、占って欲しいことある?」

志乃「そうね……あるわ」

朋「なに?」

志乃「昨日部下が亡くなったわ……死というのは急ね」

海『三船さんのことだよね、たぶん』

朋「それは……ご冥福をお祈りいたします」

志乃「期待の部下がいなくなって……困るわ」

朋「そうね、人との出会いは価値があるものだわ」

志乃「仕事運を占ってもらえるかしら……まずは」

朋「仕事運ね、まずはここ」

志乃「ここ……目立った線は見えないけれど」

朋「うん、見えないわね。つまるところ、柊さんにそこまで仕事の熱意はないみたい」

志乃「すっぱりというのね……」



44: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:07:35.16 ID:oEyNdsQp0

朋「でも、財運、金運は良さげだし、運命線はしっかりしてるわ。熱意はないけれど、やるべきことをやれるから柊さんはそのままでもいいかも」

志乃「……そう」

朋「柊さん以外の状況も大切そうね。部下の人、どんな人だったの?」

志乃「私とは逆ね……熱意を秘めていたと思っているわ」

朋「ふむ、それだと惜しい人を無くしてしまったのね」

志乃「昔は私と似ていると思っていたけど……変わったみたいね」

朋「柊さんも、変わりたいの?」

志乃「占い師さんは……どっちだと思うかしら」

朋「うーん、大きな変化を予兆する手相もないし、そういうタイプじゃない、かな」

志乃「その通りね……運よく昇進もしたし、このままかしら」

朋「その部下さんが亡くなって、どう思いますか?」

志乃「運が悪い時はあるわね……仕方がないわ」

朋「いて欲しいと望まれた人なんですね」

志乃「ええ……だから、残念よ」

朋「起こってしまったことは変えられないわ。これからどうするか」

志乃「それじゃあ……今後も人に恵まれるかしら」

朋「うーん、明確に手相には出てないわね。自分で探すとか育てるとかの方が柊さんにはいいんじゃない」

志乃「熱意も……かしら」

朋「柊さんはクールに、周りを熱くでもいいと思うわ。いずれにせよ、あなたが恵まれるなら周囲も恵まれるはずよ」

志乃「そう……」

朋「他になにかある?」

志乃「健康運を……お酒は飲み続けたいわ」

朋「占い師じゃなくて医者にも相談が必要ね。それはともかく健康だけど、生命線は長く伸びてるし、大丈夫だと思うわ」

志乃「そう……それがなにより」

海『仕事の話じゃ良いことでも笑わないのに、お酒の話だと笑うんだね、この人』

朋「自分でわかってるならほどほどにね。他にもあるかしら?」

志乃「いいえ……満足したわ」

海『聞くなら今だよ』

朋「野次馬みたいで申し訳ないんだけど、その部下さんってどうして亡くなったの?」



45: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:08:38.67 ID:oEyNdsQp0

志乃「わからないわ……病気か事故かあるいは」

朋「殺人……?」

志乃「わかってないわ……だから、もやもやとしたものがあるわね」

朋「自分ではどうしようもできないとはいえ、歯がゆいわよね」

志乃「体調は崩した様子はないし……自殺するとは思えないの」

朋「ふむ……」

志乃「通り魔だったら……捕まって欲しいわ」

朋「通り魔は怖いわね……」

志乃「川島さんも……一昨日までは元気だって言ってたのに……」

海『川島さんって誰だろうね。ストレートに聞いて』

朋「川島さんって誰なの?」

志乃「部下の友人なのだけど……知らないかしら?」

海『朋が知ってる可能性がある人なら、有名人とか?』

朋「有名な人なんですか?」

志乃「ローカル局のアナウンサーだけど……知らないかしら」

朋「どこかで見たような、どこだっけ?」

海『占い館のどこかで、名前がわかるところさ』

朋「わかった!職場に取材が来て、サインが飾ってあるわ」

志乃「彼女も何も知らないと言ってるわ……お手上げね」

朋「気を落とし過ぎないで。あたしの占いを信じるかどうかは自由だけど、現状を維持できれば良いことがあるはずよ」

志乃「参考にさせてもらうわ……」

朋「そうだ、名刺を渡さないと。タロットカードは占い館まで来てもらったら、やるわ」

志乃「そろそろ戻らないと……占いが必要な時は連絡するわ」

朋「お待ちしてます、ありがとうございました!」



46: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:13:08.22 ID:oEyNdsQp0

23

オフィス街・路上

プルルル……

朋「もしもし、留美さん?」

留美『藤居さん、どうしたの?』

朋「ねぇ、川島アナって知ってる?」

留美『知ってるけれど。雑談なら切るわ』

朋「連絡先わかる?取材に来てたでしょ?」

留美『取材に来ただけよ。知るはずないわ』

朋「番組スタッフの名刺とかあるはずよ。それでいいわ」

留美『確かにあるけれど。何に使うつもりなのかしら』

朋「売りこみ、とか」

留美『とかってなによ』

朋「とかはとかよ。留美さん、お願い。理由は後で話すわ」

留美『占い館に不利益があることじゃないわよね?』

朋「そんなことしないわ。名刺の写真を送ってくれたら、後であたし特選のノラネコアルバムを贈呈するから」

留美『それは要らないけど、貰えるのなら貰っておくわ。写真はすぐに送るわ』

朋「留美さん、ありがと!」



47: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:14:17.10 ID:oEyNdsQp0

24

喫茶店・アイリス

瞳子「2日で3回目のご来店ありがとうございます」

朋「どういたしまして。また待ち合わせに使わせてもらうわ」

瞳子「ご注文はどういたしますか」

朋「んー、何がいいかしら?」

瞳子「コーヒー、クリームソーダと来たら、ジュースでしょうか。こちらの野菜ジュースとか。砂糖控えめなのに甘いんです」

朋「瞳子さんが言うなら間違いないわね。それにするわ」

瞳子「かしこまりました。野菜ジュースひとつー」

朋「瞳子さんは、川島アナは知ってる?」

瞳子「はい。時々こちらにもいらっしゃいますから」

朋「だから、ここを待ち合わせ場所にしたんだけどね」

瞳子「もしかして、川島アナと待ち合わせなんですか?」

朋「そうよ。三船さんと一昨日会ってたらしいから」

瞳子「そうなのですか?」

朋「ええ。わからないことばかりだから、知り合いをあたることにしたわ」

瞳子「なるほど、でも」

朋「でも?」

瞳子「川島さんとは仲が良かったですよ。まさか事件に発展するようなことは」

朋「それでもいいのよ。仲が良いのなら、別の手掛かりが得られるかも」

瞳子「占い師さんは何かわかりましたか」

朋「なーんにも。早く事件の真相を知りたいのに困ったものだわ」

瞳子「焦っても良い考えはでないもの。ジュースをどうぞ」

朋「ありがとう。その通りね、ジュースでも飲みながら冷静に考えるわ」

瞳子「ごゆっくり」



48: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:15:26.00 ID:oEyNdsQp0

25

喫茶店・アイリス

川島瑞樹「あなたが占い師の藤居朋さん?」

川島瑞樹
美優の友人。ローカルテレビ局のアナウンサー。今期は朝の情報番組を任されている。

朋「そうよ。あなたが川島さん?」

瑞樹「ええ。はじめまして」

朋「はじめまして。さ、座って」

瑞樹「失礼します。その早速なんだけれど」

朋「ちょっとだけ落ち着いて。一杯ごちそうするから、頼むといいわ」

瑞樹「……そうね。店員さん、レモネードを」

瞳子「かしこまりました」

朋「お仕事は大丈夫なの?」

瑞樹「ええ。朝が早いから終わるのも早いのよ。夜の9時には布団に入るわ」

朋「そうなの?アナウンサーって大変なのね」

瑞樹「そうでもないわ。楽しいわよ」

朋「仕事が楽しいと思えるのはいいことだわ」

瑞樹「占い師さんは、どうなの?」

朋「なりたかったものになれて、もちろん楽しいわ」

瑞樹「うん、それが何よりね。そうだ、私も占ってもらおうかしら」

朋「お店に来てちょうだい。名刺を渡しておくわ」

瑞樹「そっか、お仕事だものね」

朋「わかってもらえるとありがたいわ」

瞳子「レモネードをお持ちしました」

瑞樹「ありがとう。本当はね、ここのコーヒーが飲みたいのだけれど」

朋「カフェインはだめ?」

瑞樹「その通り。寝る時間から考えると、もう控えた方がいいわね」

朋「考えたこともなかったわ」

瑞樹「占い師さんはまだ若いからいいけど、気をつけるなら早いうちがいいわ」

朋「考えておくわ」

瑞樹「それで、美優ちゃんを占ったのは藤居さんなの?」

朋「そうよ。ついでに第一発見者でもあるわ」

瑞樹「そうなの?それは知らなかったわ」

朋「刑事さんとか来ましたか?」

瑞樹「ええ。亡くなる前に会ったのは私だもの」

朋「女の刑事さんだったのかしら?」

瑞樹「そうよ。カッコイイ刑事さんと真面目そうな部下さんだったわ」

朋「失礼なこと言われなかった?」

瑞樹「そんなことなかったわよ。二人とも礼儀正しかったわ」

朋「あの刑事、人によって態度が違うのね……ヤな奴」

瑞樹「ヤな奴?」



50: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:16:18.06 ID:oEyNdsQp0

朋「ごめん、なんでもないの。占いの話は三船さんから聞いてたの?」

瑞樹「聞いてたわ。詳しくは聞いてないけれど、結果は良かったのね、嬉しそうだったわ」

朋「ふむ」

瑞樹「あの子、我慢強いし気配りできるから本心を話したがらないの。占い師さんには、何か言ってなかった?」

朋「うーん、深くは聞いてないのよね。約束の時間を気にしてたし」

瑞樹「美優ちゃんが事件に巻き込まれるようなこと、ないわよね?」

朋「でも、事件は起こってるわ」

瑞樹「変だと思うわ」

朋「変?」

瑞樹「原因がないじゃない。何にも思いつかないわ」

朋「川島さんが言うなら、そうなのかもしれないわ」

瑞樹「警察は何も言ってくれないし、不安になるだけだわ」

朋「そう言えば……警察は何も明確にしてないわね」

瑞樹「占い師さん、美優ちゃんはその」

朋「自殺とかではないと思うわ。生きたいと思っていた、違うわね、死ぬなんて微塵も考えてなかったはずよ」

瑞樹「そう……また悩んでいることに気づいてあげられなかったのかな、って」

朋「前にもあったの?」

瑞樹「そんな深刻な話じゃないわよ。昔の思い出話」

朋「川島さんが悩むことじゃないわ」

瑞樹「そうね……でも、真相は知りたいわ」

朋「あたしもよ」

瑞樹「ちょっとね、不安だったの」

朋「何が不安だったのかしら?」

瑞樹「私が気づいていたら、助けられたんじゃないかって」

朋「……」



51: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:17:21.00 ID:oEyNdsQp0

瑞樹「そんなことじゃないのは、わかってるわ」

朋「その思いは伝わるはずよ。いえ、伝わってたかな」

瑞樹「ありがとう、そう言ってもらえると気持ちが楽になるわ」

朋「やっぱり、事件の解決になるような糸口が見つけられないわ」

瑞樹「占い師さんはどうして、美優ちゃんのことを調べてくれるの?」

朋「刑事に疑われてるの。川島さんもわかるでしょ、イメージって大切なの」

瑞樹「わかるわ。私生活もきちんとしようと思うわね」

朋「三船さんのことは調べてみるわ。ちょうどいいから、聞いていいかしら」

瑞樹「何かしら?」

朋「川島アナの話し方、イメージ、美の秘訣を教えて欲しいわ!」



53: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:18:14.74 ID:oEyNdsQp0

26



朋のアパート・自室

朋「話のプロという前に、おしゃべり好きだったのね……川島アナは」

雪菜『たくさん、参考になることを一杯教えてくれましたぁ』

朋「そうね、あたしの雪菜ちゃん」

雪菜『本とか教科書も教えてくれましたから、今度探しに行きましょう』

朋「そうするわ。やっぱり活躍してる人の話はためになるわね」

雪菜『素敵な人でしたねぇ。画面の外でも』

朋「生き様までは真似できそうもないけど」

雪菜『だから、人気が出るんですよぉ』

朋「そうね。見た目も良いし」

雪菜『美容にも気を使ってそうですねぇ』

朋「川島さんのことはともかく、問題は事件の方ね」

雪菜『うーん……解決に近づいたと思いますか?』

朋「思わないわ」

雪菜『それはどうしてですか』

朋「三船さんが事件に巻き込まれるようなものを否定するばかりだから」

雪菜『朋ちゃんは疑われたままですか』

朋「あの刑事を黙らせるのは厳しいわね」

雪菜『朋ちゃんは何をしたいんですか』

朋「事件の真相がわかるか、犯人を見つけてしまいたいわ」

雪菜『そのためにはどうしたらいいですか』

朋「手掛かりが必要ね」

雪菜『どうしたら手に入りますか』

朋「気乗りはしないけれど、方法はあるわ」

雪菜『それは』

朋「あの刑事達から引き出す」

雪菜『大変ですねぇ』

朋「まったくよ」

雪菜『覚悟はしないとですよぉ』

朋「わかってるわ。ある程度は身を切らないとね、あの二人と渡り合うには」

雪菜『体力と精神力も必要ですぅ。今日はお休みしましょう?』

朋「仕事もあるし、雪菜ちゃんからもらった入浴剤でも使ってゆっくり寝るわ」

雪菜『明日の仕事が終わったら、ゆっくり考えましょうねぇ』

朋「そうするわ。おやすみ、あたしの雪菜ちゃん」



54: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:18:56.64 ID:oEyNdsQp0

27

翌日

占い館・ゴールデンドーン・従業員玄関前

肇「おはようございます」

朋「……どうして、ここにいるわけ?」

肇「藤居さんをお待ちしていました」

朋「待ってたのは、見ればわかるわ。どうして、待ってたの?」

肇「お話を聞きたいと思いまして」

朋「これから仕事なんだけど」

肇「相談料は払っています」

朋「つまり、仕事だから話さないといけないわけね」

肇「いいえ。占いを依頼します」

朋「はぁー、建前くらいわかってるから」

肇「そうですか」

朋「もう一人はいないの?」

肇「すでに中にいます」

朋「部下は外に残して?なんか思わないの?」

肇「何も思いませんが」

朋「あんたがそうならいいけど。着替えてくるから、あんたも中にいていいわ」

肇「わかりました。お待ちしています」

朋「心の準備は超特急で必要だけど、手間は省けたわ。やってやろうじゃない」



55: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:19:57.02 ID:oEyNdsQp0

28

占い館・ゴールデンドーン・更衣室

朋「着替え終わり、っと」

留美「藤居さん、何かしたのかしら?」

朋「留美さんまで……してないわよ」

留美「あの二人、警察の人でしょう?」

朋「そうだけど。一応仕事扱い?」

留美「そういうことにしておくわ。料金も払ってくれたし」

朋「行ってきます」



56: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:20:44.10 ID:oEyNdsQp0

29

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「おはよう。ご丁寧に勝手に座ってるわね」

肇「お待ちしておりました」

あい「おはよう。昨日はよく休めたか?」

朋「おかげさまで」

あい「衣装を着ると占い師に見えるものだな」

朋「衣装は関係ない、とも言いきれないわね。褒め言葉として受け取っておくわ」

肇「……」

朋「それで、何しに来たの?」

あい「肇くん、説明を」

肇「三船美優さんの件について、お話を聞きに来ました」

朋「そうでしょうね」

肇「解決してくれるそうですが、いかがですか」

朋「あたしが犯人じゃないのは十分に示せると思うけど、あんたらが納得するとは思えないのよね」

あい「私は自分を神と崇める狂信者ではない。話を聞かせてくれ」

肇「それから判断します」

朋「わかったわよ」



57: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:21:35.58 ID:oEyNdsQp0

30

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「で、どこから話せばいいのかしら?」

肇「ご自由にどうぞ」

朋「……事件当日の様子からでいいわね」

肇「どうぞ」

朋「三船さんは、あたしや前日に会っていた友人の川島さんに言っていた通りどこかに出かけたわけじゃないわ」

あい「ほう」

朋「ちゃんと調べてるわよ、びっくりしたかしら?」

あい「見直したよ。続けたまえ」

朋「でも、午前10時ごろに外出してるわ」

肇「どちらにですか」

朋「近くのコンビニよ。お昼は簡単に済ませようとしたのね」

肇「誰から聞きましたか」

朋「喫茶店の店員さん」

肇「お名前は」

朋「服部瞳子さん。あんた達も会ってるでしょう」

あい「ああ」

朋「袋とかゴミとかあったかしら?」

肇「お話を伺ってから回答します。続きをどうぞ」

朋「そんなわけで、三船さんはその時間以外は家にいたの」

肇「そのようですね」

朋「それで、あたしのアリバイなのだけれど」

肇「はい」

朋「従業員からここにいることは証明出来るわ。調べるのはあんたらの仕事でしょう」

あい「そうだな」

朋「つまり、あたしが三船さんを殺したということにはならないわ」

あい「さて、それは本当かな」

肇「殺害は直接手を下さなくても出来るはずです」

朋「ここまで納得しなそうなことはわかってたわ」

あい「ああ」

朋「だから、事件性を否定するわ」



58: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:23:05.38 ID:oEyNdsQp0

31

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

肇「事件性の否定ですか」

朋「ええ。あたし、あたしの共犯、それとも別の誰かが犯行をしてないと思えればいいんでしょう」

あい「なるほど」

肇「続けてください」

朋「同僚、上司、友人と大家さんから話を聞いたわ」

あい「ふむ」

朋「仕事やプライベートでトラブルは抱えてないわ」

肇「そのようですね」

朋「恋人関係とかの要因も見つからないわ」

肇「つまり」

朋「殺害される動機を持った人間が見つからないわ」

あい「話を聞いたのは」

朋「同じ会社の衛藤美紗希さんと柊志乃さんね」

肇「ご友人とは」

朋「さっきも言った通りよ、川島瑞樹さん」

肇「大家さんとは」

朋「三船さんが住んでいたアパートの大家さんね。やっぱり対人関係のトラブルはないと言ってたわ」

あい「ふむ。それで」

朋「あたしは殺人ではないと思うわ」

肇「何故ですか」

朋「事件を起こせる人もいなくて、事件を起こす理由がある人もいないなら、そう考えるのが妥当だわ」

あい「その通りだな」

朋「自殺するとは思えないわ。そう考えると」

肇「あなたの結論は」

朋「不幸なことだけれど、事故か病死よ」

あい「そうか」

朋「誰かが関係していたとは思えない」

肇「それはあなたもですか?」

朋「ずっと言ってるじゃない、あたしは何も関係ないわよ」

肇「わかりました」

朋「占い師はそれを調べられないから、あんたらがやって。それで解決なはずよ」

あい「君の言いたいことは終わりかな?」



59: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:24:03.49 ID:oEyNdsQp0

朋「ええ。率直に言うけれど、あんたらとは話さないといけないと思ってたわ」

肇「私達とですか」

朋「理由は情報を手に入れるためよ。あんたらの調査は進展があったの?」

あい「事件についての進展はない」

朋「刑事も思ってよりはとろいのね」

あい「罵詈雑言は聞きなれている」

朋「あたしの話はこれで終わりよ」

肇「ありがとうございます」

朋「仕事時間だから、終わりでいいかしら。あたしはあたしのあんたらはあんたらの仕事をする時間よ」

あい「君の話は聞き終えた」

肇「私達の話をさせてもらいます」

朋「何かあるわけ?」

あい「君は質問に答えていない」

朋「何の?」

肇「どうして、第一発見者となれたのですか?」

朋「理由なんてないわよ、偶然よ」

あい「もう一つ質問を加えようか」

肇「はい。どうして、犯人を捜してるのですか?」

あい「警察に任せればいい」

朋「言ったでしょ、イメージの問題よ」

あい「イメージが悪くなるようなことがあるのか?」

朋「は?」

肇「私達は警察ですから。秘密は守りますよ」

あい「だが、君はそれすら恐れている」

朋「何が言いたいのか、わからないわ」

あい「刑事にとって面倒な仕事は2種類だ」

肇「難解な事件と事務仕事を増やすだけの事件です」

あい「今回は後者だ。刑事達は使命感を得られない事件には関わりたくないものだ」

肇「そういうわけで、この事件を押し付けられました」

あい「まったく。男性社会というのは変わらないな」



60: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:25:18.92 ID:oEyNdsQp0

朋「最初から事故だと決めつけてたように聞こえるのだけれど」

あい「肇くん、質問をしよう」

肇「はい。藤居朋さん、お聞きします」

朋「なによ」

肇「どうして、三船さんに連絡したのですか?」

朋「だから、何度も言ってるじゃない」

あい「肇くん、どうやら答えてくれないようだ」

肇「そのようです」

あい「では、こちらから答えを提示していくとしよう」



61: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:26:41.73 ID:oEyNdsQp0

32

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「答え?」

あい「君は遺体の第一発見者だ」

肇「はい。お客に電話をかけてもつながらないことから、自宅に行きました」

あい「連絡先と住所は会社から教えてもらっている」

肇「そして、遺体の第一発見者となりました」

あい「ここまでは間違いないな?」

朋「間違いないわ」

肇「そして、事件の調査を始めました」

あい「しかし、だ」

肇「行動のモチベーションがわかりません」

朋「……」

あい「そこで、一つの可能性を立てた」

肇「三船美優さんとの占いに何か原因があると」

あい「確認だが、占いの内容自体に問題はなかったな」

朋「言った通りよ。奇天烈な内容ではなかったわ」

肇「内容でないならば」

あい「問題となるのは、経緯だ」

朋「経緯?」

あい「それを明らかにするために、君のことを調べさせてもらった」

朋「なんで、あたしのことを調べるわけ?」

肇「真実に近づくためです」

朋「はぁ」

あい「イヤだったか?」

朋「イヤに決まってるでしょう」

あい「別に君がどう思おうが関係ないが、正しい方向ではあるようだ」

肇「あなたはここにスカウトされる前から、占いの腕は評判でした」

朋「そうね。だから、ここで働いてるのだけど」

あい「君の友人にも聞いてみたが、その理由まではわからなかった」

朋「海ちゃん達から聞いたわけ?」

あい「ああ。こちらに来ていたようだからな」

朋「信じられないわ……」

あい「まぁ、彼女達から特に情報が得られたわけではないが。仲の良い友人がいるのは、素晴らしことだな」

肇「話は変わりますが、手相占いも評判でしたね」

あい「短い時間でよくそれなりの占いを出来るものだ」

朋「そっちも見てたの?」

肇「いけませんか」

朋「いけないことはないけど、ねぇ」



62: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:28:23.63 ID:oEyNdsQp0

あい「だが、タロットカードによる占いの用意はしていたが」

肇「受けた人はゼロでした。あなたが選ばないようにしていました」

朋「その様子だと知ってると思うけど、手順と場所は重要だからよ」

あい「そうだな」

肇「なので、疑問が残ります」

朋「疑問ってなによ」

あい「三船美優の占いは、手順と場所を完全に整えた状態で行われた」

肇「それにも関わらず、あなたには何か懸念事項があったのですか」

朋「……」

あい「これは君の同級生から聞いた話だが、得意なことがあったそうじゃないか」

朋「得意なことね、占い以外の特技はないと思うわ」

あい「トランプに強いらしいじゃないか」

朋「……え?」

あい「先ほども聞いたが、手順と場所の重要性を君は説く」

肇「それは占い師としての力を高めるため、とあなたは言っています」

あい「昔の評価とは違うようだな」

朋「あんたら、昨日のうちにあたしの地元に行ってたわけ?」

あい「そうだ」

朋「優先することは他にもあるでしょうに」

あい「それを決めるのは私だ、心配はいらない」

肇「あなたはそこまで手順と場所に拘ってはいませんでした」

あい「君は自分の占い師としての能力は高くないと思っているようだ」

朋「そうね、半人前よ」

あい「君の占いは当たるよ。それにも関わらず、だ」

肇「そして、今よりも昔の方が顕著です」

あい「故に、一つの可能性が思い浮かぶ」

肇「連絡した理由、私達に探られることを嫌う理由、占いが評判だった理由、タロットカード占いを断る理由」

あい「そして、君の過去と特技」

朋「……」

あい「そう表情を引きつらせないでくれ」

肇「はい」

あい「私達は真実が知りたいだけだ」

朋「真実を知りたいから、あたしのことを調べてもいいわけ?」

肇「答えてくれませんでしたから」

あい「だから、こちらから聞くのさ」

肇「はい、か、いいえ、でお答えください」

あい「君は三船美優を占っていない。そうだな?」



63: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:29:36.22 ID:oEyNdsQp0

33

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「……」

あい「君のこれまでの占いは、類まれな観察眼と話術によって支えられている」

肇「自分の中に作った人格と会話しているそうですが、他人と話しているような場合でも実はしているのですね」

あい「そして、カードを操作できるんだ」

肇「あなたの占いは当たります」

あい「自らが相手から得た情報を提示しているだけだからだ」

肇「あなたは当たりだと思いこませるような結果を提示できます」

あい「だが、手順を踏まなかったことにより不安が生じた」

肇「いかがでしょうか」

朋「あんたら、こんなことしてるとバチが当たるわよ」

あい「もとより覚悟の上だ」

肇「私も同じです」

朋「世間の警察はあんたらみたいのばっかりなの?」

あい「それは否定しておこう。安心したまえ」

朋「はぁ……わかったわよ、答えるわ。その前に、確認していいかしら」

肇「どうぞ」

朋「あたしは犯人じゃないわ。これはいいかしら」

あい「ああ。君を犯人に仕立て上げるのは無理筋だ」

朋「あたしの商売はイメージが大事よ。秘密にしてくれるかしら」

肇「もちろんです」

あい「ただでさえ、署内ではあまり良い目では見られていない」

肇「匿名の通報で、私達の評価を下げないでいただけると助かります」

朋「約束できるわね」

あい「もちろんだ」

朋「この話はこの部屋の中での秘密よ。いいわね?」

肇「はい」

朋「言っておくけど、あたしはちゃんとした占い師になるつもりよ」

あい「わかってるさ」

朋「……ふぅ。1年も経たないうちにお客さんでもない人から指摘されるとは思わなかったわ」

あい「答えを聞こう」

朋「あんたらの言う通りよ。あたしがやったのは占いじゃないわ」




64: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:31:19.72 ID:oEyNdsQp0

34

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「はぁ、あんたら本当に趣味が悪いわね」

あい「これを変えてしまうと刑事としての価値も薄れてしまう気がしてな。許してくれ」

朋「あたしが三船美優さんを訪ねた理由は、占っていなかったからよ」

肇「参考に聞いてよろしいでしょうか、どうやったのですか」

朋「刑事の取り調べに役立つかもしれないわね。別に難しいことはやってないわよ」

あい「聞かせてくれ」

朋「話し方と態度から、現状に悩みがあるかどうかを見分けるのが一つ目。意外と顔に出るタイプ、特にネガティブなものは出やすい三船さんは簡単ね」

肇「大きな悩みはないと」

朋「あとは仕事、友達、恋人について雑談みたいに聞いてみたわ。こっちも特に問題はなさそうだった。特に友人への評価が高かった」

あい「君には簡単なことなんだろうな」

朋「あんたらも調べてるかもしれないけど、三船さんは仕事の態度を変えようとしていたわ。自分であたしに言ってくれるくらいね」

肇「ふむ」

朋「あの性格だし、結果がすぐ出るとか出てたとしても自信を持つのは難しいと思ったわ。だから、背中を押してあげることにしたの」

あい「君が言う通り、頓珍漢ではなく真っ当すぎる占いになるわけだ」

朋「その通りよ。あとはそれを指し示すカードを出してあげればいい」

肇「カードを操作したのですか」

朋「月は逆位置、剣の8は正位置、金貨のクイーンは正位置をあたしの意思で出したわ」

あい「なるほどな」

朋「結果には満足してくれたみたいね」

あい「本人が出して貰いたい結果と君の結果が一致したから、だろうな」

朋「その通り。我が意を得たり、そんな表情だったわ」

肇「それが当たるということなのですか」

朋「未来はわからないから、今が当てられる占いは当たったと思われやすいのよ」

肇「なるほど」

朋「占いというよりは人生相談よね。カードは信じさせるための小道具に過ぎないわ」

あい「普段ならばそれで終わりにしているはずだと思うが、違うのか」

朋「気になったことがあったのよ」

肇「気になったことですか」

朋「ええ。三船さんは占いを必要としてなかったわ」



65: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:31:47.76 ID:oEyNdsQp0

あい「……」

朋「だけど、占いが気になっていたからあたしの前に現れたのよね」

肇「それに、意味があると?」

朋「わからないわ。だから、会いに行ったのだけれど」

あい「彼女は亡くなっていた」

朋「そうなってしまったわ」

あい「これで理由はわかったな」

肇「はい」

朋「あたしの領分に入ってこられると困るから、答えられなかっただけよ」

あい「真実はわかった」

朋「はぁ……くれぐれも頼むわよ」

肇「秘密にすることに問題はありません」

朋「疲れたわ、こんなんでこれから仕事できるのかしら……」

あい「お願いするとしよう」

朋「これ以上何をお願いするのよ」



66: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:32:33.46 ID:oEyNdsQp0

あい「占いだ」

朋「はい?」

肇「あなたは事件の第一発見者として、もう役割はありません」

あい「占い師の君に期待しているのは占いだ」

朋「本当に占いに来たわけ?」

肇「そう言っていますが」

朋「確かに言ってたわね……」

あい「君に占いをお願いする。そうでなければ、代金を払う理屈がない」

朋「そういうことね……いいわよ、何を占ってほしいわけ?」

あい「三船美優について、占ってみたまえ」

朋「三船さんのこと?」

あい「占えないのか?」

朋「出来ないことはないわ」

あい「彼女についてはもう占いしか出来ない。君の実力を私に見せてくれ」

朋「……」

あい「出来ないのは、躊躇う理由があるからか」

朋「そうね、あるわ」

肇「ですが」

あい「君に選択権はない。やりたまえ」

朋「わかったわよ。あたしも占うかどうか悩んでいたから、やるわよ」

あい「それでいい」

朋「手順と場所を整えるわ。あんたらもお清めをしてもらうから」



67: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:33:34.19 ID:oEyNdsQp0

35

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

あい「お清めの儀式はこれでいいのか」

朋「ええ。カードのチューニングも出来たわ」

肇「今回の占いは」

朋「星の力を借りるわ」

あい「星とはね」

朋「ホロスコープスプレッドと呼ばれる占いを使うわ。12の星座と宙を意味する13のカードから三船さんを占うわ」

肇「ふむ。最初からこれで占わなかった理由は」

朋「あたしが話を作るのが大変だから。占いに詳しくなさそうだったし」

あい「自分の都合か」

朋「カードは全種類をシャッフルするわ。あたしの操作が影響しないように、あんたが最初にシャッフルしてちょうだい」

肇「私ですか」

朋「そうよ。出来るかしら」

肇「わかりました」

朋「ついでにカードの裏に細工がないかを確認してちょうだい」

あい「ないようだな。どうやって、操作してるんだ?」

朋「78枚のカードがどう動いたかくらい覚えてられるわ」

あい「刑事の勘も捨てたものじゃないな。君を見くびらなくて良かった」

朋「シャッフルは右回りよ、いいわね?」

肇「わかりました。こうでしょうか」

朋「オーケーよ。あたしは後ろを向いて目をつぶるから、三船さんを思い浮かべながら丁寧にシャッフルして」

肇「わかりました」

朋「……」

あい「普段は自分でシャッフルするのか?」

朋「相手にシャッフルさせても操作できるから、疑い深い人にはシャッフルさせるわ」

あい「その場合は、どうやって任意のカードを出すんだ?」

朋「別の所に隠しておくだけよ。占い師の衣装は隠しどころが多いもの」

あい「なるほどな」

朋「今は78枚全てそこにあるから心配なら数えてみて」

あい「信用するとしよう。その方が物事は早く進む」

朋「最初から信用してくれれば、何も起こらなかったのによく言うわ」

肇「この程度でよいでしょうか」

朋「刑事さんのことだから、執拗にシャッフルしてそうだから問題ないわ。最後にあたしがカードを整えるわ」

肇「どうぞ」

朋「あんたらが見た方が正方向よ。カードはこれで良し、と」

あい「進めたまえ」

朋「これから上から順に13枚のカードを引き、12枚を円形に順番通り置いていくわ。最後に宙、総評を意味するカードを中心に置くわ」

肇「はい」

朋「置く場所にも意味があるけれど、大切なのは全体像ね。だから、置き終わってから占いの結果がわかるわ」

あい「それまで待っているとしよう」

朋「ふー……はじめるわよ」



68: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:34:56.21 ID:oEyNdsQp0

36

占い館・ゴールデンドーン・礼の個室

朋「1枚目、オープン」

肇「これは……」

朋「牡羊座の位置、大アルカナは月で逆位置」

あい「同じか。君の操作した結果と」

朋「偶然か必然か、決めるには早いわ。2枚目、オープン。牡牛座の位置は、杖の3で逆位置」

あい「肇くん、昨日本を読んでいたがどんなカードだ?」

肇「未来とか先導を意味したかと」

朋「その逆だから、支える側ということね。3枚目、オープン。双子座の位置は、剣の4で正位置」

あい「寝ている絵だな」

朋「4枚目、オープン。蟹座の位置は、聖杯の1で正位置……良いカードなのに」

肇「1はエースなので、良い意味だと書かれていました」

朋「5枚目、オープン。獅子座の位置は、金貨の7で正位置」

あい「悩んでいるように見えるが」

朋「農夫が金貨を実らせても困るでしょ?そういう絵よ」

あい「なるほど」

朋「6枚目、オープン。乙女座の位置は……大アルカナ、塔で正位置か」

肇「大アルカナが重要だと読みました」

朋「その通りよ。7枚目、オープン。天秤座の位置は、剣の2で正位置」

あい「……」

朋「8枚目、オープン……えっ……」



69: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:36:00.70 ID:oEyNdsQp0

あい「ドクロ姿ということは死神か」

朋「そういうことね……蠍座の位置は、大アルカナ、死神で正位置……」

肇「……」

朋「9枚目、オープン。射手座の位置は、剣の8で正位置」

あい「ほとんど正位置だな」

朋「正逆が多い占いは不安定を指し示すわ。逆位置が多すぎると結果そのものが逆転すると言われるわね」

あい「つまり、この結果は信頼できるということか」

朋「10枚目、オープン。山羊座の位置は、金貨の2で正位置」

肇「残り3枚です」

朋「11枚目、オープン。水瓶座の位置は、聖杯の2で正位置。本当に人に恵まれる人なのね」

あい「どういうことだ?」

朋「愛と友情の象徴が蟹座と水瓶座の位置に現れるということは、そういうことね。次、行くわ」

肇「はい」

朋「星の最後よ。12枚目、オープン。魚座の位置は、聖杯の7で正位置」

あい「これも聖杯か。同じような意味か?」

朋「夢や妄想というマイナスになりうるカードね。ロマンチックな恋に憧れていたのかもしれないわ」

あい「ふむ」

朋「最後よ。全体を繋ぐカード、オープン」

肇「……」

朋「……やっぱり、そうなるか」

あい「このカードはなんだ?」

朋「宙の位置は、剣の10で正位置。このカードは何を示してると思うかしら?」

肇「人が剣で串刺しになっています」

あい「終わりという意味か」

朋「終わり、もしくは終わらせることで明るい世界となることを意味するわ」

あい「このカードがここにでるということは」

朋「……」

肇「藤居さん、どうしましたか」

朋「こういう結果が出て欲しくなかったのに……13枚のカードから読み取れることを説明するわ」



70: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:37:21.23 ID:oEyNdsQp0

あい「聞かせてくれ」

朋「大アルカナが大切なことを指し示すわ。牡羊座の位置に月で逆位置。不安を抱えながら進む強さを秘めていたのね、あたしにもわかるくらいだけど」

肇「これは新しいことを示していないですね」

朋「ええ。その不安を、あたしは読み間違えたのね。残りの大アルカナは2枚」

あい「塔と死神だったか」

朋「乙女座の位置に塔で正位置、蠍座の位置に死神で正位置。塔は破壊やアクシデントを、死神は終焉と直接的に死を意味してるの」

肇「……」

朋「乙女座の位置は、仕事や健康を象徴するもの。会社が突然破産するとも三船さんが立ち行かなくなるとも思えないから、塔が示すは健康のアクシデントという可能性が高いわ」

あい「死神は」

朋「蠍座の位置は肉体を象徴するもの」

あい「死ということか」

朋「恋人との肉体関係が終わるとか、病気が見つかるとか、病気が終わるとかいう意味もあるわ。でも……肉体的な終わりを意味してると思うわ」

肇「そうなると……」

朋「それらを結ぶのは終焉を指し示す、剣の10」

あい「……」

朋「あたしは、その……」

あい「言ってみたまえ」

朋「自分の能力を過信して、大切なことを見逃しちゃったのね……」

肇「……」

朋「どこかで不安を抱えていたけれど、三船さんはそれがわからなかった、わかるわけないわよね、突然の死を予感していたなんてわかるはずがないわ」

あい「……」

朋「それなのに、あたしの前に現れたわ。占い師の前に」

肇「……」

朋「全部偶然だったのかもしれないわ。けど!」

あい「……」

朋「あたしなら聞くことができた。今、こんな結果だしても意味がないのよ。あの時に出していれば、カードは、死という終わりじゃなくて新しい始まりを意味できたのに!」

あい「……」



71: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:39:24.09 ID:oEyNdsQp0

朋「……占いの結論を言うわ」

あい「ああ」

朋「三船さんはおそらく病死よ。頭の傷は、倒れた際にぶつけたか物が落ちて来ただけだと思うわ。この事件に犯人なんていないの、最初からいなかったの」

あい「そうだな」

朋「あんたらは理由をしつこく聞いてきたけど、理由を聞かないといけないのはあたしだった」

肇「……」

朋「そうしたら……事件すら起こらなくてすんだのに」

あい「……」

朋「あたしは、占い師に変わらないといけないとわかってたのに。バカね」

肇「……」

朋「占いはこれで終わりよ。他になにかあるかしら」



72: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:41:05.03 ID:oEyNdsQp0

あい「一つだけ言っておこうか」

朋「なにかしら」

あい「占い師ごときが人の生き死にを変えられたりはしない」

朋「……はっきりと言うわね」

あい「全ては偶然だ」

朋「……そうかもしれないわね」

あい「しかし、君の占いも信用しよう」

肇「検死は今日の午後です」

朋「ということは、あんたらヒマだからあたしのこと調べてたの?」

肇「その通りです」

あい「検視はスケジュールが合わずに今日までずれ込んだだけだ」

朋「はぁ……あんたらのこと好きになれないわ」

あい「それで結構だ」

肇「そろそろ時間です」

あい「君は誠実に仕事をすべきだな。私達のようになりたくないのなら」

朋「これからはそうするわ。占い師にならないといけないの」

あい「失礼しよう。肇くん、行くとしようか」

肇「はい。お邪魔しました」

朋「ばいばい」

朋「……」

朋「あいつら、最後は励ましてくれたのかしら……」

朋「……」

朋「ごめんなさい、三船さん……」



73: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:45:19.54 ID:oEyNdsQp0

37

後日

占い館・ゴールデンドーン・礼の自室

礼「そう……そんなことがあったの」

朋「三船さんの死因は、詳しくは違うけど心臓発作だったみたいなの」

礼「頭の傷は」

朋「棚から落ちてきた貯金箱。傷自体は致命傷じゃないけど、意識がなくなったから助けを呼べなかった」

礼「不幸な事件だったのね」

朋「……そうね」

礼「刑事さんの言う通り、あなたが防げたとは思えないわ」

朋「わかってるわよ……反省してるだけ」

礼「例えば、私が何かに勘付いて残っていたら防げたかもしてない、と思うのはおかしいと思わないかしら」

朋「……」

礼「それにあなたに早く戻ってくるように言ったのは私よ。私の責任でもあるかしら」

朋「違うわ、うん、違うわ」

礼「気にし過ぎでもいけないわ。悼むことしか今は出来ないのだから」

朋「わかったわ」

礼「よろしい」

朋「言ったから聞くけど、あたしがカードを操作できるの礼さんは知ってた?」

礼「そうじゃないかとは思ってたわ」

朋「やっぱり、礼さんにはわかってたのね」

礼「あなたの実力はわかってるわ。実力以上の評判だから、何かあるかもしれないと」

朋「これは辞めようと思うのだけど、どうかしら」

礼「あなたはどうしたいのかしら」

朋「辞めるわ。あたしは占い師になるの」

礼「そうね。でも、占いを求めてない人もいるわ」

朋「そういう人達にはいらない?」

礼「見分けられるかしら」

朋「難しいわね……」

礼「占い師は人の選択を後押しするだけよ。決めるのは本人なの」

朋「わかってるわ」

礼「その本人に示すのは何がいいか、ずっと悩み続けないといけないわ」

朋「礼さんもそうなの?」

礼「ええ。キャリア的に言えば私も駆け出しの部類だもの」



74: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:47:30.57 ID:oEyNdsQp0

朋「礼さんがそんなこと言ったらあたしはどうなるのよ」

礼「赤ちゃんね」

朋「そんなこと言うと、ばぶばぶ甘えるわよ」

礼「何度も間違えて、失敗して成長していくの。占い師でもそれは一緒よ」

朋「……うん」

礼「悩んだら相談しなさい。それくらいは出来るから」

朋「わーい、礼さん大好きー」

礼「あらあら、よしよし」

留美「藤居さん……何してるのよ」

朋「この通り、甘えてるわ」



75: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:48:43.80 ID:oEyNdsQp0

留美「別になんでもいいけれど。お話をいいかしら」

朋「大丈夫よ。仕事の話?」

留美「いえ、この前の話だけど」

朋「この前の話って何かしら?」

礼「私に言われても困るけれど」

朋「思い出せないわ。なんだっけ?」

留美「結婚の話……」

朋「言ってたわね。礼さん、これは占いの話じゃないわよね」

礼「そうね」

朋「留美さん、礼さんとあたしの答えは同じよ」

礼「ええ」

留美「そうなの?」

朋「占いじゃないわ。占い師としては占うべきかもしれないけれど」

礼「この件については、そういう問題じゃないわね」

朋「留美さん、よく聞いてね」

留美「え、ええ、わかったわ」

朋「留美さんが好きな人と留美さんは両想いよ」

留美「へ?」

朋「あっちが勇気を出して打ち明けてくれたら、素直に受け入れてあげて」

礼「留美さんががっとやって、チュっとしたらイチコロよ」

朋「この過激派の意見はともかく、留美さんから積極的に行くのもいいわね」

留美「……」

朋「未来を占うのはそれから」

留美「な、なに言ってるのよ。礼さん、そろそろ時間だから準備を」

礼「もう出来てるわ」

留美「藤居さんはお疲れ様、また明日!」

礼「別に思春期の生娘じゃないのに、あんなに顔を真っ赤にして……」



76: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:54:06.30 ID:oEyNdsQp0

朋「留美さん、好きな人の前ではうまく振る舞えないタイプね」

礼「そうみたいね。占いよりも事実の方が大切な時もあるの、わかったかしら?」

朋「充分にわかったわ。礼さん、仕事前なのに話を聞いてくれてありがと!」

礼「どういたしまして」

朋「礼さん、あたしがんばるわ」

礼「ええ」

朋「皆が幸せになるお手伝いが出来るような、占い師になるから!」

EDテーマ
フォーチュン★スター
歌 藤居朋



77: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 22:56:28.14 ID:oEyNdsQp0

エピローグ

占い館・ゴールデンドーン・従業員玄関

朋「あたしの海ちゃん、ちょっと来て」

海『今日も仕事お疲れ様!』

朋「時間があるから、今日は何をしようかしら?」

海『そうだね、パワースポット巡りとか。朋、最近勉強するとか言ってたからさ』

朋「その意見採用するわ、パワースポット巡りにしましょう」

あい「本当に一人で会話してるんだな」

朋「うわっ!ビックリしたわ!」

肇「お久しぶりです」

あい「今日は時間があるそうだな」

朋「聞かれてるし……パワースポット巡りに行くつもりで忙しいのよ」

肇「ご協力をお願いしたくて、お訪ねしました」

朋「聞いてないし……って協力?」

あい「私は君の能力を評価している」

肇「殺人事件の調査にご協力いただこうかと」

あい「善人の未来を救い、悪人の未来に罰を与えてみないか?悪人に誠実な占いをする必要などないからな」

朋「へぇ……」

あい「ご協力いただけるかな、占い師探偵?」

おしまい



78: ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 23:01:34.75 ID:oEyNdsQp0

あとがき

※作中の占いは現実のものを参考に、作品用にアレンジしていますのでご注意ください。

占い師探偵なんて字面でシンデレラのSSを書く奴はそうはおるまいということで書いてみた。
ふじともは大人な面もちゃんとあるからこれくらいの役は出来るよね、と思いながら。
なかなか強キャラに。この3人に出くわした犯人は酷い目にあうに違いない。

高峯のあの事件簿の方に戻るので、そちらもよろしくです。
それでは。



元スレ
藤居朋「占い師探偵!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515500359/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 04:17
          • 5 ふじともメインだから割とふざけたやつかと思ってた。いい意味で裏切られました。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 04:43
          • 8時には起きないといけないのにどうしてくれるんだよ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 08:03
          • ※8
            ちゃんと目ェ覚ましたか?飯食ったか?歯ぁみがいたか?
            8時だよ!

            ふじとも可愛いよふじとも!!
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 10:29
          • この人のやつ面白いけど読むのに時間かかるからか中々まとめられんよな
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 12:20
          • 5 こんなものSS じゃないわ!
            ただの小説よ!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 14:01
          • 5
            ふじともだーやったー

            あ、ssは面白かったです
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 16:01
          • 5 読みごたえのあるSSだった。続編希望
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 18:44
          • なんかのあの事件簿みたいだな、、、米欄評判良いみたいだし後でじっくり読むか
            のあの事件簿も復刻進んで無いのかなぁ~
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 18:53
          • 5 ※8
            半分ぐらい行ったで。復刻というか、リメイクって感じだけど。
            普通に面白いぞ。追いかけたかったら作者さんのツイッターフォローすると良い。


            あいさん、肇コンビってことは「七人が行くシリーズ」の世界っぽい。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 19:37
          • 藤原肇・刑事、あいの部下・うどん職人
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 20:05
          • 久々に面白いss!
            続編希望
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 20:14
          • 米9
            おお、まじか!ありがとう
            後で探してくるわ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 20:54
          • ※12、つか、知らなかったのか。
            このSS作者、「のあの事件簿」、「7人が行く」、「文香の怪奇帳」、「IMCG」シリーズ書いてる人だよ。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 21:12
          • 米13
            SSはここで位しか読まないからなぁ、、、のあの事件簿も前のと復刻途中まではここで読んでた
            そのうちまとめ入るかと思ってたら来ないから作者止めたのかと思ってたよ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 21:27
          • ※14
            何でかここではまとめてくれないんよね。
            仕方ないから他所で読んでる。最近は作者さんのツイッターから直接飛んでる。

            のあの事件簿新シリーズ以外のシリーズは全部完結している。
            結構文章量多いから時間かかるが、どれも面白かったよ。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月10日 21:37
          • 米15
            事件簿書いた人のSSなら自分の好みに合うだろうし他の知らなかったからツイから見てきてみるわ しばらくは暇潰し出来そうだw

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】北沢志保「ネコのお考え」
        • 【ミリマス】北沢志保「ネコのお考え」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 人形(♀)「フフフ……今日はずいぶんと帰りが遅いのね。」
        • 結城友奈「これは勇者たちの物語」
        • 敵女錬金術師(♀)「フゥ……キミも馬鹿だねぇ。大人しくワタシに媚びておけば、永遠の命をくれてやるって言っているのに…。」
        • モバP「おべろぼばびやばぽえぽこ」
        • モバP「おべろぼばびやばぽえぽこ」
        • モバP「おべろぼばびやばぽえぽこ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ