TOP

【ゼノブレイド】サイカ「ツンデレって知っとる?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:21:28.19 ID:TW0K7pnw0

※SS初投稿ですので至らない点などございますでしょうが、よろしくお願いいたします。
※作中時間に縛られないものとしてください。

ニア「……なによその"ツンデレ"って」

サイカ「これは実際に体験した方が早いか……よし。 ニア、ちょっと王子の役やってくれへん?」

ニア「はあ!? なんで亀ちゃんの真似事しないといけないの!?」

サイカ「まあええからええから」

ニア「仕方ない、分かったよ……じゃあ始めようか」

サイカ「……」

ニア「……私から始めるのね。 ……ようサイカ! 今日も元気か?」

サイカ「い、いきなりウチに話しかけてどうしたんよ?」

ニア「いやぁ今日もサイカは元気一杯やなって」

サイカ「ふ、ふん! 別にそんなこと言われても嬉しくないんだから!」

ニア「お、おう。 それにしても今日は邪悪な龍が降誕しそうな程のてん――」

サイカ「っちゅうのがツンデレやねん。 あ、もう演技せんでええで」

ニア「なんだ終わりかよ……それで?」

サイカ「それで?って……分からんかったの?」

ニア「え?」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:22:48.29 ID:TW0K7pnw0

ニア「素っ気ない態度と好意的な態度を併せ持った性格、ねぇ……でもなんで」

サイカ「それはな……ニアってレックスのこと好きなんやろ?」

ニア「え……な、なんだよ突然……」///

サイカ「あ、赤くなっとる赤くなっとる! っちゅうことはそういうことなんやね……」

ニア「だ、だから違うって……」ナミダメ

サイカ「はいはい。 そんでな、さっきやったツンデレっちゅうんは男を落とすのに重要なテクニックらしいねん」

ニア「……つまり?」

サイカ「レックスがニアに夢中になってもらうんにはツンデレになるしかないっちゅうことやね」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:24:05.79 ID:TW0K7pnw0

ニア「なんであたしが!」

サイカ「そらもう、ニアによく似合うと思うからやわ。 あ、でもちょっとツンツン部分が強すぎるかもしれへんな……」

ニア「それじゃあたしが暴力女みたいじゃないか!」

サイカ「まあまあ落ち着いて。 でもな、ウチかてツンデレの全てを知り尽くしてるわけやないねん」

ニア「じゃあどうすんのさ」

サイカ「せやねぇ……色恋沙汰に詳しそうなカグツチとかに聞いてみましょか」

ニア「カグツチに……?」

サイカ「せや。 あ、ほんなら今すぐ聞きに行きましょか?」

ニア「い、今から? それはちょっと性急すぎない、かな……」

サイカ「そんなことあらへんよ! ほんじゃ行きましょ行きましょ!」

ニア「ちょ、ちょっと待ってよ!」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:25:34.77 ID:TW0K7pnw0

カグツチ「ツンデレ?」

サイカ「そや。 カグツチそういうのに詳しそうやなぁって思ってたとこやねん」

カグツチ「……」

カグツチ(ニアの為に?)

サイカ(もちろん、当たり前やないか)

カグツチ(ふーん……)ニヤニヤ

ニア「二人でなにひそひそ話してんのよ」

カグツチ「いえ、なんでもないわ。 ツンデレねぇ……ニアがツンデレねぇ……」

ニア「似合わないだろ? あたしにそんなもん――」

カグツチ「いえ、大ハマリだわ。 破壊力はきっと凄いものになるはずよ」

ニア「……うそ、でしょ……? あたしそんなに……」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:27:06.86 ID:TW0K7pnw0

カグツチ「えぇ。 良いお手本は……そうねヒカリかしら。 あれを参考にすると良いわね」

ニア「ヒカリかぁ……」

サイカ「やっぱりホムラが気になるん?」

ニア「そうだなぁ……って、別にレックスのこと好きってわけじゃないんだけど!」

サイカ「にしてはノリノリやけど?」

ニア「それは……その……」モジモジ

カグツチ「あら、いいじゃないニア。 人に恋することは良い事よ」

ニア「だから違うって――」

カグツチ「何事も挑戦よ。 恋が実れば喜ばしい事だし、例え振られたとしてもその後の人生の糧となる。 まだ私はそういう体験はないけど……それはこれまでの歴史から証明されているわ」

ニア「……」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:28:09.24 ID:TW0K7pnw0

カグツチ「まあ、ニアが違うと言ってるのなら違うのでしょうね。 ニアがそういうのに悩みそうには見えないし」

ニア「そ、そうだよ! あたしそんなことで悩むキャラじゃないし! なら別にツンデレなんて必要――」

カグツチ「でもニアのツンデレ、正直見てみたいわ。 絶対に可愛いはずよ」

ニア「にゃっ!?」ビクッ

サイカ「ニア……残念だけど囲い込まれたようやね……」

ニア「絶対に! やんないから! 絶対に!」

カグツチ「大丈夫。 痛いようにはしないわ……」

ニア「なんでこっちに近寄るのよ! ってか痛いようにはってどういうこと!?」

サイカ「ニア、無限の可能性を見せてくれへんか……?」

ニア「無限の可能性ってなんだよ! それにやけに恐い顔してるのはなんで!?」

カグツチ「さあ……」

サイカ「こっちに……」

ニア「ちょっ、やめ――」

にゃああああああああ!



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:29:04.14 ID:TW0K7pnw0

――翌日

ニア「き、昨日はえげつなかったわ……」

カグツチ『これからニアにはツンデレのなんたるかを教えるわ! まずは――』

ニア「とりあえずどうしようか……あんなことされた後にレックスと会うなんてもってのほかだし、今日一日は部屋に引きこもろ――!?」

レックス「おはようニア。 昨日は大変だったらしいけど……大丈夫?」

ニア「ど、どうしたんだよいきなり! 突然話しかけてきて!」///

レックス「突然って、挨拶すんのに突然も何もないだろ? ……って顔赤いけど大丈夫か!?」

ニア「え、え!? あ、確かに……いや大丈夫、大丈夫だから!」

レックス「大丈夫じゃないよ。 昨日色々大変だったんだろ? その無理が祟ったんだよきっと」

ニア「大丈夫、ほんとに大丈夫だから!」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:30:40.26 ID:TW0K7pnw0

レックス「いやいや大丈夫じゃないって! そんなに赤いなんて普通じゃないって!」

ニア「え、あたしそんなに……」

ニア(確かに、これは尋常じゃないかも……ってか、今ここで診療所に行ったらむしろレックスに会わなくて済むんじゃないか?)

ニア「確かにまずいかもしれない……教えてくれてありがとうレックス。 ちょっと行ってくるわ――」

一人で歩きだそうとしたその時、レックスがニアの手を思わず掴んだ。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:31:32.60 ID:TW0K7pnw0

ニア「……う、どうしたんだよ……」

レックス「どうしたって……ニア一人で歩かせるわけにはいかないだろ!」

ニア「大丈夫だって! 診療所はすぐそこなんだから!」

レックス「じゃあニアが倒れた時、誰がニアを支えるんだよ!」

ニア「それは……そうだけど……」

レックス「ニアは俺達の家族なんだ! 家族なら困った時に支えるのは当然だろ!」

ニア「でも……」

レックス「でもとかだってとか言わない! ほら行くぞ!」

ニア「レックス……」

伝えなきゃいけない。 それは分かってる。 ならそれはいつ……?

ニア「レックスあのね……」

レックス「どうした、歩くのキツいか!?」

ニア「いや、その……」

伝えなきゃ――

ニア「あたしレックスのことす――」バタッ

レックス「……ニア? おい……ニア……ニアーーーー!!!」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:32:37.15 ID:TW0K7pnw0

カグツチ「あら……」

サイカ「やりすぎたかも……しれへんね……」

カグツチ「……あとで謝罪しましょう」

サイカ「せやね……」


ニア「……」

レックス(ニアーーーー!!!)

ニア「レックス……あたし……!」ガバッ

ニア「……ってあれ?」

レックス「……!? ニア起きたか!?」

ニア「レックス……? あれここは……」

レックス「宿屋近くの診療所。 俺達が行こうとしたところだ」

ニア「え、じゃあなんであたしベッドに……」

レックス「覚えてないのか? お前なんか言い掛けようとした時に倒れたんだぞ?」

ニア「え、あたしが言い掛けたって……」

ニア(あたし、レックスのことがす――)

ニア「……」///



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:34:27.54 ID:TW0K7pnw0

レックス「そうだ、あれなんて言おうとしたん――」

ニア「ああああ!」ガバッ

レックス「ちょ、なんでベッドにうずくまって――」

ニア「うるさい黙れ!」ビャッ

レックス「がっ――! いっってえええ!!」


カグツチ「あらあら、引っ掻いちゃったわ……」

サイカ「あれはツンデレっちゅうより……ただ暴力をふっただけやね……」

カグツチ「でもまあ、近づいたには近づいたんじゃないかしら、距離」

サイカ「一応はね。 顔にやるのは反則やろうけど……」

レックス「血出たよニア! 再生の力で治してくれよ!」

ニア「知るか! そんくらい自分で治せ!」

レックス「うずくまってて上手く聞き取れないぞ!」

ニア「こんなに近くにいるんだから普通聞き取れるだろ!」

サイカ「……止めに行こか?」

カグツチ「そうね……」ニヤニヤ



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 00:35:19.62 ID:TW0K7pnw0

以上で終わりとなります。
ご覧いただきありがとうございました!



元スレ
サイカ「ツンデレって知っとる?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514128887/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (3)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月25日 10:40
          • ヒカリちゃんがツンデレだからヒカリちゃんに聞けば良かったのにw
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月25日 11:33
          • ホムラが居ないときにドストレートに告白したけど、返事は受け付けない模様
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月24日 23:33
          • 5 ニアがヒロインの恋愛作品作ってくれぇ…

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ