TOP

【ラブライブ】真姫「は?プッチンプリンをプッチンせずに食べた?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:34:18.77 ID:P7sQ/ihD0




絵里「みんな、今日はいきなり集まってもらってごめんなさいね」

凛「何かあったの?」

ことり「次のライブの話?」

海未「それでしたら問題はありません。私と絵里とで入念に────」

絵里「ライブの話じゃないの」

海未「っ!」

凛「え、絵里ちゃん何か……顔怖いよ……?」

穂乃果「絵里ちゃん、何があったの?」

にこ「突然みんなを招集するくらいだから、くだらない件じゃないのは確かよね」

花陽「な、何だろ……緊張する……」

希「…………」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:37:01.15 ID:P7sQ/ihD0

真姫「で、何なの?」

絵里「みんな、よーく聞いて」

穂乃果「……」

ことり「……」

海未「……」

凛「……」

花陽「……」

真姫「……」

にこ「……」

希「……」

絵里「…………さっき、UTX高校からメールが届いたの」

穂乃果「メール?」

絵里「内容は…綺羅ツバサが処刑されたという事」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

真姫「!?!?」

にこ「!?!?」

希「!?!?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:37:54.50 ID:P7sQ/ihD0

海未「は……?な、え……しょ、処刑!?」

にこ「どういう事なのよ!綺羅ツバサが……何でよ……!」

穂乃果「私!ツバサさんに会ってくる!」

絵里「待ちなさい!!」

穂乃果「っ!?」

絵里「話は最後まで聞きなさい」

穂乃果「で、でも…」

ことり「穂乃果ちゃん、座ろ?」

穂乃果「……うん」

絵里「ツバサさんが処刑された理由……わかる?」

にこ「……人殺し、ではないわ。あの人はそんな事をするような人じゃない」

花陽「うん…」

凛「まさか、泥棒!?」

海未「そんな!あの人がそんな事するはず!」

穂乃果「絵里ちゃん……お願い、教えて」

絵里「……ツバサさんはね」

8人「……」

絵里「プッチンプリンをプッチンしないで食べたのよ」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

希「!?!?」

真姫「は?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:38:51.92 ID:P7sQ/ihD0

花陽「な、な……!」

凛「そ…んな大罪を犯したの!?」

真姫「えっ」

海未「ありえません!あのカリスマ性の塊である綺羅ツバサがそんな愚行を…!」

にこ「何かの間違いでしょ!?」

穂乃果「ツバサさん……!」

絵里「残念だけど、事実よ。あんじゅさんからも連絡が来て、今会見を行ってるそうよ」

ことり「そんなぁ…」

真姫「いやイミワカンナイ」

絵里「それで、話はまだ終わってないの」

穂乃果「え!?」

凛「ま、まだ何か!?」

絵里「……本当は言いたくなかったんだけど…」

にこ「言いたく…なかった……?」

絵里「……この中にもいるんでしょ?商品名に反して使用、服用している人が」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

希「!?!?」

真姫「は?」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:39:52.01 ID:P7sQ/ihD0

絵里「お願い、正直に名乗り出て欲しいの」

海未「い……いるわけないでしょう!?そんな事をしたらどうなるのかは皆分かっているんですから!」

ことり「そ、そうだよ!いるわけないよ!」

希「商品名に反した使用法を行った場合、女子供問わず極刑に処す……。ちっちゃい頃から耳にたこが出来るくらい親に言われたはずやし」

にこ「そ、その通りよ…」

凛「いるわけないにゃ…」

穂乃果「う、うん……」

真姫「イミワカンナイ」

絵里「……そう、非常に残念だわ。なら、嫌でも認めさせてあげる」

ことり「な、何する気……!?」

絵里「まずはにこ、あなたよ」

にこ「はぁ!?」

海未「にこ!あなたまさか!?」

凛「にこちゃん!?」

絵里「あなた、ガリガリ君をペロペロ舐めながら食べたそうね」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

希「!?!?」

にこ「!?!?」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:41:05.76 ID:P7sQ/ihD0

絵里「あなたの弟さんから目撃情報が出ているの」

にこ「あ……あぁ……」

穂乃果「そんな……にこちゃん……」

凛「何でガリガリしなかったの…?」

にこ「……っ、仕方っ……無いじゃない…あのキュッてなるのが嫌だったのよ……!」

ことり「それは分かるけど……でも、ガリガリしなかったらどうなるか───」

にこ「分かってるわよ!!でも…無理だった……」

希「にこっち……」

絵里「……残念だけど、これは規則。にこは今日限りをもってμ'sを脱退。及び国家反逆罪、極刑とするわ」

にこ「ごめんなさい……みんなぁ……!」ポロポロ

花陽「そんなっ!絵里ちゃん酷いよ!」

海未「花陽!いけません!」

花陽「でも……っ!」

絵里「花陽、あなたにも通知が来てたわ」

花陽「……え?」

凛「は、え……通知?」

絵里「あなた、ごはんですよ。をそのまま食べたみたいね」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

にこ「!?!?」

希「!?!?」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:42:37.38 ID:P7sQ/ihD0

花陽「な!?なんでそれを!?」

絵里「あなたのお母さんを脅したらゲロったのよ」

穂乃果「ひ、酷い!何でそんな事を!」

花陽「そ、そんなぁ…あんまりだよぉ……!」

絵里「あなたの白米愛は承知しているわ。カレーと白米を別々にして食べるように、白米とごはんですよ。を別々にして食べたいわよね?」

花陽「うぅ……はい……」

絵里「でも、それはやってはいけない事。その掟はあなたも知っていての過ち……そうでしょ?」

花陽「……はい」

絵里「花陽、あなたはとても良い子。まるで現代のナイチンゲールのような人柄を持った子。でもね、この世界じゃ『良い子』だけでは世渡りできないのよ」

花陽「っ!!」

絵里「残念だけど、あなたも極刑よ。今までご苦労だったわ」

花陽「あ、あぁ……」ヘナッ

凛「やめてよ絵里ちゃん!」

絵里「……」

海未「ちょ、ちょっと凛!」

希「凛ちゃん!感情的になるのはアカンよ!」

凛「でも黙ってられないよ!!」

絵里「何?凛」

凛「かよちんは悪くない!悪いのはこんな法律をつくった国家の人にゃ!!」

絵里「……そうね、あなたの言い分は分かる」

凛「だったら!」

絵里「人間は生きていく上、生活していく上ではルールに従わないといけない決まりなのよ」

凛「っ!!」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:44:00.45 ID:P7sQ/ihD0

絵里「例え理不尽だろうが差別しようが、人は決められたルールに従って生きていかなきゃならないの。電車や車だってそう、人の造ったレールや道路が無ければろくに人を乗せて走る事も出来ない。凛、あなたに分かる?」

凛「ぐぅ…っ、でも!そんなの只の理屈だよ!ルールに縛られながら生きる事が正しいの!?」

にこ「凛、もうやめなさい」

ことり「絵里ちゃんの言ってる事は正しいよ…」

凛「でも……だってぇ!!」

絵里「正しいかどうか何て関係ないの」

凛「……え?」

絵里「ルール全てが正しいなんて誰も思ってないわよ。ただ、動物は……いえ、生命は全て生きていく上では正しい事も間違った事も全部自分達の良いように言い聞かせるしか他無いの」

凛「……」

絵里「ここで花陽を許してしまったら、今までこの掟を破ってこの世を去ってしまった人々はどう思うかしら?」

凛「!」

絵里「ルールに正解も間違いも無いの。人間は全て『それが正しい』って言い聞かせて、それを他の人に押し付けてるだけ。どう?理解出来た?」

凛「……でも、でもっ!」

花陽「凛ちゃん、もういいんだよ」

凛「え、かよちん……?」

花陽「ありがとう。花陽の為に…」

凛「待ってよ…やだよ、何でそんな事言うの?凛はまだ!」

花陽「凛ちゃん…私の分も生きてね?」

凛「かよちん……っ、うぅ……っ!!」

絵里「凛」

凛「うぐっ……ぐすっ、……何?」

絵里「感動の所悪いけど、あなたにも通知が来てるのよ」

花陽「!?!?」

凛「!?!?」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:44:40.86 ID:P7sQ/ihD0

穂乃果「ま、まさか凛ちゃんも!?」

希「そんな……!」

絵里「あなた、おっとっとを座って食べたらしいわね」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

希「!?!?」

凛「……バレてたんだね」

絵里「えぇ、あなたの同級生からの証言よ」

花陽「そ、そんな……凛ちゃんまで…」

凛「……えへへ、ごめんねかよちん。かよちんの分も生きたかったけど…ダメみたい!」ポロポロ

花陽「凛ちゃあんっ!!」ダキッ

絵里「育ちの良さが裏目に出たわね」

ことり「凛ちゃんまで…」

海未「何という事です…」

真姫「宿題しよ」カキカキ



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:45:26.78 ID:P7sQ/ihD0

絵里「……海未」

海未「っ!?」

希「え!?えりち嘘やろ!?」

穂乃果「待ってよ…まさか……」

絵里「そのまさか」

海未「」ガクガク

にこ「海未、あんたまで……!?」

絵里「海未は1日分の野菜ジュースを2日かけて飲んだのよね?」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

希「!?!?」

海未「」

ことり「い……1日分の野菜ジュースを…?」

花陽「そんな体に不健康な摂り方を…海未ちゃんが!?」

絵里「海未、何か反論は?」

海未「…………ありま、せん……」ポロポロ

穂乃果「何で……何でなの海未ちゃん!」ガシッ

海未「ごめんなさ……ほのっ…ことりぃ…っ!」ポロポロ

ことり「うぅ……そんなぁ……」ペタン

海未「あんまり……美味しくなくてぇ……!」ポロポロ

希「でも、残したらどうなるかは海未ちゃんも分かってたやろ!?」

海未「うぅ…っ」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:46:41.24 ID:P7sQ/ihD0

絵里「海未、あなただけはルールに従って、この先も生きていくと思ってたけど……違ったみたいね」

穂乃果「っ!絵里ちゃん!そんな言い方!!」

海未「もういいんです穂乃果!」

穂乃果「!?」

ことり「海未ちゃん…」

海未「これが私の選んだ道です…どうか最期まで、私自身で償わせ下さい……」

穂乃果「っっ……!!そんな言葉…無しだよぉ……っ!!」

凛「海未ちゃん……!」

海未「護って貰おうなんて甘えはありません……だってルールに反したのは私なんですから……」

絵里「潔いわね、それでこそ海未よ」

ことり「…………はい」キョシュ

絵里「? どうしたのことり。何か弁解?」

ことり「……穂乃果ちゃん、やんやんつけぼーをやんやんせずに食べてました」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

希「!?!?」

穂乃果「……」

絵里「それは本当?」

ことり「うん」

海未「ことりぃ!あなたは何を言っているのは分かって───」

ことり「そしてことりも、大人のふりかけを食べました」

穂乃果「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

希「!?!?」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:47:48.22 ID:P7sQ/ihD0

絵里「……へぇ、自白するのね」

ことり「もう…隠すのは無しにしようと思って」

海未「何故……何故なんですことり!」

穂乃果「ことりちゃん……」

ことり「……っ、ごめんね穂乃果ちゃん、でもこれで3人一緒だよ?」ニッコリ

穂乃果「!!」

海未「!!」

希「ま、まさか3人一緒にいたいが為に!?」

海未「ことり……あなたという人はぁ……っ!」ポロポロ

ことり「ごめんね…ごめんね…っ」ポロポロ

絵里「……泣かせるわね、あなた達の友情は」

穂乃果「穂乃果こそごめんね?ことりちゃんに辛い思いさせちゃって…辛い事言わせちゃって…」ポロポロ

絵里「確認だけど穂乃果、やんやんつけぼーをやんやんしなかったのは本当?」

穂乃果「……っ、本当だよ」

絵里「何故?」

穂乃果「……やんやんの意味がよく分からなかったから…」

絵里「正当な理由ね」

希「穂乃果ちゃん、やんやんつけぼーはその理由で食べれない、食べるのが非常に危険なお菓子だって学校で教わったはずやろ?」

穂乃果「うん……確かに教わったよ。でも、この前のハロウィーンで近所のおばさんに貰って……食べないと失礼かなって」

凛「そんな理由で…穂乃果ちゃんは凄いよ!」

花陽「うん!人としては最高です!」

にこ「そのおばさんに悪意は無かったとしても、そんな危険なお菓子をよく貰った挙げ句食べようとしたわよね。私なら無理だわ」

穂乃果「えへへ…何か穂乃果褒められてる?」

海未「全く……あなたって人は……」

ことり「穂乃果ちゃんらしいね!」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:48:33.26 ID:P7sQ/ihD0

絵里「そう、大体分かったわ。で、次にことり」

ことり「!」

絵里「あなたにも確認、本当に大人のふりかけを食したの?」

ことり「……うん」

凛「待って絵里ちゃん!ことりちゃんはもう大人じゃないの?だってスタイルいいし気配りだって!」

絵里「内面や外見だけなら幾らでもとってつけれるの。そこじゃないのよ凛」

ことり「うん…そうなんだよ凛ちゃん」

凛「そんな…」

絵里「ことりが成人式を迎えていない以上、何をしようがどう振る舞おうがまだ未成年、子供なの」

穂乃果「穂乃果が言えた事じゃないけど、何で大人のふりかけを食べようとしたの?」

ことり「え?ただお母さんが食べてるの見て美味しそうだな~って思って」

にこ「至極真っ当な理由ね。他意は無かったの?」

ことり「うーん…大人の味ってどんななのかなって、ただの興味だよ」

花陽「味はどうだった?」

ことり「普通のふりかけとそんな変わらなかったよ」

海未「もう……あなた達ときたら…」

絵里「涙ぐましいわね…掟を破ってでもやり遂げたかったのね、ことり」

ことり「そんな重い感じにしないで、本当にただの子供特有の興味本意だよ」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:49:15.44 ID:P7sQ/ihD0

希「……しかし、これで6人……」

花陽「μ'sは……もう無理だね」

にこ「くっ…!」ギリッ

穂乃果「みんな……本当にごめん……」

凛「穂乃果ちゃんが謝る事じゃないよ?」

絵里「……」

希「……えりち」

絵里「っ……希……?」

希「もう、どのみちμ'sはおしまいや。だったらもう……」

絵里「……希」

穂乃果「……? 絵里ちゃん?希ちゃん?」

絵里「……ごめんなさい皆」

希「ウチとえりちも…法を犯してるんや」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

海未「まさか2人も!?」

にこ「あんた達……」

絵里「……ごめんなさい凛、強く当たっちゃって。結局、私もあなた達と同じ、この世界じゃ生きれなかったのよ…」

凛「絵里ちゃん……」

ことり「2人は……どんな罪を……?」

絵里「…………」

希「……えりちはな、1本満足バーを2本食べたんや」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:49:59.93 ID:P7sQ/ihD0

希「あれを見た時、ウチはゾッとしたわ」

海未「な、な……」

にこ「あんた……正気……?」

ことり「レベルが……違いすぎる……!」

穂乃果「なんで……2本も……!?」

絵里「……満足しなかったんだからしょうがないじゃない!私だって1本で留めれたらそうしたかったわよ!自分が馬鹿な事は分かってる!でも……」

希「……っ」

絵里「今更1本で満足できるなんて嘘、言えると思う…?」

穂乃果「絵里ちゃん…ごめん…」

絵里「いえ、私の方こそごめんなさい。つい熱くなっちゃったわ」

にこ「……希、あんたは?」

希「……ウチ?」

絵里「…………っ」

希「ウチはなぁ……皆とは比べ物にならない程の罪を犯してるんやで?」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

絵里「」ガクガク



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:50:42.89 ID:P7sQ/ihD0

希「まず、午後の紅茶を午前中に飲んだ」

穂乃果「!?!?」

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

絵里「」ガクガク

希「ランチパックを朝に食べた事もあるで。誰かさんと一緒でな」ニシシ

穂乃果「」ガクガク

ことり「!?!?」

海未「!?!?」

凛「!?!?」

花陽「!?!?」

にこ「!?!?」

絵里「」ガクガクジョバー

希「まだあるで。ホームパイを外で食べた事もあるし、ファミリーマートを1人で行った事もある」

穂乃果「!?!?」ガクガクジョバー

ことり「!?!?」ガクガクジョバー

海未「!?!?」ガクガクジョバー

凛「!?!?」ガクガクジョバー

花陽「!?!?」ガクガクジョバー

にこ「!?!?」ガクガクジョバー

絵里「」ガクガクジョバー

真姫「うわちょっと汚い」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:51:32.18 ID:P7sQ/ihD0

希「雑誌のジャンプも普通に座って読んだ事もあるし、タオルをボディーソープで洗った事もある」

穂乃果「」ジョバー

ことり「」ジョバー

海未「」ジョバー

凛「」ジョバー

花陽「」ジョバー

にこ「」ジョバー

絵里「」ジョバー

希「分かるやろ?ウチは皆よりも極悪人なんや……」

穂乃果「あ……ぁ…………あ」ガクガク

ことり「こ……これが…身勝手の極意……」

海未「レベルが違う……いえ、領域が違う……」

にこ「なんて強固な精神してんのよ…あんただって分かっててやったんでしょ!?」

希「うん」

にこ「……極刑じゃ済まないわよ…?」

希「承知の上やん?」ニッコリ

絵里「希……っ」ポロポロ



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:52:14.92 ID:P7sQ/ihD0

希「泣かんでもええやん、結局みーんな、一緒だったってだけ。ウチらだけ秘密にしてのうのうと生きようだとか、最初から考えてなかったし」

花陽「希ちゃん……」

にこ「あんた達……」

凛「でも!これで皆一緒にゃ!」

海未「ええ…1人では不安でしたが、皆と一緒なら!」

ことり「そうだね!あの世でもμ's皆と一緒にいれるんだね!」

花陽「うん!皆となら怖くありません!」

にこ「さぁ絵里、行くわよ」スッ

希「えりち」スッ

穂乃果「皆で手、繋ごうか」スッ

絵里「皆……」ニギッ

凛「えへへ……あったかい」

希「こういう世界も、悪くないやん?」

海未「……そうかもしれませんね」

穂乃果「さぁ!行こう!」


オォー!























真姫「いやイミワカンナイ」


終われ



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:54:00.94 ID:P7sQ/ihD0

劇団ひとりのネタをアレした感じです
短いけどくぅつか
お粗末様でした



元スレ
真姫「は?プッチンプリンをプッチンせずに食べた?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510886058/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 17:37
          • なにがなんだかわからない……
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 17:44
          • 真姫ちゃん無罪!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 17:47
          • これの元ネタって何?
            何と検索すればでるの?気になるんだけど
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 18:43
          • ラブライブのssっていつも同じ人が書いてるの?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 19:10
          • 真姫ちゃんは、既製品の料理や菓子なんて食べないだろうからなぁ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 19:15
          • さけるチーズをさかずに食べたっていいよな?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 19:17
          • 劇団ひとりの「全力で商品名」をちょいとオマージュしたようなやつかと
            元スレで書いてるし
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 22:14
          • 窮屈な世界だな〜と思いました(小並感)
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 23:23
          • 1 ツマラナイ・・・
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 23:42
          • モバマスキャラでやったらドッカンドッカン大ウケだったんだろうな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月18日 00:06
          • 10※
            結果は変わらんと思うが…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月18日 04:39
          • つまらんと言うか長い 1ページしか読んどらんけどどうせ午後ティーを午前中に飲んだとかも入ってるんやろ?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月18日 14:46
          • ※6
            ギルティ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月18日 18:30
          • ※12
            ドムがやってたよ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月19日 05:01
          • 真姫「はいはい、茶番はもうその辺にしなさい」
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月21日 19:36
          • ※10
            いや、これつまらなさすぎてどのジャンルでやってもスベるでしょ…

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • 【アズールレーン安価】QE「優雅なお茶会」ベルファスト「その2」【アズレン】
        • 男「元奴隷が居候する事になった」【安価有】
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ