TOP

【アズールレーン】無敵艨艟の一航戦 赤城 【赤城ss】

1: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 13:39:13.31 ID:WRWAmQyEO

※注意
基本的に赤城しか出ない(加賀も少し)
結構短い
独自設定、独自展開

とりあえずゲームの方もssも初心者だから大目に見てね
それじゃあ書いていきます



3: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 14:01:42.00 ID:WRWAmQyEO

・あらすじ(簡単)

人類の未来がセイレーンによって脅かされています。
人類側は各国が協力しあって、軍事同盟アズールレーンを設立。
某日、人類のセイレーン撃退への第一歩としての意味合いを持つ、大規模反攻作戦が開始され、その作戦に参加することとなった赤城のお話。



4: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 17:35:31.62 ID:WRWAmQyEO

登場キャラ

・ユニオン

 ・エンタープライズ---反攻作戦の要である主力攻略艦隊、第一艦隊を率いてもらってます。

 ・ペンシルベニア---上に同じく、攻略艦隊の第四艦隊旗艦です。

・ロイヤル

 ・フッド---ロイヤル側の攻略艦隊、第二艦隊の旗艦。ユニコーンとイラストリアスが同じ艦隊に編成されてます。

 ・アークロイヤル---攻略第三艦隊の旗艦。駆逐艦が絡まなければいいお姉さん。

・その他

・攻略指揮官---セイレーンへの反攻作戦の総指揮をとっている人。重桜と鉄血が大嫌い。

・重桜

・赤城---攻略艦隊の背後で警戒任務に就いています。

・加賀---上に同じ。

・指揮官---一応プレイヤーの皆さんということで。



6: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 20:25:59.26 ID:0yfSYp870

断続的に砲撃音が海域に轟き、無線からは最前線の戦闘状況が逐次報告されてくる。

 ここはセイレーンへの大規模反攻作戦の最前線から少し下がった海域。
 攻略の主力であるユニオンとロイヤルの連合艦隊を支援する目的で、重桜の艦隊が配備されていた。

赤城「あゝ、ようやくここまできましたわ……」



7: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 20:27:33.19 ID:0yfSYp870

人類の行く末を左右すると言っても過言ではないこの大規模反攻作戦。
 しかし、この作戦に参加してる重桜艦隊の旗艦、航空母艦赤城は物怖じどころか緊張の色すら顔に出していない。

 いや、赤城という空母はこの程度の作戦などでは緊張も物怖じもするはずがないのだろう。
 今までに、数多の修羅場を潜り抜けてきた赤城ならば。
 かつて、大国を相手に戦った艦の魂を秘める、赤城ならば。



8: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 20:33:39.89 ID:0yfSYp870

赤城「それにしても退屈ね......」

加賀「姉さま、一応ここも警戒海域です。気を抜かないように」

赤城「そうは言っても加賀、私たちがここに待機し始めてどれくらい経ったと思っているの?」

加賀「......一時間と五十二分二十七秒ですが」

赤城「だいたい二時間くらいね。それで戦況は?」

加賀「ユニオン、ロイヤル両艦隊に撃沈は一隻もないようだ。がしかし、全艦が中破以上の損傷を受け、弾薬もそろそろ底を付くのでは、と」

赤城「無線からの情報だとセイレーン側の6割は撃破したようだけど・・・・・・こちらの主力艦隊がそんな状態じゃ、安易にこちらが勝っているとは言えないようですわね」



9: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 20:58:17.08 ID:0yfSYp870

数と練度で勝っている攻略艦隊も残り少ない弾薬のせいで、守備を固めるセイレーン相手に攻めるに攻めきれず、赤城たち重桜艦隊は警戒海域で更なる待ちぼうけを食らわされることとなった。

 数刻が経った頃、この膠着状態は突如終わりを迎えることとなる。

 静かな海域に、けたたましく鳴る警報。
 
 警報音の発生源は、それぞれの艦に装備されている無線機だった。
 ビーッ!ビーッ!っと連続して電子音がスピーカーから響く。



10: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:02:17.33 ID:0yfSYp870

赤城「あら、どうやら動いたようね」

加賀「そのようですね、姉さま」

 警報が鳴るということは、前線に展開している攻略艦隊に何かしらの問題があったと考えるべきだ。
 それに、あれから二時間以上戦闘を続けているのだ、攻略艦隊の疲労、ストレス、ダメージはそろそろピークに達する頃ではないだろうか?
 それらを鑑みるに今回の無線の内容は……。



11: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:10:45.36 ID:0yfSYp870

フッド『こちら攻略第二艦隊、旗艦フッド。回避に遅れたユニコーンを庇って空母イラストリアスが被弾、大破!私と前衛だけでは戦線を抑えられません、一時退却を提案しますわ!」

攻略指揮官『致し方あるまい、此処で主力を失えば反攻作戦の成功は夢のまた夢……攻略第一艦隊と第三艦隊でフッド以下第二艦隊退却の援護。第二艦隊の退却完了後、空いた穴を残りの三艦隊でカバーだ!』

エンタープライズ『第一艦隊、了解!』

アークロイヤル『第三艦隊、了解だ』



12: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:22:05.56 ID:0yfSYp870

赤城「そろそろ赤城たちの出番のようね」

加賀「……発艦準備いつでも出来ている」

 赤城、加賀、両艦の周囲に赤と青の鬼火が灯る。
 それと時を同じくして、またもや無線から警報音が鳴った。



13: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:27:07.55 ID:0yfSYp870

ペンシルベニア『攻略第四艦隊、旗艦ペンシルベニア。前衛艦の被害拡大!戦闘継続は困難と判断する!撤退の許可を!』

エンタープライズ『弾薬が底をつきかけている。このままでは戦線を維持できない!』

アークロイヤル『あ、ああっ!く、駆逐艦の子たちが怪我を!だ、誰か治せるものは!?』

攻略指揮官『クッ……全艦隊一時撤退だ!撤退中は敵からの攻撃に十分注意しろ、殿は……重桜の部隊が殿にあたれ。一隻も沈ませるんじゃないぞ!』

 そう一方的に命令を出し、攻略作戦本部はそのまま赤城たちとの無線を断ち切った。



14: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:33:00.34 ID:0yfSYp870

 と、続けざまにもう一本、赤城たちへ無線が入
る。
こちらの無線は見覚えのある回線だった。

赤城「あら、指揮官様。赤城たちをほったらかしにして……私、寂しかったですわ」

指揮官『すまないな赤城。それで、攻略本部からの無線は聞いていたな?』

赤城「はい、ですが他の艦を護衛しながらの戦闘なんて……赤城は少し、いえかなり不満ですわ」

指揮官『それなら心配いらない。もう既に青葉型重巡と、時雨や夕立などの駆逐艦に援護に行かせている』



15: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:36:33.21 ID:0yfSYp870

赤城「それでは、赤城たちは何を?」

指揮官『なに、簡単な任務を一つ。セイレーン、奴らを―――狩れ』

赤城「あらあら、攻略本部の方からそんな命令は出ておりませんわ。指揮官様、おいたが過ぎますよ」

指揮官『ふん、赤城の方だってノリノリのくせに何を言うか』

赤城「うふふ」

指揮官『ははは』

指揮官『さて、茶番はここまでだ。セイレーンへの打撃部隊は前衛に高雄と愛宕を付けた。彼女たちが露払いをしてくれる。赤城たち一航戦は思う存分暴れてくれ』

赤城「わかりましたわ、指揮官様」

指揮官『……俺のためなら神をも凌駕すると言ったその言葉、俺は信じているからな。必ず勝ってこい』

赤城「ええ、指揮官様の育てた赤城ですもの、心配はいりませんわ」



16: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:42:39.32 ID:0yfSYp870




―――――赤城★★★★★★ Lv100―――――





17: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:45:38.82 ID:0yfSYp870

指揮官『それもそうか……ならば、俺は飯を作って待っているとしよう。冷めないうちに早く帰って来い。以上だ』

無線が切れる。先ほどと同じく再び沈黙が訪れるが、赤城はもう退屈さに愚痴を零したりなどしない。
 周囲に煌く赤い鬼火が、より一層輝きを増した。

もうこの赤城を止めることができるモノはこの世界にいないのかもしれない。

赤城「指揮官様の手料理……うふふ!あははは!あゝ、燃えますわ、滾りますわ!この赤城、指揮官様のためなら……」



18: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:55:01.66 ID:0yfSYp870

時雨『赤城さん、攻略艦隊の撤退完了したわ。あと、セイレーン残存部隊がそっちに接近してる、幸運を祈っているわ』

時雨たち重桜護衛艦隊からの、撤退完了を知らせる無線が切れるや否や赤城たちが待機する警戒海域にセイレーンが侵入。一直線に接近し始めた。

赤城「加賀」

加賀「はい、姉さま」

 赤城の隣に加賀が並び立つ。
 海風が二人の間を駆け抜け、重桜独特の衣装と艶やかな髪を舞い上げた。



19: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 21:58:13.54 ID:0yfSYp870

赤城「栄光なる一航戦の実力、攻略本部で手をこまねいている方たちに、そして身の程をわきまえないセイレーンの皆様に見せて差し上げましょう?」

加賀「ええ……少しは骨のありそうな奴らのようだ。せいぜい、私を楽しませろ……ふふふっ」

 赤城と加賀、両者は一糸乱れぬ動きで懐からシキガミを取り出し、構える。
 切れ長の目が見据える遠方には、禍々しいオーラを纏ったセイレーンの艦隊がゆっくりと、しかし着実にこちらに迫ってきていた。

赤城「さあ加賀、手料理を振る舞ってくれている指揮官様のためにも、『ソウジ』は早く終わらせましょう?」

加賀「……姉さま、真面目にやってください」



20: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:00:45.43 ID:0yfSYp870



―――――スキル 先手必勝 Lv10 一航戦 Lv10 発動―――――






21: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:02:20.80 ID:0yfSYp870




―――――T3烈風 Lv10 T3彗星 Lv10 T3流星 Lv10 全機発艦―――――




22: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:07:27.09 ID:0yfSYp870

赤と青のシキガミが空を覆いつくし、一斉にセイレーンへと襲い掛かる。

 しかし、セイレーン側の艦隊は回避行動を取ることなく突き進んできた。
 その行動は、人類側の航空攻撃など懼れるに足らん、避ける必要もない、もう慣れてしまった。そう言っているかのよう。

 それもそのはず、此処にいるセイレーンたちはユニオンの誇る空母エンタープライズやロイヤルネイビー自慢の空母イラストリアスなどの航空攻撃でさえ、削りきることの出来なかったエリートたちだからだ。



23: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:08:52.56 ID:0yfSYp870

『航空機』などというオモチャの攻撃なんて、装甲の厚いセイレーンの彼女たちにとっては、くすぐったいとも感じないようなもの。

 故に彼女たちは思い上がってしまった。油断してしまった。慢心してしまった。

 赤と青の航空機が次々に飛来し、航空爆弾の雨を降らせる。
 海中からは航空魚雷が襲い掛かってきた。
 
 次の瞬間、文字通り海は真っ赤に燃えていた。



24: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:15:47.20 ID:0yfSYp870

テスターα「なぜ、なぜなの?どうしてこの程度の航空攻撃で私の艦隊が……一度撤退し体勢を立て直してから……」

赤城「あら?赤城としたことが、こんな大物を取りこぼすなんて」

加賀「だからあれほど、真面目にと言ったではありませんか、姉さま」

 突然現れては、目の前で茶番を見せられる。テスターαとしては「ふざけるな」と、声を大にして叫びたい気分だ。
 徐々にイライラが募り始めた。



25: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:20:01.62 ID:0yfSYp870

テスターα「お前たち……」

赤城・加賀「ん?」

テスターα「私たちに何をした?たかが航空兵力だけで私たちが撃破されるはずがないわ。お前たちは一体何をしたの?」

赤城「なにを、と言われましても、特に何もしておりませんわ。ただ、一つ強いて言うのならば……」



26: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:20:59.75 ID:0yfSYp870


赤城「『愛』でしょうか?」



27: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:22:37.01 ID:0yfSYp870

テスターα「はぁ(なに言ってんだコイツ)……お前たちに訊ねた私が馬鹿だったわ」

テスターα「まあいい、どうせお前たちはここで沈むのよ」

 テスターαは巨大な砲を、それぞれ赤城そして加賀に向ける。
 接近できた今ならば、万が一にも、億が一にも外すことはないだろう。
 そして分厚い装甲を持つ戦艦クラスならいざ知らず、航空母艦程度であるならばその装甲を貫くことはセイレーンであるテスターαにとっては容易いことだ。



28: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:25:07.07 ID:0yfSYp870



瞬間。

 己を呑み込まんとする殺気に、テスターαは思わず後ずさってしまった。
 この殺気を生み出しているのは目の前にいる二隻の空母。

テスターα(『進化』を遂げた私が、たかが空母二隻程度の殺気で後ずさるなんて、そんな馬鹿なことがあるわけ……)

赤城「うふふ、そうそう自己紹介がまだでしたね」



29: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:32:27.37 ID:0yfSYp870


赤城の左手薬指のあたりが、太陽の光を受けてキラリと光った。



30: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:39:04.99 ID:0yfSYp870



―――――赤城 ケッコン 親愛度200 全能力ステータス+12%――――― 




31: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:47:44.12 ID:0yfSYp870



赤城「私、無敵艨艟と讃えられた一航戦の、赤城と申します......うふふ、あはははは!」




32: ◆4Axd65sRJY 2017/12/17(日) 22:54:57.14 ID:0yfSYp870


ということでこれにて終了です

運良く赤城、加賀、夕立が連続してドロップしたので、気分が舞い上がって書いてしまったけど後悔はない......と思いたい

最後まで読んでくれてありがとうございました




元スレ
【アズールレーン】無敵艨艟の一航戦 赤城 【赤城ss】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513485553/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月18日 13:16
          • コメントゼロは可愛そうだから書いといてやるか
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月18日 14:08
          • 赤城なんて実装されてない(現実逃避)
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月18日 14:39
          • 夕立ください
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月18日 15:24
          • ぼくはまやちゃん!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月18日 17:44
          • (雷電ください)

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ