TOP

【モバマス】ほたると菜々のふたりぐらし

1: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:14:49.82 ID:3hvNEAix0

・Twitterに投稿したデレステSSを修正、まとめたものです
・事務所が潰れて路頭に迷ったほたると地下アイドル時代の菜々さんが同居しています
・白菊ほたる、安部菜々のコミュ1以前の話として書いています



2: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:15:18.49 ID:3hvNEAix0



『よにげ』
菜々「色々あって、ほたるちゃんと同居することになったわけですが」
ほたる「本当に、本当に助かりました…」
菜々「それは全然オッケーなんですけど、突然倒産とか夜逃げとか、そういうのよくないですよね」
ほたる「でも、それは私の不幸の…」
菜々「1週間頑張って働いてお給金貰いに行ったらもぬけのカラとか、給料日の前日にドロンとか、そういうのってひどいと思いませんか」
ほたる(菜々さんにも体験が…)



3: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:16:23.40 ID:3hvNEAix0


『菜々さん』

ほたる「菜々さんは凄いです」

菜々「えへへ、それほどでも」

ほたる「まだ17歳なのに一人暮らしで、毎日働いて、アイドルを目指しているなんて…!」

菜々「あ、あはは。あはは…」



4: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:16:57.42 ID:3hvNEAix0


『おみそしる』

ほたる「菜々さんのお味噌汁美味しいです…!」

菜々「えへへ、ナナ、お料理は得意ですから!」

ほたる「おばあちゃんが作ってくれたお味噌汁を思い出します」

菜々「お母さんを通り越して!?」



5: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:17:26.60 ID:3hvNEAix0


『きたく』

菜々「ほたるちゃんただいまー」

ほたる「お帰りなさい菜々さん…ど、どうしたんですか急に泣き出して!!」

菜々「帰ってきたら部屋の灯りがついていておかえりなさいと言ってもらえる幸せ…!!」




6: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:18:12.76 ID:3hvNEAix0

『ふつう』

ほたる「えっ、菜々さんて本当は■7歳なんですか」

菜々「あまり大声で言わないでください、心にグサーッと来ます!」

ほたる「じゃあ、一体、もう何年アイドルを目指して…?」

菜々「四捨五入したら十年ぐらいになっちゃいますかねえ、あははは…あれ、そんな深刻な顔しないでくださいい!!」


ほたる「菜々さんはとってもキュートです」

ほたる「菜々さんは家庭的でお料理上手でとっても優しい」

ほたる「毎日頑張っていて、ダンスも歌も素敵」

ほたる「菜々さんはすごく素敵な女性です」

菜々「えへへ、それほどでも」

ほたる「そんな菜々さんが十年頑張っても…そんなのおかしいです」


菜々「ほたるちゃん」

菜々「これは、なにもおかしくない、普通のことなんです」

菜々「精一杯の努力を何年も続けて、それでもダメ、というのはどこにでもある当たり前のことなんです」

菜々「菜々は精一杯のことを…あ、なんか口に出すと物悲しくなってきましたね!」

ほたる「ご、ごめんなさいごめんなさい!!」



7: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:19:17.89 ID:3hvNEAix0


菜々「でもアイドルってステキじゃないですか」

ほたる「…はい」

菜々「アイドルになりたい!」

ほたる「私も。なりたい…です」

菜々「一度魅了されちゃったら、諦めるのは、無理ですから。お互いに」


菜々「どうせ諦められないんだからこんな暗い話はナシですナシ。晩御飯にしましょう!」

菜々「たくさん食べてレッスンして、ライバルおしのけて前に出るパワーとスタミナを身につけるのです、お互いに!」

菜々「世の中にはライバル一杯いるんですから!悩んで止まってるだけ不利です不利!」

ほたる「菜々さん逞しい…!」

菜々「夢をおっかけるには何よりしぶとくないとダメですよ、きっと!!さあほたるちゃん何食べたい!?」

ほたる「え、ええと、なんでも…」


菜々「なんでもじゃありませーん!ご主人様ちゃんと注文してくださいー!」

ほたる「じ、じゃあ、カレー!」

菜々「ご注文賜りましたー!さあさあ手伝ってくださいね。お野菜切ってお皿出してー」


(このあと二人で仲良くごはん食べて一緒の布団で寝た)



8: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:19:51.59 ID:3hvNEAix0


『オーディション』
菜々「あっ、ほたるちゃんもそのオーディション狙ってるんですね」

ほたる「それじゃあ菜々さんも」

菜々「はい!その監督さんのドラマ、ナナ大好きだったんです」

ほたる「…」

菜々「だから菜々は全力で行きますよ。オーディションとなれば二人はライバル!ほたるちゃんにも遠慮はしない!」

菜々「ですよね、ほたるちゃん」

ほたる「…はい。私だって。菜々さんには悪いけれど。きっと私が、合格してみせます」

菜々「どっちが勝っても恨みっこなし。正々堂々勝負ですね!」




9: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:20:21.65 ID:3hvNEAix0


菜々「…なんて言ってて二人とも負けちゃう事があるのもオーディションですよね。とほほー」

ほたる「残念でした…」

菜々「本当に残念…あっ、でもナナ、ほたるちゃんには感心しました!」

ほたる「え、え」

菜々「合格した子に、ちゃんと全力で拍手してあげてたじゃないですか」

ほたる「…人を幸せにできるアイドルに、なりたいから。だから、ちゃんと祝福できる自分でいたいな、って」

菜々「立派です…ナナ感動しちゃいます」

ほたる「そ、そんな」

菜々「とはいえ祝福ばかりじゃダメ!次への力を蓄えて、パワーアップして…」

菜々「くやしい!つぎこそはー!ってジタバタするのも大事です。アパートに戻ったらふたりしてご飯沢山食べて、反省会して、思い切り悔しがりましょうね!」

ほたる「はい!…ご飯の用意、手伝います」

菜々「帰りにお惣菜屋さんでチキンカツ買って、今日はカツカレーにしましょう…ふふ。ニンジンを星型に切りましょうね」



10: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:21:36.92 ID:3hvNEAix0


『お風呂』

ほたる(今日は二人でお風呂に入っています)

ほたる(すぐ傍で、菜々さんが身体を洗っています)

ほたる(菜々さんは小柄ですが、身体はどこも柔らかそうで、豊かで、優しくて)

ほたる(なんだかとっても「女の人」って感じなのです)

ほたる(私もいつか、あんな風になれるのでしょうか…)

ほたる「綺麗だなあ…」

菜々(ナナです!!)

菜々(ノウッ!あまりじっくり見ないでください!お肌とか手首とかおなかとか!)

菜々(すべすべつやつやのほたるちゃんに無邪気な憧れの視線とか言葉とかを向けられるとかちょっとキます。心とかに!)

菜々(憧れを裏切らないためにダイエットもっと頑張らないと!)




11: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:22:26.57 ID:3hvNEAix0



『お酒』

ほたる「菜々さんは、お酒は、召し上がられないんですか?私の父は、ときどき夜、晩酌をしていました」

菜々「あははえーと。呑まないわけではないんですがー、今は呑むのが勿体無いから、封印です」

ほたる「?」

菜々「ほたるちゃんと一緒だと、アイドルの話とか、オーディションの相談とか、できるじゃないですか。それが楽しくて…お酒とか呑んでるのもったいなくて」

ほたる「菜々さん…」

菜々(とってもスマートなほたるちゃんを見てるとおなかのあたりが気になっちゃうからという理由の方は絶対ナイショです…!)



12: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/22(土) 22:23:39.58 ID:3hvNEAix0


『黄昏時』

ほたる(菜々さんとの暮らしは、いつも賑やかです)

ほたる(でもほんの時々、菜々さんは夕暮れを眺めて、黙り込んでしまうことがあります)

ほたる(そんなときの菜々さんの横顔はとても大人びていて、私は声をかけられなくなります)

ほたる(私も、夕陽を見て、色々なことを考えます)

ほたる(自分こと。今までの事務所のこと)

ほたる(不幸のこと。アイドルのこと。将来のこと…)

ほたる(もしかしたら、菜々さんも同じようなことを考えているのかも知れない、と思いました)

ほたる(でも、黙り込んだ時間は、長くは続きません)

ほたる(私か菜々さんか、どちらかが明るく声をあげて)

ほたる(そのあと、きまって二人で、笑いながら、ゆっくり時間をかけてお夕飯の支度をするのです…)


つづく。



ほたると菜々のふたりぐらし後編

2: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:27:30.74 ID:be3ddXRD0


『卵』

菜々「ほたるちゃんと同居するようになって変わったこと、ですか?」

菜々「…」

菜々「お一人様1パック限りの卵とか2パック買えて凄い助かってます」

菜々「あとビール呑めないのでダイエットが超はかどってます…!!」



3: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:28:43.49 ID:be3ddXRD0

『ニチアサ』

ほたる(実はプリキュアが好きです)

菜々(プリキュアすごく好きです)

ほたる(でも、お世話になっている身で自分から観たいと言い出すのは我侭だし、大人の菜々さんはプリキュアなんて見ないですよね…)

菜々(まさか13の女の子の前で自分からプリキュア観ようとは言い出せない…!)

菜々「…」

ほたる「…」

菜々「ち、ちょっと退屈ですね!!テレビでもつけましょうか!」

ほたる「い、いいですね!」

菜々「何か面白い番組でもありませんかねー(ガチャガチャ)あー!アニメなんてやってるんですねー!」

ほたる「そうなんですか、知らなかったです!!ちょっと観てみましょうか」


~30分後~


菜々「意外に悪くなかったですね!(今週もプリキュア面白かった…!)」

ほたる「機会があればまた見てもいいですね(プリキュア楽しかった…!)」



4: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:29:32.25 ID:be3ddXRD0


『最初にもどる』

菜々(ほたるちゃんにナナのライブビデオを見せたのは失敗でした)

菜々(同業のヒトとお客さんでは見方が違います)

菜々(何度も巻き戻して凄い真剣に見てます!なんか恥ずかしい!)

菜々(しかしすごい集中力。後ろにナナがいるの忘れてないでしょうか)

菜々(あっ、今度は無言で振り付けを真似しはじめました)

菜々(可愛い!これは可愛いです!ヤバイ!)

菜々(ほたるちゃんの指先の表情いいなあ!参考になります。こう…こう…ちょっとナナも踊ってみましょう)

菜々(次のライブで早速活かしましょう!で、ビデオに撮ってほたるちゃんに見てもらって…)

<以下繰り返し>



5: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:31:11.67 ID:be3ddXRD0

『ウサミミ』

ほたる「アイドルを目指すにあたり、私も菜々さんのウサミミみたいにビジュアルで特徴を付けたほうがいいのでしょうか」

菜々「まさか他人からウサミミについて相談を受ける日が来ようとは」

菜々「結論から言うとやめたほうがいいです」

菜々「ナナみたいに自分のやりたいアイドル像にこのビジュアルは欠かせないって場合は別として、変に特徴を出すとあとで方向転換に苦労するからです」

菜々「というかこれだけ可愛くて肌すべすべなのに記号盛るとか何考えてんですか(ふにふにふにふに)」

ほたる「ふあー!?(ふにふにふにふに)」

菜々「(ぜいぜい)ほたるちゃんは事務所に入ったあと、自分の目指す方向をきちんと事務所の人と相談して、ビジュアルを決めていくべきです」

ほたる「(ぐったり)は、はい…」

菜々「ただ、この業界にはすごく変わった趣味のヒトがいて、時々とんでもない格好させようとしたりするから要注意です」

ほたる「と、とんでもない…!?」

菜々「たとえばキリンアイドルとか」

ほたる「キリンアイドル」



6: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:31:49.48 ID:be3ddXRD0

『飲み込む』

ほたる(言えない言葉があります)

ほたる(もう嫌、何故私だけ、訳知り顔しないで、放っておいて)

ほたる(口にしたら折れてしまいそうな。あこがれを汚してしまいそうな気がするから)

ほたる(そんなとき私は少しだけ沈黙して、ゆっくりとその言葉をかみ殺し、飲み込みます…)

菜々「えいっ(もみっ)」

ほたる「ふあっ!?」

菜々「ふふふほたるちゃんいい反応しますねー(もみもみ)」

ほたる「あ、んっ、菜々さん何を…!?」

菜々「何ってマッサージですよ?ほたるちゃん、奥歯をかみ締める癖があるでしょう。肩こり酷いんじゃないかと思って」

ほたる(…!)

菜々「飲み込むのってクセになっちゃうから…そしてやっぱり凝ってますね!こういうのほっとくと故障の原因になったりしますからね…さあ今日は全身もみほぐしちゃいますよー!」

ほたる「え、遠慮します…!?」

(このあとめちゃくちゃマッサージした)




7: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:32:44.31 ID:be3ddXRD0



『卵2』

菜々「ほたるちゃんと同居するようになって変わったこと、ですか?」

菜々「…」

菜々「お一人様1パック限りの卵とか2パック買えて凄い助かってます…え、ほんとですよ誤魔化してないですよ」

菜々「あとアイドルの話とかできるの楽しいです」

菜々「まあ確かに時々停電したり鍋が燃えたりすることもありますし」

菜々「今日は腰がグキーってああっほたるちゃん泣かないで!」

菜々「ほたるちゃんの言いたいことはわかります」

菜々「ほたるちゃんの噂はよく知ってますし」

菜々「その上で不幸なんか信じない、とか。ほたるちゃんのせいじゃないって言うことは簡単ですが、ほたるちゃんがそうは思えないんですよね」

菜々「うーん…ほたるちゃん」



8: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:33:58.98 ID:be3ddXRD0



菜々「10年アイドル目指して頑張って、芽が出ないのって不幸だと思いますか」

菜々「ナナは前、それは普通のことだって言いました。それともうひとつ」

菜々「この10年が不幸だったかどうかを決められるのは、もっとずっと先の事だと思うんです」

菜々「あの十年は幸せだった!ってなるか不幸だったってなるかは、今はわかんないし、誰かにそれを決めてもらいたくありません」

菜々「ほたるちゃんのこともそうです」

菜々「ほたるちゃんと暮らして起きる色々なことが不幸なのか幸運なのかなんて、今はわからないんです。ほたるちゃんにも、ナナにも」

菜々「だからナナは、ほたるちゃんと居ると楽しい。お得な卵がもう1パック買えて助かる。そのことを大事にしたいって思います…ほら泣かないで」

菜々「あとすみませんが今日は腰痛で動けそうにないので家事とかお願いします…!!」

菜々「ぶっちゃけ出て行かれるより腰痛のときほたるちゃんがいてくれるほうがずっと幸せ…!!!」



9: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:34:44.34 ID:be3ddXRD0


『ウエスト』

菜々「今日はほたるちゃんにどうしても聞きたいことがあります」

ほたる「は、はい」

菜々「菜々より身長あるのにウエスト細いってどういうこと」

ほたる「えっ」

菜々「ナナだって細い方なのに。秘訣教えてくださいほたるちゃん」

「なんて真剣な目…!」



10: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:35:29.64 ID:be3ddXRD0


『寝相』

ほたる「おふとんが一つしかないので、私と菜々さんは同じ布団で寝てるわけですが…」

菜々「人肌っていいですねえ、冬も湯たんぽいらずです」

ほたる「あの、わたし、聞き苦しい寝言とか言ったりしてないですか…」

菜々「…さあ。ナナ寝付きいいですからねー」

菜々「気にしない気にしない」




11: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:38:51.58 ID:be3ddXRD0


『バーゲン』

菜々「服のバーゲンて戦争なんです」

ほたる「そうらしいですね」

菜々「なのにいざ買った服がサイズ合わなかったり」

ほたる「ありそうです」

菜々「というわけで菜々には着られなかったこの白ワンピを貰ってくれないですか」

ほたる(これ…私のサイズにぴったり)

ほたる「菜々さん…」

菜々「貰ってくれないと困っちゃいます。菜々サイズ合わないですから」

ほたる「…ありがとうございます、大事にします、ね」

菜々「えへへ。こちらこそ、ほたるちゃんにはお礼言いたいことがいっぱいでしたから」

ほたる「…?」



12: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:40:18.38 ID:be3ddXRD0



『こたつ』

菜々「ほたるちゃん。せっかく出したコタツが私の不幸で壊れたりしたら…なんて思ってません?」

ほたる「…はい。実は…」

菜々「しかーし!その心配は不要です!」

ほたる「えっ」

菜々「だって、このコタツが壊れたのは去年の冬のことですから!」

ほたる「ええええ」

菜々「中に湯たんぽ入れると結構あったかいんです」

ほたる「あ、本当だ…」



13: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:41:04.98 ID:be3ddXRD0



『レッスン』

菜々(時々、ほたるちゃんをダンスレッスンに連れて行きます)

菜々(レッスンを見ると、ほたるちゃんのすごさが解ります)

菜々(ほたるちゃんは決して器用なほうではありません)

菜々(でも、何度失敗しても、どんなに疲れても、絶対に諦めない)

菜々(決して倒れたままではいない子です)

菜々(いつか必ず、上に行く子です)

菜々(ふたりぐらしも、きっと長くはないのでしょう。ナナはレッスンを見るたび、そんなことを考えて)

菜々(それから、ほたるちゃんに恥じないナナで在りたいと、決意を新たにするのです)



14: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:41:47.06 ID:be3ddXRD0

『行ってらっしゃい』

菜々「…そっか。次の事務所、決まったんですね」

ほたる「はい。新しい寮も、世話してもらえて」

菜々「ほたるちゃんなら時間の問題だと思ってました。おめでとう」

菜々「…と、言いたいですけど。うーん。その事務所、あまりよくない評判も聞きますよ」



15: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:42:19.56 ID:be3ddXRD0


菜々「ナナ、次をねらってもいいと思うのですが。まだ居てくれていいんですよ?」

ほたる「…私は、不幸を呼びます。それが、とても、怖くて」

ほたる「でも、良いものを待ち続けて、立ち止まっていたら。いつまでも歩き出せなくなっちゃうかもしれなくて」

ほたる「菜々さんの優しさに甘えて…『いつか、次はいいものがくるから』って自分にいいわけするようになるかもしれなくて」

ほたる「それが、もっと怖いから。だから…」

ほたる「菜々さんに優しくしてもらったからこそ、踏み出してみなくちゃ、いけないと、思うんです。」

菜々「…いいなあ」

ほたる「菜々さん」



16: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:42:55.08 ID:be3ddXRD0


菜々「ほたるちゃん、かっこいいです。うん。かっこいい」

ほたる「菜々さん」

菜々「ほたるちゃん。菜々も必ず、そっちに行きますからね」

ほたる「菜々さん」

菜々「あ、でも、ホントによくない事務所だったら、ガマンしすぎちゃダメですよ。ナナを頼ってくれていいんですからね!」

ほたる「菜々さん」

菜々「…行ってらっしゃい、ほたるちゃん」

ほたる「…行ってきます、菜々さん」

菜々(こうしてふたりぐらしは終わりました)

菜々(今度ほたるちゃんを見るのは、テレビの中ででしょうか。ステージででしょうか)

菜々(さて、ナナもがんばらなきゃ。ほたるちゃんに負けないくらい!!)



17: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:43:58.15 ID:be3ddXRD0



『後日、346プロダクション前にて』

菜々「…あれ、ほたるちゃん!?」

ほたる「菜々さん!?」

菜々「その大荷物は一体。あれ、ほたるちゃんて××プロに行ったはずでは」

ほたる「…実はあのあと、結局解雇されてしまって」

菜々「ほたるちゃんクビとか見る目なさすぎないですか!ナナ文句言ってやります!」

ほたる「あ、で、でもその後縁があって、ここのプロデューサーさんに拾ってもらって、今日からこちらで」



18: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:44:30.01 ID:be3ddXRD0


菜々「…奇遇ですね。実は、ナナもなんです」

ほたる「えっ」

菜々「ここのプロデューサーさんがナナのライブ見てくれて。その縁で今日からこちらに」

ほたる/菜々「……」

ほたる「…菜々さん、知ってますか。ここの寮って、各室キッチンがついてるんですよ」

菜々「…じゃあ、今日は二人でカレー作らないとですね」

ほたる「ニンジン、星形に切りましょうね」

ふたりの付き合いは、続く。

(おしまい)



19: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:45:40.33 ID:be3ddXRD0


ほたると菜々のふたりぐらし 

『おまけ』

菜々「いいですかほたるちゃん。ナナは17歳」

ほたる「えっ、でも菜々さんは■7歳・・・」

菜々「ノウッ!17歳!!、そしてほたるちゃんの同期!」

ほたる「は、はい」

菜々「だから今日からはナナちゃんって」

ほたる「でも、17歳ならやっぱり年上ですから、そこはやっぱり(尊敬を込めて)菜々さんで」

菜々「あれー!?」

(こんどこそひとまずのおしまい)





20: ◆cgcCmk1QIM 2017/07/24(月) 20:46:56.75 ID:be3ddXRD0

短いですが、これにておしまいです。
また思いついたらオマケを書くかも知れません。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



元スレ
ほたると菜々のふたりぐらし
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500729289/
ほたると菜々のふたりぐらし後編
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500895594/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月13日 17:10
          • 1 苦労人じゃない。カス
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月13日 18:18
          • 頑張ろうって思えたわ
            ありがとう
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月13日 18:27
          • 5
            いいゾ~コレ
            どっちも可愛すぎる
            こういうの凄い好き
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月13日 20:52
          • プリキュアは素晴らしい
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 03:00
          • 落ち着く。暖かい。良い。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年11月14日 04:10
          • この.白菊ほたるは不運ではあるかも知れないが、絶対に不幸ではない、いいね?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ラブライブサンシャイン】8人「ポッキーの日だからCM撮るよ果南ちゃん!」果南「えっ!?」
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 【ミリマス】千鶴「懐古」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ