TOP

【ラブライブサンシャイン】ダイヤ「鞠莉さんったらまた服を散らかして…」

1:鶯団子 2017/08/27(日) 17:58:24.43 ID:r+V7Ji2B0


鞠莉「ダイヤ~~!!行ってきますのkiss!」グイグイ

ダイヤ「…はいはい分かりましたわ。」チュッ

鞠莉「んードライなkissね!でもマリーがんばっちゃう!!行ってきまーす!」フリフリ

ダイヤ「ただ大学に行くだけでしょうに、まぁ車に気を付けてくださいな。」フリフリ

~~~

ダイヤ「まさか鞠莉さんが突然一緒に住むなどと言うとは思いもよりませんでしたが…、やかましい人でも隣にいてくれる…独りじゃないのはいいことですわね。」クスッ




2:鶯団子 2017/08/27(日) 18:02:20.01 ID:r+V7Ji2B0

ダイヤ「さて…私はお休みですし、鞠莉さんの部屋まで掃除してあげませんとね。」

ガチャッ

ダイヤ「失礼しますわよ…ってなんなんですのこれは!!?」

ダイヤ「雑誌をしまってないうえに就寝用の服はちらかしっぱなし…飲みかけのペットボトルは冷蔵庫に入れなさいとあれほど言っているのに…。」ブツブツ

ダイヤ「はぁぁぁ……本当、私がいないと鞠莉さんは何もできないんですから…。とりあえず雑誌とペットボトルは片づけて…」ヨイショ

ダイヤ「…あとは服…ですわね。」ヒョイ



3:鶯団子 2017/08/27(日) 18:08:42.85 ID:r+V7Ji2B0


ダイヤ「…」スッ

ダイヤ(あ、鞠莉さんの香り…)

ダイヤ「……はっ!?私は今何を…!?ちゃんと畳まないといけませんわ。」

ダイヤ「畳まないと…」スンスン

ダイヤ「…」

ダイヤ「たまには…いいですわよね?」

ダイヤ「本人にはまだ恥ずかしくて簡単には出来ませんが…」



4:鶯団子 2017/08/27(日) 18:14:42.40 ID:r+V7Ji2B0

ダイヤ「こう…服に顔をうずめれば…」ボフッ

ダイヤ(あぁぁぁ!!鞠莉さんの香りですわ!!)

ダイヤ「すぅぅぅぅ…、はぁぁぁぁぁ落ち着きますわぁ…」はふぅ

ダイヤ「ふふ、果南さんのように昔からハグでコミュニケーションを取っておけばこうやって隠れて鞠莉さんの香りを堪能する必要もなかったのかもしれませんわね。」

ダイヤ「…でも、これはこれで…、というのも変態に思われてしまいますわ…。」

ダイヤ「自分で言うのもなんですが…鞠莉さんの香りに包まれているときが一番安心して落ち着きますし、なるべく鞠莉さんのそばにいたいのに…」

ダイヤ「どうしてまぁいつもあんなに意地を張ってしまうのか…。」


ダイヤ「いや、そもそもなぜ私はあんな相性の合わなさそうな人に恋をしてしまったのでしょうか…。」ハァ



5:鶯団子 2017/08/27(日) 18:20:13.09 ID:r+V7Ji2B0


_________________________________


高校一年の時、鞠莉さんと果南さんとで、Aqoursとして活動していた時はそんな思いは感じていなかったはず…。


果南「ワン、ツー、スリー、フォー…はい、だいぶいい感じだよ。ちょっと休憩にしようか?」チラッ

ダイヤ「はぁ…はぁ…ふぅぅ…いえ、休憩の必要はありませんわ。」

鞠莉「汗ダラダラたらして説得力ないわね?そこまで激しい動きもないのに…」

ダイヤ「代謝がいいのですわ!!代謝が!!」クワッ

果南「はいはい、ダイヤ、本番が近くて練習をしていたいって気持ちはわかるけど…、それで怪我したりしたら元も子もないんだからね?ちゃんと休まないと。」

鞠莉「そうよダイヤ。あんまり無理したっていいパフォーマンスにはならないわ。せっかくだしおしゃべりしながら休憩しましょ?」

ダイヤ「…仕方ないですわね。」


えぇ…、確かにあの頃にそんな感情はなかったはず…。結局怪我をしてしまったのは鞠莉さんで…それから、現在のAqoursの皆さんも巻き込んでしまった二年に渡るすれ違いが…



6:鶯団子 2017/08/27(日) 18:22:02.55 ID:r+V7Ji2B0



鞠莉さんが、海外へ行ってしまった。

大切なものは失ってはじめて気づくとはよく言ったもので、鞠莉さんのいない教室や、秘密の合図が光ることもないあの場所も、気持ちのいい場所ではなくなってしまって。

初めて鞠莉さんと会った場所で人知れず涙を溢すこともありましたわね…。

あの涙はなぜ流れたのでしょう?鞠莉さんがいなくて寂しいから、なんて簡単なものではないはず…。あの時はっきり何かをしてやれなかった自分への責めの気持ち、後悔の念、果南さんやルビィにひどく迷惑をかけてしまっていること、様々な思いが絡んでいた気がします。



7:鶯団子 2017/08/27(日) 18:26:57.64 ID:r+V7Ji2B0

ダイヤ「うぅ…ぇぐっ、ぐす…」

鞠莉「ねぇ、なんで泣いてるの?」

ダイヤ「鞠莉…さん…?」

鞠莉「なんで泣いてるの?」

ダイヤ「分からないのです…自責の念とも、申し訳なさからとも、泣く理由がいっぱいで分からないのですわ。」

鞠莉「ふぅ~ん、ダイヤはもっと素直にならないとね。」

ダイヤ「…?」



8:鶯団子 2017/08/27(日) 18:32:04.40 ID:r+V7Ji2B0



鞠莉「簡単なことよ。ダイヤはこの時にはもう私の事、そういう意味で好きだったのよ。」

ダイヤ「いえ、そんなはず…再会してから、貴女に想いを伝えた少し前から恋い慕う想いがあったはずで…。」

鞠莉「ダイヤのloveは再会してちょっとでコクっちゃうほど薄っぺらなloveじゃないよ。勿論複雑な気持ちもあったろうけど。単純に、ダイスキな私と離れ離れだから泣いてたのよ。」

ダイヤ「そんな…昔はドキドキしたりすることもなかったんですのよ?」

鞠莉「うーん、思うんだけどね?普通の友達関係なら、出来ることなら離れたくないなって関係だと思うの。でも、この人だけは離したくないって思うのってさ、どんな時だと思う?」

ダイヤ「…それが恋、と言いたいわけですのね。」

鞠莉「そゆこと♪べつにドキドキしちゃうばかりが恋の形じゃないのよ?ダイヤは昔から、ずーっと昔から、私の事そう想ってくれてたんだよ?」

ダイヤ「筒抜け…でしたの?」



9:鶯団子 2017/08/27(日) 18:37:13.88 ID:r+V7Ji2B0


鞠莉「どうかな、それは本当の私に聞かないとだよ。」

ダイヤ「…またなにか問答ですか?」

鞠莉「ううん、なんでマリーはここにいるんだろうね?」

ダイヤ「あぁ…これは…夢を見ているのですね。」

鞠莉「うん、だから伝えてあげて、ダイヤがどれだけ私のことを好きか。それから気になるなら昔話でもすればいいんじゃないかしら?」

ダイヤ「やけに大人しい鞠莉さんだと思ったのですわ。ありがとうございます。それでは。」

鞠莉「なんか失礼しちゃう…ま、私によろしくね。大好きよダイヤ。」

ダイヤ「ええ、私もですわ。」


そうですのね。この恋にはっきりとした発端はなくて…好きになった理由もあるわけではない…。まぁ、夢物語のような恋ではないのですから、そういうものなのですわ。





10:鶯団子 2017/08/27(日) 18:45:01.28 ID:r+V7Ji2B0



_________________________________


ダイヤ「んっ…んぅぅ…」パチッ

ダイヤ「いつの間にか寝てしまったみたいですわね…。」

鞠莉「…」ニヤニヤ

ダイヤ「あ、鞠莉さんの服を畳まずじまいでしたわ…」

ダイヤ「……もうちょっとだけ…」スンスン

鞠莉「…」ニッコニコ

ダイヤ「はふぅ……ってあああああ!!!!???鞠莉さん!!?なんでいるんですの!?」ガバッ



11:鶯団子 2017/08/27(日) 18:50:36.75 ID:r+V7Ji2B0

鞠莉「えぇ~?講義が終わったから家に帰っただけよ?そしたらぁ~、私のベッドにかわいい彼女がいたから見守ってただけよ♪」

ダイヤ「あぁぁっぁぁ!!!ああああああ!!!!」ゴロゴロゴロゴロ!!!

鞠莉「ルビィが見たらイメージが崩壊しそうね…、いや誰でもかな?」

ダイヤ「はぁ…はぁ…。あ、鞠莉さん…。」

鞠莉「ん?なぁにダイヤ?」

ダイヤ「好きですわよ。」

鞠莉「っ…」キュン



12:鶯団子 2017/08/27(日) 18:53:28.28 ID:r+V7Ji2B0



ダイヤ「ちょっと変わった夢を見たんです。そこでしっかり好きを伝えないとという印象だけが強く残っていて…」

鞠莉「え…あ…、私もダイスキよ??」カーーー

ダイヤ「それと…、鞠莉さんはどうして私のことを好きになったのでしょうか?」

鞠莉「」

ダイヤ「昔話でもと思いましたが、無理に答える必要は「秘密!!!」

ダイヤ「だから秘密でいいと」

鞠莉「絶対絶対秘密なんだから~~~~!!!!」ムギュ



13:鶯団子 2017/08/27(日) 18:58:00.85 ID:r+V7Ji2B0

ダイヤ「ちょっと鞠莉さん!!のしかからないでくださいな!!おも…苦しいですわ!!」

鞠莉「もうーーー!!ニヤニヤしてダイヤをからかう予定だったのになんなのよ~~~!!!」モッギュー

ダイヤ「ちょ!鞠莉さん!!落ち着いて…」

ダイヤ(というか鞠莉さんの香りが濃すぎて頭が…!!)



ルビィ「お姉ちゃん~~!内浦から救援物資だよぉ!」ガチャリ

ダイヤ、鞠莉「」ビクッ



14:鶯団子 2017/08/27(日) 19:01:04.35 ID:r+V7Ji2B0




ルビィ「うゅ?お姉ちゃん~?」キョロキョロ

ルビィ「あ!お姉ちゃん!!…と鞠莉ちゃんが…ベッドの上で抱き合ってる…」

鞠莉「待ってルビィ、これにはちょっとlong storyがあって…」

ルビィ「あ、えと…、頑張ルビィ!!」ソソクサ

ダイヤ「ルビィ!!待ちなさいルビィ!!アポなしで来るから…!!」



15:鶯団子 2017/08/27(日) 19:02:02.77 ID:r+V7Ji2B0



ダイヤ「ルビィィィィィィィィィ!!!!!」



16:鶯団子 2017/08/27(日) 19:05:25.37 ID:r+V7Ji2B0

鞠莉(なんであの一件でこんなシスコン好きになっちゃったのかなぁ…。)


おしまいですわぁ!!



元スレ
ダイヤ「鞠莉さんったらまた服を散らかして…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503824304/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (1)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月17日 18:38
          • ダイマリはもっと多くていい
            一揆の序盤は濃厚だったのに

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ