TOP

【少女終末旅行SS】チト「なんでもできるユーと」ユーリ「弱気なちーちゃん」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:13:48.35 ID:OZn9YOLL0

重い感じのユーリが書きたかっただけ



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:14:17.94 ID:OZn9YOLL0

トトトトト…

チト「ユー」

ユーリ「なに?」

チト「今日やたらと暑くないか?」

ユーリ「え、何それ」

ユーリ「暑いわけないじゃん、雪まで降ってるのに」

チト「そうか」

ユーリ「うん」

チト「いや、暑いね」

ユーリ「は?」

チト「脱ぐ」ヌギッ



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:14:46.02 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「ちょっ、運転中に何してんの!?」バッ

チト「放せ!脱ぐんだー!!ジタバタ

ユーリ「危ないって!」

ユーリ「ほらハンドルが!!」グイッ

ドスン!

ユーリ「わーっ!」ベシャ

ユーリ「いたたたた…」

チト「うう…」

ユーリ「まったく、ちゃんと前見て運転しないから…」

ユーリ「いきなりどうしたのさ?ちーちゃんがご乱心だなんて珍しい」

チト「…」

ユーリ「ちーちゃん?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:15:19.41 ID:OZn9YOLL0

チト「ユー…」ハァハァ

ユーリ「だ、大丈夫?」ジュッ

ユーリ「うわっ、すごい熱!?」

チト「ごめん」

チト「私はもう、ダメみたいだ…」

ユーリ「何言ってるのちーちゃん!?」

チト「」ガクッ

ユーリ「ちーちゃん!?」

ユーリ「ちーちゃーん!!」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:15:49.75 ID:OZn9YOLL0



チト「ん…」ムクッ

ユーリ「あっ、起きた?」

チト「ここは…?」

ユーリ「たぶん倉庫か何かの跡じゃないかな」

チト「ユーがここまで運転したのか?」

ユーリ「うん、まあ…屋根があるとこ探してさー」

ユーリ「前にちーちゃんがケガした時以来になるのかな?」

ユーリ「けっこう距離があったけど何とかできたよ」フフン

チト「そうか…」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:16:22.81 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「熱は下がった?」

チト「うーん…」

ユーリ「汗がすごかったから拭いて、それから救急箱にあった解熱剤を飲ませたんだけど、どうかな?」

チト「だいぶ楽になった…、とは思う」

チト「まだ体は重いし関節は痛いけどね」

ユーリ「そうなんだ、食欲は?」

チト「正直あまり…」

ユーリ「ダメだよ?食べなきゃ!」グイッ

チト「お、おい…」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:16:48.23 ID:OZn9YOLL0

チト「何だこれは?」

ユーリ「ふっふっふっ…」

ユーリ「ユーリ様特製”おかゆ”です」

チト「おかゆ?」

ユーリ「変なものじゃないよ、この本の通りに作ったから」

ユーリ「と言っても、材料がそろわないからレーションで代用したんだけどね」

ユーリ「レーションを砕いてから、お湯に溶かして塩を入れたんだ」

チト「ちょっと待て」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:17:21.89 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「あ、燃料使ったのバレちゃった?」

チト「そうじゃなくて」

チト「さっき本の通りって言ったけどお前、字は読めないだろ?」

ユーリ「あー、それね」

ユーリ「なんでいまだに勘違いされてるのかよくわかんないんだけど…」

ユーリ「まあ私もあえて否定しなかったし?」

ユーリ「面白がってわざと読めないフリをしてたってところもあるからなー」ウンウン

チト「おい、何の話だ?」

ユーリ「ちーちゃん、本当に覚えてないの?」

チト「?」

ユーリ「2人でいっしょにおじいさんに読み書き教わったこと」

チト「…」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:17:50.88 ID:OZn9YOLL0

チト「…あ!」

ユーリ「思い出した?」

ユーリ「それからだよね、ちーちゃんが本にハマったの」

ユーリ「私は本に全然興味なかったから読まなくて、それで勘違いしちゃったのかもね」

チト「そう、なのか…?」

ユーリ「もしかしてちーちゃんって…」

チト「ん?」

ユーリ「記憶力悪い?」

チト「お前にだけは言われたくない」

チト「でも、そうか」

チト「ユー、字が読めたのか…」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:18:27.29 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「じゃなくて!」バン!

ユーリ「今そんなことどうでもよくない!?」

ユーリ「ほら、おかゆが冷めちゃう!」グイッ

チト「い、いいよ…」

ユーリ「だーめ」

ユーリ「あーんして、あーん」

チト「やめろよ、恥ずかしいだろ…」カアア

ユーリ「私たちしかいないのに恥ずかしいも何もないじゃん」

ユーリ「ほら、あーん」

チト「わ、わかったよ…」

チト「食べればいいんだろ!?」パクッ

ユーリ「お、いい食いつき」

チト「///」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:19:06.11 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「どう?」

チト「う、美味い…」

チト「塩加減が絶妙だ」

ユーリ「でしょー」ニコニコ

ユーリ「やっぱり私ってこういう才能があるっていうかー」

ユーリ「ちーちゃんもそう思わない?」

チト「うっ…」ポロポロ

ユーリ「えっ何…ど、どうしたの!?」

ユーリ「どこか痛いとか?」オロオロ



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:19:35.02 ID:OZn9YOLL0

チト「いや…」

チト「ユー、ちゃんと運転できるし、字も読めるし…」

チト「美味しいおかゆも作れるし、病人の介護もできるんだな」

チト「ホントに才能あるよ…」

ユーリ「ご、ごめん…ちょっと調子乗りすぎちゃったかな!?」

ユーリ「そんなことちーちゃんはいつもやってることだよね…」

ユーリ「運転とかもっと代わってあげればよかったし…」

ユーリ「何て言うか、今までちーちゃんに甘えることに慣れ過ぎちゃってたからさー」

ユーリ「って、言い訳になってないなこれ…」

チト「違う、そうじゃないんだ」

ユーリ「え?」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:20:17.23 ID:OZn9YOLL0

チト「私は…、ユーにもっと頼ってもらいたいんだ」

チト「ユーに頼られることが私の生きがいだと思ったから…」

チト「だから今まで、ユーの事を何にもできないダメダメな奴だと思い込んでた」

チト「日記にもユーの事ボロクソに書いたし…」

ユーリ「ちょっと!?」

チト「でも今回、はっきりわかったよ」

チト「私が迷惑かけて、熱出して何にもできない時でも、ユーはちゃんと対応できた」

チト「別に私の助けなんて必要なかったんだな…」

ユーリ「そんな…」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:21:01.29 ID:OZn9YOLL0

チト「なあユー」

チト「ユーが何でもできるなら、私の存在意義はいったい何なんだ?」

ユーリ「何を言って…」

チト「いや、そんなことどうでもいいか…」

チト「ユーが一人でも大丈夫だってことがわかったんだし、むしろ喜ぶべきなんだよな」

チト「この分ならユーは私が死んでも大丈夫そうだ」

ユーリ「ちーちゃん…?」

チト「ユー、もしも私がこのまま死んだら…」

チト「今じゃないかもしれないけど、明日、この先…その時が来たら」

チト「その時はせめて…、私の分まで生きてほしい」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:21:33.58 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「あのさぁ…」ハァ

ユーリ「ちーちゃんはまーた勘違いしてる」

チト「ユー?」グスッ

ユーリ「ちーちゃん、私たちが出会ったのっていつだっけ?」

チト「いつ…?」

ユーリ「気付いたら一緒にいた、そんな感じしない?」

チト「…」

ユーリ「ずっと昔から私たちはふたりで旅してきて、今があって…」

ユーリ「そしてこれからもずっと、ずーっと続けていくんだと思う」

チト「…?」

ユーリ「…つまりさ、私たちはふたりでひとつなのであるわけでして」

ユーリ「なんていうか、お互いがお互いにとっての存在意義というか…」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:22:06.45 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「あーもう、何でわかんないかなあ!?」

チト「!?」ビクッ

ユーリ「ちーちゃんが私と一緒にいてくれること!それがちーちゃんの存在意義なの!!」

チト「なっ…///」

ユーリ「ちーちゃんがいないと私、生きていけないもん…」

ユーリ「私にとってのちーちゃんはそんな存在」

ユーリ「…ちーちゃんにとって、私はそうじゃないの?」

チト「そ、そんなことは…」

チト「そんなことは、ない…」

ユーリ「よかった」ニコッ



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:22:39.34 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「だったら…」

チト「?」

ユーリ「めっ」デコピン

チト「いたっ」

ユーリ「ただの熱でしょ?」

ユーリ「そんなことで死ぬなんて冗談でも言わないでね?」キッ

チト「ごめん…」ヒリヒリ

ユーリ「もしちーちゃんが死んだら、私もすぐ死ぬから」

チト「えっ」

ユーリ「ちーちゃんがいない世界なんて生きる価値ないよ」

チト「ユー…」

ユーリ「だから、私のために生きてね?」

チト「…わかった」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:23:12.56 ID:OZn9YOLL0

ユーリ「さてと、今日はもう寝て」

ユーリ「明日は元通り元気なちーちゃんを見せてよね」

チト「うん…」

チト「あ」

ユーリ「?」

チト「お礼、まだ言ってなかったよな?」

チト「ありがとう、いろいろ…」

ユーリ「どういたしまして」

チト「おやすみ」

ユーリ「おやすみ」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:23:43.45 ID:OZn9YOLL0



トトトトト…

ユーリ「今日は昨日とうってかわって、いい天気だねぇ…」

ユーリ「絶好の旅日和だ」

チト「そうだな」

ユーリ「本当に体調は大丈夫なの?」

チト「まあな、おかげさまで」

チト「ユーこそ大丈夫なのか?運転」

ユーリ「もっちろん、まかせて!」

ユーリ「ちーちゃんは寝てていいよ」

チト「そうか、悪いな」

ユーリ「これからはどんどん私を頼りにしていいから!」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:24:17.01 ID:OZn9YOLL0

チト「…って言ったよな?」

ユーリ「あはは…」

チト「それなのに、なんで…」

チト「なんで!溝に!ハマるかな!?」

ユーリ「いやー、これは仕方ない」

ユーリ「誰だって気付かないよ」

チト「それ以前の問題だろ?」

チト「まっすぐ運転できましたか?」ゴゴゴ

ユーリ「できませんでした…」

チト「だよな?」

ユーリ「ハイ」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:24:49.34 ID:OZn9YOLL0

チト「あーあ、どうしよう…」ハァ

ユーリ「でもさ、考えようによっては良かったんじゃない?」

チト「何が?」イラッ

ユーリ「ちーちゃんの生きがいを取り戻せたじゃん」

チト「調子に乗るな」ゴン

ユーリ「ぐえっ」

ユーリ「いたい…」ヒリヒリ



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:25:25.45 ID:OZn9YOLL0

チト「まあでも?」

チト「やっぱりユーは、私がいないとダメみたいだな」

ユーリ「うん、そうだよ」

チト「…」フーッ

チト「まったく…しょうがないなあユーは」

ユーリ「えへへ…」

チト「…引き上げるから、何か挟めるもの持ってきて」

ユーリ「りょーかい!」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:25:59.23 ID:OZn9YOLL0

おわりです。
お読みいただきありがとうございました。



元スレ
【少女終末旅行SS】チト「なんでもできるユーと」ユーリ「弱気なちーちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513260828/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【艦これ】艦娘で学ぶ例のあの現象
        • 【バンドリ安価】戸山香澄「たられば」
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ