TOP

【ガルパン】みほ「もっと学園十色の短編集です!」

1: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:07:05.97 ID:izrf7FiJo


【オープニングです!】


アズミ「…え?その話、いますること?」

ルミ「隊長の命令がなくてヒマだけどさ、まだ試合中だよ?」

メグミ「…分かってるわよ。いい?もう1回言うわよ?」

アズミ「どうぞ?」

メグミ「年上のお姉さんっぽくて、どことなくエ口いのがアズミ」

アズミ「照れるわね」

メグミ「ボーイッシュっぽくて、メガネかけてるのがルミ」

ルミ「外面の特徴って言うなら、そうかな」

メグミ「…私は?」

アズミ「…」

ルミ「…」

メグミ「ちょっと…」

アズミ「いや…」

ルミ「ご、ごみん…」

メグミ「ビジュアルだけでいうと一番地味だし…ねぇ?」

アズミ「でも、大洗戦だとセンターにいたし、普段から良い戦車回してもらってるじゃない」

メグミ「それは戦車道の能力としての話でしょ?キャラクターとして没個性じゃないかな、って…」

ルミ「んー、そんなことないと思うんだけどなー…」




2: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:07:37.87 ID:izrf7FiJo



ザザッ


愛里寿「みんな、聞こえる?」

アズミ「はい、隊長」

愛里寿「キルゾーンを変更する。A-203地点へ移動」

ルミ「了解」

メグミ「…」

愛里寿「メグミ?」

メグミ「ねぇ、隊長…隊長は、私たちの事どう思ってます?」

愛里寿「どう、って…?」

メグミ「個性って言うか、なんていうか…」

アズミ「え?隊長に聞くの?それ?」

愛里寿「…大丈夫、わかってるから」

愛里寿「いつも優しくて、面倒見がいいのがアズミ」

アズミ「えっ…」

愛里寿「ちょっと厳しいけど、本当は誰よりも後輩思いなのがルミ」

ルミ「隊長っ…!」ウルウル

愛里寿「…えっと…」

メグミ「」ワクワク

愛里寿「…」

メグミ「…えっ…」

愛里寿「…あっ、遊園地で海賊船にぶつかったのがメグミ」

メグミ「ちょっとぉ!隊長ぉぉ!!」

愛里寿「あの…その…」

メグミ「あんまりじゃないですかぁ!なんでっ…」



3: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:08:07.74 ID:izrf7FiJo



「…隊長!敵車両発見!こちらに向かってます!」

愛里寿「あっ、わかった。それじゃあ作戦通りに」

ルミ「了解」

アズミ「ほら、行くわよ」

メグミ「なんで私ばっかり…」

「あの、メ、メ…メル…じゃなくって、えっと…あ!メグミ先輩!急いでください!」

メグミ「もうやだ!やめる!戦車道なんてやめる!!」

ルミ「わぁったわぁった。試合終わったら付き合うから」

アズミ「ほら、泣かないの」

メグミ「うわぁぁぁん!!」

愛里寿「それではこれより、SS作戦を開始する。パンツァー・フォー!」



4: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:08:53.66 ID:izrf7FiJo


【黒森峰の私服事情です!】


小梅「…」キョロキョロ

小梅「…あれ、私が一番乗りかな?待ち合わせ場所、ここであってるよね?」

小梅「(今日は隊長とエリカさんと映画見て、その後夕ご飯だったかな)」

小梅「(ふふっ、楽しみすぎてちょっと早かったかも)」

小梅「(…そういえば、陸で集まるのは初めてかも。普段は学園艦の中で集まるから、いっつも制服だったなぁ)」

小梅「(二人とも、私服ってどんな感じなんだろう…?)」

トコトコ

エリカ「…あら、小梅。早いわね」

小梅「あ、エリカさん。おはようござい…ま、す…?」クルッ

エリカ「?」


_人人人人_
>ゴス口リ<
 ̄Y^Y^Y^Y ̄

*イメージ:ローゼンメ●デン



小梅「」

エリカ「? どうかしたの?」



5: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:09:26.52 ID:izrf7FiJo


小梅「…あ、あの…エリカさん?そのお洋服は…」

エリカ「洋服?何か気になるのかしら?」

小梅「気になるのかしら? じゃないんですよぉ!!」

エリカ「きゅ、急に大きい声出さないでよ」

小梅「え?今日これから映画行くんですよ?オフ会とかじゃないですよ?」

エリカ「なんの話よ…」

小梅「えぇー…私がズレてるのかな…」

エリカ「ただの普段着に大げさね」

小梅「普段着!?これが!?」

エリカ「な、何よさっきから…」


スタスタ

まほ「…ん、エリカ、赤星。すまない、待たせたな」

小梅「あ、たいちょ…」クルッ

まほ「?」


_人人人人人_
> ダサT <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

*イメージ:キャンプインの時のイチロー


小梅「」

エリカ「隊長、おはようございます」

まほ「ああ、おはよう」




6: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:10:01.63 ID:izrf7FiJo


小梅「あ、あの、隊長…?その服は…?」

まほ「ん? 何か気になるのか?」

小梅「もぉー!二人そろってもぉー!!」

まほ「な、何だ急に…」

小梅「え?どうしたんですかその服?ご自分で購入されたんですか?」

まほ「ああ。有名なスポーツ選手と同じブランドだ。ゲン担ぎというか…そんなところさ」

小梅「間違ってるから!参考にするところ間違ってるから!!」

まほ「今日の赤星はずいぶん元気だな…」

エリカ「先ほどから様子がおかしいんですよ」

小梅「え?私がおかしいの!?」

まほ「…それにしても、赤星はずいぶんと派手な格好だな。悪いとは言わないが…」

エリカ「そうですか?私からしたら地味すぎるくらいだと思いますけど…」

小梅「なんでちょうどいい人がいないのー!!もぉー!!」

まほ「ははは、牛みたいだな」

エリカ「ちょ、隊長っ…っぷぷ…」

小梅「」プッツーーーン

小梅「…分かりました!そっちがそのつもりならこっちにも考えがあります!」

まほ「ど、どうした赤星」



7: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:10:29.24 ID:izrf7FiJo


小梅「映画は延期!今日はここから近いしま●らにいきます!」

エリカ「し●むらって…衣料品店じゃない」

まほ「赤星、洋服が欲しいのか?」

小梅「お二人の私服を選ぶんです!いいですね!!」

エリカ「ちょ、ちょっと小梅、何をそんな…」

小梅「逸見ィ!」

エリカ「は、はひっ!」

小梅「異論ないですね!隊長!」

まほ「い、いや、赤星、私はこの服で満足…」

小梅「西住ィ!!」

まほ「わ、わかった」

小梅「それじゃあ行きますよ!今日はお二人がマトモなファッションセンスを身に着けるまで帰しませんからね!!」

エリカ「(…これ、そんなに地味かしら)」

まほ「(…この色、派手すぎたんだろうか…)」




8: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:11:41.36 ID:izrf7FiJo


【これが本当のレオポンさんチームです!】


ナカジマ「…おーい山郷さーん、こっちこっちー」

あゆみ「あ、ナカジマ先輩」

ナカジマ「いや、ごめんね。急に戦車の整備なんて頼んで」

あゆみ「いや、私も戦車整備って興味ありましたから」

ナカジマ「それなら良かった。来年からツチヤ一人になっちゃうし、戦車の整備できる人がもっと欲しいんだよねー」

あゆみ「秋山先輩とかできそうですけど…」

ナカジマ「秋山さんも2年生だから、2年後を考えると1年生の子にも教えたくてねー」

あゆみ「なるほど…」

ナカジマ「一応マニュアルはあるけど、今日は私の整備を見てできるだけ覚えてね」

あゆみ「はい、お願いします!」

ナカジマ「…じゃあ、ちょうど良くヘッツァーが調子悪いみたいだから、この子を整備してみようか」

あゆみ「はい」




9: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:12:24.28 ID:izrf7FiJo


ナカジマ「…じゃ、まずはここを開けて…」ガチャガチャ

ナカジマ「はーい、ちょっとごめんねー」パカッ

あゆみ「ん?」

ナカジマ「…よーちよち、どうしたんでちゅかー?」ガチャガチャ

あゆみ「!?」

ナカジマ「ほら、こっちの汚れもフキフキしましょうねー」

あゆみ「ちょ、ちょっと!ちょっと待ってくださいナカジマ先輩!!」

ナカジマ「ん? 何? どうしたの?」

あゆみ「その…えっと…」

あゆみ「な…なんでもないです…」

ナカジマ「そう?」

ナカジマ「変なお姉ちゃんでちゅねー」ガチャガチャ

あゆみ「ま、待った!やっぱりちょっと待ってください!」

ナカジマ「んー?」

スタスタ

ホシノ「ナカジマ、山郷さんヒいてるよ」

あゆみ「あ、ホシノ先輩」

ホシノ「変わるよ。ナカジマ、三突見といてくれる?」

ナカジマ「はーい」



10: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:13:05.18 ID:izrf7FiJo


ホシノ「…ごめんね、ナカジマ、よくああなるから」

あゆみ「い、いえ」

ホシノ「じゃ、続けるね。ここはこうして…」ガチャガチャ

あゆみ「…」

あゆみ「…(ホシノ先輩、凄いシャープな顔っていうか…カッコイイなぁ…)」

ホシノ「…ん?」

あゆみ「あっ、すみません」

ホシノ「…」サラ…

あゆみ「ひゃっ」

ホシノ「あ、ごめん。急に髪触っちゃって…」

あゆみ「い、いえ」

ホシノ「いや…キレイな髪だなーって思って…」

ホシノ「スタイルも良いし…ちょっと羨ましいかな」ギュッ

あゆみ「(わっ…腰抱かれちゃった…何か…ヘンな気分に…)」

あゆみ「あ、あの…先輩っ…」

タタタッ

スズキ「はい、ストーップ!!」

ホシノ「わっ、スズキ。どうしたの?」

スズキ「どーしたじゃなくて!ホシノ、また後輩にツバつけようとしてたでしょ!」

あゆみ「えっ? また?」

ホシノ「あー、いや…」



11: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:13:34.24 ID:izrf7FiJo


スズキ「もー!私が変わるからあっち行ってて!」

ホシノ「はいはい…」スタスタ

スズキ「ごめんね山郷さん、怖い思いさせて…」

あゆみ「い、いえ!そんなこと…」

スズキ「えっと…あ、でもほとんど修理終わってるね」

あゆみ「あ、そうなんですか?」

スズキ「でも、この辺もうちょっといじった方が良さそうだし、やってみよっか」

あゆみ「は、はい」

スズキ「じゃあ、こっちのここを…」

あゆみ「こうですか?」

スズキ「うん、そうそう。上手上手。この子も気持ちよさそうだし」

あゆみ「え?」

スズキ「ほら、こうすると気持ちいいでしょ?」カチャカチャ

ヘッツァー「」

スズキ「うんうん、もっと良くしてあげるからねぇ」カチャカチャ

ヘッツァー「」

スズキ「そーかそーか。気持ちいいかー」カチャカチャ

あゆみ「(絶句)」


~その後~


あゆみ「ね、桂利奈…自動車部の引継ぎ、変わってくれない…?」

桂利奈「え?なんで?どーしたの?」



12: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:14:22.69 ID:izrf7FiJo


【私のおねえちゃんです!】


みほ「…映画、楽しかったね、お姉ちゃん!」

まほ「ああ。こうしてみほと一緒に出掛けられて、私も楽しかったよ」

みほ「そろそろ帰っか」

まほ「そうだな…ん?」

みほ「どうしたの?」

まほ「あそこを歩いてるの…同級生の秋山さんじゃないか?」

優花里「」トコトコ

みほ「あ、ホントだ。おーい、優花里さーん!」

優花里「…あ、西住殿!」

まほ「こんにちは」

優花里「と…えーっと…」

まほ「ふふ、好きなように呼べばいいよ」

優花里「えっと…それじゃあ…」

優花里「お、お義姉さん」

まほ「……ん?」





13: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:15:05.03 ID:izrf7FiJo


みほ「お姉ちゃん?」

まほ「…秋山さん」

優花里「?」

まほ「何か今、発音おかしくなかったか?」

優花里「はいぃ?」

みほ「え?お姉ちゃん、どうしたの?」

まほ「うん、そうだな。みほは正しいと思う」

優花里「えっと…?」

まほ「ちょっと『お姉さん』ってもう一回言ってみて」

優花里「…お義姉さん?」

まほ「ほら!ほらぁ!」

みほ「お、お姉ちゃん!?」

優花里「ど、どうしたんですかお義姉さん!」

まほ「お前にお義姉さんと呼ばれる筋合いはない!!」

みほ「ちょ、好きなように呼べばいいって言ったのお姉ちゃんでしょ!」



14: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:15:34.58 ID:izrf7FiJo


まほ「大体何を考えてるんだ君は!みほとどういう関係なんだ!」

優花里「わ、私は西住殿の友達…というか…」

優花里「いや、(尊敬的な意味で)それ以上の存在というか…えへへ…」

まほ「なん…だと…?」フラッ

みほ「わ、お姉ちゃん大丈夫?」

まほ「…そうか…みほも私が知らない間に、大人になっていたんだな…ふふ…」

みほ「えぇ…どういうこと…?」

優花里「あの…?お義姉さん…?」

まほ「…認めん!私は認めないぞ!君に娘…じゃなかった、妹はやらん!」

優花里「えぇ!?どういう意味ですかあ!?」

まほ「…みほ、お前はどう思ってるんだ?」

みほ「え?な、何が…?」

まほ「秋山さんとは、どういう…」

みほ「えっと…私にとっても、優花里さんは大事な友達だし…」

みほ「ううん、優花里さんも言ってたけど、友達以上の大事な人、かな…」

優花里「西住殿っ…!」

みほ「優花里さんっ…!」



15: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:16:09.95 ID:izrf7FiJo



まほ「…ふ、ふふ…そうか…そういうことだったか…」

まほ「認めるしかないじゃないか…ふふ…」

まほ「いいんだ…みほが幸せなら…それでいいんだ…」フラフラ

優花里「あの…お義姉さん、大丈夫ですか?」

みほ「お姉ちゃん、たまにこうなっちゃうから…」

優花里「えぇ…」


タッタッ…


優花里「ん?」

梓「…あ、西住隊長、秋山先輩。こんにちは」

みほ「あっ、澤さん」

優花里「うん、奇遇だね」

梓「ちょうどそこのショッピングモールに買い物に来てて…」




16: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:16:37.50 ID:izrf7FiJo


まほ「君は確か、みほの後輩の…」

梓「は、はい!1年の澤梓です!えっと…」

まほ「…好きなように呼べばいい」

梓「え、えっと…じゃあ…」

梓「…西住隊長の…お、お義姉さん…?」

みほ「あっ」

優花里「あっ」

梓「えっ」

まほ「…」

梓「…あ、あの…?」

まほ「…み、認めん…!」

まほ「み、認めないぞ私は!君にお義姉さんと呼ばれる筋合いはなぁい!!」

梓「え、ええっ!?」



17: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:17:13.50 ID:izrf7FiJo


【ちくちく作戦です!】


ダージリン「」ソワソワ

ダージリン「」ガタガタ

アッサム「…ダージリン」

ダージリン「」トントントントン

アッサム「ダージリン!」

ダージリン「はっ!?えっ、えっと、な、何かしら?アッサム?」

アッサム「少しは落ち着いたらどうです?」

ダージリン「これが落ち着いていられるかしら…?」

アッサム「ええ。普通はもっと落ち着いていると思いますが」

ダージリン「その…」

アッサム「…あの、ただの採血ですよ?」

ダージリン「ちゅ、注射でしょう?」

アッサム「ええ、注射ですね」

ダージリン「…はあぁぁぁぁ~~~…」

アッサム「酷いため息ですね…」



18: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:18:09.29 ID:izrf7FiJo


ダージリン「なんで、健康診断なんてものがあるのかしら…?」

アッサム「(たまにいるわね、こういう人…)」

ダージリン「大丈夫よ…私は大丈夫なのよ…採血なんていらないのよ…」ブツブツ

アッサム「ダージリン。聖グ口リアーナ生は?」

ダージリン「あくまで優雅、でしょう?」

アッサム「貴女、今の自分が優雅とでも思っているの…?」

ダージリン「ひ、酷いわアッサム…」

アッサム「なら、もう少し落ち着いてください。今のあなたを見たら、後輩がなんて言うか…」


ダダダダッ


ローズヒップ「ごきげんようですわー!!ダージリン様ーっ!!」

ダージリン「あっ、ローズヒップ」




19: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:18:46.02 ID:izrf7FiJo


アッサム「あら、ローズヒップ。健康診断は終わったの?」

ローズヒップ「はいですわー!今年もまた身長が伸びましたの!!」

ダージリン「あ、あらそう。凄いじゃない。うん。凄い凄い」

アッサム「ダージリン。落ち着いて」

ダージリン「あ、あの…ローズヒップ、貴女…」

ローズヒップ「はい?」

ダージリン「ちゅ…注射は怖くないの?」

ローズヒップ「…? ちょっとチクっとするだけでございますわ?」

ダージリン「…」

アッサム「ダージリン、これが普通ですよ」

ダージリン「あ、あの…」

アッサム「今のあなたより、ローズヒップの方がよほど優雅ね」

ダージリン「」ガーン

ローズヒップ「照れますわー!」




20: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:19:16.51 ID:izrf7FiJo


ダージリン「そ、そうよ。こんな時こそティータイムにしましょう。ローズヒップ」

アッサム「ダメに決まっているでしょう。再検査になりますよ」

ローズヒップ「わっかりましたでございますわー!」

アッサム「あなたも用意しなくていいから」

ダージリン「そ、そうね、それより…」


<次の方どうぞー


ダージリン「」ビクッ

アッサム「ダージリン?」

ダージリン「…い…」

アッサム「?」

ダージリン「いやぁーーーーーー!!」

アッサム「ちょ、落ち着いてください!」

ダージリン「いーーーーーーやーーーーーーーーーー!!」

アッサム「えぇ…」

ダージリン「あーーーーーーーーーー!!」





21: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:19:46.60 ID:izrf7FiJo


アッサム「ローズヒップ」

ローズヒップ「合点承知の助でございますわー!」ガシッ

ダージリン「あーーー!!引っ張らないでーーーー!!」ズルズル

アッサム「はいはい、いい加減観念してくださいね」ガシッ

ダージリン「いやーーーっ!!」ズルズル


・  ・  ・


ダージリン「…グズッ…ヒッグ…」

アッサム「よしよし、よくがんばりましたねー…」

ダージリン「えぐっ…」

ローズヒップ「あー!!ダージリン様が泣いてますわー!!」

アッサム「ローズヒップ」

ローズヒップ「オッ↑元気出してくださいませー!ダージリン様ー!!」

アッサム「今は静かにしてあげてローズヒップ」




22: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:20:21.49 ID:izrf7FiJo


【これが本当の西住流です!】


みほ「あれ…あれ…」ゴソゴソ

沙織「…あれ?みぽりん?」

みほ「あ、沙織さん…」

沙織「更衣室のロッカーの前で何してるの?」

みほ「その…実は、ロッカーのカギをなくしちゃったみたいで…」

沙織「えっ? カギ?」

みほ「うん…制服とか財布とか入ってるから、開かないと…」

沙織「あれ、スペアの鍵持ってなかったっけ?」

みほ「それが…スペアもロッカーの中に入れちゃって…」

沙織「えぇ…みぽりん、変なところで抜けてるよね…」

みほ「ご、ごめんなさい」

沙織「あ、ごめんね。そういう意味じゃなかったんだけど…」




23: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:20:55.52 ID:izrf7FiJo


沙織「どうしよう、先生呼ぶしかないかな」

みほ「うん、そうするしか…あっ」

沙織「どうしたの?」

みほ「良かった、こんなところに針金が落ちてる」

沙織「え?何が?」

みほ「この針金をこうして…」イジイジ

沙織「ちょ、ちょっとみぽりん?何してるの?」

みほ「こう…こうかな?」カチャカチャ


ガチャン


みほ「あっ、開いた。よかったぁ」

沙織「えっ!? ちょ、みぽりん!? 今何したの!?」

みほ「え?な、何って…」

沙織「どうやって開けたの!?」

みほ「ピッキングだけど…」

沙織「当たり前みたいに言われても!」

みほ「そうかな…?でも、お母さんもお姉ちゃんはもっと上手だよ?」

沙織「みんなできるの!?」

みほ「これも西住流だから…」

沙織「あ、そうなんだ…ごめんね、嫌な事思い出させて…」

みほ「ううん、いいの」

沙織「…じゃなーい!!何!? 西住流って何なの!?」



24: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:21:24.29 ID:izrf7FiJo


麻子「…沙織、うるさいぞ」

沙織「あ、麻子。来てたんだ」

麻子「ロッカーに忘れ物をしてな…」

沙織「ちょ、麻子、今の見てた?」

麻子「ああ、西住さんのピッキングか」

みほ「普段はやらないんだけど…」

沙織「なんで戦車道の流派でピッキングなんてあるの? おかしくない?」

麻子「別におかしくはないだろう、西住流と言えば、島田流と並んで戦車道のトップに立つ流派だ」

麻子「ピッキングくらいは当然だろう」

沙織「何なの…西住流って…戦車道って何なの…?」

みほ「西住流は、勝つことが全てってお母さんも言ってたし…」

沙織「だからってピッキングなの?」




25: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:21:51.31 ID:izrf7FiJo


みほ「あ、これだけじゃないよ?」

みほ「あとは合気とか、居合いとか、CQCみたいな武道とか…」

みほ「あ、あと、ちょっとだけなら浮けるけど…」

沙織「うく? うくって何?」

麻子「ああ、決勝で戦車を飛び移ってた時のアレか」

みほ「うん、普通に行ったらあの距離はムリかなぁと思って」

沙織「みぽりん!? ちょっと待って!? もしかして空飛べるの?」

みほ「ちょ、ちょっとだけだよ?」

沙織「何そのよくわからない謙遜!」

麻子「やはり凄いんだな、西住流は…」

沙織「何なの!? 私がおかしいの!?」



26: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:22:42.95 ID:izrf7FiJo


トコトコ

華「うーん…こっちにもないですね…」

沙織「あれ?華?何してるの?」

華「あら、沙織さん」

華「実は、時計を落としてしまって…今、探しているんですが」

沙織「…その、長い針金みたいな…何?」

華「あ、これはダウジングの道具で…」

沙織「ダウジング!? 出来るの!?」

みほ「華さんも五十鈴流だからね」

麻子「ああ、ダウジングくらいならできるだろうな」

沙織「だからなんで!? なんで納得してるの!?」

華「ええ、これも五十鈴流ですから」

沙織「に、西住流って…五十鈴流って何なのよー! やだもー!!」




27: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:23:29.21 ID:izrf7FiJo


【エア彼氏作戦です!】


~大学選抜戦終了直後


あや「えっと、確かこっちに…あ、いたいた」

あや「おーい!アリサさーん!」

アリサ「ん? …ああ、大洗のウサギチームじゃない」

優季「アリサさん、今日はありがとうございましたぁ」

アリサ「ええ、貴女達もお疲れさま」

あや「あの、今日は優季ちゃんが聞きたいことがあるみたいで」

アリサ「ん? 何かしら?」

優季「あのぉ、アリサさんってぇ」

アリサ「何よ?」

優季「彼氏、いるんですかぁ?」

アリサ「…」

アリサ「……」

アリサ「………は、はぁぁぁ!?」

あや「うわっ、ビックリした」



28: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:24:03.69 ID:izrf7FiJo


アリサ「ちょ、ちょっと待ちなさい。どういう意味よそれ?」

優季「えっと…ほら、これ見てください」

アリサ「これ…公式外伝漫画の『ガールズ&パンツァー -リボンの武者-(既刊1~7巻/連載中)』の第1巻じゃない」

あや「えっ、今の何?」

優季「ほら、ここのアリサさん」

アリサ「え?」


アリサ(漫画)『私は彼氏持ちのリア充よ!』


アリサ「」

優季「そうなんですかぁ?」

アリサ「えっ…と…」



29: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:25:03.74 ID:izrf7FiJo


優季「…」

アリサ「も、もちろんじゃない!? いるわよ!? 彼氏の2人や3人いるに決まってるでしょ!!」

あや「えっ!? 3人!?」

優季「ですよねー。高校生なら彼氏の5、6人いて当たり前ですよねぇ?」

あや「優季ちゃんも何言ってんの!?」

あや「ていうか時系列どうなってんのこれ!?」

優季「でも、アリサさんはタカシさん一筋だと思ってました」

アリサ「えっ、え、えぇ、そうよ? タカシ4人と付き合ってるんだもの」

あや「アリサさん!? ちょっと落ち着いてくださいアリサさん!?」

優季「それでぇ、もうシたんですかぁ?」

アリサ「…な、何がよ?」

優季「決まってるじゃないですかぁ」

アリサ「えっ、えっと、その…」

あや「優季ちゃんも意地悪しないの」



30: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:25:34.43 ID:izrf7FiJo


アリサ「あ、そ、そうね?」

優季「へぇー」

アリサ「Aまでは済ませたわよ?」

あや「(昭和かっ!)」

優季「えー、付き合ってるのにそれしかしてないんですかぁ?」

アリサ「だ、だって…私たちにはまだ早いって言うか、その…」

優季「へぇー…」

アリサ「な、何よ!」

アリサ「てゆーかアンタはどうなのよ!? 彼氏いるんでしょ!?」

優季「えー?私は彼氏いませんよ?」

アリサ「え?」

優季「ていうかぁ、アリサさんが彼氏いないのもバレバレですしぃ」

アリサ「はぁ!?」



31: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:26:03.48 ID:izrf7FiJo


あや「え?じゃあなんで聞いたの?」

優季「だって、あたふたしてるアリサさんが可愛くて」

アリサ「ちょ、あたしで遊ばないでよ!?」

優季「えー、でも本当に可愛いしぃ、それならすぐ彼氏もできますよぉ」

アリサ「えっ…そ、そうかしら…?」

あや「(チョロい…)」

優季「ほら、そういうチョロいところとかかわいいですよぉ」

あや「えっ」

アリサ「えっ…」

優季「あっ」

アリサ「…」

アリサ「な…な、なによなによ! 私の気持ちも知らないくせにバカにして!!」

優季「あっ、えっと…あ、そうやって赤くなってるところもカワ…」

アリサ「もう知らないわよーっ!! うわぁぁーん!!」タタタ…

優季「あっ…」

あや「…」

優季「えっと…あ、アリサさんは可愛いなぁ」

あや「優季ちゃん、無理があるから。謝ってきなさい」

優季「はぁい…」




32: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:26:38.60 ID:izrf7FiJo


【隊長とおでかけです!】


アズミ「…ふぅ、まだ待ち合わせまで時間あるわね」

アズミ「(…まぁ、仕方ないわよね。今日は待ちに待った隊長とデートだし…)」

アズミ「(まさか、隊長の方から誘ってくれるとは思ってなかったわ…)」

アズミ「(今日は一日隊長と二人っきり…ふふふ…)」


ルミ「…あれ? アズミ?」

アズミ「あら、ルミ。奇遇ね」

ルミ「そんなにめかし込んでどーしたの?デート?」

アズミ「…まぁ、そうね。デートと言ってもいいわね」

ルミ「ふーん」

アズミ「そういうルミは?」

ルミ「あー…まぁ、私もデートみたいなもんかな?」

アズミ「そう」

ルミ「うん」



33: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:27:06.29 ID:izrf7FiJo


アズミ「…ん?」

アズミ「…ねぇルミ、もしかして、待ち合わせの相手って…」

ルミ「あぁ、隊長だけど?」

アズミ「…は?」

ルミ「…ん?」

アズミ「な、何かの間違いじゃないかしら?ルミ?」

アズミ「だって隊長は今日、私をデートに誘ってくれたのよ?」

ルミ「…は?」

ルミ「何言ってんの? 隊長が誘ったのは私なんだけど?」

アズミ「…ルミ、ちょっと落ち着いて話しましょう」

ルミ「私は落ち着いてるよ? アズミこそ、隊長に構ってもらえなくておかしくなったんじゃないの?」

アズミ「あ゛?」

アズミ「ルミの方がおかしいでしょう? 隊長があなたみたいな人とデートしたがるかしら?」

ルミ「…ちょっと何言ってるかわからないなぁ? 隊長は私とデートしたいって言ったんだけど?」



34: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:27:37.84 ID:izrf7FiJo


タタッ

メグミ「…あれ? アズミ? ルミ?」

アズミ「あら、メグミ」

ルミ「どうしたの?」

メグミ「ちょ、ちょっと待って…? なんで2人がいるの…?」

アズミ「私は隊長にデートに誘われたのだけど?」

ルミ「いやいやいや、隊長に誘われたのは私だけだから。何かの間違いでしょ?」

メグミ「…は、はぁぁ? ちょっと待って? 隊長が誘ったのは私だけでしょ?」

アズミ「は? メグミ? 何言ってるの?」

ルミ「これ以上話をややこしくしないでくれる?」

メグミ「2人して寝ぼけてるの?隊長が誘ったのは私だから」



35: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:28:29.45 ID:izrf7FiJo



タタッ

愛里寿「…みんなごめん、ちょっと遅れちゃった…」

アズミ「あっ、隊長」

ルミ「ちょっと隊長!これってどういうことですか!?」

メグミ「なんで二人がいるんですか!?」

愛里寿「えっ…?」

アズミ「今日は私と二人っきりですよね!?隊長!?」

ルミ「ハァ!?だからアンタは違うって言ってるでしょ!?」

メグミ「二人ともうるさい!もう帰りなさいよ!」

愛里寿「…」

愛里寿「…っ!!」ブワッ

アズミ「えっ」

愛里寿「ごめっ…ごめんなさいっ…!違っ…私っ…!」ボロボロ

ルミ「いや、その」

愛里寿「そんなつもりじゃ…!そのっ…!」ボロボロ

メグミ「あのっ、隊長、そんなっ」

愛里寿「…ごめんなさいっ!」ダダッ

アズミ「あっ!隊長!」


タタタ…



36: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:28:59.57 ID:izrf7FiJo



アズミ「…」

ルミ「…な、何泣かせてんのよ!」

メグミ「アンタが泣かしたんでしょお!?」

アズミ「ちょっと、ケンカしてる場合じゃないでしょ!」

アズミ「ほら、早く追いかけて謝るわよ!」

アズミ「…」

アズミ「…?」

ルミ「」←気絶

メグミ「」←気絶

アズミ「えっ」


千代「…」ゴゴゴゴゴゴ…

アズミ「ひえっ」

千代「…」

アズミ「あ、あの、師範…その…」

千代「ハイクを詠みなさい。カイシャクしてあげる」

アズミ「アッハイ」



37: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:29:42.99 ID:izrf7FiJo


【これが本当のアンツィオ戦です!】

カルパッチョ「…で、場所はここで開催されるみたいです」

アンチョビ「ふーん、ちょっと行ってみようかな…」

カルパッチョ「そうですね。この日は特に練習試合などもありませんから」

アンチョビ「とりあえず、私一人で行ってみるよ。この日の仕切りはペパロニと任せたぞ」

カルパッチョ「はい、お任せください」

アンチョビ「…それで、そのペパロニはまだかな…?」

タタッ

ペパロニ「すいません姐さん!遅れました!」

アンチョビ「おー、遅かったなペパロニ」

ペパロニ「ちょっと寝坊しちゃって…すんません!」

アンチョビ「次は気をつけろよ…っと、そうだペパロニ。この日、ちょっと留守を頼めるか?」



38: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:30:26.64 ID:izrf7FiJo


ペパロニ「え? …あぁ、この日は全然大丈夫っスけど…」

アンチョビ「そうか。じゃ、私はこの日ちょっと出てくるから」

ペパロニ「え?どこ行くんスか?」

アンチョビ「あぁ、ちょっと買い出しに行ってくる」

ペパロニ「買い出し?」

アンチョビ「実は、私もよくわかってないんだが…たぶん、食材のセリか何かだと思うんだ」

カルパッチョ「このチラシなんだけど」

ペパロニ「どれどれ?」

『西●流家元オンリー 生モノ即売会のお知らせ』

ペパロニ「」ブーッ!!

アンチョビ「うわぁ!?どうしたペパロニ!?」



39: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:31:11.64 ID:izrf7FiJo


ペパロニ「あ、あのっ、姐さん、これどこで」

アンチョビ「あぁ、この前大洗と練習試合したろ? その後、大洗に貸し出した会議室に落ちてたんだ」

アンチョビ「たぶんあっちの落とし物だから、次に会ったら返すつもりだけど…」

ペパロニ「えぇー…」

アンチョビ「生モノって書いてあるし、何かの食材…魚とかその辺だと思うんだよな」

カルパッチョ「海の近くで開催されるみたいですね」

アンチョビ「ただ、何で西住流が絡んでるかがわからないんだ」

カルパッチョ「何故か伏字にしてありますしねぇ」

ペパロニ「いや、これはそのー…そういうんじゃなくて…」

アンチョビ「…ん?ペパロニ、これ知ってるのか?」

ペパロニ「へぇあ!?」

カルパッチョ「え? ペパロニ、わかるの?」←知らない

アンチョビ「そうなのか?」←知らない

ペパロニ「いやっ、その…」←知ってる

アンチョビ「まぁいいか。とりあえず、この日はこれ行ってくるよ」

ペパロニ「い、いや、やめたほうがいいんじゃないっスか?」

アンチョビ「ん? なんでだ?」

ペパロニ「いや、ほらその…こういうの、私らにはまだ早いっていうか…」

カルパッチョ「え? どういう意味?」



40: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:31:45.89 ID:izrf7FiJo


ペパロニ「そ、そもそも姐さん、こういうの興味あるんスか?」

アンチョビ「いや、私も一応料理人の端くれだしな。そりゃあるさ」

ペパロニ「りょ、料理人って…姐さん、何か言い方がいやらしいっス…」

アンチョビ「え!? どういうこと!?」

カルパッチョ「ペパロニ、やっぱり知ってるんじゃ…」

ペパロニ「いや、別にそーゆーワケじゃ…」

アンチョビ「じゃあ、この日は留守を…」

ペパロニ「…わ、わかったっス!じゃあ、あたしも連れて行ってください!統帥!」

アンチョビ「え?」

ペパロニ「ほ、ほら、来年姐さんが卒業した時のために、いろいろ勉強したいんで…」

アンチョビ「ほー、それは殊勝な心掛けだなぁ…」

カルパッチョ「統帥?どうします?」

アンチョビ「…よし、わかった!じゃあカルパッチョ、悪いけど一人で留守番を頼めるか?」

カルパッチョ「ええ、もちろん」

アンチョビ「じゃあペパロニ、この日は一緒に行くか!」

ペパロニ「は、はいっ!」

ペパロニ「(これなら…!これならあたしが守れる…!姐さんの性癖を…!)」

カルパッチョ「(ペパロニ、どうしたのかしら…)」


~そのころ~


紗希「…」キョロキョロ

梓「…紗希? どうしたの? 探し物?」

紗希「…!!」



41: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:32:25.08 ID:izrf7FiJo


【ドッグ・ウォー!】


菊代「…お手」

(∪^ω^)「わん!」サッ

菊代「お座り」

(∪^ω^)「わん!」シュタッ

菊代「伏せ」

(∪^ω^)「わん!」ペタッ

菊代「よぉ~しよしよしよしよし」ナデナデ

(∪^ω^)「ヘッヘッヘッヘッ」←尻尾振ってる

菊代「…どうですか?奥様」

しほ「…や、やるじゃない…」

菊代「さて、次は奥様の番ですね」

しほ「え?わ、私?」

菊代「いや、お手本を見せて欲しいというお話だったでしょう」



42: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:32:53.51 ID:izrf7FiJo


菊代「確かに、小次郎と親密になりたいと言い出した時は驚きましたが…そういう事なら協力します」

菊代「特に難しいことはありません。小次郎は良い子ですから」

しほ「そ、そうね」

(∪^ω^)「ヘッヘッ」

しほ「…」

しほ「…お手」 ←西住流オーラ

(∪^ω^)「!」ビクッ

(∪´ω`)「くぅーん…」プルプル

しほ「…来ないわね」

菊代「奥様、怖がらせ過ぎです奥様」

しほ「な、何が悪いっていうの?」

菊代「もっとこう優しく…そうですね、一般的に子供を甘やかすようにして接してみてください」

しほ「わ、わかったわ」

(∪^ω^)「ヘッヘッ」



43: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:33:27.91 ID:izrf7FiJo


しほ「…ほーら、お菓子でちゅよー?」

しほ「いい子にしてたらいっぱいあげまちゅよー?」

菊代「うわキツ」

しほ「な、何よ! 貴女がやれと言ったんでしょう!」

菊代「いや、申し訳ありません…まさかここまで開き直って無様な姿を晒すとは思わなかったので」

しほ「口悪いわね貴女!?」

(∪^ω^)「ヘッヘッ」

菊代「小次郎、反応ないですね」

しほ「ついに無視されたかしら」

菊代「仕方ないですよ。だいぶ気持ちが悪かったですから」

しほ「言い過ぎじゃないかしら…」

菊代「…では、もう一度普通にやってみては?」

しほ「でも、さっきそれで怯えてしまったじゃない」

菊代「もうちょっと自然にです」

しほ「そ、そうね」

(∪^ω^)「ヘッヘッ」



44: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:33:56.76 ID:izrf7FiJo


しほ「お手」スッ

(∪^ω^)「?」

(∪^ω^)「…」

(∪^ω^)「わんっ!」

ガブッ

しほ「あああああ!痛ったあああああああああ!!」ジタジタ

菊代「ん゛っ」

しほ「痛ぁい…うぅうう…」ヒリヒリ

菊代「おっ…おっ、奥様っ…! っ…!」バンバン

しほ「何笑ってるのよ…」

菊代「だっ…!だいじょ…ぶっ…!」プルプル

菊代「あっ…!ダメだこれっ…!あかん…っ!!」バンバン

しほ「笑い過ぎじゃない…やだもー…」ヒリヒリ

(∪^ω^)「くぅーん…?」

(∪^ω^)「ペロペロ」

しほ「…あら、どうしたのかしら急に…」

(∪^ω^)「ペロペロ」



45: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:34:26.80 ID:izrf7FiJo


菊代「はー、笑った笑った…あら、奥様?」

しほ「あ、菊代。小次郎が噛んだところを舐めてくるのよ」

菊代「えっ」

しほ「この子ったら、噛んだところを気にしてくれてるのかしらね。ウフフ」

(∪^ω^)「ペロペロ」

菊代「…」

菊代「(確か、犬が噛んだ後に舐めてくるのって、『もう怒らせるなよ』とかそんな意味だった気が…)」

しほ「よーしよしよし」ナデナデ

(∪^ω^)「ペロペロ」

菊代「(…まぁ、いいか…奥様も気にしてないようだし、黙っていましょう)」

しほ「ほら、お手」

(∪^ω^)「わんっ!」

ガブッ

しほ「あああああああ!!」

菊代「(犬以下かこの人…)」




46: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:35:05.27 ID:izrf7FiJo


【エンディングです!】


エリカ「…はぁ…」

エリカ「(前略、西住まほ隊長)」

エリカ「(プラウダに偵察に来ていたんですが、うっかり見つかってしまい、捕虜として捕えられてしまいました)」

エリカ「にしてもヒマね…早く釈放されないかしら…」

エリカ「…ん?」


コッ コッ…

エリカ「(足音…?)」

「ちょ、離してください! 条約に則った扱いを…」

エリカ「この声は…」


ガチャッ

優花里「あうっ!」ベタッ

エリカ「えっ」

ノンナ「しばらくの間、そこでおとなしくしていてください」ガチャッ



47: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:35:42.13 ID:izrf7FiJo


エリカ「…」

優花里「…」

エリカ「…あ…あんたも捕まったの?」

優花里「…逸見殿も、ですよね?」

エリカ「な、何よ。何か文句あんの?」

優花里「別にぃ…」

エリカ「…」

優花里「…」

エリカ「な、何か言いなさいよ」

優花里「…逸見殿、寂しいんですか?」

エリカ「は、はぁ?」

優花里「みほさんに無視されて、寂しいんですね?」

エリカ「ちょっ、今更何言いだすのよ!?」



48: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:36:16.61 ID:izrf7FiJo


優花里「戦車喫茶じゃ無視されてましたもんね!」

エリカ「あ、あんた、あの時の事まだ根に持ってるの!?」

優花里「別に根に持つとかじゃないですけどぉ!」

エリカ「あーもー!結局あんた何が言いたいのよ!」

優花里「あんな態度ないんじゃないですか!?みほさんは黒森峰の恩人なんですよ!?」

エリカ「それはそうだけど…ん?」

エリカ「…待って?何?『みほさん?』」

優花里「え?」

エリカ「アンタ、この前まで『西住殿ぉ~(声マネ)』とか呼んでたじゃない?」

優花里「あー…実は、大学選抜戦終わった後に…」

優花里「…いや、別に逸見殿には言わなくていいかなぁ…」

エリカ「は、ハァ!? 何よそれ!? 詳しく話しなさいよ!!」



49: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:36:57.08 ID:izrf7FiJo


優花里「別に逸見殿も好きに呼べばいいじゃないですか…なんですかあれ」

優花里「『副隊長? あぁ、元でしたね』」ドヤッ

エリカ「あんたがやるとムカつくのよ!」

優花里「あの時の逸見殿もこんな感じでしたけどぉ!」

エリカ「そ、それは…だって…」

優花里「え?」

エリカ「だって、今更どんな顔すればいいのかわからなくて…それで…」

優花里「あ、あの、逸見殿?」

エリカ「…」

エリカ「…うわぁぁーん…」ポロポロ

優花里「え゛っ!?」

エリカ「だ、だって…私だって、ホントはみほと…えっぐ…」ポロポロ

優花里「あ、あの…ご、ごめんなさい逸見殿、私…」サスサス

エリカ「ひっぐ…」ポロポロ



50: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:37:38.64 ID:izrf7FiJo



バタバタバタッ

優花里「…ん?」


ガチャッ!!

みほ「優花里さん!大丈夫!?」

まほ「エリカ!無事か!?」

優花里「えっ」サスサス

エリカ「うわぁぁん…」ポロポロ

みほ「…えっ?」

まほ「ん?」

優花里「あ、あの、みほさん、これは…」サスサス

エリカ「秋山ぁ…うわぁーん…」ポロポロ

みほ「…」

まほ「…」

みほ「…お、お姉ちゃん、帰ろっか…」

まほ「あ、あぁ。秋山さん、エリカを頼む…」

優花里「ちょっ、待っ…待ってくださいみほさん! みほさっ…西住殿ーっ!!」



- おしまい -



51: ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:38:56.93 ID:izrf7FiJo

以上です。ありがとうございました
思いつき次第ボチボチ書いていたんですが、そこそこ貯まってきたので放出しました
また何か思いついたら書きたいです


短編集を書くのは3回目になります。よければ過去作もよろしくお願いします

【ガルパン】みほ「学園十色の短編集です!」

【ガルパン】みほ「ちょっと真面目な短編集です!」



元スレ
【ガルパン】みほ「もっと学園十色の短編集です!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510582025/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 07:27
          • 西住流は人面犬を買ってるのか
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 07:27
          • にしずみどのぉーー!!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 08:00
          • 秋山殿はかわいいなあ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 11:20
          • あんまり無茶しないちょうどいい短編集
            好きや
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 14:24
          • メグミは常にボコっぽく喋ってればいいんじゃないかな(適当)少なくとも愛里寿とみほの好感度は爆上がりすると思うけど
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 17:38
          • オッ↑元気出してくださいませー! で不覚にも笑ってしまった。
          • 7. 🔴ロシアW杯
          • 2017年11月14日 19:53
          • 1 🔴👟➰⚽ロシアW杯


            🔴イタリア、スウェーデンに敗れ、60年(15コ大会)ぶりに本大会出場を逃す。


            🔴ドゥーチェが怒り狂う。
          • 8. 🔴ロシアW杯
          • 2017年11月14日 21:27
          • 1 🔴👟➰⚽ロシアW杯


            🔴『アンツィオ高校、まるでお通夜のようです。』


            🔴『アンチョビ隊長、怖くて近付けません。安斎さんて、こんなに怖い人だったんだ。』
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 21:55
          • ローズヒップがいいキャラしてた
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月15日 04:57
          • ダー様がかわいかった

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 『ごちうさ臨時政府』関連ニュースまとめ
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • 女友達(♀)「情けないわね。男のくせして、なにかあるたびすぐ泣きついてきたりして…。」
        • ( ´Д`)離れ小島の提督さんのようです
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの暖冬【SS】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ