TOP

【ミリマス群像劇】最上静香「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

1: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:53:23.18 ID:tCiOWLnR0

1 ~クリスマスから10日前~

『皆さんは過去を見る方法を知っていますか?』

『それは映像資料のように現存するものに限られない、好きな時代の過去を見る方法なのです。』



2: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:54:12.76 ID:tCiOWLnR0

 誰にも見せずに大切に保管していた親の形見を、今度は自分の子に託すように、慈愛にあふれた声はデスクの上に置かれたノートパソコンから聞こえる。
Webラジオ「ラジオで765」
 夜8時から夜9時までの1時間。765プロダクションに所属するアイドルがそれぞれプログラムを考え、自分でプログラムのパーソナリティを務めることがこの番組の特徴だ。
今宵のパーソナリティは四条貴音。
「トップシークレットです」が口癖で、私生活が謎に包まれている彼女のラジオを聞けば、少しでもその謎が解けるかもしれない。そう思いラジオに耳を傾けているのは何も貴音のファンだけではない。同じ事務所に所属する彼女の後輩である春日未来、最上静香、伊吹翼の3人も仕事終わりに事務所に集まって、どんな秘密が飛び出すのかパソコンを前に期待に胸を膨らませていた。



3: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:54:53.39 ID:tCiOWLnR0

貴音『CMの後で世界の秘密を公開いたします』


『人気急上昇中!秋月律子のお悩み相談室!ラジオで765の枠を超え、まるまる1時間拡大放送決定――』


答えを焦らすかのようにお約束のCMが入る。




4: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:55:40.43 ID:tCiOWLnR0

翼「……貴音さんの私生活の秘密が聞けると思ってたら、まさか世界の秘密が飛び出すとは思わなかったね」

翼は貴音の秘密が聞けずに残念と口をとがらせつつも、その答えに興味を惹かれていた。

未来「だね。でも過去を見る方法ってなんだろ?タイムマシンかな?タイムマシンだよね!車型の!」

バックトゥザフューチャー!春日未来だけに!と未来は以前見た名作映画を思い出しながら興奮気味に声を弾ませる

翼「タイムマシンって、ふふっ、未来は子供だね~」

まったくやれやれ、しょうがない子だな。いくつになってもまだ子供か、と翼は過去に親戚のおじさんに呆れられた情景を真似るように首を振る。




5: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:56:21.61 ID:tCiOWLnR0

未来「む~。じゃあじゃあ、翼はなんだと思うの?」

翼「私はもっと現実的な手段が思いついたかな?」

未来「現実的?」

翼「うん。しかもとっても簡単だよ!」

未来「簡単?」

翼「なんと用意するものは勢いよく突っ込んでくる車だけ!」

未来「車?それって、バックトゥザフューチャーじゃ……」

違う違う、わかってないなと翼はかぶりをふって否定する

翼「勢いよく突っ込んでくる車。その車の正面に勢いよく飛び出すとあら不思議、自分の過去が頭の中を勢いよく駆け巡るのです!」

翼が荒唐無稽なことをくちにする。

未来「……はぁ~やれやれだよ」

翼の自信満々の回答に対して、やれやれ困った子だ。まったく親はどこにいるんだ?と見知らぬ大人に呆れた過去を再現するように未来は、わざとらしく息を吐きだす。

翼「む~、私の案のほうが未来のより現実的でしょ~!」



6: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:57:00.83 ID:tCiOWLnR0

未来「翼。大事なのは想像力だよ。貴音さんがラジオで、『では、みなさんこれから車に突っ込んでください』なんて言うと思う?」

貴音の口ぶりを真似るように未来は誤りを指摘する。

翼「ふふっ、未来全然似てないよ~。いや、『未来、全然似てはおりませんよ』」

翼も未来に対抗するように貴音の物まねをする。

未来「翼も似てないって~。ねえ、静香ちゃんはどっちが似てると思う?」

静香に目を遣ると、彼女は思案しながら俯き気味に「過去を見る方法……」と呟いていた。静香の目線の先にあるリノリウムの床には、傷や汚れがにじんでいる。




7: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:57:39.30 ID:tCiOWLnR0

未来「静香ちゃん、聞いてる?いや、『聞いておりますか、静香?』」

静香「え!?ああ、どうしたの未来?誰かの真似?」

未来「も~静香ちゃん、上の空だよ。どうしたの?」

静香「なんでもないわ、貴音さんの話が気になっちゃって。過去が見れるなんてすごいわよね」

静香ちゃんにしてはとってつけたような感想だ。
未来は何か引っ掛かりを覚えながらも、その思考は――

翼「あ、そろそろラジオが再開するよ?」

翼のひと声で頭の奥へと追いやられる。




8: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:58:08.36 ID:tCiOWLnR0

貴音『皆様、お待たせいたしました。過去を見る方法。お気づきになりましたでしょうか?』

貴音の問いかけに翼は「車に突っ込むのです」とまたもや真似をして応じる。

未来「だから、違うって……」

静香「ほら、2人とも、種明かしがはじまるわよ」

静香の制止を受け未来と翼はパソコンから聞こえる声にぐっと集中する。

貴音『その答えは』

未来・翼「「その答えは?」」

貴音『空にあります』

未来・翼「「え?空??」」

2人は予想から大きく離れた答えに、素っ頓狂な声を上げる。



9: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:58:38.32 ID:tCiOWLnR0

貴音『ラジオを聴いている皆様、そこから星が見えますか?』

未来「翼、がっかりだね。貴音さん、これからおとぎ話を始めるつもりだよ。絶対」

翼「そうだね~。空はないよ。空は。現実的じゃないよ」

未来「うん。現実的じゃないよ現実的じゃ」

未来と翼は完全に興味を失っていた。

静香「まあまあ、まだおとぎ話と決めつけるのは早いわ。取り敢えず屋上に行ってみましょう。ね?」
せっかく3人で集まったのにこのまま解散するのは、勿体なく静香は感じていた。
未来と翼も同じように感じたのか――

未来「む~、まあ静香ちゃんが言うなら」

翼「星とかロマンチックだしね~」

仕方ないなと3人はコンクリート打ちの階段を昇って行った。
屋上への扉を開くと、満天の星空が広がっている――



10: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:59:18.29 ID:tCiOWLnR0

なんてことはない。

未来「星、少ししか見えないね~」

翼「全然ロマンチックじゃな~い」

静香「……そうね、周りのビルの灯りで見えないわね。」

東京の街の夜景は綺麗だけど、それは皆が残業してるおかげなんだ。という栄養ドリンクのCMを静香は思い出していた。

貴音『場所によっては星が見辛いかもしれません。』

静香が抱えているパソコンから、貴音の声が聞こえる

貴音『ここでは大抵の場所で見える星、つまり南の空に一番強く輝くシリウスを例にとって過去を見る方法を考えてみたいと思います。』

未来「シリウス?南?」

翼「瞳の中のシリウス?」

静香「違うわ、あれよあれ」

混乱している二人に静香は南の空に青白く輝くシリウスを指し示す

未来「ああ、見つけた!」

翼「どこっ!?ねえどこ!?静香ちゃん!」

静香「取り合えず、翼は一番輝く星を探しなさい?」

星の位置を示すのは難しい。




11: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 02:59:46.47 ID:tCiOWLnR0

貴音『地球からシリウスまでの距離は8.611光年と言われています。光年とは1年に光が進むことのできる距離です。そしてシリウスは自ら光を発する恒星です。では皆様が今見ているシリウスはいつのものでしょうか?』

未来「数学だよ翼、数学が来ちゃったよ!」

翼「おとぎ話のほうがまだマシだよね、未来!」

先ほどまであれほど現実的を追い求めていた2人は、揃って数学に対する悪態を垂れる

静香「……あなたたち、数学に親でも殺されたの?」

2人を置いておいて、静香は貴音の声に集中する

貴音『そうです皆様が見ているシリウスは、8.611年前のものになります。』

未来・翼「「へ~数学ってすご~い!!」」

違う、これは数学じゃなくてただの国語だ、小学生レベルの。と静香は言いかけたが、やめた。

静香「確かに過去のシリウスを見てはいるけど……」

自分たちの過去は見えない。



12: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:00:13.15 ID:tCiOWLnR0


貴音『安心してください。これで終わりではありません。私達の過去を見るにはどうすればよいか?それは逆の発想をすることが大切なのです。相手の立場に立って物事を考えなさい。そうしつけられて育てられた方は多いと思います。いまがその訓練の成果を試す時です』

翼「相手の立場?それってここでいうと……」

貴音『シリウスです。地球から見るシリウスは8.611年前のものになります。ではシリウスから見る地球はいつのものでしょう?もうお分かりですね?シリウスから見る地球も今から約8年前のものになるのです。』

静香はなるほど、と思った。今まで星をそのような観点で見たことがなかったから素直に感心した。

未来「へ~面白いね、静香ちゃん、翼!」

翼「そうだね。なんかロマンチックかも!」

貴音『実際に地球からシリウスに行くには、宇宙工学や量子力学等の分野の何倍もの更なる発展が必要ですから、あまり現実的ではないのかもしれません。本当に過去を見る方法を期待されていた方がいらっしゃいましたら申し訳ございません』

未来「いえ、謝る必要なんてないです!」

翼「現実的かどうかなんて無粋ですよ!貴音さん!」

静香「無粋1号、2号が何を言ってるのよ……」

調子がいいのだ。この2人は




13: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:00:50.53 ID:tCiOWLnR0

貴音『ですが、私が皆様に知っていただきたいのは、いつも見ている星も予備知識を持って見ると“楽しい”ということです。星は綺麗なだけでなく、楽しめるものなのです。例えば――』

予備知識があると星は綺麗なだけでなく、楽しめるものになる、か。
考えたこともなかった。確かに静香は今シリウスを見て、以前よりも楽しいと感じている。
でも恐らく予備知識がついたから、ただそれだけじゃない。

未来「でへへ~静香ちゃ~ん!望遠鏡見つけてきたよ!」

望遠鏡を抱えた未来はとことこ、とこちらに駆け寄る

静香「え!?未来それどうしたの!?」

未来「??事務所に置いてあった、けど?」

静香「どこにあったか、じゃなくて、それ貴音さんのじゃないの!?勝手に使っちゃだめよ」

未来「大丈夫だって、静香ちゃんは心配性だな~」

静香「第一、未来は機材の調節ができるの?」

未来「できるよ~。ここをこうやってと」

ふむふむと頷きながらつまみを未来はいじくる




14: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:01:27.83 ID:tCiOWLnR0

翼「すごいよ、未来!意外な特技!じゃあさ、私あのシリウスの近くにある赤い星『ベテルギウス』を見たいで~す!」

スマホの画面を見ながら翼はリクエストをする

静香「ベテルギウス?」

翼「うん。冬の大三角の一つで、625光年離れているんだって!それでそれで、星の色が赤いのはもう寿命が限界寸前の証拠なんだって」

静香「そうなの?でも今見てるのが、625年前のそのベテルギウスってことは……」

翼「もうとっくの昔に消えて、明日には見えなくなっているかもしれないし、今爆発して見えなくなるのが625年後かもしれないらしいよ。今見逃す手はないって!」

未来「よし!準備できたよ!」

翼「ナイス未来!」

翼は期待しながら接眼レンズを覗く。
一方未来は自分の顔にスマホの光を当てながら、翼のが覗く筒の反対側の対物レンズを覗く。

翼「うわあ!目!未来の目だあ!」

未来「でへへ、よく見える?」

翼が尻もちをつく。
未来は大爆笑をしている

静香「ふふっ、何やってるのよ未来」

翼「も~!未来~!!」
翼は全速力で未来にとびかかる
未来「ごめん翼~!」

未来も捕まるものかと逃げに走る。



15: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:01:59.99 ID:tCiOWLnR0


静香「予備知識をもって星を見るのは実は楽しい、か。確かに楽しい。でもそれだけじゃなくて、この3人で見てるから、きっと楽しいのかもしれない。でもそれがかえって――」

私の胸を締め付けるのかもしれない。この時間は先へと進んでいずれ無くなってしまうものだから。
もう季節は冬だ。私がこの2人とアイドルをしていられる時間はあとどれくらいだろう。
過去を見る方法があると聞いた時、私には半分そんなものがあるはずないという気持ちと、もしあるなら今をずっと見ていたいという気持ちがあった。
静香は今朝の出来事を思い出す。朝食の食卓で父に次の公演のチケットを渡そうとした時のことだ

『静香、私はアイドルが好きではない。だからそのチケットは受け取らない』

ただそれだけで議論の余地はないと交渉はシャットアウトされた。
今回が初めてのことではない。繰り返し挑み、繰り返し失敗している。けどまた私は挑むのだろう。



16: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:02:38.39 ID:tCiOWLnR0

静香は空を見上げる。

東京の空にあるのは、シリウス、ベテルギウス、プロキオンの冬の大三角だ
もしベテルギウスが消えたら、冬の大三角はどうなるのだろうか。

星座とは空にある星を勝手に線で結び付けて、逸話と名前を与えただけのものだ。
そう考えると、ベテルギウスが消えても、次の大三角が生まれるのかもしれない

じゃあ、私がいなくなったら――

いや、まだそうと決まったわけじゃない。何を後ろ向きになっているんだと、静香はマイナス思考をかぶりをふって払しょくする
気を紛らわそうと静香は望遠鏡の接眼レンズに目を近づける。ベテルギウスを見ようと思ったからだ。だが――

静香「全然ピントが合ってないじゃない。未来」

望遠鏡の先はぼやけて何も見えなかった。
でへへ~適当に合わせたんだ~と笑う未来の顔が頭に浮かんだ



17: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:03:19.62 ID:tCiOWLnR0

2 ~クリスマスから1週間前~



ロックンロールはどこにある?



18: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:03:48.16 ID:tCiOWLnR0


真壁瑞希「ライブハウス、ですかね?」

ジュリア「……ああ、そうだな」

ジュリアと真壁瑞樹はライブハウスで開演を待ち望んでいた。
あたしは何かミュージックの参考を求めライブハウスに行こうとしたところ、たまたま瑞希に会って『どこ行くんですか?ライブハウスですか?いいですね、共に探しに行きましょう、ロックンロールを探しに』といつもの無表情で強引に同伴してきた

ジュリア「なあ、瑞希。なんだ、その『ロックンロールはどこにある?』ってのは?」

瑞希「はい、これは百合子さんの書いた小説のセリフです。」

『え~今回の相談はどうすれば人気のないサッカーチームの経営を向上させられるか、ということですね?』

館内放送から先輩アイドルである秋月律子の声がする。
ああ、765でラジオか。とあたしは納得する



19: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:04:17.90 ID:tCiOWLnR0


ジュリア「百合子の?」

瑞希「はい、杏奈さんが読んでるのを後ろから伺っていました。」

ジュリア「なんだ?のぞき見か?」

あたしの指摘を無視して瑞希は続ける

瑞希「主人公の女性ヴォーカリストとその幼馴染の女性ギタリストが、ひょんなことから異能の力を覚醒し、侵略者と戦う話です。笑いあり、涙あり、幼馴染の闇落ちありの青春友情ファンタジーバトル!ちなみに『ロックンロールはどこにある?』はその闇落ち幼馴染のセリフです。」

ジュリア「はあ、そうなのか」

もしかしたらお約束の設定がてんこ盛りの熱い話なのかもしれないが、あたしはそのあたりに詳しくなくて、なかなか興味が持てなかった

律子『昔流行ったビジネス書にこんな記載があります――』

ジュリア「ああ、そうだ瑞希。どうして今日はあたしについて来ようと思ったんだ?ロックンロールを探しに来たわけじゃないよな?」



20: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:04:43.35 ID:tCiOWLnR0


瑞希「実は、相談がありまして。まあ大したことではありませんが」

律子『NBAの最弱バスケットボールチームの社長のマーケティング戦術として――』

ジュリア「相談?あたしに?どうしかしたのか?」

あたしに相談とは珍しい。いや、相談したいことがあるから、あたししか来ないようなライブハウスを選んだってことか?

瑞希「先日百瀬さんと、仕事帰りの帰路を共にしたんですけど。ジュリアさん、局近くの大きな共同ビルをご存知ですか?」

ジュリア「え~っと、あの楽器店の近くのか?」

あたしは頭の中で地図を開き、共同ビルにマッピングをする

瑞希「ええ。その共同ビルです」


律子『自分たちのチームに金を落としたい客は多くはありません。ですが――』


ジュリア「それがどうしたんだ?」




21: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:05:13.88 ID:tCiOWLnR0


瑞希「そこで見かけたんですよ。プロデューサーを」

ジュリア「プロデューサーをか?すると、何かの営業か?」

短絡的か?とも思うが、取り敢えず思ったことを口に出す。

律子『相手チーム、とりわけ人気チームの試合にはお金を払いたいと思う』

瑞希「いえ、おそらく違います。その共同ビルに入っているのは、例えば保険や金融商品、IT開発、建築コンサルタントなど。芸能とは関係ないものばかりですから」

ジュリア「それは……不思議だな」

もしかしたら、間接的にはあたしらの活動と関係があるのかもしれない。でも今の情報だけで答えに辿り着くのは不可能だ

律子『それなら相手チームのことを積極的に売り出せばいい。自分たちの本拠地で試合をするとき、相手チームのことを積極的に売り出せば。多くの観客動員数を見込むことができる』

瑞希「ですが、百瀬さんは答えに結び付けてしまいました。」

律子『大切なことは、お客様の目線で考えることです。売る側の商品評価と買う側の商品評価の間に差をなくすこと。また、お客様が商品価値を単体で捉えているのか、セットで捉えているのかを把握すること――』

ジュリア「え?莉緒姉には答えがわかるのか?」

意外だ。瑞希じゃなくて莉緒姉が先に答えにたどり着くとは



22: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:05:43.97 ID:tCiOWLnR0


瑞希「答えかどうかはわかりませんが、百瀬さんは転職活動に結び付けました」

ジュリア「あ?転職活動だと?」

それは短絡的じゃないのか?あたしも人のことは言えないかもしれないが

律子『これはアイドルの売り出し方にも言えると私は考えています――』

瑞希「短絡的だとも思いましたが、情報があまりにも少ない状況です。だから否定もできません。まあ転職活動ではないとは思いますが、百瀬さんが大騒ぎしています。」

ジュリア「大騒ぎしてんのか」

『プロデューサー君に捨てられるわ!』と叫ぶ莉緒姉の顔が目に浮かぶ

瑞希「ええ。そこでジュリアさんにはプロデューサーさんの動向に注意を払ってほしいんです。百瀬さんから誤った情報が広まる前に今話せたのは幸運でした」

ジュリア「なるほど、そういうわけか」

瑞希の意図を理解したところで、タイミングよく開演のブザー音が箱に響く。ライトはその明るさを落とし、ラジオの音は消える。



23: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:06:20.78 ID:tCiOWLnR0

いよいよ最初のバンドがステージに立つという、まさにその時。
隣に立つ瑞希がぼそりと呟く

瑞希「ロックンロールはどこにある?」

演奏が始まる。

そうだ。あたしは今日この場所にまさしくロックンロールを探しに来たんだ。
ジョン・レノンは『概念的に言って、ロックンロールより優れたものはない。』と言った。あたしはジョン・レノンを目指しているわけではないが、彼の言う概念的な高みへと到達してみたい。そこから何が見える景色を楽しんでみたいと思っている。

だがそんなロックンロールはいったいどこにあるのだろうか。
きっと簡単に見つかるものではないのだろう。だからあたしは探し回っている最中なのだ。

瑞希に視線をやる。無表情に見えるが微かに口元がにやついている。こいつも好きなんだな、ミュージックが。



24: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:06:54.54 ID:tCiOWLnR0

バンドが立ち代わり入れ替わり演奏をするにつれ、
会場の演者、観客共にボルテージが上がっていく。
あたしもあたしで、『お、ここでハンマリングをいれるのか。』『あの曲のコードを別のに置き換えるとこうも変わるのか』と何かしらのヒントを見つけることができて満足していた。


だが、事件は起きた。



25: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:07:38.68 ID:tCiOWLnR0

興奮した観客の一人が規制線を越えてステージに上がったのだ。
すぐに控えたスタッフに取り押さえられはした。

しかしその後の演奏は全くと言っていいほど盛り上がらなかった。
あたしの近くの観客が、こうつぶやくのが聞こえた。

「現実に戻してんじゃねーよ」

そいつは非日常をここに求めてきたんだろう。だが何かをきっかけに、
事のすべてがうまくいかなくなる現実の様相をここにも見出してしまったやるせなさが、言葉の端からあふれ出ている。
瑞希に目をやると、いつもの無表情に戻っていた。
どうやらロックンロールはここにはなかったらしい。




26: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:08:05.71 ID:tCiOWLnR0


ライブハウスを出たところであたしの携帯に着信があった。
ジュリア「はい。ってあんたか」

プロデューサーからだ。
ちょうどいい。あたしは瑞希に、共同ビルの件聞いてみるか?と彼女にだけ聞こえるように尋ねる。

瑞希「いいえ。聞かないでおきましょう。それでは面白くありませんから」

面白くないか。ロックンロールの次はプロデューサーの謎を探すことにしたんだな。

ジュリア「ああ、近くに瑞希がいてな。それでどうしたんだ?」

仕事の話か?とも思ったが違った。

ジュリア「は??路上ライブをするつもりはないか?一週間後にか?」

瑞希「路上、ライブ?」

プロデューサーが仕事以外の話をわざわざ持ちかけてくるのは意外だった。だがこのあとの言葉にあたしらはさらに驚かされることになる。




27: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:08:38.16 ID:tCiOWLnR0


ジュリア「いい場所を見つけた?どこだよ?ああ!?共同ビルの近くだと!?おい、ちょっと……」

切られた。

あたしと瑞希は顔を見合わせる
どういうことだ?

だがまたあたしの携帯に着信がある。今度は、翼?

翼『ジュリアーノ?私ですよ、私!』

ディスプレイに名前が表示されなければ、私、私詐欺だ。などという言葉が先ほどのプロデューサーとの会話で混乱した頭にふと浮かんだ。だが翼は混乱しきったあたしの頭をさらにかき混ぜるようなことを言ってきた




28: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:09:12.87 ID:tCiOWLnR0


翼『路上ライブやりましょうよ、路上ライブ!』

ジュリア「ああ?路上ライブだ!?」

瑞希「これは……謎だぞ、瑞希」

あたしと瑞希はまた顔を見合わせる





29: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:10:04.73 ID:tCiOWLnR0


3 ~クリスマス当日~

小鳥「律子さん、ファンからのお手紙、机の上に置いておきますね」

音無小鳥は両腕で抱えていた封筒の束を秋月律子の机の上に崩れないよう慎重に降ろす。

律子「うわぁ、沢山ですね。中身は何ですか?」

封筒に書いてある。そんなことは百も承知で律子は小鳥に尋ねる。

小鳥「秋月律子のお悩み相談室ですよ。律子さん。」

小鳥も小鳥で封筒に書いてありますよ、とはいわない。うず高く積もった封筒を見て、さすがの律子も、少しは現実逃避をしたくなるのは致し方ないからだ。

小鳥「それにしてもすごい人気ですね。流石は律子さんです」

律子「いえいえ、人気が出るのは良いことなのですが、この量は想定外でした」

律子は机から溢れ出しそうな封筒を指さしながら苦笑する。
場所がないからと、律子は机の上にある以前お悩み相談に使った参考書籍をプロデューサーの机の上に移動させる




30: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:10:39.62 ID:tCiOWLnR0


小鳥「皆、誰かに悩みを聞いてほしいんですよ。それに律子さんは真面目ですし」

律子「真面目、ですか?」

小鳥「ええ、今では匿名で悩みを相談できるサイトは沢山ありますけど、必ずしも真摯な対応が返ってくるわけではありませんから、律子さんのように真剣に考えて答えを出してくれるのは貴重なんですよ」

律子「いえいえ、どれもこれも真面目に答えているわけではありませんよ。『体力をつけるには?』って質問にダンベルを持ち歩きなさいなんて回答したこともあります。それに番組で取り上げられるのはごく一部ですし」

小鳥「でも、取り上げられなかったものもちゃんと返信してあげているじゃないですか」

律子「そうですね。我ながら非効率なことをしているとは思いますけど……」

律子は崩れかかりそうな封筒の山に再び目を遣る。

小鳥「いえいえ、律子さんの非効率さは自分の仕事に誇りを持っている証拠ですよ。律子さんはお悩み相談のプロです!だからこんなに手紙が来てるんですよ」

律子「も~おだてないでくださいよ小鳥さん~」

そう言いつつも律子はとてもうれしそうだ。
自分の仕事を認められて悪い気がするものなどいない。

小鳥「そうだ、私も律子さんに相談しようかしら」

なんで忘れていたんだろう。このうっかりさん、とでも言うかのように小鳥は舌を出して自分の頭にこつんと拳を当てる

律子(……何やってんだこの人は)

律子はその様子を見なかったことにして仕切りなおすことにする




31: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:11:08.35 ID:tCiOWLnR0


律子「それで、小鳥さんの悩みってなんです?」

小鳥「え~と、恥ずかしい悩みなんだけど……」

律子「大丈夫です。守秘義務は守りますし、私と小鳥さんの仲じゃないですか」

小鳥「そう?」

律子「はい」

小鳥「本当に?」

律子「もちろんです。」

小鳥「嘘ついたら?」

律子「針千本でもなんでも飲みますよ」

小鳥「え、本当!?本当に飲むの!?」

律子「だー!しつこい人ですねあなたは!!」

小鳥「ひぃい!!」

律子「言ってくださいよ!早く!!ハリー!ハリー!!」

5秒以内に言え、とばかりに律子は指を小鳥に見せるように折り始める。

小鳥「うぅ……じゃあ言います。相談というより、お願いなんだけど、私の結婚相手を見つけて――」




32: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:11:40.27 ID:tCiOWLnR0


律子「ああー!!疲れたなあ!コーヒーが飲みたくなって来ちゃったなー!はい、小鳥さん、書き上げた分こちらにまとめといたんで返信しておいてくださいね!私はコーヒーを入れてきますんで!それじゃ!」

私でも無理なものはある。態度で察してくれとばかりに早足で律子は給湯室へ去っていく

小鳥「……うぅ、ひっぐ。ひどいぴよ」

そして小鳥は袖を涙で濡らしながら、律子から請け負った封筒の束を持って事務所の外へと出て行った。

「はいはい、百合子ちゃんと杏奈ちゃんはそこのゲームセンターにいるのね。分かった、後で向かうわ。……え?あのゲーム、まだあるの?そうよお姉さん、大得意なんだから。もうプロよプロ。うんうん。それじゃあまたね」

事務所の入り口から聞こえてくる明朗快活な声の主である馬場このみは、扉を開けると

このみ「おはよう。小鳥ちゃんはいるかしら?」

と手に持った年末調整の書類をひらひらと揺らしながら、事務所内をぐるっと見渡す。




33: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:12:13.27 ID:tCiOWLnR0


このみ「あれ?誰もいないのかしら?」

律子「ああ、このみさんですね。小鳥さんならちょうどいま出て行ったところですよ」

律子に目を遣る。片手にはコーヒーカップが握られている。
律子ちゃん。なかなかのオフィスレディーっぷりね。前職時代の私といい勝負ができるんじゃないかしら。
とこのみは律子を上から下へと視線を上下させ、見定めるように眺める

このみ「ふふっ。でもフェロモンではまだまだお姉さんには及ばないみたいね。なかなかいい勝負だったわ」

本当にいい勝負だった。勝負はわたしの勝ちだけど、試合が終わればノーサイドよ。とばかりにこのみは

このみ「コーヒー、私にもいただけるかしら」

と律子の持っているコーヒーカップに手を伸ばす

律子はそれを何も持っていない方の手で軽くいなす。

このみ「あう」

律子「それでこのみさん?今日はどうかしましたか?」

このみ「ああ、これなんだけど。年末調整の」

律子「ああ、これですか。それなら後で私が小鳥さんに渡しておきますよ」

このみから書類を受け取った律子は再びデスクワークに戻る。
このみは、集合時間まで何をしようかしらと応接用のソファーに座りつつ、カバンからノートパソコンを取り出す。



34: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:12:52.43 ID:tCiOWLnR0

この時間、前回のラジオで765の再放送をやっていることを思い出したのだ。
最近は忙しくて皆のラジオを聞けていなかった。おそらく律子ちゃんもそうだろう。
無音よりも、少し音があった方が作業能率があがるという以前どこかで聞いた話を思い出したこのみは、律子にも聞こえるようにボリュームをあげる

すると陽気な声が耳朶を打ち始める


奈緒『横山奈緒の人生相談室~!!イエーイパフパフ!』

律子の机の方から、ずざざざ!と土砂が崩落するかのように、けたたましく書類が落ちる音がする。
人生相談室?私の頭に疑問が浮かぶ。これまた律子ちゃんのお悩み相談室にそっくりなタイトルね。
それに奈緒ちゃんがこれまで担当していたコーナーは野球の解説だったはずだ。
だが打って変わって人生相談室という単語が聞こえてきた。
打って変わって、野球だけに。
ん?今のは、今のは中々セクシーな言葉遊びではないだろうか、律子ちゃんに教えて差し上げようかしら――

奈緒『大事な事なので2回言います!横山奈緒の人生相談室~!!イエーイパフパフ!』

と思ったがやめた。
ガシャーン!と律子ちゃんの机からパソコンが落ちる音がしたからだ。




35: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:13:33.50 ID:tCiOWLnR0

美也『あれ?奈緒ちゃん、前回まで野球コーナーじゃありませんでしたか~?』

宮尾美也の、のんきな声も聞こえ始める。

奈緒『おまえは、アシスタントの美也!!』

美也『手が空いていたため、奈緒ちゃんに無理やり連れてこられた、アシスタントの宮尾美也ですぞ~。それで、どうして今回から人生相談室に~??』

奈緒『説明します。野球コーナーはリスナーが限られてくるんで、前回で中止です。今回からは老若男女問わず誰でも参加できてる人生相談に変更しました!いや~私、ほんとナイスアイデアやわ~。どう?びっくりした?今日まで秘密にしとったからな~』

自分天才ちゃいます?と自画自賛を始める奈緒。

美也『なるほど~でも奈緒ちゃん。いいんですか~?怒られませんか~?』

奈緒『いいって何がです?』

美也『勝手に律子さんと同じコーナーを始めて怒られませんか~?大丈夫ですか~?奈緒ちゃん……?』

美也がリスナー全員が思っているであろうことを口にする。
そして大丈夫ですか?そこのところちゃんと考えてますか?覚悟はできてますか?とにじり寄る

奈緒『えっと、あの……いいんです!』

いや、よくはない。
奈緒ちゃんはやけになっているが、既にこちらではパソコンが一台天に召されている

奈緒『むこうがやっているのはお悩み相談。そしてこっちがやっているのは人生相談。天と地ほどの違いがあります!』

果たして天と地ほどの違いはあるのだろうか?

美也『ほほ~違いが全然判りませんぞ~』

奈緒『まあ素人にはわからんやろうなあ。私はこう見えて人の相談に乗る玄人やからな。違いなんて一目瞭然やんな』

私はこちらにいるお悩み相談の玄人のほうを伺う――

律子「……ねえよ、違いなんて」

がすぐに視線をラジオへ戻す。



36: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:14:12.79 ID:tCiOWLnR0


奈緒『さあさあ!このコーナー記念すべき最初の質問は何でしょう?美也、箱の中からお手紙を取り出してください、どうぞ!!』

美也『では取り出します~』

奈緒『あ、美也、不公平がないようによく混ぜてな』

美也『わかりました~では、』

奈緒『あかん、めっちゃワクワクすんな~』

焦らすように美也は間を開ける。
そして――

美也『ラジオネーム宮尾美也様からいただきました~。こんにちは奈緒ちゃん。宮尾美也ですぞ~』


奈緒『ちょい待て!!』

美也『んん?何ですか?奈緒ちゃん?』

奈緒『ラジオネーム宮尾美也って、美也のことやろ?』

美也『はい~』

奈緒『それはノーカンや、相談なら事務所で乗るから。他の手紙を読み上げてな』

美也『ですが、う~む、困りましたぞ~』

奈緒『どないしたん?』

美也『奈緒ちゃん、この新コーナーのこと今日まで秘密にしてましたよね~』

奈緒『せやな』

美也『ですので手紙がまだ一通も届いておりません~』

奈緒『なんやと!』

美也『ということで今回は私の相談に乗ってくださいね~』

奈緒『くぅ、仕方ないな。どんとこいやで、美也!』

美也『では相談です~。寒い季節がやってきましたが、私には悩みがあります』

奈緒『もう冬の始まりですからね~』

美也『実は怖いものがあるのです』

奈緒『怖いもの?冬やしスキー場のリフトが怖いとかか?』

美也『扇風機です。あの羽の回転をみてると、髪が巻き込まれて頭皮を引き剥がされるのではないかと怖くて仕方ありません。どうしたらいいでしょ~』

奈緒『冬、関係ないやないかい!!』

私はラジオのチャンネルを変えた




37: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:14:57.34 ID:tCiOWLnR0


『今日の天気は快晴です――』

奈緒ちゃんが今のラジオでも、近い未来においても、ひどい目にあうのが目に浮かんだからだ。
律子ちゃんの方からくしゃりという音が聞こえてくる。
目を遣ると律子が視聴者からの手紙を握りつぶしていた

律子「何が、こんにちは。ラジオネーム横山奈緒です。職場の先輩から怒られない方法を教えてくださいだ~!!」

『街では引ったくりの被害が数多く――』

奈緒ちゃんは殉教者だ。笑いに生きて、笑いに殺される。

私の携帯に着信がある。莉緒ちゃんからだ。

このみ「あら、莉緒ちゃん、どうしたの?」

莉緒『このみ姉さん。実は大変なのよ!』

まずいわ、まず過ぎるわよ!と莉緒ちゃんの焦る声が聞こえる

このみ「それはまずいわね」

何がまずいのかはわからなかったが、私は取り合えず話を合わせることにした。

莉緒『実は、プロデューサー君が転職活動をしているのを見ちゃったのよ!』

このみ「え、嘘でしょ!それは本当にまずいじゃない!」

莉緒『実は局近くの大きな共同ビルからプロデューサー君が出てくるのを見ちゃったのよ』

このみ「ああ、確かにあのビルには芸能関係の企業は入っていないわね。でもそれだけで転職活動と決めつけるのは早計よ」

そうよね、プロデューサー、と今はこの場にいないプロデューサーの机に目を遣る

莉緒『そうかしら……違うのだったらいいんだけど』

このみ「ああ!!」

莉緒『このみ姉さん!どうしたの!!』

このみ「もしかして、本当に転職活動かもしれないわ……」

莉緒『ええ、でもそれは早計だって……』

このみ「今プロデューサーの机の上に見つけたのよ!『転職のすすめ~過労で倒れるその前に~』って本を!」

莉緒『ええ!?』

律子「いえ、それは私の参考書籍――」

このみの大きな声に耳を傾けていた律子はこのみの誤解を正そうとするが――

このみ「やばい。やばいわ!!」

混乱状態のこのみの耳にはその言葉が届くことはない

莉緒『こうなったら作戦会議よ!』

このみ「そうね!今晩居酒屋に集合よ!」

莉緒『場所は私に任せて、いいところがあるの!あと念のため宴会グッズも用意しておくわね!』

このみ「ええ、緊急時だもの。念のためお願いね。それじゃ!」

電話を切ったこのみは「あらやだ、もうこんな時間。」と言って事務所を後にした。

律子「だから違うっつーの」

誰もいない事務所に律子に吐き捨てるような声が響く。




38: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:15:44.52 ID:tCiOWLnR0


4 ~クリスマスまで8日前~

静香父『静香、お父さんとピアノで勝負だ!』

ドンドン!と木製のドアをリズミカルに叩く。

その時私は部屋の隅でふてくされていたと思う。
原因は確か、どうせ続かないからと両親の反対を押し切って習い始めたピアノが、練習しても全然上手にならなくて、次第にピアノに触れる回数が減っていき、ついにはこのままピアノの件はなかった事にならないかと自然消滅を狙うようになっていたところを、いにお母さんに叱られたからだ。

お母さんに叱られたら、その情報は必ずお父さんの耳に入る。
部屋に近づく父の足音が大きくなるにつれ、「ああ、また叱られるのか」と諦めかけていた。いっそのこと部屋に閉じこもってやり過ごそうかと思っていたところに「ピアノで勝負だ!」と声をかけられひどく当惑したことを覚えている。

あの時の私は今の姿からは考えられないかもしれないが、生意気街道まっしぐらだった。
だから当惑すれどもやることは変わらなかった。つまり無視を決め込むことにした。

ドドンドン!
また木製のドアが叩かれる
静香父『静香、お父さんとピアノで勝負だ!カギを開けてくれ!』


静香『……』

ドドドドドド……ドン!

静香『……』

ドン!ドン!ドドン!!

静香『……』

ドン……

ノックの頻度が減り、そしてついには音が聞こえなくなる。
勝ったな。と思った。次の瞬間

ガシャリと錠の外れる音とともにドアが開いた

静香父『静香~お父さんとピアノで勝負だ~』

お父さんがスペアキーをひらひらと見せびらかすようにして、部屋の中に侵入してくる




39: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:16:19.70 ID:tCiOWLnR0


静香『ああ~!!お父さんずるい。スペアキーは反則!』

静香父『ふっふっふ。お父さんの勝ち~勝負の世界は非常なのだよ』

愉快愉快とお父さんが笑う。

静香『む~!悔しい!』

静香父『静香、悔しいか?悔しいよな?だったらお父さんとピアノ勝負をしよう。それで白黒つけようじゃないか』

静香『もうっ!望むところ!でもお父さんピアノ弾けるの?この勝負に命を懸ける覚悟はあるの?』

幼い私はまんまと父親の挑発に引っ掛かってしまう。

静香父『え?この勝負、命が懸かってるの?……まあいい、お父さんがピアノを弾けるかどうか……それは勝負してからのお楽しみだ。』

静香『ふ~ん。それで勝負内容は?』

静香父『そうだな、静香が今習っているアイネ・クライネ・ナハトムジークの第1楽章をうまく弾いたほうが勝ちっていうのはどうだ?』

静香『良いよ!目にもの見せてあげるんだから!』

静香父『よし!勝負開始だ!』 

私の先攻でピアノ対決が始まった。

楽譜を見て鍵盤を見て、足元に道があることを確かめるように恐る恐る私の演奏は進んでいく。ピアノのレッスンをさぼっていたせいで、以前は自然に体が動いた簡単なところですら意識的な動作が必要となり滑らかな演奏といえる箇所はごく一部だ。早く終われ、早く終われと焦燥感に包まれながら指を動かし、ついに楽譜の終わりにたどり着いた時には、「やり遂げた」ではなく「助かった」と感じていた。




40: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:16:55.59 ID:tCiOWLnR0


静香父『おお、静香!上手いじゃないか!』

どこがだ、と私は思った。無様な演奏だったし、意気揚々と勝負を受けたと思えばあんな演奏をお父さんに聞かせたことが恥ずかしくて仕方なかった。

静香父『それじゃあ次はお父さんの番だな』

楽譜を最初のページに戻し鍵盤に指をのせる。
先ほどまでの緩み切った表情は姿を消し、視線は鍵盤上の手に注がれ、何かをシミュレートするようにぶつぶつと呟く。

私はこんな真剣なお父さんを見るのは生まれてはじめてだった。

静香父『ではいくぞ!』

お父さんの演奏が始まる。
アイネ・クライネ・ナハトムジークの1小節目が私の耳朶を打った時、私はテレビで見たカウントダウンの終了と共に勢いよく宇宙へ飛び立つロケットの発射に立ち会うような高揚感を覚えた。勝負を忘れて、「いけいけいけ!」と心の中で声援を送っていた。

しかし2小節目を聞いた時、あれ?このロケットちょっとカーブ軌道を描いてない?と違和感を感じ、3小節目を聞いた時には緊急事態発生の警告ブザーが鳴り響いていた。
つまり一小節目以外楽譜通りに弾けていないのだ。

静香『ストップ!ストップ!ちょっとお父さん。全然弾けてないじゃない!』

静香父『あれ~おっかしいな。静香の弾き方を真似したつもりなんだが。』

静香『真似したって、もしかしてお父さん……楽譜読めないの?』

静香父『いや、読めるよ。ただ日本語版が読めないだけだ。英語版だったら余裕だったんだけどな』

静香『何言ってるの、楽譜に日本語版も英語版もあるわけないでしょ』

私が指摘をすると「ばれたか。静香は物知り博士だな」といって私の頭を撫でようとする。

静香『もう、お父さんは負けたんだから撫でるの禁止!』

子供扱いされていると思った私はお父さんの手を払いのけて禁止令を宣言する。

静香父『ちょっと待て静香。まだ一対一の引き分けじゃないか。スコアの上では対等だぞ。あ、今のは点数と楽譜をかけた高度なギャグなんだが、静香にはまだ早かったかな?』

静香『また子供扱いして!そんなの知ってるもん。親父ギャグでしょ。そんなの言うなんてお父さん親父くさいよ』

静香父『親父ギャグいいじゃないか。だってお父さんは静香の親父なんだから。』

それより、とお父さんは続ける。




41: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:17:27.85 ID:tCiOWLnR0


静香父『静香、勝負は一対一のままだがピアノ勝負続けるか?』

どうしよう。と私は思った。引き分けのままなのは収まりが悪いけど、ピアノが弾けないお父さんを倒しても弱いものをいたぶっているみたいでいい気分はしない。

静香『……』

静香父『静香は対等な勝負がしたいんだよな。でもお父さんじゃ相手にならない。違うか?』

静香『うん』

そのとおりだと私は間髪入れず答える。

静香父『そこでだ、静香がお父さんにピアノの弾き方を教えるというのはどうだろう。お父さんが上手になれば対等な勝負ができるし、勝敗も白黒決着がつく』

なるほど、確かに私が教えてお父さんが上手くなればいい勝負ができるかもしれない。
でも……

静香『でも、私、人に教えれるほどピアノ全然上手じゃないよ?』

先ほどの無様な演奏を思い出す。お父さんのではない。私の無様な演奏を。だがお父さんは「そんなことはない」、と私と正反対のことを言う。「本当にそう思う」という言葉を付け加えて、しみじみとした口調でだ。
お父さんが嘘をついているようには思えなくて、私は「どうしてそう思うの?」と聞いてみる事にした。するとお父さんは再び私の頭に手を伸ばして

静香父『そうだな。たぶん、親バカだからかな』

と私の演奏のことを無理やり褒めるでもなく、こればっかりは仕方ないよなと苦笑しながら撫で回した。
「もう、お父さんは甘いんだから」という言葉が私の口からついて出る。だが同時に心の中で「でも本当は。私のピアノはこんなもんじゃないんだよ」という言葉が湧きあがった。

それからというもの私はお父さんへのピアノのレッスンを始めると同時に、自身のピアノのレッスンを再開することにした。
私のレッスンのせいあってか、お父さんのピアノのほうは正直に言うとあまり上手にはならなかった。しかしレッスンが終わると途端に「静香、お父さんとピアノで勝負だ!」と自分の腕前は棚に上げて果敢に勝負を挑んできた。対等な勝負がどうとかいう話はどこにいったのだろうか。



42: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:17:59.63 ID:tCiOWLnR0

そんなやり取りを何回したかはわからない。だが年が経つにつれていつの間にかお父さんへのピアノのレッスンも勝負も行われることは無くなった。
でもある時私はお父さんに聞いたことは覚えている。「なかなか上達しないのにどうしてお父さんは諦めないの?」と。その時のお父さんの返答が印象的だった

静香父『生きるっていうのは目隠しで何回もリレーを走るようなものなんだ』

抽象的な言葉で意味が分からなかった。意味を聞いても「こればかりは理解じゃなくて実感してほしいことだから」と答えを教えてはくれなかった。でも「必ず静香なら実感できる日が来る」期待しているぞ、とお父さんは言葉を繋いだ。
残念ながら今になってもその言葉の意味はわからない。

父の期待に応えることができなかったからか、私にかける言葉は期待ではなく世の中の現実になっていった。



43: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:18:26.99 ID:tCiOWLnR0


静香父「静香、何度も言うが私はアイドルが好きではない。だからそのチケットは受け取らない」

そこに議論の余地などないと父は私の申し出をはねのける。
朝刊を読みながら食卓に構える父は私と目を合わすことなく「それで要件は終わりか?」と煩わしいセールスを相手にするように幕引きを命じる。

アイドルが好きか嫌いかは個人の好みの問題で対処のしようがないように思える。そして私自身もそうなのかもと思っている。アイドルを好きになってもらいたくて渡そうと思ったチケットは、会場に入る前の入場検査ではねのけられる。でも諦めるわけにはいかない。
「ピーマンが苦手でもピーマンの肉詰めは好きになるかもしれない」と語るプロデューサーの言葉が脳裏に浮かぶ。プロデューサーに交渉はうまくいっているかと先日尋ねられたときに彼が言った言葉だ。ちなみに有難迷惑にもこんなことも言っていた。

P『静香、もしもピンチに陥った時にお前を助ける逆転の言葉を授けよう。やばくなったらこう言え』

どうせ役に立たないだろうと思いつつも、まあ聞くだけならと私はプロデューサーの言葉を期待半分に待った。

P『偉そうにアイドルを馬鹿にしてるが、あんたの仕事は10年後AIに取られない自信があるのか?ってな!』

言えるかそんなこと!
プロデューサーの言葉は置いておいて諦めるな、と自身を鼓舞して私は食い下がってみることにした。




44: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:18:58.45 ID:tCiOWLnR0


静香「お父さんは、なんでアイドルのことが嫌いなの?」
いつもは途切れる会話を娘が続けてきたことが意外だったのか、父は持っていた新聞を下げる。
静香父「静香、おまえは一つ勘違いをしている」

静香「勘違い?」

静香父「そうだ。静香、おまえがここのところ私を公演に誘うようになったのは、最終的にアイドルを続けることを認めさせるための段階を踏むためだ。違うか?」

静香「それは……」

静香父「だが静香がアイドルを続けることを認めないことと、私がアイドルを好きでないことに関係などない。静香がアイドルを続けることを認められないのは、おまえの将来のためだ」

当たり前だろう。と父は続ける。

静香父「アイドルには、年齢制限があり、収入も安定せず、必ず人気が出るとは限らない。そんな世界であることは知っているな。」

苦いものを吐き出すように父は言葉を紡ぐ。

静香父「売れることができればいい。売れればすべてが覆せる。だがその保証はどこにある?努力を積み重ねた先に待っているのは、努力を重ねた他の大勢のアイドルたちだ。」

静香「……私は努力でも、他の全てでも人に負けるつもりはないわ」

静香父「かもしれないな。だが人の人気とは必ず一番集まるべきところには集まらないんだ。例えばこんな統計結果がある。静香、今仮に人の命を救うようための基金がいくつかあって、その違いは死者の多寡だとする。そして今お前に多額の資金があるとして、どういう基準で基金を選ぶ?」

どうしていきなり統計の話になるんだと、父に食い下がろうとしたが、いいから答えろと先をうながされた私は仕方なく答えた



45: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:19:32.69 ID:tCiOWLnR0


静香「……より多くの死者が出ている基金に寄付するわ。命は数じゃないと思うけど、寄付くらいしかできないのなら、数の多寡で選ぶべきだと思う」

静香父「私もそう思う。だが現実の統計では911テロやハリケーン等の災害被害に金が集まり、マラリアやエイズといったその何倍もの死者が出ている病気にはあまり金が集まっていないのが現状だ。これは国民感情の問題で、短期的な衝撃の大きさが結果に起因していると言われている。そしてその衝撃を伝えるのはメディアだ。ではアイドルの世界でメディアが取り上げるものはなんだ?彼らが選ぶのは必ずしも実力のあるものではない。多くの場合選ばれるのは奇抜なものだ」

造詣が著しく美しい者や強烈な個性を持っている者ばかりが選ばれている。それは確かなのかもしれない。

静香父「努力が報われるとは限らないのはどこの世界も同じだが、アイドルの世界はその傾向が顕著だ。静香、親としてはお前にわざわざそんな世界を勧めるわけにはいかない。そんな世界に居ては、いずれ努力の価値を見損なうようになる」

 さらに父は続ける

静香父「静香、お前の目指すものにお前がなるのは奇跡のようなものだ、そして奇跡とはどこかの自分とは違う誰かにしか起きないんだ。一番報われるべき人間のところには奇跡は起きないようになっているんだよ。」

静香父「……そしてそんな場所で戦うお前に、お父さんは何もしてやれない」

自らの無力感に対する苛立ちや悲しみを吐き出すように、世の心理を父は口に出す。

私は父が言った言葉を噛みしめてみる。どの言葉も間違いではない。
厳しいレッスンをどれだけこなして、どれだけ実力をつければ活躍できるといったスポーツの世界の指標はここにはない。
トップアイドルになるための明確な指標などないまま不安を押し殺してレッスンを重ねるのがアイドルの世界だ。それは生易しい世界ではなく、親が子供に勧めるものではないのだろう。けど――



46: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:20:08.87 ID:tCiOWLnR0


静香「けど、だからこそ価値があるんだと思う。」

静香父「なに?」

静香「お父さんの言った通り、売れる人間と努力や実力は必ずしも結びつくとは限らないのかもしれない。でもそれでも努力を重ねて、歌もダンスも人としての魅力も全てを高めて、トップアイドルとしてステージに立つ姿、そこから見える景色に私は憧れを抱かずにはいられないの。だってそれは簡単には得難い物だから。だからこそ人生を掛けるに値すると思うわ」

私の言葉に父は少し考えるように顎に手を当てる。

静香父「平行線だな。私たちの主張が交わるとすればそれこそ奇跡かもしれない。」

話は終わりだと立ち上がった父はそのまま玄関へと歩みを進める
このまま平行線のままタイムリミットが来てしまうのだろうか。

『偉そうにアイドルを馬鹿にしてるが、あんたの仕事は10年後AIに取られない自信はあるのか?』と語るプロデューサーの言葉が頭に浮かぶ。
けどそれを言ったところで何かが変わるわけではない。これ以上父に語る言葉を失った私は落胆して思わず――

静香「私はやっぱりベテルギウスと同じなのかな……」

と去っていく父の背中に向けて言葉を紡いでしまった。
答えなど期待していなかったし、答えなどもちろんなかった。





47: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:20:38.32 ID:tCiOWLnR0


5 ~クリスマスから一週間前~

未来「貴音さん、静香ちゃんの元気がありません!」

貴音「なんと、そうなのですか?」

翼「他人事じゃありませんよ。貴音さんの責任問題ですよ!」

貴音「はて?私、知らぬ間になにかしてしまいましたか?」

事務所に未来と翼の喚き声が響く。 
貴音はというとまるで死体の第一発見者であったがためだけに、無能な刑事に疑われる容疑者のように困惑している。探偵はいないのか?とすがるように部屋の中を見渡すが、あいにく皆出払っている。

未来「してしまいましたかじゃありません貴音さん!」

翼「大切なのは想像力ですよ貴音さん!」

貴音「そういわれましても。何かヒントをいただけませんか。情報が少なすぎてなんのことやら」

未来と翼の2人は、「どうする?どこまで話す?」「情報を与えすぎちゃうと、優位に立てないよ」と顔を見合わせ相談する。そして未来が重々しい口を開く

未来「実は3人で星を見た日から静香ちゃんなんだか元気がなくて。」

翼「貴音さんの過去を見れるって話が原因ですって、絶対!」

貴音「はあ、そういうことですか。ですが待ってください2人とも。なぜ私の話が原因で静香が気落ちするのですか?」

貴音のもっともな指摘に未来と翼の2人はまたまた顔を見合わせる。
「どこまで話す?もう全部話しちゃったけど」「勢いだよ。勢いで押し切るしかないよ」
今度は挑みかかるように勢いよく未来が口を開く

未来「なぜわからないんですか貴音さん!」

翼「頑張って考えてください貴音さん!」




48: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:21:04.68 ID:tCiOWLnR0


貴音は押し黙る。貴音からは先ほどまでの困惑していた姿は露と消え、往生際の悪い犯人を諭す探偵のように荘重な態度でゆっくりと2人に語り掛ける

貴音「……2人とも」

未来「あ、あの貴音さん?」

翼「べ、別にゆっくり考えていいんですよ、貴音さん?」

貴音の態度の変化に危機感を感じたのか、急に慇懃な態度を取り始める。

貴音「もしやとは思いますが、自分たちではわからないからこの私のせいにして、原因を考えさせようとしているのではありませんか?」

未来と静香の2人は顔を見合わせる
「やばい、ばれちゃったよ」「怒らせちゃったかも。どうしよ!」

その様子を見て貴音はため息をつく

貴音「2人とも、私は別に怒ってなどおりませんよ。2人がこのようなやり方を取ったのも、私に相談しがたい雰囲気があったからなのでしょう。ですが私も足りぬ頭で考えてみます。どうか正直に話してみてはくれませんか?」

貴音のどこまでも穏やかな物腰に2人は完全に気勢を削がれてしまった。

未来「貴音さん……」

翼「未来、こうなっちゃったら仕方ないよね。全部話そう」

未来と翼は貴音に説明を開始する。要領を得ず時系列も飛び飛びであったが、要点としてやはり2人には貴音のラジオの日から静香の元気がないように見えたということ、そして静香に理由を聞いても答えてはもらえなかったという点に集約される。

貴音「なるほど、情報が少ないうえに静香からも聞き出せないというのが現状ですか」

未来「そうなんです」

翼「あの、やっぱり貴音さんでもわからない感じですか?」




49: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:21:34.15 ID:tCiOWLnR0


貴音「そうですね。静香が理由を話さない以上深刻で、解決し難い悩みであると推定することはできますが、これ以上は誰であっても難しいでしょう」

未来「そんな……」

貴音さんならもしかしたらと思ったのにと、未来が落胆の声を上げる

貴音「ですが律子ならあるいは……」

翼「え?律子さん?律子さんならわかるかもしれないんですか?」

翼の中でこの件から律子は一番遠いところにいる存在だった。だからその名前が挙がったことに意外だと声を上げる

貴音「そうです。数々の悩みに答えてきた律子なら答えにたどり着くやもしれません。仮にたどり着けなくとも、何か打開策を提案してくれるはずです。2人の目的は究極的には悩みの原因を知ることではなく、静香を元気にすることなのですから、それでも問題はないはずです。」

未来「じゃあ、早速電話を……」

未来は携帯に手を掛ける。

貴音「いえ、少し待ってください。静香の性格からして裏でこそこそと動かれることを嫌うのではありませんか?例えば律子が直接静香に原因を尋ねるなどということも想定できます。そうなると静香はその行動を2人と結びつける可能性があります」

翼「じゃあ、どうすればいいんですか?」

貴音「これですよ。」

貴音は律子の机から用箋をむしり取る




50: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:22:07.40 ID:tCiOWLnR0


未来「紙?」

貴音「ええ。律子のラジオ番組宛に静香の名前を隠して手紙を出すのです。そうですね、アイドルとして活動する女の子とでもしておけば問題ないでしょう。私のラジオの日からの出来事を詳細に丁寧に記載して手紙を出してください。番組でとりあげるような面白い内容でもありませんから、そのまま返ってくるでしょう。」

未来「律子さんのラジオか~。そういえば静香ちゃんも律子さんのラジオはためになるっていつも真剣に聞いていたな~」

翼「なるほど。でも手紙の返信先の住所はどうしますか?正直に書くと住所から私達だってばれちゃいますし、適当だと怪しまれるかも」

貴音「そうですね、では郵便局留めとしましょう。私が律子の処理済みかごから抜き取るというのも手ですが、いつも事務所にいるわけではありませんから」

未来「すごい!貴音さん、これなら何とかなるかもしれません。私、頑張って書いてみます!」

翼「う~ん、未来が手紙を書くなら私は何をしたらいいのかな~」

貴音「翼、先ほども言いましたがこの件の究極的な目的は、静香の悩みを特定することではなく、静香を元気にすることです。それなら翼にもできることがあると思いますよ」

翼「私にできること?カラオケに誘うとか、遊びに誘うとか、他には……」

未来「え~っと、手紙、手紙の書き方……気を付けなければいけないのは、匿名と返信先と……」

2人が真剣に悩む姿を見て貴音は胸の内に暖かい感情が広がっていくのを感じる。
「人間で一番の贅沢は人間関係だ。」
ある作家の言葉を思い出しながら、静香は本当に良い友を持ちましたね。と静香の幸福を静かに願った。

だが貴音は知る由もなかった。
未来は今回の手紙の制約に気を付けるあまり、うっかり宛先を律子の「お悩み相談室」ではなく奈緒の「人生相談室」と書き間違えたことに。
そしてその間違えがある奇跡を生むということも





51: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:22:58.96 ID:tCiOWLnR0


6 ~クリスマス当日~

お金の入っていない筐体の画面にランキングが流れる。杏奈、杏奈、杏奈……
その名前は現在画面に背を向けて、私七尾百合子に向き合うように座る女の子望月杏奈ちゃんのものだ。オンライン対戦黎明期のもので、「全国のプレイヤーと腕前を競う」ことを売りにしていたが、もう都内のゲームセンターで筐体を置いているのはここを含め2か所しかないらしい。

このみさんも実はそのゲームが得意らしいと伝えると、杏奈ちゃんは大喜びだった。よっぽど競技人口が少ないらしい。
ちなみにもう一か所はどこなのかと以前杏奈ちゃんに尋ねたことがあるが、「杏奈の秘密基地だから、百合子さんでもダメ!」と断られた。

『クレーンゲームに録音可能目覚まし時計追加!これで君もあしたから早起きだ!』
店内放送が鳴り響くゲームセンターで、私は負けじと大きな声で杏奈ちゃんに話しかける

百合子「ところで杏奈ちゃん。私の小説はどうだった?」

杏奈「えっと……」

杏奈ちゃんはピンクのマザーズバッグからノートを取り出す。このバッグは乙女ストームで買い物に行ったときにお揃いで買ったものだ。「Going My Way」のロゴが入っている。
私は杏奈ちゃんのノートを覗き見る。



52: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:23:29.52 ID:tCiOWLnR0


百合子「体力をつけるには、ダンベルを持ち歩くこと?」

小説の感想が書かれているのかと思えば、どこかで聞いたことがあるようなことが書いてあった。

杏奈「あ、百合子さん。覗いちゃだめです。」

百合子「ああ、つい。ごめんね杏奈ちゃん。でも、これは?」

杏奈「律子さんのラジオ……全部メモしてるの。どうやったらあんなに人気がでるか、知りたくて」

百合子「凄い、えらいよ杏奈ちゃん!」

もう一度ノートに目を遣ると、律子さんが取り上げた相談内容に答えた内容、話した時間、導入の挨拶。それ等に対する杏奈ちゃんの総評が事細かく書かれていた。
律子さんのラジオは確かに765でラジオの中で一番人気だ。その人気は律子さんのこれまで吸収した豊富な知識に裏打ちされた物だと私は決めつけていた。でも杏奈ちゃんは私のように簡単に決めつけることなく、研究しようとしている。そこに純粋に感心した。

杏奈「杏奈、ゲームが上手くなりたいときは、上手い人の動画を研究してます。だからそのやり方をラジオにも活かせたらって思ったの……」

百合子「うんうん!きっと活きるよ。絶対に!」

杏奈「ああっ!そうだ。百合子さんの小説の話だったよね……ちょっと待っててね。え~と……」

照れ臭そうに、そう言って杏奈ちゃんは再びバッグの中をあさり始める。どうやらノートを間違えたらしい。またまた私はいけないと思いつつも杏奈ちゃんのバッグの中を覗き見る。ゲーム機とノート、そして……正真正銘のダンベルが入っていて私は絶句した。

杏奈「あった。これ……まずは主人公のヴォーカリストについて、です。このキャラは王道だよね。ザ・主人公って感じで」

百合子「そう、そうなの!決して気持ち的に強い子じゃないんだけど、みんなの声援や期待に応えようと自分を鼓舞して叩き上げるシーンにこのキャラの魅力が詰まってるの!」

ダンベルを発見して閉じた私の口が、好きなものの話になってついつい饒舌になる。

杏奈「けど、もしかして、作者の自己投影が入ってる?」

百合子「え?……ど、どうしてそう思うの?」



53: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:23:59.43 ID:tCiOWLnR0


もしかして駄目だしが始まっちゃうパターンなの?と私は身構える

杏奈「この主人公、百合子さんそっくりでかっこよかったから」

真剣な顔で杏奈ちゃんはそう答える。

百合子「ええ!?そ、そんなことないって、やだなあ杏奈ちゃん!」

私はそんなにかっこよくはないのに、そんなことを言われるなんて、完全に不意を突かれた。

杏奈「次に、幼馴染のギタリストね。クールな女の子で周りから誤解されがちだけど、誰よりも優しく主人公のことを思っている。王道幼馴染ポジション」

百合子「そう、そうなの!自己犠牲タイプなの、この幼馴染は。ダークサイドに落ちて主人公と途中から対立するんだけど、実はそれは主人公のためで読者とだけその秘めたやさしさと苦悩を共有する一番読者に近いキャラなんだよ」

杏奈「うん。もともと誤解されやすい性格なのに、ついには主人公にも誤解されるところは辛かった……本当は主人公のことを誰よりも思っているのに」

百合子「うん、あのシーンは熱いけど辛いんだよね。さらにそのあと主人公の誤解もきちんと解けるのに、ひどいことをしたからと主人公のもとに戻ろうとしないんだよあの娘は。でも再会のセリフが自分でも気に入ってるんだ。『あなたがくれた勇気をまた私がなくさないようにそばで持っていてください』っていうの。どう?杏奈ちゃん?」

杏奈「う~ん、そのセリフは表現が婉曲的すぎて、よくわからなかった。杏奈が幼馴染だったら、あのとき主人公に言ってほしかったのは『いい加減に、戻ってきて!』って素直な気持ちかもしれません。」

百合子「やっぱりそこは好みの違いか~わかった。セリフを少し修正するよ。本当に大切な気持ちは伝わらないと意味がないからね。」




54: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:24:26.36 ID:tCiOWLnR0


お互いの共通の趣味の話題で場は温まった。
いよいよ話を切り出す時だと百合子は心のうちで決意をする。実は今日は番組の収録前に杏奈ちゃんに聞いておきたいことがあって、杏奈ちゃんの好きなこのゲームセンターに来てもらったのだ。好きな場所で、温まった空気の中でさらっと答えてほしいことがあった。

百合子「あのさ、杏奈ちゃん、ここ最近のスポーツバラエティのことなんだけど、もしかして私の――」

私の携帯に着信がある。せっかく作ったチャンスなのに、とディスプレイを見るとそこにはこのみさんの名前がある。

百合子「もしもし、七尾百合子です。え、やっぱり直接現場に向かう?わかりました。私と杏奈ちゃんも今から向かいます。はい」

杏奈「百合子さん、このみさん直接行くの?」

百合子「うん。私たちもそろそろ行こっか」

百合子は名残惜しそうにゲームセンターを後にした。
「19時以降、小学生以下は保護者同伴でも入店をお断りしています」の張り紙が何故か目に留まった。




55: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:24:54.90 ID:tCiOWLnR0


……

タクシーに乗り10分ほどで現場に到着した。今回の収録は私の大の苦手なスポーツバラエティだ。スタジオには既にアトラクションやバスケットのコートのような丸だったり台形であったりと訳の分からない幾何学模様がテープで描かれている。実はこのようなスポーツバラエティ番組は結構ある。今週に入っても既に4本の収録を終えた。ローカルやケーブル、インターネット放送などの小さな番組で、どれも似たり寄ったりの物だ。

このみ「あら、来たわね2人とも!これで全員揃ったわね」

吸水性の高い運動服にブルマといった出で立ちのこのみさんが、私たちを迎える。

このみ「ところでどう?今日のお姉さん、セクシーフェロモンむんむんじゃない?」

周りを見渡してみると、歩さんや海美さん、エレナさんそれに――

志保「いい、可奈。今日は特訓の成果を見せるときよ」

可奈「うん。志保ちゃん。継続は力なりだよね」

結束を深めあっている志保ちゃんと可奈ちゃんの姿があった。
このスポーツバラエティはチーム対抗で執り行われる。
ちなみに私のチームは、私を含め杏奈ちゃん、海美さんこのみさんの4人編成だ。

「15分後にリハーサルを始めます。準備をお願いします」

スタッフさんから声がかかる。
スポーツバラエティは本来私の領分ではない。だけど私はまだトップアイドルを目指す途上にいて得意とか不得意とかで、仕事を選んではいられない。
大丈夫だ、大丈夫だと心の中で自分を鼓舞する。それに今回チーム戦で、私のチームには私と同じく決してスポーツが得意とは言えない杏奈ちゃんがいる。たぶん不安を抱えているはずだ。自分だけ緊張してはいられない。
私は頑張ろうねと声掛けを行おうと決意する

百合子「あ、あの、杏奈ちゃん!」

杏奈「ど、どうしたの百合子さん?」

いけない。声が上ずってしまった。思っていた以上に私は緊張をしていたらしい

百合子「がん……頑張ろうね、杏奈ちゃん」


杏奈ちゃんは考え込むようにして、そして短く「うん」と返事をした。
なんとか最後まで言い切ることができたが、杏奈ちゃんの不安を取り除くどころか私の不安が急激に上昇した。




56: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:25:27.78 ID:tCiOWLnR0


……

それでも玉砕覚悟で取り組めば何とかなる、と思い望んだリハーサルだったが本当に玉砕した。
思うように体が動けず、一対一の試合でもチーム戦でも息が詰まる思いをしたし、チームのメンバーにもそんな思いをさせてしまった。それに比べて杏奈ちゃんは流石だ。自分も運動が苦手なのに、いつものインドア系から完全にアイドルモードに入っていて活気だけは失わなかった。

百合子「みんな、ごめんなさい!私、上手くできなくて」

チームの皆に私は頭を下げる

このみ「あら、何を謝ってるの、百合子ちゃん?今回はアイドルが出るバラエティなんだから、ファインプレーなんて求められていないわ。むしろビーンボールを投げるほうが盛り上がって正解!ってときもあるわ」

あら、今のは過激過ぎたかしら。セクシーだけに、とこのみさんは1人で爆笑する

百合子「でも、グダグダで見苦しくて……」

このみ「そんなの問題じゃないわ、一番の問題は百合子ちゃんが自信なさげに下を向きながらプレーしていることよ。アイドルにとって大事なのは顔を映してもらうことなんだから、せめて顔だけは上げておきなさい。知ってる、百合子ちゃん?喜劇王チャップリンはこう言ったわ『下を向いていたら虹を見つけることはできないよ』って。だけど過激王このみ姉さんはこう言ったの『バラエティで下を向いていたら、カメラを見つけることができないよ』ってね」

百合子「……はい」

このみ「あらあら、ついに私もチャップリンと肩を並べてしまったのね。はっ!ちょっと待って!セクシーな私がさらにミュージカルに出演したら、二重の意味でカゲキ(過激・歌劇)王になって、チャップリンを超えてしまうわ!」

やっぱり私のセクシーは恐ろしいわ……危険すぎる!とこのみさんは自分の世界に入りかける

杏奈「あの……このみさん。ちょっといいですか」

ああ、ついに来てしまったかと私は遅い覚悟を始める。

杏奈「今日の両チームの編成……このみさんが決めたんですよね?」

このみ「ええ、そうよ?セクシーチームとスポーティチーム」

杏奈「じゃあお願いが、あります。私と志保のチームを……入れ替えてください。」

1週間ほど前から、繰り返し何度も見た光景だった。私と杏奈ちゃんが同じチームで、私がリハーサルで失敗をし、そして杏奈ちゃんがチームの交代を申し出る。何度見た光景に、私は何度も胸を締め付けられる。

このみ「う~ん、志保ちゃんがいいなら別にいいけど。何か理由があるの?」

杏奈「成長するため、です」




57: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:25:54.70 ID:tCiOWLnR0


私は杏奈ちゃんが律子さんのラジオを必死に研究していたことを思い出す。
そうだ、杏奈ちゃんはもともとアイドルになりたかったんだ。私のようにスカウトではなく、だ。そう言えば必ず放送の後に真剣にスマホのSNSを触っているから、何をしているか聞いたところ「エゴサーチ」と言っていた。本当は思っていた以上に向上心が強いんだ。

このみ「成長?このチームではできないことなの?」

杏奈「そんなことは、ない。と思います。でも……杏奈にはいい方法が思いつかなくて」

私と同じチームだと、恐らく勝つことはできない。
恐らく杏奈ちゃんは勝利チームが手にするアピールタイムが欲しいのだろう。
少しでもチャンスを得るために。
そういえばいつも一対一の対戦は杏奈ちゃんとだ。これも他の戦力を温存するための作戦で、勝利にこだわっているということなのかもしれない。

このみ「そうなのわかったわ。でも大切なことは……いや、これは大人が教えることじゃないわね。若者が自分で学ぶべきことだわ。がんばってね、杏奈ちゃん」

杏奈「はい、ありがとうございます」

杏奈ちゃんが俯きながら私の横を通り過ぎていく。



58: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:26:38.29 ID:tCiOWLnR0


……

今日の収録もなんとか終わり、帰り支度をしていたところに杏奈ちゃんがやって来た。

杏奈「あの、百合子さん。今日、収録前に聞きたいことがあったんだよね」

百合子「杏奈ちゃん……」

私が杏奈ちゃんに聞こうと思っていたことは、スポーツバラエティのチーム替えについてだった。でも今はその謎も解けて聞きたいことはもうない。けど代わりに言いたいことがあった。

百合子「あの、杏奈ちゃん……ごめんね」

杏奈「え?」

百合子「杏奈ちゃんは本気でトップアイドルを目指しているのに、私はそれに気付かず足を引っ張るような事ばかりして。スポーツバラエティだって、本当は杏奈ちゃんも得意分野じゃないのに、私がさらに負担になるようなことをしちゃったら、ますます――」

杏奈「待って!どうして、どうして百合子さんが謝るの?」

百合子「どうしてって?杏奈ちゃんは間違ったことなんて何一つしてないのに、私が……」

杏奈「百合子さん……違うよ。謝るのは杏奈のほう。杏奈が勝手に百合子さんも同じ思いで、同じ努力をしていて、それなら杏奈にも変えられると思っただけなの。」

杏奈ちゃんの表情が急激に曇る。
雨を多く含んでいて、水を放出するのを今か今かと待ちわびる積乱雲のように

百合子「杏奈ちゃん?それってどういう?」

杏奈「でも間違いだった。百合子さんに嫌われるのは覚悟していたけど、百合子さんを追い込むとは思わなかったです。ごめんなさい。……杏奈、友達失格だよね?ごめん」

豪雨が降り始めた。しかしそれは驟雨だった。
杏奈ちゃんは2人だけの控室を飛び出していく。

杏奈ちゃんは泣いていた。

私は杏奈ちゃんの言っていた言葉が引っ掛かって、追いかけることができなかった。

『百合子さんも同じ思いで、同じ努力をしていて、それなら杏奈にも変えられる』

確かに杏奈ちゃんはそういった。それはどういう意味だろう?もしかして私はなにか重大な思い違いをしているのかもしれない。
杏奈ちゃんの泣き顔が頭に浮かぶ。ああ、私は何をやっているのだろう。
1人だけになった控室の扉が勢いよく開き、入ってくる人影がある

静香「さっき、杏奈がこの部屋から泣きながら飛び出したように見えたけど……って百合子、あなたも泣いているじゃない」

静香ちゃんが優しく私にハンカチを差し出す。
私はそんな静香ちゃんの顔をみる。元気がない。

百合子「ああ、静香ちゃん。元気がないけどどうしたの?」

静香ちゃんは肩を竦め、苦笑して答える。

静香「それは私のセリフよ」




59: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:27:08.01 ID:tCiOWLnR0


6 ~クリスマス当日~

可奈「はっ……はっ……!」

スポーツバラエティの仕事を終えた私は、オレンジのパーカー風スポーツウェアに身を包みランニングに精を出していた。

莉緒「あれ、可奈ちゃんじゃない?どうしたの、精が出てるじゃない」

何やら大きな買い物袋を手に提げた莉緒さんと遭遇した。
「寒いのに頑張るわね、これが私が失った若さなの!?」と何やらショックを受け始める。
「莉緒さんだって若いですよ」と私はすかさずフォローを入れる。

莉緒「なんか可奈ちゃん見違えたわ。走り始めて長いの?」

引き締まって来たわね、とお褒めの言葉をいただいた。
努力が認められて純粋にうれしい。

可奈「いえ、ここ最近始めたばかりですよ~でも莉緒さん、実は志保ちゃんにランニングのコツを教えてもらったんです。だから成果がすぐに出たのかも!」

莉緒「ランニングのコツ?興味深いわね~、なになに?」

可奈「志保ちゃんはこう言ってました。『ハングリー精神よ。娯楽で走ってるようなランナーは全員抜かすの』って。あと数時間は走るつもりなんですよ」

私は志保ちゃんの声真似をして、奥義を莉緒さんに伝授する。

莉緒「そ、そう。あれね、若者に人気のゲーミフィケーションってやつなのかもね」

可奈「はれ?莉緒さん、ちょっと引いてますか?」

莉緒「そ、そんなことはないわ。そうだ、頑張っている可奈ちゃんに私からのプレゼントをあげるわ」

そう言って莉緒さんは大きな買い物袋から、これまた長いタスキを取り出す。

莉緒「じゃじゃ~ん!『本日の主役タスキ』よ!」

可奈「わ、わあ~」

「あんまりいらないかな~♪」と歌い出したい気持ちをぐっとこらえる

莉緒「うんうん、似合ってるわ。」

可奈「そ、そうですかね。そういえば莉緒さんは今からどこに?」

莉緒「は!そうだわ、居酒屋に秘密の作戦会議に行かないと!地球の危機よ危機!」

可奈「え~まだ明るいのにもう飲むんですか~。でも秘密の作戦会議、なんかかっこいいですね。」

幼い時に憧れた秘密基地のような響きがある。

莉緒「はあ、可奈ちゃんは呑気でいいわね。それじゃあお姉さん、もう行くわ!地球の危機を救うために!」

可奈「は~い。猪突猛進もうもうし~ん♪」

私はランニングに戻る。
立ち話で少し体が冷えてしまった。

可奈「今日は冷えすぎるかな~♪」



60: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:30:36.43 ID:tCiOWLnR0


7 ~クリスマス当日~

静香「まずは状況を整理しましょう」

自分も収録のために局へ来たというのに「何があったか話してみて」と優しく問いかける静香ちゃんに、堰を切ったかのように私は洗いざらい話していた。もしかして私はずっと誰かに聞いてほしかったのか、それとも静香ちゃんの包容力なのか。いや、どちらもだろう。

静香「まず、杏奈と共にスポーツバラエティへの出演はずっと前から行われていた。けど一週間前から杏奈が百合子と同じチームになった時に、別チームへ移りたいと願い出るようになった。そうよね?」

百合子「うん」

そうだ。だがその時は突然のことで悲しさよりも不可解さが勝っていた。どうしてだろうという気持ちが悲しいという感情に栓をしていたんだ。でも日が経ち杏奈ちゃんの行動に私が何か理屈を見出そうとしていくうちにその栓が緩まり、ついに今日決壊した。

静香「さらに実際の収録においては百合子と杏奈の対決が狙ったようにいつも起こった。」

百合子「うん、そうだったよ。確かに杏奈ちゃんとの対決は必ずあった。」

静香「最後に杏奈が別れ際に言った『杏奈が勝手に百合子さんも同じ思いで、同じ努力をしていて、それなら杏奈にも変えられると思っただけなの。』という言葉。この言葉をきっかけに百合子は自分の推測に違和感を持ったのよね?」

確かに違和感を持った。でもその正体は今でも分からない。

百合子「ううん。もしかして私の勘違いかもしれないよ。私が自分を守るためにそう思っただけかもしれないし。」

そうだ。そんなに都合のいいことなんてないよね。
もしかして胸から黒い靄が出ていて、その靄に勝手に都合のいい映像を映し出していただけなのかもしれない。




61: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:31:09.88 ID:tCiOWLnR0


静香「百合子、悲観するにはまだ早いわ。最後の杏奈の発言のおかげで、百合子は自分の推測に違和感を感じたんでしょう?そこに必ず何かヒントがあるはずよ。そうね、例えば『同じ努力』って言葉。確かに杏奈の思いについては今はわからない。でも杏奈がどんな努力をしていたか。それなら一番近くで杏奈を見ていた百合子ならわかるはずよ」

静香ちゃんは私を励ますどころか議論を先へと誘導してくれる。自分だって元気がない癖に。私はまた泣きそうになるのをぐっとこらえて、頭を回転させる。

百合子「そういえば、杏奈ちゃん律子さんのラジオをノートに取ってたよ。あとは、番組の放送後にSNSでエゴサーチをしていたよ」

静香「律子さんのラジオとエゴサーチか……そのうちよりアイドルの努力としては一般的で敷居の低いのは、どう考えてもエゴサーチのほうね」

百合子「エゴサーチか。私、運動が苦手だからスポーツバラエティに関しては、見ないようにしてたんだ。視聴者の感想の手紙も見るのが怖くって。でも杏奈ちゃんは偉いよ。私と同じで運動が苦手なのに嫌なことから逃げなくなったんだから」

静香「ちょっと待って、百合子。もしかして杏奈も、もともとエゴサーチはしてなかったの?」

百合子「うん。でも感想の手紙は読んでたと思う。エゴサーチについては、一週間ほどまえから始めるようになったよ」

静香「感想の手紙を読んだうえで、エゴサーチ?必ずしも変とは言えないけど、なにか徹底し過ぎじゃないかしら。ねえ、百合子は本当に杏奈が自分の名前でSNSで検索しているのを見たの?もしかして杏奈にそう聞いただけじゃない?」

静香ちゃんの疑問に私は記憶をひっくり返して照会を行う。

百合子「あ……!そうだ、私、杏奈ちゃんが自分の名前で検索しているところは見てない!でも確かにあれはSNSの画面だったよ!」

静香「もしかして杏奈は自分の名前で検索をしていなかった可能性があるわ」

自分の名前を調べないエゴサーチ?



62: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:31:37.36 ID:tCiOWLnR0


百合子「じゃあ杏奈ちゃんは、何を調べていたんだろう?」

謎は謎のままだ。疑問は次々生まれる。でも確実に前に進んでいる。そんな実感が静香ちゃんにはあるのかもしれない

静香「一週間前からの杏奈の行動の変化。律子さんのラジオの書き止め。SNSで自分以外の何かを調べる……これらの行動を繋ぎ合わせて考えると……けどあと1ピース」

静香ちゃんがぶつぶつと真剣な表情でピースを組み合わせ始める。
私は静香ちゃんに任せきりでいいのだろうか?自分の問題なのに。
なにか、何かほかにヒントはないのだろうか?なんでもいい。もともと賢くないのだ、数撃てば当たる戦法でいかなくてどうするの!

百合子「小説っ!」

静香「え?」

百合子「私が書いた小説の主人公を杏奈ちゃんが褒めてくれたの。周りの声援や期待に応えようと自分を鼓舞する主人公が私にそっくりで、王道でいいねって……」

自分で言って恥ずかしくなる。何を言っているのだろう私は。これじゃあただの自慢じゃないか。

静香「『大切なことは、お客様の目線で考えることです。売る側の商品評価と買う側の商品評価の間に差をなくすこと。また、お客様が商品価値を単体で捉えているのか、セットで捉えているのかを把握すること。そして――』」

百合子「静香ちゃん?」

静香「『そしてこれはアイドルの売り出し方にも言えると私は考えています』」

百合子「静香ちゃん、何の話を――」



63: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:32:19.95 ID:tCiOWLnR0


静香「律子さんのラジオよ。一週間前の。百合子、私たちは近すぎるがゆえに大きな勘違いをしていたのかもしれないわ。」

百合子「近すぎるが故の勘違い?」

静香「ええ、そうよ。百合子、SNSで杏奈の名前とすでに放送されたスポーツバラエティの番組名で複合検索をしてくれる?」

百合子「え?杏奈ちゃんの名前?」

静香ちゃんはさっき、杏奈ちゃんは自分の名前で検索していなかったかもって言ってたのに

静香「杏奈は確かに自分の名前で検索はしていないと思う。でもこれは私たちの誤解を解くうえで必要な事なの」

百合子「誤解を解くうえで?……わかった。やってみる」

杏奈ちゃんの名前と番組名で検索を行う。
私はそこに書かれている内容に目を見張る

百合子「嘘……!みんな、杏奈ちゃんは運動が得意だと思い込んでる!」

活発で、明るくて、アウトドアで、運動が得意な女の子。SNSには杏奈ちゃんをそう評価する感想が多々寄せられていた。

静香「そう。私たちはいつも杏奈を近くで見ているから、運動については不得意であるということを知り尽くしているわ。でもそれは同僚である私たちから見た杏奈。お客さんから見た杏奈の評価とはかなり開きがある。」

百合子「でも、どうしてそんな差が?」

静香「その理由は2つあるわ。1つはお客さんやカメラの前だけで見せるハイテンションな杏奈のキャラクターのせいよ。私たちの知名度はまだあまり高いとはいえない。だからお客さんにとって、テレビで見るハイテンションな杏奈こそが杏奈の素顔なの。いつものインドア派の杏奈じゃない。活発なアウトドア派のような杏奈だけがテレビに映っている。」

百合子「でも、性格だけではごまかせないんじゃ……」

静香「ここで2つ目の理由よ。百合子、ここ一週間。杏奈と一番対戦回数が多いのは誰?」

杏奈ちゃんと一番多く戦った人?それは……

百合子「私です。……あ!」

静香「そう。運動に対する苦手意識の強い百合子と戦っていたから、ぼろが出にくかったのよ」

なるほど。だから杏奈ちゃんは私と積極的に勝負するように仕組んだんだ。

静香「まだ終わりじゃないわ、百合子。杏奈の狙いはまだその先にある」

百合子「え?まだなにかあるの?」



64: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:32:46.88 ID:tCiOWLnR0


静香「百合子、今度はあなたの名前でエゴサーチをしてみて」

百合子「え!?私の名前?」

どうしてそこで私の名前が?

静香「杏奈が何を思って行動を起こしたか知りたいんでしょ?勇気を出して」

百合子「うぅ……はい」

私は恐る恐るSNSでエゴサーチを開始する。
そこに映っているのは……

百合子「嘘……私、みんなから応援されてる!?」

「あの子、運動とか苦手そうなのにガッツがあるよな。」
「相手の女の子は活発で強そうなのによく諦めないな。がんばれ!」

視聴者からの声援がそこには寄せられていた。

百合子「どうして……」

静香「百合子、確かにあなたの運動が苦手という自己評価とお客さんの百合子への評価は一致しているわ。でもここは杏奈とセットで考えるの。」

百合子「セットで?」

静香「うん。お客さんから見て、百合子対杏奈の構図はインドア派対アウトドア派。だけど実際の実力は拮抗している。するとお客さんにはどう見えるか。それは検索結果が示す通り、百合子が格上に対して頑張っているように見えるのよ。」

静香「もちろん、中には杏奈の運動能力が低いのではと疑う人もいるでしょう。でも杏奈は頻繁にエゴサーチをして、百合子への声援の大きさを確認し、作戦を続行するか決めていたんじゃないかしら」

百合子「杏奈ちゃんはもしかして私のためにこれを?でもどうして?杏奈ちゃん、私に嫌われることを覚悟していたって言ってた。でもこれってそこまでしてしなくちゃいけない事なの?」

もうほとんど謎が解けたというのにまだ私は杏奈ちゃんの考えがわからなかった。あと一歩、あと一歩がとても遠い。




65: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:33:16.70 ID:tCiOWLnR0


静香「たぶん。……たぶん杏奈は百合子に自信を持ってほしかったんだと思う」

百合子「自信?」

静香「うん。杏奈は意図的にお客さんの声援を作り出した。それが百合子を変えると思ったのよ。」

百合子「声援が?でもどうして?」

それは、と静香ちゃんが間を置いて答える。私がしっかりその答えを受け止めるように

静香「だって杏奈にとって百合子は『声援や期待に応えようと自分を鼓舞する主人公』なんだから」

百合子「あ……」

私の小説だ。
照れ臭そうに主人公は私に似ていると口にする杏奈ちゃんの顔が浮かぶ。

百合子「そっか。私、スポーツバラエティが嫌で、いつも下を向いてばっかりで……だから杏奈ちゃんが動いたんだ。嫌われるのも覚悟のうえで。だって主人公が下を向いたままじゃ主人公失格だから」

胸の内から涙がこみ上げる。
ごめんね。ごめんね杏奈ちゃん。
私、頭が悪くて。もし隣にいるのが静香ちゃんだったら、ずっと仲良しのままだったよね。
私は謎が解け、杏奈ちゃんは私が前を向くことを望んだというのに、未だに下を向いている。
そんな自分がますます嫌になる。

静香「……百合子、大丈夫よ」

百合子「だい、丈夫?」

あまりに短く端的な言葉に理解の追い付かなかった私の問いかけに静香ちゃんは困ったような顔をする。



66: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:33:48.83 ID:tCiOWLnR0


静香「ごめんなさい。落ち込んで泣いている百合子に何か声を掛けようと思ったんだけど……実は、気の利いた言葉が思いつかなかったの」

ごめんなさい。と静香ちゃんが頭を下げる

静香「でも、百合子を励ますには至らなかったかもしれないけど、私、時間内にここまでうまくやったと思わない?」

静香ちゃんはそういって悲しそうな顔で時計を指さす
そうだ、静香ちゃんには次の収録があるんだった。
ただその表情はあの時の杏奈ちゃんのような積乱雲を想起させる。
でも、なんで?なんで静香ちゃんはそんなに悲しそうな顔をするんだろう。静香ちゃんのおかげで、私は真実にたどり着いた。それは明らかだ。だけど今の言葉を言った時の静香ちゃんは私の問題とは別の何かを結びつけて語っているように感じた。

百合子「うん。静香ちゃんには感謝してもしきれないくらい、助けて貰ったよ」

静香「本当に?本当に私の行動に意味はあったと百合子は考えるのね。私、その言葉を信じるけど、いいのよね?」

震える声で静香ちゃんは私に尋ねる。
ああ……なにをしているんだ私は。静香ちゃんだって何か耐え難い物を抱えていたんだ。
だけど、そんな自分を顧みず、私のことを助けてくれた。なのに私はいつまでうじうじしているんだ。いつまで静香ちゃんを不安にさせるんだ。頑張れ!前を向け!そして答えろ!

百合子「大丈夫。私のことを信じて大丈夫だよ、静香ちゃん。」

私は静香ちゃんの目をまっすぐに見据えて答える。

静香「百合子……」

静香ちゃんの震えが止まる。

静香「あのね、百合子を励ませなかったのは、心残りだけど。それはきっと、杏奈じゃないとダメなんだと思う」

百合子「杏奈ちゃんが?」

静香「ええ。百合子の悲しみは、この先のゴールにいる杏奈と仲直りすることでしか消えないと思う。だから続きは2人に任せることにする。」

そうだ。まだ終わっていない。まだただチェックポイントを通過したに過ぎない。悲しいは悲しいままだけど、落ち込んでなどいられない。

静香「杏奈はきっと百合子を待ってる。それに杏奈に気の利いた言葉を掛けてあげられるのもきっとあなただけよ。私にできるのはここまでだけど、あなたは違うわ。バトンは繋いだ。だからゴールまで迷わず全力で進みなさい。」

私は涙を袖で拭い立ち上がる。静香ちゃんの言葉で、私の胸の洪水はすべて推進力に変わった。
静香ちゃんはやっぱりすごいなあ。たぶん神様が奇跡を起こすとすれば彼女のような人の上に降り注ぐのだろう。
でも私も負けてはいられない。必ず杏奈ちゃんに会って、そして仲直りをするんだ。

私は携帯を耳に当てながら駆け出していた。




67: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:34:27.70 ID:tCiOWLnR0

8 ~クリスマス当日~

駅前から目抜き通りを進み、2つ目の狭い路地を左に進むと「シカゴ」という名の楽器店がある。切妻屋根の小さなその店はまるでそこだけ飛び出す絵本のようにビルが並ぶオフィス街の現実的な雰囲気には溶け込めずにいる。だがあたしたちは今回その路地を直進し、少し歩いたところにある街灯の下に陣取った。路上ライブをするためだ。だが――

翼「ねえねえ、ジュリアーノ、瑞希ちゃん。奈緒さんのラジオ聴いた?わたし、すっごく笑っちゃいました~」

瑞希「ええ、あれは面白かったです。」

ジュリア「おい」

あたしは声を掛ける

瑞希「ああん、奈緒さんといえば、最近彼女にこんな手品を見せる機会がありました。伊吹さん、トランプをパラパラっとめくるので、一枚覚えてください。いいですか、行きますよ?」

カードが音を立てては残像を残していく。

翼「は~い、覚えまし――」

瑞希「ダイヤの7ですね」

翼「ちょっと、瑞希さん!当たってますけど早いですよ~。もっと焦らさないと盛り上がりませんって」

瑞希「そうですか。奈緒さんに見せた時も言われましたが、すっかり失念していました。」

ジュリア「おい」
あたしはまた声を掛ける。聞こえてんのか?

翼「でもすごいですね、どうやるんですか?」

瑞希「これは親近効果、つまり。最後に見たものが印象に残りやすいという心理作用を利用して――」

ジュリア「おい、あたしらはマジックショーをやりにきたのか?」

路上ライブの準備を進めるあたしを尻目に、歓談モードに入った2人に流石に危機感を感じたあたしは真面目に止めにかかる




68: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:34:55.95 ID:tCiOWLnR0


翼「え!?マジックショーをやりにきたんですか、私たち!せっかく自転車で飛ばしてきたのにそれはないですよ~」

翼はむくれた顔で、両足スタンドで止めてある自転車を指さす。

ジュリア「それは、おまえがただ時間に遅れかけただけだろうが」

瑞希「いいですね、マジックショー。曲と曲の合間の準備時間で披露しましょう。道具は沢山持ってきてます」

そう言って、瑞希はどこからかロープや手錠、ステッキを取り出す。
もしかしてこいつは初めからマジックショーをやるつもりでここに来たんじゃないのか?
あたしは目を細めて瑞希を見る。おい、今お前は疑われているぞ。

瑞希「そういえば、伊吹さんはどうして今日路上ライブをやろうと思ったのですか?」

あたしの疑いなど露しらず、瑞希は翼に問いかけを行う。そうだ、あたしもそれが気になっていた。
翼は「ああ、そのことですか~」とすぐに口を開く。
翼「そ・れ・は、クリスマス商戦だからですよ」

ジュリア「ん?どういう意味だ、翼」

翼「ほら、見てくださいよ。今日はなんだか人の行き来が多くないですか?」

そう言って翼は片腕を広げる。見てください、すごいでしょうと

瑞希「ああ、確かに。人が多いですね、クリスマス商戦だからですかね」

ジュリア「書き入れ時ってやつか?」

翼「4人で沢山のお客さんの前で歌ったら、きっと楽しいって思ったんですけど、静香ちゃんに断られちゃいました」

ジュリア「静香?」

なんでここで静香の名前が出るんだ?

翼「も~海外では子供たちは教会で賛美歌を歌うなら、アイドルは路上ライブをすべきだって思いませんか?なのに静香ちゃんは、仕事で間に合わないからって断ったんですよ~!」

翼は小さな子供のように腕をぐるぐる回して抗議する。

ジュリア「いいじゃないか。アイドルなら仕事が本分だろ?」

翼「む~、じゃあジュリアーノたちはどうして今日路上ライブをやろうって思ったんですか~?」

ジュリア「それは……」



69: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:35:23.57 ID:tCiOWLnR0


あたしは言い淀む。あたしは目抜き通りを進んだ先にある例の共同ビルに目を遣る。最初に頭に思い浮かんだのはプロデューサーの謎をとくヒントがここにあるかもしれないという好奇心だというのは嘘じゃない。でもそれだけか?と言われるとそうではない。

『現実に戻してんじゃね~よ』 

ライブハウスで聞いたあの言葉が脳裏に浮かぶ。そして想起される全然盛り上がらなくなったステージ。もしあたしがステージにたってたならどうなっていただろう。何かを変えられたのかのだろうか。いや、もしかしたら何もできないのかもしれない。ただあの光景があたしの中でわだかまりとなっているのは確かだ。ただ翼になんと答えたものか――

瑞希「それはもちろん。ロックンロールを探すためです」

瑞希が端的に答える。
ああ、それだ。素晴らしい。単純でいいじゃないか。
翼は何のことだと、目をぱちくりさせている。

瑞希「伊吹さん、ロックンロールはどこにあるか知っていますか?私とジュリアさんはそれを探しているんです。」

瑞希は「私達はロックンロールの求道者なんです。」と誇らしげに宣言する。

翼「え、瑞希さんと、ジュリアーノって、弓道やってるんですか?でもそれなら、引ったくり犯が来てもイチコロですね!」
最近出るらしいんですけど、その時は頼みますね!と的外れなことを言う。

瑞希「伊吹さん、それは的外れです。弓道だけに。ふふっ」

瑞希が大爆笑し始める。
ああ、また収集がつかなくなった。

ジュリア「おい、そろそろ始めるぞ」

こうなったらもう始めちまった方がいい。こいつらが飽きちまう前に。
私は弦とフレットの間に挟んでいたピックを取り出した。




70: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:35:51.24 ID:tCiOWLnR0


9 ~クリスマス当日~

莉緒「このみ姉さん、遅いわ……せっかく良い席が取れたのに、プロデューサー君が来ちゃうじゃない」

私は居酒屋のガラス越しに例の共同ビルの入り口を見遣る。
ため息をつきながらグラスを口に運ぼうとしたとき、携帯に着信がある

このみ『ごめん、莉緒ちゃん。遅れちゃって』

莉緒「ああ、このみ姉さん。どうしたの?こっちは入り口を見張るためのとっておきの席と、尾行をすることになった時のための変装グッズも用意してきたわ。あとはこのみ姉さんだけよ」

このみ『あのね、莉緒ちゃん。もしかしたら今日はいけないかもしれないわ?』 

莉緒「え、そうなの!?でもなんで?」

このみ『今、百合子ちゃんの頼みで戦場にいるからよ。ごめん!この埋め合わせはまた今度!』

莉緒「あ、ちょっと!」

通話が切れる。

莉緒「……はあ、ついてないわね~」

ため息を吐き出しながら私は窓の外に再び目を遣る。
私ははっとさせられる
そこには共同ビルに入っていくプロデューサー君の姿があったからだ。
私は急いで隣に置いた買い物袋から安っぽい警察の衣装を取り出してトイレに向かった。



71: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:36:22.78 ID:tCiOWLnR0


10 ~クリスマス当日~

スポーツバラエティの収録が終わり、莉緒ちゃんとの待ち合わせをしている居酒屋に向かっている途中で百合子ちゃんから電話がかかってきた。『力を貸してください』と。ただ事ではないと思った私は、どこに向かえばいいかを聞いたところ『ゲームセンターです!』と返事が返ってきて最初は拍子抜けをした。
けど、会って百合子ちゃんから杏奈ちゃんの行動に対する静香ちゃんの推理を聞かされた時、助けてあげたい、と思った。実際何をさせられるかもわからないのに、だ。

このみ「なるほど、杏奈ちゃんの行動の裏にはそんな意図があったのね。それはわかったわ。でもなんで私をゲームセンターに呼んだの?」

百合子「それはですね……」

百合子ちゃんはどう伝えようか、どうすればわかりやすく伝わるかを思案し始める。

このみ「取り合えず、静香ちゃんと別れてからの百合子ちゃんの行動を時系列順に話してみてくれる?」

百合子「はい。まず杏奈ちゃんの携帯に電話を掛けたんです。でも電源を切っているみたいで繋がりませんでした。」

このみ「うん。携帯がないと電話もメールもできない。今の時代ってそこが不便なのかもね。それで次はどうしたの?」

百合子「杏奈ちゃんの家に電話を掛けたんです。ですがまだ戻ってきていないらしく、帰ってきたら連絡を入れてくれるようお願いをしました。」

このみ「ふむふむ」

百合子「次に事務所に電話を掛けたんです。でも事務所も杏奈ちゃんの家と同じ状況でした」

このみ「行方不明ってやつね」

百合子「そこで今度は杏奈ちゃんの好きな場所を探してみることにしたんです。杏奈ちゃん、最近古いゲームにはまっているんですが、実はその筐体が置いてあるのは都内に2か所しかないんですよ」

このみ「そのうちの一つがここってことね?」

そういえば、今日百合子ちゃんと電話でそんな話をしたわね。

百合子「はい。でもここにも杏奈ちゃんはいませんでした。だからもう一か所の場所をネットで調べてみたんですが、検索にヒットはありません。杏奈ちゃん言っていましたそこは杏奈ちゃんにとっての『秘密基地』だって。それはそういう意味だったんですね」

このみ「なかなかうまくいかないものね。でも話の流れからして、次に百合子ちゃんが考えたのがこの『カゲキ王』このみ姉さんの手を借りるってことね?でも私、セクシーしか貸せないわよ?それが今必要なの?」

そう、そこが問題だ。杏奈ちゃんと連絡を取る手段なんていかに私がセクシーでも流石に無理だ

百合子「いえ、借りるのはセクシーじゃありません。このみさんからお借りしたいのは、ゲームの腕前なんです。」

このみ「え?ゲームの腕前?」

百合子「そうです。」

駄目だ、説明を求めたのにどうしてそうなるのか私には全くわからなかった。



72: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:36:55.24 ID:tCiOWLnR0


11

収録を終え、局から出ると泣いている奈緒さんを見つけた。

奈緒「うわ~ん!酷過ぎる、無情かこの世は!」

「なんてこった~!」と大声で喚き散らす奈緒さんに、私は気付かないふりをしてタクシーを捕まえる

奈緒「あ、静香!なんか元気ないけど、どないしたん?」

またか、と私は思う。
私が捕まえたタクシーに、図々しくも奈緒さんは乗り込み、「おっちゃん!シカゴって楽器屋知ってます?そこまでお願いしますね~」
勝手に行先まで決めてしまう。

静香「あの、奈緒さん?どうして泣いているんですか?なんで楽器屋に行くんですか?私、もう帰ろうかと思っていたんですけど?」

ツッコミどころが多すぎて、つい矢継ぎ早になってしまうが、それは奈緒さんが悪い

奈緒「聞いてくれや静香!律子さんったら酷いんや!さっき、電話でな、私のラジオが律子さんのパクリだとか、真面目に仕事しろとかなんとか兎に角でかい声でまくしたててきたんやで!私の言い分も聞いてくれって感じですわ!」

だからそれはこっちのセリフだ。
でも、律子さんに怒られてそれで泣いていたのか。あれは仰天同地だ。無理もない


静香「……はあ、何かやったんですか奈緒さん?それに言い分って?」


奈緒「ああ、私のラジオコーナーをな、野球解説から人生相談室に変えたんですよ。そしたら律子さんが『お悩み相談室』のパクリだって言い張るんや。ぜんっぜん違うってのに」

それは……

静香「それは、奈緒さんが悪いと思います」

だが私の話のことばなど聞こえていないのか奈緒さんは続ける

奈緒「それでな、私のお悩み相談室なんやけど手紙を引き当てる時に、口でドラムロールを言うんやけど、なんか寂しくてな、楽器店でなんか見繕うかって思ったんや。どや、わたし、天才やろ?」

静香「……ええ、天災です。台風とかの悪い方の」

そうこうしているうちに、楽器屋「シカゴ」に到着する。
奈緒「おっちゃん、ありがとな!」
タクシーから降り立つときにはすっかり奈緒さんは泣き止んでいた

切妻屋根にガラス張りのショーウィンドウ、入り口には「ピアノの調律やってます」の張り紙がある。

奈緒「ああ、だからシカゴなんやな?」




73: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:37:28.46 ID:tCiOWLnR0


静香「え、どういうことですか?」
私の家にもピアノがあって、実はこの店のお世話になっている。でもこの店の名前に意味があろうとは考えもしなかった

『ブラボー!!』『これはすごいマジックだ!!』
拍手と歓声の波が私の耳朶を刺激する。どこか近くでマジックショーでもやっているのだろうか

奈緒「シカゴには何人のピアノ調律師がいるでしょうっていうフェルミ推定の有名な問題があんねん。」

静香「フェルミ推定?」
聞いたことあるような、ないような。でも奈緒さんからそんな単語が飛び出すのが意外だった。

奈緒「だいたい10世帯に1台ピアノを保有しているとか、一日8時間の勤務時間のうち、だいたい3台ぐらい調律するとか、ピアノを1年間に調律する回数は1回程度だろうとか、身近な知識で正解に近い数字を推定する方法やな。まあ全部最近瑞希から教えてもらったんやけどな」

静香「ああ、なるほど。この店名はその問題にかけているんですね」

奈緒「そういうこと、ほな入るで!」

奈緒さんが勢いよく扉を開く

店員「いらっしゃいませ。ああ、最上さん。いつもお世話になっております。今年はもう3回ですかな?」

いきなり訳の分からないことを店員さんから言われる。
3回?なんのことだろう。ピアノの調律だろうか?でもそれは1年に一回程度で済むはずだし、私も最近ピアノを弾けてはいないから調律の頻度が増えることもないだろう。
とりあえずどうも、と頭をさげる

奈緒「店員さん!楽器、いろいろ触ってもええか?」

奈緒さんは目を輝かせながら陳列された打楽器群を指さす
私も見まわしてみる。グランドピアノに電子ピアノ、スピーカー、ギターにベース楽譜、音楽雑誌まで扱っている。
店員「ええ、もちろんです。うちはショーウィンドウに防音ガラスを採用していますからね。最上さんも良かったらどうぞ。ピアノもございますよ」

ああ、そういえば店内に入ってからマジックショーの歓声や拍手が聞こえなくなった。

奈緒「確かに強そうなガラスやな~」

店員「ええ、まあ石でもぶつけられない限りは割れませんよ。では、私は奥の部屋に控えておりますので、決まりましたらお呼びください。」

そう言って、店員は奥へと下がっていく。それを見計らってか

奈緒「ほな、物色開始や!」

奈緒さんは高らかに冷やかし宣言をする。聞かれていないか心配だ。
奈緒さんの物色タイムが始まった。

奈緒「おお~静香、見てや私のこのスティックさばき!アイドルにしておくには勿体ないやろ!」

奈緒「静香!この雑誌、私らの歌が楽譜になっとるで!これは買いやな!静香が!」

私はそんな奈緒さんをスルーしてグランドピアノの前の椅子に腰かける。
ここまでせっかく来たんだ。私も何か弾こうかな



74: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:38:02.75 ID:tCiOWLnR0


何の気なしに私は「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を演奏する
店内にミュージックが広がる。

父に初めて聞かせた時からだいぶ年月が立った。私の腕前もあのことと比べると大分上達したのかもしれない。だが私の技術が変化したように、父も年月を経て変わってしまった。大人にはいろいろある。と要約するのは簡単だが、人の人生は要約できない。だからこそ互いを知る努力が必要なのかもしれないが、議論が平行線のまま進んでいないのが私と父の現状だった。

奈緒「おお、これ聞いたことあるわ。なんて曲なん?」

静香「アイネ・クライネ・ナハトムジークです。意味は『ある小さな夜の曲』で、モーツァルトが作曲しました。モーツァルトはロックンロールの元を作ったともいわれているんですよ」

奈緒「へ~あのモーツァルトさんがロックをなあ~。今度ラジオで私の雑学として使ったろ。博識奈緒ちゃんや」

またパクるのか。と私は心の中でツッコミを入れる。

静香「そういえば奈緒さん、まだ人生相談室を続けるんですか?律子さんに怒られたのに」

奈緒「うん。迷ったんやけど続けることにしたわ。私にはわからんのやけど、どうも私が律子さんの二番煎じをしてるっていう見方が世間的にはあるらしい。」

静香「ならどうして?」




75: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:38:29.77 ID:tCiOWLnR0


奈緒「でもな、そんな私のところにもどこかの誰かさんが相談の手紙を送ってくれたんですよ。いや、その子、友達の名前は匿名にしてたんだけど下の名前はたぶん、本名でそのまま書いてて……いや、まあいいわ。とにかく友達を元気づけたいって気持ちがありありと伝わる心のこもった手紙が来たんですよ。心がこもり過ぎて番組に使うには気が引けてしまうほどな。」

そういう奈緒さんも言葉を丁寧に選ぼうとしているのが伝わってくる。

静香「奈緒さん、信頼されてますね。その人に」

奈緒「うん。律子さんじゃなくて私を選んでくれたのが嬉しくてな~。どうやら私も少しは必要にされているみたいやってね。柄にもなく真剣に悩んだわ。なんで律子さんじゃなくて私なんだろうって。でも真剣に考えて初めて私らしい答えを返すことができたんや。その時思ったんです。私にもやる意味があるのかもなって」

ふざけているように見えて奈緒さんは見えないところで真剣に考えている。
自分の見えないところで、人が人のために何をできるのか考え行動している。見えないだけでそこには人の温かさが存在する。自分にその恩恵がなくても、その事実だけで私はなんだか嬉しくなった。

静香「きっと、その子の友達は元気になりますよ。」

私は無責任だと思いつつも自分の信じたい言葉を奈緒さんに投げかける

奈緒「そうかな。だとええけどな」
奈緒さんは照れ臭そうに笑った。




76: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:39:00.30 ID:tCiOWLnR0


12 ~クリスマス当日~

未来「あ~材料を揃えてたらすっかり遅くなっちゃたよ~」

私は貴音さんの言葉を思い出す。

貴音『図面は私が制作いたします。ですから未来は材料を揃えてください』

ついに手紙に返答があった。
静香ちゃんの悩みの原因がわかるかもしれない。そう思い期待を込めて封を開けるとそこに書いてあったのは……
ギャグだった。

未来『貴音さん、これギャグが書いてあるんですけど……』

貴音『落ち込んではいけません未来。大事なのは静香に元気を取り戻すこと。そうでしょう?』

未来『そうですけど……』

貴音『ある喜劇王はこう言いました。“無駄な一日、それは笑いのない日だ”と。それに律子ならきっと深い考えがあるはずです。用意しましょう、このギャグを成立させるための仕掛けを』

「貴音さん、もしかしてやけになってないませんか?」と思いつつも、私はそこに書いてあるギャグが気に入っていた。それは前向きになれるものだった。

私が今手に持っている乙女ストームでお揃いにしたピンクのマザーズバッグ。その表面にはGoing My Wayのロゴが書いてあり、そして中には笑いの仕掛けが詰まっている。
まるでゴーサインが出ているみたいで、希望が持てる。
気分が良くなった私はバッグを持った手を振り子のように大きく動かしながら道を歩く。
だが大きく振り過ぎたのだろうか。気付いた時には私の手からバッグがなくなっていた。

それが引ったくりに盗られたと気付いたのは、私の前を黒い服を着た男が、全然その服に不釣り合いなピンク色のバッグを持って全力で走りだし、角を曲がり切ってからだった。

未来「ああーーーー!!泥棒――!!」

私は数秒遅れのスタートを切る。
待って!その中にはあなたにとって良いものは入っていないけど、私の友達にとって必要なものが入っているんです!
そう伝えたいが急な運動に肺も心臓も対応に追われ、声に力を回す余裕がない。
急いで最初の角を曲がり、引ったくりを探す。
いた!
暗い夜道でもピンクのバッグはよく目立つ。それが幸いした
私は小さくなっていく男の背中を懸命に追いかけた。





77: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:39:26.93 ID:tCiOWLnR0


13 ~クリスマス当日~

クレーンには長方形の箱が引っ掛かっている。
その中にはウサギ型の目覚まし時計が入っている。
ホールまでもうすぐそこというところまで来ている。あとは上手く傾いてくれれば……ほら!ガコンという板が抜けるような音をたてて、景品が取り出し口まで落ちてくる。

杏奈「やった……ついにゲット。写真を撮って百合子さんに……あ」

そうだ。今は携帯の電源を切っているのだった。
百合子さんに酷いことをしてしまった。本当はもっと前向きな気持ちになるはずだったのに、杏奈はやり方を間違えた。その裏にどんな気持ちがあろうと関係ない。私は百合子さんを傷つけてしまった。一番の親友を。

杏奈「明日また百合子さんに謝ろう……謝ってもう一度仲直りをしなくちゃ」

『出来ることなら今すぐにでも百合子さんに連絡を取るべきだよ。勇気を出して』
私の中の目指すべき理想的なアイドルの部分がそう声を掛ける。
本当に勇気が必要なのは百合子さんではなくて杏奈なんだ。なのに私は何をやっているんだろう。

ゲットした目覚まし時計を箱から取り出す。
この時計には録音機能があり、録音した音で朝目覚めることができる。
私はアラームの時間をセットし、さらに私の好きな言葉を録音して杏奈のピンク色のマザーズバッグにしまい込む。
この時間が来て、あの言葉を聞いたら、携帯の電源を入れて百合子さんに連絡をしよう。
これがなかなか勇気が出ない私の策だった。




78: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:40:05.27 ID:tCiOWLnR0


暗い気持ちから逃げるように私は最近熱中している古い筐体へと移動する。

『何をやっているの?ゲームに逃げちゃダメだよ、今するべきことはなに?』

また目指すべき理想的な自分がダメな杏奈に声を掛ける。コインを入れようとした手が止まる。
逃げちゃダメだけど、怖い。
そのせめぎあいで私は筐体の前から動き出せずにいた。

ある変化に気付いたのはその時だ。

ゲームのデモが終わり、ランキングの一覧が流れてくるのをただ文字ではなく図として目が捉えていた時、そこにはいつもと違う変化があった。

杏奈「杏奈の名前が10位だけになってる!?」

いったいどういうことだ?
私はレバーとボタンを操作しランキング画面を引っ張り出す。

杏奈「やっぱり!杏奈の名前が10位だ。でもなんで?競技人口はもうほとんどいないはずじゃ……あ!」

私は次の異変に気付いた。

1位から9位までの名前は、もはや名前といえるものではなく。なんというか途切れ途切れという印象を杏奈は受けた。ランキングに乗る名前は漢字を含めて5文字まで。だがそこにあるのは5文字に収まらないものをお構いなしに入力しているような……あ、もしかして!私は試しに1から9位までの名前を繋げて読んでみる。
私の予想はぴたりと的中した。1から9位までを繋げると一つの文章になる仕掛けがそこには存在したのだ。




79: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:40:51.64 ID:tCiOWLnR0


14 ~クリスマス当日~


百合子「これを見てください」

私は、例の古い筐体を指さす。
ランキング表示が杏奈ちゃんの名前で埋め尽くされているものだ。

百合子「このみさん、確かこのゲームに関してはプロ級の腕前って言ってましたよね?」

このみ「まあね。このゲームのランキングは1年ごとにまっさらな状態に戻されるんだけど、昔は競争が激しいなか常に1位をキープしてきた女よ私は」

このみさんは胸を張って答える。

百合子「このゲームの売りは『全国のプレイヤーと腕前を競う』ことでした。そこでこのみさんにお願いがあります。この杏奈ちゃんのランキングを塗り替えてくれまえせんか?名前の入力欄にメッセージを書きたいんです。」

私はこのみさんの目をまっすぐ捉えてお願いをする

このみ「なるほどランキングを使ったメッセージか。なかなか面白い考えね、百合子ちゃん。でも杏奈ちゃんはその秘密基地にいると思う?」

百合子「それは、わかりません。もしかしたら無意味に終わるかもしれません。けど私、杏奈ちゃんに今日会いたいんです。あってちゃんと話をしないといけないんです。その可能性があるなら諦めたくないんです。でもこれは決して強制ではありません。勝手な願いだってわかっています。ご迷惑でしたら断っていただいて構いません」

このみさんは私の話を黙って聞いていてくれる

百合子「ただ、もし断るのならせめてこのゲームのコツだけでも教えてください。私が、なんとかしてみせますから!」

また私は頭を下げる。
最近謝ってばかりだ。
けど私は今できることを精一杯やるしかないんだ。たとえ無様であっても

このみ「百合子ちゃん、いい顔してるわ。きっと杏奈ちゃんと静香ちゃんのおかげね。」

私の頭に杏奈ちゃんと静香ちゃんの顔が浮かぶ。「がんばれ」と励ましてもらえたような気がした。

百合子「はい。2人のおかげです。だから諦めるわけにはいきません」

このみ「じゃあ、私も助太刀したら尚更諦められなくなるわね。百合子ちゃん、これ両替してきて」

そう言って、このみさんは私に1万円札を差し出す。
私は驚きで思わずこのみさんの顔を覗き込むように見てしまう。

このみ「私もブランクがあるからね。念には念を入れて1万円よ!誤解しないでね、決して自信がないわけじゃないんだからね!」

百合子「このみさん、ありがとうございます!」

このみ「百合子ちゃん、私のセクシープレーをよ~く見ておくこと。いいわね?」

百合子「はい!」

私は両替機へ駆け出す。
戦いはまだ始まってはいない。でも胸に広がる暖かさが、私には希望のように感じられた。




80: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:41:21.05 ID:tCiOWLnR0


……

このみさんの記憶は鮮明だった。

このみ「ここがポイントよ、百合子ちゃん。あえて穴に落ちるの。そこがゴール手前までのワープポイントになっているの。」

百合子「はい!」

私はメモを取る。

このみ「この障害物はショットを数発当てれば壊せるわ。そうしたらボーナスポイントが大量に入るから、ランキングに食い込むなら忘れては駄目よ」

百合子「わかりました!」

次々と攻略ポイントや当時の人しか知らない裏技を伝授してくれると同時に、着実に得点を稼いでいった。そして――

このみ「よし!ついにランキングの1位に食い込んだわ!百合子ちゃん、言葉は何を打ち込む?」

百合子「流石ですこのみさん!」

すごい、と素直に私は感心してしまう。
腕前だけなら杏奈ちゃんに分があるのかもしれない。でも豊富な知識と経験のおかげで総合力で杏奈ちゃんを確実に上回っている。

このみ「え~と、流石ですこのみさ――」

百合子「ち、違います!このノートを見てください!」

私は事前に考えたメッセージをノートに書きこんでいた

このみ「じょ、冗談よ。怒らないで、百合子ちゃん。でも、この文章、変わってるわね。何か特別な意味があるの?」

百合子「はい。短い文章ですが、私と杏奈ちゃんには特別な意味があるんです。これならきっと私の気持ちが伝わると信じています。」

このみ「わかった。お姉さん信じるわ」

ランクインを果たしたら、また最初からやり直しだ。
だがこのみさんは「一位を取ってしまえばこっちのものよ」とばかりに2位、3位とひとつずつ意図的に順位を落としていく。
ランキング表が少しずつ私のメッセージで埋まっていく……そして

このみ「よし、あと一回だけクリアすればこれでメッセージが完成ね!」

ついに、ここまで来た。私は勝利の女神に最大限の賛辞を贈る

百合子「このみさん、本当にありがとうございました!このみさんがいなかったらこの作戦は――」




81: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:41:49.74 ID:tCiOWLnR0


店員「こら~君は小学生だろう!19時以降の入店は保護者同伴でもお断りだよ!」

私の感謝は途中で遮られる。店員の声によって

このみ「あらあら、違うわよ、店員さん。百合子ちゃんは中学生よ」

百合子「あ、いえ、このみさん。私じゃなくておそらく……」

そういえば入り口に確かに「19時以降、小学生以下は保護者同伴でも入店をお断りしています」の張り紙があった。収録に向かうときに目にしたんだった

店員「違う。君だよ君!今ゲームをしている君!」

このみ「え、もしかして私!?このアダルトレディの私が小学生!?」

店員「君以外に誰がいるっていうの!」

このみ「あなたの目は節穴?どこからどう見たって私は大の大人じゃない!免許書もあるわよ!」

店員「わかった、わかった。取り合えず君のお母さんはどこにいるの?」

このみ「そんなの実家よ!」

店員「こら!一休さんをやっているんじゃないんだよ!そんなに聞き分けが悪いと警察を呼ぶんだからね!」

このみ「呼べるものなら呼んでみなさい!公開するのはあなたよ!自分の節穴を呪うことね」

店員「なに~、君!奥のスタッフルームに来なさい!お~い、警備員さん、お願いしま~す」

このみさんは集まってきた警備員に連行されていく。
じたばたともがいて見せるが、多勢に無勢だ。
このみ「百合子ちゃん!私はここまでよ。でも決して諦めないで!バトンは繋いだ!だから最後まで走りぬくのよ。お姉さんと約束だからね!」
このみさんは最後まで私に何かを残そうとする。

店員「君!静かにしなさい!本当に警察を呼ぶよ!嘘じゃないぞ」

このみ「だから呼べって言ってるでしょうが!」

店員「あ~!いいのかそんな態度で!もうあと一回しかチャンスをあげないぞ。次はもうないからな!」

バトンは繋いだ。静香ちゃんにも同じことを言われた気がする。
私は一人残された。だがそれは皆が諦めずにバトンを繋いでくれたおかげでアンカーまでたどり着いたということだ。だから私は決して諦めない。

百合子「やってみせるからね」

このみさんに教えられた攻略ポイントをまとめたノートを開く。
やるしかない。やるしか。
決着はいつだって自分でつけるしかないのだから




82: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:42:52.91 ID:tCiOWLnR0


店員「こら~君は小学生だろう!19時以降の入店は保護者同伴でもお断りだよ!」

私の感謝は途中で遮られる。店員の声によって

このみ「あらあら、違うわよ、店員さん。百合子ちゃんは中学生よ」

百合子「あ、いえ、このみさん。私じゃなくておそらく……」

そういえば入り口に確かに「19時以降、小学生以下は保護者同伴でも入店をお断りしています」の張り紙があった。収録に向かうときに目にしたんだった

店員「違う。君だよ君!今ゲームをしている君!」

このみ「え、もしかして私!?このアダルトレディの私が小学生!?」

店員「君以外に誰がいるっていうの!」

このみ「あなたの目は節穴?どこからどう見たって私は大の大人じゃない!免許書もあるわよ!」

店員「わかった、わかった。取り合えず君のお母さんはどこにいるの?」

このみ「そんなの実家よ!」

店員「こら!一休さんをやっているんじゃないんだよ!そんなに聞き分けが悪いと警察を呼ぶんだからね!」

このみ「呼べるものなら呼んでみなさい!公開するのはあなたよ!自分の節穴を呪うことね」

店員「なに~、君!奥のスタッフルームに来なさい!お~い、警備員さん、お願いしま~す」

このみさんは集まってきた警備員に連行されていく。
じたばたともがいて見せるが、多勢に無勢だ。
このみ「百合子ちゃん!私はここまでよ。でも決して諦めないで!バトンは繋いだ!だから最後まで走りぬくのよ。お姉さんと約束だからね!」
このみさんは最後まで私に何かを残そうとする。

店員「君!静かにしなさい!本当に警察を呼ぶよ!嘘じゃないぞ」

このみ「だから呼べって言ってるでしょうが!」

店員「あ~!いいのかそんな態度で!もうあと一回しかチャンスをあげないぞ。次はもうないからな!」

バトンは繋いだ。静香ちゃんにも同じことを言われた気がする。
私は一人残された。だがそれは皆が諦めずにバトンを繋いでくれたおかげでアンカーまでたどり着いたということだ。だから私は決して諦めない。

百合子「やってみせるからね」

このみさんに教えられた攻略ポイントをまとめたノートを開く。
やるしかない。やるしか。
決着はいつだって自分でつけるしかないのだから




83: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:43:33.15 ID:tCiOWLnR0


15 ~クリスマス当日~


杏奈「あなたがく・れた勇気を・また私がな・くさないよ・うにそばで・持ってい・てくださ・い。……・いい加減に」

これって、どこかで聞いたことのあるセリフだ。どこだったけ?
私は記憶をたどってみる。真っ先に浮かんだのは百合子さんの顔だった。この文章は漫画や小説のセリフそのものって感じがする。だとしたら百合子さんだ。
ということはこのランキングは百合子さんの仕業なの?いや、百合子さんは杏奈を短時間で上回るほどこのゲームには通じていない。
ということは……あ、このみさんだ!確かこのみさんはこのゲームが得意だって話を百合子さんから聞いた。百合子さんが文章を考えてこのみさんが反映させているんだ。でも、なんのために?それに、10位がなかなか切り替わらないのはどうして?このみさんに何かあったの?

私はランキングページの更新を行う。10位は『杏奈』のままだ。もしかしたら10位を含めて一つの文章が成立するのかもしれない。
もう一度最初から文章を読み直してみる。

杏奈「だめ……表現が婉曲的過ぎてよくわからない。それに最後の『いい加減に』って、その後に続く言葉はどう考えても『いい加減に・しろ』だよね……でもどこかで」

どこかでそんな話をした。確か百合子さんがこのセリフが好きだと言って、私が婉曲的過ぎてわからないって答えたんだ。
少しずつ記憶の扉が開いていく。

そうだ、百合子さんは言っていた!これは主人公と幼馴染が再会した時のセリフだって。
そっか!百合子さんの書いた小説のセリフだ!
でもだとすると一つ疑問がある。確か百合子さんの小説には『いい加減にしろ』なんていうシーンはなかった。もしかして百合子さんはセリフの修正している?なんのために?
百合子さんの言葉が頭に浮かぶ。



84: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:44:16.82 ID:tCiOWLnR0


百合子『うぅ、そこは好みの違いか~でもセリフを少し修正するよ。本当に大切な気持ちは伝わらないと意味がないからね。』

本当に大切な気持ちは伝わらないと意味がない。百合子さんの物語では主人公のセリフはちゃんと幼馴染に意味が通じていた。でもそれをわざわざ変える意味……
もしかして……
私はランキングに更新をかける。何度も何度も、
もしかして、もしかして百合子さんが言いたいことって……!
私は願いを込めてまた更新をかける。
外面右上にランキングが更新されましたとお知らせが出現する。
私はランキング10位の名前を不安と期待につつまれながら見つめる
そこに書いてあったのは

『戻ってきて』

だ。『いい加減に戻ってきて』

『杏奈が幼馴染だったら、あのとき主人公に言ってほしかったのは“いい加減に、戻ってきて!”って素直な気持ちかもしれません。』

百合子さんに言った言葉を思い出した。
これは百合子さんが杏奈に宛てた仲直りの手紙なんだ。
どうしてすぐに気づかなかったんだろう。
胸からあふれるようにこみ上げる涙を杏奈は抑えきれなかった。
会いたい、百合子さんに会いたい。

『なら百合子さんのもとに戻ったら?』

私の目指すべき理想的なアイドルが私に囁く。
気付けばマザーズバッグをもって、店外に飛び出していた。そうだ、そうすればよかったんだ。百合子さんに会いたい。素直な気持ちに従うんだ。街灯に照らされた夜道を杏奈は疾走する。
だが勢い余って、曲がり角で黒い服を着て、ピンクのバッグをもって飛び出してきた男の人とぶつかってしまった。突然のことでお互いバッグをおとしてしまう。

男「っち!あぶねえだろ!」

杏奈「す、すいません」

お互いに落としたバッグを拾って、反対方向に駆け出していく。
なぜだろうバッグの重さを全然感じない。律子さんの言ったように、ダンベルを持ち歩いた成果だろうか。気持ちが軽いからだろうか。
ポケットから携帯を取り出して、百合子さんに掛ける。
私の勇気を呼び覚ます目覚まし時計の力は、今の杏奈には必要がなくなっていた。




85: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:45:40.46 ID:tCiOWLnR0

16 ~クリスマス当日~

やっとまいたか。
後ろを振り返ってみるが、俺を追いかけるような奴の気配はない。

今回狙ったやつは中学生ぐらいだったが、なかなか体力があるな。本当にしつこかった。
男は全力疾走を解除し、1割ずつ段階を踏んでスピードを解除していく。そして徐々に荒ぶる息を整えながら、本日の獲物であるピンクのマザーズバッグの口を開く。

いや、駄目だ、まだ中身を確認していい時じゃない。安全を確保してからだ。男は好奇心をぐっとこらえる。
周りを見渡す。前には娯楽で走っているようなランナーが1人ゆっくり走っている。が、そいつだけだ。今の俺のクールダウンのペースだと簡単に抜かしてしまうだろう。
ここで立ち止まって中身を確認できればいいが、それは出来ない。なぜなら引ったくりとは体が資本の仕事だからだ。ここで立ち止まって体に負担を掛けるぐらいなら追い越しちまってからどっかで確認した方がいいか。
男は全力疾走の7割程度のスピードで前のランナーを軽く抜かす。

さて、どこで獲物の確認をするか。男は次の思考に移ろうとする。しかしその思考はすぐに中断される。短い間隔で鳴り響く足跡が男の耳朶を打ったからだ。

後ろを振り返る。
さっきの娯楽ランナーだ!
よく見るとそいつはオレンジのパーカーに「本日の主役」というタスキをつけた小さな女の子だった。そいつが俺を必死に追いかけてきている!

くそ、まさか俺が引ったくりだってことがばれたのか?十分にあり得る。なぜなら大の大人が黒い服に女物のピンクのマザーズバッグを持ち歩いているんだから。
アクセルを力強く踏むように男は強く地面をける。すなわち全力疾走を開始した。
数十秒間。それを持続する。既に一仕事を終えた男の足ではそれが限界だった。だが男には自分の脚に対する信頼がある。だから引ったくりなんて仕事をやっている。数十秒あればかなりの速さで、それなりの距離を進める。そうすれば、娯楽ランナーなんて軽く引き剥がせる。持続可能時間が終了し、男の脚は全力疾走を終了する。さあ、どうだ?
男は後ろを振り返る。

いた。オレンジ色のパーカーを着た女の子が男の全力疾走前と同じ距離を保ったまま、ついてきていた。
嘘だろ?まさか俺はこんな形で終了なのか?
女の子のペースは変わらない。そして男のペースはどんどん落ちていく。

まずい、どんどん距離が縮まっていく。
「本日の主役」とかそんな訳の分からないタスキを付けた不審者に俺の引ったくり人生の幕引きを宣言されんのか?
 そうこう考えているうちに男と女の子との距離は目と鼻の先になる。
万事休すか?そう思った時だった

可奈「猪突猛進、もうもうし~ん。また可奈の勝ちかな~♪志保ちゃんに勝利の報告~♪」

女の子は妙な歌を歌いながら男の横を素通りしていった。なんだ、なんなんだ?
男は自分の目の前を走る女の子の背中を目で追っていた。
女の子は携帯を取り出して、走りながら「また勝ったよ~」と志保ちゃんとやらに報告している。次の瞬間。女の子は派手に道の真ん中ですっころんだ。

チャンスだ。と男は思った。とっととこいつを引き離してどこか安全な場所へ行かなければ。
男はなるべく倒れている女の子を見ないように、その女の子の隣を走り抜ける。
だが、何かが脚に引っ掛かり男も派手に転んだ。その際手に持っていた盗品のバッグを盛大に前方に向かって遠心力のままに放ってしまう。口の開いていたバッグから何かが飛び出すのを目撃する。あれは、ダンベル?2秒後、派手な音を立ててガラスが割れる音がした。
まずい!男はすぐに立ち上がり、ガラスの割れた切妻屋根の絵本に出てくるような建物に侵入し、バッグを確保する。そして周りを顧みることなく脱出と逃走を開始した。もう足のことなど気にする余裕は男にはない。

志保『可奈、ちょっと大丈夫?なんかすごい音が聞こえたけど……』
携帯から志保ちゃんの心配する声が聞こえる。

可奈「だ、大丈夫だよ~。全然平気だし、全く可奈は無関係かな~♪」

可奈は咄嗟に嘘をついた。

志保『本当に?嘘をついて――』

可奈「それじゃ、志保ちゃん!私はランニングに戻るから!またね!」
通話を切り、せかせかとランニングを再開する。
だが少し違和感を覚える……なんだろう……

可奈「あ!『本日の主役』のタスキがない!」






86: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:46:20.62 ID:tCiOWLnR0

17 ~クリスマス当日~

百瀬莉緒は辛抱強く居酒屋からの監視を続けていた。
警察のコスプレ衣装に着替えてからもなかなかプロデューサーが共同ビルから出てくることはなかった。流石に恥ずかしくなったのか、莉緒は室内であるにも関わらずコートを羽織っている。
だが、なかなか警察も大変な仕事よね、などと酒を飲みながら考えていた、そのときようやく忍耐の成果が表れる時が来た!
共同ビルの入り口から見知った人影が出てきた、あれはプロデューサー君?しかし影は1つではない。もう1つある。まったく私の知らない人だ。

「入った時には1人、でも出てくるときには2人。これなあに?」

といったなぞなぞを出されているような気分になる。
けどそうも言ってはいられない。2人が移動を開始したからだ。私は素早くカードで会計をして2人の後を見失わないように、でもばれないように。そんな絶妙な距離感を図りながら後をつける。だが素人の尾行が上手くいくはずなどなく、2人が人ごみに紛れた時、いともたやすく見失ってしまった。

 でも一つ面白いものを見つけた。いや、聞こえたという方が正しい。2人の会話ではない。ミュージックだ。それと普段私が765プロのアイドルとして耳に馴染んだ声。翼ちゃん、ジュリアちゃん、瑞希ちゃんの3人の歌声だ。彼女たちは路上ライブをしているのだ。この人だかりも彼女たちが作り上げたものだろう。人ごみの中を慎重に目を凝らすとプロデューサー君の姿があった。誰かと会話をしている。問い詰めようと思ったが、やめることにした。
軽快で花火が弾けるようなミュージックが私の心を震わせる。そうよね。この音楽を前に理由を問うなんて無粋よね。
 気付けば私は、3人が奏でるメロディーに夢中になっていた。



87: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:46:47.30 ID:tCiOWLnR0


18 ~クリスマス当日~

未来「うぅ……完全に引ったくりを見失っちゃったよ~」

途中まではなんとか距離を保ててはいたが、路地が入り組んでいる区画に逃げ込まれた時点で形勢は引ったくり犯に完全に傾いてしまった。

未来「警察に連絡したいけど、財布も携帯もバッグの中だし……」

未来は途方に暮れてただ歩き回っていた。
空には冬の大三角が瞬いている。冬の夜道を当てもなく歩き回る心細さを氷解するにはあまりにもか細い都会の星の光だ。
静香ちゃんももしかして心細く思っていたのかな、と未来は思った。
あれ?どこかからか歌が聞こえてくる。
昔の人が星を頼りに夜道を進んだように、未来はその歌に引き寄せられるようにそこへ向けて歩き出した。




88: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:47:30.14 ID:tCiOWLnR0


19 ~クリスマス当日~

「クリスマス商戦ですよ、クリスマス商戦!」
翼が言っていた言葉をあたしは思い出す。路上ライブなんて今まで何回もしてきたが、今回は観客の集まりが群を抜いている。
街灯の光の下と、翼のアイデアで自転車のライトも追加された街の何もないステージでスタートの合図もなしに始めた路上ライブだったが、マルチ商法でもやってんのかってぐらいに瞬く間に観客の姿が他の観客を呼びよせ、賑わいを見せていた。
クリスマスは外国の文化だからか、教会の賛美歌よりもわかりやすいミュージックをここでは求めているのかもしれない。
 隣でマイクを握る瑞希に目を向ける。まさか本当に幕間にマジックショーを始めるとは思わなかった。でもそれはそれでよかったのかもしれない。客と翼には大うけだったからだ。
 あたしは演奏をしながら思った。今日は良いライブだ。まるで主役になったようないい気分がする。

しかし異変が起きた。

まずはパトカーのサイレンが聞こえる。
 なんだ?どっかで事件でも起きたのか?と思った。方向的にはゲームセンターがある方だが……

「なんだお前!いきなり来て割り込んでくんじゃねえよ!」
「黙れ、押すんじゃねえ!」

パトカーの音の後に、誰かが観客の集団の中に飛び込んできたらしい。あたしらを囲むように集っていた観客たちの層が怒声とともに乱れ始める。そして――

あたしたちの目の前に黒い服を着て、そんな姿に不釣り合いな女物のピンク色に
「Going My Way」のロゴが入ったバッグを持った男が飛び出して来た。さらにそいつの脚を、「本日の主役」と書かれたタスキがだらしなく、くぐっている。

突然の出来事にあたしは思わず演奏を止め
ジュリア「本日の主役はあたしらだろうが……」
と的外れなことを口にしてしまう。



89: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:47:57.75 ID:tCiOWLnR0


「あ!あれ、私のバッグ!!」

観客からどこかで聞いたことのある声が気になる事を言った。
男ははっとしたように急にうろたえだす

翼「ジュリアーノ、もしかしてこの人って……!」

ああ、言わずとも分かる。この男はパトカーの音を聞いて客の集団に突っ込んできた。隠れるように。そして被害者らしき人の声だ。こいつの正体は――

「引ったくりじゃないですか!?」と翼が声を上げると同時にあたしと男は動き出す。
一方は逃げ出すように、そしてもう一方はそれを引き留めるように肩に手を掛ける。

ジュリア「待てよ、お前――」

だが、その手は引き剥がされる。

ジュリア「っ!?」

男はあたしの腹をめがけて蹴りを入れてきたからだ。だがその位置には首からぶら下がったあたしのギターがあった。吹き飛ばされたあたしは尻もちをつく。

瑞希「ジュリアさん!」

男は蹴りから体制を立て直し、逃走に移ろうとする。
ジュリア「ま、待て――」
駄目だ、逃げられちまう!そう思った刹那――



90: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:48:32.80 ID:tCiOWLnR0


『動くな!警察よ!銃があなたを狙っているわ!』

観客の中から現れた警察官の張るようなそしてなぜか聴きなれた声が、男の脚をとめる。手には拳銃が握られていて、男の頭に照準をあわせている。男とあたしの目はその警官にくぎ付けになる。

瑞希「伊吹さん、横山さんのラジオ覚えていますか?」
瑞希が翼に小声で何かを伝えるのが聞こえる。あ、奈緒のラジオ?なんで今、この瞬間にそんな話になるんだ?
あたしの疑問を置き去りに、「なるほど!わっかりました~!」と翼が了解を出すと同時に2人の駆け出す音が聞こえる。

警官がこちらに歩み寄り、闇から街灯の灯りの中にその姿が映し出されるにつれ、あたしの中の照合が完了する。あれは莉緒姉だ!しかもなんで安っぽい警官のコスプレといういで立ちだ。なんでそんな恰好をしてやがんだ?

男「くそ、コスプレかよ!」

男は自分の愚かさを今更悔いるかのように、逃走を開始しようとする。だが次の瞬間何かに足を取られるように盛大に転倒し、さらに男に覆いかぶさるように、自転車が倒れた男を襲撃する。男の手からバッグが離れ、それは観客の中に姿を消す。

ジュリア「なんだ?何が起きた!?」




91: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:49:00.56 ID:tCiOWLnR0


あれは翼の自転車だよな?あたしは自転車に注視する。
そのタイヤには男の足を通っていたタスキが何重にも巻き付いている。そしてもともと自転車があった場所には翼が立っていた。

翼「『扇風機です。あの羽の回転をみてると、髪が巻き込まれて頭皮を引き剥がされるのではないかと怖くて仕方ありません。どうしたらいいでしょ~』……世の中何が役に立つかわかりませんよね~」

翼は美也の物まねをして種明かしを行う。
そうか、瑞希が言っていた。奈緒のラジオってこのことだったのか。警官姿の莉緒姉に目が
釘付けになっていた男の隙をついて足を通ったタスキをタイヤに絡めとるように両足スタント式の自転車のペダルを回したんだ。

瑞希「伊吹さん、お疲れさまでした。そしてこれで終了です。」

瑞希は男の腕をとり、マジックのために用意した手錠をかける。そしてもう一方を自分の腕にかけようとする。

「待て、瑞希。それは俺の腕につけろ」

またまた観客の中から聞きなれた声がする。今度は間違えようのない声だ。

瑞希「プロデューサー、やっぱり来ていましたか」

プロデューサー「ああ。実は来てたんだ」

瑞希は照れ臭そうに問いかけ。プロデューサーは照れ臭そうに返事をする。
プロデューサーは瑞希から手錠を受け取り、自分の腕につける。

プロデューサー「後のことは任せろ。莉緒、自転車を起こしてくれ。移動させるぞ。ほら、お前も立て」

莉緒姉は、「え?私!?」と驚いた表情をするも、ため息を一つついた後
莉緒「そうね。ここは大人の出番よね」
仕方がないわねと、プロデューサーの指示に従う。
男のほうは、これ以上抵抗の余地がないのを認めたのか暴れるのを止め、うなだれている。

プロデューサー「ところで、莉緒、なんで警官のコスプレなんてしてるんだ?」

莉緒「あなたのせいよ、あなたの!」

プロデューサーと莉緒姉は一方は不承不承と謝りながら、一方は怒りの声を上げながら、それでも男を抱えて観客の外へと消えていった。




92: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:49:29.75 ID:tCiOWLnR0


翼「やれやれ、とんだアクシデントでしたね。ジュリアーノ」

瑞希「でも、なんとか解決することができました。」

ああ、そうだ。とんだアクシデントだ。それも最低最悪の。あたしはつい、俯いてしまう。

翼「ジュリアーノ、早くライブ、再開しましょうよ。お客さんも待ってますよ」

瑞希「そうですね。せっかく危機を乗り越えたんです。このまま押し切りましょう」

あたしの頭にあのライブハウスでの出来事が思い起こされる。おそらく瑞希の頭にも浮かんでいるのだろう。だがそんなことが起きても絶対乗り越えて見せるという思いで始めたライブだったが、今回ばかりはあたしの中から勇気を吸い出されるような最悪な状況が起きてしまった。

ジュリア「……みんな。こいつを見てくれ」

あたしは翼と瑞希にギターを見せる。

翼・瑞希「「あ……」」

男の蹴りを受けたギターはフレットが折れ曲がり、弦が切れていた。

「現実に戻してんじゃね~よ」

どこかからそんな声が聞こえた気がした。



93: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:50:00.02 ID:tCiOWLnR0


20 ~クリスマス当日~

勤務先にしつこく私を訪ねてくる男がいた。
受付に頼んで門前払いをしてもらっていたが、あまりにしつこく訪ねて来るものだから流石に受付に悪いと思い仕方なく会うこととなった。
その男は私の娘である静香が所属しているアイドル事務所のプロデューサーだった。
何の用かと尋ねると「一緒にライブを見に行きませんか?」と友達のような気さくさで誘ってきた。

静香父「君は初対面の人間をいきなりライブに誘うのか?」

プロデューサー「はい。彼女たちのことを知らない人たちにライブに来ないかと誘うのが私の仕事なんです。これまで一億人以上の人たちに誘いを掛けてきました。」

静香父「なるほど。だが私の答えはノーだ」

私は確かに断った。だがこの男は諦めが悪かった。

プロデューサー「最上さんは、アイドルはお好きですか?」

プロデューサー「これが、弊社のアイドルです。52人もいるんですよ。誰が一番売れていると思いますか?」

プロデューサー「静香さんの歌は本当に素晴らしいんですよ。生で聞いたことはありますか?これ、今度の公演のチケットです。ぜひ来てください」

私が一筋縄ではいかないと知ると。関係のない話で時間稼ぎを始めた。しかも大声で、だ。その狙いは社内にいる人間の視線を私に集めることだ。残業時間に仕事もせずアイドルの話を延々と社内ですることに対する、風当たりは強い。この男は私に対する周りの人間の評価を人質に取ったのだ。そして時間が経つほど不利になるのは私のほうだ。

静香父「君はずるいな」

全く、不愉快な男だ。

プロデューサー「何のことですか?そんなことより、765プロの育成方針についてですが――」

静香父「……いや、もういい。それよりもそのライブとやらはどこでやっている?」

プロデューサー「このビルの近くです。路上ライブですが見る価値はありますよ」

静香父「そうか。ただその価値がないと私が感じたら、帰らせてもらう」

プロデューサー「ええ、結構です」

私達は会社を後にした。
ライブ会場への道のりでこの男は空を見上げて、ふと独り言を呟いた。「ああ、今日も見えるな。シリウスにプロキオン、そしてベテルギウスが」

静香父「ベテルギウス?」

あいにく私は星に興味がなく、有名な星の名前程度しか知らなかったし、名前と実際の星の位置との対応も知ろうとは思わなかった。だが先日静香が言った『私はやっぱりベテルギウスと同じなのかな……』という言葉が、なぜか今頭に浮かんできた。

プロデューサー「ええ、南の空に一番輝くシリウスの近くにある赤く輝く星がベテルギウスです。」

ほら、あれですよ。と男は星を指さす。

プロデューサー「でも赤いということはもう星の寿命が近いことを意味していて、600光年以上離れているベテルギウスはもしかしたら既に消滅していて、明日に消えるかもしれないし、600年後に消えるかもしれない。そんな危うい星なんですよ」

静香父「消滅……」

プロデューサー「はい。ベテルギウスが消えたら、冬の大三角はどうなるんでしょうね?」

この男は寂しそうにつぶやく。

『私はやっぱりベテルギウスと同じなのかな……』

それに呼応するかのように、もう一度頭の中で静香の寂しそうな声がした。




94: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:50:33.31 ID:tCiOWLnR0


会場に到着すると、既にライブは始まっていて人だかりができていた。
中心には静香ぐらいの年齢の女の子たちがいて、無機質なオフィスが集められたこの街をカラフルな色で塗り替えるかのように明るい笑顔と楽しそうな歌声をまき散らしていた。

プロデューサー「どうです?最上さん、アイドルの歌もなかなかいいものでしょう?」

静香父「……ああ、そうだな。悪くないのかもしれない。だが、君も静香も勘違いをしている。君が私を訪ねてきたのは静香がアイドルを続けることを認めさせるためだろう?」

プロデューサー「ええ。」

隠さない、か。不愉快な男だがそこだけは認めてもいい。

静香父「私は、別にアイドルが嫌いだから認めないわけではない。静香にとってあまりにもリスクが高い仕事だから反対しているんだ。」

プロデューサー「リスク、ですか」

静香父「そうだ。確かに今路上ライブをしている子たちには実力があるのかもしれない。だが実力だけで売れる世界ではない。そうだろう?」

プロデューサー「ええ、おっしゃる通りです。さらに質の悪いことに、見かけが良くて実力があるアイドルは山ほどいて、それでも売れるのはほんの一握り。しかもなにがきっかけで売れるかもわからない。アイドルの世界はそんなところです。」

私が言おうとしたことをこの男は続ける。そこにすこし驚かされた。

静香父「それが分かっているなら、私が静香がアイドルを続けることに反対することも理解できるだろう」

プロデューサー「そうですね。わかります。もしかしたら私が最上さんと同じ親の立場だったなら反対していたかもしれませんね」

静香父「分かるなら諦めろ。私を説得するより他のアイドルの育成に専念したほうが効率的だろう」

プロデューサー「でも、私は彼女たちがステージに立つまで何を思い、どんな努力をしていて、何故トップアイドルを目指しているのかを知っていますからね。もちろん静香さんのも。ですので、物の見方には最上さんと違いがあります」

静香父「静香が誰よりも努力していることは私も知っている。知ったうえで娘をアイドルの世界に置きたくはないんだ。すべてを投げ捨てるかのように努力する娘が敗北する姿を見たくもないし、そんな思いを静香にもさせたくはない。」

プロデューサー「やはり物の見方が違いますね。最上さんは静香さんの失敗を恐れていますが、私は彼女の将来を楽しみにしているんですよ。」

静香父「楽しみ?」

プロデューサー「ええ、精一杯努力をして人として魅力的になった静香さんが、トップアイドルとして最高のステージを作り上げる姿を。だから私は静香さんの力になりたいと思っている」

この男は静香と同じようなことを言う




95: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:51:08.36 ID:tCiOWLnR0


静香父「それは絵空事だ。先ほども言ったが、これは分の悪すぎる賭けだ。静香は他人より努力をしている。一番報われるべき人間だ。だがそんな一番報われるべき人間がなおさら報われ難いのがアイドルの世界だ。奇跡はそれをもっとも必要としている者にはおこらないんだ」

プロデューサー「その通りです。本当に報われるべき人間が報われにくい世界です。だからこそ私は静香さんのような人間には報われてほしい。彼女の頑張りとアイドルにかける思いを知っているから。そのためならどんな努力だって私は惜しみません。」

静香父「どんな努力も、か……」

静香の思いは私も知っている。痛いほどに。
私はこの男の事を少しうらやましく思った。この男はそんな静香の力になってやることができるのだから。

プロデューサー「はい。でも私の努力でも足りないかもしれない。敵は大きいですからね。だから最上さん、力を貸してくれませんか?」

静香父「私の?何を言っているんだ?私になにができるというんだ?」

出来ることがあるなら教えてほしいくらいだ。

プロデューサー「それはもう出来ることばかりですよ。でもそうですね、まず始めるべきは彼女のファンになることからです」

静香父「ファンに?」

プロデューサー「静香さんのステージ、まだ見たことないですよね?あれは本当に素敵なんですよ。素敵な静香さんを親として見てみたくないですか?」

この男は子供のように目を輝かせながらうっとりするように私に語る。
そしてさらに「あ、ひとつ言い忘れていました。」と言葉を続ける

プロデューサー「最上さんは、静香さんが努力の果てに失敗することを恐れているようですが、安心してください。」

静香父「安心?」

プロデューサー「ええ、うちのアイドルはそんなことで挫けるほど弱くありませんから――」

プロデューサーが言い終わる直前、ライブの音がやみ、代わりに何かが砕けるような音がする。
中心で歌っていた女の子の一人に男が蹴りを加えている姿が見えた。

静香父「なんだ?何が起きた?誰かが乱入でもしたのか?」

プロデューサー「すいません。最上さん、話はまた後日!」

静香父「お、おい!」

プロデューサーはライブの中心に駆け出そうとする。だがそんな彼を制止する声がかかる

莉緒「待って、プロデューサー君。私が何とかするわ!」

プロデューサー「……莉緒?」

警官のコスプレをした女性が銃を構え、乱入者に向けて声を上げる。
その後はライブの中心にいた女の子達とプロデューサーの機転によって、なんとか乱入者を締め出すことに成功した。どうやら乱入者は引ったくり犯だったようだ。




96: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:51:37.50 ID:tCiOWLnR0


だがライブがなかなか再開しない。
何があったのか注意深く見ると、どうやら女の子のギターが壊れてしまったらしい。
これではライブを再開することは不可能だろう。
いつだって、一番報われるべき人間には奇跡は起こらず、起こるのは理不尽ばかりだ。
生きていて何度も見てきた光景だ。何度も見てきた光景だが、そのたびに私はひどい不快感と憤りを覚える。
近くで小さな声がした。

「ごめん、みんな、静香ちゃん」

声の方向を見ると。引ったくり犯が盗んだバッグを抱えて女の子が泣きだしそうになっている。

静香父「君は、もしかして静香のお友達かな?」

はっとしたように女の子が顔をあげる

未来「はい。でも、あの……」

静香父「ああ、私は静香の父だよ。いつも静香と仲良くしてくれてありがとう。でも、どうしたの?さっき静香の名前を出していたよね?何かあったのかな?」

女の子は、最初はためらっていたが、優しく問いかけると理由を話してくれた。

未来「……実は、最近静香ちゃんの元気がなくて、それでこれと同じバッグに静香ちゃんが元気になる為の道具を入れていたんです。でも引ったくり犯に盗られちゃって、やっと取り戻したと思ったら。中身が違うものになっていて、それに皆にも迷惑を掛けちゃって……」

この女の子はそういって中心にいる3人のアイドルに目を遣る。
静香の元気がないのは私の責任で、ライブを台無しにしたのは引ったくり犯なのに、この女の子はその全てに責任を感じている。
胸が痛んだ。
「君は責任を感じる必要はない」というのは簡単だがあまりにも無責任だ
掛ける言葉は見つからない。女の子の目に溜まった涙はもう一杯になっている。なにか、なにか私にできることはないのか?
そう思った時だった。
女の子の抱えるバッグから声が聞こえた。

未来「え、なに?私のバッグから?」

女の子はバッグからその声の主を取り出そうとする。なんだ?音楽プレーヤーか目覚まし時計でもはいっているのか?
繰り返す発する声はだんだんとボリュームを上げていく。
そしてついにはっきりと会場に響き渡るような声となる。



「ロックンロールはどこにある?」




97: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:52:11.97 ID:tCiOWLnR0


21 ~クリスマス当日~

観客のほうに目を遣る。再開を期待して残っている客と、事態を察して早々にこの場を離れる客。あたしは判断に迷っていた。ライブハウスでの一件では、その後のライブの盛り上がりは散々だった。そして今、あたしらにはさらに状況が悪いことに楽器すら失ってしまった。
どうする?続けるか?それとも……
そんな私の迷いを見透かしたように、もはや聞き馴染んだあのセリフが私の耳朶を打つ。

「ロックンロールはどこにある?」

驚いた。ここでそのセリフを聞くとは思わなかった。どこだ?セリフを発した主じゃない。ロックンロールだ。あたしが探し求めて止まないロックンロールはどこにある?

翼「ロックンロールはここにある!」

聞こえてきた声に応えるように翼は宣言する。

翼「ですよね、瑞希ちゃん、ジュリアーノ?」

はにかみながら翼はあたしと瑞希のほうを見る。

瑞希「ええ、その通りです。伊吹さん。ロックンロールはここにあります。ですよね、ジュリアさん」

迷いのない眼差しで、瑞希はあたしの目をまっすぐにとらえる。
翼、瑞希……
胸の内からこみ上げてくるものがあった。

ジュリア「まったく。そうだよな。その通りだ。ギターなんてなくてもロックンロールはここにあんだよ。よし、皆!ライブ再開だ!次の曲いくぞ!」

あたしは観客に向けて宣言をする。

翼「じゃあじゃあ、曲はGO MY WAY!!がいいと思いま~す!」

瑞希「そうですね。なぜか私もその曲が頭に浮かびました。でもいいんですか?ロックじゃないですけど」

瑞希はうかがうようにあたしの顔を見る

ジュリア「いいんだよ。あたしもその曲がいいと思っていたところだ。そいつで行こう」

ジュリアの合図で歌唱を開始する。

ここからが勝負だ。あるのは歌声とダンスだけの勝負。だが負けない自信が今のあたしにはある。そうだよな?翼、瑞希。

「GO MY WAY!! GO 前へ!!頑張ってゆきましょう。一番大好きな私になりたい」

最初の歌詞を歌いきる。そして次の歌詞まで楽器のない今なら無音になるはずだ。

だがそうはならなかった。奇跡が起きたからだ。



98: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:52:38.67 ID:tCiOWLnR0


全てを包み込むような優しい音色がこの空間にいる者の心を揺らす。
ピアノだ。ピアノの音が聞こえる。そしてその奏でるメロディーは確かにGO MY WAY!!のものだった。
まるで奏者の優しい心がそのまま音になっているかのような。そんな旋律があたしたちの心に温かい光を灯す。
こんな演奏ができるのは――
あたしは翼の顔を見る。

歌の最中だってのに、翼は今にも泣き出しそうな顔になっていた。





99: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:53:15.83 ID:tCiOWLnR0


22 ~クリスマス当日~

ガラスが割れる音がして、ダンベルとバッグが店内に飛び込んできた。
ピンクのバッグにはGoing My Wayというロゴが書いてある。

奈緒「うわあ!なんや!敵襲か!?」

私も驚きで思わず悲鳴を上げてしまう。
そして間を置かずに黒い服を着た男が店に上がり込み、せかせかとバッグを回収した後、店の外へと駆け出して行った。
代わりに店の奥から走ってくる足音がする。

店員「なんです!?何の音……って、うわ、ひどい!」

店員は床に散らばったガラスに目をやって、すかさず問いかける

店員「犯人はどこです?どっちに逃げましたか!?」

奈緒さんが方角を指し示す

店員「すみませんが、店を頼みます!私は、犯人を追いますから!」

奈緒「え、店を頼みますって、ちょっと!」
奈緒さんの制止を無視して店員は犯人を追いかけるため店の外へ駆け出していく

奈緒「ああ……いってしもた。動転しすぎや……」

静香「どうします奈緒さん?」
まさかこんな状態で店番もないだろう。警察に連絡をするのが妥当なのかもしれない。

奈緒「静香、防音ガラスとガラスの破裂音が耳に残ってたせいで、さっきまで聞こえんかったけど、今は歌が聞こえないか?それも私らが聞き馴染んでる歌が」

まだ本調子でない耳を集中して澄ましてみる。

静香「本当ですね。歌です。私たちの――」
その時私の携帯に着信がある。
百合子からだ。
私は電話に出る。

静香「もしもし、百合子?」

百合子『静香ちゃん?百合子です。あのね、静香ちゃん、私――』

百合子が間を置く。なんだろう。何か不幸が事でも起きたのだろうか。そんな心配が私の胸に沸く。だがそれが杞憂に終わる。

百合子『杏奈ちゃんと仲直りできたよ!』

百合子の上ずった声とその内容に、ホッとしたと同時に。嬉しさがこみ上げてくる。

静香「そうなの?良かったじゃない、百合子!」

百合子『うん。静香ちゃんと、このみさんのおかげだよ。本当にありがとう!』

そっか。このみさんも百合子にバトンを繋いだんだ。

静香「ううん。最終的に仲直りできたのは百合子の力だと思うわ。私たちはただバトンを繋いだだけ。走り切ったのは百合子よ」

百合子『でも、本当に2人のおかげなんだよ?私、杏奈ちゃんと仲直りできた時思ったんだ、私一人じゃ絶対に杏奈ちゃんと仲直りできなかったって。他にもね、静香ちゃんと、このみさんにバトンを繋いだって言ってもらえたから、絶対にゴールまで走り切ろうって思えたんだよ』

静香「そう思ってくれたなら、とてもうれしいわ。たぶんこのみさんも同じはずよ。」

心からそう思う。

百合子『えへへ、そうかな。それで、私今回の一件から教訓を得たんだ。もしかしたら、生きるっていうのは目隠しで何回もリレーを走るようなものなのかもしれないって』



100: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:53:42.52 ID:tCiOWLnR0


百合子のその言葉にはっとさせられる。
それは父が昔私に言った言葉だったからだ。
私は思わず問いかける。

静香「それってどういう意味なの?」

百合子『えっとね、例えばいきなり一人で100キロ走れって言われたら、たぶん無理だよね。でも数人でバトンを繋いで100キロ走る事ならできると思うんだ。今回私が杏奈ちゃんと仲直りできたように』

静香「うん」

百合子『だけど、生きていると多くの場合自分がアンカーなのか、中継役なのか、自分の後ろの人はちゃんと走ってきているか、なんてことはわからないんだよ。時にはバトンが自分に渡ったってことすらわからない時だってあると思うんだ。今回静香ちゃんやこのみさんが私に声をかけてくれたのはきっと特別なんだよ。』

静香「なるほど、だから目隠しなのね」

百合子『うん。目隠ししているから、暗くて不安で、それでさらにバトンが自分に繋がれるのかどうかもわからなくなって、人は走るのをやめてしまうのかもしれない。でもそこで走るのを止めちゃダメなんだよ。』

百合子は続ける。

百合子『自分はアンカーじゃないかもしれないし、手にバトンがあるかもわからないかもしれないけど、見えないだけでもしかしたら自分にバトンを繋げようと頑張ってくれている人がいるかもしれないんだから。その人たちのためにも人は決して諦めちゃいけないんだよ』

静香「自分にバトンを繋げようと頑張ってくれている人」

私は百合子の言った言葉を口に出してみる。
なぜか未来と翼の顔が思い浮かんだ。

百合子『そのことに気付かせてくれたのは、静香ちゃんとこのみさんのおかげなの。だから本当にありがとう!』

静香「ううん。私も百合子のおかげで謎がとけたわ。こちらこそありがとう」

私は通話を切る。そうだ、私は決して諦めてはいけない。今はただバトンが到着していないだけだ。もしかしたら自分は仲介役で、バトンを届けている途中なのかもしれない。それでもいつかゴールに届くと信じて進んでいくだけだ。



101: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:54:13.65 ID:tCiOWLnR0


奈緒「静香、まずいで!」

奈緒さんが慌てた様子で私に語り出す

静香「どうしたんですか?奈緒さん」

奈緒「静香が電話してるときに店の前をカップルが通りかかったんやけど、どうやら引ったくりが路上ライブに乱入して、ギターを壊したみたいや!」

静香「え?」

私は耳を澄ましてみる。耳はもう本調子に戻ったのに音が聞こえない。
奈緒「ほら、もう音が聞こえんくなってるやろ?そんでな、恐らくそこで歌ってたのって――」

静香「翼……」

そうだ。きっと翼だ。私を路上ライブに誘おうと電話を掛けてきたことを思い出す。
演奏がない状態で歌う翼の姿が頭に浮かぶ。それはとても孤独な戦いだ。
何か、何か私にできることはないの?
私に、翼へと繋げるバトンはないの?考えろ、諦めるな!
私は周りを見回してみる
あった、あれだ!

静香「奈緒さん!」

私は奈緒さんに目線で合図をする。

奈緒「わかってる!」

私は急いで電子ピアノとスピーカーを接続し、音量を最大にする。そしてスピーカーを外へ出す。一方奈緒さんは音楽雑誌から私たちの歌の楽譜が乗っているページを忙しなく検索する。

奈緒「静香、これや、次はこの歌が来る!!」

静香「え?どうしてわかるんですか?」

奈緒「親近効果や!瑞希に最近マジックを見せてもらった時に教えてもらったんや!」

静香「分かりました。信じますよ、奈緒さん!」

ピアノの前に座り、楽譜をセットする。
翼、絶対に繋いでみせる。だから翼、あなたも絶対に諦めないで!
静香は目を閉じてその時を待つ。タイミングが大事だ。集中しろ!
そしてその時がきた。

「GO MY WAY!! GO 前へ!!頑張ってゆきましょう。一番大好きな私になりたい」

奈緒「来た!」

静香「はい!」

思いを込めてピアノを奏でる。大丈夫よ、そのまま歌いなさい翼!あなたは決して一人じゃない。必ずバトンは繋げて見せるから!





102: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:54:45.24 ID:tCiOWLnR0


23 ~クリスマス当日~

『うちのアイドルはそんなことで挫けるほど弱くありませんから』

プロデューサーが言った言葉が私の頭に浮かぶ。
必ず諦めるものだと思っていた。
でも今歌っている彼女たちは顔を上げた。
勇気を出したのだ。
そしてそんな彼女たちを祝福するかのように奇跡が起きた。
この場で一番報われるべき人間に奇跡が起きたのだ。
「いつだって、一番報われるべき人間には奇跡は起こらない。」確かに私の言ったことは世の常だ。だが、もしかしたら、それはただの他力本願な論調だったのかもしれない。もし私が誰かが報わることを願い本気で行動したなら、何かが変わるのかもしれない。
そう願わずにはいられなかった。なぜなら一番報われるべき人間はまだ他にいるのだから。

未来「あの、もしかして、このピアノって――」

静香父「突然すまない。君に一つ頼みがある。いいかな?」

未来「頼み?」

静香父「この携帯で、歌う彼女たちをビデオ撮影していてくれないか?頼む。」

女の子に携帯を差し出し。私は頭を下げる。

未来「いいですよ。任せてください!」

静香父「いいのか?普通こういった撮影は禁止されているはずではないのか?」

未来「大丈夫です。気にしないでください。だって私――」

女の子は胸を張って答える

未来「アイドルですから。静香ちゃんと一緒の」

そうか、静香の。
人の価値はその友を見ればわかるというが、静香は本当に良い友をもったな。

静香父「ありがとう――」

女の子に礼をして、私は駆け出した。
もっと歌を聞いていたいという気持ちはあった。彼女たちの歌はそれほど素晴らしいものだ。だが私が見たいのはもっと別のものだ。だから行かなければならない。
あのピアノを奏でる、私にとって世界で一番報われるべき娘のところへ





103: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:55:23.57 ID:tCiOWLnR0

24 ~クリスマス当日~

演奏が終わり、ほっと安息する
観客の盛大な拍手の音が聞こえてくる。それが成功を物語っていた。

奈緒「終わったな。静香。良い演奏やったで」

静香「ふふっ、そうですか。よかったです。あの時ピアノを辞めないで」

私にピアノ勝負を挑んできた、下手くそな父の顔が思い浮かぶ。
ふと、静香、と私を呼ぶ父の声が聞こえた。
どういうことだろう?こんなところに父がいるはずなんてないのに。
もう一度、静香、と呼ぶ声がした。
私は声がする方向へ視線を向ける。
そこにいたのは、まぎれもない正真正銘、私の父だった。

静香「お父さん!?どうしてここに?」

奈緒「なに!?静香のお父さん!?」

驚きもあまり思考が回らなかった。

静香父「静香のプロデューサーに連れられて、路上ライブを見に行っていたんだ。」

静香「え、プロデューサーが?」

私はプロデューサーとお父さんが一緒に会話をする姿を想像する。

P『偉そうにアイドルを馬鹿にしてるが、あんたの仕事は10年後AIに取られない自信があるのか?』

嫌な予感がした。

静香「あの、お父さん?プロデューサーも別に悪気があって言ったわけじゃ……」

静香父「悪気?何のことだ?それより静香、ここは静香のいるべき場所じゃない、早く行け」

私はガラスが散乱した床に目を遣る。ひどいありさまだ。



104: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:55:58.93 ID:tCiOWLnR0


奈緒「ちょっと、お父さん!何言うてはるんです!静香がみんなのためにどんな思いで頑張ったか知ってはるんですか?静香がいたから翼たちも頑張り切ることができたんですよ!静香の演奏を聞いたんですよね?ならそんなこと、わかるはずでしょう!」

この世の理不尽に抗うかのように奈緒さんは私の為に声を上げる

静香「奈緒さん……」

だが父の返答は意外なものだった。

静香父「ああ、すまない。」

奈緒「え?」

静香父「言い方が悪かった。静香、あの子たちと一緒に歌ってきなさい。ピアノなら大丈夫だ。お父さんが弾く」

静香「お父さん?」

父の話す内容にも驚いたが父の話し方が、あの頃の優しい口調に戻っている事に対し、驚きと共に懐かしさがこみ上げた。

静香「どうして?お父さん、私のアイドルには反対なんじゃ……」

私は率直な疑問を口にする

静香父「確かに今でもよくは思っていない。でも、お父さんは見たんだよ。報われるべき人間に奇跡が起きる瞬間を。そしてそれを起こしたのは静香、お前だ」

最も報われるべき人間に、奇跡は起こらない。父の言葉を思い出す。

静香「……」

静香父「でもな、お父さんにとって最も報われるべき人間は静香なんだよ。あのステージには静香、お前の姿が足りないんだ。それがわかった時、思い出したよ。静香が自分のことをベテルギウスだって言ったことを。あるのかないのか分からない星なんだってな」
お父さんは続ける。

静香父「けど、静香、お前は決してベテルギウスなんかじゃない。そんな星に自分を例えるな。だがたとえ、本当にベテルギウスで消えてしまいそうになっても決して心配することはない。」

一度深呼吸をして、お父さんは私の目をまっすぐに見て宣言する。




105: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:56:26.07 ID:tCiOWLnR0


静香父「そんな時はお父さんが、また静香を輝くステージにあげてやる!だから静香、安心して行って来い!」

顔が熱い。
熱でもあるのかと思い、自分の頬に触れてみる。
湿っていた。そうか、私は泣いているんだ。

静香「……でも、お父さん、ピアノは弾けるの?昔は下手くそだったじゃない」

静香父「大丈夫だ。ずっと練習してきた。静香とまた勝負がしたくてな」

静香「あ……!そっか、そういうことか」

店員さんが言っていた、「今年に入って3回」とは紛れもなくピアノの調律のことだったんだ。父は必死に私に隠れて練習してきたんだ。

静香「でも、いいの?急に私が入ってきて、みんな戸惑わないかな?」

静香父「大丈夫だ、みんな驚きにはもう慣れているし、あそこには静香の友達がいる。それに何より、ここにアイドル最上静香のファンが1人お前のステージを待ち望んでいる」

追い風に背中を押されたような気がした。
私は、泣き笑いのくしゃくしゃの表情でお父さんに尋ねる。

静香「私のファンって、何時からそうなったの?」

静香父「ついさっきだ」

ああ、懐かしい。楽しかったあの頃の会話だ。胸に温かさがこみ上げてくる。

静香「それって都合よすぎじゃない?」

静香父「そうか?」

静香「ついさっき私のファンになったばかりの人が、どうしてそんなに私のステージを見たいの?」

静香父「そうだな……いろいろ理由はあるが、たぶん――」

お父さんはゆっくりとそして優しい笑顔で続ける。

静香父「親バカだからかな」

こればっかりは仕方ないよなと苦笑しながら父は私の頭を撫で回した。
もう。そこまで一緒にしなくてもいいのに。
遠くからアンコールを求める観客の声が聞こえる。

静香「お父さん、私、行くね」

静香父「ああ、演奏は任せろ!」

静香「奈緒さん、選曲は任せますね!」

奈緒「……ああ、任せとき!」

奈緒さんは泣きはらした赤い目で私をしっかり見据え、力強く答えた。
気付けば私はバトンを受け取っていた



106: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:57:06.55 ID:tCiOWLnR0


25 ~クリスマス当日~

アンコールの声がどんどん大きくなってくる。
私が近づいているのか、観客の興奮が大きくなっているのか。いや、その両方だ。
観客の姿が見えてきて、私は少し物怖じしてしまう。予想をはるかに超える人が集まって来ていたからだ。みんなは翼たちを目当てにここに集まってきていて、「さっきのステージはすごかった」と口々に語りあっている。
不安は確かに私の中にある。
でも私はそれでも歌わなければならない。力を込めて一歩踏み出そうとしたその時

「静香ちゃん!」

私を呼ぶ声がした。
嬉しそうに、弾けるような、私の心をいつも温めてくれるその声の主はもちろん――

静香「未来!」

未来が私に駆け寄ってくる。未来もここに来てたんだ。

静香「未来、お願いがあるの。私といっしょに――」

未来「静香ちゃん、一緒に歌おう!」

未来の大きな声が周りに響く
その声に気付いたのか、この舞台の中心から声が私たちに向かって飛んでくる。

翼「あ~!未来ずる~い!!私が静香ちゃんを誘ったのに~!」

静香「翼!」

瑞希「まあまあ、伊吹さん、いいじゃないですか。それより最上さんありがとうございました。私は、最上さんのピアノにも確かにロックンロールを感じましたよ。」

静香「え、ロックンロール?」

何のことだろう。

ジュリア「気にするな。それより、未来、シズ、はやくこっちに来い。観客は待ちわびてるぞ」

未来「そうだね、静香ちゃん行こっか」

静香「……うん。行こう、未来」

未来に手を引かれ、私は街灯の下へ躍り出る。頼りないスポットライトだが、私たちのことを優しく照らしてくれている気がした。



107: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:57:32.38 ID:tCiOWLnR0


ジュリア「あ~、アンコールに応えて、もう一曲歌うことにした。今日は皆来てくれてありがとうな!」

ジュリアさんの呼びかけに観客が歓声で返答する。

ジュリア「今日のステージはいろいろあった。要約しきれないぐらいにいろいろな。でもステージには立ってはいなかったが、ここにいる未来と静香が陰であたしらのことを支えてくれたんだ。だからみんなも快く迎え入れてほしい。」

また観客から歓声があがる。
ありがとう、と私は心の中でつぶやく。
私の携帯に着信がある。奈緒さんからのメールだ。
そこには『準備完了。イントロクイズや』
と書いてあった。

静香「みんな、そろそろ来ます」

私は小声でみんなに合図を送る

ジュリア「聞いてくれ、私たちのラストソングを」

まるでジュリアさんの言葉が終わるのを見計らうように、ピアノのイントロが流れる
この曲は……『my song』だ



108: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:58:07.86 ID:tCiOWLnR0


お父さんのピアノはあの頃に比べて格段に上達していた。
ただ上手いだけじゃない、まるで奏者の優しい心がそのまま音になっているかのような、そんな旋律が私たちの心に温かい光を灯す。

特に取り決めをしたわけではないが、未来から始まり、私、翼、ジュリアさん、瑞希さんの順番で歌を繋いでいき、サビの部分でハーモニーを形成する。
楽しい。
思えばいつも時間の中で結果を残すことだけを考えてきた。でも今は違う。お父さんが、皆が心から素敵だと思える景色を表現しようと好きなように自由に腕を振るっている。
それぞれの思い描く景色は違っているのかもしれない、でもつなげ合わせるとそれは街のように一つの世界になる。
だがそんな世界を作るのはステージに立つものだけではない。
気付けば、観客たちは携帯電話のライトをサイリウム代わりにして、私たちの歌に合わせて揺らしている。元気を与える側の私たちに、逆に「大丈夫だぞ」といってもらっているようで、決して一方通行の世界ではないんだなと思った。
そうか、これが私たちの「ある小さな夜の曲」なんだ。
 まだ歌っていたい、と思った。でも時間は進んでいく。
以前なら時間を固定したいと思ったのかもしれない。
けど今は、進んでもいいと思った。
なぜなら私は――



109: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:58:35.39 ID:tCiOWLnR0


26 ~クリスマス翌日~

次の日、私は未来に呼び出されて事務所に来ていた。見せたいものがあるらしい。
引ったくりに盗られたバッグは何故か杏奈のところにあって、ようやく未来のもとへと戻ってきたと未来は興奮交じりに私に語って聞かせた。
そして今、準備があるから部屋の外で待っていてと頼まれ待機中だ。

私は昨日のことを思い出す。
……
最後の歌を歌い終わったあと、お父さんは私ではなく何故か未来のほうへ駆け寄っていった。

静香父『どうだった静香のステージは?録画のほうは上手くとれたかな?』

未来『はい、それはもう感動的なステージでした!私も楽しく歌えましたし!』

静香父『え、歌った?君がか?それじゃあ録画のほうは……』

未来『でへへ~すっかり忘れちゃいました~』

未来は陽気に答える

静香父『なんだと……』

お父さんは呆然としている。

未来『でへへ~つい勢いで。』
未来は少しも悪びれもせず、笑ってごまかそうとする

静香『お父さん、未来にそんなことを頼んだお父さんがいけないと思うわ』

未来『あ、静香ちゃん、ひっど~い』

静香父『おいおい、だが静香のステージはどうなる?お父さんは見れないのか?観客はみんな口々に最高だったっていってたぞ?もうあんなステージは見れないんじゃないのか?』

未来『大丈夫です。劇場に来ればいつでも見れますよ。私、今度は今日以上のステージを目指して頑張りますね!』

静香父『……どの口がいうんだ、どの口が。』

静香『大丈夫よ。今度はもっとすごいパフォーマンスをしてみせるって約束するから。だからこれ、受け取ってよ』

私はチケットを取り出してお父さんに差し出す。
今度はちゃんと受け取ってもらえた。

静香父『わかった、受け取ろう。ただし、お父さんはまだ完全に静香がアイドルを続けることを認めたわけじゃないぞ。静香のステージを見たわけではないからな。だから覆して見せろ。今回のように奇跡を起こしてお父さんの考えなんて簡単に変えて見せろ。それがお父さんが公演を見に行く条件だ。いいな?』

勝負だぞ、とお父さんは私にくぎを刺す。
まったく本当に勝負事が好きなんだから。

静香『上等よ。楽しみにしててね』




110: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:59:01.47 ID:tCiOWLnR0

……
未来「静香ちゃん、入っていいよ」

事務所の中に入る。

静香「うんそれじゃあ……ってまぶしい!」

飛び込んできた光に思わず目を覆うが、その後ゆっくり目を開く。
そこには輝く星々の世界が広がっていた。

静香「未来、これって」

未来「プラネタリウムだよ。貴音さんと一緒に作ったんだ~」

でへへ~と未来は照れ臭そうに笑う。

プラネタリウム?どうしてだろう。未来も私もそんなに星に対して知識や興味があるわけではないのに……

でも綺麗だ。

3人で屋上で星を見た日のことを思い出す。すべてはそこから始まった気がする。
この部屋には私の名前の知らない無数の星々が瞬いている。けど私が知っているのは冬の大三角の3つの星だけだ。
私はその星を探してみることにした。
ベテルギウスはすぐに見つかった。赤い色をしているからすぐに見つかる。
近くにあるプロキオンもそのあと間を置かずに見つかった。
だが、シリウスが見つからない。一番強く輝くあの星は、一番見つけやすいはずなのに。

静香「未来、もしかして、シリウスを作り忘れてる?」

未来「大丈夫だよ、静香ちゃん。ちゃんとそこにあるよ」

そういって未来は私を指さす。



111: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 03:59:45.95 ID:tCiOWLnR0


静香「え?私?それってどういう……あ!」

私は、部屋に入って来た時に目に強い光を受けたことを思い出す。

未来「でへへ~、静香ちゃん、『瞳の中のシリウス』だね」

未来は私に向かって、上手いことを言った気になっている。

静香「……もうっ、まぶしいだけじゃないの、未来」

私はそれが気に食わなくてつっけんどんな態度を取ってしまう。

未来「冗談だよ、怒らないでよ静香ちゃん。」

未来が平謝りをする。仕方ない、許してあげるか

未来「ねえ、静香ちゃん。静香ちゃんのいる位置にシリウスがあるってことは、そこは地球から8.6光年離れていることになるんだよね?」

未来はちゃんと聞いていたんだ。私は少し感心する。

静香「ええ、貴音さんはそう言っていたわ」

未来「そこから地球を見るなら、8年前の過去を見ることができるんだよね。私、考えたんだ、静香ちゃんがどうしてあれから元気がなかったのか。」

静香「未来……」

私は百合子の言っていた「生きるということは目隠しで行うリレーだ」というたとえ話を思い出した。そっか、やっぱり未来も私の見えないところで私にバトンを繋げようと頑張ってくれていたんだ。そのことを知って、私はまた胸にこみ上げてくるものを感じた。

未来「静香ちゃんには、ずっと見ていたい時間があって、だから時間が進むことが嫌になったんだよね」

静香「うん」

未来「だけどね、私はやっぱり静香ちゃんと前に進みたいって思ったよ。ううん、静香ちゃんだけじゃない。765プロの皆で。それでみんなでトップアイドルになるの。」

静香「皆でトップアイドル。」

それはとても大きな夢だ。決して簡単には叶わない、それこそ何度も奇跡を起こさなければならないほどの

未来「そしたら昨日より、もっとも~っと素敵なステージができると思うんだ。私は静香ちゃんたちと一緒にそんなステージに立ちたい。そしてそれは前に進んだ先にあるんだって思うの」

未来の言葉が私の体の中にすっとしみ込んでくる。
なぜならそれは異物ではなく、もともと私にも口には出さないが存在していた考えだからだ

未来「静香ちゃん、静香ちゃんが今いるそこは8.6光年先のシリウスだよ。だけど、静香ちゃん、そこから何が見えるかな?やっぱり過去を見たいと思ってるかな?」



112: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 04:00:11.97 ID:tCiOWLnR0


未来が祈りをこめるように、不安そうに、うかがうように私に問いかける。
思えばあの日から本当にいろいろなことがあった。
だけど報われない事ばかりの世の中だけど、皆でバトンを繋いで長い距離を走り切ることができれば、それは奇跡と呼べるものであるということを知ることができた。
未来は皆でトップアイドルになりたいといった。この事務所には52人ものアイドルが所属している。もしみんなでバトンを繋げたなら、何ができるだろう。可能性の広がりを感じる。以前はそんなことを考えもしなかっただろう。でも今は違う。
だって、今の私はベテルギウスなんかじゃないのだから。


私は8.6光年の先から、地球にいるあの子の目をまっすぐ見てこう答える。




113: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 04:00:37.73 ID:tCiOWLnR0





静香「ここからは、未来が見えるわ」



114: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 04:01:04.62 ID:tCiOWLnR0


私の答えを受け、未来の満面の笑みを浮かべて泣いた。

素敵な未来へ向けて、最初のバトンは確かに繋がった。



115: ◆17z5a1JMEs 2017/12/24(日) 04:04:17.16 ID:tCiOWLnR0

以上で完結です。
ここまで読んでくださりありがとうございました。
良ければ過去作もご覧になってください。
html化を依頼しておきます

安部菜々「二兎物語」
http://elephant.2chblog.jp/archives/52188186.html

【モバマスSS】森久保乃々「剣道初段ですけど」
http://elephant.2chblog.jp/archives/52213622.html



元スレ
【ミリマス群像劇】最上静香「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514051602/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (3)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月24日 14:03
          • とても良かったよ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月24日 17:00
          • 良い話だった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月24日 18:29
          • 評判もいいみたいだし長いしくりぼっちのつまみにしよっと

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【となりの吸血鬼さん】忍「あの後ろ姿は……」
        • 妹「働けよクソニート」俺「>>4(お前が働くんなら働くよ)」
        • 幼女幽霊「呪いが勝つのか、幽霊が勝つのか実験だよ実験!!」DQN幽霊「!?」
        • 荒木比奈のジュブナイル
        • 【艦これ】艦娘で学ぶ例のあの現象
        • 【バンドリ安価】戸山香澄「たられば」
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ