TOP

【ラブライブ】悪い魔女「春色バレンタインを発売させないと姫は目を覚まさない」王子「なにっ!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:22:31.91 ID:3tbzuSBU0

悪い魔女「私より綺麗な姫など、この世界にいらない!深い眠りについてもらったのだ!」


王子「なにっ!?貴様…我が愛する姫になんてことを!」


悪い魔女「この呪いは貴様の愛ある口付けなどでは解けない…。あははっ!もう姫が目を覚ますことはないだろう!春色バレンタインが発売しない限りね!」


王子「春色バレンタイン!?」


家来ども「あ…あぁ、あの春色バレンタインだと!」


悪い魔女「せいぜい角ラインやあの大先生に掛け合ってみるといい!あはははははっ!」


王子「待て悪い魔女!!くそ…なんてことを」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:26:11.30 ID:3tbzuSBU0

王子「家来ども答えろ!春色バレンタインが発売される確率はどれくらいなのだ!」

家来ども「……」

家来「極めて低い…かと」

王子「それでは困る…愛する姫が目を覚まさない」


王子「何か…いい作戦はないのか」


そして、私は愛馬の「リンパナハセイギ」にまたがり旅に出ることにした。

そう、春色バレンタインを世に出すために。



王子「頼む。君たちだけが頼りだ!春色バレンタインを発売してくれ!」ぺこり

ツバサ「えっと…」
あんじゅ「あの、私たちに頼まれましても…」

英玲奈「角ラインさんでもなければあの大先生でもないし、それに、そもそも私たちはμ’sでもない」


王子「そこをなんとか!」
英玲奈「いや、その…えっと」

ツバサ「うん…」

あんじゅ「私たちに頼まれましても…って、ふふっ…このセリフは2回目ね」

英玲奈「だが、何度でも言おう。無理だな。お引き取り願う」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:28:06.61 ID:3tbzuSBU0

王子「っく…!アキバまで来たというのに…春色バレンタインを世に出さずグッズと薄い本を買って国に持ち帰ることなどできぬ!」



あんじゅ「さりげなく観光はするんですね」

英玲奈「ぬかりないじゃないか」


ツバサ「けれど薄い本…?一体何のことかしら」


あんじゅ「あっ、この学校のパンフレットとか?」
英玲奈「なるほど。それならすぐに用意しよう」


王子「またご冗談を。薄い本といえばりんぱなと相場が決まっている。だがしかし、学校のパンフレットがいただけるならいただこうじゃないか。さっさと用意してくれ」


あんじゅ「上から?若干図々しいわね」

ツバサ「とにかく、私たちに出来ることがあるとすれば…春色バレンタインに関係する星空凛さんと小泉花陽さんが通う音ノ木坂学院の場所を教える事くらいです」

あんじゅ「そうね。2人に…ううん。μ'sのみんなに掛け合えばなんとかなるかも」


英玲奈「あぁ。皆、義理堅い奴らだ。きっと力になってくれるだろう」


王子「…それは、ダメなんだ。なんやかんやらやらかしてしまい…その……出禁くらってるんだ」

ツバサ「…」
あんじゅ「…」
英玲奈「…」


王子「あえて二度と言おう。出禁くらってるんだ!」キリッ



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:38:03.25 ID:3tbzuSBU0







王子「まさかUTX高校まで出禁を食らうことになるとはな、誤算だった。アッハッハー」

王子「ツバサ…あんじゅ…英玲奈…ぐふっ、ぐしゅっしゅっ、しゅっ」

王子「天使とは存在するものだな!うん!」

王子「いやいや、3人とも美しかった。会えて嬉しかった…こうなるともう姫が目を覚まさなくてもいいかなーとさえ思えてしまう」

王子「しかし、そうもいかぬ。A-RISEの残り香とりんぱなの薄い本だけを持って国に帰ることなどできない!」

王子「はぁ…けどどうしよっかなー。どーせ角ラインやあの大先生に掛け合っても相手にされないだろうし」

王子「もうあれだな。姫のことは知らなかった事にして音ノ木に寄って校門の外からμ'sの匂いでも嗅いで帰ろっかー。なぁリンパナハセイギ」

リンパナハセイギ「ヒヒィィィン!!!」


「はやくりんちゃん!!」

「ま、まつにゃー!」

王子「むむっ…まさか!この声は!」


花陽「急いで凛ちゃん!早くしないと限定グッズが無くなっちゃうよ!」

凛「まったく。かよちんはアイドルのことになると凛より足が早くなるにゃー。けど、凛はそんなかよちんのことも好きにゃー」


王子「りんぱなみーっけ!!よぉし!ビデオカメラスイッチオン!」

ジジっ…

王子「…」ジジジッ…



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:40:05.83 ID:3tbzuSBU0

花陽「朝10時から販売だったから…うぅ、まだあるかなぁ」


凛「ある!絶対あるよ!」


花陽「そうだよね…うん!あっ、ここだ!って…ピャア!!!」

凛「あっ…」


花陽「終了…しました……ううっ」バタッ

凛「かよちん!!」


王子「…」ジジっ


花陽「そうだよね…朝10時発売のグッズを夕方に買いに来たらダメだよね…けど学校を休むわけにはいかないし…うぅ」

凛「かよちん…」


凛「大体、平日の朝10時から発売なんてひどいにゃ!学生には学校があるんだよ!そもそもひどいにゃ!」

花陽「凛ちゃん…こればっかりは仕方ないよ…」

凛「仕方なくない!かよちんがかわいそう…凛、かよちんを悲しませる人は大っ嫌いにゃ!」

花陽「凛ちゃん…もういいの。ほら、アイスでも食べて帰ろっ」にこっ

凛「けど…!!」


花陽「もう…いいから…ねっ?」にこっ

凛「う、うん…」


王子「…」ジジジッ


バタンっ


王子「さて、俺たちの凛ちゃんのかよちんを悲しませたこの店に抗議だ!いくぞリンパナハセイギ!!」


リンパナハセイギ「ヒヒィィィィィ!!!」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:44:46.02 ID:3tbzuSBU0






花陽「アイス美味しいね!凛ちゃんっ」
凛「うん…」

花陽「凛ちゃん…?」

凛「…」

花陽「もしかして体調が悪いとか?大丈夫?遅くなるしアイス食べたらすぐ帰ろうね」にこっ


凛「凛…やっぱりあのお店にもう一度行ってくる!」

花陽「えっ…凛ちゃん?」

凛「かよちんが無理して元気にしてる姿…凛は見てられない!」

花陽「そんな気にしなくていいよ。たしかに買えなかったのは悲しいけど…仕方ないことだし」


凛「仕方なくない!だって…」

「ヒヒィィィン」

りんぱな「えぇっ!」


花陽「う…馬?どうしてアキバに馬がいるの!?」

凛「さすがワンダーゾーンなアキバにゃ…」

花陽「ワンダーゾーン…君に呼ばれてないのに馬が走ってきちゃったよ!」


「ヒヒィィィン」

花陽「えっ?これを私に…?」

「ヒヒィィィン」コクン


花陽「これって…」

凛「あぁ!かよちんが欲しがってた限定グッズにゃ!どうしてこれをお馬さんが持ってるにゃ?」


「ヒヒィィィン」

りんぱな「?」


「ヒヒィィィン…アノミセノテンチョ…ヒヒィン……テンバイスルタメ……ザイコ…カクシテタ…ヒヒィィィン!」


りんぱな「しゃべったぁぁ!!!」


花陽「なんかすごいしゃべったよ!凛ちゃん!」

凛「すごい…やっぱりワンダーゾーン!それがアキバにゃ!」


「ヒヒィィィン!!!」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:48:55.52 ID:3tbzuSBU0

花陽「いいの…?」


「ヒヒィィィン!!」


花陽「しかも2つも…どうして?」


「…ヒヒィィィン…モウ…ヒヒン…ヒトツハ…ニコチャンノブン…ヒヒィィィン!」


凛「なんて太っ腹にゃ…」
花陽「あっと…えっと…」


「ヒヒィィィィン!!!」

パッカパッカパッカパッカパッカパッカ…


花陽「あぁ!待ってお馬さん!」

「ヒヒィィーン」


パッカパッカパッカパッカパッカパッカパッカパッカ…

花陽「お金!お馬さん…グッズのお金!」


「ヒヒィィィィン!!!」


花陽「いっちゃった…」


凛「うん。いっちゃったね」

花陽「けど、本当に貰っていいのかな…売り切れてた物なのに…それにお金だって払ってないし…」


凛「いいんだよ!きっと、あのお馬さんはかよちんのファンにゃー」


花陽「ぅっぇぇえ!?」

凛「さすがかよちん!お馬さんも応援しちゃう可愛さにゃー」


花陽「そうかなぁ…けど、そうだと嬉しいな。」


花陽「お馬さんありがとう!グッズ、大事にするからね!」

凛「凛からもお礼を言うよ!かよちんに笑顔を取り戻してくれてありがとにゃー!」


ヒヒィィィン…


花陽「ふふっ。どういたしまして…って言ってくれたのかな?」

凛「うん!…あっ、もうこんな時間!かーよちんっ」


花陽「うん!帰ろっか、凛ちゃん」にこっ
凛「うん!」


「ちょっ!ま…まちなさぁぁぁい!」

りんぱな「へ?」

にこ「花陽…!はぁはぁ…ゼェ…か、買えたんでしょうね…」

花陽「あっ、にこちゃん!にこちゃんも来てくれたの?」

穂乃果「おーい!凛ちゃん!花陽ちゃぁぁん!!」

凛「穂乃果ちゃんまで!」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:54:14.34 ID:3tbzuSBU0

真姫「2人だけじゃない。みんないるわよ」

凛「真姫ちゃんも!真姫ちゃん真姫ちゃーん!!」

花陽「えっ…みんなも?どうして?」


穂乃果「いやぁー、あのね。そのー…」


ことり「うん。ごめんね…私たちの生徒会のお仕事が長引いてなかなか練習に参加できなかったから結局練習が終わるのが遅くなっちゃって…」


穂乃果「本当はもう少し早くアキバにこれるはずだったでしょ?だから私達のせいでグッズが買えなかったらと思って…」

希「それで、グッズが買えたか心配になってみんなでみにきたってわけ」

花陽「みんな…心配してくれてありがとう」


絵里「お礼なんていいわ。それで…グッズは買えたの?」

海未「そうです!グッズは買えましたか?」

にこ「どーなの!買えたの!答えなさいよ!」


花陽「私たちがついたときにはもう売り切れてて…」

絵里「やっぱり…」
海未「そうですか…」


にこ「おわった…」バタン

ことり「うわぁぁん!にこちゃん倒れないで!」

希「にこっち!しっかり!」

真姫「たかがグッズくらいで大袈裟なのよ」

にこ「ぬぁんですって!!」ガバッ

希「生き返った…今の真姫ちゃんの言葉はにこっちにとって効果抜群の言葉やね」
ことり「あはは…そうだね」

凛「まだ続きがあるんだよ。ねっ、かよちん」

真姫「つづき?」

ピ口リンピ口リロ

穂乃果「あっ、ごめん電話だ。ちょっと出るねって…あれ?ツバサさんからだ」
海未「ツバサさんですか?何かあったのでしょうか…」

穂乃果「うん。とにかくでてみるね」ぴっ

穂乃果「もしもし。はい、高坂穂乃果です。はい。元気ですよ!ツバサさんは?…そうですか。あの…ツバサさん…どうかしましたか?」



にこ「ツバサからの電話もきになるところだけど今はそれよりグッズ!ねぇ、それで、続きってなによ!」


希「グッズが勝つんやね」

真姫「どーしてグッズが勝つの!」
にこ「どーしても勝つのよ!」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 11:57:07.60 ID:3tbzuSBU0

ことり「ねぇねぇ!どういうことなの?」

花陽「うん。あのね、私は買えなかったんだけど…ほら」


にこ「!!!」


花陽「えへへっ、あのね」


凛「さすらいのお馬さんがかよちんにプレゼントしてくれたんだー」


ことり・真姫「馬っ!?」

絵里「馬って…あの馬のこと?」

凛「そう、あのお馬さんにゃー」


希「さすがワンダーゾーンやね…」
凛「うん!さすぎワンダーゾーンにゃー」


花陽「しかもそのお馬さん、にこちゃんの分までプレゼントしてくれたんだ。はい、これにこちゃんの分」

にこ「花陽!」

花陽「は、はい!!」


ぎゅっ

花陽「へぇっ!?」
凛「にゃ!!」


にこ「あぁぁいしてるぅぅぅ!!!!!」ぎゅー

花陽「えぇぇぇぇ!?」


真姫「ちょっと!人前でやめてよ!」


凛「凛もかよちんを愛してるにゃぁぁ!!!」ぎゅ!


真姫「ちょっと!人の話聞いてるの!」

希「じゃあうちも!花陽ちゃん愛してるー」ぎゅー

花陽「うぇぇ!?」

ことり「なら私も!あいしてるー」ぎゅー


花陽「ぴゃぁー」
凛「かよちん愛してるにゃー」ぎゅー

花陽「ぴぁぁ!!」

真姫「ちょっと!」

凛「いいからいいから!真姫ちゃんもくるにゃー」


真姫「い、行かないわよ!」


凛「ほらほらー♪」

真姫「ぅわっ…ちょっ…ぅぇぇ!?」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 12:01:38.11 ID:3tbzuSBU0

絵里「まったく…けど、よかったわ。無事グッズを手に入れることができて」


海未「ですがツバサさんからの電話が気になります。どうしたんでしょうか…」


絵里「そうね…悪い知らせじゃないといいけど」



穂乃果「はい。はい。ありがとうございます…気をつけます。では」ぴっ

海未「何かありましたか?」


穂乃果「うん。ほら、前に王子様みたいな格好した変な人が来たでしょ?あの人がUTX高校にも来たみたい」



海未「UTX高校にもですか?」

絵里「まったく…困ったものね。馬にまたがった王子様みたいな人が凛と花陽とお話したいなんて押しかけて大声で叫んで…あれっ」

穂乃果「えっ?どうかしたの?」



絵里「馬…」
海未「馬…?」


うみえり「…」


穂乃果「ん?」

うみえり「馬…」


海未「まさか…」

絵里「あのグッズ…」


真姫「ねぇ、けどどうして馬が限定グッズをくれたの?」

凛「かよちんのファンだからだよー」

ことり「わぁ♪」

希「さすが花陽ちゃんやね!」

にこ「アルパカじゃ飽き足らず馬使いにでもなるつもり?」

花陽「ならないよ!!」


絵里「まさか…よね」

海未「は、はい!まさかですよね!」


穂乃果「えー、ずるーい。ねぇ、2人でなんの話ししてるのー?ねぇー」

海未「だとすればまだ近くにいるかもしれません。ここは念のため早く帰りましょう」


絵里「それがいいわね。みんな!帰るわよ!あっ…念のため、花陽と凛から目を離さないで!」

花陽「私と凛ちゃんから?」
凛「にゃー?」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 12:05:48.96 ID:3tbzuSBU0





リンパナハセイギ「ヒヒィィィン!」

王子「よくやったぞ、リンパナハセイギ。ほら、ご褒美のラーメンおにぎりだ」

リンパナハセイギ「ヒヒィィィン!!」

王子「さすがリンパナハセイギだ。かよちんと凛ちゃん寄りの食べ物を喜ぶなんて…お前も好きだな」


リンパナハセイギ「ヒヒィィィン!!!」

王子「凛ちゃんとかよちん…いい匂いだったか?」


リンパナハセイギ「ヒヒィィィィン!!!」

王子「よし、残り香を嗅がせろ」

リンパナハセイギ「ヒヒン」フンッ

王子「ちょっ!ずるいよ!匂いぐらいいいじゃんかー!」

リンパナハセイギ「ヒヒィィィィン」プンッ

王子「ちっ…まぁいいけど。さっ、俺たちの凛ちゃんと俺たちの凛ちゃんのかよちんも笑顔になったことだし…そろそろ国へ…いや待て」


王子「春色バレンタイン!!」
リンパナハセイギ「ヒヒン!!」


王子「…しまった。凛ちゃんとかよちんが可愛すぎて姫のことなどすっかり忘れていた」

王子「春色バレンタイン…」


王子「発売延期から始まり延期を重ね…今や発売未定になっている。それが春色バレンタイン」

王子「なぜ発売してくれないのか…」

王子「けど…あれだな。なんかもうあれだな、凛ちゃんもかよちんも可愛かったし…なっ」


王子「春色バレンタインは来年発売する!する風!!あくまで発売する風!」

王子「とか適当なこと言って悪い魔女でも説得するか。なっ。」


王子「じゃまぁ…疲れたし。いくぞ!」

リンパナハセイギ「ヒヒィィィン!!」


王子「かよちんと凛ちゃんの薄い本を買って帰るか…と、言いたいところだけど、その前に…ぐしゅしゅしゅ」

リンパナハセイギ「ヒヒィィィン!!!」





姫「…」

悪い魔女「…」

姫「…」

悪い魔女「…」

ゆさゆさ

姫「ん…ふぁぁー。あれ?もう終わった?」

悪い魔女「…」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 12:07:59.48 ID:3tbzuSBU0

姫「ってことは、やっと春色バレンタインが発売したってことだね!」

悪い魔女「それが…かくかくしかじか」

姫「はぁぁ?UTX高校に行ってツバサ達とお話しして出禁になって私達のかよちんと私達のかよちんの凛ちゃんとにこちゃん達を幸せにして薄い本だけ買って帰ってくる?はぁぁ?」

悪い魔女「…うん」


姫「ちょっ、話が違うじゃん!私に呪いがかかったことにすれば王子が春色バレンタインを発売まで持ち込んでくれるって言ったの悪い魔女っちでしょ!」


悪い魔女「そうだけど…」

姫「あぁぁ!もうっ!なんで春色バレンタインは発売しないの!これもう本当に誰かの陰謀だよ!国家機密だよ!ロシナンテの災難だよ!」

悪い魔女「えっ…いや」

姫「もうしらない!こうなったら悪い魔女っち!魔法で春色バレンタイン出してよ!」

悪い魔女「いいけど…」


姫「駄目だよ!それはルール違反だよぉぉぉ!!」

悪い魔女「だよね…もうこのくだり何度目だろ」

姫「はぁ…マジな話、なんで発売延期から発売未定になっちゃったんだろ…ファンは今でも待ち続けてるのに」

悪い魔女「うん…」


姫「まぁいいや…おみやげの薄いりんぱな本で手を打ちますか」
悪い魔女「打つんだ」

姫「…」

悪い魔女「…」


姫「打ちます」
悪い魔女「打つんだ」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 12:09:21.83 ID:3tbzuSBU0






花陽「はぁぁ…本当に買えちゃった。嬉しいなぁ」

凛「うん!凛も嬉しいにゃー」


絵里「さっきからそればっかりじゃない?」
希「それだけ嬉しいってことやない?」

花陽「そうだよー。ねっ、凛ちゃん」

凛「うん!けど…絵里ちゃんも希ちゃんもどうして今日は凛達をお家まで送ってくれるの?」



のぞえり「…」

りんぱな「んん?」


希「みんなで帰った方が楽しいやん?」にこっ

花陽「うんっ!」
凛「楽しいにゃー」


絵里「…」キョロキョロ

希「特に異常なし?」
絵里「えぇ、今のところは」
希「ふぅ…よかった」


りんぱな「?」


凛「何か警戒してる?」
花陽「の、かなぁ…?何かあるの?怖いよぉ…」


希「なにもないよ」にこっ

絵里「えぇ。だから怖がらなくていいのよ」


凛「だって!怖がらなくていいにゃー」
花陽「う、うん…」


のぞえり「…」キョロキョロ
花陽「うんー…」

警察「…」

花陽「警察の人までついてくるなんてやっぱりおかしいよぉ…」

凛「おかしくないおかしくない!さ、帰ったら早速部屋に飾ろうね!凛も付き合うにゃー」

花陽「あっ、うん!」


ヒヒィィィィン
ジジジ…

王子「…」ジジジ


王子「…ちっ、守りが固くて自宅の中までは無理か」ジジジ

「ヒヒイィーン」

おしまい



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/17(金) 12:09:52.03 ID:3tbzuSBU0

ありがとうございました。



元スレ
悪い魔女「春色バレンタインを発売させないと姫は目を覚まさない」王子「なにっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510885351/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 14:56
          • これ魔女と悪い王子と悪い姫なんじゃないですかね
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月17日 23:13
          • ひいいいい わけがわからねェ
            なんだこの王子 危ねェぞ!
            変態だ!変態王子だ!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月18日 16:51
          • おもしろかった

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【 ゼノブレイド2】ニア「ねぇ…レックス。聞きたいことがあるんだけどさ」
        • 彼女「ちょっと!この髪の毛誰のよ!」
        • 【ゴ魔乙】スフレ「カトレアお姉ちゃん!!  何書いてるのー!?」
        • 【ガヴドロSS】天使と悪魔とスマホゲー『きららファンタジア編』
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ