TOP

【ラブライブ】にこ「うさパン置き忘れ事件」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 00:01:39.44 ID:K5iR0OcgO

いつも、部室へ行くのが一番早い私があの日は職員室に呼ばれて遅かった事。もし、私が一番最初に部室へ行っていれば少しは違ったのかもしれない。

ガチャ

にこ「……」

穂乃果「これは…そうだよね?」

凛「うん。そうだにゃ」

にこ「何よ?何してんのよ?」

穂乃果「あっ!にこちゃん。来てたの?」

凛「来てたんなら言って欲しいにゃ」

にこ「今来たのよ。何してんのよ?」

穂乃果「ああ、ちょうど良かったよ」




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 00:11:12.83 ID:K5iR0OcgO

にこ「ちょうど?」

穂乃果「うん。にこちゃん、部室に忘れ物してるよ」

にこ「え?忘れ物?にこの?」

凛「はい。これ、にこちゃんのでしょ?」

にこ「は?何よ……これ?」

穂乃果「にこちゃんのでしょ?」

にこ「………違うわよ。なによ…この、パンツは…」

穂乃果「え?違うの?」

にこ「違う」

凛「え~そうなの?」

にこ「そうよ。逆にどうしてにこのだと思ったのよ」

穂乃果「だって…ねえ?」

凛「うん。うさぎさんがプリントしてあるから…にこちゃんのかなって」

にこ「どうして、うさぎのプリントしてあるとにこのなのよ」

穂乃果「……だって、高校生にもなってうさぎさんのパンツなんて履かないもんね?」

凛「うん。まず、普通の高校なら履かないにゃ」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 00:21:32.48 ID:K5iR0OcgO

にこ「それは何?にこが普通の高校生じゃないって言いたい訳?」

穂乃果「いやぁ…そんな事は言ってないよね?」

凛「うん」

にこ「まあ、普通の高校生じゃないって事は確かだけど…スーパーアイドルだから」

凛「え?」

にこ「え?」

穂乃果「あははは」

にこ「何笑ってるのよ。なんで、にこだと思ったのよ?」

穂乃果「えっと…にこちゃんって可愛いの好きだし…」

にこ「まあ…可愛いのは好きだけど…」

凛「それに見た目も子供っぽいもんね~」

にこ「何ですってぇ」

穂乃果「まあまあ、凛ちゃんも心の声を出し過ぎだよ」

にこ「あんたが一番失礼なのよ」

穂乃果「まあ、でも…本当ににこちゃんのじゃないの?」

にこ「だから、違うって言ってるじゃない。さすがにうさぎさんパンツなんか履かないわよ」

凛「クマさんも?」

にこ「クマさんもよ」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 00:35:33.32 ID:K5iR0OcgO

凛「え~、にこちゃんじゃないとすると…部外者の人かな?」

にこ「なんでよ。なんで、部室に部外者のパンツが落ちてるのよ」

穂乃果「あま、確かに」

にこ「他のメンバーのだって可能性もあるでしょ?」

穂乃果「あるかなぁ?」

凛「ないと思うけどなぁ」

にこ「どうしてよ。どうして、にこは疑うのに他のメンバーは疑わないのよ。花陽とかどうなのよ?履いてても違和感ないけど」

凛「ん~…かよちんがうさぎさんのパンツを履いてるところ見た事ないけどなぁ」

にこ「いや…あんたが見た事ないだけかも知れないじゃない」

凛「そうかな?」

にこ「そうよ。それとか…ことりとか…」

穂乃果「いや~…ことりちゃんもなぁ…そもそも、ことりちゃん昨日部活休みだったしね。部室来てないもん」

にこ「ああ…確かに…ことりはなさそうね」

凛「なるほどにゃ~」

希「そうなんやねぇ」

にこ「そうなのよ…。って、ええ?」

穂乃果「希ちゃん?」

凛「いつから居たの?」

希「今来た所やけど?」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 00:43:12.04 ID:K5iR0OcgO

穂乃果「そうなの?全然気づかなかったよ」

凛「にこちゃんもそうだったけど居るならちゃんと言って欲しいにゃ」

希「いやぁ、パンツの話に夢中になってたからね」

穂乃果「あっ!ちなみに希ちゃんは…」

希「ちゃうよぉ。ウチのやないよ。ウチがうさぎのパンツ履いてたらおかしいやろ?」

穂乃果「うん。おかしい」

凛「じゃあ、希ちゃんはパスだね」

にこ「希の言う事はすんなり信じるのね」

穂乃果「う~ん。誰のか分からない。やっぱり、にこちゃん…」

にこ「だから、違うって。どうしても、にこにしたいの?」

穂乃果「そう言う訳じゃないけど」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 15:31:27.46 ID:4E6IgutUO

凛「そうやって必死に否定されると怪しいかなって。ね?」

穂乃果「うん」

にこ「それはあんた達がしつこいからでしょ。違う?」

穂乃果「わ、分かったよ。ごめんね」

にこ「だいたい、あんた達二人だって怪しいじゃない」

穂乃果「違うよ。そうだったらそうって言うよね?」

凛「うん」

にこ「それこそ、嘘ついてるだけかも知れないじゃない」

凛「嘘なんかついてないにゃ。そんな事するくらいなら見つけた時にこっそりしまうもん。凛、第一発見者だよ?」

にこ「じゃあ、穂乃果はどうなのよ?」

穂乃果「え?」

凛「穂乃果ちゃんは凛の10分くらい後に来たんだよね?」

穂乃果「ちょ、凛ちゃん?穂乃果の事疑ってるの?」

凛「そうじゃないけど…」




12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 18:51:19.88 ID:h68OYgTnO

穂乃果「穂乃果違うからね?うさぎさんパンツなんて履いてないから」

にこ「何よ?急に慌てて。怪しいわね」

穂乃果「くっ…違うもん。穂乃果はそう言うの中一で卒業したから。クマさんパンツを中一で卒業してるから」

凛「え?中一でクマさん履いてたの?」

穂乃果「あっ…」

希「と言う事で穂乃果ちゃんも除外やね」

にこ「まあ、中一も高校生も大して変わらないけどね」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 19:46:40.66 ID:h68OYgTnO

穂乃果「ち、違う。春までだからね?中一の春までだから実質小学生だから」

にこ「はいはい。わかったから」

凛「気にする事ないにゃ。あんまり以外じゃないし」

穂乃果「うぅ…凛ちゃんだってまだ可能性がない訳じゃないからね?」

凛「だから、凛は…」

穂乃果「穂乃果が来るまでに隠しきれなかっただけかもしれないじゃん」

凛「ち、違うよ。本当に違うもん」

穂乃果「証拠がないじゃん。凛ちゃんもにこちゃんも。証拠がないじゃん」

凛「そ、それは…」

にこ「そんな事言ったらあんただってまだ可能性はあるんだからね?」

穂乃果「なんでさ。穂乃果はさっき証明された様なもんじゃん。これ以上穂乃果を辱めるの?」

凛「凛は絶対に違うから。なんなら、お母さんに電話して聞いてみてもいいにゃ」

にこ「だったら、私だってママに電話してもいいわよ」

穂乃果「穂乃果だって」

希「ウチは…誰に電話すればいいの?」

穂乃果「え?」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 19:52:10.72 ID:h68OYgTnO

希「ウチは…両親と離れてるから。電話しても証明にはならんけど」

にこ「あー……」

凛「の、希ちゃんは平気だよ。最初から疑ってないから。ね?」

穂乃果「う、うん。そだね」

希「そっか」

穂乃果「うん…」

凛「……」

穂乃果「取り敢えず…ここで擦りつけあうのはやめようか?」

凛「そうだね…。こんだけ否定してるんだもんね。この中には居ないにゃ」

にこ「そうね。パンツで喧嘩なんて馬鹿らしいものね」

希「となると他のメンバーやね」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 19:58:50.08 ID:h68OYgTnO

穂乃果「他のメンバー…」

ガチャ

ことり「あっ、もう皆んな来てるね?」

花陽「こんにちは~」

凛「あっ、かよちん」

穂乃果「ことりちゃん」

ことり「あれ?どうしたの?」

穂乃果「うん。えっと…」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 21:19:04.72 ID:h68OYgTnO

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「あの…二人はさ」

ことり「うん」

花陽「な、何かな?」

穂乃果「二人は普段どんなパンツ履いてる?」

ことり「え?」

花陽「ぱ、ぱんつ?」

穂乃果「うん。パンツ」

花陽「ど、どう言う事かな?どうして、私達の…その…パンツを…」

希「これには深い理由があるんよ」

花陽「深い理由?」

凛「これ。このパンツが部室に落っこちてたんだよ」

にこ「あんた達のどちらかのじゃないの?」

花陽「ち、違うよ?」

凛「だから、言ったにゃ。かよちんは違うって」

ことり「私も違うよ」

穂乃果「だよね。ことりちゃん昨日練習休んでたしね」

ことり「にこちゃんじゃないの?」

にこ「だから、なんで私を疑うのよ。私の事をどう思ってるのよ」

ことり「そ、そう言うつもりじゃないの」

にこ「そう言うつもりじゃないってどう言う意味よ?」

ことり「あの…ほら?穂乃果ちゃんはクマさんパンツを中学生の時に卒業しちゃったし…」

穂乃果「こ、ことりちゃん…」

ことり「あっ、ごめん」




18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 21:28:38.66 ID:h68OYgTnO

希「でも、この二人でもないとなると」

穂乃果「残るは……」

凛「真姫ちゃん?」

にこ「それから、絵里と…」

ことり「海未ちゃん?」

花陽「その三人は…一番遠い様な」

希「でも、皆んな違うんやろ?そしたら、残るはあの三人やん」

凛「そっか。あの三人の中の誰かになるのかぁ」

穂乃果「海未ちゃん…真姫ちゃん…絵里ちゃん…」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 21:43:15.24 ID:h68OYgTnO

凛「絵里ちゃんだね」

穂乃果「そうだね。絵里ちゃんだろうね」

花陽「ええ?どうして、絵里ちゃんになるの?」

穂乃果「まあ、あの三人の中なら絵里ちゃんぽいかなって」

凛「うん。凛もそう思う。絵里ちゃんで決定だにゃ」

にこ「ちょっと待ちなさいよ。あんた達はイメージで決めすぎなのよ」

穂乃果「そうかなぁ…そんな事ないよね?」

凛「うん」

花陽「そ、その前に絵里ちゃんにうさぎさんパンツのイメージないよ?」

穂乃果「いやぁ、でも…海未ちゃんは履かないよね?」

ことり「うん。履かないと思うけど…履いてる所も見てみたいかな」

にこ「あんたの願望は聞いてないのよ」

希「いやぁ、でも実際海未ちゃんって結構不思議ちゃんな所あるやろ?」

穂乃果「うん。まあ…不思議ちゃんと言うか天然と言うか」

希「そうやろ?」

にこ「それに海未って着替えとかで絶対にパンツを見せない様に着替えるものね。女同士でも」




20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 22:07:43.60 ID:h68OYgTnO

凛「そうなると海未ちゃんが怪しい様な気がしてきたにゃ」

穂乃果「そうだね。海未ちゃん見えてないとこで何してるか分からないしね」

花陽「でも、それだけで決めつけるのは時期尚早だと思うけど…」

にこ「真姫も怪しいわね」

凛「え~真姫ちゃん?それはないにゃ~」

にこ「いやいや、真姫って結構お子ちゃまよ?」

凛「まあ、それは否定しないけど」

花陽「そこは否定しようよ」

希「ん~でも、真姫ちゃんがパンツを落とす様なドジをするかな?」

凛「確かに…真姫ちゃんならそんな事しないよ」

穂乃果「それを言ったら海未ちゃんもしないと思うよ?」

凛「じゃあ、やっぱり絵里ちゃんになるのか」

穂乃果「そうなっちゃうね」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 22:23:58.53 ID:h68OYgTnO

花陽「ええ?絵里ちゃんだってそんな事は…」

にこ「いや、絵里って結構ドジよ?穂乃果ほどじゃないにしろ」

穂乃果「いや、穂乃果もドジじゃ…ない…と思われるよ」

凛「言い切れないんだね」

花陽「そうかなぁ」

希「まあ、クールなイメージがあるから余計目立つんやろうけどなぁ」

穂乃果「まあ、取り敢えず…絵里ちゃんって事で」

絵里「私がどうしたの?」

穂乃果「え?」

凛「絵里ちゃん?」

絵里「な、何よ?」

海未「何をこそこそやっているのです?」

真姫「どうせしょうもない事でしょ?花陽とことりを巻き込んで」

穂乃果「海未ちゃん…真姫ちゃん…」

凛「な、なんでもないにゃ~」

真姫「何?怪しいわね」

凛「あはは」

にこ「ちょっと…なんで隠したのよ」

凛「いや~つい…」




22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 22:46:09.75 ID:h68OYgTnO

にこ「聞いてきなさいよ」

凛「え?凛が?」

にこ「そうよ」

凛「にこちゃんが行けばいいにゃ」

にこ「最初に発見した凛が行くべきじゃない」

凛「えー」

穂乃果「分かった。じゃあ、穂乃がが聞いてくるよ」

にこ「え?マジで?」

凛「さすが穂乃果ちゃんにゃ」

希「穂乃果ちゃん。ファイトや」




23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 22:49:45.77 ID:h68OYgTnO

穂乃果「ねえ!絵里ちゃん」

絵里「なあに?」

穂乃果「絵里ちゃんってうさぎ好き?」

絵里「うさぎ?まあ…好きだけど」

穂乃果「真姫ちゃんは?」

真姫「別に嫌いじゃないわよ」

穂乃果「それは好きなんだね?好きでいいんだね?」

真姫「まあ…なんでよ?」

穂乃果「いやぁ…海未ちゃんは?」

海未「私も好きですよ。可愛いですよね」

穂乃果「なるほど。わっかりました」

海未「な、何なんですか?」

絵里「さあ?」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 22:54:19.02 ID:h68OYgTnO

穂乃果「いやぁ…皆んな疑わしいね」

花陽「ほ、穂乃果ちゃん…」

にこ「あんた馬鹿じゃないの?遠回し過ぎるわよ」

穂乃果「だ、だって…」

希「仕方ないなぁ」

にこ「え?希行くの?」

希「ウチに任せて」

凛「やっぱり、いざとなったら希ちゃんだにゃ」

穂乃果「そうだね」




25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 23:01:19.24 ID:h68OYgTnO

希「ねえ?ちょっと聞いてもいいかな?」

絵里「何?今度は希なの?」

真姫「さっきから何をしてるのよ?イタズラじゃないでしょうね?」

希「ちゃうよぉ。真面目な話やって」

海未「なんです?真面目な話って?」

希「いやぁ…三人はどんなパンツが好きなんかなぁって」

絵里「ああ…パンツね?そうねぇ…私はやっぱり清純なイメージの…って何を言わせるのよ」

海未「どこが真面目な話なんですか?」

真姫「やっぱり、何かイタズラでもするつもりでしょ?」

希「ちゃうよ。真面目に聞いてるんやって」

海未「答える訳ないでしょう!」

絵里「そうよ」

真姫「いや…絵里は結構答えてたけど」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 23:08:30.66 ID:h68OYgTnO

穂乃果「ああ…なんかダメそうだね?」

凛「そうだね」

ことり「と言うか……あれだったら、このパンツを知らないって聞けば良かったんじゃ」

にこ「希は遊んでるのよ。あれ…」

穂乃果「ああ…確かに。希ちゃんはふざけてるのかも」

にこ「全く…こんなパンツの為に…」

穂乃果「どうしたの?」

にこ「いや…なんでも…」

にこ(あれ?このパンツ…どこかで……これって…)



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 23:16:25.90 ID:h68OYgTnO

希「実はな、部室にうさぎさんのパンツが落ちていてな」

真姫「は?言ってる意味が分からないんだけど?」

希「いや、そのままの意味やけど」

絵里「え?うさぎさんのパンツって…」

穂乃果「うさぎさんの絵がプリントしてあるパンツだよ」

凛「誰のパンツか分かんないんだよね」

真姫「何?それで私達を疑ってるって言うの?」

凛「疑ってるって言うか」

真姫「うさぎさんパンツって…にこちゃんじゃないの?」

穂乃果「違うみたいなんだよね。ね?」

にこ「……」

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「え?ああ…うん」

海未「にこが今待っている物ですか?」

希「そうなんよ。見覚えない?」

海未「これ…高校生が履くような下着じゃないですよね?」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 23:23:35.31 ID:h68OYgTnO

希「一概にそうとは言えないやん。個人の趣味とかもあるし」

海未「まあ…そうですが。私は違いますからね?本当ですよ?」

真姫「私だって違うから。こんな子供っぽいパンツ履かないし」

凛「じゃあ、やっぱり絵里ちゃん?」

絵里「なんでよ。私だって違うから」

希「本当に?」

絵里「本当よ」

にこ(このパンツ…ここあのだわ…。でも、どうして…ああっ、そう言えば一昨日虎太郎が私の鞄を勝手に開けて遊んでた…)



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 07:50:36.32 ID:hGVFvu6yO

希「いやぁ、でも実際えりちが履いてたらすっごい可愛いやん。萌え萌えやん」

絵里「なによそれ…萌え萌えって…」

希「これが誰のパンツかは置いといてえりちがこんなパンツを履いてたらもっと人気が出ると思うよ?キャップで」

絵里「え?そ、そうかしら?」

希「うん。な?にこっち?」

にこ「え?あ…うん」

にこ(どうしよう…あれだけ否定しといて、今更やっぱり私が待って来たって言い難いわ)

希「ふふっ」

にこ「な、何よ?」

希「別に」

にこ(な、何?今の含み笑は?もしかして、希気づいてる?気づいた上でこの状況を楽しんでる?)



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 07:58:49.80 ID:hGVFvu6yO

絵里「そ、そうだったのね…」

真姫「いや、そんな訳ないじゃない」

海未「そうです。そもそも、下着姿を見せる訳でもないのに」

絵里「た、確かにそうだわ。あ、危なかった…今のは危なかったわ」

凛「危ないかな?普通騙されないよね?」

穂乃果「うん。普通はね」

絵里「希…あなたねぇ…」

希「えー、ウチは本当にそう思ったんやけどなぁ」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 09:26:30.28 ID:hGVFvu6yO

真姫「って言うか…それ…よく見せて?」

にこ「え?」

穂乃果「興味湧いたの?」

凛「それともやっぱり真姫ちゃんのだった?だったら、最初から…」

真姫「ち、違うわよ。さっきからにこちゃんが握り締めてるから…もしかしたら、手掛かりがあるかもって」

にこ「いや…もう、よくない?」

真姫「何が?」

にこ「多分μ’sのメンバーのじゃないわよ。私が落し物で届けておくから…」

真姫「何よ急に」

凛「怪しいにゃ。やっぱり、にこちゃんのだったの?」

にこ「ち、違うわよ。もし、知らない人のならジロジロ見るのも良くないじゃない?だから…」

海未「まあ…確かにそれはそうですが」

にこ「だから…」

ことり「……」じぃー

にこ「な、何よ。ことり」

ことり「さっきはよく見てなかったから気がつかなかったんだけど…」

にこ「え?」

ことり「お願い、にこちゃん。よく見せて?」

にこ「だ、だから…」

ことり「にこちゃん…」

にこ「わ、わかったわよ…」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 09:33:48.34 ID:hGVFvu6yO

ことり「やっぱり…」

真姫「これって…」

ことり「うん。高校生が履けるサイズじゃないよね?」

海未「そうですね…」

穂乃果「え?嘘?」

凛「言われてみれば…」

絵里「言われなくても分かるでしょ」

海未「誰も気がつかなかったのですか?」

穂乃果「いやぁ…サイズまで気が回らなかったよ」

凛「うん。最初からにこちゃんを疑ってたもんね。ね?」

希「そうやね。ウチも全く気がつかなかったなぁ。だって、穂乃果ちゃん達がずっと待ってたもんな」

海未「しかし、そうなると何故子供用の下着が部室に…」

真姫「そうね。部外者が勝手に入ったとか…」

絵里「ここで考えても分からないし。取り敢えず、にこの言う通り落し物で職員室に届けて…」

にこ「いや、それは…」

真姫「今度は何よ?」

にこ「いや…だから…」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 09:43:52.75 ID:hGVFvu6yO

真姫「だから、何?」

にこ「皆んなで行く必要はないでしょ?私が行くから」

真姫「別ににこちゃんが行く必要だってないじゃない。なんで、そんなに行きたがるのよ?」

にこ「それは…」

真姫「怪しい。やっぱり、何か怪しいわよ」

海未「そうですね。何か隠してますね」

穂乃果「もしかして、にこちゃんの子供の頃に履いてたパンツとか」

凛「あっ!それありえそうだにゃ」

にこ「違うわよ。子供の頃に履いてたパンツなんて持ってる訳ないでしょ。そうよね?花陽?」

花陽「え?どうして、私に?」

真姫「花陽に逃げるなんて卑怯よ」

絵里「そうよ。さあ、にこ。何を隠してるの?」

にこ「それは…」




39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 09:57:17.08 ID:hGVFvu6yO

希「にこっち。もう素直に言った方がええんやない?」

真姫「え?希も何か知ってるの?」

希「にこっちの妹ちゃんのパンツって所やろ?それが間違って鞄に入っててとか」

にこ「……」

穂乃果「え?そうなの?」

にこ「……そうよ。それは妹のうさぎさんパンツよ」

真姫「なんで黙ってたのよ」

海未「そうです。別に隠す様な事では」

にこ「だって、あんだけ私のじゃないって啖呵切っといてやっぱり私でしたって言い難いじゃない。って言うか希。あんた気が付いてたなら言いなさいよ」

希「いやぁ、にこっちの表情見るまでは気がつかなかったけどな」

穂乃果「え?でも、子供用のパンツって事は気がついてたの?」

希「うん。当たり前やん。そんなの一目瞭然やん」

絵里「はあ…ばかばかしい時間を過ごしたわ」

海未「そうですね」

凛「やっぱり、凛と穂乃果ちゃんの推理は正しかったにゃ」

穂乃果「あっ!そうだね。名推理だったね」

真姫「はあ…結局にこちゃんなんだから」

にこ「わ、悪かったわよ」

花陽「にこちゃん。気にする事ないよ。仕方ないよ」

ことり「ごめんね。私が余計な事を言ったから…」

にこ「いや…」






40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 10:02:20.15 ID:hGVFvu6yO

私が一番最初に部室に行っていたらこんな結果にはならなかった。

にこ「虎太郎、ここあ。ちょっと来なさい」

ここあ「どうしたの?」

虎太郎「な~に~」

こころ「どうしたのですか?」

にこ「ここあのパンツがにこの鞄に入ってました。入れたのは虎太郎ね?」

虎太郎「ち~が~う~」

にこ「」



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 10:04:26.80 ID:hGVFvu6yO

にこ「嘘つきなさい。こないだにこの鞄を」

ここあ「お姉ちゃん。これ、私のじゃないよ?」

にこ「え?」

こころ「私のでもないですよ」

にこ「で、でも…うさぎさんのパンツ履いてたじゃない」

ここあ「少し絵が違うもん。もっと可愛いやつだよ」

にこ「そうなよ?じゃあ…これは?」

ここあ「知らない」




元スレ
にこ「うさパン置き忘れ事件」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513263699/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月17日 00:40
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月17日 08:57
          • 最後の最後にミステリー
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月17日 18:14
          • えぇ……
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月20日 00:16
          • 結局誰のなんだ…

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「ねえ……明日ってヒマ?」男(どうせバイト代わってくれってオチだろ……)
        • ブルー「炎の王国の打ち上げ始めるぞー」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ